有吉ゼミ▼坂上不動産みやぞん箱根・湯河原で別荘探し▼スギちゃん夫妻超お得(秘)生活[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉ゼミ▼坂上不動産みやぞん箱根・湯河原で別荘探し▼スギちゃん夫妻超お得(秘)生活[字]

坂上みやぞんが箱根・湯河原エリアで別荘探し!400坪の庭付き和モダン御殿&古民家移築の日本家屋▼スギちゃん妻が田畑智子とお得店巡り!詰め放題で驚愕の新記録達成!

出演者
【教授】有吉弘行
【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根、スギちゃん、田畑智子
【ロケ出演】みやぞん、レッド吉田ほか
番組内容
▼「坂上不動産」
みやぞんが女手一つで育ててくれた母の為に別荘探し!
今回は箱根・湯河原エリア!
①海外デザイナーが手掛けた、400坪の庭付き和モダン御殿
②相模湾一望!絶景風呂付の歴史ある古民家を移設した別荘

▼「スギちゃん夫妻の超お得生活」
お得の天才、スギちゃん妻の日常に密着!
・お菓子の詰め放題で驚愕の記録達成
・田畑智子とコストコへ!(秘)お得技連発
監督・演出
【企画・総合演出】橋本和明
制作
【チーフプロデューサー】秋山健一郎
【プロデューサー】横澤俊之、越山理志
【制作協力】えすと、AXON、極東電視台
おしらせ
有吉ゼミはTver&Huluでも見逃し配信中!
水曜7時からの姉妹番組「有吉の壁」もぜひご覧ください!

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – 旅バラエティ
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. レッド
  2. 鈴木
  3. 香織
  4. スギ
  5. スタジオ
  6. ホント
  7. 田畑
  8. 有吉
  9. 古民家
  10. 最高
  11. 物件
  12. ゼロ
  13. ドン
  14. 放題
  15. 矢作
  16. 景色
  17. 全然
  18. 全部
  19. カッコ
  20. キッチン

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥1,540 (2022/01/27 23:16:22時点 Amazon調べ-詳細)

(水卜) 『有吉ゼミ』。
(有吉) 開講!

(みやぞん) いや ここのね…。

<女手ひとつで育ててくれた
お母様への恩返しのため…>

<…という みやぞん>

<今回は…>

<海外のデザイナーが手掛けた
最高値物件と

とんでもないオマケが付いて来る
オススメ物件の2軒をご用意>

<まずは…>

<その物件があるのは…>

<近くには 黄金色に輝く
すすき草原があり

散歩好きな みやぞんのお母様にも
うれしいエリア>

(レッド吉田) あの 卵の?
(鈴木さん) そうですね 黒い卵。

(みやぞん) すてき。

(レッド) これ 旅館か。

(坂上) これ?

(レッド) マジで?
えぇ!?

(みやぞん)
めちゃくちゃ和じゃないですか。

(レッド) めっちゃ
雰囲気あるじゃないですか。

これさ だから…。

だから…。

<まるで 高級料亭のような
門構えの こちらが

箱根エリアの…>

(スタジオ:ギャル 曽根) すごい門。

うわ~ 奇麗。

(鈴木さん) 門も やっぱり
数寄屋造りになってるので

そのへんは。
(みやぞん) すごい。

そんな大っきいの?
(レッド) はい。

そんな あるの?

(スタジオ:有吉) そうだね ホント。
もう ヤバいよ ここ。

(みやぞん) 和室が6個もある
っていうのは いいですね。

<門をくぐり…>

<たどり着くというが>

いっせ~の せっ。
(みやぞん) ドン。

あっ。

うわ~! 何じゃ こりゃ!
えぇ~!?

