お笑い実力刃[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

お笑い実力刃[字]

MCアンタッチャブルとサンドウィッチマンのもとに、実力派芸人たちが集結!珠玉のネタを披露し、MCたちとネタや笑いについて熱くトークする硬派ネタバラエティ!

◇番組内容
芸人たちの“ロケ力”を競う『中継No.1選手権』を開催!
ロケに慣れた芸人たちが、そのリポート力を見せつける!
「行きたい!」と思わせる情報性、そして芸人ロケならではの「面白い」リポートを見せつけるのは誰だ!?
▽サンド伊達VSおいでやす小田が、塩ラーメンの名店でリポート対決!
▽サンド富澤VS友近が、“豪邸!お宅訪問ロケ”で対決!
▽ザキヤマVSずん飯尾VSスピードワゴン井戸田が人気水族館で対決!
◇出演者
【MC】アンタッチャブル、サンドウィッチマン
◇出演者2
おいでやす小田、飯尾和樹(ずん)、井戸田潤(スピードワゴン)、友近
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/owaraijitsuryokuha/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 柴田
  2. 富澤
  3. ロー
  4. 今井
  5. 友近
  6. 飯尾
  7. ハハハハ
  8. エリア
  9. 伊達
  10. リポート
  11. 最後
  12. 山崎
  13. 得点
  14. 井戸田
  15. 現場
  16. 情報
  17. 素晴
  18. ロケ
  19. 本当
  20. 一緒

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,581 (2022/01/27 22:24:56時点 Amazon調べ-詳細)

〈リポートロケを
得意とする芸人が…〉

絡みにくいやないかい!

〈その力を競い合う
新競技を開催〉

逆ですよ。
カメラなんかないじゃん。

〈3つのスポットを舞台に

〈サンドウィッチマン
伊達と

おいでやす小田が対決〉

(富澤)
はい はーい。 どうも。

これはね モスグリーン…。
(友近)モスグリーン。

あっ そうですか。

〈サンドウィッチマン
富澤と

友近が激戦を繰り広げる〉

〈更に 第3試合は
今人気の水族館で…〉

〈ずん飯尾
スピードワゴン井戸田

そして アンタッチャブル山崎の
三つどもえ〉

(山崎)よいしょ!
(伊達)やったー! No.1!

No.1!

〈テレビでよく見る

芸人さんのリポートロケ〉

〈グルメコメント
素人いじり

視聴者が欲しい情報を
引き出すなど

実は高度な技術が

詰まっているんです〉

〈そこで今回は

ロケ技術はもちろん
芸人ならではの

面白ロケNo.1を決める大会を
開催〉

(柴田)採点はですね リポート力
そして おもしろ力

この2つの要素で…。

情報に… まあ 偏りすぎると
笑いの部分が減っちゃうし

笑いに走りすぎてしまうと

何を伝えたかったの? って
なるというね。

この企画は バランスが 非常に
難しいという事でございます。

〈今回は人気ラーメン店
豪邸訪問

そして 子どもと行きたい
人気スポットの

3種目で
それぞれ対決していただきます〉

〈それでは早速 第1試合〉

〈全国各地をロケし
食リポ経験も豊富

サンドウィッチマン
伊達と

ロケ能力は未知数

絶叫ツッコミ

おいでやす小田の
対決〉

〈そして 戦いの舞台となる
ロケ場所は こちら〉

(柴田)池袋にあります…。

激戦区だからね 池袋は。

(柴田)さまざまな
人気ラーメン店が軒を連ねる

ラーメン激戦区 池袋の中でも
特に人気の このお店。

ごまかしが利かない
塩ラーメンの専門店で

岩塩を使ったスープが…。
ああー! キレイ!

(柴田)この辺 伝えてほしいよね。
そうですね。

(柴田)中でも一番人気なのが
こちらのですね

味玉入りの塩そば 900円。

めちゃくちゃおいしそうだな…。
(柴田)しかもですね このお店は

ラーメン以外にも
注目がありまして

店の入り口に貼ってある

(富澤)前に ありましたね。
(柴田)あったよね。

これ やりましたよね
「ツッコメCLUB」で。

(柴田)さあ
という事でございまして

早速 呼んでみたいと思います。

現場の伊達ちゃーん!
伊達ちゃんからね。

はい はい!

今日は 東京 池袋に来ております。
池袋でね…。

(柴田)「ハハハハ…!」
「どっちに下ってるのよ」

ちょうど こう なだらかな…

なだらかに
こう 下がってるんだよね。

(柴田)「ラーメン屋さん
入りなさいよ 早く!」

へえー そっか そっか。
また ちょっと上がってる…。

(柴田)「長いよ 入るまでが」

「ちょっと
『ブラタモリ』的な…」

アンケート ちゃんと
とってますね もう そんな…

1364回もやってる。

皆さん 「おいしい」 「おいしい」と
書いてありますね。

「ここのラーメン以外は
食べられない」と。

すごいですよね。
では 行ってみましょう!

