沸騰ワード[字]カズレーザー自衛隊 不発弾処理隊にTV初潜入&吉沢亮vs巨大越前ガニ…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沸騰ワード[字]カズレーザー自衛隊 不発弾処理隊にTV初潜入&吉沢亮vs巨大越前ガニ

自衛隊に取り憑かれたカズレーザーが禁断の那覇駐屯地へ!緊張感MAXの不発弾処理&巨大ヘリ訓練をTV初解禁▽大河主演俳優 吉沢亮が幻の巨大越前ガニ「極」求め北陸へ

出演者
【司会】設楽統(バナナマン)
【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)
【進行】岩田絵里奈(日テレアナウンサー)
【パネラー】朝日奈央、カズレーザー(メイプル超合金)、加藤ローサ、滝沢カレン、出川哲朗、松岡広大、森川葵
【VTR出演者】吉沢亮
番組内容
①史上最強の緊張感!自衛隊に取り憑かれたカズレーザー
カズ熱望!離島防衛の要衝 那覇駐屯地で超危険任務を担う第101不発弾処理隊にTV初密着!緊張感MAX…謎に包まれた不発弾処理訓練を点火の瞬間まで激撮

②幻の越前ガニに出会えるか!?カニに取り憑かれたカニ沢亮が半年ぶりに帰ってきた!冬の北陸で3年間憧れ続けた巨大越前ガニ「極」を大追跡…その出現確率わずか0.05%…カニ俳優は奇跡をおこせるか?
監督・演出
【企画・演出】水嶋陽
【プロデューサー】笹木哲
【統轄プロデューサー】新井秀和
【チーフプロデューサー】秋山健一郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ディレクター
  2. 坂本
  3. 板倉
  4. カニ
  5. ホント
  6. 沖縄
  7. 岩城
  8. お願い
  9. 荷村
  10. カズ
  11. 久松
  12. 細川
  13. 日村
  14. ハハハ
  15. 越前
  16. 吉沢
  17. 実際
  18. スタジオ
  19. チヌーク
  20. ヤバ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥1,540 (2022/01/27 23:16:22時点 Amazon調べ-詳細)

<今夜も我々の…>

<今回は…>

<5か月ぶり 大河俳優が

伝説のカニを求め冬の北陸へ>

<まずは…>

<あの…>

(ディレクター) カズさ~ん!

(スタジオ:設楽)
今日はクリスマスイブですから。

(カズレーザー) ありがとうございます
沖縄 行かしていただきました。

…あれですね?

違うんですか?

ということは…。

<彼が…>

<そう!>

すげぇ!

うお~ カッコいい!

<テレビ初公開の映像を

バンバン激撮して来た!>

(加藤) このコーナー 私の…。

…ぐらい好きなんですよ。

そうです。

お子さんも…。

<そして…>

そうですか!

(ディレクター) はい。

(ディレクター) はい。

…って
ず~っと言ってたんですか?

<今回 撮影許可が下りたのは…>

<超危険任務を担う精鋭…>

<しかも 実際の…>

8分の1回転。

≪点火よ~い 点火!≫

<さらに 沖縄ならではの部隊の
すごい訓練も

バンバン公開してくれる
というので

いざ…>

離島が多いっていうのが
やっぱ…。

…装備が多いですね。

お~!

(ディレクター) お~!
よっ うおっ。

…見て。

沖縄っぽい歌?

ざわわ~ ざわわ?
♪~ でいごの花が咲き

♪~ 風を呼び 嵐が来た

(ディレクター) こちら…。

自衛官の方なんですね?
(ディレクター) はい。

なるほど!

(ディレクター) ホントですか。

すごいじゃないっすか!

<そして…>

兵員輸送車じゃないですか?
違うのかなぁ?

車両も いっぱいありますね。

<と!>

ありがとうございます!

<離島防衛の超重要拠点

空港近くにある
陸上自衛隊 那覇駐屯地>

(ディレクター) ホントだ!

すげぇ! 見守ってくれてる。

本日 ご案内をさせていただきます
細川2尉と申します。

よろしくお願いします。
お願いします。

…見学させて
いただけるんでしょうか。

…をお見せいたします。
ありがとうございます。

<すると いきなり…>

「不発弾処理実績」。

1842tもあったんすか?

(ディレクター) とんでもない量を。

<不発弾とは主に…>

<何らかの…>

<…危険極まりない状態で

そのまま放置されているもの>

<最近でも都内で発見され

撤去のため
電車が運休したりと

我々にとっても
身近な危険物だが…>

<中でも…>

<が行われた沖縄で発見される
不発弾の数は…>

あんなデカいの?

(日村) これ 怖いな~。

…してるって
なかなかないですよね。

<第101不発弾処理隊は
これまで実に1842t>

<…に及ぶ不発弾を
処理して来た>

結構…。

大体…。

(細川さん) はい。
え~!

