KinKi Kidsのブンブブーン【髙橋ひかると究極の炙り料理&ホットサンド】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

KinKi Kidsのブンブブーン【髙橋ひかると究極の炙り料理&ホットサンド】[字]

絶品炙り料理を追求!組み合わせは無限お肉も野菜もチーズもアイスも全て炙りつくす▽最強ホットサンド作りに挑戦!欲張りすぎてハプニング続出?失敗しないテク

ご案内
【番組オフィシャルサイト】
https://www.fujitv.co.jp/bunbuboon/  
【公式Twitter】
https://twitter.com/bunbuboon_fuji8  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/bunbuboon_fuji8/
番組内容
KinKi Kidsがゲストが本当に“やりたいこと”を叶(かな)えるべく、徹底的におもてなし。「やりたくない」「行きたくない」「食べたくない」と素直な感情を出し、自然体で振る舞う堂本光一、堂本剛。いつまでたっても子どもみたいにやんちゃな部分と、いぶし銀の趣味の持ち主である大人の部分、二人の魅力がたっぷり詰まった45分です。
番組内容2
豪華ゲストが本気でやってみたいことを実現。KinKi Kids特有の率直なリアクションが有名人たちのリラックスした素顔を引き出しますが、現場ごと、ゲストごとの空気感を大事にし、テレビ的であろうとしない二人ゆえ、ミラクル多発。時に脱線し過ぎたり、ゲストが置いてきぼりにされたりしてしまうことも!?
番組内容3
デビュー24年を超えるキャリアに裏打ちされたKinKi Kidsの揺るぎない面白さと、独自のゆるさや柔らかさが魅力の『KinKi Kidsのブンブブーン』がゆったりと癒やします。
出演者
KinKi Kids(堂本光一 堂本剛)
スタッフ
【チーフプロデューサー/演出】
浜崎綾 

【プロデューサー】
中村峰子 
宇賀神裕子 
中村和宏 

【AP】
加藤万貴 

【ディレクター】
嘉納一貴 
島田和正 
阪本玲以 
亀池晃弘 
小野瀬瑞貴 
桂亮太 

【監修】
城間康男 

【制作統括】
太田一平

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 野口
  2. ホットサンド
  3. 食材
  4. 光一
  5. 絶対
  6. チャーシュー
  7. バター
  8. チーズ
  9. ブンブブーン
  10. 今回
  11. 雪見
  12. コンビーフ
  13. パン
  14. 完成
  15. 今日
  16. 本日
  17. ウニ
  18. お願い
  19. ダブルホットサンド
  20. メニュー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,530 (2022/01/20 22:56:14時点 Amazon調べ-詳細)

(剛)さあ 始まりました
『KinKi Kidsのブンブブーン!』です。

本日のゲストなんですが 最近
二十歳になられたということです。

女優の橋ひかるさんです。
よろしくお願いします。

(橋)こんばんは。 お願いします。
よろしくお願いします。

[本日のゲストは…]

[2014年
数々の有名女優を 輩出した…]

[以降
数々のドラマで 活躍する他

関西出身の
気さくなキャラクターで

バラエティーでも 大活躍の
人気 若手女優です]

おめでとうございます。
(橋)ありがとうございます。

(光一)あ~。
(橋)なので 何か あの…。

あっ!

(橋)はい!

今 出てました。
(橋)お~!

どこですか?

滋賀県!

この番組が ゲストに
これ やりたいんですって

オーダー 出していただいて それを
かなえるというような番組では

あるんですけれども。 今日は
何を オーダーしたんでしょうか?

(橋)究極の炙り&
ホットサンドを見つけたいです。

「究極の炙り」?

(橋)炙って… 特に チーズとかも
もう 見た目が やっぱり

変わるじゃないですか!
ああいう炙り系のやつとかも。

(橋)取りあえず 炙ろっかなと。
ホットサンド?

(橋)ホットサンド。
ホットサンドメーカー?

(橋)あれに お餅を入れて
お餅のワッフルを作ったりとか。

(橋)あと 何か クロッフル…
クロワッサンを ワッフルメーカーに挟んで

クロッフルっていう
新しい料理したりとか。

分かりました。 じゃあ 今日は
ちょっと 色々 試してみましょう。

もしかしたら とんでもないもん
作れる可能性があるんで。

(橋)そうですよ!

