水曜日のダウンタウン[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

水曜日のダウンタウン[字]

「落とし穴に落ちたのに一向にネタばらしが来ないまま日が暮れたら正気じゃいられない説」深さ3m超えの自力脱出不可能な穴を使用して…芸人たちに超過酷ドッキリ

番組内容
■落とし穴に落ちたのに一向にネタばらしが来ないまま日が暮れたら正気じゃいられない説
深さ3m超えの自力脱出不可能な穴に芸人たちが落下!トラブルの臭いもさせつつ…超過酷ドッキリで検証を行う
出演者
【MC】ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)
【プレゼンター】春日俊彰(オードリー)
【パネラー】劇団ひとり、トラウデン直美、夏菜
【出演者】尾形貴弘(パンサー)、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)、ケツ(ニッポンの社長)、中野周平(蛙亭)、チャンス大城 他
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/suiyobinodowntown/

公式ページ2
◇twitter
@wed_downtown
https://twitter.com/wed_downtown

スタッフ
演出:藤井健太郎

おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 尾形
  2. ロープ
  3. スタッフ
  4. ナダル
  5. 今回
  6. 落下
  7. チャンス
  8. ホント
  9. 時間
  10. 中野
  11. 仕掛
  12. ケツ
  13. 経過
  14. 脱出
  15. 通常
  16. スタート
  17. ヘルメット
  18. 一同
  19. 自力
  20. 足場

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

さあ水曜日のダウンタウン
皆さん よろしくお願いいたします

さあプレゼンター
こちらの方です どうぞ

オードリー 春日でございまーす

トゥース!
(夏菜)出てるなー 声

ええ 今日ね
今まで以上に 出ておりますよ

気合入ってますから 私
何 何?

今回 皆さんにね
まず言いたいのがですね

私のこのネタ

えっ すごい
大作だ

早速!?
確かに それはもう特番ですよね

いやいや 違うんですけど
バラエティの定番の

落とし穴ってあるじゃないですか

私も何回も やらされてますから
何回もね

でも一般的に落とし穴といえば
落ちる姿を

楽しむものでございますけども

今回は

こちらです!

いやいや…
(夏菜)ええー!?

これはもうっ

正気じゃないスタッフが考える説
ですよね

これはホントに

そうですね ええ まあなので

通常の落とし穴は大体
深さ2m弱らしいんですよ

ですが 今回は自力では
絶対に はい上がれない

深さ3m以上の
えっ そっち?

特製落とし穴にいたしました

そのまま 中…
そうです そういうことです

そういうこと!?
いやいやいやいやいや…

すぐ上がれちゃったら
しょうがないじゃないですか

やるってこと?

いける!?
はい

ちょっといいっすか?
はい

どうなるかな?っていう
ことじゃないっすか?

<ということで今回は>

<こちらのキャンプ場を貸し切り>

<その最深部>

<私有地という点も含め>

<人が絶対に通らない森の中に>

<落とし穴を設置>

<さらに その穴の深さは>

<自力では脱出できないよう
3.3mと>

<通常の落とし穴の2倍近い深さに>

<そんな おそらくバラエティ史上
最も深い落とし穴に落ちてもらう>

<ターゲットは…>

コロコロチキチキペッパーズ ナダルです!

どうも 大阪からやってきました
ニッポンの社長のケツです

どうも 蛙亭の中野でーす

どうも チャンス大城でーす

頑張りまーす しゃあ!

<と ドッキリ常連からバージンまで>

<それぞれ別日に呼び出した
こちらの5人>

<そして そのニセ番組は…>

<「芸人トレジャーハンティング王決定戦」>

<という名の>

<さらに今回は 穴の中に
忘れられるリアリティを出すため>

<総勢30人が それぞれ
別々の場所からスタートし>

<バラバラに解散 という>

<スタッフのミスが
起こりやすそう~な設定に>

そうですね
人数が多いっていうのもあります

落ちてもな
そうですね

<そしてターゲットには>

<1人 スタート地点へと
向かう道中で>

<落とし穴に落ちてもらう>

<ちなみに こちらの看板>

<野犬はニセモノだが>

<発砲のほうは 現在
禁猟期ではあるものの>

<マジのやつ>

(ひとり)あーら!

<と ざっくりとした
宝の地図を頼りに>

<それぞれ1人で
野山を>

わあっ! ああーっ!

わあっ! ああーっ!

わあっ! ああーっ!

ああーっ!

<そして ナダルも…>

おっ あ痛ーっ!

