沸騰ワード[字]取り憑かれた佐藤栞里が上白石萌音・川田裕美と夢の埼玉旅&伝説の家政婦…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沸騰ワード[字]取り憑かれた佐藤栞里が上白石萌音・川田裕美と夢の埼玉旅&伝説の家政婦

窪田正孝・橋本環奈も感激!伝説の家政婦志麻さん絶品料理に永瀬廉&池田エライザが白米爆食▼立ち食いに取り憑かれた佐藤栞里の夢が実現!上白石と川田がドキドキ初対面…

出演者
【司会】設楽統(バナナマン)
【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)
【進行】岩田絵里奈(日テレアナウンサー)
【パネラー】朝日奈央、カズレーザー(メイプル超合金)、窪田正孝、 滝沢カレン、出川哲朗、橋本環奈
【VTR出演者】佐藤栞里、上白石萌音、川田裕美、柄本佑、永瀬廉(King&Prince)、池田エライザ
番組内容
①すすりっぷりが話題!立ち食いに取り憑かれた佐藤栞里
ついに佐藤の夢が実現!上白石萌音&川田裕美と初めての女子3人旅!県外から客集まる埼玉の(秘)立ち食い限定メニュー&キャンプ場で衝撃の感動サプライズに…窪田正孝&橋本環奈も大爆笑

②レシピ本大ヒット!伝説の家政婦志麻さん
永瀬廉&池田エライザも脱帽…冬の旬食材で白メシ進みまくり料理連発!衝撃的美味さのブリ照り焼き&牛タンつくね&新感覚キャラメリゼ
監督・演出
【企画・演出】水嶋陽
【プロデューサー】笹木哲
【統轄プロデューサー】新井秀和
【チーフプロデューサー】秋山健一郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 川田
  2. ディレクター
  3. ハハハ
  4. 柄本
  5. 志麻
  6. 上白石
  7. 佐藤
  8. 日村
  9. 橋本
  10. スタジオ
  11. ホント
  12. ヤバ
  13. 朝日
  14. 納豆
  15. 萌音
  16. 牛タン
  17. 窪田
  18. 今回
  19. イェ
  20. ピンポ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥800 (2022/08/08 14:02:16時点 Amazon調べ-詳細)

<今夜も我々の…>

<今回は…>

(すする音)

<大好評…>

(笑い)

<最後に とっておきの
ビッグサプライズが!>

<さらに…>

<まずは!>

<あの…>

(ディレクター) やっぱ相変わらず。

おはようございます!

(佐藤) そんな大丈夫です。

<彼女といえば…>

<…に取り憑かれたモデル>

(設楽) 駅のホームとかで?

(橋本) 行ったりしますけど。

栞里ちゃん…。

(ディレクター) ここのお店って
前 来られたとこ…?

そうです そうです。

ちなみに店長さん…。

わぁ~! すごい!

こちらこそ
ありがとうございました。

(ディレクター) 佐藤さん ちなみに…。

そうなんです あの…。

(日村) 3人で行くの?

<そう…>

<上白石に…>

<その約束が…>

…っていうことで。

その2人が…。

(窪田:橋本) へぇ~!

そうなんですよ。

そう! そうなんですよ。

なんと…。

すごいですよね。

(橋本) ハハハ…!

やっぱり…。

(ディレクター) ってことは…。

<と…>

<…たところで

この日も…>

(ディレクター) ちなみに…。

…も あれですし。

えっ?

<そこは まだ…>

<あるメニューが話題に!>

<…を巻き起こしているという>

…みたいな そういう。

川田さん…。

ハハハ!

ホントに。

(ディレクターの声) 佐藤さん だって…。

(佐藤の声) すごい いいですね…。

(橋本) ハハハ…!
(窪田) へぇ~!

(ディレクター) ここですか?

ジャジャン。

そうですね やっぱ…。

<江古田駅から
徒歩1分の立ち食い店…>

<ここで佐藤が…>

うわ~! うれしい!

<謎の…>

はい。

(ディレクター)
シャウエッセンのシャウですか!

え~!