いいですね。
年季が入ってますね これね。

これだけ お客さんが この
のれんをくぐってるって事ですね。

こんにちは。
こんにちは。

どうも よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

随分 若いですね。
若いです。

店主の方ですか?
そうです よろしくお願いします。

はあ… でも もう
たばこ吸えますね じゃあね。

「ハハハハ…!」
(柴田)「そこじゃねえだろ」

はい よろしくお願いします。

「早いね 注文も」

結構 いろんなサインなんかも
ありますね。

タレントの方
来られてるんでしょうね。

ますだおかださんの
岡田さんでしょうか。

「ワォ!!」って書いてますから。

あら うちの後輩の
カミナリのまなぶも。

みちょぱも来てますね。

(富澤)「口が悪い」

(柴田)「来店したタレントを
イジる…」

ヤクルト 入ってるのかも
しれないですね 少しね。

シロタ株はいいですからね
体にね。

いや 楽しみだな ラーメン。

「あっ メニュー イジって…」

チャーマヨ丼。 へえー!

塩そば。 一番人気は
どれなんでしょうかね。 塩玉…。

「あっ 情報 入ったね うん」

早いですね!
ありがとうございます。

スピード勝負ですからね
ラーメン屋さんっていうのはね。

(柴田)「よしなさい!」

なんでも質問してください。
今日は どちらから来たんですか?

今日はね 東京のね 目黒から来た。

あっ 目黒から。
ありがとうございます。

4年?
4年です。

すごい。 21歳で
ここのあるじでしょ?

あるじです。
すごいですね。

細麺です はい。

じゃあ ちょっと いただきますね。

(柴田)「麺の特徴 いいよ」

丼を持つのが
僕のスタイルですから。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

そうです 硬めです。
言われてるもんね いっぱいね。

このラーメンは
これぐらいの硬さがいいと。

そこ こだわりですからね。
大きな…

いいと思います
そういうこだわりは。

ここに でっかい金玉みたいなの
入ってますけど…。

それは金玉では…。
金玉じゃないの?

はい。 味玉。
味玉。

じゃあ ちょっと
味玉もいただきます。

金玉じゃないんだね。

「一応 深夜っていう…
『お笑い実力刃』に

合わせてくれたのかな」

ありがとうございます。

ああー そうですか…
まあ 好みがありますよね。

好み ありますね。
でも すごく 味が染みてますね。

うまい。 こういう…。

いいですか?
1回 じゃあ 切るパターン。

(柴田)「切るパターンね」

これ。 これと…。

(富澤)「切らないパターン」

「ああー! 確かに!」
(富澤)「確かに」

「なんで 講座が始まったの?」

おいしいよ。 もっと
自信持ってやった方がいいよ。

(柴田)自信持ってやってるじゃん。
自信持ってやってたじゃん。

最後の何? あれ。

おいしそう!

(柴田)お味はね。
店の雰囲気も 味も。

ずるいよね。
もう 伊達ちゃんが食べてりゃ

おいしそうだもん 全部。
おいしそうですよね。

マジで うまかったですよ。
(柴田)おいしそうだった。

完璧だな。
(柴田)まあ 坂道の入り口

あれ 長かったかな ちょっと。
地形のね。

(柴田)あっ そういう事?
(富澤)あそこ 早めに切り上げて

もうちょっと 味 伝えた方が
よかったんじゃない?

それでは サンド伊達ちゃんの
リポートロケ

得点は こちらでーす! ドン!

トミーは なんで?
(富澤)そうですね だから まあ

さっきのありましたけど…。

「長い」って何よ。

もうちょっとね こっちが
知りたかったなっていうのは

ありましたけど。
あとは でも 面白かったですね。

ああ そう。
(柴田)私もそう。

3点なんですけど。 情報は
いっぱい入ってたんだけど

ラーメンがね…
スープの味がどうだったとか

他のチャーシューの味が
どうだったとか

そういうとこも ちょっと
伝えてほしかったな。

なるほど。 確かに
スープの味 言ってないですね。

(柴田)言ってないのよね。
あれ 失敗したなと思ったな。

(柴田)お塩の感じとか こだわりが
そこにあるっつってたから。

おいしそうに見えるっていうのは
ものすごい やっぱ

大事だと思うんですよ。
それはね 得してますよね。

僕 結構
麺から食べる人 好きなんですよ。

ラーメンは麺だって思ってるんで。
そうですよね。 麺なんですよ。

スープからいくぐらいなら
やっぱ 麺 伸びちゃうから

麺からいってほしいな
っていうところが やっぱ…

食べ方が合うのかなっていう。
ああ よかった。 うれしいですね。

さあ それでは
続いて まいりたいと思います。

続いて
現場のおいでやす小田さーん!

「遠目から」

食リポという事で 今日は こちら

桑ばらさんに
来させていただきました。

しっかり リポートしていきます!

ええー…。

「ハハハハ…!」

この券売機 なんか

スペース ホンマ
自分のとこなんか! これ。

1位 「麺が固い」
2位 「スープがしょっぱい」

3位 「店が狭い」…。

なんやねん! これ おい。 下…。

あっ ここにも。 でかでかと

さっきのアンケートの
でかい版… 同じ感じね。

1位から これも一緒。
ほんで 店主…。

1364回!

嘘!

どんだけやってんの? これ。
何年も。

怖いねん!
ほんで 文字も この…。

妖怪アニメのタイトルロゴ
やないか! こんなもん。

いきましょう いきましょう。
はい!

