ウチの子がお世話になってます[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ウチの子がお世話になってます[字]

芸能人の“親”が、普段お世話になっている各所に挨拶にまわり、子供(=芸能人)の知られざる一面を発見していく。意外な事実に親は感動!親の行動に子供は…!?

詳細情報
出演者
【MC】
飯塚悟志(東京03)、優香 
【ゲスト】
狩野英孝、松丸亮吾
スタッフ
【編成企画】
春名剛生 
【プロデューサー】
島田源太郎 
【総合演出】
林博史 
【演出】
渡辺恭三 
【ディレクター】
佐藤野枝 
【構成】
木南広明

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 千代子
  2. 英孝
  3. 亮吾
  4. 中岡
  5. お母さん
  6. 飯塚
  7. 息子
  8. 挨拶
  9. 坂上
  10. 社員
  11. お世話
  12. 感謝
  13. お父さん
  14. 伊達
  15. 自分
  16. 狩野
  17. 松丸
  18. 上田
  19. 番組
  20. 優香

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,530 (2022/01/20 22:56:14時点 Amazon調べ-詳細)

[人気芸能人の親御さんが

わが子が
お世話になっている人たちに…]

[素人パワー全開で…]

[すると]

本日 この企画に
快くOKしてくれた…。

(英孝・亮吾)お願いします。

(優香)今回 ちょっと待ってボタン
っていうのを ご用意しました。

VTRを見てる途中で
止めたいなと

思ったところがあったら
止めてください。

(英孝)
それは止めていいんですか?

止めてください。
(英孝)で そこ 一応…。

これ 覚悟ですか?

覚悟を決めて。

[『ウチの子が
お世話になってます』]

[向かったのは
宮城県 栗原市のご実家]

(スタッフ)ごめんください。

こんにちは。 どうも こんにちは
よろしくお願いします。

[見るからに優しそうな
こちらが…]

[創建は およそ1, 500年前]

[櫻田山神社の宮司を代々務める
由緒ある家系]

[9年前に先代の宮司
父 勉さんが亡くなった後も

千代子さんは東京で活躍する…]

(千代子)だから…。

[東京で息子が…]

[そこで 今回 こちらの
超大物揃いのメンバーに

突撃感謝行脚を敢行]

[そうと決まるやいなや
お母さん]

[地元 宮城の名産品を

これでもかというほど
大量購入]

[両手いっぱいに抱えながら…]

ちょっと不安なんですよ。
っていうのも…。

えっ わざわざ行って…。

[真っ先に向かったのは

お台場のフジテレビ本社]

(英孝)テレビ局?
[お母さん 来るのは初めて]

(英孝)よく通るとこよ ここ。

(千代子)狩野 千代子です。
(受付)狩野 千代子さま。

[すると]

(千代子)いや これ ストラップ。

恥 かかせないで!

(千代子)こういうのでも? あら。

[取りあえず
無事 入館を済ませ

お世話になった人を求めて
局内をうろうろ]

[誰が どう見ても不審者]

[そこは感謝したい人が
生出演中の『バイキング』のスタジオ]

ちょっと ごめんなさい。
(飯塚)どうした?

(英孝)テレビ局もビビるんすけど。

誰だったら一番嫌だ?

[そして…]

[すると]

(千代子)こんにちは。

(遠藤)あ~!

[まずは 仙台名物 萩の月で
ご挨拶]

(遠藤)ホントに。

[さらに松嶋さんにもご挨拶し

息子との関係性は不明だが…]

[そう]

(千代子)すいません。

嘘でしょ!

[お母さんの目的は坂上 忍さん]

[ということで
スタジオ内へ潜入]

(千代子)こんにちは。

[英孝が…]

(英孝)1回 止めていいっすか?

(優香)え~ 止めちゃうの?
(英孝)1回 ちょっといいっすか?

何ですか? 何ですか?

分かりました。

僕 芸能界
休んでた時間がありまして。

あ~ あったっけ?
(英孝)ありました。

調べてもらえれば。
(飯塚)「出来心」で?

(英孝)その休む前に え~っと…。

さあ あとは放送 面白く撮れた後
放送するだけってときに

僕 休んじゃって
そのアフリカロケを

だいぶ 延期させちゃったんですよ
オンエアを。

それが 坂上さんの番組だった。
(飯塚)あ~ なるほどね!

