徹子の部屋 満島ひかり[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 満島ひかり[字]

~“喜劇の女優”目指し奮闘中!演技力の原点は“家族”に~満島ひかりさんが今日のゲストです。

◇ゲスト
女優・満島ひかりさんがゲスト。『トットてれび』では黒柳役を演じたこともあり、これまでの2人の“縁”について改めて語る。
◇番組内容
現在は“喜劇の女優”を目指し今までにないユニークな役にも挑戦している満島さん。きっかけは黒柳さんから貰ったある言葉で?4人きょうだいの長女として育ち、体育教師の両親に代わり弟達の面倒を幼い頃から見ていたという。特に本の読み聞かせが得意で、母の教えで抑揚をつけるなど幼いながらも工夫をしていた。今回初めて人前で演技した幼少期の映像を公開!こういった経験が今の仕事に繋がっていると演技力の原点を振り返る。
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 徹子
  2. 本当
  3. 自分
  4. 可愛
  5. 今度
  6. 素敵
  7. パリ
  8. 多分
  9. 舞台
  10. 面白
  11. アメリカ
  12. サンダーバード
  13. ペネロープ
  14. 女優
  15. 全然
  16. お話
  17. シンプル
  18. ハハハハ
  19. フフフフ
  20. 結構

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,591 (2022/01/23 22:19:59時点 Amazon調べ-詳細)