怖っ。

…なわけですもんね。

<謎のベールに包まれた

第101不発弾処理隊とは?>

<さらに 沖縄ならではの
スペシャル部隊も待つ…>

(細川さん) これは出る時…。

ダ~ン!って…。
(ディレクター) 何これ。

なるほど こっち側は平気だけど
向こう側は来れねえ。

めっちゃ とがってる。

(細川さん) それでは…。

分かりました。
(細川さん) こちらへどうぞ。

<そして…>

(ディレクター) 何ですか? これは
これはスマホですか?

これだけだと…。

<腰についていた装備品
実は…>

え~!

(ディレクター) あ~!
掘るんすね。

(細川さん) ちょっと…。

え~!

(細川さん) 「L」に固定して。

なるほど。

これは便利。

(細川さん) 高いですね。
高いんだ やっぱり。

こんだけ頑丈だと。

こんなコンパクトに。

<と まずは…>

本日は…。

(細川さん) はい。

はっ ヘリコプター隊。

へぇ~。

何だろう?

<…の元へ>

ホントですか
ありがとうございます。

光栄です ありがとうございます。

(國吉さん) 私も今のところ…。

(日村) 豊田真奈美さん。

(設楽) 何だろうねぇ。
(日村) 女子プロのトップだからね

ホントに。

(森川) 急に…。

「…アントニオ猪木さんと」。

何か すごくホッとしました。

(出川) 俺は…。

(笑い)

闘った人は なかなかいないから。

<すると 目の前に現れたのが…>

(ディレクター) あ~!

え~ すげぇ!

何か もうホント
新幹線くらいありますね 見ると。

<と いきなり…>

結構ありますね。

ここ すげぇ寝やすい。

…やつですね?

(ディレクター) はぁ~!
なんで ちょいとした…。

ロケ車もすぐに…。

<以前
カズがその威力を体感した…>

<…を誇り

機体下の…>

<…できる上

山林火災時には超大型バケツで

湖やダムの水をくみ上げ

消火活動でも活躍>

<中でも このチヌークが担う
沖縄ならではの任務とは?>

<実際のフライトに
乗せてもらえるというので

その前に内部を拝見>

ヌ~ン。

失礼しま~す。

<このスペースに
載せられるのが!>

スパ~ンって。

うわ~。

あんなデッカいの 載るんすね。

え~!

怖そう 運転 上手っすね。

(ディレクター) ホントだ。

サイドミラーとか
付けたらいいのに。

<チヌークに
搭乗させるために…>

え~!

う~わ!

えぐいっすよ。

うわ~。

う~わっ え~!

大丈夫? あれ。

(内田さん) ぶつけたら…。

実際…。

うわ~。

ピタピタ 怖え~。

はいはいはい。

絶対 もう降りられないですよね。

なるほど!

(朝日) あの…。

…もらってね。

<さらに
車と一緒に載せられるのが!>

真っすぐ来た 怖っ!
(ディレクター) お~~!

教習所で…。

…とか言うじゃないですか。

立ってるんすか!

なるほど!

…ようになってるんですね。

お~ 来た!

来た!

お~!

(日村) カッコ良すぎる!

(内田さん) …で飛行します。

そうですね。

…に思えます。

すごいですね。

<沖縄を含む
南西諸島には

およそ
200の島々が>

<高速で
長い距離を飛べるチヌークは

その離島防衛に欠かせない
超重要装備品>

<さらに
テレビ初公開してくれたのが…>

<この巨大施設で 一体何が!?>

<さらに 危険任務
不発弾処理訓練に初潜入!>

<…をテレビ初公開の
巨大施設へ>

すごいっすね あれ。

ちょいとしたゴーカート
みたいなのに すごいな~。

(ディレクター) チヌークって何tぐらい
あるんでしょうか? 重さは。

すご~い!

<すると!>

はぁ~! すごい ちょうど…。

あ~ なるほど!

(豊田さん)
海水の塩害によるサビですね。

真水で
水洗いすることによってですね

そのサビが発生しないように。

全然 成立しますけどね。

(スタジオ:設楽) そうね 色っぽいね。
(スタジオ:カズレーザー) はい 色っぽい。

<そんなカズが愛する
チヌークは…>

(ディレクター) チヌーク すごいんですけど
お幾らなんでしょうか?

今でしたら なんと…。

(ディレクター) はぁ~!

<と 巨大ヘリ チヌークが
ここ 那覇駐屯地で行う

沖縄ならではの特殊任務とは?>

患者空輸。

(中村さん)
年間でいいますと 大体

180件から200件ぐらいの。

へぇ~!