[お母さんは 坂上さんが
どう思っているか

心配だったようです]

(千代子)今日はね…。

(坂上)お母さまがですか?
(千代子)はい。

(坂上)僕は もう でも…。

狩野君も。

いや…。

力があるのは 実は この人。

(伊藤)いやいや 坂上さんも
今 コメントにあったように

たぶん まあ…。

(伊藤)何とかね…。

(伊藤)まあ おそらく…。

(千代子)そうだったんですね
色々 お世話になりました。

逆に 僕にとったら…。

そっちの方で もしかしたら
迷惑が掛かってるかも。

[千代子さん すると]

ちょっと せっかくだから…。

(千代子)ホントですか? え~。

[ということで 急きょ]

(坂上)さあ ということでね…。

[最後は 坂上さんに合わせた

お母さんチョイスの
お土産セットを渡し

無事 ご挨拶は終了]

(千代子)お世話になった方です。

[今の 狩野 英孝を作り上げた
恩人を訪ねる]

(千代子)あっ ここだ。

ちょっと待ってくれ。

ウチの事務所?

[狩野が所属する
ウッチャンナンチャンや

出川 哲朗など…]

[マセキ芸能社]
(英孝)マセキの芸人さんってこと?

誰だ?
(千代子)こんにちは。

(嘉山)こんにちは。

[英孝が…]

坂上さんから 急にマネジャー?

[デビュー当時から
山あり谷ありが多い狩野を

ずっと支えてきたお方]

(千代子)ありがとうございます。

(嘉山)それこそ…。

(嘉山)色々 やってましたよ
すごく。

(嘉山)いえいえ
とんでもないです。

(嘉山)僕というよりかは 僕の…。

[自分に代わり

息子を親身に見守ってくれている
マネジャーに

ご挨拶を済ませたところで

ひょんなゲストが]

(千代子)こんにちは。
お久しぶり。

(山口)会えた! お母さんに。
お久しぶりです。

(千代子)1年ぶりですね。

(東峰)毎年 年末年始。

(千代子)漫才もね…
あの 何ていうの?

(東峰)いや~ うれしいっす。

(千代子)
ありがとうございました。

すいませんね
貴重な時間 頂いて。

[続いて
お母さんが向かったのは…]

[ここで 息子が…]

[待ち伏せ]

(千代子)帽子 かぶってる。

[猛ダッシュの先にいたのは?]

(千代子)こんにちは。
(中岡)こんにちは。

[猛ダッシュの先にいたのは]

(中岡)こんにちは。
(千代子)あの…。

(千代子)こんにちは。

ロッチ 中岡さん!

[英孝が…]

[ロッチの中岡さん]

(千代子)いいですか? 今 時間。

(千代子)大丈夫ですか?

(中岡)え~…。

(千代子)ちょっとだけ。

(中岡)ホンマなんすね
行くんすね。

[次の現場への15分間のタクシーで
感謝を伝える]

ホントに
お世話になってますけど…。

(中岡)大丈夫でしょ。
そんなもん…。

(中岡)僕なんかは
まあ 言ったら…。

(中岡)英孝ちゃんが 言ったら。

(中岡)言うてて。

(中岡)それが…。

[そんな狩野の…]

(中岡)みんなでね 若手でね…。

(中岡)で 何かね 池の中に
岩が何個かあってね

これに
乗っていくっていうやつでね

で 水浸しになるみたいなね。

(中岡)ポケットにね…。

(中岡)これから 落ちたときに
「財布 ビショビショになった!」

っていうリアクション 取るために
やったのかしんないですけど…。

(千代子)
偶然だったんじゃないですか?

(中岡)偶然だったのか
分かんないっすけど…。

[中岡さんの温かい言葉に

あらためて
感謝を伝えたお母さん]

あんまり 母親から
直接 聞けない言葉を

やっぱ 聞けましたね。
(優香)でも 何か 見てて…。

ちょっと 何か 分かんないけど…。

[続いて
お母さんが向かったのは…]

(千代子)昔 すごい…。

[この日は
完全プライベートとのことで

マネジャーにアポをとり 直撃]

ちょっと待って。

[果たして その人物とは?]

(飯塚)どうした どうした?
何 何 何?

そこに いくんすか?

怖いっす。

マジで?

(千代子)こんにちは。

はい はい。

(千代子)すいません 飲んでる…
大変 申し訳ございません。

(山本)え~っとね…。

[英孝が…]

[演歌の大御所 山本 譲二さん]

[少し酔っているようだが
お母さんは 具体的に

どんな遊びを教えてもらったのか
知りたいそうで]

えっと 昔…。

喜んで話してくれたことあって。

すごい…。

(千代子)2人で撮った写真を。
乾杯してるところ。

(山本)たぶんね 僕も
よく覚えてないんですけど…。

って 財布 出してね…。

(山本)
で 「お前もね」って…。

って言ったの 僕は 覚えてる。

[想像し難い遊び方に
ハテナマークのお母さん]

10万円って言ってましたけど…。

割り箸に ぶわ~って扇。

10万のやつを
これを何本も作って ばらまいて。

で 最後 自分が
『みちのくひとり旅』を歌って

ボンッみたいな。

[ともかく お世話になっている
山本 譲二さんに

お土産を渡し お礼]

[突然の訪問に
お付き合いいただき

ありがとうございました]

[続いて 向かったのは…]

[と まるで 出待ちのファンのような
ポジションで待機]

[誰が やって来るのか?]

