ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

初登場!本上まなみが半蔵門線でぶらり旅!▽アイス豆腐チョコ▽パクチーと牛肉がたっぷり!アモイの美味麺▽芸術的絵画のようなカーペット▽旬のフルーツのせた!生タルト

出演者
【旅人】本上まなみ
番組内容
初登場!本上まなみが半蔵門線でぶらり旅!▽豆腐・豆乳専門店のアイス豆腐チョコ▽日本初上陸?パクチーと牛肉がたっぷり!アモイの美味麺▽芸術的絵画のようなカーペット▽オーストラリア発!植物の店▽旬のフルーツのせ!焼かない?生タルト▽「エサやり」や「手のり」が体験できる!シマリスカフェ▽次週予告!舞の海が日比谷線でぶらり旅!目玉焼きレアチーズケーキ&果物フルコース
音楽
【番組テーマ曲】「風旅」瑛人
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. 絨毯
  3. キレイ
  4. ステキ
  5. メニュー
  6. 体験
  7. 豆腐
  8. オーストラリア
  9. シマリス
  10. シマリスカフェ
  11. 豆乳
  12. 日本
  13. お店
  14. 結構
  15. 種類
  16. 人気
  17. 中国
  18. お願い
  19. ピスタチオ
  20. 小日向

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥2,480 (2022/01/20 23:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

<今日も 東京・丸の内から
旅を始めます>

<東京駅の
目の前にある商業施設 KITTEで

待ち合わせなんですが…>

<あっ いた! まなみちゃん>

(本上) 小日向さん!
お久しぶりです。

おはようございます。
<おはようございます>

<本当 久しぶり!>
久しぶりですね。

映画の
『そらのレストラン』ぶりですかね。

<もう 3年になりますか>

今日
初めて『ぶらり旅』参加します。

すごい楽しみにしてました
よろしくお願いします。

<こちらこそ>

<で どうして ここに?>
実はね KITTEの中に

いいものがあるんです。

私 KITTE 大好きで
時々 来るんですけど

今年も 何か見えてますよ。

それを見せたいと思って。
<へぇ~>

早速 行ってみましょうか。
<行きましょう 行きましょう>

見えてる 見えてる。

<えっ 何だろう? 楽しみ!>

うわ~!

ほら 見て!

キレイ!
<うわ~!>

クリスマスの
イルミネーションですよ。

<へぇ~!
これがツリーってこと?>

ほら ほら! 見て 見て!
色が変わった。

何か 今年は 和紙をテーマにした
モチーフみたいで。

ほら! あの文様 分かります?

雪華文っていうんですけど

昔からある 日本の 古くからの柄。
<へぇ~>

上は何だろう?

上も そうか! 上も雪華文。

何か 落ち葉みたいな形に
下からだと見えるけど。

ねっ。

本当 キレイだなぁ。

<KITTEのアトリウムで開催中の
クリスマスイベント

WHITE KITTE>

<今年の主役は 日本が誇る和紙>

<およそ1万2000枚の和紙で
舞い落ちる雪を表現しています>

<期間中は 20分ごとに

音と光で演出された
プログラムが楽しめます>

<いや~ ロマンチックですね>

ステキでしたね。
<ねぇ>

うわ~ 楽しかった!

じゃあ ぶらり旅
ここから始めましょう。

<はい! 行きましょう>

♬~

あっ 大手町駅ですね。

今日は 半蔵門線に乗って

ぶらり旅を
楽しんでみたいと思います。

<は~い>

<今日は
東京メトロ半蔵門線に乗って

清澄白河 押上方面へ>

<いろいろな街で
クリスマス気分を

たっぷり楽しめるといいですね>

<最初の途中下車は?>

はい! 三越前。

ふぅ~! すごい!

立派ですね 日銀の建物。

シックで 重厚感がありますね。

じゃあ…。

「ときわはし」を渡ってみようかな。
<そうしましょう>

東京の水辺の景色が好きで

こういうとこ歩くの
楽しいんですよね。

<いいですよね>

あっ 何か 公園みたいになってる。

ちょっと 見てみよう。

あっ! 池があるよ。
<あれ?>

滝もある。

<あっ ここ 来たことあるなぁ>

お~!

ニシキゴイ!

立派だよ! 小日向さん すごいね。

<あっ そうそう!
石井ちゃんと来ました>

へぇ~!

お~。

おしゃれ。

へぇ~
みんな テラス席があるんだ。

いいなぁ。

あれ?

