1周回って知らない話+今夜くらべてみました ちさ子&杏の家族の「今」激白4時間[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

1周回って知らない話+今夜くらべてみました ちさ子&杏の家族の「今」激白4時間[字]

高嶋ちさ子ダウン症の姉&87歳父と大モメ!?溺愛する次男に初密着▽杏が初登場!!3児の母リアル私生活&女優業を支えた福山雅治の言葉▽伝説の国民的美少女10年ぶりTV

出演者
■1周回って知らない話
【MC】東野幸治 【アシスタント】川田裕美
【ゲスト】高嶋ちさ子/杏
【パネラー】岡田結実、茅島みずき、河合郁人、柴田英嗣、鈴木福、滝沢カレン ほか
■今夜くらべてみました
【MC】徳井義実(チュートリアル)、後藤輝基(フットボールアワー)、SHELLY、指原莉乃
【ゲスト】宇野実彩子(AAA)、千賀健永(Kis-My-Ft2)、檀れい、バービー、フワちゃん/井上咲楽
番組内容
▽高嶋ちさ子一家に独占密着!!亡き母のお宝映像も発掘
▽12人のヴァイオリニスト本番4日前に問題勃発!!ちさ子ナシの単独公演リベンジなるか
▽人気女優・杏「父親は大物俳優」「演技未経験」香川照之の助言で進化&パリコレモデル時代の過酷な実情告白
▽芸能界の美容マニアがすっぴん公開!!200万円美肌術&にきびケア
▽SHELLY3姉妹が石垣島で食べ飲み放題旅!!結婚妊娠(秘)宴
▽井上咲楽が片思い日テレ社員に告白
監督・演出
1周回って知らない話
【企画・演出】内田秀美
今夜くらべてみました
【総合演出】上利竜太
【演出】渡辺邦宏
制作
【チーフ・プロデューサー】原 司 
【プロデューサー】武末大作(1周回って知らない話)、川口信洋(今夜くらべてみました)

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. ティナ
  3. フワ
  4. デニース
  5. 自分
  6. 井上
  7. 指原
  8. 仕事
  9. バービー
  10. ホント
  11. ママ
  12. 宇野
  13. 今回
  14. 時間
  15. 結構
  16. 千賀
  17. 次男
  18. 一緒
  19. 最後
  20. ハハハハ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥2,480 (2022/01/20 23:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

>>2022年もよろしくお願い

します。
>>よろしくお願いいたします。

>>それではまいりましょう。

本日の1周回ったゲストはこの方
です、どうぞ。

>>バイオリニストの高嶋ちさ子

さんです。
>>どうぞ。

>>よろしくお願いします。

>>ちさ子の爆笑家族密着第4弾。

>>お父さん、ここに木の枝ささ
ってたでしょ?

捨てたでしょ?
>>あっ、捨てちゃったね。

>>実家の年末大掃除で大もめ。

>>ちーちゃん、これは?

これ。
>>これ、私が描いたの。

>>あまり見せるもんじゃないよ、

それ。
>>さらに、

ダウン症の姉の還暦をサプライズ
でお祝い。

ところが、ここでも。

>>イエスかノーで答えろって言
ってるじゃない。

>>質問に答えないと。

>>本当は足が、自分で足が。

>>だからそこはいいっつうの!

>>いいっつうのじゃないの!
>>11歳の次男のコンサートデ

ビューに独占密着。
>>ママ、怒らせんなよ。

>>分かったよ、もう。

>>さらに、3児の母、杏が子育

ての悩みを真剣相談。

>>ワンオペみたいな記事出るん

ですけど、無理無理、絶対無理。

>>1周回って知らない話、

今夜くらべてみました合体4時間
スペシャル。

>>なんか、1周回ってっていう

番組が、

高嶋さんのリアリティーショーみ
たいになってきて。

>>本当、そうですよ。

>>ずーっと密着してるんですよ。
なぜなら家族がおもしろいからで

す。
>>気になります。

>>たぶん家族内でもこれはある

んじゃないですか。
ちょっとこう、これは言っちゃい

けないなとか。
>>踏み込んじゃいけないところ

ね。
>>みんな、踏み込みまくってる。

>>うるさい。

>>本当そう。もう本当そう。

>>ずっとしゃべってますもんね。
>>さあ、今回はですね、お父様

の米寿と、

お姉様の還暦のサプライズのお祝
いを計画されているということで。

さらに実家の年末大掃除で。
>>ちょっと待って、

もうサザエさんじゃないですか。
年末の大掃除って。

>>私たちがちさ子の家族と出会

ったのは、4年前の2018年。
>>父、

弘之と姉、未知子です。
>>現在、実家に2人で暮らして

いる父、

弘之さんと、6歳上の姉、未知子
さん。

弘之さんは、かつてビートルズを
日本ではやらせた音楽プロデュー

サー。
87歳になった今も現役。

>>ザ・ビートルズのタイトルは、

僕が、全部付けた。
>>すごい。

>>すごいんですよ。
ちゃんと。

>>過去の自慢するような。

>>もういいよ。

>>過去の自慢が止まらないのが

たまにきず。

姉の未知子さんは、小さいころか
らどこへ行くにもちさ子とずっと

一緒だった。
>>お姉さんはダウン症なんです

けど、ダウン症というと、

天使といわれるぐらい性格がいい
っていわれているんですけど、

うちの姉の場合は、もうダウン症
にしては珍しく、

性格がちょい悪い。

>>高嶋家は、ほかにも5年前に
他界した母、薫子さん、

そして1歳年上の兄、太郎さんの
5人家族。

そんな高嶋家が集まると、決まっ
て言い争いが絶えない。

>>最近、その話、

未知子とした?
>>してないよ。

>>してないね、はい。

>>みっちゃん、うそばれた。

>>違う。

>>みっちゃん、

もううそやめよう。
きょう、言ったじゃん、うそはや

めようって。
>>うそやめようね。

>>うそなんてついてないって言
ってるの。

>>じゃあ、それは何?想像?

>>私の想像だったの。

女の勘だもん。
>>もう勘弁してよ、本当に。

>>朝食、

何作るの?
みっちゃん。

>>いや、だから、ソーセージを。
>>みっちゃんに聞いてんだよ。

何作ってるの?みっちゃん。
>>けさ、なんか。

>>だからみっちゃんに聞いてる

のよ。

>>そんな高嶋家にとって、
ことしは特別な年。

>>うちの父が、昭和9年生まれ

なんですけど、本人、米寿だって
言い張るんですよ。

姉は確実に還暦なんですよ。
だから、

それをダブルでお祝いをサプライ
ズでしたいんですけど。

>>そう、

高嶋家にとってことしは記念すべ
きメモリアルイヤー。

特に未知子さんの還暦に関しては、
家族全員、特別な思いが。

>>生まれたころはまだね、

お医者さんもダウン症っていうこ
とばが知らなくて、

それで20歳まで生きないと言わ
れたし、それ言われたら、もう本

当に、家内はそこで卒倒しちゃっ
たんですけどね。

>>みっちゃんの60っていうの

は、

ダウン症の歴史からいっても、
もうギネスに近いと思う、私は。

>>20歳までしか生きられない。

そう告げられた未知子さんが60
歳を迎えることは、

高嶋家にとって奇跡に近い出来事。
>>だからもう、

全国のダウン症を持つお母様、
お父様方からしたら、こんなに元

気に60まで生きるんだと、
ねっ。

けれども、

こんなに性格が悪い。

こんなに性格がきついんだという
ことも併せてご覧いただきたい。

>>そこで今回は、実家へ帰省し

たちさ子が、

タイミングを見計らって2人を家
から連れ出し、

事前に用意したパーティー会場で
お祝いするという、

高嶋家密着VTR史上最も心温ま
る企画。

果たして、サプライズお祝い作戦
は、うまくいくのか。

>>どうも。

ご無沙汰ちゃん。
>>はいはい、いらっしゃい。

>>ご無沙汰ちゃん、みっちゃん。

どうしたの?みっちゃん、病気?
>>疲れちゃった。

>>疲れちゃったって、

ちょっと前髪下ろしなさい。
変なカッパみたいだよね。

元気?みんな。
>>みんな、元気、元気。

ちさ子来るっていうから片づけて
たんだよ。

>>うそだよ。これで片づいてる

の?
>>これでかなり片づいたんだよ、

これで。
>>年に一度の大掃除中だったと

いう2人。
そこで、大掃除の続きをちさ子も

手伝うことに。
>>ここにさ、木の枝、立ってた

でしょ?
>>知らない。

>>ねえ、お父さん、

ここに木の枝ささってたでしょ?
>>うん。

>>どうした?それ。
>>えっ? 

>>木の枝、2本、黒い木の枝。

捨てたでしょ?
>>ああ、捨てちゃったね。

>>木の枝を伝って匂いが出るの。

なんで捨てるのよ。
>>これ、どうした?

くっさい臭いだね。
>>臭いの、だから、木の枝を。

ねねねねねね、大変、お父さん。
>>えっ?

>>印鑑登録証と印鑑証明がある
んだけど。

>>どこに?

>>自分の所にちゃんと入れとき
なよ。

大事なとこ。冷凍庫でしょ?
>>違う、違う、違う。ばかなこ

と言うんじゃないよ。
>>ばかなこと言うんじゃないよ、

本当に。
>>泥棒、聞いてるじゃない。

>>だっていつもうち、だって、

郵便局の人、言ってたよ。
印鑑冷たいですねって。

>>ばかなこと言うんじゃないよ、

本当に。
>>捨てないでね、もう。

>>大事だもんね、

みっちゃんのものね。
>>誕生日カードなんだけど。

>>これ?じゃあ、大事だ。

それはもう、

捨てるわけがないよ。
みっちゃん、年女?

>>そうどす。

だから言わないでって言ったのに。
>>年女だからお祝いしなきゃね。

>>お祝いしなくていいって。

>>なんで?

>>格好悪いから嫌。

>>実は、還暦を格好悪いと思っ

ている未知子さん。

これがちさ子の悩みの種。
>>還暦の年だからって言っても、

還暦じゃない!って言うでしょ。

パーティーするって言ったら、
みっちゃん、激怒して来ないから、

なんて言ったらいいかなと思って。
来年いくつになるんだっけ?

>>知らない。

>>知らないの?
>>それはないしょだよね。

>>もう忘れちゃった。
>>テレビがあるからちゃんと言

って、本当の。

元気で長生きしたいなって。
>>松田聖子の学年が1つ下なん

で。

>>聖子ちゃんの年見れば分かる
のか?

>>分かる。

だって、言いたくないんだけどね。
>>聖子ちゃんって、今、おいく

つでしょうね。
>>1962年3月生まれ。

>>みっちゃんは?1962年の

9月。

>>9月の1日なんだ?

じゃあやっぱり、9月で。
>>やばいよね。

>>見えない、

見えない、みっちゃん。
>>いやいやいや、やめとけって。

>>かわいい、かわいい、みっち

ゃん。
全然。こんなに元気でね、

元気な60歳ってすごいじゃない。
けどね、

20歳まで生きられないなんて、
当時はね、そうなんじゃないかな

って言われてたんだよね。
>>そうそう。

>>だけどみっちゃんは、その記
録を破ったんだよ。

>>やったー。イエーイ!

>>さらに棚の中を整理している

と。
>>あー、そうだ、うち、これ、

出してたじゃん、クリスマスに。
だからさ、ここもきれいにすれば、

こういうのも出せるんだよ。
>>何?これ。

>>お父さん、毎年、イヤープレ
ート買ってたじゃん、クリスマス

に。
>>あっ、買ってる。

買ってる。
>>そういうのをここにきれいに

したら出せるんだよ。

>>9年前まで、弘之さんが毎年

購入していたというイヤープレー
ト。

箱から出してみると。
>>とりあえず。

あっ、

なんか書いてある。
いろいろなことがたくさんあった

年。
5月、バイオリンを買う。

>>これ、書いてるのはどなた?

>>母です。

>>なんと、

裏側にはちさ子も初めて見るとい
う母、薫子さんの直筆メモが。

>>6、

ウィンダム購入。
車だね。

8月、ちさ子婚約。
11月、

大和売る。
12月、家のペンキ塗る。

これね、説明していい?

私が結婚が決まって、うち、
それまでしょぼい車だったんだけ

ども、お相手のことを考えて、

ちょっとみえはってね、ウィンダ
ムっていうちょっといい車に買い

替えたんだけど、それで私の結婚
にあんまりお金がかかるもんだか

ら、

お母さんは11月に自分が持って
た土地を売ったわけ。

>>ばかなこと言うもんじゃない。

>>そうだよね、けどね。

それで12月には、

うちの夫は家にも来たりするんで、
家のペンキを塗ったの。

おもしろい、これ。

本当にあの人はおもしろいね。

あの人の手帳とかもあるんですけ
ど、もうそれはそれはおもしろい

ですよ。あっ、ちさ子、ブルボン
コマーシャル決まるだって。

>>本物見つけた。

>>そこで、薫子さんの手帳も物

色。

>>ことし最後のマージャン、

プラス1530点。
やだ、もう。

>>手帳、

今まで読まれたことなかったんで
すか?

>>ないないない。

だってほら、私物だもんね。
>>僕も読まない。家内はね、

よく書いてましたから。
>>そうそう。まめだよね。

>>ちーちゃん、ちーちゃん。

これは?

>>バイオリンのレッスン行った
ら、必ずレッスンのあとね。

>>これ、私が描いたの。

>>あまり見せるもんじゃないよ、

それは。

>>そんなことない。

>>ちょっと、今度、じいじの部

屋、見よう。
>>隣の部屋?

>>隣の部屋。

>>父、弘之さんの部屋はどうな

っているのか。
>>うわ!これはひどい。

>>いやいやいや、これ、大事な

ものがあるんだよ。
>>これは。ねねねね、ちょっと、

ごみ袋、持ってきて、ごみ袋。
>>いや、

いいいい、ちょっと、大事なもの
あるから、今、ちょっと。

>>いやいや、これはひどいよ、
けど。

>>しかし、

中にはビートルズグッズなど、

お宝のにおいのするものも。
こちらは300セット限定で作ら

れたレコードボックス。
さらに、

ビートルズから直接もらったとい
う直筆サイン入りの写真や、

世界に2枚しか存在しない、
サンプル版のレコードも。

そして、

最近見つかったというあるものが。
>>この間、見てたらさ、大事な

もの、出てきたんだよ。
>>何?

>>8ミリビデオ。

これ。
>>いつの?

6月24。
あっ、私がアメリカに行く前のや

つだ。
>>そうそうそう、それとね、

お母さんも写ってるみたいなんだ
よ。

これさ。

>>高嶋家30年前の超貴重映像。

生前の母の姿を見て、

>>昔、

家族でよく撮っていたという8ミ
リビデオ。

せっかくなので3人で見てみるこ
とに。

>>はい、ちさ子、お誕生日おめ

でとうございます。
>>パパが買ってきてくれました。

けど振り回してきたから、くりは
こんなに落ちてしまいました。

>>ひどいケーキだね。

>>22歳のお誕生日です。
ケーキと粗末なフルーツがあるだ

けです。

>>映っていたのは、今から32

年前、ちさ子22歳の誕生日。
>>みっちゃん、

何かお祝いのことば言って。
>>おめでとう。

>>ありがとう。
>>それだけ?

>>痩せてる!

>>みっちゃん痩せてたね。

>>これは?何。

これは?みっちゃん。
これ、みっちゃん、

いくらで買ったの?
みっちゃん、これ、いくらで買っ

たの?
>>なんか、みっちゃん、ちょっ

と感想文を述べてください。
>>ちーちゃんは。

>>もっとこっちを見てください。

>>ちーちゃんは、

きょうは幸せな、お花とか、

いっぱいプレゼントがあるもんで
すから。

>>みっちゃん、今とそんなに変

わらないね、顔。
>>かわいいよ。

>>バイオリンも頑張ってくださ
い。

>>はい。

>>ハワイアンの洋服着てる。
>>すてきな家庭。

>>どう思ってんねやろ。

>>泣いちゃうんじゃない?

>>22歳がいい年になるといい

ですね。
>>そうですね。

>>すると、

生前の母の姿を見たみっちゃんが
こんな話を。

>>ついこの間、

私とちさ子の2人で、

恵比寿にごはんを食べに行かない?
って言われて、

誘われて行ったら、2人とも全部
お母さんを褒めることばっかりし

ちゃったんで。
>>えっ?

>>褒めること。

>>お母さんの?

>>めちゃくちゃに褒めたじゃな

い。
>>なんの話してるの?

ごはん行った?
>>食べに行ったよ。

恵比寿のデパートで。
>>誰と行ったの?

>>ちーちゃんと。

>>それでお母さん、何?

>>話したの?

>>2人とももうめちゃくちゃ褒

めちゃって、お母さん、すごいね、
すごいねって。

>>お母さん、褒めたの?
>>そう。

>>全然記憶にない。
>>私は覚えがある。

>>全然覚えがない。
>>忘れちゃった?

>>忘れちゃった。

>>嫌だー。
>>そんな話聞いたことないよ。

>>するわけないよね。

するわけない。私、お母さん褒め
ること、

そんなないよ。
>>珍しく褒めてたわよ。

>>嫌だ、みっちゃんって、

こういうのがやっぱりテレビ用な
のよね。

ちょっと慣れ過ぎだよ、みっちゃ
ん。

>>2人で、すごい褒めててさ、
すごいね、すごいって言って。

>>もうやめなよ、

そんなうそばっかり言うの。
>>うそじゃないって。

>>ちょっと盛ってるだけ?

