ザワつく!金曜日×マツコ&有吉 かりそめ天国 特別編[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ザワつく!金曜日×マツコ&有吉 かりそめ天国 特別編[字]

『ザワつく!金曜日』「ザワつく!金曜日コンサート」未公開映像や舞台裏を大放出!/20:30~『マツコ&有吉 かりそめ天国』大久保&京子が最新の高級ホテルでダラダラ

◇番組内容1
『ザワつく!金曜日』
前回、一部生中継でお届けした「ザワつく!金曜日コンサート」。
緊張の舞台裏で一体何があったのか…?
生放送終了直後のちさ子に起きた異変とは!?
日本武道館の公演を未公開映像とともに振り返る!
さらに…公演終了直後のザワつくメンバーが語った思いとは?
◇番組内容2
開店直後に即完売の“幻の一品”から
お米屋さんや和食の料理人が考案した“究極の一品”も…!
スイーツ大好きちさ子も喜ぶ、極上の「おはぎ」がスタジオに登場!
しかし…食べられるのはちさ子が一番食べたいものを当てた者だけ。
ちさ子VS良純、一茂、高橋…白熱の心理戦で大バトル!
◇出演者1
MC:石原良純 長嶋一茂 高嶋ちさ子
司会進行:高橋茂雄
◇おしらせ1
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/zawatsukufriday/
◇番組内容3
『マツコ&有吉 かりそめ天国』
◇京都&日光の最新・超高級ホテルを大久保佳代子&浜口京子が体験!VTRに有吉は「大久保さんキャリアハイかも」
◇「おでん最強の具を5つ選ぶなら」で激論!あの変わり種は入る?マツコが入れたい“肉いなり”とは?
◇有吉のギモン…男子トイレでアレいつ出す?
◇「ドイツ人とビールの飲み比べで勝った」「だいたいの食べ物は飲み込める」マツコ有吉の終わらない“どうでもいい自慢”ラリー
◇番組内容4
「お怒り」「お悩み」「ふたりのお耳に入れたい話」など、視聴者の皆さんから寄せられたお便りや、気になるあのお仕事の裏側、よそでは聞けない本音のグルメ情報、一度は体験してみたいこと、などなど、さまざまな「あれってどうなってるの?」に体当たり取材するVTRに、マツコ・デラックスと有吉弘行が自由気まま、フリースタイルでトークするバラエティ番組!今回は二人からどんな「お言葉」が生まれるのでしょう?お楽しみに!
◇出演者2
【MC】マツコ・デラックス、有吉弘行
【進行】久保田直子(テレビ朝日アナウンサー)
【VTR出演】大久保佳代子(オアシズ)、浜口京子
◇おしらせ2
投稿は番組HPから!

☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/matsuari/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 高橋
  2. 一同
  3. 大久保
  4. ホント
  5. 拍手
  6. ワン
  7. 京都
  8. 本当
  9. マカロニ
  10. 絶対
  11. 一茂
  12. スタッフ
  13. 京子
  14. 結構
  15. 自分
  16. 良純
  17. ダメ
  18. ハハハハ
  19. 自慢
  20. リッツ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(高橋)さあ 早押し問題です。

この工場は 一体
何を作っているのでしょうか?

わかったところで ボタンを押して
お答えください。

(高橋)さあ…。
これ 食べ物じゃない。

鉄パイプ?
(高橋)鉄パイプが

出てまいりました。

この種の鉄パイプ…。
(高橋)さあ…。

5.5メートルの鉄材。
長い。

これ 関係ないな。
これ 切るんだろ どうせ。 ほら。

曲げるのか?

曲げてる。
これ 曲げてるね。

(高橋)曲げていっております。

どこまで曲げる? これ。

(高橋)曲げていっております。
そして…。

(高橋)それを…。

(高橋)小さなパーツを
溶接で付けていっております。

あら… これ なんか
ちょっと見た事あるな。

(高橋)さあ さあ さあ…。
えっ?

あっ! えっとね…。
あっ!

あっと! ちさ子さん 早かった。
まず じゃあ ちさ子さん。

正解!
すげえ!

(拍手)

すごっ!

すごい!

これ すごいですね。

なんで すごいか。
うちのいとこね…

高島忠夫さんちに

めっちゃ大きいトランポリンが
あったの。

あったんだ。
そう お庭に。 めっちゃ大きい。

それで 政宏君 政伸君が…。
2人ともやってた?

2人とも

ちっちゃい時に。
すごい すごい。 それで

彼らが跳ぶと 私たち
跳ね返されちゃうから

彼らが跳ぶ時は
端っこで待機してたの。

ああ 大きいからね。
そう。 それで

あそこに いつも こう
こうやって しがみついてて。

まあ 普通 あんまり
身近にないですもんね

トランポリン。
ない ない。

どのように出来上がるのか。
そうだね。

はい。 続きを ご覧ください。

これ 結構でかい
トランポリンじゃない?

あっ これ 結構でかい。
(高橋)土台。

いや これで見て
トランポリンってわかんないよ。

(高橋)ここまで見ても
まだわからないぐらいですよね。

特殊な鉄棒かなと思ったんだけど。

〈塗料が乾燥したら 折り畳んで

最後の工程へ〉

政宏君に お礼言わなきゃ。

♬~

(高橋)そして ゴムを…。
ここまでくりゃ わかるか。

〈シートに ゴムひもを通して…〉

(高橋)そして クッション性のある
マットが…。

これは なかったかも
わかんないな 小学校の頃。

〈マットを
周囲に取り付ければ…〉

あっ こんな 子ども用のなんだ
これ。

なるほどね。
(拍手)

さあ ちさ子さん
お見事でございました。

早かったです。
これは すごかった。

これは もう勝ち目ないわ。
これは ちょっと 降ってきた 今。

パーッと。
うちもね 高島家と一緒でね…。

家に。
うちにもあったの。

トランポリンをやると背が伸びる
って言われてた時があったの。

で ある時に

危ない。
その下に置いてある…。

はっ!
危ないっていう事で?

危ないって事で。
1回 見ただけで…。

「パパ どうしたの?」っつったら

「捨てた」っつって
それで 「え~!」。

すごっ!
すごい。

あれは 参ったよ。
俺の楽しみ なくなっちゃってさ。

(高橋)
さあ 続いても早押し問題です。

この工場は 一体
何を作っているのでしょうか?

わかったところでボタンを押して
お答えください。

(高橋)なんか…。
トウモロコシ。

これ トウモロコシだよ。
(高橋)粉を入れました。

小麦粉が黄色い…。
なんで 黄色なの?

最初から黄色にしてるの?
(高橋)ちょっと黄色がかった

小麦粉に
塩水を足していっております。

黄色いな でも。

(高橋)10分間
練り上げていっております。

〈練り上がったものを
成型するのだが…〉

(高橋)専用の口を取り付けた
機械で成型して…。

(高橋)あーっと!
あっ!

さあ これは 一茂さん 良純さん

ちょっと待って…。
さあ これ

一茂さんと良純さん ホンマに
同時ぐらいやったんですよ。

ええー?
だって 同時なんでしょ?

ホンマに同時ぐらいでした。
ジャンケンしましょうか?

すごいね よく見てるね。
はい。 ハハハハ…!

(長嶋・石原)最初はグー
ジャンケン ぽい。

いや まだ… まだ だって…。

さあ チャンスきますから きっと。

良純さん まず 答えていただき…。
漠然… 漠然としか…。

違います!
あっ!

違います。
ショートパスタじゃないの?

よく その辺の あの…
イタリアンのさ

あのガラスの容器に入ってる
あれじゃないの?

そんなもん 質問にならない…。

何?

やばい!
どうした?

高橋 どうした?
何が起きてるの?

「ショートパスタでもいい」って
スタッフが今

「正解や」って言うんですけど…。
えっ…?

ショートパスタでも
正解なんですね?

じゃあ もう1つ
何か言い方があるって事?

(スタッフ)あるんですよ。
言い方があるんですけど…

一般的な言い方があって それは
イコール ショートパスタです。

ああ… イタリア語でね きっと。
わかった。 はい。

知ってるんだ。
じゃあ… いや わからない。

じゃあ もし それ答えたら
正解にしようか。

ちょっと待って。 それ

(高橋)知ってると思います。
おおー! 本当?

ちさ子ちゃんも だから
俺のあと 答えたら

正解にしようよ。
はいはい じゃあ 一茂さん。

ちょっと待って。
あの縮れのやつだよね?

はい。

絶対違う。
あっ…。

違う… 違います。
違うよ。

なんで… なんだよ!
僕にはわからない。

スタッフが違うって。
ちさ子ちゃん いっとこう。

ちさ子さん はい。
ペンネは違う…。

ペンネもショートパスタの種類。

だって ショートパスタの
イコールなんでしょ?

だから ペンネ イコール
ショートパスタっていう論理は

正解じゃない。
ショートパスタの中に

ペンネとか
いろんな種類があるんだよ。

リングイネ…
あっ リングイネは違うな。

そういう事ですね だから…。

じゃあ ちさ子さん 答えます?

いやいや いやいや…
これ 知ってますって。

えっ!?
知ってます 知ってます。

これ みんな知ってる?
みんな知ってますよ。

「ああー!」ってなる?
「ああー!」っていうか…。

言えばわかるぐらい?
いや これ だから…。

もしかして
高橋さんが言ってるのは

違う時にも使うから

そっちの名前としての方が
有名だよ みたいな感じ?

これを 僕

サラダに入ってるでしょ? よく。
そうそう そんな感じ。

どこで聞く? どこで聞くの?
わかった。 あれだ… わかった。

それです!
フフフ…。

いや 「フフフ…」やないんですよ。
「フフフ…」やないんですよ。

マカロニ。
マカロニ。

だから 今 正解でいいよね?
マカロニって

こう 普通の丸いやつだけどね。
いやいや…。

マカロニ…
ちょっと見ましょうか VTR。

「こんなの」…!

マカロニだよ やっぱり これ。
(高橋)ほら。

いやいや いやいや…。
これ マカロニだよ。

マカロニっていうか…。

〈専用の口を換えた こちらは…〉

これ入ってるの あるよ。
あの… なんだっけ?

これがマカロニだよ!
これがマカロニだよ。

〈さまざまな形がありますが

一番有名な形が こちら〉

これはマカロニ。

こっち見せてくれたらわかるのに。
(高橋)そうですね。

これはマカロニ。
(高橋)これはマカロニですよね。

ご陽気に踊っておられますが
何が そんなにうれしい…?

今 にゃんこスターが
降りてきた。

だから 途中が
別のパスタやったんですね。

ショートパスタの
映像やったんですね。

あっ! そういう事か。

引っ掛けっていうか… 途中は
だから 違うやつでしたよね。

違うパスタだよ あれは。
ネジネジ…。

その次が…。
(スタッフ)あれは あの…。

(一同 笑い)

ああ そう? ごめん…。

何?
思わず サブから下りてきたの?

コールセンターの人?
コールセンター?

(高橋)苦情が入っておりまして。
途中のやつが あれは

マカロニじゃないんじゃないか
っていう事で

ちさ子さんから ちょっと 苦情…
クレームが入ってるんですが。

(高橋)諸説あり…。
ほら…!

〈ちさ子さんが
あまり納得していないので

〈ショートパスタとは

文字どおり 短いパスタの総称で

マカロニも
その一種なのですが…〉

〈マカロニには
明確な基準があり

2.5ミリ以上の太さで

筒状または
その他の形に形成したもの

という決まりがあります〉

〈なので こちらの
ペンネやカールなどは

マカロニに分類されます〉

〈とはいえ これは

〈海外では ペンネとマカロニを

分ける国もあるそうで

ちょっとややこしい問題を
出してしまいました〉

〈ちさ子さん
一茂さん 良純さん

じゃあ でも… じゃあ…。

良純さんと一茂さん。
僕も正解でいいんですね?

