徹子の部屋 田原総一朗&渡辺宜嗣[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 田原総一朗&渡辺宜嗣[解][字]

~35年目の名コンビ登場!87歳の私生活に驚愕!?~田原総一朗さん&渡辺宜嗣さんが今日のゲストです。

◇ゲスト
1987年に始まり、今年35年目を迎えた『朝まで生テレビ!』の名コンビ!田原総一朗さんと渡辺宜嗣さんが揃って登場。今日は、黒柳さんを相手に田原さんの「田原節」が炸裂!見逃せない楽しいトークをお楽しみに!
◇番組内容
夜中の1時過ぎから討論する画期的な番組としてスタートした『朝まで生テレビ!』。その中でも「名物」だったのが大島渚さんの怒鳴り声!そんな初回放送を懐かしく見る2人。現在87歳になる田原さんだが、「疲れた」と言ったことがないので困っているという渡辺さん。今日は、田原さんの“元気の秘訣”、そして愛妻を17年前に亡くしてからの“男の一人暮らし”をVTRで紹介。渡辺さんも驚愕の自宅での姿とは…!?
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 田原
  2. 本当
  3. 渡辺
  4. フフフフ
  5. 黒柳
  6. 生テレビ
  7. 番組
  8. 今日
  9. 仕事
  10. 全部
  11. 奥様
  12. 資料
  13. 時間
  14. 徹子
  15. 部屋
  16. 大島
  17. 年目
  18. ハハハハ
  19. 頑固
  20. お願い

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



今日は おなじみのお二人です。
ジャーナリストの田原総一朗さん。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

そして テレビ朝日
ニュースキャスターの

渡辺宜嗣さんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願い致します。

お二人は今年 35年目を迎えた

『朝まで生テレビ!』の名コンビで
いらっしゃいます。

来年 35年。
あっ そうなんですか?

でも 来年 35年。
35年目に入る。 はい。

40年来のお付き合いだそうで
ございますけど。

よろしくお願い致します。
お願いします。

なんといっても
現在 87歳の田原さんは

『朝まで生テレビ!』や

BS朝日の政治・経済番組
『激論!クロスファイア』で

活躍なさるジャーナリストで
いらっしゃいます。

で 私とは
お食事をする仲でもありまして

ご一緒に本も…
戦争体験の本も…。

私たちが
戦争の時は子供でしたから

そんな話を
一緒に出版した事もございました。

それから あちらは もうすぐ

67歳にならんとしてらっしゃる
渡辺さん。

現在 『スーパーJチャンネル』の
コメンテーターで

毎日 ご活躍中です。

それから
『徹子の部屋』のコンサートでは

進行役をやってくださいまして

「終電までに終わる」を
合言葉にですね…。

そうですよね。
で 私が焼き肉屋さんで

色んな話をしてる時に
外国の名前なら

どういう名前だろうね?
っていう事から

この方 ヘンリーっていう名前が
いいって…。

黒柳さんから 外国の名前で

ヘンリーという称号を
頂いたんですよ。

その時 みんな
そういう話で盛り上がって。

エリザベスがいたりね それから
ヘンリーとか ジョージとか…。

そう。 いたのよ。 そしたらね
みんな 忘れちゃってた

ご飯 食べた時の話だから。

次の日 ちゃんと覚えててね
「僕 ヘンリーだけど」って…。

フフフフ…。 ヘンリーですよ。
そうでした。

でも あなたは この頃は
どこいらしても最年長ですってね。

そうですね。
もう この年になってきて

どこ行っても
一番 年上の事が多いんですけど

今日は この空間だと
私が一番若い世代で。

そうそう そうそう。
この人の偉いのはね

いくつになっても若いのよ。
フフフフ…。

いや お二人には
ちょっと 勝てません

その若さという意味で言えば。
でも 頭 黒々としてるからね。

こちらと比べると ほら。
こちら 白いでしょ? だから…。

これは染めてますから
黒いんですけど。

でも 全然わかんない。

2人の出会いは41年前。

1980年に始まった
『トゥナイト』からだそうでございます。

その時 渡辺さんは入社3年目で。
はい。

写真がございますが… 初々しい。
わあー。

一番 右側ですね。
はい。

右側が渡辺さんだけど

真ん中が
古舘さんなんですね これ。

同期なんですよね。
で 左が佐々木さん。

佐々木正洋 古舘伊知郎 同期で。

この同期…。
当たり年っていわれたんですよね。

当たり年ね。 でも 男女でね

9人も入社したんです 同期で。

この写真で見ると
佐々木さんの顔

皆さん
よくおわかりだと思います。

古舘さん 眼鏡かけてないから
ちょっと わからないんだけど。

相当ふっくらしてますよね
昔ね。

そうね ちょっとね。
これ 何年目ぐらい?

