ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

風間トオルが都営浅草線&京急線でぶらり旅▽地中海・マルタ料理専門店の包み焼きピッツァ▽山芋料理専門店の石焼きとろろご飯▽シャンパンの泡?ユニークアクセサリーの店

出演者
【旅人】風間トオル
番組内容
風間トオルが都営浅草線&京急線でぶらり旅▽地中海・マルタ料理専門店の美味!包み焼きピッツァ▽山芋料理専門店の石焼きとろろご飯▽可愛い手作り人形!お寿司ちゃん▽銀座のビルに動く動物図鑑?▽シャンパンの泡?ナイフ&フォーク?銀座のユニークアクセサリー店▽部屋に緑を!苔のかごインテリア▽次回予告!初登場!伊藤歩が小田急線でぶらり!エンガワのしゃぶしゃぶ&創作プリン▽今後の旅人予定!かとうかず子
音楽
【番組テーマ曲】「風旅」瑛人
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 自然薯
  2. 山芋
  3. 結構
  4. 本当
  5. 高宮
  6. 大和芋
  7. マルタ
  8. 記録
  9. 動物
  10. 有田
  11. ゲット
  12. 長芋
  13. 本物
  14. 面白
  15. ギャラリー
  16. 工場
  17. 作品
  18. 大丈夫
  19. デザイン
  20. 偽物

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥2,480 (2022/01/20 23:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

<本日は
銀座の数寄屋橋で待ち合わせ>

<え~っと…>

<あっ 風間さん
お待たせしました>

おはようございます 小日向さん。
<おはようございます>

<今日は なぜ ここに?>
実は ここで

動物の観察を
しようと思ってるんですよ。

<えっ 銀座の ど真ん中で?>

そうなんです。

取りあえず ついて来てください
ここの6階にありますから。

こっちです。

<ビルの6階で 動物の観察?>

ここです ここですよ。

去年の7月にオープンした
ずかんミュージアム銀座です。

<図鑑のミュージアム?>

はい。

<ここに 動物がいるってこと?>

(係員) 提げていただいて…
肩から斜めに お願いします。

これは何ですか?
記録の石といいまして

これから先
使っていただくものになります。

<記録の石?>
ようこそ ずかんミュージアムへ。

これより 皆さんに 生き物を探し
記録する旅に出ていただきます。

ここは
普段 皆さんがいる世界とは

時間の流れ方が異なる
不思議な世界です。

早速 何か 近づいて来ました
記録の石が反応しました。

<あっ! いる いる>
(鳴き声)

生き物が鳴きだして 光りました
今が 記録のタイミングです。

早速 白い玉を押して
生き物を記録してみてください。

これですかね。

ゲットできた。
<ゲット?>

石の光の色が変わったので
記録に成功したようですね。

ここからは
決められた道もありません。

それでは
自由な旅を楽しんでください。

じゃあ いってきます。
<どういうこと?>

何が出て来るんだろう?

あっ! 既に…。

これ 何だろう? チーター?

<あっ!>
あっ 光ってる 光ってる。

<光りましたね>

ゲットできた。

「マーゲイ」。

へぇ~! ネコ科の中でも
特に木登りが得意。

逆さまになってるよ!

こういうのが得意なんだ。

「中央アメリカ」。
<これで記録したってこと!>

そうか
こうやって ゲットすると…。

説明が いろいろ書かれてね
面白いね! これ。

<なるほど!
そういうことなんですね>

あっ すっごいでかい!
何? これ。

へぇ~!

(鳴き声)
牛?

あっ ゲットしたよ。

「オグロヌー」! ヌーなの? これ。
<へぇ~>

雨のにおいが分かる…
すごいなぁ。

こっちは何の世界だろう?
<何でしょう?>

あ~。
<あれ? 水中かな?>

あっ! いた いた いた。

いた いた! いた いた。

光らないね。
<そういうこともあるのね>

でっかい! カブトムシ? これ。

<カブトムシですか? これ>

うわ~! でっかいね これ。

えっ? 何で 裏返しになった?