小日向さん 見て。
<何?>

TOFFEEって書いてる!
コーヒーの間違いみたいな。

何だろう?
<何でしょう?>

あっ ここに メニュー…。

メニューだ。

あっ 見て 見て! ソイだって。

豆乳の
コーヒー屋さん? カフェ?

ソイモカ ソイジンジャー…
いろんなメニューが。

ちょっと ちょっと!
<はいはい>

スイーツもあるよ。

アイス豆腐チョコだって!
<豆腐チョコ?>

これ 気になるね。
<気になりますね>

ちょっと 行ってみようかな。
<はい>

(今野さん) こんにちは。
こんにちは。

(今野さん)
ご来店 ありがとうございます。
こんにちは。

外に TOFFEEって
書いてあったんですけど

コーヒーのこと?
(今野さん) そうです。

豆乳とコーヒーの造語です。

<あ~!>
そうなんですね!

豆乳のメニューを 主にしていて
こちらがメニュー表なんですけど。

この アイス豆腐チョコが
すごく気になるんですけど。

ありがとうございます。

アイス豆腐チョコが お豆腐半分と
チョコレートで作った商品で

冷凍してるので そのまま食べると
アイスチョコレートみたいな。

しっかり 食感のあるように
作られてて。

10分ぐらい 室温に戻すと
とろっと 生チョコレートみたいに

召し上がっていただける商品。
おいしそう!

味が… フレーバー
いろいろありますけど

お薦めがありますか?

一番シンプルな
ベーシックの ミルクのお味と

人気なのは ピスタチオのお味。
どっちも食べてみようかな。

2つ もらってもいいですか?
ありがとうございます。

それと 飲み物 どうしようかな
え~っと… これにしようかな。

ソイジンジャー おいしそう。
ありがとうございます。

ソイジンジャー ホットで。
かしこまりました。

3点 合わせまして
1750円 頂戴いたします。

PASMOで払ってもいいですか。
PASMOで。

(電子音)
ありがとうございます。

失礼いたします。

これ 何ですか?
このオブジェ かわいいですね。

大豆のオブジェとなっております。
そうなんだ!

手作りなので 手触り
ぼこぼこっとしてるんですけど。

ステキ!

どうしたらいいですか?
ここで待ってたらいいですか?

お席 お掛けいただいて大丈夫です
お持ちします。

どこでも大丈夫ですか?
テラスもあるので よかったら。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

外にしようかな。

よいしょ。

はぁ~
いろんなメニューがあって。

楽しみだね。
<本当!>

どんなチョコなんだろう?

お待たせいたしました。
ありがとうございます。

ソイジンジャーと
ベーシックとピスタチオのチョコ。

2種類のチョコレート 試食あるので。
ありがとうございます!

この中に入ってるんですか?
そうです 6個 入ってます。

かわいいパッケージですね。
ありがとうございます。

この「MIHARA TOFUTEN」というのは
何ですか?

三原豆腐店っていう 佐賀県にある
豆腐工場が母体のカフェでして。

それで 豆乳を主にしたドリンクが
たくさん置いてあります。

ごゆっくり お過ごしください。
いただきま~す。

うわ~ 楽しみ!

見て! パッケージも かわいいよ。

ほら!
<あら かわいい!>

楽しみ!

はぁ~ うれしい!

ちょっと じゃあ まず…。

<ソイジンジャー>

<いかがですか?>

おっ! 濃厚。

すごい! 大豆がね 甘~い。

濃厚な豆乳で
ジンジャーが効いてるので

すごい 体が温まりそうです。
<へぇ~>

おいしい!

さて どれから行こうかな。

ベーシックから
行きましょうかね。

<あらららら!>
おいしそ~う!

<いい感じ!>

<生チョコみたいですけどね>

<どうかな?>

う~ん!

お~! 滑らか!

豆乳の 滑らかさと
ミルキーな感じが

食べると 生チョコって感じです。
<なるほど>

これがベーシックでしょ。

で ピスタチオを食べてみよう。
<そうしよう>

ピスタチオは…。

よっ。

かわいい色!
<ねぇ>

食べるの もったいないぐらいの

キレイなチョコだね。

うわ~ 幸せ!

いただきま~す。

お~!
<お~>

うん!
<どんな感じ?>

<ちょっと まなみちゃん!
もしも~し?>

うん! おいしい!
<アハハハ>

ものすごく
ピスタチオのナッツのコクが。

あ~ おいしい!

