さんま玉緒のあんたの夢をかなえたろかSP尾田栄一郎&Snow Man&NiziU…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

さんま玉緒のあんたの夢をかなえたろかSP尾田栄一郎&Snow Man&NiziU

[字]NiziU×宇宙一のファン8才少女☆尾田栄一郎が手がけた感動の夢×天才外国人☆憧れの落とし穴×ドッキリ大好き女性☆Snow Man×岩手の純朴少年!超絶ダンス

番組内容
《有名人たちが本気で夢を叶える!》
▼ONEPIECE豪華メンバー全面協力!
尾田栄一郎先生が仕掛けた感動ラストシーン
天才外国人に超サプライズ
▼宇宙で一番大好きなNiziUに会いたい
超天真爛漫少女が夢の対面で涙&ダンス!
▼憧れのSnow Manと一緒に踊りたい!
岩手の純朴少年が…超難解ダンスで夢コラボ!
▼テレビ史上初!?夢の素人落し穴ドッキリ
飯尾「一般の方が落ちる映像観たこと無い…」
番組内容2
《28年目も笑いと感動の夢が叶う》
☆朝ドラ「おかえりモネ」清原果耶・内田篤人・指原も驚嘆&爆笑
☆一夜限り10人のSnow Man!「Crazy F-R-E-S-H Beat」フルサイズで披露
☆ONEPIECEファン必見!尾田栄一郎が手がけてくれた夢の結末とは? ルフィ役田中真弓も
☆NiziU「Take a picture」 ファンと初ダンス
☆人生初ドッキリに四千頭身感動&クロちゃん絶叫
出演者
MC:明石家さんま・中村玉緒
ゲスト:関根勤・清原果耶・内田篤人・指原莉乃・吉村崇(平成ノブシコブシ)
進行:安住紳一郎(TBSアナウンサー)

夢ゲスト:NiziU・Snow Man・飯尾和樹(ずん)・クロちゃん(安田大サーカス)・四千頭身・ONEPIECE豪華メンバー勢揃い!尾田栄一郎・田中真弓・きただにひろし
公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/yume-sp/
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)
特性情報 – 中断ニュースあり

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. 愛子
  3. ホント
  4. スリカ
  5. 岩崎
  6. NiziU
  7. it
  8. ONE
  9. Snow
  10. now
  11. picture
  12. wanna
  13. gonna
  14. Man
  15. PIECE
  16. you
  17. ヤバイ
  18. dup
  19. 指原
  20. キャー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
En_sky
¥2,772 (2022/01/20 23:01:46時点 Amazon調べ-詳細)

ぎゃあー!

いくぜ!

すごい
すごい!

We need U!
私たちNiziUです

<今年も>

<さんま・玉緒のお年玉>

<あんたの夢を
かなえたろかスペシャル2022>

新年
あけまして おめでとうございます

恒例の番組になって
正月 2022年を迎えたわけですから

今年も かなり頑張って
収録したみたいですので

よろしくお願いします
そして

これ あの裏も… 「玉緒」

≪あららら
ああ オシャレ

(指原)素敵

<まず最初の夢は>

<実は 番組に>

一般人は憧れるやろ

<一般の人では実現できない
この夢を>

<今回 かなえるのは…>

やっぱり

思っています

<と>

♬~チャン チャララララン

♬~チャララー

あけまして おめでとうございます

裸眼解除1.0

どうも ペッコリ45度
ずんの飯尾和樹でございます

さあ おめでたいね この日に

<落とし穴の舞台は東京ドイツ村>

<最近ではイルミネーションが話題で…>

<年間70万人が訪れる
大人気のテーマパーク>

<そんなドイツ村の中で>

ここですか? 落とし穴の現場

今 ドイツ村さんで

えっ?

<そう 今回はこちらの
何もない広場だったところを>

<石川さんの
落とし穴に落ちたい!>

<という夢を
実現するために>

<キッチンカーを使った>

<落とし穴付き
特設フードコーナーを設営>

<お母さんに
仕掛け人となってもらい>

<この場所まで誘導し>

<サンドイッチを買いにきたところで>

<落とし穴に落とす作戦>

<果たして>

<そして しばらく待っていると…>

ごめんなさい
えっと これは…

黒いコート
着てるのはお母さんですか?

日傘さして

結構

<おそらくテレビ史上初>

<素人落とし穴ドッキリが>

<いよいよスタート>

<と…>

<するお母さん>

ああ 来ました ご本人 えーっ

(母)じゃあ とりあえず

今もう始まるんですよ これ
すごい

(母)カレーか…

(母)サンドイッチ先にもらってきて

あっ いく!

いきますよ

あっ 戻った

ええ?

あ… メニュー見てる

ママ イチゴ マスカット

<落とし穴をキレイに避けて歩き>

<まさかの失敗!>

<…かと思いきや>

あっ! 戻って…

あっ! 戻って…

あーはははは…

あっ! 戻って…

あーはははは…

バックスピンで

あーはははは…
バックスピンで

かかりました!

いやいやいや

ねえ 待って!
こんにちは~!

おめでとうございまーす!

何やってんすか?
こんなとこで

どうしました?