お~!
(羽音)

(羽音)

あっ! ゲットした。

「オオセンチコガネ」。

これ コガネムシなの!?

<ずかんミュージアム銀座は

都会の真ん中で
貴重な生き物に出会える

体験型施設>

<森や草原 水中などで

生き生きと暮らす 生き物たちの
様子を観察できます>

<本では分からない
動物たちの動きや

興味深い生態を
知ることができる

まさに 動く図鑑>

<実際の動物の動きや
さまざまな資料を基に

再現しているそうです>

<去年7月に オープンして以来

大人も子供も楽しめると人気>

<ちなみに 記録の石で
ゲットした生き物の中から

1種類のカードがもらえます>

いや~ 楽しかったなぁ。

何か 世界を回ったっていうか…。

ジャングルありの
海底ありのって。

結構 楽しめるなぁ。
<面白かったですね>

せっかくの銀座ですからね。

この柳に揺られて
もう少し歩きますか。

<そうしましょう>

こっち 行ってみますか。

ここが みゆき通りなんだ。

銀座の 有名な。

中央通りですね。

やっぱ 広いな。

昭和通りまで歩いて来ましたね。

これも 真っすぐ行きますか。

<結構 来ましたね>

っていうことは
もう 東銀座ってことですよね。

<そういうことですね>

歩いて来たな だいぶ。

何か…。

だんだん 緑が増えて来たな
うわ~ これは すごい!

あっ。
<どうしました?>

ここ 何の店だろう?

「地下アトリエで鋳造する

ハンドメイドジュエリー」。

これだ。

お~! 細かいね。

地下アトリエって何だろう?

見させてもらいますかね。

こんにちは。
いらっしゃいませ こんにちは。

ちょっと 中 見てもいいですか?
どうぞ お入りください。

へぇ~ すごい!

いろんなのがあるんだ。
どうぞ ご覧ください。

今 外の看板で見たんですけど

地下で作られてるっていう…。

どうぞ のぞいてください 下。
えっ? 地下?

のぞくって これですか?
そうです。

書いてある! 「ここから
地下のアトリエがのぞけます」。

のぞいてください。

あっ 本当だ! 作ってる。
<あらららら>

何これ!?

何すか? これ。
下に 窯がありまして

その窯で 金属を溶かして
実際に 形を作ってます。

へぇ~!

この下に 工場があるってこと?
そうです。

何で こんな不思議な造りに
してるんですか?

少々お待ちください。
はい。

新治さん。

へぇ~ 何か不思議!

新治さん ちょっといいですか?

(直井さん) いらっしゃいませ。
こんにちは お邪魔してます。

今 ここから 下
見させてもらったんですけど

何で こんな造りなんですか?

元々 このビルが
クリーニング屋さんだったんです。

下が クリーニング屋さんの
洗濯場だったんです。

で 上が店舗だったんですか?
そうなんです。

ボイラーとか… エレベーターとか
階段で 降りないので。

マシンハッチが…
ここに 扉が2枚あったんですよ。

で その扉を
1つは つぶしちゃって

1つは 扉を外して
このガラスの箱を置いたんです。

そのまま 下を使ってる。
そうなんです。

お客さんに 作ってるとこ
見せたかったんですよ。

お店の奥に 工房があるとか
そういうような感じで。

たまたま ここに
こういうのがあったもんで

これはいいや!と思って。
面白い!

ここは どれぐらいなんですか?
創業は。

ここに来て 16~17年ですか
創業は1972年からやってます。

最近で 何か お薦めのデザイン
ありますかね?

後ろにある…。

このネックレス 何だと思います?

「何だと思います」?

これはですね…。

え~? 「何だと思います」?

オリンピックの増殖ですか?
ハハハハ!

でも 幸せな感じになりますよ 丸。
これは あれなんですよ。

ここに
シャンパンのボトルを下げると

シャンパンの泡なんです。
これ シャンパンのボトル!

