世界の何だコレ!?ミステリーSP【日本に呪術師が実在/仰天映像/龍馬暗殺の謎】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

世界の何だコレ!?ミステリーSP【日本に呪術師が実在/仰天映像/龍馬暗殺の謎】[字]

投稿「呪術師って本当にいるの?」…調査を進めると学術的に貴重な方が四国山奥に!直撃取材▽龍馬暗殺の黒幕は〇〇!?近年発見の刀&密書&事件後のキーマン5人から迫る

ご案内
皆さんの身近にある「何だコレ」を大募集!“開かずの金庫を開けて欲しい”“家にある謎の物体…その正体が知りたい”“私の街にはこんなフシギな場所・都市伝説が”など、皆さんが「何だコレ」と思えるものであれば何でもOK!番組で採用されたら1万円を贈呈致します!ご応募は「番組HP」または「LINEの番組公式アカウント(LINEアプリで何だコレ!?ミステリーと検索)」からお願い致します!
番組内容
▽今、大きな話題になっている“呪術”!小学6年生から「呪術師って本当にいたのでしょうか?」という投稿をいただき、調査を進めると…四国の山奥に、今も“呪術”を使う、学術的にも貴重な方が存在するという。一体どんな方なのか…そして、今も使われる“呪術”とはどんなものなのか?Kis-My-Ft2二階堂高嗣隊員が直撃取材!一方、田中卓志隊長が調査するのは、歴史ある視聴者宅から出てきた謎の古文書!
番組内容2
内容を専門家に確認してみると…大興奮の内容が書かれていた!?

▽日本史史上最大級のミステリー“坂本龍馬暗殺事件”実行犯は誰なのか?そして、暗殺を指示した黒幕は誰なのか?いまだ多くの謎に包まれている…今回は、事件後に現る5人のキーマン、さらに近年発見された密書&刀から、黒幕の正体に迫っていく。もちろんナビゲーターは社会科の教員免許を持つあばれる先生!歴史ロマンを一緒にお楽しみいただきたい。
出演者
【MC】
蛍原徹 
きゃりーぱみゅぱみゅ 
【ゲスト】
秋元真夏(乃木坂46) 
伊集院光 
【VTR出演】
あばれる君 
田中卓志(アンガールズ) 
二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)
スタッフ
【編成企画】
南條祐紀(フジテレビ) 

【チーフプロデューサー】
高松明央 

【監修】
たぐちゆたか 

【プロデューサー】
白鳥秀明 
佐藤大樹 
大谷利彦 

【演出】
中嶋亮介 
富田一伸 
酒井秀樹 
川村公人 

【総合演出】
木伏智也 

【制作】
フジテレビ 

【制作著作】
オクタゴン

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 二階堂
  2. 本郷
  3. 龍馬
  4. 磯田
  5. 木村
  6. 森安
  7. 中岡
  8. 男性
  9. 田中
  10. 今井
  11. スタッフ
  12. 小屋
  13. 先生
  14. 京都
  15. 近藤
  16. 当時
  17. 黒幕
  18. 新選組
  19. 池田
  20. 龍馬暗殺

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,530 (2022/01/20 22:56:14時点 Amazon調べ-詳細)

[まずは…]

[海の中で…]

これは…。

[先生 解説お願いします]

[続いては…]

[夜空に現れた 緑色の何か]

(キュイーンという音)

[確かに…]
(キュイーンという音)

[キュイーンという音とともに
謎の物体が出現]

(キュイーンという音)

[この物体に関して…]

[…と発表]

[ただ よく見ると

白いライトのようなものから

緑色の光が
出ているようにも見える]

[ということで

照明に詳しい方に
話を聞いてみた]

[続いては…]

[この後…]

[秋元 真夏さん
お答えください]

ソーダ飲むって言ってましたよね。

ペットボトル開けたら
泡が爆発して

飛んでっちゃった。
泡がドーンって?

(爆発音)

[辛い物を食べていたら…]

(爆発音)

[突然…]

関係あんの? 辛い物。
(爆発音)

ソーダも関係あんの?

[いったい…]

[屋根にあるアンテナに
偶然 雷が落ちたことで

テレビが爆発したのでは?
とのこと]

辛い物もソーダも関係ない…。
(きゃりー)難しい。

[お次は…]

[すると…]

[えっ?]

