ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【新潟】食欲爆発!!たれウマすぎ『焼き鳥』…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【新潟】食欲爆発!!たれウマすぎ『焼き鳥』

激パリパリ!名物巨大カレーチキンほか負けず嫌い85歳店主【長野】肉よりごちそう!?『たれキャベツ』成長し続ける焼肉定食【福島ほか】味の〇〇大捜査!!片桐Dとイサムさん

出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】的場浩司、SHELLY、梅澤美波(乃木坂46)
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. SHELLY
  2. 的場
  3. 梅澤
  4. ハハハ
  5. スタッフ
  6. タレ
  7. 店主
  8. キャベツ
  9. 本当
  10. 最高
  11. 片桐D
  12. AD
  13. 絶対
  14. 結構
  15. 社長
  16. ガマン
  17. 焼肉
  18. 成長
  19. 相当
  20. ニンニク

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<テレビの前の皆さん>

<日本の とある町で
見つけました>

(小峠)へぇ~っ。
(ヒロミ)あ~っ 雰囲気あるな。

(SHELLY)いいですね。
うん。

えっ 何?
(SHELLY)もしかして

「とら食堂」ってことは。

とんかつ。
(梅澤)とんかつ。

(SHELLY)タイガースファンとか
じゃないですか?

あ~っ なるほどね。
あ~っ。

あっ 何だ?これ。

(的場)「とんかつ おいしいよ」
(梅澤)「とくじょう とんかつ」

(的場)「とくじょう とんかつ
おいしいよ」

(SHELLY)「おいしいよ」
とんかつ屋さんなんだね?

うん。

(的場)びっくりしちゃった。
(SHELLY)本当に突然 お邪魔してる

(スタッフ)いいですか?
≪あっ いいですよ。

(スタッフ)ごめんなさい。
ううん 違う違う。

(スタッフ)あっ 大丈夫ですか?

(SHELLY)こういう感じのとこ
いいですね。

(スタッフ)ここでも いいですか?
≪いいよ。

(スタッフ)いいですか?
≪上あがりゃいいじゃん。

(スタッフ)突然ごめんなさい 僕…

(スタッフ)いいですか?

ごめんなさい。
≪もう全然 大丈夫ですよ。

(スタッフ)ご店主?
あっ こちらのマスター?

こんにちは すいません ご飯中に。
はい。

ハハハ…[笑]何で そのスプレー
どかさない!

ハハハ…[笑]気になりますね
あれね。

あれ 気になるな。

(スタッフ)そうですね はい。

一応カメラ回させてもらう
都合上

ご相談で 先に…。
あ~あ~っ…。

(スタッフ)お声がけさせて
もらってるって感じで。

はい すみません。

(スタッフ)どのくらいウマいか[笑]

はい。

これは いいね。
(SHELLY)あ~っ かっこいい!

焼肉なの?
焼肉?

(SHELLY)とんかつじゃない?
あれ?とんかつじゃないの?

とんかつじゃない?

(スタッフ)焼肉が一番いいんですか?
(SHELLY)焼肉がいいの?

(的場)あんなに
とんかつ振っといて。

(SHELLY)昔の話[笑]

(SHELLY)今は焼肉が
おいしいんですね?

(梅澤)成長しちゃって。
(的場)なるほど。

(スタッフ)とんかつは
ずっとウマかった?

ウマかったんだけど そこから…

(梅澤)追い越しちゃった[笑]
(スタッフ)焼肉が成長した?

(的場)とんかつ
超えちゃったんだ。

焼肉が成長…[笑]

今は…

あら!
(梅澤)だいぶ超しちゃった。

(SHELLY)焼肉が おいしんだ。

(スタッフ)焼肉が一番おすすめって
ことなんですか?

今はな。
今はな。

とんかつ。

それが…

ハハハ…[笑]

成長しちゃったんだから。
(スタッフ)すごいですね。

面白いな。
(スタッフ)あっ わかりました。

(SHELLY)え~っ!
(的場)すごいね。

(梅澤)ハードルだいぶ上がったけど。

(的場)自信がすごい。

タレが最高に うまいわ。

最高ですよ。

こちらのお客さん 焼肉食べられた

え~っ。
タレだ。

ハハハ…[笑]

(SHELLY)最高!
いいよ。

いいですね。
また 見つけたな!

いいですね。
見つけたな。

(梅澤)えっ 気になる。

(スタッフ)ありがとうございます。

あ~っ!何か。

(梅澤)汁がすごい。(SHELLY)何か
パッと見 カレーみたいな。

(的場)えっ 焼肉?
何か しょうが焼きの。

(梅澤)しょうが焼きっぽい 確かに
(的場)焼肉に見えない。

うん!
(SHELLY)しかも豚肉ですね。

想像と違いますね 何か。

(SHELLY)え~っ!
何か思ってたのと違う。

えっ これ 何だろう?
ちょっと 初めて見る感じ。

そうですね
見たことない 焼肉定食。

(SHELLY)タレの色の感じも
想像してたのと違う。

でも うまそう。

(SHELLY)しょうが焼き みたいな色

あ~っ。
あ~っ。

(SHELLY)みんな すごい 最後まで。

(的場)みんなタレだね。
(SHELLY)タレが やっぱおいしいんだ

(的場)やっぱタレが うまいんだ。
うん。

やっぱ うれしいんだな。

(SHELLY)すごい うれしいんだ
これを 知ってもらえるのが。

ハハハ…[笑]

≪はい ありがとう。

(的場)いや 食べたことない味
気になるな。

(SHELLY)気になりますね
何が そんなに独特なのか。

みんなが「タレ」「タレ」って
言うんだから やっぱタレが。

(的場)いや そうですね。
うん。

いや うまそうだもんね。

(梅澤)うわっ マヨネーズ。

あ~っ。
(SHELLY)あ~ うれしいな これは。

ここは とんかつ屋さんの あれが
残ってるんですね。

マヨの量。

≪いらっしゃいませ。

いや いい。

うん。
いい。

あ~っ キャベツで飯を。
(SHELLY)いっちゃうな これは。

キャベツで いくんだ?

