ポツンと一軒家 北海道大パノラマ絶景で五右衛門風呂を満喫!贅沢暮らし&珍しい豆[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ポツンと一軒家 北海道大パノラマ絶景で五右衛門風呂を満喫!贅沢暮らし&珍しい豆[字]

衛星写真で発見!“何でこんな所に?”という場所に、ポツンと建つ一軒家を日本全国大捜索!

◇番組内容
【北海道】
山の中、美しく紅葉した道を抜け、最寄りの集落へ向かった捜索隊。作業中の男性に衛星写真を確認してもらうと、心当たりがあるようだ。しかし、「知っているのは10年以上前なので、今は住んでいるか分からないですね」という。空き家の可能性があるものの、一軒家を目指すと…
◇出演者
【司会】所ジョージ
【パネラー】林修
【ゲスト】内田有紀、北村有起哉
◇ナレーション
緒方賢一、小山茉美
◇おしらせ
☆お知り合いの『ポツンと一軒家』を教えてください!

☆番組HP
 https://www.asahi.co.jp/potsunto/
☆Twitter
 https://twitter.com/potsun_abctv

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 捜索隊
  2. 薮内
  3. 北海道
  4. 本当
  5. ポツン
  6. 一軒家
  7. 衛星写真
  8. 自分
  9. 生活
  10. 花豆
  11. 薮内家
  12. 開拓
  13. 自給自足
  14. 全部
  15. 母屋
  16. ヤブウチ
  17. 屋根
  18. 建物
  19. 時間
  20. 停留所

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,591 (2022/01/20 22:17:36時点 Amazon調べ-詳細)

ぜひ ご覧になってください。
よろしくお願いします。

<衛星写真を拡大すると

見えてくる>

<人里離れた

<いったい

<こんな所に
暮らしているのだろうか?>

(捜索隊)
おお おお… おおー

ちょっと これ 落ち葉で
道がくぼんでるのが

わかりづらいですね

<落ち葉で覆われた
荒れた山道の先>

<そこにあったのは
四季折々の豊かな表情を見せる

絶景の大地>

<そして そんな大自然を
独り占めにする

極楽の生活が…>

<今夜も

(スタジオ内 拍手)

北村さん どうですか?
ポツンと一軒家っていう

山の中とか…

今年とか去年の このコロナ禍で
僕の友達が やっぱり

山梨のほうに
引っ越したりとかして

その友達が
もっと早く こういう生活を

始めとけばよかった
っていうぐらい

新生活で すごい堪能されて…

楽しんでるんだ
楽しんでて ちょっと 僕も

揺らぎ始めてるところが
ありますね

身近に そういう方がいると
実体験だから

伝わってきますもんね
そうなんですよ

うちの両親も
ずーっと東京にいたんですけど

何年か前に ちょっと遠くに越して
それが すごい成功してるので…

ある程度 年を重ねたら
そういうのも いいなっていう…

思ってますね
まいりましょうか

今回のは
こちらです

北海道ですね
北海道も広いんですけれども

南部のほうですかね
かなり切り開かれてまして

建物 青い屋根が1 2 3と

あとは なんか いっぱいあります

これ なんか
充実してるじゃないですか

ちゃんと
そうですね これは やっぱり…

畑でしょう?
畑ですかね

で 道は こう走ってきて
ここで終点です

完全に農家として
成立してますよね

(内田)してますね
小豆とかじゃないですか?

あっ 北海道だから
北海道だから大豆とか…

で なんか あの小屋で
羊 飼ってて

羊のラグマットとか作ってるとか
ああ なるほど

僕はね こう 沿ってる…

獣道みたいなの
あるじゃないですか

あれも また ちょっと
気になるんですよね

えっ?
(北村)そうそう そうそう…

これはね
狩猟に行ってるのかもしれないし

ああー なるほど
この道を使ってないわけない

ちょっと
サスペンス的ですよ これ

(内田)ははははっ
「この道を使ってないわけがない」

ちょっと 刑事さんみたいでしたね
なるほど

<衛星写真で見つけた

北海道の
ポツンと一軒家を目指し

最寄りの集落から捜索開始>

きれい

やっぱ 北海道は大地が広いから

いつもと違う道ですね
そうですね

直線が長いんですよね
長い

(捜索隊)見えてきましたね

(捜索隊)はい

(捜索隊)聞こえないですか?

