それって!?実際どうなの課[字]【家の不用品を全部売る】【福耳はホントに金持ちか?】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【家の不用品を全部売る】【福耳はホントに金持ちか?】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【家の不用品、全部売ったらいくら?】
【福耳は金持ちってホント?日本の社長で検証!!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/緑川静香
番組内容
①【スマホ1つで家の不用品を全部売ったら、いくらになるのか?】
貧乏女優・緑川静香が家の不用品をスマホ1台で売りまくる。
捨てようと思っていた品々がお金に変わる!
今回は、おじいちゃんが開業医をやっていた麻布十番のお宅に訪問。
家に眠る「レトロ食器」や「キッチン用品」などが驚きの値段に!?
番組内容2
②【「福耳=金持ちになる」ならば、社長は全員福耳なのか!?】】
「福耳はお金持ちになる」という言い伝えが実際どうなのか、どうなの課・下世話担当の大島寅さんが調査。
「福耳の人がお金持ちになるんだったら、社長は全員福耳なのではないか?」と、有名企業の社長の「耳」を徹底調査!
寅さんも耳を疑うほどの「福耳パワー」が明らかになる!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大島
  2. 圭子
  3. 緑川
  4. ハハハ
  5. 森川
  6. ジェローム
  7. 社長
  8. 出品
  9. 通知音
  10. 福耳
  11. cm
  12. 下河辺
  13. 早速
  14. ジェローム社長
  15. スタッフ
  16. 売却
  17. 愛沢
  18. 以前
  19. 華丸
  20. 強気

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥2,480 (2022/01/20 23:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

(生瀬)前回 何か
すごい結果が出たって…。

え~っ?
(華丸)都会やん。

<やって来たのはセレブの街…>

<そう!今回は…>

<すると出てくる!>

<さらに…>

え~っ!すご~い!

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島・森川)お願いします。

おじいさんが
開業医を やられていた…。

(森川)いや もう…

…もう めちゃくちゃ…

(華丸)こうなってくると…

違うでしょう。
そう。

(森川)ハハハ…[笑]
ねぇ。

はじめまして。

<こちらが今回 応募してくれた
橋本さん一家>

<実は橋本さんは…>

なるほど。

<…しなければ ならないという>

(圭子さん)あっ いえ[笑]

(圭子さん)ハハハ…[笑]

<今回も スマホだけで
不用品が売れる

こちらの2つのサービスを使用>

<梱包や発送を考え…>

<…なるのかを検証する>

<それでは早速 出品していこう>

<まずは?>

(緑川)うわ~っ!

うわ~っ
すごいよ これ。

<こちらは橋本家の…>

<中でも…>

(圭子さん)で あとは…

<いっぱい…>

<…人付き合いも多く…>

絶対
使わないもの。

(圭子さん)はい。

ハハハ…[笑]よかった。

<そう 不用品を出品するとき…>

<ちなみに…>

<…のが フリマアプリの世界>

<まずは 上の引き出しから物色>

(緑川)あ~っ。

<すると…>

わ~っ
何だ?これは。

<何ともレトロな…>

<緑川は…>

いや 難しいよ。

(圭子さん)え~っ!ウソ[笑]

(緑川)ホーロー鍋あった。

<長い間 放置されていた ためか
汚れている>

<とはいえ…>

(圭子さん)はい。
(緑川)すいません!

<これは…>

(圭子さん)ハハハ…[笑]

(圭子さん)そうですよね。

(緑川)ハハハ…[笑]

<こうして きれいにした…>

何だ?

<見つけたのは…>

(緑川)お~っ これ また…。

(緑川)はい。

来るよ…来た!

<…緑川に とって>

何で ここ撮ったん
写真。

いや
友達ではないよ。

<とはいえ 虫は掃除して出品>

(緑川)ミキサーだ。

<使い古したミキサーや

レトロなデザインの
ポットなど>

(緑川)あら かわいい。

<売れ筋のレトロ食器

キッチン用品を大量出品>

<強気の値付けだが
どこまで売れるのか?>

<続いては…>

<お母さんの趣味の…>

<これらは
その当時に集めた品々>

(圭子さん)そうですね[笑]

(森川)2回目[笑]

<…だと思っていた>

違う。

(緑川)え~っ!