(千代子)こんにちは。

お母さん。
(千代子)こんにちは。

[英孝が…]

[実は お母さん
サンドウィッチマンとは

過去にロケで
何度か 顔を合わせている間柄]

あら? ちょっと 何ですか?
お母さん こっちから行ったのに。

(伊達)わざわざ すいません。

そこは否めないですね ええ。

(千代子)心配で。 息子に内緒で。

(富澤)内緒なんですか?
(伊達)英孝ちゃん…。

(千代子)知らないんです。

ちょっと座りません?
荷物 持ちます。

[ということで
腰を据えて じっくり話すことに]

それは ちょっと…。

(伊達)でも 何よりね…。

[実は 今回 お母さんが
一番 お礼を言いたかったのは

謹慎中に 2人が
息子を勇気づけてくれたこと]

英孝ちゃんのことを?
結構ね 言ってたんですよ。

「出ねえよ」とかね。

[謹慎中 しっかりと…]

[自分たちの番組で
狩野の名前をさりげなく入れ…]

(千代子)だったら 何かね…。

なるほど なるほど。

(伊達)1回 どういうやつ…。

(伊達)一回 どういうやつ…。

(千代子)テレビでね…。

(千代子)って言いたく…。

(英孝)自分は いいっすけど…。

3人でやりましょう 3人で。
「何やってんだか!?」って。

(千代子)これがいいですか?
(伊達)「何やってんだか!?」

いきますよ せ~の…。

(伊達)ここまでの芸能生活…。

いいんじゃないっすか?

[ということで
感謝のご挨拶は大成功]

[以上 母 千代子さんが巡った
感謝の行脚が終了]

[英孝さん いかがでしたか?]

いや~ すごい。 すごかった。

(優香)でも こんな大変なね ロケ
お母さま やっていただいて。

ホンットに お母さんの優しさ。

(英孝)これね 正直 言うと…。

[『ウチの子が
お世話になってます』]

[まず向かったのは…]

[実は この日
どうしても感謝を伝えたい人が

収録に来るらしく]

たぶん…。

[ということで 局内へ潜入]

[見つけたのは
『今夜はナゾトレ』の楽屋バリ]

[そう 松丸が準レギュラーとして
出演している番組で

息子の出演がない 今日を狙って
突撃で ご挨拶へ]

(悟)どうも。

(悟)思ったより広いんですね。
すごい広いですね。

これ 地元のお菓子なんですけど
よかったら。

(現場スタッフ)ありがとうございます。

[息子が お世話になっている
人たちのために

どら焼きをはじめ

120個も お菓子を
買い込んできた お父さん]

(飯塚)絶対 邪魔じゃん。

(悟)お忙しいとこ すいません。
(亮吾)配り過ぎだって 配り過ぎ!

[想像以上にアグレッシブな
お父さん]

[制作 技術スタッフ 総勢…]

[ここに目的の人が]

(亮吾)え~!? ちょっと待って!

(上田)松丸君 お父さん似だな。

ありがとうございます。

[亮吾が…]

(上田)すいません ご丁寧に。

(悟)皆さんにね
お世話になりまして。

すいません どうも。

すいません 片手で
今 渡しちゃって申し訳ない。

(上田)いやいや そんな…。

そもそも 僕が…。

(亮吾)ただの…。

(亮吾)結構 世間的にも

何で この子
問題 出してるんだ? みたいな

結構 バッシングされることも
あったんですよね。

だけど…。

もっともっと続けていくべきだ
って言ってくださって

ブレークしていって こうやって

番組 出させてもらえるように
なったので。

(上田)偉そうに言うな お前。

[ご挨拶できて
一安心のお父さん]

[すると]

(上田)お父さん 何ですか?

ええ 先生やってます。

(上田)あるんですか?

(上田)いやいや ぜひぜひ。

折戟 杜牧

(飯塚)終わったかと思って。

いや もう…。

[最後は
皆さんに お土産を渡し]

(悟)どうも すいません。

[続いて向かったのは…]

僕の会社!