(捜索隊)はい

(捜索隊)ありがとうございます
すいません 作業中に

ごめんなさい
衛星写真がありまして…

(捜索隊)ヤブウチさん?

早いですよね 皆さん

<衛星写真を見るなり

目指すポツンと一軒家が
どこなのか

すぐにわかった ご主人>

<そこは ヤブウチさんという人の
家のようだ>

ああ~

無いんですか

それで よく名前覚えてたな

(捜索隊)居れば男性の方

(捜索隊)70代の方

えっ?
農家でもない?

<もう10年以上

つきあいがないので

わからないが もし 今も

人が住んでいるとしたら

70代の男性が1人で

自給自足の生活を

しているのではないか
という>

自給自足にしては
畑 多くないですか?

大きいよね 先祖が残した
地面だよね だからね

(内田)そうですよね

(捜索隊)ちなみに

(捜索隊)バス停…

(捜索隊)あっ バスの停留所

(捜索隊)じゃあ

すごい手がかり

(捜索隊)ありがとうございました
失礼します

(捜索隊)ありがとうございました

(捜索隊)なんか 自給自足の
生活されてるんじゃないかって

言ってましたね
(捜索隊)おっしゃってましたね

(捜索隊)はい
(捜索隊)ちょっと

(捜索隊)はい

(捜索隊)あっ これが
停留所なんですかね

(捜索隊)バス停っぽい…
(捜索隊)あっ 本当だ

なんか バスって書いてますね

停留所って書いてある

ここですね

(捜索隊)ああー

直線 長い

<教えてもらったとおり

バスの停留所がある
交差点を左折し

しばらく走っていくと…>

(捜索隊)ああー

(捜索隊)うわうわ うわうわ…

(捜索隊)ちょっと上ってますね
山を上ってる感じです

<たった一人で

自給自足の生活を営んでいる
というヤブウチさんは

秋色に色づいた この深い森の奥に
今も住んでいるのだろうか?>

きれいなとこですね
うん

いい季節に行きましたね
そうですね

(捜索隊)はい

(捜索隊)ちょっと これ

雨だったら危険ですね
うん

(捜索隊)うわ~

ええー?
これ 本当 危ないですね

危ないね
電線ね…

引っかかる前に倒さないとね

<と 不安に駆られた

(捜索隊)本当ですね

(捜索隊)うわ

(捜索隊)あった

(捜索隊)綺麗ですね

(捜索隊)本当だ

<ついに衛星写真で見つけた
北海道の

<鮮やかに色づいた葉を落とし

山頂から冬支度が始まっている
山の中腹>

<広い耕作地の奥に
青い屋根の一軒家と

ドーム型の屋根の建物が
並んで建っていた>

本当 ここ以外 家ないですね
うん

<衛星写真と比べてみると

3棟あった建物の1つが

ビニールハウスに変わっているが

それ以外は ほぼ同じ>

<どうやら
ここで間違いなさそうだ>

あっ 本当だ 1個ない
本当ですね

えっ?
どういうことですか?

あっ いらっしゃる
扉 開いてる

(捜索隊)私ですね

(捜索隊)ヤブウチさんで
いらっしゃいますか?

(捜索隊)ちょっとですね

(捜索隊)そうなんですか?

(捜索隊)えっ? あっ…

(捜索隊)あっ そうなんですか

(捜索隊)あっ そうですか

と思うんですが

(捜索隊)すいません

<突然の訪問にも
かかわらず

快く迎えてくれた
この人が

ポツンと一軒家の
あるじ

(捜索隊)
お一人でいらっしゃるんですか

それは合ってたんだ

(捜索隊)102歳?

102?
はあー

(捜索隊)あっ 4歳のときに?

ここに もともと
ご実家の平屋が建ってたんですか

(捜索隊)2階建て?

(薮内)って形ですね

(捜索隊)もともと ご実家が平屋で

で 2階建て 増築して

(捜索隊)ああー

<今から68年前
一家で

この山奥の
土地に

引っ越してきた
という

薮内家>

いい家族写真だな これ
お父さん ダンディーだな

ダンディーですね

<衛星写真には 昔 住んでいた
母屋が写っていたが

老朽化のため 10年前に取り壊し

そこにビニールハウスを
建てたのだという>

(捜索隊)これは 結構…

(捜索隊)家なんですか?