<緑川には
全く理解できない世界だが

とにかく出品してみる>

<そして このフラワーアレンジ
用品が のちに…>

<この日…>

(緑川)失礼いたします。

<橋本家の…>

<早速 棚を開けてみると>

(圭子さん)あっ!
(緑川)うわ~っ 壊れている。

<壊れたアクセサリーを
修理して出品>

(緑川)え~っ 何か…

<お金持ちの象徴
バスローブは 高値で出品>

<続いては…>

(圭子さん)あっ あれはですね…

(緑川)あっ お酒なんですね。
(圭子さん)はい[笑]

<皆さんも…>

<こちらは…>

<そう 大事な時に…>

<皆さん…>

<橋本家は
飲まないというので

次々と強気の値段で
出品していく緑川>

<果たして
買い手は現われるのか?>

(圭子さん)大丈夫です。

<目を付けたのは…>

<早速 開けてみると>

何だろう?

(圭子さん)…らしいです。

<革のカバンは…>

<使用感も考慮し…>

いや 売れるかな?

<その他にも
診療所で使われていた

赤ちゃん用の身長測定器や

大量の薬のビンを出品>

<…ここで>
[通知音]

(圭子さん)うわ~っ!

<銅のフライパンが
およそ4500円で初売却>

(大島)のれん?

<おばあちゃんが
旅行に行くたびに

観光地で
記念として買い集めた…>

(大島)かわいい。

(圭子さん)あっ そうなんですね。

<そう>

<だが観光地の名称が入っている
お土産は

過去の経験上あまり売れない>

<果たして…>

<未使用感と
風情あるデザインから

売れると踏んで強気の値付け>

いや 強気だな。

<このままの値段で売れることに
期待する>

[通知音]

(圭子さん)はい。

<先ほど出品した
こちらのブランデーに…>

(圭子さん)ハハハ…[笑]

<強気にも…>

欲しい人が
いるはずだ。

(圭子さん)わ~っ!

(緑川)ハハハ…[笑]

<緑川の駆け引き術が 成功!>

<見事 値下げなしで 売却>

<相手は 基本 値下げを
お願いしてくるのだが…>

[通知音]

(圭子さん)ウソ!

<橋本さんが
そう言うのも 分かるが

とにかく高値で売れた!>

<これにて…>

<そう…>

<ここで>

(緑川)…ぐらい あれば。

<送料などを引いても

15万円
渡せるよう…>

<…に 設定!>

<果たして…>

<この日からは 売れたものの
梱包をスタート>

<手間を かけてでも
丁寧に することが

出品者としての
評価アップに繋がる>

[通知音]

(圭子さん)うわ~っ!

え~っ?

<こちらの ロックグラスが

なんと高額の
およそ1万1000円で売却>

<そのほかにも 食器類が

比較的 高値で売れた!>

めっちゃ
売れてる!

(圭子さん)はいはい。

(圭子さん)はぁ~!

<のれんが まさかの
1枚 およそ3000円で売却>

(緑川)あれが…

<いかにもレトロな
ヴィーナスの時計が 売却>

(圭子さん)えっ?

(圭子さん)はい。

(圭子さん)うわ~っ すごい!

<そう 実は緑川

昨年の「BEST BODY JAPAN」
日本大会にて

モデルジャパン部門
5位入賞を果たした!>

(圭子さん)作り上げたんですか?

(圭子さん)あ~っ!

[通知音]
(緑川)あ~っ!

(圭子さん)おぉ~!

お~っ!

(圭子さん)はい。

おぉ~!

えっ?

(圭子さん)え~っ!

<レトロな銅製品が
立て続けに 高額売却>

<一見 絶好調にも見えるが>

<そう…>

<ならば…>

(大島)おっ。
(森川)あっ。

下河辺さん。

(緑川)ダメです。
(圭子さん)ハハハ…[笑]

勝手に入ってきた。
(大島)勝手に[笑]

「ピンポン」「お邪魔します」とか
言わないのね。

(緑川・圭子さん)ハハハ…[笑]

(圭子さん)え~っ!

