TOKIOカケル【安田顕ネガティブ炸裂!!過酷ロケで九死に一生?太一がキレた日】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

TOKIOカケル【安田顕ネガティブ炸裂!!過酷ロケで九死に一生?太一がキレた日】[字]

クセが強い俳優!安田顕がネガティブ連発…3日休みだと不安?友達がいない?過酷ロケで九死に一生▽太一が激白!城島にキレた海外ロケ▽札幌で発見!激うま塩ジンギスカン

番組内容
TOKIOのメンバーとゲストが、さまざまなオリジナルゲームを展開しながら、時に際どい駆け引きをするバラエティー番組『TOKIOカケル』。
今回の“友達ゲスト”は、俳優の安田顕!そして女性代表ゲスト、通称“エンジェルちゃん”として森三中の大島美幸が登場。安田といえば、クセやアクの強いキャラクターを数々と演じ、個性派俳優の中でもひと際ただならぬ空気感を放っているが、
番組内容2
プライベートは一転、ネガティブ発言が連発する!さらに、TOKIOメンバーとも同世代ということで、子供の頃部屋に貼っていたポスターの話や、同じ北海道出身の松岡昌宏と地元話で盛り上がる!他にも、安田自らスマホのスーパーワイド機能を使い、城島茂や大島の写真を撮るなど、普段テレビでは見ることができない安田の素顔が明らかになる!
出演者
TOKIO 

【友達ゲスト】
安田顕 

【エンジェルちゃん】
大島美幸(森三中)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
清水泰貴 

【プロデューサー】
五十嵐剛 
鈴木浩史 
疋田雅一 
増谷秀行 

【演出】
加藤智章 

【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松岡
  2. 大島
  3. 城島
  4. ポスター
  5. ホント
  6. リーダー
  7. 時代
  8. 亀田
  9. 史郎
  10. 赤飯
  11. カード
  12. 安田
  13. 札幌
  14. アルシンド
  15. お願い
  16. コンビニ
  17. 阿部
  18. 塩ジンギスカン
  19. 七輪
  20. 写真

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,530 (2022/01/23 23:02:44時点 Amazon調べ-詳細)

(国分)さあ 本日のゲストは
安田 顕さんでーす!

(安田)お願いします。
(松岡)満を持してじゃないですか。

そうなんですよ。
来てくれなかったんですよ。

今までは。

TOKIOのメンバーとの絡み
っていうのは どうですか?

呼ばれたときに。
某ゴチで。 そうですね。

ていう話を そのとき してました。
覚えてくださってました?

何か 役柄 ちょっと
元気なイメージ あるじゃないですか。

そのときにね 印象に残ってます。
ホントに もう

ずっと 黙ってろって言ったら
ずっと 黙ってられます。

大島さん どう? あります?

大島さん…。

(大島)えっ?

行きました。
そのときに 僕

リポーターをやっていて

森三中さんと
お話をしたことあった。

(松岡)きた きた きた きた!
がっつり 絡んでる!

(大島)うわっ!

ええ ええ。
どんな感じですか? 印象は。

そのときは。
(城島)当時はね。

(松岡)まだ 負けちゃいけない
っていう時代だから。

(松岡)ヤバいとき 見られてんな。
(大島)ヤバいっすね。

[本日の…]

[癖が強めのキャラクターを
数々 演じ

今 ノリに乗っている
俳優さんだけど

今日は…]

(大島)え~!?

大きくなってしまうので。
「漠然とした不安」

[どうしちゃったの!?]

けんさんに 友達ってことで
聞いていいですか?

あ~ きた! じゃ けんさんで。

けんさん 多そうですよね。
けんちゃんって言うには

大人だなと思うし。
それでは けんさん まず 1枚

カードを選んでください。

じゃあ 真ん中を…。
(松岡)お願いしまーす。

はい。

これは 誰ですか?
はい!

ちょっと ぶつけてなかった?
(松岡)真っすぐ 手を挙げて。

このまんま いっちゃいました。
(松岡)優等生だな おい。

一番の思い出。

そうかもしんないですね。
出してほしくないっていう。

(大島)もう ホントに すいません。

(大島)私が
一番 思い出に残ってるのは…。

うわ~…。
さくっと言ったね。

へぇ~!