(捜索隊)築10年?
(薮内)10年

(捜索隊)っていうことは じゃあ

(捜索隊)言ってたんですけど

(捜索隊)畑 これ

お一人で これは すごいですね
600坪

(捜索隊)デンボク?

(捜索隊)
多いなんてもんじゃない?

じゃあ

(捜索隊)
食べられちゃうんですね

(捜索隊)うわー

(捜索隊)豆?

(捜索隊)花豆?

(捜索隊)今

(薮内)わかんないですけど

(薮内)黒ですね
(捜索隊)はあー

こちらが花豆…

本当だ 立派な豆が…
花豆ね

甘く煮て おいしいですよね
栄養もあるし

(薮内)中には これが白ですね 白

(捜索隊)白い品種もあるんですね

(捜索隊)同じ?
(薮内)うん 同じ

花豆は花豆なんですけどね
(捜索隊)2種類あるんですか?

白くなるのと黒くなるの…
(薮内)そうですね

ちょっと 碁ができそうですね
碁ができるよね

ははははっ
そのあとは 煮て食べるっていうね

白のほう よく見ますよね
へえー

<あまり なじみのない名前だが
花豆は その昔

小豆や金時豆よりも高値で
取り引きされていたことから

高級菜豆と呼ばれる豆の
一つだそうだ>

<主に北海道で栽培され
砂糖で煮た煮豆や

甘納豆などにして食べられている>

ああー これで見てるんだ 我々

(捜索隊)そして

(捜索隊)あれも豆なんですか?

インド料理で よく出てきますよね
そうですね

(捜索隊)うずら豆?
(薮内)ええ

(捜索隊)元は緑色なんですか?

(薮内)食べ方は

(薮内)そうですね

(薮内)そうですよ
(捜索隊)はあー

(薮内)っていうらしいんですけど

(捜索隊)そう言われると
そうですね うずらの卵が

なんか 白い殻に 黒っぽい
こういう模様が入ってますもんね

かわいらしい卵 殻で

<この うずら豆も
先ほどの花豆同様

日本では 煮豆や甘納豆にして
食べられているが

ヨーロッパでは
トマトソース煮込みにして

食べることが多いそうだ>

(捜索隊)意外と知らない?

(捜索隊)あっ そうなんですか

と思うんですけど

(捜索隊)この

してないんだ?

(捜索隊)全部 自分で食べる分…
(薮内)そうですね

いろいろ

いいですね なんか
つながってて ずっと

何種類だろ?

10くらいですね
(捜索隊)常に10種類ぐらいは?

<親から受け継いだ
600坪近くもある広大な畑で

豆類のほかにも
常に10種類ほどの野菜を

育てているのだという>

(捜索隊)あるんですか?

(捜索隊)たまには あるんですか

(捜索隊)あるんですか?

(捜索隊)車で40分?
結構な距離ですよね

(捜索隊)ははははっ

旅ですね
そうですね

<買い物に行くのにも

車で往復1時間半ほどかかる
山奥で

ほぼ自給自足の生活を続ける
薮内さん>

<去年 母親を
102歳で亡くしたあとも

1人で
ここに住み続けているのには

訳があった>

<去年 ずっと介護していた母親が
102歳で亡くなったあとも

薮内さんが1人きりで

ポツンと一軒家に
住み続けている訳は…>

ああ そうなんだ

お父さん お母さんが開拓したんだ

(捜索隊)開拓ということは

(捜索隊)
麓の町に住んでたんですか

(捜索隊)製材…
(薮内)製材工場ですね

(薮内)っていう話は
チラッと聞いたことありますね

(捜索隊)ああー

(捜索隊)ああー じゃあ

<昭和20年代

薮内家が暮らしていた
麓の自治体が

地元の農業を活性化させるため
開拓移住を奨励>

<希望する区画の開墾を

定められた期限内に終わらせれば

無償で
その土地を与える制度を設け

開拓した者は 農業に従事できた>

日本は こういう時代が
多かったんですね

こうやって みんなで
開拓していくっていう時代

だって 開拓した所は
自分の土地になるんですもん

そうですよね
一生懸命やりますよね

<昭和27年当時

4人の子供を抱え

生活に
ゆとりがなかった

薮内さんの両親も

山を開墾し 製材所勤めから
農家に転職したのだという>

いくら もらえるとはいっても
大変ですよね

そりゃそうだよね

(捜索隊)あっ そうなんですか

ああー 大好き
すごい おいしいです

(捜索隊)えっ?
これ ほとんど全部?

