激レアさんを連れてきた。[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

激レアさんを連れてきた。[字]

今回の激レアさんは『市役所で上司の無茶ぶりに応えて倉庫で眠っていたご当地キャラのコスプレをしたら大ブレイクし、最終的に政治家になった人』

詳細情報
◇番組内容
★激レアさん1★
市役所で上司の無茶ぶりに応えて倉庫で眠っていたご当地キャラのコスプレをしたら大ブレイクし、最終的に政治家になった人

★激レアさん2★
自撮りを極めようとした結果ついにはドローンで自撮りをするようになり、果てはドローンレーサーになって日本代表になった人
◇出演者
【研究員】若林正恭(オードリー)
【研究助手】弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)
【客員研究員】秋山竜次(ロバート)、芳根京子 ※50音順
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 秋山
  2. 芳根
  3. マイ
  4. ジュンコ
  5. バナナ姫
  6. 自撮
  7. ドローン
  8. 一同
  9. 自分
  10. バナナ
  11. ホント
  12. 映像
  13. 北九州
  14. お願い
  15. バナナ姫ルナ
  16. 人気
  17. キャラ
  18. ドローンレース
  19. 公務員
  20. 最後

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,591 (2022/01/20 22:17:36時点 Amazon調べ-詳細)

本日の激レアさんは
こちらの方です。

♬~

(秋山)えっ?
(若林)えっ?

ジュンコさんです。
よろしくお願いします。

(若林・秋山)お願いします。
(ジュンコさん)よろしくお願いします。

さあ こちらのジュンコさん

どんな激レアさんだと
思いますか?

(一同 笑い)

どうしても 笑っちゃう。
ああ~。

すごいゲラで…。
ゲラで…。

そうですね。
確かに。 いい香りしそう。

全部 消えちゃうけど…。
石けん 削って…。

で 雨が降って
結局 全部 溶けてきちゃって…。

今日 どうしたんすか? 秋山さん。

(一同 笑い)

正解を発表します。
今回の激レアさんは…。

えっ 議員さん!?
そうなんです。

その人に対して

マナー教室の落ちこぼれとか
言ってたんですね。

ダメですよ。
やばいです。

さあ ジュンコさんが

どんなコスプレをして
人気になったのか?

実際に活動している映像が
あります。 ご覧ください。

ありがとうございました!

北九州市の
ご当地キャラにもかかわらず

全国区の人気を誇る
バナナ姫ルナ。

(秋山)バナナ姫…?

そもそもは
北九州市 門司港の名物

バナナの叩き売りを
PRするために

生まれたキャラなのですが…。

一日警察署長を務めさせて頂く
バナナ姫ルナです。

バナナ姫ルナ?

人気者の証し
一日警察署長を任命されたり…。

もう 笑ってんじゃん 横の右の人。

スポーツ紙の紙面を
こんなに でかでかと飾るほど

規格外の大人気。
(一同)へえ~。

ここまでのブレイクを果たす
バナナ姫。 その正体は?

(秋山)めちゃくちゃ
市の案件やん これ…。

(秋山・芳根)ホントだ。
はいはい はいはいはい…。

なぜ 市役所職員のコスプレが
ここまで人気になったのか?

公務員と人気キャラ
二足のわらじ生活で巻き起こる

ドタバタ劇を見ていきたいと
思います。

へえ~。
(芳根)面白い。

僕 完全に地元なんですよ 北九州。
そうですよね。

そうです。 門司港だし…。
へえ~。

バナナの叩き売りみたいなの
有名なのは知ってましたけど

そのキャラクターは
ちょっと わかんなかったですね。

門司港名物のバナナの叩き売りを
PRするために

ちょっと こう かわいらしく…

色んな方にも知って頂こうと
思って

かわいらしい
バナナをつけるお姫様が

実は イラストでありまして…。
はい。

結構…。

(一同 笑い)

やっぱ 違うのかな?
キャラ入ると。

春日と一緒だ。
(一同 笑い)

(一同 笑い)

予算なし 知名度なし

地元でさえ
誰も見向きもしなかった

バナナ姫ルナ。

しかし
偶然 すっごい奇跡が起こり…。

ぬるっと 全国放送で
バナナ姫が登場したと…。

選挙で トップ当選を果たすと。

トップ当選って

(秋山)すごいね。
すごいですよね。

一体 なんで
こんな変身をしていったのか?

全ては ジュンコさんの市役所での
仕事っぷりが始まりだったんだ!

さあ ジュンコさんはですね
北九州市で育ちました。

で 地元のために働きたいと
高校を卒業したあと…。

(秋山)すごいね。
へえ~。

そして 早速なんですが

もう ここから ちょっと
特殊な市役所人生に

突入したという事なんですね
ジュンコさん。

(ジュンコさん)一般的にいうと
入社すると

まず 働かれて
経験を積まれると思うんですけど。

私の場合は 20代前半までに
子どもを3人 産んで…。

なので あまり 20前半は

あまり働いていない
ちょっと変わったキャリアでして。

なので 本格復帰したのは25歳。

産休 育休がありますので
それが3人分ですから…。

連続してるから。
そうなんですよ。

こんなふうになってしまったと。

見た目は中堅
中身はフレッシュすぎる職員が

爆誕したという事になります。
そっか そっか そっか。

事もあったと思います。

今でこそ
すごく丁寧なね 語り口で

おしゃべりされてますけれども

当時は
ちょっと危なっかしかった。

(秋山)
危なっかしかったんですか?