<と メガネ姿を悔やむも
夢 実現>

<ひとまず穴から救出し>

<初落とし穴の感想を
聞いてみることに>

いえ もうホントに

え…

分かんないですけど

<何と涙を流して喜んでくれた>

<そんなこともあろうかと>

<実は こちらのロケバスの手前に>

さすがだね

じゃあ ちょっと

お母さんも行きます?

(スタッフ)何か一応 シャワー室があって

<汚れた服を
着替えてもらおうと誘導>

<そして…>

やなんですけどホントに

ぎゃあー!

(指原)最高

ぎゃあー!

あれ!

あれ~

ちょっと! 石川さん!

おめでとうございます

どっち? 今

ありがとうございます

(スタッフ)移動しましょう

<しかーし>

<実は…>

(スタッフ)いやいやいやいや…

<ということで>

<ドッキリを>

<後日談を取材したいと
呼び出された石川さん>

こんな

<だが 今回>

<実は この人>

<ということで吉永さんにも>

<クリーム砲をくらってもらう>

<そう ここからは
ドッキリにかかりたいという>

<このあと!>

(悲鳴)

<さらに…>

<尾田栄一郎も!>

<ここからは
ドッキリにかかりたいという>

<ちなみに>

<様々な芸人に>

<笑丸くん>

<果たして一般人が
突然 クリーム砲をくらったら>

<そして隣の知らない人同士>

<一緒にドッキリをくらったら
どうなるのか?>

キャー!

キャー!

キャー!

ちょっと待って
待って

<一瞬 何が起きたか
分かっていない様子だったが…>

見えない

<そして>

<状況が
のみこめていないようなので>

<という>

<さらに>

ヤダ~!

(クロちゃん)どういうこと? えっ

<そう 実は>

ドッキリ イコール クロちゃんさんっていう
イメージは すごいあります

<クロちゃんが>

<だと言っていたので>

(石川・吉永)キャー!

(石川・吉永)キャー!
えっ えっ

えっ!? 待って

<一緒に
くらってもらっていたのだ>

ちょっと待って

ええ!

<と ここで>

<そんな2人のために用意した>

はい

何?

ヤバイ! 待って待って

<ということで早速スタート!>

(石川・吉永の悲鳴)

(悲鳴)

キャー!

<突然の>

<の2人>

何 何 何?

(悲鳴)

キャー!

ヤバイ!

(悲鳴)

(悲鳴)

キャー!

<そして…>

<終わったと見せかけて…>

何なん
ヒヒヒ

楽しい
ヤバイって これ

(2人)キャー!

キャー!

(クロちゃん)イッタ!

(スタッフ)もう1回っすか?

<ということで>

<ラストのドッキリに
協力してもらうのは…>

ホントに
大好きです

<四千頭身を
ブレイク前から応援しており>

<漫才のネタを暗記するほどの
大ファン>

<ということで>

に ちょっと
チャレンジしてみようかなと

んですよ 別に

<そう
石川さんラストのドッキリは>

<今度は
「最後にドッキリの仕掛け人に」>

<「挑戦しませんか?」と呼び出し>

大丈夫ですか?
大丈夫です 楽しみです

<一方 後藤は…>

<フタが閉まり
スタンバイOK>

<ちなみに この状況を>

<相方の2人も見届け>

<果たして>

<落ちた>

<石川さん ラストのドッキリは>

<そして 石川さんを乗せた車が>

<落とし穴付近に到着>

<果たして>

<落ちた>

ウソで…

ウソで…

ウソで…

ウソで…

ウソで…

(後藤)えっ

はい えっ そんな前?

えっ?

(後藤)嬉しいですか?

<穴の中で大好きな想いを
伝えられた石川さん>

<そして…>

ホントに

いやもうホントに嬉しいです

頼むぞ

いやもう いや~ もう
ありがとうございます ホントに

いや 素晴らしい
でも安全に気をつけ…

ただ やっぱり あの
コンタクトにしときゃよかった

あれは女性心
あれは女の人やな~

ホントです
あのドンとくる

(吉村)うわ
(指原)厳しい

厳しい

(吉村)鬼

(指原)厳しい

何か初めは すっごい

んですけど 何か最後

すごい
泣いてらっしゃったので

って
もう序盤から すごい…

そうですよね
失礼… 失礼しました

何か
すごいなと思いながら見てました

僕も

分かる?
はい

そうですけど

ですよ どう考えても

<続いての夢は>

<1万人以上のオーディションから
選び抜かれたメンバーで結成された>

<9人組ガールズグループ NiziU>

<デビュー後
およそ1か月で「紅白」出場>

<ミュージックビデオの総再生回数は
5億6千万回を記録し>

<全世界の音楽配信チャートで>

<123冠を達成するなど 日本が>

♬~Anything

♬~Everything You, Tell me

<そんなNiziUに会いたいのは…>

長谷川愛子です

(スタッフ)えーっと 今 何歳ですか?

8歳です

(スタッフ)えっ?

MAKOちゃん
名前は山口マコで

メンバーカラーは
オレンジで

おたんじょう日が
2001年の4月4日

(スタッフ)もしかして

ヤバイよ もう

もう

(スタッフ)この前の

(スタッフ)あ~


「Make you happy」とかは

(スタッフ)愛子ちゃん1人で
メンバー9人分

それぞれ やったってこと?

<そう 好きが高じて>

<9人それぞれの踊りもマスター>

♬~Nothing
ヒミツならNothing

♬~Something
特別なモノあげるのに

♬~どんなのがいい?

