世界一受けたい授業[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

世界一受けたい授業[字]

冬の火事を防ぐ方法 家電の間違った使用… レンジで焼き芋は注意▼矢部太郎話題のベストセラー漫画「ぼくのお父さん」に学ぶ新しい親子のあり方!

出演者
【校長先生】堺正章
【教頭先生】上田晋也(くりぃむしちゅー)
【学級委員長】有田哲平(くりぃむしちゅー)
【生徒役ゲスト】佐藤栞里、田中圭、津田寛治、藤田ニコル、松本伊代
番組内容
冬の火事を防ぐ方法 家電の間違った使用… レンジで焼き芋は注意▼矢部太郎のベストセラーエッセイ漫画『ぼくのお父さん』▼絵本作家のお父さんも登場…新しい親子のあり方を本格ドラマ実写化▼子育てで大事なのは子どもを○○する事
監督・演出
【企画】福士睦
【総合演出】髙橋利之
【プロデューサー】岩崎小夜子
【統轄プロデューサー】前田直彦
【チーフプロデューサー】川邊昭宏

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. お父さん
  2. 正解
  3. 先生
  4. 危険
  5. 今回
  6. 発火
  7. 矢部先生
  8. 観察
  9. 実験
  10. 洗濯物
  11. ガス
  12. 絵本
  13. 爆発発火
  14. コード
  15. 意外
  16. 加熱
  17. 軍手
  18. 実際
  19. 電子レンジ
  20. 問題

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥2,480 (2022/01/20 23:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

>>冬は爆発や発火の危険が増加。

暖房器具の前にうっかりヘアスプ
レーを置いてしまったこと、

ありませんか?
すると。

破裂して炎上。

冬はさまざまな原因で、

爆発・発火してしまう危険がたく
さん。

教えてくれるのは、

中尾政之先生。

冬の爆発・発火!意外な理由第
10位。

ガス抜き中に引火。

鍋を食べた翌日、

余っていたカセットボンベのガス
を処分しようとして。

>>外は寒いからやだなあ。

ここでやっちゃおう。
>>キッチンのシンクで行うこと

に。
ガスコンロの火が消えていること

は確認し。

>>換気扇も回して。
>>しかし、

ガスは空気よりも重いので、
実はシンクの底にたまっています。

この状態で静電気が起きると。

これは、

実際にガスをためたシンクに、

静電気が発生する装置を近づけた
実験。

激しく炎上。
シンクには、長時間ガスが残って

いる可能性があります。
ガス抜きをする場合は、

屋外の火の気のない風通しのよい
場所で行いましょう。

今回は。

爆発実験を松本伊代君が体験。

今こそ気をつけるべき冬の爆発・
発火!トップ10。

>>こんにちは。

よろしくお願いいたします。

>>スプレー缶というのは結構、

先生、危ないもんでございますね。
>>使ってるとき平気なんですけ

ど、捨てるときですね、ガスが残
ったままやると、ごみの収集車の

中で爆発したりして。
だからガスは必ず抜かなきゃなら

ないんですけど。
>>なるほどね。

>>今回はね、先生に、

冬にこそ気をつけるべき意外な爆
発や発火をご紹介していただきま

す。
>>特に電化製品なんですね。

これ、間違った使い方をすると、
思わぬ事故につながるんで、

きょうは正しい知識を身につけて
ください。

>>冬の爆発・発火!

意外な理由第9位、エアコンの掃
除。

年末に向けて大掃除をする人も多
いのでは?

そんなときに気をつけないといけ
ないのが、エアコンの掃除。

こちらは、それを注意喚起した実
験映像。

エアコン内部を掃除しようと、

洗浄液をかけたとき、

内部の電気配線の端子に液がつい
てしまうと、電源を入れたとき、

端子部分でショートが起こり。

炎上してしまうおそれが。
ふだん、

電気配線はこのようにふたがして
ありますが、液体をかけたり、

ふたを開けないようにしましょう。

>>不安な方は掃除する前に、

お店や掃除業者さんに相談するの
もお勧めです。

>>第8位、

ホニャララ掃除にエアダスター。
エアダスターとは、

電化製品についた細かいほこりを
吹き飛ばすために使用するガス。

しかし、

エアダスターを使ってはいけない
電化製品があります。

津田寛治君、使ってはいけないの
は、この3つのうちどれでしょう。

>>うわー、難しい。

液晶テレビ。
>>正解は、Aのシュレッダー。

>>勝手に正解みたいな感じで受

け止められましたけど。

>>噴射されるのは、空気より重

い可燃性のガスのため、シュレッ
ダーの中にたまってしまいます。

シュレッダーを稼働したとき、
万が一、火花が起こると、それに

引火し、発火のおそれが。

実際にシュレッダーにエアダスタ
ーを吹きかけ、危険なので、

遠隔でスイッチを入れると。

スイッチを入れてすぐに爆発し、
炎が。

>>シュレッダーの注意書き、

ここにね、スプレー厳禁って書い
てあるので、

絶対にやめましょう。

>>読まないんだよね、

こういうとこね。
>>第7位、ホットカーペットか

ら出火。
>>そろそろホットカーペットの

出番だな。
>>寒くなり、ホットカーペット

を使い始めますよね。
しかし、

ある間違った使い方をすると。
カーペットが焦げ、煙が。

火事につながるおそれも。

たこ足配線もしておらず、水もこ
ぼしてません。

では一体、

何が原因なんでしょうか。
>>先生、

やっぱり冬は要注意でございます
ね。

>>冬になるとやっぱり、暖房器

具をみんな使いますし、空気が乾
燥してるんでね、ものが燃えやす

くて、やっぱりこう、

冬のほうがざっと火事の件数が増
えてきますね。

>>さあ、じゃあ問題。

ホットカーペットが燃えそうにな
った原因はなんでしょうか?

