中居正広の金スマ[字]小栗旬×松本潤 合体新春SP 収録計7時間半…全部見せます!…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

中居正広の金スマ[字]小栗旬×松本潤 合体新春SP 収録計7時間半…全部見せます!

▼「神様、ここで嵐に試練を与えるんだ」先輩中居だから語った…嵐、活動休止に秘められた真実▼小栗が心揺さぶられた…松本珠玉の名シーン!「花男」松本が見た小栗の葛藤

☆出演者
【MC】中居正広
【ゲスト】小栗旬・松本潤
【VTRゲスト】山田孝之

【進行】
宇内梨沙(TBSアナウンサー)
若林有子(TBSアナウンサー)

☆番組内容
▼「じっくり話したことない」小栗・松本と中居が1対1ガチトーク!初めて語られる秘話が続々▼昨年末、約1年ぶりに4人で登場した嵐…知られざる舞台裏とは?▼小栗「俳優の顔を見れてなかった」今も忘れぬ後悔を語る▼アカデミー賞俳優・北村匠海に影響を与えた小栗の言葉▼ジャニー喜多川の教え…苦しかった時期、松本が街からの疑問に赤裸々回答!▼「アマチュア感を凄く持ってる」中居が抱くコンプレックス

☆番組内容2
▼「花より男子」裏話&貴重な名場面▼舞台監督父から深すぎるアドバイス、演出家兄と初仕事…小栗家族事情▼「俺向いてないのかな」小栗、役者としての葛藤激白▼小栗&山田孝之が話題作の出演秘話を明かす▼中居×松本 音楽談義…楽曲へのこだわりとは?▼菅田将暉、佐藤健、中村勘三郎…華麗なる交友関係▼中居VS松本 どっちがかわいいか論争で松本が意外なコンプレックス暴露!キスマイの舞祭組がどう思う?と中居も怒り

☆構成
都築浩
鈴木おさむ
樋口卓治

☆ディレクター
【総合演出】
高田脩

☆AP
橋本梓
長内信博
大山小百合
松原元美
山口葉月
☆プロデューサー
【チーフプロデューサー】
大木真太郎

【プロデューサー】
竹永典弘

【担当プロデューサー】
吉橋隆雄
志賀大士
壁谷政彦

公式ページ
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/kinsma/

☆制作
TBSテレビ

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 小栗
  2. ホント
  3. 自分
  4. 松本
  5. 多分
  6. 中居
  7. 作品
  8. 芝居
  9. 俳優
  10. スタッフ
  11. ビト
  12. 意味
  13. お前
  14. 一緒
  15. 監督
  16. 共演
  17. 結構
  18. 出演
  19. 瞬間
  20. 小栗旬

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



TBS
created by Rinker
¥1,980 (2022/08/12 09:01:40時点 楽天市場調べ-詳細)

よいしょー!

何と

皆さん おやすみなさい

松本潤さん
ありがとうございました

ありがとうございました

(スタッフの拍手)

(スタッフ)はい ありがとうございます

ありがとうございました

えっ?
何か

本番前…
そうなんすか?

わあ…

(スタッフの拍手)

お疲れさん ありがとう
ありがとうございました

こちらこそ
ありがとうございました

(スタッフ)本日のゲストは
小栗旬さんでした

どうも
ありがとうございました

<2人合わせて 何と 収録 7時間半>

うん? あっ これ
聞いていいのかな? どうだろう?

え~っ…
え~っと

「マジで 俺でいいんですか?」
っていうふうに思うし

へえ~
やっぱり 俺

向いてないのかなと思って

<盟友同士が お互いを語り合う>

本人の中で

そのシーンは

ぐらいな感じで

<今夜 その>

<まずは…>

<これまで出演してくれた
数々の俳優達が…>

まっ 小栗旬さん…

まあまあ
旬くんとかは…

<こぞって名前を挙げる>

あいつ

<小栗旬とは 一体 何者なのか?>

はい…

<お互い
ずっと話したかった2人が>

<初の>

話したことないね ちゃんとね
はい そうなんです

俺 じっくり顔…

ですよね
あんま…

はい 今 今日初めて
結構 僕も ちゃんと… ああ…

って思ってます

そもそも 俳優さんって…

空く時は
それこそ

あります あります
コロナ 関係なく

そういう

僕の場合は
結構ホント

暴飲暴食とか します
アハハハハ…

まあまあ そっか
さっき言ったように 体重も

何かキープしなければならない
期間だったりもするだろうし

色々 我慢しなきゃいけないこと…
そうですね

とはいえ 暴飲暴食って
1食でいいじゃん

そうですね で 何か ちょっと…

ここのところは
なかなか難しかったですけど

以前
こういう状況の前は それこそ

会いたい人に会ったりとか
ああ…

そういうので 少し時間を使ったり

見に行きたかったお芝居を
見に行ったり

で やっぱり その暴飲暴食も
飽きるじゃないですか

「もういいや」みたいなことになる
ちょっと不安になって

このまま続けたら 戻んないんじゃ
ないのかなっていうね

それが だんだん こう…
戻すのが大変になっているので

そしたら何か…
徐々に徐々に

して…

経験がないんで

例えば
ドラマやりました… っつっても

って…

例えば 今
この時間…

とか…

そうっすね 分かんないっすね
分かんないけど

それこそ

わけじゃないっすか

そういう方達は
逆に

ああ そういうこと?

えっ そう?
はい だって…

例えば 中居さんが
さっき言ったみたいに

だけど その間

なんて思いながらも…

でも ほら…

うん…
(スタッフ達の笑い)

あっ 何か
語弊あるな これな

いや でもね これでも…

だから 僕も
この体に慣れてるから

でも 小栗くんも もう そういう
サイクルで やってきてるんだよね

そうですね このあと じゃあ
3か月 空きます っていうと

じゃ 最初の1か月は
こういうふうにして

残りの2か月は…
次の役が やっぱり ちょっと…

とかだと…

前倒しで準備したりだとか

そうなんだ だから…

だよね

父は…
ブタカンか何か

やってたのかな
そうです

<そう 実は
小栗家>

<父は舞台監督
兄は演出家と>

<同じ業界で
働く芸能一家>

(♬~交響曲第9番)

<父・哲家さんは
およそ40年も続く>

<「1万人の第九」コンサートを
手がけるなど>

<オペラ業界で
その名をとどろかせる>

<すごい人物>

という
仕事をしてて

んですけど
やっぱり…

幼少の頃ね
はい

だから… そんなに…

お父さん

父は

言うの?
自分に ですか?

