それって!?実際どうなの課[字]【家の不用品を全部売る】【春日・人間の限界に挑戦】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【家の不用品を全部売る】【春日・人間の限界に挑戦】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【家の不用品、全部売ったらいくら?】
【人間には難しいとされている事に春日が挑む!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/緑川静香/春日俊彰(オードリー)
番組内容
①【スマホ1つで家の不用品を全部売ったら、いくらになるのか?】
貧乏女優・緑川静香が家の不用品をスマホ1台で売りまくる。
捨てようと思っていた品々がお金に変わる!
今回は、千葉県君津市のお宅に訪問。薩摩焼、蘭鉢など、半世紀以上貯めこんだ不意用品たち。骨董品や、一時期ブームとなった健康グッズが驚きの値段に!?
番組内容2
②【人間の限界って実際どれくらいなの?】
「ヒジをアゴにつける」「片目だけを動かす」など、世の中には、人体の構造上、ほとんどの人が出来ないとされることが数多く存在する。
そんな「人間には難しいとされているコト」に、芸能界随一の身体能力を誇る・オードリー春日が体を張って挑戦!
春日は「#できた」のか?「#できない」のか?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 緑川
  2. 春日
  3. 里恵
  4. ハハハ
  5. 森川
  6. スタッフ
  7. 今回
  8. 大島
  9. 出品
  10. 下河辺
  11. 検証
  12. 通知音
  13. アラーム音
  14. 型落
  15. 健康器具
  16. 生瀬
  17. 大皿
  18. 本当
  19. 蘭鉢
  20. アゴ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(生瀬)きれい 川。

<やってきたのは…>

(緑川)おぉ~。

<今回も緑川静香が…>

[通知音]

<すると出てくる…>

うわ ちょっと高そう。

<そして…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島)お願いします。

緑川さんが また。

(華丸)あれね。

(森川)言ってました?
もう。

<緑川…>

(緑川)こちらですね?

ご立派!うわぁ~!

<果たして…>

(緑川)こんにちは はじめまして。

(里恵さん)はじめまして 村上です。
(緑川)村上さん。

<こちらが今回の依頼人>

<村上里恵さんと そのご家族>

<ぜひ緑川の力を借りたいと
応募してくれたのだが>

<それには…>

(里恵さん)…と思いまして。

そうですね。

<つまり今回は
おじいちゃんの代から

たまりに たまった
家の不用品を

片っ端から あさり

緑川が…>

<今回もスマホだけで
不用品が売れる

こちらの2つのサービスを使用>

<梱包や発送を考え…>

<…なるのかを検証する>

<それでは…>

<早速…>

(里恵さん)そうですね。

<何を売っていいか迷うが

最初に目を付けたのは
キッチンの…>

(緑川)ハハハ…[笑]

<ということで戸棚に眠っていた
いかにも高そうな食器を

高額で出品>

<さらに>

<買ったまま使っていない…>

<売れ筋の型落ち家電を出品>

<続いては
見るからに高そうな こちら>

<床の間に飾られた…>

<長年 亡くなった…>

(喜恵子さん)あっ これ全部。

<とてつもなく…>

(緑川)あぁ~。

(敏明さん)これは
奥の方に入ってるやつは

中国の景徳鎮っていう
地方で焼いた。

景徳鎮って聞いたことある。

<高さ1メートルを超える
立派な壺だが>

(里恵さん)ですよね。

<きっと
高価なものだったのだろうが…>

(緑川)そうですね やっぱ…

<これらの壺は…>

<果たして入札はあるのか?>

<その後も
売れそうなものを物色>

<緑川は これを…>

<まさかの不用品を買った値段で
そのまま出品>

<果たして売れるのだろうか?>

[通知音]

(緑川)あぁ~!(里恵さん)何?

(里恵さん)えぇ~!

<なんと ふくろう…>

<そう これが
フリマアプリの だいごみ>

<売れそうにないものも
売れてしまう>

<その他 小さな花瓶や

何に使えるか分からない
ゾウの置物などを出品>

<この勢いで 家を…>

<緑川の目に とまったのは

こちらの立派な…>

(里恵さん)まぁまぁ そうですね
多分。

<タンスから見つけた
ちょっと高そうなバッグを

フリマアプリに出品した>

(緑川)すごいバッグですね。

(緑川)へぇ~ お好きだったんだ。

あっ 本当だ。

(敏明さん)これはね…

(緑川)刀の鍔?