そっから 泡が出てる。

泡を使って ブローチとか
イヤリング ピアスを作ってます。

<なるほど!>
面白いこと考えますね。

今 ご覧になってる
そこの下の段は

野菜のシリーズなんですよ。

これ レンコンじゃないっすか!

キレイ!
レンコンで。

その次が…。
これは?

これは タマネギ?
そうです よく分かりますね。

大好きなんですよ。

その次は分からないでしょ。

これはですね…。

今まで 分かった人 いないです。
いないですか。

何だろう? 白菜?
大根の かつらむきです。

そういうことですか!

野菜シリーズ! 面白いですね。

あっ ネックレスも
いろいろあるんですね。

こういうのも 全部
金属なんですけど 動く。

これを 例えば
2重に使ったり 3重に使ったり。

これは パール?
淡水パールが入ってます。

同じように パールの間に
金属のパイプが入ってます。

ピンブローチなんかありますよ
こっちに。

ピンブローチ。

今 されてるような ピンブローチ。
本当だ。

これも いろんなバージョンが。
これ 面白いですよ。

電球と差し込みなんですよ。

あ~ 本当だ!
<本当だ>

ゆっくり見ていいですか?
ええ。

これも かわいいね。

ハサミ。

へぇ~!

これは?

フォークとナイフのセットです。
<これ 面白い!>

これ なかなか してる人いないな。

何か 記念に欲しいな。
ハハハハ!

<今から ちょうど50年前

パリで創業した ATELIER SHINJI>

<現在は
お店の地下にあるアトリエで

オリジナルジュエリーの
デザイン 鋳造 仕上げまで

全ての工程を行っています>

<創業者 直井新治さんの
こだわりは

流行に左右されない ぬくもりと
遊び心のあるデザイン>

<全て ハンドメイドで

デザインを生かす素材にも
こだわっています>

<こちらは
ブリタニアシルバー958 と呼ばれる

純度の高い銀を使ったもの>

<やさしい輝きと 美しさが
特徴です>

<身の回りのものや
自然をモチーフにした

独創的なデザインが評価され

海外のアートギャラリーからの
注文もあるそうです>

<好みの素材やデザインで
ジュエリーを作る

カスタマイズオーダーも
できます>

<あれ?
風間さん 何か お買い上げ?>

<あっ これね>

<かわいいですよね! これ>

3000円で お願いします。
ありがとうございます。

1万3000円から
お預かりいたします。

こちらです。
ありがとうございます。

いいお話 聞かせていただいて。
いえいえ とんでもないです。

ありがとうございます。

あっ すいません!
ありがとうございます。

<ありがとうございました>

<いいお土産ができましたね>

いや~ いいもの ゲットした。

あっ! 歌舞伎座じゃないですか。

こっち 行ってみますか。

<そろそろ
電車に乗りましょうか>

今日は 東銀座駅から

都営浅草線に乗ります。

♬~ 『おみやげを持って』

♬~

<本日は 東銀座から
都営浅草線に乗って

その後 乗り入れている京急線で
旅します>

<最初の途中下車は新橋>

烏森口に出ましたね。

真っすぐ行ってみましょうか。
<はい>

新橋3丁目。

これは 右に行ってみますか。

うわ~! 何か…。

ノスタルジックなっていうか

だいぶ 昭和な感じですね ここ。
<ねぇ>

面白そう! 行ってみますか。
<行っちゃいますか>

昔ながらの おいしい店が
いっぱいあるんでしょうね。

これからですね 盛んになるのは。
<ですね>

まだ 今 準備中かな。

おっ 急に 洋食じゃないですか。

それも 地中海マルタ料理?

<おっ!>
え~?

マルタって マルタ共和国の料理?
<ですかね>

知らないな。

「ベイクドライス」?

ベークドポテトじゃなくて
ライスを焼くってこと?

えっ?

何だろう?

「包み焼きピッツァ」。

ピッツァを包む?

小日向さん 食べたことあります?

