それって!?実際どうなの課[字]【2021年ワイルドスピードで駆け抜けた森川葵SP】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【2021年ワイルドスピードで駆け抜けた森川葵SP】

芸能界初の偉業を連発!!
何でもできる!?何故できる!?
【2021年をワイルドスピードで駆け抜けた森川SP】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)
番組内容
①【ワイルドスピード森川2021】
「ダイススタッキング」「アーチェリー」「卓球」「スプーン曲げ」など、各界の達人たちが長年かけて習得したワザをたった1日で成功させ、そのド肝を抜いてきた奇跡の数々!!
2021年はアートの世界にも挑戦し、世界進出も見据えた彼女の軌跡を辿る!
番組内容2
そして過去最高難度【フライングディスク】のトリックショットに挑戦!
ワイルドスピードで駆け抜ける“何でも出来ちゃう”女優・森川葵の真髄がここに!
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 森川
  2. 菊地
  3. 大島
  4. 達人
  5. 挑戦
  6. ディスク
  7. ハハハ
  8. 本当
  9. 回転
  10. 成功
  11. 見事
  12. 生瀬
  13. Ryo
  14. ポスト
  15. お願い
  16. ポイント
  17. 華丸
  18. 最後
  19. 水谷
  20. 大吉

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥800 (2022/08/10 14:09:24時点 Amazon調べ-詳細)

(生瀬)爆走中。
(大島)来た 来た。

<達人たちが長い年月をかけて
磨いてきた技の数々を>

<空気を読まずに…>

(森川)よっしゃ!

<一切…>

<これまでに成功させてきた
達人技の数は

何と76個>

(大島)え~っ すげぇ。
すごい量だな。

<こよいは 2021年に
彼女が歩んだ軌跡を…>

<そして新たに挑むのは…>

<…のトリックショット>

何?
(華丸)すげぇ!

(大吉)これは これは。

<しかし 森川に…>

<今年 最後の挑戦を…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島・森川)お願いします。

きょうはワイルド・スピード森川
スペシャルということで。

(森川)はい ありがとうございます

いくつ やったって?
(森川)76?

え~っ!
(森川)やったみたいですね もう。

76個クリアしたってことだ。
達人の技をね。

「生瀬の野望」4つぐらいやって。

(大島)ハハハ…[笑]

(華丸)僕らなんて…

(大島)ハハハ…[笑]
はい。

…業界の。
何かね。

<2021年を…>

<ワイルド・スピード森川>

<およそ1年ぶりとなる

ダイス・スタッキングに
挑戦すると>

<すぐに…>

<いきなり上級者レベルの技…>

<…に 挑む 森川>

<しかし この技は…>

<…を突破しなければならない>

<まずは
強い遠心力が必要となる…>

<…の 突破を目指す>

あんなに なるんだ。

(森川)お~っ。

<すると>

あっ いった。
あ~っ いってるよ。

(森川)きた!

<何と わずか10分で

第1関門のダイヤモンド瞬間
スタッキングを突破>

<しかし さらに ここから連続で
カット・スタッキングを行う

第2関門が立ちはだかる>

(すごろくさん)次これ 取ったあと…

(森川)あ~っ。

<そう カップの進行方向に

1つずつ
サイコロを取っていく…>

<…が 初心者には高い壁>

(大島)何?これ。

思われたが?
(大島)思われたが。

<森川 何と…>

(ゾエさん)完璧です。

<これには達人も>

<この表情>

<さらに両手同時に
サイコロを立てる大技…>

<…に挑戦>

<そう
両手同時のスタッキングは

難しさの…>

はずだったが?

<またしても…>

<おそるべし…>

(大島)そうだよな。

<さらに フォーク曲げに
挑戦した時にも

そのセンスを見せつけた>

<この3か所>

(Ryoさん)フ~ッ!