<橋本さん…>

<早速 売れない…>

<…いただこう!>

<まずは カバン>

(下河辺さん)…かな?と思っていて。
(圭子さん)はい。

(下河辺さん)…やっぱり ちゃんと…

(下河辺さん)見た目が。

(下河辺さん)保湿するんです これで
(緑川)へぇ~。

(緑川)ハハハ…[笑]

<ということで…>

(下河辺さん)たまらないように。

(緑川)うん 何か こう…

<そして>

(緑川)ほら!すごい すごい。
(下河辺さん)光沢ありますね。

(緑川)全然
テカテカ ピカピカですよ。

<比べてみると

オイルを塗ったほうが
色が濃くなり

若返った印象>

<さらに こちらの薬瓶にも
アドバイス>

(下河辺さん)…ていう…

…ほうが いいと思うんですね。
(緑川)はい。

<そこで 部屋にあった…>

<家から…>

<できあがった カフェ風
コーディネートが こちら>

(緑川)すてき!

<同じものでも 見せ方ひとつで

ここまで変わる!>

<やはり…>

[通知音]

(圭子さん)あっ 漆の!(緑川)はい。

はい!

(圭子さん)え~っ すごい!

<最初に出品した 漆器セットが

およそ4500円のまま 売却!>

(圭子さん)お~っ!

やっと!

<6日目にして
フラワーアレンジ用品が 初売却>

(圭子さん)はい。

<全商品を…>

<すると ここから…>

[通知音]

(圭子さん)あっ
え~っ!これ売れたんですね。

[通知音]

[通知音]

<なんと 鏡餅の台のみが

およそ1900円で 売却>

<そのほかにも 値下げ効果で

大量に売れた!>

<そして 運命の…>

(緑川)お母さんの…

(圭子さん)あ~っ[笑]はいはい。

(圭子さん)おぉ~っ!

<鉢の まとめ売りが

なんと およそ3900円!>

<一体 何に使うのか?>

<資材の まとめ売りが
まさかの売却!>

(圭子さん)日の目を見ました!

<お椀2つセットが

高額の およそ5000円>

<そのほか 値下げ効果で

食器は 大量に売れ>

<物置いっぱいの食器も

ここまで減らすことが できた!>

<そして 1週間 売った結果は
ご覧の通り>

<果たして…>

<いよいよ…>

余裕な感じだな
15は。

いや 20か。

(緑川・圭子さん)2。

(圭子さん)はぁ~!

<軽く…>

(緑川)あと半分!
(圭子さん)11。(緑川)11。

いいよ いったよ!
目標。

(緑川)18!

(緑川)19!

<果たして?>

(緑川)キャ~ッ!

お~っ すごい。

<見事…>

いや すごいよな。
すごいよな。

(圭子さん)うわ~!あるある…。

(緑川)21。

おっ もう いけ!
30 いけ!

(緑川)あぁ~!

(圭子さん)すごい!

<しかし ここで>

(緑川・圭子さん)あ~っ!

<ということで 最終結果は>

いやいや
でも すごいよ。

(圭子さん)ありがとうございます!

<これなら おばあちゃんと
家族旅行にも行ける!>

(圭子さん)ねぇ!

(緑川)ハハハ…[笑]
(圭子さん)ハハハ…[笑]

(緑川)あぁ~!泣かないで!

泣いてる[笑]

<皆さん 子どもの頃…>

<…て話
聞いたこと ありますか?>

<そもそも…>

<そこで 我々は…>

<それは…>

<そんな…>

<調査するのは もちろん
この お方>

<どうなの課…>

<ちなみに…>

<まず 長さに関しては
比率が重要>

<3分割し
普通は

1対1対1
なのだが…>

<そして…>

<それでは早速 調査開始>

(大島)うわっ!

日本人?
どこ行ってるの?

<本日 1件目は…>

<その ひと口
食べるごとに広がる

深い味わいは…>

<…として 人気を博している>

<果たして…>

あれ?

(森川)えぇ~。

へぇ~。

<…構え…>

<…を売り上げる
チョコレートブランド…>

(大島)うわぁ~。

(ジェロームさん)はい。
(大島)あら まぁ そうですか。

<そんな…>

(大島)ちょっと…

(大島)はい。

<まずは 窪みの長さ>

<窪みの長さは
1.65cm>

<これより
耳たぶが長ければ 福耳>

<果たして どうか?>

(森川)どうだ?