(レッド)
別荘感 バリバリありますね。

(レッド) 森ですよ。

(みやぞん) あっちとか
どうなってるんですか これ。

(レッド) 植物園じゃん。
あっ 池があって。

(レッド) すごいな。

36m?
(鈴木さん) はい。

だって ここが 何かさ
遊歩道みたいな感じだもんね。

(鈴木さん) そうですね。

うわ~。

(みやぞん) デカいですよ。

すごい。

えっ!?
こんな幅広の見たことないよ。

(レッド) ないですね すごいな。

なるほどね。
確かに。

(鈴木さん)
築は33年なんですけれども

最近 ちゃんとリノベーションをした物件。
でしょ。

全然
そういうふうに見えないもん。

<こちらの物件…>

<規制により
新築を建てにくい箱根だが

リフォームで…>

<気になる…>

オープン。

う~わ~。
ウハハハハハ!

冗談みたいだよ これ。
(みやぞん) すごい。

(レッド)
何? これ 旅館ですよ これ。

ねぇ!

(鈴木さん) ここの上がりかまちと
玄関の靴箱の天板は 1枚板です。

(レッド) すごい すごい。
(みやぞん) いっぱい 靴 入りますよ。

すごいわ。

もう これ ホント。

いや~ 広いな 廊下。

(レッド) うわ~。

ここ?
<まずは…>

(スタジオ:矢作)
何ちゅう見方してるの。

いやいやいや もう もう…。

(レッド) うわ~! アカン!
(みやぞん) うわ~!

(レッド) うわ すごい!

こんなの見たことないよ。
(スタジオ:有吉) 最高。

(みやぞん) 庭!
こっからの景色 たまんないな。

(レッド) 秋 春は最強ですね。
ねぇ。

<広さ およそ400坪の庭を
一望する…>

<来客時は
隣の和室も つなげることで

お客さんが ゆったり くつろげる
ぜいたくな空間に>

でも やっぱ ここ…。

(レッド) そうっすね。
(みやぞん) 広いな~。

(鈴木さん) 全部…。

(レッド) これもですか?
(鈴木さん) これも付いて来ます。

(レッド) これも いいですよ 1枚板。
これも1枚じゃん。

俺 何か…。

(レッド) 分かります 分かります。

(鈴木さん) あと ここに…。
(みやぞん) 何ですか? これ。

あっ ホントだ。

そんなの…。

いやいや いやいや
『イッテQ!』なんて…。

(笑い)
(スタジオ:有吉) 安い。

(レッド) いわゆる。
何だよ ちょっと。

(レッド) うわ!
(みやぞん) ハハハハハ!

(レッド) 何 掘りごたつで?
雀卓もあるの?

<こちらは お客さんが来た時に
楽しめる…>

モウパイしましょう。

<指先の感触だけで
パイの名前を当てる…>

一番最後? はい 分かりました。

(レッド) これでいいですか?
うん どうぞ。

え~ ソウズ 7ソウ。

8ソウ。

(鈴木さん) うわ 違った。
チーピン 何だよ… どうぞ。

ペイ。
(レッド) ペイ 見して。

サンワン はい。

パーワン。

うわ~ すげぇ。

あるんだ。

(鈴木さん)
誠不動産のステッカー。

(鈴木さん) そうなんです。

<リビングから
1歩 外に出ると

椅子に座って くつろげる…>

あぁ~。

ちょっと涼しいんだけど
ここで…。

ねっ 隠居 隠居。

うん もう。

<庭園の奥には
循環式の池まで付いており

自然が大好きな お母様も

最高の居心地を
味わうことができる>

(みやぞん) やっぱ
うちの母ちゃんとかは 結構…。

感動すると思う。

(レッド) うわ~ ホントですね
いくらなんだろう。

(レッド) いい 縁側に座ってもいい。

何か すごいね。
(レッド) 能だ。

(みやぞん) この辺で。

(レッド:坂上) うわ~!

(レッド) すごいよ!

(笑い)

<さらに リビング横の…>

(みやぞん:レッド) せ~の ドン。

(拍手)

いや これは ちょっと
予想してなかった。

(レッド) ちょっと このキッチン
カッコよくないですか。

ここ カッコいいよ これ!
(レッド) めっちゃカッコいい!