胃腸の薬として
売ってるみたいで。

(大島)それを 試飲してみよう
ということで 森三中で…。

(大島)ぐっと いったんですよ。
そしたら もう…。

へぇ~! 熱いんだ。

今のお話 聞いたら
僕 全然 そんな経験 ないから…。

何だろう? 過酷っていうか

ホントに 申し訳ないことしたな
っていうのは…。

その後 何人か 続くんですけど。

一番手で行って
いきなり 吹かして

横転させて

破壊させちゃったんです。

(城島)車自体を。
試合続行 不可能ってこと?

不可能。

もう こんな でっかいクレーン車が
引っ張ってる映像があって。

(大島・国分)え~!?
それで もう 尺 とれなくて。

ケガは なかったんすか?
ケガ まったく なかったんですよ。

それは よかっ… でも ちょっとね
番組サイドも それですよね。

横転した瞬間 俺…
全部が こう転がった瞬間

どんな顔してんのかなって
見たら…。

(松岡)諦めたのかな?
俺の最期 これかな みたい…。

(大島)へぇ~。
(松岡)諦めたのかな?

すごいっすね。 それ
オンエア どうなったんすか?

一応 そこまでは 使ってるんすね。
使ってますね。

でも それで
1週で 終わりでしたね。

そう考えると。
してたね。

[数々の過酷ロケを 経験してきた
TOKIOだけど

太一が リーダーに
キレそうになったときが

あったんだって]

(大島)え~!?

(城島)先に行ってね。
(松岡)先に行って。

ゴールで。

ロシアに 宝物を探しに行って
山奥まで行って

めちゃくちゃ
寒いとこだったんですよ。

ここだって 目的地が分かって
ぱって見たら リーダーが…。

つって 終わるんすけど。

こっちは 2日間
ずーっと 宝 探してるんですよ。

(城島)あれは すごかったよね。
(松岡)こっちも 言われてるから。

こっちも 嫌でしたね。
こっちは こっちで 大変…。

(城島)あれは あれで…。

(城島)ゴールやってんけど…。

10時間かけて 行って。
それで 先に インサート撮影…。

待ってる間のシーン 撮って。
で その間に…。

(城島)そしたら 撮り終わった。
じゃ ちょっと 昼休憩しようか。

待ってよう みんなを
って言って ぱっと見たら…。

(城島)あれっ? と思ったら…。

もう 俺 これ 5, 000回ぐらい
聞いてる話。 そのぐらい

リーダーにとっては バーベキューが
食べたくて しょうがなかった。

もう これは ロケが どうこうじゃ
なくて 人としての話…。

(城島)だから スタッフ全員
飯 抜きで。 ほんで 洞穴で

僕 虎の格好して…。

(城島)そこで…。

(松岡)あ~ そっちの虎なのね。
(城島)そっちのオチも 実は

あったんやけど たぶん…。

何だよっていう。
2日間かけて これはっていう。

でも コーディネーターさんも
ホントに 虎が出る森なんで

銃 持ってんですよ。
銃 持ってんすけど もう…。

渡すんですよ その銃を。

(城島)恐ろしいですよ!
ベロッベロで帰るから。

[けんさんが
ドラマの超過酷ロケで

共演した 阿部 寛さんの
今まで 見たことない一面を

見ちゃったらしいよ!]

ドラマとか お芝居で ちょっと
大変だったロケとかいうのは

ないんですか?
TBSの…。

出させてもらったときに 何か…。

おっしゃって。

いたんですけど。

尋常じゃないんですよ。
雨って 上から下じゃないですか。

(松岡)風も 入れてっから。

僕 阿部 寛さんのこと
すごい 尊敬してて。

絶対 文句 言わないんです。
そんなことがあっても。

て おっしゃってるんです。

ポン寄り あるんです 阿部さんの。
それで こうやって カメラ見て

しゃべんなきゃいけないんですよ。
でも 横なんですよ。

(松岡)当たって 当たって。
バチバチ バチバチって。

絶対 言わないんですよ
そういうこと。

(松岡)真面目な顔で。

(松岡)「監督 目が開きません」

(大島)あの阿部さんが。
すごかったですよ。

けんさん それ 言ってもらって
助かったところもあるわけで…。

そうです。 やっぱり 座長が
そうやって 言ってくだされば。

その後 全然 緩めませんからね。
ずっとですから。

すごいよ ジャイさんは やっぱり。

とか言ってるんですよ。

それで 生まれてんすね
ああいう名シーンがね。

[今では ヒット作に出まくってる
けんさん]