<壁に掛かった刀の鍔を
たまたま発見>

(緑川)ハハハ…[笑]

<飾りにされていたが
こちらも…>

<お父さんは こう言っているが

値上がりを期待し
ネットオークションへ>

<続いて目をつけたのは…>

<早速 開けてみる>

<すると>

(緑川)うわぁ~!

<奥に入った木箱を取り出す>

(緑川)いえいえ 全然です。

<そう 緑川も…>

(緑川)よいしょ!
重いです 重いですよ。

<出てきたのは高そうな…>

(緑川)これ。

<重いものは 何でも
高いと思うクセがある>

<確かに床の間に
飾られていたものとは違い

こちらは…>

(里恵さん)本当ですか?

鑑定しちゃう?

(緑川)あららら。

(緑川)何だ?

何だ?これ。何?

何?これ。

<こちらは お香を入れる
香合という茶道具>

<緑川は このように
見るからに…>

<そこで…>

(緑川)あぁ~ 海老澤さん!

<当企画の お抱え鑑定士…>

<これまでも全国の ご家庭から

骨董品が出るたびに登場>

<今回は…>

<それでは…>

<まずは金の大皿>

(海老澤さん)あぁ~。

(緑川)めっちゃ キレイでしょ?

(緑川)裏側は…

(緑川)おっ。

<これは好感触 やはり…>

(緑川)おいくらでしょうか?
オープン ザ プライス!

(緑川)おぉ~。

<こちらは明治以降に作られた
九谷焼の工芸品>

<当時は高価だったが
数多く現存しているため

この評価額となった>

<がっかりするのは まだ早い!>

(緑川)すごい キレイです。

(緑川)そうなんですよ。

<こちらも好感触>

(緑川)おいくらでしょうか?
オープン ザ プライス!

(緑川)おぉ~!

<こちらは明治以降に作られた
薩摩焼>

<香合は お茶の席で使われるなど
今でも需要があり

状態も良いため
この評価額となった>

(緑川)大丈夫ですか?お父さん。
(敏明さん)はい。

<念のため すでに…>

(緑川)へぇ~!

(緑川)全然[笑]

<海老澤さんの…>

<こちらは3万円と聞いて…>

<大皿は鑑定額から
ネットオークションへ>

<果たして どこまで伸びるのか>

<この日も 緑川…>

(里恵さん)はい どうぞ。

[ギギギ…]
(里恵さん)ハハハ!(緑川)開かない。

<たてつけが悪くなった扉>

(緑川)あぁ~ なるほど。

<ここは村上家の…>

(里恵さん)そうですね。

<運動しようと買ったものの

次第に使わなくなり

物置に追いやられてしまった
健康器具>

<健康器具は おうち時間に
いいと踏んだ緑川>

<次々とフリマアプリに
出品していく>

いやいや 新品で1000円。

<狙い通り
売れることに期待する>

(里恵さん)そうですね。

<物置に眠っていた
型落ち家電を

片っ端から出品>

<季節外れの
扇風機などもあるが

買い手は いるのだろうか?>

<今度は こちらの戸棚を開ける>

(緑川)あぁ~。

<こちらは 盆栽に…>

(緑川)あっ でも そうなんだ。

<そこで蘭鉢は
サイズや状態ごとに

値段を変えて出品>

(緑川)意外と…

<この言葉通り 蘭鉢が

のちに大波乱を起こす!>

<リビングの…>

(里恵さん)はい。

はい。

(緑川)お邪魔します。

<この部屋に…>

(緑川)どうも あららら…。

(緑川)ウソ~!

<なんと この部屋にも…>

<すると お父さん>

(緑川)えっ 何?これ。

えぇ~ 徳利?

<これが本当かどうか
分からないが

高値で出品してみる>

<さらに棚に眠っていた蘭鉢や

壺などを出品した>

<その後も
売れそうなものを求め…>

<型落ちの…>

<…など 緑川の得意商品を発見>

<すると ここで>

[通知音]
(緑川)おぉ~っと。

(里恵さん)何がですか?

蘭鉢?

<最後に見つけたのは…>

<その中身は?>

(緑川)三味線!

<こちらは親戚の
お寺から もらった

三味線だというが>

(緑川)あぁ~。

(里恵さん)そうなんですよ。

<なんと 大きな穴が>

<ということで…>

<果たして買い手は現れるのか>

<これにて…>

<そう これが…>

<これらの不用品は…>

(里恵さん)何?