そばと合う? シャウエッセン。

<こちらが
のじろう話題の人気メニュー…>

<カラっと…>

<シャウ天が
ドドンと4本のった…>

うん。

…が付いてるので。

<そして 麺へ>

(ディレクター) やっぱ。

ハハハ…!
(笑い)

<長めの麺だろうと
一切 切らず

すすりまくる>

(スタジオ:窪田) キレイにすするなぁ。
(スタジオ:日村) やっぱ うまいわ。

うん!

(スタジオ:橋本) めっちゃ すごい…。
(スタジオ:日村) すごいっしょ。

<と…>

よかった。

背負ったね。
(笑い)

<…という大きな期待を背に
すすりまくる>

<そして…>

(ディレクター)
ラー油かけるんですか? 味変?

…っていう感じ分かります?

(ディレクター) 後半になって
盛り上がって来ました?

<シャウ天と麺
どちらも楽しみながら…>

おいしかった~。

すごい…。

今回の…。

一品 出ちゃったなって感じ。

日村さんね…。

僕は…。

そういう意味でも
ライバルなんですよ。

いやいや…。

<と…>

(ディレクター) でも そういえば…。

まぁ きっと…。

一応…。

<改めて この3人の
関係性はというと…>

<…のため

番組が力を貸して…>

<だが!>

<やむなく…>

<そこで…>

わぁ~!

<以前から SNS上で…>

<そして このたび

裏被りが解消された
川田と…>

<多忙な中…>

(ディレクター) やって来ましたね。

もう よかった。

…ぐらいの気持ちだったんで。

でも 私も…。

そうなんです。

はい。

<佐藤には この…>

<あるというが!>

あらあらあら…。

あ~! アハハハ…。

(ディレクター) おはようございます
よろしくお願いします。

ホントですか?
(川田) そうなんですよ。

やだ ウソ。

頑張ります。

あるよね こういうの…。

(日村) 緊張よ これ。

(川田) …と思うんですけど。

(川田) どこだ? どこだ?

(ディレクター) いました?
あ~!

(川田) かわいい~!

<さらに…>

<上白石プレゼンツ
佐藤 川田と一緒に

念願の弾丸旅>

(川田) どこだ? どこだ?

(ディレクター) いました?
あ~!

(川田) かわいい~!

ハハハ…!

(ディレクター) プレゼンツ?

(上白石) ちょっと…。

(川田)
こっちに合わせてくれたの?

まずさ…。

何だろう?

(川田) うれしい!

(ディレクター)
ニマニマしてるんですか? 今。

(川田) グロいよね。

(川田:佐藤)
♪~ ひろしーもね たのしー旅

…なと思っているので。

はい。

<実は今回の…>

<…して来た上白石>

すごい…。

<いざ…>

ねぇ!

(川田) 確かにね!

それあるかも!

見ました!

でもね…。

ホントにね…。

(笑い)

私 あんま…。

(川田) そう そう。

そうですよね!

ホントですね。

え~!

<と…>

しーさん。

おはようございます。

あっ うれしい。

大丈夫です。

ありがとう。

(笑い)

ヤバ~い!

ホントにお母さん。

(川田) ホント?

(川田) そうそう 多分…。

上げて行こう。

(笑い)

<ここで…>

あっ!

これ?
そう それ。

<やっぱり用意していた
恒例の…>

えっ! すごっ!

(川田) こうやって。

ハハハ…! 確かに。

♪~

♪~

(3人)♪~ かわいい

♪~

♪~

♪~ (川田:上白石) ハハハ…!

ホント?

(川田:上白石) ハハハ…!

やめてよ。

ニコニコしてね
特に あの3人が…。

(窪田) そうですね。

ドライブとかで ああいうことを
わざわざ…。

<終始 盛り上がりながら…>

一日となっております。
(川田:佐藤) お~!

<今回の旅のコースは

3人それぞれが
喜ぶであろう場所を

上白石…>

<上白石が…>

<…あるそうだが まずは!>

え~?

<となると…>

ハハハ…! 萌音ちゃん。

すごい。

わぁ~!

え~!

いいね 何か…。

確かに。

ありがとうございます うわ~…。

(橋本) 乱切りそば?

うわ~!

<上白石が選んだ 名物…>

<つなぎに…>

<そして 上白石と川田は
こちらも名物の…>

<…を注文>

<その味は…>

(川田) へぇ~。

いただきます。

(すする音)

う~ん!