>>盛ってるだけ。

>>こちらは、およそ30年前、

未知子さんがピアノの練習をして
いる様子。

撮影者、ちさ子の声にご注目。
>>へたくそ―。

へたくそー。
へたくそー。

へたくそー。

へたくそー。
>>全然できてなかったね。

>>へたくそー。

へたくそー、みっちゃん。
>>もう、やだ、もう。

やめた。
>>ゲームボーイやってる。

>>こんなことしてて、

バイオリン弾かないと、時間がも
ったいないでしょ。

>>うるさいな、ばか。ほっとけ、

あほ!
>>まぬけ。

ちーちゃんは、もっと。
>>じゃあ、

二十面相やります。
1、2、3、4、5、6。

>>何やってたの?

>>8、9、10、11、12、

13、14、15、16、17、
18、19、20。

できたー!デビューしよ。
>>あほみたい。

>>もう一回、押して。

>>そんなちさ子が結婚し、

家を出るときの心境を、弘之さん
が語ってくれた。

>>うちはね、

ちさ子が結婚するときだって、
みんなから、

寂しくなるでしょうって言われて、
俺、

寂しい顔しないといけないのかな
と思うぐらいね、全く、全く。

だから、

ほかの人の結婚式で仲人したりね、
それから出席したりするときにね、

お父さんがわんわん泣いてるの見
て。

>>ばかみたい。

>>いやいや、ばかみたいとは思

わないけれども、僕が逆におかし
いのかなと。

>>そして、ちさ子が留学中、

母、

薫子さんとみっちゃんが、

アメリカに訪ねてきたときの様子
も記録されていました。

>>気持ちがいいですよ、ちーち

ゃん。

>>ママがスカート直してます。

きっと、車の中でボタン外してた
んでしょう。

またやってるよ、ほら。
>>もしかしたら外してるの?

>>わざとズームしてね、天才だ

よね、私。
もうぱっちんぱっちんだよ、

これ。
>>何が?

>>洋服。

>>私?
>>今、

ズームしたよ、もう、

あまりのぱっちんぱっちんに。
>>やめてよ、そんな。

あんた、いやらしい子よ。
>>痩せよう、絶対痩せよう。

懐かしい。
お母さんが太ってて懐かしい。

だってほら、最後、痩せてたから
さ。

だけど、私が留学中も、本当に筆
まめで、

週にいっぺんは手紙が来てて、
日本の状況とかを全部報告してく

れて。
1年に1回か2回は、

確実に遊びに来てたし、私の90
%は母で出来てるので。

もう本当にもう、

母の思いどおりに動かされた人生
だった。

>>でもいいじゃない。

楽しくって。
>>けど、3人の子どもの中で、

お母さんが一番心配して、

手かけたのって誰だと思う?
>>太郎とちさ子。

>>だよね。

>>みっちゃんではないって言っ

てた。
>>全然ない。

>>あっ、そう?
>>みっちゃんが一番、手がかか

らなかった、結果。
>>そうね。

そういう意味では、安心して亡く
なったんじゃないかと思います。

最後は、なんたっていい人と結婚
できたって言ったんだから。

>>言ってないと思うよ。

>>本当に言ったんだよ。

>>お父さん、いつもそうやって、

なんか、

誰も見てないところでさ。
おばあちゃんのときもそうだった

じゃない、おばあちゃんのときも。
>>おばあちゃんもそう。

>>ほらね。

>>おばあちゃんもね、弘之さん
は本当にいい人だったって。

>>それ、誰かいるの?証人は。

証人。
>>いないね。

>>やめなさいって。

>>相変わらず、皆さん、

お元気そうで、3人のテンポ速い
ですね。

>>速いです。

>>普通の家庭の速さじゃないで
すもんね。

>>本当に、どうでしたか?

SHELLYさん。
>>ホームビデオの中で、ちさ子

さんって、昔からちさ子さんだっ
たんだなって思うのと、みっちゃ

んのこと、やっぱり、ちょい性格
悪いって言ってて、あのVTR見

て、いや、

ちーちゃん超性格悪い。
>>一生懸命ピアノ弾いてるのに、

へたくそー、へたくそーって。

>>言います?ひどいよな。

>>家族、きょうだいじゃないと
言えない。

>>言えない、言えない。
>>へたくそー。へたくそー。

へたくそー、みっちゃん。
>>スタッフからすると、

家行って、ちょっと掃除するいう
て、棚のもの出すだけで、

あんな撮れ高あったら、楽でしょ
うがないでしょ。

>>ちょっと探せばいろんなもの

出てくる。
>>ねえ、

しばっちゃん。
>>VTR見てみたら、高嶋さん

の二十面相出てくるんでしょ。
>>あれはみっちゃんが撮影して

るんですか?
>>あれはみっちゃんが撮影して

て、私が家で、親がいないときに
バイオリンの練習をさぼっている

のを、みっちゃんが証拠で撮るの。
>>なるほど。

>>でもまだまだビデオ、8ミリ

ビデオあるから、われわれファン
としてはね。

>>いや、いい、もういい。

あの人ね、うちの父ね、私を通さ
ずに、日テレの方に、8ミリビデ

オ渡しちゃうんですよ。
私の許可なくだよ。

>>それは、でも思い出やから、

高嶋家の思い出やから使ってくだ
さいっていう。

>>いやいやいや。それで、

どんなビデオですか?って確認し
たの。

そうしたら、

私の大学生のころの水着のビデオ
なの。

>>それはちょっとね。

>>いいじゃないですか。

>>よくない!

>>いいじゃないですか。
>>それはよくない。

>>お母ちゃんもちゃんと筆まめ

やから、プレートに、

裏っかわに。

>>イヤープレートを本当に飾っ
てるっていうお金持ちのおうちっ

てたくさんあるんだけど、

裏に何か書いてる人って初めて見
ました。

>>あれ、けどね、うちの母は半

分嫌みなんですよ、私に対しての。
>>なんでですか。

>>それはそうですよ、これだけ
のことしてるんだから、絶対戻っ

てくるなよっていう。
>>あっ、そういう?

>>思い出。

>>こんだけウィンダム買って、

壁も塗り替えた。
>>それで土地も売ったと。

>>土地も売りましたよ。あなた、
分かってますね。

結婚してすぐ離婚して帰ってきた
ら、ただじゃおかないよっていう

ところ。
なんで、そういうふうにしか受け

取れないんですか。
>>だって毎日言われてたから。

もう結婚式はうちの父も笑いが止
まらなくて、うち、

返品きかないからっていって。
私の友達代表が、スピーチで高嶋

家の皆様、×××。
>>そんな結婚式、聞いたことな

い。
>>さらに、いよいよこのあと、

米寿、

還暦のお祝いでまたまた言い争い
が勃発。

>>行くか行かないか。

>>もう結婚式は、うちの父は笑

いが止まらなくて、

うち返品利かないからって言って。
私の友達代表がスピーチで、

高嶋家の皆様、

本当に今までお疲れさまでしたっ
て。

>>そんな結婚式、聞いたことな

い。
>>でもこのあとパーティーでし

ょ?

>>還暦を迎えるお姉様と、

米寿を迎えるお父様へのサプライ
ズ、成功したんでしょうか。

>>ちょっと久々に、あそこ行っ

てみないかなと思って。

ちょっとお母さんのお友達の大瀧
さんち。

最近、お会いしてないでしょ?み
っちゃん。

>>みっちゃん、全然会ってない。

>>そうでしょ。

>>ついこの間、会ったことはな

かったんだけど。
>>ついこの間、

会ったことはなかったって、
どんな日本語だよ。

>>難しいね。

>>大瀧さんとは、母、薫子さん
が学生時代から親交のある音楽仲

間で、高嶋家とは、かれこれ60
年近くのつきあい。

その大瀧さんの家で、未知子さん
はピアノ、ちさ子はバイオリンの

演奏会をたびたび行ってきた。
さらに、

薫子さんが生前に、

ちさ子の次男が弾くチェロと最後
にセッションしたのもこの場所で

した。

親子3世代でお世話になってきた
この思い出の詰まった場所で、

今回、

父の米寿と姉の還暦のお祝いをし
てあげようという。

>>今から行くっていう所は、

何年ぶり?
>>私、結構、もしかしたら10

年ぶりかもしれません。
12人の練習室としても、

よくお借りしてたりしたんで。

>>家内が亡くなったあと、
わざわざ大瀧さんのとこで、

追悼演奏会やってくださったね。
>>そんな広い場所なんですね。

>>広いなんてもんじゃないです

よ。
>>そんな話をしているうちに、

大瀧さんの家に到着。
果たして2人の反応は。

>>見て、みっちゃん、見て。

>>えっ?

みっちゃん還暦だって。
>>どう?

高嶋ちさ子プレゼンツだよ。
>>プレゼンツなの?

>>そうだよ。
>>あれれー。

>>入ろう、入ろう。
>>入ろうって言われたって、

びっくりでござんす。
>>リアクションは薄いが、

嫌がってはいない様子。
>>こんにちは。

>>失礼します。

>>すみません、もう、お待たせ

しちゃって。

お待たせしちゃってすみません、
ご無沙汰してます。

>>ご無沙汰してます。

>>どうも、どうも。

>>こんにちは。ご無沙汰です。

お元気ですか?

>>おかげさまで。

>>こちらがこの家の持ち主、

大瀧さん。
さらに、

薫子さんの音楽仲間だった小島さ
ん、長谷川さんも2人のお祝いと

聞いて駆けつけてくれた。
>>けど皆さん、あれですよ、

私が売れない時代に、

もう本当に毎回コンサートに来て
くださってた。

>>覚えてる、覚えてる。

>>チケットが、もう余って余っ
てしょうがないころに、いつも来

てくださってて、で、売れるよう
になったら、

真っ先に呼ばなくなるっていう。

>>まずは本日の主役2人から、

あいさつ。
>>88までね、元気で生きられ

るとは思わなかった。
>>1人だけ生き残ってね。

>>父親がね、78歳で亡くなっ

てるんですよ。だからものすごく
ね、78歳まではね、ものすごく

気になった。

やっと、

おやじの年を超えたかなと思って
からね、

一気呵成にね。
>>どれ取ったの?

>>10年たったら、でも…。
>>これ、食べなよ。

>>でも未知子のためにね、
100歳まで生きようかなと思っ

ております。
>>次、みっちゃんだよ、みっち

ゃん。
>>はい、みっちゃん、ごあいさ

つ。
>>ごあいさつ。

>>3人とうちの母親が友達だっ

ていうことは、私からしても変だ
けど、お母さんの友達だって確認

できました。

安心して来られるようなこのおう
ちなので、温かくて、家族だなっ

て思った。
>>ありがとうございます。

>>どういう意味?

ちさ子、翻訳してくれ。
>>温かくて、

ホームみたいな感じで、だから。
>>分かった。分かった。

>>老人ホームみたいだって?

>>老人ホームじゃない。

>>いやいや、ホームって言った
じゃない、今。

>>お父さんに何かあってもここ
に来れるなってこと。

>>そう。
>>みっちゃんは、

きょうかい行ってるの?
>>行くか、行かないか。

>>だから行ってるのって言われ

たから、イエスかノーで答えろっ
て言ってるじゃない。

>>まずその質問に答えないと。

>>自転車で行くことになっちゃ

ったけど、とうとう、だけど、
本当は歩けるのに、足がだめにな

っちゃったもんだから。

>>教会言ってるんですかって言
ってるじゃない。

>>そう、どっちなの?

>>どっち?
行ってないの?

>>自転車で。
>>自転車関係ない。

行ってるか行ってないかっていっ
たら、どっちなの?

>>それ、ちゃんと答えないと。

>>まず、どっち。
>>ちょっと引いちゃってる。

>>本当は足が、自分の足で。

>>だから、

そこはいいっつうの。
>>いいっつうのじゃないの!自

分の足で歩くのは本当なんだけど。
>>もういいです、その話。

>>関係あるの。

足が前よりもだめになっちゃった
もんだから、

しかたなく自転車で教会行ってま
す。

>>じゃあ、行ってるのね、

結局は。
だから、そういうときは、

教会行ってます、そこから、
昔は歩きだったんだけど、足が痛

いから自転車でっていう。
>>みっちゃん、

みっちゃんの今の話しっぷりはね、
お父さんとそっくり。

>>えっ?

>>お父さんに何か説明させると

ね、

前置きが、ざーっと。
>>本当だ、すごい。

そうすけさん、天才。
本当だ。

>>嫌なこと言うね、あなた。

嫌なこと言うね。
>>似てるんだよ、やっぱり親子

なんだよ。親子だ、これ。
>>これから、みっちゃん、

前置きカットしよう。
>>お互いね。

>>そしてここで、ちさ子から2

人へお祝いのメッセージ。
>>きょうは、

父の米寿とみっちゃんの還暦にお
集まりいただき、ありがとうござ

いました。
みっちゃんも本当に健康で、

60にまでなったっていうことは、
本当に奇跡に近いことなので、

これからも健康に気をつけて、
いてほしいなって思います。

なので、

ちょっとカロリー多め摂取をちょ
っと気をつけて、

長生きしてもらえたらなと思いま
す。

あと、お父さんの面倒をよろしく
お願いします。

で、お父さんは88歳ということ
で、

あれだけ好き放題しゃべって、
あれだけ、

もう本当に好きなだけ食べてるの
は、本当に、

これが長生きの秘けつじゃないか
なと思うので、とりあえずみっち

ゃんと2人でですね、

一日も長く元気で暮らしていただ
ければと思います。

よろしくお願いします。
>>どうも、ありがとうございま

す。
>>幸せなお父さんですね。

>>そして、

フィナーレは。
>>みっちゃん、弾くんでしょ。

みっちゃん弾いて。
何弾くの?

>>ちさ子とみっちゃん姉妹によ

る32年ぶり、感動のセッション
のはずが。

>>ほら、もうね、みっちゃん、

1個ずつ足りないんだよ。
>>もうー。

>>ちさ子とみっちゃん姉妹によ

る、32年ぶりのセッション。

お互い成長した2人は、どんなハ

ーモニーを奏でるのか。
それではお聴きください。

高嶋姉妹で千と千尋の神隠しの主
題歌。

>>さっき、みっちゃん、メロデ

ィー間違えてたよ。

そこが違うんだよ。
みっちゃん。

聴いてよ。

聴いてって言ってるじゃん。
>>みっちゃんの独特のテンポに

翻弄されるちさ子。

>>そうだよ。

なおんないよね。

>>あーだこーだ言いながら。

>>決して上手とは言えないセッ

ション。
それでも、なぜか心温まるメロデ

ィー。

>>ほら、もうね、みっちゃん、

1個ずつ足りないんだよ。
>>もうー。

>>テンション下がっちゃうよな。

>>合わせてくれればいいのに。

>>そう、そうね。こっちが、

プロが。
>>もういいよ。

できない、一緒には。

>>もっとこっちを向いてくださ

い。

>>ちーちゃんはきょうは幸せな。

>>うるさいよ、ばかー!ほっと

け、あほ!

>>ということで、

ちさ子のサプライズお祝いパーテ
ィーもこれにて終了。

昔と比べて年は取っても、家族の
絆は何一つ変わらない。

そう思わせてくれた今回の密着で
した。

>>結果よかったですね、最後、

ほっこりしてということですから。
>>みっちゃんとはもう昔っから

こうやって弾くのが好きで。
>>ピアノ弾いて、

バイオリンでっていうことですけ
ど。

音が1個足りない?
>>いっつも1個足りないか、

1個多いか、どっちか。

>>でもSHELLYさんがおっ

しゃってたように。
>>はい、ちさ子さんがプロだか

ら、合わせればいいんじゃないで
すか?

>>あっ、そうかって。

>>その選択肢はね、この50年

間、

1回もなかった。
>>みっちゃんが教会に行く、

行かないのくだりで、

永遠と話があって、自転車やどう
たら、

だから行くの行かないのみたいな
くだりが、実はお父さんとすごい

似てると。
>>そう!みんなみっちゃんの行

ったとか、

行ってないとかじゃなくってって
いう、あのくだりが大っ嫌いなん

ですよ。
あれを。

>>大嫌いなのは高嶋さんのお父
さんで、こっち側サイドは、

とにかく早く話終わらせてくださ
いっていう顔してましたよね。

>>じーっとしてましたよね。

>>高嶋さんが嫌いなことを、

大瀧さんは、もっと嫌いなこと、

もっときいてた。
>>申し訳ないけども。

>>そんなお父様から、1つ預か

っているものがありまして。

>>そうそうそうそう。

>>こちらなんですけれども。

>>これ、何なんですか?

>>お父様、なんと、

2月に香川県の高松で講演会を開
かれるということなんですよ。

>>ばかじゃないの、もう。

>>お父さんのトークショーのチ

ラシ。
>>そうなんです。

>>チラシ。
>>ぜひこれをと言われまして。

>>やめてほしい、本当に。

>>日本テレビ初めてですね、

一般人のお知らせでございます。
>>おじさんの。

米寿のおじさんのお知らせを。
>>続いてまいりましょう。

高嶋ちさ子さんに聞きたい、

続いての1周回って知らない話が
こちらです。

あれから高嶋家の子育てはどうな
ったの?と。

>>ちさ子の子どもは、現在14

歳と12歳の息子2人。
長男は3年前に、

そして次男も去年9月にそれぞれ
アメリカへ留学。

そんな息子たちに、

番組で3年前にアンケートを取っ
たところ。

>>お母さんの好きなところは?

運動神経がいいところ。
>>ああ、ちょっとうれしい。

>>弟さんはどう答えると思う?

>>おもしろいところ。

>>ああ、おもしろいところ。

>>こちら。

欲しいと言うと買ってくれるとこ
ろ。

この際だから、お母さんに謝りた
いことは?

>>これなんやと思います?

