中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん[字]女優の卵が16歳年上の演出家に人生初告白★…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん[字]女優の卵が16歳年上の演出家に人生初告白★

恋した相手は16歳年上の演出家!恋愛経験ほぼゼロ女優が勇気を出して初めての告白!娘が心配な父にも報告&まさかの一言に、ばっさー感動!そしてスタジオ騒然の結末が!

出演者1
【MC】
中居正広
宮川大輔
本田翼
【ゲスト】
フワちゃん
【ラブ子さん】
彼は芸人・クマムシ佐藤/お嬢様モデル・ミリちゃん
彼は9頭身マッチョ・ふみ君/モデル・Kanami
彼は人気インフルエンサー・やまげ/タレント・るあ
彼はアプリで出会った医療事務・将生さん/女芸人・もリスみか
彼女は元バイト先の先輩・りんちゃん/アルバイト・聖くん

出演者2
【ラブ候補生】
16歳年上の舞台演出家に告白/女優の卵・古屋美彩さん(21)

番組内容
★今夜は「今日、好きな人に告白します。」第6弾!昨年出演した舞台で初対面…稽古の練習中に彼が言った一言に胸キュン…しかし「私、人生で一度も告白したことがないんです」…そんな女優の卵が16歳年上の演出家を呼び出しガチ告白!さらに、実家に帰省し大好きな父親に「告白する事」を報告。父親の反応に、ばっさー感動!そしてまさかの結末にスタジオ騒然!急遽、告白相手を緊急招集!果たしてカップルになれるのか?

ラブ子さん募集
全国の「彼氏大好きラブ子さん」「片思い中の人に告白したいラブ候補生さん」を大募集中!自薦他薦は問いません!詳しくは番組のホームページをご覧下さい!

公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/4747love_tbs/

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 美彩
  2. ホント
  3. 太郎
  4. 告白
  5. 頑張
  6. 今日
  7. 素敵
  8. スタッフ
  9. 大丈夫
  10. お父さん
  11. ラブベンチ
  12. 一緒
  13. 演出家
  14. 後輩
  15. 大人
  16. 番組
  17. アプローチ
  18. ダメ
  19. モテ
  20. 応援

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

うわ~
頑張った 頑張った

ちょっと

<女優の卵が人生初告白>

そうなんですか

えっと…

わ~!

ちょっと

<やっぱ 恋ってすごいね~!>

<今日 好きな人に告白するのは…>

福田麻貴みたい…
かわいい

<美彩さんは>

<高校時代は
恋より部活一筋だった>

<スポーツ女子>

<現在 女優の養成所に通いながら>

<勉強中>

<貯金を切り崩しながら生活し>

<夢を追う>

<そんな彼女が>

はあ~!

何か

<お相手は 去年>

<美彩さんが
初めて出演した>

<朗読劇の演出家>

<太郎さん 37歳>

何か こう

憧れちゃうんだよね
うん

…大人に
うんうんうん

<新人女優と
演出家の関係から>

<美彩さんの片思いに
発展>

<しかし なかなか告白できない>

<ある理由が…>

えっ でも 演出家と
俳優さんの関係でしょ?

そうなんです
うわ~!

(美彩)何か その…
私が 去年の4月に…

初舞台?
はい あの…

小さい劇場
だったんですけど

(美彩)まあ 何か 最初は
役の説明をするときに

何か

なイメージっていうのを
彼が言ってて

その役に対して…

それが 私も すごく
そう思ったし

めちゃくちゃ
素敵な表現だな

って思ったところが
一番最初で…

ああ なるほど~

…です
その感じで 好きだから もう…

あ~ そうなのかな…

それで
何か その 休憩時間に

喫煙所とかで
一緒になったときに

結構 強いの吸ってんの?
結構 強いの吸ってるんです

「結構 強いの吸ってるね
ちょっと 1本ちょうだい」

みたいなことを
言われたときに

何か すごい
16歳年上なのに

すごくフランクに
話してくれるし

距離の詰め方が
上手なのかなと思って…

それ 昔の宇多田ヒカルみたいな…

大人の香り
するんじゃない?