マカロニ 一応 言っていただいた。
ありがとうございます。

〈お寺で見かける
ありがたいお言葉…〉

〈この掲示伝道に

〈例えば…〉

(高橋)ハハ…。

(高橋)ハハハハ…!

「ナム」って何?
あっ 南無阿弥陀仏か。

〈更に こちらのご住職の書いた
掲示伝道は…〉

ハハ…! 面白い。
なるほどね。

〈更に 先週 日本武道館から
生放送でお送りした

「ザワつく!金曜日コンサート」〉

(拍手)

♬~(演奏)

♬~

〈一茂さん 良純さん 高橋さんが

4カ月 猛練習した楽器で
『ボレロ』を生演奏〉

♬~

♬~

(観客の笑い)

(高橋)こんなテレビの生放送
見た事ございますでしょうか?

武道館から お届けしております。

♬~

すごい!

(拍手)

〈無事 演奏は終了〉

〈しかし その裏では…〉

♬~

マジで 本当に…
本当に あなたのトロンボーンで

チェロ 全然…
俺が聞こえないんだよ。

〈更に

(高橋)いや
オーケーじゃないんですけど…。

ちょっと!
(高橋)皆さんのおかげで

なんとか
『ザワつく!金曜日』初の

生放送を終える事ができた
という事で。

(高橋)えっと
生放送の放送の中では

めちゃめちゃ優しかった
ちさ子さんが鬼の形相。

放送 終わった途端に…。

帰っちゃった。
でも ちさ子ちゃんと…。

(高橋)あっ 一茂さん!
ちさ子さんが…。

〈あまりにも
いろいろあったので

今夜は 30分拡大して
全部見せちゃいます〉

(スタッフ)終わりました。

♬~

(新津) 「バスタブクレンジング」!

≪シューーーっと まんべんなく≫

60秒後 流すだけ
(主婦)ラク~!

♬~こすらず洗える
「バスタブクレンジング」

銀イオンプラス大好評!

♬~ルックプラス
(主婦)あっ…フチ裏

洗いにくいのよね
♬~ (新津)それなら

洗いにくい所も 泡におまかせ!

「泡ピタ」! 《ヒミツは

密着泡 60秒後に流すだけ》

《便座も床も》
♬~「泡ピタ」! 《新発売》

〈お寺の掲示伝道に
大きな変化が起こっている〉

〈こちらの
ご住職の書いた

掲示伝道は…〉

なるほどね 6回でね。

〈ちなみに どういう意味なのか
聞いてみると…〉

(和田さん)…ってね 頭の中で
よぎると思うんですけども。

これからは
「ア・イ・シ・テ・ル」じゃなくて

「なんまんだぶ」とか
「南無阿弥陀仏」でも…。

そういった言葉が
頭の中をよぎってくれたら

それで もう
お念仏を唱えた事になるので。

へえー!

〈それにしても
なぜ こんな掲示板が

続出するようになったのか?〉

っていうのが 2018年から
始まったんですけれども。

〈多くの人に 仏教に
関心を持ってもらおうと

2018年から始まった
お寺の掲示板大賞は

自薦 他薦問わず
お寺の掲示板の写真を

SNSに投稿するだけ〉

〈ユニークな掲示板は

あっという間に拡散され

話題になるのだという〉

「カープのファンでいることは
修行である」

ちょっと カープが可哀想…。

〈ちなみに
ちさ子さんの実家にも

いろんなお言葉が
掲示されていたようで…〉

うちは こういう格言とかを

もう 家の ありとあらゆる所に
貼ってある家…

家庭だったんですよ。
へえー!

何があるの? 例えば。
例えば トイレで…

練習したくないから
トイレとか 長居しようと…

逃げようとすると トイレ入ると
「時は金なり」って書いてあって。

(一同 笑い)

ああー! 「時間を無駄にすなよ」
っていう事が書いてあるんですか。

私が お嫁にいった時…
結婚した時に

母が うちの新居に来て 帰る時に
ドアに貼っていったのが

「孝行したい時に親はなし」
自分を忘れるなっていう事ね。

あと
「稼ぐに追いつく貧乏なし」。

「稼ぐに追いつく貧乏なし」?
これは どういう…?

だから…。

ああ…。
ああ なるほど。

稼いでるのに
追い付いてくる貧乏はいない。

追い付かれる事は
絶対ないんやから

頑張って稼ぎなさいっていう。
そうそう…。

俺も野球をやってて やっぱり
野球の先輩から言われてるのは

「グラウンドには金が落ちてるぞ
一茂」って…。

それは いったら
野球界では もう 有名な格言?

もう 野球界では有名な。
そうなんだ。

「グラウンドに…
お前 見てみろ。 見えないけど

お前 金が たくさん
落っこちてるんだよ」って

このグラウンドには」って。
はあー!

まあ やる気出ますよね。
やる気が出る事じゃない?

っていう事を考えたり

練習する創意工夫っていうのは
多分 もう 自分のセンスだよ。

はっきり言うけども…。

なんだ? そりゃ。
急に ひと言で変わる?

そんなに 表情が。
うれしくなった。

俺も 家訓じゃないけども
娘には はっきり

「お金を好きになりなさい」って
ちゃんと言ってる。

なぜならば…。

お金の事も好きにならないと

お前の事…
お金 近寄っていかないって

俺 はっきり… もう ずーっと
小学校から言ってる。

へえー! それで 実際

この子は ちゃんと
お金の価値というか…。

俺が そういう事を
ずっと言い続けて…。

逆に?
逆に。 全然。

だから 例えば もう 17歳だから

パパ お小遣い
月いくらくださいとか

こういう買い物が
あるからとかって…

パパ いくらくれとかって
言うじゃない。 全然 言わない。

クリスマスの時も 誕生日の時も
言わなくなっちゃった。

欲しい物とか言わないんですか?
言わない。

今の子 言わない。
一切言わない。

欲がないのかな…。
だからさ

欲がないんじゃないかなと思って
今の子は。

そうね。 やっぱり そういう風に
お小遣いがあって

それを どうやって使うかとか
それを貯めて…。

貯めたり 割り振ったり
とかっていう感覚は

確かに ないかな。
良純さんところのお子さんには

お金の事は なんか
言ってたりするんですか?

だから お年玉は持ってるんだよ。
それを自分で管理してないね。

ええー!
そう!

うちも そう。
それで「お年玉出して」って言って

うちの奥さんが
「はい」って出してる。

お年玉の多い 少ないで
親戚のおじさんを

区別 差別するノリは
もう ないんですか?

ない…。

(拍手)

〈ゲストが 今
どれが食べたいかを予想して

当たったら食べられる
という企画〉

〈しかし 3人にとって
それは苦い思い出しかなく…〉

〈第1回目は
DAIGOさんが大好きな

チーズケーキで対決〉

(高橋)おあげください。 どうぞ!
ドン!

3…。
ええー!

(高橋)『ザワつく!』チームは
3 3 3!

という事で 皆さん
残念ながら食べられません!

〈第2回目は 相葉君が大好きな
フィナンシェで対決〉

(高橋)札をあげてください。
どうぞ! せーの… ドン!

1 1 3!
ええー!

(相葉)やばい…
すみません 僕のせいで。

〈しかも
『ザワつく!』メンバー 3人とも

同じ番号札〉

ハハハハ…!

本当 私も やっぱり
バカなのかなあ。

(一同 笑い)
そんな事ないですよ。

〈来年
『ザワつく!』にゲストが来て

お三方が また
こんな目に遭わないように…〉

〈今のうちから

〈3人の好きなもので
この企画をやっていきます〉

〈というわけで まず 1回目は
ちさ子さんの大好物スイーツ〉

〈それは…〉

私も あんこ大好きですから。
自分の名前の入った…

あんこの入ったお菓子も
ありますよ。

〈ちさ子さんのSNSでも…〉

確かに おいしいよな
おはぎはな。

〈そんな 無類のおはぎ好き
ちさ子さんも

きっと喜ぶに違いない

〈本日買ったばかりのおはぎを
スタジオにお持ちします〉

〈開店直後に即完売

夫婦2人で作る 幻のおはぎ〉

〈お米屋さんにしか作れない

もち米の王様を使った
唯一無二のおはぎ〉

〈日本料理の職人が考案

日本料理の技法を駆使した
究極のおはぎ〉

〈ちさ子さんが

(拍手)
イエーイ!

よっしゃ!

燃えてきた 俄然。
さあ という事で…。

とにかく ちさ子ちゃんとね
サシで勝負ができて。

これ だから 勝負ですからね。
恨みっこなしですから

もう いいですね。 なんかね

闘志が?
来てます。

来てる? 感じてる?
でもね でもね

本当に
駆け引きが飛び交ってるよね。

これ ちさ子ちゃん
どうする? 今日は。

いや…。

(一同 笑い)

それも含めて ちさ子さんが選ぶ
という事ですね。

だから ただし…。

これだけは守ってくださいよ。
質問に関しては。

いや だって これ
本当 駆け引きになるよな。

これ だから ちさ子さんが
どういう風な形になるか

わかりませんけど 今から
3種類のおはぎのVTRを

まず ご覧いただきまして
ちさ子さんは その中から

食べたいと思った
おはぎを選んでください。

多分 3つとも食べたいんで
その辺が

駆け引きになってくるのか
わからないですが。

さあ そして…。

ちさ子さんが食べたいおはぎが
どれなのか。

〈これから紹介する
3つのおはぎの中から

ちさ子さんが食べたいものを
3人が推理〉

〈見事 当てたら
食べる事ができますが…〉

〈もし 3人全員に当てられたら

ちさ子さんだけが
食べられなくなってしまいます〉

1人 外せばいいんだ。
今 一瞬…。

ちなみに おはぎは どれぐらいの
頻度で食べられる…?

なかなか… けど そんなには
食べられないですけど

楽屋に
ちょこっと置いてあったりとか

現地で 手作りっぽい…
おはぎがあったりする事もあるし。

子どもの頃 結構
近所の和菓子屋さんにあった

竹陣さんっていうとこのおはぎが
すごい好きで。

けど もう 今 そこ
なくなっちゃって

食べられなくて…。
あっ…。

ちさ子さんがハマられてた

あった あった。 大きいやつ。

おおー! 竹陣さん!
どこ行っちゃったの?

田舎のぼた餅を目指して
大ぶりな おはぎが特徴。

つぶしあん こしあん
きなこ ゴマ 枝豆の

5種類を販売されてて…。
そう。

ちさ子さんが
竹陣のおはぎが大好きだったと

おっしゃってましたと
伝えたら…。

と 大変喜ばれていたそうです。
おおー!

今 やってらっしゃらないん
ですよね?

今は もう
やっておられないみたいですね。

なるほどね。 わかりました。
さあ だから

なんとなく この情報を見る限り
割と 手作り系というか

昔ながら系が好き。
でも なんか…。

でも 意外と
おはぎって似てこない?

そんな事ないの?
同じとは言わないけど。

けど もち米の硬さとか
あと あんこの厚さとか

そういうので だいぶ違う。

ちなみに 最初
どんなのだったの?

竹陣の どんなのが好きなの?
竹陣さんは とにかく

きなこが ブワッと
周りに かぶさってて

その次に ご飯が結構な量あって
中に あんこで。

中 あんこ?
そう。

中 あんこなの?
中 あんこなの。

まあ いろんな種類があるんだけど
私は その

大きさは どれぐらいだったの?
結構 大きかった。

これぐらいあった。
じゃあ ある程度…

俺 まだ V 3つ見てないけど

大きいおはぎでも
いけなくはない?

