関ジャニ∞クロニクルF【超絶品!!冬眠前の熊肉を食う!熊の指に村上しゃぶりつく】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャニ∞クロニクルF【超絶品!!冬眠前の熊肉を食う!熊の指に村上しゃぶりつく】[字]

ジビエの概念が変わる…今の時期が超絶美味い「冬眠前の熊肉を食らう」後編▽熊しゃぶ・子熊串・熊の手…絶品フルコースに横山大満足!!▽村上大興奮!熊の指にしゃぶりつく

ご案内
【公式Twitter】
@kanjani8_fujitv 
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/kanjani8-chroniclef/
番組内容
関ジャニ∞のメンバーが共通して持っている“遊び心”を前面に押し出し、彼らの人間的な魅力を伝えていくバラエティー番組。秘密基地をコンセプトとしたスタジオに設置されたタブレットに表示される“フォルダ(F)”の中からメンバー自身が好きなテーマを選び、トークやゲームを展開するほか、ドキュメント要素の強い長期ロケにも体当たりで挑戦!
番組内容2
従来のテレビのルールにとらわれず、世の中のリアルなモノ、見たいモノ、やってみたいモノをシンプルに追求し、そこから生まれるメンバーの人間的な魅力で、唯一無二の枠にはまらない、無限に広がるバラエティーをお届けする!
今週は、先週に引き続き「ジビエ」をテーマにバラエティーする!この時期、最もオススメのジビエ「冬眠前の熊肉」を使った絶品料理の数々を一気にご紹介!
番組内容3
安田章大と横山裕が考えた“女子ウケするジビエ料理”がスタジオに登場し、皆で試食することに。また、村上信五が食べたがっていた“熊の指”も登場。村上のワイルドな食べ方にもご注目を。さらに安田は熊の生態を解説し、熊に遭遇した際の正しい対処法をメンバーが実践する!
出演者
関ジャニ∞
スタッフ
【制作統括】
太田一平 
【チーフプロデューサー】
清水泰貴 
【プロデューサー】
加藤智章、松尾やす子、瓜生夏美、髙木大輔 
【演出】
姉崎正広、島本亮 
【制作】
フジテレビ第二制作室

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 横山
  2. 安田
  3. 村上
  4. 丸山
  5. 将人
  6. ガイヨー
  7. ホンマ
  8. 赤身
  9. 冬眠前
  10. ガイヨーアッパーカット
  11. 煮込
  12. お肉
  13. コラーゲン
  14. ジビエ
  15. マジ
  16. ヤバ
  17. 甘味
  18. 熊肉
  19. ウワ
  20. オラ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



[超絶うまいと噂の最強ジビエ。
冬眠前の熊肉]

[今夜は そのフルコース
熊を食べ尽くす]

[まったく臭みのない
モモしゃぶ]

[別格のやわらかさ
甘味を誇る子熊肉]

(横山)うまい!

[それだけじゃねえ!]

[コラーゲン超豊富 熊の指]

(丸山)フ~!

(村上)うわっ すげえよ これは。
[まだまだ あるぞ!]

[熊カスタム]

(横山)うわっ!
熊 出てきたときのテンション…。

[念願の…]

≪いいぞ!

[マジで おったまげ~]

あー こんばんは。
(笑い声)

(横山)ナチュラルに始まりましたね。
(丸山)始まりましたね。

楽しみにしてましたよ。
(安田)よかった。

(丸山)
1週目が熱量すごかったから。

出んの? これ あるってことは。
(丸山)そんな感じよね。

じゃ ちょっと概要を先に。
「ガイヨー」

(横山)「ガイヨーアッパーカット」
(丸山)「ガイヨー」

「波動拳」!

(丸山)すごい。
今日のは 概要 概要でしたよ。

(村上)もっかい頭からいってよ。
(丸山)まず 「熊の生態」

「ガイヨー」
(横山)「ガイヨーアッパーカット」

「ガイヨー」
(横山)「ガイヨーアッパーカット」

「ガイヨー」
(横山)「ガイヨーアッパーカット」

(サガット)「タイガー タイガー

タイガー
タイガーアッパーカット」

(村上)あっ これや。

(丸山)あっ。
(村上)剥製ってこと?

≪テッテレー。
(丸山)うわっ うわ~!

うわっ 何か… えっ 待って。
(村上)小ぶり。

(安田)特徴が その月のマーク。

(安田)他の動物と
まったく違うのが

普通 動物 想像したときに

後ろ足の方が
筋肉ついてるイメージありません?