佐藤君。
>>なんか近くに、

充電中の携帯を置いておいた。
>>裏表逆だったとか。

>>なるほど。

>>クッションとか、

なんか相性が悪い布系のものが温
まり過ぎると、もうそれが燃えち

ゃう。
>>じゅうたんによく犬が、

かかかかって掘るんですね。
掘り過ぎて、そこが穴開いちゃっ

て、コンセントとかが傷ついちゃ
って。

>>それでは先生、正解をお願い

します。
>>実はですね、

このカーペットが折り曲がってた。
>>なるほど。

>>冬の爆発・発火!意外な理由

第7位、折れ目がついたホットカ
ーペット。

カーペットから煙が出た原因は、

敷いていたホットカーペットが、

折り曲がっていたこと。

ホットカーペットを折り曲げたま
ま使用すると、

電熱線が重なり合うことで高温に
なり過ぎて、発火してしまう危険

があるんです。

気付かないうちに折れている可能
性もあります。

使うときは、折れてないか確認し
ましょう。

>>電熱線を傷つけないように、

収納するときも、しわをつかない
ようにしてしまっておいてもらい

たいです。
>>第6位、

収れん火災。
収れん火災とは、

虫眼鏡で紙に太陽光を集めると、
紙が燃えるのと同じ現象。

窓際に光を集めるものがあると、
火災の危険があるんです。

水の入ったペットボトルや、
花瓶、金魚鉢など、さまざまなも

ので起きる可能性が。

冬は夏に比べて太陽の位置が低く、

部屋の奥まで光が差し込むため、
要注意なんです。

レンズの役割を果たしそうなもの
は、直射日光に当たらない場所に

置いたり、外出時はカーテンを閉
めるよう注意しましょう。

>>ニコル君、なんかこういう爆

発とか、

なんかちょっと発火しちゃったな
んて経験ある?

>>初めて1人暮らしするときに、

ネットでグミを温めるとおいしい
よっていうのを見つけて、そのグ

ミの袋ごと、電子レンジに入れて
チンしたら、

めっちゃばーん!みたいな、
火花みたいなのが、ばちばちばち

ってなって。
>>耐熱性のないようなプラスチ

ックね。
それとか金属、

特にアルミなんかカップ麺のふた、
アルミついてますよね。

あれそのままこう入れて、そこか
ら火花がばちばち。

そういうのとか、木製の食器。
こういうのを入れると、発火のお

それがあるんで、

レンジには入れないでください。
>>今回、宿題としまして、

松本伊代君が実験施設に行って、
いろんな実験を体験してくださっ

たと。
>>そうです。

なので、

私もうっかりやってしまいそうな
ことがいっぱいあったので、

皆さんも注意して見てくださいね。

>>なんですか?今のこの。

>>今回、実験に協力してもらう

のは、事故の原因調査や、

先ほどのエアコンの発火など、
注意喚起の映像を撮影している施

設。

群馬県にある製品評価技術基盤機
構、通称・NITE。

そこに。

>>NITEにやって来ました。
ナイトー哲也です。

>>そういうことか。

そういうことか。
>>これ本当に有田さん、喜んで

くれてます?
>>ちょっと、今回はあんまり喜

んでないです。
>>自宅で発火した経験はありま

すか?
>>おみそ汁作ろうと思ってたん

ですけど、

おみそ汁に火をつけてたつもりが、

まな板のほうに火をつけてしまっ
て、ばーって燃えてたんです。

なんてったってコンロとスイッチ
の位置がちょっと分かってなかっ

たんです。
>>早速、施設に潜入。

>>なんかすごい機械のにおいが

する、電気的な。
ここは今、何をしてるんですか?

>>ここはですね、

モバイルバッテリーを圧力をかけ
ますと、どうなるかですね。

試験機を使って、今から実験を行
います。

>>スマホの充電に使うモバイル

バッテリーに、機械で圧力をかけ
ていきます。

>>ちょっと怖いですね。

>>すると。

>>おっ。

あっ!

めっちゃ燃えてる。
うわー、かなりすごい勢いで燃え

るんですね。

>>内部に搭載されているリチウ
ムイオン電池が、ショートして発

火しました。
>>リチウムイオン電池は、

スマホにも使われているため、
お尻のポケットに入れて、

転倒した衝撃で破裂し、やけどす
る危険も。

>>使い方は十分ご注意いただけ

ればと思います。
>>結構やりますよね。

あと滑り台とかね、やばいですね。
>>滑り台、やんないと思います

よ。
>>続いて案内されたのは。

>>燃焼の試験を行っている施設

になります。
>>あっ、すごい。

なんかすごい。
広いですね。

>>冬の爆発・発火!意外な理由

第5位、

>>冬の爆発・発火!意外な理由

第5位、カセットコンロで炭をお
こす。

手軽だからと、

カセットコンロで炭をおこしては
絶対にいけません。

実際にはやってはいけないこと、

やったらどうなるか、特別に実験。

>>このおり自体がもう怖いです。
>>破片が外に飛んできて、

体に当たったりしますんで。

>>なんかキャンプとかでもやっ
てしまう感じのシチュエーション

ですよね。
>>実験開始。

金網に載せた炭をカセットコンロ
で加熱します。

>>あれ、つけてる。

>>危険なので、

松本君は外から観察。
>>あっ、便利と思って、やっち

ゃうかもしれない。
>>すると、10分後。

>>あっ、今消えました?

