秘密のケンミンSHOW極!あつあつ!トロトロあんかけグルメBEST10![字][デ]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

秘密のケンミンSHOW極!あつあつ!トロトロあんかけグルメBEST10![字][デ]

寒い季節にぴったり!あつあつトロトロあんかけグルメBEST10!岐阜とろとろカツ丼&謎のスパイス入り!?福岡そば&最強定番名古屋あんかけスパ&カレー!?埼玉(秘)飯

出演者
【司会】
久本雅美
田中裕二(爆笑問題)
番組内容
久本雅美、田中裕二(爆笑問題)がMCを務めるディスカバリーエンターテインメント番組!日本全国の激うまグルメや衝撃の習慣を徹底調査!あなたの知らない日本が明らかに!?お楽しみに!▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!
制作
ytv
番組ホームページ
●番組HP
https://www.ytv.co.jp/kenmin_show/

ジャンル :
バラエティ – その他
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. 完成
  3. カツ丼
  4. 片栗粉
  5. 具材
  6. 水溶
  7. スープ
  8. 大量
  9. アッツアツ
  10. ガタタン
  11. スパイシー
  12. 主人
  13. 登場
  14. 武蔵
  15. スタカレー
  16. スタミナラーメン
  17. チャンポン
  18. トンカツ
  19. アツアツ
  20. お待たせ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥2,480 (2022/01/20 23:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

<今夜の…>

<まもなく…>

<日ごとに寒さ増す この時期…>

<我々 日本人が…>

<なんと言っても!>

<体温まる鍋や

アッツアツのおでん…>

<冬の寒さなんて
軽く吹き飛ばす!>

<いつまでたっても
とろ~り アッツアツの

最強グルメといえば…>

<そう!あんかけ料理>

<具材の旨みが凝縮した餡は
栄養も満点>

<まさに あんかけこそ…>

<そこで…>

<全国各地で愛される 他県民…>

<一挙 大放出!>

<さらに!自宅で
手軽に再現できる

県民あんかけレシピも
伝授しちゃいます!>

(田中)さあ お待たせしました。
今夜は スペシャル企画で

県民をディスカバリーする
お時間です。
(久本)今回は…。

すごいね。もうやっぱ…。

いいですよね。もうとにかく
おいしいし アッツアツの…

フゥ フゥ…。
そうそう…。

もうね ほんとね…いいよね。

フ~フ~言いながら…こう…。

魅力的だよ~。
ああ ですねぇ…。

どうしました?
え 何しようとしてんの?

そう。

(笑い)
そんな言われ方ありますか?

(笑い)
さあ では今夜もいくぞ!

<チャンポンといえば

鶏ガラと豚骨ベースの
白濁としたスープが特徴の

ご存じ 長崎名物だが…>

<県民達を温めまくる 謎の…>

はい 食べます。

≪大好き≫

(スタッフ)ビビる?

(スタッフ)え てんこ盛り?
てんこ盛り。

<ということで 謎の
みそチャンポンが人気だという

一軒のお店なのに なぜか
その名も チャイナタウンさんへ>

<早速 店内へと向かうと…
おぉ~!

お昼前だというのに階段に…>

<さらに 店内も

腹ペコ秋田県民で
溢れかえっている!>

お待たせしました…。

<と言って 出てきたのは…え?