これが だから 3年目
4年目ぐらいの時ですね。

25~26の時ですね。
だから 何十年も…。

40年も前ですね。
40年も前。

この頃 僕は だから
『トゥナイト』を始めて

田原さんと
初めて お目にかかるんですよ。

あっ その頃ね。
ええ。

1987年
『朝まで生テレビ!』が始まる当時

53歳と32歳でいらっしゃいました。

金曜の夜中1時から。
今は何時間か…

当時は5時間でしたよね。
今 何時間…。

今 3時間です。
今 3時間。

世の中のタブーに挑む
画期的な番組でしたけれども。

それでは 初めての放送を

ちょっと 見て頂いていいですか?
VTR 見て頂きます。

♬~『Positive Force』

♬~

懐かしい。

同じですね。

「中曽根政治」?

「中曽根政治の功? 罪?」。

♬~

おおー。

「金曜日の深夜 いかがお過ごしで
いらっしゃいますか?」

「『朝まで生テレビ!』
画期的な番組が始まりました」

「朝6時までですね 激論5時間を
やって頂こうという

この番組なんですが…」
(利根川)「とにかく あれでしょ?」

「朝まで生テレビ
っていう事でしょ?」

「なんと 午前1時でしょ?」
(渡辺)「そうですね」

「で 午前6時までですからね」
「という事ね」

「本格的な討論番組でね」

「体力の続く限り
やってみようという事で」

「さて 皆さん おそろいなんで
いよいよ 討論 始めましょうかね」

「もう 待ちかねて
いらっしゃいますけれどもね」

「では 田原総一朗さんに
お渡しします」

いや 懐かしい。
田原さん。

「中曽根さん
今 おっしゃってた…」

あっ 髪の毛 黒い。
ハハハハ…。

「自民党が追い詰められてきて

いよいよ
中曽根さんの出番かなと」

あんなふうだったのね。

初めての日は
どんなお気持ちでした?

当時はね
大島さんとか 野坂さんとか

小田実とか 先輩がいっぱいいて。
すごい。

僕はね
チャレンジしたらよかった。

今 年寄りになっちゃったんで
まとめなきゃいけない。

今は もう渡辺さんに頼りっきり。

じゃあ 当時は若い方だったのね。
若い。

だから ガンガン
チャレンジすればよかった。

なんか 大島渚さんが

すごい怒鳴り声を
しょっちゅう 発してた。

それ あるみたいですよ ビデオ。
菅直人さんに対して。

あっ 菅さんに対して。
そうだったんですか。

「君たちはね 役者っていうのは
程度の低いものだと思ってるだろ」

「そういうとこがね 今の政治家の
駄目なとこなんだよ

はっきり言えば。 ねえ?
これは明らかに

役者というものに対する
差別発言なんだよ。 わかるか?」

「(拍手)」

(大島)「謝れ! 日本中の役者
世界中の役者に謝れ」

「謝れ!」
(菅)「わかりました」

「大島さんにね そういうふうに
言われたら謝ります」

これ 僕 覚えてるんですよね。
菅直人がアメリカの大統領…。

レーガン大統領。
レーガン。

「芸能人が大統領になった」
という言い方したら

大島さんが「差別だ!」と。
なるほど なるほど。

でも 菅さんも
ちゃんと「ごめんなさい」って

素直に謝ってらっしゃいましたよ。
そうですか。

で あの頃 よく言われてたのは
大島監督がね

毎回 怒るわけですよね。
怒る。

そうすると
あの頃 巷ではですね

田原さんが
テーブルの下で

足で蹴って キューを
出してるんじゃないか

という話が広がって。
全然。

そんな事はなかったんですけど
もちろん。

そういうふうに言われてましたよ。
怒鳴れって?