ハハハ…。

画になってる。

(すする音)

(窪田) ハハハ…!

<門下生 上白石も…>

ボリュームがあるから 頑張れ。

見てくれました?

(川田) 何 何?

「…安子」って書いてあって。

(川田) まさかだよ。

<…上白石だが>

<…するうちに>

<麺をすする…>

まさかの!

あれね 『沸騰ワード』ファンが
朝ドラ 今回の見てたら…。

(笑い)

(日村) 萌音ちゃん…。

ス~って吸って行くのよ。

あぁ これ完全に…。

日村さんも…。

俺も思ったから…。

(笑い)

<3人とも麺を切ることなく

猛烈な勢いで すすりまくる>

ん~。

ハハハ…!

分かる その気持ち。
言ってしまう。

<すると…>

「へぇっ」。

いいね いいね いいね。

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

やっぱ こうなると…。

(朝日) 確かに!
(日村) やっぱ お姉さんでね。

<そして…>

(川田) おいしい。

ありがとうございました
ごちそうさまでした。

(上白石:川田)
ありがとうございました。

見つけてくれて。

もう そんな…。

やった~!

うれしい!
(川田) 行く 行く!

(笑い)

<上白石が…>

<すると その…>

さん はい…。

♪~

♪~

♪~ ハハハ…。

(佐藤:川田)♪~ ハッピービーチ

ハハハ…! そうだった。

栞里ちゃん あれですね 日本の…。

(笑い)

ねぇ!

そうね。

<と…>

(川田) お~!

(ディレクター) 頑張ります?
はい。

(ディレクター) 行きます
萌音さんクイズから行きます。

デデ~ン!

あ~!
うわ~!

ピンポ~ン!
(ディレクター) 佐藤さん。

ピンポ~ン!

ピンポ~ン!

(笑い)

お~!
(川田) すご~い!

ハハハ…! うれしい!

(ディレクター) じゃあ 続きまして
川田さんクイズ行きます。

は~い!

あ~!
え~?

ピンポ~ン!
はい。

ピンポ~ン!

イェ~イ!
(ディレクター) 正解です。

イェ~イ!

(ディレクター) ネットで!
ハハハ!

で 検索すると…。

…とかも調べて。

…ってなりません?

(笑い)

<などと 距離も少し
縮まったところで…>

(ディレクター) 「ありがとう」って…。

<果たして…>

あっ 何か見えて来た。

いた!

そうです こちらが…。

かわいい!

だから…。

<上白石が行きたかった…>

<…し 造られた施設で

埼玉にいながら北欧の雰囲気を
味わえる人気スポット>

<ここで上白石が どうしても…>

<…あるという>

あ~!

(笑い)

(カズレーザー) ムーミン 一回…。

ないない…!

行こう!
ムーミンに会いに行こう。

(川田) ムーミン!

<大人3人…>

(川田) なるね。

<3人とも…>

<と ここで…>

左手? あら?

ファンモック!

こんな…。

そうそう…!
(川田:佐藤) へぇ~!

<こちらの…>

<…アクティビティ>

<トランポリンのように
自由に跳びはねて遊ぶ>

<と ここで…>

私 ちょっと…。

(笑い)

私…。

ありがとうございます。

はい!

とんでもない。

<川田が前日の…>

こんにちは。
すごい!

ちょっと待って ちょっと待って。

これ 萌音ちゃんがやってる?

全然違う。

<あまりにも…>

<…佐藤>

(川田) うん。

(川田) 思ってた通り。

<その後も トランポリンを…>

アハハ! ちょっと待って。

<その周りを…>

<…する佐藤>

(笑い)

あ~ ちょっと待って 待って。

萌音! 萌音! 萌音!
萌音! 萌音! 萌音!

待って 待って!

アハハハ!

じゃあ よかった!

でも 待って…。

<ファンモックを…>

ハハハ…!

僕も結構…。

いや あれは ああいうふうに
なっちゃったら…。

川田さん 多分 あれ…。

(橋本) 確かに。
川田さんは…。

(笑い)

…となります。
(川田) え~!

何~?