(黒柳)私と瓜二つの

こちらの方が今日のお客様です。

こうやって見ると ちょっと

瓜二つっていう感じでも
ないですけど。

こちらの方のほうが
おキレイですけど。

女優の満島ひかりさんです。

どうぞ こちらへお入りください。
よろしくお願いします。

まあ 可愛いこと。 どうも どうも。
ご無沙汰しております。

こんにちは。
よろしくお願いします。

実は いろいろと
私と ご縁がありまして

今度 また
新しいつながりが できたんです。

よくいらしてくださいました。
ありがとうございます。

可愛いお洋服。
とても よくお似合い。

黒柳さんに
気に入っていただけるように…。

フフフフ…! すごい素敵。
うん 可愛い。

でも ちょっとね
結婚衣装みたいで

うらやましいような…。
はい。

沖縄県のご出身で 現在36歳。
はい。

実力派女優として
知られていらっしゃいます。

まあ あの… 10年前ですか?
朝ドラの『おひさま』は。

はいはい 『おひさま』で

私の晩年を
徹子さんに演じていただいて。

そうです。

この方が おばあさんになった時を
私がやりました…。

そう。 なんか ちょうど
『徹子の部屋』に出演した時に

徹子さんの楽屋をノックして

直談判しにいったのを
覚えています。

あなたがね。 それで… そのあと

『トットてれび』っていうのが
ありまして。

それで私の役を この方がなさって
もう とっても…。

やってみて どうでした?
いやあ もう

大変でした。
大変だし 楽しいし。

あと 頭が重かったですね ずっと。
あれね なんかね。

玉ねぎの頭をしてて。
そうね。

ドラマ 最近
少し見返したんですけれど

なんか 頑張ってたなって
自分で思うくらい

徹子さんになりきっていて。
そうそう そうそう。

もう 最終回なんかは
私が徹子なのに

どうして 本物がいるの?
っていう気持ちでした。

でも とってもね… なんていうの
似てるだけじゃなくて

いろんな感じがね
よく演じられていて。

形だけじゃなくて やっぱ
内面の豊かさをと思いながら。

で 更にですね 私が…

今度 新しい関係ができたのは

私が昔に声をやりました

『サンダーバード』
っていうのがあって。

とても ファンの多かった
役なんですけど。

この吹き替えも こちらの方が
今度なさる事になったので

その話は
またあとで伺う事にいたします。

2人で ごはん食べに行ったり

お寿司なんか
食べに行ったりしましたね。

2人っきりで お寿司 食べたり
あと 一度 イタリアンも…。

そうでしたよね。
行かせていただいて。

舞台もあると 徹子さん
2度ほど 見に来てくれて。

この… これは 弟の真之介と。

これ あなたの弟さんよね 右が。
そうです。

『お気に召すまま』という
シェイクスピアの舞台をした時に

見に来てくださって。
そうそうそう。

お客さんが
舞台を見ていいんだか

徹子さんを見ていいんだか
っていうぐらい

やっぱり 華とオーラがあるので。
いやいや そんな事ないですけど。

でも 私が その時に

あなたの事を
シンプルな言葉で褒めたのが

とても心に残ってるとかって。
あっ そうですね。

なんか あの… いや 本当に
「舞台に出られて

皆さんに喜んでもらって
よかったわね」っていう

本当に それだけ
シンプルな言葉なんだけど

本当に シンプルな事よりも
やっぱ 役者って やってると

こだわりが出てきたりとか…
出てくるから

シンプルな事が
本当に ガツンときたり。

今まで でも 徹子さんに
話 してもらって

いくつか残ってる事があって。

「あなたね… あなたが泣いてると
テレビの前の皆さんも

泣いちゃうようなパワーを
持ってるんだから

人を笑わせる事してみたら?」
って言われて。

「喜劇の女優は
なかなか 日本には少ないから

やってみたら どう?」って
言われたのとか。

あと 「悪い事は 考えなければ
起こらない」っていうのは

すごい…
あっ 確かに! って思いながら。

いくつも残ってる事があります。
本当? よかった。

まあ 私の年までは 随分…

あなたの年からすると
これから何十年もかかるんだけど。

そこまで長くやっていかれるか…。

この間 だから
『ハロルド アンド モード』を

徹子さんが
演じてらっしゃるのを見て…

なんだろう? お話のベースに
感動してるのもあるんですけど

徹子さんみたいに 例えば

「山」とか「川」とか「海」って言葉を
言った時に

「山」が… なんだろう?
山らしい「山」に聞こえるとか。

ただ せりふを
しゃべってるんじゃなくて

なんか みんなが抱えたまんま
しゃべっちゃうような言葉が

宇宙になって
パンッて飛び出していくような

話の仕方をされていて。

これを どうやって…
なんだろう?

おこがましいですけど
受け継いでいけるっていうか…。

恐れ入ります。
でも あなたは大丈夫。

もう 舞台中 ずっと泣いてて。
本当?

なんか ずっと 涙が止まらなくて。

私より年上なので 徹子さんは。
なんか… まあ 順番にいくと

徹子さんが 先に
いなくなっちゃうかもしれなくて。

私は この人を失いたくない!
と思いながら ずっと 舞台を…。

わかりました。
なるだけ長生きしますか。

200歳ぐらいまで よろしければ。
なんとかやります。

でも あなたの事を
ちょっと伺うと…

今 本当に
働き盛りの女優さんなんですけど。

4人きょうだいで一番上。
はい。

それで ご両親が
体育の先生ですって?

はい。 体育の先生です 2人とも。
そうですってね。

ですから 親の代わりに
下の弟たちの面倒を見て。

何歳ぐらいから 面倒見たの?
何歳…?

いや もう 弟が生まれた…

真之介が ちょうど 生まれたのが
4歳ぐらいの頃だったので

それから もう お母さんよりも
お母さんしたくて。

私に 赤ちゃん ちょうだい
みたいな感じで。

父と母は 結構…
共働きで 体育の先生で。

部活動のバスケットボールの
指導もしていたので。

大変。
結構 忙しくて。

夢追い人なので 2人とも。

あれ? おうちに
なかなか帰ってこないな

っていう時とかもあって。
そういう時に きょうだいたちが

「お姉ちゃん おなかすいた
おなかすいた」って。

それで ちょっと
ごはん作れるようになったりとか。

そうですってね。 でも あれですね
弟さんたちがいて

お父様と お母様は
お仕事していらしたんで

読み聞かせを
弟たちに やってたんで。

そうですね。
母親の代わりに

こうやって 弟とか妹に…。
真ん中 あなた?

はい。 私は すごく
絵本が好きだったので

よく 絵本を読み聞かせは
してあげてました。

そうなの。
なんか 工夫したの?