(芳根)そういう危なっかしさ?
そういう事ですか?

(秋山)成人式とか
毎回 揉めるじゃないですか。

確かに そういうイメージは
ちょっと ありますけれども。

その危なっかしいじゃないです。

僕も北九州のライブの
前乗りしましたけど…。

(ジュンコさん)
たまたまです。 たまたま。

ちょっとね 危なっかしかった
ジュンコさんなんですが

そんな折に人事異動がありました。

市のPRや広報的な活動が多い

観光課というところに
部署異動になります。

で この異動した事が

ジュンコさんの人生を
大きく変える転機となりました。

さあ ある日 観光課の上司から
呼ばれたジュンコさん。

「えっ また なんか
やらかしたかな…」と

ビビっていると
上司がこんな事を言いました。

ああ~。
はい。

…と むちゃぶりを
されてしまいます。

こちら かなり突拍子もないものに
見えましたが

こう振られたのには
ちゃんと理由がありました。

なんとジュンコさん 実は 以前

個人的に なんとなく出場した

ハロウィーンの
仮装大会のイベントで

優勝していた
実績があったんです。

ちょっと これ…
メイク どうなってるんですか?

ここの部分って…
白く塗ってる…?

毛を貼り付けて…。
(芳根)あっ 毛を貼ってる…。

口に特殊メイクができるように
こう動物の口をつけて。

(芳根)すごいクオリティー!

(ジュンコさん)あの 実は
3回出てるんですけど…。

なんか すごい… やらされた感で
今まで しゃべってきたけど

前のめりじゃないですか。

でもね とにもかくにも
優勝していました。

すごい。
で その噂はですね

実は 所内で広まっていまして
こんなむちゃぶりに

結びついてしまった
という事なんですね。

さあ 上司からの想定外の提案に

「えっ マジ?」とジュンコさんも
戸惑いましたが…。

…と むちゃぶりに応える事を
決めたんです。

じゃあ どんなコスプレを
しようかという問題が

このあと浮上しますね。
はいはいはい。

とりあえず 資料室を探しました。

けれども 出てくるのは

地元 門司港にちなんだ
じーも君など ゆるキャラです。

ゆるキャラはコスプレには
向いていないなと

途方に暮れていると…
見つけました。

その資料には
見た目こそ かわいいものの

素性や設定が全くわからない

女性キャラクターが
描かれていました。

で 添えられていたのは

「バナナの素晴らしさを
伝える妖精」。

あっ 妖精なんだ。

…という
ざっくりとした説明のみ。

これこそが
ジュンコさんの運命を変える

バナナ姫ルナだったんです。

へえ~。

じーも君には
いかなかったんですね。

(ジュンコさん)そうですね あの…。

人間がなるにしては
ちょっと こう 人間らしさが

じーもは難しいのかなと。
確かに。

じーも君 ちょっと なんか…
弱すぎませんか?

ちょっと 北九州…。

いや かわいいよ。

なんなんですか?
(秋山)いや 港町だから ほら。

港のっぽい なんだっけ…
いかりがついて。

なんだろうね
昔の こう 海賊っぽい…。

海坊主みたいな…
確か 設定だったと…。

海坊主ですか?
海坊主… 知らなかったな。

そうなの?
地元!

3回ぐらい絡んでるけど
海坊主だったんだ。

イラストがあるだけで
それ以外は何も決まっていない

それゆえ ジュンコさんは

1人で
ゼロから作り上げていくんだ!

まず その1。

すでに売り出されている
ゆるキャラの…

先ほどありました じーも君には

何十万円という潤沢な予算が
組まれていたのに対して

このバナナ姫は

なんと
予算が ほぼなかった。

ですので 衣装を
まともに発注はできません。

すると こうなります。

そっか。 うーん…。

例えば 頭につける用のバナナ
っていうのが売ってなくて

手縫いのバナナになっていて…。
そっか。

で ふた房あって 6本あるので
6時間かかるのを

ちょっと 母と
親子で手作りして… 夜な夜な。

(芳根)大変だ。

で 出来上がった
バナナ姫の衣装が こちらです。

おお~!
(芳根)完成度 高いですよね。

クオリティー高いね。
(秋山)すごいね。

めちゃくちゃ
できるじゃないですか。

引っ張ってきたりする
子どもいたら

激怒するでしょうね
バナナ姫ルナ。

杖で バーッて
バナナに変えちゃって 子どもを。

(秋山)ホントだね。
ハハハハ…!

