トークバラエティー「密会レストラン」(5)[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

トークバラエティー「密会レストラン」(5)[字]

大人の恋愛トーク番組第5弾。マダムの寺島しのぶ、ギャルソン岸優太と吉村崇、常連客のミッツ・マングローブが待つお店に、恋愛を語り合いたいお客が続々と来店!

番組内容
女優の大地真央が来店し、衝撃の恋のサプライズを披露!ギャルソンの岸優太が大人の女性から恋愛の奥義を学ぶ?お笑い界からは、独身を貫く?“アローン会”会長の今田耕司が恋愛遍歴を赤裸々に語り、ミュージシャンの峯田和伸(銀杏BOYZ)はスタジオで生演奏!独特のこだわりから、恋をこじらせてきたお悩みを告白!店は大騒ぎに。大人のひそやかな恋バナで人生を楽しむ恋愛トーク番組・密会レストランへ、あなたもぜひ!
出演者
【司会】寺島しのぶ,岸優太,吉村崇,【出演】ミッツ・マングローブ,大地真央,今田耕司,峯田和伸

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ミッツ
  2. 大地
  3. マダム
  4. 今田
  5. 峯田
  6. サプライズ
  7. ラブヒストリー
  8. クリスマス
  9. 全然
  10. お願い
  11. メニュー
  12. 密会レストラン
  13. お客様
  14. 今田耕司
  15. 時間
  16. 自分
  17. 邪魔
  18. 女性
  19. 紹介
  20. 森田

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
En_sky
¥1,386 (2022/01/23 23:29:52時点 Amazon調べ-詳細)

<今宵の「密会レストラン」は…>

<ご覧のお客様たちが赤裸々に語る

色とりどりの恋のエピソードをお届けします>

いや 最高!

<そして 更に…>

♬「永遠に君のために」

<マダムは
人の恋バナを引き出す達人…>

<そのお手伝いは
大人の男 目指して修業中…>

はいはい はいはい。
ですね。

そうですね まあ ちょっと…

あら。

(笑い)

ちゃんと お仕事を。

(笑い)

ミッツさんのクリスマスは?
私たちみたいなのって…

なるほど なるほど。
なるほどね。

なるほど。

何 言ってるんですか?
(笑い)

<店のルールは…>

どうぞ ごゆっくり。

密会レストランへ ようこそ。

<クリスマスを彩る
最初のお客様は…>

こんばんは。
いらっしゃいませ。

いらっしゃいませ。
どうも お邪魔します。

どうぞ。

どうも よろしくお願いします。

大地さんが
いらして下さいましたよ。 どうしよう。

<輝きを増し続ける
美しさは 時を超越。

元宝塚のトップスター

女優の大地真央さん。

舞台やドラマで

幅広く活躍する
大地さんですが

ゴージャスなライフスタイルは
まさしく 大女優>

(ミッツ)大地さんは すごいのよ。

え~っ。
そうそう。

私 何か…

(笑い)

どんな恋愛なんだろうなと思いますよね。
(ミッツ)ほんとにね。

宝塚時代は あんまり
恋愛って 余裕もなかったですから。

ちょっと その辺もね 聞きたいの。
聞きたい。

いいですか? じゃあ…。
ラブヒストリー ラブヒストリー。

早速 大地さんのラブヒストリーを
ご紹介させて頂きます。

はい。

は?

(ミッツ)え~っ。

(大地)いや そんな…。

(笑い)

(大地)いやいや ありがとうございます。
拍手しちゃう。

ちなみに ご主人の森田さんとは
どんな出会いだったんですか?

たまたま…

はあ…。
(ミッツ)あっ フグね。

(笑い)

森田さん リサーチされてたんですか?
(大地)みたいですね。

(岸 吉村)コラーゲン。
コラーゲンですね。

(ミッツ)そんななんだ。
ほんとですか?

なるほどね。

見た目も すごかったんですね。
そうですね はい。

で 初日 フグ行って
どの程度 進展したんですか?