(的場)だからキャベツにタレ
ついてるからじゃないですか?

(梅澤)染み込ませて。
あ~っ そうか。

(SHELLY)タレキャベツで。
そうか そうか。

(SHELLY)もう お肉入ってない
ですもんね 全然。

うん キャベツよ
キャベツで いってるんだから。

いいですよ お~っ。

全然 肉いかないな。

(SHELLY)いかないね。

最後に取っておきたいのかな?
お肉は。

(的場)いや そうそう
絶対そのタイプ。

おいしいものは最後に!みたいな。
(SHELLY)いいですね 分かりますよ

キャベツは だって無料だから。

(梅澤)そうですね。
そうですね。

(梅澤)キャベツ[笑]
そうなっちゃうよ。

(SHELLY)体に いいしね。

こういうとこじゃないと野菜
取れないですもんね なかなか。

へぇ~っ。

(的場)もう肉は絶対これだけは
キープしてるんだよね。

そうですね あれだけ。

あ~っ!ここで?
あ~っ いった!

(梅澤)これは!
(的場)肉巻きキャベツ!?

これは うまいでしょ!

(SHELLY)これ一番おいしい
ひとくちじゃない?ここが。

そうだろうな。
うん。

まだ いく?
お~っ。

お~っ!いいね。

僕はキャベツを食う。

(的場)やっぱタレなんだ。
(SHELLY)そんなに おいしいんだ。

…くれないかなと思って[笑]

あら~。

…ぐらい おいしい。

それ相当だね。
(SHELLY)相当ですね。

結構 口内炎に負けるもんね。
うん。

キャベツなんだ。
うん。

(店主)ありがとうございます。

(的場)元気だね。
(SHELLY)かわいい。

(SHELLY)小林さん。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(SHELLY)何?この職場。
面白い職場だね。

(SHELLY)超 楽しそう
ここでバイトしたい。

また 見つけたな!
ハハハ…[笑]

<このお店 どこだ?>

(SHELLY)お願い 関東圏に来て!
関東圏!

(的場)近場だったら いいね。
どこだろう?これ。

(的場)近場が いい。
(SHELLY)あっ 関東圏じゃない?

あっ!
えっ!

(SHELLY)行けなくは ない!
へぇ~っ 須坂!あ~っ。

わ~っ もう並んでるんだ。

(的場)やっぱ行列できるわね
そりゃあ。

(SHELLY)そりゃ
並びますよね。

でも とんかつ頼みたくなるよね。
本当 これだけね!

(梅澤)とんかつ!(的場)確かに。
のれんが「とんかつ」なんだから。

(梅澤)あっ かつ来た!

とんかつも やっぱ あるんだね。
(的場)来ましたよ かつ!

あっ とんかつね
これ見たいですよ とんかつ。

(的場)かつ でかいんじゃない?
(SHELLY)かつ おいしそう。

で あの こだわり。レモン搾る
機械が出てきましたよ。

すごいな。

(梅澤)タレも2種類?

(SHELLY)あっ 違う
レモンじゃない!

(梅澤)あっ ニンニク?

(SHELLY)え~っ
ニンニクどうするの?

へぇ~っ。
(SHELLY)これに?

(梅澤)え~っ!
(SHELLY)生のニンニク?

これ珍しいね。
(SHELLY)新しい。

え~っ。

(SHELLY)これも食べてみたいな
ちょっと。

(梅澤)だいぶ たっぷり。
ねぇ 結構な量をね。

(梅澤)結構いきますね。
(SHELLY)5粒いくの?

(的場)5粒?

(SHELLY)彼女は嫌でしょうね。
(梅澤)うん ちょっと困りますよね

(SHELLY)このあとのこと考えたら。
うん。

いや~ 食ってみてぇな。

(的場)うまいんだよね
だから とんかつも うまいんだよ。

(梅澤)分厚い。
(SHELLY)「みゆきポーク」

うまそうな 豚。

脂のってて。

いいですね。

(梅澤)うわ~っ。
(SHELLY)うわっ 分厚い!

(梅澤)分厚いな。

(的場)衣もサクサクしてそう。
(梅澤)うん。

(SHELLY)いや これ新しいわ。
ニンニクのこんなの あるんだ?

ねぇ。
初めて知った。

(的場)いや 本当ですね
見たことないですね。

ねぇ やっぱ見たことないよね?
(的場)はい。

(SHELLY)おいしそう!
うまそうだね これ。

(SHELLY)ここが食べたい 一番。

お~っ。
(SHELLY)あ~っ 高級。

でも この厚さでいったら
安いですよね。

東京じゃ結構 大変な値段。
(SHELLY)いや しますよね。

(的場)東京だったら2000円
いっちゃうんじゃないですか?

(SHELLY)全然いきますよ。

(的場)ダメだ 前のめりになるわ。

何ですか?今のは。
ハハハ…[笑]

(的場)もつ煮も いいね。

(梅澤)もつ煮 食べたいな。
(SHELLY)もつ煮も いきたいな!

(的場)もつ煮も いい。

うわ~っ この。
はぁ~!

(的場)うわっ
めちゃくちゃ うまそう!

うわっ このもつも うまそうだな。

(SHELLY)単品でいけないですか?
もつ煮は。

いや~。
(的場)いや うまそう!

(梅澤)これは おいしいな!
これ うまそうですね。

これも ご飯に かけて食べたい。
(SHELLY)ねぇ いいですね。

これ うまそう。
これ 超うまいと思う。

(的場)いや 絶対うまいですよ。
あ~っ いいね。

(的場)1050円で
これが食べられる!?