今度 川田さんだ。
はい やりたいかなと思ったこと。

いや ホントに そうですね。

<と…>

ちょっと…。

(ディレクター) えっ?

力 貸します。
ホントですか?

(笑い)

<果たして…>

(滝沢) え~!

<さらに…>

「天才だ!」。

<果たして…>

<車を走らせること 40分>

(ディレクター) 大自然ですね!

ここは…。

(川田) え~!

<上白石が…>

たんっ!

あ~!
(川田) あ~!

おぉ~!

うん!

(笑い)

高い 高い。

…かなと。

ね~!

<川田が キャンプに行きたいと
言っていたのを聞き…>

<…上白石>

(笑い)

最近…。

…をしてます。
(笑い)

<さらに この場所で
2人に見せたいという…>

ここは めちゃくちゃ…。

あっ そうなんだ。

確かに!

(川田) やった~!

ホント 想像以上。

うわ~!

家だね。

めっちゃ気持ちいい!
あ~!

<上白石が…>

ハハハ…!

(滝沢) かわいい。

やりたい。

<大自然の中での…>

せ~の!

(笑い)

いいよ いいよ!
(川田) これは…。

<全く…>

<そんな中…>

あれ? まさか。
やっぱり?

行きます!
はい!

顔が変わるのよ。

(笑い)

顔面に当たった!
(笑い)

(朝日) 怖い怖い…!
いや ヤバいな。

(川田) ごめん。

<結局…>

<…川田>

ハハハ…!

いや ホントに!

(朝日) 下から行って。

川田さん…。

(朝日) そうそう…!
(笑い)

パン!っつって パン!
(笑い)

川田さんって…。

<バドミントンを諦め…>

あ~!

いい いい…!
これは すごいよ!

これは いい!

ちょっと待って…。

目が開いてない。

(シャッター音)

(川田)いいね~。

アハハハ!

<上白石が持って来た道具を
ひとしきり楽しんだら…>

(川田) 作ろう!
イェ~イ!

(スタジオ:出川)
いないよ キャンプ場にこんな人。

(笑い)

<さらに…>

ハハハ…!
え~!

<上白石が持って来た道具を
ひとしきり楽しんだら…>

イェ~イ!

(ディレクター) フフっ!

あまり…。

確かに!

…ということで。

いや…。

猫の手? あ~ そういうことか。

(川田) そうそう!

<野菜を切り終えたら>

<お次は…>

おっ 来た!
来た 来た…!

そういうことですかね。

あ~ ジュ~ジュ~いってる。

いいぞ!

(笑い)

(ディレクター) 何で…。

…んじゃないかなと思いまして。

そうなんです。

ハハハ…!

(川田) ハハハ…!
「お休み」。

ホントだね!
おいしそう おいしそう!

え~!

お~!
(川田) お~!

やろう! やろう!
来ましたね! 今ね。

(佐藤:川田) ハハハ…!

(川田) 私も そうだな…。

(佐藤:川田) ハハハ…!

うん…。

ハハハ…!

ハハハ…!

(朝日) 確かに。

(ディレクター) ぶっちゃけ これ…。

いや ほら…。

(笑い)

ねぇ~! ウソでしょ?

また後でね。

(川田) 帰ってった。

<そして…>

はい!
えっ!

何かお店のやつみたい。
(川田) ねぇ!

…っていう感じの。

なってたらいいけど。
ねぇ!

(川田) 最高! キャンプって感じ。
おいしそう!

うわ~!

<と…>
やっぱ これは…。

<テントの外で…>

いただきます。

うわ~!

やったね~。

いただきます。

ん!

(川田) 上手 上手!
ん~!

おいしい?

ハハハ…! うどんだね!

(川田) ん~~!

ホント…。

あっ!

ハハハ…!

<キャンプ場ならではの…>

<…を満喫>

寒い外でなんて
よりうまいね これは。

すごい! あっ 来た来た…!

(川田)
こうやって燃やして行くんだ。

ボン!ってなりそう。
ねっ!

あったか~い!

(川田) これこれ!

できるんですね!

すご~い!

月に向かって…。
燃え上がって行ってる。

星になってくよ。

<と ここで 謎の…>

何 何?

何だろう?

ちょっと…。

ちょっと…。

(川田) えっ 何?

