国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙[デ][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙[デ][字]

「あなたが一番好きなテレビゲームは何ですか?」日本全国のゲームファンにアンケート調査を実施!!禁断のランキングベスト100を大発表!果たして1位に輝くのは!?

◇番組内容
あなたが一番好きな「テレビゲームソフト」は何ですか?
日本国民5万人から寄せられた投票結果をもとに、日本人がもっとも好きな「テレビゲームソフト」を決定!
懐かしのあのゲームから、最新技術を駆使したグラフィックまで…
日本人にもっとも愛される「テレビゲーム」ベスト100を大発表!
◇出演者
MC:爆笑問題(太田光、田中裕二)、ウエンツ瑛士
スペシャルプレゼンター:沢村一樹
◇出演者2
ゲスト≪五十音順≫ 
浅利陽介、有野晋哉(よゐこ)、伊集院光、入江聖奈、大橋和也(なにわ男子)、賀喜遥香(乃木坂46)、田中卓志(アンガールズ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/tvgame_sousenkyo/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ゲーム
  2. 裕二
  3. 太田
  4. ウエンツ
  5. 伊集院
  6. 有野
  7. シリーズ
  8. ランクイン
  9. 卓志
  10. ドラクエ
  11. ファイナルファンタジー
  12. 人気
  13. 世界
  14. 賀喜
  15. キャラクター
  16. ファン
  17. 当時
  18. 本当
  19. ゼルダ
  20. 作品

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,485 (2022/08/12 14:16:42時点 Amazon調べ-詳細)

場内アナウンス:グリース!
場内アナウンス:ギリシャ!

今年、開催された
東京オリンピック開会式。

世界中が見守る中
日本のゲーム音楽に合わせて

各国のアスリートが
登場しました。

今や、世界に誇る
日本のテレビゲーム。

1983年
その原点ともいえるゲーム機

ファミリーコンピュータが
発売されて以降

ハードの進化とともに
数々の名作が誕生しました。

ウエンツ:うーわ!
伊集院:懐かしい。

ウエンツ:ちょっと待って!
有野:うわー!すげえ!うわー!

ウエンツ:もはやね
映画にもなりましたしね。

沢村:手に汗握る大冒険を
繰り広げたり

友達と対戦して
大喧嘩になったり

エンディングに
思わず涙したり。

ゲームの数だけ思い出がある。

今宵、国民5万人がガチ投票
ベスト100が決定!

栄冠に輝くのは
一体、どのゲームなのか?

<更に、神ゲーを作った
伝説のクリエイターたちが

特別に秘話を語ってくれます>

これは、誰もやってないだろう
っていう事を見付けるのが

楽しかった。

人間にとって一番の遊びって

自分じゃない人生を
体験する事だと思うんですよ。

ある意味、飛び込んでいけたから

やれたプロジェクトなのかなと
思ってます。

<さあ
2021年最後の大発表>

<皆さんは、1位に
何が選ばれると思いますか?>

<「#テレビゲーム総選挙」で
どんどんつぶやいてください>

それでは、プレイスタート!

<国民5万人がガチで投票!
『テレビゲーム総選挙』>

<まずは、名作シリーズが
続々ランクインした

70位から見ていこう>

<仲間と協力して
強大なモンスターを狩る

ハンティングアクション>

田中卓志:めちゃくちゃ
よくできてる。

太田:すごいね。
賀喜:すごいな!

有野:おおー!すげえ!

<投票した皆さんが
こぞって言っているのが…>

<ウロコの1枚1枚にまで
こだわった

圧倒的質感がすごい!
それが、こちら>

卓志:うわー!
大橋:すげえな、これ。

有野:フィギュア
欲しくなるもんね。

卓志:この映像のまま
戦えるからね。

伊集院:本当だよ。昔なら、もう
ムービーだもんね。

ムービーでも
こんなになかった。

<発売当初から比べてみると
映像の進化がすごいです!>

太田:あそこまで
いくんだもんね。

伊集院:初代だって
すごかったんだけどね。

<圧巻の質感で
ファンも度肝を抜かれた>

<今から25年前の1996年
現在36歳のウエンツさん世代が

ハマりにハマったというゲームが
ランクイン>

ウエンツ:うわー!
めちゃくちゃやったな!

田中裕二:96年だから
スーファミ。

ウエンツ:これ
スーファミですね。

有野:クッパと一緒に
戦うねんな。

<マリオの軽快なアクションと
人気RPGがコラボした

初のロールプレイングゲーム>

これ、すげえ好きだった。

<マリオといえば
任天堂を代表するキャラクター>

<でも、このゲームは

すごいコラボによって
作られているんです>

<任天堂の『スーパーマリオ』と

『ファイナルファンタジー』
シリーズのスクウェアとの

奇跡のコラボ>

<特に、ファンが一番
テンションが上がったのが

『ファイナルファンタジー』の
BGMが使用された事>

ウエンツ:ああー、そうだ!

そうそう、ここだけ急にね。

<『スーパーマリオRPG』の

隠しボス戦で流れた
この曲は…>

ウエンツ:ピーチね
結構強いのよ。

<『ファイナルファンタジー』の
大人気戦闘BGMが使用され

『ファイナルファンタジー』
ファンが大喜び!>

<更に
『勝利のファンファーレ』も

一緒>

裕二:勝った感じするよね。
賀喜:すごい。

<第67位は、獲物狩りとして
数々の死闘を繰り広げる

『Bloodborne』が
ランクイン>

伊集院:グラフィックが
すげえな。

さあ、始まりました。
という事で、改めて

この番組をね
説明したいと思いますけども。

日本が世界に誇る
テレビゲームなんですけれども

今回は、国民に「あなたが
一番好きなテレビゲームは何?」

というアンケートをですね
取りまして

ランキングを
今日は発表したいと思います。

入江さんは、どうですか?

この中で思い出のあるものとか
あります?

やっぱ『ポケットモンスター』。
『X・Y』の方で。

ミラクル交換ってやつがあって。

初めて、インターネットで
世界中の。

なんか
英語の格好いいポケモンとか

めちゃくちゃレアなポケモンが
たまに飛んできたりして、ずっと

ミラクル交換やってました。
裕二:時代だよね。

さあ、ここでですね
スタジオの皆さんの1位予想

見てみましょう。フリップに
皆さん書いていただきましたね。

賀喜さんが
『あつまれ どうぶつの森』。

これも
すごいブームだったからね。

賀喜:すごかったですね。
私、乃木坂46の中で…。

有野課長もね
やっぱ、ゲームといえば。

『スーパーマリオブラザーズ』の
これ、『3』?

はい。『3』。
卓志:ああ、わかる。

有野:『3』がね、初めて
クツマリオとかタヌキマリオとか

しっぽマリオとか、ちょっと
マリオのレパートリーが

増えたってやつですね。
ウエンツ:スーパーファミコン?

有野:これは
まだファミコンの頃。

ファミコンの頃やけど
3メガっていう

容量が大きいっていう事で
画がキレイ!

裕二:有野課長はすごいからね。
太田:詳しいからね。

僕はですね
『ゼルダの伝説』シリーズの

『ブレス オブ ザ ワイルド』
を選んだんですけど。

『ゼルダ』は
いっぱい出てるんですけどね

『ゼルダ』
ハズレがないんですよ。

下手したら、ある時期…。

<他にも『ファイナル
ファンタジー』シリーズや

『ポケットモンスター』
シリーズからの予想が>

<皆さんの好きなゲームは
何位に入るでしょうか?>

<侍ファンの外国人にも大人気>

<第66位は、ハリウッドでの
映画化も決定している

『Ghost of
Tsushima』>

めちゃめちゃ面白い。

ウエンツ:キレイさが違う。

<皆さんも、歴史の授業で習った
鎌倉時代の元寇がモチーフ>

<モンゴル帝国の侵略から
日本を守る>

<圧倒的な映像美で送る

時代劇
アクションアドベンチャー>

伊集院:海外で作ってるんだ。

船が海を覆っている。

<なんと、ゲームを作ったのは
黒澤映画をはじめ

日本の時代劇が大好きな
アメリカのチーム>

<対馬での現地のロケハンも
綿密に行い

実際の対馬を思わせる地形や
建造物も数多く登場>

ウエンツ:すごい!

伊集院:『Ghost of
Tsushima』…。

有野:みんな
来ようとしたんですよね。

伊集院:いきなり
数百万本、ドカーンと売れて。

更に、太田さんなんかに
やってもらいたいのは

ゲームの内容と関係ないんだけど

黒澤モードっていって
モードを黒澤モードにすると

質感のすごいある
白黒のゲームになる。

太田:おおー!なるほどね!
それ、憎い演出だね。

伊集院:それだけ、作った人が
黒澤明の大ファンで。

太田:でも、外国の人が
それを作ってるっていうのは

うれしいよね、なんかね。

伊集院:うまく
言えないんだけど…。

浅利:そうですね。
伊集院:似てますよね!

浅利:片桐はいりさんとかね。

なので、野性味あふれる
感じなんですけど

でも、すごいのが、どんどん
好きになってきますよね。

彼女の事が
どんどん好きになってくる。

『三国志』や『西遊記』と並ぶ
中国の文学作品

『水滸伝』をモチーフにした
RPG、『幻想水滸伝』。

最大の魅力は、王道ストーリーを
ともに戦う仲間たちの多彩さ。

その数、なんと…。

<26年前の当時
仲間のキャラクターが

10人いる作品ですら
少なかったのに…>

太田:すごいな。

<このゲームの
10年前に発売された

『金・銀』をリメイク>

<10年の時を経て
グラフィックが大幅に向上>

<ちなみに『ポケット
モンスター』シリーズは

1996年発売の『赤・緑』から

25年で全35作品が登場』>

<その累計出荷本数は
3億8000万本以上>

世界累計出荷
ダウンロード販売数が

1億6400万本以上を達成した

あの『ファイナルファンタジー』
シリーズからランクイン。

ウエンツ:映像、すごいな。
有野:うわー!かっこええ。

卓志:そうなんだ。
やってみたいな。

有野:面白いな。

ウエンツ:うわー、この映像!

最先端の映像技術と独特の世界観
豊かなストーリー性で

世界中のファンから
高い評価を得ているRPG

『ファイナルファンタジー』。

<実は、この『FF3』

マヂカルラブリー
野田クリスタルさんが

すごく影響を受けた
ゲームなんだそうです>

野田:クリスタル
ジョブが増えた瞬間が

すごいうれしくて。
そういう思い出が強くて

今、僕の名前が、クリスタルに
なってるんですよね。

ちなみに…。

僕、野田光っていうのが本名で

本当に『FF』から、全てが
取られている状態でございます。

<『ファイナルファンタジー』の
第1作目は、1987年に発売>

<それから30年間で
なんと、87作品が誕生>

<このゲームのすごいところは

これまでのRPGにはなかった
ある画期的な手法にあった>

<それが…>

<これまでのゲームって
こんな感じで

敵と対面して戦うのが
多かったらしいのですが…>

<『ファイナルファンタジー』は
よりストーリーを際立てようと

全体を
横から俯瞰で見る事ができる

サイドビューを導入したんです>

賀喜:そうなんだ。
伊集院:これからか。

<練り込まれた戦闘システムに
当時のゲームファンは驚き

『ファイナルファンタジー』は
世界から注目を浴びるように>

第62位は、1980年代に

アーケードゲームとしても
人気を博した

あの名作ゲームが
ランクインです。

太田:『ゼビウス』。
裕二:『ゼビウス』だ。

裕二:『ゼビウス』は
面白かったよな。

太田:すごいよね
グラフィックがね。

卓志:すごいですね。
太田:ねえ。

伊集院:すごいんだよ。
ウエンツ:ねえ。

<1983年に

アーケードゲームとして
発売されると、爆発的人気作に>

<対空中の敵と
対地上の敵を撃ち分けるなど

当時としては真新しい形の
シューティングゲーム>

この『ゼビウス』、縦スクロール
シューティングゲームの

元祖と呼ばれる、名作。

実は、ある事を
ゲームに取り入れて

話題になったんです。

<その、ある事とは
一体なんなのか?>

<バンダイナムコ
エンターテインメントの

宇出津さんが、実際にプレイして
教えてくれました>

ウエンツ:何?何?何?