[下積み時代が
長かったみたいだけど

売れ始めた! と感じた出来事が
あったんだって]

俺 何か これ 変わったな
っていう。

(松岡)そうっすか?
東京… ないです。

こういう所に 呼んでいただく
っていうことが

1つずつ 実感だと思いますけど。
へぇ~。

結局 取材していただくときに
一番 申し訳ないなと思う…。

これだってのが 何か なくて。
何か 自信になったとかいう

作品だったりとか。
作品というか…。

何ですか? それ。
群馬県 高崎市に着いて

ホテルに チェックインして
向かいの…。

役名の… どっかで見たことある
っていう 私をですね

全員が フルネームで…。

て言ったんですよ。
これ ホントなんです。

「串カツ田中」から ホテルの隣の
コンビニ 行ったんですよ。

コンビニ 行く途中に…。

キィーッと来て…。

コンビニに入ったんです。 コンビニに
入って ビールか何か 買って

飲料 買って いってるとき…
レジに並んでるときに…。

(松岡)きてるじゃないですか!
僕は そのとき…。

と思った。

人は それを ターニングポイントって…。
あ~ そうだ。

(松岡)高崎ですよ。

他の所でも…。

すごい。
あれが いまだに 謎なんですよ。

何だろう?
あそこ にぎわってますからね。

食べ物屋とか
ちょっと ありますからね。

まったく 関係がない。
ないんだ。

(松岡)そもそも…。
(城島)ちょっと 思うたけどね。

(松岡)
役名として おかしいもんね。

さあ では
カードを お願いします。

はい。

これ 僕の質問なんすけど。

だと思うんですよ 僕たちは。
ちょうど そうですね。 間ぐらい。

僕らの時代って…。

貼りました。

あの文化 いまだに
分かんないけど 僕も貼ってて。

貼ってた。
貼ってたでしょ!?

そうそうそう! 布団 入って
こうやったとき 見れるんだけど。

(松岡)確かに そうだわ。

誰を貼ってたか
っていうことなんすよね。

僕は…。

眼鏡 掛けて ひげ 生えてる。

こうしてるポスターなんですよ。

もう 憧れて…
アンダースローという投げ方と

眼鏡と ひげっていうのが
超カッコ良く見えて。

小学生ながらに。
なんで いつも 寝るときに

高橋 直樹さん こう貼って
おやすみなさいって言ってたの

覚えてるんですけど。 アイドルとか
じゃないんですよ 僕の場合は。

ホントに 好きだったから。

けんさんは 誰を貼ってたのかな?
っていう。

[けんさんが ポスターを貼るほど
憧れていたのは

北海道民が大好きな
ある女優さんだよ]

僕は 2段ベッドだったんで
天井っていうか 上が

ちょうど 木枠だったんで
こう ゆがんじゃうんで 壁でした。

壁!

蛍ちゃん。
鮮明に覚えてるんですね。

(松岡)富良野ですね。
JR北海道の

イメージキャラクターで いらっしゃってて。
それを貼ってて。

ちょうど あれがね
『北の国から』の 初恋か 卒業…。

♬「かたい絆に」っていう…。

(松岡)今の 誰ですか?
♬「かたい絆に…」

おっ!

長渕 剛さんの 『卒業』 流れる中

蛍ちゃんって
とにかく 走るじゃないですか。

列車で 緒形 直人さんが
これから 予備校 行くんだって…。

それ
ずっと 追っ掛けてるのにね…。

その日 一日 もう ずっと…。

すっかり ファンになって。
うわっ いいな~!