で 衣装ができますと 続いて
こんな壁が立ちはだかります。

問題 その2。

大体 こういうキャラっていうのは
「バナナ星から来て」とか…。

はいはい はいはい…。
年齢は「永遠の16歳」とか

「体重 バナナ3つ分」とか
あるじゃないですか。

巻き込んでない? 大丈夫ね。
大丈夫。 大丈夫です はい。

ある程度の設定があると
思うんですけれども

バナナ姫には
そんなものがなかったと。 はい。

一応 市の仕事で始めた
というのもあって

取材される時に 年齢も
バラエティーとかになってくると

私が あえて伏せると 最終的に
「食べ頃」とか書かれたり。

いいじゃないですか 「食べ頃」。
面白い。

(ジュンコさん)だから なんか
よくわからないまま

ただ 市の仕事で

話し方が どうしても
こんな感じになってしまったり…。

迷いが出てたと思います。
そっか。

作り上げていくんですね
今からね だって。 うん。

そして 一番の問題は こちらです。

ジャン!

なんなら…。

という事だったんですね。

けれども この問題は

ある偶然によりまして
一気に解決して

バナナ姫は 全国的な人気を
得る事になります。

このあと バナナ姫が
ある奇跡によって大人気に!?

いや すごいっすよ これ。
こんな…。

少し。
市長!

地元の人すら知らない

ある偶然で 全国デビューを飾り

一夜にして

人気キャラになっちゃうんだ!

さあ 皆さん
どんな偶然だと思いますか?

偶然?

天気予報の後ろに映る…。
(一同 笑い)

結構 パワープレーだけどね。
イチかバチかよ それ。

チラッ!
なんだろう? あれ!

なんだ?
あの妖精は!

あり得そうですね
それはそれで。

おっ!
なんか…。

フフフ…。

いやいや…
照れ笑いじゃないんですよ。

今日

(秋山)そうなの。
間違っちゃったの 入り口。

(一同 笑い)

はい。 では 正解 発表します。

ある時ですね…。

という施設に…。

…という 超ローカルイベントに
駆り出された バナナ姫。

このイベントの取材に来たのは

NHKの地方支局の他

地元メディアも
1社いるかな? ぐらいで

それぞれが…。

…だったそうなんですが。
少なかったんだ スタッフが。

翌日 ジュンコさんのもとには

こんな連絡が
たくさん来たそうなんです。

なぜか 知り合いから

ものすごい量の連絡が来た
という事なんです。

NHKで ローカルニュースが
たまに全国ネットで流れる事

ご存じですか?
はいはい。 なんか お祭りとか…。

動物園で赤ちゃんが生まれたとか
そういうの 流れますよね。

実は この日ですね

全国的に大きなニュースがなくて
超平和だったんですよ。

なるほど。 なるほど!
(秋山)いい事だね。

ニュース枠が空きまくりだった
という事で

ぬるっと

全国放送でバナナ姫が登場した

という事なんです。

芳根さん ほぼ当たりじゃん。
(秋山)すごいですね。

言ってる事。
ホントに ホントに。

そこから どんどん 連鎖が…
問い合わせの連鎖があって。

渋谷のNHKで

「なんかないのか!」って
なったんでしょうね。

「なんかねえのか? ネタは」って
なって…。

色んな所… 地方 聞いて。

(秋山)平和だったら
ホント そんな感じになるの?

「ないぞ! 何もないぞ!」って
なるんだ。

そんななる? ニュースって。

ここからは もう
勢いがすごいです。

テレビを始めまして
スポーツ紙など…。

スポーツ紙にもですね

こんな感じで
取り上げられていました。

いや すごいですよ これ。
(秋山)へえ~!

確かに パッと見 だから ホント
アイドルっぽい感じしますもんね。

そっか。 それも含めて 人気だ。

これ 九州スポーツ
すごいですね。

全面 バナナ姫…。

なんかないかな?

俺は

いや でも… そこ言うなよ。
一晩で2回 揉め事のやつ。

すごい印象残ってるんですよ。

あるだろ 日本全国 そういう時も。

超平和じゃない日に
行っただけなんですね。

でもね そんな北九州で こんな
バナナ姫ルナが生まれたって

いいじゃないですか。
ちょっとね ミスマッチで。

上手。 うまい! さすが。

よかった よかった。
さすが。

ジュンコさん 周りの評判っていうのは
いかがでしたか?

公務員がスポーツ紙に
あまり… 広告 打つ事も

そもそも 行政って ないので。

その中に 公務員が… 個人が
スポーツ紙に載るっていうのは

かなり
連絡が… 反響がありました。

いや でもさ ジュンコさん…。

それは ちょっと
ハッキリさせましょう。

やっぱり
あれだけ 紙面にでかく載った…。

一応 そういう切り口で
取材依頼が毎回来るんですけど

ただ 一応 観光課で

PRしなければいけない
というところで

こういう取材依頼を
受けるようにしてまして。

一応 PR効果があると
職員として…。

そういう意味もあります。

いや それにしちゃあ

(一同 笑い)
(秋山)うんうんうん。

って ジュンコさん。

(秋山)そうそうそう。

(ジュンコさん)色んな事が
起きるんですよ。 色んな事が…。

(一同 笑い)

で このように
バナナ姫の知名度が上がりまして

有名になっていくと
こんな声も上がっていきます。

そうなってくるよ。
みんながですね

ジュンコさんの事を探り始めた
という事なんです。

ある日 友達から
こんな事を言われました。

ジュンコちゃん
まとめサイト できてるよ。

やっぱり バナナ姫を演じている
中の人は誰かとか

あと 写真をアップにして

恋人がいるのか
結婚してるのかとか。

(秋山)タレントの扱いだ…。
詮索されるんだ。

バナナ姫っていうところで
2ちゃんねるで そういう

えっ やだ~!