あ~ 確かに そうかもね
15歳以上 年上の人だし

で ばっさーが ちらっと
こういう年齢の人って

上の人に 憧れがあって
ほれやすいんだよね

みたいなこと
ボソッと言ったから…

やっぱね

そうなんですか
姉さん

何だ オネエみたいになっちゃって…

何で それ 何?

「かっこいい大人!」
って感じなの?

ただ やっぱ 同世代だと
まだ 金銭的な面とかで

あと 車に乗れなかったりとか
あると思うんですけど

年上の人になると そういうのが
何でもできちゃうじゃないですか

おいしいご飯 車でドライブみたいな…

そういうのから 何か みんな1回
40歳の道 通るんですよね

私の周り そうだった

ばっさーも通ってんじゃない?

何だ それ
私は ちょっと ダメなの…

10個以上 上は
ちょっと ダメでしたけど

そう 多いなってイメージがあって
やっぱ かっこいいんですかね?

うん… すごく 何か

楽しくて…

じゃあ その舞台が
終わってからも 何か…

(美彩)そうですね
もう 5~6回 2人で

2人で!?
(美彩)はい

それは どっちからの
お誘いですか?

一番最初は 向こうから
誘っていただいて…

たまたま
その飲んだ場所が

私のおじいちゃんが
近くにいて

おじいちゃんが

「美彩 近く
来てるんだったら」

「おごってあげるし
一緒に飲もうよ」

みたいなこと
言われたんですよ

おじいちゃんが こう言ってるん
ですけどって言ったら

何か 「全然 いいよ
会いたい 会いたい」

みたいなふうに
言ってくれて

何か 普通
2人で会ってるのに

それって受け入れがたい
じゃないですか

そこの器の大きさね!
(美彩)はい なのに

家族と会ってくれた
っていうのも…

「おじいちゃんいた方が
もっと楽しいじゃん」

(美彩)はい
「会ってみたい」みたいに

言ってくれたのも
すごく嬉しくて

わあ いいですね

…みたいなとか
そば 大体 好きじゃん みんな

(美彩)…ってところでも
共感したんですよ

いや~ とはいえ

「彼氏になりました
彼女になりました」っつって

「あのときは あのときだよ!
今日 ガリだけかよ!」って

で 何か
そのあと 電話も

結構フランクに
できる仲なんで

「いつでも
声聞きたかったら」

「かけてきていいよ」
みたいな 言ってくれて

何か

怖いですか?
何か それを…

姉さん
何かね モテる男の…

そうなのよ
そうなのよ

…って
今 思ってきちゃって 私

そうよ 多分
これはね モテる…

モテる!

(美彩)あっ そうですか?
だから 慣れてるわ

慣れてますか?
慣れてる

「いつでも電話してきていいよ」は
ちょっと慣れてるわ

「いつでも 声かけていいよ」なんて
俺 女の子には 絶対 言わない!

そうなんですか?

誰なんですか? ずっと

やめて マチャアキ

そんな美彩さんですが

告白について 相談したいことが
あるそうです こちら

私 実は

えっ!? 男子にまじって?
女子ラグビーじゃなくて?

試合は女子なんですけど 部活は
男子ラグビー部しかないから

男子ラグビー部の中で
男子と一緒にタックルしたり…

すごいね

(美彩)そうなんですよ
ホントに

もう 体育会系
スポーツばっかやってたら

で もちろん

ホントに分からなくて

自分から
思いを伝えるっていうことが

どうしたらいいんだっていう…
まあ 不安だよね

経験が豊かなわけじゃない
ってことだよね

これは でも 女性だよね

大先輩
大先輩…

告白したことなかったんですけど

言葉とかより とりあえず

はい 分かりました
思いをね しっかり

告白するときに

手紙 読まはる人も
いるんですよ

気持ち 緊張するから
今日は もう そのまま

思ったことを
言うていこうと?