何か その… 舞台を
ずっと やってきたお父さんの

経験の中で 「旬…」
みたいなこと あるの?

あります あります
あるんだ!?

結構ありますね

芝居に関しては
そんなに細かいことは やっぱり…

父も 少し畑も違うっていうのも
多分あると思うんで

言わないけど やっぱり その…

「板の上に立つ」 っていうことって

一体どういうことなのか とか
やっぱり…

へえ~ 面白い

クラシックやって…

と…

「呼吸」
今 この瞬間に…

何で そこで息を吸うんだろう?
っていうところで マエストロが吸うと

お客さんも 「フッ…」 ってなって

そこから
音楽に入っていける とか

いやあ 難しいね

それが
やっぱり

やっぱり 息…

っていうのを言われるから

「お客さん 引っ張れないな」
うん

…とかっていうのは
言われたりしますね

難しいね
うん でも…

もしも 何か

何か それが
できたら

なんだろうな
っていう…

感じは
しますよね

あれ?

兄は 何かこう
色んなことしてきて

最近 ちょっとずつ
そういう仕事をし始めてます

一番最近で言うと…

それこそTBSさんが やってる
「タイムダイバー」っていう

豊洲の方にある
360度の劇場がある…

はいはい はいはい
恐竜のショーをやってるんですけど

その恐竜のショーの演出を
兄がやってて

へえ~

<ちなみに こんなお兄さん>

僕も 見れてないというところが
ありまして

その

こないだ
初めて…

それは

あの 兄は…

全然

みたいで… で 僕が
「やります」 っていう話をしたら

そんなことあるんだ…
はい で…

こないだ 録りに行ったら…
それ だって 演出やってるなら

お兄ちゃん 来るでしょ?
はい やっぱ

えっ じゃあ スタジオとブースで
「はい お願いしまーす」 って?

で 兄から

って言われて

<そして これが
その時のナレーション>

<ステゴサウルスは>

<ジュラ紀の代表的な
恐竜の一種だ>

<「ステゴ」は 「屋根」
「サウルス」は 「トカゲ」>

<「屋根トカゲ」
という意味だ>

てれくさいね
てれくさいですけど…

何か ものすごく しっかり…

兄弟 兄弟じゃなく…
はい こっちも

ものすごく
やりやすかったですけど

って言うんで

どっちも 「小栗」だから
はい 向こうも…

それ めんどくさい もう
もう 「兄貴」 でいい そこ もう…

そうなんだ…
はい それが ホント

兄が そういう演出の仕事を
するようになってからは

小栗くん

はい やりました
26… 7… うん

<当時12歳の北村匠海に
影響を与えた>

<小栗の言葉とは…>

<12歳の北村匠海に影響を与えた
小栗監督の言葉とは…>

小栗くん

はい やりました
26… 7… うん

<小栗は当時 27歳>

<ブレイク中で
多忙だったにもかかわらず>

<映画監督デビュー>

<出演者は…>

<…など 今となっては
主役級の俳優達>

<だが実は この作品で小栗は>

<今も忘れられない
ある後悔をしたという>

どうでした?

もう13年… 14年前?
はい

そうですね まあ…

とか

監督さんが 「正解」じゃないですか
はい

その

と今 思っていて

え~っ どういうこと?

自分で

長いこと
自分の中で作ってきてるから

かたまってるんだ?

で 俳優さん達に…

から…

ちゃんと

とか

俳優さんが持ってきたアイデアを

全然
大切にしなくって

要は

っていうことだから

もう何か…
はあ~ 難しい

っていうような撮り方を
してしまったんですよね

答え 1個のまんまなんだね
もちろん そういう瞬間が…

絶対 こうしてほしいっていう
ことが あってもいいと思うけど

でも やっぱり

自分達でも考えてきた役っていう
ものがあって… っていうのを

やっぱり話し合いながら…
歩み寄りながら…

どういうふうに作っていくことが
いいのかって

やっぱり 今の自分も 役者として
すごく重要なことだな なんて

思ってるけど
あの時は もう とにかく

自分の中で出来上がってるものが
強いから

もう どんどん どんどん
こうしてほしい ああしてほしい

しかも

ハハッ 自分のお芝居で…
はい

そうだね

そう 多分 思った人も
いると思うんですよね

何か… うん

もうホントに自分の情熱だけで…

でも まず やっぱ
そのエネルギーを持ってほしいけどね

監督さん 演出家の人は
うん… そうですね

<そう小栗は反省するが…>

<出演した後輩の2人は>

<こんな影響を受けたという>

それは やっぱ
旬くんって…

≪この作品を率いるのは
監督の小栗さんです

(拍手)

<撮影初日の様子を見てみると…>

<右も左も分からない監督業>

まあ でも
いい経験だね これね

<だが 出演していた勝地涼は
そんな監督>

だから 現場で じゃあ
芝居 つけてって

じゃあ いざ どうやって
撮ろうかって時に

「俺 撮り方 分かんねえから」
っつって ちゃんとカメラマンさんと

相談したりとか
「俺 分かんないんすよ」 って言う

「分かんない」 って言う力って
僕 結構すごいなと思っていて

それは 旬くんって

<そんな小栗だからこそ
ベテランスタッフ達も>

<そして この作品の出演者には>

<当時は まだ小学生だった
この人も…>

俺は…

この女に
会いにいく

<実は…>

子どもの巧役の 北村匠海くんです

こんなちっちゃ…
分かんないよ

♬~そうだろ

♬~君がいなくなった日々も

ホントに死ぬの?