けどね…。

サイズじゃないんですね。
なるほど。

ちなみに 一茂さん 良純さんは
おはぎは お好きで…?

大好き。 っていう事は
出てくるやつ 食べたいですよね。

絶対 食べたいですよね。

勝負に勝つ?

良純さんは いかがでしょう?

僕は おはぎは怖いと
思ってますけど 食べます。

怖い… おはぎは怖いです。
あっ わかりました。 なるほど。

石原プロですからね。
はい 昔…。

あっ そっか!
なるほど。 よく わかります。

5個 10個 100個。
もう 暴力です。

(一同 笑い)

「おはぎ100個は暴力です」。

これ かるたに できそうですね。
なるほど。

さあ では まずは
1品目のおはぎのVTRです。

ちさ子さんの表情にも
注目しながら ご覧ください。

〈数々の和菓子の名店が連なる
古都 京都〉

〈明治30年創業の老舗 今西軒〉

これは なんか 食べてみたいな。

〈開店とともに…〉

うわー! 食べてみたいね。

1万200円。

300円のお返しです。
ありがとうございました。

200円のお返しです。
ありがとうございました。

うわっ 並びたい!

(店員)どうも
ありがとうございました。

おおきに!

〈わずか50分で完売した
そのおはぎは…〉

(高橋)これ 強いですね。
これは強いな。

ほら きなこ…
きなこだよ! あれ。

〈つぶあん こしあん
きなこの3種〉

〈先々代から
変わらぬ製法を

夫婦2人で…〉

2人だけ?

〈大量生産ができない…〉

これ いいな。

〈この店一番のこだわりは

甘さ控えめ コクとうまみを感じる
あんこ〉

俺は そういう方が好き…。

先代も先々代も ずっと
それでやってきてましたんで

僕も変わらずね…。

〈材料には 皮がやわらかく
風味のあるのが特徴の…〉

〈ふっくら炊き上げた小豆を…〉

ええー! これは大変だよ。

〈更に…〉

丁寧にやるな…。

〈水分が十分に抜けたら

更に 砂糖を加え…〉

〈合わせて3日の時をかけて
ようやく…〉

これ ちさ子ちゃん
いいんじゃない?

〈先々代から引き継がれた
極上のあんこが〉

この色 なかなか出せないよ。

〈そして

生産量が非常に少ない
滋賀県産のもち米

滋賀羽二重餅で作った団子を

この こだわりのあんこで
包めば…〉

やばい…。
(高橋)うわあ…!

〈もち米と
あずき本来の甘さが味わえる

伝統のおはぎが完成〉

〈更に
こちらの きなこおはぎは…〉

〈先ほどの こしあんを
もち米で包み…〉

ちさ子バージョンじゃない。
うわっ!

〈高知県産の黒ゴマと
大豆で作った

深い甘みのきなこに〉

これ きなこの きめが細かい。

〈丁寧にまぶし

なじんだところに

もう一度〉

2度づけ? うわっ 最高。

〈2度まぶす事で
湿って黒ずむ事を防ぎ

きなこのうまさが
たっぷり感じられる〉

〈創業124年 売り切れ必至
幻のおはぎ〉

〈ちさ子さん
いかがですか?〉

あげてる あげてる。
あら あら? あら?

あれ?
あげてるやん。

これ ちょっと こうしよう。

今 ちさ子ちゃん
もう あげちゃったじゃない。

V あと2本あるんだけど
このVだけで終わって

俺ら 1あげて…。

殺すよ?
(一同 笑い)

ただ 今のちさ子さん…。
すごいね。

なんかね ちさ子さんが
昔 好きやって言ってたやつの…。

そう まんま。

まんま出てきましたもんね。
まんま出てきました。

中に あんこが入ってて
もち米があって。

そのまんまだよね ビックリだね。

しかも ちょっと
量が ちっちゃめだから

3つ いけちゃう。
いけちゃうよね。

ゴマは どうなんですか? ゴマ。
実は…。

だけども きなこと一緒に
合わさってたら

ちょっと なんか
アクセントになるのかなって

今 思った。
うんうん うんうん…。

ちなみに ちさ子ちゃん
V中に 僕 聞いたら

プライオリティーとしては

きなこ…。

つぶ。
つぶ こしあんの順。

だから
きなこが一番食べたい…。

もし… わかんないんだけど
ちさ子ちゃん

これ 質問なんですけど。
次の2つの 残りのVで

きなこが出ない場合…。
うん うん うん…。

きなこが出てこなかった場合
悩みますか?

いや…。 ただ 私は とにかく
つぶあんが好きなんです。

こしじゃなくて つぶなの。
きなこ至上主義者じゃなく

つぶあん至上主義者なのですね?
きなこも もちろん好きだけども

あんという種類でいえば つぶ派。
こしが嫌い…

こしが嫌いじゃないんだけど
こしが一番低い。

そう。
だから ピーナツバターでも

チャンキーじゃないと

食べない派だから。
なるほどね。

なるほどね。
だから…。

少し あんこ 厚く見えたんだけど
あの厚さは どうなんですか?

厚み…。
もうちょっと薄くてもいいです。

だよね。
はい。 ただ あれが

あんまり甘くないんだとしたら
全然オーケー。

甘さは ちょっと 抑えておられる
っていう事ですね。

はい わかりました。

(高橋)ちなみに
こしあんを作るのに

3日かける昔ながらの製法。

開店後
1時間足らずで売り切れるため

幻のおはぎといわれています。

今日は 3つ出ます。
へえー すごいな。

(高橋)数は言われへん?
言うと あれなんだ。

(高橋)でも
ご夫婦2人で手作りのみなので

大量生産できないという事で。

幻だからね。
さあ 今のが

エントリーナンバー1番
今西軒でございました。

レベル高いな おい!
高いな! レベル 高いな!

でも
いつも こうなるんですよ。

一番最初のやつ見たら
これちゃう? と思うんですけど

2番 3番も
強いの出てくるはずなんで

2品目の おはぎのVTR
ご覧ください。

ちさ子さんの表情にも
注目しながら ご覧ください。

〈品川区 旗の台駅から徒歩3分〉

〈この店のおはぎは…〉

〈そう お米からうまい!〉

〈そんな お米屋さんが作る
おはぎは…〉

そういう…?

握らないの?
どういう事!?

う~お!
おっと?

〈品川区 旗の台駅から徒歩3分〉

〈お米マイスターの資格を持つ
店主が

選び抜いたお米を扱う このお店〉

〈おはぎに使用するのは
もち米の王様と呼ばれる

福島県産 こがねもち〉

〈コシ 粘りが強く もっちりで

更に 甘みも強いのが特徴の
最上格のもち米〉

これも良さそうだな。

〈そこに
北海道産の もちきびを入れて

風味豊かな香りとコクをプラス〉

〈そして 使う小豆は

もち米の甘みを生かすため
選び抜いた 北海道産〉

〈小豆が崩れないギリギリまで

〈お米と小豆の食感を生かすため
握らずに かける〉

〈お米屋さんにしか作れない
究極のおはぎが完成〉

う~お!
(高橋)おっと?

〈そして きなこのおはぎは
こちらも2度づけ〉

〈砂糖なしのきなこで
コーティングしてから

砂糖ありをつける事で
お米のうまみを損なわず

きなこの味を堪能できるという〉

〈お米屋さんにしか作れない
おはぎ

ちさ子さん いかがですか?〉

質問! この きなこには

あんこが 当然
入ってるんですかね? 中心部に。

えっと きなこのやつには…。

入ってないんだ!
(高橋)入ってない?

きなこもちやん。
きなこもち…。

きなこもち おはぎナンバーワンに
出てきたん?

へえー…。
これ だから…。

っていう事ですね。
お米マイスターの…。

ちなみに
入ってた方がよかったの?

入ってなくてもよかったの?
これがね 私は

この もち米っていうものが
大好きなの。

ああ…。 じゃあ もち米の味は…。
大好きなの。

だから 白米は
私 ほとんど食べないの。

年に1杯
食べないぐらい…。

ええー!
本当に。

だけども 味がついてるご飯は
食べるんですよ。

炊き込みご飯みたいな…。
そうそう そうそう…。

栗ご飯とかね。
そう! そうそう。 だから

小布施の栗おこわとかって
もち米じゃないですか。

ああいうのは もう
死ぬほど好きなの。

へえー! ちなみに お米の種類は

こがねもち。
こがねもち。 名前がいいね。

あと あの きび…
何? あれ。 きび…。

きび きび… きび粉?
なんか入れてた。

(高橋)もちきび入り。
もちきび?

(高橋)もち米だけの おはぎより
あっさりしていて

胃がもたれにくくなるので
お年寄りには食べやすい…。

ブレンドするって事でしょ だから。
あれは どう?

あの… 歯触りが…

食感があればあるほど 好きだから
オーケー。

オーケー?
ちなみに…。

ちさ子ちゃん ちなみにさ

これ 旗の台じゃないですか。
うん うん うん。

で 1本目 京都じゃないですか。
どっちかっつったら 現実的に

今日 なんか 食べたいな
っつったら

旗の台の方になるじゃないですか。

ねっ? 自分がそうなった時に。
行けちゃうね。

そうすると
どっちを狙うもんなんですかね?

(スタッフの笑い)

確かに 確かに。 その 旗の台…。

だろ?
はい。 旗の台…。

京都のものも
食べたいなと思うけど

食べて
ここでおいしいと思っても

明日 すぐ買いに行くって
できないじゃん 京都は。

そっちですか? 僕は だから
この機会に食うんやったら

めったに手に入らへん方…。
だから それを聞いてるわけ

今 ちさ子ちゃんに。

なんで!? なんで!?

そっか そっか。 京都 通るしね。
通るし。

でも やっぱり 京都の和菓子に
憧れあるでしょ?

憧れある!
ありますよね。

それは高いよな 点数ね。
創業124年。

ちなみに 1軒目の
今西軒の米は羽二重。

滋賀県産の羽二重という 繊細で
作るのが すごく難しいので

生産量が非常に少ない米を
使っています。

さあ 良純さん どうですか?
ちさ子さんの反応を見て。

いや… だから
これが また あんまり…。

ちょっと まだ
いかんともわかんないね。

ちょっと 最後の1品
見ちゃいますか。

(一同 笑い)

さあ それでは
3品目のおはぎのVTRです。

ちさ子さんの表情にも
注目しながら ご覧ください。

〈その店があるのが

長野県長野市にある
歴史を感じる和菓子屋〉

〈…ではなく
日本料理店〉

〈善光寺から
歩いて すぐの場所に

ひっそりとたたずむ 古民家料亭〉

〈信州の厳選した食材が味わえる
懐石料理〉

〈日本料理を追求した職人が

〈今年の1月に販売を開始した
こちらのおはぎ〉

くり餡?
くり餡?

〈実は この中に

これは やばい。 だって

くり餡なんて食べた事ないもん
私。 くり餡のおはぎなんて。

〈日本料理の職人が考案した
究極のおはぎ。 それが…〉

〈今年の1月に販売を開始した
こちら〉

〈実は この中に

日本料理の職人ならではの
アイデアが〉

〈強い弾力と甘みが特徴の

〈そこへ加えるのが…〉

(高橋)ええ?
なんですか? これ。 お酢?

えっ 出汁?
なんの出汁?

