千鳥のクセがスゴいネタGP2時間SP【生田斗真&菜々緒がクセスゴ歌謡祭に爆笑】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

千鳥のクセがスゴいネタGP2時間SP【生田斗真&菜々緒がクセスゴ歌謡祭に爆笑】[字]

遠藤と狩野トレエン日谷A.B.C-Z河合空気階段天山本間ら新ネタ続々!紅白歌手&大物時代劇俳優ほか超豪華コラボも一挙大連発!生田斗真&菜々緒に衝撃の占い!?

番組内容
『千鳥のクセがスゴいネタGP』は、千鳥がMCを務め、今輝く人気芸人たちが、普段披露しているネタとは一味違う“クセがスゴいネタ”を披露する番組。スタジオゲストとして、生田斗真と菜々緒が出演する。
2時間SPの今夜もクセスゴ歌謡祭で盛り上がる!クセスゴ界の歌姫・加藤礼愛が久保田かずのぶ(とろサーモン)と共にクセスゴソングを歌い上げるほか、ミスタークセスゴシンガー・日谷ヒロノリも新曲を披露!
番組内容2
ほかにも大村朋宏・晴空親子や遠藤章造(ココリコ)&狩野英孝などクセスゴシンガーたちが続々登場する。さらにはコロコロチキチキペッパーズのネタに京本政樹が助太刀!?まさかの夢コラボが実現!そして、とにかく明るい安村&児童合唱団、池田一真(しずる)&鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)といった異色クセスゴコラボも笑いを誘う。トレンディエンジェル&岩井ジョニ男(イワイガワ)、
番組内容3
斉藤慎二(ジャングルポケット)&ほしのディスコ(パーパー)、友近&バッファロー吾郎A(バッファロー吾郎)といったクセスゴ芸人同士の化学反応も見逃せない!
彼らの“クセがスゴいネタ”はもちろん、彼らのネタに対して、千鳥の2人がどのようなコメントをするのかにも注目してほしい。『全力!脱力タイムズ』チームが制作する、一味違うネタ番組『千鳥のクセがスゴいネタGP』に乞うご期待。
出演者
【MC】
千鳥(大悟、ノブ) 
【ゲスト】
生田斗真、菜々緒(五十音順) 
【ネタ披露出演者】
RG(レイザーラモン)&かみちぃ(ジェラードン)&タクトOK!!(Everybody)&橋本稜(スクールゾーン)&エハラマサヒロ、秋山竜次(ロバート)、あべこうじ&高橋愛&林家ペー・パー子、池田一真(しずる)&鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、遠藤章造(ココリコ)&狩野英孝、
出演者2
大村朋宏(トータルテンボス)&晴空(はるく/大村の息子)、加藤礼愛&久保田かずのぶ(とろサーモン)、河合郁人(A.B.C-Z)、空気階段、コロコロチキチキペッパーズ&京本政樹、斉藤慎二(ジャングルポケット)&ほしのディスコ(パーパー)、霜降り明星、ジャルジャル、スリムクラブ、高城れに(ももいろクローバーZ)&永野、チョコレートプラネット、天山広吉&本間朋晃、とにかく明るい安村&児童合唱団、
出演者3
友近&バッファロー吾郎A(バッファロー吾郎)、トレンディエンジェル&岩井ジョニ男(イワイガワ)、原口あきまさ&JP&ねんねん(ひよしなかよし)&シンディー、日谷ヒロノリ(佐久間一行)、Mr.マリック&LUNA、四千頭身(五十音順)
スタッフ
【企画】
狩野雄太(フジテレビ) 
【総合演出】
名城ラリータ(FCC) 
【チーフプロデューサー】
加藤大(FCC) 
【制作協力】
FCC、吉本興業

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 斎藤
  2. 長田
  3. 斗真
  4. 後藤
  5. 池田
  6. 都築
  7. ホント
  8. 鬼龍院
  9. 原口
  10. 今夜
  11. スゴ
  12. 今回
  13. 名取
  14. ネタ
  15. 友近
  16. JP
  17. OK
  18. ナダル
  19. ホンマ
  20. ロルフ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



[お楽しみに]

[今夜の スペシャルは
クセスゴ歌謡祭から]