世の中の人が みんな こぞって
まねするような物 作りましょう。

(橋)頑張ります。

(橋)イェイ!

[今回の 『ブンブブーン!』は…]

[挑戦! それぞれが考えた…]

[慣れない作業で
まさかのハプニングも!]

[3人の オリジナルホットサンドも
必見です!]

いや 絶対 おいしい!

(堤)本日はですね 皆さんに
最高の炙りと ホットサンドを

召し上がっていただくために
『ブンブブーン!』では おなじみの

この方に来ていただいています。

よろしくお願いします。
(野口)よろしくお願いします!

[野口 英世さんは
『ブンブブーン!』おなじみの

オレコレなど 料理企画で
いつも おいしいメニューを

ご紹介いただいている
料理研究家]

[炙りも ホットサンドも 不慣れな
3人を サポートしていただきます]

まずはですね
炙り編ということで

様々な食材を
炙っていただくんですけれども

今回 皆さんに 最高の炙りを
楽しんでいただけるようにと

岩谷産業さんのご厚意で
炉ばた焼器と

カセットガス トーチバーナーを
ご用意させていただきました。

そして 今 皆さんの机に
様々な炙り食材が 書かれた

メニューがあると思いますので
そちらの中から 本日は

炙ってみたい食材を 注文して
焼いていただきます。

[今回 皆さんの炙り用に
用意した食材が こちら]

[肉や魚 野菜 フルーツまで
幅広い食材を 揃えました]

[まずは
何も分からない 3人のために

野口さんから 1品
お手本を 見せていただくことに]

[今回 作っていただくのは…]

(野口)作ります。
(橋)うわ~ おいしそう。

(野口)まず… 見えるかしら?
豚バラ肉があります。

焼く前に 載せちゃう?
(野口)そうそう。 載せちゃう。

(野口)ねぎは ちょっと 多めに。
で これで 端から…。

(野口)このとき 結構…。

ヤベえな これ。

ちょっと 福岡っぽいよね。

(野口)これで しっかり
刺していく。 ギュギュギュッて。

(野口)巻き終わりを こう…。
もう おいしいよね。

(野口)ここで 塩を 軽く振って…。
塩 振って。

(橋)うわ~。 お塩~。

(野口)それで このまま 炙ります。
なるほど。

[豚生姜ロール串]

[炙りは 皆さんで
一緒に やっていただきます]

もう 置いちゃいましたよ。
(橋)早いっすね。

なるほど。

[待っている間の会話も
炙りの醍醐味]

[ここでは 最近…]

つい最近まで
1カ月 大阪で 舞台やってて

ホテル暮らし してたのね。
外にも 飯 食いに行けないから…。

そこにしたんですよ。
台所に行って

こんろの所で そこで こうやって
しゃぶしゃぶ しながら

1人で 食ってた。
(橋)お~!

怒られるかな? ホテル。
さすがに。

野口さん ちなみに 何か…。

(野口)そうですね。

(野口)ていう感じに
してるんですよ。 そんなふうに

料理を イメージしながら
組み合わせていくと

おいしくできます。
(橋)質問してもいいですか?

(橋)こういうふうに…。

俺 だから その…。

(橋)え~! 1人でですか?
1人で。

(橋)一枚一枚タイプですか?
いや 僕も…。

(橋)いや~…。

(橋)いつも 思うんですよ。

[ここで 炙り加減も
いい感じになってきたので

豚生姜ロール串
お召し上がりください]

[お味は?]

うまっ!
これと ビールで 延々 いける。

うん。
(橋)めっちゃ おいしい!

おいしい!
(野口)喜んでもらえて よかった。

[野口さんに お手本を
見せていただいたところで

いよいよ 3人に…]

皆さん お手元のメニューから
食材を お選びください。

食材を そのまま お手元にある
バーナーで 炙っていただいても…。

炙る場合は これに載せて 炙る?
(野口)そうです。 そこに載せて。

一番最後にはですね
豚生姜ロール以外の

野口さんの オリジナル串も
載っていますので

そちら 参考にしてみてください。
もう これ 全部 うまそうやもん。

(橋)ねえ。 やりたーい。
うわ~ おいしそう!