さあ 店内 入りました。
こんにちは。

いらっしゃいませ。
店長さん。

同世代やないかい! わしと。
21です。

21? 若い 若い…
店長に上り詰めた?

はい。

2カ月で… 嘘つけて
事情知らんのに わかるか!

ホンマかもしれんやろ!
2カ月。

ちょっと ほっといて
この辺をちょっと…。

いろんな有名人の方が来られてる。

カミナリまなぶ君とか

岡田さんですね ますだおかだ。
みちょぱね。

みちょぱ 字 汚いな!
字 みちょぱの。

ギャル…
ギャル あんな感じやったら

キレイであってくれよ
という感じですけど。

うわっ!
たくさん書いております。

「まるきゅうさんへ」というね。
こっちにも「まるきゅうさん」。

「桑ばらさん」
「まるきゅうさん」…。

前の店の名前が
「まるきゅう」やったとか 知るか!

説明ないとわからへんやろ!

あっ やばい。 あっ やばい。
ちょっと 店長…。

オススメ… はい。

時間を取りすぎた。
やばい! オススメ…。

「イジり… イジりましょうじゃ
ないのよ これ」

(柴田)「映像だけ入ってきて…」

そば塩…。 嘘やん やばい!
俺 何しに来てん! これ マジで。

あっ きた きた! 早っ!
早い! 早い 早い! 早い!

じゃあ いただきます 早速。

いやいや これはひどいでしょ。

じゃあ 得点言って 得点の中で
ちょっと 皆さん

それぞれ聞きましょうかね…。
つける? 得点。

得点は こちら! ドン!

あっ すごい。
低い。

みんな1点 3点…。
すごっ…。

(柴田)やっぱ そうなんだよ。
やっぱ そうなんだって。

これは もう これだね。
(柴田)こんぐらいな感じなんだよ。

すげえ!
優秀な審査員ですね これ 本当に。

(柴田)リポートできてないもんね。
(富澤)そうなんですよ。

ラーメンを伝えてないんで。
まあね。

こっちを
頑張りすぎちゃってね。

いや これ 圧勝だな…。
(柴田)すごいうれしそうだね。

ハハハハ…!
(柴田)圧倒的差だからね。

人気店なんで ぜひ 皆さんもね

足を運んでいただきたいと
思います。

ラーメン店食リポ対決
勝ったのは

伊達ちゃんでございます。
ありがとうございます。

(拍手)
ありがとうございます。

〈VTRでは
丼を持ってリポートしていた

サンド伊達〉

〈そのテクニックは

あるレジェンドからの
教えだそうですよ〉

丼持つっていうのも
ポリシーなのね?

僕 なんか 必ず…
あれ 昔からそうなんですよ。

でも 顔の近くに
ものを持っていくっていうのは

石塚さんに教わりました。
ああー!

表情込み。
はい。

そうです そうです。
で そんなに こう…。

だから このまま
こういけるっていう。

へえー!
確かに 理にかなってるね。

石塚さんに教わりました。
(柴田)富澤さんの 何か 食リポ…。

富澤 テクニックあるっけ?
(富澤)僕は…。

(柴田)「ウマーベラス」?
(富澤)はい。

なんか やっぱ…。

ハハハハ…!
なんか ないかなって。

(富澤)「うまい」の最上級
なんだろう?

「マーベラス」と組み合わせたら
いいんじゃないかっていう。

じゃあ 急に それは
あれ? なんか

「ウマーベラス」とか言ってんぞ
って感じなの?

(一同 笑い)

「うまいって事です」みたいな。
説明するのが恥ずかしいの。

ハハハハ…!
(富澤)僕ら…。

っていうのもあります。

あっ! ある ある。
あります あります。

「ウ~マイベイベ~」いいじゃん。
2人でやるの? どうやって…。

食べて。 「あれ? お前 これ…」。

いいじゃん!

長いね。 しっかりあるね。
(富澤)尺が ちょっと長すぎる。

ものすごい長い。
ああ でも いいじゃん。

〈続いては 第2試合〉

〈ロケ経験は
豊富だが

1人でのロケは
珍しい

サンドウィッチマン
富澤と…〉

〈なんと今回
自ら出演を

番組にオファー
友近〉

もう 本当に 「出たい 出たい」って
言ってくださって 友近さんが。

へえー!
これでね 行ってくれたんだよね。

やりたがってるのね。
そうなんですよ。

好きですからね。
こういうの大好きだから。

さあ そしてですね お二人に
リポートしてもらうのは

都内にある
こちらの豪邸でございますね。

知りたい情報としてはですね

どんな高価なものがあるのか?
とかですね

どんな人が住んでいるのか?
とか

そういったところでしょうね
多分ね。

自信のほどは どうですか?
トミー。

今 言ったようなところが
わかってくると思いますね はい。

ちなみに
このおうちの全部じゃなくて

応接室…。
(富澤)そうですね。

(柴田)…っていうのがあって。

(富澤)行ける場所が
決まってるんですね。

そっか… いろんなところはね
さすがにプライバシーもあるし。

(柴田)もう すでにキレイだよね。
触りたいところが結構…。

いろいろイジりたいっていうかね。
(柴田)もう いっぱいあるよ。

さあ それでは
早速 呼んでみましょう。

現場の友近さん!
ああ 友近さんから。

というわけでね 豪邸訪問です。

私 あの… 人の家に行くのが
一番好きという事でね。

そして…。

やっぱり もう
お金持ちの方の門扉ですよね。

この白の… なんていうんですか
こう立って こう… こんなやつね。

これこれ これこれ!
これはダメです。 これは もう…。

(柴田)「じゃあ
やんなくていいでしょ!」

では 行きましょうか。

これ ライオンね。
ライオンですよ。

はいはい さあ さあ さあ…
うわあ…!