[レイザーラモン RGと

ジェラードン かみちぃの

「大悟mite」]

[今夜も…]

♬「大悟mite」

(ノブ)褒める 褒める。

[こよいは ヒゲダンの ヒット曲を

替え歌に。 パパの

最後の一言にも ご注目]

(晴空)どうも。

(晴空)聴いてください。

(晴空)あのさ。

弱いんですよ。

[トレンディエンジェルの スベりネタに

岩井ジョニ男が またまた 参戦]

(たかし)
レディース & ジェントルマン。

セニョール斎藤 モノマネSHOWへ
ようこそ。

(たかし)まずは GLAYの
『HOWEVER』で 登場だ。

(斎藤)ぱくっ。
(たかし・斎藤)OK!

(斎藤)さあ ということで
ございまして…。

(斎藤)そして…。

(たかし)うーん。

(斎藤)さあ ということで
ございましてですね 今日も

おなじみのショーを
ご覧いただきたいと 思います。

(斎藤)何だよ?

(斎藤)おい。 何だよ? 何だよ?
聞いてないぞ。

(たかし)田原 俊彦で
『ごめんよ 涙』

(斎藤)バーモントじゃねえか。
聞いてねえぞ お前。 えっ?

(たかし)OK!
(斎藤)OKじゃねえよ お前。

(たかし)きましたね。
(斎藤)きましたねじゃねえよ。

(斎藤)大丈夫かい?

(斎藤)バカ野郎 お前。
言うてる場合か この野郎。

(ジョニ男)どうも。

(斎藤)そして 私が…。

ふざけんじゃねえ バカ野郎。
いいんだよ。 何だよ お前。

そんな言うんであればさ…。

(ジョニ男)いいんですか?
(斎藤)いいぞ。 やってみろよ。

(たかし)あれ いきますか?
(ジョニ男)いきますか。

(ジョニ男)それでは
聴いてください。

(たかし)ぽちっとなっと。

(たかし)OK!
(斎藤)OKじゃねえよ バカ野郎。

(斎藤)食べたいじゃねえよ お前。

でも あれだね。

(斎藤)弟子という感じで
ございますよ。

(斎藤)ここは ひとつね
しっかりと 私が 心のあるネタ

やらせていただきましょう。
さあ では 聴いてください。

『ヒーロー』 聴いてください。

♬「Hero!」 間違えた。
ふざけんじゃねえよ お前。

ふざけんじゃねえよ バカ野郎。

そうそう。

この野郎。 ふざけんじゃねえ。
早く…。

(たかし)すいません すいません。
(斎藤)ふざけた男でございますよ。

(斎藤)あれ? 何やってんの?
あれ? お前 何か…。

(ジョニ男)いや…。

(斎藤)ふざけ倒した男で
ございますよ。

(斎藤)返せ 返せって。
ふざけた男だな ホントに。

これは やっぱ 私のね 基地に

戻ってきたと
いうことでございます。

さあ ということで
ございましてね。

お前ら ちょっと 謝れ。
1回 謝っとけ。

(ジョニ男)師匠。 ホントに
申し訳ございませんでした。

(斎藤)何やってんだよ お前。

(斎藤)どれ? どれ? どれ?

バカ野郎 お前。
言うてる場合か この野郎。

そうそう。

言うてる場合か この野郎。
ふざけた男でございますけれども。

(斎藤)さあ ということで
ございまして…。

用意 ドン!

(斎藤)びよーん。

(男性)44分の38です。
(斎藤)あららら…。

[前回…]

[バンドを 引き連れ
見事 グランプリを獲得した

とにかく明るい安村の
『東京って スゴい』]

[カリスマ ミュージシャン
あいみょんから

反応ツイートが]

[そんな あいみょん注目の
『東京って スゴい』]

[東京オリンピックで
見事な歌唱を 披露し

場を盛り上げた 杉並児童合唱団]

[果たして どんなコラボを

見せてくれるのか?]