>>安全装置が作動し、火が消え

た。

これで安全と思いきや。

火をつけて14分で爆発。

>>おー。

めちゃくちゃ気抜いてましたよ。
やばい、心臓に悪い。

>>コンロの火が消えても、

安心してはだめ。

炭の熱はボンベに伝わり続け、
破裂。

とても危険。
絶対にやってはいけません。

>>ちょっとガスって気をつけな

きゃいけないなって思いましたね。
きょう夜、寝れるかな?

>>第4位、コード。

>>今度はコードの実験をいたし

ます。
>>コード?

>>はい。実はこれ、内部が断線

しています。
>>NITEでは、実際の事故を

再現するため、

コードを切断しての実験も行って
います。

>>始めます。

>>この状態で電流を流すと。

>>すごい、びっくりなんですけ

ど。
>>皆さん、くれぐれも断線した

コードは使わないでください。
>>ということで。

>>先生、

コードが断線するというのは、
原因はどういうことがございます

か?

>>折れ曲がるんですけどね、
気付かないうちに、いすとかね、

そういう脚でぎゅっと踏んづけて、

させちゃったりとか、コードをぐ
るぐる巻きにして、中のほうが少

し熱くなってたりとか。

>>あれ、うちでもね、ドライヤ

ーをぐるぐる巻きにしてて、
よく使ってたら、ぼーって、

ばちってなったことあるんですよ。
>>ご注意くださいね。

>>分かりました。

>>さあ、それではここで問題で

ございます。
軍手にホニャララが付着すると、

温度が急激に上昇し、やけどの危
険があるんだそうです。

さあ、一体何が付着すると温度が
上がるんでしょうか。

>>除光液?

ちょっとなんか、アルコールとか
も入ってそうな。

>>ドライアイス?

>>ドライアイスが付着する?

>>よくあることですよね。

>>よくはないと思いますけれど

も。
どう?田中君。

>>絶対違うんですけど、それし

か出てこないんで、

一回言っていいですか?
カップラーメンの汁。

>>絶対違うなとは?

>>絶対違うなとは思いつつ。

>>そうなんですよ、

絶対違うんですよ!
>>そうですよね、そうですよね、

すみません。
>>さあ、それでは先生、正解を

お願いします。
>>正解はですね、瞬間接着剤で

す。
>>えっ?

>>使うよね。

>>全然ありえる。

>>作業してるときにありえます

よね、全然ね。
今回ね、スタジオに、

実際に軍手に瞬間接着剤をつける
と、どれぐらい温度が上がるのか

を実験してみようじゃないかと。
>>ではまず、

何もつけていない軍手を、このサ
ーモグラフィーで見てみると、

20度ぐらいです。
では、田中圭君、この軍手の指先

に、瞬間接着剤を10滴ぐらいた
らしてみてください。

>>じゃあ、

人さし指。
>>ぽたぽたぽたと。

>>中指いってみます。

>>でも、多少は。

>>サーモグラフィーで見ると、

軍手の温度はみるみる上昇。
僅か20秒で、およそ80度に達

しました。
>>それでちょっと見ていただい

て。
煙が出てきますね。

>>なんで?

>>煙出てる!

>>えっ?
>>煙出てますか?

>>煙出てるよ。

>>大体この表面で100度ぐら
い上がってる。

>>100度?

これもじゃあ、

確実にやけどしますね、もし、
手にしてたら。

>>そうですね。

>>煙出てる。

>>瞬間接着剤は、空気中の水分

と反応して、発熱することで固ま
ります。

金属やプラスチックにたらした場
合、空気に触れる表面積が小さい

ため、発熱量は少ないです。
一方、

瞬間接着剤が軍手や衣類などに付
着した場合、

繊維にしみこんで、液体の表面積
が急激に拡大。

表面積が拡大した分、空気に触れ
る面積が多くなり、高温になって

しまうんです。

手につかないようにと、軍手をす
るのは大変危険です。

冬の爆発・発火!意外な理由第3
位、こたつで洗濯物を乾かす。

洗濯物が乾きにくいこの季節。

ついついこたつで洗濯物を乾かし
ていませんか?

これ、やってはいけません。

こたつの中で洗濯物を乾かすと、
洗濯物がこたつのヒーター部分に

触れ、発火するおそれが。
ほかにも、

座いすを押し込んだときに、
こたつ布団がヒーターに触れ、

火災が起きる可能性も。
こたつの注意書きにも書いてあり

ます。
絶対にやめましょう。

第2位。
ホニャララを電子レンジで加熱。

>>電子レンジであるものを加熱

すると、炎を上げて燃える可能性
があります。

何か分かりますか?
>>えー、分かんない。

でも、スタジオにいる田中圭君な
ら、電子レンジで燃えちゃうもの、

分かりますよね?
>>この時期おいしいあれですよ。

>>この時期おいしい?