今 大島さんのような方
いらっしゃらないでしょ? でも。

いない いない。
会いたいですね またね

大島さんにね。
フフフフ…。

今日は 田原さんは
随分 笑顔が見えますね。

いつも
あんまり拝見した事ない…。

あれの時には
笑ってらっしゃらないでしょ?

そんなに。
まあね。

『朝まで』は まとめ役
やらなきゃいけないんでね。

そうですよね。
だから 結局 渡辺さんに

全部 もう お任せですよ。
相当 まとめ役ではないですよ。

そうですか。
もう 本当に。

まとめ役が下手だから
時に怒ったりして。

僕はね 『朝まで生テレビ!』って
さっき…

32歳で始まりましたから
本当にね 怖かったんです。

田原さんと
初めて お目にかかった時も

ちょっと
近寄りがたい方のイメージで。

日本を代表する
ジャーナリストですから

何を僕が言っても 全部
見透かされてるような感覚で。

で もう田原さんの前に出ると
本当にね 怖かったんですよ。

ましてや そういう…
田原さんみたいな方が

10人ぐらい集まるわけですよ
あの番組って。

大島さんとかね。
ええ。 だから 本当に

毎回毎回ね オープニングで

今日は こういうテーマで
放送しますっていう事を言う時に

僕 足 震えてましたもん
本当に怖くて。

そうだったんですか。

でも お互いの関係は
なんか 変化しました?

もう頼りきってます。
フフフフ…。 頼りきってるって。

頼りきられるほどの器では
ないんですけど。

でも 田原さんは
「疲れた」とおっしゃらないので

渡辺さんも言えなくて
困っちゃうんだって?

これ 本当に困りますね。
絶対 徹夜したら 朝方 本当に

ヘロヘロに
なってらっしゃるだろうなと。

徹夜してるところから
始まるんですもんね。

だから 前の日も
ちゃんとお仕事をなさって

で 夜中12時を回ってから
お目にかかって

本番の打ち合わせをして

本番に入っていって
朝までいくわけですから。

でも 絶対 「疲れた」って
おっしゃらないんですよ。

僕なんか 本当に もうね

疲れちゃって
しょうがないんですけど

田原さんの前では 絶対
「疲れた」って言えないんですよ。

だってね
こんな面白い番組 ないんですよ。

そりゃそうですよね。
ねっ。

「ねっ」って言われても
わからんですけどね。

ちょっと 田原さんの元気の秘訣を
VTRでご紹介致します。

なんだかわからないんだけど
ちょっと ご覧ください。

すごいですね。 お散歩?
散歩です。 毎朝 やってます。

毎朝。 へえー。

30分ばかり。
へえー。

随分いい所に
住んでらっしゃいますよね。

フフフフ…。

あら。 おたくの犬?
あら。

これはね
僕の娘が飼ってるんですよ。

ええー。
娘が とっても可愛がってて。

可愛いわね。
ハンナっていうんですけどね。

あら 可愛い。
ああー。

あっ でも ひもがついてる。

毎朝
散歩してらっしゃるんですか?

はい。
あっ そうですか。

30分ぐらいなさるんですってね。

やっぱりね 黒柳さんもそうだと…
健康第一ですからね。

そうです。 もう なんていったって
健康ですよね。

雨の日はマンションの階段で
上がったり下がったりして

やってらっしゃるんですってね。

でも この犬 可愛いですね
言う事を聞いて。

随分 なんか 風光明媚なとこに
住んでらっしゃる…。

いいですね この歩き方が。
ハハハハ…。

いかにも年寄りだね。
後ろに手やって。

打ち合わせに
入っていらっしゃる時も

ああいう感じで
入ってらっしゃるんですよ。

こうやって ちょっと…
こんな感じで

歩いてらっしゃるんですけど

だんだん本番が近付いてくる
時間帯になってくると

田原総一朗になってくるんですよ。
フフフフ…。

どこで スイッチが
入ってくるのかなって

いつも 僕はね 不思議に思ってた。

だってね
こんな面白い番組 ないんだもん。

ハハハハ…。 そうですか。
そうですよね。

あの「タランタン
タランターン」。 フフフフ…。

さっきの僕 散歩
毎日であれですけど

黒柳さんも毎日 スクワットを
続けてらっしゃるんでしょ?