<さらに残る3人も 落とし穴へ>

うっ うっ あーっ!

<午後2時 こうして5人が>

<地下3mの住人となったところで>

<今回の検証がスタート>

<ちなみに
本人手持ちの撮影以外は>

<木の枝や 穴の中に隠した>

<リモートカメラや定点カメラ>

<ピンホールカメラで行っていく>

ああー! あっ あっ あっ!

<と まずは
この穴の深さと>

<豊かな生態系に
驚きつつも>

<当然 まだ通常の落とし穴ドッキリ
だと思っている一同>

<だが…>

(カラスが鳴く)

通常であれば この時点でもう
来てないとおかしいですからね

スタッフさんがカメラ持って

<と 落下から10分>

<スタッフへの怒りが
募り始めた一同>

<ということで ここからは>

<この落下が
通常の落とし穴ドッキリではなく>

<何かのトラブルだと思ってもらう
ための仕掛けを発動>

<まずは…>

(アナウンス)皆さん このキャンプ場に
隠されている宝箱は全部で10個

頑張って探してください
それでは!

ファーストステージ
スタートでーす

(スタートの合図が鳴る)

<と 徐々に
まさかの事態への不安が…>

<そして その30分後>

(終了の合図が鳴る)

ファーストステージ 終了でーす

宝箱を見つけられなかった方は

ここで現地解散となります

お疲れさまでした

<いよいよ 置き去りの可能性を
感じ始めた一同>

<そして さらに15分後>

<と ここで早くも
落下から1時間が経過>

<すると…>

<「忘れられた?」という疑念が
確信に変わり始めた者も>

<そこへ さらに…>

(中野)2010?

うわー
凝ってるな~

<そう この穴は>

<往年の落とし穴頻発番組>

<「キングオブチェアー」が
ロケ後に埋め忘れた>

<という設定>

これはリアリティ出てきました

<そのため穴は
1カ月前に作成し>

<さらに その中には>

<11年前の落とし物を
潜ませていたのだ>

もう~

<と この
念入りな仕掛けで>

<世にも珍しい>

<古落とし穴
落下遭難を>

<ほぼ確信した様子の
メンバーだが>

<この男だけは…>

<いまだ
何らかのドッキリであることを>

<信じて疑わない様子>

<と こうして
落下から1時間半が経過>

<すると 救出の手が
差し伸べられないことを>

<察したメンバー達は>

<何とか自力での脱出を
試みだした>

うっ!

<だが 緩衝材による緩い足場と>

<3.3mの垂直にそり立つ壁>

<そして
念のため塗っておいた>

<油の前に
なすすべなし>

<こうして始まった
落とし穴の向こう側ドッキリ>

<果たして5人の運命や いかに!?>

なるほどね まずは1つのね

いやいや 5人の運命はいかにって

すごいですね これは

これ すごいね
そういうことですね

結構 色々 仕掛けをして
ホントに信じ込んでますから

昔の番組のね
ああいうのを見したりな

凝ってる

スタッフ
あと

ダミーのためだけに
連れてこられた芸人? の

ゆってぃがかわいそう

おった?
ゆってぃ チラッと映ってました

ゆってぃとかジョイマンとかね
そこそこ名の知れた…

結構 ちゃんとした芸人
揃えてんだ じゃあ

あそこもリアリティです

あれもう

そうですね…
めっちゃ怖いやろ

何人か ここで同じような目に
遭ってるっていうね

(ハリウッドザコシショウ)お米ちゃーん。

お米ちゃん。 国産米100%!
♬~

コメコメコメコメ。 釜炊き製法!

(少年)おいしい~。

ちゃんちゃかちゃんちゃん… お米~‼

釜炊き製法!
♬~

国産米100%!

ん! 実においしい~。

あぁぁ~‼ マンマーマンマー‼
「カレーメシ」‼

<夜8時までの6時間を予定している
今回の検証だが>

<ここで すでに2時間が経過>

(歌いだす)

(歌う)

(歌う)

<と ナダルが得意の嘘で>

<スタッフを おびき出そうとするが>

<ここで 落下から3時間が経過し>

<時刻は5時に すると…>

(バッテリー切れの通知音)

<ナダルの>

(バッテリー切れの通知音)

(バッテリー切れの通知音)

うわっ!

ああーっ!