<海外のデザイナーが
手掛けたという

10帖の和モダンなキッチン>

(鈴木さん)
これは 天然石なんですけども。

いや ちょっと こういうキッチン
想像してなかった。

何か…。

(鈴木さん) 食洗機も ここに
大型のミーレの食洗機と

あと こちら 左側は…。

これ だから ちゃんと
サイズ合わせしてんだ。

(レッド) なるほど もう最初にね。

だって…。

(レッド) うわ これ みやぞん
買ってほしいな 絶対 いい。

うわ これも1枚板か。
(みやぞん) すごい!

(鈴木さん) このへんも…。

えぇ~!

(鈴木さん) そうですね。
すごい もう。

(鈴木さん) ここも
窓は大っきいんですけども

戸袋があるので。
あっ 全部。

(鈴木さん)
全部 もう フルオープン。

うわ~。

いや 景色 最高。

<さらに ダイニングは

空間を広く感じさせるため

はりをハの字に組んだ…>

<そして…>

だって…。

だって…。

ちょっと待って これ 裏玄関?

(鈴木さん)
こっちがプライベート用の。

えぇ!?

こっちも 相当 すごい玄関よ。
(みやぞん) ハハハ すごい!

ちょっと! あっ 車庫だ 車庫。

(レッド) 勝手か。

<買い物帰りに
食材を運び込むのも楽チン>

<およそ5台の駐車スペースも>

<…と ここで>

何ですか? これ。
(みやぞん) 行きます ジャン。

うわ~ おいしそう!

(レッド) 絶対うまいじゃないですか。

<オーナーから…>

<…の差し入れが>

<恒例の>

みやぞんみたいに カッコいい
リーゼントを作ってね。

何ですか?

なるほどね。
(みやぞん) 行きますよ。

あっ なるほど。

よしよし よしよし。

(レッド) イエイ。

…ような気がする。

いや そこは…。
フェアに?

なるほど 平等にね。

決勝。

行きますよ。

何だよ~。

最初っから みやぞんなんじゃん。

(みやぞん) 温かい。
へぇ~。

(レッド) 星で全然いい。

(みやぞん) じゃあ 行きますね。
はい。

(笑い)

(みやぞん) わぁ すてき~。

何か…。
(みやぞん) 江戸の時代ですね。

緊張するな これ。

何か さっきから…。

ハハハハハ!

<さらに 寝室の隣には
スタイリッシュな…>

<そこには ガラス張りで
おしゃれな…>

<アンティークのタンスを
センスよくリメークした…>

<そして いよいよ…>

いいですか?

(レッド) えっ?

ほら ほら。

う~わ!

こんな大っきいの?

ヤバい ここ。

(鈴木さん)
7.7帖 お風呂がありまして

ここの…。

こんな広いお風呂 ないよ。

それで この…。

えぇ~?

ナンバーワン ナンバーワン。

(鈴木さん)
…という話があるんですね。

♪~

あの…。

(レッド) あぁ~!

もう 俺ね…。

ねっ。
(レッド) うわ~ これは。

(みやぞん) 母ちゃんとか言う前に
もう これは いいですよ そりゃ。

<さらに 玄関の奥には
やはり リフォームしたばかりの

落ち着いたゲストルームが
3部屋>

(スタジオ:曽根) いいな 和室。

<ムク材のシックな…>

<マッサージ専用部屋もあり

究極のリラックスタイムを
堪能できる>

<四季の移ろいを存分に味わえる
およそ…>

<海外のデザイナーが仕上げた
究極の…>

<家族みんなで楽しめる…>

<高級旅館も顔負けの箱根の豪邸
果たして…>

これ だから…。

それで プラス この…。

なるほど。

(レッド) では 行きましょう
まずは ゼロ。

ゼロ。
ですよ もう。

(レッド) 次も ゼロですね ここもね。

ゼロ。

次からです 数字が出るなら。

ゼロ。
5億あるよ 5億あるよ 十分。

次 億でしょ 億っていう字でしょ。

ホントに 5億あるかもしれない。
ある ある ある。

(レッド)
行きましょうか せ~の ドン。

えぇ!?
3億?