母親が やっぱり

「抑揚を
きちんとつけなさい」とか。

『3じのおちゃにきてください』
っていう絵本があって。

簡単に読んでたら 「違う 違う」。

「“3じのおちゃにきてください"
って言うんだよ」とか

言われてたので
そういうのを ちゃんと…。

「3じのおちゃにきてください」。

「心を込めなさい」って言われて。
なるほど。

幼少期の…
どういうわけだか 童話会の…

童話会っていうんですかね?
ああいうのね。

お話童話大会という…。
それの映像が残ってるので

そのVTRを
ちょっと ご覧いただきます。

これ あなた?
私です。

可愛い。 男の子かと思った。
男の子みたいですね。

初めて 人前で
お芝居をした日の映像です。

母に あの… こう

「お話を1つ 全部1人で覚えて
1人で みんなの前で

発表するような大会に
出てみたら?」と言われて。

本当だ。 いろんな話し声…。

普通の話もするけど
誰かのせりふも…。

そう。 せりふもやって。
「そうだ」なんて言ったり…。

それを 小学校2年生 3年生
4年生って大会に出て。

で やるたびに
母は 結構 スパルタに

「やるなら しっかり やりなさい」
っつって。

だから こういうのをやってたから
どこかで こう…

俳優さんのお仕事とか
舞台に立って お芝居したいとか

そういうのに憧れてたのかなとは。
でも あれですよね。

去年 俳優の 真之介さんって
あなたの弟さんが

『徹子の部屋』にお出になって。
お世話になりました。

ひかりさんについて
お話ししてらっしゃるので

ちょっと ご覧ください。
はい。

「本当に なんか
仲良くやってます」

「まあ 最近は
きょうだい

なかなか
会う時間がなくて」

「4きょうだい?」
「4きょうだいです」

「まあ 妹もいて 弟もいて

ひかりが一番年上でですね

本当に
母親のような存在というか」

「ああ そうだったの」
(真之介)「うん」

「僕よりも4つ上なんですよ」

「なので もう 生まれた時には

こう もう お姉さんというか
お母さんというか」

「それで
ずっと背中を追い掛けて…」

「僕 本当に
引っ込み思案だったんですよ」

「あの… 徹子さんに会うよ
っていう話をしたら

もう すごい悔しがってまして」
「本当?」

「“私のほうが会いたいのに"って」
「フフフ…! そう」

「言ったら もう なんか…」

「“すぐ出れるんじゃないですか"と
話は しましたけど」

「“ついに あなたも 一人前に
なりましたね"と言われて」

「本当? うれしい?」
「うれしいです」

可愛いわね。
可愛いですね。

もう 30歳超えてから 本当に
なんか 独り立ちしちゃって。

母だった姉だとしては
寂しいです。

しっかりしてるもんね すごくね。
ちょっと お兄さんみたいにね。

もう 相談にも乗ってくれるし

何かあったら
すぐ駆け付けてくれるし

すごくいい弟です。
あっ そう…。

なんか おじい様が
アメリカの方だったの?

あっ そうです。
沖縄に来ていた あの… 米兵で。

私の おばあさんが 多分…

結婚して
私の父が生まれたんですけど。

そのまま
アメリカに帰ってしまって

おばあさんは
一緒に ついていかないで

1人で育てていて。
で 全然 なんか 父が

「僕のパパは誰?」って聞いても
「忘れた」とか言われて

全然 知らなかった…
自分の父親を知らなくて。

で 祖母が亡くなった時に

たんすの下から
1つ 額縁に 写真が入って

後ろに
名前と住所が書いてあって…。

それが おじい様だったの?
それが おじいさんで。

お父さんに
そっくりだったんですね。

ええー…!
父が やっぱ 一人っ子だったので

祖母もいなくなって
多分 寂しかったんでしょうね。

その写真 見て もう ずっと…
しばらく固まってて。

なんか 父親の そういう姿って
あんまり見る事もないので。

なんか 弟たちと 「いつか
捜しに行けたらいいね」と

話はしてて。
3年前ぐらいかな?