(村上)馬とかもそうやな。
(安田)熊に関しては

ここなんですって。
(村上)胸?

(安田)うん。 ここと この筋肉が
相当あるんですって。

(横山)だから 熊って
ものすごい下り速いっていうよね。

(村上)死んだふりは
絶対あかんっていうよね。

(安田)死んだふりはNGですって。

(村上)こんこん ひっくり返されて
血だらけになるんやろ? 爪で。

(安田)通用しませんって。

距離… あれがあるから。
(横山)えっ Vあんのやろ?

Vがあんねんけど
どんなふうになるか

考えてみたらどうかなと思って。
一番正しい対処法。

ヤスが教えてくれんの?
(安田)うん。

(スタッフの笑い声)
(村上)正解いく前のひとくだり。

「間違った」「間違った」「間違った」
「違う」「違う」「正解こちら」か。

(村上)仮に 対峙した場合や。
(安田)対峙した場合。

(安田)セッツした。

(横山)
ファイティングポーズとるんや。

(丸山)『バーチャファイター』んときの構え。

(村上)背中見せたら
絶対いかれますやん。

(安田)背中 駄目ですね。
(横山)目そらしたらあかんとか。

(村上)だから このまま横に。
(丸山)あー なるほどね。

ちょっと面白い。
これじゃあかんな。

(村上)これは あかんの?
(安田)確実に 熊来る。

じゃ これは?

(村上)ええやん 大きく見せる。
(丸山)威嚇ね。

(村上)基本やもんな。
(横山)そう。

(安田)やられてまう。
襲ってくる可能性もあるやん。

じゃあ これは?

(安田)あれ? 見たことある。
(丸山)顔もつける。

「変なやつや!」と思って…。
(笑い声)

(安田)逃げへんって。
(丸山)「絡み損やな」思って…。

(村上)見たことないから
「遊んでくれ」って。

(安田)じゃれてくるかもしれんで。

相手に びっくりさせてしまう
ということが もしかしたら…。

実際の動画やからね これ。

[これは…]

[熊に急接近されても
冷静な女性]

すごっ。

(目撃者)ヘイ!

怖っ!

[しかし 別の男性が撮影した
映像を見ると 衝撃の行動が]

[何と…]

[実は これ 熊とのツーショットが
撮りたかったわけではなく

熊と見合わないように
自分と…]

[すごいですね!]

[しかし…]

(安田)こういうことですよ。
(横山)すごい映像やな これ。

たまたま
よかったパターンじゃない?

(横山)『はじめの一歩』の鷹村は

眉間 殴るんが一番ええ言うてた。
(丸山)なるほどな。

なるほどな。

で ですよ。
生態分かった上で こちら。

「ガイヨー」
(横山)「ガイヨーアッパーカット」

(村上)
そうか あれ以外も食べてんのか。

[この時季
超絶うまいと噂の最強ジビエ…]

[ジビエ好き安田たっての希望で
来たのは岐阜県…]

[全ての工程を一家で行い…]

[その味は一級品]

[彼らは語る]

普段の熊肉と冬眠前
全然違う?

(奨)やっぱり 冬眠前は…。

(横山)脂が乗ってるってこと?
(奨)脂が乗ってますね。

え~!

[なぜなら…]

[これが 冬眠前の熊肉が
おいしいとされる ゆえんである]

[そして…]

(横山)うわっ!
(安田)こんな違うの?

≪えっ こんな違うの?
えー! これは びっくりした。

≪同じ雌なんですけど
大きさも同じぐらい。

(横山)脂の乗り方 違うやん。
どうしても こっから見たとき

ものすごい脂っこって。
(奨)全然違います。

[では 頂こう]

[まったく臭みのない
モモしゃぶ]

[別格のやわらかさ
甘味を誇る子熊肉]

[コラーゲン超豊富 熊の指]

すごっ。

(将人)さっき食べてもらったの
背ロースやったんですけど

同じ冬眠前の おいしい熊で…。

(将人)脂の塊に見えるんですけど
これが冬眠前の…。

(安田)熊モモ。
(将人)熊モモです。

(安田)モモの回り こんな脂つく?
(将人)つくんですよ。

(横山)そんだけ蓄えるんだ。
ちょっと硬いんすか?

(将人)筋の位置が
はっきりしてる。

(安田)
脂も さっぱりしてるんすか?