[…の最中

マシントラブルによって
多くのドローンが

地上に降りてきて
しまったそうです]

[お次も…]

[こちらのデパートの前を通ると
不思議なことが起きるという]

[その様子を捉えた映像が
こちら]

[確かに 通る人 皆さん

髪の毛が ピンピンと立っている]

[この場所で…]

[デパートの責任者によると…]

[この場所には…]

[静電気がたまった空気が
外に出て

行き交う人々の髪の毛を
逆立てていたと考えられるそう]

[話題の
ミステリースポットでした]

[続いては…]

[その日
ケリーさんが帰宅すると…]

[その映像が こちら]

[家の中で うごめき…]

[暖炉の中にも]

[実は これ…]

[…という鳥で
煙突から この家に侵入]

[その訳は…]

彼らは 1年に…。

渡りという
やつですけれども。

(里中)通常は
木のウロであるとか

そういう所を
ねぐらにして

生活を
するんですけれども…。

こんなことあるの?
ちょっと びっくり。

[続いては…]

[山あいにある…]

[何やら…]

[すると…]

[もう一台 トラックが進入]

[道路に埋まった]

[えっ! 日本にも?]

[何やら 不思議な脇道が]

[どうやら ここらしい]

(牧田)この映像のように…。

[こういう事態を
未然に防ぐには…]

[…することが
大切なんだそうです]

[そういえば 蛍原さん]

たまに遊んでますよ。

[それでは こちらは…]

えっ?

別に 普通に 赤ちゃん…。

えっ! 赤ちゃんじゃない。 えっ!?

嘘や!
普通の人間の赤ちゃんや。

[残念 ないていたのは鳥]

[なぜ 赤ちゃんのような
鳴き声?]

[この後…]

(赤ちゃんの泣き声のような鳴き声)

[専門家に伺うと…]

[ちなみに…]

(コトドリの鳴き声)

[こんな感じだそうです]

[美しい星空が広がる…]

(人々の叫ぶ声)

[何やら 大声を上げ
夜空を見上げる人々]

[夜空に謎の白い物体が!]

[すると…]

[いったい…]

[それは…]

[そう 夜空に浮いているように
見えたのは…]

あれ 日本でも
電線のぼっちゃうんだよね 蛇。

だから 危なくて。

長い蛇が 電線と電線の間を
横断しようと思って

電線同士をつなげちゃうと
大停電になったりする。

蛇の多いところの電線は…。

付いてる。
ヘルメットみたいなやつが

途中に幾つかあって。
要するに 蛇が

そこから
はね返されるようになってる。

[続いては
琉球大学でタコの研究をする

池田教授が教えてくれた
ミステリー]

[タコには
腕の付け根に1つずつ

そして 頭に1つ
合計9つの脳があるそうで]

(スタッフ)巨大脳なんて
言われてるんですか。 へぇ~。

[その…]

[…が こちら]

(池田)でもですね
これ よく見てくと タコが…。

[そして…]

[そして ここからが…]

(池田)一部の先生なんかは…。

(池田)そんなふうに
解釈したりもしてるんですけども。

[近年 その瞬間を捉えたとされる
貴重な映像が撮影された]

(池田)睡眠してるのかなと。

[すると…]

(池田)ひょっとしたら…。

[このとき タコは…]

(池田)こういうのっていうのは
わりと…。

(池田)
そんなふうにも見えますよね。

不思議。

[続いては 慶應義塾大学の
下村教授が教えてくれたミステリー]

えーとですね これ見てください。

[ん?]

[すると…]

≪(龍馬)
さて どちらさまでしたかな?

≪(龍馬)うっ!

[慶應義塾大学の下村教授が
教えてくれたミステリー]

えーとですね これ見てください。

[ん?]

[詳しい話を聞くため…]

(下村)いきますよ。

(下村)立ち上がりましたね。

[…という現象に

100年以上も謎だった
ミステリーが存在するらしい]

[それは…]

(下村)実際…。

[…と お思いでしょうが

分からないことは
何としてでも解明したいと

取り組むのが物理学者]

[複雑な計算式を解き

100年以上 分からなかった
卵の謎を解明したのが

何を隠そう 下村教授]

[イギリスの名門…]

[100年の謎を解き明かした]

[この功績は
物理学界でたたえられ

権威ある…]

[難しすぎて

何が書かれているかは
さっぱり分からないが…]

[この卵の研究…]

[ええっ!]