(中村さん) そのため…。

なるほど。

<そう 第15ヘリコプター隊が
管轄するのが…>

<…が数多く存在するエリア>

<ドクターヘリでは
航続距離が届かない上に

夜間飛行もできない>

<そこで 陸上自衛隊は
島民の命を守るために

これまで およそ10000回の
患者空輸を行って来た>

<その実際のフライト訓練を

特別に
見学させてもらえることに>

うわ~ すげぇ!

風が!

<患者は
ストレッチャーにのせて

激しい揺れにも耐えられるよう

専用ベルトで がっちり固定>

<ドクターの指示の下

ヘリ隊員は
酸素ボンベの交換や

医療機材の電源を確保しながら
輸送し

医療機関に引き渡す>

沖縄本島から
めちゃくちゃ東のほうにある

北大東島 南大東島って
2つの小っちゃい島が。

(ディレクター) 全部 見てる!

<…に点在する
離島から

高度な医療が
受けられる…>

<とはいえ
ヘリは肉眼での操縦が基本>

<いざ 離陸!>

(國吉さん) これは
イリジウムといって衛星電話です。

離島から
結構 距離を離れた場合

無線機が通じなくなる場合が
ありますので

その場合には…。

…を使って
GPSと電話を使って

位置情報を得たり
通話をしたりします。

(國吉さん) はい。
はぁ~!

<一刻を争う緊急輸送>

<日中は見通しも良く
安全に飛行できるが

日が暮れると…>

う~わ!

<海の上は暗闇に覆われ
パイロットも視界はゼロ>

<そこで 操縦は…>

ちょっとの光を増幅して…。

結局 視界は…。

(内田さん) 今日みたいに…。

(内田さん) 見づらくなります。
はぁ~。

(内田さん) そうですね。

…って感じしますね。

<通常の…>

<これまでに…>

…があるから
そういう中で夜なんて。

やらなきゃいけないっていう…。

…さして
ちょっと明るく見えるみたいな。

調整はしてくれるんですけど
でも もう…。

…分からないんですよ
真っ暗なんで。

旅客機とかで このルートで
海外に行くとかいう

夜間飛行とは
また ちょっと わけ違うんだ。

ちなみに その…。

<そして…>

あぁ…。

<命を救うため
離島に向かう中

航空機事故により殉職した
隊員たちの慰霊碑>

(後村さん) しっかりと…。

…わけですね。

「ありがとうございます」っていう
言葉しか もう出て来ないです。

<さらに…>

何すか? あれ。

…みてぇなのが。

<そして…>

<冬に現れる伝説のカニを求めて
聖地 北陸へ!>

<離島防衛に欠かせない
この巨大な装備品の正体は?>

何だ?

(ディレクター) あ~!

え~!

何すか? これ。

ダッシュで来ましたね。

(荷村さん) 直れ!

2等陸尉 荷村たけし!

陸士長 松本ひろかです!

(荷村さん)
本日は よろしくお願いします!

(松本さん) お願いします!

<果たして 謎の…>

<ホースをたどって行くと…>

(荷村さん) プールです。

普段 使ってるんですか? ここ。

こんなに ゴミ たまるんすね。

(荷村さん)
この水をくみ上げております。

一度…。

…した水が こちらに たまります。

<濁った水や雨水など
あらゆる自然水を浄化できる

最新式の装備品
その名も「浄水セット」>

(荷村さん)
一度 ご確認をお願いします。

あ~!

(荷村さん) このように…。

へぇ~!

<濁ったプールの水を…>

<できるので…>

<沖縄には欠かせない…>

へぇ~!

…このように。

(岩田)
とか こういうことがあると…。

…変わるんだからね。

<さらに 浄水のみならず…>

<…優れもの>

何か…。

縦に開いた。

お~!

<こちら野外洗濯機は

被災地で清潔な衣料や
寝具を届けるため大活躍>

<さらに 以前 取材した際
目にした こちらは…>

<…野外炊具1号>

<このように

災害時に大活躍する装備品が
たくさんある中…>

<特に…>

(大濱さん) こちらの装備品は
「入浴セット」といいまして

これまで…。

こういうお湯も
先ほどの装備から くんだ水で。

失礼します。

失礼しま~す。

(荷村さん)
3名 入浴しております。

こんな…。

すげぇ!

めちゃめちゃ…。

ちょっとした何か…。

すげぇ キレイ!

(荷村さん)
このようにアクリル板で…。

はぁ~!

(荷村さん)
自分たちは この形を…。

あぁ そうなんですね!