(Ryoさん)スリー・ツー・ワン。

フ~ッ。

<ポイントを押さえると…>

(Ryoさん)じゃあ 思いっきり
やってみてください。

いきますよ 3・2・1 どうぞ。

(森川)フ~ッ!

(Ryoさん)おっ!
(森川)あっ!ちょっと いった。

お~っ 曲がってる。

<多少 力が入っているようにも
見えるが…>

<さらに難易度の高い…>

<…に 挑戦>

(Ryoさん)力が逃げている部分が…。
(森川)あ~っ きた!

(Ryoさん)お~っ!マジで?

<達人も焦りが隠せず この表情>

<そして…>

<きょうがくのパフォーマンスを
習得してしまった>

(♪~)

(大島)かっこいい。
かっこいいよ。
(♪~)

(♪~)

すごいよ。
(♪~)

いや すごい…。
(♪~)

(♪~)

(大島)あ~っ!
(♪~)

何でよ?
(大島)すげぇ。
(♪~)

(♪~)

ノーカットで
お送りしてます。
(♪~)

(森川)ワンカットで
いってます。
(♪~)

お~っ!
(大島)うわ~っ。
(♪~)

(♪~)

え~っ。
(♪~)

(♪~)

おいおい…。
(♪~)

(♪~)

(森川)わ~っ やった~!

<さらにLEDが散りばめられた
ポイを使って

パフォーマンスを披露する
ポイアーティストに弟子入りした際にも>

<そのセンスを
いかんなく発揮した>

<まずは左右に3回ずつの
リズムで

ポイを回転させる初級技

3ビートウィーブに挑戦>

<そう 見るからに複雑に
手を動かさなくてはならない

3ビートウィーブこそが
ポイの大きな壁>

<だが>

えっ
もう できて えっ?

<後ろ回しは どうか?>

ハハハ…[笑]

<何と 達人が
難しいと太鼓判を押す…>

<これには 達人も>

(Yutaさん)ハハハ…[笑]

<そして
わずか4時間で

脅威のポイパフォーマンスを
完成させた>

(♪~)

お~っ。
(♪~)

(♪~)

(大島)すごい。
(♪~)

(♪~)

あっ すごい!
(♪~)

(♪~)

いやいや…。
出た!
(♪~)

(♪~)

よっしゃ。からの?
(♪~)

「オービタル」
(♪~)

(♪~)

回して 回して…。
(♪~)

くるっ!
いっちゃった!
(♪~)

(森川)よっしゃ!
(♪~)

(♪~)

(♪~)
<ここからは
達人たちも加わって

(♪~)
ビジュアルポイを使った
パフォーマンス>

(♪~)

あら。
(♪~)

わ~っ!
(♪~)

もうセンターやってる。
センター。
(♪~)

(森川)はい センターに
立たせていただきました。
(♪~)

えっ こっちも できるように
なっちゃったの?
(♪~)

こっちの方がもっと
ムズいよな。
(♪~)

バトンだもんな。
(♪~)

で しかも
丸じゃなくて…。
(♪~)

(♪~)

「ワイルド・スピード」
て。
(♪~)

(大島)わ~っ。
(♪~)

(♪~)

いや!
うわっ!

(大島)あ~っ
すげぇ[笑]

すご~い!

<…森川>

<森川の すごさは
どのジャンルの技でも

すぐに習得してしまう…>

<普通の人は
かなり苦戦するという

ペン回しの技に
挑戦した時も>

(Kayさん)そうです!

<コントロールが
難しいとされる

レインボースプリングの技に
挑戦した時にも>

(ささまんさん)本当に これ…。

<これには達人も>

<そして
スプレーアートの世界でも>

<達人が驚くほどの
センスを見せる>

うわ~っ!

<あっという間に美しい…>

<突然ですが
ここでクリスマスプレゼント>

<しかし 森川の すごさは…>

<それがシガーボックスに
挑戦した時に明らかとなった>

<プラス思考ならぬ…>

(大島)なんで?