>>DS折ったときは、
>>あの有名な。

>>そう、自分たちが、

あんな休みじゃない日にやっちゃ
って、こんなことになったからっ

て。
>>お母さん、

ネットニュースになったりとかし
たけど、これは僕たちが悪いから、

お母さん、怒って当然だと、

ごめんなさいということね。
>>って言ってたんですけどね。

>>なるほど。たぶん、それはそ

うじゃないですか。
じゃあ。

>>こちらです。

これからいっぱい悪いことするの
で、ごめんなさい。

>>おもしろい。

>>何これ。

>>どうきが。

>>弟のほうがそう答えてるんで

すね、もしかしたら。
>>そうですね、

弟に期待したい。
>>弟に期待しましょう。

>>弟さん、こちらです。謝るこ
とはない。

>>謝ることはない。

>>そんな2人の今、そして、

ちさ子流の子育てを掘り下げます。

>>以前はああいうふうに質問で

答えてくれて。
今回が。

>>ちょっと月日がたっています
ので。

>>一体どうなっているのかって

いうところなんですけど。
シェリーさん、どうですか。

>>当時は10歳、12歳ってこ

とですよね、大体。
12歳、14歳、お兄ちゃんは中

学生になってる。
たぶん、

悩みの内容とか全然変わってくる
んで。

>>思春期っていうのもあるし。

>>思春期とか、男の子だしとか

って思ったときに、どんなふうに、

コミュニケーションを取ったりと
か、

コミュニケーションがどう変わっ
たかってすごい気になります。

>>まさに思春期の真っただ中。
ことし15歳になる長男と、

最近、

ひと悶着あったらしい。
>>今、ちょうど長男が、アメリ

カで高校受験を頑張ってるときな
んですけど、やっぱりなんか、

周りに流されて名前がある有名な
学校に行かなきゃいけないんじゃ

ないかなみたいな気持ちになって
るみたいなんですけど、私として

は、そういう有名な学校に行くっ
ていうよりも、

自分に合った学校で楽しい3年間
を過ごしてほしいから、

そういうところに引かれるんじゃ
ないっていうことをすごい言って

るんですけども、ママが持ってる
エルメスとか、そういうものを見

てると、

ママはそういうものに惹かれるタ
イプだから。

>>ハイブランドに。

自分が似合うバッグじゃなくて、
ハイブランドのやつに惹かれる。

>>だから、

ママはそういうとこじゃないとお
金出さないって絶対言うと思って

たって言われて。
やっばいと思って。

もうだからね、クリスマスツリー
の下に、エルメスのオレンジの箱

置くのやめた、ことしは。
>>見てますから。

>>またお母さん、エルメスだっ

て。
>>そういうことじゃないんだよ、

人生はって、すごい言った。
>>そういうことじゃないんだよ、

人生はっていうのは、子どもにし
つけとして言ってるのか、ほんま

に思ってるのか。
>>いや、もう、それでもう、

買い物もちょっと抑えてます。
>>なるほど。

>>そういうことがよくないって

ことを、

なんか子どもから言われた気がし
た。

>>一方、

ママのことが大好き、

3か月前に留学したばかりの次男
から見たちさ子ママはどうなのか。

>>留学したばかりの次男さんに、

またアンケートに答えていただき
ました。

ちょっと今の心境を書いていただ
いております。

>>今、留学して本当に苦労して

るから。

>>感謝の気持ち、

いっぱい述べてるかもしれないで
すね。

>>まあ、そうかもな。

>>なるほど。そうだったらいい

ですよね。
>>いや、絶対感謝しかない。

>>親元を離れて生活してみて思

うことは?と。
>>どう答えたと思います?

>>えっ、おうちは、

おうちが楽しかったなって思う。
>>なるほど。

さあ、どうなんでしょうか。
>>おもしろいことが減ってつま

んない。

ママみたいにおもしろい人はそう
いない。

>>いや、

泣いちゃう。

>>かわいそう。

まあね。
>>だから、いいじゃない、

楽しかったのよ。

>>あの刺激の多いアメリカに行
って、そう思うってすごいですよ

ね。
>>どう考えても、アメリカより

も高嶋家のほうが刺激多いでしょ。
>>そうですよね。

>>アメリカじゃちょっとかなわ

ないですね。
>>留学したことで、お母さんに

変化はあったのかどうか、どう思
いますか?

>>私自身はないけども、彼が思

うことですよね。
>>そうそうそうそう。

>>優しくなった?

>>お母さんが。

さあ、

どういうふうな答えなんですか。
>>よく怒られるようになった。

宿題をやっていないから。
>>勉強のことが、やっぱり気に

なるっていうところですよ。
>>結構毎日、チェックされるん

ですか、宿題のことは。
>>ネット上に、

親も共有できる所で、きょうの進
み具合とか全部、全部アップされ

る、毎日。で、

あなたの息子さんは宿題、これま
だ出してませんとか、全部出るか

ら。
>>なるほど。

>>続いて、最近、

怒られて、一番覚えていることは?
>>どう答えたと思いますか?

>>チェロの練習をしなくて、

学校の先生にチクったこと?

>>もっと厳しくしてくださいっ

て言ったってこと?

>>ゲームボーイでサボった人が、
よくやるなと思いますけど。

>>20歳のときね、練習するっ
ていうてね。

>>確かにね。そう、あれで苦労

したから。
>>それはそれ、これはこれ。

お母さん、

苦労したからあなたに言ってるん
ですよって。

>>こちらです。
アメリカに帰るときに、帰りたく

ないって言ったら、

すぐ帰ってくるんだから!ってめ
っちゃ怒られた。

>>寂しいんだ、やっぱり。

>>アメリカに帰りたくないよっ

て言ってるときに、そうだよね、
寂しいよ、

お母さんも、じゃなくて、

すぐ帰ってくるんだから行きなさ
いって。

>>早く行きなさいよって。

だから日本で、ママのおいしい料
理食べたりとか、一緒に暮らすの

が楽しいから、アメリカに帰りた
くないよって。

>>いやいやいや、嫌なことをさ

せてる気持ちがないから、

なに甘えてんの?みたいな。
>>すげぇ体育会系。

>>なんか、僕、叱られてます?

>>最後はもう、

成田で高いお金出してるんだから、
こっちなんだから、泣きたいのは

こっちのほうだよって。
>>ないしょにしていること。

これ、カレンちゃん、なんやと思
いますか?

>>実はもう日本にいるよとか。

>>怖い。

>>お母さんに。

>>さあ、なんでしょうか。

>>ないしょだから書かない!

>>あるんだ、ないしょが。
>>彼女ができたとかですかね。

>>男子校なんです。

>>どうなんですかね、

兄弟2人もいずれは彼女とかがで
きて、家にあいさつする。

これ、

みずきさん、地獄でしょうね。
>>嫌かもしれない。

>>完全に彼女の気持ちになった

ら。

>>ごあいさつ行かないの?

>>ちょっと怖いです。

>>行けないよね。

>>だって、ずっと言われるんで
すよね?

>>言わない、言わない。
>>でも帰ったあと、すぐ言うん

でしょ。
>>そりゃ変な子だったらめっち

ゃ言う。
けど、もう、生まれたときから洗

脳してるから、テレビ見て、
これだめ、はい、これだめ、

これだめって。
>>じゃあ、もう、ちゃんとした

人を絶対連れてくる?
>>そうそう。

>>そんな次男が、

実は留学前に、もう一つ、大きな
転機を迎えていた。

それは、4歳から始めたチェロで、
コンサートデビュー。

その一部始終を今夜お見せします。

>>怖いもん。

>>何が怖いのよ、怖くないよ。

>>怖いじゃん。

>>マッサージする?
>>ねー、

もう弾かなくてよくない?
別にさあ。

>>お母さんや。お母さんですね。

>>ねぇ。

>>ちさ子のことが大好きな次男

が、

チェロを始めたのは4歳のとき。
毎日1時間の家庭教師に加え、

ちさ子も必死に教えてきた。
>>最後うまかった。

>>できたー。

>>最後うまかったね。
うまい、うまい。

先生に見せたいね。

>>とっても優しい。

すごい張り切ってる。
上手、上手。

>>と思いきや。

>>急がない。

>>こっからじゃないとできない。

>>できなかったらぶったたくか
らね。

これだけ伸ばすんじゃなくて、
これも、聞いて!てめぇ、この野

郎。

>>アメとムチを使い分けながら、
英才教育を施してきた。

そんな次男が去年2月、ついにコ
ンサートデビュー。

番組では、

デビュー前の高嶋親子奮闘劇に密
着した。

1月某日、本番1週間前。
>>きょうはですね、

私の大好きなチェロの皆さんと、
その演奏会があって、そのリハな

んですけど。
>>ちさ子は毎年、男性チェリス

トとコンサートを開催。
そのコンサートが、次男のデビュ

ー場所になるという。

>>メンバーの中にも息子さんが
いる人が2人いて、

やっぱり楽器やってるんで、

うちの息子と一緒に演奏してって
お願いして。

ちょこっとだけ。
チケット代には含まれてないんで

すけど、アンコールの3曲、
弾かせようかなと思って。

>>披露するのはこちらの3曲。

王道のクラシックやJーPOPを
取り入れた選曲になっているのだ

が。
実はこのハイドンのコンチェルト

という曲、超難しい。

東京藝術大学の入試の課題曲とし
て使われたこともある超難曲。

古川さんいわく。
>>チェロは基本的に低音楽器な

んですけど、高音がたくさん出て
くるんで、

高音で速弾きをしなきゃいけない。
いわゆるフィギュアでいう、

スーパーE難度の3回転半ジャン
プとか、トリプルアクセルとか、

4回転とか、そういうのをずっと
やっているような曲なんです。

弾くことが非常にテクニック的に
難しい。

>>あえて難しい曲を選び、

高いハードルを設けているのだ。
やるからには一切妥協しない、

これがちさ子の教育方針。
>>全然厳しいです。

12人の子に対する言い方なんて、
めっちゃくちゃ優しいです。

>>実際、

この日のために4か月前から、
休まず毎日2時間練習させてきた。

リハーサルの様子をのぞいてみる
と。

さすが高嶋ちさ子の息子、かなり
の腕前。

演奏に関しては問題なし。
あとは本番を待つのみ。

ちなみに、

コンサートデビューの会場はサン
トリーホール。

音楽家なら誰もがその舞台に立つ
ことを夢みる、格式高い舞台。

僅か11歳の次男のデビュー戦に
このホールを選んだのも、

ちさ子の子育てに対する信念が関
係している。

>>飛び抜けた経験をさせたいん

ですよ、子どもには。
ジェットコースターのような経験

をさせたいから、正直、

チェリストになれるともそんな思
ってないんですけど、

本当に一生懸命やんないと分から
ない喜びってあるんで。

目標を必ず定めて、

これを超えさせるっていうのが、
私のやり口で、

それを超えたときの達成感はまた
また半端じゃなく、やってよかっ

た。

>>高いハードルを越えたときに
得られる達成感はもちろんのこと、

たとえ失敗したとしても、大きな
挑戦は必ず人生の糧になるという

のが、

ちさ子の信念。
>>それが吉と出るか、凶と出る

か、心が折れることもあると思う
んですけども、トラウマになるか

もしれないし。
>>そして迎えた本番当日。

まずは全員で本番同様の演奏を行
うリハーサル。

>>大丈夫。

>>初めて立つ舞台に次男も緊張

しているかと思ったら。

>>大丈夫。

できるね?
>>暑い。

>>暑いとか関係ねぇんだよ!

>>さすがちさ子の息子、肝っ玉

が据わっている。

いよいよコンサート開演。

>>一回行きたいですよね、

サントリーホール。
>>来てください。

>>どんな違うの、音。
>>コンサートは大盛り上がりを

見せる中。

自分の出番が近づくにつれ、
次男に異変が。

>>もういいの?

>>怖いもん。

>>何が怖いのよ、怖くないよ。

>>怖いじゃん。

なんでみんな緊張しないの?

>>出番を目前にして緊張が襲っ
てきた。

>>めっちゃいるじゃん、人。

本当に人いる。
>>大丈夫だよ。

ハイドン弾く前にちょっと笑わせ
てあげるから。

マッサージする?
>>ねー、もう弾かなくてもよく

ない?
別にさぁ。

>>弱気になる次男に対し、

優しく緊張をほぐそうとするちさ
子だが。

>>もうだめー。

死んだー。

>>あまり効果がないようなので。

>>ちゃんと呼んだら来なさいよ。

>>うん。

>>ちゃんと自分の名前を言う。
>>本名言うの?

>>本名言う。

>>ママ、怒らせんなよ?

>>分かったよ。こわっ。

>>ようやく気合いが入った次男。

ついにアンコールの幕が上がった。
>>さあ、ここからアンコールと

いうことで、われわれの子どもを、

まずは入れ込みたいと思います。
はい、入ってらっしゃい。

はい、

ちゃんと取れよ。

何歳からチェロやってるんだっけ?
>>4歳からチェロやってます。

>>はい、毎日練習は大好きです
か?

>>はい。

>>どうしてうそ言うの?
うそは言っちゃいけないの、

ここでは。
練習は好きですか?

>>いいえ。

>>いいえですね。

じゃあ、ママはあっちで聴いてる
から、一緒に弾かないから、

頑張ってください。
>>そして、難曲、ハイドンのコ

ンチェルトがスタート。

この曲は高音で速弾きを続けなけ
ればならない、

プロでも苦労する超難曲。
僅か11歳の手さばきにご注目く

ださい。

>>無事に演奏は終了。

会場から温かい拍手が。

>>自分的には何点でしたか?

>>70点ぐらいです。

>>70点?

けど、

初めにしてはこのすばらしいホー
ルで弾かせていただいてね、

君にとってはここで弾くことは最
初で最後になると思いますけども、

お母さんのコネもここまでじゃ。

>>最後に古川さん、江口さんの

子どもと一緒に、

紅蓮華を披露し、出番が終了。
>>どうだった?

>>楽しかった。

なんでもできる、今なら。
開放感。すごいもう、見た瞬間、

なんか、うーって鳥肌立った。
>>舞台では、ちさ子からお客様

へ感謝のことばが。

>>拍手を頂けるっていう機会が、

一番、子どもにとってはうれしい。

きょうはそんな思い出に、皆さん
をつきあわせてしまったというわ

けでございますけれども、親ばか
だと思って許していただければと

思います。
ありがとうございます。

>>こうしてコンサートは終了。

最後に2人でいるときのママは、
どんな感じなのか、聞いてみた。

>>一緒になんか、

夜とか、なんか、

言っていいの?
>>いいよ、別に。

>>ママが僕の鼻の中に指を入れ

ようとしてきて、逃げるのがいつ
もの夜です。

>>きょうもやるか?

>>うん。

>>また一つ、

大きな経験をした高嶋家の次男で
した。

>>ありがとうございます。

息子さん、

次男君がチェロ演奏してるのを、
舞台の端で、一生懸命拝んでると

ころは、ちょっとなんか、なかな
か見れない。

>>お母さんだっていう。

>>けど、次の日、

車に乗って、

>>今回のステージデビューに関

して、

本当はどう思っていたのかという
のを、お手紙を、

今回、ちょっと預からせていただ
きました。

書いていただきましたので、
書いていただきました。ちょっと

代読させていただきます。
>>絶対、恨みを持ってるんだろ

うな。
>>どう思ってるんでしょうね。

>>ママと一緒にサントリーホー

ルで弾いたとき、初めてママがす
ごいって思った。

あんなに人がいて、吐きそうにな
るくらい緊張するのに、ママはた

くさんそれをやっているから尊敬
した。

ママはしゃべったりもしないとい
けないけど、全然緊張してなさそ

うに見えるけど、

俺だったら声がちっちゃくなっち
ゃう。

けどサントリーホールは友達もい
たし楽しかったです。

さよなら。

こういうお手紙を頂きました。
>>書いてあったんです。さよう

ならって。
ぱっと見て、泣いてるのかなと思

ったら、普通に黙って聞いてたか
ら、さすがやなって思って。

ぶれてない、気持ちええなと思っ
て。

>>泣くとこ1ミリもないですも

ん。

>>親やったら、ついつい。

>>いや、それよりも、最後のさ

よなら、

どういう意味なんだろう。
>>もしかしたらもう二度と、

日本には帰ってきませんのさよな
らかもしれませんけど。

>>私が求めるコンサートを

100点満点で考えた場合、
28点。

28点。
>>前回、大赤字となった公演。

そのリベンジに向け、

ちさ子が12人のヴァイオリニス
トにメスを入れる。

>>亜美ちゃん、やっぱり地味だ

よね。
なんか、嫌々やらされてる感が、

ちょっと出ちゃうから、もうちょ
っと。

>>嫌なの?
>>嫌じゃないですよ。

>>本番直前、

最終リハーサルで問題が勃発。
その一部始終は番組の後半で。

ここからは杏の1周回って知らな
い素顔が。

好きなママタレランキングでは常
に上位だが、

過酷な子育ての実情を赤裸々告白。
>>一緒に寝ながら、寝かしつけ

パターンなので、

はって気が付いたら、12時半と
か、そしたら4時ぐらいまでやる

とか。
>>えー!

>>さらに、なぜ世界的トップモ
デルから女優へ?

その活躍の裏には、

2人の大物俳優の存在が。

>>これに対して、

俺はなんのアドバイスをしたか、
本当覚えてないけど。

>>杏といえば。

>>事態は切迫してるんですよ。

>>ドラマ、

日本沈没で正義感の強い新聞記者
を熱演し、話題に。

さらに。

>>スートップ。

>>杏さん、顔、顔!