(荷村さん) 被災地では。

隊員さん以外も
使われるわけですもんね。

<災害時には被災者の負担を
少しでも減らすために

迅速に入浴セットを設営>

<テントを開ければ

即席の露天風呂にもなる>

<そして 女性用のお風呂には…>

すいません 失礼しま~す。

(大濱さん)
まず入って こちらが…。

なるほど! ちゃんと…。

髪は乾かしたいですよね。

(大濱さん) こちら入って…。

ちょっと違う。

なるほど! そういうのも
あるんですね やっぱ。

89億 一回見ちゃってるんで。

…があったりとかって。

というか…。

<さらに…>

<…も見学>

ようこそ 沖縄地方協力本部へ。

ような役割を果たす…。

<普段は…>

(ディレクター) この裏…。

<そして…>

…をしています。

へぇ~。

<自衛官ではなく…>

<…しているのも沖縄ならでは>

協力本部長の坂田です
よろしくお願いします。

あ~ ありがとうございます。

おかげさまで はい。

(ディレクター) カズさん
陸将補様ということなんですけど。

まぁ 僕も いっとき 陸将補まで
上がりましたけどもね。

<と…>

(坂田さん) どうぞ 見てください。
はい。

はい。

我々。

いいんですか?

ひと肌 脱ぎます。

いや これ すいません。

すいません 何か… でも…。

はい。
すいません いいんですか?

ありがとうございます。

ここで…。

すごいね カズね。

<それを…>

<…というカズの念願が叶い

先々の取材も
確約できたところで…>

お願いします!

直れ! 処理隊 坂本2尉…。

久松1曹 よろしくお願いします。

岩城3曹 よろしくお願いします。

<彼らが…>

<ニュースでも よく目にする
不発弾処理だが

実際…>

<沖縄…>

もう早速。

(坂本さん)
私たちの かぶってる…。

これから かぶっていただこうと
思います。

おっ 「不発弾処理」。

(坂本さん)
トレードマークのシーサーが。

(坂本さん) 私たちの…。

…として これをつけています。

出動して来ています。

カズさん 早速 私たちの…。

はい お願いします。

どうぞ こちらです。
はい 失礼します。

なるほど。

<いざ…>

失礼いたします。

はぁ。

私たちの…。

「全集中」。

(坂本さん) 事後 ここで…。

へぇ~。

単純に。

爆弾が目の前にあるんですもん。

だから 普段 そういった…。

なるほど。

<隊員たちは…>

<…を培っている>

よく爆発しなかった。

(ディレクター) あぁ~。

そこを…。

(ディレクター) へぇ~。

(ディレクター) へぇ~。

ノーベルは…。

(ディレクター) へぇ~。

(笑い)

詳しいから。

<ニトログリセリンという火薬は
そのままだと危険なため

安全かつ
持ち運びがしやすいように

加工したのがダイナマイト>

<多くの…>

(坂本さん)
多分 聞いたことあるんじゃ…。

近接信管ってのは
物が近くにあると爆発する。

つまり…。

…するような
システム。

撃ちました…。

これが…。

火薬が爆発すると
この形に燃焼するんで

こう 熱が集中するんですよ。

そうすると先端が
めちゃくちゃ圧力かかって…。

あの 何だっけ えっと…。

「すごいっすね」。

例えば…。

そういった火薬でも普通に…。

こんな感じで…。

なるほど。

(ディレクター) そういうことか。

<しかも 不発弾処理隊が
日々 向き合っているのは

何らかの…>

<予期せぬきっかけで
爆発を起こしかねない>

(坂本さん) さっきの…。

人並みじゃないよ。

この部隊の あの人たちって…。

すごい…。

<すると…>

はい で あの…。

よろしくお願いします。

ちょっと何をやるかにも
よりますけど。

<命懸けの
不発弾処理の全貌とは?>

なるほど。

<午後からは いよいよ…>

<…できるということで

その前に食堂で腹ごしらえ>

(儀保さん)
沖縄そばになっておりまして

豚骨を4~5時間
だしを取って

あと カツオだしと
ブレンドしているので

あっさりとしたスープに
なっています。

おいしい!

うん! あっ おいしい。

(儀保さん)あっさりしてると思う。

そうですか?

俺は そんなん無理っす。

う~ん…。

(ディレクター) どうでしょうか?
カズさんの食べっぷり…。

ありがとうございます。

爆弾処理ハンバーグみたいのが…。
あったよね。

(日村) あるんですよ。
ハンバーグの中に…。

今年で二十歳になりました。
おめでとうございます。

ありがとうございます。

19歳です。
あらっ。

19歳です。
ティーンエージャーですね お若い。

はい。

(長谷部さん) 怖いんですけど。

(長谷部さん) はい。

そうですよね。

あっ そうなんですね
1回 飛んだら… え~。

(知念さん) って思いながら…。

入り方が分かんない。

確かにね…。

ググってもね… そっか。

<そして いよいよ…>

<爆発する危険のある…>

(久松さん)
これは 米国製の250kg爆弾
というものになっておりまして。

これ 空襲で降って来た…
このサイズがっすか。

とんでもねえな。

はい 今 弾頭信管と…。

(坂本さん) 今日 訓練でやるのは
爆弾の信管の抜き取り。

<爆発のきっかけとなる
信管を抜き取る訓練>

<ことはできるが その際に…>

(爆発音)