[早速 橋さんから

炙りたい食材を
注文していただきます]

チャーシューと コーンと
長ねぎと バター。

先生のメニューで
コンビーフしいたけ串?

お願いします。

[橋さんが選んだのは
こちらの 2つの組み合わせ]

[続いて 剛が選ぶのは?]

僕 豚肉 アボカド
カマンベールチーズ。

おしゃれ。
えっと… バゲットと バター。

(橋)うわっ。 おしゃれ。
で あと 雪見だいふく。

はぁ~! 早い デザート。

ズッキーニ… ちょっと
輪切りっぽくしてもらって。

あと 万能ねぎ…
ねぎの 何か 刻んだやつと

えっと… ウニ。

[剛が選んだのは
こちらの 3つの組み合わせ]

[最後に 光一が選ぶのは?]

私は ベタなの いってみよう。
ベタなの。

素材が勝負みたいな感じで。
ホタテと ウニ 下さい。

ただ単に 食べたいだけ。
おいしいです。 間違いないです。

ピーマンと チャーシュー。

あと タコ… タコも下さい。
魚介ですね。

豚肉と 万能ねぎ。

さっきの あの…
ちょっと 長めに切ったやつ

あるじゃないですか。
あれ 大量に下さい。

[光一が選んだのは ほぼ
素材勝負の 4つの組み合わせ]

[それでは 早速
オリジナル炙りに 挑戦です]

[まず 橋さんは
野口さんの考案メニュー

しいたけに
コンビーフを詰めた…]

(橋)お~!

[光一は 辛気くさくなく

頼んだ食材を
そのまま 一気に炙る作戦]

塩 振るか。

タコはね もう 何も…
何もしません。

(橋)うわっ 絶対 おいしい。

あっ これ…。

大丈夫ですか?
これ 裏返るな。

どうやったら 裏返…。

タコ壁!
これは よく 博多でもある

豚肉を 長ねぎ どっかーんって
巻いてるだけのやつ。

あっ! チャーシューが落ちる!

あっ! チャーシューが!
チャーシューが!

チャーシューが! チャーシューが
ポチャン ポチャン いった。

[剛は 先ほどの
豚生姜ロール串に倣って

アボカドと カマンベールチーズを
豚肉で巻く…]

[作ってみることに]

(野口)でも…。

さすがですね。

[この後
オリジナル炙りを 実食!]

あっ あっ あっ… 燃えてる!
[まさかのハプニングも!]

あっ! あっ! あっ…。

[今回の 『ブンブブーン!』は
橋ひかるさんと

50種類の食材から 選んだ
オリジナル炙りに 挑戦!]

[最初に 完成したのは

光一考案の ホタテに
ウニを載せて 炙っただけの

シンプルな1品]

絶対 おいしいやん! これ。

いただきまーす。

(橋)え~!

うーわっ! おいしっ!

(野口)さらに おいしく…。
めっちゃ うまいっす。

じゃあ もっと
さっきより ちゃんと 炙ろう。

ワオッ!
(橋)絶対 おいしい!

あ~…。

あっ あっ あっ… 燃えてる!
あっ! あっ! あっ!

あっ! あっ! あっ…。
何てことを!

(橋)何してるんですか!
ちょっと!

でも 味には変わらん。
2本目 いただきます。

うーわっ! おいしい!

(橋)もう 事故が…。

[光一が ホタテとウニの炙りに
集中してるうちに

支えをなくした チャーシューが
順調に 落下していました]

[残念!]

あっ! ピーマンが!

しかも ちょっと 焦げてた。

でも… でも これ 食べるよ 俺は。

[続いて 橋さんも

コンビーフしいたけ串を
作りながら

もう1つの炙りが 完成]

[チャーシュー 長ねぎ

バター コーン]

いただきます。

(橋)うん!

あっ!

[コンビーフ 水没!]

水没! 色々… 色々 ヤバい!

[一方…]

[ここで 豚アボカドカマンベールチーズ串も
ちょうどいい炙り加減]

今は…。

いかがですか?