(一同 笑い)

変な意味じゃなくて…。
変な意味でしょ!

(秋山)変な意味に
なっちゃいますよ それは。

バナナ姫が人気になった事で

中の人のジュンコさんも
注目を浴びる事に!

そこで バナナ姫のイメージを
壊さないように

ジュンコさん自身のキャラも
作り始めるんだ!

まずは 性格や趣味ですが

本来のジュンコさんはですね
割と理論派 論理派でして

マラソンが
趣味だったんですけれども

設定したあとは…

天然でコスプレ好きの女性
という事にします。

天然にならなきゃいけないのか…。

やっぱり バナナ姫

確かに。 妖精がね
論理的だったら嫌だよ。

嫌だ 嫌だ。
できました? ジュンコさん。

だって 返しがさ 早いし
筋 通ってるじゃないですか。

天然って できました? すぐ。

難しいですよね。
天然じゃないよね。

続いては 好きなものです。

ジュンコさん 元々 パクチーが
大好きだったんですけれども

バナナ姫としては
もちろん バナナです。

そりゃあ 好きじゃないと困るよな
さすがに。

(ジュンコさん)バナナの種類の事とか

すごく バナナの話ばっかり
言われる事が増えて…。

まあ そういうのもあって
日頃から 身の回りの小物…

スマホケースとか バッグとか

色んなものを
全部 バナナにしていって…。

自分から
周りから固めていったんですね

好きになりに。
バナナが好きな人っていう設定で。

私はね。
(秋山)そうか。

「好きな食べ物はパクチーです」
って答えたら

嫌ですよね。 しかも 論理的に。

「バナナ姫であって
好きな食べ物とは別なんですね」

って言われても…。
(一同 笑い)

嫌ですもんね なんか。
ちょっと嫌ですね。

そして こちら 最後は
3児のママで

実際
いらっしゃるんですけれども

バナナ姫を演じる上では

独身で彼氏なし設定にした
という事なんでございます。

これ 並べると

ホントだよね。
確かに!

論理派でパクチー好きで
3児のママって…。

ジュンコが気になるけど。
確かに 確かに。

元々の方がね。

さあ こうして 平日は
3児の子育てと市役所職員

休みの日はバナナ姫という
二重生活を続ける事 2年。

ジュンコさん ふと思います。

なんで私…。

(秋山)こうなっちゃう?

ちょっと無理があった…。

忙しいでしょ まず。

子どもに内緒にさせる事も

子どもに
申し訳ないところもあって。

そうですよね。
(秋山)そういえば 何年か前

森昌子さんが ここで言ってた
エピソードと同じですよ。

忙しすぎて…。
(一同 笑い)

はい という事で
この時ですね ちょうど

部署の人事異動も重なった
ジュンコさんは

この時…。

あら!
そうなの?

バナナ姫を引退し

いち市役所職員に
戻るはずだったんだけど

北九州中を巻き込む

大きなニュースに!

さらに 思いがけない結末が

待っているんだ!

なぜか これを聞きつけた
NHKの地元支局が

超前のめりになった
という事なんです。

バナナ姫が引退するなら…。

会見?
(秋山)会見?

会見?
そうなんです。

マジで?
へえ~!

(芳根)すごい…。

その映像がございますので
ご覧ください。

めっちゃ来てるじゃん!
多数のカメラの先にいたのは…。

(秋山)「本年度で終了」って…。

市役所なので
かっちりスタイルで行われた

引退会見。

新聞でも
大きく取り上げられた

このニュースに
引退を惜しむ声も多く

その結果 2カ月後に
開かれたのは

まさかのアイドルばりの
さよならステージ。

バナナ姫ルナの

さらに
会場に駆けつけてくれたのは…。

なんと 市長が
いち職員の配置換えのステージに

わざわざ来てくれて 花束の贈呈。

(秋山)同じ市役所で
働いてる同士だもんね。

最終的には
市長をバックに従えて

ファンのみんなへ
お別れスピーチ。

(秋山)市長も
泣いちゃってるじゃん 少し。

みんなに 本当に愛された
バナナ姫でした。

これは だから バナナ姫から
市の職員に戻りますとか

そんな事は言わずに…?
…じゃないんだ。

あえて 言うわけではないですけど
翌日の新聞とかは

「普通の公務員に戻ります」って…。
(一同 笑い)

「普通の女の子に戻ります」は
聞いた事あるけど

「公務員に戻ります」は…。
(一同 笑い)

じゃあ 公務員だったんだ!
って思った子

何人かは いると思いますよ
子どもの大ファンで。

確かに。
(芳根)そうですね。

まあ ただ 憧れてくれる方も
いらっしゃったので

2代目が現れても
それは 現れたら現れたで

応援したいなっていう思いも
あったんですけど

なかなか現れないまま
数カ月 経って…。

その中で こう… やっぱり

復活してほしいという思いを
寄せてくれる方とかも増えてきて

復活しちゃおうかなと思って

ボランティアで
今度は 個人的な活動として

もう 趣味に
ホントに しちゃおうと思って

復活しました。
(秋山)えっ やってんすか?