有野:わかんない?

<この何もない水辺に注目です>

伊集院:わかった!
有野:あれだ。

ウエンツ:何?何?何?

<水辺に弾を撃ち込んだら
フラッグが出現しました>

今となっては、ものすごく
地味だと思うんですよ。

ただ、この当時は
やっぱり、子どもにとっては

ものすごくキラキラした
ゲームでしたし。

ずっとループしてるのに
「20時間続けてやると

エンディングが出る」って
噂が出て。

それで、一番
クラスのうまいヤツにやらせて

横で、みんな、サンドイッチとか
持って待機して。

ずっと、それを補充しながら
やらせるんだけど

終わりなんかないのよ
あのゲームに。

伊集院:きたよ!最初のやつ?
大橋:うわっ!懐かしい。

<ルールは、至ってシンプル>

<対戦相手に攻撃して
ダメージを蓄積し

相手を場外にふっとばす!>

<複雑なボタン入力なしで楽しめ

更に、2人対戦が一般的だった
格闘ゲームで

4人同時プレイができるという
楽しさから

全世界で、555万本を販売した
大ヒット作品>

<そんな
『スマッシュブラザーズ』で

一番多かった声が
「任天堂キャラたちの大集結」>

<『スーパーマリオ
ブラザーズ』で、おなじみ

マリオやルイージは、もちろん

子どもから大人気、カービィや
『ポケモン』のピカチュウ>

<『ゼルダの伝説』の主人公
リンクや

ドンキーコングなどなど

任天堂が
これまで世に送り出した

大ヒット作品の
人気キャラクターたちを

作品を超えて使用できるという
奇跡のコラボに

当時の子どもたちは大興奮!>

大橋:よくありましたね。
裕二:ゲームの中で外でも

喧嘩なんだ。
大橋:そうですよ。

<『テレビゲーム総選挙』>

<続いて
60位から51位までを発表>

<第59位は全世界を震撼させる
ホラーサバイバルゲーム

『Dead by
Daylight』が

ランクイン>

逃げられた!なんで?

卓志:釣りするよね。

<第58位は、2001年発売

『どうぶつの森』シリーズ
記念すべき1作目

『どうぶつの森』>

<およそ20年前

この作品から始まった
『どうぶつの森』シリーズは

今、大人気の『あつ森』まで
全7作品>

<そんな全ての始まり
『どうぶつの森』>

<当時、ファンを
魅了したのが…>

『どうぶつの森』には

エンディングがないんです。

<どうぶつたちが暮らす村に
プレイヤーが移住する

このゲーム>

<特に定められた
ゴールがあるわけではなく

住民たちは
この世界で自由に生活する>

<自分でやめなければ
ずっと遊べるゲームなんです>

<優しい世界観が疲れた現代人の
癒やしになったのかも>

<任天堂の人気キャラクター
ドンキーコングが

バナナ泥棒団の
クレムリンたちに挑む

横スクロールアクションゲーム>

<実は『ドンキーコング』
シリーズの歴史は古く

その生まれは、1981年に
稼働したアーケードゲーム

『ドンキーコング』>

更に、任天堂の看板キャラ
マリオが初めて登場したのも

この初代『ドンキーコング』で

当時は、まだ
マリオという名前はなく

開発者の間では、ジャンプマンと
呼ばれていたんです。

<そんな歴史あるシリーズの

スーパーファミコン版ソフト
として発売された

こちらの作品>

<注目すべきは

スーパーファミコンの
ゲームとしては

最高峰の美しさを誇る
グラフィック>

<「当時、このソフトの
鮮やかさだけ

群を抜いていた!」などの意見も
多く寄せられました。

♬~ (杉咲) 東京海上日動って?

(岸井)損害保険の会社です 損害保険?

世の中にはリスクがたくさんありますよね

でもリスクばかり気にしていたら
不安で何も挑戦できない

その不安を安心に変えていくのが

損害保険!

東京海上日動は 変化し続ける

世の中のリスクと向き合い

いち早く 新しい保険やサービスを通じて

人や社会が前に進むことを

助けたいんです! 立った

それが 東京海上日動

大橋:そうなんや。

太田:怖い。
卓志:格好いい。

<Wii初の
『スーパーマリオ』シリーズで

リモコンとヌンチャクを使って
自在にマリオを操作>

<今までにない
新感覚の3Dマリオが

話題になったんだけど

マリオといえば、やはり
この方にお話を伺いましょう>

こんばんは。
任天堂の宮本茂です。

<マリオの生みの親
宮本茂さん>

ところが、3Dマリオになると
少し様子が違って。

どこが発展していくかというと
やっぱり、マリオが、そこで

いろんなアクションができる
っていうところが

どんどん進化している。

アニメーションの種類が、多分
100倍ぐらい多いんですね

プラットホームゲームに対して。

<更に、こんな意見も>

<なんと、50人編成での
大オーケストラで録音>

裕二:これ、28曲やったの?
すごくない?

<妖怪が見える不思議な時計
妖怪ウォッチを使い

さまざまな事件を解決していく
ロールプレイングゲーム>

<3DSならではの
タッチペンを使って

友達にしていく>

<アニメも大ブームを起こした
『妖怪ウォッチ』ですが

その魅力を…>

はーい!私めはウィスパー。

<メインの妖怪の1人
ウィスパーの声を担当する

この人に語ってもらいました>

という事で
関智一でございます。

<『妖怪ウォッチ』他
人気アニメの常連声優、関智一>

妖怪を友達にしていく
ゲームなんですけど。

妖怪の数、妖怪を集めていく数が
400以上あるんですよ。

400以上あるっていう事は
本当、なんていうんですか。

第54位。
ここで、ついに日本が世界に誇る

ロールプレイングゲームが
ランクインです。

この曲を聴いたら
誰もが勇者になりたくなるはず。

<そのゲームとは…>

<そう、『ドラゴンクエスト』>

ウエンツ:うわあ、懐かしい。

<シリーズ出荷本数
全世界で8300万本超えという

『ドラクエ』から
ランクインしたのが…>

卓志:『8』?
大橋:『8』です。

ウエンツ:『8』だ。

裕二:うわー、音キレイ。

ウエンツ:これ、やったわ。
有野:馬車だ。

<投票してくれた人の声で
一番多かったのは

当時は革新的だった
この美しいグラフィック>

<今でも人気の高い
『ドラクエ8』だけど

なんと、今回
『ドラクエ』の生みの親

堀井さんに、お話を伺いました>

本当、ありがたいですよ。

<それまでの
『ドラクエ』といえば

平面で描かれた、2Dと呼ばれる
画面だったんですが…>

堀井さん:違っちゃった
みたいな。でも、出してみると

やっぱり、『ドラクエ』だって
言ってくれて

それが
すごいうれしかったですね。

<第53位は
主人公ルークが

自分の生まれた意味を知るために
戦い続けるRPG

『テイルズ オブ
ジ アビス』がランクイン>

<1986年発売
『ゼルダの伝説』>

大橋:すごいな。

<現在までに
多数のタイトルが発売されている

『ゼルダの伝説』シリーズ。
その初代がランクイン>

<それでは
初代『ゼルダの伝説』が生んだ

伝説をご紹介します>

<武器や道具を見付けて
パワーアップしていく

いわゆる、RPGの要素と
アクションが合体した

アクションRPGの
草分け的ゲーム>

僕、『ゼルダの伝説』が
ずっと好きで

やっぱり
今のシリーズと共通してるのは

なんかね
お節介なヒントは出ない。

だけど、この墓場の十字架が

なんで、1個だけ
違うとこにあるんだろう?とか

そういう事に気付くと
解けるようになってて。

<しかし、このゲームで
RPGに初めて触れる人も多く

迷子になる人が続出>

<日本中からの悲鳴を受け

電話をかければ
ヒントを教えてくれる

テレホンサービスが開設された>

伊集院:インターネットが
ないからね。

初代『ゼルダの伝説』は
ファミコンのソフトなんですが

このディスクシステムと
同時発売の

ソフト第1号だったんです。

カセットも懐かしいですが

このディスクカードも
本当に懐かしいですよね。

<このカードを入れる事で
ゲームが遊べる

ディスクシステム>

<その最大の特徴は

別のゲームへ
書き換えができるところ>

<しかも、お値段
1回の書き換えで500円>

<手軽に
最新作を楽しむ事ができました>

<うらやましいです>

<第51位は

ハードをファミコンから
スーパーファミコンに移した…>

<63位の『FF3』に続き

シリーズ2つ目の
ランクインです>

<これまでと比べ
キャラクター性が際立った

個性豊かなキャラクター群に

恋愛要素や、信頼と裏切り

涙なしには語れない
感動のシーンなど

ドラマチックなストーリー展開に
当時のファンは夢中に>

<そして、更に印象深かったのが
音楽要素>

<まずは
こちらのシーンで使われている

BGMをお聴きください>

<この曲は
ヒロイン、ローザのテーマ曲

『愛のテーマ』なんですが

なんと、「高学年の
少々大人びたメンタリティーに

フィットする曲想だ」
という理由から

小学6年生の音楽の教科書に
掲載されるようになったんです>

太田:すごいね。
賀喜:やった。

<今では
オーケストラの国際ツアーまで

行われるようになった
『FF4』が第51位でした>

<というわけで
60位から51位は

ご覧のとおりでした>

<さあ、残すはベスト50>

<スタジオの皆さんの
1位予想は?>

裕二:入江さんは?
入江:『ドラクエ2』の方に。

太田:『2』?渋いね。
入江:はい。

『ドラクエ』っていう。

『2』っていうのは、ちょっと
勘の方で書いたんですけども。

でも、『ドラクエ』が
くるだろうなっていう。

<爆笑問題の太田さんは

『タクティクスオウガ』って
ゲームが忘れられないそうです>

太田:『タクティクスオウガ』
っていうね。

伊集院:面白かった。
太田:シミュレーションかな?