えっ?
いってらっしゃい。

気を付けてね。
はい また。

(ディレクター) 急がなきゃですか?

(ディレクター) 走ります。

え?
えっ そんな…。

今日だけで めっちゃ撮ってます。

こっからだ。

これです。

<そして…>

(川田) あ~!
あっ おかえり!

え~? 何?
どうしたの?

ちょっと…。

せ~の。

(川田) うわ~!

(スタジオ:日村) これ ヤバいやつだ。

<果たして 上白石が…>

では…。

お~!

ハハハ…!
え~!

<実は こちら
この日撮った写真と映像を…>

<したものの…>

<…を
忘れないものにするために

どうしても…>

♪~ 『栞のテーマ』

♪~
わ~! すご~い!

♪~
(スタジオ:日村) しかも『栞のテーマ』ね。
(スタジオ:設楽) 『栞のテーマ』。

♪~
いい顔!

♪~
え~! すごい!

♪~
あ~!
すすってる! すすってる!

♪~
何の顔よ?

♪~
あ~ いいね! ツヤがある!
幸せそう。

♪~
はい! え~! 怖い怖い!

♪~
うわ~! うわっ!

♪~
うわ~! うわ~~‼

♪~
ものすごいですから!

♪~
うわ~! これいい!

♪~
あ~! ハハハ…!

♪~
うわ~!

♪~

ハハハ…!
ハハハ!

(笑い)

(スタジオ:日村)
これも ちゃんとある。

(スタジオ:設楽) 笑いもあってね。
(スタジオ:日村) 笑いもある。

♪~
あ~!
いい写真。

♪~
おいしかったな~。

♪~
これ ついさっきだよ!

♪~
何で入ってんの。

♪~

♪~
えっ これも?

♪~
イ~!

♪~
イ~!

♪~
イ~!

♪~

♪~
下からもいいんじゃない?
青空が映るから。

♪~
お~!
お~!

♪~
こんないい感じに映るんだね。

♪~

♪~
あ~!
影いい! いい いい!

♪~
よかった~!

あ~…。
(佐藤:川田) うわ~!

ありがとう!
すご過ぎる!

今日も…。

え~!

ありがとう!
(川田) これは…。

(佐藤:川田) やった~!

「いいとも~!」。

(橋本) あんなにエモいテイスト。

すごい…。

<すると ここで…>

ちょっと…。

ハハっ!
(川田) 何?

一度いいですか?
えっ ありがとうございます。

はい。

あ~!
で ちょっと…。

ハハハ…!
(川田) 全然変わってる 歌詞が。

<2人に…>

<作曲 奥田民生
作詞 佐藤栞里による…>

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

どうも ありがとうございました!
イェ~イ!

こんなに…。

見させてもらいました。

(橋本) あれだけを
ちゃんと やっぱり…。

…じゃないですか。

しかも 3人がみんな
そういうふうに思ってるのが

伝わって来て。

…だなって気はしてて。

うわ~ よかった。
あと ちょっと…。

私と…。

あ~!

(川田) こちらこそ。

お願いします! やった~!

ありがとうございます!
ありがとう!

うわ うれしい。

(笑い)

(川田) え~ いいの?

やだ~!

一生なんだ。

(笑い)
ありがとう。

よろしくお願いします。

ハハハ… ありがとう。

(笑い)
「一生ね!」っていう。

<これまで さまざまな
芸能人から依頼を受け

自宅で その腕を披露して来た>

<そして 1年分の絶品料理を
詰め込んだ…>

<今回も
芸能人のオファーを受け…>

(ベル)

あ~ どうも。

(志麻さん) 明けまして
おめでとうございます。

<志麻さん…>

名前は…。

(スタジオ:朝日) かわいい!

橋本さん 知ってますかね
志麻さん。

(橋本) 和風じゃ ない…。

志麻さんが作ってらっしゃって。

それを…。

(出川)
環奈ちゃん びっくりするよ。

今 まだ思ってないでしょ
だって…。

(朝日) 何にも見てないし。

<早速…>

(チャイム)

(インターホン:男性) あらあら…。

<果たして…>

こんにちは!
(永瀬) よろしくお願いします。

はじめまして。

<先日…>

<実は…>

(池田) 一度…。

…っていう。

減ってます。

今。

<その言葉通り この後…>

(ディレクター) 個性派!