復活しちゃダメですって。

これ やったら。
申し訳ないけど ジュンコさん。

それはね

(秋山)そうね。
論理破綻。

という事で
まあ そのあとはですね

ボランティアという形で
お仕事とは関係なく

バナナ姫活動をしていた
ジュンコさん。

そのあと 色々ありまして

北九州の市議会議員になります。

すごい… 飛んだな~。
(芳根)すごい。

一気にじゃん。
だって 通ったって事でしょ?

選挙。
通ったんです。

で 北九州のですね
市議会議員の選挙で

トップ当選を果たすと。
(秋山)トップ当選したんだ。

トップ当選って

(秋山)すごいね。
すごいですよね。

で 今は 市議会議員として
お仕事をされている…。

それ 誰も詰めてないから
大丈夫…。

なっていいですよ たまには。
(一同 笑い)

(秋山)そうそう
なってほしいよね。

という事で このジュンコさんに

最終的なラベリングを
お願いします。

バナナ姫が完熟して
政治家になった人です。

(一同 笑い)
(秋山)あっ すごい…。

続いては

ある競技で世界大会に出場する
日本代表だけど

きっかけが意外すぎる人!

マイさんです。
よろしくお願いします。

お願いします。
よろしくお願いします。

今回の激レアさんは…。

へえ~。
(芳根・秋山)えっ?

見た事ありますよ。
なんか あの…

ドローンのね レースみたいなの
ありますよね。

F1みたいなのがね…。

シュシュシュシュシュ
みたいなのがあるんですよ。

あれの日本代表?
そうなんです。

まあ そんなね
ドローンを使ったレース

ドローンレース
どういったものなのか

映像をご覧頂きたいと思います。
どうぞ。

これですね ドローン。

(秋山)こんな本格的な…。
うわっ!

へえ~。
(芳根)うわっ すごっ!

(秋山)すげえ!
うわあ~。 うわうわ うわうわ…。

最高時速は なんと150キロ!

あんな感じで飛んでいくんだ。
(秋山)マジで!?

(芳根)カメラ 付いてるから
面白いですね。

今や 世界で
競技人口100万人を誇る

新感覚スポーツ ドローンレース。

(芳根)面白い!
すげえ!

専用のゴーグルで

ドローンからの映像を見ながら
操作。

決められたゲートを通り
そのタイムを競います。

(秋山)すげえ!
うわあ すっげえ!

(秋山)パイロット的な
感じじゃんね もう…。

(芳根)ああ すごい。

一瞬の判断と反射神経が
必要とされる

このドローンレースで

マイさん なんと
競技歴 わずか1年で日本代表に。

海外の大会でも好成績を残し
活躍しているマイさん。

(秋山)すげえな。

1年で?

現在 4つのチームに所属する

人気 実力共に
トップクラスの選手。

へえ~。

そんなマイさんが
ドローンレーサーになった理由

それは…。

ただ ド派手な自撮りが
撮りたかっただけ。

えっ どういう事?

かっこいい自撮りが
撮りたかっただけなんです。

ドローンを始めたきっかけは
自撮りだったんですよね?

かわいいのとかも もちろん
それはそれで嬉しいんですけど

こう ちょっと…。

ああ~。
へえ~ すごいね そこが。

一見 おとなしそうな印象の
マイさんなんですけれども

激レアさん特有の性格。

そうなんです。
キューッとなっちゃう。

こうなっちゃうから。

典型的なパターンでございます。

ただ
自撮りをしたかっただけなのに

なんで
ドローンに行き着いたのか?