伊集院:シミュレーション
RPG。

太田:シミュレーションRPG
なんですよ。

伊集院:1位になるかどうかは
難しい。マニアックだから。

でも、ゲーム自体は
めちゃくちゃ面白い!名作。

裕二:なにわ男子、大橋君。
大橋:はい。僕は

『ポケットモンスター 赤・緑』
なんですけど。

やっぱり、一番最初に出たのが
これなんですよ。

僕も、これ持ってて。

ゲームボーイ時代に
持ってたんですけど。

お兄ちゃんの借りたりしてて

一番印象深いのは
これでしたね。

太田:夢中でやってたんだ?
大橋:はい、やってました。

<『テレビゲーム総選挙』>

<続いて
50位から41位までを発表>

<これで4作目>

<『ポケットモンスター』
シリーズから選ばれたのは…>

<このシリーズから
新しいポケモンが

一気に
135種類も増えたんだって!>

<今でも
『ポケモン』ファンからの

人気が高いレックウザや

サーナイト

メタグロスなどのポケモンが
登場したのも

このシリーズから>

49位は
20代、30代女性から

絶大な人気を集めた
名作がランクイン。

人気キャラクターによる
奇跡のコラボで

ゲーム業界に衝撃が走りました。

<ディズニーと
『ファイナルファンタジー』の

スクウェア・エニックスによって
生まれた、アクションRPG>

<主人公のソラは、ディズニーの
キャラクターと一緒に

『ふしぎの国のアリス』や
『ピノキオ』など

ディズニー映画が題材となった
ワールドを冒険>

太田:夢のようだな、確かに。

<更に
ディズニーのキャラクターが

『ファイナルファンタジー』の
主人公たちと戦う

貴重なシーンも>

有野:格好いい。

<発売された年に

ゲームのコンテストで
優秀賞を受賞>

<そして
当時話題になったのが…>

<主題歌を宇多田ヒカルが担当>

♪~「どんな時だって
ずっと2人で」

♪~「どんな時だって」

<当時、トップアーティストが
ゲームの主題歌を歌うのは

異例だったそうです>

<最新作では
『トイ・ストーリー』や

『モンスターズ・インク』

『アナと雪の女王』などの
ワールドが楽しめるように>

伊集院:映画化してほしい。

浅利:うわ、面白そう。

<シンプルな操作で

アクションが苦手な人でも
遊びやすいのがポイント>

<主人公の2Bが
日本刀を片手に戦う様に

ファンはグッときた>

<流れるような動きや
火花の表現など

プレイしていて超気持ちいい>

伊集院:年齢重ねてくると

アクションが
すげえ苦手になってくるから

もう、アクション
きつくなってくるのよ。だけど

『NieR』は、アクションも
そこまできつくないうえに

ストーリーが
どう進むんだろう?みたいな。

めちゃめちゃいい話で。
もう映画にしてほしいぐらい。

<こちらは
エオルゼアという世界を舞台に

ネットを通じ
知り合った仲間たちと冒険をする

オンラインゲーム>

<物語を1人で楽しむだけでなく
このゲームは

世界中のプレイヤーと
力を合わせて

強大な敵に挑むんです>

<バトル以外にも
みんなで一緒に釣りをしたり

集合写真を撮ったり

キャラクター同士で
セレモニーを開いたり

とにかく、コミュニケーションを
取るためのシステムが

豊富なんです>

裕二:『ドラクエ』の何?これ。
太田:『1』じゃない?

裕二:『1』?『2』!
入江さんの『2』。

<勇者が世界を救う
これぞ『ドラクエ』という

RPGの
王道ストーリーに加え

のちの『ドラクエ』作品に
受け継がれる

船に乗っての大陸移動や

旅の扉での
ワープなどの新機能が追加>

1位ではなかったんですけど

でも、やっぱ
5万人の総選挙の中で

礎を築いた『2』が
46位っていうのは

やっぱ『ドラクエ』人気の高さを
物語ってるのかなと思います。

<そんな『ドラクエ2』好きで
一番多かった声が…>

『2』になったら
急に仲間が増えたから

すごく感動した部分ですね。

<実は前作
『ドラゴンクエスト』では

主人公は1人>

<そして、1回の戦闘で出てくる
敵も1体のみだったのだが

『ドラクエ2』では
登場人物が3人に増え

パーティを組んで
冒険できるように>

<更に、敵も
複数で出現するようになり

戦闘の戦術性もアップ>

<そして
忘れてはいけないのが!>

<実は『ドラクエ1』と
『2』ではセーブ機能がなく

復活の呪文というものをメモし

入力すると続きからできるという
システムだったんです>

あれ、絶対間違うんだよな。
もう、しかもさ

徹夜明けでメモるからさ
もう、絶対、何度やって

何度もいってるんだけど
ダメなんだよな。

なんか、兄貴がメモして
俺が読む役だったの。

「ざ」「ず」「ぞ」っつってて

次の日、合わなかったら
「お前が滑舌悪いからだ」って。

「いやいや
俺、言ったもん!」。

メモが悪いんだとか
互いに疑心暗鬼になっていく。

確か、友達と
やってたんですけど…。

賀喜:本当だ、長い。

卓志:違う!
太田:違うじゃねえかよ。

第45位は
任天堂の人気シリーズ

『カービィ』から
ランクインです。

<選ばれたのは…>

<2011年発売
『カービィ』シリーズ21作目

『星のカービィ Wii』>

卓志:人気あるんだな。
太田:人気あるんだね。

<さまざまな
コピー能力を使って進む

横スクロールアクションゲームで
人気の『星のカービィ』>

<この
『星のカービィ Wii』では

コントローラーを振って
行う事ができる

がんばりすいこみなど

今までの『カービィ』にはない
動きも満載>

沢村:「星のカービィ!」という
CMがあったように

誰でも描きやすく
親しみやすいカービィ。

なんと、来年で30周年を迎える
任天堂の人気キャラクターです。

30年前のカービィは
一体、どんなものだったのか?

ちょっと
その歴史を見ていきましょう。

<初代『カービィ』は
1992年

ゲームボーイで発売された
『星のカービィ』>

伊集院:よくできてるな、でも。

<そして、ラスボス
デデデ大王は

その後も
ほぼ全てのシリーズで登場する

大人気キャラになったんです>

伊集院:最初からいるんだ。

<ランクインした
『カービィ Wii』では

そんなデデデ大王など、敵だった
おなじみのキャラたちが

なんと、仲間になって
一緒に冒険できるんです>

賀喜:知らなかった。
入江:何?それ。

有野:楽しい!
うわー!楽しい!

太田:おおー
そんな感じなんだ。

伊集院:ええー!
すごい頑張りましたけど?

裕二:「なるほどね」は
ないでしょ。

<今作は
シリーズ本編10作品目にして

『ドラクエ』史上初の
オンラインゲームとして登場>

<インターネットを通じて

友達と一緒に
冒険やバトルも可能に>

<これまでになかった

オンラインゲームならではの
世界観に、ファンは大興奮>

<更に…>

<ゲーム序盤、プレーヤーは
自身の分身となる主人公の姿を

5つの種族から選択>

<そして、好みに合わせ

髪形や体形
顔や輪郭にいたるまで

自由自在にアレンジができるのも
人気の秘密>

<という事で
スタジオの、あの方が

『ドラクエ』の世界へ>

裕二:俺なの?
卓志:めっちゃ緑。

<ストーリーも続々追加され
現在は第6弾まで発売中>

<『ドラゴンクエスト10
オンライン』が

第44位でした>

嵯峨さん:断崖絶壁ですとか
巨大な建築物とか

すごい見応えのある
ロケーションがたくさんあって。

一番の人気の理由は
やっぱり、生きた広い世界が

そこにあるっていうところに
あると思いますね。

<アニメ化や映画化もされた
大人気RPGのシリーズ5作目>

<とにかくオシャレ!>

<ゲーム内の
あらゆるデザインに注目>

<戦闘中に飛び出てくる
コマンドや

アイテムの購入画面など

隅々まで
ハイクオリティーなデザイン>

<更に、戦闘を盛り上げる
BGMはボーカル入り>

♪~「You’ll never
see it coming」

<実は、音楽ライブをやるほど
BGMも人気なんです>

<ストーリーやゲームデザインが
世界中で評価され

アメリカの「The Game
Awards」では

年間ベストRPG賞を受賞>

41位は、40代50代男女から
人気を集めた

定番パーティーゲームが
ランクイン。

<1988年
第1作が発売されてから

今もなお人気を誇る
国民的ゲーム>

<プレーヤーが
鉄道会社の社長となり

サイコロを振って日本全国を回る
すごろくゲーム>

<その道中で、ご当地ならではの
物件や名所を買って

日本一のお金持ちを目指す>

ウエンツ:全然買えないのを
見てる。

伊集院:やばい。
ウエンツ:おい!

3年目で
60億のマイナスきついよ。

全然、金ないし。

裕二:太田社長
一人勝ちじゃねえかよ、これ。

<道中に登場する
キャラクターによって

お金が減ったり
増えたりする事も>

ウエンツ:銀次は
黄色マス止まるとね。

太田:あれで、でも、本当さ

土地の情報とか
本当、覚えたよね。

太田:そうなるんだよ。
俺も、そうだったもん。

大橋:あと、家族ですると…。

裕二:前ね、それこそ
こいつんちで、みんなで。

太田:若手の頃な。
有野:100年って

何時間ぐらいかかるんですか?
太田:3日間。

<そして、『桃鉄』名物
ゲームの運命を左右するのが…>

裕二:出た!出たぞ!
ウエンツ:でかい!

でかい、でかい、でかい!
止まれ、止まれ、止まれ!

<とりつかれてしまうと
あの手この手で悪さを行い

せっかくためた資金が
どんどん使われ

トップから
最下位転落といった事態も>

沢村:対戦してたんですけど
そいつがあまりにも強いんで。

<『桃鉄』は
今年の日本ゲーム大賞で

優秀賞
ベストセールス賞を受賞>

<一度始めると、止まらない人
続出のゲームですよね>

太田:これは、文句なしだ。
ウエンツ:確かにな。

裕二:さあ、41位まで
きましたけど。

では、皆さんの1位予想を
ちょっと、もう1回。

まだ、皆さん出てないですね。
ウエンツ:出てないですよ。

裕二:これが、このあと
あと40個ありますからね。

今ね『ファイナル
ファンタジー』でいえば…。

ウエンツ:『ファイナル
ファンタジー7』のクラウドとか

人気があるのは
間違いないんですよね。

裕二:そうだね。さあ
『ポケットモンスター』も

出るたんびに出ちゃうかなって
思ったけど。

めちゃくちゃ
ドキドキしてるんですけど

まだね
『赤』と『緑』は出てないので

ちょっと期待したいと思います。

裕二:さあ、この辺が
入っているんでしょうか?

それでは
40位からご覧ください。

有野:格好ええ。
大橋:インパクトある。

<主人公フェイと少女エリィが

人類や惑星消滅の危機に
立ち向かう

SFロールプレイングゲーム>

<このゲーム
あまりの難しさから付いた異名が

通称「死にゲー」>

<どれだけ難しいかというと…>

有野:鎧だ。
賀喜:おお、おお!

太田:ああ、死んだ。死んだ。

卓志:死んで覚えるしか
ないの。

有野:ライフゲージないねや。

<一瞬も気を抜けない緊張感>

ウエンツ:いやいや、いやいや!
賀喜:すごい。

<クリアした時の圧倒的な
達成感が病み付きになるゲーム>

38位は、あの定番
パズルゲームがランクイン。

見た目の可愛さと
連鎖が決まった時の爽快感が

癖になる人も
多かったんじゃないでしょうか?

<落ちてくる同じ色のぷよを

4つ以上つなげて消す
パズルゲーム>

伊集院:めちゃめちゃ
うまい人いるよね、これ。

太田:連鎖ね。

今でもやったりするんですけど

キャラクターが選べて
全部、キャラデザが神すぎて

可愛いんですよ、本当に。
裕二:キャラデザが神すぎて。

キャラクターデザインが
神っててみたいな。

賀喜:神がかってポップで
めちゃめちゃ可愛くて好きです。

<中でも
多くのファンが選んだ理由が

連鎖の爽快感>

<連鎖というのは
1組消すと、ぷよがつながって

どんどん消えていくという技>

浅利:気持ちいい!

<この連鎖が多く決まるほど

相手に、お邪魔ぷよを
与える事ができる>

<連鎖は
最大19回まで可能なのですが

プロの間でも、通常プレーでは
不可能といわれるほどの難しさ>

<今回は、特別に
そのすご技を披露>

<まばたき禁止です>

ウエンツ:積んでますね。
有野:うわっ、ギリギリやで。

伊集院:終わりじゃん。
太田:ああー!

おおー、きた!
伊集院:はい。で?

有野:4個ずつ。
大橋:えっ、すげえ!

伊集院:いくつ降ってくるの?
これ、お邪魔ぷよ。

有野:すげえ!4個ずつ。
大橋:気持ちいい!