ああ そうです 何も
用意してきてないです

なっちゃうもんね
(美彩)はい

そうね
舞台っぽくなっちゃう…

緊張しすぎて そっちとかにね

ならへんと思うけど
気をつけます 気をつけます

ならないよね? 大丈夫だよね?
大丈夫だと思います

はい そんな美彩さんが
告白しようと思った理由が こちら

何ですか? これ
何ですか?

言葉としたら怖いですけど
(美彩)あの これ ホントに…

言いすぎだよね?
はい 言いすぎです

ちょっとね パンチある
怖くて嫌だわ

一度 一緒に

飲んでいるときに
何か…

みたいな感じで
遠回しに…

好きなのにね
好きな相手に言うのね

におわせみたいなことを
言ったら

「ああ 君のことは
後輩として」

「見なきゃ
いけないからさ」

みたいなことを
つぶやかれて

「後輩として
見なきゃいけない」?

遠回しに
拒否されてるのか

こっちが押せばというか

アプローチすれば
オッケーなのかも

すごく曖昧な答え方…

「君のことを
後輩として」…

…っていう
括弧が付いてるのか

何? これ
何か ちょっと う~ん…

ばっさー
今 ちょっと疑ってる?

俺は

ばっさーのね 疑いも分かる

ちょっと…

あえて言わせてもらうと 何か

みたいな 何か…

え~!?
どっち?

してると思ったんですよ

ブレーキかけてるってこと?
そう 後輩として見てるんだったら

「見てるんだよね」って
言うと思うんですよ

≪確かに
だから…

そう だから

私達は

そっちかな?
どうなんでしょうね

だから もう その

(美彩)ラブベンチ
何で まだ把握してないの?

あれ ラブベンチっていうのね

ラブベンチがあって もう

ってなれば…

そしたら もうさ
飲みに行ったりしなくなるよね

そうなんです
それを何か… それも 何か不安で

あっち 意識しちゃうよね

(デコウト)逆に そっちが…

ああ そうか 若い子に言われてね
うん 確かに

16歳か…
(岩下)でも 確かに

あのベンチは
ラブベンチっていうじゃないですか

でも 僕は

(岩下)
だから どう転んでも

今日が 多分 自分にとって

奇跡の日…
佐藤

奇跡のベンチへ いってらっしゃい

フゥ~! イエーイ

でも ホントに5年後とか…

いいんですよ いいんですよ

何で続くんだ? 話が
(佐藤)もういいよ 大丈夫 大丈夫

まだ続けんのかと思って
いや でもホントに…

ミリちゃん
間で嬉しそうやったけど

もし こうなったときに
また お芝居やらはるって言って

演出される側に
なるかもしれんやんか

そんときは 例えば
オーディションとか

その関係も大丈夫なん?

それは分からないです
分からへんよね

そうです 本人には
知らせてないんです

でも これで

ってなっちゃうかも
しれないよね

可能性もありますよね
そういうタイプだったら

手を出しちゃうような
人だったらば

こんなんなったら
もう ないないない

って なっちゃうかも
しれないよね

(フワちゃん)ねえ やめてよ!

≪応援してくださいよ!

僕らの この

待って ホント 全然

そんなリスクヘッジとか
してくれんの?

そりゃそうよ やっぱり
少しでもとは思うもんね

ちょっとね 正直 言わせて
もらってるんです 僕らは

実は 今回 告白することを

ある人に報告しなければ
ならなかったんですよね?