を考えると…。

ですよね。
(鈴木さん) はい。

<果たして?>

(笑い)

うちの母ちゃんが
行ったとしたら 大体ね…。

<予算オーバーは もちろんだが

広過ぎて 母が
迷子になってしまうかもと…>

すご過ぎましたね。

ホント 僕も びっくりして。

100億 あればね。

(博多華丸) あの麻雀部屋で…。

(博多大吉)
なるべく たたいててね。

<続いて 湯河原エリアの
専門家…>

<その物件が
あるのは…>

<近くには
4000本もの梅が咲き誇る…>

<…があり みやぞんのお母様も
楽しめるエリア>

(レッド)
ねっ みかんばっかりですね。

(鈴木さん) はい 今回…。

オススメですか これ。

(レッド)
めっちゃいいんじゃないですか。

いや いい すてき。
(みやぞん) なるほど。

<海を見下ろす高台に位置する
こちらが

湯河原エリアの…>

(鈴木さん) ここも駐車場ですね。

え~!
(レッド) すごい 3台 入る? 4台?

(鈴木さん) 全部で4台 入ります。
すごい景色いいもん。

(レッド) 最高じゃないですか。
(みやぞん) ホントだ。

庭 結構 広いですよ。
(レッド) ホントだ。

放せるよ。

(レッド) ですよね ホントですよね。

<確かに 完全に
物件の陰に隠れてしまう建物が>

<しかし ここにも ある…>

オススメの物件でございます。

別棟?
(レッド) はい。

そういうことですよ。
全然 分かんなかった。

<そう こちらが
物件の最大の特徴>

<移築して来たという
こだわりの古民家>

(鈴木さん) 築37年なんですけども
しっかり…。

(鈴木さん)
かなり奇麗になってますね。

(みやぞん) えっ 3階?
(鈴木さん) 上が4階ですね。

<傾斜地を利用して
見晴らし抜群の母屋と

古民家を連ねたという この物件>

<早速…>

(レッド) 広~い!
(みやぞん) 広~! あっ ホントだ!

(レッド) すごい広い!
声が すっごい響いてる。

また…。

(レッド) うわ~!

え~! こんな広いの!?

うわ すげぇ!

<眺望抜群の…>

<玄関の先には>

(レッド) うわ~!

え~! こんな広いの!?

(レッド)
めっちゃいいじゃないですか。

広っ!

えっ 何 これ。
(鈴木さん) 坪庭。

…っていうんだ。
(鈴木さん) 坪庭というもので。

ちゃんと 下に 水を
ためることもできるんですね。

<広々 23帖>

<南向きで
日当たり抜群のLDK>

<存在感たっぷりの坪庭は

和洋折衷の別荘に仕上げたい
という 前オーナーの遊び心>

(鈴木さん)
キッチンは ホントは…。

(レッド) 予定?
(鈴木さん) 購入された方が…。

あ~!

ある だったら…。

(鈴木さん) そうですね。
へぇ~。

そっか 何にでもできちゃうんだ
今んとこ。

何かホント 余裕があるな この家。

<続いて 坪庭の先にある…>

うわ~。
(レッド) ねっ ここ めっちゃいいな。

(みやぞん) 何だろう 落ち着きますね
広いし奇麗だな。

やっぱ… うわ~!

<バルコニーからは
相模湾を一望するパノラマが>

<初島だけではなく

はるか 大島まで
望むことができる>

(みやぞん) ホントだ。
いや これ いいな。

(レッド) めっちゃいいですね。
海に面して。

ホントに。

リアルですね。

だって…。

(鈴木さん)
あそこ 湯河原駅ですね。

(みやぞん) めちゃくちゃ
いいじゃないですか 参ったな。

だから こっから…。

(みやぞん)
やろうと思えば できますけどね。

ただ 母ちゃん…。

<続いて やはり…>

ここ行っちゃおうかな。
(レッド) 行きましょう。

(みやぞん) あ~ あ~!