♬~笑顔にしたいのに

♬~That thing 探し出す

♬~キミのために

♬~Ooh I just wanna
make you happy

♬~あ~もう!
笑ってほしい

<その熱量は
日本一と言っても過言ではない>

<小さなNiziUの大ファンなのだ>

<この純粋な想い
何とか かなえてあげたい>

<だが 年末で多忙>

<かつ NiziUは
ファンと このような形で>

<直接会ったことが
一度もないらしく>

<かなりハードルの高いお願いに>

<が…>

<まさかのOKに>

<愛子ちゃん
NiziUと生で会える>

<初めてのファンに>

<この>

<そう考えたスタッフは>

<こんな当選発表を決行!>

<NiziUの気分を味わえる>

<これから愛子ちゃんには
NiziUに会える権利をかけた>

<オーディションとして
クイズ対決に挑んでもらうが>

<その>

<愛子ちゃんを勝たせるため
スタッフが扮したニセモノ>

<そして クイズの問題も>

<愛子ちゃんが手作りしていた>

<NiziUノートに
書かれていることから出題>

<つまり愛子ちゃんが>

<ぜ~ったいに勝てる
クイズ対決でもありながら>

<オーディションを
勝ち上がる気持ちも味わえる>

<一石二鳥の作戦なのだ>

<それでは>

(スタッフ)
誰でしょうか? お書きください

<ペンが走る愛子ちゃん>

リクちゃん

(スタッフ)あります?

<それもそのはず
愛子ちゃんのノートから出題>

<スタッフの1人が間違えて>

(スタッフ)では

<その>

<このドキドキ感こそが
オーディションの醍醐味なのだ>

<続く2問目も>

(スタッフ)
正解です

<無事に正解し>

この… この子 すごい

<いよいよ>

(スタッフ)趣味が

(スタッフ)
メイクの研究であるメンバーは

誰でしょうか? お書きください

<お父さんも大喜び>

<予定どおり
スタッフが解答を間違え>

(お父さんの歓声)

(お父さんの歓声)

(スタッフ)ということで

(父)愛子ちゃん 愛子ちゃん

よかったね

よかったね

(スタッフ)頑張ったね

やった~

(母)大丈夫?

(スタッフ)お母さんも お父さんも

愛子ちゃん よかったね

(スタッフ)
愛子ちゃん

18日?

うわ~

ヤバイよ
ホントに

(母)現実

え~っ ちょっと…

(母)えっ すごい
(スタッフ)愛子ちゃん ホントに…

<NiziUと生で出会える
初めてのファンに>

<実は 彼女には
さらなる夢があった>

<後日 再び 愛子ちゃんの家を
訪れたスタッフ>

<すると そこには…>

ワン ゴー

♬~Wanna wanna wanna

♬~Take a picture now,
take a picture now

♬~Gonna gonna gonna
焼き付けるよ

<ダンスを練習する愛子ちゃん>

<実は 会えたら
かなえてほしいのが>

<せっかく会えるならば
一生懸命練習したダンスを>

<本人たちに
見てもらいたいというのだ>

ちょっと…
お~っ

<とはいえ 本人は>

♬~Gonna gonna gonna
焼き付けるよ

<その姿に お父さんも大満足>

<「ありがとう NiziU!」>

<その後も夢の1日に向けた>

<愛子ちゃんの入念な準備は続き>

♬~Take a picture now,
take a picture now…

<ついに>

(スタッフ)おはようございます
おはようございます

<した愛子ちゃん一家>

(母)ヤバイよね 色々と

<物心ついて>

(スタッフ)よし いくよ

愛子さ まださ アレだよ

日本一じゃない 世界一

<宇宙で一番大好きな>

<NiziUのもとへ>

(母)えっ?
(父)ちょっと待って

(スタッフ)じゃあ

えっ 開けるの?
(スタッフ)はい

逆 逆

あ~っ

≪愛子ちゃん
あ~っ

え~っ

≪愛子ちゃん
あ~っ

≪愛子ちゃん
え~っ

≪あ~ 愛子ちゃん
≪こんにちは

≪愛子ちゃん

愛子ちゃん
えっ 何で? 名前…

こんにちは

RIMAちゃん

≪かわいすぎる

≪泣きそう
≪泣きそう

≪待って 泣かないで

泣きそう
かわいい

こんにちは
こんにちは 愛子ちゃん

≪かわいい

≪いや かわいい
あ~っ

愛子ちゃん

≪こんにちは

<涙する愛子ちゃん>

<そして>

≪愛子ちゃん
≪こんにちは

<もっと涙する
お父さん>

愛子ちゃん よかったね

ヤバイ えっ

≪泣いちゃう
えっ

<愛子ちゃん>

じゃ ご挨拶させてください
せーの

We need U! 私たちNiziUです
よろしくお願いしまーす

めっちゃかわいい
かわいすぎる

≪あ~ もう かわいい
かわいい

ありがとうございます

<少~し落ち着いた愛子ちゃん>

<改めての感想は…>

ホントに褒め上手やな

<夢の対面が実現したところで>

<NiziUに会ったら
やりたかった夢 まずは>

NiziUも

最初 愛子は

はい 分かりました

あこは 国語と
さんすうのじゅぎょうで

ねむくなっちゃうけど
NiziUは

小学生のとき どうやって
がんばりましたか?