<チャンス あったんですけどね>

ぜひ じゃあ 挑戦してみようかな。

っていうか
どんな料理なんだろう?

楽しみだな! マルタ料理。

行ってみます。
<楽しみですね>

あっ こっちですね。

へぇ~
ちょっと エキゾチックな感じ。

こんにちは 大丈夫ですか? 今。
(マリクリスさん) 大丈夫です。

あっ 消毒だ。

頂きます。

何か いい香りがする。

どこでもいいんですか?
(高宮さん) どうぞ お好きな席へ。

じゃあ 失礼します。

失礼します お待たせしました。
どうもです。

こちら
本日のランチになっております。

マルタ料理って 初めてなんです。
そうなんですね。

あんまりないですよね。
そうです。

マルタ共和国の料理ですよね?
はい そうです。

地中海にある。

ってことは イタリアン寄り?
近いですね。

近いってことは
イタリアンではないんですね。

(高宮さん) アラブのスパイスが
ちょっと入った感じの料理です。

スパイシーな。
(高宮さん) そうですね。

イタリアン料理に
ちょっと スパイシーが入った!

うまそうじゃないっすか。

この包み焼き
ピッツァを包んだんですか?

(マリクリスさん) ピゾートっていう…。
(高宮さん) 包み焼きのピザです。

お薦めなんです 結構 出てます。
へぇ~。

ゴルゴンゾーラと
甘い蜂蜜 入ってて。

追加トッピングがあるんですね。

お薦めってあります?
結構 いっぱいありますね。

アンチョビーと ミートソース…。

ミートソース!?
ミートソースも おいしいです。

ミートソースって
パスタじゃないんだ。

ピッツァに?
ちょっと変わってる味。

じゃあ お願いします。

日本の方じゃないんですね。
じゃないです。

マルタの方なんですか?
フィリピンです。

フィリピンの方!

マルタじゃないんだ。

マルタの方かと思った。

大変お待たせしました
スチーム野菜になっております。

これ サラダ?
はい そうです。

すごいボリューム!

何か いっぱい入ってます
いろんなものが。

一応 18種類あります。
18!? そんなに入ってるんすか。

ごゆっくり どうぞ。
ありがとうございます。

いただきます。

カリフラワー でっかい!

これ ソース かかって…
黒いソースだよ 何だろう?

うん!

バルサミコ酢だ う~ん!

結構 楽しいね! 18種類。

ニンジンだ。

うん うん!

あっ
これも 何か フルーツみたいな。

甘い!

これは
ヘルシーで うれしいですよ。

うん!

大変お待たせしました こっちが
ピゾートのゴルゴンゾーラです。

すごい!

これ ピザですか?
はい そうです。

でかいギョーザみたいな形。
へぇ~!

<えっ!? これがピザ?>

大変お待たせしました こっちが
ピゾートのゴルゴンゾーラです。

すごい!

これ ピザですか?
はい そうです 包み焼き。

でかいギョーザみたいな形。
へぇ~!

どうやって食べるんですか?
真ん中 切っていただいて。

自由に食べて大丈夫なので。

これ 蜂蜜ですよね。

マルタの特産品の
蜂蜜でございます。

これをかけて食べればいいですか。
はい そうです。

これは…。

真ん中から行っちゃいますか。

おっ 硬い! サクサク!

でも 中は軟らかいね これ。

どうなってんの? これ。

うわ~! 具が ぎっしり入ってる。
<お~!>

これが ミートソースだ。

へぇ~!
<おいしそう!>

マルタの蜂蜜。

<うわ~ とろとろ!>

いただきます。

チーズ たっぷりじゃないですか
ゴルゴンゾーラ。

うわっ すごい!

うわ~! これ うまそう!
行っちゃいますか。

うん!

外が サクサクで
中が とろとろなんですよ。

また この ミートが効いてるね。

これは 多分 スパイシーなのは
アンチョビーが効いてるんだな。

この生地の色は何だろうな?