(SHELLY)ハハハ…[笑]
みんな面倒くさそう。

ハハハ…[笑]そうそう
もう言わなきゃ…。

何だよ?
ハハハ…[笑]

モーメント。

これ何ですか?これ。
ハハハ…[笑]

これは 何なんだよ?これ。

(SHELLY)ずっと何十年も
言ってるんでしょうね。

(的場)忙しいときは
絶対 返事しないんだね。

そうですね
かまってられない。

(的場)怒られちゃった。

(SHELLY)かわいい。

面白いね 本当。

(SHELLY)本当ですね。
すごい成長しましたよ。

<そして>

(SHELLY)うわっ すごい!
なになに?これは。

(梅澤)あ~っ!(SHELLY)これが?
うわ~っ。

(的場)これがタレ?
あ~っ。

うわ~っ これなんだ。
(的場)これがタレか。

(SHELLY)うわ~っ スープみたいに…。
(梅澤)これは すごい。

へぇ~っ。

いや このタレ 食べてみたいな。

(的場)いや興味ありますね。
何か食べてみたいですよね。

(的場)食べたいですね。

(スタッフ)ニンニク?

(SHELLY)大量にニンニク使う…。

(店主)それ以上に…

(的場)え~っ!
(スタッフ)大丈夫なんですか?

(的場)いいの?

(店主)俺のウチは…

(スタッフ)はいはい。
(的場)なるほどね。

はいはい…。
(的場)それ そうなんだよね。

そうだね 成長だからね。

(店主)今度こういう味に…

ハハハ…[笑]そうですよね。

「成長させようとしてる」って
すげぇな。

(SHELLY)やっぱ みゆきポークが
おいしいんだ。

いい豚だな。
うん。

(的場)色も いいし。

で もうニンニクを入れていく。

結構 入れるんだ。

(店主)で お酒が入って。

(的場)酒 入れて。

(梅澤)うわ~っ。(SHELLY)1合
いくって すごいですね。

マヨ!
(梅澤)マヨネーズも入るんだ。

(的場)この時点で
絶対うまいもんね。

(店主)寝かせておいた タレ。

(梅澤)え~っ。(SHELLY)1か月?

はぁ~。
(梅澤)これはもう マネできない。

(梅澤)これは おいしいわ。
(的場)足していくんだ!

熟成したものと。
なるほど。

(梅澤)最高に おいしそう!

これ食べてみたいな。
(的場)うわっ うまそう。

あ~っ うまそう。
(的場)めちゃくちゃ うまそう。

(梅澤)おいしそう。
これは これは。

ご飯 進むよな。

これ食べたい
あ~っ うまそう これ。

(SHELLY)これ
知らなくても いいかも。

知ってしまったら 何か もう
ずっと食べたくなっちゃう。

うわ~っ。
(的場)いや うまそう!

(SHELLY)おいしそう。

(的場)これは いい店だ。

あ~ やっぱ みんな入れるんだね
ああやって。

(的場)いや やりたいね。
うん やりたいですね。

これ すごいな!キャベツ定食って
出せば いいのに。

あ~っ そうよね。

ありがとう!
(店主)ありがとう!

キャベツ 一丁ください。
(店主)キャベツお願い 2番さん。

(的場)キャベツ出るなぁ。

(梅澤)え~っ。
(的場)食べるね やっぱり。

好きなんだ。
(的場)おいしいんだね。

う~ん。

うまいんだろうな。
(的場)絶対 うまいはずですよ。

(店主)キャベツ お願いします。

(SHELLY)優しい 言い方。
へぇ~。

しょうが焼きに付いてる
キャベツとか うまいもんな。

あ~っ いいですね。
(梅澤)おいしいですね。

はい どうも!ご飯もお願いします
ご飯?

(的場)タレが なくなるまで
永遠に

キャベツ頼み続けるんじゃない?
あ~っ。

(梅澤)お~っ。
(SHELLY)すごいな もう

ずっと
行ったり来たりしちゃう。

え~っ。

あ~っ 本当だ。
(梅澤)肉は ずっと ありますね。

(的場)だから
メインが もう本当に

キャベツと タレなんですよ。
(SHELLY)そうですね。

(梅澤)キャベツご飯。
体にも いいわ これ。

(SHELLY)確かに
野菜たっぷり とれるから。

(的場)いや~っ いいね。
いい。

いい食べっぷりですね。
(SHELLY)おいしそう 行きたくなる

(梅澤)いい笑顔
あ~っ いい笑顔!

(的場)いい顔してるんだよ。
いいね!

うまいんだな!
ねぇ。

(的場)絶対 うまいですよ。
この後半に来て笑えるって

すごいよね。
(SHELLY)確かに そうですよね。

(的場)すごいです。
いや うまそうだもんね。

いいね。
いいね いいね!

いい。
(的場)うまいんだろうな。

うわっ!いくねぇ。

(梅澤)キャベツ いく。
(SHELLY)キャベツが おいしいんだ。

(的場)まだ残りのタレで
もう1杯いけるぞと。

うわ~っ!5杯いった。

すごいね。

(的場)キャベツ食べてるのか
そば食ってるのか 分からない。

進化してるなぁ。
(的場)本当ですね。

なかなか ないよ この絵。
(的場)はい。

もう そばの食い方ですもん。
永遠 食べられるだろうな。

確かにね そばの食い方だ。

すみません。
ハハハ…[笑]

いいですね
こう絶対 添えるんですよね。

(梅澤)すごい お上品に。
これが いいですね。

いいね。
(梅澤)すてき。

いい人なんだろうね。
(SHELLY)絶対 いい人。

6杯!
キャベツの受け取り方が 違うもんな

かわいらしい人だね。

(的場)ヤバイ
タレ なめてみたいな。

いや~っ タレだけでも
持って帰って来てくれたらな。

そうなんですよね!
(的場)いや 本当ですよ。

いや そうなんです
タレぐらいね。

(的場)金魚の シュポシュポに
入れて 持ってくれば…?

(SHELLY)そんな ちょっとで
いいんですか?