それ あるあるだよね

(RIO)寝ちゃいけないから

ちょっと真面目に答えすぎたかな
大丈夫かな

<NiziU>

ありがとう 愛子ちゃん
じゃあ次

NiziUが2年生のころは

どんなあそびを
していましたか?

何してたっけ?

うん 鬼ごっこ やってた

なっ 楽しいよな

回し うまいですね

<する 夢のひとときを過ごし…>

<大満足>

<続いては
最もやりたかった こちら!>

≪かわいいしか出てこおへん
≪ホントに

≪キャーッ!

≪すごい!

ここ マイクにして

それで踊る
≪素敵!

<衣装も準備万端!>

<まさかの本人たちを前に
ダンス スタート!>

<今夜>

<壮大な夢がかなう>

<続いては
最もやりたかった こちら!>

<衣装も準備万端!>

<まさかの本人たちを前に
ダンス スタート!>

♬~Wanna wanna wanna

♬~Take a picture now,
take a picture now

♬~Gonna gonna gonna
焼き付けるよ

♬~Wanna wanna wanna

♬~Take a picture now,
take a picture now

♬~Gonna gonna gonna
覚えてよう

♬~伝えたいの

♬~君に抱きしめられるの好き、
こんなに

♬~ありったけの愛を

♬~To you あげるよ oh ずっと

♬~I’ll never let go

♬~I got this feeling

♬~今、 心トキメキ

♬~全身をかけめぐり

♬~2人一緒なら

♬~I feel like I can fly
≪ヤバッ 上手!

♬~一瞬一瞬を抱いてこう

♬~One for our love
♬~One

♬~Two 若さと Three
♬~Two Three

♬~こんなに大切な思い出

♬~Four 君のsmile
♬~Four

♬~Five 今はyoung and wild
♬~Five

♬~覚えてて forever

♬~Wanna wanna wanna

♬~Take a picture now,
take a picture now

♬~Gonna gonna gonna
♬~焼き付けるよ

≪キャーッ!
ありがとうございます!

≪愛子ちゃ~ん!
素敵!

ヤバイじゃん!

≪こういうふうに
ファンの子たちって見てるんだ

何か ちょっとホントに

あの~ ねっ

MAYUKAにつられちゃうから

ホンマに ごめん あの…

何か…

かわいい
じゃ…

もう 何か すごい
何か 今 何か…

もう 何か すごい感じで

もう 何か もう

ありがとうございます
絶対 覚えてるね

うん 愛子も

ありがとう! キャーッ!

かわいい

<そして もちろん!>

<そして ここからが あわよくば>

<かなえてほしかった>

あの ちょっと…

ラップとかだけでもいいから

少し… ちょっと

え~っ ヤバッ!

<そう>

<ということで
愛子 With NiziUの>

<「Take a picture」 どうぞ>

♬~けど 賭けてみたいの

♬~One for our love Two
♬~One Two

♬~若さと Three
♬~Three

♬~こんなに大切な思い出

♬~Four 君のsmile
♬~Four

♬~Five 今はyoung and wild
♬~Five

♬~覚えてて forever

♬~Wanna wanna wanna

♬~Take a picture now,
take a picture now

♬~Gonna gonna gonna
♬~焼き付けるよ

♬~Wanna wanna wanna

♬~Take a picture now,
take a picture now

かわいい!
♬~Gonna gonna gonna

♬~焼き付けるよ

(大歓声)

素敵!

≪ありがとう!
≪かわいい ありがとう

もう~

ヤバイ
ヤバイ

≪かわいい!
≪愛子ちゃん 最高

(一同)ハハハ…

(一同)ハハハ…

<しかし
これだけではなかった>

前に指を… そう
突き出します

その時に はい ジャンプ

<直接>

<まさかの夢の体験>

<そして このメンバー全員から
教わった振り付けを>

<さんまさ~ん
今からスタジオで披露しま~す>

≪え~っ!

えっ!?

長谷川愛子ちゃんです どうぞ!

愛子ちゃん!
(指原)どこから?

かわいい!
こんな かわいいんだ

<そう>

おっ 何でしょうか?

<入りTシャツ>

ありがとうございます

≪Akoちゃん
あっ ホントだ!

<それを着て
教わったダンスを披露します>

じゃ 愛子ちゃん
始めてください

♬~

(指原)かわいい!
≪イエーイ!

最高! かわいい!

かわいいでしょ お母さん
ねえ

これはね~ 愛子ちゃん

なってほしい

内田くん どうでした?
いいですね

やっぱり でも 僕ね

いますよ
もうね

あっ そうか

お父さん お母さんはね

愛子ちゃん
へえ~ えらいな

おお~ いいね カレーね

違う!?
(吉村)違うみたいです さんまさん

レトルト
お母さん ごめんなさいね

(吉村)
一気に気まずくなりましたよ

(安住)
お母さんが 今日はね

違う気持ちで
こちら 来られてるということで

えっ?