<俳優として>

<を獲得するなど 大活躍中>

<小栗は
主役の子ども時代を演じた北村へ>

<役者人生に影響を与える>

<こんな言葉をかけたという>

はいっ

私は 汚れちゃったの

おねえさんは キレイだよ

俺は 好きだよ

俺が おねえさんを守ってあげる

お疲れさまでした

ありがとう
よく頑張ったね

北村匠海くん
うん

もう ホントに彼なんかは
何ていうか…

いやあ ビックリしました ホントに
ホントだよね

で…

今から…

5~6年前ですかね

っていう…

うん

っていう
感じになって

あの時の!
うん

いや ビックリです
それでね もう

何か 線 つながってますね
そう考えると

嬉しいことですよね でも すごく
そうだね

<そして 今夜…>

グループを4人で続ける
というのは

僕らは感覚的にない
グループなので

だったら まあ…

う~ん…
あっそう

<ここからは>

<さらに…>

それが
もしかして コンプレックスかもしれない

やっぱり

と思って…

<2人が
心の内に秘めた葛藤を語り合う>

ああ 分かります 分かります

中居さん 結構 いつも この番組
とか 見させてもらってると…

って言われているのを
聞いたりするんですけど

うん
でも ものすごい お芝居 いっぱい

やられてきてるじゃないですか

うん…
ああいう時は

中居さんの中では
またちょっと

僕は 全部

監督が 「何かある?」
って聞かれれば

「ああ ちょっと 僕
こういうのがあるんじゃないかな」

「ちょっと抑えた方がいいんじゃ
ないかな」 とかっていうのは

聞かれれば 話すけど
聞かれなかったら もう…

もう 「はい はい」
う~ん…

だって それこそ 絶対 あの…

…の時なんかは ものすごい
しっかりした役作りを

されてるじゃ
ないですか

うん…
ねえ?

俺は あれを見たら

いや でも… 何ていうんだろうな

プロの俳優さん…

だからね やっぱ
アマチュア…

それが
もしかして コンプレックスかもしれない

それは 踊りにしろ こうやって…

司会にしろ お芝居にしろ

歌に… まあ…

歌にしろ

何か アマチュア感を
すごく感じてるかもしれない

それは
もしかして…

ジャニーズ出身の人の特有の何か…

う~ん…

だから お芝居にしても
「お任せします」 だし

何か それは あるかもしれないね
う~ん…

ああ でも…

「どうしましょう」
「ああしましょう」 ってやるけども

センスないから

で お任せして…
で 企画書がこう 3つ 4つ…

「中居 どう?」 「う~ん…」

「ああ…」

「これ 一番… 見えないなあ」

「これ ヤバいな これ…」

う~ん…

そしたら

でも 多分
そういうふうに思われてるから

きっと

あっ
ホント?

えっ
ちょっと今の…

いや だって
僕 やっぱ 「ナニワ金融道」とか

まあ でも 世代が そうだね…
ちょうど そうだね

「味いちもんめ」とか
よく覚えてる

ちょっと古いな
はい あの辺は…

ものすごく
見ていて

やっぱり
僕は何か…

う~ん… ああそう?
うん

何か ウソじゃないっていうか…
う~ん…

う~ん…

よく

する…

僕も

ちょっと
苦手だっていう… だから

こっちの方が… まあ…

ちょっと…

みたいなところかな

だから 僕が

「演じてる」よりも もう…

だから

そっちの方が

小栗くんは
どうなの? お芝居してて…

って
そういう時って どうやって…

いや だから やっぱり さっき
中居さんが言われたのと…

うん

やっぱり 僕も

いつも
自分の中で

いやいや いやいやいや…
もちろん色んなこと

やらしてもらって
きてるんですけど でも

一体いつから 僕らは

とかって
やっぱり

ないじゃないですか 基本的に

やっぱり その ありがたいことに
色んな仕事のオファーをもらいながら

いい役をやらせてもらったり

まあ 大作っていうようなものに
出させてもらったり

あの してきているけど

ホントに いっつも マジで

っていう
ふうに思うし

へえ~っ
で それで

色んなこと考えながら
現場に行くけど

結局 いざ 芝居になった時に

こととかも
あったり

えっ それ

え~っ
でも ホントに そうすると

と思って

結構 落ち込むんですよ

だけど やっぱり

自分に すごく満足したら
その瞬間がホントに

役者を辞める瞬間なんだろうな
とも思っているから

常に不安と
はい どこかで こう

でも

やっぱり 何か
どうしても

いつになっても やっぱ あの人
ああいう芝居うまいし

俺が言うと このセリフって すごく
セリフを言ったって感じになるのに

何で あの人の場合は
こういうふうに

自然とセリフじゃない言い方が
できるんだろうとか

結構ね そういうことばっかり
考えちゃうんで

小栗くんでも思うの?
うん

あっ そう
はい

だから僕 ホントに よく

って言う人の話を聞くと

ああ 分かります 分かります

プロのミュージシャンとして お客さんの
前に立ってるわけだからとか

プロの芸人として…
っていうような話を聞くと

うわって 何か

そういうこと思うことがある

ああ でも 僕も

どのぐらい? こう いつからか

瞬間って 時期って
あると思うんですけど

難しいな

やっぱり それなりの収入が
欲しいよな なんて思ってたのは

間違いなく
20代前半の頃なんかは あったし

それこそ 変な話
ちょっと

とか言われたら
ものすごい そっちに

飛びつきたくなってた
時期とかもあるんで

だけど

何か あっただろうね
でも そのタイミング 時期ってね

そうですね
しかも 初めて何か ちょっと

っていうのも
ちょっと覚えてたりして

あの時に
めちゃくちゃ

分かる 分かる うん
何だ これと思って

で これは俺
ホント

と思ってた時が

やっぱ 25~26とかであるんで

だけど何か そこぐらいからは
やっぱり じゃあ

みたいな気分には
なっていったかもしれないですね

だから できるかぎり
こう

んだろうとか
そういうことが

ずっと続いてるかもしんないです
でも そっから何か

その瞬間から
プロ意識が強くなったのかなって

思うことありますか?

うん そうですね
それは あるかもしれないですね

プロ意識というものなのか
どうかは分からないけど

感じは
あるかもしれないですね

その感覚って だから ちょっとね
この世界でやってる人って

何か その瞬間って
今 一線でしてる人って

あるんじゃないのかなって
うん

<小栗が>

へえ~っ

よろしくお願いします

ご無沙汰してます
ご紹介しましょう

俳優の松本潤さんです
おかけください

よろしくお願いします
よろしくお願いします

いや~っ

1対1だし 「金スマ」は
もちろん初めてだし

はい

そうなんですよ

<同じ事務所で
10年差の先輩 後輩だったのだが>

<今まで ほとんど
接点のなかった2人>

<そんな
後輩のことをよく知らない>

いきましょうか
じゃあ どうしよっかな~

じゃあね
3番 お願いします

承知しました
街の方からのご質問

こちらをご覧ください

<まずは プライベートについて>

そっち系

こうやって

えっ?

って気づいたのって
いつぐらいですか?

中居くん

すっごい難しいと
思うんですけど 今

う~んと そうだな

シングルは 僕ら

<先輩 後輩
初めて>

のかなっていう

自分が

って気づいたのって

いつぐらいですか?