>>2012年にはぐるナイレギ
ュラーを務めるなど、マルチに活

躍する国民的女優。
そんな杏のイメージを、

今どきの視聴者に聞いてみると。
>>強い女。

>>かっこいい女性のイメージが

ありますね。
>>子どもをしっかり育てながら、

自分のお仕事も両立させてる。

憧れの女性って感じ。
>>厳しそう、めっちゃ。

>>ことばを並べて追い詰められ

る系の怒られ方しそう。
>>現在、女優業をこなしながら、

5歳の双子ちゃんに年子の男の子
の3人を育てる、パワフルなお母

さんのイメージ。
そのため、

今どきの視聴者が抱く疑問の多く
は。

>>お子さんと仕事の両立ってど

うしてるんかな。
>>子育てとか、仕事してて、

どうやってせりふとか覚えてる時
間あるんだろう。

>>3人も産んで、すっごいきれ

いだから、どうやって毎日、
美を保っているのかなっていうの。

>>仕事と育児に関する疑問が続

出。
さらに、

今どきの視聴者のほとんどが知ら
なかったのは、女優の前のお仕事。

>>杏さんって、

何で有名になったんやろう?
>>なんやろ?

>>モデルなんですよ。

>>へえー、知らんかった。

>>知らなかったですね。

>>実は今から20年前、モデル

として芸能界デビュー。

あのパリコレでも活躍し、

世界が尊敬する日本人100人に
も選ばれた超一流モデル。

それを知った今どきの視聴者から、
こんな疑問が。

>>女優志望になったきっかけ。

>>志すきっかけになったのはな

んですか?
>>それだけでもやっていけるの

に、なぜ女優に。

>>なぜパリコレモデルから女優
になったの?

杏さん、

責任を持ってすべてお答えくださ
い。

>>SHELLYさんは、

この3つやったら何が聞きたいで
すか?

>>いやー、どんな子育てしてる

んだろうっていう。
>>それですよね。川田さんもそ

うでしょ。
>>大変なのに、3人、どうやっ

て。

>>同じ日に1人目が、

たぶん産まれて、同じぐらいの。
>>5歳だからそうですね。

>>そのあとに年子ちゃんで、
妊娠されたのをニュースで見たと

きに、すごーと思って。
勇者以外の何者でもない。

2人だっこして。
>>年子ってやっぱり勇者?

>>勇者。

>>双子で。
>>もうもうもう、本当に。

>>だって2歳とか、3歳のとき

とかさ、ベビーカーも大変じゃな
いの?

>>おんぶ、双子ベビーカー、

こっちの手とこっちの手に犬のリ
ード。

>>いや、すげーな。

>>わんちゃんもいるから。

>>長男が産まれる前は前後、

双子。で、犬。
>>そんでさ、散歩はええけどさ、

やっぱりうんちもするやん、
子どもね。

>>もうひざがすごいです。
一回座ったら立ち上がれないから、

もうまずここ立て直してからの。
>>そんな感じで。

>>前後にいるから。

>>前後にいるから、こういう感

じってことでしょ。
こういう感じで。

>>そこでちょっと引っ張られた

りとかすると、おーって。

>>この辺ぷるぷるぷるぷるしな

がら。
>>今夜は、

杏ママが壮絶子育てを包み隠さず
ぶっちゃける。

>>ワンオペみたいな記事出るん

ですけど、無理無理。
絶対無理。

もう1日30回ぐらい、

ごはん中に歌歌わないでって言う。
なんで毎日、毎日、毎日言ってん

のに歌うの?
>>さらに、先輩ママ、ちさ子に

>>まずは1つ目の疑問。

1周回って知らないスーパーモデ
ル時代をひもといていこう。

2001年、

15歳のとき、雑誌、

ノンノでモデルデビュー。
中学入学当時、身長155センチ

と普通の体形だったが、そこから
およそ3年で、なんと20センチ

もアップ。

身長174センチ、股下90セン
チと、

世界水準のプロポーションに。
2005年、

19歳のときに、世界で活躍する
モデルを目指し、

たった一人でニューヨークへ。
すると、

渡米した直後にいきなりビッグな
仕事が舞い込む。

それが。

あのナオミ・キャンベルや、

冨永愛も務めていた世界的なブラ
ンド、

アナ・スイのショーモデル。
実はこの仕事、渡米後に初めて受

けたオーディションに一発で合格
し、獲得した仕事であった。

さらにその1週間後には、マーク
・ジェイコブス、

トミー・ヒルフィガーのオーディ
ションに立て続けに合格。

さらにさらにその1か月後には、

なんとあのパリコレにデビュー。

しかもショーの大トリも務めるル
イ・ヴィトンのショーモデル。

海を渡って僅か2か月足らずで、
20以上のブランドのショーをこ

なし、世界のトップモデルにのし
上がった。

しかし、渡米直後は苦労の連続で、

1日10件以上ものオーディショ
ンをマネージャーなし、たった一

人ではしごさせられたという。

>>このブランドのここでオーデ

ィションやって、このブランドは
ここですよって渡されるの?地図

みたいなの。
>>渡されるんです。

地図っていうか、アドレスがばー
って書いてあって、そこに、

このブランドは何時から何時まで
空いてますっていうのが。

>>オーディションやってますよ。

>>前の日の晩に、

それをファックスなりプリントア
ウトでもらって、マッピングして

いくんですね、付箋貼ったりして。
それを見て、どう効率よく回れる

かを前の日の晩に全部書いて、
ここに1番目行って、2番目行っ

て、3番目行って。
>>得意そう、そういうの。

>>得意そう。

ノート書いてるの得意そう。
バックステージとか、みんな、

けんかしてるとか、ののしり合い
があるとか、よく聞くんですけど。

>>若い女の子が心細い状態で来
てるので、

やっぱりぴりぴりしちゃう子も中
にはいましたね。

>>若い女の子がぴりぴりしてた

りとか?
>>私が18、

9でいっても、わりと上のほうに
なるんです、みんな14、5で来

てたりするので。

みんな早くオーディション終わら
したいじゃないですか、その順番

待ちのときに、割り込んできてけ
んかになってる場面とかみたいな、

そういうのは結構。
>>どうなの、杏さん、あとから

来た人が前に並んで、

先行こうとしても、まあ、しょう
がないわねっていって、私がちょ

っと我慢するかみたいなタイプな
のか、ちょっと、あなた違うでし

ょって、後ろ。
>>譲らんよ。

>>しんが強い。

しんが強いんですよ。
>>私、並んでるからって。

>>並んでるよ。

>>並んでるよ。

>>フィルインしたかい?
ここに、名前書かんと並べんよみ

たいな。
>>ぐらい言わないと。

>>言わないと、じゃないと自分
が、今度、押せ押せになったりし

て。

海外でもう帰らなきゃいけない飛
行機の前に仕事があるときは。

時間決まってるときには朝、
もう、貼り紙作ってきて、杏はも

う何時に出るって、

いろんな所に貼っといて。
聞いてなかった、言わせないよ、

みたいな。

>>杏アウト16時。

杏アウト16時。
これまでに絶対終わらせろ!って。

>>さらに、

渡米直後に住んでいたのは、
古ーいアパート。

お風呂のお湯が出ず、

台所のシンクで髪と体を洗ってい
たことも。

>>そもそもは、いい所、住める

でしょ?
>>いや、

なんかもう利便性だけを求めて。
>>なるほど。短気だから、

ショートだから。
>>で、

お湯が出ないっていうことに気が
付いて、しかたなくお風呂じゃな

くて、台所で全部。
>>シンクで、

ちょっとお湯張って、水で?

>>行水とかもありましたね、
でも。

お湯が全体的に出ないとか。
でもなんか、ガスは出たから、

ガスでお湯をちょっと沸かして、
温かいので、やったりとか。

頭はもう水道水でばーとか。
今でも、この間、ちょうど去年ぐ

らいも、私、それやって、モード
系の仕事やった次に、バラエティ

ーの仕事があったから、

ちょっとがびがびになったから、
これ、どうするってなったときに、

あっ、じゃあ、ちょっと、台所借
りますって、スタジオの台所でこ

うやって洗って。
やっぱみんな、びっくりしてるん

ですけど、もうこういう、なんか、

昔からそんなに必要であれば、

全然どこでも髪洗ってきたから。
>>かっこいいね。

これ、

普通にニューヨークでこんなんや
ってたんですよみたいな感じで。

>>もう必要あれば、どこでもな

んでも。

>>数々の苦労をはねのけ、
世界も認めるトップモデルとなっ

た杏。
しかし、

なぜそこから女優の道へと歩みだ
したのか。

国民的女優誕生の裏には、2人の
大物俳優の存在があった。

転機が訪れたのは2007年、

21歳のとき。
>>杏ちゃん、すごいよ。

>>どうしたんですか?

>>ドラマ!

ドラマのオファーが来たの!
>>えっ?私にですか?

>>うん。

>>突如舞い込んできた女優のお
仕事。

それは。

映画界の巨匠、

黒澤明の名作をリメークした2時
間ドラマへの出演。

しかも、

共演者は佐藤浩市や阿部寛といっ
た超豪華メンバー。

女優デビューとしてこの上ないオ
ファーであった。

ところが、杏にはある葛藤が。
>>私にできるかな。

ほかにも女優を目指してる人がい
るのに。

モデルとしてやってきた私が引き
受けるのは、おこがましい話だよ

ね。

>>これまでお芝居を一度もした

ことのない自分が引き受けていい
のか。

そんなためらいを感じながらも、

初めてのドラマに挑戦することを
決意したという。

百戦錬磨のベテラン俳優たちに囲
まれ、緊張の中、

行った杏の初めてのドラマ、
初演技がこちら。

>>アライさん、ちょっとこれを。

いいですか?
>>お父ちゃん、お父ちゃん、

いる?
>>なんだ、これ?

>>今はイカ釣り漁の季節です。

>>イカ釣り漁?

>>はい。

>>実はこのときも、

自分が女優の仕事をしていいのだ
ろうかという後ろめたさを感じな

がら臨んでいたという。

そんな気持ちを変えてくれたのは、
ある大物俳優のひと言だった。

その人物こそ、福山雅治。

役者として大先輩である福山と対
談を行った際、思い切ってその悩

みをぶつけたのだ。
>>福山さん。

覚悟のない私が、このまま女優の
仕事を続けていいのでしょうか。

福山さん、どう思いますか?
>>すると。

>>杏ちゃんのもとに仕事が来た

ってことは、

杏ちゃんと仕事をしてみたいと思
った人がいるってことだよね。

その人の思いに応えるってことは、
一つの答えじゃないかな。

>>俳優とミュージシャン、

2つの道を両立させていた福山な
らではのアドバイス。

覚悟を決めた杏だった。

>>全く違う世界っていうことで、

なんか最初は、戸惑いがあった?
>>ちょっと親の仕事のこともあ

るし、

あんまり気軽に飛び込んではいけ
ない世界だなって、そういうのも

あって。
>>子ども時代からちょいちょい

見てるから?
>>そうですね。あとやっぱり、

よくよく言われるのが、

ゆくゆくはやるんでしょ?みたい
に、ちっちゃいころ、すごい言わ

れ過ぎて。
>>嫌な業界人ですよね。

>>でもみんな、こういうの、

お父さんみたいにやりたいって思
う?とかって、なんの気なしに聞

くのが、

子どものころは、いや、違うと思
って、

どうしても思っちゃってたんです
よね。

>>ずっと思ってて?それは違う、

違う。
そんな。

>>私はできない。

>>そんな甘いもんじゃないみた
いなんもあったけど、でも、

福山雅治さんとの対談で思い切っ
て聞いた。

>>無からは生まれない、人の思

いがあって仕事ってあるから、
そこに飛び込んでみて、その人と

触れてみるっていうのは、すごく
いいと思うって言われて、すごく

うれしかった。
>>すとんと落ちたというか。

>>なんか、

飛び込んでみていいのかなみたい
な。

>>なるほど。

正直やってみて、楽しかったです
か?女優の仕事は。

>>いろんな自分になれるってい

うのは、すごく今でも楽しいです。
>>じゃあ、

向いてらっしゃるんですね。
>>なんか、

もともと自分自身にすっごい自信
がないというか、あんまり自分の

こと好きじゃないので。
>>なんで?

>>なんでって言われても、

そりゃ好きじゃないんだもん。
>>なんで好きじゃないのよ?

>>そんな、だから、すごいだか

ら、自己肯定感みたいなのは、
すごい低いほうだと思うんです。

だから、例えばモデルとして、
カメラマンとか、よく、

かわうぃーねとか言う人いるじゃ
ないですか。

かわうぃーねって言われても。
>>かわうぃーね!

>>いいよいいよって言われても、
それはモデルとして、今、表現し

てる女性に言ってるだけであって、
私、言われてないなっていうかい

離している部分があるから。
>>この人も仕事で、

だから、

かわうぃーねってやってらっしゃ
るし。

>>それに対して、

今のこの四角の中に収まってる人
がかわいいと思ってる。

>>すごい客観的に考えてるんだ

ね。
>>だから全く違うキャラクター

に、自分がなれるっていうのはす
ごく楽しい。

自分じゃないから。
>>なるほど。自己肯定感が低い

から、違う人になれる、別の人生
を歩めれる、

その一瞬だけでも。
>>それはすごい楽しい。

>>それが楽しかったっていうと
ころ。

>>女優業を始めて2年半がたっ

た2010年。

杏は人気ドラマ、新参者に出演。
主人公、

阿部寛の通うせんべい屋の娘とい
う役どころで、

1回のみのゲスト出演だったのだ
が、そこで、

大きな芝居の壁にぶつかる。
病気である祖母を残し、

海外への留学を決意するシーンで、

杏は台本に書いてあるとおりに、
涙を流すことができずにいた。

本人いわく、この窮地を救ってく
れたのが、ある俳優のアドバイス

だったという。
その人物こそ。

>>香川照之です。

>>俳優、香川照之。

当時のことを詳しくお聞きするこ
とに。

>>杏さんが、泣けなかったシー

ンで、

香川さんからアドバイス頂いたそ
うなんですけど。

>>もういろんな俳優さんにいい

ことば頂きましたって言われるん
ですけど、ほぼ覚えてないんで。

ごめんなさいね。

>>映像ありまして、思い出しや

すいかなと。
>>映像を見れば、思い出してく

れるかもしれない。

>>ごめんなさいね、

やっぱり覚えてないんだけど。
僕は口突っ込んでいっちゃうんだ

ろうね。
杏さんもたぶん、

面倒くさかったと思うんだよね。
2010年当時の僕なりの、

なんかマニュアルみたいなものを
ちゃんとお話しするっていうこと

はいつもやぶさかではないから、
僕は。

それはお話したのかなというふう
には思う。

>>泣きの芝居のときに香川自身
がいつもやっていることを伝えた

という。
そのマニュアルとは?

>>多くの俳優は、実人生のほう

から引っ張ってくるんですね。
例えば、

誰かの死とか、何かの喪失とか、
むちゃくちゃ不幸か、

むちゃくちゃ幸せかっていうと両
方泣けたりするんですよ。

そんなお話を杏さんにしたのかな
って思うわけね。

>>香川からのアドバイスによっ

て泣くことができた杏の芝居がこ
ちら。

>>甘すぎんだよ。

こんなの毎回毎回食わせやがって。

>>あんたには必ずできるからね。

>>死んじゃ嫌だよ。

>>なんのアドバイスしたか、

もう本当に覚えてないけど、

阿部ちゃんが聞いてるのか聞いて
ないのか、分からない顔してた。

>>ちなみに、このとき杏に伝え

たであろう泣きの芝居のマニュア
ルは、

今では全く違うものにアップデー
トされたと語る香川。

その最新版マニュアルは、あの世
界的俳優から教わったものだとい

う。

>>北の零年という吉永小百合さ
んの主演の映画で、泣かなきゃい

けないシーンなんだけど、僕、
当時やっぱり、壁に向かって、

ずっとぶつぶつ言いながら引っ張
ってくる、で、

集中しないと泣けないみたいなこ
とがあったんだけど、実は、

それ、違ってて、涙ってね、
笑顔の隣にあるんですね。

そういうことも、僕はこの人から
教えてもらった。

渡辺謙さんです。
本番前、追い込む作業やるはずな

のに、

謙さん、もう、そこら中の人とが
はがはしゃべってるわけよ。

じゃあ、本番っていったら、
ばーっといくわけですよ。

それ見たときに、エネルギーを放
出してればいい。

壁に向かって、

ぶつぶつぶつ言ってるとエネルギ
ーって閉じるから。

閉じたところから一番放出する涙
って、実は遠いんですよ、気持ち

は近くするんだけど、状況は遠い。
それ見たときに、当時、僕はでき

なかったから、今は理解できるん
だけど、涙の道を追求していくよ

りも、

笑顔から隣に乗りかわったほうが
早い。

>>香川のアドバイスにより、

女優として進化を遂げた杏。
その後はより深く芝居と向き合う

ようになっていく。
台本を覚える際はせりふを一度す

べて手書きで書き起こした。
赤い部分が自身のせりふ。

それ以外に心の声も文字に起こし
ている。

原作が漫画である場合は、

その表情を台本に切り貼りしてイ
メージを膨らませた。

さらに。
>>カメラマンの村上さん、

ショートカットの女性が松下さん。

>>スタッフとのコミュニケーシ

ョンを円滑にするため、

名前と顔を覚えるためのファイル
を作成。

こうした努力を欠かさず続けた杏
は、2011年、

自身を一躍有名にする作品と出会
う。

それが。
>>私は羨ましいよ。

人間に生まれたってだけでさ。
>>人気アニメを実写ドラマ化。

最高視聴率18.9%。

妖怪人間ベム。

口調はきついが、

正義感は人一倍強い妖怪人間、
ベラを熱演。

本日のゲスト、

鈴木福君ともこのとき初共演。
>>どういうつもりだい?

人間のうちに泊まるなんて。
>>えっ、なんで知ってるの?

