遠くへ行きたい「和田明日香が秋田へ!米から生まれたふわふわ麹&燻製お椀」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「和田明日香が秋田へ!米から生まれたふわふわ麹&燻製お椀」[解][字]

今回は料理家の和田明日香が秋田へ▽根っこが美味しい!?「三関せり」▽体にしみわたる絶品麹料理▽秋田名物「いぶりがっこ」作りに挑戦▽伝統の漆器職人おすすめ郷土料理

詳細情報
出演者
【旅人】
和田明日香
番組内容
今回は料理家の和田明日香が冬の秋田で伝統の食材探し。秋田の旬の食材が並ぶ「秋田市民市場」を散策。イチジクの甘露煮を頂く。秋田を代表する冬野菜「三関せり」の農家を訪ね、収穫をお手伝い。根っこが美味しい三関せりのしゃぶしゃぶに感動。歴史的な街並みが残る横手市増田で、麹作りを見学。繊細な作業に心奪われる。漆器の名産地である湯沢では、燻して作る漆器に驚く。さらに職人に秋田の食材を使った創作料理を披露する。
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
歌手:森山直太朗
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
テレビマンユニオン
番組ホームページ
★https://www.ytv.co.jp/tohku
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
秋田 横手~湯沢

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 秋田
  2. ステキ
  3. 料理
  4. 佐藤
  5. アハハ
  6. ハハハ
  7. 奥山
  8. 元気
  9. 麹屋
  10. 漆器
  11. 店員
  12. 和田明日香
  13. お願い
  14. シャキシャキ
  15. ホント
  16. 頑張
  17. 江戸時代
  18. 地域
  19. 東谷
  20. お母さん

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥2,480 (2022/01/20 23:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

(和田明日香) ハァ~ 寒い。

<料理家の和田明日香です>

<秋田県に来ています>

すごいな あっちのモクモク。

モクモクから ちょっと青くて

その上が また違う色で…。

こんな全部 空の中で

朝日を感じることないですね。

<冬の秋田で
伝統の食材探しに出発です>

ハァ~。

あ~ おはよう。

<和田明日香の…>

<おいしさ発見の旅>

<山あいで見つけたのは
世にも不思議な絶品>

こんなふうに干すんですね。

<米から生まれた元気の源>

<母から伝わる
雪国の伝統料理とは?>

<ここは漆器の名産地>

<小屋で発見
燻しておいしい器作り>

やさしい。

<心もいっぱい 冬の味>

<皆さんもご一緒にどうぞ>

<まず訪ねたのは
JR秋田駅からすぐの…>

<旬の食材が見つかるんだって>

いい景色だな。

何か 元気が出ますね。

(女性) レミさんの…。
そうです。

(女性) 明日香ちゃんって…。
そうです。

(女性) 頑張って
大好き 明日香ちゃん。

ありがとうございます。

こんにちは。

<イチジクの甘露煮だって>

<東京では見掛けないな>

ラッキー。
(店員) ラッキー やったね。

いただきます。
(店員) はい どうぞ。

<保存もできるし
おせち料理にも使うんだって>

う~ん。

(店員) おいしいでしょ?
うん。

おいしそう。

(店員) 鍋は最高だ
あと これ全部 突っ込んで…。

何それ 何か出てるじゃん。

こっから何か これこれ… この子。

(店員) ほらほら。
あらら…。

あらら…。

やっぱり
しょっつるですよね 秋田来たら。

ありがとうございます。

しょっつる使ってたら
ビックリしてくださいね。

<その土地ならではの調味料も
面白いよね>

あっ せりだ。

せりだ。

<冬の鍋の名脇役>

<食感と香りが大好きです>

作ってるとこ見たいな。

ホントに? 大変です?

そうなんだ。

アハハ 「ホッホ~」って。

<このせり
実は全国に出荷される

秋田を代表する
冬野菜なんだって>

<早速向かったのは
秋田県南の湯沢市>

<なんと江戸時代から続く
せりの名産地です>

<冬は せりのシーズン真っ盛り>

<大忙しの生産農家を訪ねます>

よろしくお願いします。
(奥山さん)よろしくお願いします。

和田と申します。

(奥山さん) 見たことありますか?
あった!

