所さんお届けモノです!【絶景!富士山を望む道の駅~大自然満喫ドライブ旅】[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

所さんお届けモノです!【絶景!富士山を望む道の駅~大自然満喫ドライブ旅】[解][字]

日本一の富士山と秋の奥多摩湖を望む個性的な道の駅へ宮下草薙がドライブ旅!▼大自然を満喫できるアクティビティにも挑戦!一体どんな地元の逸品をスタジオに届けるのか?

出演者
【MC】 所ジョージ  ◆ 新井恵理那 【プレゼンター】 アンガールズ田中卓志 【リポーター】 宮下草薙(草薙航基、宮下兼史鷹)
番組内容
東京を出発したふたりのドライブ旅、まずは富士山に最も近い道の駅「富士吉田」へ。青空に映える美しい富士山が間近に見える絶景ポイントだそうですが‥えー‥まさかの…!?富士山の湧水を喉で味わい、新鮮なとれたてのブドウに舌鼓を打ち、名物のうどんを味見。そして「エッジが効いている!」と満場一致となった逸品をスタジオにお届けします。所さんのお好みにかなうのでしょうか?
番組内容2
★続いては北上し、奥多摩湖の隣の緑豊かな道の駅へ。関東の道の駅ランキング第三位に選ばれたこともあるという超人気のお出かけスポットです。地元のちゃーちゃんが作る大人気グルメを楽しみ、こちらの道の駅に併設するフランス生まれの「フォレストアドベンチャー」を体験します。
番組内容3
★自然の森をそのまま利用したアクティビティで悪戦苦闘するふたり。果たしてゴールすることはできるのでしょうか?そしてスタジオには、里山ならでは、日本一美味しいともいわれる絶品食材を使ったグルメをお届けします。所さんも大満足したご当地グルメとは一体?お楽しみに!
◎この番組は…
日曜の夕方に明日への活力をチャージできる30分です!
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/otodokemono/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 宮下
  2. 草薙
  3. ヤバ
  4. チャー
  5. ホント
  6. ヤマメ
  7. 富士吉田
  8. 富士山
  9. 吉田
  10. 本当
  11. 里山
  12. アクティビティ
  13. 今回
  14. 新井
  15. 人気
  16. 早速
  17. 体験
  18. 日本一
  19. 販売
  20. イワナ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<…にも広がり>

(所)すごい数だね。

<その土地ならではの名産品が
集まるだけでなく

いろんな体験もできる
魅力満載のスポット>

<今回の旅の舞台は…>

<雪化粧が美しい…>

<山梨と東京の県境にある
紅葉の名所

奥多摩湖の すぐ隣にある道の駅>

<…を巡ります>

<東京から およそ160kmの
道のりで

果たして どんなお届けモノが

見つかるのか?>

<今回の…>

(宮下)どうも~。

<番組…>

<まず 向かうのは

富士山が目の前に広がる道の駅>

<首都高を抜け

中央自動車道をひた走ります>

(草薙)
朝 何か でも こうやって…。

(宮下)道の駅なんだけど…。

(草薙)あっ えぇ~?

(宮下)ってことは 富士山…。

(草薙)何なんだろう 見えない。

(草薙)ホント? えぇ~。

<河口湖インターを降りて

走ること10分

1つ目の道の駅へ>

(草薙)あっ。

(宮下)富士吉田。

(草薙)うわ~。

(宮下)うわ~
着いたんじゃないですか これ。

(草薙)何か すごい。

<やって来たのは 日本一の山…>

<敷地内の…>

<あるんですが>

(新井)青空も出てきた。

(草薙)
ちょうど だから 富士山の高さ。

(草薙)うん あれだ あれ。

(宮下)すげぇ 何か…。

<残念ながら
この日は見えませんでしたが…>

<…を堪能できますよ>

(田中)持ってないな あいつら。

<さらに ここには…>

いい所。

(草薙)めっちゃ くんでる。

水 くむのに忙しいから。

(宮下)何か 今ね 皆さんが…。

(宮下)おいしいんですか やっぱ。
おいしい。

(宮下)あ… あっ えぇ~?

<そう ここでは なんと…>

<この水を求め わざわざ…>

<どれだけ おいしい水なのか
2人も…>

(宮下)あぁ~ きれい。

(宮下)入れました。

へぇ~。

(草薙)ホントに?
(宮下)うん。

ホントだ 霜が付いてる。

水?