母の知り合いに JR北海道に
勤めてる 職員さんがいたんで

その方に お願いして
ポスター おっきいの もらって

それ 貼って 毎日 眺めてました。

そういう時代ですよね。 ポスターを
眺めるっていう時代ですよね。

大島さん 誰 貼ってました?
ポスターとか。

スポーツ選手… しかも アルシンド!?
(松岡)いいね!

(松岡)「アルシンドに
なっちゃうよ!」の アルシンドね。

(大島)鹿島アントラーズ。
何で?

中2のときに
Jリーグが始まりまして。

(大島)そんときに
何か もう 盛り上がってるから

何だ? これ。 面白そうだな
と思って 見たら…。

と思って。 だから みんな
アルシンド あれでしょ? っつって

ここ ないでしょとか言って…。

(大島)関係なくね? って。

(大島)カッコイイと思って
ミサンガとか集めたり。

(大島)それこそ
ポスター 貼って 見たり。

あ~! そういうときだ。

城島さんは?
僕は あれだったな。

ドラえもんね!
アニメ系もいたね。

(城島)映画 『のび太の恐竜』とか
行って 買ってもらって

喜んで ドラえもんのポスター
貼ってるみたいな。 アニメ好きで。

カワイイ。
そんな時代 あるんすね。

(松岡)分かる 分かる。

奈良って ないんだ。
奈良 ないの!?

そう。 ないの。

ポスターってね 売ってません。
(大島)え~!?

埴輪とか そういうポスターばっかり?
(城島)そこまで いかへん…。

(城島)だから 当時は 子供やから
どこに売ってるか 分からんから。

(城島)映画館 行って
買ってたっていうね。

松岡は?
子供のころは ポスターとかってより

カレンダーですよね うちも。
カレンダー。

(松岡)エマニエル坊やが
はやってて エマニエル坊やの

ポスターみたいな
下に こういう 1月 2月 3月…。

全部 入ってるやつね。
(松岡)そうそうそう。

(松岡)が 北海道にいたころ。
へぇ~。

矢沢さんとか
結構 天井 似合うね。

矢沢は やっぱり もう…
タオルも 張ってたね。

そういうのも あった…
タオルも あったかもね。

(松岡)張ってて…。

とか よく分かんないこと…。

(松岡)バスタオル 指さして 俺 あそこ
いくんだとか言ってた時代だから。

では カードを お願いします。

これがね もう…。
これ 私ですけども。

ゴチで お会いしたときに…。

というお話を 伺ってから

じゃあ 一日 けんさんがね
どんなふうに過ごしてるのか

すごい 興味 持ちまして。

だいたい どんな感じで
過ごしてんのか ちょっと…。

あれっすよ。

そりゃそうです そりゃそうです。

何で 抱えるんですか…。
(大島)ヤダな~。

あの晩酌の温度と 全然 違う。
3日以上の休みが 続くと

やっぱり 漠然とした不安が
大きくなってしまうので

1日 2日で せりふ 覚えて
また 仕事 行って。

(大島)え~。
何 飲むんですか?

麦焼酎を 炭酸で 割るんですけど。

1杯でも 飲まないと
オフれないっていうこと?

そうなんすよね。

欠かせない 欠かせない
っつってるけど…。

てときは あります。

そのまんま 寝落ちしちゃう
っていうか。 で…。

最近。
これ 見て…。

これを ずーっと 見てるんです。
やってもらっていいですか?

もう…。

史郎さんと 娘さんの掛け合いが

もう とにかく ファンに
なっちゃって。 ホントに…。

見て 晩酌しながら。
晩酌しながら。

今日 更新してるかな?
どうかな? なんつって。

何か その…
すごい うれしかったのが

亀田 史郎さんが 東京の
カリスマ美容師さんの所に

髪を切りに行くっていう一編が
あるんですね。

そのときに 亀田 史郎さんが

ネイルで…
爪磨きしてもらってるんですよ。

そこの美容院で。
そのときに 亀田 史郎さんが

「どんだけ~」って
やられるんですね。

その…。

(松岡)確認してみましょう。

聞けば 聞くほど 「安田 顕」って
言ってねえか? これってなって。

(松岡)確認してみましょう。

(亀田)何これ? これ 何すんの?