どんな言い方…。

(笑い)

挙式も マダム とんでもないこと。
ねえ~ フランスですよ。

(吉村 岸)ランス?
はい。

(笑い)

<メニューには 森田さんからおくられた

よりすぐりのサプライズが
ずらり>

マダムどうでしょうか? 気になるワード。
やっぱり…。

旦那様 アーティストだし

予想外のクリスマスプレゼントは

何なのかなっていうのは気になる。
なるほど。

4人で…

(大地)あっ はい。
そこで 個室は ないんですね。

シャンデリアを持ってきた。
いや びっくりしました。

ただ…

そういうサプライズができる男に…。

いや なりたいですね ほんとに。
なりたい?

そうですね。

え~ どんなですか?
どんなやつ?

やりたいなと思ってますね。

(笑い)

<クリスマスには
毎年恒例 もう一つのサプライズが…>

旦那様が?
(大地)はい。

いやいや なかなかですよ。

神出鬼没なんですか?
(大地)そうなんです。

じゃないんですよ。

(笑い)
何で?

すごい不思議な空間。
不思議ですよね。

(ミッツ)私 この「招き猫」
っていうのが すごい…。

招き猫 見てると どうなるんですか?
変身するんですか?

「え~ そんなに
すごいところ あるんだ」と思って。

そしたら…

(大地)「えっ 何だろう?」と思いながら

こう とことこ歩いてって…

「何 これ?」って。

ちょっと のぼりみたいなのもあって。

で ふっと振り返って…

あっ レストランは ないんですか?
ないんです。

それは 低い位置に
仕掛け花火なんですよね。

だから シュシュ シュシュ…
みたいな感じですよ 多分。

(笑い)

こういうことなんだと思う。

マダムは好きですか? サプライズ。

いや するほうが好きです。
ほんとですか?

私 するほうだと思う。

されたこともあるんだけど…

ああ~。

恥ずかしいし…

(笑い)

花火 打ち上がる時…

だから ほら サプライズって
仕掛けてる間に

ちょっと 感づかれちゃったりしたら
おしまい。 はいはい はいはい。

なるほど。 我々だったら
もう気づいてるだろうなっていうポイントを。

(笑い)

でも さっきから聞いてて
もう 計り知れない 2人の

こう 鉄壁のような世界がありますね。
いやいやいや…。

バカですよね みたいな感じです。
(笑い)

<今年のクリスマスは

どんなサプライズが
待っているのでしょうか?>

芸人さんってさ 昔は

結構ハチャメチャな
恋愛してたりする方とか

いらっしゃるんじゃないんですか?
いや~ どうでしょうね?

よくね 芸の肥やしとか言ってね

いろいろ
取っ替え引っ替え やるわけじゃない。

<続いての
お客様は?>

いらっしゃいませ。

あら 芸人さん。

(笑い)

ようこそ。
(今田)よろしくお願いします。

ようこそ 密会レストランへ。
どうも よろしくお願いします。

あら そうですか?

<ご存じ 独身大物芸人のトップランナー

今田耕司さん。

同じく独身だった
3人の後輩たちと結成した

アローン会を
ご存じの方も多いはず。

今年のクリスマスも
1人の予感が漂うようで…>

(笑い)

ほんとですか?
(ミッツ)うん。

あ~。
それは 何か…

(笑い)

(ミッツ)寄ってくる女性は多いでしょ?

寄ってこないですよ 女性は
自分から いかないと。

絶対に寄ってこないです。
そうですか。

多分 岸くんの世代は 分かんないのよ。

あり得ない?

昔は ノートを持って
番号を聞いてみたいのありましたもんね。

そうですよ。
ナンパで うろうろして…

(笑い)

そのかわり 喫茶店いる間に…

(笑い)

ずっと こうやって。
(笑い)

(今田)もう アレは…。

(笑い)

独身なんだから 全然
そこも活用してよろしいんじゃない?