届けなくていいから。
すでに ありますって。

(宮下)いいですね。

(草薙)うわ~ ホントだ。

<山梨県の名産品…>

<…と格安>

<さらに>

(草薙)あっ ホントだ。

<珍しい ぶどう>

<ハートの形が
かわいらしいだけでなく…>

<…が 絶妙だと大人気>

(宮下)
ねぇ ハートですね しっかりと。

(宮下)はい。

ぶどう 苦手な人いるの?

(草薙)ひと口で いった。

(宮下)あぁ~。

(草薙)おいしい?
(宮下)うん。

(従業員)そうです。

(草薙)いや~。

(宮下)全然 違いますよ。

違う。

<この他にも

富士山をイメージした
青いカレーや

登らずとも 富士山頂の寒さを
体験できるコーナーなど

魅力が盛りだくさん>

<さらに…>

(宮下)うわ。

(草薙)うどんが すごい。
(宮下)うどん!

<富士吉田市の郷土料理…>

<この道の駅では…>

<…を販売>

<その…>

(宮下)あっ 硬いんですか。

<通常のうどんよりも
強い力で練ることで

歯ごたえとコシが生まれ…>

<中でも…>

ホントに硬いよ。

うん。

(宮下)うん。

いや エッジ効いてます。

ほらほら これ 全員…。

<ということで 満場一致で
エッジが効いている?>

<道の駅 富士吉田から>

いいじゃないですか
富士山の麓ですよ。

絶景でしたね。
日本一の山ですからね。

そこから お届けモノですよ
うれしいねぇ。

晴れてると きれいですね。

あと 草薙君はさ…。

何度も 確認 取り過ぎ。

「僕は こうだ!」っていうのを
出さないとね。

さぁ 富士吉田から

とびっきり硬い 吉田のうどんが。
硬いのよ 吉田のうどんって。

あぁ~ これ ほら。
アハハ。

すごいね。
怖過ぎません?

こちらは 道の駅 富士吉田で
販売されている…。

人気商品だそうです。
はぁ~。

<他にはない硬さを実現>

<今回は 煮干しでダシを取り

醤油と味噌で味付けをした
つけダレでいただきます>

食欲そそる香りですね~。
いいじゃない。

私より先に ちょっと食べてみて。
あっ はい。

硬いんだから。
いただきます はい。

う~ん!

顎 疲れるぐらい?

私の知ってる吉田うどんよりは
やわらかいのかもしれないな。

うん これ…。

えぇ~!

あっ そうですか。

吉田うどんの中でも…。

(笑い)
ですよね。

うん。

このぐらいでいいよね。

そちらに 薬味があると
思うんですけども

すりだねっていう
薬味なんですよね。

こちらも 道の駅で
買えるみたいなんです。

初めに入れて食べちゃった。

あぁ~
何やってんすか ちょっと。

それは 大体 後でしょ。

食べちゃ…
まぁ もういいですけど。

新井ちゃん ちょっと変化…
新井ちゃんに任せますから。

すりだね 入れて。
はい。

何て言うんだろうね
何て言うんだろうね 楽しみだね。

たぶんね たぶんね…。

あぁ~ めっちゃいいな。

きっと言うよ。

う~ん。

なるほど! うまい。

ハハハ。

<道の駅 富士吉田を
後にした2人は

山梨県を北上>

<続いては 子供から
大人まで 大満足

里山の大自然を
思いっ切り満喫できる道の駅>

(草薙)宮下。
(宮下)ねぇ。

(草薙)あぁ~ もう…。

<いよいよ…>

(草薙)ねぇ。

(宮下)本当だね。
(草薙)あぁ~!

(草薙)ある!
(宮下)あるじゃん 急に。

(宮下)道の駅じゃないですか。

<ここは なんと…>

<…に選ばれた大人気スポット>

<その人気の秘密を
探ってみると

1つ目に発見したのは
里山ならではのグルメ>

(草薙)おまんじゅうコーナーだ。

(草薙)あっ えぇ~。

<すると そこへ>

はい はい。

(宮下)あっ 追加。

はい いらっしゃいませ~。

チャーちゃん
お年寄りが チャーちゃん。

(宮下)チャーちゃん。
これが ママでね お嫁ちゃん。

(宮下)へぇ~。

チャーちゃんは…。

チャーちゃんって言う人も
いるんですよ。

中間の おばあちゃんっていう。

(宮下)へぇ~
それを 「チャーちゃん」と。

そのまんまで
「チャーちゃんまんじゅう」。

アハハハ!