まずは マイさんの異常すぎる

自撮りへのこだわりを見ていこう。

どんどん進化していく
マイさんの自撮りなんですが

最初は ごくノーマルの… はい。

いわゆる 自撮り。

はい これから始まっていきます。

当時 マイさんが撮った写真は
こういったものです。 ジャン。

あっ うん。
(秋山)おお~。

よく見る自撮りですよね。
まあ 一人旅のね。

画面の端に自分を入れる
定番の自撮りをしまくった結果…。

ああ~。
(芳根)飽きるんだ。

あの画角ばっかりに
なっちゃうんだ。

そうですね やっぱ
1人で行ってるので…。

(芳根)どの写真も? 確かに。

(マイさん)景色も入れたい
自分も入れたいってなると

もう まあ あれの一択に
なっちゃうというか。

それを
スマホ投げつけるほど飽きてる…。

(スタッフの笑い)
で マイさんはですね

自分なりに
自撮り写真の理想を考えます。

ああ これは やっぱね。

そして できるなら…。

ああ~。

ここだけじゃなくてね これの。

はい そうですよね。

広角レンズとか
そういう自撮り棒とか使っても

広角レンズ 特に
大きく写るんですけど

なんか 例えば こう
端っこが にじんじゃうとか。

ピントが こう 自撮り棒も
ぶれちゃって合わないとか。

まあ 色々あって
ちょっと なんか…。

なかなか こう
「違うんだよなあ」みたいな。

納得いかない…。
納得いかないんです。

他にも方法を考えました。
こちらです。

こだわりがすごい…。
セルフタイマーでの自撮り。

(秋山)これ いいじゃん。
(芳根)確かに。

立ててさ スマホを。
これ 最高ですよね。

これでいいじゃない。
けれども この方法ですね

海外の一人旅で
この方法をするには

ある弱点がありました。

気を抜くと取られてしまうと。

そんなに だって…
カウント10秒とかでしょ?

イタリアに
行った時だったんですけど

えっ!? と思って…。

危ない。 もう…。

(秋山)すごいね。 ハハハハ…。

散々ね 全身を収める事に
こだわっていたマイさんは

ついに よくわからなくなって
しまいました。

で その時期の自撮りが
こちらです。

(マイさん)ちょっと 私も
よくわからないんですけど

ちょっと 景色も入れたい気持ちが
すごい働いたり

でも どうしても
自分は入れたいという

なんか ちょっと
まあ… わかりません。

(芳根)
迷走期っていう事なんですね。

ああ そうか そうか
そうか そうか。

そんな時期にですね

いつものように自撮り研究を
していたマイさんなんですが

ある動画を見て
衝撃を受けました。

それは 世界一周旅行をした
ある夫婦の動画だったんです。

なんと その動画が

ドローンを使った動画での
自撮りだった

という事なんですよね?

その動画は 夫婦だったんですけど
1人じゃなくて。

バイバイとかして
ドローンがバーッと引いていって

こう 絶景の中にいるみたいな。
(芳根)いや それ すごいな。

(マイさん)で もう

これで 色々な場所で
ドローン自撮りができます。

特にマイさんが
やりたかったのは

ズームアウト自撮り
というものでした。

(マイさん)自分が まず

どこにいるか
ちょっと よくわかんないよ

みたいな感じで映ってて
で ニコニコしながら

こう バーッと引いていくと

みるみる こう 色んな景色が
バーッと出てきて

どうよ! みたいな そういう…。

(秋山)なんで ちょっと
恥ずかしそうなんですか?

いいじゃないですか。 ねえ?
(マイさん)なんか 改めて話すと…。

それを撮りたくて…
これだ! って思ったんだから。

ドローンを買って ついに

究極の自撮りができると思った
マイさん。

しかし

思いもよらない落とし穴が

あったんだ!

まず1つ目でございます。
ジャン!

まず カバンから出して
組み立てて

キャリブレーションして

ここ 飛ばしていいか
ちょっと 安全確認して…。

(秋山)それもあるのか。
(マイさん)で 浮かして

自分たちの画角に
まず合わせる みたいなのに…。

(秋山)まあ かかるか。
しかも なんか

通信が
あんまり良くなかったりして

飛び立たなかったりして

ディレクターさんが
その ドローン専門の人に…。

(一同 笑い)

普通に ちょっと待つだけでもね
まだかな? って思いますもんね。

そうですね。 スマホでもね。
あっ あっ ごめん… みたいな。

いや もう いいかな… みたいな。

それが それだけ機材出すと
もう…。

もう いい加減にしてくれないかな
ってなるよね。

さあ 2つ目 こちらです。

シンプルに うるさい。
(秋山)うるさいんだ。

そうですね。
うるさくて やっぱり…。

単純に 撮るほうも
近くで うるさいな

みたいな感じになります。

一回 ドラマで
ドローンを使った時に

室内で ドローンを
飛ばしたんですよ。

会議室のシーンで
ドローンを飛ばして…。

すごい やっぱ 時間かかって
みんな 待ってたんです。

セッティング終わって
テストやったら

飛ばした時に やっぱり
風 すごいじゃないですか。

テーブルの資料が 全部
ブワ~ッてなったんですよ。

これ 確実に
使えないじゃないですか。

全員が
そう思うんですよ。

でも セッティングに
すごい待ったから

なんか やっぱ
撮らないと…。

結構 シリアスなシーンなの?
それは。

会議で なんか みんなで…
警察もので。

次は ここに行くぞ!
みたいな話 してる時に

バタバタ バタバタ…!
もう みんなが

地図を手で押さえる感じで。
おかしいよね。

(秋山)なんで みんな 優しさで
続けてあげてるのよ それ。

(芳根)ドローンって大変だな
って思いました。

では 3つ目 こちら。

常に 高速回転するプロペラが
回ってるんですけど

シュッて動かすと
グンッみたいな感じで…。

友達とかも
おお…! みたいな感じで

ちょっと もう
怖がられてましたね。

表情も そっちの顔に
なっちゃったりするよね

どこ行っても。
そうだ。

(一同 笑い)
せっかく 笑顔で撮りたいのに。

(秋山)この辺に なんか…

なんか この辺にいるヤツの
顔だろうね 全部 どこ行っても。

おかしいですよね。 きれいな所で
みんなが こういう…。

みたいな。

さあ こんな 当時にですね
撮っていた

ドローンでのズームアウト自撮り
お借りして参りました。

ご覧ください。
(芳根)えっ すごい! やったー!