この時期おいしい。
グミと焼き芋。

>>正解は焼き芋です。

>>えー、焼き芋ですか?

>>実際に焼き芋をレンジに入れ、

加熱。

>>全然やっちゃいますよ、

お芋。だって、私、

きのうもお芋もらったもん。
>>レンジにかけた7分後。

>>あっ、煙出てきた。

怖い、怖い。
>>焼き芋の水分が水蒸気に。

さらにその3分後。
>>わっ、

中で光ってる。
あっ!

あーっ!

>>発火。

>>燃えてる、燃えてる。すごい

ですね、燃えてますね、中で。
>>たった10分で、丸焦げに。

焼き芋、

つまりサツマイモなどの芋類は、
水分が少ないため、

長時間レンジで加熱すると、
水分がなくなり、発火してしまう

危険があるんです。

>>でもやりがちですよね、

本当に。
あすはわが身ですね。

>>焼き芋を加熱する際は目を離

さず、レンジの中を常に確認しま
しょう。

そして、

第1位は。
ホニャララを乾燥機で放置。

洗濯物が乾きにくいこの季節。
乾燥機を回して、ついつい放置し

ていませんか?

あるものが付着した洗濯物が紛れ
込んでいると、自然発火してしま

う危険が。
ここで、佐藤栞里君に問題です。

何がついた洗濯物を乾燥機にかけ
ると、自然発火してしまうでしょ

うか?
>>大量のお酒?

お酒がかぶったりして。
>>正解は、油分がついた洗濯物。

エプロンについた食用油や、
アロマオイルを拭いたタオルを、

洗濯乾燥機にかけて放置すると、

洗濯後も残っていた油分が、
乾燥機による熱風で酸化し、

発熱。
実際にアロマオイルをかけたタオ

ルを、洗濯し、

乾燥にかけ、放置。
すると。

徐々にタオルから煙が出てきて、
自然発火。

乾燥機の中が燃え上がってしまい
ました。

>>このように油分がついた衣類

は、洗濯だけして、それで自然乾
燥させるっていうことが大事です。

>>先生、

間違った使い方をしないための大
事なことってのはなんでございま

しょうか。
>>製品のところには、説明文が

書いてあるんですね。

それをちゃんと小さくても読むこ
とですね。

>>松本君、どうですか?

説明書、ちゃんとお読みになりま
す?

>>もう全然読まないです。

読んでも、意味も分からないので。
>>分からないことないと思いま

す、分かりやすく書いてあります
から。

>>だからすぐ家電が壊れるんで

すね。
>>さあ、それではここでね、

もう一つ実験を行いたいと思いま
す。

>>先ほどあの電子レンジで焼き

(岡田)薄いハブラシはLION 《ハブラシ選びに大事件!》

♬~ 君の奥歯には磨き残しがある!

(女性)嘘よ!十分磨けてるわ!

現実を見るんだ!

隠れプラーク!? 君のハブラシは

ヘッドがぶ厚すぎて 奥まで届いてないんだ

でも君は悪くない

薄型のシステマなら 奥歯の奥まで届く

≪このヘッドの薄さが決め手!≫

≪奥歯のプラークまで システマなら ごっそり≫

≪きもちいい~!≫

♬~システマ
薄型ハブラシ! ワイドも薄型

>>冬に気をつけたい爆発・発火!

牛乳を電子レンジで加熱。

>>もうこれもなんかありそうで

すね。
冬場、

あったかくして飲もうなんてこと
でね。

>>では、レンジにこの牛乳を入

れてですね、あえて、

あっちっちの状態をやってみたい
と思います。

>>牛乳入れて、

ホットミルクでなんてことはね。
>>でもこれ、やってるうちにト

イレとか行っちゃったらやばい。
>>確かに、あっためてる間ね、

どっか違う部屋に行ったりとか。
>>そして。

>>さて、あったまりました。

>>ただ牛乳があったまっただけ

ですよね?
>>1分ほどですか?

ちょっと。
>>じゃあかき混ぜてみます。

>>なんでなんで?

>>ええ?

>>まじ?

>>これは、牛乳をレンジで温め

過ぎたことで、

本来なら沸騰する温度を超えても
沸騰をしない過熱状態になり、

そこに刺激を加えたことで突然沸
騰する、突沸と呼ばれる現象。

やけどの危険もあるんです。
>>ついついやりそうな。

>>一気にあっためずに、少しず

つ温めるということが。
これがね、電子レンジ以外でも、

沸騰するものだったらなんでも起
きるものなんで、コンロでみそ汁

を温め直そうとしたときが、
また危険になります。

>>あるよ。

>>ご覧ください。

>>急に?

>>何が?
>>どうして?

>>突然、

その沸騰が起きると、こういうよ
うな突沸というような現象が起き

るんですね。

>>みそ汁を温め直したい場合は

どうすればいいですか?
>>あんま強火にしないで。

弱火で。
>>あれはかき混ぜてもだめなの?

>>かき混ぜてもいいです。

徐々に徐々に沸騰がぶつぶつ起き
るような状態を作らせておけばい

いわけです。
>>2時間目。

>>今、ネット上で注目を集めて

いる、

親ガチャということば、知ってい
ますか?

>>もっとお金持ちの家に生まれ

ていればな。
ガチャに外れた。

>>どんな親のもとに生まれてく

るかによって、人生が決まってし
まうという意味。

テレビの前で、親への不満を嘆い
ているあなた、この親子を見て学

んでみませんか?