(草薙)やめてください。

<地元の…>

<手づくりの蒸しまんじゅうが
人気を呼び

今や 道の駅の名物に>

<…を使用し

自宅のかまどで 3時間以上
煮込んだ やさしい味>

<この他にも…>

<素朴な味付けの…>

<…など いずれも絶品>

<早速…>

(宮下)見てください これ。

あっ お酒は 入ってないですね。

<さらに
2つ目の人気の秘密は

里山ならではのアクティビティ>

(宮下)何だろう? これ。

(スタッフ)楽しんでいただく
施設なんですけども。

<フォレストアドベンチャーとは
自然の森を そのまま利用した

フランス生まれの
アクティビティ>

<道の駅に隣接しているのは
全国でも珍しく

子供から大人まで楽しめると
大人気>

<早速 2人も体験>

逆のこと言ってるよ。

<上に上がったら最後

インストラクターも
いないので…>

(草薙)すごいでしょ これ。
(宮下)うわ~ 高っ!

(草薙)いや これは…。

(宮下)怖っ!
(草薙)うわ~ これは すごい。

うわ~ 怖い ちょっと待って。

これは すごい。

これは 宮下 できないよ
ちょっと待って。

(宮下)ヤバいじゃん。

ちぎれないでしょ。

(草薙)うわ~。

着いた!

(草薙)俺と同じように。

(宮下)あ~ でも…。

(草薙)あと半分…。

(草薙)宮下…。

<そして その後も>

あっ もう 2つ目。

どうした? どうした?

(草薙)ヤバい ヤバい!
あぁ~ ヤバい! うわ~!

もうダメだ。

(宮下)ちょっと落ち着いて。

あぁ~ ありがとう。

<何とか…>

<…かけ 関門をクリアしていき>

(草薙)これ 比じゃないね
今までのと。

(スタジオ:所)うわうわ いいね!
(宮下)これ ちょっと ヤバいよ!

あぁ~。
あ~あ… あ~あ。

<…する 宮下草薙>

うわうわ いいね!

<この最後の関門を
乗り越えることができるのか?>

行くか。

(宮下)えい! あぁ~!

うわ~ 速っ 速っ!

あぁ~ ヤバい ヤバい
ヤバい ヤバい ヤバい。

いいじゃない いいじゃない。

よし! よっしゃ~!

着地 うまい。

うん?

何?

見てるよ。

(草薙)うわ~!

ヤバイ 回転…。

あっ あぁ~!

着地点が見えない。
何? この映像。

あぁ~ あぁ~ あぁ~。

着地点が あぁ~。

こんな人いる!?
背中で。

<最高時速30キロ以上>

<里山を滑り降りる
大迫力のアクティビティを

ぜひ 道の駅で>

あぁ~ あぁ~ あぁ~。

こんな着地 見たことない。

<さらに…>

(草薙)それも すごいね。

(宮下)この辺の川とかで
取れるのかな ヤマメ。

ヤマメ イワナ
たくさん いるからね。

実は…。

…した場所なんです。
(宮下)えぇ~ すげぇ!

<小菅村のヤマメは

多摩川源流の美しく澄んだ水で
育つため

臭みが全くなく

日本一おいしいとも
いわれているんです>

おいしそう。

<中でも…>

(草薙)あっ えぇ~?

<果たして そのお味は?>

(宮下)
「すげぇ 口に入ってきた!」?

感じですよね。
(宮下)もう あれだね。

ハハハハハ。

<この後 ヤマメの新商品に
所さんも思わず>

あの辺は ヤマメとか イワナ
たくさん いるからね 本当に。

お水が きれいだから…
あら こんな形になってるの?

はい。

そうなんです。

説明書によりますと こちらは
道の駅こすげで販売されている…。

セットになっている…。

あっ これを炊飯器に そのまま
中の… 入れるんだ 液体も全部。

<お米や 好きな野菜と
一緒に炊くだけで

簡単に
料亭のような味になるんだそう>

<早速 いただきます>

お願いします。

はい。

本当だ
こんな感じに出来上がるんだ。

ほぐして ちょっと 軽く こう…。

ヤダ そんなの。
あっ じゃあ ガッと取りたい。

そう ガッと取りたい
形を残したい。

軟らか。

いただきま~す。

あぁ…。

あつあつですね。
うん!

おいしいな これ。
おぉ~。

味も濃過ぎないですよね
本当に 程よく 味が分かるような。

あっ 身が ほぐれる
軟らかい。

これは おいしいぞ。

これ お店のシメに
これが出てきてもいいよね。

はい お店の味かも。
ねぇ。