<チャンスの祈り 通じず>

<と そんなナダルの嘘が
今度は あの男に飛び火>

<すると…>

(落ち葉を吸う)

<何と>

<そして時刻は5時30分>

<ついに日没>

<と 1人 いまだ
何らかの番組企画だと思っている>

<ナダル>

<アクシデントとドッキリの間で
揺れる中野とケツ>

<そして
完全に事故だと思っている>

<尾形とチャンス
という現状だが>

<アクシデントを確信する
2人のうち>

<穴の中で何とか生きながらえよう
とするチャンスに対し>

<一方の尾形は…>

<と 自力での脱出を決意>

<ということで
ジャージを結んでヒモ状にし>

<通路脇にかかる
ロープに引っかけ>

<はい上がる作戦>

<すると…>

(尾形)あっ! うわ最悪だ!

<片側を持たずに投げ>

(尾形)最悪だっ

<一方 蛙亭 中野は…>

<救出も脱出も諦め
就寝中>

<そして ジャージを失った尾形は>

<すべての衣服と
ヘルメットを結び合わせ>

<より長いヒモを作ると>

<全裸で決死の再チャレンジ>

<だが 5m先のロープに届く
気配は なし>

<と そうこうするうちに>

<辺りは真っ暗に>

<と 虫で目を覚ました中野は>

<虫除け対策を施し>

<再び就寝>

<と ピンマイクの
ウエストポーチを使い>

<自家製のヒモを
さらに長く改良した尾形>

<そして 挑戦し続けること27回>

<ヘルメットがフックとなり>

<ついに 地上のロープと
自らがつながった>

うわーっ!

あーっ!

<そして時刻は6時半>

<ここで一同を
さらなる恐怖へといざなう>

<仕掛けを発動>

(ほえる)

(犬がほえる)

<ヘルメットをかぶり
万が一に備えると>

(犬がほえる)

<さらに…>

(銃声)

(銃声)

(銃声)

<そして落下から5時間が経過した>

<夜7時>

<原人 尾形のヒモに
再びヒットが>

あっ いい感じで…

いける?
ああ いける

いや~ 惜しい!

クソー!

<その後も
ロープに引っかけるところまでは>

<成功するものの>

<フックが尾形の体重を
支えることができない>

<だが 2時間以上にわたり>

<ノンストップで
挑戦を続ける男に>

<ここで思わぬ幸運が舞い込む>

<ロープの片側が杭から外れ>

<のように垂れてきた>

<と ロープに輪っかを作り>

<足場にするという>

<らしからぬ知恵を発揮>

<そして>

<5時間半をかけ>

<ついに 3m上の地上に>

<手が届いた>

痛え

<文字どおりの 頼みの綱が>

<外れてしまった>

<そして>

<チャンス大城は>

<と 放送では お見せできない>

<まさかの行動に>

すごいな
(直美)すごい

(夏菜)ちょっとホントにすごい
ハハハハ

(藍)お姉ちゃん、 待ってや~

♬~いつの間にか ライバルみたい

♬~二人の違いが 差に見えて

髪、 切ってよ

♬~だからなのか 違うからなのかな

♬~二人いることが

♬~支えになる
<ひとのときを、想う。 JT>

<ということで
リクエストに お応えして>

<ここで…>

<と 会話の通じない老人を投入>

<そう 今回は最後の仕掛けとして>

<それぞれパターン違いの人物を投入>

<そして その流れで>

<ネタばらしを行うことに>

<ということで
続いてのチャンスには>

(チャンス)誰?

わあ~!

<と 常に こちらの想定を
超えてくるチャンス>

<ということで 続いては中野>

<そして ケツには>

<そして最後は 尾形だが>

<自力脱出に向けて
いまだ奮闘中なので>

<よけいな手は
加えず>

<もう少し 様子を
見てみることに>

<ということで 落下から6時間>

<残る4人には>

<ここで>

(ため息)

<ここで ナダルに>

<続いては 中野>

ああ~

<続いては ケツ>

<と キングダム級の>

<驚きを見せる ケツ>

<続いては チャンス>

えっ?

<と こんな目に遭ったのに>

<まさかの>

<そして
残る尾形の運命や いかに!?>

うわ~ すごい
はい

何?
というわけで

松本さん いかがでしたか?

いや 助けてくださいって
あんまりなれへんねんな 人見ても

確かにな
そうですね ええ

お化けと間違えたり
はい

あと もう もしくは
この穴を仕掛けたやつの1人で

ああ~
こうやって人々を

何かしてたんじゃないかって
一瞬考えると

思ってまうのか
めちゃめちゃ怖くないですか?