夜 寝る時ね。
あっ そうですか。

50回ほど。
やっぱり 足腰ですかね?

まあ 足腰だと…。
一番 お聞きしたいのはね

黒柳さんは
僕より年上なんだけど

なんで そんな元気なんですか?
嫌だな 年上なんだけど。

なんで そんなお元気なんですか?
私? 私ね よく寝ますね。

今ね 計算したらね やっぱり
10時間ぐらい寝てると思います。

寝るだけじゃなくてね
番組 見るとね

やる気満々でしょ? あの気力は
どこから来るんですか?

やっぱり これで
グズグズ グズグズとなったら

つまんないじゃないですか。

いつまでも元気っていうのが
いいと思って。

だから どうすれば そんな
いつまでも元気になれるんですか。

ですから
よく寝てるんですってば。

よく食べる。
それからね 面白い事を見つける。

これ。 面白いのを見つけるのが
肝心なんだ。

田原さんは奥様の節子さん…

私たちも
ご紹介頂いたんですけど。

亡くなって
もう17年になるんですってね。

びっくりします。
これ… 渡辺さん? これ。

本当だ。
渡辺さんも

それで 節子さんが…
奥様が亡くなった時に

葬儀に参列して お骨を拾うのも
一緒になさったんですって?

そうです。
やってもらったんですけどね。

僕 父親 母親
もう亡くなりましたけど

自分の両親以外で
お骨上げをさせて頂いたのは

田原さんの奥様が亡くなった時
ただ一回ですね。

本当に ありがたかった。
よかったですよね でもね。

なんか 家族の一人のようにね
見て頂いてるのは

すごく 本当に 僕は感謝してます。

でも 奥様とは生前 毎日の討論
楽しみだったんですってね。

あのね 彼女にはね

家事 炊事は やってほしくないと。

その代わり
討論の相手になってくれって。

フフフフ…。 そうですよね。

大体 僕が負けますけどね。

本当に?
うん。

87歳でね
現在 お一人暮らしなんですよ。

男一人暮らしっていうのは
どんな生活かっていう

VTRがございますので
ちょっと ご覧ください。

あっ これ
ご自分でお作りになるのね。

はい 朝ご飯です。

朝ご飯はね 女房が生きてた時から
僕が作って…。

あっ そうなの。
そうですか。 初めて知りました。

何? 今 飲んだの。
えっ? 牛乳です。

牛乳。 すごいな。
あんな勢いで飲むんだ。

で ジュース…。
ジュースと それから あれね。

麦茶とか そういうもの…。
わあー すごい。

仕事場?
資料? これ 資料?

うわー。
これ 自宅です。

これ ちょっと押したら 全部
どこかに飛んでいきそうな…。

あっ 卵ができました。

例の3・11の時
大変だったんですよ。

あっ そう。
東日本大震災。

ガーンって 全部 こう…。
あれが全部 地震で。

それは大変ですね。

でも ちゃんとね
お野菜も召し上がるんだわ。 偉い。

ええー。
これ 僕 ちょっと意外ですね。

ご自分で目玉焼き作ったり
してらっしゃるんですか。

女房が生きてる時から
朝は僕がやってた。

でも この資料が3・11の時
全部 崩れたっていうんですから

相当ですよね。
何も あそこで食べなくても

他の所で食べても
いいんじゃないですか?

だって これ 自宅だもん。
いやいや その…。

ねえ これ… 今の

あんパンみたいなもの
召し上がるの

あれは毎日 あんパン?
はい。

トースト あんパン。
トースト あんパンね。

さっき 目玉焼きとトーストと
召し上がって

で ジュースも召し上がって
で あんパンも食べる。

でも やっぱり 朝
あれだけ召し上がってるからね

いいですよね。
でも お一人なので

食器の片付けも全部ね
なさらなきゃいけないから

それも大変。

わあ。 その… 資料だの本だのが
なんだか ものすごい。

渡辺さん ご感想。
いや ちょっと 意外でしたね。

あっ 何が?
朝ご飯を

別のテーブルかなんかで
食べればいいのに

わざわざ あの仕事の資料がある
そこへ持ってくっていうところが

田原さんらしいですね。
でも 違いますよ。

全部 家中が ああなんでしょ?
だって。

ああー そっか。
平らな所ないんでしょ? 他に。

ないんですか?
ない。

ないですよ あれで見たらば。
テーブルっていうのは

あそこにしかない。
あっ そうですか。

そうですよ。 それ 渡辺さんね…。

で ほら あなた
奥様いらっしゃるでしょ?