>>人間の暮らしに私らの居場所

なんかどこにもないんだよ。
>>すると、その年のドラマ助演

女優賞をはじめ、

数々の賞を受賞。
そして2013年には、朝ドラ、

ごちそうさんで主演を務めるまで
に。

朝ドラ主演女優になってもなお、
陰の努力は増すばかりで。

>>こちらが今、やっているお仕

事で、

読んでいる本です。
料理とか、

時代のものとか、土地のもの、
大阪の本とか、そういったものが

ありますね。

>>時代も土地も違う役柄では、

よりリアルに近い演技を行うため、
その時代の髪形、服装、はやりこ

とばまで学ぶ徹底ぶり。

その後も主演を務めたドラマが大
ヒット。

国民的女優へ上り詰めたのだった。

>>すごい。

ええVTR。
福君、どうなの?

役づくりっていうの。
>>やっぱりお芝居って結構、

見てるだけだとできそうだなとか
思われる方いると思うんですけど、

本当にうまい女優さんのその奥の
奥までとか、俳優さんとかの部分

って、本当にすごいんですよ。
>>ちょっと待って。

福君、

俺よりええコメント言うの、
やめてくれんかな。

めちゃめちゃいいコメントや。
>>プロですから。

>>そしてこのあと、

3児のママ、杏の素顔が明らかに。
>>1か月前かな、行きました。

キッチンカウンターの上に、
めちゃくちゃ×××。

>>さらに。

>>ここからいよいよ女優、

杏のプライベートの話へ。
2016年に双子の女の子を出産。

さらに翌年、男の子を出産し、
現在、

女手一つで3人の子どもを育てる
一方、2019年にドラマ、

偽装不倫の主演で女優復帰。

一体どうやって仕事と育児を両立
させているのだろうか。

>>お仕事と子育ての両立は、

上手にやってますか?
どうですか。

>>アップアップ毎日しながらや

ってます。
>>でもだって、今、1人で今、

育ててるわけでしょ。
3人のお子さん。なかなか大変で、

周りの人の助けみたいなの借りて
るんですか?

>>もう借りまくってます、

もう。
友達だったり、外注というか、

そういう会社の人もいたりとか。

>>シッターさんみたいな人を雇
ったりとか、信用できる友達とか、

ちょっと少しだけ頼むとか、
お願いしたりとか。

>>あとだから、

ワンオペみたいな記事が出るんで
すけど、無理無理。

もう絶対無理。
>>絶対無理。シェリーさんはど

うしてるの?
>>基本は学校に行っている間に、

仕事入れるとかですけど、とはい
えやっぱりそうじゃない時間にど

うしてもということがあるので、
もうシッターさんにお願いしたり

とか、あとはもう、

お父さんの所に行く日があるので、
その、お父さんの所に行く日に、

なるべく夜の仕事を。
>>そのへんは合わせる。

>>この日とこの日だったら夜働

けますみたいな。
>>1人でも大変でしょ。

>>めちゃくちゃ大変で、全然自

分の時間がなくって。

>>なんだったらこの仕事に呼ば

れるのが、ちょっと息抜きじゃな
いけど。

>>そうなんですよ。

ちょっとリフレッシュ。
>>リフレッシュできる場所でも

あるっていう。
>>大人と話せるみたいな。

>>大人と話せるとか。そうかそ
うか、

SHELLYさん、どうですか?
>>今がバケーションです。

この時間が。
>>この時間がバーケーションだ。

>>もうきらきらしたスタジオで、

化粧して、大人どうしで実のある
会話をする。

>>すごい分かります。

>>ママ友としての杏さんは一体

どんな素顔なのか。

芸能界の友人、ママ友に答えてい
ただきました。

まずは2008年、

映画での共演以降、10年来の友
人である大島優子。

去年、再び共演した際、撮影現場
でママとしての杏の素顔を目撃。

>>休憩入ると、

控え室戻ったときは、

子どもたちにフェイスタイム、
テレビ電話して、何してんの?っ

ていうふうに。
宿題やった?とか、何勉強した?

っていうのを、

すごいしっかり細かく聞いて、

子どもたちが何をしたかっていう
のは、ちゃんと杏ちゃんにみんな

報告して、

ちゃんとお子さんとコミュニケー
ション取ってるなと思って。

>>仕事の合間を利用し、子ども

たちをケア。2019年、

主演を務めた偽装不倫の現場でも、
子どもたちにお手紙を書いていた

そう。
続いては、

杏さんと家族ぐるみのつきあいだ
という、森三中・大島。

バラエティー番組での共演がきっ
かけで意気投合し、家に遊びにい

く仲。
>>1か月前かな、行きました。

子ども連れて。
ピアノのレッスンを入れてると。

みんなで行くのは大変で、みんな
で行ったら、

やっぱり1時間待ちとか、2時間
待ちになってしまうじゃないです

か、

だから家に来てもらってるってい
って。

>>3人で教室に通うと、レッス

ンを受けるのは1人ずつ順番にな
り、残り2人は待ち時間になって

しまう。
そこで、

待っている間の子どもの面倒や家
事をこなせるようにと、

自宅でピアノのレッスン。
しかも、

大島ママが驚いた子育て術が。

>>順番どうするのかなってすご
い思ったんですよ。そうしたら、

挙手制だったんです。もめてない
んですよ、それが。

じゃあ、私、先にいくとか、
じゃあ、僕は3番目とか、なんか

そういうふうに決めてて。

何々しなさいは全くなくて、
自主性。

>>子育ては自主性を大切に。

そのため、遊ぶときのルールも子
どもたちに決めさせている。

もう一つ、

大島ママが驚いたのが、杏ママの
料理について。

ふだんからピザやシフォンケーキ
を作るなど、大の料理好きで、

その料理の腕前を、

去年開設した自身のユーチューブ
でも披露。

料理もさることながら見事に整頓
されたキッチンも話題に。

実はそこで大島が驚きの光景を目
にしたそうで。

>>キッチンカウンターの上に、

めちゃくちゃ食材がありました。

備蓄につぐ備蓄です。

キッチンの料理動画もやりたいか
ら、本当はここ、片づけなきゃい

けないんだって言ってたんです。
これ、でもだって、どうするの?

この量と思って。

夜中にこっそり起きて、朝まで掃
除しましたって言って、

あのユーチューブのあのきれいな
キッチン。

>>がちの料理好きならではの大

量食材ストックに、圧巻の収納技
術だったそう。

そして、こちらも杏さんと家族ぐ
るみの中だという、

おみぽ監督。
去年、私の一週間という作品で出

会い、ママどうし、意気投合。

杏ママの自宅でのある行動にます
ます親近感が湧いたという。

>>わりと緩いとこもありません?

なんて言うのかな、わんちゃんが
2匹いるのが、またいいなと。

この間、それこそ、

おうち行ってお握りかなんか食べ
てたときに、子どもがぽろって落

としちゃって。

さっとって拾おうとしたら、
大丈夫、大丈夫、食べてくれるか

らって。
牛乳こぼしたりしても、ぺろぺろ

ってなめてくれるんだよって。
だから、

あとは仕上げ拭きだけって、
それがもう、最高だなと思って。

>>時には緩く、

大ざっぱ。
これだけでも子育てに奮闘するマ

マの素顔が見えてきたが。
実は自身のインスタに投稿された

杏ママの奮闘ぶりも、多くの主婦
が共感し、話題に。

それが。

手書きのイラストで記した子ども
とのある日のやり取り。

深夜1時半、

双子のお姉ちゃんがおもらし。
トイレに連れていってから、

体をきれいに拭き、服を着替えさ
せて寝かしつけてからの、

汚れた服やシーツをつけ置き洗い。
ようやく眠りについたのもつかの

間。
深夜3時に、今度はもう一人の双

子のお姉ちゃんがお漏らし。

またしても一連の後始末を終え、
再び布団へ。

すると、早朝4時、今度は下の男
の子がお漏らし。

というまさかのトリプルお漏らし。

ほとんど寝られなかったという。

これだけ多忙な杏ママに、

3人が口をそろえて、聞いてみた
いと言っていたのが。

>>せりふも全然完璧に覚えて現

場に入っているので、どこで台本
覚えてるんですか?

>>杏さんのあのせりふ量。

いや、もう、どうしてるのって思
いますよ。

>>自分の時間は確保できないも

のだと思うんだけど、いつ寝てる
のみたいなのは。

>>杏さん、

せりふを覚える時間、どうやって
作ってるんですか?

>>SHELLYさんも共感する

ところ、いっぱいあった?
>>いやー、もう、

お漏らしね。
夜中のお漏らしがもう、地獄です

ね。
>>これは見なかったことにしよ

うかなって、何十回か頭をよぎる
んですよね。

>>私も全然やったことあります。

>>もう朝まで気付かなかったこ

とにしようかなって思うけど、

かわいそうやしと思って。
>>このあと、杏ママがさらにリ

アルな子育ての実情を激白。
>>大きい声出さないと。

>>いいかげんにしなさいよ。

>>大きい声出さないと聞こえな

いかな、みたいな。
一緒に寝ながら寝かしつけパター

ンなので、

はって気が付いたら、12時半と
か、そしたら4時ぐらいまでやる

とか。
>>えー!

>>3児のママ、杏はどうやって

自分の時間を作っているのか。

とある1日をもとにひもといてい
こう。

まずは朝6時起きからのママの関
門、朝ごはん。

>>どういう感じの朝食なんです

か?
いつもは。

>>でもシリアルざんの日もある

し、前の晩にちょっと支度してお
くこともあったり。もう本当に余

裕があるときは、前の日にパン焼
いとくとかみたいな、まれにする

こともあるけど、もう、やっぱり
スピード重視で。

>>その時々よね。

それ、3人とも、

ごはん早い子、遅い子とか個人差
あります?

>>この、あと3人いると、
もう家から学校みたいな楽しさが

あるんですよね。
お友達がいるみたいな、年の近さ

だから、3人で遊び始める。

もう1日30回くらい、ごはん中
に、歌歌わないでって言う。

なんで毎日毎日毎日言ってるのに、
歌うの?

歌うの?
>>歌、歌わないで、

ごはん中だから。
>>なんで歌ってんの?

なんで?
ねぇ、みたいな。

>>怒るときは、どうしてるんで

すか?

>>でもやっぱりなんでシリーズ

から最初始まって、なんでひじつ
いてんの?とか、なんで手で食べ

てんのかな?みたいなところから、
でも、ぎゃーってなっても言うこ

と聞かないと、やっぱり多少は、
少しね、大きい声出さないと。

>>いい加減にしなさいよ。

>>大きい声出さないと聞こえな

いかなーみたいな感じで。
>>言うと、

ママが怒ってるからっていって、
みんなが、ちゃんとするようにな

ったりするっていう。
>>そのあと、

子どもたちを園に送り、あること
をしながら台本を覚えるという。

>>何々中にせりふを覚える。

皆さん、なんだと思いますか?
>>あかりさん。

>>お掃除中とか、

掃除機かけながら覚えたりしてる
のかなって。

>>逆に仮眠中にとかになるんで

すかね。
>>なるほど。

>>寝るんだけど、寝ながら入れ
ちゃうみたいな。

>>録音して、

それ流しながら寝たら覚えるって
いうやり方ね。

正解お願いします。
>>こちらです。

愛犬2匹の散歩中にせりふを覚え
る。

>>散歩も行かなきゃいけないじ

ゃん。
>>そうなんですよ。

>>散歩中に覚えられるんですか?

せりふって。
>>歩いたりする、

歩きながら覚える俳優さんも、

結構いるって聞いてると。
>>聞きます。

>>2つのこと、

同時にするとまたいいともいうし。
>>そうなんですか。

>>1時間ぐらいですか?

>>4、50分ぐらいで、

リングノートにひも付けて、
その開いたままキープできるので、

それを肩からさげて、今、マスク
だから、よけいいいなって。

口を動かしてしゃべってても、
あんまりばれない。

>>なるほど。がっつりせりふを。

>>がっつりせりふやってるみた

いな。
>>散歩しながら、ちゃんとせり

ふをがっつり言う。

>>がっつり言うみたいな。
>>夕方、ドラマの仕事を終え帰

宅。
するとここから再び育児戦争がス

タート。
>>帰ってきてからも、もうすぐ

夕食作りなんですけれども。
>>朝、さーって子どもたちがシ

リアルの隙間に作ったりとか、

前の日に作ったりして、あっため
るだけにするとか、間に合わない

ときは、ちょっと作っておいて、
ちょっと、先、食べさせててくだ

さいとか。
>>だからシッターさんとか、

お友達とかいらっしゃったらって
ことね。

>>デリバリーとかは。

>>きょうは昼、冷凍ピザ、

夜、ミールキットみたいな。
>>そういうのも上手に使って。

>>やらないと、無理よ。
>>そうですよね。

>>夕食、ごはん食べて、

それでお風呂入って寝かしつけ。
>>ここが一番大変な時間ですね。

夕食から寝かしつけ。
>>体力が、ごりごり削られてい

く、この夕方から。
>>体力削られていくんですか?

>>削られません?もう夕方が一

番大変。

>>お風呂っていって順番に入れ
てってことでしょ。

>>お風呂は夕方、うちは入れま

す。
おなかすかせるために。

>>まずお風呂入って。

>>お風呂入らせて、ごはん食べ

て、歯磨き。
>>歯磨きして。

>>そして、最後の関門、寝かし

つけ。

>>なんか寝た瞬間に動いちゃだ
めなんですよね。

寝て、

もう深い眠りに落ちて横でぎいと
かいっても、ひざがぱきとか鳴っ

ても、起きないレベルまで。
>>ひざのぱきなー。

>>ひざのぱきで起きるの?

>>起きるときは起きるし、

やっぱりまだ眠り浅いと、ちょっ
と動くと、追って、こう、みたい

な。
寝てても無意識に、こう。

>>SHELLYさんもひざぱき

に気を付けてるの?
>>そうです、うちはうちはベッ

ドが2段ベッドじゃないですけど、
中2段みたいなL字になってるん

ですよ、ベッドが。
で、

両方の手をつなぎながら私はL字
のこのVの所に、こうやってしゃ

がみ込んで。
>>大変。

>>じーっと。

>>上はいけるなと思って、

すーって、そうすると、体がちょ
っと楽になるんですよ。この状態

になるんですよ。こっちがもう手
ごわいんですよ。ちょっともう、

いけるなと思って、ぱって指開い
たら、ぎゅって。まだですねって

いう。
あとなんか、今、

加湿器たいてるんで、

加湿器の音がちょっとごーって頑
張りだした瞬間にちょっと立ち上

がるとか。
>>加湿器の音を利用して。

カレンちゃん、大変やね。
>>泥棒みたい。

>>本当にもう、こういう。

>>そのとおり。

>>抜き足、差し足、忍び足。
>>そうです。

>>うちはずっととんとんなんで
すけど、背中とんとんと、髪の毛

を前髪をそーっと触る。
この両方なんで。

>>でもそういうときに、ぴんぽ

ーん、

ただいまって旦那さん帰ってきた
ら。

>>もう、いらっですよ。

帰ってくんな!って。今じゃない
やろ!って。

>>コンビニ行っとけ、

ぼけ!で、やっと。
>>昼間にできなかった家事、

この自分の時間ですけれども、
ここで台本の書き写し。

>>台本書いたり。

>>さらに、フランス語の勉強も

ここでされたりする。

>>フランス語と英語をたまにオ
ンラインレッスンやったりとか。

>>それ、

ニュースになってた。

オンラインレッスンやったら、
杏さん映ってるんでしょ。

グループレッスンですか?
>>グループレッスンで。

>>眠くならないですか?

もう、私、

子どもが寝たあとはすごく眠気が
きちゃって、なんにもできない。

>>はっと気がついたら、もう
12時半とか。

そこまで一緒に子どもと寝ちゃう
っていうことも、私は、一緒に寝

ながら寝かしつけパターンなので、
結構、一緒に寝ちゃう。

>>気付いたらもう12時半まで

寝てるときもある?
>>そしたら4時ぐらいまでやる

とか。
>>えー!

>>そのまま寝たらいいじゃない
の。

>>そしたら、もう結構、6時間

ぐらい寝ちゃって、もうぴんぴん
なんですよ。

>>杏ママが今も苦労していると

いう寝かしつけについて、このあ
と、先輩ママ、

高嶋ちさ子にガチ質問。
>>私は結構、

上の子、もう6年生、下の子、
4年生。一回、すごいびっくりし

たのが、次男が×××。
>>はー。

♬~

(広瀬)<どんな世界になっても

スポーツは 私たちを夢中にさせる>

<スポーツは 私たちに勇気をくれる>

<スポーツは 私たちに希望をくれる>

<分かち合った感動が
私たちの明日を変えてゆく>

<さあ いっしょに変わろう>

>>私が日本語吹き替え版で出演

させていただいております、
アダムス・ファミリー。

こちらが1月28日より続編が公
開します。

今回はアダムス家がおうちを飛び
出してアメリカを横断の旅行に出

かけます。

世界中共通の親子の悩みみたいな
のも詰まっている、とてもおもし

ろい作品となっていますので、

ぜひ皆様ご覧ください。
よろしくお願いします。

>>杏ママの質問。

寝かしつけはいつまで続く?
ちさ子先輩の答えは。

>>私は結構、

上の子、もう6年生、下の子、
4年生ぐらいのときにも、

寝るときに作り話してましたよ、
いっぱい。

>>小6ぐらいまで一緒になって

ごろんてして、

たわいないことしゃべったりとか、
笑いながら。

>>そうじゃないと寝ないんです

よ。
>>そんなに続くんですか。

>>向こうが、もういいよって、

諦めるまで。
もうもう。

>>いやいや、

寝るまで。
だから留学するまでですよ。

>>え?