(的場)味を知りたい。
そうですよ 気になりますよね。

これだけ うまいんだから。
そうだよな。

こんなに うまいんだったら
俺も

ご飯 おかわりとか
できそうな気がする。

(SHELLY)ここで おみそ汁。

(的場)これで
シメに かかるのかな?

はぁ~!

7杯!

(的場)でも 多く食べてるのは
キャベツだから

ヘルシーでは あるんだもんね。
いや そうですよね。

でも もう 1玉ぐらい
食べてるんじゃないの?

もう いってるでしょ
それぐらい!7つって。

すごいな。

きれいに食べるなぁ 偉い!

(梅澤)終わるかな?

すみません。
(店主)はい!

ハハハ…[笑]いいよ!

(的場)ちょっと裏切られた。
どこまで いくか もう見たい!

(的場)ワンチャンあった
まだ いった。

いや すごいよ これ!
(SHELLY)ちょっとだけ ちょうだい

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜も どうぞ
よろしくお願いします>

(的場)ほぼ9割 見てます。
9割 見てる人の感想的には?

(的場)最高です!
最高ですか。

すみません。
(店主)はい。

(ヒロミ)えっ?
(小峠)うわ~っ!

この人…
(的場)ちょっと裏切られた。

どこまで いくか もう見たい。
(的場)ワンチャンあった まだ いった

いや すごいよ!これ。
(梅澤)えっ どのぐらい?

でも これでも 汁が
なくならないって すごいですね。

(SHELLY)いや 確かに!相当な
やっぱ 量が。

そうか!まだ 汁 持ってるんだ。
(SHELLY)結構さっきから

ピチャピチャつけて
食べてるから。

それも サービスなんでしょうね
大量にタレを。

はぁ~!
(SHELLY)え~っ!

どれだけ うまいんだろうな。
ねぇ。

9?
もう10まで いってほしい。

いってほしいね。
(梅澤)いってほしい。

(SHELLY)ただ
もう タレが いけるかな?

あ~っ!もう ダメか?
もう ちょっと ないかもね。

(SHELLY)ちょっと もう
厳しいんじゃないですか?

(梅澤)うわ きれいに食べるな。
うわ~ あの ご飯。

「その ご飯だけ ちょっと
ちょうだい」って言いたい。

ハハハ…[笑]

いや~っ でも すげぇ!

あ~っ もう ないな
これは もう終わりかな?

(SHELLY)よく
9も いけましたよ。

終わりか。
(SHELLY)すごい。

すごいな。

(SHELLY)素晴らしい ナイスファイト。
(的場)素晴らしい!

おいしかった。
(梅澤)こんな きれいに。

(SHELLY)いや~ すごいわ。
いや~ すごいよね。

えっ!?
えっ?[笑]

(SHELLY)えっ!(梅澤)そんな。

お~っ!いいね。

いいね お~っ。

(的場)うわっ すごい量!
はぁ~!

やっぱ この タレが すごいんだな
(的場)いや でも

こんなに キャベツ
絶賛することって あります?

ないですね。
だから タレが相当うまいんだよ。

(的場)そうですよね。
相当うまいんだと思うよ。

(的場)うわっ!
めちゃくちゃ うまそう。

(SHELLY)おいしそう!
行きたくなっちゃう。

(的場)いや うまそう!
(梅澤)うわ~ これ いいな。

いや 食ってみてぇな。
すごいね。

<さぁ いくら?>

これ いくらなんだろう?
(SHELLY)1350円。

(スタッフ)マスター
マスター!マスター?

(店主)焼肉定食…

(SHELLY)え~っ!

(的場)安すぎるんだよね。

もう 安いとかっていう…
もう とにかく

食べてみたい!このタレ。
うん そうなんですよね。

そうね 食べてみたい。

お顔とか。
(スタッフ)はい。

…今みたいに…

(的場)へぇ~。

1日に 皆さんが。
(スタッフ)「ありがとう」って?

(SHELLY)人が いいんですね。

(的場)気持ちが いいね。

「ありがとう」って言われるの

何か ちょっと うれしいね。

「ありがとうございます」とかって
いうよりも

「ありがとう」って 言われるのって

それで何か 優しいですよね
言い方が。

キャベツ
あれだけ おかわりしても

「あっ ありがと~」って言うもんね

すごいよ。

何か 優しいよな。
「ありがとう」って いいね。

うん。「ありがと~」

(店主)にぎやかなところで
ホッとするような お客さんを

来てもらうような 店作り。

はい 持ってきます。
へぇ~ いいね。

いや~ いい。
いいところ。

(的場)これは すごいな。
(梅澤)行ってみたいな。

(的場)働いてる人たち みんな
何か 気持ちが いいもんな。

ハハハ…[笑]
「あそ~れ~」いいな。

<話は変わり 続いては…>

へぇ~。
(SHELLY)お持ち帰り。

持ち帰り 焼き鳥。

(SHELLY)結構 ファミリー層ですね
うん。

(的場)でも すごい数 買ってる。
(SHELLY)大量に買ってる。

結構 買うね みんな。

100本?え~っ!

(SHELLY)何を100本 頼んだの?
ハハハ…[笑]

100本とかって 買うの?
えっ?

(的場)100本 買うって
すごいな。

えっ?
うわっ。

マジで?

(SHELLY)うわ~っ すごい。
(的場)火も上がっちゃってる。

脂に 火 ついてるんじゃない?
ねぇ 火。うわ~っ!

うわっ レバー うまそう!
(SHELLY)おいしそうですね。

う~ん!
(的場)おいしそうです。

とり皮 レバー。
(的場)皮も!