え~っ でも

ちっちゃい頃って

僕 中学1年で ジャニーズ入ったんで

小学校までですかね
小学校高学年ぐらい

それこそ もう

って
いうのは

周りのお母さんとか

いやいや 蹴散らしてないですけど

気づいてた

ホントですか?
お前より早く 俺 気づいてた

全く違うって

って思ってた

絶対

えっ? いや もっと言うなら

いや~っ
俺は そういうの…

だから 松本なんかも
だから こういうのって

でも
ホントに僕

お前

あっ 世の中のブサイクは失礼だね

それでコンプレックスっつったら

いやいや 言われるんですけど

いやいや あんま好きじゃないです
マジで

岡田将生くん

いや それは贅沢だわ
ああいう顔になりたい

それ 贅沢

お前

いや

そうなんですか?

俺 モテないと思ってねえ?
いや 思ってないです

いや めちゃめちゃ
モテるんだろうなと思ってます

めちゃめちゃモテる
はい マジで

どういうことですか? いやいや

ホントに 絶対… だって

と思いますし

早いですね ごめんなさい

もうちょっと お前さ
すいません そうですね

お前 お金で それはダメだよ
ごめんなさい ごめんなさい

もう2つぐらい欲しいですね
そう もう2つあって

さらに
お金があるじゃないですか なのに

でしょって

お前 ヘタクソか お前
ごめんなさい すいません

全然 気分よくないだろ
すいません

松本は

モテんじゃん

何か えっ でも…

何か もう

バカだな
そんなこと言ってんじゃねえよ

それが

えっ? お前

あれは あれは
あれで問題な気がしますけどね

でも

僕は あんまり何か もうちょっと
価値観を共有したいです 人と

バカ お前

ごめん そんな…
そんなふうに思われてんのって

そんな悪気はないんですけど

彼は彼で いいと思いますけど
そうよ

<続いては
こんな質問が>

濃い
うん

(スタッフ)眉毛が気になる?

松本さん

こんなことが聞きたいの
あれ どうなの? こう

あの 何か

えっ 行かないんだ!

マッサージとか何か あと 鍼 うって
くれたりとかするところが

あったりとかするんで
そういうのは やりますかね

体に うってもらったついでに
何か 肩こりの鍼みたいなのに

顔も一緒に やってくれるとこが
刺激与えるみたいなの

頭とかに やってくれたりとか
え~っ そんなもん?

うん
何か

でも
ちょっと下の話 聞くと やっぱり

行ってますよって話 聞くから

と思って

いや~っ
やってる?

え~っ あっ そうなんだ

それこそ この間
Mattに会った時に

行った方がいいですよって
すごい言われたんです あの Matt

Mattなら言うよ

ああ そっか~ つって
話をしましたけど

えっ 最低限 何かこう

特に何か 今 撮影してるんで
特にですかね その

スタジオ多かったりとか
そうだね この時期 乾燥 そっか

っていうのは気にしますけど
あとは 何かその

とかもするんで

っていう
ことの方が多いですかね

あっ そう あのさ

他のグループは あれだけど

ある日を境に何か

みたいな

その 何か多分
ジャニーズ内の並びとかも含めて

これ ちょっと俺らじゃないな
みたいな感じは多分

あるね 何か かっこつけて
途中で自分達が思って

こうやって伸ばしたりするけども
あっ 俺の顔のタイプ

ヒゲじゃねえなみたいな
これ やっぱり

似合う 似合わないあるなと思って
ありますね

じゃあ次 あ~っ 5番 6番
連チャンでいこっかな

(若林)はい では 5番 6番
続けて ご覧ください

えっと パジャマ

どんなパジャマ着てますか?

何か

かなっていう

とか着て… イメージ

みたいな

松本さん

あっ

な イメージがありますね

って 気になります

なるほど お風呂
なるほど

お風呂 どこから洗いますか?

こう プシュプシュって
やって

ちっちゃいタオル?
こうやって こう洗ってって

こっち洗って

こう
前に行って

で 後ろっ側に いって ですかね

うん まあ

そんなもんですね

多分 皆さんと
あんまり変わんない

俺 俺の じゃあ 俺ね

こうやって こうやって…
まずね 首 ここ

えっ?
そのあとね おなか おなかはね

俺 最近
気づいたんだよね

俺 こうやって

あの 鏡 見てもさ

こうやって洗ってた

すいません
寝てる時 何 着てますか?

パジャマとか Tシャツ 短パンとか
それこそ今のバスローブ

何だ

だから… パジャマ 最近

僕の知り合いの

そのデザイナーさんが作った
パジャマがあって

それが すごく気に入ったんで
そのパジャマを買ったんですけど

それ以外

だから
Tシャツを着て 今の時期だと

それは レギュラーの寝具なの?

パジャマっていうか
そうですね

そのまんま
スポーツして

何だったら

何かランニングしたり ウォーキングしたり
えっ?

起きたジャージのまんま?
そのまんま できる はい

何だよ それ

あっ 全然
家の中の着るもの 何か 外の空気

触れられたくなくない?
でも そのまんま

だったら 今から汗かくから
いいかみたいな

はあ~っ

うん さあ それでは

<そして ここからは…>

♬~僕の記憶が全て消えても

<嵐>

♬~また君を探す

うん? これ聞いていいのかな
どうだろう?

へえ~っ
最初 え~っと

はい 不思議ですよね

<松本が 先輩・中居だから語った>

<嵐 活動休止に秘められた>

<真実とは?>

続いても ちょっと
(若林)はい 街の方からの質問

ご覧ください

<街の声 仕事編>

とか 気になりますね

みたいな言葉も聞くんで

聞いたことあるんですけど

それで

お二人はジャニーさんから
学んだことはありますか?

何だろうな~

さあ 何だろう? 松本くんが
ジャニーさんから学んだこと

ほお まあ そんなもんだよ
何か日常の会話だったり

そうなんですよね
だから その

だよなって思うことの

だと思ってるんで

その 何だろうな

んだっていうようなもので

ということだと思うんですよね

というようなこと
なんだろうなと なぜなら

今なお その ジャニーズに
いるという意味では 現段階の

というふうに思っているので

これは何か 学んだというか
今なお その

ことなのかなと
思いますけどね

うん

僕らの時代は あんまり

あっ 怒られたことは
もちろんありますけど

それは しちゃダメだよって
いうような普通のことを

怒るみたいなのは あったけど

何で こう その仕事をしてる時に
何で こういうことを

こういうふうにするんだ
みたいなことを

ふ~ん

だなって思いました

聞きたいです

とかいうのは気になります

長い芸歴の中で
苦しかった時はありますか?