はい。

はい。

えぇ~!?(緑川)昨晩。

(里恵さん)えぇ~!

<なんと蘭鉢が大フィーバー>

<ひと晩で驚異の14個 売却>

<我々も初めて知ったが

盆栽グッズの需要がある>

<さらに…>

<ということで売れたものの
梱包に取りかかる>

<手間をかけてでも…>

<この日は
作業の合間をぬって…>

何で?

<先日 緑川は…>

<実はオープニングで使っていた
この映像>

[通知音]

(里恵さん)おぉ~!

(里恵さん)えぇ~!

<キッチンの戸棚に眠っていた
食器が高額売却>

(里恵さん)はい。

<こちらの大皿が
17件の入札で

7250円まで値上がり>

(里恵さん)えぇ~!

ハハハ…[笑]

<型落ち ビデオデッキも売れ

フリマアプリも好調に見えるが>

(里恵さん)売れない。
やっぱり そうですよね。

あれ?

<売却どころか 大量の…>

邪魔になるもんな。

<しかし…>

<…大きな健康器具を…>

出るか!

来るよ。
(森川)あっ!

上がってきた。
(森川)ハハハ…[笑]

お邪魔しますも…
ピンポンも鳴らさない。

(緑川)いやぁ~!(里恵さん)キャ~!

(大島)ハハハ…[笑]

「ごきげんよう」

(緑川)出ました。

<里恵さん…>

へぇ~。
(大島)ハハハ…[笑]

<早速 売れない…>

<…いただこう>

<そう 下河辺は…>

<今回は その…>

(緑川)あぁ~。

<下河辺は器具を選ぶ時
サイズや機能などの

スペックを重視するという>

(下河辺さん)なので…

(下河辺さん)…じゃないかなと
思うんです。

<下河辺のアドバイスは
一番大事な…>

(緑川)ハハハ…[笑]

<出来上がったものが
こちら!>

<確かに ひと目で
情報が入ってくる>

(下河辺さん)売れちゃいそう
だけど。

<ということで
出品中の健康器具の写真に

文字を付け足した>

<果たして売れるのか?>

(緑川)そうですよね。

(緑川)えっ?

<下河辺が…>

(大島)えっ?

(里恵さん・緑川)えぇ~!

<下河辺は…>

ハハハ…[笑]どんな残し方。

<すると 翌日>

(里恵さん)うわっ!

<下河辺にアドバイスいただいた

健康器具 ステッパーが売却>

<さらに ロデオマシンと

バランスボールも売れた>

すごいな やっぱり。

おぉ~ やった~。

<タンスから 見つけた
パーティーバッグが

意外と高値で売れた>

(里恵さん)うん。

はい。

(緑川)…させて
いただきたいなと。

<緑川 全商品を…>

<すると ここから…>

[通知音]
(緑川)おっと!

あぁ~!

(里恵さん)えっ!
ファンヒーター?

<型落ちの…>

<さらに!>
[通知音]

(里恵さん)すごい!

<今の季節
何に使うのか?>

<その他にも15品が売却>

<見事 ラストスパートに成功!>

<そして 運命の…>

(里恵さん)はい はい。

(緑川)あれが…

(森川)えぇ~!
すごい上がってる。

<5000円と鑑定された
金の大皿は

およそ1万3000円で 落札>

(緑川)こちら…

(里恵さん)えぇ~!

(里恵さん)えぇ~!

<有田焼の大皿は 終了間際で

さらに入札が伸び

1万7000円で落札>

(里恵さん)えぇ。

うわぁ~。
(森川)えぇ~ すごい。

<九谷焼の大きな壺は

2万1000円で落札>

<刀の鍔は

およそ5800円という 結果だった>

売れたの?

うん。

<いよいよ…>

ちょっと厚いな
やっぱり。

(緑川)えぇ~!やっぱり!
待ってよ。

(里恵さん)はい。(緑川)はい。

1。

(里恵さん)はい。

(緑川)2。

(緑川)10!

20ぐらいは
あったもんな。

(里恵さん)はい。(緑川)う~ん 11。

(里恵さん)すごい すごい。

(緑川)えぇ~!20!

すごいな。

(里恵さん)あぁ~!