♬「東京って スゴい 東京」

♬「北海道の」

♬「田舎の」

♬「俺が」

♬「ランランラン フゥー」

♬「東京って スゴい」

♬「東京って スゴい」

♬「スゴい」

♬「東京って スゴい」

♬「スゴい」

表情 暗っ。
表情 暗っ。 後ろの子たち。

(斗真)何で あんな 子供たちの
表情が 暗かったんですかね。

最後 ずっと 下向いて。
最後ね。

オリンピックの 次の
テレビの仕事が これなんだ。

(斗真)すげえ。

セニョールに はまってましたね。
(菜々緒)いやぁ…。

(大悟)オンエア 見て。
(菜々緒)えっ? 後悔しますか?

(大悟)うん。 だって
すごい 質が低いんだもん。

だって どのボケも
もう 覚えてないやろ?

(菜々緒)全然 覚えてないです。
これが すごいのよ。

一発たりとも…。

[今夜は…]

[番組が誇る
人気シンガーから…]

[先輩 生田さんを困らせる
大クセネタまで…]

[怒濤の 11曲が
ラインアップ]

(日谷)
♬「紅葉のように 赤く…」

[今夜 解禁。 日谷が
待望の新曲を 披露]

(ノブ)ださっ。

[空気階段をはじめ
各 賞レースの王者が

取って置きの
クセスゴ ネタを 大放出]

[そして ここでしか 見られない
スペシャル コラボネタでは…]

[まさかの 超大物俳優の登場に
スタジオ 騒然]

[ということで ここからは…]

[今回は どんな化学反応を
起こすのか?]

[まずは…]

[永野と高城れにの クセスゴ コンビが

今夜も 大暴れ]

(永野)どうも。 地方の皆さん。
(れに)どうも。

(♬『LAMBADA』)

♬~

(永野)えっ!?

♬~

(斗真)ヤバいな これ。

[続いては…]

[この人 誰だか 分かります?
実は…]

♬「女々しくて 女々しくて
女々しくて 辛いよ」

[ゴールデンボンバーの
鬼龍院 翔]

[元コンビだった 2人が

今夜 奇跡の復活コラボ]

(池田)おい。

(鬼龍院)すいません。
(池田)すいませんじゃねえ。

もういいや。 突入するぞ。

(銃声)

(鬼龍院)すいません。
(池田)もういいわ。 突入するぞ。

あっ。 ごめんなさい。
あっ…。

(池田)まあいいや。
途中から…。

あのう。 ごめん。 あのう…。
(池田)どうした?

(鬼龍院)あのう ごめんなさい。
(スタッフ)いったん カットします。

ああ すいません。

(池田)がってん 承知でしょ。
(鬼龍院)あっ はい。 あのう…。

(池田)うん。 そうだよ。

はっ?

あのう…。 すいません。

や… やりたくない?

(鬼龍院)これ 無理だわ。
俺 無理だ。

(池田)あっ いやいや…。

コラボしたいっての
そっちだよね? えっ?

ああ…。 あっ。

はっ?
(池田)お前ら イメージして作ったら

こんなネタ できちゃった。

ごめん。 俺も
作るつもりなかったけど。

こんな つまんないやつ。
(鬼龍院)ああ。 気付かなかった。

(池田)ホント?
結構 分かりやすく 作ったのに。

ごめん。 えっ?
ていうか あれなの?

あっ。 発言 気を付けた方が
いいかもしんない。

(鬼龍院)何が?

(池田)誰が聞いてるか
分かんないから。

ピンマイク
ほとんど 拾ってるから。

だから たぶん…。

(池田)気を付けた方がいい。
(鬼龍院)分かった。 ありがとう。

助かった。 そうだね。
池田君 芸人なんだよね。

覚えるわ。 池田君 芸人ね。
池田君 芸人。 ねっ。

(鬼龍院)OK。 覚えた。

(鬼龍院)うん。 覚えた。
(池田)あっ よかった。

そんなわけないじゃん。
(池田)えっ? あっ そう。

それ以外 歌ってるの
見たことない。

(鬼龍院)ていうか
何か 代表的なもん 持ってんの?

(池田)結構 色々ある。
キング オブ コント 出てるけど?

そうね。
(菜々緒)すごい 感動しました。

鬼龍院さんからの
コメントでございます。

まあ やっぱ…。

[最後まで お見逃しなく]

(あべ)どうも。

(愛)ソッコー 元気!