[では 仕上げは…]

(将人)それを
どうやって食べるかっていうと

しゃぶしゃぶ。
(横山・安田)うわ~。

むちゃくちゃやな もう。
(安田)どうかしてるもんね。

(将人)ささっと…
火が通って食べると

赤身があっさりしてるんで
またマッチするんですよね。

もちろん くどくはないです。
(横山)じゃ 早速お願いします。

こりゃすごいわ。
(横山)おいしかったな。

いいお肉!

肉切ってる絵だけでも
すごい魅力的やな。

≪うわっ すごい。

(将人)ご自分で
火 通してもらうんですけど…。

(横山)あんまり入れ過ぎない方が。
(将人)そうですね。

緊張するよな 何か。

めっちゃおいしそう。

(安田)湯気が…
おいしそうなんすけど。

あんま つけ過ぎずに。
じゃ いただきます。

ハァ…。

(笑い声)
(安田)一言に尽きるよな。

(横山)
熊の味が こっちのが分かる。

全然 癖ないし
うま味 甘味やわ。

(丸山)ホンマに言ってること
おかしいねんな。

矛盾やな。
(丸山)よそで聞かへんねんな。

(安田)いただきます。

(横山)そのまま。
(安田)そのままがいい。

うん… おいしいね。
(笑い声)

(安田)かめばかむほど
赤身のうま味が出るパターン。

(横山)ホンマや。
後から すごいくるね。

(安田)赤身の香りが立つんだね。
何もつけずに食べると。

(横山)めちゃくちゃ優しいよな。
(安田)うん。

これ いいですね!
(横山)なんぼでもいける。

(将人)熊肉は…。

(横山)めっちゃうまいですね。
(美奈)おいしいです おいしそう。

(横山)すいません ホンマに。
申し訳ないっす。

ジビエ嫌いな人 食べてほしいな。

印象 変わりますもんね。
(横山)変わる。

(横山)うわっ ハハハッ!

(安田)それ ぜいたくですって。
すごい!

(安田)わんぱくやな。

(安田)わんぱく。

うまい!
(笑い声)

今 俺にしょうもないことしたら
ウワ~!

めっちゃしょうもないこと
言うとるやん。

オラ~!って。
(安田)近づいたら危ないよ。

オラ~。

ウワ~! オ~!って。

いってるぞ! オラ~。

分かった。

こいつ ご機嫌やな思ってた 今。

[さらに ご機嫌]

(将人)カワイイし。
でも やっぱり…。

(将人)それの貴重な肉ですね。

うちの工房 年間に 熊やと
50頭ぐらい さばくんですけど…。

(横山・安田)え~!
(横山)めちゃくちゃ希少やん。

貴重やん。

(将人)あれは
熊らしい色なんですけど…。

(横山)あっ ホント 何か
ちょっと赤身のお肉の方も

ピンクがかってますね。
≪そうなんです。

(横山)全然違う。 さっきの親熊は
もっと赤身がかってましたもんね。

[幻の子熊肉]

(横山)
これを どう調理するんすか?

(将人)シンプルに
塩で串焼きにします。

うわ~!
(横山)え~!

[そして
子熊の調理に入ろうとした

そのときだった]

(横山)
飛騨高山まで来る価値あるな。

≪(物音)
(安田)何? 何? 何? もう。

はい?
≪熊じゃない?

[まさか 母熊か!?]

≪何? 今の。

(雅彦)こけられました。
≪えっ?

(横山)どういうことよ
情報多いわ。

お父さんがボケてるのか。

狩猟ギャグですか? パパ。

いいよ。

すごい奇麗なお肉だな。

ヤバくない? この絵。
(安田)ヤバい…。

これが 子熊の肉です
って言われても分からんもんな。

俺ら 食べてるから分かってるか。
(丸山)そやねん。

食べたら 鶏じゃないんだって
分かんねんけど

これじゃ分からんもんな。
(丸山)そう。

じゃあ 鶏でいいんちゃうんって
なるから。

ちょっと皮ついてる鶏やな。

(村上)これは ヤバい。

(横山)いただきます。

(安田)ジビエの串感はあるな。
脂がすごそう。

(安田)口 テカテカや。

うまい!
(笑い声)

(笑い声)
≪言葉が出ないぐらいっすね。

これは おいしいな。

(安田)獣のにおい ゼロか。
(横山)すごいな。

(安田)別だな。
≪別ですね。

鶏肉の…。
(指を鳴らす音)

胸腺 分かります?