長い芸歴の中で まあ 苦しい
つったら あれかもしれない

いや~っ 正直

う~ん
あ~っ ここ ちょっと このヤマ

つらいなとか

う~ん
これ 乗り越えられんのかなとか

それは 時間的にも 身体的にも

え~っと

ああ 去年か うん

割と その

また 自分達が
活動休止するって決めたからには

なるべく
その

う~ん
何か色んなこと 楽曲を決めるとか

こういうことをやるとかって
いうことを

自分が直接 話しに行くとか

メンバーを代表して行くとかって
いうことが多かったので

例えば 何か こう 海外の人と
一緒に打ち合わせをするとか

リモートでやるにしても

すごい
朝早くにやるとかっていう意味で

割と 体力的に大変だったとか

あとは

自分達が企画してたものが
崩れちゃって 作り直して

作り直したものも また崩れてとか

はあ~っ
そういうこともあったので

まあ
そういう意味での精神衛生面と

その
作って壊して 作って壊しての

体力的なところとみたいなので

でも
それも何か

へえ~っ
一般の人?

いや

っていう
メンバーなんですけど

割と このまんまだったら
しんどいなと思ってる時に

何か こういうことができるとか
こんな状況の中で

今のようなことが できてることが
すごいと思うから

って そいつと話してる時に

何か そう言われて
ああ それは確かにそうだと思って

そうだね
だから 2019年の頭ぐらいに

2020年をもって
およそ2年ありますって

自分達が描いてた理想と

まあ ざっくり 多分
東京オリンピックがあって

ライブやって
え~っ

紅白で何か
締めるみたいな

あったんだろう
けども

で 2月 3月 4月
ぐらいに

コロナで
そうですね

何なにもない

そうですね
こんなことがあんのかなって

うん だから

ホントに満足っちゃあ
満足なのかもしれないけど

とも思えますね

だって 2020年じゃん

あれ 何かね

みたいな

まあ でも
僕達だけじゃないですからね

とはいえ ほら このタイミングじゃん
2020年いっぱいっていう

そうですね
まあ いい意味で もちろん

アニバーサリーの年なわけじゃん
うん うん そうですね

2020年って 何か
ここって何か 何だろうな

何か まだ

何か それは勝手に俺なんか
解釈だったけども

あのタイミングって何か うん

でも何か あの
そういう意味では今 その

がありましたけど
何か その

自分自身

何か もちろん一緒に
ものをつくった人と

その思い出だったり
そのものをつくったっていう

感覚は あるんですけど
自分自身が そのものを

そこに関わっていたことに対して

何か
これ

えっ… そんな
満足してなかったら続かない

いや むしろ
多分 逆だと思うんです 僕は

今日だって
俺 多分 松本が来る つって

ホントですか

僕 多分 帰って
「あそこ 大丈夫だったかな」とか

「こうすればよかったな」とかって
真面目だな

考えるタイプですね
ああ そう

でも 僕 多分 中居くん
そういうタイプなんだと思ってます

分かんないですけどね

なんか… うん

なんか その 改善点…
ライブとかにしても そうですし

今回のライブ こうだったから
次 こういうふうにしようとか

割と なんか すぐ

次 どうしよう
っていうことを まあ…

そういう感覚で
ずっと過ごしてたので

ちょっと なんか最近
一歩一歩をゆっくり

かもしれないので

その分 なんか こう

この人は 今 こういうふうに
僕は見えてるけど

ホントは

…ってことを思ったりとか

そん時は 自分が せかせかしてて

見えてなかったかもしんないけど

実は そうだったんじゃないか
と思ったりとか

<そして>

グループを 4人で
続けるというのは

僕らは 感覚的にない
グループなので

だったら まあ…

そういう話をずっとして…

ちょっと重複するかも
しんないですけど

9個目の質問いってみて…
(若林)はい 続いて9番目

会ってますよ

をするだったりとか

そういう姿も
見てみたいなって

松本さん

活動休止後は何をされてましたか

なるほど
へえ

うん

いつっていうことは
何も明言してないので

うん

でも できるとも

ちょっと
ドライな言い方かもしんないですけど

確約はないという状態ですかね

条件が揃わないと
そうですね

その条件が もしかして

それ 分かんないよね 活動休止…

活動休止ん時に

うん? これ聞いていいのかな
どうだろう

へえ…

最初 えっと

嵐をやめたいとかじゃなくて
仕事自体 辞めたいと

芸能界を
ちょっと もう足を洗いたいと

…という話を 彼が言って

まあ それだったら

なので

だったら まあ

終わりかな
っていうふうに思っていて

そういう話を ずっとしてくなかで

活動休止っていうスタイルは

その もしよければ

取ってもいいんじゃない?
みたいな話がテーブルにあがって

大野は それすらも なんか…

活動休止という なんか
その なんていうんですかね

その 甘えっていうわけじゃ…
ちょっと 僕じゃないので

ちょっと そうね うーん
ちょっと ゆるくなるというか

…っていうことを

「自分は抜けたい 辞めたい」
という言い方だったのを

事務所が

そういう形でもいいんじゃない?
って言ったことによって

ってなって

どういうふうに みんな
それぞれ思うかっていう話をして

落ち着いたのが そこでしたね

仕事 一切
してないですけど

でも そうなると ねえ
その当時から ねっ

大野くんが
ちょっと お休みしたいなとか

なんかね こう

背負っちゃうというか

うん 自分が…

抱え込んじゃうっていうか

うん ねっ

だから 俺

はい

不思議でした? 不思議ですよね

<ライブツアーを収めた映画の>

<舞台挨拶で>

<活動休止以来 およそ1年ぶりに>

<ファンの前に4人で姿を現した嵐>

あれは

もちろん 喜んでくれるし
うん

あの ちょっと

期待も持てたりだとか

どっちも あるかなあと

まあ それこそ

とか 5人が好きな人も

できれば 5人揃うまで

あんまり こう メンバーが

集まるところ見たくなかったな
という声も あったのは

理解しています

なんか

特に その

というふうにも
思っていたのもあるし

まあ

これは やんない方がいい
というふうにも思っていたんで

っていって

えっと 12月31日から

で 「元気?」なんて話をしながら

なんか 色んな話をしたんですけど

そん時に その話もして

「じゃあ いいよ」みたいな