どんだけ広いんだ これ!

広っ!
(レッド) すごいな 広いな!

すごいな ここ。

(レッド) いちいち景色がいいですね。
そう。

(鈴木さん)
3階よりも4階のほうが 景色が。

(レッド) 違いますね
ここ めっちゃいいな!

全然しないよね。

リアぞんですね。

リア・ディゾン?

リア・ディゾンなんじゃない?
もしかして。

何か
こんなのありましたかね?

(鈴木さん) それは インリンですね。
インリン・オブ・ジョイトイ か。

(笑い)

あっ!

(みやぞん) うわ~!
角風呂。

(レッド) これも最高じゃないですか。

最高です!
(みやぞん) 最高ですね。

<最上階の 最も見晴らしがいい
場所に つくったという

絶景風呂>

<バスタイムを
ゆっくり楽しむため…>

ここに…。

(みやぞん) あえて そうなってるんだ。

何をやっちゃったんですか?
たぶん…。

それで…。

(スタジオ:有吉)
いいよ 裸じゃなくて。

(レッド) ではでは。

うわ~。
いいでしょ?

(レッド) だから…。

このコーナー。

(笑い)
(スタジオ:有吉) 厳しい レッドさん。

<そして いよいよ
階下にある古民家へ>

(レッド)
離れって そういうことですもんね
別棟ですから。

(みやぞん) じゃあ もう これ…。

(鈴木さん) そうですね。
そうだよ。

あっ
これ 結構 ホントに古いでしょ?

(鈴木さん) 大体100年ぐらい。
(坂上:みやぞん) え~!

じゃあ 行くよ せ~の。

(レッド) え~!

ちょっと!
(みやぞん) うわ~!

(レッド) めっちゃいい!

(レッド) 舞鶴か!

<およそ100年前の建物を
そのまま移築した古民家>

<京都で家を解体

トラックで湯河原まで運び
再び組み上げたという

前オーナーこだわりの建築>

<木組みという
ほとんど釘を使わない工法で

日本建築の美しさを
存分に味わえる>

これさ 変な話…。

(レッド) 全然 行けますね。

ママぞんは…。

十分できるよ。

<さらに この古民家には…>

これ たぶん…。

(鈴木さん) そうです。
向こう側と。

(みやぞん) 向こう側につなげた?

<そう この古民家は
母屋とつながっていて

階段の先の居住スペースには

L字の大きなガラス戸で
冬でも暖かな…>

<年代物の五右衛門風呂もあり

みやぞんの
おいっ子さんたちが来ても

盛り上がること間違いなし>

<さらに 古民家の地下には
荷物が たっぷり収納できる…>

<と ここで オーナーから…>

(スタジオ:有吉) 何でだよ。

<きび餅を懸け…>

最初はグ~ ジャンケン ポイ。

(スタジオ:有吉) うるさいな。

何か…。

(スタジオの笑い)

(スタジオ:有吉) 最悪。

せ~の。

(スタジオ:矢作)
そんな難しかったっけ?

(スタジオ:矢作) うまい うまい。
(スタジオ:水卜) こういうのできそう。

(みやぞん) じゃ 行きますね。

あっ!

アウト!
アウト!

<ということで>

(スタジオ:有吉) 何で鈴木さんなのよ。

(みやぞん) そうですよね。

(スタジオ:有吉) ひどい。

<和洋折衷 広々とした…>

<開放感抜群の…>

<100年の歴史が醸し出す…>

<眺望と歴史を兼ね備えた
こちらの別荘>

<果たして…>

何か サンパチだったらいいな
って気はするんですけど。

いや~。

(レッド) せ~の ドン!

うわ!
(曽根) うわ!

<湯河原の…>

(レッド) まずは これ ゼロですよね。
もうね 次からありそう。

(レッド) あ~ 来た 80。
来ました。

(レッド) これが 9なのか8なのか
行きましょう。

ヨンキュッパ ゴーキュッパが
妥当なんじゃないですか?