だから 奥様が ちょっと
片付けたりしてくださるでしょ?

そういう方が
いらっしゃらないから

資料は資料で
どんどんたまっていく。

それで 空いた所に資料を置く。

だから ご飯 食べる所は
ここしかない。

そういう生活でしょ?
私 よくわかってます。

えっとね 渡辺さんが…
37年前ですよ。

『徹子の部屋』に
初出演なさいました。

その時 ちょうど
29歳でいらしたのね。

37年前の『徹子の部屋』です。
どうぞ ご覧ください。

「渡辺宜嗣さん 今日のお客様です」
「こんにちは」

「ようこそ おいでくださいました」
「お父さん お母さん

出ました ついに。
部長 出ましたから 本当に」

「今日まで 本当
信じられなかったんですよね」

「あなたは 名古屋のご出身で
いらっしゃるから

小さい時は やっぱり
名古屋弁でしたか?」

「もう どえりゃあ名古屋弁ですね
今でも出るんですよ たまに」

軽いですね なんか。

「『徹子の部屋』に出ますから

見てくださいっていうふうに
おっしゃる時は

どんなふうになるの?」
「もう すぐ電話しましたよ」

「それでね “親父ば

今度ね
『徹子の部屋』出るでよ"って」

「“見とってな。 見とってよ"って
こういう感じですね」

「あっ そう。 そうすると
お父様は“見るでよ"って?」

「“見るでよ"って言うんですよ」
「そういう感じ」

「それで この局 お入りになって
今 何年目ですか?」

「今年で8年目ですね」

「それで
ご結婚してらっしゃるんですか?」

「まだです」
「まだ?」

「誰か紹介してください。
お願いします」

なんと軽い男でしょうね。
本当ね。

ねえ 渡辺さんは若いけど
黒柳さん 変わらないね。

変わらないですね。
当時と今と。

変わってません?
変わってない。

すごいな。
そうですか。 よかったです。

どうすれば
その若さを保てるんですか?

だから さっき 申しましたでしょ。

いっぱい食べる
それから 色んな事に関心を持つ

それから 夜 寝る。

こんな事は
聞くのは よくないんだけど

なんで 黒柳さんは
結婚しなかったんですか?

それはね…
まあ 色々 事情がありましたわね。

とても魅力的だからね

黒柳さんを好きになる男
いっぱいいたと思うの。

随分いっぱい 結婚
申し込まれた事もありましたよ。

でもね その時はね 仕事と
どっちがいいかなと思ってね

考えて 仕事を取ったっていう面も
あります。

外国人の場合もありましたからね。

どこに住むとかっていうのとか
色々あって。

結婚しようと思った事も
あったんですけど

やっぱり なんか タイミングが
うまくいかなかったですね。

だもんで
この有り様でございますが。

あなた この出演の翌年に
結婚なすったのね。

はい。
奥さんの どこが気に入ったの?

はい? 突っ込みますね。

今日は
『朝生』の話 しに来たんですから。

どこがよかったの?
年は7つ下なんですけど

それこそ 頼りがいのある妻で。
いいですよね。

はい。
そういう方じゃないと

こういうお仕事ですからね
やっぱりね。

お二人は
40年来のお付き合いですけど

お二人でケンカなさった事は
ないんですか?