伊集院:狙ってるの?すげえな。
裕二:何?これ。

どういう事よ?
太田:すごい!

落ちゲーは
結構あったもんね、いろいろね。

『テトリス』とか
まだ出てきてないですけどね。

伊集院:『テトリス』入ってる?
太田:あれが草分けだもんな。

ウエンツ:『9』?

<票を集めたのは

「絵本のような
ぬくもりのあるグラフィック」

「ファンタジーを追求した
世界観」>

賀喜:可愛い。

伊集院:こんなのもあるんだ。

<デフォルメされた
キャラクターの織り成す

まるで映画のような
美しいムービーシーン>

賀喜:可愛い。

<プレーヤーを飽きさせない

豊富なミニゲームも
人気を集めた作品>

<更に『ファイナル
ファンタジー』シリーズでは

おなじみの

召喚獣も、めちゃめちゃ
格好良く進化したんです>

<それぞれの
個性的な技を繰り出し

大迫力のグラフィックで
敵をやっつけます>

第36位は、またまた…。

<当時プレーしていた方が
驚いたのは…>

やっぱり色が付いたっていう事が

すごい、当時からしたら
進化したのかなと思ってます。

<そう
『ポケットモンスター』史上初

カラーになったゲーム>

更に、カラーになって
ファンを喜ばせた

もう1つの事が。それは…。

<なかなか出会う事ができない
色違いポケモンの発見>

<遭遇した人は、みんな
絶対に捕まえてやるって

ドキドキ感が
たまらなかったそうなんです>

浅利:連打したな。
大橋:しましたね、めっちゃ。

<43位にランクインした

『ゼノブレイド』の続編が
ランクイン>

<続いて、34位と33位は

『FF』シリーズが
連続ランクイン>

<中でも、33位の『6』は…>

<1994年発売

スーパーファミコンの性能を
限界まで使った

美しいドット絵>

<電子音で歌声を表現するなど

もはや
芸術との呼び声が高い名作>

<そして、もう1つ

忘れられない悪役>

<裏切りや殺戮を繰り返す

『FF6』最凶最悪の敵
ケフカ>

<まだ、ボイス収録など
行われていなかった当時

ケフカの悪役ぶりを
引き立てたのが、この笑い声>

<電子音で
憎たらしさを見事に表現>

<ちなみに
その後のシリーズでは…>

<ベテラン声優
千葉繁さんが声を担当し

強烈なケフカのキャラを演出>

<『ファイナルファンタジー』
ファンにとっては

忘れられないキャラなんです>

第32位は、ついに

日本を代表する
あのホラーゲームがランクイン。

<今回、特別に
『バイオハザード』ファンの

仲間由紀恵さんにも
魅力を語ってもらいました>

やっぱり、音が怖い。

無音が怖いっていうか。

<洋館を舞台に次々と襲い掛かる
クリーチャーと戦いながら

謎解きや、アイテムを駆使して
脱出を目指す

サバイバルホラーゲーム>

<これまでになかった
リアルな恐怖が話題を呼び

100万本以上の
大ヒットを記録>

卓志:めっちゃ怖かった。

すっごく怖いんですけど

でも、怖いんだけど
先が見てみたいというか。

しかし、1996年の発売当時
ゲーム業界では

「ホラーゲームはヒットしない」
といわれていた時代。

それを覆したのは
大胆な演出の数々でした。

<その秘密を、開発者の2人が
答えてくれました>

<ヒットの演出その1>

ウエンツ:そう。
あの切り替わる瞬間がね。

<この場面ごとにカットが変わる
映画的なカメラワーク>

そうですね
やっぱり、人間は見えない

敵の姿が見えないっていう状況が
一番怖いので。

映画的なアングルに
する事によって

結構、死角とかが
生まれやすくなって。

廊下の曲がり角とか
自分の、見えない後ろ側とか

そういう所が死角になる事で
一層、ホラーが増すというか。

<そして、もう1つ
ヒットを生んだ演出が、こちら>

ウエンツ:これね。これ、ドア。
太田:怖かった。

卓志:怖いんだよ、ドアが。
有野:おらんかった。

<あれ?
ただドアを開けただけ?>

安保さん:あれ、実は
部屋を移動する間の

データの読み替え時間って
ロードしてる時間なんですね。

<そう、実はこれ、ゲームの
ロード時間だったんです>

最初、作った時には
その間、完全に暗転して

真っ暗な画面で
次の部屋に移動してたんですね。

ドアを、近付いてくるって
あの演出を入れる事で

緊張感を
できるだけ途切れさせずに

継続させるっていうのを
狙って作った演出なんですね。

<ただ怖いだけじゃない

緻密に計算された演出が
大ヒットを生み出したのです>

<最新作では
これまでの緻密な演出に加え

キャラクター目線の演出も追加>

<映像のクオリティーの高さも
必見>

太田:すごいな、これ。
伊集院:怖いよ。

ゲームなのに、1人でやってても

終わったあと、やっぱり
1人の部屋は怖いですもんね。

あれ?大丈夫?大丈夫かな?
っていう感じの。

多分、声、出ちゃってたと
思います。はい。

<第31位は、26年前に
発売されたにもかかわらず

今なお、熱狂的なファンが多い
こちらの作品>

裕二:俺、やってたわ、じゃあ。

卓志:入ってるって
すごいですね。

<というわけで
40位から31位は

ご覧のようになりました>

どんどん死んじゃって。

あれ、田中さん
読んでくれたじゃないですか。

「YOU DEAD」って
言ってたんですけど

あれ、「YOU DIED」って
書いてありましたから。

ちょっとそれだけ
ごめんなさい。

「DEAD」は形容詞だから
それ言うなら

「YOU ARE DEAD」。
裕二:ちょっとロンドンに

行ったからって
なんだ、お前は。なんなんだよ。

ウエンツ:子どもも見てます。
子どもも見てるから。

動詞を入れないといけない。
どっちにします?

有野:『バイオハザード』。
ウエンツ:『バイオハザード』。

裕二:ベスト30の発表です。
いきましょう。

<さあ、残すはベスト30ですが

ここで
ちょっとだけ整理しましょう>

<まず
ウエンツさんの1位予想は

ファンの間でも名作と呼ばれる
RPG

『ファイナルファンタジー7』>

<そして、有野さんは

『スーパーマリオブラザーズ
3』>

<夢中になってプレーした人も
多いはず>

<一方、伊集院さんは

『ゼルダの伝説
ブレス オブ ザ ワイルド』>

<更に更に
『あつ森』に『ポケモン』と

一体、何が
ランクインするのでしょうか?>

<『テレビゲーム総選挙』>

<いよいよ
ベスト30の発表です>

<3人チーム20組の
合計60人の中で

最後の生き残りを懸けて戦う
バトルロイヤルゲーム>

<ゲーム配信までしているという

速水もこみちさんが語る
魅力とは?>

チームとなって戦っていく
っていう事ですかね。

だから、オンライン対戦で
できるっていう事なので。

それが、仲間が友達だったり
友達でなかったり

知らない人と一緒に楽しみながら
プレーできるっていうところも

魅力の1つでもあると思うし。

<若者に大人気の、このゲーム。
更に驚くべき秘密が>

あのクオリティーで

無料で、あのゲームができる
っていうのが。

<そう。なんと
基本、プレーは無料なんです>

<始めるハードルが低く

なおかつ、さまざまなゲーム機で
プレー可能なため

若者の間で爆発的ヒットに>

<そして、更に『Apex』の
人気を押し上げたのは

昨今、注目を集めている
ゲーム配信者の存在>

配信者によっては
手元を映したりしてくれるので

こういうところで、こういう
動きをしてるんだっていうのが

すごいわかりやすくて
僕は勉強に。

速水:もう、レベル違いすぎて
自分が悲しくなってくる。

だけど、やっぱり
そのうまい人たち見てると

自分も、こういうプレー
できたらいいなっていう

強い憧れを持つんで。

ウエンツ:『大神』。
伊集院:和なんだよね。

太田:すごいね
グラフィックがね。

浅利:これ、面白かったな。

有野:これ、和っぽい。
筆っぽいね。

<ゲームの進め方も独創的>

<壊れた橋に
筆で模様を描くと…>

<枯れた木を丸で囲むと…>

太田:すごい!
裕二:何?これ。

<満開の桜が出現>

有野:謎解きだ。
賀喜:すごい。

裕二:キレイだね。
卓志:いやあ、いい!

<和の美しさを感じる
独特の世界観>

<『大乱闘
スマッシュブラザーズ』の

人気ファイター、ネスとしても
おなじみの主人公が

地球侵略をもくろむ
ギーグを倒しにいく

ロールプレイングゲーム>

<199X年の地球が
舞台となっているため

剣で倒すという
これまでのRPGとは違い

武器が、バットや
フライパンという斬新なもの>

<更に、お金は
パパから銀行振り込みなど

現代に寄せた背景が
当時の子どもたちに大ヒット>

そんな『MOTHER2』
発売から27年経ち

なおランクインした魅力は
なんなんでしょうか?

この方に聞いてみました。

よろしくお願いします。
糸井重里です。

普通の少年が、鎧でも兜でもなく
活躍するっていうのが

やっぱり、今の映画を
見てるみたいな

面白さがあったのかなと
思いますよね。

<そんな『MOTHER2』には

プレーヤーを飽きさせない
糸井さんによる

さまざまな仕掛けが
あったんです>

2時間パパっていうのがあって

長くゲームしてると、そろそろ
もう休憩したらどうだ?っていう

電話がかかってくるんですね。

<『MOTHER2』を
プレーして2時間経つと突然…>

<…と、お父さんが
ゲームをやめるように

促してくるんです>

<この仕掛けには
どんな意味があったんですか?>

邪魔が入ったりさ。
だから、ゲームしてる事自体に

邪魔が入るっていうのが
ゲームの中にあったら

面白いじゃないですか。
そういうような事でしょうかね。

<更に『MOTHER2』で
人気の、どせいさんという

変わったフォルムの
キャラクター>

<形だけではなく、その言葉も

かなり読みづらく
独特なものなんですが…>

あれは、娘が
当時書いてた文字をマネして。

これはいいなと思って
自分で「あ」から「ん」まで

娘の字を参考にして書いた。
僕が書いたんですよ。

<『ドラゴンクエスト』
30周年記念作品と銘打たれた

今作は、過去作のオマージュを
随所に取り入れた

まさに
シリーズの集大成ともいえる

王道RPG>

<『ドラゴンクエスト』の
生みの親、堀井さん

こだわったとこ
教えてください>

いろんな
『1』から『10』までの

オマージュも
いっぱい入ってるんですね。

ふっかつのじゅもん
あるんですけど

昔取った、ふっかつのじゅもんも
入れたら

遊べるようにしようと
思ったりもしてて

そういうアイデアも入れました。

画がリアルになってくると
だんだんね

しゃべらないの
不自然になってくるんですよね。

なんかしら、やっぱり
しゃべった方が

キャラクターが立つかなと
思いましたね。

<2019年発売の

Nintendo
Switch版では

キャラクターボイスが追加>

声優さんが、すごく豪華で
良かったなって思いますね。

改めて、よろしく頼むぜ!
勇者さま!

<主人公の相棒
カミュを演じるのは

声優の内山昂輝さん>

ここまで追ってくるとはな!