アプローチが また ダンッと こう
ワクワクさせますけどもね。

階段があります。
段差がありますからね。

段差・イン・ザ・ダークとは
よく言ったもんですが…。

「悲しい映画ね」

はい ワンちゃんがいますね。
陶器で作ったワンちゃんがいます。

これ! エステの方のね
ご自宅に行くと

こういう… 扉 多いですけども
行ってみましょうか。

「1個1個イジってくの?」

よいしょ… 失礼いたします。

さて
ちょっとドキドキしますけども。

あっ! ええー!

「わかるわ」
「水前寺清子さんね」

失礼いたします。 ごめんください。

いらっしゃいませ。
こんばんは ようこそ。

いらっしゃいませ。
よろしくお願いいたします。

こちらのママさんで
いらっしゃいますか?

はい。 ダティン・代・ローで
ございます。

はじめまして。
(友近)ローさん? あら…

おキレイで 顔がちっちゃい。

存在感がないんですよ
ちっちゃくて。

ありがとうございます。

(友近)網を こう… 網というか。
(ローさん)そうです。

網タイでございます。
(友近)網タイ? 素晴らしいです。

(友近)家の中でサンダル?
(ローさん)そうです。 海外でも…

海外は もう
お外から靴のまま上ります。

…って事は 海外に
ずっと住んでらっしゃる?

そうなんです。
あちらで…

たまたま 今 コロナで
こちらに ずっといましてね。

じゃあ
家は何個かあるという風な…?

そうですね。 あの…。

うわあ すごいですね。

ザ セレブって感じ…。
(ローさん)とんでもありません。

これ また
何色っていうんでしょうか?

これはね モスグリーン…。
(友近)モスグリーン。

あっ そうですか。
素晴らしいです。

どうぞ どうぞ。 応接…。

(友近)失礼いたします。
(ローさん)はい どうぞ。

ここに来ると インドネシア
っていうよりも なんか こう

ヨーロッパ調というか
もしくは…。

「(一同 笑い)」

これは

(ローさん)そうですね。
こちらは アメリカから。

(友近)アメリカから。
(ローさん)こちらと これ それ…。

(ローさん)それ。 あの…
イタリアからでございます。

うわっ! もう じゃあ
いろんな国のものが入ってる?

そうですね。
ほとんど… そうね。

「すげえな」

あのクロックは
イギリスでございます。

これは?
(ローさん)メイド・イン・ジャパン。

(ローさん)あっ そうですか。
なら 同じ…

同じ商品でしたね。
(友近)可愛らしいですね。

これも生花かと思うとガラスで…。
(ローさん)ガラス… はい。

陶器でございます。
(友近)陶器で? いやいや…。

うわっ 暖炉が ここにあって。
(ローさん)はい。

(友近)そして…
うわっ 素晴らしい!

なんか… あっ デヴィ夫人!
はい。

インドネシアでご一緒でしてね。
今も 時々… はい。

(柴田)「つながるんだな
こういう人たちって」

とんでもございません。
いやいや いやいや…。

ちょっと どうしましょうね。
これはね 本当

時間内では
紹介しきれないんですけれどもね。

はい ここ…
もう オーケー出てますけど

大丈夫ですか?
(ローさん)これは…

石炭なんですのよ。
(友近)「石炭なんですのよ」?

ほう…。

それは 額に入れたくなります
本当に。

はい はい はい。 これも全部…。

やっぱり じゃあ ダンスを…
社交界で

ダンスをされるから こういう…。
そうですね 私…。

だって もう ローさんが
お人形さんみたいですもん。

そんな… 何も出ませんけど。
(友近)いや 何もいらないです~。

(ローさん)そうですか?
お出しします~。

(ローさん)これ? これはね…。

ええー! これだもんな。
お返しします。

いや すごい!
いや すごいね!

素晴らしい!
(拍手)

さすが!
強いね。

すごいっすね。
(柴田)小気味がいいね!

リズムがいい。
入り口から…。

「こうじゃなくて これ」みたいな。
いや 素晴らしいな これは。

でも やっぱ なんか あのね
この…。

そうですね。 はいはい。
なんか 味方にしてますよね。

さあ それでは
友近さんのリポートロケ

得点が こちらです!

はい。

いやあ… あっ… そうですね。
まあまあ… ねえ。

もう 満点ですよ。

あれ以上できる人
いないんじゃないでしょうか?