<大爆発を起こす可能性が>

信管の抜き方は。

あ~ なるほど。

これ 訓練で…。

(久松さん) 弾頭信管なんですけど
信管部分でも この ここに…。

ごと もう…。

はい。

はぁ~。

<ネジの上には
安全装置のフタがあり…>

<そこを触ると…>

<大爆発を起こす危険が>

こっち側は もう触っちゃいけない
ってことですね。

(坂本さん) いや これ…。

ホントだ 細くしてある。

(坂本さん) 俺たちが頑張って…。
削ったんですね ここを。

(坂本さん) これ 実は…。

本当は もっと細くしたい?
そう 本当は…。

こういうのこそ…。

装備品で。

「自分たちで削ったんすよ」って
いやいや…。

≪これぐらいがいいですかね≫
今 これで はまってるわけですね。

これを締めてくと…。

8分の1回転 えっと…。

<果たして!>

<さらに…>

8分の1回転 えっと…。

下でいいんですよね?
≪はい≫

えっ 固っ!

固っ…。

(坂本さん) うちの…。

びくともしなかったですよ
体重かけても。

(坂本さん) よし…。

それだと本体のほうが
回っちゃってますもんね。

(坂本さん) こんな感じです。
え~。

ちょっと回ったんすね。

(久松さん) ここを中心として
今 8分の1 回ったことに…。

(坂本さん) それが…。

(坂本さん) 最初 ここが一番…。

…ところなのかなと思います。

いや 怖過ぎるな こんなの…。

<物によっては ネジが予想外に
緩いこともあり…>

<その勢いで…>

<一度緩めたら 後は全て…>

(坂本さん) あるいは…。

やはり…。

…なのかなと認識してます。

結構入ってるんですよね まだ。

なるほど。

長い長い長い…。

<周囲にぶつからないように
そっと抜く>

(ディレクター) カズさん…。

(坂本さん) そうです。

なるほど。
(坂本さん) だから…。

(坂本さん)
これは感度が高いから これを…。

なので 今から…。

え~!
(日村) なるほど そういうことか。

<こうして 信管を
保護ケースに入れるまでが

大まかな不発弾処理の流れ>

<だが…>

(ディレクター) 大体…。

ホントそう
市販感がありますけど。

(坂本さん)
さっきも言いましたけど…。

(坂本さん) …と私は思います。

もしかしたら…。

そうです そうです。

(坂本さん) 次は…。

(岩城さん) まず こちらの弾が…。

(岩城さん)
…艦砲弾の模造品なんですが。

<この5インチ艦砲弾には…>

(岩城さん)5インチ艦砲弾に付いてる
この頭の信管 こちらが…。

…が付いてる場合がありまして。

じゃあ 無理じゃないですか。
(岩城さん) そうですね これを…。

<作動する…>

<そこで…>

(岩城さん) そういう時に使うのが
こちらのディアマーという装置です。

信管自体を
破壊する装置になります。

<謎の装置 ディアマーを使った
不発弾処理とは?>

(坂本さん) 岩城3曹。
(岩城さん) 岩城3曹。

久松1曹。
(久松さん) 久松1曹。

(久松さん) 了解。
最後に…。

カズレーザー!

(坂本さん)
必要な補助を実施してくれ。

必要な補助を実施。

<と 向かった先には>

ここに見えるのが
私たちが訓練用に作製をした

処理壕になります。
処理壕。

大丈夫っすか えぇ?

いや…。

高っ これ 何mぐらいですか?
(坂本さん) これが…。

実際も それぐらい深い所に?

(坂本さん) これが実際の
民間で不発弾が発生した時に…。

実際 こういうふうに掘るんすね。
(坂本さん) そう 掘って

ライナープレートを埋め込んで。

(坂本さん) あれが
今 さっき お見せした…。

これっていうのは…。

なるほど。

(坂本さん) そういうことです。
はぁ~。

だから 当然…。

<安全化の際には…>

<…で囲む>

<もし これが 処理壕の中で
爆発した場合

助かる可能性はゼロ>

だったらさ あそこで もう…。

という手もあると思うんですけど
でも もしかしたら まだ…。

威力が分からないんで。
あぁ そっか。

(坂本さん) あれをこれから…。

<一切 触れられない
信管を破壊する

ディアマーとは?>

(坂本さん) まぁ ちょっと
見とってもらえば…。

(久松さん) はい!

下りて来た。

(坂本さん) アースよし。

(岩城さん)
12.7mm 不発弾処理用薬筒1発。

ディアマー。

<ディアマーは スラグといわれる
鉄片を発射>

(スタジオ:設楽) え~!?
こんな危ない処理の仕方?