まあ 流れに 結果 なり

じゃあ リーダーも

「手紙 せっかくだから書くよ」
みたいになって

…っていう流れでしたね

と思いつつ

ホントは5人揃えればいいですけど

揃えないなかで手紙…
まあ 表に出てないので

っていう状態で なんか こう

どうかなっていうのは

自分たちのなかでも
葛藤はあったんですけどね

でも ねっ それは やっぱり
色んなこと考えて会って話して

そうですね

誰も そこ たどり…
歩いたことないし

教科書が ないわけだから

というか
うん

でも やっぱ… あれで だから

って思うじゃん

うん

そうすると だから 大野が
また背負っちゃうんじゃないかな

「大野くんさえ…」っていうような
響きになってしまったら

また…

なんか どうかな…

そうですね

これ…

いい意味で いいふりがあるから

なかなか集まんないのも…

10年でも 5年でも
そうですね

中途半端にというか…

これ 見せなくても…
おっしゃるとおりですね

でも それが 今

不思議に思うことも
すごく大事だなって

うん

なんか そんな気がした
ありがとうございます

まあ うん

…と思います
そうねえ

<さらに ここから>

中居くん SMAPのなかで…
すっごい難しいと思うんですけど

今 この曲好きだなって思う曲

うーんと そうだな

シングルは 僕ら 全く同じです

中居くん

今 ぱっと…
うん 難しいな

あります?

うーんと そうだな あの

もう好きとか嫌いとかは もう

全く そういう感情ないかな

好きとか嫌いとか好みとか

全くないんだよね

お仕事の歌だから
そっか

これ 感情を
ジョイントさせなきゃいけないな

これ 見せなきゃいけないな
盛り上がんなきゃいけないな

これ 落とさなきゃいけないな

なんか そういうふうなパズルで
組み立てたりすると

でも なんか

とか

へえ ああ そう

うん だから 勝手にですけど 僕は

その ある種

そんなことないわ

って言ってるのかなと
思ってました

シングルのチョイスも

あっ 今回 こうなんだ

何かしらのテーマ… そこは 僕は
あんまり関与しないっていうのは

シングルに関しては

それが コマーシャルになるかも
ドラマになるかもしんない

そっちは ほら
全然 勉強不足だから

脚本を見てるわけじゃない CMの
テーマも分かるわけでもないし

そこに口出すっていうと
ちょっと違うかなっつって

アルバムは もうちょっと

何曲も聴いて うーんっていうのは
あったかもしんないけど

シングルは 僕ら 全く同じです

ありがたいことに その…

分かんないじゃんね

先方と話をするのは
レコード会社の人間が行って するので

僕らは 「この曲になりました」
っていうので聴いて

ああ この曲をやるんだ

でも 後半だけだったかな

ラスト どれぐらいですかね

5~6年ぐらいじゃないですかね

そうなんだ あんま変わんないね
そうですね

それこそ

とかっていうのは アルバムに
関しては ずっと やってましたね

演出って
やっぱ 向き不向きあるから

いや 僕は 他の人

その習慣あるね

ありますね

誰か やって だから それは もう

そうですね

それは 後半は なんか 慎吾が

じゃあ 俺 もう全部 これ全部…

ちょっと こぼれそうなやつは
全部拾っとくわ みたいな

好きなのやって みたいな

それも なんかバランスなんだよね

タイミングとバランスなのかな
とは思いますけど

<このあと>

<2人が 共演ドラマについて語り合う>

あの話は

<…が その前に>

(若林)
松本さんの交友録 まとめました

なんか めちゃめちゃ

すごいっすね

これ マジ?

こんなに いんの?

これ みんな もちろん
プライベートで会ったことある人だよね

会ったことあります はい

勘三郎さん 亡くなった…

七之助が 僕
高校の同級生で

あっ そうなんだ

っていうのも
あって

家族と一緒に
過ごしたり

だから あの すごい覚えてるのが

その 2009年に 初めて
紅白出させてもらったんですけど

僕ら 99年デビューだったんですよ

99年の司会を

勘三郎さんがやられてて その当時

大河ドラマの主役 やられた年で

その年にデビューしたんで

おまえら出るんだろって言われて
分かんないですって言ってたら

出れなくて

っつって
すごい言われたこととか

って言ってくれるような

ホント 叱咤激励って
そういうことだろうね

下… そうですね

健くんとかさ 菅田くんとかも

お付き合い あるんだ

菅田くんは それこそ

映画で 一緒に
共演させてもらって

自分の弟役を
一回やってもらって

それが
きっかけだったりとか

やっぱり 小栗くんも そうだけど

でも それこそ

小栗くんも すごかったよ

僕ひとりだったら

気がします

うん
こういう人と

<一方>

今 出た名前あるでしょ

それを聞きたいわ

色んな人が

旬くんが 小栗さんが
小栗くんが 小栗が って言うけど

その小栗くんが

近しい役者とって時のメンバーって

チョイスする人は 誰が出てくんの?

うーん これ ホントに なんか
それを言うと

「俺は そう思ってたのに」みたいな
ことにも なっちゃうかもしれない

あんだけ いたら… そもそも
小栗くんのを聞きたかったわけよ

ホントに

斗真と

生田斗真
はい

松潤と

松本潤
はい

あと
ムロツヨシ

はあ…
この3人は

ホントに

定期的に会ってるからこそ
仲がいいってわけじゃないけども

他の定期的じゃない人は
もちろんだけども

ああ そう

なんか すごく

家族的な距離感というか

<そんな2人は
これまで>

<多くのドラマで共演してきた>

<そこで 特別企画>

<小栗 松本が
お互いの作品について語り合う>

<マル金ライブラリ スペシャル
まずは>

<インタビュー時に2人は>

<貴重な裏話を
語ってくれていました>

<超お金持ち名門校に通う>

<一般庶民の牧野つくしが>

<学園を牛耳る御曹司
通称F4と渡り合う>

<痛快青春ラブストーリー>

<その>

てめえの仕切りは最悪なんだよ

暇つぶしにもならない

<超俺様系イケメン>

<道明寺司>

<一方 小栗が演じたのは>

<道明寺の幼なじみ>

大丈夫だよ

俺が守るから

<キラキラした
王子様キャラの>

<花沢類>

あいつとは何も関係ないから

そっか

最低だよ あいつ

ちょっと…

なんで 俺

今まで 牧野のこと
好きにならなかったんだろ

えっ?

1分でいいから

こうさせて

なんか あったの?