親子関係のヒントが、このエッセ
イ漫画の中に。

それが、

ことし6月に発売されたぼくのお
父さん。

作者は、大家さんと僕で、

手塚治虫文化賞を受賞した、
矢部太郎先生。

>>あ、どうも、えーと、

おおお、矢部です、よろしくお願
いします。

>>本業はお笑い芸人。

矢部先生が子どものころ、お父さ
んと過ごした日々を漫画にして、

発売半年で15万部突破の大ヒッ
ト!子どものころ、

家事や子守は、いつも家にいたお
父さんの仕事でした。

でもこのお父さん、

ちょっと変わっていて、ごはんの
とき。

>>いただきま…。

>>ちょっと待って!

>>ここで問題。

お父さんはごはんを食べる前に、
必ずあることをしていました。

何をしていたと思いますか?

正解は、絵を描いた。
>>ことし初めてのたけのこです

ね。

>>おかずはだんだん冷めていき

ます。
>>なんで描くの?

>>うーん、

食べたら消えちゃいますから。
>>そんなお父さんは、

矢部先生のこともいつも描いてい
ました。

走っていても。
トイレの中でも。

>>ちょっとー!

>>どこでも描きます。
その理由は、

子どもが成長する過程を、記録し
たかったから。

実は矢部先生のお父さん、

やべみつのり先生は、多くの絵本
や紙芝居を手がける絵本作家。

1996年には、

その年に最も優れた紙芝居に贈ら
れる、高橋五山賞の奨励賞を受賞

したすごい人。
今回は、

そんなお父さんとのエピソードを
実写化。

>>ねえねえ、お父さん。

>>うん?どうした?

>>お父さん役は。

>>何?

>>ブルーリボン賞を受賞した名

優、津田寛治君。

>>なんで太郎って名前付けたの?

>>そういえば役所で、見本と一

緒の名前でいいんですか?なんて
言われちゃったけど、僕の絵本に

登場してほしくて、だよ。
>>えっ、そうだったの?

うれしい!

>>はっはっはっ。

>>絵本に出てきそうな普通の名

前にしたというのです。
今回は、

矢部太郎先生と絵本作家のお父さ
ん、

やべみつのり先生が来校。
>>負けないぞ!

>>矢部先生がお父さんから学ん
だこととは?

ぼくのお父さんから学ぶ、新しい
親子のあり方。

>>ようこそおいでくださいまし

た。
>>どうぞよろしくお願いします。

>>うり二つですね。

>>確かに、すごい似てる。

>>太郎という名前は、

絵本に出てきそうな名前にしたと。

どんな絵本に出してもらったんで
ございますか?

>>実はですね、僕はまだ、

一回も登場してないんです。

>>なぜまだ登場してないんです

か?
>>ずっと考え中です。

>>まだ?すごいですね、

構想40年みたいな大作が。
でも、矢部先生は、なぜこの、

お父さんとのことを本にしようと
思われたんですか?

>>あるときですね、お父さんか

ら、

僕が小さいころのことを書きため
ていた、

たろうメモノートっていうのが送
られてきまして、大家さんと僕の

次は、お父さんと僕、描いたらい
いんじゃない?って。

売り込みをされまして。
>>それを書くことでね、

自分の子どものころとか、思い出
しながら、

どういうふうに成長するのかを知
りたいっていう気持ちですね。

>>津田君、今回はお父さんを演

じていただきましたが、いかがで
したか?

>>いや、楽しかったですね。

やっぱり矢部さんのお父様のお気
持ちがちょっと分かりました。

>>さあ、有田君、3年ぶりにね、

矢部太郎先生にお越しいただきま
したよ。

>>以前、矢部先生に、校長の漫

画を描いていただきましたよね。

今回もちょっとお願いしたんです
よ。

>>あっそう?描いていただいた。

>>これ、

しかも今回お父さんも共作で描い
ていただいたんです。

>>そうなんですか。

それは豪華だな。
>>いきましょうか。

1コマ目。

天国へ旅立った校長は。
>>いや、

もう1こま目が。
>>えんま様との面接で。

ここはおサルが来る所じゃないよ!
と追い出され。

生き返ったとさ。
>>めでたしめでたしで。

ばかやろう!
>>生き返ったんですよ、校長。

このえんま様が、お父様がね。
>>そうです。

>>確かにかなりの力作ですもん

ね、えんま様ね。
>>タッチが全然違うんですけど。

>>全然違うわ、お父さん。

さあ、それではね、問題をお出し
したいと思います。

お父さんが子育てのとき、

いつも考えていたのは、

子どもをホニャララするというこ
とだそうです。

さあ、

一体子どもをどうするんでしょう
か。

>>子どもを優先する。

>>優先ね。

>>子どもを東大生にする。

>>東大に行ってほしいなと。

有田君。
>>子どもはやっぱり後継ぎにす

るというか、後継者にするという
か、いつか作家に。

>>ということを考えてらっしゃ

る。
>>よく観察する。

>>なるほど。

それでは先生、正解をお願いしま
す。

>>正解は観察です。

>>田中君、正解。

>>15万部突破の大ヒット漫画、

ぼくのお父さんから学ぶ、新しい
親子のあり方。

お父さんは子どもの行動に対して。
口出しせず、じっくりと観察をし

ていました。
>>うわー!