>>昼間、仕事でいなかったりす

るから、寝るときぐらい、

いろんな話を聞こうかなって。
ただ一回、すごいびっくりしたの

が、次男が俺、もう本当、

あしたの運動会気になって眠れね
ぇって。

すっごい神経質に。
長男が、あした、運動会なの?っ

て言ったの。
同じ学校通ってるのに。

>>運動会を大事な行事って記憶

してないと。
タイプが全く違うっていう。

>>そしたら、

次男がうそだろ?って言った。
>>参考になりましたか?

>>でも大事な親子のコミュニケ

ーションの時間といえばそうだか
ら、

なるべく子どもたちの望むかぎり
とは思うけど、6年生かー。

>>高嶋ちさ子が最も力を入れて

いる音楽活動、12人のヴァイオ
リニスト。

クラシックを身近に、

観ても聴いても美しく楽しいをテ
ーマに、毎年全国を回るコンサー

トツアーを開催。
ちさ子自身、奏者として舞台に立

ちながら、

プロデューサーとしてグループを
指揮している。

>>おはよう。

>>おはようございます。

>>その12人が、ことしもツア

ーに向けて動きだした。
この日、久々に集まったメンバー

たち。

するとちさ子の隣には見知らぬ女
性が。

>>都響の副首席、渡邉ゆづきさ

んです。
55年以上の歴史を誇り、

日本を代表するオーケストラの一
つ、東京都交響楽団に所属し、

副首席を務めるすご腕のバイオリ
ニスト、渡邉ゆづきさん。

ちさ子も個人レッスンを受けるな
ど、

厚い信頼を寄せている人物なのだ
が、なぜそんなすごい人が?

>>12人の皆さん、

たくさん拝聴させていただいてい
て、とっても楽しいコンサートだ

なって、いつも思ってました。
>>12人の公演とかも、ユーチ

ューブとか、そういうのも全部見
て、ものすごい研究熱心で。

>>実はちさ子、今回のツアーか

ら、

演奏指導、

振り付けなどを含むすべての演出
面を、この渡邉さんに任せるとい

う。
>>12人に対するマンネリ化み

たいなのが、

もう始まる前から始まってたんで
すよ。

>>渡邉さんが加わることによっ

て、12人にさらなる成長を促そ
うともくろんでいるのだ。

早速、その渡邉さんから厳しい指
摘が。

>>ちさ子さんがメロディーずっ

と弾いてるじゃないですか。
このときの後ろが、ぼーっと立っ

てるっていうのが、私はちょっと
いつも気になっていて、うるさく

ない程度に、音楽に沿って動いて
ほしいと私は思ってます。

>>ぼーっと立ってたってことだ

よ。

>>私はクラシックばりばりで、

本業でやってるので、そこで動く
のって、

アピールするのって、個人ではだ
めなんですね。

ちさ子さんのこのコンサートに関
しては、それをやることに意義が

あると、私は思っているので、
もっとなんか、

強い意志が欲しいなと思いました。
以上です。

すみません。
>>けど、なんかいつもと違う感

じで楽しそう。
ねえ?

いつもも楽しいけど。

>>のっけから的確かつ辛辣なだ
め出し。

さらに、練習が始まると。
>>どこが拍なのかが、分かりづ

らかったりするの、大音量で弾い
てるとね、ずれそうになるから、

アイコンタクトは必要かなと思っ
て。

ホール、響いちゃうから。
これはちょっと、そういう注意が

必要かなと思ってます。
>>ちさ子のねらいどおり、

いつになく真剣な面持ちで臨むメ
ンバーたち。

また、別の日にはこんなことも。

>>アンケートをお願いしてたと
思うんですけど、ここに出してい

ただいていいですか。

>>メンバーのことを細かく分析
するため、独自のアンケートを作

成。

>>もうちょっと皆さんのことを
知りたいと思って。

まず知ったうえで、

なんか的確なアドバイスをしない
と、やみくもにこうしろ、ああし

ろっていうのは、ちょっと言いた
くなくって。

>>メンバーの性格や悩んでいる

ことなど、パーソナルなことも理
解したうえで指導したほうが、

彼女たちのレベルアップにつなが
るという。

>>同じ音を弾いててもさ。

こうやって弾くのもさ。

って魅せる弾き方もあるじゃない。
少し勢いが足りない気がしたの。

動き、より大きく、やってみて。
>>おざーす。

>>おはようございます。

>>すると練習5日目、

早くも渡邉さん効果が。

>>早い、暗譜が。

みんなに、

あれだけ暗譜を促しておいて、
自分が覚えられない。

>>例年に比べ、

だいぶ早い段階でメンバー全員が
楽譜を暗記。

>>こんなすごい先生が来てるか

ら、それを吸収するためには、

やっぱり譜読みの段階じゃやっぱ
り吸収できないから。

自分たちでやっぱり逆算して考え
てやってるんじゃないかな。

>>この現状に、

終始ご機嫌なちさ子。

>>プリンセスおじぎ、せーの、
ひょっ。

私はしないけどね。
クイーンだから。

王か、キングか。

>>ことしは何事もなく、このま

ま穏やかに本番を迎えられる、
と思っていたのだが。

そうは問屋が卸さなかった。

♬~
(高畑)わっ
(妹)生理痛がつらくて…

そんな時はルナなのだ!

でも…眠くなったら困る…

<「バファリンルナi」は痛みによく効く>

だけじゃない!
<眠くなる成分無配合>

ぴんぽん

(佐藤)くりかえす疲れ目でお困りのあなたに!

《「スマイル40プレミアムDX」!》

この商品 目の疲れかすみを

《治すんです!》
(伊津野)《なるほど! 助かるね!》

薬局・薬店まで
茶色が目印!
《スマイルDXシリーズ!》

♬~

(松坂)
<大きな間口によって切り取られた外界>

<内に広がる空間は 曖昧な境界線によって

つながりながら広がっている>

<日本の伝統的な空間の捉え方だ>

<その中に人は身を置き
移ろいゆく豊かな時間に身を浸す>

<日本の美意識を宿す邸宅 「MARE」>

<家は 生きる場所へ>

>>問題が起きたのは、

公演まで4日と迫った最終リハー
サル。

>>ちょっと楽器がね、

こうインサイドに入り過ぎてて、
お客さんに直角になってることが

多いの。

それを気をつけてみて。

>>ゆづき先生の指導が続く中、
何かとっても言いたいことがあり

そうなちさ子。

>>亜美ちゃんがやっぱりちょっ
と、顔が死んでたりとか。

>>我慢できなくなり、

口を出してしまったちさ子。
>>亜美ちゃん、やっぱり地味だ

よね。

嫌々やらされてる感がちょっと出
ちゃうから。

もうちょっとこう。
>>嫌なの?

>>嫌じゃないです。
>>ちさ子が気になっていたのは、

これまでも何度も言ってきたこと。
>>頼むよ、ねえ。

お通夜みたいなのやめてね。
ろう人形みたい。

ほら、この顔見てよ。ねえ。
銀河鉄道999を弾く顔じゃない

んだよ。

>>依然として改善されていない
ことにかっとなり、つい口を出し

てしまったが。
>>私に言われると、

よけい委縮するっていう。
もう言うのやめて、ゆづきちゃん

に、

何か違う切り口で言ってもらえた
らなって思ったんだけど。

>>ゆづき先生に任せようと、

改めて自分に言い聞かせた。
すると、

ツアー公演本番当日、

ゆづき先生マジックであの鎌田さ
んに劇的な変化が。

見違えるほどの笑顔で演奏する鎌
田さん。

これにはちさ子も。
>>これもう完璧。

めちゃめちゃよかった。

すごい。
けちのつけようがなかった。

>>一体何があったのか。

>>ゆづき先生から、無理して楽

器上げないほうがいいんじゃない
って。

弾きやすくなりました。

>>実はちさ子が指摘したあの最
終リハーサルが終わったあと。

>>ちょっと気になってて。

一回、ちょっと構えてもらえる?
ほら、すごい高いもんね。

これぐらいであなた、ちょうどい
い。

>>体が小さい鎌田さんは、

大きく見せるため、

バイオリンの位置を高くし、

無理をした弾き方になっていた。

>>自分のベストな所にきて自信
満々で弾いたほうが華やかさって

いうのは出ると思った。
>>分析が得意な渡邉さんからの

アドバイス。

おかげで演奏に余裕が出来た分、
振り付けや表情への意識を高める

こともできたのだ。

>>いや、もう、

すごくないですか、ゆづきさん。
すごいでしょ。

>>そして迎えたツアー本番はと

いうと。

9月から始まった全国ツアーは、

これまで30公演がほぼ満席の大
盛況。

>>やってきた中で、たぶん一番

完成度が高い。

本当にゆづきちゃんのおかげだと
思う、

みんな、すごくいいと思う。
私なんかいなくても、ずーっと回

っていけるのになって思うぐらい
楽しそう。

>>と、

大盛況に終わった本公演。
しかし、

実はその一方で、ちさ子以外のメ
ンバーは、ある悩みを抱えていた。

去年7月、

ちさ子抜きで行った12人のヴァ
イオリニストの単独公演。

しかし、

その結果は散々であった。

販売された600席のうち、

僅か200席ほどしか売れず、
大赤字。

さらに、その内容も。

>>気が抜け過ぎ、

やる気なさすぎ、目が死んでる人。
もうすごいから。

私が自分で言うのもなんだけど、
高嶋ちさ子がいないコンサートを

見た感じだった。
>>12人のオリジナリティーが

全く見られなかったと酷評。
その結果。

>>私が求めるコンサートを

100点満点で考えた場合、
28点。

>>そこで。

>>12月にリベンジ公演。

>>果たして、

>>ちさ子が指摘したポイントは

2つ。
まずは、

12人ならではのオリジナリティ
ー。

>>みんなが、

高嶋ちさ子12人のヴァイオリニ
ストのコンサートにちょっととら

われ過ぎちゃってて。
>>ちさ子がいない中、どのよう

に12人らしさを表現するのか。

もう一つは集客。
>>200人だったらどういう気

分?

身を削ってでもチケット売るんだ
よ。

>>個人のSNSでも積極的に宣

伝し、

何がなんでも満員にしてやろうと
いう気概が必要だという。

いつもにも増して厳しいちさ子だ
が、それには深い理由が。

>>私がいなくても、

ちゃんと生活が成り立つような
12人になってほしいから、

ハードルを上げてるので、

女の子の習い事で終わってほしく
ない。

>>そこで。

>>12月にリベンジ公演。

>>9月、さらにはそれ以降も、

本公演のツアーを抱えながら、
12月にツアーとは別に、

12人だけで単独公演を行うとい
うのだ。

そのリーダーに指名されたのは。
>>ことしのリーダーはひろみち

ゃん。
>>3年目の福田ひろみさん。

名門、

東京音楽大学および大学院に学費
全額免除の特待生として在籍し、

首席で卒業。

バイオリンの腕前はぴかいちなの
だが、リーダーとして人を引っ張

っていくことが苦手。
>>積極性というか、

自分の意思をちゃんと述べるみた
いな、

そういう点が自分にちょっとない
なって思ってて。

>>そこでちさ子に相談すると。

>>全然リーダーらしいこととか

も、まだできてなくて。
>>そのへんはたぶん7年、

8年いる人たちのご意見頂きつつ
でいいんじゃないかなと思うし、

振るだけでいいんだよ、リーダー
は。

>>1人で頑張らず、

周りの人を頼ることで活路が見い
だせる。

すると後日。
>>全員、芸をする人以外ははけ

てしまって。
じゃあ、

これをちょっとみんなでやるとき
にっていって、ざーっと全員出て

くる形のほうがきれいかなって。
>>得意な人に役割を与え、

12人らしさを追求していくと。
>>振り付けしてるとき、結構、

みんなが生き生きしてて、たぶん、
演奏する側が生き生きしてないと、

お客さんも絶対楽しめないじゃな
いですか。

だから、最初、

踊りで始めて、最後やっぱり踊り
で締めるっていうふうに、12人

の単独でしたいなと。
>>ちさ子の課題、12人のオリ

ジナリティー。
メンバーたちが出した答えは振り

付け。

お客様を引き込むオリジナリティ
ーのある振り付けを担当したのが。

器械体操の経験もあり、ダンスが
得意な2年目、三上のどかさん。

>>2列目は私が先頭で、

そっちは花観さん先頭に。
大回りしていただけたら。

>>よろしく。

>>そしてもう1つの課題、

集客に関しても。
メンバーたちはSNSを最大限活

用し、この単独公演を宣伝してい
った。

果たして。

迎えた12月21日。

いよいよ単独公演の開演日。
今回の会場は、鎌倉芸術館。

前回、200席しか売れなかった
が、今回は。

なんと600席完売の超満員。
ちさ子の課題、

集客は無事にクリアしたと言えよ
う。

あとは12人のオリジナリティー
をどう表現するのか。

>>高嶋ちさ子の音楽教室が、

なんとこの4月に開講します。
講師は、12人のヴァイオリニス

トが務めます。

都内の学童などで随時始めていく
予定です。

バイオリンだけじゃなく、リトミ
ックや音感教育もしていこうと思

っています。
>>いよいよ、リベンジ公演の幕

が上がる。

いきなりポージングから曲が始ま
る初めての試み。

頭から客の心をつかむ作戦に。

>>私のとき、こんな照明ないよ。

>>ちさ子がセンターにいるとき

のフォーメーションと違い、

絶え間なく12人のポジションが
入れ代わる。

華やかさとダイナミックさを兼ね
備え、ちさ子がいないことを利用

した、12人ならではの振り付け
だった。

さらに、

一芸も強化。
リーダー、福田さんは以前、

挑戦した二人羽織をバージョンア
ップした三人羽織を披露。

>>われらが古株、

橘ひとみが。
どうぞ。

>>練習期間3か月以上、橘さん

こん身の一芸に、観客も大盛り上
がり。

ちさ子の課題に真摯に取り組んだ
12人。

今後の12人のヴァイオリニスト
に乞うご期待。

>>すごい!

<2008年まで
『CanCam』モデルを務めた

エビちゃんこと
蛯原友里さんは…>

<「美しさ」とバズり>

<…と話題に>

<そこで…>

<まずは>

<あの米倉涼子さんも…>

<なども輩出した…>

<それが>

(拍手)

≪おめでとうございます≫

<身長は162cmに
長い手脚の…>

<…の説明を簡単にすると>

<そもそも…>

<それが…>

<ゴクミは
「国民的美少女」と呼ばれ

流行語に選ばれるほど
大ブームに>

<この人気を受け…>

<…と生まれた大会>

<小田さんを出すために
わざわざ…>

<…だったので>

(小田) う~ん…。

(永井) ガ… ガイジン!?

<当時 ほぼ毎日 実家の…>

<始発に乗り

一日4本の
現場をこなし

終電で帰る…>

<など あらゆるジャンルで…>

<その後…>

<しかし>

<今夜…>

<…をしていただくことに>

<さらに 檀れいら…>

(フワちゃん) 絶対 これ…。

<小田 茜>

<果たして
今は どうなっているのか?>

<現在43歳のお姿が こちら>

(スタッフ) すいません
日本テレビなんですが。

あっ どうも こんにちは。

<…の小田 茜さん>

(小田) になって来てるので…。

<さらに…>

<スタイルをキープ>

<一体…>

<…関係が>

吐きながら

右肩 右こめかみを
床に預けて行きます。

<特に 企業向けに
ヨガをレクチャー>

(小田) ママ友の「ヨガやってみたら
いいんじゃない?」

…っていう
ひと言で始めたんですよ。

そしたら もう
あれよあれよっていう間に

今日に至る感じなんですけれども。

<ちなみに…>

<なのか>

<この日の生徒は
男性が9割でした>

<続いては…>

<…を務めた あの美少女>

<…など
数々の有名女優を輩出した

若手女優の登竜門>

<その…>

<当時13歳ながら…>

<原宿を歩けば
スカウトマンから…>

<その後 モデル 女優と

幅広く活躍し>

(笑い)

<バラエティーでも…>

<…で人気を集めましたが>

<突如…>

<1周回って
今どうしているのか?>

<そのお姿は…>

(加賀美) あっ どうも。

<こちらが現在の…>

結構 年取りました。

<…で 明るいキャラクターは
今も健在>

(加賀美) いやいや。

広いんですよ ハハハハ…。

<都内一等地にある
4LDKのご実家>

<が作った
かなりハードな…>

<これをなんと2時間>

<しかも 週3回>

<さらに…>

アメリカの映画をずっと…。

ハハハハ…!

<今夜は お2人のように…>

(徳井) それでは企画行きます
こちら!

(拍手と歓声)

肌に関しまして

さまざまな悩みをお持ちだった
おさん方なんですけれども

今夜はですね…。

2022年を
より美しく生きるための知恵

学んでまいりましょう。

(千賀) そうですよね。
(後藤) ええ。

(千賀) 変わりました。

ウソ。
(指原) ホントに ここの部分の

明るさ もう…。

いやいやいや それはアカン。

(笑い)
光ってはないでしょ。

ホント キレイになった。

俺 そんなん もうええわ ええわ
言いながら やったら

あ~ 何か ちょっと…。

もう だんだん 何か…。

(SHELLY)
へぇ~ 見えて来るんですね。

何やねん この…。

(笑い)
(フワちゃん) かわいいじゃん。

かわいいっていうのは…。

(笑い)
缶詰のミカンやったらね。

最近 私…。

(指原) そう 楽しいよね。

(フワちゃん) うちら レーザー当てたり…。
ハハハ…!

(フワちゃん) あっ! やめてよ
こういう写真 出すの!

(笑い)

(フワちゃん) マッサージ行ったの。

笑わないで。

笑わないで。

(笑い)

(千賀) おもしろ!