緑色だけど。

このスパイシーな感じは
アンチョビーですか?

(高宮さん) そうですね。

パイが
グリーンになってる 緑色に。

これは 何を使ってるんですか?
蒸したホウレンソウを使ってます。

ホウレンソウなんすか!
はい。

すごいね!
いろいろ考えられてるんすね。

(高宮さん)
現地 行って 習って来たので。

マルタの方ではないんですね。
(高宮さん) 僕は 日本の…。

何で 日本で
マルタ料理を開こうと?

(高宮さん) イタリアンは
すごく たくさんあるんですけど

現地に行った時 マルタの文化とか
いろいろ触れることによって

皆さんに伝えたいなって
僕が思ったので。

でも ヘルシーですね。
野菜を 結構 たくさん使うので。

嫁が あのサラダを
考えてくれたんです。

奥さん!? アルバイトじゃなく?
<コラ コラ!>

ご夫婦で やられてるんすか。
(高宮さん) そうです。

<マルタ共和国は
地中海にある小さな島国>

<首都ヴァレッタは
その美しさと歴史から

街全体が世界遺産に
登録されています>

<ヨーロッパでも有数の
バカンス地で

世界最高レベルの
透明度を誇る

ブルーラグーンなども
人気の国です>

<高宮さんは
銀座のイタリアンなどで

20年 経験を積み

ある時 マルタの家庭料理を
現地で学んだことが きっかけで

奥さんとともに 2016年
マルタ料理専門店を開きました>

<マルタ料理は
イタリアンをベースに

北アフリカのスパイスを
組み合わせるのが特徴>

<お客さんに 野菜をたくさん
取ってほしいという思いから

ピザの生地に
ホウレンソウを練り込んでいて

ランチに付くサラダも
ボリューム満点>

<ベイクドライスは
炊いてから 3日ほど寝かせた

寝かせ玄米をリゾットにして

それを オーブンで
カリカリに焼き上げたもの>

<ディナーメニューも充実>

<ひき肉を牛肉で巻き
スパイスを加えたトマトソースで

じっくり煮込んだ料理や

マルタ島 名物のパンに

魚介や野菜 ポテトスライスをのせて
焼き上げたものなど

どれも おいしそう!>

(決済音)
OKです。

ありがとう。
ありがとうございました。

<どうも ごちそうさまでした>

おいしかったですね。

本当のマルタ共和国に
行きたくなっちゃったな。

<さぁ 旅を続けましょう>

<都営浅草線から
乗り入れている

京急線へ>

(アナウンス) 間もなく 青物横丁。

何か 活気がある駅名だな。

降りてみますか。

<青物横丁で途中下車>

青物横丁! 初めて降りたかな。

へぇ~ 下町っぽいね。

あっ 青物横丁だから ほら!

街灯の所にも。

フルーツ!
<本当だ>

凝ってるね。

これは 右のほう行ってみますか。

あっ これ 何だろう?
<どれ?>

個人宅にしては
すごくないですか? この緑。

<確かに>
へぇ~。

おしゃれ!

あれ?
オープンって書いてあるよ。

っていうことは お店?
<みたいですね>

何のお店なんだろう?

ちょっと 行ってみますか。
<はい>

うわ~!

これも 枕木じゃないですか。

おしゃれだな。

いろんなものが植わってる。

こんにちは。
(星野さん) こんにちは。

オープンって
書いてあったんですけど

入っても大丈夫なんですか?
(星野さん) はい 大丈夫です。

ここは
お花屋さんじゃないですよね?

植物とお花屋さんですね。

基本的には
外の植物と 中の植物と

アレンジメントとか…
お花のですね。

あとは 偽物と
ごっちゃになってるんです。

<偽物?>
偽物と ごっちゃになってる?