<…を持つ女 それが…>

<そして…>

すげぇ。

強いなぁ。
強い。

<この 絶対に…>

<足の筋肉を酷使しすぎて…>

<…が かかっても>

<1週間後に…>

<そして…>

(森川)あ~っ きた!
(まさきちさん)お~っ!

<さらに…>

<…に挑戦したときにも>

<諦めない気持ちで

激闘を繰り広げた>

<まずは 高い精度が要求される

難関 だるま落としに挑む>

(大島)うわ~っ!
え~っ?

そうなるわな。

<すると>

(森川)よっしゃ キタッ!
(河本さん)よいしょ~!

(河本さん)よいしょ~!

<森川の放った矢は

青い 積み木の右端を捉えると>

<勢いよく はじき飛ばし

見事に
だるま落としを成功させた>

<しかし 次に挑戦したのは

的に刺した こちらの
直径9mmの矢の筒の中に

打った矢を 直接 入れる…>

(森川)うわ~っ。

(大島)見えないでしょ。

<しかし 結果は変わらないまま>

<時間だけが 過ぎていく>

いやっ うわ~
惜しいけどな。

(森川)はぁ~っ…。

<全てを かける>

えっ?
あっ。

えっ えっ?
ウソやろ?

(河本さん)入ってる 入ってる!

えっ?
本当に?

<森川 見事 芸能人 初となる>

入ったの?
うわっ 入った!

(森川)入った?

(河本さん)入ってる!

(森川)よかった!

<成功の安堵からか
森川の目に涙が>

<すると この努力の
かいもあって 放送直後

「#おつかれ森川」の書き込みが…>

<日本のみならず 世界トレンドでも

1位を獲得した>

<この一件で…>

<…森川は>

<なんと…>

<そして 世界を目指し…>

<…に挑戦した際には>

<サプライズゲストとして…>

<…が 登場!>

<ここでも 森川の強い気持ちが

ドラマを生んだ>

(森川)えっ!結構 もう…

いやいや。

本当に。

<ということで 森川と
金メダリスト 水谷選手が

卓球対決!>

<森川は きょう
センスを見せた

回転サーブを武器に
水谷選手に挑む>

そう!絶対
なめてるからね。

1球ぐらい。

(森川)お~っ!よし。
(水谷さん)そして…

(森川)いや~っ もう…

(森川)負けるな 自分。

(森川)あっ!ハハハ…[笑]ダメだ。

<横回転で
際どいコースを狙ったが

サーブミス>

<このサーブを見た 水谷選手は>

(水谷さん)大丈夫ですか?これで
1点 取ろうと してないですか?

<森川を…>

(水谷さん)あっ!おぉ~っ。

<際どいサーブを狙うものの

その後も得点は奪えない>

(森川)あっ!

<そして…>

いけ!

(森川)うわっ!(水谷さん)あ~っ!

<鋭い回転の かかった
森川のサーブを

強烈なスマッシュで
返そうとした 水谷選手>

<しかし 回転の勢いに
押されたスマッシュは

ネットに当たり
そのまま ミスショットに>

<なんと 奇跡的に…>

(水谷さん)…と思って。

<そして…>

<こちらの フライングディスクを
使って

さまざまな的を狙い

ド派手な技を繰り出す…>

<世界的に人気の
パフォーマンス>

(森川)へぇ~。

…ということで いいですか?

<世界進出を見据え…>

(スタッフ)きょうは…

<早速…>

(森川)何するんだろう?

<すると>

(森川)お~っ!

おぉ~っ!

(森川)お~っ!

<彼こそが…>

<…に おいて…>

<…に輝いた男>

(菊地さん)実は…

(森川)え~っ。

(森川)えっ?すごい。

<そう ディスクゴルフは…>

<…も開催される
大人気のスポーツ>

(森川)えっ?