いや もう その…

(笑い)

じゃあ とりあえず 岸くん
ラブヒストリーを。

はい。 そんな今田さんの まずは
恒例ラブヒストリーをご紹介します。

はい。

そうなんですか。

(ミッツ)すばらしい。

(ミッツ)泣けてくる。

書いてますよ。
書いてありますね。

(笑い)

東京には。

でも 最初の時は中学生。
(今田)そうなんですよ。

(今田)大好きで。

へえ~。

え~っ?
えっ?

ただ 今田さんといったら
あれじゃないですか。

(笑い)
ですよね。

でも やっぱ
岡村隆史がいってしまったのが

やっぱり だいぶショックでしたね。
はあ~。

今は 何人ぐらいなんですか?

たまたま
僕と岡村と徳井と又吉と飲んだ時に

「あれ? 共通点 全員そうやな」みたいな。

最後に「皆さんも
どうぞお幸せに」ってゆうて

「岡村隆史が退会しました」って…。
(ミッツ)あれが出るのね。

「うわ~ さみしいっすね」
とか なりそうやん。

ショックで。

誰も何も言わず。

どうしたらいいんですか? ママ。
(笑い)

今日は 強敵な感じがする。

さあ メニュー いきましょうか。

<本日 ご用意したメニューは こちら>

まずは 何から
いきましょうかね?

「今田耕司を演じてるよね?」。

(ミッツ)気になるね。
気になる。

いや これは
その当時 つきあってた人に

まあ 俺は普通のつもりなんよ 別に。
でも やっぱ これね…

「よし!」ってゆうて…

まあ 普通というか…

あ~。

え~っ。
あ~。

浅めに座って…

それ 別に…。
え~っ。

それが普通やから。

いませんよ 家で バラエティーの
ひな壇の座り方してる人。

そうなんよ。 一緒やねん。
ハハハハハッ!

確かに 飛行機 一緒に こないだ…

え~っ。
だから いや~ 俺…

「あ~ 寝れない どうしよう」と
思いながら やってたから。

だから… 隙がないというか。

また 飛行機の話になりますけども。

(笑い)

何か言うた時に。

(笑い)

マダム 違うみたいです。
違うか。

<続いての失恋語録は
元カノから言われた ひと言>

「いいから行ってきて!」
ということですけど これは何ですかね?

<ところが その日 今田さんは
彼女のいない後輩芸人たちのために

女性たちを紹介する
食事会をセッティングしていました>

…って なって。
(笑い)

(笑い)

なるほど。 これが きっかけで
別れちゃったってこと? 別れました。

マダム 難しいですよ これ。
え~ それ どうなの? マダム それって。

いや~ でもでも
それは「行ってきて」って…

だって 言っちゃったんだもん。

しっかり教訓が生きてる。

だって そうだよ。

ない。

ありがとうございます。
是非 ごひいきに。

さあ 次 いきましょうか。
岸くん どれにします? やっぱ…

「ウンチ 全然いいじゃない!」は
やっぱ 気になりますね。

ちょっと これだけ おかしいですよね
「ウンチ 全然いいじゃない!」。

これは さっきの 「今田耕司を
演じてるよね?」じゃないんですけど

僕 やっぱり こう 「耕ちゃん 品ある」って
言われてきた人間なんで

やっぱりね…

えっ!
え~っ。

はい。

ちょっと 分からんようにとか
向こうが 席 外した時に やったりとか。

で あと…

(笑い)

なるほど 家で。

トイレ借りても 瞬時に…

もう これは…

…っていうことを伝えたの。

そしたら…

「カワイイ 全然 行ってきて」って言って。

「見たい」つって。
(笑い)

ウソですよ。

「トイレで お話ししたり」。
(今田)うん したい。

でも これ もう…

何かが あったんでしょうね。
(ミッツ)あったのね。

いろいろ あったんですけど…。
(ミッツ)そっか~。

どうですか?
皆さんは できますか?