(連写する音)

(シャッター音)

(連写する音)

(愛)ソッコー 元気!

(あべ)ありがとうございます。

そういうことね。
やってもらおう。 なっ。

やってもらおう。
今度。

[今回は 時代劇俳優が 助太刀]

(ナダル)サンキュー。

(西野)うわっ!? くっ!
(ナダル)大丈夫か!

(ナダル)うわっ!?

(♬『闘う仕事人』)

♬~

(ナダル)いくぞ。
ビビってんじゃねえぞ。

(ナダル)もっと…。

(ナダル)やった!

(ナダル)初めて 俺が 人を切った。

(ナダル)いけいけ。
俺が 勢いつけた。

(西野)ラスト 一人。

(京本)任せな。

一人も切れない 奇麗な顔
おもろいな。

いいですね。
(菜々緒)わあ。 すごい。

びっくりしましたね。 京本さん。
まさか。

何の告知も 何もなく
出てくださった。

(菜々緒)えーっ!?
ホントに オファーしたら…。

ちょっと 遊び感覚で?
そう。

そして 打ち合わせで
一番 案を出してたそうです。

(斗真)ノリノリ。
ノリノリで。

何人目で 切ろうとするか。
そうそうそう。

本家がね 目の前で
見てらっしゃるとは

まさか 思わず。
ちょっと 何か…。

そうですよね。

笑えっつって。

(斗真)たまに かみ合ってない感じ
ありましたね。

わしらが 子供のころ見てたときは
自然に パー子さんが

何 言うても 笑うてるけど。

[霜降り明星の おはこ芸]

(せいや)あのね あのね あのう。
ゆくゆくはね あのう…。

(せいや)あれだよね。

おい。 お前ら。

♬「ゆううつなど 吹き飛ばして」

♬「君も 元気だせよ」

(粗品)もうええわ。
どうも ありがとうございました。

やりきった顔。

[こよいのゲストは
怒ると怖そうな あの大物俳優]

(原口)おはようございます。

『ワイドナショー』の
お時間でございます。

(JP)ああー。
(原口)すいません。

テンション
上げてもらって いいですか?

よろしく お願いいたします。
(JP)よろしく お願いします。

(原口)何と ビッグゲスト。

遠藤 憲一さんが 来ておられます。
よろしく お願いします。

(ねんねん)どうも!
遠藤 憲一です!

(原口)あっ ホンマですか?
(ねんねん)『ごっつ』 大好きだから。

ありがとうございます。

(ねんねん)ないない。
やんない やんない。

やんないよ これ。

(JP)何やねん。

(原口)腹立つわ ホンマ。
すいません。

(JP)はいはい はいはい。

(原口)どんな人か
ちょっと 分かりかねますんで…。

(シンディー)よろしく お願いします。
(原口)遠藤さん

どんな方なんですか?
(シンディー)遠藤 憲一さんですが…。

(原口)ホンマですか?

(原口)それはないでしょ。

(JP)いやいや…。
(原口)ちょっと あきませんて。

(シンディー)ちょっ…。

(原口)ホンマ すいません。

こういうことも あるんですよ。
(原口)すいません。 ホンマに。

(JP)どうなんすか?

(JP)あかん あかん あかん。
あかん。 それ あかん。

(JP)認めてるやん。

もう 菜々緒さん。
(菜々緒)これ ずるいですよね。

すごい 笑ってましたよ。
(菜々緒)私…。

正直。

エンケンさん。
斗真君。 エンケンさん 似てる?

今回 『土竜の唄』にも
エンケンさん 出てらっしゃるので

共演してるんですけれども…。

(菜々緒)ホント そっくり。

でも あんな人ではない?
あんな テンション上がる?

やっぱり 顔が
わりと 怖い方なんですけど

すごい 明るい方だから
急に テンション ばんって。

嘘です!