それを置いて バンって ぶっ壊す。
(滝沢) えっ!?

えっ これ…。

<一体…>

(ディレクター) あれ 当たったら死ぬ。

なるほど。

(坂本さん)
っていわれているので それを…。

(坂本さん) 交代。

(坂本さん) そうですね。

(坂本さん) この設置で。

あっ もう出るんですか?

(坂本さん)
出ます これより退避します。

もし
あの場にいるんだったらさ…。

そうですよね。

(滝沢)
…時ってあるじゃないですか。

何か それが…。

(笑い)
(日村) そうだよね ホントだよね。

<…で発射>

<…が起こる危険性も>

周囲の状況確認。

(破裂音)

(岩城さん) 点火!
(破裂音)

(岩城さん) 点火!
(破裂音)

(破裂音)

(坂本さん) これより…。

(坂本さん) 今 確実に ここの…。

あぁ~。

うわ こんな もう…。

(坂本さん) その証拠に…。

この鉄板が これで… はぁ~。

なるほど。

<動かすことのできない…>

<第101不発弾処理隊は

設立以来
一度も事故を起こしていない>

ディアマーというのは あれを
一発で壊すぐらいだから…。

むちゃくちゃな威力。

…っていうのを
非常に感じましたね。

<すると…>

今から ちょっと…。

あそこで…。

<市民が…>

<日々…>

<まさに 我々の目の前でも…>

そうっすね…。

(ディレクター) すごい。

<ちなみに発見後…>

(爆発音)

(岩田) っていう感覚が
あったんですけど それは…。

その上に 今の この…。

…んだなっていうのを
すごく感じました。

(坂本さん) いえいえ。
普段…。

そう 考えています。

これからも…。

そして…。

(坂本さん)
ありがとうございました。

<続いて あの…>

<との要望を受け…>

こちらの…。

(ディレクター) あ!

<を誇る…>

<そのプールの底で…>

<…を踏む人物とは?>

(ディレクター) おはようございます!
おはようございます…。

あ!

(ディレクター) カニ沢さん。
(吉沢) おはようございます。

(ディレクター) こんなとこで。

…わけですよ。

実は…。

…ぐらいの。

<彼には これまで3回
カニの旅に密着>

<3年前には 越前がにの中でも
最高峰といわれる

皇室献上品質を 自ら買い求めた>

もう やたらと…。

(笑い)
そうなんですか!

<…と>

(ディレクター) カニの心残り!?
カニの心残りが。

<実は 3年前…>

<…心残りだったという>

<その伝説のカニへ
向かう前に…>

(ディレクター) え?

…あるんですよ それが。

じゃあ 行っちゃいましょうか。

<実は ここに…>

(ディレクター) うわ~!
≪いらっしゃい≫

(ディレクター) 老舗という雰囲気が…。
香りがいいね。

<で仕込んだ濃いめの味を求め

地元っ子が通う
金沢おでんの老舗>

(大将) そうですね やっぱり…。

金沢ひろずって
中に いろんな野菜が入ってる。

バイ貝って 刺し身用のが
丸ごと入ってる貝。

うちは 牛すじが一番人気です。
牛すじも いいですね。

(ディレクター) 吉沢さん!?

<そして 冬の2か月しか
食べられない…>

お! そこにいた。

(ディレクター) お!
見てくださいよ。

(大将) はい お待たせ。
来た~!

蟹面!

(ディレクター) 何すか これ。

<冬の わずか2か月弱だけ
漁が解禁される

雌のズワイガニ 香箱ガニを

だしが染みるまで煮込んだ
金沢ならではのおでん…>

(大将) そうですね。

(ディレクター) 蟹面食べに?
(大将) うん。

いいですか? いただきます。

うわ~! ちょっと待って これ。

<身の下には
プチプチ食感がたまらない

外子が ぎっしり>

(ディレクター) すげぇ!
うわぁ…。

もう行っちゃおう これは
いただきます。

ハァ~…。

(ディレクター) ハハハ…!

うまっ!

もったね やっぱ…。

(ディレクター) 赤ちゃん言葉みたいに
なってましたけど。

(ディレクター) ミソもあるんですね。
(大将) うん ミソも入ってる。

で この外子も のせちゃって。

内子 出て来た!

<内子も のせて…>

いただきます。

食感が違うから
外子と内子もそうだし

このミソとか。

<すると…>

(ディレクター) え~!

すげぇ!

うわ すっご… うわっ。

いただきます。

(ディレクター) どっから音鳴ってます?

…どうしたって。

あぁ これね。

(笑い)

…って思えちゃう。

(ディレクター) それよりも。

はい。

<そう>

献上品質も まぁ
すごいですけど…。

…でした 僕の中では。

ただ もう…。

<極 それは…>

<3年前に吉沢が食べた…>

<究極の越前がにだけに
与えられる称号>

お金…。

ガチです。

行きますか!
ごちそうさまでした。

やっぱり…。

まぁ ちょっと…。

(ディレクター) 何すか?
これ 腕が。

ことは 周りの人が…。

(ディレクター) ハハハ…!