(下村)もし…。

[続いては 京都にお住まいの
小学生からの投稿]

「調べてください」

[今話題のテレビアニメ…]

「彼には器の可能性がある」

「お前は強いから人を助けろ」

「間違った死だ!」

[主人公の虎杖 悠仁が

人間の負の感情から生まれる
呪いをはらうため

様々な呪術を使う仲間たちと共に
壮絶な戦いを繰り広げる物語]

「死なせたくありません」

「自分が死ぬときのことは
分からんけど…」

「やめろ!」
「生きざまで後悔はしたくない」

「ううあああーっ!」

[調べてみると…]
(スタッフ)失礼します。

[35年以上 呪術について
研究し続けている方がいた]

(斎藤)一番有名ですけども
ああいう存在が…。

[えっ?]

[その場所があるのは
四国の山奥]

[戦国時代のころから
呪術師がおり

学術的にも貴重な存在だという]

[いったい どんな所に住んでいて
どんな人なのか?]

[向かったのは 高知県の北東部
四国山地の山奥にある

人口 およそ1, 600人の…]

[調査するのは…]

(二階堂)
いや 気持ちいいな しかし。

(二階堂)全然…。

(二階堂)
Kis-My-Ft2の二階堂です。

ちょっと
お話を聞かせていただけますか?

(二階堂)病をはらうみたいな…。

(二階堂)モリオさんでしたっけ?

[ん?]

[話をまとめると
森安さんという方が

太夫と呼ばれる
祈祷などを行う呪術師のようで

その昔は この周辺に
たくさんいたそうだが

今は数人しかいないらしい]

[ということで 太夫…]

[書いていただいた]

(男性)ここから先に…。

(男性)この後 ここから先に…。

(男性)僕も もう
だいぶ行ってないんで…。

[とにかく…]

[との言葉を信じ いざ…]

[すると…]

(二階堂)運転手さん
止まれるとこで

止まってほしいです。

(二階堂)これ これ これ これ。

(二階堂)うん?

(二階堂)「だいせん…」

(二階堂)「御礼謹白」

[突然 現れた
竹に挟まれた お札のようなもの]

[その近くには…]

(二階堂)すげえ!

(二階堂)すげえ!

(二階堂)近くにあったから…。

(二階堂)そういう術を
使ってるのかもしれない。

(スタッフ)家はあるけど
人の気配はないですね。

[地図どおり
右に入る脇道はあるが…]

[道幅が狭く…]

[ここからは歩いて向かう]

(二階堂)すごいわ。

[気付けば かなりの標高に]

(二階堂)景色が めっちゃいい。

体力あるな 二階堂君。

(伊集院)背広で。
(秋元)ホントですね。

(警報音)

(二階堂)ビビった~。
(警報音)

[謎の警報音が鳴る家を発見]

(犬の吠え声)

(二階堂)あっち行ってみます?

(犬の吠え声)

(吠え声)
(秋元)警戒されてる。

(二階堂)すいませ~ん。
(伊集院)頭 良さそう。

(吠え声)
(伊集院)「お前 誰だ!」

(二階堂)ヤッベ。

(二階堂)マジで?

車 あるけどな。

≪誰~?
(二階堂)あっ。

(二階堂)こんにちは。
よかった よかった よかった。

よかった よかった。

すいません。

(二階堂)えっ?

(二階堂)あっ!

(二階堂)すいません 突然。
ごめんなさい。

(二階堂)すいません 突然。
ごめんなさい。

(二階堂)ウサギ?

(二階堂)飼ってるんですか?

(二階堂)
…を飼われてるんですか?

それをね…。

(二階堂)結果 飼われてる?

うん。

[何とも心優しいお方]

[聞けば 太夫…]

[先生に
「会うときは くれぐれも…」]

[と 念を押されている]

[まずは 慎重に ご挨拶を]

(二階堂)ちょっと待って。

(歯医者)ハブラシ選びのポイントは
(上戸)ズバリ ヘッドの薄さ!

《薄いハブラシなら奥まで届きやすいんです》

決めた!ハブラシは 薄さで選ぶ!