(斗真)ちょっと
あんな感じなんで。

見たことないけど…。

(菜々緒)すごい 絶妙に
似てるんですよね。

さあ 本日の
われわれの衣装でございます。

さあ これは お二人の映画の。
(斗真)はい。 僕 演じる

『土竜の唄』
菊川 玲二風 衣装を

大悟さん。
映画では

こういうタイプの
衣装 着て やってる。

そうです。
警察官なんですけど

やくざの世界に 潜入捜査を
してるという役なので。

こんなの いないけどね。

(斗真)そして ノブさんが
着てらっしゃるのが

菜々緒ちゃん演じる
胡蜂という。

そうなんですよ。
いや もう…。 いや。

トム・ブラウンの
布川なんよ。

[この後 あの男が ついに…]

(久保田)わーっ!

[続いては…]

(礼愛)♬「reflection show」

♬「Who I am inside?」

[今回 歌う曲は…]

[今回の ラッパー 久保田は

一味 違います]

(久保田)♬「イェ イェ」

(久保田)わーっ!

さあ ここでですね
突然でございますけども…。

はい。 好きです。

[ということで 占いが大好きな
菜々緒さんのために…]

[ちまたで
当たると話題の 占い芸人に

菜々緒さんの運勢を
占っていただいた]

(横山)ただ 色々やることに…。

あまり 手を広げて
色々 活動すると

ちょっと 精神的にも
しんどくなって ストレスを

抱えやすくなるのかなと
思うので

そこは 気を付けてほしいかなと
思います。

[来年…]

[そんな菜々緒さんのために…]

菜々緒さんの改名案が
こちらです。

同じ 41画を お持ちの方が
『鬼滅の刃』の作者の…。

で やっぱり
菜々緒さんは…。

漢字にすると あれですけど。

先生。 ありがとうございます。
ありがとうございます。

主主さんが いいという。
織反屋。

織反屋 主主。
(菜々緒)織反屋 主主。

[ちなみに
生田さんの 運気を上げる

改名案も 頂きました]

[その改名案が こちら]

この名前だそうです。

素晴らしい。 先生。

全然 箱作の方が。

カッコイイ。
生田も 斗真も

カッコよ過ぎるんですよ。
カッコイイから。

やっぱ 箱作って
なった瞬間に…。

映画とかでも 主演って
どんと 出るやん。

[まだまだ 続く…]

[ここからは…]

[懐かしの名曲を 歌い上げる
遠藤と狩野を はじめ…]

[先輩 生田さんを困らせる
河合の問題作]

[さらには…]

[ここでしか 見られない

取って置きの クセスゴ ネタが
めじろ押し]

いい いい いい。 もう。

[さらに
キング オブ コント 2021 王者

空気階段が

賞レースでは 出せない
クセスゴ ネタを 披露]

[キング オブ コント 2021 王者
空気階段が お届けする

世にも奇妙な アルバイト店員]

(かたまり)うわ。

(かたまり)ガラガラガラ。
(もぐら)っしゃいませ!

(もぐら)新規さん ご来店です。

(かたまり)勝手に
やってるんですか?

(かたまり)うわ。

(かたまり)ウイーン。

(もぐら)いらっしゃいませ。

(かたまり)タドコロさん?

(もぐら)そうですね。
(かたまり)田所さん。

(かたまり)免許
持ってたんですか?

(もぐら)ええ。

(かたまり)家 近いっつったって。

(かたまり)うわ。

(かたまり)ウイーン。
(もぐら)いらっしゃいませ。

(かたまり)だから…。

(もぐら)ガッガッガッガッ…。

(かたまり)カランコロンカラン。

田所さんで ございました。
(菜々緒)田所さん。 私…。

好きですか? 田所さん。
(菜々緒)好きですね。

田所さんに会いたくなってるんだ。
来てくれて よかったよね。

(斗真)来てくれて。
で バイトの面接。

よかったっていう。
バッドエンディングじゃなくて よかった。

[まだまだ 続く…]

[続いては…]

[クセスゴ ニューヒーロー 日谷]

♬(前奏)

♬~

最高でした。

[GO マリック! GO マリック!]

[GO マリック!]