これが チャンポン?>

<今にも溢れ出さんばかりの
とろっとろの茶色い餡が

丼 K点ギリギリでスタンバイ!>

<しかも
「よくこぼさず運べるなぁ」と

感心してしまうほど
餡満載の丼が

次々と運ばれてくる>

<そして 味噌味らしき
餡の下からは

おぉ~!
大量の湯気をまとった

チャンポン麺ならぬ
うどんのような極太麺が登場!>

<そして県民は 超熱々の麺を

ものともせず
平然と すすり上げた>

(スタッフ)お父さん これ…。

(スタッフ)変わらぬ熱さで?
はい。

(スタッフ)でも うまいんですか?
おいしいです。

温かいです。

<そこで 気になる…>

<まず 準備したのは

野菜豊富な11種類の具材>

<これを鍋で
サッと炒めたところに

豚骨・鶏ガラ
野菜などでとったスープを投入>

<続いて 準備したのは

秋田産の味噌に
オイスターソースや

ひき肉などを加えた
特製のみそだれ>

<これを ラードとともに
スープに溶かし込んだら

もちもち食感が自慢の

特注の極太中華麺を丼に>

<そして あんかけの命
水溶き片栗粉を加え

トロットロになった餡を
極太麺の上に

丼 ギリギリまで注いだら

秋田県民熱愛の
みそチャンポンが完成!>

お待たせしました…。

<ええ 何だ?
今度は みそチャンポンが

つけ麺スタイルで登場!>

<もはや 何でも
ありなんだなと思った…>

≪お待たせしました≫

<隣のテーブルに タップタプの
みそチャンポンが

トッピングとともに
運ばれてきた>

<もう どこにものせる余地なんか
ないじゃないか!

という心配をよそに 平然と
トッピングしていく秋田県民>

<そして 全トッピングを
コンプリートし

もはや ダム決壊寸前で

大胆に 麺を引っ張り出し

豪快に すすりあげた!>

大丈夫です 大丈夫。

<あんだけに…>

<シャレオツ ベイエリア横浜で

謎のサンマーメンについて…>

(スタッフ)あぁ そうですか?

(スタッフ)え?

<そこで 横浜市内の中華料理店
玉泉亭さんへ>

<こちらは サンマーメン発祥の
お店と言われ

創業100年越えの超老舗!>

<と 運ばれてきた
サンマーメンは

おぉ~!醤油スープに
サンマではなく

アツアツの
野菜あんかけが たっぷり!>

<すると 激アツの餡を
スープに溶かすと

フーフーしながら
アツアツ麺をすすっている!>

(スタッフ)醤油ベース?へぇ~。

(スタッフ)あ そんな古いんですか?

(スタッフ)
無性に食べたくなるんですか?
はい はい。

≪これは 飽きない≫

(スタッフ)サンマー中毒…。

(スタッフ)そうなんですか?
これで 今日 喧嘩しなくて済む。

これで…。

(スタッフ)ご主人 よかったですね。

<そんな ハマッ子を
ホットに温めるサンマーメンは…>

<まず 細麺と
醤油ベースのスープを合わせ

具材は 豚バラ肉に

キクラゲやキャベツなど
野菜を たっぷりと加え

さらに 大量のもやしを投下して
サッと炒める>

<そして 水溶き片栗粉で
とろみをつけた

アッツアツの餡を
たっぷりかければ完成!>

<このサンマーメン…>

<お野菜メインなのは 同じだが

そのビジュアルは 様々>

<横浜だけの名物料理ではなく

なんと…>

<こちらのお店では…>

<ええ!アツアツのもやしが
てんこ盛り!>

あ~ なるほどね。

<県民は この…>

<先ほどのお店で聞くと…>

(スタッフ)何がですか?

…言うてね。

(スタッフ)あぁ いたんですか…あれ?

(スタッフ)アハハ…!

<さいたま市で
熱愛されるという…>

(スタッフ)ちょっと辛い?

(スタッフ)パンチきいてる?

<そこで スタカレーが人気の
中華料理店

その名も
娘々さんへ伺うと…

何やら 埼玉ミドルの行列が!>

<実は 娘々さんは…>

<早速 謎の…>

<ご主人 まずは平皿を手にとり

普通に ご飯を盛りつけた>

<続いてオープンした
炊飯器の中には

なんだ?>

<ニラや ひき肉など
中華全開の具材に

スパイシーな色の餡が
からんでいる>

<我々の知る カレールウとは
似ても似つかぬ餡を

ご飯の上に豪快に
たっぷりと2杯かけると

スプーンではなく
レンゲを添えて お客さんの元へ>

<この 謎のスタカレー

世代を超えて 男性のハートを
鷲づかみにしている模様>

<みな 辛さにやみつきのようだ>

<そんな謎の餡の正体を
探るべく 再び厨房へ>

<まずは 魚介ベースの
ラーメンスープに

第一のスタミナ食材
豚ひき肉と バラ肉を投入>

<そして 言わずと知れた
スタミナ野菜 大量のニラ>

<さらに キング オブ スタミナ
ニンニクと生姜を投下>

<すると ご主人が
持ってきたのは なんと!