ごめん

このままでいさせて

<世の女性は
この演技にキュンキュン>

<しかし 当時 小栗の心境は>

≪すごいことだよな

<そして>

彼の場合は
芝居をする時のトーンとか

言い方 表情みたいなのも

だから あのドラマが なんか こう

手前味噌ですけど
脚光を浴びるというか

本人のなかで

ところの

<悩みを抱えながら 王子キャラを
演じていた小栗だったが>

<松本 そして>

白い粉みたいの

撮影部だったり
照明部だったりとか

みんな 結構
スタッフが若かったんですよ

なので

なんだったら

あそこにいました
しょっちゅう

<年齢の近いスタッフにも恵まれ>

<2人は「花より男子」を>

<平成を代表する
大ヒットドラマへ>

<なかでも ファンの間で>

<2人の名シーンと
とりわけ人気が高いのが>

<こちら>

<ヒロイン>

どうだったんだ 牧野とのデートは

うん 楽しかったよ

そうか

あんな庶民デート

俺ほどのレベルになると
耐えらんねえけどな

あんな女 のりつけて
おまえにおくってやるよ

のしだろ
磯辺焼きかよ

自分のものみたいに
言わないでくれるかな

あっ?

どっちかっていうと

俺のもんでしょ

何すんだよ

てめえ
落ち着けよ

うるせえ 俺は今
はらわたが煮っころがしてんだよ

煮えくりかえってるだろ

いちいち うるせえんだよ
この おせっかい野郎

幼なじみだろうと 何だろうとな

牧野を傷つける男は

生かしちゃおけねえんだよ

最初から そう言えよ

あっ?

(美作)ほら

あきらのおせっかいも
十年に一度くらいは役に立つね

うるせえよ

よし

やりゃ できるじゃん

言っとくけど

牧野のこと

何かあった時は遠慮しないからね

上等じゃねえか

<若かりし小栗と松本が>

<切磋琢磨しながら生んだ
名シーンでした>

<そして 小栗は>

<という>

ホント 仲いいんだな

松本くんは…

やっぱり

何か

うん
それは

なんだと思うけど やっぱり

なんですよね

で 多分これ… は

だと思うんで

取ってもらいたいんですけど

んですよ

ホントに あの… それこそ

んですよ

で ああいうのって

と思うんで

何か そこは いっつも
その話を聞くと

何か 改めて こう

自分が

っていうか

そういうところもある人ですね

刺激になるんだなあ

<そんな 松本潤の
特に印象深い演技を>

<小栗に聞いてみると>

作品的には 何だろうな でも…

「スマイル」 っていう作品で 自分

「花より男子」 のあと
共演させてもらってるんですけど

その 彼がやってる
ビトっていう役が

号泣するっていうシーンが
あるんですけど

へえ~

だけど

ぐらいな感じで

シーンですね うん

ええ~ 見てみたいね
そこまで言ったら

見たいな あるかな
いやいや いやいや

<小栗が 心を動かされた>

<松本の演技とは?>

<小栗が忘れられない
松本潤の演技とは?>

「スマイル」 っていう作品で 自分

「花より男子」 のあと
共演させてもらってるんですけど

<「花より男子」 と
同じスタッフが集結し>

<2009年に放送
「スマイル」>

<フィリピンと日本の
ハーフの青年が>

<様々な差別や偏見の中>

<前向きに生きようとする姿を
描いたヒューマンドラマ>

その

その 彼がやってる
ビトっていう役が

号泣するっていう
シーンがあるんですけど

へえ~

させてもらったっていう
話をしてて

だけど

ぐらいな感じで

シーンですね うん

ええ~ 見てみたいな
そこまで言ったら

見たいな あるかな
いやいや いやいや

<とは?>

<ある日 松本演じるビトの
アルバイト先のロッカーから>

<覚醒剤が発見される>

見~つけた 何だ これ

検査!
≪はい

ウソだ!
ウソだ じゃねえだろ!

どう説明するんだ

署でゆっくり
話 聞かせてもらおうか

いかないよ…
≪はあ?

僕は警察には行かない

おい! こら こい!

(パトカーのサイレン)

<そして ここからが>

<小栗が 心を動かされたシーン>

僕は何もしてない…

何もしてない…

(呼び出し中)

☎(町村)もしもし?

社長ですか?

☎ああ ビトか どうした?

社長…

☎何だ? 落ち着け ビト

☎心配しなくていいぞ

☎俺は お前の味方だ

☎何があったんだ? うん?

ごめんなさい 僕…

何もしてないのに…

何もしてないんです ホントに

☎ああ そうだな

☎ビトは
何も悪いことはしていない

☎慌てなくていい

☎まずは落ち着け ビト

☎(みどり)お父さん 代わって

☎(町村)ああ…

☎(みどり)ビト 私

☎大丈夫?

☎心配しなくていいから

☎いい?

☎あなたが ホントに正しいなら

☎決して罰は受けないから

でも…

☎ウソついてないんでしょ?

ウソは ついてない

☎それなら 正々堂々…

でも

でも…

前は そんなことなかったよ

前は 誰も…

僕の言うこと
信じてくれなかったよ

難しいな
この お芝居は

で その

完全に食っちゃったっていう
感じだったんですけどね

結局

久しぶり

人殺しの
ビートちゃん

また誰か殺しちゃったのかな?