マイさんの
ズームアウト自撮り集です。

いいじゃない。
(芳根)すごい。

おお~!
はい はい はい こういうのね。

あっ きれい。
(芳根)テレビで見ますね。

見る見る 見る見る。

(芳根)うわ~ すごい!
うん。 ハワイ。

(秋山)「こんなとこにいたのね」
ってやつね。

やっぱ いいですね。

(芳根)うわっ すごい! これ。
みんな 手ぇ振って。

(秋山)おお~!
あるある あるある!

この当時は 本当に マジで

ズームアウトばっかり
撮っていたそうです。

結局 結構
こっち見ちゃうんですよね

こう…。
(芳根)確かに。

元も子もないでしょ
だって。

みんな 友達
こんなんやってたのに

1人だけさ…。
確かに。

2番目か3番目のやつ
そうでしたよね。

千葉の海岸のやつ

もう こうやって こういうの
ありましたね。

あと 左から2番目の人は

(一同 笑い)

(マイさん)確かに あの人は…
あの人 幼なじみなんですけど

もう まだ~? って
ずっと言ってましたね。

(芳根)やっぱり!

まあ でもね…。

まだまだ いまいち
満足しきれていない マイさん。

しかし ある日ですね…。

それは とんでもない速さで
コースを周遊する

ドローンの映像でした。

これ ドローンレースをしている
映像でして

ドローンに付いたカメラで
映像を見ながら

最高時速150キロで タイムを競う
競技というものなんですよね。

これだけ… 150キロのスピードが
出るドローンで

多分 自撮りしてる人
いないなと思って…。

競技ですもんね。
そうですよね。

で ちょっと これで撮ったら

今までのとは明らかに違うのが
撮れるなと思って。

ビューン パン! って事ですか?
ズームアウトの逆って事ですか?

そうだよね。
だから すごい旋回とか…。

猛スピードで動いて
自分の顔が映るとか…。

そうですね。 すごい動きの中に
自分 いる みたいな…。

(芳根)ああ なるほど。

おかしな事になってきてるね
どんどん。

(秋山)えっ そもそも…。

(マイさん)一応 旅に行った中で

ワーッと
景色も 全部 色々映るけど

一瞬 自分も映りま~す みたいな。

だって
さっきの千葉の海岸だとしたら

うわあ~! ってなってて…。

左から2番目の人は
どんな表情するんだ。

(一同 笑い)

(秋山)そうなるよね。

で 本人 ずっと これでしょ。
本人 これ つけてるんでしょ。

あいつ もう
映りたいとかじゃねえじゃん!

これ つけちゃってるじゃん!
千葉で…。

一瞬で このね ドローンレースに
魅せられてしまったマイさんは

ドローンのテクニックを磨くのに
夢中になってしまいます。

このあと マイさんの

とんでもないドローン猛特訓!

(秋山)
初めてじゃない?

(一同 笑い)

自撮りのために始めた
ドローンなんだけど

なぜか レースに
夢中になってしまったマイさん。

大会に出場するため
猛特訓を始めるんだ!

マイさんはですね

ドローンのテクニックを磨くのに
夢中になってしまいます。

はい まずは こちらですね。
これ 困る…。

家中を コースに
カスタマイズしていきます。

これは もう
トレーニングのために

輪っかを
色んなとこに付けたんですか?

(マイさん)そうです。 手作りの…。

100均とかで買ってきた
輪っかを作って

で 色んなとこに設置して。

ちょっと小さめのドローンで

家具の下とかを
くぐったりするんですけど

最初は下手なので
時々 自分にバッて飛んできて

髪の毛 こうやって切る みたいな。
そういう事も結構起きました。

家の中でトレーニングをします。

熱中しすぎて 仕事中のですね
旦那さんの周りを

ドローンで旋回する事も
あったそうです。

さすがに怒られるでしょ これ。
(秋山)ホントだよ。

旦那さん
違う仕事部屋にいたんですけど

そこまでピューッと飛んでいって

旦那さんとパソコンの間を
シュッシュッシュッ…。

(マイさん)で 最後は
この状態からピクリとも…。

ここを ずっと通ってるのに
全く動かなく…。

ないものとして
考えるしかなかったんだ。

達観していったんだ。

さらに マイさんはですね

ドローンレースは

高速で飛ぶ映像を見ながら
行うので

マイさんは 大会にですね

つわりと酔いで吐きまくりながら
出場された…。

すごい人だね マイさん あなた。
(秋山)すごいね。

そして 赤ちゃんが生まれた
2カ月後には

子どもを抱えながら
出場していたと。

だって 大変ですよね。

まず 慣れていくのと つわりで…。

どっちでリバースしてるか
わからないですよね。

全然わかんないです。

ずっと気持ち悪いのに さらに
ドローンで目がぐるぐる回って…。

これは危険ですよ。

初めてじゃない?
自分のリバースをくぐるの。

(一同 笑い)