<歌手としても活躍する
雨宮天さんなど

総勢140名以上の
豪華声優陣が参加>

<そこで、今回は…>

あたしは、ベロニカっていうの。

<主人公の仲間
ベロニカを演じた、この方に

『ドラクエ11』の魅力を
語ってもらった>

私、何が好きだったかな?
カジノが一番好きだった。

とある町に行くと、無限に遊べる
コーナーがあるんですよ。

そこで、私、1週間ぐらい
もう、出る事ができなくて

とにかく、ずっと
スロットとかで遊び続けて。

横道にそれても
遊べる要素が多いっていうのが

『ドラクエ11』
結構、充実してたかなと思うので

いろんな遊び方があったと
思いますね。

<今作では、過去のポケモンが

ストーリーをクリアするまで
出てこない、完全新作>

太田:ピカチュウ出ないの?

<なので
相手のポケモンが何をしてくるか

予想がつかない事に
ドキドキしたそうです>

25位は、落ち物パズルゲームの
原点がランクイン!

皆さんも、一度は、やった事
あるんじゃないでしょうか。

<落ちてくるブロックを
横に並べると消える>

<単純なゲームだけど奥が深い>

太田:これ斬新だったな
やっぱりな。

<実は、この『テトリス』
ロシアの数学者が

ペントミノというパズルを
ゲームにしたもの>

<そのため、オープニング映像も

ロシアの大聖堂を
イメージした建物が>

ウエンツ:知らなかった。

<本場ロシアの方に
聞いてみると…>

<更に、『テトリス』といえば
この曲>

<これ、実は
ロシアの伝統的な民謡>

<発売から30年経った今では

なんと99人が同時対戦できる
『テトリス』も>

入江:99人?
裕二:わけわかんねえよ、これ。

<プロから
化け物と恐れられている

『テトリス』の神に
超高速技を見せていただこう>

<まばたき注意ですよ>

伊集院:動かしてるの?これ。
太田:速い!

有野:倍速じゃなくて?これ。

<開始早々、神の手さばきが>

<対戦相手たちは
まだ数個しか積んでいませんが

『テトリス』の神は

1秒間に4つのブロックを
積み上げていきます>

<なんで、そんなに
速くできるんですか?>

あめみやさん:右上に見えている
このネクストで

もう普通に
全然余裕で見えてたりするので。

ここは、もう全て見たうえで
どこに置くか

あらかじめ決めたうえで
置いてるんで。

<この不自然に空いている
隙間がポイント>

<紫のブロックが
どう入っていくのか

よく見てください>

有野:ダメじゃない?それ。

太田:おおー!すごい!

あめみやさん:こういう
超大技もあります。

伊集院:プロだな、プロ。

大橋:すげえ!
ウエンツ:替えられるんだ。

<たった3分で、98人を撃破>

24位は…。

卓志:きた、ここで。

賀喜:可愛い。
大橋:ピカチュウ。

まさに、ゲーム業界での

『ポケモン』伝説が始まったと
言ってもよい

『ポケモン』シリーズの第1弾。

いいよ!

<友達とポケモンの交換や
対戦ができる事>

僕、ホンマに
思い出深いのがあって。

弟と僕で対戦してたんですけど
弟が僕のモンスターを

ずっと引き抜いてて
自分のモンスターに。

対戦して開けたら、レベル5の
モンスターばっかりやって。

負けて、めっちゃ喧嘩した
思い出はあります。

裕二:結局、喧嘩しちゃうの?
大橋:喧嘩しました。

すぐ喧嘩します、ホンマに。

<アンケートでは

10代女性、10位
20代女性、5位と

若い女性層から
多くの支持を集めました>

<『ファイアーエムブレム』は

1990年から全17作続く
大人気シリーズ>

<マス目状の戦場に

キャラクターを配置して
バトルする

シミュレーションゲームの
戦術性と

RPGのストーリー性を
併せ持つ

シミュレーションRPGという
ジャンルを確立させた

草分け的存在>

秋月:戦略
シミュレーションゲームとしても

とても面白いんですけども
キャラの育成とか交流とか

何よりも恋愛要素が
入ってるところが

女性人気につながってると
思います。

<10代女子、9位
10代男子では5位と

若者から圧倒的な支持を得て
ランクイン>

太田:ペンキのやつだね。
裕二:ペンキのやつ。

<プレイヤーは人形に変身できる
イカのキャラクターを使い

マット上の床や壁にインクを
ブシャーッと、まき散らす>

<「武器で敵を倒す」が
目的ではなく

オンラインでチームを組んで

どちらがインクを多く塗ったかを
競い合う

色塗り陣取り合戦ゲーム>

<その魅力がなんなのか
子どもたちに聞いてきました>

いろんなブキがあって

こうやって
ブーンってやったりとか

こうやって
掃除機みたいにやったりとか!

<水鉄砲や

ローラー>

<他にも

筆やバケツなど

その数、およそ90種類>

<「そのブキで色を塗る」が
目的のため

技術がなくても
勝利に貢献できるという

まさに
シューティングゲームの革命を

『スプラトゥーン』は
起こしたんです>

<という事で
『テレビゲーム総選挙』

30位から21位は
ご覧のとおりでした>

<さあ、残るは
ベスト20の発表だけど

ここで、まだ発表してなかった

100位から71位までを
一気に紹介しちゃいます>

<皆さんの好きなゲームも
ランクインするかな?>

<それでは、スタート>

卓志:『スト2』が91位?
伊集院:『MOTHER』も

95位?
有野:『MOTHER』入った!

<オシャレゲームと名高い
『ペルソナ』シリーズが

3つもランクイン>

<更に、お父さん世代には
たまらない名作

『MOTHER』や
『三國志』も入りました>

だって、俺
『MOTHER』が

一番、多分
好きなゲームかもしれない。

これは感動した。
3日ぐらい徹夜でやって

最後、もう号泣ですよ。
卓志:そうですね。

「エンディングまで
泣くんじゃない」っていうね

キャッチコピーですもんね。
太田:うるせえな、お前。

なんで?
共感してもらえると思って。

<どんどんいきますよ。
続いては、こちら>

太田:『ファイナル
ファンタジー』が、ここに。

伊集院:『モンハン』も
出ちゃったよ!

有野:『ビルダーズ』も入った。

<日本が世界に誇るRPG
『ドラゴンクエスト』シリーズや

『ファイナルファンタジー』
シリーズ

更に『ゼルダ』シリーズなど

メガヒット作品が
続々ランクイン>

僕、『ドラクエ』の『7』。
『ドラクエ7』の

『エデンの戦士たち』
これ、面白かったですね。

なんか『ドラクエ』って
バトルシーンがガガッて

真ん中の画面が
揺れるだけやったのが

魔法が
そんな風に出てたんやって

映像で見れるようになって
これ、すごかったですけどね。

<さあ、71位までは
こんな感じです>

伊集院:『信長の野望』も。
浅利:嘘っ!

ウエンツ:『どうぶつの森』も
出た。

『信長の野望』。

<皆さんの好きなゲームは
何位だったかな?>

♬~
(長澤)頭痛との戦いが続く中「バファリン」は

プレミアムが最終形
かと思われましたが

出たんです
<「バファリンプレミアムDX」>

<鎮痛成分20%増量>

<眠くなる成分無配合>

《いたみは止める わたしを止めない
ピンポン》

♬~
(高畑)わっ
(妹)生理痛がつらくて…

そんな時はルナなのだ!

でも…眠くなったら困る…

<「バファリンルナi」は痛みによく効く>

だけじゃない!
<眠くなる成分無配合>

ぴんぽん

<ここで、速水もこみちさんから
お知らせ>

速水:私の出演する
新春ドラマスペシャル

『緊急取調室』が

2022年1月3日よる9時から
放送します。

過去最大のですね、凶悪事件に
キントリが挑みます。

お正月にお会いしましょう。
速水もこみちでした。

<さあ、残るは
ベスト20の発表>

<スタジオの皆さん
予想してみてください>

『くにおくんの
ドッジボール』は?

ウエンツ:うわー!やりたい!
卓志:面白いっすよね!

あれ、いい!
ウエンツ:あれ面白いですね。

『ポートピア殺人事件』。

裕二:あったけどね。
それは、ものすごい

話題にはなってたけどね。
伊集院:全員知ってるのに

俺らの年代
犯人、全員知ってるんだけど

言うと、いまだに怒られるからね
会社から。絶対言うなって。

有野:言うなよ!ってやつね。

伊集院:あと、若手が全員
生まれる前の話だから、もう。

裕二:皆さん
全然わからないよね、話がね。

太田:懐かしいな、でもな。
裕二:それでは、いよいよ

ベスト20の発表でございます。
ウエンツ:レッツゴー!

<『テレビゲーム総選挙』>

<いよいよ
ベスト20の発表です>

ウエンツ:これ、くるか?
この辺で。

人気ゲームで『テトリス』の
売り上げ記録を抜いた

世界で最も売れたゲームが
ランクイン。

<通称『マイクラ』>

<このゲームの最大の特徴は

地球およそ8個分の広さが
あるともいわれている3D空間に

決まった大きさのブロックを
思うがままに組んでいき

自分好みの
創造性あふれる世界を作れる事>

<年代別ランキングを見てみると

実は10代男性が4位と
若者に大人気なんです>

裕二:子ども、好きで
一時期やってたんだけど。

太田:あれ、どういう?
裕二:自由すぎて

なんでもありだから
やたら掘ってるわけよ。

いろんな、なんか
金を採ったとかなんか

銀がどうとか、なんか
集まっていくんだけど

全然違う時に見ると

ジェットコースターが
あったりするわけ。

そういうのも作れるんだって。
コンビニ作るとか

自分の家を
お城みたいな家を作るとか

いろんな事が
あまりにもできすぎちゃって。

有野:冒険は
冒険であるんですよ。

最後にボスがおってとか。
遺跡あったら

そこでいろんなアイテムを
取れたりとか。

太田:でも、別にそれをやらずに

こっちで
なんか勝手にやっててもいいと。

<実際に
このゲームが好きだという

男の子に話を聞いてみると…>

<『マイクラ』で
生計を立てているという

タツナミさんに聞いてみると…>

タツナミさん:『マイクラ』の
世界には、生物だとか岩石だとか

いろんな要素があるんですが

それ実は、実社会にあるものを
多分に取り入れてるんですよね。

例えば、パンダっていう
キャラクターがいるんですけど

パンダの鳴き声は、実は中国まで
録音班がとりにいって

生の声を撮影して
取り込んだっていうような

本物が実は
その中にあってですね。

もしかして
『マインクラフト』って

学校の教材に使えるんじゃない?
っていう風に気付き始めて。

『マインクラフト』が…。

<『マイクラ』は学校の授業にも
取り入れられつつあり

想像力や問題解決力
コミュニケーション能力など

学習に結び付く、さまざまな
効果が期待されているそうです>

伊集院:あれだ!

<第19位は

「泣けるストーリー」との声が
多数寄せられた

1998年発売
『幻想水滸伝2』>

<なぜ泣けるのかは
ネタバレのため

残念ながら、ここまで>

太田:マジで?
卓志:そうなんだ。

やってた。
キャイ~ンの天野君が

ずーっとやってましたね。
いつ遊びに行っても

ずっと「あと5人足らないんだ」
って言って

ずーっとやってました。

沢村:18位に選ばれたのが…。

<敵地に単独潜入し
任務をこなす

ステルスアクションゲーム>

伊集院:このゲームが出るまで
なかったもんね。

<このゲーム最大の特徴は
アクションゲームなのに…>

<このゲーム性は
日本のみならず

世界中でも
高い評価を受けている>

沢村:今、僕が
どこに隠れてるかわかりますか?

ウエンツ:歩いてきてるの?
卓志:あれは敵だ。

沢村:正解は、ここ。

ウエンツ:えっ!
裕二:当たってるじゃん。

「えっ!」じゃねえよ。
太田:あそこしかないだろ。

第17位は、ゲーム業界に
数々の伝説を残している…。

ハッ!

ハッ!テヤッ!ハッ!
ハッ!テヤッ!