あの人さ…。

(橋)そうなんですよね!
気付いたら 食べてはるから。

えっ?
一応 テレビなんで。

[光一が 博多をイメージして
作った ねぎ巻きも

そろそろ いい炙り加減です]

完全 福岡 これ。

よしっ! 絶対 おいしいやん!
これ いただきますよ~!

熱い! 熱い!
(橋)大丈夫ですか?

はい おいしい! おいしい!

めっちゃ うまい! うーまっ!

もう ビールやん。

[一方 コンビーフしいたけ串に
挑戦中の 橋さんは

しいたけに
コンビーフ 粒マスタード

マヨネーズ チーズを載せ
あとは 炙るだけ]

すごいね。
(橋)絶対 おいしい!

すごい 今
テレビ的な絵になってるよ。

(橋)やった!

うわ~!

あ~ それ おいしいやろうな。
それ あれか。

おいしいやろうな。

そりゃ おいしいやろ。
間違いないわ。

[剛が その間に
黙々と作っていたのは

炙ったズッキーニに
ウニと 万能ねぎを載せた

シンプルで おしゃれな1品]

あの人は ホントに…。

(橋)素材VS。

何それ?
にんにくチューブ。

[ここまで 順調に創作してきた
剛ですが…]

(橋)におい 強いです。
すごいことになりそうだよね。

あ~ いき過ぎた!
[いき過ぎた]

クッソ。

ちょっとにしなと思ったのに…。

[果たして お味の方は?]

たぶん にんにく
どっかーんやと思うな それ。

単体で 食べた方が おいしかった。

[ここで 光一と 橋さんが
雪見だいふくを 追加注文]

(橋)やるなら やりますよ。

ヤッバ! これ。 ヤバくない?

(橋)えっ? えっ? おもろっ!

(野口)もしかしたら そこに…。

(橋)うわ~! はぁ~! それだ。

(野口)すいません。

[一方 剛は 注文していた
バゲット バターと

雪見だいふくを
丁寧に 炙っていますが

ここでも
チャレンジャー気質を発揮]

[何をするのか?]

バゲット バター 雪見だいふく。

これは…。

それ 何? それ。
チリソース。

いただきますよ。

[その お味は?]

よく分かんないです。
[失敗!]

(橋)おいしそうやったのに!
おいしくないこと ないねんけど。

アイスクリームに しょうゆ…。

みたらし団子的な雰囲気。

ちょっと 違う感じになるんかな
と思ってんけど…。

[続いて 橋さんが試す
雪見だいふく炙りは

チーズを載せて
グラニュー糖で炙る

キャラメリゼバージョン]

待って。
それ めっちゃ うまそうやん。

絶対 うまいね。

いや~ うまそう。

(橋)掛けてみたい。

1回 掛けてみて。 みたらし団子
と思って 食べてみて。

砂糖じょうゆの絵やん。

絶対 もう…。

後悔するぞ。

滋賀 背負って 食べてみて。

(橋)結構 付きましたよ。
やめておけば よかったものを…。

ほらっ よう 分からんねんて。

「し」が 「ち」になってる。
今 何か 普通に…。

ちょっと びっくりした。
(橋)おいしい おいしい!

おいしい?
どんだけ 病気なん?

すごい下の女の子に…。

あのカンペが ひどい!

カンペが ひどい!

やめなさいよ!

(橋)えっ?
1回だけ。

どういうテンション?
ちゃんと 顔 見て 言って。

それは もう
ありがたく 頂きますよ。

光一。

関西やから。
オカンみたいやった。

[この後は いろんな食材を挟む
ホットサンド編]

焼くよ。
それ いけますか? 光一さん。

[今回の 『ブンブブーン!』は
橋ひかるさんと…]

[家電調理ブランド…]

[使って おいしいホットサンドを
作っていただきます]

[まずは 番組常連の料理研究家
野口 英世さんに

見本のホットサンドを
ご紹介いただきます]

[それは…]

絶対 おいしいやん もう。

(野口)
まず パンですね。 そこに チーズ。

(野口)ここに ハム 載せます。

(野口)ちょっと 厚めにしたいので
2枚重ねで いきます。

(野口)そこに マヨネーズ。

(野口)合いますよね 絶対に。
絶対に合う。

円を描くように。
(野口)土手を作る状態にします。

(橋)なるほど!