はい
その可能性もあるかもしれない

何か こう やられたりする
かもしれないっていう 確かに

あれ ちょっと でも
尾形くんの あの ロープが

木から外れたじゃないですか あれ
はい

って俺 疑ってるんですけど

いや ホント だって
結構しっかり縛られてたもん 最初

ねえ あっ 逃げそう逃げそう
誰か外してこいっていう

ここのスタッフ
平気で そういうことしそうな

さすがに
それはないと思いますけどね

そうですかね
なんか

怪しいですね かなり
怪しい

さすがに そこまでは

いや でも逃げてほしい
こうなったら

ねえ もう なんか でも
いけそうなんだ あとちょっとで

そうです 尾形くんだけ
脱出もんになってきてますけども

まあ どうなるのかと

<ここまで唯一の希望だった
ロープが>

<固定されていた木から
外れてしまい>

<絶望中の尾形だったが>

<と この>

<ヘルメットとロープを結び>

<新たなアイテムを作成>

<ことに>

<すると>

うわ~ 飛距離が全然違う

<ここで 今日イチの>

<最初のロープより
倍以上 遠くにある>

<頑丈なワイヤーに
引っかけることに成功>

<しかし>

<引っかかりが弱く>

<すぐに外れてしまった>

<と
感電の危険がないことを確認し>

<挑戦を再開する 尾形>

<そして迎えた>

<本日 113回目の投てき>

<ロープを
巧みに回転させ>

<ワイヤーと絡めて
固定することに成功>

<そして その反対側を>

<落とし穴の中に発見した
金具に通すことで>

<ロープが張った状態となり>

<地上への架け橋が完成>

<だが…>

<細いロープに
全体重がかかるため>

<手足の痛みで
登ることができず 断念>

<ということで 尾形がとった>

<チャックの金具を
マイナスドライバー代わりにして>

マジ!?

すげえ!

<防護用の
分厚いシートを切り裂き>

<中の発泡スチロールを
ほじくり出して>

<クライミングの要領で登るための>

<この2つを駆使して
脱獄を計画する>

<尾形>

<すると…>

<ロープと足場に体重を分散させ>

<これまでにない 安定した状態で>

<穴の上部まで たどり着いた>

うわっ カッコいい

<そして その後も>

ああっ!

<ただ ひたすらに
アタックを続ける 尾形>

<そして>

<ついに 両手がかかった>

<壁を登りながら>

<高い位置に足場を増やし>

<何度失敗しても 少しずつ>

<だが>

<尾形>

<だが…>

ええ~

<ここで 苦労して固定した
ロープが外れるという>

<最悪の事態に>

<と>

<残された
クライミングルートのみで>

<アタックをかける尾形だが>

泣いちゃう
泣いちゃう 泣いちゃう

悔しいな 悔しいな

悔しい

惜しいとこまで
いってますからね

<落下から すでに7時間>

<尾形の心と体は>

<限界を迎えていた>

<スタッフも
いざとなったら いつでも>

<救出 そして
ネタばらしに入れるよう>

<準備を進める中>

<再び 立ち上がった尾形>

諦めないですね
素晴らしいですね

タフガイや
いけるか

<そして>

おっ おっ
うわ~

いけ いけ いけ いけ!
いけ~

うわっ わあ!

うわっ わあ!

<尾形 見事 脱出成功>

(尾形)
ああいうんじゃないんですか

<ということで>

怒ってたな

そうですね 怒ってましたね
尾形くん

怒ってた そりゃ怒るわな

もう 涙こらえられない みたいな

カッコよかったですもんね
カッコよかったです

すごい軽い気持ちで
今日 来たんですけど

そうですね
もう こんなに感動すると…

そうですね もうね
でもね ホントすごかった

僕 思うんですけど
あれも もう ずっと

いやいや それはダメですよ
一応 テレビですから

だって こんだけ感動… するから
≪いや ホント

いやいやいや…
もう だって

気持ち…

脱獄の
確かに そうですね

みんなで応援してましたもんね
最後は

応援してたよ

そうですね やっぱ諦めなかったら
諦めない気持ち

すごいよ
ホントに尊敬する

いやいや 次回があるかどうか
すごいな~

<プロレスラー 噴水相手にも
スリーカウントとれる説や>

ちょっとナダル ちょっと待って
はい

<保留 先輩からの電話でも
待てて10分説>

<そして>

<果物のほうのボンタンを
収穫することも>

<ボンタン狩りという説に>

<トラメガ無能説など>

<たまりにたまった細かい説を
一挙 大放出!>

うるさいな