>>転んでも。
>>えーん!

>>泣いても。
うそ泣きでも。

お父さんは観察するだけ。
その理由は、親が口を出してしま

うと、

親と同じような人間しか育たない
から。

子どもに考えさせることで、
親の価値観にとらわれない、

個性豊かな子どもを育てることが
できるんです。

こんなこともありました。

公園にお父さんと遊びに行ったと
き。

>>雲がきれいだなぁ。

>>矢部太郎少年は、遊具には見

向きもせず、何時間も雲を眺めて
いたそうです。

普通の親なら、せっかく公園に来
たんだから、

遊んできなさいと言いそうですが。
>>この子は今、何を考えている

んだろう?

>>じっと雲を見つめている息子

の様子を、お父さんはずっと観察
していました。

>>おもしろい子だなあ。

目の前に遊具があるのに、

ずっと雲を見ている。

わが子ながら珍しいな。
そんな太郎を見るのが楽しい。

>>雲が好きだった矢部少年は、

後に超難関、気象予報士の資格を
取り、

仕事に生かしているんです。
こんな出来事も。

お父さんと公園で休んでいるとき。
>>あっ!

>>あっ、あっ。

>>男の子が転倒。

すると、お母さんが。

>>泣いちゃだめよ、男の子でし

ょ!
>>すると、お父さんは。

>>男の子も泣きたいよね。

>>涙をこぼしました。

>>親の価値観で子どもを育てる

と、

自分の思いどおりにならない子ど
もに、いらいらして叱ってしまう。

親は監視じゃなくて観察する。

僕はそんなふうに育てたいなぁ。
>>お父さん、見守るだけってい

うのは、難しくはございませんか?
>>いやいや、もう、楽しいです

よ。
どうやってだんだん成長していく

のか、とても興味深いです。

>>さっきのVTRの最後の男の
子が転んで泣いて、お父さんが泣

いたっていうのは、あれ、

矢部先生は覚えてらっしゃるんで
すか?

>>あっ、覚えてます。

お父さんが、

知らない子ども見ながら泣いちゃ
って。

>>ちょっとお父さん、感極まっ

ちゃったんですか?このとき。
>>いやいや、子どもの側に立つ

と、痛いですよ。
やっぱり当然、涙も出てきますよ、

じっと感情移入すればね。
>>そうですか。

>>記録を取ってあげるって、
すごく大人になってからうれしい

じゃないですか、僕たちが。
だから僕、

自分のちびたちには、毎年毎年、
一年ので、

ちゃんとアルバムみたいなのを作
って保管してます。

>>いいですね。

さあ、それではここで問題でござ
います。

ふだんは全く怒らないお父さんは、
息子があることをすると、

怒ったんだそうです。
さあ、一体何をすると怒ったんで

しょうか。
ニコル君。

>>人の悪口をめっちゃ言ってる

と。

>>お父様が仕事で描かれてる絵
に落書きをしちゃったりとか、

いたずらしたときは怒る。
>>逆に、

なんかお友達とかと仲よく遊具と
かで遊んでたら怒られるとか。

>>いやいや、

それはそれで遊ばせてやれって話
ですけどね。

>>私の体験なんですけど、

コンセントを根元から抜かないで、
ひもごと抜いたら、すごく怒られ

て。

>>でもそれで怒るのは、1時間
目の先生だね。

>>そうでした。

>>では有田君。

>>お父さん見てて、やっぱり分

かりますけども、きれいな女の人
がいたときに、でれでれでれでれ

見たりとか、なんか、お尻とか見
てるときに、

お父さんだめだよって言ったら、

見せろよ!って。
>>言うわけねえだろ!そんな感

>>芸人で漫画家の矢部太郎先生

が、

子どものころ、唯一お父さんに怒
られたこととは?

>>先生、正解をお願いします。

>>正解は、本を雑に扱うことで

す。
>>息、

全然合ってねーな。
>>本をこう、

開いたまま伏せて置いたりすると、
なんか本がかわいそうって言われ

たりとか、

帯を取っちゃったりすると、
なんか帯と本は一心同体だから、

一緒にしてあげないとだめだよっ
て。

>>お父さんはどういうこだわり

なんでございましょうか?
>>やっぱ、本からいろいろ学ぶ

こともあるし、一つ一つ思いを込
めて、本って作られてるので、

粗末に扱うと、やっぱり注意しま
したね。

>>今、話題のエッセイ漫画、

ぼくのお父さんから学ぶ、新しい
親子のあり方。

矢部家流子どもとの接し方1、
うそをつかない。

>>なんでこんなことができない

の!
>>と、子どもに高圧的な態度で

接していませんか?
矢部先生のお父さんは、子どもた

ちにもうそはつかず、正直に接し
ていました。

>>花火の絵描こう!大きい紙に、

手で!
>>うん。

どんどん、

どーん!
>>夏休み、

お父さんと大きな紙に花火を描い
ているとき。

>>夏って楽しいなあ。

お父さんも夏、楽しい?
>>夏?

ことしの夏も新しい絵本描けなか
ったから、苦しい。

>>子どもにも包み隠さず、

弱いところを見せます。

友達にこんなことを言われても。
>>ねえねえ、

太郎君のお父さんて、なんで毎日
いるの?