亮さんを知る人間としては…。

なるほど。

(笑い)

<吉沢が…>

見てください。

ありがとうございました。

こんにちは。

≪いらっしゃいませ≫
あ~!

お久しぶりです。

みっちゃんさんでございます。
は~い みっちゃんだよ。

みっちゃんだよ ハハハ…。

ハハハ…!

<3年前の旅で…>

<高速カニむきの達人
むきむきみっちゃん>

(板倉さん) はい あ~ん…。

(笑い)

ハハハ…!

もうもう もうもう…。

(ディレクター) 「ひどい」。
ハハハ…!

(板倉さん) すごいですよ。

はい こちらね!

(吉沢の声) 全く同じ席ですよ。

<すると…>

ほら! 越前のカニだぞ。

来た来た~! 一番おいしいカニ。

(板倉さん) すごい通や。

(ディレクター) めちゃくちゃ語る。

幸せ!

(板倉さん) 怒られるぞ みんなに。

(板倉さん)
そりゃそうや 当たり前や。

まだ世界じゃ ないです
ごめんなさい。

みっちゃん ちょっとさ…。

(日村) いや 完全に。

<今年初の越前がにを
みっちゃんの高速カニむきで>

(板倉さん) カニさんはね
興奮してるんや カニも。

速っ… お~!

(板倉さん)
よいしょ よいしょ ほら ねっ。

ヤバい… すごい 思い出して来た。

すごいな これ。

うわ もうプルップルだもん 身が。
(板倉さん) おいしいよ。

速っ! すごいな スピードがもう。

(ディレクター)
そんなスピードで行く…。

うわ~ ヤバい ヤバい…。

(板倉さん) 水気がね
水分が多いんだわ これね。

今 ゆでたてだから。

バシ~ン。
ヤバ~い!

ヌケヌケ?

<とか何とか言ってるうちに…>

(板倉さん) 終わったよ!
速っ! 速い!

(板倉さん) 終わったよ~。

素晴らしい。

(拍手)

職人技だね これも。

(板倉さん) チュっと吸うんだよ。

(板倉さん)
ホント よかった よかった。

…って思いました
うまいな! これ。

<爪の身は カニミソを
たっぷりつけて…>

ん~! 全然 違う。

やっぱ こっちのほうが
締まってる感じがありますね。

(板倉さん) 一番動かすとこだから
身が締まってるんです。

<…と>

…っちゅうのしたね。

ホント? やった!
ありがとうございます。

<さらに…>

<まずは!>
(沸騰ディレクター) あっ サランラップ?

(志麻さん) サランラップは
ハリやコシがあって 丈夫で…。

(サランラップが切れた音)
とても切りやすいです。

ぴったりと密着して
うま味を逃がさないから

いつも愛用しています。

完成です。
おいしい!

サランラップがあれば
簡単に作れます。

<次回の『沸騰ワード』は…>

<さらに…>

(板倉さん) この辺で 今とれるの。
めちゃめちゃうまそうだな それ。

(板倉さん) これと 少し…。

おぉ 結構たっぷり行きますね。

(板倉さん)
そんで ここへ入れちゃうの。

うわ うまそう!

(板倉さん)
家族全部が食べれるようにね。

へぇ~。

ホント そんじゃ…。

ハハハ…。

(笑い)

うわ~!

うわ~ 贅沢 うわ~!

(板倉さん) ちょっと食べてみて。

これ 私が子供の頃
ばあちゃん 作ってくれた

カニミソ丼だぞ。
ヤバいですよ これ。

<1匹 丸々頼んだ人にのみ
特別に提供する1杯>

こんなの もう…。

どこでも食えない これ。

いただきます。

(ディレクター) う~わ うまそうに食う。

(ディレクター) うまそう 何それ!

…してて。

(板倉さん) そうそう。

(板倉さん) なぁ すごいな!

<吉沢の…>

(板倉さん)
完食だ すごい すごい。

ごちそうさまです!
(板倉さん) お粗末さまです。

…がありまして。
(板倉さん) あら。

…と思ってるんです。

なりました?

揚がらない。

<そう 極と認定されるのは

全越前がにの わずか0.05%>

<…であることも条件>

<1回の競りで…>

<…のカニ>

あら いいんですか!

いってきます
ありがとうございます!

<果たして…>

…だったっていうことなんで。

<幼い頃 たまの贅沢だった
カニの味が忘れられず

気付けば 日本一のカニ俳優に>

<と…>

ちょっと これ…。

(ディレクター) カニの雲?
カニの雲。

ちゃんと見てください ほら。

爪が2本出てて 真ん中に目が。

これ カニの雲だ。

<これは…>

うわ~…。

ありがとうございました。

あ~ ホントですか!