(レッド) …と思いますけれども
せ~の ドン!

(スタジオ:有吉) うわ~ そうだよな。

(レッド) やっぱね。
やっぱりな。

(レッド) 納得ですね。

土地代?

(レッド) 土地代ですよね。

<土地代は 駅が近いので…>

<果たして?>

(みやぞん) すいません あの…。

<眺望や間取りは最高だが

古民家の生かし方が
分からないということで…>

<「みやぞん、家を探す。」…>

<スギちゃんの奥様 香織さんは

安いものには目がない…>

(スギちゃん) これ 韓国のりなの。

<中でも 詰め放題には目がなく

その腕は プロ級>

<前回は…>

<おでこの熱を使い
袋をのばし>

(スギちゃん) 来た!

<なんと…>

<その放送の大反響を受けて
スギちゃん一家の…>

<この日 香織さんが
楽しみにしていた場所が>

(スギちゃん) ここ あの…。

<日本最大級の
家具のアウトレットストア>

<食品をはじめ 日用品も充実した
主婦に人気のお店>

<大行列が>

<その訳が>

(スギちゃん) この人たちも みんな…。

<そう 行列の秘密は この…>

<レトルトカレーや缶詰など
さまざまな詰め放題を

行っていたのだが…>

<ファンが押し寄せたのだ>

<今回は お店初 大人気お菓子
プチシリーズの詰め放題>

(スギちゃん) 税込み75円。

<…と>

(香織さん) ヤダ ちょっと。

(スタジオ:矢作) もう スターじゃん。

<詰め放題が趣味だという女性が
声を掛けてくれた>

<さらに>

(香織さん) うれしい。
(スギちゃん) 名前まで。

<どうやら…>

(香織さん) 平均値が26本。

<あらかじめ…>

(香織さん) 何か この…。

(香織さん) …気がする これ。

(香織さん)
やります 15分でしょ。

<まずは 袋の…>

(香織さん) うん。

<そう…>

(香織さん)怖い 怖い。
(スタジオ:水卜)やっぱり 破れちゃう。

<ギザギザが
袋を突き破ってしまっていた>

<袋の底に敷き詰め…>

<と言うと…>

(スギちゃん) なっ。
(香織さん) そうそう。

<こうすることで
この後 詰める…>

(スタジオ:水卜) なるほど。

<そう この作戦は

香織さんの…>

<外側をしっかり作ってから
中央に詰めて行くことで

袋は 風船のように
満遍なく広がって行くのだ>

<早くも 目標の50個に到達>

<それでも 香織さんは突き進む>

(スギちゃん)
うわ 持ってると分かるけど

すごい ブンって広がる。

(香織さん) う~ん ここ…。

<そろそろ限界か
入りづらくなって来た>

<…と>

(スギちゃん)
あぁ なるほどね こうやって?

(女性) そうそう。
(スギちゃん) みんなに助けられる。

<毎週 通っていた…>

<抱えて押さえることで

袋が急激に のびて
破れるのを防げる>

<だが ここで…>

(スギちゃん)
それを こう 全部 入れきって。

<そう メガマックスの詰め放題は
全ての…>

(スギちゃん) 行ける。

<…と お隣さんが
先に挑戦を終えた>

(スタジオ:矢作)
すごい人 いるね やっぱり。

<だが 達人は
さらなる高みを目指す>

(スギちゃん) 広がってる?

(香織さん) うん いいか。

<店員さんの
厳正なチェックの結果>

(スギちゃん) OK! よっしゃ~。

<果たして 超えられるのか?>

(スタジオ:有吉) 余裕だ!

(スタジオ:有吉) なんて すごいんだ。

(拍手)
(スギちゃん) すげぇ!