(大島)1.77。

<耳たぶの長さは 窪みより
ちょっと長めの

1.77cm>

<すると?>

(大島)はい。

(ジェロームさん)はい。

(大島)へぇ~。

おかしい[笑]

<そんな 奥さんの努力が
功を奏したのか…>

<だか 厚みも大事>

(大島)失礼します。

あっ 社長。

ハハハ…[笑]
(森川)ハハハ…[笑]

<長さはあるが
厚みはない この耳

大島は どうみるか?>

(大島)やや。

(ジェロームさん)社長
心配になりました。

<ということで
ジェローム社長は…>

<すると>

(大島)申し訳ないです。
あの…

(森川)すごい検証だな[笑]

<実は 耳の穴の大きさで

その人のお金の使い方が分かり

大きいほど 大胆に使うタイプと
いわれている>

<ジェローム社長の場合は?>

(大島)失礼いたします。あっ!

おぉ~。

(ジェロームさん)あぁ~。

(ジェロームさん)そうそうそう。

(スタッフ)大島さん。ジェローム社長…

ちょっと なんか すごい…

<実は 人相学上…>

<…ており 耳が 貯まるお金を
示すのに対し

鼻は 稼ぐお金を示していると
いわれている>

<そして こちらの
金甲と呼ばれる

小鼻の部分が
盛り上がっていればいるほど

お金を稼ぐといわれている>

<ジェローム社長は どうか?>

(大島)お鼻を 見せてもらっても
いいですか?

あっ!

(森川)スゴい。

(森川)ハハハ…[笑]

<そう ジェローム社長>

<耳 自体は やや福耳だが…>

<これは
福耳ならぬ…>

<その人の…>

<長ければ 真面目タイプ>

<短ければ 柔軟タイプと
いわれている>

<ジェローム社長は?>

(ジェロームさん)「ゴディバ」で
チョコレートとか

スイーツとか アイスクリーム

食べたくなるじゃないですか?
(大島)はい。

(大島)おぉ~。

<そう 実はジェローム社長

以前は…>

<今のご時世にあわせて

チョコをあえて
コンビニなどに置くことで

親しみやすさを打ち出し
売り上げを上昇させた>

<最後に大島には どうしても…>

(大島)あれ…

(大島)そうですよね。

(ジェロームさん)これ…

(大島)あっ 2月の。
(ジェロームさん)はい。

(大島)えっ!

(森川)ハハハ…[笑]

<ということで 大島

「ゴディバ」の新作チョコを 試食>

(ジェロームさん)ありがとうございます。
(大島)うまいです。

(ジェロームさん)それで 見た目 すごい
何ていうの

きれいですよね。
(大島)きれい きれい。

やっぱり おいしいですね。
(ジェロームさん)はい。

(大島)うまいね~。
(ジェロームさん)ハハハ…[笑]

<2人目の社長は?>

(大島)うわぁ~。

えっ!?
(森川)えぇ~。

おいしいんだよね。

<続いては 大島も大好き

大手ファストフードチェーン
「サブウェイ」>

<注文を受けて その場で
手作りする サンドイッチは

細部にいたるまで…>

<新鮮な…>

<女性を中心に
人気を博している>

ピーマンが
いいんだよな。

(スタッフ)イメージで。

(大島)…こうやって。

<果たして「サブウェイ」の社長は
どんな耳なのか?>

(大島)社長ですか?

<…する
ファストフードチェーン…>

<果たして大島の予想通り…>

<早速 測らせてもらおう>

<まずは耳の窪み>

(大島)はい。

2.21です。

<窪みのサイズは2.21cm>

<それより
耳たぶが長ければ福耳だが>

<どうか?>

(鈴木さん)ちょっと
ドキドキしますね。

(大島)1.8です。

<耳たぶの長さは1.8cm>

(大島)すみません。

<そう 鈴木社長の耳は

窪みが大きいため その分

耳たぶが小さい…>

厚くない?でも。
うん 厚い気がする。あれ?

(大島)はい ありがとうございます

(森川)どうだ?

まいったな。

(大島)ちょっと…

(大島)こんなの もう…

(鈴木さん)ハハハ…[笑]
(大島)ちょっと びっくりしてます

<残念ながら耳たぶは…>

(スタッフ)いや 僕…

(大島)これ?