豆板醤がベースの
秘伝の辛みダレ>

<カレースパイスではなく
中国のホットな味付けは

見ているだけで 汗が
吹き出しそうなビジュアルに>

<さらにそこへ もやしを入れ

水溶き片栗粉で とろみをつければ
フィニッシュ!>

<まさかの ニラの追い討ち!>

<もはや カレーが入る
隙は 一切なし!>

<ラストに さらなる
とろみを加えれば

カレーと言いながら
カレー粉が登場しない

中華100%の あんかけご飯

スタカレーが 完成>

<続いて 市内の
別の店舗へ行くと>

はい…お待ちどおさまでした。

<やや小ぶりなスタカレーの横に
同じ餡のかかった 丼の姿が>

<餡の下からは なんと!

中華麺が出現!>

<まさかの スタカレーと

スタミナラーメンの
Wスタミナセットを

こちらの埼玉レディーは
なんと…>

<では ここで…>

<まずは 水が入った鍋に
醤油・顆粒だし・砂糖と

お酒を加え 火にかけたら

お肉は 本場の味に
近づけるため…>

<続いて 刻んだショウガと
ニンニクを加えたら

味の決め手 豆板醤と
コチュジャンを入れ

スパイシーな辛味と
コクをプラス>

<続いて もやしと 主役のニラは
お好みで たっぷりと>

<そして 沸騰したら
水溶き片栗粉で

とじるのですが ここで一旦
火を止めるのが ポイント>

<こうすることで 餡がダマに
なりにくくなります>

<最後にもう一度 火にかけて
しっかりとろみをつけ

見た目は カレーっぽく 豪快に
ご飯にたっぷりとかければ

埼玉県民熱愛の
スタカレーが完成>

<アッツアツでスパイシーな餡を
ぜひ ご堪能下さい>

<続いて…>

<一般的に…>

<割り下で煮た トンカツを
卵でとじた ひと品だが…>

<岐阜県南部に位置する
瑞浪市で愛される…>

<そこで 謎のあんかけカツ丼が
人気の食堂

加登屋さんへお邪魔し
なにはともあれ…>

<まずは 丼に ご飯をよそい

そこへ トンカツを
ダイレクトにのっけると…>

<サクサクの…>

<ご飯に トンカツを
ダイレクトにのっけると

お母さん なにやら鍋の前へ>

<すると 中から現れたのは…

おっと!
とろっとろの かき玉の餡>

<そして…>

<サクサクのトンカツめがけ

アッツアツの かき玉の餡を
容赦なく大量にリリース>

<決して交わることのなかった
餡とカツが

今 丼の中で
奇跡のフュージョン!>

<これはこれで
めっちゃおいしそう>

<すると 岐阜県民は
皆 フーフーしながら

この 超アツアツの
あんかけカツ丼を

一心不乱に頬張っている>

<どうやら カツ丼といえば
あんかけが 定番のようだ>

<ここで再び 調理場に潜入し…>

<もう ほとんど
分かっちゃいました>

<…の中でも 特に寒さ厳しい
内陸部の芦別市>

<この地で熱愛される…>

<早速 ガタタンが人気の
こちらの中華料理店へ潜入>

<すると…>

<と 現れたのは…>

<めっちゃ おいしそう!>

<ちくわや キクラゲが
見え隠れする 超具だくさんな

あんかけスープが 登場>

<すると 道民たちは
フーフーして

熱々の餡を ご堪能!>

<なんと 団子まで
入っている模様!>

<そこで 気になる…>

<まずは ベースとなる
中華スープを鍋に入れ

そこに マストアイテム 白玉粉と
上新粉を混ぜた団子を投入!>

<さらに 野菜や山菜・豚肉など

なんと 10種類もの
たくさんの具材を加え

そして 塩で味付けをし

溶き卵をまわしかけ

仕上げに 水溶き片栗粉で
とろっとろにすれば

芦別市の北海道民が熱愛する

団子入りのスープ ガタタンが
完成するのだ>

<さらに 他の中華料理店へ
伺ってみると>

お待ちどおさまです。
ガタタンです。

<やはり こちらでもガタタンが
人気メニューだった>

<もちろん 当たり前のように…>

<さらに 市内の居酒屋さんでは>

<なぜか お通しでも ガタタンが
提供されていた>

<ところで 先ほどから
気になっている この…>

<そもそも戦後 旧満州から
引き揚げてきた料理人

村井 豊後之亮さんが

満州で食べた
白菜や玉ネギなど

少量の具材を
中華スープと合わせ

小麦粉を入れて とろみをつけて
いただく 家庭料理

ガーダタンを 具だくさんに
アレンジし 自身の店で

ガタタンとして
出したのが始まり>

<鉱夫たちが ボリューム満点の
ガタタンを食べていたのが

次第に広まったのだという>

<早速 長崎を代表する
あんかけグルメ…>

(スタッフ)あ 好き?