<もう一人の人気俳優の
到着を待ちつつ>

<まずは…>

この時期 旬ってやつですよね
ブリって。

この寒い時期。

<さらに…>

(ディレクター) …ですね 牛タンって。

ヒュってやって。

(ディレクター) そうなんですか。

<そして…>

これです!

いろいろ種類あっても…。

<他にも…>

…っていう。

夜食ですね。
いい! 確かに。

<今回は 冬の旬食材を使った
あったか激ウマ料理で

白メシ進みまくりSP>

<いつものように…>

大体… はい。

…と思ってます。
え!

<いつもより30分短い…>

<まずは…>

(ディレクター) それでいいんだ。

(池田:永瀬) へぇ~。

<皮に切り込みを入れた里芋を

ひっくり返しながら
レンジで6分>

<その間に…>

何ですか? それは。

(ディレクター) それは?

あ~ おいしいじゃん もう…。

うわ~ いいね!

うわうわ… オシャレ。

(ディレクター) え~!?

<そして…>

あっ あっ ほら!

(志麻さん) ツルっとむけます。

(志麻さん) で この…。

あぁ なるほど!

<旬の里芋を
ハチミツみそナッツと食べる

おやつ感覚の前菜>

でも…。

と思ったら…。

口の中が。

ん~!

…って思うよね 合う!

<続いては…>

ねっ!
タンしゃぶみたいな感じかな。

<この後…>

うわ~!
うわ~。

♬~ (芦田)泡ボディソープの泡って段々
ヘタるイメージありません?

(中谷)ある!
「hadakara」の新しい泡は

増えるんです
ほんとだ~

《洗い終わりまで ずっと
もこもこ増え続けます!》

すっごい!

<誕生!増える
泡ボディソープ>
♬~「hadakara」

♬~
(高畑)わっ
(妹)生理痛がつらくて…

そんな時はルナなのだ!

でも…眠くなったら困る…

<「バファリンルナi」は痛みによく効く>

だけじゃない!
<眠くなる成分無配合>

ぴんぽん

混ぜるんだ。

(ディレクター) …してますね これ。

それを?

ヤバいって!

(志麻さん)
絡みやすくするために。

<すると…>

ありがとうございます!

これ ちょっと…。

<ゆでた牛タンを 大量の薬味と
さっぱり食べる ひと品>

永瀬さんのスタンスも… あ!

あ!

もしもし!

早く入って来てください。

<果たして…>

(柄本) おはようございます!

<2人と…>

<やって来て…>

その顔 なるんすよ やっぱ。

(柄本) 確かに そうかも。

<すると…>

ちょっと これ…。

いただきます 大丈夫ですか?

欲しくなりますよね これ。

(柄本) これはね お米だわ。

絶対おいしい。
(柄本) うん。

(ディレクター) 来て早々…。

すごい おいしい。
おいしい。

並んででも食べたいです。

<牛タンを おかずに…>

(窪田) あれは ちょっと…。

あれでね!
あれで 日本酒もいいね。

(岩田) すごいのが…。

<そして 志麻さんの料理を
心待ちにしていた…>

(柄本) 僕…。

(ディレクター) 豆腐料理じゃなくて
豆腐ステーキ。

(柄本) こうやったら おいしいよ
みたいなのを

教えていただけたら いいなと。

<さらに
今が旬の春菊をオーダー>

(柄本) 大丈夫ですか?
はい!

<すると…>

(ディレクター) 出ましたよ!

時期だな~。

<ここで…>

(志麻さん) 例えば…。

もう あとちょっとだけ…。

ふっくら焼けるんですけど。

(志麻さん) 逆に こういう…。

<これだけで…>

何かいいな 焦げ目が。

おこげ。

<そして…>

(柄本) 照り焼きだ。

(ディレクター) うわ~!

<煮詰めたタレをかけ…>

<先ほど 牛タンで使った
薬味オールスターズをのせ…>

ありがとうございます。

(志麻さん) はい。

(拍手)

<…が 焼き方ひとつで
どう変わるのか?>

(柄本) うまそう!