さっきから 何 その…。

(横山)そっちの方が気になんねん。
ハハハハハ。

あっ 食べてる 奥さん!

(横山)見たで 今。 パクッてした。
マスク一瞬取って バッて食うた。

奥さん どうですか? お味。
(安田)おいしい?

すごいや これ。

(安田)脂だけじゃないんか。
赤身のところも甘いんか。

≪そうなんです。
(横山)大げさかもしらんけど…。

(笑い声)

マジで。

(横山)ありがとうございます。

何ちゅう顔してんの。
分かるで。 分かるで 気持ち。

なあ。

≪次 ラスト
取って置きを出しますね。

[ラストは コラーゲンたっぷり]

[小野小町も愛したといわれる
衝撃的な熊グルメ]

(横山)あっ!

(安田)うれしい。

(横山)熊の手?
(安田)どっちや どっちの手?

言ってましたね。

(横山)熊の右手が1番うまい
って どっかから聞いたみたい。

(横山)いろんな諸説があるんすね。
≪そうなんです 諸説あるんです。

(安田)その右手
食べれるってことやん。

ズルぅ 僕たち。

いや めっちゃええやん。

≪コラーゲン多いです。
(横山)ですよね。

≪コラーゲンの塊で
ぷるんぷるんです。

(安田)豚の豚足みたいなことか。
≪そういうことですね。

[実は…]

[インパクトは
強いかもしれないが…]

[…ジビエと言っても
おかしくない]

(横山)え~ これは楽しみ。

(安田)カッコイイ。

うわっ すげえよ これは。

味付け 変にしてないんやもん。

悪魔の手みたいやな 何か。
見たことないもん。

うわっ すごい。
こんなふうにして いただくんだ。

≪爪の部分を持って
塩か酢みそを付けて…。

(安田)どっちからの方が?
≪塩ですね。

(横山)じゃ いただきますね。
≪はい。

うめえ!
(安田)さすがやな 手。

うん 甘い。

(横山)軟骨?
≪軟骨ですね。

あっ。

(笑い声)

(安田)皮の赤い部分のところが
ちょっと肉の味が濃いんだ。

(横山)いろんなうまさを
秘めてますよね。

軟骨であり お肉のところであり。
≪凝縮されてますね 熊の良さが。

(横山)コラーゲンでありね。
≪そうです そうです。

(笑い声)

(笑い声)

(安田)うまいこと言うた。

(横山)いいね!

(安田)豪快や。

(美奈)あっ。

(横山)ジビエって
男性が食べるイメージ強いけど

女子こそ食べるべきやと思う。

こんな高タンパク低カロリーで

栄養面も豊富で。

ロケ スタートの…。

(横山)いや おいしいんやろうなと
思ってたけど

ここまでかと思った。

あと ヤスのせいで…。

(横山)どうしてくれんのよ。
(安田)一緒に来よう。

飛騨高山に
お邪魔させていただいて。

≪ありがとうございました。

(横山)ごちそうさまです。
(安田)ごちそうさまです。

(横山)やっぱ ご機嫌やもんな。

「ウワ~!」言うて。

恥ずかしかったもん。
でも それぐらい浮かれさすで。

それ 伝わったわ。
≪みなぎってたよな。

市内の中で脇谷一家がやってる
ご飯屋さんはあるから

そこで熊のやつとか食べれる。

(横山)一生に一回 食べるべき。
(安田)食べた方がいいと思う。

(丸山)「女子ウケするジビエ」

これ ヤスが考えたん?
(安田)話し合ったんですよ。

何がいいかなっつって。

お店で ビーフシチュー屋さんって
あるよねって話になって。

でも 熊で作ったことないかって。
(村上)ないな。

(横山)女子って見た目が怖いとか
なかなか入りにくいってことで

シチューにしてしまえば…。
(村上)分かれへんのちゃうかと。

(安田)かつ そこで使う
お肉のチョイスですよね。

臭みゼロにするために
使う部位 こちら見てください。

(安田)この2種類を使う理由が
ありまして。

スネ肉ってのは
もともと硬いんです。

それを煮込むことによって
お肉の繊維を壊して

やわらかくする。
(村上)やらこうすんのか。

(安田)煮込むことによって
肉のうま味が出る。

でも それだけだと
脂分も足りなかったりする。

ということで
肩ロースの脂を借ります。

融点が低い プラス
煮込むことによって

その脂が甘味を増す。
(横山)うま味になんねんな。

うま味に変わって
スネ肉と脂がマリアージュ。

(村上)ほいで 「ソース」

(安田)デミグラスが
一番 食べなじんでいますし。

そして こちらの「こだわり」です。

(安田)すりつぶすことが大事だと。

(安田)つぶして煮込んで…。

これは うまいわ。
この説明聞いたら。

女子 どうしても
見た目って言う人 多いやん。

色と見た目ですよね。

想像つかへんな。

これ かなりぜいたくじゃない?
(安田)めちゃくちゃぜいたくです。

熊のだし出てんのかな?