もう
おそうめんみたいですもんね。

(奥山さん) ここがうまいんです。
市場の方も言ってました。

「ここがうまい」って。
(奥山さん)秋田美人の源ですよね。

なるほど。
(奥山さん) さらに美人になる…。

アハハ…!
こうやって抱えて帰ります。

上のほう持っていただいて…。

<たかがせりと侮るなかれ>

<早速 いただきます>

<比内地鶏のスープダシに

鶏肉を巻いた せりしゃぶ>

おいしそう。

お酒 飲みたい~。

う~ん…。

うん でも せり負けない。

ですよね。

<根っこも しゃぶしゃぶ>

この長さがね。
これがおいしいんですね。

こんなこと
やったことないですよ…。

いただきます。

う~ん…。

歯が気持ちいいです。
ハハハ…!

<食後は
せりの収穫作業をお手伝い>

<汲み上げた地下水で
おいしいせりを育てるんだって>

アハハ…! お~!

かかとから抜いてください。

寒くなきゃ採れないって
分かってるけど

もう既に手冷たいですね
そうやってると根っこ感じます?

感じます 感じます。

おいでおいでおいで…。
そう… うまいじゃないですか。

おいでおいで…。

チャラ~ン!
わぁ すごい ほら!

うまいじゃないですか!
ハハハ…!

我々と遜色ないぐらい。

そうですね。

これ大変だ。

あ~
せりを見る目が変わりました。

かっこいい!

サッカー選手とか野球選手とか

YouTuberみたいに
言ってますけど

今あるのも地域の先輩たちが

築いて来てくれた
おかげがあるし…。

何か東京にいると
ホントそういう話と縁遠いけど

知ってるだけで違いますよね。

スーパー行って
何を選ぶかっていうとこが

変わって来ると思うからなぁ。

どうすか? 先生。

バッチリですよ
明日からぜひうちの従業員として。

すごいうれしい。
人 足りないんで。

ハッハッハッハ!

<収穫後 今度は泥を落とします>

ジャリっていうの
嫌じゃないですか。

丁寧に仕上げれば…。

<根っこの先まで
丸ごとおいしい>

<手塩にかけて育てられた
秋田の伝統野菜です>

<次に向かったのは
米どころで有名な横手市>

<商人の町として栄えた増田は

歴史的町並みが残る
人気の観光地です>

風情のある町並みです。

私 江戸時代フェチ…。

好きなので
もうたまらないです ホントに。

<ここに雪国ならではの
珍しい蔵があるそうです>

あっ おはようございます。

(山中さん) おはようございます。
蔵を見せていただけると聞いて…。

(山中さん) どうぞこちらです…。
失礼します。

うわぁ ステキですね。

あらま ここで?

そうです この中でね。

すごい!

きょうだいね。

ホントだ お父さん! ダメじゃん。

(弘子さん) 蔵の中で
結婚式の儀式を行いました。

お2人で。
(弘子さん) ええ そうです。

ビックリしました。

<雪から守るために
家の中に建てられた内蔵は

身内だけが入れるんだって>

<この町で行ってみたかったのが
こちらのお店>

<発酵料理が
名物なんだそうです>

お邪魔します。

こんにちは
すごいステキなお店ですね。

(鈴木さん)ありがとうございます。
すごいステキ。

これはどういうものを
置いているお店なんですか?

自社の…。

<地域に伝わる発酵食や

町の麹屋の手作りみそは
観光客にも人気なんだとか>

こうやって買えるんだ。

<店の奥には…>

うわぁ…!
江戸時代の蔵なんですよ。

かっこいい!
でしょ?