(スタッフ)しょっちゅう 食べる?
はい。

(スタッフ)週2?
はい。

(スタッフ)皿うどん?
はい。

<とはいえ…>

<長崎中華街の名店
会楽園さんに伺い

まずは…>

いらっしゃいませ。

<え?皿うどんの…>

<すると 出てきた皿うどんは…>
お待たせいたしました…。

<細麺は 我々もよく知る
皿うどんのようだが

え?何だ これは!?>

<なんと太麺とは
チャンポン麺だった>

そうそう 選べる。

<細麺の皿うどんは

我々も よく知る
パリパリに揚げた麺に

具だくさんで 甘めの餡をかけた
皿うどんの事で

一方 太麺の皿うどんは

チャンポン麺を使ったものを
指すのだ>

<それゆえ…>

<なんと…>

<さらに
他の中華料理店へ行くと…

皿うどんを食べている
どのお客さんも

何やら 黒い液体を
かけているではないか>

<全国的には
かた焼きそばと勘違いし

つい酢をかけて食べてしまうが

本場・長崎では御法度>

<長崎県民は
必ずと言っていいほど…>

<さらに…>

<そこで 長崎市内にある

皿うどんの出前を頼むという
お宅にお邪魔>

<…と出てきた皿うどんは

え!?超大皿に
のっているではないか>

<しかも 大皿で来るのが
長崎スタンダードなのだ>

(スタッフ)じゃあ 皆さん…。

<あんかけそば
「武蔵そば」が大好き!?>

<一般的に
あんかけそばといえば

シイタケや玉子などが
たっぷり入った

冬の人気メニューだが…>

<博多駅から わずか15分の
ベッドタウン

春日市で熱愛される…>

<早速 噂の
武蔵そばが名物だという

その名も武蔵さんへ>

お待たせしました。

<…と出てきたのは
何だ このあんかけそばは!?>

お待たせしました。

<…と出てきたのは 何だ!?>

<アツアツの
あんかけそばのセンターに

正真正銘 揚げ出し豆腐が鎮座>

<しかも その中からは なんと

大量のゆず胡椒が こんにちは>

<まさに アンビリーバブルな

あんかけそばの揚げ出し豆腐を

皆 半分にオープンすると

中の ゆず胡椒を
アツアツの餡に溶かしながら

そばと ねっとりと絡ませて

ズルズルと すすっている>

<そして…>

<こちらの学生さんは 汗だく!>

<そんな福岡県民を
ポッカポカにする武蔵そばには

自慢の
自家製手打ちそばを使用>

<そして 問題の餡は

そばつゆに 水溶き片栗粉で
とろみをつけた

いかにもな王道の餡>

<続いて登場したのは

不思議なルックスのお豆腐>

これは…。

あ それは…。

<きっと くり抜いて

ゆず胡椒を埋め込んだ木綿豆腐>

<それを 揚げ出し豆腐と同じく

片栗粉で丁寧に全面をまぶし

180℃の油へ泳がせると

これはこれで おいしそうな
揚げ出し豆腐が完成>

<そして あたかも

天ぷらそばよろしく
のっけると

先程の とろっとろの餡を

たっぷりとドッキング!>

<あとは 揚げ出し豆腐定番の
大根おろしと

九州らしい青ねぎを添えれば

ゆず胡椒のパンチがききまくった
武蔵そばが完成するのだ>

<この武蔵そば つゆが残ると

なんと!あんかけを
そば湯割りにして

エキスを飲み干すのも
定番の食べ方だと言う>