これですか?
そうですね。

見た目 分かんないんですけど
本物と一緒に

インテリアとして楽しむ感じで。
そういうことなんだ。

例えば この辺なんかの…。

これは イワヒバっていって
植物を加工してるんですね。

どうやって加工するんですか?
プリザーブド加工っていって。

特殊な液体を吸わせて
何年間か保つ。

プラス
色も入れてしまうんですね。

自然の色じゃなくて?
自然の色じゃないんですよ これ。

そんなことができるんですか!
<へぇ~>

こんなに鮮やかになるんですね。

よかったら 触ってみてください。
いいんですか。

でも その前に
消毒したほうがいいですね。

こちらだ。

押せばいいんですかね?
下にやるだけで。

あっ これ 便利だな。
結構 出て来ますね。

すごい!
惜しみなく出るのがいいな。

これ 触っていいんですか?
大丈夫です。

これ 本物なんですよね?
本物だったものを…。

もう死んでいるような感じですね。
全然 生きてますよ。

いいですか? 触って。
もちろん 触ってください。

あ~ ちょっと硬いですね。

へぇ~。

このアジアンタムなんて
もっと柔らかいですもんね 普通。

でも 分かんない 見た目は全然。

あとは 苔に見えても…。

この鳥なんか そうなんですけど
偽物の苔で作ってます。

これですか?
これ 本物じゃないんだ。

ポリエステルか何かのチップを…。
ポリエステルなんすか。

確かに 言われたら
ちょっと 化学繊維みたいな。

かわいいですよね こんなん
部屋に ぽこっと置いてあったら。

でも 小さい子に
よく 怪獣って言われます。

目がね!
この目が怪獣かもしれない。

前にいる空間が…
本物が交ざってるので

一緒になって
錯覚になるみたいな感じですね。

これが本物?
そうですね。

これも硬い!

分かんないですよ。

一緒になってるのも
あるんですか?

こちら
一緒になってる商品があります。

この辺は プレゼントに
いいなっていうので…。

これですか?
そうです。

これ 全然 区別つかないな。
<本当>

これは 中に
観葉植物が ぽこって入ってて。

周りは
偽物が付いてますね 多肉の。

取ってしまうと…。

普通の籠になるので。
<お~!>

偽物を入れても
本物に見えちゃうみたいな感じ。

分かんないですよね。
全然 分かんない。

こういうのをお買いになる方は
どういう用途なんすかね?

もう 本当に
植物を お家の中に置きたくて

かわいいから 自分用に
買おうかしら?みたいな方が多い。

プレゼントじゃなくて
どっちかっていうと 自分の家に。

これ ギフトボックスに入って
スタンドが付いてるので

何となく ギフトとして
贈ろうかしら?っていうのは

自分のを買ってから
贈るみたいな方が多いです。

<子供の頃から 植物や生き物が
好きだった星野さん>

<独学で ガーデニングや

グリーンの
ディスプレーについて学び

15年前 商業施設やオフィスに

グリーンを使った空間デザインや
商品を手掛ける会社を

立ち上げました>

<多くの人に グリーンで
暮らしを豊かにしてほしいと

このお店を開いたのは
去年の9月>

<こちらは
レストランなどの壁を

豊かな緑で彩る
グリーンウォール>

<作り物の葉っぱや
プリザーブド加工した緑を

組み合わせた 一点物で

水やりの必要はありません>

<苔かごも やはり
水やりの必要がない作り物>

<ここに
本物の観葉植物を入れると

見た目もナチュラルな 緑いっぱいの
インテリアになります>

<最近は プレゼントとしても
人気だそうですよ>

<緑に癒やされたところで
再び 京急線へ>

(アナウンス)
間もなく 京急蒲田 京急蒲田です。

京急蒲田。

『蒲田行進曲』の蒲田だ。
<ねぇ>

降りてみますか。
<そうしましょう>

京急蒲田! へぇ~!

こんな すごい駅だったっけ?

高速のジャンクションみたいだな。
<本当ですね!>

こっちが 羽田空港に行くほうだ。

へぇ~ すごい!