(高橋)米に出汁。

〈北海道産の昆布と
カツオで仕上げた

こだわりの出汁は…〉

〈更に

これ… これ いいな。

今しか食べられない。
くり餡。

今しか食べられないぞ。

〈シンプルながら
味わい深い一品〉

〈口に入れた途端
広がる栗の甘みに

出汁が
ほんのりアクセントになった

絶品おはぎ〉

〈日本料理の職人が行き着いた
究極のおはぎ〉

〈ちさ子さん
いかがですか?〉

これは やばい。
という事で最後は長野県の

日本料理 旬花さんの
大将のおはぎが

出てまいりました。
ちさ子さん いかがでしょうか?

私 くり餡のおはぎなんて。
ないですよね。

いわゆる だから
モンブランのおはぎ版。

みたいな事ですよね。
モンブラン モンブラン。

決めた?
俺が食べたいものをあげるわ。

いや そうすると
それを読まれると…

俺らが読まれると…。
違う 違う 違う。

ちょっと待って。
俺が食べたいものをあげる。

ちさ子ちゃん 俺が食べたいもの
なんだと思う?

あれ?
(一同 笑い)

1人はあげてくるぞという話。
いや わかってるよ 食べたいもの。

俺が食べたいもの
ちさ子ちゃん わかるよね?

わかった?
うん。

ほう…。
じゃあ 俺 それ あげようかな。

俺も なんか 一茂さんが
あげるのはわかるのよ。

…っていう事になると
向こうに読まれるわけよ。

そこは絶対外してくるぞって事に
なるから。

いや でも
そこは駆け引きじゃない?

俺は これを食べたいぞ
これをあげるぞって

ちさ子ちゃんがわかってるけど
俺が もし その裏をかいて

違うものをあげて
ちさ子ちゃんが

そっちに合わせるっていう
発想もあるし。

全然違うところをあげてくる
っていう可能性もあるじゃない?

正直 今 3つ VTR
ご覧になられて

もう決まってるんですか?

…ぐらいな気持ちで。
それは… それはアカンよ!

ちさ子ちゃん ダメですよ。
私 やっぱりね…。

ああー! そうか。 ねえねえ
今の最後の3つ目のやつね。

今の かなりつぶ立ってたじゃん?
お米の感じが 他のより。

いや だから 3番目は
今まで食べた事ないもの 絶対。

出汁が入ってて 栗だし。
だから

まあ 逆にいえば
ちょっと恐怖心もあるね。

はいはい はいはい。

だって 1番は まず もち米はさ
多分 一番すごそうじゃん?

うんうん… すごそう。
1番のもち米は…。

羽二重でしょ?

半ごろしという力加減で
もち米を作る製法で

お米を潰した食感が
半分ぐらい残ってる食感が

半ごろしなんだそうです。

そのやり方で作っておられると。
よし 俺は もう決めた。

この2番の旗の台は

いつでも行けるんで。

だから… ダメ…。
まあ 確かにね。

だから いいの。
いつでも行けるから

ここは 俺は選ばない。

俺は 別に これで…。

京都と長野は
さすがに すぐは無理なんで…。

でも ちさ子ちゃんは
俺があげるものは

多分 もう わかってるから
俺は ちさ子ちゃん

それをあげる。
オーケー。

オーケー。
さあ この駆け引きが一体…。

どうなるのか?
いや これ でも…。

はい 良純さん。
ちさ子ちゃんは どうする?

駆け引き作戦なのか どっち?

一番食べたいものをあげる…。
一番食べたいものをあげる。

一番食べたいのを。
それで じゃあ まあ もしも…。

この番組。
(一同 笑い)

そんな… そんな…。
おい やばいぞ。

高橋 なんとなく
自分で 何番あげるってわかる?

僕は 今のパッと見て
ちさ子さんの見てて

一番食べたいのは
あれじゃないかなっていうのを

1番 あれ 2番 あれ 3番 あれ
っていうのは

なんとなく あるんですけど。
へえー。

いや これ でもさ 過去2回さ

全員 札が一致したんだよね
外しで。

だから 今日は さすがに
もう これは分かれるよ。

(高橋)分かれる…?
これは分かれると思う 多分。

だから 俺の予想は

はっきり言いますよ
ちさ子ちゃん。

札が。
という事は ちさ子ちゃんは…。

それをあげといたら…。
それをあげとけば…。

多分 今日は さすがに。
3回もずっと同じってないから。

なかなか ないですもんね。
あり得ないよ。

だから ちさ子ちゃん 安心して
大船に乗ったつもりで…。

いいですね? 決まった?
うん。

決まりました?
うん。

さあ 良純さんは?
ちょっと待ってよ…。

いや 俺 だから うーん…。
まあ うーん…!

まあ でも… そうか。
俺 自分が食べたいのとも

また違うんだよ。 だから…。

相手を読んで…。 でも 僕ね

ちさ子ちゃんは 結構ね 本当に
この3つの中で

食べたいものをあげてくると
思うんだよね それは。

なんだかんだ言いながら。
そうすると

そこに乗っかって
僕も食べよっと。 よし。

ハハハハ…!
一緒のやつ。

一茂さん 決まりましたか?

ただ… もう1回
言っておきますけど

ちさ子さんと一緒じゃないと
食べれないですからね。

っていう事に 俺は
期待しようと思ってるんです。

自分が食べたいものをあげる。
そして 決まった?

はい。
良純さんも決まりましたね?

僕も決まりました。
わかった。 いいよ。

一茂さんは?
うーん!

なんだよ! なんだよ!

ハハハハ…!
決めた?

じゃあ いいですか? いきますよ。
一斉にあげるんだよね? これ。

一斉にあげます。 えっと じゃあ

「せーの」であげましょうか。
最終的には。

「せーの」であげるのね。
オーケー オーケー。

さあ ちさ子さんが食べたい
おはぎを

見事 当てる事ができれば
食べる事ができます。

ただし もし 3人全員に
当てられてしまったら

ちさ子さんは
食べる事ができません。

それでは まいりましょう。

ちさ子さんが一番食べたい
おはぎは

1番の
老舗和菓子屋が作る

伝統のおはぎ
今西軒か?

2番のお米屋さんにしか作れない

唯一無二のおはぎ 沖田精米か?

3番の和食料理人が作る

出汁の利いたおはぎ
旬花か?

さあ それでは 皆さん
一斉に札をあげてください。

せーの…。
どうぞ!

ドン!

1 1 2 3… ええー!

(高橋・長嶋・石原)ええー!

嘘!
嘘でしょ?

また?
やったー!

何? これ。
おかしい。 これ 絶対おかしい。

外しにきてますやん!
絶対 外しにきてる!

違うよ。
食べにいってる 食べにいってる。

食べ… 食べたい…。
これが食べたいの!

旗の台 行けるじゃん いつでも。
いやいや… 聞いてよ 聞いてよ。

他の2つは いくら好きになっても
今後 また買うのは大変なわけ。

ねえ?
ああ… そっちなんだ。

ねえ? けど 旗の台だったら
おいしかったら

また自分で すぐに買いに行ける。

でも 京都なんていつでも通るから
買えるって言ってたじゃん。

うわー! いや…。

完全に。
マジで?

いや 素直… 素直なのは俺らだよ。
これでしょ?

素直なのは俺ら 絶対に。

俺 絶対 1だと思った。
ちなみに これと…。

よぎったんですけど まあ
良純さん おっしゃったように…。

はい。

あと やっぱりね
実は 2番の旗の台の あの…。

って言った
おばさん いたでしょ。

ちょっとね うちの母に
雰囲気が似てて あのね

この人の言う事
本当だなって感じがしたの。

ハハハハ…!
そんな事 わかんないよ!

またもや全外し。
ちさ子さんのみが食べられます。

2番の沖田精米のおはぎ
お召し上がりいただきましょう。

すげえな! これ。
がっかり。

また 全員一致で外したっていう。
おいしそうじゃない!

出た 牛乳まで。
うわっ すごっ!

これ 思ったより大きいね。
大きいですね。

うわっ! このおはぎ すごいかも。
すごいかも。

いただきます!

うわー…!

誰も当たらないの?
こんな事あります?

何? これ。
うわっ! すごい この…

弾力が この… お米の。

あっ 本当だ。
ちょっと黄色いお米も入ってる。

(一同 笑い)

ちょっと…。

お米がね ちょっと…
ちょっと塩味がかっててね

これは うまっ! うん!

この きなこもちね…。
これ 例の ほら あの…

もち米の味が まともにくる…。

(一同 笑い)

ええー! そんなに?
これは おいしい!

きなこ?
きなこ。

これ いきたかった感じは

ちょっと
どこかであったんだよな。

おいしい… これね これこそね

2度づけっていうのが
よくわかる。

きなこの2度づけ。
もうね きなこ…

まさに きなこを食べている感じ。

しかも 砂糖なしのを1回つけて

砂糖ありのを
1回つけてるそうなんです。

だから ちょっとね
これも また…。

うまっ! うん… うん!

ハハハハ…!
ああ… 悔しい!

行くよ。
うん。

すぐ行く。 俺 明日 行けるもん。

柿沼さんに頼んだ方がいい。
いや 大丈夫 俺 明日 行けるもん。

そうだ! 柿沼 家 近くだから
俺んち来る時に

これ 寄らせればいいんだ。
ダメですよ。

なんで?
だって…。

(スタッフの笑い)

ここで食べられへんかったのを
そういう手法を使って…

柿沼を寄らせればいいんだとかで
食べるのやめましょう それは。

お前

ちゃんと
これで勝ちましょうよ 次。

ハハハハ…!
で 俺…。

「悔しいか 高橋」っつって。
悔しいですよ。

〈先週 生放送でお届けした

「ザワつく!金曜日コンサート」
in 日本武道館〉

(高橋)こちら…。

(拍手)

〈生放送に乗らなかった

♬~

ダメだ…
練習できねえ うるさくて。

はい オーケーです!

〈そして 本番終了後
一体 何が起こっていたのか?〉

ちょっと!
(高橋)皆さんのおかげで

なんとか
『ザワつく!金曜日』初の…。

高橋! 高橋! 高橋!

(高橋)放送の中では めちゃめちゃ
優しかった ちさ子さんが…。

放送 終わった途端に…。

〈舞台上から
バックステージまで…〉

〈放送されなかった
禁断の裏側を

全部お見せします〉

(拍手)

本当に 一生懸命練習した人

全くしなかったけど
途中から した人。

本当に練習の仕方は

いろいろだったと
思いますけれども…。

(高橋)手に汗かいてますね。
また…。

手に汗かいてくるね どんどん…。
かいてる?

かいてくるよ。
でもさ 55で もう 59でさ

手に汗かける事って ないから
うれしいよね。

うれしいけど 今
チューニングしたの ずれてた…

誰かが押してたんだけど
大丈夫なのかな?

何? このあと 何?
本番!

ハハハハ…!
(高橋)さあ…。

(高橋)いやあ 皆さん 今…。
ちょっと 今 やっちゃおう。

(高橋)テレビを
ご覧いただいてる方には

コマーシャル
ご覧いただいてまして。

♬~(リコーダー)

♬~

やりづらいよね? チェロの人ね。
本当 やりづれえ!

この大きい音のおかげで
本当に 家で練習ができなくて…。

マジで 本当に…
本当に あなたのトロンボーンで

チェロ 全然…
俺が聞こえないんだよ。

すみません。
何?

だって 今 CMでしょ?
(高橋)CMです。 あっ ちなみに

皆さんを勇気づけるために

我々を ずっと教えてくださった
各先生方から

応援メッセージ届いております。
これは大事です。

まず 一茂さんの杏奈先生。
杏奈ちゃん。

イエーイ!