とり皮 いいじゃないですか。
うん。

うまいんだろうな。
(的場)絶対 うまいですわ。

あっ!もう ここで。
(梅澤)もう食べるんだ。

ここで いっちゃうんだ!早めだね

ガマンできないんだ。

(SHELLY)また車で いっちゃってる
あ~っ これも。

もうガマンできないんだ みんな。
ガマンできない。

(SHELLY)みんな ガマンできなくて

(的場)皮 いいな。

これ大変なんだよ 本当に
串刺しが もう。

(SHELLY)すごいな。
(的場)串打ちだけで

相当 時間かかるって
いいますもんね。

「串打ち何年」って 修業がさ
結構 大変。

焼き鳥屋さんに なるのに
修業で。

(的場)量 多くないですか?
ねぇ 結構 いきますね。

(的場)刺してる量が。
うん。

多いね。
(SHELLY)手作業なんだ。

(的場)そんなに?(梅澤)え~っ!
うわ~っ すげぇ。

(SHELLY)結構 いきますね。
8枚?

おいおい!でかいな この皮。
(的場)皮1枚 めちゃ でかいですよ

(SHELLY)1本の串に
刺す数じゃないですよね。

10枚?

え~っ。
(梅澤)うわ~っ 最高!

(SHELLY)ギュウギュウに
詰まってるんだ。

これに七味 ちょろって かけて
食べたいな。

(的場)いや~っ いいですね。

うまそう[笑]
(的場)めっちゃ うまそう。

めちゃくちゃ うまいけどね。
うん。

<さぁ いくら?>

1本。
どうなんだろう?

(的場)10枚 あんな でかいの
刺さってるんですよ。

(ヒロミ)うまそう[笑]
(的場)めっちゃ うまそう。

めちゃくちゃ うまいけどね。

<さぁ いくら?>

(SHELLY)え~っ。
1本。

(小峠)どうなんだろう?

100円?
え~っ 100円?

100円って安いね。
(梅澤)安い。

安いですね。

(的場)100円?
そりゃ 100本 買うか。

(スタッフ)他の 食べれない?
うん。

出た!「他のは食べられない」宣言。

(スタッフ)全然 違う?

(SHELLY)なかなか 価値ありますね
ねぎまも 大きい!

ねぎま でかい!

でかいね。
(SHELLY)1本 1本が

すごい 大きいですね。
やっぱ でかいからな。

<さぁ いくら?>

200円!300円。
(的場)皮100円だったら

200~300円…え~っ!
これも 100円。

(梅澤)安いなぁ。

(SHELLY)分かるわ。

(SHELLY)焼酎も いいですよ
お父さん。

行ってみてぇな。
あ~っ いいね。

(SHELLY)最高ですね。

いや~ 確かにな ビールに

焼き鳥 いいよ。
(梅澤)お父さん「KENZO」着てる!

ハハハ…[笑]
いいですね。

「KENZO」着てる。

ハハハ…[笑]
(的場)食べちゃうんじゃないの?

なんで お父さんを。

あ~っ もう。
随分 追うね。

(SHELLY)車に乗るまでも
ガマンできず。

(的場)落ち…お~っ!危ない…!
危ない 危ない。

(SHELLY)なんで
車に1回 乗ってから

落ち着いて やらなかったんだろう
(的場)目が離せないね。

人って 何か
追ってると 何か あるね。

あっ!もう ここで。
ここで いっちゃうんだ。

あ~っ!
早めだね。

(的場)ガマンできないんだよ。
ガマンできないんだ。

はぁ~!
(梅澤)できたてが おいしい…。

それは そうだ。
(梅澤)え~っ 最高!

(的場)食べるわなぁ。
(SHELLY)え~っ 最高。

あの白いシャツ心配だわ 焼き鳥。
どこ撮ってるんだよ これ。

なかなか…

(梅澤)確かに 確かに!
ねぇ。

そうでしょうね 家まで
ガマン できないんだから。

(的場)やっぱり
焼き鳥の香りじゃないですか?

あ~っ。
(SHELLY)確かに タレとね。

ガマンできないですね。
もう車の中で…

ガマンできずっていうか
こう何て言うの?

…とかが あるんだろうね。
なるほどね あ~っ。

(的場)もう 落ち着いちゃった。
ハハハ…[笑]

(的場)すげぇ 食う。
(梅澤)バクバク。

すげぇな。
(的場)ねぇ。

誰かも 分かんないけど。
ハハハ…[笑]

(店主)3時から8時までやって。
(的場)ケンさん。

(スタッフ)そうです
名古屋から来ました。

あるんですよ 名古屋に。

ハハハ…[笑]
(梅澤)ハハハ…[笑]

(スタッフ)はい。

(的場)うれしそう。
(SHELLY・梅澤)かわいい。

出て!出て!出てよ。
かわいらしい お母さん。

(的場)えぇ~!
はぁ~!

(的場)すごいな 現役だ。

…パターン。
ハハハ…[笑]

へぇ~。

えっ 社長?

(従業員さん)社長なんです。
社長さん。

(従業員さん)卸の方の社長です。
(スタッフ)あぁ そうなんですね。

社長 いいな。
いいですね。

(スタッフ)いやいや そんな。
(SHELLY)そうでしょうね。

(店主)そういう 係。

えっ?

夫婦では ないんだ。

(的場)ねぇ 関係性
どんな関係なんですかね?

これ どういう関係なの?

(的場)社長 ひっぱたかれた。
ハハハ…[笑]

(梅澤)お母さん 強いんだな。
ハハハ…[笑]

(的場)あれ 夫婦じゃないんだ。
どうした?社長。

(的場)あっ また ひっぱたかれた。
(梅澤)あらあらあら。

ハハハ…[笑]
(SHELLY)「はい」

ハハハ…立場が。

(的場)縁の下の力持ちじゃ
ないじゃん。

ハハハ…[笑]

社長 ぼろかす言われてますね。

(店主)1回 食べたらね もう

みんな 離れない。

へぇ~。

(梅澤)えぇ~!
(SHELLY)そうなんだ すごいな。

(SHELLY)それは すごい。
(梅澤)かっこいい!

(的場)いや でも それを
あの値段で できるの?