74本。

<この日の…>

<これで帰宅と思いきや>

(スギちゃん) ここ 入れますか。

<それが>

(香織さん) 卵 106円 税込み。

<そう ただでさえ安い
ドン・キホーテで

さらに激安と 今 話題なのが
majicaアプリ>

<…で 買うことができる>

(スタッフ) 香織さんって。

<すると>

(香織さん) あっ…。

<そう この…>

<限定数に達する前に
素早くチェックし…>

<…と その時>

(香織さん) えっ!
(店員) あっち はい やってます。

<休む間もなく 大好物の…>

(店員) ジャガイモ
玉ネギ カボチャ 詰め放題です。

はい どうぞ。

(スギちゃん) えっ ブドウもあるの?

<国産の…>

<スギちゃんも…>

<…に挑戦>

(スギちゃん)
ありがとうございます。

<一方 香織さんは>

(香織さん) 作戦 ちょっと…。

<一番高いのは
195円のカボチャだが>

<袋の大きさ的に…>

<すると>

(スタッフ)
それ OKなんですか?

(スギちゃん) むちゃくちゃ
ありがたいですね。

<そう…>

<いくら積み上げても…>

<と ここで…>

<カボチャの隙間に ひたすら…>

<出来上がったのは>

<4本の…>

<トロフィーのような形に>

(スギちゃん) すいません…。

<詰めた…>

<スギちゃん一家も…>

<そして 後日 この日は…>

<そう…>

<…の コストコ>

<実は>

<すると>

(スギちゃん) あっ どうも こんにちは。

(香織さん) おはようございます。
(スギちゃん) おはようございます。

マブダチです。

(田畑)
おはようございます フフっ。

(田畑) 出会いは お仕事で…。

それから 何やかんやで…。

(田畑) いや…。

めっちゃ
買い物してたりとかするから。

で すぐ…。

<大の仲よしだが ここまで…>

<そこで コストコの…>

<…を教えてもらうことに>

ここの…。

(香織さん)
…っていうんですけど。

<メイン通路の棚には…>

<確かに…>

(田畑) だし めっちゃ使うよ
だしパックでしょ?

(香織さん)
値段が 35袋 入ってて

320円引きになってる
明日まで。

(田畑) 黄色のところがあると
値引きしてるってこと?

(香織さん) うん そう。

ドラッグストアにいたから
こういう…。

(田畑) 岡田

<と…>

<その先には>

♬~ (上戸)大人になってハグキが下がると
根元が無防備に…

実は ここが…ムシ歯リスク3倍!

だからハミガキは「オレンジのクリニカ」

《歯の根元まで しっかりコーティング》

《フッ素がムシ歯を防ぐ!》
♬~「オレンジのクリニカ」

(佐藤)くりかえす疲れ目でお困りのあなたに!

《「スマイル40プレミアムDX」!》

この商品 目の疲れかすみを

《治すんです!》
(伊津野)《なるほど! 助かるね!》

薬局・薬店まで
茶色が目印!
《スマイルDXシリーズ!》

<その先には>

<そう 香織さんは…>

(田畑) おいしいよ~。

<この能力のおかげで
晩ごはんの…>

(香織さん) ちびっこの。
(田畑) あっ そうね。

<さらに>

<気になったのは…>

(女性) 入り口のとこ…。

(田畑:香織さん)
ありがとうございます。

<すると ネットで
話題になっていたスイーツを求め

田畑と共に猛ダッシュ>

(田畑) あった!
(香織さん) これ おいしいって。

<置いた その日に
売れてしまうこともある

甘さ控えめの
人気のバウムクーヘン>

<…をゲット!>

(田畑) すごい 何か…。

怖いですよ。

(田畑) 逃げ道?

「おい 今…」。

(笑い)

田畑さん お友達だったんですね。

(田畑) そうなんです
ここまで あの オススメとか…。

いや 何か
これ見てても思ったけど…。

「どこにありましたか?」とかね
コミュニケーション上手ね。

(矢作) 香織さんは たぶん…。

もう そろそろ…。

お疲れさまでした。
いや ちょっと待ってください。

優しい。
運転手でいいのね。

<TVerでは 番組の最新話が
無料で見られます>

<そして Huluでは

本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>

<「うわ~ お前ん家の犬
何で こんなに凶暴なんだよ!?」>