何じゃこれ~。
(安田)腹減りますね これ。

うわー! 絵力あるな!

これ うまそうやな。
この脂のところが。

丸山さん いいとこついてるわ。
(丸山)うまそうよね。

めちゃくちゃぜいたくやな これ。

(一同の歓声)

えらいこっちゃやな。
(安田)おいしそう…。

うわっ!

熊 出てきたときのテンション…。
(笑い声)

(丸山)熊は熊やしな。

(横山)料理 出てくるってよ。
(丸山)くるって。 料理!

(一同)いただきます。
(丸山)ベアシチューですよ。

うっわ…。

うわっ!

「ほどける」とは
このことやな。

ほどけとる?

(丸山)
めちゃくちゃええCMみたい。

(村上)こんなちっちゃい
1ブロックで

こんないっぱいの味すんのや
っていう。

こんだけ煮込んだ
デミグラスソースを

超えてきよるな
肉のおいしさが。

いってみ。
びっくりするぞ。

(丸山)いってみます。
初めての熊 いただきます。

(村上)いや~
おいしいわ そりゃ。

(丸山)う~ん。

(横山)「う~ん」やて。

ホンマやわ。
(村上)なあ。

(横山)中尾 彬さんの間やで。
たっぷり使うな。

あっ でも臭み全然ないわ。
(村上)ないねん。

今 スネですやんね 最初。

(丸山)ソースも うまっ!
(横山・安田)いただきます。

うめえ! こりゃうめえよ。
(安田)おいしいね。

(村上)
ふわって ちぎれてくけど…。

(村上)すすすすすって…。
≪繊維が。

熊でしか味わえへん
何かあるよね 特徴が。

(横山)2人
気付いてないと思うけど…。

や~ん!
(安田)何それ 「や~ん」って。

うわっ! 村上さん!

うわっ マジ?

うわっ! 村上さん!
(村上)うわっ マジ?

あなたが食べたかった
熊の指を用意しました!

きましたよ。

(安田)味でいうたら
そうでしょうねえ。

(村上)これ ヤバいっすわ。

(村上)これは うれしいですわ。
フンッ!

≪いいぞ!

(笑い声)
(安田)チョイス。

(村上)訳分からんな。

熊って言われても
ホンマに熊? って。

(丸山)場所によって
やっぱ味違うん?

中 いきたい。
(丸山)中 入りたい?

(村上)中 入りたい。
(丸山)いらっしゃいませ。

(横山)八重歯 上手に使って。
(丸山)ホンマやわ。

犬歯や 犬歯。
(横山)うわ~ 上手。

(かみ切る音)
(横山)カリッいうた 最後。

(横山)ハハハハハ!
(安田)脂の部分しか食べれてない。

(横山)何とも言えん顔した 今。

(笑い声)

俺 正直でいいと思う。

何か うん。
(横山)見た目のグロさもあるしな。

(丸山)めちゃくちゃ
コラーゲンでぷりぷりで

ええんやいうん分かるけど。

(横山)豚足苦手な人 たぶん苦手。
(丸山)僕 豚足 駄目なんすよ。

そもそも あっても手つけへんし。
これ おいしいんや?

(横山)おいしい 俺らは。

村上君は ぜひ
熊 食べに行ってほしいわ。

そういう人が 食うべきやわ。
(しゃぶる音)

(横山)あと イノシシも…。
(しゃぶる音)

(横山)熊も喜んでるやろうな。

めっちゃうまい!

馬ちゃうわ。

絶対あかんやん。

2週やってきて
最後「馬」言うたらあかんよ。

「うまい」って言うから。
(横山)どんな締め方やねん。

≪あんな説明して。 2週。

(大倉)おはようございます。
(スタッフ)お久しぶりです。

(スタッフ)それを
自分で考えるんです。

ん?

[『関ジャニ∞クロニクルF』は…]

[さらに…]