(柴田)
いないよね。 私も もう 満点。

もう 情報もたくさん入ってたし。
「じゃあ 最後に」って言って

最後の最後で
7000万円 引き出したところ…。

あれ すごかったです 衝撃が。

ちゃんと言ってくれるって
思ったんでしょうね。

(柴田)
いけると思ったんじゃない?

あれ 言ってくれなかったら
成立しないですもんね。

山崎さんが 4点 5点。
はい。 これ もう…。

ハハハハ…!
ねっ。

なるほど。
ええ。 もう… だから もう

本当は 5 5 入れたいけども
決まっちゃうんでね。

そうですね そうなっちゃうとね。
ええ。

さあ それでは
続いて まいりましょう。

現場の富澤さん!

はい はーい。 どうも。

今日は 見てわかるように
ちょっとね

こちらにお住まいの
ダティン・代・ローさん。

はい はじめまして。
よろしくお願いいたします。

よろしく どうぞ。
ああ どうも。

ありがとうございます。
すごいね おうちですけど…。

そうですか?
ありがとうございます。

広さ的には
どのぐらいあるものなんですか?

土地は一応 100坪。
100坪 はい。

(富澤)9LDK?
(ローさん)…ぐらいですね。

すごいですね。
また マスクも

なんか すごそうなマスクで。
これは お高いんですか?

(ローさん)そうですね。 でも
これは数千円でございますから。

それでもね
マスクに数千円は

なかなかでございます。 そして

こいつら…。

(ローさん)これは…
いや 高くないですよ。

(富澤)20~30万円するんですか?
邪魔じゃないんですか?

階段 上る時。
(ローさん)これね 違う。

魔除けなんですの。
(富澤)魔除け?

(ローさん)入ってきた時 パッと。
(富澤)沖縄のシーサー的な

役割をしてるんですか。
はい。

(ローさん)大丈夫でございます。

(富澤)ここだけで もう
なかなかの額がしますけどもね。

(ローさん)そうです。
だって ほら これ…。

はい はい。
はい。 あの…

なんていうんですか これ。
あの… 防御に入っております。

防御?
冷え… 冷えの防御。

スリッパじゃダメなんですか?

(ローさん)そうですね 私 あの…
美容と健康のために

ちょっと ヒールを
履いた方がいいっていう事で。

そうでございます。
そうなんですね。 すごいですね。

これ ちなみに

3台?
はい。

「うわあ すごい!」

えっと…
インドネシア シンガポール

それから
オーストラリアにございます。

それは おうちが
ここだけじゃない…?

…じゃないんです。
ここは別宅。

本宅は海外でございます。

本宅は また…?
はい。

海外の方が
本宅でございまして。

今 コロナで帰れないんですの。
だから

こちらに監禁されております。
(富澤)監禁って!

この家の中に監禁されてます。

普段は じゃあ 住んでない?
(ローさん)いえ 住んでおりますよ。

基本は…
どこでしょうね? 私…。

ですから…。

グルグル回ってる感じ
なんですかね。

えっ ちなみに その…。

カリマンタン。
カリマンタン島。

そうでございます はい。
はあ… そうなんですね。

その… お仕事とか
聞いても大丈夫ですか?

お仕事はですね

今 ちょっと CO2問題で
いろいろあるんですが

天然ガスとか石炭とか

そちらの資源を あの…
掘り当てております。

一生懸命 掘っております。
そうですよね。

どこで知り合うんですか?
そういう方と。

「ああ いい!」
「応接室 行け! 早く」

ちょっと待って。
私 あの… 昔 学生時代に

彼が日本に留学にまいりました時
そこで先生をしまして 日本語の。

「もう 残り1分しかない」

ですから 学生時代に
日本語を教えていたのが

始まりでございますけど。
そこで まず知り合ったんですか?

そうでございます。
日本語を学びに来て…。

そうですか。
じゃあ それが… はい。

そこで知り合って。
知り合いましたの。

なっちゃったんですけど。

いやいや 全然わかりません。
全然 知らなかった…。

あっ 知らなかったんですか。
(ローさん)なんにも知りませんの。

で 結婚する事になったら…。
(ローさん)もう 全然知りませんの。

…っていう事ですか?
そうですね。

いや ビックリしましたのは…。

ですから…。

(柴田)いや そうだよ。
途中じゃん もう。

(柴田)なんだったのよ。
なんだよ? これ。

いやいや でも…。
(柴田)入り口 よかったけどな。

最初 よかったですよね。
でも…。

急に金持ちなわけないんだから。

結局
途中で終わっちゃってるから。

あとは ほら お前と やっぱ
行く事が多いから

お前の方がボケるじゃん。
ボケる ボケる。

ちょっと ボケ待ってた
っていうのもある。

ローさんが?
ボケねえだろ どう考えても。

(柴田)点数 いきましょうか。
でも なんか 情報は多かったよ。

まいりましょう。
富澤さんのリポートロケ

得点は こちら!
はい。

おっ?
(柴田)えーっと…。

いや 山崎さん 甘くないですか?

なんで? なんで?
富澤に。

いや 本当に リアルに あの…
お宅訪問だけど

柴田さんのおうちに
行くんだったら

どんなうち 住んでるんだろう?
と思うけど

知らない人だから。
(伊達・富澤)ハハハハ…!