(高橋)そして 良純さん。
はい。

(高橋)若田先生。

ありがとうございます。
いいな。

はい ありがとうございます!
(拍手)

なんか 若田先生
どんどん なんか

セクシーになられてるよね。
今日もお会いしました…。

(高橋)そして 僕の大坪先生。

ダメだ。 テンパっちゃって
聞いてないよ…。

先生 ありがとうございます!

(アナウンス)
ご来場の皆様 大きな拍手で

番組を盛り上げてください。
よろしくお願いします!

CMが明けましたら
皆さんの拍手からスタートです。

5秒前です。
3 2… 拍手お願いします。

(拍手)

(拍手)

♬~(演奏)

♬~

フウ…。

♬~

♬~

♬~

(拍手)

♬~

♬~

(拍手)

♬~

せーの… はい!

♬~

(観客の笑い)

せーの…。

♬~

♬~

(拍手)

♬~

♬~

(拍手)

♬~

♬~

(拍手)

♬~

♬~

♬~

(拍手)

♬~

♬~

♬~

(拍手)

自分に怒ってます。
えっ?

ハハハハ…!
それと…。

(観客の笑い)

いや あの… 本当に あの…

ここだけの話
かばうわけじゃないですけど

どうしちゃった…。

(拍手)

(高橋)ちさ子さん。
はい。

オーケー!

(拍手)

はい。

ハハハハ…!
ダメだ!

転んだら
転んだ所から始めるんだ。

転んだら
転んだ所から立ち直らなきゃ。

♬~

(高橋)はい ほら ほら。 きたよ。

(観客の笑い)

♬~

シ ド ラ ソ ミ ソ ソ。

シ ド ラ ソ ミ ソ ソ…。
バックがないんだもん 全然。

ここが聞こえない?

ここが聞こえないって!
ここが聞こえないって!

(高橋)こんなテレビの生放送
見た事ございますでしょうか?

武道館から お届けしております。

♬~

(観客の笑い)

「頑張れ」だって。
(高橋)一茂さん 一茂さん…。

じゃあ やっていい?

(拍手)

♬~

できた。

♬~

すごい!

(拍手)

♬~

レ レ ド レ…。

♬~

(拍手)

(高橋)一茂さん
いかがでしょうか?

もう 自分のふがいなさに
あきれるばかりだけど

やっぱり 来ていただいてる方が
こんなに温かいっていうのは

ビックリです。 だって これ

あり得ないですね。

(高橋)いやあ よかった。
えっと…。

(拍手)

いやいや いやいやいや。

けど やっぱり
100パーセントの実力なんてね

そんな簡単に
出せるものじゃないから

いやいや 次は…。
なんだ なんだ なんだ また。

(拍手)

(高橋)いや
オーケーじゃないんですけど…。

ちょっと!
(高橋)皆さんのおかげで

なんとか
『ザワつく!金曜日』初の

生放送を終える事ができた
という事で。

(高橋)ガン詰めされます!
高橋 なんとかして…。

(高橋)いや
オーケーじゃないんですけど…。

ちょっと!
(高橋)皆さんのおかげで

なんとか
『ザワつく!金曜日』初の

生放送を終える事ができた
という事で。

(高橋)えっと
生放送の放送の中では

めちゃめちゃ優しかった
ちさ子さんが鬼の形相。

放送 終わった途端に。

(高橋)という事で…。
帰っちゃった。

(高橋)ちさ子さんは 次の衣装に
着替えに行かれました。

でも ちさ子ちゃんと

参ったね。 っていうか…。

いや やっぱり
ちょっと慣れたかなと

思った部分があるんだよね 絶対。

いやあ…。
なんか

大阪のお客さんも
温かかったんですけど

今日のお客さんが なんか

羽毛布団のような優しさで
包んでくれるもんやから。

いや こういう事があるから…
わかんないけど

アーティストの方って
またコンサートやって

みんなと一緒に
頑張りたいとかってなるのかな?

いや そうなんじゃないですか?
だって 失敗して 普通…。

(高橋)そうですね。
これ だって 大阪だって

甲子園だったら
「バカ息子! 帰れ」って

ずっと言われてたんだから 俺…。
(高橋)「バカ息子」。

忘れてはならないフレーズ
「バカ息子」が出ますか。

お前… 「バカ息子」
2回も言わなくていいよ お前は。

あっ すみません…。
なのにね 本当は 多分 俺

三球三振 3回したようなもんだと
思うんだよね。

お前が「4回」って言わなくていい。

なのに
また打ってください みたいなさ。

こんな
優しい方たちと お会いした事

俺 初めてかもわかんない
人生の中で。

(高橋)良純さんは 3人の中では
僕が… すみません 素人ながら

一番うまくいかれたような気が
しました。

いや でもね あの…
本当 なんか でも また…。

悔しかった!

はい。
ねえ。

まあ でもね 『ボレロ』…
『ボレロ』じゃなくて

まあ 本当にね トロンボーン…
えっと なんだっけ? お前の。

サックス。
サックス。 僕はチェロで

まあ チェロね なんだよって…。

もう このあとね
最高の精鋭のチェロの方たちが…。

逃げろ 逃げろ。

(拍手)

これ 1回 取りますか?
つけとく?

これさ ごめん なんか
落っこちてきちゃうんだけど

どうしよう?
もう1回 つけれる?

(スタッフ)1回 感想を下で…。

(スタッフ)お客さんが
結構 盛り上がって…。

以上。

ボソッと…。

(一同 笑い)

もう これで ズキッときて
俺 多分…。

ありがとうございました。

(拍手)

ボソッと…。

(一同 笑い)

もう これで ズキッときて
俺 多分…。

〈そんな
やらかした一茂さんですが

最後の成功シーンを もう一度〉

♬~

できた。

♬~

すごい!

(拍手)

♬~

♬~

レ レ ド レ…。

♬~

(拍手)

今夜 秋真っ盛りの京都

そして
日光の最新高級ホテルで

大久保さんと京子さんが
1日ダラダラ。

秋の味覚満載の絶品料理や

古都の風情を満喫できる
アクティビティを体験。

♬~「ワン、ワン、ワン」
♬~「ワン、ワン ワン、ワン、ワン」

♬~「宝の山が降りてきた」

♬~「わっはっはっ
わっはっはっ」

ホテル。 今に これ。

まず 京都から。

ダラダラするのは この人。

こんにちは。

「“こんにちは"じゃないよ」
(有吉)「めちゃめちゃだよ」

パン! と

今回 大久保さんが
やって来たのは

南禅寺から程近い

古都のたたずまいに
ゆったりと浸れるエリア。

そして

あらら あらら…。

(大久保)もう ちょっと
ここだけで なんていうの…。

今年4月にオープンしたばかり
ふふ 京都。

全40室から望める日本庭園や

全部屋に 天然温泉が楽しめる
ひのき風呂が付いていて

安いお部屋では
1人1泊4万円からという

ラグジュアリーな旅館。

「いいなあ…」

(大久保)こんにちは。

総支配人の金井でございます。
(大久保)お世話になります。

「“佳代子"!
“大久保です"って言うんだよ」

(大久保)こんにちは。 すいません
支配人 今日は なんか…。

(金井さん)いえ こちらこそ
ありがとうございます。

(大久保)お邪魔します。

(大久保)なんだろう?
もう すでに…。

(大久保)白檀。
(金井さん)ご用意しております。

(大久保)イランイランですか。

わあ 素敵。

(金井さん)はい。
(大久保)へえ~。

お部屋の準備ができるまで

日本庭園を眺めながら
ゆったり過ごす。

(大久保)ああ~ 赤いやついた
あそこに。

あそこに赤いやついた。

「アピールの仕方が古いね」

「(一同 笑い)」

すいません。
(従業員)お待たせ致しました。

全然 これ…。

一方 日光でダラダラするのは…。

「2人いるの?」

ここが…。

うわあ 行きたかったのに
京子ちゃん…!

奥日光
中禅寺湖を望める絶好の地に

あのザ・リッツ・カールトンが
去年7月 オープン。

栃木の伝統工芸をイメージした

和とラグジュアリーを融合した
デザイン。

そして 何より

ザ・リッツ・カールトン初の
天然温泉も楽しめる

今 話題の超高級ホテル。

わあ!

浜口様 こんにちは。

ザ・リッツ・カールトン日光へ
ようこそ お越し頂きました。

私 ゲストリレーションズの
小野と申します。

本日 お部屋のご案内を
担当致します。

よろしくお願い致します。
(浜口)よろしくお願い致します。

まずは
中禅寺湖が見えるラウンジで

ウェルカムドリンクを頂きます。

「超素敵よ」

皆様

「怖い…」

「怖いでしょ。 どうしたの?」

「納得いかなかったんだろうね」

ふふ 京都では
大久保さんが本日泊まるお部屋へ。

(大久保)失礼します。
(従業員)どうぞ。

(大久保)うわあ~! いいですよ。

あったかい この照明の…。

(大久保)これはね すごく

木の温かみを大切にした

まさに ダラダラ過ごすのに
うってつけな空間。

そして このお部屋の売りは眺め。

(大久保)すごい! お庭が…。

「(一同 笑い)」

(大久保)ちょっと においだけ…。

全客室にある ひのき風呂に
流れるのは

能勢から取り寄せている天然温泉。

お湯は
常に適温で保たれているので

思い立ったら いつでも入浴可能。

私 もう…。

なんかあります? あと。 大丈夫?

「うん そうだね」

さあ 高級ホテルでダラダラ開始。

冷蔵庫にあった
キンキンのシャンパンで乾杯。

(大久保)きてます
きてます きてます。

おっと! 怖い… 怖かった~!
乾杯!

(一同 笑い)

♬~

ああ… 幸せ。

私 別に 今日 持ってくるつもり
なかったんだけど

原稿を書かなきゃと思って
持ってきてはいるのよ。

「一応?」

でも これ広げちゃうと なんか…。

でも かっこいいか。
ちょっと かっこいいか。

でも どう?

結局ね。

「何 見るの?」

「大きいスマホ」

「ハハハ…! 柄悪いね」

東京から車で およそ2時間半。

奥日光 中禅寺湖のほとりに
去年7月オープンしたばかり

ザ・リッツ・カールトン日光。

京子さんが泊まるのは

いいですか?
もちろんです!

いきますよ。

(浜口)わあ~! すごい すごい!
すごーい!

見てください。
キャーッ! 広いですね!

すげえー!
ちょっと これ いくらすんの?

奥日光 中禅寺湖のほとりに
去年7月 オープンしたばかり

ザ・リッツ・カールトン日光。

京子さんが泊まるのは

壮大ですね! いいですか?
もちろんです!

いきますよ。

(浜口)わあ~! すごい すごい!
すごーい!

見てください。 キャーッ!
すごいよ!

(浜口)
お部屋ですよね もちろん…。

ザ・リッツ・カールトン日光に
わずか1部屋の最高級スイート!

くつろげる11のスペースがあり

その広さ ドドーンと277平米。

書斎 和室風のスペースに

フッカフカのキングサイズベッド。

開放感あふれるお風呂に

最新のシステムキッチン。

9.4平米の
ウォークインクローゼットも。

さらに300万円以上する

イタリア製エクササイズマシンが
備え付けられた

トレーニングスペースまで。

お値段 なんと 1泊111万8850円。

やはり その

すごいね!

それでは 1泊111万のスイートで
ダラダラ開始。

そうだ。 こういう…。

葛飾北斎先生…。

「大好きらしいわよ」

ほら こういう… ね?