しかも
豆乳で 豆腐っていうところで

少しだけ 体に…。

何か 罪悪感がないっていうか。

スイーツ 食べてるけど
全然 平気!っていう感じが

いいですね。

<今年7月にオープンした
TOFFEEtokyo>

<佐賀県に工場を構える
豆腐店が

ヘルシーで おいしい
豆腐の魅力を

より 多くの人に
知ってもらおうと

チョコレートやドーナツなど
さまざまなメニューを

提供しています>

<アイス豆腐チョコは
ベーシックとピスタチオの他に

抹茶 ほうじ茶の 4種類があり

ミニサイズは TOFFEE限定商品で

冷凍製品で溶けやすいため
イートイン限定だそうです>

<お土産には 保冷剤が付いた
18粒入りもあります>

<また
もっちりとした食感が癖になる

豆乳ドーナツや

豆乳ダシと 米粉の麺で作られた
TOFFEEヌードルも人気>

<うわっ これも おいしそう!>

ごちそうさまでした。
ありがとうございます。

お預かりしますね。
おいしかったです。

ありがとうございます。
本当に濃厚な豆乳で。

ごちそうさまでした。
また お待ちしております。

よいしょ。

<エネルギーを
チャージしたところで

旅を続けましょう>

<続いては?>

水天宮前に来ました。

いや~ 何か 久しぶりだなぁ。

あれ?

おいしそうな写真がある。

これ 何?

つけ麺? あえ麺かな?

何か おいしそうですね。
<ねぇ>

「西北拉麺」。

「中国・厦門より 門外不出の味が
日本初上陸」。

福建省だよね
台湾の 本当に すぐ近く。

へぇ~ おいしそう!
何か ラーメン 食べたいな。

でも… あれ?

<まだ やってないみたいですね>

西北拉麺 覚えておいて…。

<また 今度 来ましょうか>

<ここは?>

水天宮様ですね。

<あら~
結構 近代的になりましたね>

あら 馬喰横山駅。

<結構 歩きましたね>

何か クラシックなビル。

あら ステキ! 何だろう?

<アート作品?>

絨毯かな?
<これが?>

「山形緞通」。
<緞通?>

<本当だ 絨毯って書いてある>

母の実家が 山形なんですけど。

キレイですね。
<本当!>

へぇ~ 見てみたいなぁ。

お店が ここにあるのかな?

あっ 看板! ステキ。

へぇ~。

うん?

ショールームって書いてるね。

行ってみましょうか。
<行ってみましょう>

うわ~
すごいステキなカーペットです。

ここは…。

これで 聞いてみれるのかな?

(ベル)

(ベル)

(渡さん
) こんにちは。
こんにちは。

外のショーウインドーで
ステキなカーペットを見たんです。

こちらは?
山形緞通という

山形で 手作りの絨毯を作ってる
メーカーの

ショールームでございまして。
そうなんですね。

地下に
ショールームがございますので

もし よろしければ
案内させていただきます。

お願いできますか?
かしこまりました。

うれしい!

階段 急なので
お気を付けて お下りください。

あら すご~い!

こちら 壁に掛けてあるもの
全て絨毯でございまして。

へぇ~。

<これが 全部 絨毯!?>

あら すご~い!

こちら 壁に掛けてあるもの
全て絨毯でございまして。

へぇ~。

個性的な柄の絨毯が。

ぱっと見 本当に 絨毯に見えない。

アート作品のような感じですね。

近くで見ると 毛糸の粒々感が
分かると思うんですけれども。

うわ~ 本当! すごく細かい!

ぜひ 触ってみてください。
いいんですか?

あら! 柔らかい
それに すごく密集して…。

みちっと詰まってるんですね。
密度の高い絨毯になっております。

ぜひ こちらのほうから
ご覧いただくと。

ちょっと 離れて 見たら

絵とか写真のように
見えるかと思うんですけれども。

本当!
『KOMOREBI』という絨毯でして。

木々の光が アスファルトに
照らされたような

デザインの絨毯でございまして。

色の濃淡のグラデーションで
表現した 絨毯になっております。

こちらの ブルーの作品は

海ですか?

まさしく 『UMI』という名前の
絨毯でございまして。

海の 波のうねりを
ダイナミックに表現した

絨毯でございます。
<はぁ~!>

何色も 青の色が見えますね。

いや~ ステキ!

あとは こちらは『KOKE』。
確かに! コケだ。

本当 コケのお庭みたい。
本当に リビングなんかに敷くと

その場に コケがあるかのような
空間になるんですけれども。

これは ちなみに
建築家の 隈 研吾さんに

デザインをしていただいた絨毯。
そうなんですね。

へぇ~!