(吉村)えっ!?
あっ…

ありがとうございます

へえ~

だって
諦めるしかないから

(吉村)そんなことない

<続いての夢は…>

<そんな夢を語ってくれたのは>

<岩手県で暮らす小学3年生>

<Snow Manといえば>

<ハイレベルなダンスパフォーマンスを武器に…>

<昨年
悲願の紅白初出場を果たした>

<今 最も勢いのある>

<ジャニーズの9人組!>

<彼らがみせる ダンスパフォーマンスは…>

<プロのダンサーたちも認める>

<ハイクオリティー>

<そのかっこよさに
ときおみくんも>

<ハートを
わしづかみにされたのだ!>

その時は

よろしくお願いします

<そこで 「最終審査」と称して>

<ときおみくんを東京に招き>

<大好きな>

<をしてもらう>

おはようございます

<このあと>

いつも

<大好きな>

<をしてもらう>

おはようございます
おはようございます

<ときおみくんが憧れる>

<Snow Manの>

<今回>

<こんなものを用意>

ああ~っ!

(スタッフ)あんまり
着ぐるみとか着ないすか?

あっ そうですか

<Snow Manだけに>

<雪だるまの着ぐるみに
入ってもらい>

<ニセオーディション会場で>

<スタンバイ 後ろから登場!>

<発表してもらうのだ>

これは

<それでは…>

はい

(スタッフ)長男と長女

(スタッフ)次男

(スタッフ)そうなの

(スタッフ)9人?
はい

(スタッフ)すげっ フルネームで!?

何ですか?

(スタッフ)カワイイんですか? へえ~
はい

いいところ

(スタッフ)そっか そっか

(スタッフ)ひーくん!? そうなんだ

<それでは そろそろ…>

はい
(スタッフ)そうだよね

岩手で 雪 めっちゃ降るもんね

はい
(スタッフ)へえ~

<バレないように>

はい
ちゃんと

<それでは>

ハッ!

アハハ…

はじめまして
はじめまして

ハハハ…

ときおみくんの

イエーイ!

<あまりの出来事に
完全に固まってしまった>

<ときおみくんでしたが…>

<改めて>

あと

いや~

一緒に

はい
踊りたい?

…とか踊りたい
おおっ

「Crazy」?
はい

でも 「Crazy」ってさ
ちょっと…

なんだけど

<そう 一緒に>

<岩本が振り付けを担当した曲で>

<プロのダンサーが>

<と評した>

<Snow Manの中でも
ダントツに難しい曲>

たぶん 大丈夫だと思う
ほお~ すごい!

ときおみくんとSnow Man 全員で

「Crazy F-R-E-S-H Beat」を
1か月後ぐらいに

パフォーマンスする場所を
押さえているので もう

アハハ…

<まずは 日々 動画を見ながら>

<練習したというダンスを>

<憧れの岩本さんに見てもらう>

♬~

<うん?>

♬~

<結構 踊れる
ときおみくん!>

♬~

<難関の
ポイントも…>

♬~

<ただの小坊主ではなかった
ときおみくん!>

何なら

かもしれない

ハハハ…

<実は
4歳からダンスを始め>

<地元の大会で
優勝するほどの腕前!>

<とはいえ
プロのレベルから見ると>

<その振り付けは
まだまだ粗削り>

<この日 時間の許す限り>

<岩本さんから細かいポイントを
指摘してもらった>

で そのあとの足が

ぐらい

そうそうそう

って顔しちゃダメ

そうそう そうそう
そうそうそう

ぐらいな感じにしといて
で その時に

もうちょいね…
そうそう そうそう

すごい

<さらに 自宅での練習用に>

<様々な角度から撮影した…>

いえいえ

(スタッフ)おっ いいですか?
はい

<こうして…>

<ダンスの師弟コンビ>

<から…>

<Snow Man 岩本から>

<「報告したいことがある」
と連絡が入った>

あの…

えっ いいの?

はい
ありがとう

あの~ 羊の被り物で

カワイイ ハハハ…

<兄弟のようなツーショットが>

<撮れたところで 本題>

はい
何か…

なって思って

はい

1日限定の

Snow Man ときおみくん 10人で
お送りする

「Crazy F-R-E-S-H Beat」

ときおみバージョンということに
なります

おめでとうございます

<何と 10人目の
Snow Manバージョンとして>

<ときおみくんのオリジナルソロパートを
作ってくれたのだ!>

<さらに この日
別番組の収録で来ていた>

<Snow Manのメンバー
向井と目黒にも>

<サプライズで ご挨拶!>

(♬~Crazy F-R-E-S-H Beat)

おおっ
お~っ

♬~

(向井)カッコイイ!
(目黒)いいね

♬~

普通に
すげえ

<そして そこへ>

<お兄ちゃんも登場!>

(向井)どこおったんよ

♬~

(目黒)フーッ!
(向井)イエーイ!

すげえ
フーッ!