いやいや
…っていう事で だから

人となりを
すごい聞いていくっていうのは

すごいなと思った。
シンプルにリポート力が…。

もう だって
あの短時間で あの人がさ

「ウェディングパーティー
何回 回った」とか

そこまで引き出してるのよ
だって。

これは すごいなと思って。
ありがとうございます。

僕と伊達ちゃんが
1の4でございますね。

もう だって あの方から

「なんですか?
この番組は だって…

私の のろけ話を聞くんですか?」
っていう

ちょっと否定されるっていう。
(柴田)出てたよね 出てたね。

「お部屋を見せてください」って

言われてるはずなんですよ
あの方も。

こんなに
根掘り葉掘り 自分の事を…。

「私なんですか?」みたいな。
はい。

ローさんが だから 応接室
行こう 行こうとするから

「いや ちょっと まだ…」。
なんで 待たす…。

(柴田)好きなのかよ!

さあ というわけで
豪邸訪問対決 勝ったのは

友近さんでした!
おめでとうございます。

素晴らしかった。
お見事。

〈ロケでは
思うようにいかなかったり

トラブルも よくあるそうだけど

アンタッチャブルも昔

思わぬハプニングに
巻き込まれた事があるらしいぞ〉

いや 怒られた事はあったよね。

(富澤)あるんですか?
うん。 あの…

ロケしてて その… ちょっと
ボロアパートじゃないけど

そういうロケ…
まあ その人んちを

ロケしてる分には
よかったんですけど…。

ああー! 撮影が。
その時 私 あの…。

(一同 笑い)

「へえー! こんな感じで
浴びてんですね」とか…

「おーい!」みたいな
感じになって。

(一同 笑い)

(柴田)それ あったね。

〈続いては 第3試合〉

〈子どもと行きたい
人気スポットで

三つどもえの戦い〉

〈エントリーNo.1

レジェンドロケ芸人
ずん飯尾〉

〈エントリーNo.2

人懐っこい明るさが
武器

スピードワゴン
井戸田〉

〈そして
エントリーNo.3

エンドレスボケ芸人
アンタッチャブル山崎〉

〈そして 戦いの舞台となる
ロケ場所が…〉

サンシャイン水族館。
(柴田)そうでございます。

今回 こちらはですね
池袋にあります

サンシャイン水族館で
ございますね。

特別展のですね 「スケ・ボーン展」と。
骨が見えるって事?

(柴田)はい。 …いう事で
ございまして これですね

お子さんと楽しめる

最新スポットという事で
ございますね。

透明な生き物や 骨をテーマに
さまざまな角度から

生き物の秘密が学べると話題の
スポットだそうなんですね。

(柴田)最初のエリアがですね
薬品で体の色素を抜いて作られた

透明標本。
すげえ。 こんなのあるんだ。

(柴田)はい。 というのが
展示されてるエリアですね。

2つ目がですね 実際の生物と
その骨に関する知識を

クイズ形式で学べるエリア。

「Q1」とかなってますよね。

続いてがですね
不思議な形をした魚の骨を集め

展示されているエリアと。
ああ いいね。

(柴田)タイの胸ビレ付近の骨。
(富澤)変わってるな。

(柴田)なんか ああいう
生き物みたいな形してるのね。

(柴田)4つ目のエリア。
実際に体が透けている生物を

展示している
エリアでございますね。

まあ クラゲとかですよね。
なるほど。

(柴田)そして 最後はですね

動物の体の仕組みを人間に例えて

イラストで
わかりやすく解説している

エリアでございますね。
家族で 生き物の不思議を

楽しく体験できる
場所となっていると。

カメだったら 人間でいうと
こうなってるっていう事ですか。

(柴田)そうそう。
肋骨… 肋骨が ああいう風な

甲羅のようになっているんですよ
という事を説明してくれると。

(富澤)勉強になる。
面白いね。

(柴田)5個 紹介するのか?
それとも エリアで紹介しながら

まるっと その場で
全体を紹介していくのか?

他にも こう ありますっていう…
で 収めちゃうか。

(柴田)そうそう そうそう…。

さあ それでは 1人目の挑戦者
呼んでみましょう。

ずんの飯尾さーん!
飯尾さーん!

〈そして このあと…〉

〈ずん飯尾 参戦! 更に…〉

出しすぎ 出しすぎ。
なんなんですか…。

1人目の挑戦者
呼んでみましょう。

現場の ずんの飯尾さーん!
飯尾さーん!

7月16日からですね
オープンしました

「スケ・ボーン展」に
来ております。

ごめんなさい。 こっちより
こっちの方が でかいから

説明しやすかったです。

ペンギンちゃん
骨だと こんな感じ。

どうしたんですか?
ペンギンちゃん。 もう 笑顔を

どっかに置き忘れたかのような。

早速 中にですね…
もうすぐ1分経っちゃうんで

行きましょう。

快適な… これは
ドライの23度じゃないでしょうか。

すごい… 技術さんも
やっと笑顔になりました。

湿度が高かったんですけど。
あっ!