やっぱ イメージもあるもんね。
そうですね。

えっ?

あ~っ!
カワイイじゃないですか。

そのために?
そうそうそう。

それを 話ししないんですか?
(ミッツ)しないな~。

「しばらく 入んないでね」とか。
いやいやいや。

何で?

…とかっていう 言える この会話の。

そうなんすか。
健康的ですね。

(笑い)

…とかっていうのは 言いますよ。

最終的には。

そうなんや。 言いすぎて?
言いすぎてとか。

そうなんですか。
それのほうが
何か かっこよく見えるんですって。

(今田)確かに。

います います。

(笑い)
あ~。

やらないだけなんですよ。

それ やりましょうよ。

もったいない。
何のために 司会者やってんですか。

(笑い)

いや 最高!

<笑いの裏に秘めた
55歳のダンディズム>

<夜な夜な 恋バナで にぎわう
このお店には…

時折 こんな お客様たちも>

♬「お前の愛した」
乗ってきた!

♬「横須賀の海の」

<音楽からひもとく 愛の世界>

やめなさい。

(笑い)

<そして 今宵も…

その道のお客様が 1人>

おっ?
あらら。

こんにちは。 お邪魔します。
あらら!

いらっしゃいませ~。
こんばんは。

こんばんは。
いらっしゃいませ。

ここで いいですか?
はい どうぞどうぞ。

どうも。 お邪魔します。
どうぞどうぞ。

<今や 俳優としても
引っ張りだこの

ミュージシャン
峯田和伸さん>

♬~

♬~

<恋の妄想や屈折を爆発させたステージ>

♬~

<一方で ドラマや映画 舞台でも活躍>

お~っ! あ~!

宗男さんは
何で いつも そんなに笑ってんの?

俺は 決めたんだ。
笑って生きるってな。

<異彩を放つ峯田さんの
独特すぎる恋愛観に迫ります>

音楽は もちろんのこと 俳優業も
いろいろやられててと…。

あっ そうなんですか?
はい。

「どうしたら
いいんでしょうね」っていって…

ちょっと ホレちゃったんじゃない?

(ミッツ)やらしいわね。
やらしいですね。 ハハハハッ!

よし! じゃあ まずは ラブヒストリーを。
そうですね。

はい。

すみません。 改めて いかせて頂きます。

そう…。 何か 一応 試したんですけど
書いたんですけど…

あっ そうです。

「どうしよう」つって…

…が シングルを出した時だったんですよ。
短冊のCDなんですけど。

いや だから 「これが僕のメッセージです」
っていって

「死ぬまで君を離さない」ってね。
そうですね。

どんな歌 歌うんですか?
(ミッツ)何 歌うんですか?

カーッ!

そうそうそう。

へえ~。

(笑い)

<では ラブヒストリーの続きを>

合ってますか。
合ってますか?

(笑い)

元カノの歌を作るとか
実際 あるんですね?

(ミッツ)え~っ!
え~っ。 あっ そのまま…。

そりゃそうですよ
世に出てるわけですから。

そうですよね。

向こうは。
なるほど。

(笑い)

<そんな峯田さんから
今夜は 特別なプレゼントが>

ちょっと わがままでございますが
何か 1曲 歌って頂けないかなみたいな。

ちょっと これは すごいよ。

1曲 じゃあ 歌います。
あっ うれしい。

贅沢だよ。
(拍手)

というわけでございまして
準備が整いました。 お願いします。

♬~

♬~

♬~

(峯田)どうもありがとうございました。
イエーイ!

(拍手)
いい!

いいね!

いい!

シビレた。

(ミッツ)ライブがね できなかった。
あ~ なるほど。

あ~。
叫びだ。

歌詞を 実体験したことを
書いたりすることもあるんですか?

自分の場合は。

えっ!
へえ~。

実際のワードが?

彼女が言った言葉は。

もう その時点で思います。
(ミッツ)あっ 頂きって?