こちらは 『桜花図』という名前の。

桜の柄の絨毯なんですけれども。

本当に 桜の花びらが ふわっと
浮き出てるかのようなデザイン。

ちなみに 触っていただくと
非常に肉厚で重厚感があるような。

すごい! 本当。

へぇ~!

本当に ふっくらしてますもんね。

この白い ふさに
毛糸を 手で持って

1つずつ 結んで行くタイプの
織り方なんです。

ですので
いくら 熟練した職人でも

一日に8cmしか
織ることのできない絨毯。

こちらになって来ると
お値段も 非常に高価なものに。

お~!

275万円。
<お~!>

緞通っていうと…。

まぁ いろいろ 日本の各地も

有名なところって
ありますけれども。

いわゆる 絨毯
カーペットみたいなものと

何か 違いが
あったりするんでしょうか?

やはり 緞通というと 手織りで。

そして 柄が緻密だったり
密度があって 分厚かったり。

そういったものを総称して
緞通というふうに呼んでおります。

<山形緞通を作っているのは

昭和10年に 山形で創業した
オリエンタルカーペット>

<中国から 技術者を招いて

緞通作りに
磨きをかけて来ました>

<その高い技術力と
品質が認められ

皇居や歌舞伎座
バチカン宮殿などにも

納めているそうです>

<山形緞通という
ブランドを立ち上げたのは

2013年>

<伝統的なものだけでなく

デザイナーや建築家と
コラボした緞通も

手掛けるようになりました>

<いや どれも見事ですね>

実は 工場で余った
残糸を使って

お手頃な製品も ご用意してます
ぜひ そちらを。

こちらなんですけど。
あら かわいい!

こちらは
チェアパッドでございまして

お椅子の上に敷いて
使っていただいたりですとか

ソファの上なんかに置いて
使っていただく方も多いです。

かわいい!

ちなみに
こちらで お幾らぐらい?

こちらは 3500円です。
え~ 急に!

お値打ちな感じですね。

う~ん!
椅子の上とかに乗せたりとか

足元に
ちょっとだけ 置いたりとか。

この青いの かわいいな。

どうしよう?

あっ こっちは
ちょっとシックですね。

やっぱり 最初に いいなと思った
こちらにしよう。

ありがとうございます。
これで お願いします。

では こちら
お包みさせていただきます。

紙袋は ご利用されますか?
大丈夫です カバンに入れます。

少々お待ちください。
は~い。

すいません お待たせしました。
は~い。

包装させていただきました。
ありがとうございます。

じゃあ こちらに お代のほう
置かせていただきました。

本当に いろいろ教えてくださって
ありがとうございました。

とても 勉強になりました。
ありがとうございます。

ぜひ また お越しください。

<ありがとうございました!>

はぁ~ 楽しかった。

<あれ? さっき 通った道?>

おっ! 明かりがついてる。

<あ~!>
やってる! よかった。

<食べたかったんですね これ>

おいしそう!

こっちかな?

(増渕さん) いらっしゃいませ。
こんにちは。

食券 買うんですね。
(増渕さん) お願いします。

え~…。

この 拌麺は お薦めですか?
(増渕さん) そうなんです。

(増渕さん) 中国の厦門から
初上陸したお店なんですけど。

向こうで そのまま
食べられてるのが 汁なし…。

左側の 緑のボタン 拌麺で。
分かりました。

ピッ!

よし!

よし!

どうぞ いらっしゃいませ。
こんにちは。

これ お願いします。
お預かりします。

並盛りか 大盛りか
いかがなさいますか? 同じ金額。

じゃあ 並盛りで。

パクチー 入って 大丈夫ですか?
大好きです。

おなかすいた。

楽しみだなぁ。

作ってる 作ってる。

お待たせしました。
早~い!

こちらが すぐ くっつきますので
ふぁ~っと混ぜて。

最初は よく混ぜたら
そのまま食べるのがお勧めです。

途中で 自家製のラー油
香酢 ニンニク油

すごく おいしいので
使ってください。

混ぜよう まず。

うわっ 何か すごい!

すごい すごい!
<おいしそ~う!>

よし よし!

へぇ~! どんな味なの?

グリーンがキレイだね!

<パクチーと青ネギかな>

うん!

あっ!

うんうん! うんうん!
結構 スパイシーですよ。

何か 本当に 中国のスパイスが

何種類か入ってますね。
<へぇ~>

あと ザーサイ 刻んだのと
パクチーと青ネギが たっぷり。

これは
ちょっと 病みつきになる味だね。

うん!