《歯垢除去率 1.4倍!》

♬~「クリニカ」《極薄ヘッド》

♬~
(高畑)頭痛い…
《バファリン 効いてくれるよね》

《でも 眠くなると困るな…》

(姪)おねーちゃん?
<バファリンAは

眠くなる成分が 無配合なんです>

いたみは止める わたしを止めない
♬~《ぴんぽん》

(男性)突然でもないけんど。
(二階堂)ありがとうございます。

(男性)お話 構わんぞ。
(二階堂)どこで…。

(スタッフ)一応 念のため
確認しましょっか。

(二階堂)確認の仕方でいい?

(二階堂)はい。

森安さん この方?
なんですかね。

(二階堂)ちょっと待って。

(スタッフ)いや ちょっと…。

そうやね 二階堂君
失礼のないようにと思ってるから。

よっぽど言われたんだろうね。

[思わず スタッフも間に入る]

(伊集院)こっちが
ご無理 言ってるからね。

そうですね。

(男性)まあ ええわ。

(男性)はいはい。

(二階堂)あー えーと…。

(森安)会えたって…。

(二階堂)
Kis-My-Ft2の二階堂と申します。

よろしくお願いいたします。

[この方が…]

[とてもポップな雰囲気の方だが
先生いわく

あの有名な陰陽師

安倍晴明が使ったとされる

式神のような術を使う
学術的にも貴重な存在だという]

[早速 聞いてみた]

(二階堂)
何か見せてくれる ヤバい。

(二階堂)
うわっ 何か すごいの持ってきた。

(森安)これ…。

「いざなぎ」
(二階堂)うわ すげえ!

(森安)これは…。

(二階堂)憑き物?
(森安)人の…。

(二階堂)えっ?

(森安)それを ほどく。

ビビったな 今。

(森安)大丈夫 大丈夫。

(伊集院)呪われると思ったのかな。

(森安)憑き物っつったら 昔は…。

(森安)こういうので はらう。

[人を不幸にする…]

[その のろいをはらう…]

[どうやら 祭文の中には…]

[…ものが あるらしい]

[これは実際に ある…]

(唱える声)

[太夫さんたちは
このように祭文を唱え

家を守る儀式を
今も行っている]

(森安)簡単に言うたら…。

(二階堂)今でも…。

(森安)恐ろしいこと言う。

(二階堂)ここ来る道中に
細い竹に お札みたいなのが。

あれは何ですか?

(森安)あれは せき。

[さらに
陰陽師も使っていたとされる…]

(二階堂)使ったりするんですか?

(森安)御幣 いっぱい切って。

(森安)これ はい。

(森安)構わん そんなもん。
こんなもん 紙切れ…。

(森安)俺らが。

[太夫さんたちは 儀式の際
たくさんの御幣を用意し

そこに 式王子と呼ばれる
神様など

様々な神様を呼び寄せ
呪いをはらうという]

(唱える声)

[かつては
人を攻撃するためにも

使われていたという呪術]

[しかし 今は 人々の生活を
守るためのものとして

呪術師たちによって
その伝統が受け継がれている]

(森安)怖いものは
世の中にないぞ だいたい。

(二階堂)すげえ 今のリアル…。

[森安さん 貴重なお話…]

[続いては 岡山県に住む
小屋さんからの情報]

(田中)読めない。

[…の代物だった]

『少年ジャンプ』
読んでるぐらいの感じだよね。

[岡山県に住む
小屋さんからの情報]

[ということで…]

(田中のせき)

[われらが…]

(田中)俺指名? うれしいね。

よっぽどのファンだな。 ハハハ…。

[では…]

(田中)お宅。

(田中)えっ?

≪はーい。
(田中)あっ いらっしゃった。

(田中)どうも。 すいません。

(小屋)来てくれてよかったです
ありがとうございます。

[小屋さんと そのお姉さん]

[まずは 見てほしいものが
あるということで…]

(田中)えっ! うわっ!

(田中)昔の 何だろう… 僕…。

(小屋)分かんないんですけど…
みたいです。

[調べてみると
伊達常陸守とは

岡山県新見市に存在した
甲籠城の城主で

現在の福島県 奥州 伊達郡から

この地に移ってきた
といわれている]

[小屋さんいわく
ご先祖さまは その…]

[ただ
知っているのは それくらい]

[ずっと気になっているという]

[そんな中 見るからに古い資料が
最近 この家から見つかったそう]

(田中)おお~。

(小屋)一番最初のは…。

(小屋)最後。

(田中)なるほど。

その書物の最後の方に

ひいおじいさんが
出るってことは…。

(田中)ちょっと…。

[いったい…]

[調べてみることに]

[向かったのは 京都にある…]

(磯田)こんにちは。

この人 有名な人じゃん。
すごい出てくる。

(磯田)これですか。
(スタッフ)はい その箱に。

(磯田)えっと 少し…
あっ これは…。

(磯田)もちろん…。

[出会ったときとは まるで違う
テンションの上がり方を見せる先生!]