すごいな。

<億と聞いて俄然
エンジンが かかる 森川>

いこう いこう。

(菊地さん)…必要ですし…

(菊地さん)…に なってくるので…

<今回 森川には

達人が神業と認める

3つの トリックショットを用意>

<初心者の森川は…>

(菊地さん)後ろは 完全に グーで
握り込んじゃって 大丈夫です。

(森川)はい。(菊地さん)はい。

<そして…>

(森川)あ~っ。

あっちに行っちゃう。

<まずは 5m先に置かれた

ディスクゴルフの ゴールを狙って
投げる練習>

(森川)お~っ。
(菊地さん)真っすぐ飛ぶ。

(菊地さん)…と いわれるので…

<森川…>

(菊地さん)はい 真っすぐ
そうです そうです。

<…が チラつき
真っすぐ飛ばせない>

<2投目は どうか?>

(森川)あっ。(菊地さん)うわ~っ!
真っすぐ飛んでる。

<いや…>

曲がってる
まだまだ邪念がある。

<すると>

(菊地さん)おっ!
(森川)あっ 入らない!

<ゴールには入らなかったが…>

<そして>

(菊地さん)おっ!(森川)イェイ!

<森川 見事…>

(森川)本当ですか?

(菊地さん)真っすぐ飛んでますね
やっぱり。

(菊地さん)あとは…

(菊地さん)そうなんですね。
(森川)そうなんですよ。

<…で よかった>

<そんな森川は…>

<…に マスター>

<…も お手のもの>

(菊地さん)おぉ!

おぉ!何か…

(森川)ハハハ…[笑]本当ですか?

<この円形の…>

<…技だという>

(菊地さん)ず~っと
ディスクが走りながら…

(森川)えっ?

すごいな。

<深夜番組の我々だが

今回 日本のテレビとしては
初であろう

神業を撮影するべく

以前 番組でアキラ100%が
仕事した…>

お願いした。
いやぁ なるほど。

<直径6.5mの

この巨大な壁を
造っていただいたのだ>

<その妙技を とくと ご覧あれ>

(菊地さん)いきます。

(大島)えぇ。
そっち側から いく。

(森川)わぁ~!

えっ マジで!?
(大島)スゴい 何それ。

<投げたディスクは
ぴったりと壁に沿って

美しい軌道を描きながら

見事に ペットボトルを捉えた>

いやっ!
えっ!

<これが…>

なんか 当たり前みたいな
顔してるけど 先生。

(大島)すげぇ。

(菊地さん)そうですね。

<こんな…>

うん やるしかない。

<一気に…>

<だが>

(森川)力…。

(森川)へぇ~。

<そう 壁を一周させるための

強烈な回転をかけるには

男性でも かなりの
パワーが必要>

<達人と比べて…>

<そこで 今回は
4分の3周で挑戦>

(菊地さん)しかも…

(森川)よし!

<森川の…>

そうだよね。

<ディスクが…>

(菊地さん)壁に…

…というのが 1番のポイントです。

<そう 壁を沿わせるには
投げ込む位置と

壁への入射角が 重要なポイント>

はぁ~これは難しい。
(大島)難しい。

<森川は 壁のカーブが始まる
この辺りを

ピンポイントで
狙わなくてはならない>

で 高さもあるし。

(森川)あっ ごめんなさい。

<投げるポイントを
つかまなければ

そもそも…>

(森川)ふぅ~。

<すると>

(菊地さん)いいですよ いいですよ。

<投げるポイントをつかみ…>

(菊地さん)そうそうそう。

<徐々に回転も加わり…>

(菊地さん)強く。そうそうそう…。

<しかし>

いや これは なかなか。

<ディスクの回転が
続かずに

落ちてしまい…>

(菊地さん)今 この辺から
始まってるので それを…

(菊地さん)ここから 思いっきり。

(大島)おぉ~。

<そう!
投げ込む位置>

<壁への入射角>

<そして
強烈な回転>

<この3つの要素が
そろわなければ…>

(森川)あぁ~。

<これ
こそが…>

<そして…>

(菊地さん)そう!