忘れてた。

ニンニク 香酢…。

このラー油 すごい!

ちょっと
ラー油を行ってみましょうかね。

<これも おいしそう!>

うん!
<どうです?>

ただ辛いだけじゃなくて
唐辛子の うま味っていうかね。

何か こう…
本当に 風味が凝縮されてて

これ かけると
また さらに おいしくなってます。

<味変 するのね>

フフフフ!

<はい キレイに完食!>

ごちそうさまでした。

すごい珍しいですね。

西北拉麺っていう名前自体も
初めて聞いたんですけど

どうして
初上陸になったんですか?

中国の厦門って…
台湾の横辺りで。

そこで 個人店でやられている
お店なんですけど。

うちの主人が 石屋さん…。

本業が 石材業で。

それで 若い頃から 厦門に
飛んでまして… 石を買い付けに。

そこで この拌麺を食べたら
衝撃で。

日本で どうにか
食べられないかな?っていって

何年かかけて 持って来ました。

何年かかけて持って来たって
どういうことなんですか?

お店を出したいって言ったら
断られて。

何回も通って

どうしても出したいってことを
伝えて続けて。

最後は じゃあ!っていって。

熱意が かなって。
はい。

<門外不出 秘伝の味を

中国・厦門の名店から
許可をもらい

3年前 日本に初出店した
西北拉麺>

<さっと ゆでた 自家製麺に

漢方などが入った
秘伝のレシピで味付けされた

特製の牛ひき肉をかけ

細かく刻んだザーサイ

たっぷりのパクチー

青ネギをトッピングしたら
完成です>

<うわ~!>

<これは おいしそうだなぁ>

<他にも 牛骨と さまざまな
漢方やスパイスで作る

牛骨薬膳拉麺や

羊の肉を使った ピリ辛の
麻辣羊肉麺なども人気>

<どれも おいしそうですよね>

<中国の秘伝の味>

<日本で いただけて
よかったですね>

<おなかが
いっぱいになったところで

旅を続けましょう>

<続いては 清澄白河>

さぁ 清澄白河に着きました。

こっち 行ってみましょうか。
<はい>

ふ~ん。

あら ビルの壁に お坊さんがいる。

<あっ かわいい お坊様>

フフフ!

お寺なのかな。

あっちに行ってみましょうかね。
<は~い>

あれ~?

もしかしたら さっきの
お坊さんが描いてたビルのとこ

ここに つながってるのかも。

お寺ですね。
<へぇ~>

ここも 何か…。

あっ カッコいい自転車。

ステキですね シンプルで。
<ねぇ>

あれ?

何か 中 広いんだ。

見えます? 小日向さん。

中に 階段みたいになってるよ。
<本当>

おしゃれ!

うわ~ 何だかステキ!

ちょっと 入ってみようかな。

こんにちは。
(小西さん) こんにちは。

カフェもある!

こちらは 自転車屋さんですか?
(小西さん) はい。

メインは 「街を楽しむ」というのが
コンセプトの

TOKYOBIKEという 自転車の
レンタルと販売をするお店です。

それと あとは 地元で人気の
亜良以豆珈琲さんという

コーヒースタンドさんが
入っていまして。

さらに 2階には

オーストラリアのメルボルン発の
プランツショップも入ってる

3つのお店が合わさった
施設になっています。

中 見せていただいていいですか?
ぜひ ごゆっくり ご覧ください。

シンプルで いいですね。
<うん>

カッコいいなぁ。

<上は プランツショップって
言ってましたよね>

あっ 本当!

プランツショップ。

<オーストラリアの
お店でしたっけ>

へぇ~ 面白い。

大っきい! このウチワサボテン。

かわいい! フフフ!

こんにちは!
(片田さん) こんにちは。

とってもステキなお店ですね。
(片田さん) いらっしゃいませ。

珍しいものも 結構 ありますけど。

あまり見たことがないような。

じょうろも かわいい!
(片田さん)ありがとうございます。

へぇ~。

植木鉢も かわいいですね。

ポットも いろいろ。
(片田さん)ありがとうございます。

オーストラリアの
陶芸家さんたちが

1つずつ
手作りで作ってくれている

植木鉢になります。
あっ そうなんですか!