やめてよ 恥ずかしいよ。

払ってるよ ちゃんと。

[亮吾が…]

[東大の
謎解きサークル仲間たちを中心に

謎解きに関するビジネスを
幅広く手掛けている]

[父 悟さんが…]

[亮吾が…]

[息子のカワイイ一面を
自慢しまくるお父さん]

(悟)いや ホントにさ…。

(社員)ハハハハハ。

あっちにあんの?
はいはいはい すいません。

(悟)すいませんね。

(悟)邪魔になっちゃって
申し訳ない。

[ちなみに 現在の…]

(スタッフ)ここ 部屋なんですか?

いないから いいか。

(社員)名刺ですね。

(社員)実は…。

(悟)問題 書いてあるじゃん。

[松丸の発案で
社員の名刺の裏には

全員 自身で作った
謎解きが書かれている]

えっとね 実はですね

私も ない頭を絞りましてね
昨日2時まで。

[何か社員さんたちに
感謝できる方法はないかと

何と 本家謎解きクリエイターに
問題を持参]

[4つのイラストから連想して

答えを穴埋めできるか?]

[亮吾さん
お父さんの謎解き問題

分かりますか?]

えっ 何これ。
(飯塚)松丸君に答えてほしい。

(亮吾)待って。

(社員)1番は…。

(社員)あ~ はいはいはい。

[正解は 「BEER」]

[なのだが

分からないのは この4番]

(社員)そういうことか。
4番 全然 分からない。

[本家に問題をプレゼントし
感謝は終了]

マナーモードにしとけよ。

(飯塚)お父さん ずっと面白いよ。

[続いて向かったのは…]

[ここに 今…]

ハッ! 嘘! マジ?

(悟)今日はね…。

[事前に 広報の方とアポをとり
いざ ご挨拶]

(悟)今日は 社長は
お忙しくない… 大丈夫ですか?

(社員)はい たぶん
大丈夫じゃないかなと思います。

(悟)じゃあ 失礼いたします。

(悟)松丸です どうも。

(石原)こちらこそ。

[この後 父 悟さんが…]

いや~…。

[亮吾が…]

[ポケモンの全プロデュースを
一手に担ってきた業界の超大物]

[石原社長と松丸は…]

[そんな超大物に対し 悟さんは

ご挨拶がてら 息子のポケモン愛が
いかに強いかアピール]

(悟)やってたもので。

これがね…。

(悟)ずっと大事にしてて。

[さらに]

(悟)これ ちゃんと動いてる。

(悟)そう そう そう
そうなんです。

[小学生のころに 亮吾が作った

父 ご自慢の
手作りポケモン時計を

本家に披露]

(飯塚)何? 何? 何? 何?
(亮吾)これは…。

何?

(優香)どういうことですか?

そうなんだ 勘違い?
(亮吾)勘違い。

やっちゃったよ。

(石原)そういうところが
ありますんで…。

[経営者としても尊敬し

人生の師として
松丸が目標としている石原社長]

[そんな石原社長から 今回…]

(石原)自分は…。

(悟)あっ そうですか。

石原さん!
(優香)番組は選べ。

(悟)よろしくお願いします。
ありがとうございました。

[その後も お父さんは
アグレッシブに ご挨拶回り]

(悟)いつも 亮吾が
お世話になってまして

ありがとうございます。
(岩崎)こちらこそ。

(悟)先日は 舞台の方で
色々と やっていただいて。

(岩崎)亮吾さん 何か…。
(悟)何か?

[翌日
最後に お父さんが訪ねたのは…]

[お目当ての人物は
現在 このスタジオで収録中]

[誰が やって来るのか?]

(悟)松丸 亮吾の父親で
松丸 悟といいます。

(悟)今日は 当然 訪ねちゃって
すいません。

[亮吾が…]

[実は…]

(悟)電車を?
(古市)そう。

(古市)何とか
飛行機に乗せてもらうっていう。

[ここで 例のごとく…]

(古市)
「レジ袋は 有料化すべきである」

そうですよね。

(古市)でも…。

[東京での友達に お土産を渡し
感謝行脚が終了]

(飯塚)自分のいないとこで
自分の親と

恩人が しゃべってるのって
すごいですよね。

(英孝)やってみて
まあ 恥ずかしいっすけど

最後は お母さん ありがとう
お父さん ありがとうとか。

心温まる部分は
もちろん ありましたよ。

部分「は」?
(亮吾)6・4ぐらい。

6・4ぐらいの割合でした。
(飯塚)6 何?

(亮吾)心温まる 6

今すぐ画面を壊したくなる 4。

それ もう 4じゃないよ たぶん。

[この番組を見れば
億万長者も夢ではない]