[古文書について語り始めた]

(磯田)これはね 田畑の…。

[こちらは…]

[と ここで 先生のテンションを
さらに上げる情報が]

(磯田)
岡山のどちらになりますか?

(磯田)いや~…。

(磯田)ちょっと
顔色が変わったんですけどね

あれはね…。

(スタッフ)先生 すいません。

(磯田)僕 岡山生まれなのも
あるんですけど…。

(磯田)見尽くして歩いてる。
あっ…。

[続いて
隊長が気になっていた…]

(磯田)ひゅっ。 あっ これはね…。

(磯田)お役所に対して
こうさせていただけませんか

というふうに
願って出た文書ですね。

(磯田)
というふうに書いてますね。

で 彼をどうしよう
ってことなんですかね。

(磯田)いいよっていうのを…。

[当時…]

[一人でもサボれば
その分の負担が増えるため…]

(磯田)
…ってことだったんでしょうね。

そういうときの文書ですよね。

(磯田)あったじゃありませんか
これ。

[これは ご先祖さまの名前が
代々 記されたもの]

(磯田)並べてみると… あっ…。

『少年ジャンプ』
読んでるぐらいの感じだよね。

(磯田)これが
小屋家の祖先じゃないですか?

(スタッフ)
すごいですね。 その当時の…

分かるってこと…。

(磯田)この巻物が。
ちょっと見ていいですか?

(スタッフ)はい お願いします。

(磯田)この小屋家の
当主の一人ですけど…

たぶん
幕末の文書だと思うんですけどね。

[領主から送られた文書には

小屋家の名字に関することが
書かれているという]

(磯田)「苗字帯刀
差し許し」と。

ここで許すと。

(磯田)どういうことが
あったかっていうとね…。

(磯田)武士の少ない新見藩では

軍事力をどのように確保しようか
と考えるわけですよ。

そしたら 草間台の上に

小屋という名字を まだ 公式には
名乗っていないんだけど…。

(磯田)お金があるから…。

(磯田)ということで…。

(磯田)藩から…。

[磯田先生
いわく

見つかった
古文書は…]

[…に関する
ことが分かる

とても貴重な
資料だという]

[続いては…]

それは…。

(あばれる君)ところが 近年…。

[世間を震撼させた大事件]

≪いかん!

[ところが

近年 暗殺を指示した
黒幕の存在をほのめかす

秘密の手紙が発見された]

[今回は…]

[事件後に現れた
5人のキーマンから

坂本 龍馬暗殺事件
その黒幕に迫る]

(あばれる君)あっ 本郷先生
今日も よろしくお願いします。

(本郷)おはようございます。
(あばれる君)すごい所ですね。

さあ 幕末の政治の中心だった
世界遺産 二条城が見えますが…。

(あばれる君)そういうイメージも。
(本郷)イメージがありますね。

それは…。

(本郷)その警察機構が…。

(本郷)これは よっぽど犯行が…。

(本郷)…されていたものである
ということが分かるんですね。

[ということで

事件後に現れた
5人のキーマンに迫る前に

まずは…]

[…に
目を向ける]

[坂本 龍馬は江戸時代末期

土佐藩の武士の家系に
生まれた男]

[当時 大きな軍事力を
持ちながらも

敵対していた
2つの藩]

[薩摩と長州]

[彼らに手を結ばせ

日本を統治する
徳川幕府を倒すことで

江戸時代を
終わらせるプランを

考えたとされる]

[そして 自らが仲介役となり

教科書でもおなじみの…]

[幕府打倒まで
あと一歩と迫った]

[運命の1日が始まる]

[このころ龍馬は
政治の中心であった京都に滞在]

[江戸時代を終わらせようと
画策する龍馬は…]

[身の危険を感じていたため
近江屋という…]

(せき)

(男性)
安静にしとかな あきまへんで。

[それまでは…]

[万が一のときは
裏手から逃げられるよう

はしごを掛けていたが

養生をするため一時的に…]

(本郷)…にやって来ました。
(あばれる君)はい。

(あばれる君)はい。
おすし屋さん ありますけれども。

(あばれる君)今 あんなに…。

(本郷)そうなんですね。
(あばれる君)あそこですって!