お願いします ぜひ。

あの運転手さん。

うわ~ すごい ここか。

<全国でも珍しい
夕競りが行われる

福井県 三国港は

どこよりも…>

<…が水揚げされるため

100年近く前から

皇室に 越前がにを
献上して来た歴史が>

うわ~ すげぇ!

<この日 漁獲されたのは…>

(ディレクター) もうタグ付いてってる。
すげぇ。

お久しぶりです。

<3年前
献上品質を薦めてくれた…>

<…と遭遇>

(山野社長)
ありがとうございます。

今年 まだ1匹も出てない…?
(山野社長) 1匹も出てない。

え~!

今年なし?
そんなに?

うわ これ ちょっと…。

すいません
ありがとうございます。

そっか まだ今年 1匹も出てない。

<この日 2か所のセリ台で
取引されるのは

9隻分の漁船の越前がに>

<いつ どこで 極が出るのか
それとも 出ないのか?>

<いよいよ…>

≪6万5000! 7万!
8万!≫

やまに!

<巨大なカニが
次々 競りにかけられて行く>

<次々にカニが…>

<値をつける>

<社長が…>

すごくない?

<だが 社長は動かない>

<そう>

<全てが完璧であることが
求められる>

<入る>

<が その後 1時間半

極は出ることなく競りが進み…>

<ついに…>

<果たして…>

来るの?

<果たして…>

≪15万…≫

(二人) NONIO
♬~

(川口) ≪誰かと話すたび≫

(成田) ≪人は 新しくなる≫

≪ひらけ 自分≫

<長時間殺菌して ずっと口臭ケア>

<口臭科学から生まれた>

NONIO ≪ホワイトニングも≫

<出合えるだけでも奇跡の
極が競りに>

あの…。

すごかったです。

ついに… あっ 来た?みたいな。

何なの? あの…。

(笑い)
(出川) カッコ良かったね。

≪28万 30万…≫

30万 やまに30万。

<今年初の…>

決まった~。

30万すんの!

(女性) 極です!

何かもう…。

<こちらが究極の越前がに…>

<重さは なんと1.6kg超え>

<しかも…>

<それが今 吉沢の手に>

う~! う~っ ハッハッハッ…。

デカっ!

ヤバっ! 何これ!

なるほど。

そんなに!

奇跡です。

重さと大きさ以外にも…。

(岩田) 他にもホントに たくさん
いっぱいあるんですよ。

でも そこを最後…。

(日村) スターだよね。

<35分かけて
じっくり ゆでると…>

う~わ~! ハハ~。

これ めちゃめちゃうまいわ。

これ 感動だな。

ホントに。

すごい!

これ すご~い。

(男性) 極になります。
これが 極。

(ディレクター) すごいっすね。
すごいわ これ。

(ディレクター) 怖さ 感じだしました?
怖いですよ これ。

極の このタグが。

うわ~ デカ~。

音が もう ボリボリ…!

うわ~…。

(女性) ミソです。

すご~。

みっちゃんの所で食べた あれとは
もう 大きさが違いますね。

(女性) はい。
殻も。

我々 バナナマンが
MCを務めます

『笑う大晦日』
31日 夜6時半から

6時間 生放送。

丑年から寅年へ みんなで笑って
年越ししましょう。

<30万円で競り落とした
奇跡のカニ 極>

<いざ 実食>

うわ… うわっ うわ~! すごっ。

ヤバそう これ。

ハァ~…。

いただきます!

<究極の越前がに 極>

<その味は どうすごいのか?>

(スタジオの笑い)

(朝日) 「でた」 出てんですか?
でた。

<長年 海底を生き抜いた身は

これ以上なく引き締まり…>

<濃厚なカニミソは
芳醇な香りをまとう>

すごっ!

うわ~ もう…。

<甘い身を
カニミソに合わせると

異次元のステージに>

(ディレクター) うわ! うわ もう…。
これ すっげぇ。

(スタジオ:朝日) 来るか?

(スタジオの笑い)

すごい待ってたのに。

…分からない。

<初めてのカニの旅から3年>

<吉沢は仕事にまい進し

ついに…>

<…にたどり着いた>

(ディレクター) ハハハ…!

せっかく30万
払うんだったら もう…。

…とか いろんな。

マヨネーズは いらないっしょ。

(笑い)
もったいない。

イギリスや日本で
話題を生んだ舞台

『マーキュリー・ファー』に
出演します。

極限状態で必死に
生きようとする

人間たちの残酷さや

そして 兄弟の愛が
描かれる

衝撃のストーリーと
なっております。

ぜひ劇場へ
お越しください。

<そして Huluでは

本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>