こういうのも面白い。

オーストラリアの作家さんで
1つずつ 手で作られてる陶器。

いいですか? 手に取ってみて。
どうぞ ご覧ください。

何か 動きだしそうな…。

結構 重たいんだ。

ぱっと見 サザエみたいな
生きてそうな感じ。

夜 動いてそう。
<アハハハ>

入り口のものは オーストラリアの
女性の陶芸家さんが

1つずつ
手で作っているものがあります。

こっち?
アルカディア・スコットという。

あ~ この
縦の筋が入ってる。

へぇ~。

かわいい。

これも面白いですね!
色がキレイ。

これは どういう?
重なってるんですか?

あれ?
つながっております。

ライトリーという オーストラリアのデザインスタジオ で
作っているものになります。

本当 取れないんですか?
取れないです。

ということは どっちでも大丈夫?
そうですね。

基本的には 上が大きいほうで
使っていただくんですが

どちらでも大丈夫です。
面白~い!

インテリアの一部として
いろいろ楽しめそうですね。

家具とかは
頻繁に替えられないけど

こういう ちょっとしたアイテムで
部屋の雰囲気って変えられるから。

今 コロナで
お家で過ごす時間が増えて

お家時間を
充実させるという意味で

こういう小さめな植木鉢や植物を
買って行かれる方…。

特に 男性の方が多くなってます。
そうなんですね!

デスクに
1つ置きたいということで。

デスクにも置けますもんね。

へぇ~!

お家で仕事してても
少し 自然が感じられるし

お世話するのも楽しいですもんね。

すごい変わってる これ!
初めて見た。

それ フワフワカクタスという。
フワフワカクタス!?

綿毛のようなものが付いていて。

自分から出て来た綿毛ですか?
はい。

すごい細かい繊維なんです
よく見たら。

この辺とか 特に。

こっちも いろいろある。

これも珍しいですね。

これは 見ていただくと
お分かりのように

スイカのような柄をしている
スイカペペという名前。

スイカペペ。
ペペロミアの種類。

大人気でして 入荷すると すぐ。

先ほどのフワフワカクタスも
すごく人気なんですけども

このスイカペペも
とっても人気で。

見ると 元気が出るような。
本当 確かに。

実は すごい
私も 植物が大好きなので…。

こうやって見てると

家に連れて帰りたくなっちゃう。
<アハハハ>

<欲しくなっちゃいました?>
う~ん。

<オーストラリアで人気の

植物や植木鉢を扱うお店

PLANT SOCIETY>

<ここは 今年7月
清澄白河にオープンした

日本 第1号店>

<日本では
なかなか 手に入らない

オーストラリアの作家さんが
手掛ける

ユニークで かわいい植木鉢を
数多く取り扱っています>

<うわ~ これ 一輪挿し!?>

<おしゃれ!>

<あっ
やっぱり買っちゃったの?>

これを買っちゃおうかなと思って。

フワフワカクタスが
かわいいので。

今日のセーターに似てるでしょ?
<うん 似てる>

これを お願いします。

送っていただけますか?
承知しました。

PASMOで払っちゃおう。
こちらに お願いします。

(電子音)
ありがとうございます。

これで お願いします。
ありがとうございました。

じゃあね~ 待ってるよ!

どうも ありがとうございました。

いや~ フワフワカクタス
楽しみだなぁ。

<清澄白河を さらに ぶら~り>

この辺は 本当に 私 よく来てて。

こっちに いつも診てもらってる
歯医者さんがあったり。

<アハハ そうなの?>

ここ いい感じ。

藤棚もあって。

いいな いいな。

「まんねんはし」。

あ~ 隅田川。

ひゃ~!

満潮に近いのかな?
結構 たっぷりしてますね。

あれ?

何か 急に 白い建物が。

ここ 何だ?
<お店?>

「COFFEE&RAW SWEETS」って。
<へぇ~>

ロースイーツって
ローって 生ってことですかね?

加熱してない
スイーツ屋さんなのかな?

<あ~ そうかも>

ちょっと
小日向さん 行ってみます。

<気になりますもんね>

こんにちは。
(店員) こんにちは。

こんにちは。

見せてもらっていいですか?
(片山さん) もちろんです どうぞ。

キレイ!

へぇ~!
すごいキレイなフルーツタルト。

<うわ~ これは おいしそう!>

見せてもらっていいですか?
もちろんです どうぞ。

キレイ!

フルーツのタルトですね。

外に 看板に RAW SWEETSって
書いてあったんですけど

ローって 加熱をしていないとか
そういう意味でしたっけ?