こちら 今井さん!
よろしくお願いいたします。

楽しそうなもの やってますね。
ありがとうございます。

骨を見ちゃうっていう。
(今井さん)そうですね。

(飯尾)どうなってるのか
なんていうね。

という事で 今井さん 前半戦が
終了しつつありますので…。

(飯尾)これは 軟骨魚類

硬骨魚類っていうんですね。

うわー! いろんな…。

(飯尾)なんです? これは。
(今井さん)はい 透明標本です。

生き物の骨の染まり方が
こういった形で…。

(飯尾)よくわかっていいですね!

出ました! これはね…。

ちょっと 体が長いので。
じゃあ 今井さん

ガンガン行きましょうか。
あらまあ これ いろいろとね…。

あっ! まあ… 直立不動で。

(今井さん)はい。 えっと…
ヘコアユっていう魚です。

(飯尾)なるほど。 これ
自衛隊だったら出世しそうなね

こう ピシっとして
信用できる感じのね。

これ こういう骨で?
(今井さん)はい そうです。

(飯尾)さあ という事で
グイグイ グイグイ

行きますけど…。

あっという間に… はい。
まだ この奥にも たくさん…。

まだ あります。

ああー! 「最後に…」。

慌ただしかったな 随分と
飯尾さん。

長いんだろうね だからね 多分ね。
そっか。

(柴田)さあ それでは
得点 こちらです。

どうだ?
はい。

一番興味あるのは 人間が こう
動物になったらっていうとこ。

そこまで行けてないっていうのが

ちょっと 大きかったな…。
ああ トミーはね。

まあ 笑いは もう間違いなく
入ってますから。

あと これ 何を ちゃんと
展示してるのかとかっていうのも

よく ちょっと わかんなかった…。
はいはい はいはい。

スケスケで こういうのが
やるんですよとかっていうのを

もうちょっと ほしかったな。
なんか だから カエルが もし…

人間が もしカエルだったら
みたいなのが

奥にあるっていう情報は
ありましたから。

ちょっと 行ってみたいなっては
なりましたけどね。

きたね。 やっぱり 子どもいると。
(柴田)伊達ちゃんはね。

さあ それでは 2人目の挑戦者
呼んでみましょう。

現場の
スピードワゴン井戸田さーん!

井戸田さーん。

骨だと思いましたか?
私 生きております。 どうも。

こちらで楽しそうな展示会
やってますので

早速 見にいきたいと思います。

こちらです! どうでしょう…。

奥にですね
特別に解説していただける

スタッフの方 いらっしゃいます。
お話 聞いてみましょう。

どうも 井戸田です。
よろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。
今井さん。

今井さんは こちらで
何をされてる方ですか?

はい サンシャイン水族館の
飼育スタッフを行っております。

非常に興味深い展示がね
いろいろありますけども。

あらあら!
こちらは 一体なんでしょうか?

(柴田)「あっ いいね!」

(今井さん)体の中にある骨が
染まるような

染色方法なんですけれども。

(井戸田)どういった事でしょうか
それは。

(今井さん)硬い骨 硬骨と
やわらかい骨 軟骨。

それぞれがですね 色が別々の…。

(井戸田)そうなんですか。
という事は…。

(今井さん)はい。
(井戸田)はあー! という事は

隣のカメ。 こちらは 硬骨。
(今井さん)はい。

…が メインという
体の組成になってる。

(井戸田)はあー!
鮮やかな青と赤という事で

これは 非常に素晴らしい。
ドラゴンズブルーのようですね。

うわー! すごいな。

シャオロンとパオロンですかね
これは。 ご存じですか?

あっ ドラゴンズ お好きですか?
はい 大好き…。

(井戸田)うれしいですね。
今 Bクラスですけども。

最後まで頑張れ
ドラゴンズ。

続いて 行きたいと
思いますけども。

あれ? こちら 見てください。

ここの頭部の部分が

骨があるかどうか
っていう事でしょうか。

なるほど。 じゃあ
スタジオの芸人の皆さんに

クイズでございます。
骨はあるんでしょうか?

頭部にないんでしょうか?
という事で

シンキングタイム
スタート。

ジュ~。

さあ あるんでしょうか?
ないんでしょうか?

骨の方はあるのか? ないのか?
どっちなんだい!?

あーる!

(柴田)「移動してる間に
見えちゃってたから」

何問かあるんですけどもね
素晴らしいですけども。

さあ こちら。

「コテンフグちゃんは
ある部分の骨がありません」

「どこの骨がないんでしょうか?」
という事で。

(水中で話しているマネ)

「水の中にいるように
見えないわ」

答え言わないんだ。
(柴田)なるほどね。

「確かめてみてください」。
ほうほう ほうほうほう。

得点 こちら! はい。
おっ?

ちゃんとドラゴンズ愛を伝えて
最後はクイズで

「クイズの答えを知りたかったら
皆さん 来てくださいね」という

プランが
ちゃんとあったのかなと思って。

ちょっと そういうところを
評価して リポート力 4点と。

ただ 入りがちょっと弱いですね。
入りが弱い。

(柴田)「弱い」って言わないの。
入りが ちょっと弱いな 潤さん。

(柴田)ちょっと
ためすぎちゃうからね。

3人目の挑戦者
呼んでみたいと思います。

現場の
アンタッチャブル山崎さん!

山崎さーん!