<『ゼルダの伝説』シリーズ初の
3Dマップを採用>

<『ゼルダ』シリーズで
おなじみの

謎解きもパワーアップ>

<3Dマップに挑戦した
理由について

生みの親
任天堂の宮本さんによると…>

できるだけ…。

<3Dゲームが
始まった頃だったから

広い世界の臨場感が
衝撃だったんですよね>

更に、このゲームは

今のゲーム業界の
スタンダードとなる

神システムが登場しました。

これは、誰もやってないだろう
っていう事を

見付けるのが
楽しかったんですね。

<それが、Z注目>

あいつと
この人と戦うっていう時には

ずっと
その人に向かってカメラが

動いてくれるっていうのを
考えました。

<視点の移動が激しい
3Dの世界でも

見たいものを見続ける事ができる
いわゆるロックオン機能>

<それまでの3Dゲームでは

看板や敵などの
正面に回るのが難しかったが

Z注目を使うと
どれだけ激しく動いても

注目したものの方向を
向いてくれるので

当時の3Dゲームによくあった

攻撃を当てにくいという問題が
解消された>

<ロックオン機能は

今もさまざまなゲームに
受け継がれる

神システムとなったんです>

卓志:こんなブニュブニュの
気持ち悪いやつが

俺を食って、うわーっつったら
盾だけ食われてるの。

太田:お前の方が気持ち悪いよ。
卓志:気持ち悪くないわ!

「こんな気持ち悪いヤツ
食うんだ」じゃないんですよ。

<ディズニーと
『ファイナルファンタジー』の

スクウェア・エニックスによって
生まれたRPGシリーズが

更に進化>

<多くのファンが驚いたのが…>

ウエンツ:ああー、これね!

<なんと、あの実写映画

『パイレーツ・オブ・
カリビアン』の世界で

海賊たちと戦えるように>

<更に、ミッキーマウスの
デビュー映画のワールドも>

見慣れないやつらだな、お前ら。
ソラ:とぼけるなよ。

おっ!イテテ!

<そして、来年
『キングダム ハーツ』は

誕生20周年>

<それを記念して、ディズニー
アンバサダーホテルには

期間限定でスペシャルルームが>

<まるで、ゲームの世界に
入り込んだかのような体験が>

裕二:すごいね!

20位から16位まで
きましたけれどもね。

ウエンツ:
『Minecraft』

1個、忘れられないんですけど
大丈夫ですか?言っても。

裕二:何がですか?
ウエンツ:本当に、もう…。

ウエンツ:俺、もう本当
忘れられなくて、それが。

俺、だから、初めて田中さんの

お父さんの一面
見たなと思ったのは

息子さんが『マイクラ』
やってる時なんですよ。

<70位から、ここまでの
ランキングは、ご覧のとおり>

<皆さんの好きなゲームは
入っていましたか?>

<それでは、いよいよ
3万本以上の中から選ばれた

ベスト15の発表です>

裕二:さあ、いよいよ
15位からの発表です。

<50代男性、9位
40代女性、5位と

男女問わず高い支持を受ける
名作RPGがランクイン>

裕二:『4』だ!
『ドラクエ4』!

伊集院:ここできた。
太田:『4』だよ、ほら。

<『ドラクエ1』から
『3』までの

ロト3部作とは異なる
新たな勇者伝説

「天空シリーズ」の
幕開けとなった作品>

<『ドラクエ4』は
第1章、第2章と

章ごとにストーリーが進行し

メインキャラが、そのつど変わる
オムニバス形式なんです>

<という事で
『ドラクエ』全シリーズ制覇した

この人に
当時の思い出を聞いてみました>

一番好きなのは
僕、『4』なんですよね。

<実は、この中に
主人公に勝るとも劣らない

人気キャラが!それが

第3章のメインキャラ
武器屋の商人、トルネコ>

<武器屋というキャラクターの
個性を生かして

トルネコが主人公のゲームも
発売されたほど>

伊集院:すげえ面白い!
ウエンツ:最高だ。

うわー!腐ったパンも
食べちゃうね、おなかすいたら。

<単体作品まで発売されてしまう

個性豊かなキャラクターたちの
魅力が

『ドラクエ4』の人気を
押し上げたんです>

<ファミコンで発売された
最後の『ドラクエ』>

<『ドラゴンクエスト4
導かれし者たち』が

第15位でした>

<10代の男女から
圧倒的人気だった作品が

ランクイン>

ウエンツ:これ一番新しいやつ?
裕二:いや、これ、1個前。

太田:キレイだね。
賀喜:可愛い。

<更に、バトルも超絶進化>

ウエンツ:ダイマックス。

賀喜:でかっ!
ウエンツ:ライチュウ。

卓志:でかっ!
ウエンツ:うわー、痛い!

<ド派手な巨大化で
対戦が激しくなった

『ポケットモンスター
ソード・シールド』が

第14位でした>

第13位は、ファンの中では

史上最高の優しい神ゲーとも
呼ばれ

誰も死なずに
クリアできてしまうという

驚きのRPGがランクイン。

<このゲームの特徴は
誰も倒さなくても

クリアできてしまうところ>

<このように、誰も倒さなくても

プレイヤーの選択次第で
今後のストーリーが変わっていき

ゴールまでたどり着けるという
独特なRPG>

伊集院:最新で
このグラフィック。

<このゲームは
ネタバレが多いので

ここまでの説明で
よくわからないと思っている

そこのあなた!一度やってみたら
その魅力にハマるみたいですよ>

伊集院:ネタバレしたら
つまんないんだよ。

<ちなみに
年代別ランキングを見てみると

若者に大人気!>

男性:音楽の作り込みが
すごい良くて

なんか、結構、格好いい音楽とか
いっぱいある。

<更に『UNDERTALE』の
大ファン

宮下草薙の宮下さんに
話を聞いてみても…>

<そんな音楽が評価され
実は、先ほどランクインした

『ポケットモンスター
ソード・シールド』の楽曲を

提供する事に
なったそうなんです>

よくゲーム実況とかで
見る事が多くて。

なんていうんですかね
昔っぽい画質。

裕二:今の、だから、本当に
ファミコンの初期の時みたいな。

賀喜:新しいもの見てるような
気持ちになって。

太田:逆にね。
逆にそうなんだね。

あの画面で、あれだけ面白いって
言われると本当、気になるね。

裕二:気になるね。
賀喜:そうですね。

<第12位は
『マリオ』シリーズから

またまたランクイン>

<『マリオ』シリーズに
登場するキャラクターが

カートに乗って速さを競う
大人気レーシングゲーム>

フジタ:ショートカットとか
スタートダッシュ

ロケットダッシュとか
あとは、ミニターボとか

いろんな技が
あったと思うんですよね。

<シリーズ化もされ
今なお愛される

『スーパーマリオカート』が
第12位でした>

今のSwitchとかに比べて
スーファミで最初の方やから

すごい難しいですね。
橋は、すぐ落ちるし。

レインボーロードって
エッジがない

ロードがあるんですよ。
太田:あったね!

落ちちゃうやつだよな。
卓志:俺も、何回も練習して

本当に、もう
このラスト1周いったら

俺、金出せるわってなった瞬間
手汗がすごくて

レインボーロード
ズルズルになって

十字キーが指離れて。
太田:ハハハハ…!

卓志:それ以降
もう、1回もいけなくて。

太田:やったよな、2人でな。
裕二:やったっけ?2人で?

やったよ。それで、お前
こんなになりながらさ。

裕二:『F‐ZERO』
『F‐ZERO』。

それは『F‐ZERO』の時代。
太田:あっ、『F‐ZERO』。

やった、やった。
有野:『F‐ZERO』

そんな2人でやってたんですか?
裕二:やってた時期ある。

こうなっちゃうんだ、俺は。
完全に。

第11位は

『ポケットモンスター』
シリーズがすごい!すごすぎる。

<究極の『ポケットモンスター』
と銘打たれ

これまでの『ポケモン』の
集大成として人気が沸騰した

『ダイヤモンド・パール』>

ちょうど、多分、私の
20歳、21歳って

多分、もうドンピシャの世代で。

しかも、ラスボスの
チャンピオンのシロナっていう

チャンピオンが使ってくる
ポケモン

ミカルゲっていうポケモンとか
タイプ、初見じゃわからないし

ガブリアスっていうポケモン
強すぎるしで

なかなか勝てないんですけど
勝てた時の達成感とか。

やっぱ、もう、今でも…。

ありがとうございます。
太田:全部覚えてるんだもんね。

<発売から、わずか4日で
158万本と

ニンテンドーDSソフトとしては

当時最速で
ミリオンセラーを達成>

『ポケットモンスター
ダイヤモンド・パール』。

実は、この作品から
画期的なシステム

通信交換を導入。
より遊びやすくなった事で

『ポケモン』ファンが
一気に拡大。

まさに、『ポケモン』人気を
不動のものとした作品なんです。

<日本ゲーム大賞2007
ベストセールス賞も受賞した

『ポケットモンスター
ダイヤモンド・パール』が

第11位でした>

<というわけで
20位から11位は

ご覧の結果になりました>

<いよいよ、このあとは
ベスト10を大発表!>

<今、子どもに大人気の
あのゲームをはじめ…>

<海外で大人気のバトルゲームも
ランクイン>

<果たして
何が選ばれるのか?>

裕二:さあ、1位予想を皆さん
もう1回

振り返ってみましょうか。
まだ出てない人も

いっぱいいるでしょうね。
卓志:出るかな?