ヤバい たまらないです。

ありがとうございます。

<内蔵がここにも>

江戸時代…。

<こちらは
かつて酒造りの貯蔵庫に使われ

今では
イベント会場にもなるんだって>

こんな所で
江戸を感じられるとは…。

江戸じゃないか 江戸時代か。

へぇ~。

召し上がっていただけますので
どうぞ。

失礼します。
はい どうぞ。

ステキ! ステキ~ ステキ~。

<この地域の家庭に伝わる

麹をたっぷり使った料理>

いただきま~す。

おいしい ヘヘヘ…。

<食事どころを始めた
きっかけは

麹の甘みが広がる
おみそ汁にあったそうです>

ファ~って入って

ガ~って体に染みてくのを
味わったんです。

その時に ハッ!て思った。

食べなかったら
私の体ができるわけない。

元気になるはずないやって
気付いて。

で ここの文化 食べ方とか

それから麹屋の仕事とか
あと健康とか

そういうことを
私が気付いたみたいに

気付いてもらえる場に
なればいいなって思って

始めたんです。

<麹作りを
見せてくれるというので

鈴木さんの実家
麹屋に案内してもらいました>

わぁ! わぁ~!

<大量のお米が
蒸し上がりました>

<湯気いっぱいに甘い香り>

おっ おっ… まいた まいた。

<振りかけているのが麹のもと>

<この地方には
昔ながらの麹屋が

今も多く残っているそうです>

お~! おぉ いってらっしゃい。

それが麹屋さんか。

すごいよ。

<秋田杉の麹箱に
藁の手編みの菰>

<温度と湿度を見守って

麹が育つのを待ちます>

これ?
(鈴木さん) そう。

え~ ふわふわ!

羊の毛布みたい。

かわいい。
そう かわいいですよね。

かわいい。

<この地方の冬の定番>

<麹の郷土料理を
教えてもらいます>

<使わなくなった
なたで作る特別な料理>

何かもっと
こう行くのかと思ってたら

削るようにやるんですね。

そうですよね。
おいしいものを食べるには…。

何か ほら…。

こんな… イカみたい。

へぇ~!

そうです そうです。

よ~いしょ。
頑張れ 頑張れ 頑張れ。

<この切れ味の悪さが
うま味の秘訣なんだって>

<塩漬けした大根に
麹の甘酒を合わせて完成>

<何日か置くと食べ頃です>

(シャキシャキという音)

う~ん!
いい音だね いい音。

元気な音。
おいしい!

うん!

<雪のように麹をまとった
なた漬けは

冬を元気に越すための
秋田の母の味です>

<和田明日香の
冬の秋田でおいしい旅>

<ここは秋田名物
あの いぶりがっこの生産地>

こんにちは~。

こんにちは。
どうも 東谷です。

よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。

<地域で評判の漬物名人に
弟子入りです>

(東谷さん)
「やらせてください」って。

やらせてください。

<まずは収穫されたばかりの
大根の泥を落とします>

そうですよね。

これ 機械もなくて?

<雪や みぞれも降る季節に

外で干せない大根を
いろりで干して生まれたお漬物>

お~! すご~い!

すごい!

こんなふうに干すんですね。

干してるだけでこんなに
水分 抜けて行くんですね。

グニャグニャだ。
グニャグニャです。

これでうま味がギュ~っと
この中に閉じこもってるんですね。

煙の香り… 燻しの香りだしな。

<雪深い山あいの暮らしの
知恵が生んだ いぶりがっこ>

<ここで毎年開催される大会が
その名も…>

<名人たちが出場し
金賞のタルを目指して

味を競い合うんだって>

えっ 取られたことあるんですか?

何年か前に。
すご~い! すごいすごい。

自慢しよう。
自慢… ハッハ。

いぶりんピックの
金メダリストのとこで

教わって来たって。

玄米に麹…。

<蒸した玄米に米麹 塩 砂糖で

漬物の味を調えます>

<この配合にアイデアを加えて

その年の金賞を目指すんだって>

<金メダリストの味
いただきます>

(シャキシャキという音)
うん!

(シャキシャキという音)
どうですか?