みたいなやつとかも…。

(フワちゃん) でも何か あれって…。

それ知らなくって…。

(フワちゃん) 春日さんと2人で

「ちょっと これ マジで…」。

…って 2人でクレーム
言いに行こうとしてたら

さっしーが…。

一発で ベロンって
はげるっていうのなくって…。

とかで当てて行かないと…。

フワちゃんが…。

はい こちら。

これですね。
ハハハハ… かわいい!

…で乗り込んじゃって。
(指原) ウソ!

(指原) そうそう そうそう。

(千賀) 今ですよね?

ウソ。
あ~。

(笑い)
家族しか会わないし。

ダウンタイム取ったりしてんの?
しますよ 私 めちゃくちゃ。

だから…。

でも…。

芸能の人は ダウンタウンさんのこと
言おうとしたら…。

って言っちゃうから…。

(笑い)

(バービー) でも 私…。

(バービー) レーザーで…。

…あるんですけど。

(バービー) …って言われたこと
あります 顔に。

(笑い)
ここ残ってて。

<ここから
3人の過去のお悩みと

それを克服した現在の美容法を
くらべて行きます>

<さらに>

<ジャニーズの美容番長
千賀先生が

新年に目が覚める熱血指導>

まずは宇野さん
行きましょうね。

宇野実彩子さん 35歳。

大人気パフォーマンスグループ
AAAのメンバーとして

日本レコード大賞 新人賞

7年連続 『紅白歌合戦』出場と。

7年連続 『紅白』って すごいよね。

まずは 宇野さんの
かつてのお悩み こちら。

(宇野) を当時は…。

全部で200本ぐらい
つけてからの…。

そのメイクをしては…。

で またメイクして…。

そのまま…。

行ってとか あと…。

とかをやってたので
もう めちゃくちゃ…。

髪の毛の…。

(宇野) それでも…。

…みたいな感じで
とにかくプラス プラスみたいな。

足して 足してね。
はい。

そうですね…。

でも…。

千賀先生になっちゃってる。
千賀先生ですよ。

(笑い)
宇野さん 割とね…。

…気にしてて。
(宇野) はい。

結構 プライベートの…。

そうですね ホントに…。

でも やっぱり…。

そういえば
昔 連れてっていただいた…。

(宇野) …所があったなって。

私は あらかじめ…。

とかに行って…。

(宇野) 焼けてるか
分かんないぐらいの明かりの中…。

…とするんですよね
普通に雰囲気が。

全然… 会話が やっぱ暗過ぎて。

そうやな。

(宇野) でもホントに… 特に…。

(指原) 分かります。
えっ 何でなん?

何か 逆に…。

の所のほうが めちゃめちゃ…。

…て
出ちゃったりとかするんですよ。

こっちから…。

…みたいな時が。
ホントに。

いやいや ええやん。
バコ~ン。

陰やと思って…。

(宇野) ホントに。

分かる 分かる 分かる。
それ ちょっとアカンな。

それか テラス席で もし…。

…ぐらい言って。
(笑い)

絶対やだ。
(指原) 宇野さん…。

(笑い)

イメージない。
だから 2人でいる時は

そういう恋愛話とかも
してるとは思うけど…。

へぇ~。
(フワちゃん) フフっ そうだよね。

(笑い)

その悩みは
どういうふうに解消して

現在のように
美しくなったのか。

宇野さんの美容法 こちら。

まずは宇野さんの美容法
こちら。

キレ~イ!
(指原) つやつや。

キ~レイ!
「1時間マッサージ」。

(宇野) 今 これ
ハマってますね。

テレビ見ながらとか

友達とハンズフリーで
電話しながらとかで…。

顔だけで?

(宇野) はい。

が出て来て…。

…感覚があるんですよ。

そうすると…。

のが面白くて 結構…。

ちょっと うちの…。

(千賀) これは もう…。

アカンの?
(千賀) これ よくないですね。

(宇野) よくないんですか?

「私も しよう」ってなったら…。

やっぱり…。

(宇野) 摩擦がよくないんですね。
はい。

紫外線とか摩擦を浴びると

メラノサイトが 肌が刺激を受けた
って勘違いをして

メラノサイトが
メラニンを放出するんですよ。

それが結果 シミになっちゃったり
するんですよ。

だから…。

(笑い)

趣味です。
趣味です。

研究結果やからね 彼の。
研究結果。

(指原) 前回 千賀さんが紹介した
化粧水とかが

Twitter上で
めちゃくちゃバズってて。

(笑い)
そうなんや。

そんな この宇野さんに
対しましてですね…。

そう 私は
もう1時間じゃ ない…。

こちら。
やっぱマスクか。

タクシーの中でパックしてんの?
え~!?

だから 私…。

マジで!?

これ もう…。

そうだよ。

どうでしょう? 千賀先生。

何で? いいじゃん。
(千賀) これはダメかもしれない。

だって…。

(フワちゃん) うん 移動 大体…。

40分は やり過ぎ。

基本的に…。

…っていうのがマストなんですよ。

やると…。

(千賀) 結局…。

これは…。

(フワちゃん) 何で…。

(笑い)

(フワちゃん) おかしくない?
確かに その通りだね。

しかも これ…。

…とかするじゃないですか。

そしたら…。

にとっても…。

(笑い)

モラルより美容が上やねん。
(フワちゃん) モラルじゃない?

(宇野) ファスティングカウンセラーの資格を
取ったんですけど。

多分…。

を飲むだけでも…。

お腹に何もない状態を結構…。

それだけでも 結構…。

ファスティングになるの?
それええやん。

(笑い)
一緒なんや。

マジで?
(バービー) 私の場合は…。

…としたのもあるんですけど

腰痛とかまで治って来て。
あ~。

(バービー) 腸の位置とか内臓の位置が
変わったのか

シャキっともするし…。

…のプログラムがあって

実際には ファスティングでは
ないんですけど…。

…っていう期間を設ける
っていうのを。

食べるは食べるけど。

またやってる 2人で。
仲良し。

(フワちゃん) そうしたら さっしーが
「あっ そっか 何か そういう…」。

…かもみたいな感じで いろいろ
アドバイスくれたんだけど

ホントは…。

(指原) えっ!? ウソでしょ?
裏切ってたん?

えっ!?
裏切ってたん?

それは意味ないわ。
(指原) いつ? 待って…。

やってないじゃん もう。

(バービー) そうなんですよ!
(宇野) ありがとうございます!

ここ? ここですか?
(バービー) ここの写真!

すごいな! 何か…。

(バービー) やっぱ分かりますよね。
そうか?

(笑い)

続いて
バービーにまいりましょう。

ここでも言ってくれてるけども。

に関する動画が…。

すっご!
やっぱ興味ある人 多いねや。

基本的な…。

結構…。

…と思ってるタイプなんですね。

あ~ そう!
はい。

(笑い)

して ちょっと傷んでしまって…。

…を付けられます それが こちら。

(フワちゃん) あ~!

なかなか ひどいあだ名ですよね。
いろいろ言われたね。

(笑い)

お仕事で…。

メイク 困ってた時期も
あったんですって。

こちらですね。

(笑い)
何現場?

これ ドラマで…。

…っていう役。
(フワちゃん) ドラマかよ。

…があったらしくて こちら。

(笑い)

あれって 結構…。

かぶれんねんな これね。
(バービー) ちゃんと かぶれますね。

そんなバービーの美容法 こちら。

かけたね。
これは基本的に…。

(バービー) 多分…。

え~! すごいな~!

(笑い)

エンブレム ここに出てるぐらいの
感じやもんな。

高い顔面。

とかって言うと みんな…。

からよとか言ったり…。

とか言うんですけど…。

ってことは ホントに…。

(バービー) …っていうことで
いろいろと やってんですけど。

(指原) バービーさん的には…。

お気に入りでしたか?

DMとかで。

本当に その…。

(バービー) 私のクレーターでいうと

まず パールフラクショナルレーザー で。
ちょちょ… 待って これ。

(笑い)
何やねん。

<さらに 人気女優…>

<そして…>

DMとかで。

本当に その…。

私のクレーターでいうと まず…。

ちょちょ… 待って これ。

(笑い)

何やねん。

あ~ そうか。

もう ラップを
してないと

膿が垂れて
来るぐらい

穴を開けまくるんですよ。

だから…。

これで もうホントに…。

ガッチャガチャに穴開けて
で その後

その開いてしまった穴を
ヴァンパイアフェイシャル とかで…。

ヴァンパイアフェイシャル。

(バービー) …を取って。

(バービー) 血液を撹拌して…。

結構。
(笑い)

ドドドド…って。

でもホンマに…。

肌 今 めちゃくちゃキレイに
なったやんな。

(指原) 最大出力? すごっ!

激痛がすごいってこと?
激激激痛。

何? ピコ…?

(笑い)

ピコグラクショナル …?
(千賀) ピコフラクショナルレーザー です。

顔のその部分に ちょうど…。

何やねん それ。

(バービー)
当たってる所が ホントに…。

ピピピ…ってやるんですけど。

雷やろ?
はい それを私は…。

(指原) うわ~!
うわ~!

(笑い)

いや 無理や。

(バービー) 調べて 今だったら…。

…から韓国産にしとこうかとか。

(千賀) いや めちゃめちゃ…。

(笑い)

(千賀) エビデンスおばけ2号。

ホントすごいことです。
ありがとうございます。

…をしたいのか。

…をしたいのかっていうことを。

そうなの!

ですよね。
そう それで変に…。

(千賀) そうそう…。

そうか そうか。
無駄がないんだ。

自分で こう理解しつつも…。

実際に働いてる…。

っていうのが一番で
私は だから…。

え~ すごい!
すごいな。

で 入って来た…。

この2人の話。

(檀) すごいですね 何か もう…。

(笑い)

<おさん方のように
美しくなりたい

井上咲楽さんの特別企画>

…なんて言いますけれども。

(井上) 指原さんの…。

…っていうお話を
したんですけど

ちょっと今回…。

お~。
そうなんですよ。

…というか
若干います 気になる人が。

めっちゃめちゃ じゃあ…。

<なんと 今回…>

<…した井上咲楽さん>

<2021年 ブレイクタレント
ランキングでは

芸人以外で唯一
堂々の9位にランクイン>

<9月に行われた…>

<…に登場>

(藤田) 久々に見た。

<気になる人のためとはいえ
特に…>

(井上)
このクマと このニキビの痕。

あと トーンが
あんまり一定じゃないのと。

ちょっと くすみがち
なんですよね この辺が。

あと…。

これが すごい気になってます。

<ということで 訪れたのは

以前 後藤さんも通った…>

<今回は自腹ということで

比較的…>

<2つの施術を行います>

(橋本さん)
その中でも ミルクピールは
ピッタリじゃないかなと思います。

ミルクピールってあれですよね?
角質とかのケアですよね?

ターンオーバーを早くするとか
っていうやつですよね?

(橋本さん) そうですね。

<ピーリングとは肌に薬剤を塗り
古い角質を取り除くことで

肌を生まれ変わらせる美容法>

<千賀先生…>

…とも
呼ばれているんですけれども。

…されている状態の
ピーリング剤をつけます。

ダウンタイムも ほぼないという

いい施術でございます。
(フワちゃん) いいじゃん。

何だろう あっ。

(橋本さん)
ピーリング系にはなりますので
やった後の乾燥とか

赤みっていうのが出るリスクは
ありますので

特に こういう冬場
乾燥の時期っていうのは

やった後は しっかり保湿して
いただく必要がありますね。

<…で終了>

こんな感じです。

今 ほら。

…ような感じします。

<続いては…>

(橋本さん)
今回は このピコレーザー
っていうのを使って

ピコトーニングっていう
当て方をします。

トーニング?
(橋本さん) はい。

<それでは 千賀先生…>

お医者さん ちゃうけどね。

それによって…。

よりダウンタイムも少ないのが
特徴でございます。

すごい…。

何か ホント表面に…。

(橋本さん) あまり肌に合わない
出力まで上げ過ぎると

ちょっと内出血っぽくなることも
あるんですね。

<レーザーを満遍なく当てたら

最後に冷却シートで
火照った顔を冷ますだけ>

ホントに…。

ホントなんですよ。

その人が ずっとカンペとかで
指示出す人で

本田姉妹と あとバービーさんと
ロケしてて。

あ~って思って 目でこうやって
マスクしてたんで。

そしたら
そのディレクターさんが…。

目だけで…。

…みたいな感じで
合図をしてくれて。

<そう 気になるお相手は

ロケを一緒に行った…>

…にもなってるので。

<今から1年前…>

<しかし その恋は結果
実ることはありませんでした>

みたいな感じ。

<全ての施術を終えた
素肌がこちら>

(フワちゃん) あら ピカピカ!
(宇野) え~ ツルッツル!

(千賀) 化粧したみたい。

<はたから見れば
元々キレイなので

そんなに変化がないように
思いますが…>

<今回の…>

<この後…>

悪い意味に聞こえちゃうかも
しれないですけど…。

…みたいな人しかいないですよ。
(笑い)

限界に疲れてる人ばっかり。

(井上) バァ~って来て。

(井上) もうその1分が…。

もう私 ホント バックに…。

…が かかってたぐらいに。
運命や。

(井上) いろんな…。

…があって
私はピスタチオだからと思って。

でも 誰も何か
ピスタチオさんの…。

おいしいですね~って言われて
でも その人が すごい…。

(笑い)
そうなんや。

何?

…ということで。

(指原) えっ!

そうなんです。

何も言ってないです。
えっ!

実は今 そのディレクターさんが
何にも聞かされずに…。

(一同) え~!

うわっ!
あ~ ちょっと待って。

こうこう… こういう人でした。

この人で間違いないですね?
間違いないですね。

あとは…。

え~ ウソ!

え~ どうしよう!

(井上) そうですよね
どうしたらいいんだろう?

「あの日のお返しです」。

彼女いるとか いないとか。

…って言って
意味分かんないから。

あぁ…。

(指原) そのほうがかわいいし
うれしくないですか?

(フワちゃん)
分かった いいこと考えた。

…って言って いつもだったら
スタンプだけだけど

そこに…。

(笑い)

かわいい! あり過ぎる。

確かに。
(指原) それやりたい 待って…。

すごい良過ぎる かわいい!

かわいい!
(井上) いいですね。

いいね いいね。

最悪グチャグチャってなったら…。

(笑い)

ありがとうございます。

行って来ます。
いってらっしゃい。

マジで行って来ますね。
頑張って。

ホント初めて…
何か月越しだろう。

行っといで 行っといで。
(拍手)

行って来ます。

<いよいよ…>

<いざ>

自分なりに言って
もちろんイヤホンも外すやんか。

俺らは見れてるし…。

ありがとうございます。

でも…。

思うように。

緊張しないように…
分かりました。

(井上:小声で) 行って来ます。
頑張れ~。

ワクワクする~。

歩き方がおかしなことになってる。

頑張れ 行け行け。

いる?

(井上) ハァ~。

(ノック)

(ディレクター) お久しぶりです。
(井上) あっ お久しぶりです。

失礼します。

(フワちゃん)
何?って思ってるだろうな。

(ディレクター) もちろん もちろん。

(井上) あっ あの…。

(ディレクター) そうですよね
ありがとうございました。

(井上) ありがとうございました。
(ディレクター) 助かりました。

(ディレクター) はい もちろん。
(千賀) いい人そう。

(井上) はい ちょっと。

(ディレクター) アハハ…。

不自然やな。

(井上) アーモンドチョコ…。

(指原) 顔 小っちゃくていい。
背 高そう。

どうしてええか分からへんわな。

(井上) 南斉さんですか へぇ~。

(井上) えっ。

えっと じゃあ…。

(南斉) 生まれは 93年の年で。
全然ちゃうやん。

(南斉) ハハハ…。

食べるように言わな。

(南斉) だいぶ 出演者の皆さん
つらかったかなと。

困ってる 困ってる。

(井上) あっ ホントですか。

困っとる…。

かわいい!

(井上) 南斉さんにちょっと…。

すごい…。

(南斉) いやいや…。

(井上) いいんですか。
(指原) ディレクターだから気が使える。

ねぇ 話が早いわ~。

(千賀) あ~!
いいじゃん。

ステキ ステキ。

(井上) 何か すごい
『君の名は。』みたいだなと思って。

フフっ いやぁ…。

南斉さん あの…。
(指原) 早く連絡先聞いて。

お~ 言うた!

もちろん。

(指原) ってことは
フワちゃんのあれやるんじゃん。

そうや 来るよ。
(フワちゃん) え~!

(南斉) LINEとか…。
(井上) LINEで。

その1行だけ送れよ。
(指原) ケータイ モニターつないでほしい。

画面 見たい 画面。

(フワちゃん)
QRで交換して その後に…。

(フワちゃん) 読み込んで
だから あなたが読み込むの。

聞こえてるみたい。

そうです 南斉 岬と申します。

(南斉) 名前負けしてないか
あれなんですけど。

(フワちゃん)
「じゃあ 一言送りますね」って。

聞こえてる 聞こえてる。

(井上) えっと…
ちょっと待ってくださいね。

(指原) 緊張する かわいい
やりたい…。

これ 緊張する。
(千賀) 緊張するなぁ。

ハハハ…。
笑ってる。

(フワちゃん) 笑ってるやん!
(宇野) いい感じ。

(フワちゃん) どっちでするんだろ
口で返事すんのかな?

(フワちゃん)
「LINEで送って」って。

面倒くさ 面倒くさ~。
もう言うたらええやん。

結構長いのを打ってるよ。
そうですね。

(フワちゃん) うわ どっち? どっち?

(フワちゃん) これCM行っちゃうよ。
いやいや もう。

(千賀) 長いってことは
「いません」じゃない?

(バービー) どっちなんだろう?

(千賀) あ~ いるんだ。
おるか。

(指原) でも正直に
「いる」って言うところが好き!