弟と一緒に ちょっと
捜しに行ってみたんです。

ニューヨーク行ったんですって?
ニューヨークに行って…

捜しに行ってみて。

でも なんか あの…
行った半年前に

亡くなられてたんですけど。
あら!

そう だから
ちょうど会えなかったけど

父親に 母…

お母さん違いの弟がいる事が
わかったりとか

親戚の名前とかも みんな出てて。

「あら こんな… 弟いるよ」とか
お父さんに 話 して。

「もう それだけでも… 僕は
情報を聞けただけでも十分」

って言って なんか…。
あっ そう…。

そんな旅を弟さんとなすったの?
はい。

これ… はい。 これ 行った時の。
あっ そう…。

でも 2人とも ニューヨークの
その捜す事が終わったら

NBAばっかり見て。
バスケットばっかり見に行って。

この左側の白いのが あなた?
はい そうです。

髪の毛 短いですね。
そうね。 短いから ちょっと…。

また 男の子みたいに
なってるけど。

多分 ここに住んでたであろう
っていう おうちの近所に

イタリア料理屋さんがあって。
そこに入ったら

「あなたたちみたいに
沖縄から祖父を捜しに来た人が

今までに何組かいる」と言われて。

あっ 私たち
最初じゃないんだっていうので。

で 名前を伝えたら…。

さて そこにあるのが 新作の

『サンダーバード55/GOGO』
っていうの?

『55』…
『サンダーバード55』。

「55」だから… 『GOGO』。

ペネロープの
吹き替えをなさったんですけど

私が 55年前に…。

月日が経つのは早いわね。

55年前に 私が やりました。

その役を
この方がなさったんですけど

今度は すごいのよ。 お人形と…

ペネロープと
それから 乗ってた あの…。

FAB1。
うん。 車。

貴族の娘で もとは
スパイエージェントっていう

そういう あれだったんで
このロールス・ロイスなんだけど

これ走ると ピュッピュ ピュッピュ
後ろから槍が出たり

車が… 煙が出たり
なんか そういうのするのね。

はい。 フフフ…!
初めて見ました そのお人形。

そうなんですね。
なんか 多分 その…

やってらしたもので
人気になって

たくさん
ミニチュアの模型とか

おもちゃとか
多分 コレクションになって。

集めてる方も いらっしゃると
思います たくさん。

ちょっと 初めに
私がやりました 声の

『サンダーバード』を
ちょっと 見ていただきますね。

「お嬢様 パリまで
あと20キロでございます」

「パリへ着いたら
どこへ おいでになりますか?」

「カフェ エタロンへ
行ってちょうだい」

「そこで ジェレミー卿と
会う事になってるの」

「確か 国際救助隊を作る時に

手伝ってくださった方じゃ
ありませんか?」

「そうよ パーカー」

「ブレインズが
サンダーバードの機械を作る時

いろいろ
手伝ってくださったのよ」

♬~

「はあー… 春のパリ」

「本当に ロマンチックですわね」

「ペネロープさん このような所へ
お呼び立てして

申し訳ありません」

「あなたのためなら
どこへでも まいりますわ」

「まず 乾杯しましょう。
何がよろしいですか?」

「パリでは
ペルノに決めてますのよ」

素敵!
そんな事 言っちゃって 全然 私

そんなもの飲んだ事ないから…。
ハハハハ…!

素敵!
そう?

このお話 好きです。
このパリの時のお話

すごく なんかピッタリで
徹子さんの声と。

いやあ…。

吹き替えの工夫っていうものも
そうはなくて…。 まあ 私

あんまり 他のものの吹き替え
やってないんでね。

はい。
あのね 1回 映画の吹き替え…

女優さんの吹き替え
やった事あるんですけどね

どうしてもね 私の顔がね…
私の声が聞こえるとね

私の顔が浮かんじゃってね
女優さんとダブっちゃうのでね

不適当っていう事になってね。

それ以来 私 ちょっと
やってないんですよね。

もう 存在が強いですからね 声の。

それで このペネロープはね

いつも すごくいいのよ
洋服がね。

もう お洋服…
ブリジット・バルドーとかを

もとにされてるとも
いわれてるみたいで。

どのシーンでも可愛いです
本当に。

私も それで そのお洋服を
まねして作ったり。

なんか いわゆる
イヴ・サンローランとか

そういうような人たちのものを
あの… なんていうの?