(スタジオ:出川)
いやいや ご飯 我慢して。

(スタジオ:日村)
まだ あんだよ この後。

2日に いっぺん。

うん うん なるほど。

(柄本) …に食べれる。

はい。
すいません。

(柄本) お母さん お米を…。
(志麻さん) はい。

ブリの照り焼きで~す。
いただきます。

(窪田) 上の薬味がすごい!

おいしい? カレンちゃんが
「うんまっ!」って言うの珍しいね。

ブリが こう…。

ゆずの香りがして来た?

(滝沢) めちゃくちゃ おいしい!
あっそう。

(滝沢) 爽やか。

(朝日) あ~。

(笑い)

(窪田)
うまいんですって マジで。

いや この薬味
めちゃくちゃ うまいですね。

アカンわ。
「これはアカンわ」。

(日村) 「アカンわ」。
あれ?

(日村) 何なんだよ!
(笑い)

(日村)
何で 「アカンわ」が出た 今。

…って言っちゃうぐらい!

(志麻さん) これは…。

<さらに…>

<パン粉に染みるくらい…>

<それを…>
あっ 出た!

うわ~!

え~!

おいしそう これ。

(志麻さん) どれも…。

ホントに かわいい。

<ニンニク パセリと しらすを混ぜた
パン粉をまとった

フレンチの定番…>

いいっすねぇ。
(柄本) アボカド いただきます。

すんごい!

<と…>

鍋だ。

つかんね。
まだ やっぱり。

(ディレクター)
そんなに アク出るんですね。

<調味料を入れず…>

<これに…>

<その完成は 後ほど>

<そして…>

(志麻さん) ここに…。

うわ そんな…。
≪そんな量≫

(志麻さん) ちょっと…。

<と…>

<この後 一同…>

何ちゅう…。

<カマンベール…>

(柄本) お酢とお塩とオリーブオイル。
何だろうか?

(柄本) お~っと!

(柄本) 入った 春菊。
ついに。

うわ~!
(志麻さん) はい 生で食べて。

<すると…>

ハハハ!
そう来たか!

(柄本) すごっ!

すご~い!

マジか!

<生の春菊とトーストを合わせた
衝撃のひと品>

(橋本) え~!

うん!
(柄本) イケる?

いいよね?
うん。

(柄本) 味付け おいしいよね。

結構…。

いや そうですよね しかも…。

<絶妙な…>

<…する 志麻さん>

<すると…>

ちょっと 今 あそこが見えた…。

ホンマや。
納豆 いつの間に?

<納豆に 付属の…>

<今度は…>

(志麻さん) これ…。

おっ 牛タン!

<再び登場の…>

<それを…>

何だ? それは。
ぜいたくな!

やっちゃっていいんすか?
そんなこと。

いや いい!
うわ おいしそう!

閉じ込め。

<と そこへ…>

あっ 納豆!

くぅ~!

<納豆のパンチが効いた
志麻さん流…>

(柄本) 牛タン来る!
牛タンが入ってるから…。

めちゃめちゃ おいしい。

(岩田) 牛タン納豆つくねです。

(橋本) ちゃんと牛タンを食べてる
って分かるんです。

あと 納豆の臭みが
全く気にならなくて

納豆がいることによって
どんどん…。

納豆ってさ
どこまで行っても納豆じゃん。

(朝日) 何か そこまで
主張し過ぎてない感じがします。

ちょっと 大人の納豆になってる
上品な納豆っていうか。

もう ちょっと…。

<そして 土鍋に…>

うわ~!
(志麻さん) そこに…。

ありがとうございます!

うわ~ いっぱい入れる
うれし~い!

(ディレクター) え?

(志麻さん) この…。

きりっとしてるので 普通に…。

だから…。

<塩もダシも入れず
味付けは ポン酢のみ>

<手羽先の…>

(柄本) ヤバい?
もう…。

…って出て来るんですよ。

はい。

<そして…>

<その隣では…>

<さらに…>

(志麻さん) パイ生地です。

(志麻さん)
…っぽい感じになるので
あったほうがいいと思います。

<そこへ…>

あ~ なるほど。

(志麻さん)
表面だけ焼いてあります。
すげぇ!

いや~! これはいい!

(笑い)

分かる 分かる。

すごい おいしそう!
(柄本) うわ~!