これじゃないですか?これ。

(スタッフ)ホクロが…

<そう 耳たぶに…>

<社長とは思えない…>

<と ここまで耳に関して
いいとこなしの鈴木社長>

<ここで ディレクターが>

(スタッフ)大島さん。(大島)指?

人差し指より薬指の方が長い!

<実は…>

(大島)お金持ちです。

(大島)ちょっと いいですか?
左手 こちら これ。

(大島)…て書いてある。

<薬指の長さよりも…>

(鈴木さん)大丈夫ですか?

良かったです。

(スタッフ)かつて…

…の ところに向かいます。
(大島)おぉ~。

<その社長とは?>

(大島)きれい。

あっ!

<以前…>

<その驚きの私生活は

大島を驚愕させた>

<しかし出演当時は
耳が隠れており

福耳か分からなかった>

(大島)はい。

<果たして…>

(森川)うわぁ~ 長い!
うわぁ~。

<果たして…>

(大島)あっ これですね。

<穴の窪みは およそ1.5cm>

<そして耳たぶの長さは

およそ2.1cm>

<長さは十分 福耳>

(大島)何だろうな?

立派ですね 血色もいいです。

<厚みはないものの幅広で

血色のいい福耳>

<そんな愛沢さん 最近…>

<…を発揮したという>

<そう 以前 訪れた
家賃100万円の家から…>

<そのお値段は?>

(大島)えぇ~っ!?

<なんと現在…>

(大島)はい。

<実は人相学的に…>

<人気に左右されやすい仕事が
向いているとされている>

(大島)やっぱり…

(大島)えぇ~!(愛沢さん)確か。

私 結構…

(愛沢さん)はい。
(大島)あぁ~ もう それだ じゃあ

(愛沢さん)ありましたかね?

<さらに…>

<愛沢さんは
前職の影響なのか…>

(華丸)あっ 車で来る?

(スタッフ)外。(大島)何だろう?

<すると>

<真っ赤なフェラーリの
オープンカーで

さっそうと現れた社長>

(大島)あれ?

(生瀬)お会いしました?

<以前…>

<…を持つなど…>

<…っぷりを
大島に見せつけた社長>

<それでは早速 計測開始>

(大島)1.4です。

<耳の窪みは
およそ1.4cm>

<それに対し
耳たぶは?>

(大島)2.45です。

<耳たぶの長さは
2.45cm>

(華丸)すごい。

<ならば…>

(大島)失礼します。

厚いよ。

<長さもあって厚みもある>

<これぞ まごうことなき…>

<すると早速 坂井社長の…>

<そう これこそが以前

ヘリで乗りつけて買いに行った
フェラーリ>

<そのお値段…>

<それでは せっかくなので
運転席に座らせてもらおう>

(大島)じゃあ すみません。

失礼します。

(大島)あっ。

なんか…

(大島)あっ あぁ~っ!

(大島)そうなの?

<すると>

(大島)はい。

えっ?えぇ~?
(森川)おぉ~ へぇ~。

<会社経営者 坂井さんの…>

<そう 耳が頭にくっついているか
前に出ているかでも

性格が分かると いわれている>

<坂井社長の場合は?>

(華丸)どっち?

<逆に…>

(坂井さん)いや。

(大島)それは…

<さらに…>

<坂井社長は…>

(大島)じゃあ ないんでしょうね。

(坂井さん)向いてない そう[笑]

(大島)じゃあね。でも ちゃんと…

(坂井さん)そうです そうです。

<こうして坂井社長は
自慢のフェラーリとともに

さっそうと帰って行った>

<福耳の人がお金持ちなら

社長は全員 福耳ではないかを
調査したら

現在…>

(大島)スゴいですよね。
(生瀬)ねぇ。

あっ なるほど。

(大吉)どう?
どう思う?

大きい?

僕 前も言いましたけど これ…

…伸ばしたんで。

(大島)ここが 外側が広い人が。

(森川)ハハハ…[笑]

伸びてる方は 何とかとか。

(大島)えっ?
えっ?

ほら。

しないですよ。
あれ?

(♪~)

(♪~)