ローが 生っていう
意味になっておりまして。

卵とか 小麦粉ですとか

バターとかの乳製品とか 白砂糖を
一切 使わずに。

ちょっと いただきたいです。
ありがとうございます。

ご注文
お席で お伺いいたしますので

お席まで ご案内いたします。
じゃあ お願いします。

こちらのお席 どうぞ。

メニューかな。

タルトのメニューなのかな。

イチゴでしょ 洋梨 パイン。

ミカン バナナ。

ワ~オ! どれも おいしそう。

ほぉ!

説明が書いてるよ。

<何て書いてあります?>

POSHのロースイーツは

生きた植物の酵素や栄養素などを
壊さないように

温める場合も48℃以下。

手作業で
一つ一つ 丁寧に作っています。

でも タルト生地が…。

低温で
どうやって作ってるんだろう?

<ねぇ>

普通 焼いて
焼き菓子みたいになって

サクサク カリカリしてるような
イメージだけど。

ご来店 ありがとうございます。
ありがとうございます。

注文 お願いしてもいいですか?
はい お伺いします。

スイーツのタルトなんですけど
お薦めって…。

今 旬で 一番人気があるのが
STRAW BERRY。

宮城県産の… ミガキイチゴって
ブランド名なんですけど

そちらの よつぼし 用意してます。
じゃあ それで。

メニュー お下げします。
ありがとうございます。

ロースイーツって
食べたことないけど… 楽しみ!

お待たせいたしました。
ありがとうございます。

こちら イチゴのタルトと…。
キレイ!

メニューの後ろの説明書き
読ませていただいたんですけど…。

タルト生地って 普通
焼き菓子みたいに焼いてますよね。

焼かないで
こんな形になるんですか?

生のアーモンドとか
カシューナッツを浸水させて

少し軟らかくしたものを

ジューサーにかけて
粉砕してるんですけど。

そこに
ココナツのオイルを加えて

冷凍すると オイルが固まって

このような…。
成形できるんだ。

では いただきます。
ごゆっくり どうぞ。

本当に イチゴの甘~い香り!

爽やかな花のような。

では いただきます。

どこから行こうかな。

<うわ~ おいしそう!>

フフフフフ!

では いただきま~す。

う~ん!

このタルト生地が
ナッツの風味が すっごくあって

おいしい!

焼き菓子じゃないの?って
思うぐらいの

しっかりさんですよ。

で このクリームが おいしいな。

うん!

でも この生地が

ナッツで できてるんですもんね。

砕いてあるナッツが

滑らかな所と 粒々した所と
いろんな食感が混ざってて

本当 新しいスイーツ。

<先月 オープンしたばかりの
POSH>

<グルテンフリー シュガーフリー
添加物フリーで

焼かないロースイーツを
作っています>

<選び抜いた 季節のフルーツを

オーダーを受けてからカットして
丁寧に盛り付けています>

<いや~
色鮮やかで おいしそう!>

ちょうどありました。
お預かりいたします。

ごちそうさまでした。
また お待ちしております。

<ごちそうさまでした!>

あ~ おいしかった。

ステキなお店だったなぁ。

<大満足でしたね!>

<再び 電車に揺られ
続いては 錦糸町で途中下車>

JRの駅と くっついてるんだ。

え~っと… こっちかな。

<いい出会い あるといいですね>

何か 本当に 東京の冬の空って
いつも こんな感じですよね。

<はい>
キレイ!

あっ!
もう 「亀戸駅前」まで来ちゃった。

<意外と近いんですね>

あ~ すごい すごい!

ここは 並木みたいになってる。

キレイですね。

ちょっと 小日向さん あれ 見て。
<えっ?>

シマリス!
<えっ!?>

シマリスがいるよ ビルの所に
ほら ベランダに! 見える?

<あ~ いた!>

「日本初 シマリスカフェ」だって。

ちょっと 面白そうだね!
行ってみよっか。

<シマリスカフェ…
聞いたことないですね>

3階にあるんだ。

うわ~!
かわいい写真が いっぱいある。

どれどれ?

<シマリスカフェへ ゴー!>

<シマリスカフェって
どうなってるんでしょう?>

<靴も消毒するんですね>

よし! じゃあ 行ってみます。

こんにちは。
(清野さん) こんにちは。

こちら シマリスのカフェですか?

(清野さん)
ありがとうございます。

お熱だけ 失礼します。
は~い。

(電子音)
ありがとうございます。

よかったら こちら 見やすいので
真ん中の席 どうぞ。

あっ いる いる!

すごい!
シマリスが たくさん います!