(井上) ステキだなと思いました。
(指原) あ~ もうつらい。

(井上) ちょっと また…。

(南斉) ぜひぜひ。

(井上) え~ ホントですか。
(指原) それ つらいだけだから。

(井上)
また よろしくお願いします。

(南斉) お願いします。
(井上) ありがとうございます。

さっと行こう さっと行こう
ありがとうございました。

(フワちゃん) まだ現場にいるんだよ?
(井上) ありがとうございました。

ありがとうございました
わざわざ。

すいません。

LINEの返事 何て来たか
すごい気になります。

(井上) いいですか 見せても。

何て書いてるかな?

「すみません
付き合ってる人います」。

あ~!

(南斉) そうですね。

絆 強め。

そっか でもホンマにね さっき

南斉さんが
おっしゃってましたけど。

何でアカンねや?

(指原) 意味ない 意味ない。
(笑い)

彼女 怒らせるだけ。
ひょっとしたら…。

ダメダメ…。

ダメダメ…。

<ぜひ…>

続いて 檀さんですけれども

お2人と同じような悩みを
抱えていた時期があったそうです。

こちら。

いえいえいえ。

でも…。

そうですか。

…みたいな感じありますけどね。

…をするのが やはり多くて。

…が もしあるとすると。

こちら。

<さらに…>

<年に一度の…>

誰かさんは ほら 最近…。

(笑い)

そう 大好きなの。

(笑い)

(字幕)
ハーブの多くは荒地に自生していた。

草食動物から身を護るためか。

昆虫を誘うためか。

彼らはその遺伝子に強い個性をもった。

いつものサラダにハーブの葉を

ちぎって散らす。

不意に野生の風が吹く。

檀さんですけれども 2022年
取り入れたらいい美容法

こちら こんな感じですね。

まず この…。

(檀) 朝 洗顔したら まず…。

小豆とかが入ってるような
レンジでチンする

ちょっと首に乗せるのをしながら。

ついでに…。

機械の。

それをしながら…。

佐伯チズ先生のやり方の

ローションパックをして

肌を水分たっぷりにしてから

美容液 クリームっていう。

(バービー) それ 朝ですよね?
(檀) 朝です。

忙しくないんですか? 朝。

その時間を取るための…。

…ってことですよね。

それを…。

火入れをしてないので

ずっと発酵してるんですよ。

なので どんどん酵素が
増えて行くっていうか。

日にちが ちょっとずつ
たったほうが

より栄養価が
高いかなっていう。

発酵してね。

科学的なのばっかじゃなくって…。

…するっていう方法が

一時期あったんですよ。

その時 メソッドが
まだ確立されてないけど

新しいのが出たって思って…。

うわ~!
(フワちゃん) 結構 多いよ。

(バービー) それを飲んだ…。

ぶわ~!って出て。

結局 何にもなんなかったって…。

これ 千賀君…。

ポンと出て来た時に…。

(笑い)

…になっちゃってる。

上海 行って…。

(フワちゃん) 何 それ!

あと檀さん レッグウオーマーとかで割と
体 温めてらっしゃいますけど。

温活っていうんですか?

…だと思って。

やっぱり…。

…したいなと思って。

レッグウオーマーとか
あと腹巻きとか

そういうのは やっぱり
してますね。

アンミカさんも言ってた。

3つの首を…。

…って言ってた。
(笑い)

右のイオンドクターっていう商品
あれ 大大大好きで…。

会う人 会う人に…。

すごい好き。

あれ。

さぁ そして
今回 SHELLYがですね…。

そうです
一応 先に言わせてください。

(笑い)

今回は…。

…をお送りして行きます。

見て! この…。

もう これだけで
めちゃめちゃテンション

上がっちゃうんですけれども。

めちゃめちゃ…。

見て!

(スタジオ:徳井) あっ やってる。
(スタジオ:後藤) パラグライダー やってんの?

<子供たちを預けて

母としての忙しさから
解放される

シスターデー>

<今回の舞台は…>

<…なイメージが強かった
沖縄ですが

1周回って…>

<それが…>

マジで。

このホテル どこが私たちに
ピッタリかっていうと…。

…なんです。

(デニース) 素晴らしい 素晴らしい。
(ティナ) 一番いい言葉。

<…サービスのこと>

<つまり 施設内での…>

<こちらのホテルも
お食事 53品

アルコールを含むドリンク
90品が

注文し放題>

<肉厚でジューシーな
サーロインステーキなど…>

<今回は海の見える…>

そこは…。

行きましょう。

(デニース) 頑張んないと。

こんにちは お世話になります。

これって ちなみに もう…。

このメニュー 全て。

ちょっと こんなこと
おっしゃってますけど。

(ホテルスタッフ) お好きなだけ。
こちらの覚悟…。

<ということで いきなり…>

外?

これ 何? プールじゃないけど。

(ティナ) ちょっと ほら 椅子あるよ。

(デニース) 座れるようになってるよ。

(ティナ) SHELLYも座れんじゃん。

<石垣ブルーの
海と空を見渡せる…>

(ティナ) はだし はだし はだし。

めちゃくちゃ気持ちいい。

(ティナ) 何か子供に戻ったみたいな。
(デニース) イェ~イ。

(ティナ) ちょっと待って
ブランコみたいにさ。

(ティナ) いいね これ。
(デニース) 楽しいよ。

<この後 三姉妹が大好きな

アクティビティーがあるため

まずはノンアルからスタート>

バインミーとか刺身もあるよ。

(ティナ) 刺身も食べたい
ソーセージも食べたい。

おいしい。
おいしいね。

(ホテルスタッフ) お待たせいたしました
チキンカレーです。

≪おいしそう!≫

このプレート 超かわいい。

(ホテルスタッフ)
タコライスでございます。

(ホテルスタッフ)
こちらはバインミーですね。

(デニース) お~ おいしそう
パクチーも いっぱい入ってる。

おいしそう。

うん!

おいしい!

タコライス。

う~ん! おいしい!

おいしそう
超サク!っていってる。

(ティナ) So good.

そんなに
頑張ってないのかなって

思ってたけど。
うん 分かる。

本格的。

<そう 食事目当ての
リピーター客もいるほど

料理が人気>

<今回は その…>

<…します>

すごいおいしい。
ん~!

30歳の誕生日だ。
そう そう!

みんなで…。

…したんですよ 自腹で。

行こう行こうって言ってて。

いざ セスナ 3人で乗って
上に上がってる時に

怖いね ワクワクするね
とか言ったら。

「無理 無理 無理」。

(デニース) ドアが ガラって
開いた瞬間 すごいリアルで

「私 ちょっと…
ちょっと 無理 無理 無理」。

その時 この人が言った言葉が…。

(笑い)

そうか
その時 上の2人がいたから。

2人 子供がいたから。

1本300~400円でしょ。

サンドイッチは
大体 600円ぐらい…。

800円ぐらいするよ これは。
800円する?

カレーは まぁ
900円とか1000円?

で マグロだから
千何百円ぐらいじゃん。

言ったのはいいんだけど…。

(笑い)

現在…。

8200円!? ちょっと!

あと もうちょいじゃん。

これ だって…。

頼み方とか。

全然 普通に頼んでる。

<この後…>

(笑い)

(菅田)おじゃましま~す!
(松坂)ちょっと待った! まず手を洗おう。

(賀来)だね!
よし!

ちょっと待った! このタオル清潔?
普通に白いけど。

見えない何かがついてるかも。
ちょっと待った!

「アタックZERO」は
汚れを落とすだけじゃない。

3つの機能もついている。

さすが 「アタックZERO」
ちょっと待った!

最高じゃないか~‼

<見えない汚れとニオイに>

<清潔力の
清潔力の 「アタックZERO」>

<腹ごしらえをして…>

<2階フロントの奥は…>

<ここで食事やドリンクを
楽しめます>

<その向かいの…>

(デニース) ホントだ かわいい。

<銀座 蔦屋書店のスタッフが
コーディネートした

アート トラベル
カルチャーなど

およそ700冊の本を
取りそろえる

ブックラウンジ>

<そして…>

入っちゃう? 行くよ。

(デニース) すっごい明るいんだけど。
明るい!

(ティナ) うわ~。
(デニース) 気持ちいい!

面白い! 何 この造り!

(デニース) すごい! 何 これ!

(デニース) 楽しい!

これ 何人部屋ですか?

(ホテルスタッフ) お子様でよろしければ
最大6名様まで。

(ティナ) いつも…。

どこも泊まれないので。

<今回 泊まるお部屋は…>

<シャワールームと洗面台には

沖縄ブランドに統一された

アメニティー>

<さらに…>

すごい助かるんですけど
三姉妹で洗面台…。

(デニース) ちょっと待って
ちょっと待って。

ちょっと これ…。

<朝のメイクやシャワーに
時間がかかる…>

見て ちゃんと…。

これもメイクする人に優しいよね。

(ティナ) いない いない いない。
絶対 この白がいいの。

<続いては
お腹をすかせるための

マリンアクティビティー>

<まずは…>

よし。

(デニース) その自信はない。

(デニース) そうだね。

♬~

♬~

(スタジオ:後藤)
でも なかなか落ちひんな。

(スタジオ:指原)
すごい! かわいい めっちゃ。

(スタジオ:後藤) 落ちろや。

アハハハ! ティナが ティナが…。

ティナ!

<まさかの
誰も落ちないという…>

<…の結末>

<その後も…>

(笑い)

<そして いよいよ
シスターデーで

酒豪三姉妹が本領発揮>

クロスティーニとかチーズとか。
(デニース) クロスティーニ

かわいくない?
紅芋ポタージュとかあるよ。

(ティナ) バインミーが おいしかったね。
バインミー もう1個 行こう。

<まずは THIRD石垣島
自家製の漬け酒>

<…で乾杯>

我々の…。

うまっ!

おいしい。
おいしい!

まだ分かんない?

ゴクゴクいってる。

結構 だいぶ飲んで
やった分かった感じだけど これ。

半分以下になっちゃったけど。

もうちょっとだな 味が。

何がいいの?

ないかもよ。
あった。

テキーラ・サンライズある。
チェック済み。

一番先に見たのテキーラだから。

<テキーラのショットは
なかったので…>

<…を注文>

(デニース) サンライズ抜きじゃなくて
オレンジジュース抜きって

言っちゃったから。
ごめんね テキーラに

グレナデン 入っちゃってるけど。

これ 飲めるかな? この量
結構たっぷり。

ん~!

アハハハ…。

ごめんなさい。

これ なかなかな量よ。

ハハハハ…。

<その後は…>

<すると 忖度なく…>

誰かさんは ほら 最近 何だっけ?

(笑い)

大好きなの。

(笑い)

<オールインクルーシブ>

バジルペースト 効いてる。

一個一個が
すごいオシャレだよね。

おいしい。
おいしい。

(ティナ) さっきの辛くて
おいしかったけど これもさ。

おみやげとかで売ってんのかな?
買って帰りたい。

<海でお腹がすいたのか…>

<前回 その…>

2人は あの放送の後に

もう とにかく 幼稚園とかの…。

みんな…。

普通に幼稚園のイベントも
お酒 持って行ってんだけど。

みんな気付いてくれないかなって。

普通に運動会でも何でも。
レベルアップだよね。

幼児園の行事とかに
酒 持って行ってるんですよ。

みんなで そう お酒飲んで。

頑張れ!とか言いながら。

お昼 みんな お弁当 食べてる時に
カシャ。

ハハハハ…。

スープ すごいおいしい。

おいしそう!

ねぇ!

<こちらは
季節限定で提供している…>

<沖縄産のローゼルという花から
作ったソースに

うりずんという四角豆を
添えています>

これ なかなか ちゃんと
調理してるやつよ。

うん!

何だっけ?

(デニース) これでやって。
やれよ じゃあ。

やれよ。

<三姉妹恒例の

SHELLYさんいじりがスタート>

ハハハハ!

…だって言ってたの。

これ 絶対 お父さん 見てたら…。

しょうがないじゃん。

ジューシー以外の言い方
ないじゃん。

<すると 忖度なく…>

誰かさんは ほら 最近 何だっけ?

(笑い)

(ティナ) 私 それが大好きなの。

(笑い)

それが私たちにとっては
ピーターなんだけど。

名付けてピーター。
ピーター そう。

でも 私 すごい偉いって
思ったのが…。

…か何か やってた時に
彼が いったん来て。

最初に来た時は…。

…も ちゃんと履いて来て。

いいですか そろそろいいですか
っていうタイミングで…。

普通のリラックスした感じの
洋服に着替えて

子供たちと うわ~って動ける…。

ハハハ…。

…んだなっていう。

どっか行くと もうホント…。

どこ行ってもカメラマン状態で。

私 カメラ出さなくて
いいんだって。

こういう感じで
いつも撮ってます。

この前も うちの…。

こんな感じで
こんな感じ こんな感じで。

後で見たら…。

で うちの…。

こういう感じで。
ハハハハ…。

そう 大好きなの。

ピーターって急に言っても…。

ピーターは…。
ピーターっていうステキなね

名前を付けてあげたんだよね。

いつ?

で いつ?

(ティナ) いつ?
ハハハハ…。

<三姉妹じゃなきゃ聞けない
突っ込んだトーク>

<トークを盛り上げるべく…>

占い師さん?

はい!

…ください。
ハハハハ!

この2人…。

(デニース) イェ~イ!
これが聞きたかった!

<さらに…>

<星の配置を図にして作った

ホロスコープで鑑定>

<まずは…>

(ティナ) 私が知りたいのは…。

…ぐらいかな。

お金持ちとか関係なく…。
(デニース) ホントに いつも言うよね。

死がホントに怖いんです
うちのティナが。

(マリユドゥさん) 太陽が
しし座の人なんで華やかさと

ゴージャスさっていうのがある

自信満々という感じは
ありますね。

(マリユドゥさん) いいですね。

実は ちょっと
やっぱり さっき…。

…をつかさどる お部屋が
ここになるんですけど

土星がいるので…。

ちょっと やっぱり注意で
健康診断は

きっと行ったほうがいいです。
(デニース) 人間ドック。

(マリユドゥさん) やったほうがいい。
(ティナ) 行きたくない 人間ドック。

(ティナ) ですよね~ 思ってた
自分でも行かないとなって。

<続いて…>

(マリユドゥさん) デニースさんは
太陽が ふたご座なので

お姉さんとは太陽と月で
つながってるので

とても相性はいい。

(デニース) ごめん ごめん。
(ティナ) Sorry.

(マリユドゥさん) 運勢は 今…。

…とこにいますね
モテるっていうとこにいます。

(ティナ) ハハハハ…。
誰か いた?

(マリユドゥさん) 他の人
っていうわけじゃなくて…。

…っていうのも ここにいて。
(デニース) あります あります。

<最後は…>

(マリユドゥさん) SHELLYさんは
太陽が おうし座です。

なのでマイペースな感じで

こういった おいしいものも
そうですし

美的感覚が優れている
っていうふうにいわれる星座です。

あと 一番下ですよね?
だけれども

一番安定感があって
しっかりしてるみたいな。

それは ホントそうだと思います。
(ティナ) 何か言ってるけど。

ホントそうだと思います。
(ティナ) 何か言ってるけどさ。

(デニース) すいません。

(笑い)

(ティナ) 間違ってると思います。
(デニース) もう1回 ちょっと計算…。

…になるっていうふうに出てる
っぽいんですけど どうですか?

そうだね。
(ティナ) 試す。

向こうの気持ちありきは
あるかも。

(ティナ) それ 私たちが
知りたいだけじゃん。

(デニース) 生まれますか?
私は別になんだけど。

一応 妊娠 出産とか。
(デニース) イェ~イ!

これが聞きたかった!
ありがとうございます!

(ティナ) そっか! いいよ いいよ。

…っていうことで。

(デニース) ちょっと!

大丈夫。
(ティナ) って言いながら

ちょっと待って 乾杯。
乾杯。

マジで これさ…。

ハハハハ…。
(ティナ) 実は もしかしたら?って。

<ここまで…>

<現在までの…>

さっき8000円でしたよね?
ランチ。

それと足してってことですよね?

え~っと…。

適当でいいから何か言って。

(デニース) 1万6000円!?

(スタッフ) 現在…。

イェ~イ。

2.5ぐらいじゃん?
まだよ 全然。

1万8000円だから。

(デニース) お~。

ハハハハ…。
(デニース) これで? これで?

<ティナさんの闘争心が燃え

ここからは単価が…>

Three! Two! One!

Happy new year!

(スタジオ:指原) 特別に。

(スタジオ:徳井) もう酔うてるやろ。

おいしい。

ハハハハ…。

<お部屋に戻っても>

<マグロのお刺身や
チーズ盛り合わせなど

料理5品とお酒15杯を

まとめて注文>

乾杯。
乾杯 乾杯。

<どこぞの…>

<…をし続け>

<そして…>

<泥酔して来るのかと
思いきや…>

そうね。

ちゃんと…。

ハハハハ…。

お腹すいた。

(スタッフ) あと朝食を食べたら
終わりです。

ラストスパートですね
頑張ります。

<北欧の具だくさん
オープンサンドイッチ

スモーブローを
ツナ 生ハム エビ サーモンの

4種類と

アサイーヨーグルトや

フルーツ3種盛り

アーサー汁など9品と

ドリンクを6杯 注文>

<こうして…>

<食べ尽くした酒豪三姉妹>

<果たして どれくらい
元が取れたのでしょうか?>

(スタッフ)
昨日から食べて飲んだ合計は

こちらです。

(スタッフ) 昨日から
食べて飲んだ合計は

こちらです。

ハハハハ!

やった!

6万5700円。

結局…。

あの部屋がタダってことだよね?

<次回は
高畑充希の…>

(高畑) ソ・イングクさんは韓国で…。

…って呼ばれてて。

え~!

<お楽しみに!>

<この番組をもう一度
ご覧になりたい方は TVerで>

<さらに…>