(LUNA)♬「YO! アイム LUNA
オン ザ マイク」

♬「そして 隣にいるのは
マイ ダディ」

♬「Mr.マリック」

[続いては クセスゴ デュオ

遠藤と狩野。 こよいは

くずの名曲を アレンジ。 遠藤が

奏でる ハーモニカにも ご注目]

いらん歌詞が いっぱい。
そっちの クセね。

(菜々緒)♬「ゆえに」は…。
ちょっと クセが あった。

(斗真)すてきでしたね。

ラップも カッコ良かったし。

そうなんです。
これ ちょっと…。

LUNAさん。 娘さんは
小学生のころとかに

マリックの娘さんだって
いじられてたんですって。

ちょっと お父さんと
仲 悪くなって

疎遠に なったりしてたのを

この番組が コラボとして
引き戻してるから…。

若いころ ホントに
仲が 悪かったんですって。

そういう ストーリーが。
ストーリー 分かって 見ると…。

「GO マリック! GO マリック!」のとこ
泣けるのよ。

[まだまだ 続く…]

[ここからは アイドルソング メドレーを
お楽しみください]

[今夜も
完コピさせていただきます]

(河合)♬「どんぐり ころころ
どんぶりこ」

♬「おいけに はまって
さあ たいへん」

♬「どじょうが でてきて
こんにちは」

♬「ぼっちゃん いっしょに
あそびましょう」

[前回…]

(斉藤)お待たせしました。

(斉藤)ナイスですね!

[果たして
今回は どう出てくる?]

(ほしの)じゃあ お願いします。

≪♬「笑顔 抱キシメ
ココロニ 活力」

≪♬「腹ノ底カラ 笑イトバセ」

≪♬「女神ガ クレタ
最高ノ贈リ物」

≪♬「世界中ガ
シアワセニ ナレ!」

ホンマに。
(菜々緒)確かに。

[今夜は 本間選手が

大好きな アイドルソング]

[最初から 飛ばしていくぞ]

今回…。

素晴らしいね。 天山さんが
好きなとこ 歌えた感じで。

(斗真)本間さんってね。

昔ロボットでしょうね。
ロボコン的な。

そして A.B.C-Z 河合君。

斗真先生に 聞きましょう。
ホントに。 ホントに

ノーコメントで お願いします。

1回 ちゃんと。

タッキーと 東山さんと
三者面談してください。

ちょっと 方向性を。

木村さんが 寛大だから。

(斗真)そういうことか。
そういうことだったんだ。

アイドルブロックでね。

生田君も ジャニーズで
俳優さん やられてますけど。

事務所に 入りました。

あら。 カワイイね。
11歳のころ?

そうですね。

[11歳のときから
男前だった 生田さん]

[というわけで ここからは…]

[クセスゴ芸人たちの
カワイイ 子供時代の写真を基に

クイズを開催。 題して…]

えっ? 分かった?

[果たして…]

[それでは 早速 参りましょう]

[第1問]

[子供のころは
超 人見知り]

(菜々緒)分かるかな。

正解です。

斎藤だ。

(斗真)髪が ふさふさ。
(ノブ・菜々緒)髪が ふさふさ。

こうやって 見ると…。

[第2問。 続いての
クセカワ芸人が こちら]

[昔は かなりの
ぽっちゃり]

[驚異の…]

このとき ちょっと
真ん丸やんな。

分かった?

さあ 大悟。
いい?

どうぞ。 はい。

正解で ございます。

(斗真)ホントだ。
あの目 どっかで

見たことある 思うた。
見取り図。

[それでは 最後の
クセカワ芸人が こちら]

[2人とも
同じ小学校の 幼なじみ]

[実は…]

2人ともやんな?
2人ともなんです。

そういうことですね。

違うわ。 誰が モハメド・アリの幼少期
最後 出すねん。

[ここからは 番組の中でも 特に
強烈な キャラクターが 登場]

[まずは…]

[クセが スゴい
レッスンが 再び 始まるよ]

(松尾)お願いします。

(松尾)はい。

(松尾)オリジナル。 普段どおりで?
(長田)普段どおりで。

(長田)これは こう 下げて。
うん。 そう。

(長田)で ここは こう。
うん。 うん。 こうして。

で ここを こう 曲げて
落とす。 で こう こう こう。

そうそうそう。

(長田)すごい。 もっと。
(松尾)えっ? そんなに?

(長田)硬い 硬い。
硬い 硬い 硬い 硬い。

(長田)もっと もっと。
もっと もっと…。

(松尾)もっとですか?