モデルにして作ったって
いわれてるような洋服なんか

いっぱい着てるのをね
私なんかも ちょっと まねして

そんなの
作ったりしてみたんですけど。

もう 徹子さんっぽいですよね
彼女自身が。

わかんない…。
今度のあなたの様子を

ちょっと じゃあ…
あなたが おやりになったのも

ちょっと 見せていただきます。
はい…。

満島版です。
もう これは…。

「島が見えます お嬢様。
きっと あの島でしょう」

「わかったわ パーカー。
もう 連絡はあったの?」

「トレーシーという男から
連絡がきまして

上陸を許可すると言ってました」

「そう。
ジェフ・トレーシーさんだわ」

「では 2分後に
下でお待ちしておりますので」

「ゆっくり運転してね」

「水中翼を使うと
時々 船酔いする事があるから」

「はい。 気を付けます お嬢様」

「でも 今日は ご心配なく。
波も穏やかですので」

面白いね これね。
水の上 走っていくんですもんね。

「いいわ。 行きましょう パーカー。
ガレージを開けて」

「はい。 お嬢様」

面白い…!

恥ずかしいっていうか

これは ちょっと
本当にダメでしょ。

いいじゃない。 合ってましたよ。
いや もう…。

徹子さんが 例えば こう

「ブレインズ」とか
なんか 「パリ」とか

「フェルノ」って
言うじゃないですか。

その感じを できるだけ こう
私もできたらいいなと思って

頑張ってはいました。
でも 私も全然 お酒飲まないしね

わかんなかった…。
その頃 そんなの…

そんなのわかんないで
やってた事も 随分ありましたよ。

なんか その…
皆さんが あんまり こう

多分 放送とかを録画して
見れるような時代じゃないから

なんか 撮ったまんま
どういう作品になってるか

わからないで 次を
また撮ってるじゃないですか。

そんな感じ。
だから その感じが

逆に なんか
とっても生き生きしてて 新鮮で

なんか そこを 自分も
持ってるようにしようと思って。

なんか 最初は やっぱり

『トットてれび』やってたから
声を掛けられたんだなと思って。

私は あれですか?

ものまねしたほうが
いいんですか? っていうので…。

私の?

できるだけ
徹子さんの まねみたいなのを

頑張ってたら 監督に
「満島さん 満島さん」って…。

「心の中に 徹子さんの素敵なのを
受け継ぎたいみたいな気持ちは

もう 見えるから
君のまんまでやらないと

この人 ものまねしてるなって
思われちゃうから」っつって。

「あっ 気を付けます」って言って。

そこから
伸び伸びできるようになって。

でも いいじゃない 全然。
素敵でしたよ とっても。

よく合ってたと思う。
ありがとうございます。

でも 大変なのよ
このペネロープっていうのは。

貴族だっていう設定もあるし
スパイだっていう設定もあるしね。

まあ こういうものとしては
面白いと思いますよね。

まあ 新しい役柄に挑戦なさった
っていう事なんですけど。

長崎県の南島原?
はいはい 南島原という…。

市のPR動画っていうのが…。
それは もう なんか 徹子さんに

「喜劇をやってみなさい」って
言われて

よし やってみよう! と思って
ちょっと 喜劇に挑戦してみた…。

あっ そうなの?
はい。 作品です。

そのPR動画があるそうなんで
ちょっと 見せていただきます。

訳わかんないですけど。

これ あなた?
これ 私ですね。

何人か… 南島原の
6人ぐらいの役を1人で…。

これは
そうめん屋のおかみさんとか。

これも?
これは 観光…。

これも あなたなの?
はい。

これ 私です。
全然違う人に見える。

この天草四郎も私が。

ハハハ…!

フフフフ…。

すごい。
素敵じゃない!