へぇ~。

(的場)いや いいよ。
社長は…。

社長は…あっ。
ありゃ。

ハハハ…[笑]
(梅澤)あらあらあら。

強いよ。
(的場)すごいな。

強いよ。
「オレの子分」

どこに あるんだろう?

<このお店 どこだ?>

どこだ?
(的場)どこ?

(梅澤)えっ どこだろう?
(SHELLY)近く来い!近く。

(的場)新潟?

新潟 初上陸。
新潟 あぁ~ 初か。

初ですね 新潟。
(SHELLY)初なんですね 意外にも。

あぁ~ やっぱり
「ほしの」さんっていうぐらいだし

はぁ~。

(スタッフ)いないんですか?
(店主)いない!

なるほど。

(店主)だって みんな
お客さん…

あぁ~。
(的場)あぁ~。(SHELLY)かっこいい

強めだね いいよ。

(スタッフ)はい。
(店主)他の人の串は。

(的場)長いんだ。

(SHELLY)そうか 串 自体が
大きいんだ。

そうか だから
大きくなっちゃうんだ。

うん。
(梅澤)うん うん。

(SHELLY)へぇ~。

(店主)普通 3個なの。
(梅澤)確かに 3個が多い。

そうね。

(SHELLY)とはいえ
コストは かかっちゃうから。

大丈夫なのかな。
でも 仕込みが大変だよね。

(SHELLY)おいしそう 豚バラ。

(梅澤)うわぁ~。
(SHELLY)すごいな この状態から

ちゃんと切って。
(梅澤)うん。

(的場)豚バラも デカイな。
デカイ。

(SHELLY)あぁ おいしそう。

うまいよ。
(SHELLY)うわぁ~ おいしそう。

(梅澤)あぁ~ 出来たて 食べたい。

これも100円。
100円なんだ 安いな。

これ もうちょっと上げても

絶対 売れるよね。
(的場)売れます 売れます。

(梅澤)絶対 売れる。
いや そうよね。

(SHELLY)あっ 倒れる
あぁ~ 倒れちゃう。

(梅澤)うわぁ~。

(店主)ウチはね
ここに こういう…

(店主)こういう性格だから…

(梅澤)へぇ~。
(的場)なるほどね。

いやぁ~ モツもね うまいね。

(SHELLY)モツ おいしいですよね。
モツ これも うまいぜ。

(SHELLY)これ 私
タレでいきたいな。

(梅澤)たまらん!
(SHELLY)モツは。

(的場)これ 相当 新鮮なもの
使ってるね。

モツは 処理が大変なんだよね

洗うのが。
(的場)そうですね。

(SHELLY)すこいな
全部100円なんだ。

(SHELLY)そうでしょうね。

(店主)それだけ。

お母さん 頑張ってもらいたいな。

(スタッフ)あぁ~ そうなんですか。
(SHELLY)そうか なるほどね。

(スタッフ)焼き方のこだわりとか…

ピアノ弾く?

あぁ~。

(SHELLY)へぇ~。

(店主)また こうやって。
(梅澤)ふ~ん。

(SHELLY)うわぁ~。(的場)いい色!

(SHELLY)砂肝!(的場)色目 いいね!

(梅澤)うわっ ナンコツ。
(SHELLY)あぁ~ ナンコツね。

(的場)ナンコツも いいね。
何でも 100円だね。

≪どうぞ はい。
(スタッフ)ありがとうございます。

(的場)うまそうだな。

≪タレたっぷりで。

あのまま 串抜いて ごはんにして
丼にしてもいいよね。

あぁ いいですね。
(梅澤)うわぁ~最高。

(的場)焼き鳥丼 最高です。
あぁ~ ここにも。

あぁ~ もう ガマンできないんだ
みんな。

(SHELLY)みんな ガマンできなくて

やっぱり もう
待ってるあいだに

匂いで やられちゃうんだよね。
多分 そうでしょうね。

(梅澤)タレ 飲んじゃった。
ハハハ…[笑]

(SHELLY)タレ 飲んじゃってる
お父さん。

いいよ。
(梅澤)タレ 飲んじゃった。

(SHELLY)おいしいんだよ。
あぁ~ うまいんだろうね。

(的場)いや もう
大人じゃ なくなってますもん。

うん。
なかなか タレ いかないもんね。

(SHELLY)いかないですよ。

(社長)ひと口で言えば…

(SHELLY)へぇ~。

最高だね。
(的場)継ぎ足しですかね?

まぁ「ピリ辛のしょうゆダレ」って
いってもな

俺たちも
まったく味わえないからな。

いや そうなんですよね
そうなんですよね。

分かんないんだよ。
(SHELLY)つくね いいな。

食ってみたいな。

あぁ~ うまそう。

(梅澤)うわぁ~ 最高だな。

(的場)あぁ~ いいね。
(SHELLY)あぁ~ おいしそう。

あぁ~ うまそう。
(梅澤)これは おいしそう。

(的場)うわっ!せせりも うまいな

(梅澤)せせり うわ~ 食べたい!
(SHELLY)せせり!

何かもう焼きたい。
ハハハ…[笑]焼きたい。

(SHELLY)おいしそう!
(梅澤)たまらない。

(SHELLY)せせりって
何か ちょっと

希少部位ですよね?
そう。

お土産で…

あぁ やっぱ みんな そうなんだ。

うわぁ~!
いやぁ~。

(的場)みんな そうなんだよな。
(SHELLY)みんな そうされてます。

なかなか ない絵だよな。
ねぇ!

(SHELLY)ここの駐車場
みんな そうなんでしょうね。

(梅澤)みんな そろって。
すげぇな。

(梅澤)タレ飲む。
やっぱ タレいくんだ。

(スタッフ)タレまで
いっちゃうんですか?