<あ~!>
へぇ~!

<いる いる!>

シマリスカフェでは
オプションがございます。

全部で3種類ございます。

おやつ体験 手のり体験
その両方でございます。

おやつ体験は こちらですね。

3台のケージの
横の 銀色の金網部分から

おやつをあげていただく
体験になりまして。

2番目の 手のり体験は

オーナーと一緒に
リスさんのお部屋に入って

椅子に座って
手のり体験していただきます。

初めてなので

3番でいいですか。
ありがとうございます。

え~っとね…。

あっ これ おいしそう!

みっくchu!ジュース。

「関西風 フルーツみっくchu!ジュース」。

みっくchu!ジュースにします。

すいません 前 失礼します。

おいしそう
ありがとうございます。

あ~ おいしい。

冷たくて 甘~いよ。

う~ん!

おいしい。

さぁ…。

いるね ここにも。

「サニーくん」だって! フフフ。

かわいいね。

外で見た時に

日本初のシマリスカフェって
書いてあったので

すごく びっくりしたんですけど。
(酒井さん)ありがとうございます。

どうして シマリスのカフェを
しようと思われたんですか?

(酒井さん) 元々は
自分自身が飼っていまして…。

猫ちゃんね
ワンちゃんねっていって

簡単に コミュニケーションが
取れる場所がなかった。

こういう お店で 気軽に
コミュニケーション 取る場所があったり

リスさん
見れたらいいなって思いから

シマリスカフェをつくる
アイデアが生まれた形ですね。

シマリス愛が高じてできたお店。
そうですね。

なので おやつの体験とかも
やっていただきますけど

リスさんが 眠くなったり
おなか いっぱいってなったら

無理して… たたき起こしてまで
することではないので

この子たちの生態に合わせた
営業時間にしております。

そういうことなんですね。

よかったら おやつの体験から
スタートいたしましょうか。

よろしくお願いします。
ありがとうございます。

(清野さん) こちらで 手洗いから
お願いしたいんですけれども。

(清野さん) おやつの種類
2種類ございます。

クルミ ヒマワリの種
カボチャの種 ベリー

クッキー メロンの種 豆腐
乾燥したお野菜のメニューです。

いかがなさいましょう?

豆腐とかを食べるイメージが
全然 ないので

こっちをあげてみていいですか。
かしこまりました。

食べてくれるかな?

この子は どうかな?
お野菜 食べるかな?

どう? 食べる?

あっ 落としたよ。

食べてる!
<あら かわいい!>

ちょっと 豆腐 どう?
豆腐とか食べてみない? 豆腐。

あっ 豆腐 食べてる! フフフフ。

何で 豆腐なんか食べるんだ?

面白い子だね。

そのまま 手のり体験になります
こちら。

それを着るんですか。

ありがとうございます。

中 どうぞ。

失礼します。
(酒井さん)ありがとうございます。

あ~ すごい たくさん いますね。

お~ 元気 元気!

どうぞ お掛けくださいませ。
はい。

両手 開いていただいて…
これ 普段 与えてる餌です。

ここが餌の場所だよ!と
教えてあげます。

いろんな種類の穀物を
食べるんですね。

この子 ジャンプして
跳んで来ますよ。

は~い! 賢いね。

さぁ 行きます。

ちょっと ちょっと。

せ~の!
<うわわわわ!>

は~い! 賢いね。

さぁ 行きます。

ちょっと ちょっと。

せ~の!

<あ~ 食べてる 食べてる>

すごい! 早速 食べ始めた。

思ったよりも重たい。

こうやって
尻尾も使って ぐっと立ちます。

結構 小さい脚でも
しっかり踏ん張ってるんですね。

<去年2月に
オープンした

シマリスカフェ
アースのおみせ>

<代表の酒井さんは

シマリスの息遣いを
身近に感じてもらいながら

リスに興味のある人や
既に飼ってる人

これから飼いたい人などが

情報交換やコミュニケーションを
取れる場としても

役立てたいそうです>

<お店では シマリスの尻尾を
イメージしたスイーツや

かわいく盛り付けられた料理も
楽しめます>

<また
全国各地の作家さんが作った

オリジナルのシマリスグッズも
たくさん>

<うわ~
この がまぐち かわいい!>

フフフ! 元気 元気!

<まなみちゃん! シマリスに
すっかり癒やされましたね>

<いよいよ 街は クリスマス一色>

<皆さんも 旅に出て
温かい思い出を

自分へのプレゼントにしてみては
いかがですか?>