しかしですよ これ…。

ほぼファーストギャグが
今のやつだと。

(あばれる君)ってことは
僕たちがいる所は…。

(本郷)
まさに そういうことなんです。

(あばれる君)となりますと…。

(本郷)そういうことです。

(あばれる君)あー なるほど。

[龍馬は…]

[何かあれば 仲間たちが
すぐ駆け付けられる

目の前の しょうゆ商を
潜伏場所として選んでいた]

[近江屋に1人の男が]

(戸をたたく音)

[用心棒を任されていたのは

龍馬の家来で 元相撲とりの…]

はい。
≪(中岡)中岡だ。

あ~! はいはい。

[訪ねてきたのは
龍馬の親友だった…]

龍馬!

[さらに 龍馬を慕う…]

[暗殺犯は この状況を見て…]

腹が減ったのう。

中岡さん…。

おい!

(男性)私が行ってまいります。
(男性)それなら俺も一緒に行くわ。

[後から合流した…]

[こうして
近江屋には用心棒の藤吉]

[1階 奥の部屋には
近江屋の主人と その家族]

[2階の奥の部屋には
龍馬と中岡が残された]

[すると…]

≪(ノック)

(藤吉)何のご用?

どちらさんね?

[ついに決行された…]

≪坂本さん!

腹が減ったのう。
中岡さん…。

おい!

(男性)私が行ってまいります。
(男性)それなら俺も一緒に行くわ。

[後から合流した…]

[すると…]

≪(ノック)

(藤吉)何のご用?

どちらさんね?

≪拙者…。

[当時 龍馬は身分を隠すため…]

(藤吉)少々お待ちを。

[藤吉は 龍馬のいる2階へと
向かったという]

(斬られる音)
(藤吉)ぐあっ! ああっ…。

[このとき 龍馬は
部屋の外で用心棒の…]

[もし2人が騒ぎ声を怪しみ
刀を手元に引き寄せていれば

悲劇は防げたかもしれない]

≪(龍馬)どうじゃ? もう少し。
≪(中岡)おお おお。

≪(龍馬)どちらさまでしたかな?

≪(龍馬)うっ うわ~!
≪(中岡)いかん!

≪コナクソ~!

[龍馬暗殺]

[それは まさに
一瞬の出来事だったという]

(本郷)その龍馬が ほとんど…。

(本郷)これは やっぱり
よっぽど…。

[ここからは…]

[事件後に行われた…]

[そして 事件後に現れた
5人のキーマンから

その黒幕に迫る]

(本郷)
ということで裏口から出て…。

(本郷)そして この…。

≪坂本さん!

[事件後 即座に
現場に駆け付けた男こそ

龍馬を尊敬していた…]

[このとき すでに…]

[体には 34もの刀傷が
刻まれていたという]

[一方で…]

(谷)中岡さん?

[龍馬と一緒に襲撃された中岡は
まだ息をしており]

[中岡は この重要な証言を残し
2日後に息を引き取った]

[事件から…]

[谷は 龍馬暗殺の実行犯は
ある組織の仕業に違いないと

幕府に厳しく処罰をするよう
申し立てたという]

(本郷)それが こちらなんです。

(あばれる君)ちょっと
近くに行って見てみましょう。

(あばれる君)いいですか これ。
見覚えのある この旗。 誠の文字。

(あばれる君)これ 先生…。

(本郷)そうなんです。
(あばれる君)えっ!?