はい 私のお父さんに

お父さん?
はい

らしくって

時々

とかって
父に言うと

なので いきなり この番組で

好きな人がいて
告白してしまったら

どうにか
なってしまうんじゃないか…

があったので 報告したくて

そのときのVTRあります どうぞ

あっ ここです

(スタッフ)ここ?
はい ここになります

(美彩)はい 元気です

こんばんは どうもどうも

(雅史・美彩)♬~なかよし われら

<こちらが 美彩さんの
ご両親と おばあちゃん>

<美彩さんは>

<特に美彩さんをかわいがってきた
お父さんには>

<告白することを>

<事前に
伝えておきたかったそうです>

いい? 言うね

うん 言うね あの…

えっと…

うん…

で あの…

<告白することを聞いた>

うん 何?

うん
ねえ

あの…

もう…

そう で…

すごく あの

だからさ…

相手の人は どうか分かんないけど

要は

まーさんとしては いつも…

違う だから…

告白するだけだけど…

<1人になったお父さんに>

<本音を聞くと…>

まあ ちょっと そこは

素敵!
素敵 素敵

いいVTRでしたね

はい いや でも…
ホントに そうなんですよ

好きな人への思いを伝える
番組だから

さっきも LINEが来て

一応 収録だよ 今日
って言ったら

「しっかりやれよ」って言って
応援はするよ

「父は寛大に受け入れます」

「太郎に宜しく」って
書いてあって

前向きになれるというか
思い切っていける

っていうことだよね
応援してもらってるなっていう

はい 行っておいでよ じゃあ
はい!

気持ち伝えてね ちゃんとね

うまいこといったら ええね

頑張って!
どうなるか全然分かんないから

(美彩)ありがとうございました
は~い いってらっしゃい

頑張れ!
いってらっしゃい! 頑張って!

ありがとうございました
いってらっしゃい!

どうなんでしょう?
何か ホントに…

何か

っていう感じですね

頑張ってよ
おっ 太郎さん

うん? ちょっと 顔見たいね
≪真っ白な靴

太郎さんですよ
へえ~

思ったよりも大人だな
ねっ 言っていた…

これ
Kanamiさんパターンかもしれない

いや ありそうですね
絶対そうよ

頑張れ

(美彩)こんばんは

どうも

はい
あっ すいません

ありがとうございます
何か 今日は 来てくれて はい

あの… あっ この間も
ありがとうございました

6日…
6日の… ああ ああ ああ

はい

順調ですか? 仕事…
順調だね もう 忙しいね

あっ 忙しいんですね

いや あの…

見てる
うわ~

もう
想像しちゃってるじゃないですか

じゃあ ちょっと本題に入りますね
はい

ちょっと ごめんなさい
ちゃんと言います

えっと…
いや 参っちゃうな これ

≪いや 素敵ですね
≪素敵

で まあ それから

で まあ 何か その…

何か あの…

え~

いや まさか感が ちょっと…

(美彩)
何か すごく そういう人と

って思ってまして

うん
で まあ ホントに

これからも ずっと 何か
刺激し合える仲っていうか

何か そういう ずっと

付き合っていけたらいいなって
思うんですけど

何か その 何というか…

何か あの

そう そのワードね

えっと… 何か ごめんなさい

いや~ もう
太郎さん

ホントかよっていう?
うん

えっと… あの まあ…

今のままも ホントに幸せですけど

できれば もうちょっと

そういうコミュニケーションが
取れたらなと

勝手に思っていて

まあ あの…

あっ そうか…
(ラブ子達)わあ~!

あっ そうか…
わあ~!

(ラブ子達)わあ~!

よければ

あ~ ねえ…

そういう…

そうね…

頑張った 頑張った 頑張った
うわ~ 太郎さん

まあ そうですね

何か いきなりで すごく…

まあ びっくり…
びっくりだと思うんですけど

いや もう

何を… うん そうか
はい

うん…

ごめんなさい 困らせて はい

はい

うん…
ちょっと 時間置こうか ねっ

考える時間 欲しいですね

ちょっと テレビも 太郎…
太郎君 きついかな?