裕二:『大乱闘
スマッシュブラザーズ』とか

『あつまれ どうぶつの森』
とかね。

『スーパーマリオブラザーズ』の
『3』とか。

僕は
『ドラクエ』の『3』ですけど

もう『4』がね、出ちゃってね。
で、伊集院の『ゼルダ』

『ブレス オブ ザ ワイルド』
とか。

ウエンツ:『クロノ・トリガー』
とかね。

絶対、これ、危ないですよね。
『クロノ・トリガー』

俺、1位もあると
本当、思ってるので。

伊集院:作品レベル的には
そうだよね。

裕二:俺は一番ハマってるのは

『ファミスタ’90』
なんだけど。

伊集院:『ファミスタ』も
出てきてないね。

太田:『ダビスタ』とか?
ウエンツ:『パワプロ』も。

『パワプロ』も。
裕二:さあ、それでは

いよいよ、ベスト10からの
発表でございます。

いよいよ、ここから
トップ10の発表です。

<国民5万人がガチで投票!
『テレビゲーム総選挙』>

<果たして
1位になるゲームは?>

『スーパーマリオブラザーズ』の
3作目が選出。

実は、この
『スーパーマリオブラザーズ』

家庭用ゲームの常識を変えた
すごい作品なんです。

<1985年発売の、初代
『スーパーマリオブラザーズ』は

全世界で4000万本以上を
売り上げる大ヒット>

<そのヒットを支えた
理由の1つは、豊富な裏技>

<うまく、ノコノコを
何度も蹴る事ができたら

点数が上がり
マリオの残り人数が増える>

<そして、そんな裏技が満載の
攻略本も大ヒット>

<『スーパーマリオ』が
攻略本ブームの先駆けとなった>

<その魅力がわかったところで
ランクインした

『スーパーマリオブラザーズ3』
のすごさを紹介>

<1つ目は、マリオが飛んだ!>

<スーパーこのはを取ると

しっぽが生えて
飛べるようになりました>

有野:あの「P」ためなアカン。
ダダダダダダダって。

<この作品以降

マリオが飛ぶというアイデアは
受け継がれる事に>

伊集院:気持ちいい、なんか。
裕二:すごい飛んでる。

有野:『64』でも飛んでた。
はねマリオ。

<続いては
クッパに子分が登場し

各ワールドに異なるボスが>

<『スーパーマリオ
ブラザーズ1』と『2』では

ラスボス、クッパを倒すのが
ゴールだったんですが…>

<『スーパー
マリオブラザーズ3』では…>

有野:子クッパじゃないのよね。

太田:名前と姿が違うんだよ
それぞれな。

<これによって
各ワールドに異なるボスが登場し

マリオとの熱いバトルが
より楽しめるようになった>

<その後の
『マリオ』シリーズにも

多大な影響を与えた『スーパー
マリオブラザーズ3』が

第10位でした>

<国民5万人がガチで投票!
『テレビゲーム総選挙』>

第9位は

PlayStation2の
ソフトで

歴代2位の売り上げを誇る
大ヒットタイトル。

ゲームで初めて泣いたという人も
多い、神ゲームです。

<国民的RPG
『ファイナルファンタジー』の

10作目>

<シリーズ初のボイス収録>

<大幅に進化した
グラフィックとバトルシステム>

<次世代のRPGとして
世界中のファンを魅了>

<中でも、特にすごいと
票を集めたのが…>

賀喜:昔、お父さんが
やってたのを、すごく覚えてて。

ユウナちゃんが
めちゃめちゃ可愛くて。

その当時、私、ユウナちゃん
みたいになりたいなって

思ってたなって
今、思い出して。

裕二:そうなんだ!
思ってたんだ。

<世界を救う使命を背負い
旅を続ける、ヒロインのユウナ>

<そのユウナを支えながら
運命にあらがおうと、もがく

主人公、ティーダ>

<今回は
ティーダ役を演じた森田さんが

なぜ、そこまで感動するのか
秘密を語ってくれました>

今のゲームって
1人でブースに入って

全部、自分のセリフだけ
読んでいくっていうのを

各キャラクター
やっていくんですけど

『FF10』に関しては
全員キャラクターがそろって

掛け合いで収録を行うんですよ。

すごくリアルな会話に
なってるなって

みんな思ってると思うんですけど
それは、まさに

その場で、掛け合いで
お芝居をしているので

生きたセリフ回しというか。

会話として
成立してるっていうのも

『FF10』の
すごいところだと思いますね。

<リアルなやり取りが生み出した
名シーンの数々>

<中でも
ファンたちの記憶に残るのが…>

「世界一ピュアなキス」という
キャッチコピーで

世界中のゲームファンの
心を打った名シーン。

美しい水の表現にも注目。

有野:あった。CMであったな。
賀喜:すごい。

ユウナ:えっ?

♪~「月が 揺れる 鏡に」

♪~「震えた 心」

森田:当時、水の表現って
すごく難しい。

あと、髪の毛の動き。

これも、コンピューター
グラフィックスでは難しい。

それが、あれだけ流麗な

コンピューターグラフィックスに
なったっていうのは

今でもすごいっていう風に
見えるぐらいなので…。

<というわけで
シリーズ初の続編も作られた

『ファイナルファンタジー10』
が第9位に>

第8位は、夢のタッグが実現した
RPGがランクイン。

『ファイナルファンタジー』と
『ドラゴンクエスト』

どっちが好き?なんて会話を
した事ありませんか?

どちらもRPGというジャンルを
最前線で引っ張ってきた

大人気シリーズ。
しかし、1995年

誰もが驚いた夢のゲームが
発売されたんです。

それが…。

<『ファイナルファンタジー』の
坂口博信

『ドラゴンクエスト』の堀井雄二
そして、鳥山明による

衝撃のドリームプロジェクト>

<大人気メーカーの
垣根を越えたコラボに

全ゲーマーが驚きました>

<2019年に
『週刊ファミ通』で発表された

「平成のゲーム最高の1本」で
1位を獲得>

<発売から26年>

<今もなお語り継がれる夢の作品
『クロノ・トリガー』は

主人公のクロノが…>

<鳥山明が描く

『ドラゴンクエスト』に
出てきそうなキャラクターたちが

『ファイナルファンタジー』の
魔法を使う>

<『ファイナルファンタジー』と
『ドラゴンクエスト』の要素が

交ざり合う世界観は
まさに夢のゲームだった>

<そのゲームの魅力について
子どもたちは…>

続いて、第7位にランクインした
ゲームは、なんと

10代、20代の男性の投票率
第1位。

女性からの人気も高く

若者から圧倒的な支持を得ている
あのゲームがランクインです。

<大人気キャラクターたちを
駆使して

相手を場外に吹っ飛ばす

『スマッシュブラザーズ』
シリーズの最新作>

<相手を吹っ飛ばす際に
うまく技が決まると

一瞬ストップする演出などが
追加され

更に爽快感がプラス>

<ネット対戦機能も充実していて

世界中のスマブラユーザーたちと
対戦できるのも人気のポイント>

<その人気の理由は
なんといっても…>

<初代の『大乱闘
スマッシュブラザーズ』は

全部で12体だったのに対し

今作品で使用できる
キャラクターたちは

なんと、70体以上>

キャラクターが少しずつ
追加してるところが楽しみです。

<発売後も
ダウンロードコンテンツで

新参戦のキャラクターたちが
追加>

<例えば
スクウェア・エニックスが誇る

『ファイナルファンタジー』
シリーズ屈指の人気キャラ

セフィロスや

『ドラゴンクエスト』の勇者>

<世界で大人気

『キングダムハーツ』の主人公
ソラなど

なんと、任天堂以外の
さまざまなゲーム会社の

人気キャラクターたちも集結>

<これには
子どもたちだけでなく

世界中のゲームファンたちも
大興奮>

<ソフトの開発と同時に

インクリングの参戦が
発表された時は…>

<この熱狂っぷり!>

裕二:そんなうれしいんだ。

ウエンツ:ここで『スマブラ』
始まりそうじゃん、なんか。

<ゲーム業界の垣根を越えた
奇跡のコラボが

現在でも続く『スマブラ』人気を
支えているんです>

裕二:これが第7位。
卓志:いやあ、もう、やっぱり

この各メーカーが代表の…
SEGAのソニックとか

なんか、イヤじゃないですか
他社のゲームに。

それを出すって心意気が

素敵なゲームだなって
思うんですよ。

だから、そのために
他社のゲームを借りてきたから

任天堂側も、きっちり
ちゃんと強くするように。

これを、ちゃんと
やってるところが、やっぱり

みんな協力してくれるんだろうな
みたいな。

第6位は、40代の男女から
圧倒的支持を集め

そろって1位を獲得。

発売当時、その人気と熱狂ぶりで
社会現象を巻き起こし

「そして伝説へ」となった

永久不滅の大冒険ソフトが
ランクイン。

まずは、その発売当時の様子を
ご覧ください。

ウエンツ:すげえ!
太田:これだよ!

<真冬の平日にもかかわらず
男女問わず、延々と続く大行列>

太田:すごいよ、これは。

<一説には
最も長い行列で全長約2km

総計1万人以上が
並んだという話も>

<そのお目当てとは…>

<1988年発売

『ドラゴンクエスト3
そして伝説へ…』>

<大人気『ドラゴンクエスト』
シリーズの第3弾>

<同じく大ヒットした

『ドラクエ1』『2』の
主人公たちや

ストーリーの秘密が
今作で明かされるとあって

発売前から大注目>

<結果、発売日には大行列が
できるほどの社会現象となり

当時の売り上げは
380万本以上にも上りました>

投票した皆さんの声で
多かったのは

『ドラクエ』シリーズで
初めて導入された

2つのシステムの功績と
その衝撃を推す声。

まずは…。

『ドラクエ3』で…。

<そう、前作までは
最大3名の固定パーティしか

組む事ができなかったが
『ドラクエ3』では

最大4人の自由な仲間を
選択する事が可能になり

よりバトルに幅ができたのだ>

そういうイメージ
ありますけどね。

<そして、『ドラクエ3』を
語るうえで欠かせない

もう1つの要素が…>

やっぱり、転職システムが
導入された事ですかね。

<前作までは、キャラクターの
特性が決まっていたのだが

『3』では
主人公の仲間が転職>

<職業ごとの特性を
自分好みに変えられるように>

<そんな、転職によって
選べる職業は、全部で7種類>

<当時の子どもたちを
かなり悩ませたそうですよ>

<ちなみに、ケンコバさんの
最強パーティは?>

それに、そういうのが
好きなんですよ、僕は。

<という事で国民5万人が選んだ
『テレビゲーム総選挙』

10位から6位までは
ご覧の結果になりました>

太田:すごい。出たね。
裕二:出ましたけどね。

まずは、有野が1位予想したね

『スーパーマリオブラザーズ3』
これが10位。

10位でしたね。もっといくと
思ったんですけどね。

さあ、いよいよ
あと5作品ですけど。

太田:『ゼルダ』は絶対ある。
ウエンツ:『あつ森』。

裕二:『あつ森』も出てないし。

それから『ファイナル
ファンタジー7』ね。

ウエンツ:『7』です。
入ってこない事あります?

裕二:『ファイナル
ファンタジー』はね

いろいろ入ってはいるけどね。

太田:『SimCity』とか
ないのかな?

地味だけど、いい作品だよね。
裕二:あれも、はやったよね。

さあ、果たして、ベスト5は
どんなのでしょうか?

いってみましょう。

<『テレビゲーム総選挙』
第5位は…>

世代別ランキングを見てみると

10代男性、20代女性で3位。

そして、10代女性からは1位と

若者から圧倒的支持を得ました。

<オンラインで、ライバルと
インクを塗り合う陣取り合戦>

<『スプラトゥーン』の2作目>

<前作から
武器やマップがリニューアルされ

シリーズ2作目にして
世界で1200万本を売り上げる

メガヒットを記録>

<どんなところが面白くて
ハマっているんですか?>

スタッフ:どういうやつ?

なんかね
スーパーチャクチとか。

塗っていくのが、なんか
爽快みたいな感じはありました。

<子どもたちを
とりこにするのは

派手な必殺技や
ペンキをぶちまける爽快感>

<果たして
大人がやっても楽しいのか?>

<自身のYouTubeで
ゲーム実況が話題の

すゑひろがりずが挑戦>

<ゲームを知らない人でも
人気の秘密がわかってきますよ>

卓志:ゲーム名。

南條:さあ、いざ…。

出陣!
三島:出陣じゃ!

さあ、まいりましょうや。

<果たして
初心者、三島は勝てるのか?>

南條:緑を青に変えていった。
あの方の後ろに。

あのお方の後ろに。
三島:ああー!

見付かってしまった!
なんじゃ、伏兵か。

潜んでた!潜んでおった。
南條:伏兵とかもないのよ。

<残り30秒。
勝利する事はできるのか?>

三島:かねてからの夢。

南條:戻れ、戻れ、戻れ!
しゃがめ、しゃがめ!

潜れ、潜れ、潜れ!たまった!

さあ、敵は、いずこじゃ?
敵の近く、行け。

三島:うわー!
南條:きたか?

三島:なんでじゃ。

南條:隣に。もう、お主。

三島:なんで
誰もおらんのじゃ。

三島:やったー!貢献した!

南條:滑り込みで倒した。
三島:気持ちいい!

南條:やりました!

楽しい!
とにかく気持ち良かった。

<大人も子どもも楽しめる
『スプラトゥーン2』が

『テレビゲーム総選挙』
第5位でした>

裕二:第5位は
『スプラトゥーン2』でしたね。

太田:そうか、人気あるんだな。
裕二:本当、人気ありますよね

『スプラトゥーン』は。
伊集院:これだけの

大人気ゲームで
世界的にヒットして

すぐに『2』出して
それが更にヒットするって

結構、奇跡的で。
浅利:それこそ、年末年始に

家族で集まった時とかに
ゲーム大会になるんですけど。

その時に多分
今年は『スプラトゥーン2』を

やるんじゃないかなっていう。
太田:家族で?