[新選組とは

徳川幕府が すご腕の剣士などを
集め結成した いわば警察組織]

[江戸末期になると
幕府打倒を目指す武士たちが

京都に集まり
様々なゲリラ活動を始めた]

[そんな 京都に潜む
反逆者たちを一掃するため

新選組は 日夜…]

(あばれる君)
状況証拠みたいなものは。

(あばれる君)下駄?
(本郷)それから…。

[そう 当時の記録によると…]

[1本の黒い鞘が
残されていたとされる]

[つまり…]

[龍馬と共に襲撃を受けた
中岡の証言]

[そして 近江屋に残された…]

[まず 料亭の主人に
下駄について尋ねると]

[…との証言が]

[さらに 谷が

新選組のOBが集まる
屋敷を訪ね

現場に残された鞘について
尋ねると]

やはり新選組の仕業か。

[これは…]

[…という
中岡の証言とも一致した]

(本郷)
近藤 勇を呼びだして…。

(本郷)そしたら
そのときに近藤は…。

(本郷)ということを…。

[龍馬暗殺の黒幕に迫る
2人目のキーマンは

容疑者K
新選組局長 近藤勇]

[そう 江戸時代は
いくら証拠があっても

本人の自白がないかぎり

なかなか罪に問われない制度に
なっていたとされる]

(本郷)それとね…。

(本郷)しかも…。

(本郷)となれば…。

(あばれる君)確かに。

[褒められることなので

やっていないと
嘘をつく必要はないはず]

[そんな中 龍馬暗殺から
およそ…]

[薩摩藩と長州藩
そして 龍馬の出身地

土佐藩を中心とする
新政府軍が

徳川幕府の本拠地である
江戸を…]

[まさに 新政府軍の時代に
変わりつつあったころ]

[新選組の局長 近藤 勇は…]

[そして…]

[東京 板橋区にあった
処刑場で…]

(あばれる君)先生 これ
ちょっと おかしいと思うんです。

(あばれる君)そんな中で…。

(本郷)そうなんですよ。
まさに おっしゃるとおりで…。

[ちなみに この年の初めに

今後は 暗殺を禁止するという
法律が公布された]

[裏を返せば…]

[本来は
龍馬の暗殺犯を捕まえても

処罰できない状況に
あったとされる]

(本郷)だけど そこに…。

(本郷)彼は すでに…。

(本郷)彼自身は…。

(本郷)だから…。

(本郷)だけど…。

[そう 新選組局長…]

[ところが この後…]

(あばれる君)さらされていた首が
持ち去られた?

[東京で処刑された
新選組局長 近藤 勇の首は

京都へと運ばれ 罪人として
人々の前にさらされた]

[しかし その首は
3日間 さらされた後

何の前触れもなく
消え去り…]

[およそ5年前]

[その謎をひもとく…]

(あばれる君)「首ヲ盗ミ 生前…」

♬~
(桑田)おっきいね~。

今日 生まれちゃうんじゃないの。
(部下)いやいや そんな。

(着信音)
んっ?
そこ左曲がって ほら。

頑張れよ!

(バイブレーション音)

(女性社員)あれ 産まれたんですか?
あっ 産まれた産まれた。

<今日という日を 楽しむために

安心 安全 健康のテーマパークへ>
あっ 見ますか?

<SOMPO グループ>

バァー!
(赤ちゃん泣き声)
泣いちゃいましたよ。

皆さんが気になる謎を大募集。
不思議な物や開かずの金庫など

身近にある何だコレ!?
どんどん送ってください。

私も新隊員として
ロケに参加します。

来年の1月から7月の間

全国ツアーでお伺いします
町の皆さま

ぜひ 何だコレ!?な情報を
お願いします。

ツアーの合間に
お邪魔したいと思ってます。

採用された方には
賞金1万円を贈呈。

番組ホームページ 公式LINEから
ご応募お待ちしてま~す。

[罪人として
京都の三条河原にさらされた

近藤 勇の首が
突如なくなり…]

[しかし およそ5年前]

[なぜ なくなったのか
謎を解く…]

(木村)こちらです。
(あばれる君)はい。

立派な刀がありますが。

(木村)刃文が普通は
波模様のものが多いんですが

直刃といいまして
刃文が真っすぐになってるんです。

(木村)戦争で…。

(あばれる君)しかしですよ。

(木村)見ていただきたいのが…。

(あばれる君)ずらっと
書かれてますけれども…。

嘘でしょ!? これ。

「首ヲ盗ミ 生前…」

ちょっと
ちょっと来てください。

ちょっと来てください。
真ん中ら辺に書いてあります。

(木村)要約しますと…。

(木村)この刀と その首を…。

(あばれる君)ここに首の在りかが
書いてあったわけですか。

つまり…。

(あばれる君)そして その首は…。

(木村)そうです。

[会津藩とは 徳川家の一門が治め
最後まで…]