会社ないの?
>>ないよー。

>>誰に対してもうそをつかず、

大人だからこうしなきゃという気
負いが全くない父でした。

>>矢部家流子どもとの接し方2。

子どもと同じ目線で遊ぶ。
たこ揚げでも。

>>俺だけ揚がらない!

>>もっと走って。

>>ささ舟流しでも。
>>いけー。

>>次は太郎に勝つぞ。

>>どんな遊びも、子どもになり

きって、思いっ切り遊んでくれる
お父さん。

ロボットごっこでは。

>>負けないぞ!

>>すげぇ、全身。

>>動けてない。

>>全身を覆うこん身の力作を披

露。

遊んでくれてるとはいえ、一番楽
しんでいたのはお父さんでした。

矢部家流子どもとの接し方3、
過程を楽しむ。

工作が得意なお父さんは。

>>よーし、じゃあみんなで、

縄文土器を作りましょう。
>>縄文土器って何それ?

>>子どもたちと一緒に、なんで

も手作りに挑戦します。

>>みんな出来ましたか?
>>出来た!

>>出来た!
>>うわー、すごいよみんな、

これ。
>>楽しい!

>>楽しいか。

>>楽しかった。

>>じゃあ、次はこの火おこし器

で火をつけます。
>>やったー!

>>やってみたい!
>>マコ頑張れ!

>>頑張れ、

マコ。
>>全然だめだぁ。

>>火つけるの大変だろ。

どれだけ火が貴重なものか分かり
ましたか?

じゃあ、ライターで火つけよう。
>>最初からライターでやればよ

かったのに。
>>今は便利な世の中で、簡単に

結果を知ることができるけど、
大切なのは、

そこに行き着くまでに何を経験し
たかなんだよなあ。

>>矢部家流子どもとの接し方4、

個性を褒める。
>>お待たせ、お待たせ。

牛乳パックで工作をしましょう。
>>やったー!

>>牛乳パックでおうちを作った
とき。

>>出来た!

>>ゆりちゃんの窓、なんか変。
>>えっ?

>>するとお父さんは。

>>おー!ユニーク。

おもしろいね。
>>そうでしょ。

>>太郎のは?

普通だなぁ。
>>ひい。

>>お父さんは、

うまい下手にかかわらず、個性的
な作品が好きでした。

その子らしさを発揮することを大
切にしていたのです。

>>ニコル君、

ここまで見ていかが?
>>なんか、こんなに一緒に遊ん

でくれるって、いいなあと思いま
したね。

>>そうだよね。

佐藤君はいかが?
>>お父さんから、

何々しようって遊びを提案してく
れるのって、すごく思い出に残る

し、うれしいなって。
>>それで、

お父さんが一番楽しんでるってい
う。

>>たぶん、

単純にお父さんがやりたかったん
でしょうね。

>>そうそうそう。

>>津田君のお父さんは、どんな
方でしたか?

>>うちはローカル新聞を経営し

てたので、普通の人よりは、
平日とかも、いっぱい休みがあっ

たんですね。
>>そうですか。

>>周り近所の友達みんな連れて、

僕も交えていろんな所に連れてっ
てくれたりする父親でしたね。

>>それはいいですね、でもね。

お父さん、さっき、VTRにもち
らっとありましたけど、当時、

暇だったということなんですけど、
あの、失礼ながら、どうやって生

活のほうを?
>>いやいや、もうそれは、

お母さんのおかげです。
私はもう本当ね、そのころは、

娘が主人公のかばさんという絵本
が1冊出てて、

その絵本の印税、数万円でした。
でも、

ほとんどお母さんのパート代なん
かで食べてました。

>>じゃあ矢部先生、お母さんは

どんな方なんですか?
>>もう、お父さんが、作品で迷

ったりしてても、

もういいでしょ!出来上がりみた
いな感じでした。

もうこれ以上やっても一緒だから
って。

>>そんな言い方もないですね。

一緒だからなんてね。
>>あと、生活が苦しかったりと

かしても、全然愚痴とか言わない、
頼もしいお母さんでした。

>>お父さんが上京して、デザイ

ンや広告の絵を描いていたころ、

友達の紹介で知り合ったのがお母
さん。

出会って半年後に結婚。
女の子と男の子、

2人の子どもにも恵まれました。

絵本作家としてまだ駆け出しだっ
たお父さんの収入は少なく、

お母さんの介護のパートの収入で、
家族4人、暮らしていました。

絵ばかり描く自由なお父さんに。
>>早く食べなさい!

>>ああ。
>>そんな暇あったら仕事して!

>>矢部先生は、そんなたくまし

くも優しいお母さんが大好きでし
た。

当時、お金がなかったので、
お父さんはこんな遊びを編み出し

ました。
>>じゃあ、

きょうはテレビゲームをしましょ
う。

>>えー!

>>これを使いまーす。

>>コントローラー?

やったー!
>>はい、どうぞ。

>>あれ?

段ボールで出来てる。
>>ここで、

藤田ニコル君に問題。

段ボールで作ったゲームのコント
ローラーを使って、どうやって遊

♪~

<抗菌フィルムは菌が付くたびに

徐々に効果が薄れていく>

<そこで研究員の中澤隆浩は

フィルム表面の抗菌力を修復して

菌にもウイルスにも効果が長期間持続する

ハイドロエージープラス技術を開発した>

<街の感染リスクを下げていく>

>>15万部突破の大ヒット漫画、

ぼくのお父さんから学ぶ、新しい
親子のあり方。

絵本作家のお父さんが考案した、

段ボールのコントローラーを使っ
た遊びとは。

正解は。

>>テレビゲーム、始まり、

始まり。
>>これは、紙芝居?