おかしい…。
そんな事してません。

変なコース 作っちゃって。

こうした努力がありまして

ドローンのテクニックが
少しずつ向上し

大会でも入賞するようになった
マイさん。

気づけば
日本国内の女子ではトップ。

やっぱ すごい のめり込むと。

どんどん上達していったんだ。
そうなんです。

で ドローンレーサーになって
およそ1年

なんと
日本代表選手に選ばれまして

世界大会へも
参加されたという事なんです。

いきなり 代表選手だ…。
そんなマイさんの自撮り

皆さん 見たいですよね?
(芳根)見たい!

映像がございます。 どうぞ。

(芳根)わあ!
やっぱ うまいよね。

美しい砂浜。
ドローンじゃないと。

(芳根)すごい!

ついに たどり着いた

自撮りかって言われると…。
(一同 笑い)

日本代表に選ばれるほど

ドローンのテクニックが上達した
マイさん。

ついに 究極の自撮りを

完成させるんだ!

(芳根)わあ!
やっぱ うまいよね。

美しい砂浜。
ドローンじゃないと。

(芳根)すごい!

(芳根)どこにいるんだろう?

はいはいはい…。
(秋山)なんか ボートあったよ。

あの辺かな?
(秋山)おお おお おお おお…。

いるかな?
あっ いたいた いたいた…!

いました!
いたいた いたいた…!

マイさん いましたよ。
皆さん 見つけられましたか?

やってる やってる。
(芳根)ホントだ。

回ってる 回ってる。
回ってる 回ってる。

さあ ドローン
全然止まりません!

止まらない 止まらない。

また 砂浜のほうに行きます。
(芳根)すごい!

そして 旋回して…。

さあ 行くか? 行くか?
行くか? 行くか?

(芳根)ああ~!
止まらないです。

上に行って…。

そう あえて
パキッと自撮りはしないんです。

(芳根)そうなんだ。
(秋山)もう そこになった?

(芳根)行ききった感じがしますね。
そうね。

アクロバット 8
自分 2くらいの割合です。

(秋山)うわっ すげえ!
でも すげえ!

それが 今のマイさんの
自撮りスタイル。

(芳根)えっ かっこいい!

確かに 大自然は
美しいんですけれども…。

うん 確かに 確かに 確かに。

(一同 笑い)

自分で撮ってる事を自撮り…。
うん。

まあ 合ってるのか じゃあ。

なんだろう?
わかんなくなってきました。

で こんなふうにですね

テクニック めちゃくちゃ
向上したんですけれども

マイさん まだ1つ
不満があるという事なんですね。

それはですね
動画で マイさんが…。

(芳根)そうですよね それは…。

(秋山)それはそうだよね。
自撮りとしてはね もう…。

(マイさん)そうですね
まあ 全部映らないですね。

どこに行っても
どんな景色の中にいても

必ず これは つけないと
飛ばせないので…。

そうですよね。
すごい変な話だね この話。

自撮りを極めようと思ったら
目線が入っちゃう みたいな。

(秋山)うんうん うんうん…。

最後 スピードスケートの人が
ブワッて出すみたいな

あれ… ああいうの
できないですかね?

顔を出してブワッていう。
あの 最後ですね。

自分の顔で終わりたいですよね。
そうですよね。 ここで

最後 取って…。

(芳根)おお~!

さあ アイデアも出たところで

若林研究員
最終的なラベリングを。

なんだろうな? マイさん…。

もう 自撮りの事は
言わないでほしい。

最終的なラベリングを。
なんだろうな? マイさん…。

マイさんは…
だから もう マイさんは

自撮りからはズームアウトして
ドローンに専念してほしい人です。

(秋山)もう 自撮りの事は
言わないでほしい。

このあと…。

いいところ いっぱい
ありますよね? 北九州も。

あります あります…。
例えば?

例えば…。

ホント 若林君は とにかく
北九州のケンカの話しか

しないから。

そうでしたね。
(秋山)ホント 普通の街だから。

いいところ いっぱい
ありますよね? 北九州も。

あります あります…。
例えば?

例えば パンチパーマ発祥の地。

ハハハハッ!
あれ?

普通の街なんで。
そうですね。

それは たまたま
俺が行った日がですよね。

さあ そして 最後に 芳根さんから
お知らせがあります。

こちら
映画『ボス・ベイビー』です。

見どころを教えてください。

見た目は赤ちゃん
中身はおっさんの

ボス・ベイビーが帰ってきます。

私は 今回 ボス・ベイビーの姪
タビサの声を担当致しました。

大人になったボス・ベイビーと
タビサの父 ティムが

家族 そして 世界を救うため

スーパーミルクで
赤ちゃん返りをして

最大のミッションに挑みます。
12月17日 公開です。

ご覧ください。
よろしくお願いします。