それだけ タレ おいしいんですね。
うん。

ヤダよな こんな
撮られながら食べるの。

本当 すみませんね。

あぁ やっぱりな。
やっぱ そうなんだ。

(的場)それ それ…!
(SHELLY)ごはんは入れる 絶対。

わぁ これ うまいんだろうな タレ
(的場)絶対うまい。

(梅澤)わぁ~。
わぁ~。

(スタッフ)おいしそうですね。
ハハハ…[笑]

≪タレが染みて おいしいのよ。
そうですね。

(SHELLY)絶対おいしい。
(的場)最高だな。

(スタッフ)こんにちは
すみません 僕たち…

≪いいよ はい。
(スタッフ)ありがとうございます。

あっ 鶏モモ 食いてぇ!
へぇ~。

(SHELLY)そうか 焼き鳥だけじゃ
なかったですね そういえば。

うわぁ~ これは でかい。
これ うまいよ。

≪うん もう熱々…。
(スタッフ)もう熱いうちに。

そうですよね 温かいうちに
食べたいですもんね。

ここからね うちまで
5キロぐらいあるからね。

ハハハ…[笑]

(SHELLY)これ撮らせてもらうんだ。
(梅澤)えぇ~。

あぁ。
新人!

また家に入り込むんだね。

早速。
へぇ~。

(梅澤)わぁ ビールと。
(SHELLY)最高。

いいね。
(梅澤)いい ごはん。

(SHELLY)泡 結構しっかり立てる派
なんですね お父さんは。

あぁ~ 泡派ね。
(的場)いや マジで うまそう。

(梅澤)うわぁ~ これ いいな。

うわっ!いい音だね!

(梅澤)ほろほろだ。

これ うまいよ!

うまそう。

いいね。

(梅澤)本当に。
(SHELLY)最高。

(梅澤)ちゃんと教えてくれる。

(AD)あぁ そうなんですね。
(梅澤)えぇ~!

そうなんだ。
言わなきゃ分かんないな。

(SHELLY)全然 想像してなかった
カレー味。

分からないですね。
全く情報がないんだから 俺たちは

(SHELLY)言ってくれて よかった。

(梅澤)ハハハ…[笑]ウソでしょ

(SHELLY)えっ?ウソ!

えぇ~?鶏祭りだね。
(SHELLY)ケンタッキーも食べるの?

若者はケンタッキーなんだな。
ハハハ…[笑]

(AD)えっ?
名前 聞いてなかった。

(SHELLY)あら。
(梅澤)なじんでるじゃないですか。

息子さんみたいな。

(AD)いや本当に…

軽いな お前。

お前 ちゃんと事件 起こすなよ。
ハハハ…[笑]

(的場)えっ?
えぇ~!

えぇ~!

(AD)いや 何か 本当すごいです。
すげぇな 2週間で。

すごいな。
(的場)2週間で撮りに行かせる?

ハハハ…[笑]
(的場)ビックリする。

2週間で もう撮ってきてるんだ。

(AD)ハハハ…[笑]

ちょっと もう。
(SHELLY)おいおい!

(AD)ちょっと1回
置いちゃいますね。

(SHELLY)こらこら。
おい新人!

(的場)2週間だろ?
ハハハ…[笑]

≪飲みます?

(AD)すみません。

≪いいよ。

なんでだよ!
ハハハ…[笑]

おいしい?
いやぁ~ 本当にね…

ずっとね そう息子と ねぇ。

へぇ~。
(SHELLY)前 音楽やってたの?

えぇ~!
(梅澤)バンドマン?

…バンド。

ハハハ…[笑]

おぉ~ すごい!
(SHELLY)えぇ~!

えっ すごくない?

ハハハ…[笑]
すげぇな。

えっ?
(的場)すごい!

≪コナン コナン。
(梅澤)ノッてきちゃった[笑]

お前 もう普通に
友達になってるじゃない。

(梅澤)ノッてきちゃった。
(AD)ハハハ…[笑]これ!これ!

おぉ~。
ハハハ…[笑]

<カレー粉 付きの 骨付 モモ肉>

<さぁ いくら?>

(SHELLY)何だったんだ?
いやぁ~。

(的場)これ結構 でかいですからね

500円ぐらい
するんじゃないですか?

えっ!
あぁ~ 安い。

俺 10本 食う もう10本。

ハハハ…[笑]

(AD)はいはい。

(AD)あぁ~ はいはい。

(AD)あっ そうなんですね。

(梅澤)それは 威張るか。
そういうことか。

(的場)なるほど。

そりゃ そうだね
それは たたいてもいいわ。

遅い!!たたいても いいよ
つぎこんで。

面白いな。

へぇ~。

(店主)お父さんが…

(AD)あっ お二人でかわいがって
(店主)うん。

(梅澤)えっ 仲良し。

(店主)おはようございます。
(AD)おはようございます。

ハハハ…[笑]へぇ~。
(SHELLY)仲良し。

あら~ 仲いいね。

あら~。

(社長)なかなか…

(社長)古いんだもんで。

(AD)2人が いてっていう
ことですよね。

ハハハ…[笑]

「ろくでなし」って実際に
使ってる人 いるんだね。

(SHELLY)本当ですね
なかなか聞かない。

(AD)ありがとうございます。
ではでは。

(AD)お疲れさまでした!

<話は変わり>

あっ!あぁ~!
(的場)あら?

あら!的場さん 来ましたよ。
来たな!