(緑川)21。

<そう 今回は…>

(森川)へぇ~。
いけ!

(緑川)29。

えぇ~!

おぉ~!

<なんと!>

(緑川)えぇ~!

(緑川)うわっ!

31。えぇ~!

(里恵さん)ふん!
(緑川)えぇ~!ハハハ…[笑]

(里恵さん)ヤバイ これなんか…

ハハハ…[笑]
(森川)ハハハ…[笑]

いけ!

(緑川)ひぃ~!

<まさかの…>

(大島)すごい。

<現在の番組最高 売り上げは

およそ48万5000円>

<出るか!?最高額!>

いけ 50!

(緑川)41。

もう50 いけ!

<しかし>

(里恵さん)えぇ~!あぁ~!

(緑川)ということで…

(森川)すごい。

(緑川)びっくり。

売れたね。

(緑川)そうだよね。

(緑川)ハハハ…[笑]

えっ?
いや つかないよ。

<今 テレビの前で
ほとんどの人が

必死に やっているだろうが>

いや つかない。

<このように 世の中には
人体の構造によって

ほとんどの人が
できないと されていることが

数多く ある>

<そこで 今回は 人間には
難しいとされているコトを

実際どうなの課が 徹底リサーチ>

<それは本当に できないのか?>

<はたまた できてしまうのか?>

<今回は
テレビの前の…>

(春日)いいじゃない!

<今回は
人間には難しいとされる

動作を用意したのだが…>

<そこで皆さんの力を お借りし

「#できた」「#できない」を
つぶやいて もらいたい>

(スタッフ)今回はですね…

(スタッフ)…みたいな。
(春日)え~っ?

ハハハ…[笑]
奇跡なの?

<それでは いこう!
最初の検証は…>

<皆さんも 書くものを用意して
やっていただきたい>

<1分間「あ」を
高速で書き続けると>

<手の運動の命令に
エラーが起こりやすくなり

時々「お」を
書いてしまうという>

<これは
やってみてもらうと分かるが…>

<ちなみに どうなの課スタッフで
やってみたが…>

(春日)あ~っ。

もう 3つ目で
「お」って書きそう。

(春日)「あ あ…」

「あ あ あ…」

(森川)あ~っ ダメだ!
「お」って書いちゃった。

「お」って書いちゃったね。
(森川)今 書きました。

(大島)確かに
1分 長い。

[アラーム音]
(春日)ほら。

(春日)ほら!

<春日 文句なしの…>

<1文字 1文字 検証したが…>

(大島)すごい!(森川)なぜ?
すごい!春日君。

(春日)うわ~っ これ…

ここに こう…

<皆さんは できましたか?>

(森川)なんで
こんなことが できるの?

<続いての検証は>

何?

(スタッフ)それが…

…て いわれてる。

<皆さんも やっていただきたい>

<人が イスから立ち上がるとき

額に指を当てる事によって…>

確かに そうか。

(春日)いいね!でも…

<果たして…>

(春日)あ~っ…。

<やはり 春日でさえ
立ち上がる事が できない>

<しかし>

(春日)ウッ~!!!

<なんと 春日は パワーのみで
スタッフごと 吹き飛ばし…>

<春日は できたが
皆さんは できましたか?>

ハハハ…[笑]

(森川)え~っ!

(春日)…多分ね。

…ていう[笑]

(春日)…て ありますよ 私は。

<春日 期待して見てくれている
ナンチャンのためにも

闘志を燃やす>

<続いて…>

<女性は 戻れるのだが…>

<…というもの>

<これは 男女の体格差による
重心位置の違いから

男性には できないという>

<しかし 春日は>

<それでは 挑戦!>

(春日)こういうことでしょ?
(スタッフ)はい。

それのまま 起き上がれます?

すげぇ。
(大島)お~っ。

<あまりにも
あっさり やったため…>

(スタッフ)はい。(春日)で。

<何が難しいのか
分からないまま…>

(春日)何か 手応えが ないね。

<続いての検証は…>

<うまく動かすことが できない>

<意識して 別々に動かす
機会が少ないため…>

(春日)できるよ。

<春日 右手を先に回し>

<左手を逆回転>

うわっ すげぇ!
(森川)あっ すごい。

<これも 惑わされること なく
難なく…>

(大島)え~ 難しい。

半分 人間じゃない。

<だが
ここからは…>

<続いての検証は 縦の生卵は

親指と人差し指では
潰せないというもの>

<なぜ
できないのかを

専門家に聞くと>

(口さん)で また…

(口さん)…はずなんですよ。

(口さん)…じゃないか?と。

<そう!人間のパワーを
超えることが できた春日なら

卵を割ることが できるはず!>

(春日)…そうしたら。

<果たして 卵を…>

(春日)では。

<卵に 圧力をかけていく>

(春日)クッ…。

(春日)あ~っ!