浅利:家族で。
裕二:あと4つだけどさ。

有野:あと
『シーマン』もありましたよ。

しゃべるやつ。しゃべる魚。
「元気か?」ってしゃべるやつ。

裕二:魚のやつでしょ?
しゃべるやつでしょ?

さあ、それでは、いよいよ
第4位の発表いきましょう。

<国民5万人がガチで投票!
『テレビゲーム総選挙』>

伊集院:何?これ。満遍なく。

<全ての世代の女性から
多くの支持>

裕二:きたきた。

卓志:みんな、やってたな。
伊集院:『あつまれ』だ。

ウエンツ:癒やしだな。
賀喜:癒やしだもんな。

<ゲームの始まりは
何もない無人島>

<毎日コツコツ
島をイジっていくと…>

有野:やったね。
田舎っぽいの作った。

<他には決してない

自分だけの島を
作る事ができちゃうんです>

卓志:クオリティーがすごいな。

1作目から20年で超進化。

発売開始から2年足らずで
売り上げ総数3485万本。

注目なのは
実は、そのおよそ7割が

なんと海外なんです。

これぞ、世界に誇る
メイド・イン・ジャパン。

<という事で、海外でも大人気>

<ゲームの中で
なんでもできちゃう

『あつまれ どうぶつの森』が
第4位でした>

裕二:はい。
賀喜さん、浅利さん

1位予想ね
『あつ森』でしたけども。

いろんな要素があって
楽しいです、やっぱり。

実際の水族館とかも
『あつ森』で見た

ウミウシっていうやつを
本当に見たいとか。

『あつ森』で出てきたカニを
本当に見たいっていう子が

来たりするから、そういう効果も
あるんだって言ってましたよ。

裕二:なんなんだろう?これ。
テレビ見てる人たちも

見当つかないで見てる人
いると思いますけどね。

伊集院:なんか
ビックリするようなやつ

本当に忘れてるんじゃない?
なんか、とんでもないやつを。

裕二:マイケル・ジャクソンの
やつ。

伊集院:あったね。あったけど。
太田:「フゥ~!」って言うと。

裕二:多分、違うと思う。
太田:ゾンビが倒れていくやつ。

<国民5万人がガチで投票!
『テレビゲーム総選挙』>

今から24年前
ゲーム業界に革命を起こした

あの伝説的RPGが
ランクインです。

今しかない。

うわあ、懐かしい!

卓志:そっか。クラウドが一番
代表キャラなんだ。

<そんな
『ファイナルファンタジー7』で

人生が変わったという人物が>

<ゲーム実況でもおなじみ
中川翔子さん>

<初めてプレイした時
かなり衝撃を受けたらしいです>

中川:えっ!
こんなにリアルなキャラクターが

ムービーで動いてる!えっ!って
ものすごい衝撃でした。

それまでって横に敵と味方がいて
っていう感じだったのが

ちゃんと、カメラワークが
ガンガン変わって

前に、ちゃんと出て
攻撃するとか。

これ、人間が本当に
作ったのか?って衝撃でしたし

多分、人間が
月に行った時みたいな衝撃を

勝手に受けました。

<中川さんが、ここまで
衝撃を受けた理由とは?>

<『ファイナルファンタジー7』
のディレクター

北瀬さんに直撃インタビュー。
ゲーム業界に起こした

革命について
話してもらいました>

当時
1997年だったんですけども

当時のゲームっていうのは

いわゆる
2Dのドットで構成された

平面的な絵では
あったんですけども。

それを初めて
3DのCGを導入したのが

『ファイナルファンタジー7』
ですよね。

なので
今までのゲームの画面よりは

より立体的な、普段
皆さんが目にしているような

映画やドラマのような

立体的な絵作りをする事が
できるようになったので。

<中でも、北瀬さんが
絶対に見てほしいという

イチ押しのシーンが>

やっぱ、オープニングの映像。

最初
エアリスのアップから始まって

カメラが引いていくと
ミッドガルっていう都市全体が

映すオープニングのシーンが
あるんですけど。

カットが切り替わる事なく
リニアにカメラが引いていって

街の全体に、今、自分が
プレイしている世界っていうのは

こんなに広いんだっていうのを
リニアに示せるっていうところが

その前の世代のゲームでは
できなかった事なので。

これによって、我々が
プレイしていたゲームの世界って

実は、こんなに広かったんだ
っていうのを

1カットで示せるっていう
意味では非常に強いかなと。

<そして、2020年
最新の技術でリメイクされた

『ファイナルファンタジー7』が
発売されました>

裕二:なんと
ウエンツの1位予想

『ファイナルファンタジー7』が
3位でした。

うれしいですよ、本当に。

やっぱ、改めて見ても
しょこたん言ってましたけど…。

<この男は 身の丈に合うことを信条として
生きている ごく普通の人間である>

<そんな彼の心の中に
新しい「家」の姿が生まれた>

(松坂)<その「家」は完璧でなくてもいい>
<…と思っている>

<自分と同じように>
<家族と一緒に作る 伸び代のある…>

<そんな「家」がいい>

<家は 生きる場所へ>

<『テレビゲーム総選挙』
第2位の発表>

第2位は
50代の男女両方で1位を獲得。

いまだに
プレイヤーたちを悩ませる

究極の二択を迫られた
あの国民的シリーズからの

ランクインです。

ウエンツ:うわー、そっか。
そうなんだ。いや、そりゃね。

<キャッチコピーは

「愛がある、冒険がある
人生がある」>

<その言葉どおり
父との別れ、結婚

そして
子どもたちや妻との冒険と

親子三代にわたるストーリーを
描いた

シリーズ屈指の超大作>

男性:家族でパーティを組んで
クリアするっていうのが

すごい劇的な話だなと思って
子どもながらに。

女性:パパスと別れるシーン
っていうのが

子ども心ながらにビックリして
悲しかったシーンだと思います。

そんな今作が選ばれた理由は
なんといっても

ヒロインを
花嫁にできるという事。

しかし、今作のヒロインは
なんと2人。

どちらを選ぶかプレイヤーたちは
大いに悩まされました。

<1人目のヒロインは
主人公の幼なじみ、ビアンカ>

<お姉さんタイプのしっかり者>

<そして
もう1人のヒロインはフローラ>

<大富豪のお嬢さんで
おしとやかな優しい性格>

<この2人のどちらと結婚するか
いまだにファンの間で

論争が続いているんです>

フローラ派なんですけど
ビアンカも選ばないと

罪悪感が出るみたいな。
でも、可哀想だから

結婚するのかって
また違うと思う。

<やはり、互いに一歩も譲らず>

<いまだに続く、この論争>

<でも、なぜ
結婚を取り入れたんですか?>

ゲームなのに、真剣に
プレイヤーに悩んでもらおうと

思ったんですね。その中で
結婚というイベントもあったと。

そこで、真剣に
悩んでもらうっていう。

いろんな人生を描く
ゲームですね。

ああー!神様が
そういう試練、与えたんですね。

まだしばらく続くでしょうからね
この言い争いは。

スタッフ:プロポーズの
ムードの作り方とか

そういうとこも
学ばれたりしたんですか?

今、まだ独身やねん。
まあ、正直言ったら…。

<ファンを童心に帰らせる
不朽の名作>

<『ドラゴンクエスト5
天空の花嫁』が第2位でした>

裕二:さあ、これで皆さんの
あとは1位を残すのみ。

『ゼルダ』が
やっぱり強いのかな?

裕二:ねえ。
ウエンツ:『ツインビー』。

裕二:『ツインビー』?
『ツインビー』ってなんだっけ?

『ツインビー』楽しかったよ。
あんな、2人でやって

楽しいゲームなかったよね
『ツインビー』ね。

あんな楽しいゲームないですよ。

有野:手つないで
連射が太くなるとかね。

卓志:シューティングだったら
『グラディウス』とかも。

裕二:ここで浅利さんから
お知らせがございます。

浅利:『相棒season20』
元日スペシャルが

2022年1月1日放送です。

記憶喪失になった人物を
きっかけに

事件は、思いもよらない方向へ
進んでいきます。

皆さん、ぜひご覧ください。
青木の活躍も、ぜひお楽しみに。

裕二:それでは、いよいよ
国民5万人が選んだ

『テレビゲーム総選挙』
第1位の発表です。

<第1位に選ばれたのは…>

<アンケートによると

「どこにでも行ける。
こんなゲーム初めて」など

感動の体験をしたという声が
多数挙がった>

これまでにない
新たなゲーム体験で

多くのゲームファンに
記憶を消して

イチからやりたいと言わしめた
まさにゲーム界の金字塔。

その作品は…。

伊集院:きた!
卓志:すげえ!

伊集院:めちゃめちゃ
面白いんだから。

浅利:確かに。
めちゃくちゃ面白い。

<優れたゲームを表彰する
アメリカの

「The Game
Awards」で

年間最優秀賞、「ゲーム・オブ・
ザ・イヤー」をはじめ

日本のみならず
海外で賞を総なめ>

<全世界でのセールスは
2413万本>

<シリーズナンバーワンの
売り上げを誇る>

<世界のゲームファンが絶賛した
その理由は?>

<『ゼルダ』の当たり前
ひいては

ゲームのさまざまな当たり前を
ぶっ壊した!>

この作品のコンセプトは
長い間、作ってきた

『ゼルダ』のシリーズの
当たり前を見直そうという

コンセプトでした。

<決められたダンジョンを攻略>

<鍵を手に入れる事で
次のステージに進めるといった

『ゼルダ』シリーズの
当たり前を撤廃>

一体、自分がどこを遊んでるのか
わからないけど

延々と遊べるような作りに
していきたいよねっていうので。

<リンクの目的は、ただ1つ>

<ゼルダ姫を助け出す事のみ>

<プレイヤーは
ゲームが始まってから

どの方向に行っても
何をしてもOK>

<まさに、人生と一緒!
この没入感は

やってみた人にしか
わかりません>

何をしても、実はいいんです。

木に登ってもいいし
山に登ってもいいし

服を見付けてきてもいいし
料理を作ってもいいし。

自分で目的を決めればいいので

延々と遊んでもらえれば
結構です。

<誰一人として
同じ行程を歩む事はない>

<プレイヤーの数だけ
ストーリーがあるんです>

<そんな自由を追求する一方で

とことん遊びたい人向けの
やり込み要素も充実>

<その魅力は、なんなのか?>

<大ファンという
この方に伺いました>

<兄貴の総プレイ時間は…>

<なんと3000時間超え!>

<そして、続編も開発中!
続報が待ち遠しいです>

よろしくお願いします。

<という事で
ゲームの当たり前をぶっ壊した

『ゼルダの伝説
ブレス オブ ザ ワイルド』が

第1位でした>

裕二:はい、すごいです!
なんと伊集院、見事1位!

やっぱ、いいゲームって
みんな知ってるんだっていうか。

めちゃめちゃ面白いです!
本当に面白いんです。

もう、疲れ果てて帰ってきても

あと、ちょっと
仕事で、つらい事あっても

今日、家帰ったら
あの山、越えてみようみたいな。

太田:そこだよね
ゲームのすごさ。

<最後に、沢村さんから
素敵なお知らせ>

沢村:ドラマスペシャル
『管理官キング』

主演の沢村一樹です。

僕が演じる
王賀統一という刑事は

組織のしがらみにとらわれず
忖度なし、協調性なしで

我が道を行くため、皮肉を込めて
「キング」と呼ばれています。

そんな僕が
個性あふれるメンバーとともに

連続殺人事件の黒幕
ジョーカーに挑みます。