あのね 僕 わがままですから
時々ね 怒ったりするんですけど

この人は すごい。
全部 それに対してね

ちゃんと応えてくれて
怒り返さない。

偉い。
だから もう頼りきってる。

いやいや…。
偉い。

いや ケンカっていうか…

年取ると
自分もそうなんですけど

だんだん
頑固になってきてるんですよね。

僕自身がそうだし。

で 田原さんも 50代の時に
初めて お目にかかって

で 今 もう87歳ですから

だんだん頑固になってきてるのは
感じるんですよ。

で それって
自分の父親もそうだったし

同じ事なんだなって思いながら…。

時々 田原さんが
頑固になりすぎた時には

「田原さん それは いけませんよ」
って言う事はありますけど。

そうですか。
そうすると 言う事を聞くの?

それにしてもね 黒柳さん
頑固にならないんですよね。

私は頑固にならない。
なんで 頑固にならない?

なんでしょう?
ケンカするのが第一嫌い。

私 芸能界入って 人と
ケンカした事ないです 一度も。

だってね こんな長く
やってらっしゃるのに

黒柳さんを悪く言う人
いないもんね。

そうですね。 僕らは35年ですけど
『徹子の部屋』は45年ですよね。

そうですね。 46年目に入ります。

田原さんは お仕事があったから
本当によかったんだけど

奥様 亡くなったあとに
お仕事が もしなかったら

生きていかれなかった
ぐらいですって?

思います。
仕事があったから

生きられたですね。
そうですよね。

でも
田原さんには なんか

理想の最期っていうのが
あるんですって?

うん。 まあね よく言うんですが

『朝まで生テレビ!』で
田原が静かになった。

よく見たら死んでいた。
これ 一番理想。

ところが
プロデューサーは「困る」と。

「少なくとも “ご苦労さん"

“ありがとうございました"と
言ってから死んでくれ」って。

ハハハハ…。
ハハハハ…。 そうか。

それ あとでね…

本番中っていう事を
よくおっしゃるんですけど

残される我々 大変ですよね。
そりゃそうですよね。

だから プロデューサーがね
「どうせ そうなるんだったら

番組 終わってからにしてくれ」
っていう事を よく言うんですよ。

やっぱり 終わったあと?

黒柳さんの理想の死に方
っていうのは なんですか?

私だって
できれば 仕事をしてる最中に

死んだらいいと思いますよ。
同じだ。

こうやって
静かにしてるなと思ったら

もう死んでたっていったら
そりゃ すごいじゃないですか。

それ 同じっていうのが
すごい事ですね。

そうですね。
はい。

私 うんと若い頃
付き合ってた男の人にね

「君は どうもね 穴に落っこちて

死ぬような気がする」って
言われた事があってね。

それ以来 穴のそばでは
気を付けてますよ

落っこちないように。

ところで 渡辺さんは
いつまで続けるつもり? 仕事。

仕事ですか?

気が付いてたら死んでた
っていう…。

嫌だ もう みんな。 あなたがね

『朝まで生テレビ!』の時
死んでたら

それ 面倒だから
やめた方がいいわよ。

ハハハハ…。
フフフフ…。 それは。

田原さんは ここで2冊も
本をお出しになったんですね。

ありがとうございます。
はい。

奥様が女学校の時から
お友達だった

下重暁子さんと
対談なさった本。

それと もう一冊。
はい。

今日 お二人でご出演になった
ご感想ってあります?

僕は うれしかったです。
あっ うれしい?

はい。 初めてね 田原さんと
こうして ご一緒させて頂いて。

『朝まで生テレビ!』や
『トゥナイト』は

ご一緒させて頂きましたけど

『徹子の部屋』に こうして…。
というか こんなわがままな僕に

ちゃんと付き合ってくださる
渡辺さん

非常にありがたいと思ってます。
フフフフ…。

息子みたいなもんです
仕事の上でね。

僕 番組の中では
長男坊だと思ってるんですけど。

そうですか。
でも あれ 5時間…

今は3時間になったそうですけど。
5時間やってらっしゃって

途中で眠くなるっていう事
ないんですか?

全然ないですね。
ない? うん。

こんな面白い番組 ないですよ。
そうか。

まあ お二人は『朝まで生テレビ!』
来年は35周年目を目指して

どうぞ 頑張ってください。
35周年 すごいですよね。

でも 今日は
出て頂いてよかったです。

どうも
本当 ありがとうございました。

また ご飯 食べましょう。
ありがとうございました。

どうも ありがとうございました
渡辺さんも。

『徹子の部屋』は