<松本さん いかがでしたか?>

何か でも 残ってんだね
小栗くんの中で あそこの芝居

ああ そうなんだ
はい あの よく…

うん
割と こう 何ていうんですかね

社会派というか こう

っていって 何か その

全然 今までと違うキャラクターで
違うストーリーを

一緒に やろうよ
みたいな話になって

で まあ
やってくれたわけですよ 彼も

でも よく するのは

…っていう話を
いつもして終わります あいつは

まあ でも それ

言えないじゃん
ちょっとライバルだったら

そうですね

でも 確かに

ロケの ロケの… ねっ

そうですね
ロケで泣くっていうのはね

というか

うん 渋谷の街なかで

あんまカットしなかったんだね
だから ずっと

そうですね
あれ 難しいね

何か 後日 もう一回 お願いして
うん

やらせていただいた
記憶がありますね うん

共演者の人とか
恋人同士でもいいし

ライバル ねえ
男性でもいい…

どう… え~っと

うん
楽しんで やりたいし

これは だからサラリーマンの人と
OLさんと何が違うかなって

圧倒的に違うかなって思うね

うん

多いっすね
結局 だから

わけじゃないですか

だから

その…
常々 思うのは その

じゃないですか

のものが並んでて

なるほど うん うん うん うん

だと思うんですよ で それって

その 新人で

もちろん責任とか 色々違うことは
あるのかもしれないですけど

でも 1個のピースは
1個のピースだと思うんですよね

それが 1個のピースが
すごく でかくて

じゃあ あとは
何か500個あれば これが

パズルが完成しますっていう
わけではないと思うんで

何か その いつも

その何分の1でしかないんだって
いうことを自分が思って

へえ~
じゃあ その1が

他の人にとって
いい 1になれるのか

人にとって 何か こう
こいつ 邪魔だなって

あんまり一緒に やりたくないなと
思われる1なのかって

大きな違いがあると思うんで
うん うん うん うん

何か そこを意識しながら
やってますかね

はい

どう…
どういう基準で

マネージャーさんが
「はい これ」 言ったら

「はい」 って
やるものなのか

う~ん 「はい これ」

「はい 分かりました」
っていうことでもないですかね

もう それは ちょっと過ぎたかな
さすがに

うん そうですね
よくあるのは

自分も もちろん読みますし

監督なり 会社なり うん

どういうことを
自分に求めているのかという

話を聞いた上で
自分が それが やってみたいとか

ちょっとでも
何か こう 参加することで

何か…
意義があるものがあれば

その 提供っつったら
おこがましいですけど

どうか とか

う~ん

<特別企画 第2弾>

<続いて 小栗と
数多くの作品で共演する>

<山田孝之が
インタビューに応えてくれた>

があって

まあ 正直 やっぱり こう
俳優やってく中で

色んな作品やる中で

これは いけるだろっていう
要は その

ヒットするとか

これ ちょっと大丈夫かな
みたいな

でも ちょっと この冒険は
してみたいな みたいなのが

みんな やっぱ
作品選びで あるわけですよね の

もう あいつって言う

っていう時に

<実際に2人が共演した>

<「荒川アンダー ザ ブリッジ」>

<実は この作品>

<山田の出演が
決まるまでに>

<驚くべき経緯が
あったという>

<実際に2人が共演した>

<「荒川アンダー ザ ブリッジ」>

<実は この作品>

<山田 そして
小栗の出演も>

<驚くべき経緯で
決まったという>

(呼び出し中)

すいません 小栗旬と申しますが

んですが

えっ どちら様ですか?

俳優やってます
小栗旬っていいます

あの 小栗旬さんですか?

<何と 自ら出版社に電話し>

<映画化の権利を譲ってほしいと
交渉したのだった>

何だよ それ

「荒川アンダー ザ ブリッジ」 を
映画化したいんですが

担当者に つないでもらえますか?

<だが 実は この作品>

<すでに映像化の企画が
進んでいたことが判明>

そうですか

残念だな

あの… よかったら

映画に
出演していただけませんか?

えっ いいんですか?

じゃあ
ぜひ やりたい役があるんですけど

私は 金星人だ

<そして
「荒川アンダー ザ ブリッジ」 に>

<念願かなって出演>

<小栗が どうしても
やりたかった役とは?>

<その初登場シーンが こちら>

呼んだ?

<カッパ!>

村長だ

まず なぜ
そんなものを着てるんですか?

着てるもんなんかねえさ

<河川敷に住む人々をまとめる>

緑の変な人

お前 それ サンタクロースに

赤い不法侵入者と
言ってるようなもんだぞ

子どもの夢 ぶち壊すなよ

<そして>

カッパやらせてくれるんですか?

嬉しいな

あっ 俺の友達でも
いい俳優いるんで

紹介させてもらっても
いいですか?

は… はい もちろんです!

<そう言って 電話したのは…>

もしもし 孝之?
☎おう

どうした? 旬

<盟友>

<そして
すすめた役が…>

<山田は当時のことを こう語る>

おお~

何それ カッパの役って とかって

うん ちょっと

もう 即電話して

星でいいよ 俺! っつって

<小栗の誘いに応え
山田が演じた星が こちら>

誰を招待したんだろう?

あっ… 何だ
みんなで集まって

見ろ これ 今 バリバリ怖がってたけど
俺はロックだと思うぜ

<自ら監督することは
できなかったが>

<小栗は>

<2人の今後の展望>

<そして>

<最後に
中居から 2人へのメッセージ>

<中居と
多くのことを語り合ってきた>

<小栗と松本
最後は>

<2人の今後の展望>

<そして>

<中居から 2人へのメッセージ>

来年は

はい
もう やってんだね

もう 半年前からね
はい もう 半年やってます

どうなんだろう 小栗くんは

今後どうなっていくんだろうね

どうなっていくんでしょうね
何か すごく

舵をきる時期…

舵をきることがあるのか

もちろん マイナーチェンジも…
あるだろうけども

フルモデルチェンジ
みたいなこともあるのかな とか

う~ん どうなんですかね

何か もうホントに
今は この

もう
目の前のことからっていうのはね

…とは思ってますけど
うん

でも まあ
まあ どんな形であれ

やっぱり

舞台に戻りたいなと
思っているのはあるんですけど

演劇を うん 鈍らない間にって
いうことなのかな

そうですね

うん ねっ 何か

ありがとうございます

偏ることもなく

全部が全部 僕 じっくり
見たわけじゃないですけど

さんだなと思いながら

あっ 嬉しいです
ありがとうございます

絶対

はい

そうですね

現状 誰も やってないですね

へえ~
そうすると 多分

今までは グループで
やってたんで あれですけど

それをやるには今度 一から

そうだね

ああ だから今回
その ジャニーズの

…とか

そういう方が いいですかね

でも ホント
まあ 僕…

僕の経験から言うと
あの 歌を

ちょっと
お休みしてると

老け込みがちというか
うん

華やかな衣装
華やかな明かりと

そうですね
華やかなステージで

たくさんの人に
見られてるっていう

ちょっとドラマでも
バラエティーでも味わえないような

あのステージから離れると
ちょっとね

老けちゃうかなと思うから それを
何か気をつけてほしいなって

はい

何か やられてんですか?
そういう意味では

僕は だから
キレイに老けてるじゃないですか

老けてないじゃないですか
僕は 歌も踊りも

一切やってないんで
お芝居も やってないですし

それ 気をつけてほしいなって
はい

何か老けちゃうのかなと思って
気をつけます

老けないように
はい

おい 12時だぞ!

何時だと思ってんだよ!

何と 収録
4時間になると思いませんでした

皆さん おやすみなさい

松本潤さん
ありがとうございました

ありがとうございました

小栗旬さん
ありがとうございました