(的場)おっ 来た来た!「イサム」!
的場さんが好きな。

(芳子さん)お待たせしました
W唐揚げの単品です。

(的場)これが すごいな。
(SHELLY)これ すごいですね。

(芳子さん)はい どうぞ。
いいよね。

(的場)いや めっちゃうまそうです

(SHELLY)すごい この量で?
(梅澤)信じられない。

(的場)不器用っぷりが好き。
うん。

いやぁ~ そうだよな
そりゃ はやるよ。

(SHELLY)すごいな 大盛況だ。

(芳子さん)ぶたから丼 1つです。

また あいつ行ったんだろうな。
また行ってるでしょうね。

(芳子さん)いいよ もう
そっちやって。

すげぇ仲いいのにね。

(的場)やっぱり厨房は戦場だね。

(清彦さん)…一番 いいんだよ。

本気で そう思ってるんだろうな。
ハハハ…[笑]

(片桐D)あぁ~。
(梅澤)子どもみたいに。

(SHELLY)ハハハ…[笑]
(片桐D)ハハハ…[笑]

(的場)最高だよ。
ひと言も言ってないんだから。

最高だよな。
(的場)本当 最高だよ。

ハハハ…[笑]
(梅澤)ハハハ…[笑]似合うな。

(的場)いや もうね本当
10年 働いてる人間の着こなし。

(SHELLY)本当。
そう…[笑]

(SHELLY)「生大1つです」とか
言ってる。

そうそう。
(SHELLY)ディレクターさんですよね?

オーダーも取るし 全部やるから。
これ いいよな。

いや[笑]
(梅澤)ハハハ…[笑]

関係ないから。
(SHELLY)もう引っ越したんですか?

(的場)いや 何年後かには
ここにいるかもしれないからな。

もう だから墓参りまで[笑]

(的場)もう本物のファミリーです。

もうファミリーだよな[笑]

(的場)よっぽどの信頼関係だね。
誰だ お前って思うよね。

≪すみません
ありがとうございます。

ハハハ…[笑]

何で親戚の。

≪ねぇ 本当 まさかの展開で。

何でそこに置くんだろうね?

(的場)あぁ~。(清彦さん)そう。

やったな。

(片桐D)探してるんですよね。

そんなにあるかな?
「味のなんとか」って。

あんまりね。

(タクシー運転手)これかい?これ?

(的場)どこ?どこ?
(タクシー運転手)「味」

あぁ~「味彩」?
「味彩」

(片桐D)あぁ~ なるほど。
(SHELLY)あぁ~ 惜しいね!

「味彩」ね。「味の」じゃないんだな。
これは どうなんだろうな?

(タクシー運転手)あぁ~。
(片桐D)「の」が ちょっと。

(タクシー運転手)「の」が付かないとね。
(片桐D)そうなんですよ。

そこも おいしいと思うよ お前。
そうか「味彩」は違うか。

(片桐D)そのまま まっすぐ。
運転手さん 見つけてくれたのに。

(片桐D)あぁ~ あれですか。

おっ?

おぉ~!
(梅澤)あった。(SHELLY)あった!

えぇ~。
(的場)あった あった。

「味の一番」いいじゃん!
(梅澤)そうですね。

行け行け!

(片桐D)実は僕…

(的場)おっ 見てくれた。

(片桐D)そうです。
(SHELLY)すごい 知ってる。

≪そうですよね よく見てるから。
よく知ってるな。

≪ウソ!
(的場)完全に覚えられてる。

≪たまたま?
(片桐D)たまたま持ってますよ。

ハハハ…[笑]

たまたまじゃねぇだろ。
(SHELLY)ハハハ…[笑]

毎回 持って歩いてるだろ お前!

すげぇな このTシャツが
すごいってなるんだ。

いや 何?それ。

あっ そういう顔してるんだ。

あっ 確かにね。

(SHELLY)ずっとマスクですもんね。
ずっとマスクしてるから。

横浜と東京に お店
持ってるんだわ 吉村さんって。

(片桐D)へぇ~。
ちょっと それ…。

うわ どうなんだ?

(梅澤)そうですね 気になる。
ねぇ。

気になりますね。

(片桐D)ちなみになんですけど…

≪ずっとね…。
あら あら。

(歯科医)歯ぐきが下がる原因は

磨くチカラが強いからかもしれません

(上戸)
そこで! チカラの入れすぎを 音でお知らせ

≪これなら チカラを気にせず 磨けますね≫

大人のための予防歯科

♬~クリニカ《NEXT STAGE》

♬~

(新津) 「バスタブクレンジング」!

≪シューーーっと まんべんなく≫

60秒後 流すだけ
(主婦)ラク~!

♬~こすらず洗える
「バスタブクレンジング」

銀イオンプラス大好評!

(片桐D)ちなみになんですけど…

(ヒロミ)えっ?
(SHELLY)あれ?

(片桐D)そうなんですか。
(小峠)そうか。

こんなの いっぱいあるの。

(片桐D)お願いしに
来るかも知れないです。

(的場)それは しょうがない。
(SHELLY)そうですね。

(梅澤)帰ってきた。
お前は 頑張っても…

そうか。

(的場)帰ってきちゃった。

(SHELLY)「どうぞ」とか
「お邪魔します」とか なく

もう ただいまのごとく。

何で相談に行ってるんだ[笑]

(的場)これ「イサム」
どうなったんですか?

(ヒロミ)多分 ここから
今ね 改装を ずっとして。

ちょっとのあいだ
休んでたらしいんですよ。

多分 またそれ
出てくると思いますよ。

(小峠)11月から再開みたいなの
なかったでしたっけ?

(片桐D)ちょっと延びちゃうと。
延びちゃってるんだ。

(SHELLY)そうか。
そうか 延びちゃった。

(的場)でも俺 思うにさ

ここにいるよりさ
「イサム」にいるときの方が

生き生きしてるよね。

(SHELLY)まずいぞ。
本当 あるかもしれないですね。

(片桐D)変えない方がいいですか

おぉ~。

見つかるまで頑張れと。
(清彦さん)ここまでね

「味の」で きたから やっぱり…

(片桐D)やっぱ「味の」
(清彦さん)そう。

(片桐D)探し続けた方が
いいですかね?

(清彦さん)行ってほしいよね。

全国各地に「味の」を求めて。

これで行くんだよな。
(的場)師匠に言われたら

行くしかないわ。
そうですね。

<今夜は 『北斗の拳』から
『東京リベンジャーズ』まで…>