(野口)そして その中に 半熟卵。

(野口)
今日 温泉卵です。 もし あの…。

(野口)おうちで 半熟卵 作るとか
あと 半熟状にした

目玉焼きでも OKです。
(橋)うわ~ おいしそう。

(野口)
この上に さらに ハム いきます。

ヤバいね。
(橋)え~!

(野口)いきます!

追いチーズ。
(野口)はい 追いチーズします。

(橋)絶対 おいしい。

その上に…。
(野口)この上に パン いきます。

すご~!
すごい ボリュームだよね。

(野口)でも これ 挟めちゃいます。
挟むときも ポイントがあって。

(野口)これだけ
ボリュームがあるじゃないですか。

(野口)なので 挟んだら
ちょっと 厚みがあるときは…。

(野口)少し このパン
今 ずれてるの 分かります?

(橋)ちょっと 手前側に。
(野口)そうすると ふたで

ぐわって 押されたときに
通常に戻る。

(橋)ちょうどよくなるんですね。
(野口)そうなんですよ。

(橋)ホンマや!

(野口)これで…。

完全に 閉まらんでいいもん…。
(野口)閉まらなくても 大丈夫。

[それでは…]

[お召し上がりください]

いただきます。
(橋)いただきます。

(橋)おいしい!
うーん!

野口さん 何か 挟む組み合わせで
注意するポイントだったりとか

アドバイスって ありますか?
(野口)ホットサンド 作るときって

なるべく 同じタイミングで
出来上がる物。

(野口)例えば 中身に
入ってくる物が ずっと 硬くて

なかなか 火が通らない物よりは

ちゃんと パンの焼き上がり
だいたい 2分半なので

そのぐらいで 一緒に 火が通って
おいしく 食べられる物を

挟むのが おいしく作るコツです。
(橋)なるほど。

[早速 50種類の食材から
何を挟むか 決めていただきます]

皆さん 1品の…
1品のみ お選びいただけます。

僕…。

何で 分かる?
これまでの…。

そうする。
来た 来た。 ありがとう。

(橋)ホンマに。
何や? これ。

光一さんは…。

歯茎で 食べてるんですか!?

歯と歯やろ どう考えても。

[1人1品に悩む 3人に
野口さんから 特別な裏技が]

(野口)食パン 今 私 こうやって
挟んだじゃないですか。

(野口)これを こういう状態で挟む
って 分かります?

(野口)
パンを 1枚 平たくあるのを

半分ずつ 違う味で…。

(橋)うわっ!
(野口)とかも できます!

天才だ 先生。

そんなに
いっぱい 頼もうとしてんの?

2種類 作るってなったら…。

[ここで 剛は 一風変わった
ホットサンドを 思い付いたようで…]

麺で 牛丼の具に

さばの塩焼きを…。

おいしそう。
載せて…。

大葉を刻んじゃえるかなぁ。
おいしそうですね。

ちょっと 味が濃いはずやから

大葉みたいなの
ぶち込んどいての…。

ちょっと さりげなく
バターを入れたりしたら

よさそうな気するな。
何か コクっぽいのが…。

あります!?

ちょっと お店 開こうか。

[剛が選んだのは こちらの食材]

[続いて 光一は デザート系の
ホットサンドにするようで…]

食パン チョコモナカジャンボ。

え~…。

チョコレート。
追いチョコレートしてるだけやん。

チョコレートは ミルクと
ホワイト 両方にしてください。

[光一が選んだのは
こちらのメニュー]

[続いて 橋さんが選んだ
ダブルホットサンドの食材は?]

バターと グラニュー糖と バナナ。

チョコ… まあ かっこ ミルク。
マシュマロと 雪見だいふく。

明太子と 大葉と ツナと チーズ。

うまそう。
左の うまそうやなぁ。

したいと思います。
盛りだくさんで。

[橋さんの 欲張り
ダブルホットサンドの食材が こちら]

[果たして どんなホットサンドが
出来上がるのか?]

[まずは 光一の
デザートホットサンドから]

バターをね…。

(野口)そうですね。
端っこまで いかない方が。

焼くよ。

ずらす。

熱っ!

引っ掛かった。 引っ掛かった
ってことは いけたってこと?