じゃあ ちょっと改めて

(向井)あら あ~っ 何か

(目黒)そう 何か
(向井)結構 照兄を

見てる感じがした
踊り方というか

そう だから ちょっと新しく

あっ
そこ まだ入ってないから

Snow Manの曲で

<本番まで 残りわずか>

<新たなソロパートの練習に加え>

セブン エイト ワン

<ダンサーの皆さんに
協力してもらい>

<10人で踊る
フォーメーションの特訓も>

ワン ツー スリー…

♬~トゥー トゥトゥトゥトゥ…

<練習を重ね
黄色い声援が飛び交うほど>

<ときおみくんのダンスも
キレッキレに!>

≪Grandeur

<一方 Snow Manのメンバーも…>

ワンー ツー スリー

あんま揺らさないってほどじゃ
ないんだけど ドン

<多忙なスケジュールの中
リーダーの岩本さんを中心に>

<ときおみくんを加えた
10人のフォーメーションを最後まで確認>

シックス セブン エイト ワン

ナイス

<ときおみくんの
夢の舞台に向け>

<そして迎えた>

(スタッフ)おはようございます

<憧れの聖地にやってきた
ときおみくん>

<その場所は 大好きなSnow Manが>

<Snow Manとの夢の共演に>

<気合十分! そこへ>

おはようございます
おはようございます

<アニキ ひーくんが登場!>

はい

ジャン

<お揃いの衣装を前に思わず…>

<10人目のSnow Manとして>

<岩本さんと
お揃いの衣装に着替えたところで>

<残るSnow Manメンバーへ挨拶>

失礼します

(向井)あっ かわいい
(佐久間)ときおみくん

かわいい
ヤバイ

(佐久間)おいしそう!
岩手のスイカゼリー?

(佐久間)この年齢で

<メンバーと打ち解けたところで>

おーい!

おーい!

<いざ>

<このあと>

うわっ すごい すごい!

おーい!

<いざ>

<今回の10人特別バージョンには
岩本アニキから授かった>

<3つのポイントが待ち受ける>

♬~You wanna feel it?

♬~You gotta get it

♬~So can you hear it?
This that CRAZY BEAT

♬~Girl, Do you want it now?
前代未聞のSound

♬~そのままDance baby
今夜はまだBounce

♬~灼熱のFire
そうもっとHigher

♬~隠したところも見せてDesire

♬~小さな仕草も

♬~またSupa Dupa Fresh

♬~視界もChika, Chika, Chika
するほどFlex

♬~Check Check させてよ

♬~Shake Shake 踊りな

♬~今夜はDon’t stop,
Here we, Here we go

♬~Girl I just want you,
All night

♬~合わした照準, On sight

♬~何度もFalling for you

♬~F-R-E-S-H

♬~Put them in the air

♬~ほらI don’t care

<ここから
最も難関なシンクロダンスへ!>

♬~Uh, Can you feel it baby?

♬~We do it super fresh

♬~

♬~We do it super fresh

♬~

♬~Ah baby can you feel it

<決まった!>

♬~Dup dup dup mhmm…

♬~

<そして アニキ ひーくん考案の
ソロパート!>

♬~Dup dup dup mhmm…

♬~Ah baby can you feel it

♬~

♬~You wanna feel it?

♬~You gotta get it
So can you hear it?

♬~Uh, Can you feel it baby?

<完璧だ!>

♬~

<最後は
勝手に動いてしまう>

<かかとダンスからのシンクロへ>

♬~We do it
super fresh

♬~

♬~Ah baby
can you feel it

♬~Dup dup dup mhmm…

♬~

♬~Dup dup dup mhmm…

♬~

♬~Dup dup dup mhmm…

♬~

♬~Dup dup dup mhmm…

♬~Ah baby can you feel it

♬~This that CRAZY BEAT

♬~

(向井)カッコイイ!

イエーイ
イエーイ

ありがとうございます

<ときおみくんの夢が かなった>

<そして…>

「ひーくんへ」

(佐久間)あ~っ ヤバイね

泣いちゃう…

(佐久間)ヤバイもん もう

≪ありがとう

俺だってさ

<ときおみくんの夢 実現>

すごい ええ
僕 あのメンバーの中

佐久間くんと

ほいで 佐久間から今日

って Snow Manのほうから

LINE来るぐらい協力して
やってくれたっちゅうのが

ありがたいね この番組にとっては
ねえ

ホントに素晴らしいですね
どうでした? 吉村

ちょっと すごい子どもが
いるもんやな 世の中には

ちょっと すごいレベルだし
ちょっと何か感覚的に

そうそう
(指原)そんな ウソ!

(指原)思ってますから
その感じは はい

さあ 続いてですけども

ご覧ください

<応募してくれたのは
東京都に住む上原さん>

なんですけれども

って言ってまして

海賊王に

おれは なる!!!!

<その売り上げは>

<日本のみ
ならず>

<積み上げると…>

<成層圏を突破し>

<宇宙にまで届く>

<日本が世界に誇る>

<エンターテインメント作品なのだ!>

<その「ONE PIECE」に
人生を変えられたというのが…>

ああ はい スリカと申します

あっ これ あれですか?