「ハハハハハ!」

続いては 日光 中禅寺湖の景色を
楽しみます。

晴れた日は
湖の向こう岸まで見える 超絶景!

(浜口)うわあ~!

絶景ですね!

「もうちょっと見せて! 部屋…」
「部屋を…」

あれだね。 ちょっと 全然…。

「ちょっと気になるよね
まあ タレントは」

体験系?

ここ ふふ 京都では

京都の文化に触れられる
アクティビティが充実。

伝統的な華道を体験できる
生け花 1時間 9000円。

歴史から 茶会での振る舞い方まで
網羅できる

さらには 五山の送り火で有名な
大文字山への

ナイトトレッキングなどにも
参加できる。

大久保さんも
あるアクティビティを体験するため

日本庭園にある 離れへ。

見ざるです。

最高級ホテルのアクティビティを

京子さんと大久保さん 体験。

パンパンにしてやろうか。

マジで… 誰か怒ってよ!

ふふ 京都に宿泊中の大久保さん。

あるアクティビティを
体験するため

日本庭園にある 離れへ。

本日は
香道の体験をして頂きまして…。

はい。 私…。

(齋藤さん)なるほど…。

大久保さんが体験するのは

室町時代に誕生したとされる
香りをたしなむ香道。

香木と呼ばれる 香りのする木片を
ブレンドした

3種類の原料を調合。

匂い袋を作る事ができる。

この匂い袋
2カ月ほど 香りが続き

クローゼットなどに入れるのも
おすすめ。

失礼致しました。

大久保さんは
甘い爽やかな香りの

白檀 多めにブレンド。

「ハハハ… 最悪!」

「やめろよ!」

一方 その頃 京子さんは…。

(従業員)失礼致します。 こちら…。

「“見ざるです"…」
「“見ざるです"…」

うわあ~!

こちら
ザ・リッツ・カールトン日光の

秋の味覚…。

ザ・リッツ・カールトン日光が
一頭買いしている

和牛 ローストビーフの
サンドイッチなど…。

季節によって食材が変わる
見るのも楽しい3段トレーの品々。

栃木産 爽やかなゆずのタルトから
頂きます。

「どういう時?」

あっ そうだ。 今日ね…。

と言って
テレビ電話を繋いだのが…。

(アニマル)「ワハハハハ…!」

お父さん!

こちらはね
ザ・リッツ・カールトン日光。

今ね
このような立派な この建物…

そして スイートルーム…。
(初枝さん)「わかるわよ 見えてる」

このお部屋 見て。
すごいでしょう?

(アニマル)「おお おお おお…」

♬~「ワン、ワン ワン、ワン、ワン」

♬~「ワン、ワン、ワン」
♬~「ワン、ワン ワン、ワン、ワン」

♬~「宝の山が降りてきた」

♬~「わっはっはっ
わっはっはっ」

♬~「わっはっはっ
わっはっはっ」

一方 その頃 京都の…。

このあと ふふ 京都が誇る
京野菜を使った絶品料理の数々に

大久保さんも
お酒が どんどん進む!

だいたひかる~!

(一同 笑い)

さらに ザ・リッツ・カールトンの
ディナーに 京子さんも大興奮!

暴れ馬ですか。

ホテル。 今に これ。

その

私は おでんが好きなのですが

居酒屋などで
おでんの盛り合わせを頼むと

これ 違うんだよな… と思う
具が入ってたりして

満足できません。

でも コンビニで おでんを
いざ選ぼうと思うと

意外と難しく
毎回 めちゃめちゃ迷います。

お二人は…。

気に入ってんの?

でも あの大盛り上がりした
お野菜企画…。

いや だから
盛り上がるからっつって…。

わかるわ~ わかる。
わかるよ。

(一同 笑い)

確かに 盛り合わせは
そりゃ 嫌なのは入ってくる…。

それは そうですよ。
そういうもんだもんね?

そういうもんですよ。
だって 向こうだって

在庫処分
しなきゃいけないんだから。

あの辺 揺るがないでしょ。
だって どうせ あの

大根と玉子と

ちくわと厚揚げと…。

かっこつけてさ…。

巾着は かっこつけてる?
ハハハハッ…!

ちょっと 一風変わったの
言ってくる…。

かまぼこ… みたいな。

かまぼこ…!?

じゃあ あんた 何よ…?
聞きたいです。

絶対 かっこつけてないわね?

決まってんじゃない?
っていう話。 もう…。

大根 玉子 ちくわ…。
そりゃ そうよ。

厚揚げ で こっちでいうと
ちくわぶだったりとか

はんぺん? その辺でしょ?

(一同 笑い)

まあ じゃあ…。
まずは ランキング見てさ

絶対 かっこつけてないか…。
見て。

巾着 言ってやんの。

ハハハハハッ…!
うまいけどね。

だから 厚揚げが
入るか入らないかだったね。

大根 玉子 ちくわ はんぺんよ
そりゃ。

そうか。 やっぱ 大根の牙城って
崩せないんだなあ。

やっぱ うまいよね。
玉子 応援してるんだけどな。

玉子もね 美味しいね。
2位なんだよな。

染み込み方がエグいもんね。
大根はね。

絶対… ええ~
玉子じゃない?

大根?
まあ 俺は…。

(一同 笑い)

どっちかだろ! って?

大根 玉子 両方 入んねえわけ
ねえだろうよ! ホント…。

いや そうだよね。

ああ そうだね。
まあまあ 王道よね。

また 関西と関東の人で

ちくわぶが どうこう
っていう会話 もう

吐き気するわ。
どうでもよくて。

「えっ? なんですか? それ」って

そろそろ もう 知ってんだろ!
っていうね。

もういいよ その会話。
いつまでやってんだよ。

ちょっと…
やめなさいよ ホント。

(久保田)これ 皆さんのだ。

なんだろう? この

もち巾着人気の高さ。

やっぱ コンビニ世代が多いから…。

ああ そうなんだね。
うん やっぱり。

普通ね
家庭のおでんとかじゃ

なかなか
昔はなかったけどね。

やっぱ 京子ちゃんのネタ

浅草って感じよね。

浅草だね あの感じね。

昆布 わかるわ~。
大好き 昆布。

昆布ね。 昆布 うまいよね。
やわらかくなった昆布…。

全部うまいんだよね。
美味しいよね。

なんか すっきりしてますね。

やっぱ
年齢が上がったからじゃない?

ウインナー巻き…
ウインナー巻きはある。

ごぼう天もうまいね。
ごぼう天 うまいよね。

峰子さんは…。

峰子 玉子1位だって。 峰子。

アハハハハ…。

なんだろう… こういう人が
玉子 好きなの…。

(スタッフの笑い)

派手めの…。
派手めのね。

おでんなあ…。

なんか 外食で。

私も もう何年か
おでん屋さん 行ってないわ。

行くと うまいんだよな~。
うまい。

いやさ コンビニもね
美味しいんだけど

おでん屋さん行くと…。
いいよね。

アホみたいに食っちゃう。
わかる。

いいでしょ。
へえ~! じゃあ 要は…。

はい。
いい街ね!

やっぱりね…。

ホント。
ホント そう思うね。

おでんって だから
そんなに凝ったさ

名店みたいなところまでの
クオリティーなくていいから

適当に その辺で
作っててほしいよね。

わかります。
大きめの商店街 行くと

必ず 2~3軒あってさ。
あります。

練り物屋さんがね
売ってるやつとかも

美味しいんだよね。
うまいよね。 最高だ いつも。

(スタッフの笑い)
フフフフ… いつも?

(久保田)聞きたい。

絶対にランキング言わないね
あんた。

ハハハハハ…!

おでん。

玉子ですか? やっぱり 1位。

1位 玉子だけど
私 変わり種でいうと…。

この間さ…。

へえ~。

その中に入ってる
肉稲荷って あの…。

肉稲荷!?

やめなさいよ ホントに もう…。

何…? 何? それ。

お揚げ?
お揚げの中に…。

それが平べったくなってて
それが煮てあるやつがね…。

これ!
めっちゃうまかった これ!

これは うまいよ。
汁を吸うために生まれてきた…。

そうなのよ! そうなの。

で 金沢おでんって
ちょっと甘いのよ。

薄いんだけど
お砂糖が利いてるようなやつで。

それと これがね…。

いや うまそう!
ホントに美味しかった。

私 これだけ 12個ぐらい
食べれるわと思うぐらい…。

あと これをおかずに
ご飯食べれる。

美味しそう。 合いそう。

昔さ…。

なんか あの… 普通に…。

うまそうだ それ。
あれ なかった? 家庭料理で。

へえ~。
へえ~。

そうそう こんな感じ。
これね すごい…。

うまいんだ。
それも だから 思い出したのよね。

なんか あっ こういうの
作ってたなって。

独特だよね。
あそこね。

味とかもさ。

そうですね。
金沢の味ってね。

静岡おでんは
なんか 黒くて あれだよね。

かつお節かけたりとか。
そう そう そう。

最後に なんか バラバラッて…。
かけるよね。

あれ あの…
はんぺんが黒いんだよね。

はんぺんっていうか だから
なんていうの? あれ。

つみれを延ばしたみたいな
はんぺんだよね。

そんな感じ そんな感じ…。

あと 名古屋のおでんも好き。
味噌おでんも。

ああ あれもうまいね。
あれの玉子 マジうまい!

それ うまい。
ホントに。

めっちゃ固くなってる時あるよね
玉子…。

あれが またね…。
あれがいいんだよね。

あの八丁味噌と合うのよ。

もう なんだろう…

パッサパサになった黄身と
あのソースを

こうね
グチャグチャッとやってね…。

そう 盛り上がる。

ランキングが嫌なのよ…。
そうなのよね。

この盛り上がりを
利用してるんだもんね

だってね あれね。
この前やったじゃんって話なのよ

ランキングを。
それなのに 早いから…。

ああ そういう事ね。

ちなみに 日本全国のおでんには

地域によって 様々な違いが。

まずは 北海道。

札幌風おでんに
欠かせないのが…

ふきを始めとした山菜。

かつては コンビニおでんの
メニューにもあったそう。

そして もう一つ 欠かせないのが
ホタテなどの貝類。

札幌風おでんは

海の幸 山の幸を
贅沢に使うのが特徴。

そして

見た目は 普通のおでんですが

なんと ネギと醤油ベースで作る
ネギだれをかけて

おでんを食べるんだそう。

そして 福岡県では

魚のすり身を巻いて 揚げた

餃子巻きなる
変わり種が定番!

さらに 博多といえば水炊き。

そのスープをベースにした
水炊き風おでんも

今 人気なんだとか。

この前

(久保田)うわあ さすが。
俺なんか 持ったら…

ダメだよ こんなの
腰やっちゃうよ…。

片手で もう
50キロ。

すげえわ。

すごい…。
やっぱり

たまに そういうところも
見せてもらわないと

私たち 京子ちゃんって
何者なんだろう? ってね

みんな 若い子とか
なり始めてるからね。

(久保田)そうですね。
すごいのよ。

納税したりする時さ

…って聞いたの。

「タレント?」って言ったらさ
「いえ…」って。

競技者…。
かっこいい。

通るんだね それでね。
(一同 笑い)

すごいよね。

いや だから そのプライドで
生きてるんだよね まだね。

うわ~!

引退してないのに あんな事
やっちゃってるのね 京子ちゃん。

言ってる事 かっこいいんだけどさ
やっぱり

怖いわよ 怖い。

オープニングで言うのよ。

エンディング じゃあ
俳句 発表してもらいましょう

って言うとさ…。

(一同 笑い)

どういう…
どういう事?