なるほど そうですね

ちょっと 演出家…
色々 まじっちゃってるね

いや 言葉
なかなか見つからないですよ

もしね…
いや ホント 困惑してると思うわ

すぐは出ないですね

いや どう…

ちょっと待って…

やるな~ ちょっと待って
いやいや

ちょっと待ってよ
これは なかなか…

急いだ方がいいね 前… ねえ
そうですね そうですね

そうだよね
意外とちょっと… はい それは…

何か ちょっとずつ…
何か… まあ そうですね

何言ったらいいか
分かんないんですけど

ちょっと こう…

まあ そうね…

おっ!
えっ!

とは思うけど

まあ そうですね はい

お互いね
はい

じゃあ
お願いします

いや すごい すごい すごい

やばい!

(太郎)やったな

≪すごいよ
え~!

≪何? これ
≪そんなことある?

≪何? これ

演出したの?

ちょっと
ちょっと太郎と話したい 俺は

太郎だけ呼ぼうかな

(太郎)すごい ちょっと
待ってください めちゃくちゃ…

初めて… 当たり前ですけど
初めて見ましたね

やばいよね

この収録だっていうのも
知らないもんね

この収録…

これ番組なんですよ
夜中にやってる

(太郎)すごい ちょっと
待ってください めちゃくちゃ…

初めて…

いや そら びっくりしはる…
そうだよね

あっ 申し遅れました

ちょっとお掛けください

いや~ すいません 急に

今 テレビをご覧の皆さんもね
この太郎君のリアクション見て

何かね 分かってほしいなって
思いますけども

今も よく分かんないね?
ここに来たのはね

今さえ ちょっと…
そうだよね

何となく想像しました?
誰を?

美彩ちゃんが来て 何か

告白とかあるのかなって
いうのは想像してました?

あれは 全然…

ハートマークがあるなと
ええ

大変なことに
なってしまったな…

これ 誰かから
思いを寄せられるなと

そのときに

そんなに?

そんなに 普段
僕にアプローチ…

アプローチしてないと思うんですけど
そうそう ほんで

それが できなかったんですって

なかなか…

あっ そう それは…

あ~
それは…

我々 聞かせていただいております
(太郎)ああ そうなんですね

じいちゃん来ました? じいちゃん
おじいちゃん…

ああ…

怖いでしょ? 何か
ちょっと怖いですね

それの何が面白いのか
ちょっと分からないですね

そういうのを お話を
いきさつ 過程を聞いて

食が合うな お酒が合うなとか

あ~ でも それは
さっき言われてから

ガーッ
この先のことがガーッと考えて

まあ 食べ物とかね
そのタバコとかもそうですし

しゃべるのも まあ…
合うなみたいな

急に
どうなるか分かんないけど

(太郎)いや だから
考えたんですよね

知ってる範囲でおいて
お互い

(太郎)いや だから
ものすごい長かった…

相当 僕
黙ってたんじゃないかな?

黙ってました
でも リアルでした

すごかったですよ

いや~ すごかったです いや
どうなんやろうみたいな

無理だと思ってたんですよ

これは 僕なんかの
見解でいうと そんな…

オンエア見てもらえば
分かると思いますけど

あっ ああ~ なるほど

話を聞いてると

あっ そう… えっ?

なんじゃないかって

(Kanami)私は ホントに
そんなんじゃないですって

伝えてるんで
それはちゃんと見てください

ホントに
ありがとうございます

(スタッフ)お疲れさまでした

(スタッフ)美彩さんは どうでした?
告白してみて

いや まあ もちろん緊張して

ただもう
やるしかないっていうことで

ホントに黙られたときは

あっ これ ダメだなって
正直思いましたね

きっと 何か 傷つけない

いい断り文句を
探してるんだろうな…

だろうな どうしようって

普通 考えるでしょ

(スタッフ)よかったですね
はい ホントに

ありがとうございます
(スタッフ)おめでとうございます

番組では告白したい人を
大募集しています

詳しくは ホームページをご覧ください