<その…>

(拍手)
(ディレクター) 豆腐が出て来た。

<一体…>

<ここに…>

(柄本) あら?

マジか!

ヤバいっすね。

(柄本)
カキにも ちょっと小麦粉を。

うわ~ いい焦げ目。

うわ~ すっげぇ。

うん。

(柄本) オイスターソース?
オイスター!

うわ~!

うわ おいしそう!
うわ~!

(柄本) ちょっと待って。

すご~い
すごい すごい すごい!

<誰もが想像しなかった

カキだらけの
豆腐ステーキが完成!>

これ食べたいよね。

オイスター どうなんかな?と
思ってましたけど。

(柄本) でしょ? でしょ?
え?

分かる。
(柄本) でしょ!

(岩田)
豆腐ステーキのカキソースです。

(笑い)

目が見開いたね。

「天才だ」。
ヤバっ!

カキとオイスターソース
ヤバいっすね。

(日村) へぇ~。

(朝日) うわ 何これ?

あ~ うまい!

(笑い)

これ…。

クリームだと思っちゃうぐらい。
(笑い)

(カズレーザー) カキを…。

かもしんないですね ぐらい…。

あっそう。

<すると 志麻さんが…>

(志麻さん) 作るんですけど。
(柄本) ブリを。

10分!

(柄本) オリーブ入った。
<さらに…>

(柄本) 追いオリーブオイル。

(志麻さん) これは…。

<たった10分>

<あっという間にできる
本格フレンチ>

いただきます。

(柄本) ジャガイモ単体なのに。

<超スピードで動き回り…>

<先ほど オーブンに入れた…>

(柄本) お~!
うわ ちょっと待って! ヤバっ!

(柄本) へぇ~。
休憩。

うわ~ 何か…。

僕が演じる無気力な大学生「私」が
池田さん演じる「先輩」と

柄本さん演じる「黒服」に
出会ったことで 日常がいっぺん。

黒服が計画する
真夜中乙女戦争という

東京破壊計画に
巻き込まれて行きます。

東京が あと1分で終わる
その時

主人公は 恋と破壊
どちらを選ぶのか?

(3人) ぜひ 劇場でご覧ください。

<オーブンで焼いた…>

あっ すごい。
これ すごい!

ぜいたくだ。

あのまま…。

(笑い)

<ボリューム満点の肉料理>

<その…>

うん!

(柄本) フフフ… うん!

クリームチーズと
豚ヒレ肉のパイ包みで~す!

パイ包み 来た!

(橋本) ヤバっ お肉 軟らか!

(橋本) めっちゃ おいしい!
あっそう。

デカく行ったね。
(笑い)

(日村) クリームチーズが
ふわっと口の中で香るって感じ。

(滝沢) ハハハ!
(橋本) ハハハ!

<すると…>

<沸騰させた…>

<そこで…>

あっ 夜食。

うわ~!

これは…。

おいしい!

(志麻さん) 夜食です。

<リクエストの
真夜中に食べたい夜食は

余り物のご飯でできる…>

<なんと このタイミングで…>

<砂糖に水を加えて…>

うわ!

うわ!

あっ もう すぐ…。
うわ~ すごい!

<契約時間ギリギリ
フルコースを締める…>

マジか!

うまい!

(志麻さん) 余計に…。

<全部で…>

ありがとうございました!

最後に 窪田君から沸騰ワード。

僕が演じる
事なかれ主義の議員秘書と

宮沢りえさんが演じる
自由奔放な二世候補が

選挙落選を目指すという。

今まで聞いたことのないような
新しい映画が出来たので

ぜひ 映画館でご覧ください。
面白そう!

環奈ちゃんからも。

あの『千と千尋の神隠し』が
世界で初めて 舞台になります。

私と上白石萌音さんが
ダブルキャストで千尋を演じます。

各地で上演しますので
ぜひ お越しください。

そして
映画『千と千尋の神隠し』が

この後 9時から放送されます。

ぜひ そちらもご覧ください。

それも楽しみだね。

<志麻さんと
チャットで会話しながら

すぐに使える
料理テクニックを学ぼう!>

<詳しくは Huluストア
「志麻さん」で検索>