(長田)もっと もっと もっと。
いいよ。 もっと もっと もっと。

(長田)もっと もっと。
もっと もっと もっと もっと…。

(松尾)リラックス?

(長田)もっと リラックス。

(長田)リラックスして。

(長田)硬いよ これ。

(長田)これ。 これで。

(松尾)これで?
(長田)これで 打ってみぃ。

(長田)硬い。
硬い。

(長田)これで。
これで 打ってみぃ。

(長田)うん。

(長田)そうだよ!

(長田)これ
ボールね。

(長田)これが 白玉だったら。
ボール。 持ってきて 持ってきて。

(長田)置きました。
(松尾)はい。

(長田)新しいボール 出して。
で 置き換える。

(長田)俺の見て。
ちゃんと。 いくよ。

[今夜も 不思議な おじさんが

日本人に メッセージを届ける]

(おなら)

(エレベーターの到着音)

すごいな。 真栄田も…。

アドリブって…。

新しいね。

[前回…]
(都築)えっ? 私?

お母さんの体? 入れ替わってる?
(後藤)ここ 入れ替わっちゃったよ。

(都築)どうも
ありがとうございました。

[石橋が登場することなく ネタが
終わってしまった 四千頭身]

[今夜は 気を取り直して
脱力系漫才で 勝負します]

(都築)どうも。 四千頭身です。

お願いします。
(後藤)お願いします。

(都築)よろしく お願いします。
(後藤)お願いします。

(都築)あのう。
突然なんだけども…。

(後藤)嘘?

(都築)そうだよ。

(都築)街で。
(後藤)歩くんだ。 黒柳 徹子。

(都築)いるもんなんだよ。
(後藤)すげえな。

(後藤)ちゃんと してんだ。
外 出るときも。

(後藤)私服も 派手なんだ。

(後藤)オーラ
すごいだろうね。

(都築)ニット帽。

(都築)ぼんぼんって。

(後藤)こうなって こうなってる。

(都築)こうの この部分だけ。

(都築)ぴったり 隠れてた。

(後藤)ぴったり はめてた?
(都築)そう。

(都築)そうかな?

(後藤)芸能人 見たの?
誰 見たの?

(後藤)一文字ずつ?
めんどくさいな。

(後藤)惜しい?

(都築)どうも
ありがとうございました。

♬(音楽)

怖っ。
何で あんな…。

[この後 捕まえたものに
おならを嗅がせる あいつが

再び 登場]

濃厚スープで段取りして
もちもち生めんで段取りしてね。

チルド売り場で段取り出来るんよ。
うん。 おたくもそう。 おたくも おたくも…。

<日清「行列のできる店のラーメン」>

[続いては…]

(福徳)すげえな お前。

(福徳)素手で 捕まえれんの?

(福徳)何で?

(おなら)

[今回は 2人で

虫とりに 行ったみたいだぞ]

(後藤)よっ!

(おなら)
(後藤)よし よし よし…。

(おなら)

(おなら)
(後藤)よし よし よし…。

(福徳)思ってるやつと
全然 ちゃうかってんけど。

動機が分からないじゃないですか。
何か ホントに…。

前の…。

あれ すげえ 面白かったから。

あんまり こんなこと
言わんのやけど…。

小学生の子供は
どんな反応するんかと 思ったら

嫌だって 途中で
見んように なってん。

正解 正解。 正解よ。

[ここで…]

周りの方から
タレコミ 来てるんですけど。

好きなんだ?

(斗真)テーブルの上とか
除菌スプレーで 拭いて

テーブルが ぴっかぴかに
なるのが ホントに 大好きで。

(斗真)自分が お風呂場の鏡とか
水あかとかを 落とすのが

すごい 好きで。

(斗真)そうっすね。

[ということで…]

[見事 オンエアを
勝ち取るのは 誰だ?]

[今回 お掃除マニアな
芸人たちが

役に立つ お掃除テクニックを
ご紹介]

[しかし
時間の都合上

実際に
オンエアされるのは

生田さんに
最も 刺さった

一人のみ。
果たして…]

[オンエアを 勝ち取ったのは
いったい 誰?]

♬~(真矢) お口は!

ケアしたいことがいっぱい!