飽きないのよ。 楽しいわ。

多分 だから

よし! 絶対 ちゃんと すごいのを
最後 詠んでやる!

って思ってるんだけど

収録の間は 多分
収録に こうなっちゃうんだよね。

そうか そうか。
真面目に

面白くしなきゃ! とか思って
やってると…。

そうだ! と思って?
忘れてた!

…なんだと思うよ。
不真面目なんじゃないと思う。

そうか。
うん。

そうだね。
そうか そうか。

(一同 笑い)

京子ちゃんを。

俺は 素敵だなって
いつも思う。

私も すごい素敵だと思います
ホントに。

私は

例えば…。

お二人は

何?
いや なんか… 今のでも

足の指とか グーッと
もう 内に畳み込んで

もう つって…
つってるのを楽しんでる 俺は。

それは…

性癖だと思う。

(一同 笑い)

つらしちゃうの?
つらしちゃう。

ああ~ 腱 切れるのかな?
このまんま… なんて思いながら。

ええ~!

この前 なんか
中国のニュースかなんか見てたら

27階かなんかのビルの屋上
跳んでる 子供2人がいてさ。

ポーンっつって。

あれも スリルを
楽しんでるんだなと思って。

ああいうの 怖いね。
それは やらないな。

そういうのは
やらないよね。

でも すごい 恐怖を…

スリルというよりは
なんていうの…。

だから よくは やれないけど

そういう場所に行った時
必ずやるのが…。

山の上とかで…。

うん うん うん…。

怖い…!
で こう…。

別に 私 そういうの
感じる人じゃないですよ。

でも やっぱり そういう所で
何も音のしないとこでも

なんか音が聞こえるし
なんか ちょっと

気配みたいなものを
感じたりする

…っていうのは やる。
「やる」。

(一同 笑い)

やらない?

え~…?
そういう場所に行った時。

俺は ただ単純にマヌケだから

羽田とか成田とかに車止めたら
駐車した所がわかんなくなって

こうやって…。
(一同 笑い)

ただ単純に もう

「やばい!
車 盗まれたんだー!」。

(一同 笑い)

「ありますよ」みたいな。
ああいうのダメね。

あれは怖い。
でも そういうもんだよね。

羽田の駐車場って
わかんないよね あれ。

あれ もうちょっと なんか…。

マツコさん 好きな
それこそ 大型スーパーとかさ

ああいう所も
よくわかんなくなっちゃう…。

何階だったっけな? とかさ
Aの何とかさ。

あの… ちょっと 止める時に

ハハハハ…。 なんで?
いやいや なんか その

自分の野生の勘みたいなものを
確かめたくなるから

あえて はっきり
何階かっていうのを暗記しない。

えっ?
あと

エレベーター降りてからの
方向とかも

あえて 覚えようとせずに
もう お店に入る。

それ 大事よ。
大事よね?

大事 絶対。
ホントに そう。

いざっていう時 やっぱり
野生の勘が働く方がいいから。

ある ある ある。

ホント そうだよね。
ハハハハ…!

あれ あと…。

はい…。

450円…。

いや あれ ナンバーじゃない?
ナンバー 覚えてるの?

(小田)ナンバーを
カメラかなんかで撮って…。

ああ そうなの?

あれ だから… 私
すごい だから 恐怖 感じるもん。

全部 もう
記録されてるんだって思って。

だから 私 いまだに
手で精算するとこの方が好き。

そうだよね。
「何? これ…。 なんで こんな

どこが経営してるかもわからない
パーキング屋に 私の情報が

吸い上げられてるわけ?」
っていう。

いや… 何? 一応 お店だからね。

パーキング屋さんにしておいた方が
いいかなと思ったんだけど。

ああ そうか。
やっぱり ナンバー 覚えてる。

そういう単純な事なんだ。

俺 だから これを… これに
反応してるのかなと思ってさ

いつも ドキドキしてたの。

なんで ドキドキするのよ?

いや なんか…
なんか こう…。

(一同 笑い)

なんか なんとなくさ…。

すごいなって… ナンバーか!
ナンバーよ あれ。

結構 だから 怖いよ あれ。

うわああーーっ!

開いた… 開いたぜ…。

「絶対 俺はダメ」の根拠は
なんなのよ?

なんか もっと 前の人 早かった。

俺はダメなのか!

バカだね ホントに。

すごいよね でも ああいうのね。
あれ すごい事よ あれ。

だって
あのカードの中の情報と…

あのカードを入れる
ちっちゃい機械から

飛ばされてる信号だけで
反応してるんでしょ? あれ。

もう もう 全部 支配できるよ
この世は。

そうだよね。
怖いわ…。

こんな世の中でさ…。

「見てんじゃねえのか?
お前 全部」っていう。

「なんで 自転車の万引き犯
捕まえられないんだよ」って…。

結構 だからさ

カメラがある所ってさ
なんとなくわかるじゃない。

道路だったりとかさ
家があったりとかさ。

だから むしろ
そこを避けていけば 逃げられる。

森とかさ 雑木林とかさ…。

万引きして 森に逃げるの?

森に 自転車 担いでね
山道を…。

買えよ もう。
(一同 笑い)

逃げられるわよ。

でも もう 今 都心とかさ…。
無理でしょ。

あと そこそこの住宅街だったら

もう… もう 無理よね。
そうだよね。

昔だったら あの3億円強盗も
捕まってたのかな。

捕まってる 捕まってる。
昔だったら捕まってるよ。

でも 直前まで追い詰めてた
っていうよね。

追い詰めてるんだよね。
あれがすごいね。

何回読んでも興奮するね。
あれ関連のね…。

あれ関連。
ねっ。

あれ あと マツコさんに聞く話
じゃないんだけどさ

テレビの局とかで
男子トイレ 入る時…。

この辺から出しちゃう もう。

出して…
出して すぐ こうしちゃうの。

ちょっと早いかな。 ちょっと早い。

テレビの局とかで
男子トイレ 入る時…。

そこが便器だとしたら

俺 もう 扉 開けて
誰もいないなと思ったら

(一同 笑い)

結構さ…。

別に ここで下ろしゃいいじゃん
って思うんだけど…。

もうね これ 入り口だったらね

いないなと思ったら
この辺から出しちゃう もう。

出して…。

ちょっと早いかな。 ちょっと早い。

だから 大便器から急に出てくると
ワッ!! っていう時ある。

ちょっと早い。
早いよね。

やっぱ
2~3歩前ぐらいじゃない?

そんな もう
カーブのとこから出してる人は

そんなにいないわよ。

どれぐらいで出してるのかなと
思ってね。

やっぱ 2~3歩前だよね。

なんかね そんな
せっかちになる必要もないのに

なっちゃうんだよね。

トイレの前で下ろして 出して
なんてさ

そんなマヌケはいないよ
ほとんど。

確かにさ トイレの前 立ってから
下ろす人って 半分ぐらい?

結構 みんな 早めに出すよね。
早めに出すよね やっぱり。

(一同 笑い)

相当…。

貴族よね。 貴族階級の…。
貴族のお遊びよ。

我々なんて もう その辺から。

その辺。
早っ!

完全に静止してから…
正面に立ってから

ファスナーに手をかけるって人。
正直に言っていいよ。

別に 「育ちがいいな~」とかって
言わないから。

やっぱりね。
貴族だもんね。

貴族階級よ ホントに。

だから それをやってると

たまに 清掃の方に
しっかり見られる事があって…。

それ 確認しないんですか?
よくないなと思って。

急に… 女子の方にいると思いきや
ドンと…。

繋がった扉から
ドンと出てきた時に ドンと…。

パッと会う時があるから。

早めに出しすぎたな。
失礼しましたっていう話ですね。

雑談 続きまして
すみませんでした。

雑談 結構続きましたね。
スリルね。

スリルは でも あるんだろうな。
でも それこそ…。

絶対 意識してないで
やってるよ みんな。

絶対そうだよ。
あれは絶対そうだって。

あと 車とか運転しててさ
中央道とか

山梨側から東京側に戻ってきてる
小仏トンネルの前辺りってさ

ちょっと ずっと下りながら
カーブしてない?

あれ アイルトン・セナに
なった気になるよね あの時。

ちょっと だからさ

ああいうのがさ
もっといきすぎちゃう人ってさ…。

ローリング… 峠とかね。

すごい速度で攻めて
カーブ曲がったりとか…。

怖いから しないけど…。

っていうのは
すごい感じる時ある。

小学生の頃も
坂道 ノーブレーキで行くとかね。

あっ そうそう。 そういう感覚。
ああいう感じね。

手 離して乗ったりとかさ
するじゃない みんな。

大人になって なくなるのは
その経験があるから

もう 失敗した時の怖さが
大きくなっていくんだよね。

みんな だから
そこをフタしてるんだと思うよ。

ああいうのも そうでしょ?
だって なんか

…ンハーッ! っていうのとかね。

ああいうのも 結構
そっちのスリル系のものでしょ。

ダメなんだけどっていう。
なんだろう あれ…。

なんで 私 好きなんだろう?
あれ…。

自分のウンコのにおい…。

嫌なのよ。 嫌よ。
嫌なんだけど愛おしくない?

嗅いじゃう…。

私は 必ず見るのよ 朝。

見るでしょ?
見ます。

見る時 全くにおい意識してないで
やれる?

見るって こうやって見るの?

いや 結構 私…
結構 ちゃんと見るよ。

あの… こんな至近距離では
見ないわよ。

ただ 上からよりは
ちょっと こう かがんで…。

「おはよう」って言うぐらい?

「おはよう」って
「ありがとう」って。

もう 一生のお別れだけど

短い間だったけど
ありがとうって。

みとるのね。
みとるのよ 最後。

その時に
必ず におっちゃうじゃない。

すごいなって思うよね
この体って。

あのにおいを抑えてる…。
抑えてるんだよ ホントに。

ジップロックどころの話じゃ
ないよね。

ないわよ もう。
密封状態 完璧よ!

ちょっとでも出た途端に
においがすごいのに…。

すごいんだから。
人間って不思議ですね。

すごいよ!

すごいよね!
(スタッフの笑い)

あと やっぱ
あんな臭いって事はさ

多分 すごい悪いものを
出してくれてるわけじゃない。

思うよね!
はい。

「はい」じゃないよ
あんた ホントに…。

もうちょっと みんな
ウンコと向き合って!

向き合ってって…。
ホントに… 物理的に。

(一同 笑い)

えっ でも ウンコ 見るでしょ?
自分のウンコ。

見るけど 俺は もう ちょっと…。

(一同 笑い)
あっ…。

かっこいい~!

かっこよくない。
冷たい男よ あんた。

もうちょっと ちゃんと…
3秒は見なさいよ ホント。

「ありがとな」って。
「ありがとう」って。

あるいは「さようなら」って。
「さようなら」。

また どこか… なっ!

もらわれないわよ! これ。

もらいたい人もいるだろうけど
大概の人は嫌よ。

大概のものだったら のみ込める。

(一同 笑い)

細かくしなくても
ある程度の大きさで のみ込める。

先日 飲み会で…。

…とか

そんな どうでもいい自慢を

かぶせ合う事があったんですが

あいにく 自分は
持ち合わせていませんでした。

お二人は こんな感じの…。

いや まず あいつがさ…。

いや そこよ!
ねっ! それが もうね。

だって 中には もしかしたら
ウソ言ってるヤツもいるかも…。

その場のあれじゃん。

そういうふうに聞いてくる
問題じゃないのよね。

いや ホントですよ。
ねっ!

あるんだよ もう

おじさんになると
色んな事 言いたいんだよ。

病気自慢もしたいんだよ。
したい!