(木村)で 2つ目が
新選組副長の…。

(木村)
ちょうどいいということで…。

[罪人としてさらされた
近藤 勇の首を

舎弟が盗みだした決死の行動]

[くしくも この後…]

(あばれる君)にもかかわらず…。

(本郷)そうですね。 ちょっと…。

(本郷)っていうのは…。

(本郷)その人が…。

(あばれる君)となると…。

(本郷)みんなが納得しちゃった
ってことでしょうね。

(あばれる君)みんなは
そう思ったわけですね。

もしかしたら 谷も…。

(本郷)うん
そうかもしれない。

[その後
刀の鞘の持ち主とされていた

新選組の原田 左之助も
戦で亡くなったため

死人に口なし]

[このまま 新選組の犯行として
語り継がれるかに思われた]

[ところが 事件から およそ…]

[別の罪で捕らえられていた
元新選組隊士が

思わぬ男の名前を口にする]

以前 近藤さんは酒の席で…。

[龍馬暗殺から およそ…]

[別の罪で捕らえられていた
元新選組隊士が

思わぬ男の名前を口にする]

[そんな見廻組の一員
今井 信郎こそ

龍馬暗殺の黒幕に迫る
4人目のキーマン]

[早速 今井を事情聴取すると…]

[実は 龍馬は護身用として

まだ当時は珍しかった
ピストルを所持]

[だからこそ 手に負えないときは
殺していいと

指示が出ていたと証言]

[ただし 今井は

暗殺指示を出した黒幕については
聞かされていなかったのか

あえて口を閉ざしたのか…]

[また 今井と共に
襲撃に加わったメンバーは

すでに…]

[その真相は
闇の中に葬られてしまった]

[その一方で
今井は犯行時の様子を

こう証言している]

[当時は まだ…]

[今井は
龍馬の顔を知らなかった]

[部屋に2人の男がいたので

どちらが龍馬なのか分からず
焦ったのだと言う]

(今井)そこで私は
機転を利かせて…。

いや~。

(今井)と 声を掛けると
入り口に座っていた方が…。

(今井)と 答えたので
こっちが坂本だと思い…。

即座に斬りつけました。

(中岡)いかん!

(今井)クソ~!
(龍馬)うわー!

うっ ううう…。

[そして…]

(今井)現場に残された鞘は

われわれの仲間が
忘れたものである。

[また…]

[そうなると…]

[いよいよ…]

(本郷)黒幕について…。

[いよいよ…]

[現在 一般公開されていない
その密書を

特別に
拝見させていただけることに]

[その内容は 第三者が読んでも
理解できないように

あえて
ぼやかされているという]

(木村)会津藩の…。

(木村)という人物が
彦根藩の…。

(木村)という人物に
宛てた手紙になっております。

[会津藩と彦根藩は…]

[特に彦根藩は 幕府から

代々 日本の都である
京都を守るという

極めて重要な役目を
与えられるほど

信頼されていた]

(木村)ここにですね
「事件」って書いてあるんです。

(木村)…について極内密に
伺いたいことがあるので。

(木村)現在も祇園にあります

一力亭に自分は…。

[ここで注目すべきは
密書に記された

「事件」という言葉が…]

(木村)手代木 直右衛門という
人物。

[その上で…]

(木村)こちらが
16日なので…。

(木村)まあ そうですね。

[つまり この密書にある…]

[としか考えがたいということ]

(あばれる君)要約すると…。

(木村)
こういうことを言ってます。

[会津藩士
手代木 直右衛門いわく…]

[となると 龍馬暗殺の…]

(木村)そのことからも…。

(木村)そういう思いが

この手紙から
透けて見えるんじゃないか。

[当時 彦根藩の内部は

幕府派と倒幕派に
分かれていたとされ

万が一 徳川幕府の中枢である
彦根藩が

倒幕派に
味方するようなことになると

幕府の立場が
さらに危うくなる]

[そこで会津藩が
狙いを定めたのが

倒幕派の中心人物であった…]

[彦根藩を龍馬の暗殺に
加担させれば

倒幕派との関係は
崩れるはず]

[つまり 何らかの形で…]

[倒幕派に味方できないよう
画策したのではないか?]

[日本を新しくしようとした男]

[日本を治める徳川幕府に
忠義を尽くした男]

[それぞれ立場は違えど…]

[くしくも 近年 発見された
近藤 勇の書に書かれていたのは

こんな言葉であった]