(美容師)爪を磨かせてもらいます。
(亀田)みんな やってんの?

皆さん やらせていただいてます。

(亀田)つるんつるん なってる。
(姫月)何か キモいねんけど パパ。

オネエ なるやん。

「どんだけ~」 言わなあかんやん。

「どんだけ~」 言わなあかんやん。
ほらっ! 言ってるでしょ。

「どんだけ~」 言わな…。

「どんだけ」だったら…。

よーく 聞いてください。

「どんだけ~」 言わなあかんやん。

「どんだけ~」 言わなあかんやん。

「どんだけ~」 言わな…。

ほらほらほらっ。
(大島)ちょっと 聞こえてきた。

史郎さんが 何か 失敗しちゃった
みたいになってるけど…。

あれっ!?
違う。 これ…。

(松岡)これ 1人で…。

(松岡)いや これね
史郎さんが どうこうじゃない。

(松岡)そういうシリーズは
あるんです 俺も。

(松岡)それが 駄目だよ!
それが 駄目なんだよ!

「安田 顕」でも
どっちでもいいんだよね。

では カードを お願いします。
はい。

これは 誰ですか?
(城島)これ 私なんですけども。

あの~… 自分が 関西人なんで…。

そこら辺が こんな 違うんや!
卵焼きも 甘かったりとか。

そこは 衝撃 受けたんですけど。
北海道から 東京で

出稼ぎっていうか 仕事に来て
うわって 衝撃 受けたものとか。

(城島)もしくは 自分の地元では
こんなに おいしいのに

こっち来たら あれっ?
こんな鮮度? じゃないですけど

そういうのって あるのかなと。
松岡さん いらっしゃるんで…。

食べ物の話 したいんですけど。
俺 名前 忘れたんですけど…。

知りません?
七輪で 塩ジンギスカン 食べる。

札幌の…。
(松岡)札幌ですか。

俺 名前 出てこないんだよな~。
札幌 だって…。

(松岡)安田さん… けんさん
出てこなかったら 僕 出てこない。

札幌 塩ジンギスカンで 出るんじゃない。
最近のお店ですかね?

あのね 塩ジンギスカン…。

(松岡)かぶと鍋。

そうじゃなくて
七輪の平らな網で。

塩ジンギスカンです。 たれも 何も
付けず 塩に漬けてるやつ。

これを焼いて… めちゃくちゃ
うまいんですよ 軟らかくて。

僕 富良野では 食べましたけど…
札幌ですか?

そうなんですよね。
これですか? これ 七輪ですよ。

もう 老眼で 見えねえな。

「八仙」?

「八仙」です!
お~!

でも だいたい
ジンギスカン 鍋ですもんね。

とある女優さんと…
舞台 一緒にした 女優さんが

まったく ジンギスカンが 臭くて
食べられないっていう方が

これ 食べて 価値観 変わったって
大好きになったんですもん。

(松岡)大通店。

あと 季節のときは こんな長ーい
アスパラを この七輪で こう…。

先っぽから こう焼いて…。
なるほどね。 でもね…。

(松岡)こっちに来て 衝撃を…
もう あるでしょ!?

(松岡)あるでしょ? 色々。

(松岡)赤飯とか どうでした?
ご実家の赤飯とか。

赤飯…。

そういうのじゃないんですか。
僕 びっくりしたんだけど…。

(大島)えっ!?
東京がってことですか。

(城島・大島)甘納豆!?

誰? 誰がいるの?
(大島)何か いるな!

いるね! 誰か いるね!
プロデュースしてる人がいるよ。

え~!

お葬式ですか?

何?
お葬式は…。

えっ?

あっ…。

何ですか? それ。 黒い飯って。
(大島)黒い飯?

(大島)間違ってる!
ちょっと!

お葬式?

赤飯は 甘納豆だし そういう
冠婚葬祭 祭事があるとね

なぜか…。

え~! 色の付いてない 赤飯?
うん…。

(城島)普通は 赤い…。
(大島)普通 赤いですよね 赤飯は。

(大島)励ましてもらえる。
では カードを お願いします。

(松岡)あっ 久々!