(菊地さん)おぉ!

<力強い回転で…>

<すると ここで森川

こんしんのショットを見せる>

(菊地さん)よし!

(森川)あぁ~ ハハハ…[笑]

(大島)うわぁ~。

<投げたディスクは
勢いよく半周を越え

ペットボトルを
捉えたかに思えたが

惜しかったな。

<わずかに 高さが足りず

惜しくも…>

(森川)あぁ~ ハハハ…[笑]

惜しい!

いやぁ…

<この森川の
強い気持ちが

奇跡を起こす>

(森川)頑張れ 私。

いけ!
いけ 上がれ。

(菊地さん)うわぁ~!
(森川)やった~!

上がってったよ 最後。

最後 上がった。

<森川 見事…>

<森川の投げたディスクは

壁に沿って 美しい軌道を
描きながら飛んでいくと

見事にペットボトルを
捉えてみせた>

(大島)すごい。
競輪の あれみたい。

<これには達人も>

(森川)へぇ~。

<かなりのパワーが必要な
トリックショットなので

もっと壁に ぶつかるかと
思っていたのだが

結局…>

<一切…>

<ここに降臨!>

<しかし…>

(菊地さん)あそこの…

(森川)細い!

<成功には…>

<…を通さなければならない>

<ポストまでの距離は…>

<まず…>

1投で いけるのかな?

(森川)あぁ~っ!

<そして>

(森川)わぁ~!

わぁ~ すごい!

<地面と平行に
飛んでいったディスクは

勢いよくポストの中へ>

<これが…>

(森川)先生。

<こんな…>

<すぐに…>

(森川)あぁ~ 入らない。

しかも なにげに…

(菊地さん)そうなんですよ
これ 山なりスローだと。

(森川)そうですよね。
(菊地さん)当たっちゃうので。

本当に真っすぐの
きれいなスローじゃないと

入らないです。

(森川)あっ。

<だが なかなか…>

(森川)あぁ~。

(森川)はい。

<すると>

(菊地さん)そうそう…!

<なんと…>

<そして 徐々に…>

<ディスクを…>

(森川)ハハハ…[笑]いやいや。

(森川)うわぁ~。
(菊地さん)あぁ~ いいスローだ。

<ここで森川が
会心の一撃を放つ>

会心の一撃。

(森川)あぁ~ 惜しい!

あぁ~ 惜しい!

<森川の投げたディスクは

美しい軌道で
飛んでいったものの>

<ポストの入り口に
はじかれてしまい

惜しくも…>

ちょっと入ってた。

<だが その後も>

<惜しいショットは
何度も あるものの>

(菊地さん)ナイス。

<どうしても…>

(森川)あぁ~ 惜しい。

あぁ~っ!
(菊地さん)惜しい 惜しい…。

<さらに>

<すでに…>

<…森川>

すごいな また
休憩なしで。

(森川)あぁ~。

<腕の…>

<だが ここで…>

(星野)やっぱり年越しは
「どん兵衛」のおそばですね。

(どんぎつね)
細く長く 健康でいられますように。
ですね。

(こがけん)はぁ~。 しみるなぁ~。

ダブルだしですから。
ですね。

(久保田)
来年は本当に いい年にしたいんですよ。

じゃあ ちょっとこれに。
ツキを招く 月見そば!

ありがとうございまぁす!

≪(除夜の鐘)

<年越しそばも>
<年明けうどんも>

<日清のどん兵衛>

来年もどうぞ…
(男性たち)よろしくお願いします。
<どん兵衛>

<8mの距離から
ポストに投げ入れる…>

<…の森川>

(生瀬)これちょっと
難しすぎるでしょ。

<腕の…>

<だが ここで…>

<休憩時間に気を利かせて

時間経過を伝える
夕日のカットを撮っておこうと

外へ出たカメラマン>

<しかし再開へ向け…>

<急いで夕日を撮影>

(華丸)夕日 いる?
しかも 何なら。

<すると>

(スタッフ)うわぁ~!
(スタッフ)えっ?えっ?