(スタッフ)そうなんですか。
はい。

<アツアツの武蔵そばで
1年を締めくくっていた!>

<トロトロならぬ…>

<本日 2品目の
エントリーとなるカツ丼>

<そこで 噂のあんかけカツ丼が
人気だという

小角食堂さんへ潜入し
調理場へ直行>

<ご主人 まずはホカホカの
ご飯をよそうと

続いて登場したのは…>

<これをご飯の上に敷き詰め

地元・岩手産の豚を使った
サクサクのトンカツを

どんぶりの頂にセット>

<このままソースをかければ

立派な
ソースカツ丼の完成だが…>

<ご主人の
真剣な眼差しの先には

えっ!?褐色の超ドロドロとした

謎の餡が
鍋いっぱいにスタンバイ>

<そして とろみ加減は

今回 最高レベルの
超ドロッドロの餡を

サクサクのカツ丼の上に

たっぷりと 豪快に!

そして
一切の躊躇なく かけると…

秘密の餡のベールに包まれた
カツ丼が完成>

<そんな謎の餡がかかった
不思議なカツ丼を

皆 おいしそうに頬張っている>

ほんとに…。

<一体どんな秘伝が
あるのだろうか?>

<餡づくりを拝見>

<すると
ご主人が運んで来たのは

シャバシャバの
黒みがかった液体。これは?>

<と思った…>

<ええ!?
まさかの調味料を大量投下!>

<と思った…>

<ご主人が
おもむろに取り出したのは…

え?中濃ソース!?>

<すると 醤油ベースのおつゆに

勢いよくドバドバと…>

<そして 大量の水溶き片栗粉で

しっかり とろみを注入すると

全くタイプの違う
調味料界のツートップが

とろみの中で まさかの共演!!>

<かくして 醤油のコクと

ソースの甘酸っぱさを兼ね備えた
奇跡の餡が完成!>

<一体…>

<「ご飯を濡らしたくない」

女将さんが考え出したのは
カツ丼のタレを

流れない餡にする事だった>

<さらに
揚げたてのカツに合うよう…>

<では ここで…>

<まずは
水の入った鍋に

めんつゆと
砂糖を加えたら

中濃ソースは
めんつゆの およそ3倍>

<そして ひと煮立ちさせたら

一度 火を止めて

餡のとろみ具合を見ながら

多めに水溶き片栗粉を投入>

<目指すは これくらいの
ドロッとした餡です>

<そして ご飯をよそった丼に
千切りキャベツを敷き詰め

お好みのトンカツを のせ

ドロッドロ 熱々の餡を
たっぷりとかければ

岩手県民熱愛の…>

<…が 完成!>

<初恋のような
やさしい甘酸っぱさが

口の中に広がります>

<続いて…>

<茨城県民が愛する…>

(スタッフ)最高っすか。

<そこで スタミナラーメンを
猛プッシュする

水戸市内のラーメン屋さん…>

<カウンターだけ
という店内は…

ウェイティングも発生し
何だか物々しい雰囲気>

はい お待たせしました。

<…と運ばれてきた
スタミナラーメンは

なんだ?ギラギラの
餡の中には

ラーメンは もちろん
スタミナとも縁遠い…>

<さらには どうも
チャーシューではなさそうな 肉>

肉…。

(スタッフ)チャーシューとかじゃ
ないんですか?

<すると やけにヘビーな餡を
麺に絡みつかせ

熱々の餡をまとった麺を

一心不乱に すすり上げる
茨城県民たち>

(スタッフ)甘さ?