(薮内)そう 全部ですよ
アスパラ畑

(捜索隊)土を盛って?

(捜索隊)はあー

人間みたいですね
当たらないと白くなるんですね

(捜索隊)ああー

(捜索隊)じゃあ

(捜索隊)業者さんか何かが…
そうですね

昔は よく見ましたけどね
ありましたよね 缶詰ね

<太陽の光を浴びると

緑色の
グリーンアスパラガスになるため

あえて 暗い場所で栽培する
ホワイトアスパラガス>

<その栽培方法は
いくつかあるのだが…>

<薮内家では
畑の土を30cmほどの高さに盛り

土の中に埋めて成長させる

培土栽培という方法で

育てていたそうだ>

へえー
誰が考えたんですかね? この…

白…
これね

たまたま なんか 日陰で育ったら
白かったから

じゃあ 日陰で育てようかって
なったんじゃないですか

<かつて 薮内家の広い畑を
全部 使って作っていた

ホワイトアスパラガス>

<大量に収穫したあと
出荷するまで保管していたのが

母屋の隣に建つ ドーム型の屋根の
この大きな建物>

そうなんだ 保管庫なの? これ
そうなんですね

(薮内)ここは
D型ハウスっていうんですけど

倉庫ですね
(捜索隊)D型ハウス

アルファベットのD 横向きにして
(薮内)そうですね

(捜索隊)小さい方?

(捜索隊)えっ? どれですか?
あっ

(薮内)じゃがいも
(捜索隊)あと

(捜索隊)家の前の畑で?

(捜索隊)なんですか? あれは

(薮内)レッドムーンってやつです
(捜索隊)レッドムーンっていう

そんなわけないです
食べたら象ですよ

そうですね
確かに

そりゃそうですよね

(捜索隊)大半は 配る用…
配ってますよ ほとんどが

(捜索隊)自分で食べる分が
あんまないんですね

うわー きちょうめん
所さんとこみたい…

いや こういう きちょうめんさ
ないんです 僕には

(薮内)そうですね
(捜索隊)うわー

すごいすてきですね
全部 ご自分でやられたんですね

だね もう 真面目

(捜索隊)ありますけど

(捜索隊)あっ 除雪用

(捜索隊)えっ?

この高さまで
雪が連なるんですか?

(薮内)そうですね
はあー

(捜索隊)はい なんか

(薮内)そうそう

(捜索隊)これ

(捜索隊)160cm

ええー そんなに深く?

2mですか?
ええ

えっ?

(捜索隊)スキーを履いて

来てくれない

(捜索隊)除雪

で スーパーまで35kmだっけ?
はい

冬眠じゃないですか まさに

(捜索隊)こちらの母屋

なんか 壁に 温度計ですか?
ついてますね

これ さっき おっしゃってた

(捜索隊)マイナス10℃

暖かくないわ
ははははっ

マイナス10℃は 暖かいんだ
かっこいいですね もう

すごい…

あの角度が妙ですね

畑仕事しながら
聴いてんじゃないですか

ああー なるほど

<しばらく
玄関の前で待っていると…>

ははっ 演歌

<玄関の軒下に
斜めに取り付けられた

大きな2つのスピーカーから
大音量で演歌が流れてきた>

だね これ

渋いですね

やっぱ 北海道にいる感じを
出すのかな?

(捜索隊)あっ 高倉健さん

(捜索隊)

ここ でも わかったの
所さんだけですよ

えっ…
さすがです

僕も わかんないですもん

(薮内)そうです そうです

だからって 畑仕事の近くに
ちっちゃなカセットでいいじゃん

はははっ

(捜索隊)カセットを
外に持ってきて…

聴いてたんですけど

面倒臭いらしいですよ
それ 作るほうが

面倒臭いと思うよ
ははははっ

(捜索隊)えっ? これですか?
えっ?