(野口)そういうことです。
5段階 あるので。

[一方 焼きそば麺に
牛丼の具を挟む

一風変わった ホットサンドに
挑戦している 剛は…]

♬~

♬~

[一方 二刀流で攻める
橋さんは まず

ツナ明太マヨネーズサンドから
作ります]

(橋)やっぱさ 明太子と マヨネーズは
もう 最強だと思うんですよね。

♬~

[これで 半分が完成]

[橋さんの ダブルホットサンド
2つ目は チョコバナナホットサンド]

♬~

(橋)
えっ! えっ! 入るんかな?

(橋)載せて… こうして…。

料理 疲れますね。
すごい。 ちゃんと いったね。

(橋)怖いわぁ。
いい感じやん。

[今回の 『ブンブブーン!』は
橋ひかるさんと…]

[早速 パンに
チョコモナカジャンボと

チョコレート バターを挟んだ
光一のホットサンドが

完成したようなのですが…]

ジャジャーン。

どうやろか?
(野口)おいしそう。

(野口)そうですね。 台形にすると
ちょっと おしゃれになります。

はい!

きちゃな!
めちゃめちゃ きちゃない!

じゃあ もう 食べるよ。
溶けちゃうから。

きちゃないなぁ。

(橋)え~!?

(橋)どんな味なんやろう?
うーまっ!

(橋)あっ! ホンマ ええ匂い!
あっ!

おい…。

誰や!? バラエティーに
王様 連れてきたん。

[続いて 牛丼の具と さばを
麺で挟んだ…]

麺で挟んでたやつ。
では 開けてください。

すごっ。

(野口)いい焼き色です。
いい焼き色じゃない? これ。

うわっ! めっちゃ…
うわ~! プロやん。

(橋)おいしそう。
これ…。

ごま油とか ちょっと…。

ごま油! 確かに。
あれっ? あるの?

来た 来た。 コーヒー 来た。

(橋)王様や ホンマ。
違うよ。

これで。
これ 何? ごま油?

来た!
だから…。

(橋)お~!

何も聞いてへんかった。

何やろうな?
いただきます。

最高。

合いますか? 中の牛丼の具と。
めちゃくちゃ 合います。

あと…。

[ここで ツナ明太マヨネーズと
チョコバナナを 同時に挟んだ

橋さんのホットサンドも 完成]

めっちゃ 焦げてそうな感じ。
怖いわぁ。 あっ よかった。

(橋)よさげ。 どうしよう。

[2種類を 同時に作った
橋さん]

[まず…]

(橋)明太子。

あっ! うまそう!

[続いて 2つ目の
チョコバナナホットサンド]

[頼んだ 雪見だいふくは
まだ 使われていないのですが…]

(野口)あ~。
しっかり 盛り付けも 丁寧に。

やっぱ カフェとか
行ってる人っぽいね。

今 塩 掛けたね。
(野口)すごい! おいしそう。

(橋)完成しました。

(橋)おいしそう。

[橋さんの ダブルホットサンド
その お味は?]

いただきます。

明太子の うまそうやなぁ。
いいっすね。

(橋)うん。 うんうん。 うん!

[ダブルホットサンドの
もう1種類…]

どうですか?

(橋)おいしい! うん!

[ということで 全てのホットサンドが
作り終わったので

本日の企画は 以上です]

(野口)
何でも おいしくなりますよね。

何でも おいしくなっちゃう。
ということで 以上となりますが

今日は いかがでしたか?
ホントサンド 正直 ほぼ 初めてで

1回 やったとき めちゃくちゃ
焦がしちゃったんですけど

今日は 機械の力も借りて
めっちゃ おいしくできましたし

皆さんのレシピが
ホントに おいし過ぎて

普段からっていうか…。

よかったですね
滋賀から 出てきて。

滋賀から 出てきて よかったです。
奈良から 出てきて よかったです。

何のPRもなく 来たの? 今日。
楽しく のこのこ…。

そういう心構えは いいよね。

楽しませてもらいました シンプルに。
ありがとうございます。

ということでございまして 本日の
ゲスト 橋ひかるさんでした。

ありがとうございました!
ありがとうございました!

(有岡)プレゼンプレゼント なにわ男子 VS
Hey! Say! JUMPスペシャル!