(シャキシャキという音)

おいしいです。
あ~ よかったです。

脳天に響いております。
アハハ…。

隣のお母さんです。
隣のお母さん こんにちは。

こんにちは。
スペシャルゲスト。

(東谷さん) 先生なんです
教えてもらってます。

ヒントいただいたり
盗んで来たり ハハハ…!

それはお互いさまでね。
(東谷さん) え~ 盗んだの?

(高橋さん) ハハハ…!
かわいいんですけど。

<磨き合う味
毎年 楽しみですね>

<次は 燻製の器にビックリ>

<和田明日香の
冬の秋田でおいしい旅>

<ここは 県南の湯沢市>

<漆器の名産地として
知られています>

こんにちは。
(佐藤さん) こんにちは。

寿次郎の佐藤史幸です。

<職人の佐藤さん>

<800年の歴史を誇る
川連漆器>

<普段使いの器としても
親しまれています>

<連れて行ってくれたのは
器の原型を作る所>

<今では珍しい作り方を
続けているんだって>

え~!

木質硬化。

木地師の麻生さんです。
よろしくお願いします。

和田と申します。

麻生さん。

失礼します。
(佐藤さん)もう燻した感じの煙…。

燻製の香り。

こんなワイルドな所から

あんなツヤツヤなものが
生まれてるんですね。

(佐藤さん) 狭いから…。
おぉ。

わぁ~! わぁ すごい!

(麻生さん) 普通のお椀で1万個。

急激に乾燥した風を送ると
割れちゃうんですよ。

へぇ~!

ぬくもりを与える。

いいな。

<器作りの
くりぬいた廃材で燻す…>

<およそ1か月間
低温でゆっくり乾燥することで

木のゆがみが減り
丈夫な器になるそうです>

そうですよね 使います。

まだ買ってもないけど ハハハ…!

<漆器作りは全てが分業>

<次は塗師の工房です>

<原材料は自然からの贈り物>

<漆の不純物を丁寧に取り除き

漆を塗り重ねて行きます>

今まで。
(佐藤さん) ありますね。

漆って塗るだけじゃなくて

ちゃんと乾かすまでが
仕事なので…。

飲んでて…。
フフフ…。

あ… って。

30分 15分で

全然違ったりする時あるんで。

<乾燥と塗りを繰り返し

長ければ
半年かけて完成する漆器>

<作り手のぬくもりが伝わる

日常に寄り添う伝統工芸品です>

たくさんの人の手に渡って
いっぱい時間かかって

何回も同じこと繰り返して
やっと私たちの所に届いて…。

<職人仲間といつも集まる
山小屋へ誘ってくれました>

お~! お赤飯!

<漆器のお重箱には
お母さんの手作り料理>

作っていただいたんですね。
(邦子さん)こんな感じで盛って…。

あぁ おいしそう。

こんにゃくも入ってる。

<漆器は使い込むほど磨かれて

色つやの変化を
楽しめるんだって>

うれしいな
一緒に料理できるなんて。

私もですよ。

<私も1品>

何か久しぶりに
料理する気がします。

3日間 秋田にいたから。

<お酒のあてを作るのは大好き>

<三関せりや いぶりがっこで

トロたくを和田風にアレンジ>

<即席つまみ 完成です>

ありがとうございました。
(佐藤さん) どうぞ。

フフ こういうの久しぶりだな。

<川連漆器の職人仲間は

おいしいものには
目がないそうです>

おいしい。

秋田に来て出合った
いぶりがっこと せりと…。

<いぶりがっこと三関せりの
香りと食感を楽しむ料理>

<さぁ 召し上がれ>

無理やり食べさせちゃって…。

(邦子さん) おいしい。
よかった。

マネします。

あぁ おいしい。

<季節を喜ぶ至福の味>

う~ん…。

器が変わるだけで
やっぱり全然違いますよね。

≪ほとんど山のものです≫

≪ゼンマイもワラビも
ここで採れた≫

近くのものを食べるって
すごい いいですよね。

(男性) 最高ですよ アハハ…!

ステキ。

<やっぱり
笑顔が一番のごちそう>

<秋田の皆さん ありがとう>