(捜索隊)なんか

(捜索隊)違うんですか

(捜索隊)ってことは

(捜索隊)えっ 違うんですか?

お風呂?
あっ そうだ

でも お風呂じゃないか

(捜索隊)えっ?

(捜索隊)えっ?

(捜索隊)ちょっと待ってください

まあ 誰も来ないしね
そうですね

でも 冬 寒いですけどね 外

家の中に お風呂ないのかな?

いや あるんじゃないですか
あるよね

あるけど 露天も行きたいみたいな
雪 見ながら?

はい で 健さん 聴いて
ああー そうか

きっと

(捜索隊)そうなんですか

「別に来ても」…

確かに 来るのは鹿だけですもんね

ああー
ははははっ

<玄関の外に 親の代から愛用する

薪炊きの五右衛門風呂が置かれた

薮内家の母屋>

<10年前に建てたという
その家の中にも

お邪魔させてもらった>

<親の代に建てた古い家を壊して

10年前に建て替えたという
薮内家の新しい母屋>

(薮内)やっぱり

(捜索隊)薪置き場?
ええ

(捜索隊)この袋の中に
薪が入ってるんですか?

(薮内)入ってます

(薮内)こういうふうにしてる
(捜索隊)あっ そう…

先のこと 考えるのが上手
なるほど

一袋 持ってこれるからね

薪だと こうやって
束ねるようだからね

(捜索隊)そして

(薮内)風除室
っていうんですけどね

(薮内)そうですね
(捜索隊)なるほど

(捜索隊)おおー すごい

(捜索隊)ははっ 本当だ
これ 鹿の角… えっ これ

(捜索隊)エゾシカですか?
(薮内)エゾシカの角ですね

(捜索隊)へえー

(薮内)やっぱし

(捜索隊)なるほど

(捜索隊)これ なんか すごい

(薮内)これはね コクワ
(捜索隊)コクワ?

(捜索隊)そうなんですね

(捜索隊)はい

(薮内)山 行って

かっこいいですね
太くなってんね

これは

へえー

(薮内)そうですよ

(捜索隊)それを
手すりにしたんですか?

かっこいいな
博物館みたいですね そういう

(捜索隊)あれ? これ

(捜索隊)コクワの蔓で

(捜索隊)ええー?

(捜索隊)えっ いいですか?
(薮内)どうぞ

ああー

(捜索隊)へえー

相当 時間かかってますよ これ

だって 冬 雪が降ったら
どこも行けないから やるでしょ

いやいやいや…

時間がかかることを
やりたいんですよ だって

なるほど

(捜索隊)へえ~

(捜索隊)これも
手作りなんですか?

(薮内)そうです
(捜索隊)うわー

(捜索隊)この木がドーンと?
(薮内)そうです

それを… チェーンソーって
木 切るやつ ありますよね

(捜索隊)はい
(薮内)あれで切ったんですよ

(捜索隊)よいしょ

(薮内)そうですか

(捜索隊)ああー

(捜索隊)ってことですね

(捜索隊)すごい

(薮内)座ってみてください

(捜索隊)えっ?

(捜索隊)そうですね
背もたれが こちら側は

どっちかというと直角なんですよ

今 僕が座ってるほうは
若干リクライニングというか

角度がついてますね
(薮内)ついてるでしょ

改良版ね

そして また この

(薮内)そうでしょ

(捜索隊)ああー

最高ですね

(捜索隊)そして この

(捜索隊)ミシン?

(捜索隊)あっ 分かります

オシャレじゃないですか

(捜索隊)はあー

(捜索隊)へえー ちなみに

(捜索隊)はあー

(捜索隊)3年? そして

(捜索隊)はい

そして 後ろにあるのが
キッチンですか?

(捜索隊)なんの水なんですか?

(捜索隊)川の水をホースで?
(薮内)ええ

(捜索隊)へえー

(薮内)ガスコンロ

(捜索隊)プロパンガス?
(薮内)プロパンガスボンベね

(捜索隊)じゃあ

あっ そうですね
あれだけじゃないですね

(捜索隊)おっきな
ストーブがあって…

これも薪ですか?

(薮内)これも
薪で沸かしてるんですね

これ

(捜索隊)ああー

(捜索隊)これが浴槽?
(薮内)そうですね

(捜索隊)うわー すごい

(薮内)薄いステンレス使って…

(捜索隊)なんか あれですね
養生するときの…

(捜索隊)湿気対策?