そうです 全部
まあ これ

(スタッフ)あっ 最新刊?
そう

<部屋に入るなり いきなり
スリカさんからクイズが>

いや これ

いえ 私じゃない

<他にも ゾロを
マネして>

<剣のトレーニングに
励んだり>

<街なかで
「ONE PIECE」の>

<キャラと同じ名前を
見つけると>

<すぐに写真を
撮ってしまうなど>

<好きすぎるあまり
スリカさんにとっては>

<さらに…>

<何と この>

そう

<わずか4年で日本語を話し>

<聞き取れるように!>

おれは なる

<さらに現在では 簡単な漢字も>

<読めるように
なっているのだという>

<インド南部で
生まれ育ったスリカさん>

<実は…>

<現GoogleのCEOも輩出し>

<世界三大難関といわれる
インド工科大学に>

<しかし…>

でしたけど

<だった スリカさん>

<この先 何を目指せばいいのか>

<将来に思い悩んでいた>

<友人の勧めで読んでみた>

<漫画「ONE PIECE」だった!>

<どんな困難にも負けず
夢である 海賊王を目指す>

<その姿に 胸打たれ>

<スリカさんは>

<その夢が…>

そうですね その

自分で

<そして いつか
「ONE PIECE」と自分の企業が>

<何かしらのコラボをすることが
夢なんだとか>

私は

<「ONE PIECE」のような人生を
選んだ>

<ぜひ>

<とはいえ 週刊連載を中心に
超多忙な尾田先生>

<オファーをしてみたところ
出演こそ かなわなかったが>

<代わりに…>

<「お礼を言いたい」という
彼の想いを受けた先生から>

<ある特別な返事が かえってきた>

<というわけで それを伝えるため>

登場しました あの麦わら帽子

<夢の
サポート役は>

OK

<ディレクターが来るまで>

<そこには…>

ポーネグリフ 「ONE PIECE」

何で謝ってるの
ジョイボーイ

<単なる 石のオブジェも
スリカさんには>

<「ONE PIECE」に
出てくる石碑>

<ポーネグリフに
見えるよう>

はあ~っ

そろそろ
じゃあ

<せっかくなので>

<こんな形で当選を発表>

うん 大丈夫
≪大丈夫?

♬~

<突如 聞こえてきたのは
「ONE PIECE」ファンなら>

<誰もが知る あの曲!>

♬~

さあ 反応してる…

<現れたのは…>

こんにちは~!

きただにひろしです

いくぜ!

うわっ 嬉しそう ハハハハ…

だから これ全部やってくれて

♬~バイオリズム乗っかって

♬~思い過ごせばいい!

わ~ すごい
ありがとう

いやいや いやいや いやいや
スリカくんですか?

今 何か…
ちょっと待ってください

ちょっと待ってください
興奮して

「さんま・玉緒の あんたの夢
かなえたろかスペシャル」です

OK
「ONE PIECE」で…

<ここで>

普段から
そうですね

(きただに)素晴らしい
ええ

そう ありがとう

すごいワクワクして

今日はね

はい 行きましょう

出航だァ~!

<というわけで…>

お~! キャプテン!

<世界一の漫画家が手掛ける…>

<奇跡>

うーわ すごいな
ホンマ

<まず一行がやってきたのは…>

<スリカさんが ずっと
来てみたかったという ある場所>

ハハハハッ ハハハハッ

うわ~
うわ~

お出迎えがすごい!

うわ~
うわ~

<ここは「ONE PIECE」が
連載されている>

<「週刊少年ジャンプ」の
発行元 集英社>

ONE PIECEワールドじゃない

うわ~

そうだ ねえ~

すごいね~

そうね 先週も…
そうらしいんですよ

そう

周りが止めたらしいです

<そして今回は
スリカさんのために>

<「ONE PIECE」の担当者が
中を特別に案内してくれるという>

あっ
≪こんにちは

ああ どうも どうも
こんにちは

担当の岩崎さんですか?
あっ はい

「ONE PIECE」の原作担当の岩崎です

はじめまして スリカと申します
(岩崎)はじめまして

岩崎です よろしくお願いします
よろしくお願いします

ハハッ

ホント?
(岩崎)はい

っていうのが
一番 主なところです

(岩崎)ありがとうございます

<尾田先生と仕事をしていると
聞いただけで>

<この興奮ぶり!>

<そして フロア内へ>

岩崎さん

で描かれていて

(岩崎)原稿はそのまま
描かれてるので

自分が実際に家に
伺ってっていう形ですね

どんな人… ああっ

なるほど聞くんじゃなくて
そうですよ

(岩崎)なるほど

「ONE PIECE」の例えが…

何かね

岩崎さんに ここはさ…

ねえ そんな…
ごめんなさい ホントに

シャンクス
(岩崎)シャンクスですね

分かりました

いつかの山賊じゃねえか

船長さん!

≪シャンクス

<主人公・ルフィ
憧れの海賊>

<赤髪のシャンクスが>

<スリカさんも
大好きなのだ>

分かりました そしたら

OK?
(岩崎)はい

<というわけで 超>

<実は…>

<これが 後の
大事な伏線になっていた>

うわっ
原画を準備してきました

じゃないかなということで

うわっ オリジナルですか?

(岩崎)はい オリジナルです
わあっ わあっ

(岩崎)本物です
おおっ

うわ~

<それは
物語がスタートする第1話>

<幼少期の主人公・ルフィと>

<憧れの海賊
シャンクスのお別れのシーン>

<いつかの再会を願い>

<自分の大切にしている
麦わら帽子を>

<ルフィに預け>

<「立派になって返しに来い」と
約束を交わす>

<ONE PIECE史に残る名場面>

うおっ
うお~

20年前?
(岩崎)はい もう

21話の時なんで 24年前ですかね

うわっ

(岩崎)はい
うわあ

すごいね これは

うーん
へえ~

すごいね~

うわ~

「この帽子を お前に預ける」

何か これって

信じられないですよ
手で描いたって

(岩崎)うん

すごいね~

もちろん もちろん
(岩崎)絶対にあげられないです

スリカさん これが…

ホントに?
はい

ビブルカードの…
(岩崎)指標を示すっていう…

<そこには
次なる宝を示す場所が>

ぜひその場所に
行ってみてください

ありがとう いや でも

すいませんね
お忙しいところ ホントに

で 行くんだけど

ああ…
ホントに

もうちょっと残念がりなさいよ

<果たしてスリカさんを待ち受ける
宝物とは?>

<集英社 岩崎さんの指示に従い>

<やってきたのは
とある録音スタジオ>

OK

OK 行っていいですか?