(スタッフ)えっ?
(森川)入ったんですけど。

<なんと…>

<しかし残念ながら>

<もう1台だけ回っていた
カメラの映像を確認すると>

(大吉)証拠がない!

<急いで回し始めたため…>

(大島)ウソ。

(森川)まさかの。

<念のため もう一度だけ

夕日のカメラを見直してみよう>

もうちょっと右!
右!

<やっぱり…>

う~ん 厳しいかな。

<気持ちを切り替え…>

<と思いきや なんと…>

(大島)50秒後[笑]
ウソやん。

先生より
すごくない?

入るの?
これで入るの?

入る?ウソでしょ?

(菊地さん)よし!
(森川)よっしゃ 来た!

<森川 見事…>

(大島)2回も入っちゃったよ。

<投げたディスクは美しい軌道で
飛んでいくと

吸い寄せられるように
ポストの中へと ダイブした>

何で
できるんだろう?

<なんと挑戦を…>

<恐るべし…>

<これには達人も>

<この表情>

<とうとう
ここまで来てしまった>

<使用するのは こちらの
太さのある…>

<持ち手以外に…>

<火をつけるには…>

<さらに>

(森川)えっ?

<そう これは
達人も成功したことのない…>

<つまり そもそも…>

何を やらせてるの?

<前人未到の神業を 森川は…>

<達人も成功していない

マッチに火をつける神業
ファイヤーショットに挑む森川>

<距離は8m>

(菊地さん)普通に考えると…

(菊地さん)うん ナイス ナイス。

よしよし…。(森川)わぁ~お。

<森川の狙いは悪くない>

(菊地さん)よし。

<しかし マッチの…>

<異常なまでの小ささ>

<先ほどのポストと比べても…>

(森川)おぉ~。

<成功できないまま
時間だけが過ぎていく>

<すると…>

(菊地さん)よし!

(大吉)折れた?

<狙いは よかったが

マッチの先端に
ディスクの内側が引っかかり

根元から折れてしまった>

(生瀬)なるほど。

<しかし森川は>

<決して諦めることなく

果敢に挑み続ける>

<きょうだけで…>

<だが森川は挑戦を やめない>

<一心不乱に投げ続ける>

<しかし あっという間に…>

(華丸)さすがに
難しいか。

(森川)あぁ~。

<ついに…>

<そして…>

(森川)あぁ~。

<すると ここで
満身創痍の森川が

最後に意地を見せる>

いっちゃうの?
えっ?えっ?

来た来た来た!来てる!
来たの?

いいとこ いいとこです。
えっ?

<満身創痍の森川が

最後に意地を見せる>

(華丸)いっちゃうの?
(大吉)えっ?えっ?

来た来た来た!来てる!
(生瀬)来たの?

えっ?
よっ!よっ!

うぅ~ つけ!

<なんと
森川が放ったディスクは

ヤスリの巻かれていない

持ち手の部分がマッチに激突>

<ほんの少し
回転が ずれていたら

どうなったか分からないが
惜しくも…>

持ち手のところか。

<あと一歩で あわや成功かと
いうところまで迫ったが

今回は ここで…>

<本日 投げた…>

(菊地さん)何よりも…

(森川)ありがとうございます。

ありがとうございます。

(森川)はい ぜひ。

<技は成功できなかったが

せっかくなので>

(森川)おぉ~。

<世界進出を目指し
今年は本当に…>

いやぁ~。

(森川)…て出てましたけど
本当に…

…ですからね 普通は。
ピッチャーはね。

だって…

(森川)そうですね。
その証拠に…

(大島)ハハハ…[笑]本当だ。

(♪~)

(♪~)