>>紙芝居型ゲーム。

>>勇敢な男の子と、悪ーい熊さ

んがいました。
ボタン押して、ボタン。

>>ボタン?

>>うん。

>>押すの?
押す…。

>>するとそのとき、とうっ!ど

はっ、おー!うおー!おしまい。

>>一生懸命やってくれてるけど、

友達の前では恥ずかしいなぁ。
>>当時、ずっと家にいて、

なんでも絵に描いて、

子どもみたいなお父さんは、
優しくて大好きだったけど、

ちょっと恥ずかしい存在でした。
でも大人になり、

ぼくのお父さんを描き始めて、

ようやくお父さんの本当の思いが
分かりました。

>>そうか、

大好きな人を描いていると、
こんなに楽しくて、優しい気持ち

になるんだ。
みんなと同じじゃなくていいから、

自分らしさを大切にしろと言って
くれていたんだ。

お父さんとのあの時間があったか
ら、今の僕があるんだ。

>>一番最初に、

この作品はお父さんに見てもらお
うと思いました。

あのころ。
>>太郎。

やっと出来たよ。
新しい絵本、読んでみて。

>>お父さんがそうだったように。

>>でも、

お父さんが苦労していたのを見て
たから、本はたくさん売れるとい

いなぁ。
>>矢部先生、売れてよかったで

すね、本。
>>はい、皆様のおかげでござい

ます。
>>息子さんの本が売れて、

嫉妬心みたいなのはないですか?
>>当然ありますけど。

>>あるんですか?

>>俺、てっきりないのかと思っ

たら、あるんですね?

>>やっぱり構成とかが、とても
うまいと思いますね。

だからそのへん、やっぱり、
子どもから学ぶような感じですよ、

また。
>>津田君は今回、お父さんを演

じられて、いかがでした?
>>やっぱりお父様が、

子どもをよく観察されてるんだっ
ていう、でも、その分、たぶん、

子どもたちっていうのは、

観察しているお父さんをずっと見
てたんだなという気がしますね。

>>さあ、じゃあね、ここで生徒

の皆さんの親子関係の不満をちょ
っとね、教えていただこうかなと

思うんですけど、

佐藤君とかある?親御さんへの不
満。

>>私が寝室に入って寝てると、

しばらくすると、2人がこそこそ
やって来て、

私の寝顔をしばらく見てるんです。
>>えっ?いまだに?

>>はい。

>>お父さん、その、佐藤君のお
父さん、お母さんの気持ち、

分かります?
>>いやいや、

なかなかほほえましくてすてきだ
と思いますよ。

私も寝室に行きたいですね。
>>えー?

>>スケッチです。

>>スケッチをしたいんです。

>>そう、スケッチ。

>>寝られるか、そんな、

知らないおっさんが見に来てスケ
ッチしてて。

松本君はございますか?

>>子どもたちはちっちゃいとき

は、なんか、私のごはんとかおい
しい、おいしいって言って食べて

くれたんですけど、大きくなって
くると、

外食の味がなんかおいしいのちょ
っと気付き始めて、いや、ウーバ

ーするからいいよとかって言って、
全然、私のごはんを食べてくれな

くなっちゃったんですね。
やっぱり、一番何が、

私のごはんで好きだった?って言
うと、ケチャップっていう。

>>ケチャップ?

>>ケチャップって言う。
>>カゴメの勝利だよ、それは。

矢部先生とお父さんは、一緒にお
食事なんていうのは、ちょこちょ

こございます?
>>そうですね、たまに。

>>たまにはね。
>>本が売れて、

すごいなんかごちそう食べさせて
くれたとかっていうの、あります?

ございます?
親孝行してくれたとか。

>>この間、ステーキごちそうし

た話。
>>いや、いいよ!無理に言わせ

なくていいわ!そんなこと。
>>ステーキ食べたかな?

>>記憶にないの?

>>あっ、食べましたね!

>>結構です、お父さん。

田中君はいかがですか?
>>2年前に引っ越したんですよ。

その引っ越したそのマンションの
人たちが、すごいいい人たちばっ

かりで、菜奈ちゃんとの結婚式に
招待したんですよ。

それを、船の上でやる結婚式だっ
たんですけど、

結婚パーティーに招待して、
そこで殺人事件が起きてしまいま

して。
詳しくはですね、

大ヒット上映中のあなたの番です
劇場版をご覧ください。

>>信じて損したよ!

何をやってるんだ。
すみませんね、先生、なんか。

>>僕も、あなたの番です劇場版、

楽しみにしてまして、ちょっとイ
ラストを描いてきたんです。

>>うれしい!

>>ほんとだ。
>>すばらしい。

>>うれしい。

ぜひ、次回作がありましたら、
僕とお父さんも出してください。

>>お父さんも?

>>特にお父さんのほう?

>>そして、

松本伊代君からもお知らせ。

>>デビュー40周年アルバムで、

トレジャー・ヴォイスという筒美
京平先生のすべて曲なんですけど、

その中で未発表曲もなんと入って
ますので、ぜひ聴いてくださいね。

>>いや、このポーズもいりませ

んし。
>>すみません。

>>TVerでは、