一緒にケアできるなら 歯ぐき含めて

≪「ハグキプラスプレミアム」!≫

≪「ハグキプラスプレミアム」!≫

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

[お掃除オンエアバトル。
見事 オンエアを

勝ち取ったのは
誰だ?]

[オンエアを 勝ち取ったのは…]

[清掃会社の アルバイトから
成り上がり

ついには 独立し
社長にまで なった 彼が…]

[とにかく 汚れが気になる。
徹底的に 落としたいという

生田さんのために 例えば…]

(木下)壁紙の汚れ。
これも 歯ブラシに

歯磨き粉を つけていただいて
円を描くように 磨いてください。

(木下)歯ブラシの毛先が
壁の凹凸にも 入って

奇麗に 落とすことが できます。

[そんな お掃除テクニックの中でも
お薦めなのが…]

(木下)こういうの
手で 拭き取るのって

ホントに 大変なんです。

こういうときに 活躍する…。

(木下)こちらの
業務用 高速ポリッシャーなら…。

(木下)これを使えば 1時間で
1, 500平方メートルぐらい

洗浄できますよ。

使い方も 簡単で
清掃会社に

1年ほど
勤務すれば

誰でも 使えるように
なりますよ。

(木下)こちらの
業務用 高速ポリッシャー。

お値段も お手ごろ価格に
なっています。

[この後 ロバート 秋山が
あるあるの新境地を 開拓]

[本日のゲスト…]

(斗真)『土竜の唄 FINAL』が
いよいよ 明日 公開となります。

玲二の ラスト潜入の舞台は
ど派手な 超豪華客船。

(菜々緒)女ヒットマン 胡蜂との
戦いにも ご注目ください。

(斗真・菜々緒)ぜひ 映画館で
ご覧ください。

はい。 お願いします。

[最後は
超クセスゴ芸人 2人が 送る

ここでしか 見られない
究極ネタ]

[あの 雑誌記者が
楽屋訪問に やって来たぞ]

(友近)ありがとね。 わざわざ。
(女性)めっちゃ 面白かったです。

(友近)うれしい。 ありがとう。
(女性)また 次 あったら

言ってください。
(友近)また 連絡します。

(友近)売店で?

(友近)そうですね。

(友近)いらっしゃいますね。 はい。

(吾郎A)そういえば…。

新喜劇 やらないんですよね。

(吾郎A)ホンマ 笑いました。
(友近)笑っていただいたの

よかったです。
(吾郎A)ありがとうございました。

(友近)ホントに ちゃんと
ネタを 見ていただいて…。

(友近)ありがとうございました。

(女性)お疲れさまでした。
すごい…。

(吾郎A)申し訳なかったです。

ずっと 言ってなかったもんな。

[ひょう依芸人 秋山が

今回 とんでもないものに

なっちゃいます]

(名取)名取と 申します。
ハンプシャー・クリエイティブ・グランドホーマンの

ロルフと 申します。
よろしく お願いいたします。

(名取)はい。 それでは これ。
(ロルフの呼吸音)

(名取)アー ユー OK?

(ロルフの呼吸音)

(どらの音)

(名取)次は こちら。

(ロルフの呼吸音)

(名取)具材に 入ってるものを
選ぶのよ。

(ロルフの呼吸音)

(どらの音)

(名取)次は これ。
OK? ロルフ。

(ロルフの呼吸音)

(名取)はい。 次は…。

(名取)次は これよ。 カレーに
入ってる 具材を 選ぶのよ。

(ロルフの呼吸音)

(どらの音)

(名取)すごい すごい すごい。
ナイス。 グレート。 グッジョブ。

すごいっすね。
(菜々緒)ああいうのって…。

めちゃくちゃ 気になるんですよね。
ホンマに そうよな。

あれぐらいなんよな 何か。

人間なら 「よく できたね」の
間じゃないのよ。

でも 犬なら あれでも
「よく できたね」の ぎりぎりの間。

(斗真)すごい。

[『千鳥の
クセが スゴい ネタ GP』]

[今夜
栄冠を勝ち取った 作品は…]

トレンディエンジェル。 岩井ジョニ男。
好きやな。

大好きやん。

(スタッフ)5回目。

5回目 取ったんだ。
すごい。