(捜索隊)あっ これ

(捜索隊)ああー

<天然の木材にこだわり

3年掛けて自分の手で
家を建てたという薮内さん>

<だが ずっと この山に
住んでいたわけではなかった>

(捜索隊)横浜に?
(薮内)就職ですよね

(捜索隊)就職で

(薮内)就職で向こう行って

(捜索隊)日産自動車

(薮内)クランクシャフトって
わかりますか? 車の

ああいう部品やなんか
作ってたんです

(薮内)こっちへね

(捜索隊)どうされてるんですか?

ははははっ
(捜索隊)各地…

(捜索隊)何かあるんですか?

(捜索隊)はあー

<父親の病気のため 32歳のとき

横浜から北海道の実家へ戻り

家業の
ホワイトアスパラガス農家を

手伝いながら

高齢者介護施設で
夜間警備の仕事もしていた

薮内さん>

<その

<同居していた

<今年 72歳になった薮内さんは

長年 続けてきた
警備員の仕事も辞め

今は 年金生活>

<30代で北海道に戻ってきてから
始めた趣味があるという>

(捜索隊)おおー 一眼レフカメラ
(薮内)そうですね

(捜索隊)あっ 本当だ
確かにフィルム

(薮内)みんな

ははははっ

何を撮るんだろう?
うん

<デジタルカメラが主流の今も

一枚一枚 シャッターを切る

フィルム撮影にこだわる薮内さん>

<手間がかかるけれど
それが逆にいいのだという>

<気になる その腕前は…>

(捜索隊)なんか 段ボールに…

(捜索隊)えっ? 額に?

本当だ 額縁

うわー すごい
ちょっと よろしいですか?

触らしていただいて

(捜索隊)ああー

(薮内)「陽光」って題名ですね

(捜索隊)
タイトルがあるんですか?

(捜索隊)「陽光」

(捜索隊)10枚 すごい

(捜索隊)「日の出」

わあー
いい写真ですね

(捜索隊)わあー これ

(捜索隊)これも秋っぽい感じ
うわー

(薮内)これは
「風」っていう題なんですよね

(捜索隊)「風」

(捜索隊)ああー

(薮内)そうですね

(薮内)ははははっ

(捜索隊)ああー

(捜索隊)はあー

(薮内)いろいろですよね
(捜索隊)ああー

(捜索隊)年に4回

(捜索隊)この良さは…

(捜索隊)そうですね

でも こういう景色が
好きな人だからいいよね

ここに暮らす理由もありますよね
これを撮るっていう

(捜索隊)何かあったりしますか?

これが ははははっ

(薮内)はい これ 薪です

(捜索隊)確かに

(薮内)うん
(捜索隊)ふふっ

(捜索隊)ああー そうなんですか?

(捜索隊)ええー

<昔も今も変わらない
山の上のポツンと一軒家暮らし>

<畑仕事の疲れは
五右衛門風呂で癒やす>

(捜索隊)確かに

<もうじき やってくる冬には
2m近い積雪に覆われる山の上>

<北海道で見つけた
ポツンと一軒家には

厳しくとも美しい
大自然を肌で感じ

独り占めできる贅沢があった>

はあー 今日は 多分
ご自身も見てると思いますけども

今まで こっち側から見たシーンは
ないですからね あの方も

そうですよね
あっちから ずっと

こっちを見てるわけだからね
最後のほうで

これから また 何か したいことは
ありますかって聞いたとき

もう これ以上 何もないです
こんな贅沢はないですって

お風呂で何 考えてんですかって
聞かれたときも

ただ 山 見てるだけって

あの境地は いけないですよね

ああいうのって
中国の漢文に出てくるんですよ

えっ どういう?
こんなすてきな世界があるのに

何か考える必要があろうか
いや ない みたいな

よく出てくるんですよ
ああー

我々の尺度とは違った尺度の中で

自分の世界を
しっかり創られてますよね

時間をかけたり
手間をかけることを

すごく いとおしんで
生きてらっしゃる

なんか そこの
自分の時間というのを

すごく上手に
使ってらっしゃるので

やっぱり すてきだなと思います