はい。

(笑い)

これ ネタバレになっちゃいますけど
例えば…

…って言ったの。 それが もう…。

なるほど。

いい言葉ですね。
楽しい。 楽しい話 聞けそう。

さあ…。
<峯田さんに ご用意したメニューは こちら>

マダム まず何から?
「敬語がやめられない」。

何か そんな感じもしますけど
これは どういうことですか?

あ~。
(ミッツ)そうなんだ。

はい。 それが だから…。
だから その…。

なるほど なるほど。

そうですね。

でも 丁寧になっちゃいますね。

(峯田)あっ そうです。

「どうしますかね?」みたいな。
ていうか 今の「腹 減ってる?」って

すごい ちょっと ぬれたんだけど。
何 言ってんですか。

どうしたんですか? 急に。
いや やっぱり…。

やっぱり 何か…

ほんとですか?

タメ口 出る時あるんですか?

えっ でも 大体 夜は
タメ口になっちゃうんだ?

そうですね。 終わってから
また戻るみたいな感じです。

(ミッツ)あ~。
なるほど。

でも ギャップは楽しいよね。

はあ~。

僕 ちょっと 気になったんですけど
「最長12時間」って

何が 「最長12時間」かなと思って。
(ミッツ)気になるわ。

えっ?

金曜日…

はいはい はいはいはい。

え~っ!

そうですよね。

どう…。 何か…。

(笑い)

あっ そう?

1泊?
1泊です。

でも 12時間以上ありますよね?
もうやんなっちゃって? 途中で。

はい。
(ミッツ)あっ そう。

「行きたい」って言う。
はいはいはい。

(笑い)

それは もう12時間たったあとですよね?
(峯田)はい。

(笑い)

もう 自分でも これは 本当に
どうしたらいいか分かんないんですよね。

彼女はね せっかくね
忙しいところを2人で会って…。

そうだよ。 遠出して 楽しくね
ゆっくり何かっていうのに…

そういう時って もう テンション下がって
無口になっちゃうんですか?

はい。

(ミッツ)ウソ?

え~…。

(笑い)

いや でも やっぱりね
1人になりたい時はある もちろん。

いや 結婚したいですよ。

玄関 別ですか?

なるほどね。

あ~。

はい。

はい。

そういうルールは作って…。

いや けど 僕も 何か
今 現状の考えは別居婚ですよね。

よく言うのは…

あ~。
(ミッツ)すごい大変ね。

次のテーマ いきましょうか。
はい。

じゃあ 私ね 「ストッキング問題」って
これは気になるわ。 どういうことですか。

大したことないんですけど…

大概 僕 全然 ないんですよ 別に。

僕もです。 (峯田)大概ないんですよ。
ないです。

けど…

脱いだところから…

こうやってね きついじゃないですか。

これが…。
これでしょ?

ハハハハハッ!
え~っ。

あっ そうなんですか?

(ミッツ)あれは だから あそこを 要は…

マダム お願いします。
ちょっと待って。

こうやって…

だから こう…。 こう…。

いかない。

(笑い)

岸くんは ちなみに
どうやって履くんだろうね?

いや それだったら
フィットしないのよ。

(ミッツ)じゃあ 風呂上がりに
バーッて バスタオルで拭いて

さあ じゃあ…

上げて終わり?

(笑い)
え~っ すご~い。

(笑い)

色っぽく。
ちょっと やらしてみたいな。

(笑い)

ほんと。
それは大げさ。 そんなに…。

(笑い)

<おちゃめな こだわり
ありがとうございました。

あっという間に 時は過ぎ
そろそろ 閉店のお時間です>

今日は 笑ったし もう…。
笑いましたね。

確かに。

岸くんも だいぶ
こじらせてるんじゃない?

そういうとこ見てたんだね。
はい。 いや ほんとに…。

<密会レストラン
またのご来店をお待ちしています>

すいません 仕事 入っちゃってて。

これは 何も入ってない
可能性ありますよ。 (笑い)

♬~