逆ですよ。
カメラなんかないじゃん。

〈ザキヤマのリポート
意外な展開に?〉

ビックリした!

3人目の挑戦者
呼んでみたいと思います。

現場の
アンタッチャブル山崎さん!

山崎さーん!

(柴田)「中からだ」

「ハハハハ…!
練習してるのかな? これ」

あれ? なんか 様子がおかしいな。
えっ?

ちょっと
いいかげんにしてくださいよ!

ちょっと! さっきまでカメラ
こっちにいましたよね。

いつの間にか。 これ ちょっと

いきなり背後を取られて
こういうような状態に

なってしまってるんですけれども。

いやいやいや… 申し訳ない。

ただ 皆さん…。

一緒にいきますよ。

「なんですか? それ」

声 小さいですよ。 いきますよ。

(富澤)「ボーン!」

(富澤)「ボーン!」

(富澤)「なんだよ それ」

まあ そんな事よりも
中 気になりますよね。

よろしいですか? ちょっと。
すみません。 すみません…。

すみません。 あれ?

どうなってるんだ? これ。
すみません…。

あっ すみません。
ちょっと いいですか? お話…。

私から逃げてますよ…。
すみません! あれ? どちら…。

ちょっと ちょっと…!

信じられない… どういう事?

なんで 私 逃げられなきゃ
いけないんですか?

あれ? すみません!
今井さん! 今井さんですよね?

私が何をしたら こんなに…
今井さんが私を避けるような。

あれ? いなくなっちゃ…
今井さん!

「ハハハハ…!」
(柴田)「綿密だなあ」

ビックリした! ちょっと…。

「おおー! すごい!」

ちょっと 何してくれてるんですか
今井さん… 今井さん?

「何やらせてるんですか」

なんで?

なんの説明もなしに。
ここ どこのエリア…?

こちらは 生き物がですね
人間に進化していくと

骨の形はどのように変化するのか。

そういったのが紹介されている
エリアになります。

えっ? 嘘… 今井さん?

ああー! いや でも…。

(柴田)それでは 得点 こちらです。
お願い!

えっ?
(柴田)リポートは やっぱね

ああいうんじゃないと
思うんだよな 俺。

あれがリポートの
ベースの教科書に

なっちゃいけないと思うの
やっぱり。

ただ おもしろは 7点です 今回。
大好きですね。

お笑いは5ですよね。
ありがとうございます!

リポートも まあ
あそこ見たかったとこなんで。

まあ 3。
あとは その…。

ハハハハ…!
(富澤)その分 リポートに

回せたんじゃないかっていう
気持ちは ちょっと… はい。

やっぱり 知りたかった

人間が もし生物だったら
みたいな。

(柴田)最後ね。
はい。 あれがちゃんとできて

また マネをしてくださってる
っていう。

今井さんにも
やってもらってるんで。

入念な下調べをしてるんですよね。
(柴田)確かに。

一番 打ち合わせ時間長かった…。
一番 長かったと思います。

(柴田)カメラワークがあるからね。
そうなんですよ。

(富澤)絶対 細かに
指示してるはずなんですよ。

本当に いいタイミングで
逃げてましたから。

〈という事で 第3試合は
アンタッチャブル山崎の勝利〉

〈ちなみに アンタッチャブルが

〈ツッコミの柴田 ボケの山崎で
全く違うみたいですよ〉

あっ 楽ですか?
(柴田)楽 俺は。

やっぱり 先方さんが
大御所さんへの対応になるじゃん。

俺の対応じゃなくて 一緒に
行かれてる大御所さんとかの

対応になるから 結構
こっちも 失礼な事 言っても

いいんじゃないっていうのも
あるし。

大御所さんは大御所さんで
いったら 「ちょっと ちょっと」

みたいなのもできるし
すごくやりやすい 一緒にいて。

安心感っていう意味では。
なるほど なるほど。

(柴田)山崎さん どうです?
僕は やっぱ…。

ああー!

「やだー」「もー」「えー」しか
言わないから。

〈山崎が一緒にロケして
心強いのは誰?〉

〈この番組を
もう一度見たい方は

TVer TELASAで配信中〉

お金持ちの方の門扉ですよね。

〈更に
過去の放送を見逃した方は

テラサで配信中〉

〈ぜひ
チェックしてみてください〉

ボーン!

(柴田)山崎さん どうです?
僕は やっぱ…。

ああー!

「やだー」「もー」「えー」しか
言わないから。

ハハハハ…!
じゃあ イヤじゃん。

いや いいんですよ
笑ってくれてて。

笑ってくれてて

…しか言わないから。
(富澤)安定剤になる…。

やりやすそうに
100キロ歩いてましたもんね。

変に小難しい事で
ツッコんでこないから

こっちもね
そんな詰められないし。

(柴田)ただ
リアクションはいいんでしょ?

すごく
リアクションはいいんでしょ?

(柴田)録音? 奈央ちゃんって…。
「大変~」みたいな。

ハハハハ…!

〈次週 「伊達オトコ」開演〉

2丁拳銃です。
そうでございます。

〈伊達支配人お墨付き
5組の実力刃芸人が集結〉

東京ドームと同期やぞ お前。
誰と同期になってんねん。

〈お楽しみに!〉