<そこで>

ハハッ!

ああ 分かる?

うおっ すごい

<主人公・ルフィの声を演じる
田中真弓さん>

<このあと…>

<からの言葉>

(田中)夢は かないます

<スリカさんを待っていたのは…>
ハハッ!

ハハッ!

ああ 分かる?

うおっ すごい

<主人公・ルフィの声を演じる
田中真弓さん>

うわあ

<実は田中さん>

<尾田先生から あることを託され>

<待っていてくれたのだ>

ここに来たのは

(田中)それが その あの…

なんです
私 預かってきましたので

それを ちょっと…

(田中)はい

<そう 実は…>

<少しでも尾田先生が
自分のことを考えてくれたら>

<そんな嬉しいことはない>

<こんな手紙を
書いてくれたのだ>

えっ?
尾田っちの字です これ

ハハッ ハッ ハッ

はい

OK はい Ready

これを どうぞ
ホントに?

尾田っちからの お手紙です

(田中)嬉しい?
本気で

ありがとうございます 本気で

信じられない
(田中)で その中に

渡したいものがあるって
書いてあるでしょ?

書いてあったんですね ねっ
はい

それでは それを
今からスリカさんにお渡しします

OK 引き継がれる意志…

お願いしまーす!

<そこに>

おおっ おおっ おおっ

おおっ おおっ おおっ

<スリカさんが
大好きな>

<赤髪のシャンクスの
声を演じる>

<池田秀一さん>

<その手には>

<そして 尾田先生からこんな
メッセージを預かってきてくれた>

シャン… シャン…

おい スリカ!!

ITの皇帝達を越えるのか

(池田)じゃあ…

この帽子を

お前に預ける
ハハハッ

ありがとう

おれの大切な帽子だ

いつか きっと返しに来い

(池田)立派な起業家になってな

ぜひ

(拍手)

何か ごめんなさい
感動して泣きすぎて

これ ちょっと いいところに
渡していいですか?

大事なことですから

カゼひくなよ

<直接会うのは
立派な起業家になってから>

<スリカさん>

いや~

ありがたいことに

でしたね

だなって感動しました

ねえ~
(指原)「返して」っていう あの…

スリカさんが

(吉村)そうですね

(指原)わあ 最高 CM

(吉村)そうですよ ITの

ねえ ホントに
ホントにちゃうで

そう

え~ 前澤さんみたいに

<スリカさんが大好きな
「ONE PIECE」の>

<最新劇場版が今年の夏に公開>

≫政府の新型コロナ分科会の
尾身会長らが岸田総理と会談し、

高齢者への3回目のワクチン接種を

最優先で進めるよう要請しました。

≫尾身氏らは岸田総理に
こう要請した他、

オミクロン株への対策として

飲み薬の供給体制を強化すること

感染が広がっている地域は飲み会
など人と会う場合は

なるべく少人数にするよう政府か
ら発信してほしいと求めました。

岸田総理は、よく理解したと応じ、
めりはりのついた対策が

必要との認識で一致したとのこと
です。

今夜の「news23」は…

僕 何だろうな

でも こう

ドッキリ
脅かしたいとかじゃなくて

ここじゃなくて
あっ あっち側?

あっち側で

なるほど
(指原)いっぱい いますよ

知らんよ

結構 日数もいんねんで あれ

僕と一緒にサッカーが
したいっていう子どもがいたら

僕 もう引退して 早くしないと
動けなくなってしまうので

なるほど
できるだけ早く

あ~ なるほど なるほど

夢は?
夢は私

ちょっと…

ダメですかね?

(吉村)
かなってるじゃないですか 夢が

火曜ドラマの
「ファイトソング」というドラマが

いよいよ 明日 よる10時から

しっかりしてる
(清原)始まります

私が演じる
スポ根ヒロインが繰り広げる

恋と成長のヒューマンラブコメディーと
なっております

切ないですけど
笑いあり 胸キュンありの

素敵なお話になっていると
思いますので

ぜひ ご覧ください

あっ そうですか

あっ すいません

ちょっと どうしても
思いが募ってしまって

(スタッフ)さんまさん
はいよ

(スタッフ)毎年恒例
年賀状をお願いします

分かりました~

(スタッフたちの笑い)

(スタッフ)
年賀状のほうが古風でいいかなと

ごめんなさい

そしたら
書かせていただきますけども

サインもやな
(スタッフ)はい お願いいたします

さあ こちらになりまーす

「今日がベストや!!」っていうのは

ベストじゃなきゃいけない
ベストですよね

昨日までよりも 絶対今日なんで

で 明日がベストです

ベストの日でも
失敗はするということです

でも今日がベスト
っていうことを

キム兄がえらく
感動しておりました

これを皆さんに
お送りしたいと思います

<皆さん 今年も夢のある一年を!>