はぁ…。

<…春日>

これは難しいと思う。

<春日 集中を高め

再度 卵に
圧力をかける>

(春日)よし いくぞ。

あ~っ!

<ここからは
フルパワーで いく>

(春日)あ~っ!

はぁ はぁ…。

(スタッフ)左でも 大丈夫。

(春日)はぁ はぁ…。

(春日)あ~っ!

(森川)真っ赤!

(春日)はぁ はぁ…。

<しかし…>

(春日)…これ。

(スタッフ)1回 割って 大丈夫です。

(春日)あっ。

<ということで…>

(春日)せ~の。

(春日)グッ…あぁ~!

<春日 フルパワーで
卵を潰す!>

(ハリウッドザコシショウ)お米ちゃーん。

お米ちゃん。 国産米100%!
♬~

コメコメコメコメ。 釜炊き製法!

(少年)おいしい~。

ちゃんちゃかちゃんちゃん… お米~‼

釜炊き製法!
♬~

国産米100%!

ん! 実においしい~。

あぁぁ~‼ マンマーマンマー‼
「カレーメシ」‼

<ここで 春日…>

(生瀬)ハハハ…[笑]
(華丸)まだ出してなかった?

(春日)う~ん!

<しかし!>

(大吉)ハハハ…[笑]
悔しがり方。

<春日…>

<だが>

(森川)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

<これが できた人
いましたか?>

いや~っ。

<…という>

<これは 誰も できないと
いわれているのだが

春日は どうか?>

(春日)左を。

どの幅でも いいと?離れなければ
(スタッフ)そうですね 離れなければ。

(春日)ドン!おぉ~っ…[笑]

(春日)グッ!

<どうやっても できないと
される事なのだが>

<…春日>

<片足で立てるか模索しながら

何百回も 挑戦を行う>

<しかし…>

<ある事に気付く>

<春日…>

(春日)はぁ~…。

<人は…>

<…ように できている>

<そのため…>

<…と されている>

(春日)あ~っ…

(スタッフ)よ~い スタート!

(春日)あ~っ…。

うん まぁまぁ…。

全然 分かってる。

(森川)あ~っ。

<春日 眼球に
目いっぱい力を入れ

何度も挑戦するが…>

<そして>

[アラーム音]

<春日は完敗だったが

皆さんは できましたか?
できませんでしたか?>

<最後の検証は…>

<…と いわれている>

(スタッフ)本当に どんな手を使っても
いいので 1分以内に。

(春日)…そのあとは。

<果たして 春日
ヒジに アゴは届くのか?>

<届かないのか?>

<アゴに届かないまま
時間だけが 過ぎ

焦る春日>

<あと少し!>

[アラーム音]

<足に
ヒジを押さえつけて やるも…>

(春日)ここに置いておいて。

<あと わずか!
その距離が届かない>

(春日)あっ 左の ほうが いけそう

[アラーム音]

<さらに
壁に手を固定し

勢いで いく!>

(スタッフ)あ~っ
惜しい。

<さらに 猪木で いく!>

(スタッフ)惜しい!惜しい[笑]

<あと数センチが 届かない>

(スタッフ)2センチ あと2センチ。

(春日)あ~っ!

<ただ ヒジを アゴに
つけようと…>

[アラーム音]
(春日)あぁ~っ!

<春日でも ヒジに
アゴは届かなかった>

(春日)…次回。

<検証結果 春日の場合
4個できた>

<皆さんは
どれだけ できましたか?>

(華丸)こう 寄せて1個 残しの。
(生瀬)寄せていくまま 1個だけ。

(大島)おっ。
1個だけ…。

(大島)ハハハ…[笑]
(大吉)ハハハ…[笑]

あ~っ!
(森川)あ~っ…!

…ていうのが あって あれは…

(森川)へぇ~!

…ていうか…

(森川・華丸)ハハハ…[笑]
南原さん!

(♪~)

(♪~)