今回は 誰ですか?

はい!
大島さん。

最近 私が撮ったのは こちらです。

これ 私の地元…。

(大島)高校生のときに 友達が

ラーメン屋さんなんですけど
ラーメン屋さんで バイトしてて。

「わくわくラーメン」
おじちゃんと 仲良くて。

栃木に帰ったら ここに寄って

実家 帰るみたいなことを
してたんですけど おじちゃんが

「ちょっと 美幸ちゃん」と。

(大島)「美幸ちゃん
いつも 来てくれるから

ポスター させてくれ」って言って
1枚 写真 撮られたんですよ。

「テイクアウト できます!」
って書いてありますね。

「私の一押しメニューです!」
これは 一押しメニューなの?

右下の…。

(大島)見た目は 何だ? これ
って感じなんですけど。

豚肉と 卵で あえてるんですけど。
見た目は ホントに

吐しゃ物みたいな
感じなんですけど…。

めちゃくちゃ うまいです。
私 これを

大盛りで食べるっていうのが
高校生から ずっと やってて。

チャーハンじゃないんだ?
チャーハンじゃないです。

ご飯の上に それが掛かってる。

この 上2つは
一押しメニューではないの?

(松岡)これ 店側のね!

(松岡)店側の 美幸ちゃんも
好きですよっていう体で。

(大島)体で 載ってます。
「わくわくラーメン」

こんな写真を撮りました。
撮りますか? スマホは。

この間…
今 撮影中なんですけど…。

それを その若手の方に
撮ってもらったんですよ。

私の顔なんですけど ちょっと
面白いことになってますね。

(松岡)何ですか? これ。
これ 私なんですけど。

けんさん? これ。
何か…。

(大島)へぇ~!

伸びてますね。
(大島)伸びてる。

これ けんさんなの?
これ 僕です 僕です。

え~ 知らない!

はやってんの? これ。

今 こっち側にいる女性 みんなが
首 かしげましたよ。

やってないでしょ。
あっ じゃあ…。

(松岡)時代を!
(大島)そうかもしれないですね。

(松岡)
何か やり方が あるんですか?

とにかく…。

(松岡)そうなるんですか。
ちょっと リーダー やってみます?

[ということで けんさんが…]

[まずは 大島さん]

顎を ちょっと いいですか。

アイーンって。

近っ!
えっ 近くない!?

(大島)これで いいんですか?

[その後 リーダーの顔も 撮影]

[それでは まず
大島さんの写真から]

大島さん… あ~!

[大島さんの
スーパーワイド写真が こちら]

大島さん… あ~!
何か あれじゃん?

(大島)ホントだ!
似顔絵ショップ ホントだ!

(松岡)浅草とかの。
今度…。

いいですね。
(松岡)肉丼! っつって。

(大島)いいですね。
(松岡)これ カワイイ。

(大島)絵みたいです ホントに。
リーダー 見ましょうか。

[続いては リーダーの写真だよ]

あらあらっ!

[リーダーの
スーパーワイド写真が こちら]

(松岡)あらあらっ!

(松岡)
すごいね リーダー! 何か…。

(城島)虫みたい。

(松岡)おでこの輪郭が 奇麗に…。
(大島)奇麗ですね。

これをね みんなで撮り合って
ケラケラ 笑ってたね。

あ~… そうでしたね。

映画 『私はいったい、
何と闘っているのか』が

12月17日より 公開となります。

笑って 泣いて
最後には ほろりと感動する

共感度マックスの ジェットコースター
ハートフルコメディーでございます。

ぜひ 劇場で ご覧ください。
よろしくお願いします。

ということで
どうも ありがとうございました!

(大島)ありがとうございました。
ありがとうございました。

(北村)♬「忘れてやるさ 馬鹿」

[ご本人による
熱血レッスンも!]

[マイリスト登録も
お願いしまーす!]

[さらに
けんさんの 謎の私生活トークは

FODで いつでも 見られるよ]