<そんな 県民を虜にする
スタミナラーメンは

まず キャベツを中華鍋に投下>

<ニラも加えて 油通しする>

<そこに 炒めたカボチャ
ニンジン 豚レバーを投入し

要の具材 5種類に
火を通していく>

<甘めの秘伝の醤油ダレを
セットすると

火の通った具材をドッキング>

<一味唐辛子で辛みを加え

大量の水溶き片栗粉で
しっかり とろみをつけたら

県民垂涎の スタミナ餡に>

<そして 醤油ラーメンに
ぶっかければ

茨城の冬をあたためる
スタミナラーメンが完成>

<と ここで 改めて
メニューを確認すると

「ホット」と書かれた
スタミナラーメンの下に

もう1つ「冷し」も発見>

<すると>
はい…。

<…と 真冬にもかかわらず

冷しが登場>

(スタッフ)あんかけは温かい?
はい。

<確かに 餡はアッツアツ>

<熱いのか冷たいのか
わかりづらい

スタミナ冷しを混ぜ混ぜし

勢いよくかきこむ 茨城県民>

<スープがない分 さらに
ヘビーそうな餡を絡めて

一心不乱に麺をすすっている>

(スタッフ)ジャストミート?

<そして 栄光の…>

<…の 出荷額において

実は日本一に君臨する

愛知県が生んだ…>

<そう!>

<ということで 愛知県民に…>

<そこで 名古屋市内の

あんかけスパゲティ専門店へ
お邪魔>

<すると…>
お待たせしました
ミラネーゼになります。

<出ました!褐色の餡が
たっぷりかかった

あんかけスパゲティが
大皿でお出まし>

(スタッフ)コショウ?
はい。

<なんと 1人前300gあるのが
基本という

ボリューム満点めしなのだ>

<さらに こちらのお客さんは…

えっ?なんだ この量は>

<さらに よく見てみると

何やら 麺が
太い気がするが…>

<…を 使う場合が多いのだが

あんかけスパゲティは
2.2mmの極太スパゲティを

使うのがスタンダード>

<ここで…>

<まずは 玉ネギ
ニンジン ジャガイモを

なんと8時間もかけて
じっくりと煮込む>

<そこへ…>

<…を加え オーブンで
2日間かけて煮込んでいく>

<そして 煮込んだタネを
お湯で溶かし

大量のコショウで
スパイスをきかせ

水溶き片栗粉で
とろみをつければ

超スパイシーな餡が完成!>

<一方 麺はというと なんと

ラードで油通し>

<こうする事でコクが出て
ソースとも絡みやすくなるのだ>

<仕上げに 濃厚な餡と
具材を加えれば

スパイシーな餡が後引く
あんかけスパゲティが完成>

<では ここで…>

♬~

<まずは 水の入った鍋に…>

<…を加え コショウは
たっぷり スパイシーに>

<そして 顆粒ダシを
入れたら ひと煮立ち>

<最後に あんかけのお約束>

<一度火を止めてから…>

<…で とろみをつければ

あら簡単
スパイシーな餡の完成>

<一方…>

<まずは…>

<薄くスライスした
ウインナーに

マッシュルームを加え
軽く炒めたら…>

<スパゲティは
あらかじめ茹でておいて…>

<…を チョイスするのも
ポイントです>

<そして スパゲティの上に
具材をのせるように盛りつけ

餡を ぐる~り1周
回しかければ

愛知県民熱愛の…>

<…の 完成!>

<スパイシーな餡で
身も心も ぽっかぽかです>

<以上…>

すごかった。
うん すごい。

観てるだけで。やっぱり
私は やっぱり

色々出てきましたけども…。

あ あの ゆず胡椒が入ってる。
そうです!

あ~。
もうビックリする…。

美味しそうですね。

スタジオも絶賛でした。
そうだったんですね。

はい はい。
僕はね…。

カツ丼。
うん 気になりますよね。

カツ丼 普通に
おいしいじゃないですか。
はいはい。

で 卵もまあね かかってて。
のっかってるけども。

すごい おいしそうだなと思って。
いや分かる。

…じゃないですか
やっぱり 寒い冬に。

田中さん なんですか…。

あれ?ちょっと あの…。

もういい…熱々でいてください。
はい。

じゃあ私は 家帰ってですね…。

♬~