いっぱい克服したいの。

言いたいのよ もう ホント。
自虐しか する事

なくなってくるんだから
もう ホントに。

自分も… ホント。

こういうの。 しょうもない…。
ああ~ そうね。

しょうもない系はあるよね?
しょうもない自慢…。

つい言っちゃうのは

…って言っちゃう。

1年足らずの留学なのに。
1年…。

なんにも… ほぼ何も勉強してない
1年の留学で…。

しかも しゃべれも 今しないのに。
すごいじゃん。 すごい自慢。

いられないね。
「えっ なんで?」って。

「どこ行ってたの?」とかね。

どこ行ってたのよ?
フランスに。

フランス!
フランス! また。

1年間。
これは いい自慢を持ってるね。

何を勉強しに行ってたのよ?
語学を。

あっ フランス語を?
はい。

俺は 大食い自慢だったら もう

(一同 笑い)
そんなわけねえだろうよ ホント。

もっとすげえの来てるよ
ステーキ屋。 何が…。

店長も一緒に連れてこい!
ホントに…。

何を言ってんだ! ホントに。

でも 言われてるからね…。
(一同 笑い)

でも それだったら
私も 食べ物だったらあるよ。

(一同 笑い)

細かくしなくても
ある程度の大きさで のみ込める。

フフフフフ…。

やめ やめ! こんなの もう。
ホント。

お世話になっててさ。

すごい…。

じゃあ それに近いの
私 1個あったわ。

昔さ 『S&Mスナイパー』で…。

本ね。 うん。

男の人の顔の写真と局部の写真で

誰の局部か当てる大会が
あったのよ。

大会…?

私 最後 ソープ嬢と決勝やった。

(一同 笑い)
すげえ…。 強いね。

負けたのよ!
準優勝!

やっぱ プロ!
すごい!

(スタッフの笑い)

あるよ。 直腸検査 あるよ 私。

私さ まあ いつもね
人間ドック受けてる病院でさ

毎年やってくれる

結構ね こう 身長高いね
元テニスやってたね…。

その人 上手なのよ。
一切 当たらずに。

先生?

で 結局 止められたんだけどね…。

アハハハハ…!

(一同 笑い)
なんの自慢なのよ?

それ 先生がすごいだけじゃない
別に。

そのすごい先生と知り合いの私が
すごいって事?

(一同 笑い)
「そう」じゃないよ…。

直腸検査で きたからさ…。
そうよ!

いや くだらないんだよ
ホントに だから。

でも こんなもん
いくらでもあるはずって事…。

なんでもいいんだもん。
「私 ない」じゃ困るじゃんね。

困るよ。 こうやってね
世間話 してるうちに

こうやって かぶさって
どんどん膨らんでいくんだからさ。

ダメよ。

ねえ! うん。

マジ 世の中くだらない事だらけ…
もう なんで…

それ そこに頑張らなくても
いいじゃんって事あるよ。

いきなり!ステーキの もう
一番上のカードです とかさ。

(一同 笑い)

これ 一番すごいやつだから
とかさ…。

ちょっと まあ じゃあ…
いい? それ。

それを言ってくるんだったら

私も 今
出前館 スーパーゴッドよ。

ハハハハハ…!
ゴッドの上 あったからね。

それはさ すごいけどさ

いいじゃん! もう そんなの
って思うよね。

なんでよ!
スーパーゴッド 取ってみ!

私も知らなかったのよ
スーパーゴッドがあるなんて。

これが でもね 大事なんだよ。
そうよ! そういう事よ!

うらやましいって思われちゃ
ダメなんだから こんな話。

そうですよ。

くだらないもの集めてる人とかと
一緒なんだよね。

そうそうそう。 ホントそう。
変な収集癖みたいなもんでね。

甲 高いからさ 29!
ハハハッ!

大変! 見つけるの。

なんの自慢なんだよ。
大変なのよ 私…。

俺 いつも思うわ。
甲が高い人の自慢。

なんかさ 俺 あれ
いつも思うんだよ。 なんか…。

(一同 笑い)
いる! いる!

「だからさ
26じゃダメなんだよね」。

「長さは26なんだけど

甲が高いから」…。

ハハハッ…!
いた。

あの自慢なんなの?

私も そうなのよ。

ハハハッ!
大変! 見つけるの。

大変なのよ 私…。

俺 いつも思うわ。
甲が高い人の自慢。

大変だって言いたいのよ。

俺は 大変な中で
靴を見つけてるんだってね

言いたいわけよ みんな。

なんなの… 目 悪い自慢とかさ。

ある!
全然 見えない… みたいな。

なんか こっちと
全然違うんだよとかさ。

自慢してんの。

こうやって… 伝わないと
トイレも行けないもん。

それ 自慢じゃないんだよ…。

ちょっとね 目薬 差して
1時間ぐらいすると

もう クリアに
見えてくるんだけどね。

最初 起き抜け…
メールとか返せない。

よくない事なのにさ
なんか 自慢げに言っちゃう…。

わかんないよね~。
(一同 笑い)

そういうの言いそう…。

大好き。
そうだよね。

うん 大好き。

あれが ちょっと
自虐なんだけど…。

大変なんだよねっていう。
そう。 私 大変な思いして…

皆さんよりも 大変な思いして
生きてるんですよ。

あなたたちは そこまで
ストイックな人生送ってますか?

っていうね。
うん。

ちょっと マウント取り…
マウントか? これ。

それはあるよね。
あるある。

取りながらも…。

この私が 視力1.0だったら
どうなってる事かしら?

みたいなね。
いや…。

起きてピントが合ってない世界ね。
知らないでしょ?

絶望よ もう。
ハハハハ…! 「絶望」だって。

(一同 笑い)

ハハハハッ…!
強い!

1リットルまでは いる。 いる。

2リッターで壊さないヤツは…
いないみたい。

あんまり いないよ。

いやあ…。

ずるい。

(スタッフの笑い)

秋真っ盛りの京都と

中禅寺湖を望む
日光の最新高級ホテルで

大久保さんと京子さんが
1日ダラダラ。

大久保さんが泊まるのは
今年オープンした ふふ 京都。

全40室から望める日本庭園や

全部屋に 天然温泉が楽しめる
ひのき風呂が付いていて

安いお部屋では
1人 1泊4万円からという

ラグジュアリーな旅館。

私 もう…。

大久保さんは
旅館のアクティビティーを体験。

これ ホント キャットですね。
(吉田さん)そうなんです。

美しい

その人のレベルに合わせた
レッスンが受けられます。

(吉田さん)グーッと…
丸めてもらってもいいので…。

(大久保)板長とか…
誰も見てません 私の事。

マジで… なんだよ これ。
ハハハハッ…!

ヨガで汗をかいたので

お待ちかね
入浴タイム。

ホント すいません。

お湯がね

やわらかい感じで包んでくれる。

香り豊かな ひのき風呂

そして 天然温泉で

日頃の疲れを癒やします。

うわあ 気持ちいい!

こんなの
独り占めできるなんて…。

夕食は
ホテル1階にある料亭 庵都で。

お飲み物でございますが
こちら よろしければ 今日…。

全部 身を委ねるって事ですか?
(黒江さん)そうでございます。

お任せします。
では よろしくお願い致します。

お願いします。
ありがとうございます。

それでは 失礼致します。
お~っ!

ありがとうございます。
すごい いい。

庵都の特徴は

地元の旬の食材
そのものの良さを生かした料理。

甘鯛と京野菜 壬生菜のお椀や…。

さらには

キノコと鮭の炊き込みご飯も
付いた

秋の京都で
おなかいっぱいのフルコース!

これ なんですか?
はい こちらは 左上から…。

(黒江さん)
非常に脂身の多い部分を

今回 ご準備しています。
(大久保)ちょっとごめんなさい…。

(黒江さん)ありがとうございます。

セクシーボイスを肴にペアリング。

その都度
料理に合ったお酒が出され

出来上がってきた大久保さん。

「なんちゅう顔なの?」

「何食べるの?」
「何やるの? 何やるの?」

そして 今日の締めは
離れにあるバーで。

(大久保)ほお~。

これ ちなみに
1杯おいくらですか?

1杯 こちら3500円でございます。

全然…。

あの…。

♬~「トゥトゥトゥトゥ
トゥトゥトゥトゥトゥン」

♬~「トゥトゥトゥトゥ
トゥトゥトゥトゥトゥン」

だいたひかる~!

(一同 笑い)

「美味しそう…」
「うまそう!」

私は あの… 暴れ馬。

ヒヒ~ン!

これ 出禁になるわよ ホテル。

ザ・リッツ・カールトン日光の
ディナーは

1階にある日本料理レストランで。

(浜口)うわあ!
(江田さん)こんばんは 京子さん。

浜口京子と申します。
江田剛大と申します。

(浜口)江田シェフ。
(江田さん)はい。

(江田さん)いやいや…。
結構…。

(浜口)緊張しますか?
あれですよ…。

ぜひ。

フレンチ出身 江田シェフの
腕が光るディナーコースは

地元 栃木の厳選食材を中心に

贅の限りを尽くした
フルコース7品。

なんといっても 目玉は

このホテル独自の
飼育方法で育てた

黒毛和牛のステーキ。

(江田さん)美味しいですか?
よかったです。

美味しい料理と共に
日本酒を頂き

大久保さん同様
酔いが回ってきた京子さん。

どうやら
江田シェフがお気に入り。

「何が?」

(一同 笑い)

「一番 人口 多いからね」

(江田さん)ウマ年ですか?

(江田さん)僕もウマ年です。

暴れ馬ですか。

「ちょっと… ねえ…」

ホテル。 今に これ。

「しんどいの?」

「あら やだ」

めちゃめちゃ二日酔いの
大久保さん。

「そういうルーチンがあるの?」

ふふ 京都の朝食は

お重に入った 彩り豊かな小鉢と

五臓六腑に染み渡る
白味噌仕立ての お味噌汁。

「白味噌ね」

(スタッフの笑い)

一方 ザ・リッツ・カールトン日光の
朝食も豪華。

うわあ すごいきれいな…。

こちらも 豪華な洋朝食。

「あっ 洋食。 いいねえ」
「洋食が あれに入ってるんだ」

純国産鶏の卵を使った
オムレツや

日光の清流で育まれた
スモークサーモンなど

栃木の逸品が 全16品。

卵料理が大好きな京子さんは

追加で
エッグベネディクトもオーダー。

よし じゃあ いくぞ。

♬~

よろしいでしょうか?

「世界中の皆様? でかっ!」

よーっ! はい!

(スタッフの笑い)
(久保田)飛び出しました。

ちょっと 言葉が…。
すごいね。

(一同 笑い)
いやあ すごいわ。

いや だから 悪気はないのよ!
京子ちゃんに。 ねっ?

大久保さんは もう ちょっと
キャリアハイかもしれないね。

今… うん。
今ね。 いい状態にありますね。

いい状態。 ホント いい状態。
いい状態なの? あれ…。

本人は 一番苦しい状態かも
しれないけど

見てると 一番いい状態。

そうだね うん。
ホント。

ねっ。
素晴らしい ホント。

これはね 毎回
私たちが謝っておかないと…。

どこも入れてくれなくなるよ
これ ホントに。

今日は だから ふふさんと
リッツ・カールトンさんね。

もう ホントに ほら
久保田さん ちゃんと…。

そうよ ホント 番組中ね。
この度は…。

「不適切なVTRが流れました事を
おわびします」って。

不適切なVTRが流れました事を
おわび致します。

(一同 笑い)

おわびするなら流すなよ もう。

〈『かりそめ天国』は

〈無料見逃し配信は
ABEMA TVerで〉