「自分をPRするために
観光課に入ったか!」

「おかげさまで
CM たくさんできました」

フフフフ…。
30分ぐらいのビデオで。

あっ そうなの。 1人で何役も…?
1人で何役もやって。

面白かったですか?
面白かったです。

仲のいい監督さんたちとか
ヘアメイクさんたちと

本当に少人数で九州のスタッフと。
あっ そうなの。

なんか 監督が こう
一般公募みたいな感じで出して

それに通って 自分たちで
乗り込んでいったような。

そうなの? ええー!
なんか 不思議な作品でしたけど。

なんか 人に
たくさん見ていただいて。

あっ そう。 周りからの反応は
どうでしたか?

周りは すごい
もう ビックリしてましたし

自分自身が 結構 こう
開き直るとは違いますけど

ドーンと 人に笑われる
っていう事をやってみて

ちょっと 自分に勇気が出て
あっ まだまだ…。

そう 徹子さんが 前に

『トットてれび』やってた時に
お話しした時に

「私 やりたい事が
たっくさんあるの! まだ」。

「まだまだ たくさんあって
まだ やりきれてない」って

言ってて。 えっ! まだまだ
たくさんあるんだ! と思って。

それで なんか 今 まだ

この36歳ぐらいで
落ち着かないで

まだまだ いっぱい冒険してみよう
っていう気持ちになって

チャレンジしてみました。

面白かったです。
ありがとうございます。

なんですか? なんか あなたから
私に質問があるって…。

えっと 徹子さんは その…

どうして 玉ねぎ頭にしようと
思ったんですか?

玉ねぎ頭?
こう クルクルっていう

ヘアスタイルは…。
これはね もう 本当にね

前 私 こう おかっぱみたいに
してたんですよね。

そして
ニューヨーク行ったりなんかして

着物を着て歩く時が多かった。

それだもんでね
上に上げたほうがいいなと思って

この毛を こう 上に上げてたの
横の毛をね。

後ろの毛も上げてた。

そのうちに
全部 こういうふうに上げたら

今の玉ねぎの形になって。

初め これ 垂らしてたの
ここをね。

これも
こういうふうに上げてみて

そして ちょっと膨らませてみたら
いいんじゃないのと思ったら

ああいうふうになったのね。
そこに ちょうど

ニューヨークに
アメリカいち有名なね

須賀勇介さんっていう
お友達がいた…。

彼がね
「いいんじゃない」っつってね。

私 着物を着て歩いてたから

あの頭… こういうふうにやってね
みんなまとめて

それで三つ編みにして
シュッと 中に突っ込んで…。

そしたら ちょうどいい
あんばいだったんでね

それで できた頭です。
なんか どこにいても

あっ 徹子さんだ! って
わかるようなお衣装とか

着てたわけじゃ
ないじゃないですか もともとは。

なんか もう 振りきれたような
きっかけとかって…。

アメリカから帰ってきて… そうね
アメリカで習った事といったら

まあ 自分らしくある
っていう事だったんで。

それで それから

自分の好きな洋服は
いつものように着てて。

それで だんだん
頭も そういうふうに。

その なんか こう

いわゆる芸能の世界にいる
つわものたちというか

やっぱ とっても
パワーがある方たちって

その人なりの形が だんだん
出てくるじゃないですか。

もう 簡単に絵に描いたら
あっ これは徹子さんだ! とか。

なんか 私も
そういうの欲しいなって思って。

まあ
これからだと思うんですけど。

でも だんだん…。
だんだん?

だんだん なってくるのよ。
どなたも 今 それぞれ

長年かかって
できたものじゃない?

まあ そうかもしれないですね。

なんか その キャラクターが
はっきりしてる感じも

素敵だなっていうのを
最近 皆さん見てて…。

あなたも そのうち

きっと 突拍子もない感じに
なるかもしれないしね。

こうなったり
こうなったりするかも。

そうそう そうそう。
そういう事で なんか あの…。

あと なんか 質問あります?
ハハハハ…!

なんだろう?
最近 好きな人 いますか?

あっ! 好きな人ね。
ハハハハ…!

フフフフ…!
ハハハハ…!

今度 教えてあげます。

今度 教えてください
2人きりの時に。

本当ね。 じゃあね。
ありがとうございます。

『徹子の部屋』は