<何か 近未来って感じですね>

あっ でも 俺が知ってる蒲田は
こういうイメージな感じだった。

<ですよね>

こういう商店街の雰囲気だった。

おっ! ここなんか
結構 老舗なんじゃないのかな。

ねぇ。

おいしそう! 豆腐屋さんだ。

住宅街ですね。

でも 何か…
工場ですかね? これ。

ここも工場だ。

住宅街の中に 点々と
工場みたいなのがあるんだ。

<物作りの町ですからね>

(子供たちのはしゃぎ声)
子供の声が すごいね!

(子供たちのはしゃぎ声)
フフフフ!

ここも工場ですかね?

「南製作所」。

でも ギャラリーって書いてある。
<えっ どこ? どこ?>

えっ? 製作所で…。

工場でありながら ギャラリー?
<本当だ>

俺 結構 物 作ったりするんで…
家具 作ったりとかね。

ちょっと 興味あるな。
<あっ そうなんですか>

聞いてみますか。

あっ パイプ椅子が
いっぱい並んでる。

<パイプ椅子?>

こんにちは。

こんにちは!
(水口さん) はい。

今 看板で見たんですけど
ギャラリーって書いてあった。

製作所でギャラリーってことは
何か作って…。

見せてもらえるんですかね?

ギャラリーです。

父が ずっとやってた
機械工場だった所なんです。

7年前に 父が亡くなったんで

思い切って
ギャラリーにしてみました。

絵とか
絵画ですとか 彫刻ですとか。

いろんな展示をしたり…。
展示してるんすか!

最近では 音楽ライブですとか
舞台公演なんかも やってます。

それで パイプ椅子なんすね!

昨日から
演劇の公演が入ってまして。

今日も やるんですよ。

じゃあ 今は
何も見れないんですね。

でも 今 ちょっと
打ち合わせしてるんですけど…。

うちで よく やっていただいてる
作家さんと。

打ち合わせっていうのは?
今度の 春の展覧会の。

展覧会をやるんですか? ここで。
はい そうです。

聞いて来ましょうか?
本当ですか!

ちょっと待ってくださいね。

何の作家さんだろう?
ちょっと 楽しみだな。

OKだそうなんで
どうぞ お入りください。

じゃあ お邪魔します。

検温と消毒を…。
失礼しま~す。

私 これで やります。

(電子音)
あっ 大丈夫です。

どうぞ。
お邪魔しま~す。

あっ こんにちは。
(有田さん) こんにちは。

(水口さん) うちで よく
作品を展示していただいてる

有田依句子さんです。
有田と申します。

これ 作品ですか?
(有田さん) そうです。

こんな感じのものを作ってまして。
何ですか? これ。

この子とかは…。
人間ってことですよね この子。

動物のかぶりもののような
何かを…。

かぶりものというよりは
動物の中に入ってますよね?

食べられてるようにも
作ってるんですけど…。

斬新ですね!
(有田さん)ありがとうございます。

何の動物なんすか?
(有田さん) これは 羊です。

それに 食べられたってこと?
食べられてるような着てるような。

何を考えて
ここに行き着くんすか?

最初 私 こういう小さい…。

これ パンダちゃんなんですけど。

これも食べられてる!

上が パンダちゃんなんだ。

ちょっと かわいいけど 怖い!
みたいな感じのものを作ろうと。

「ちょっと かわいいけど 怖い」
へぇ~!

これ 何ですか? お寿司?
(有田さん) これ お寿司です。

これは 動物のかぶりものから
発展した感じで。

お寿司を かぶらせたら
どうかなと思って。

『お寿司ちゃん』たちを作りました。

こうやって見てたら
最初は不思議と思ったけど

かわいく見えて来た。
<アハハハハ>

これは何ですか?

『多摩川チェーンソー』っていう
タイトルで。

何ですか?
『多摩川チェーンソー』です。

何で多摩川ですか?
この近く 多摩川 流れてまして。

私も 子供の頃から
多摩川 大好きなんですけど。

チェーンソー 持ってる人 見たことない。
<アハハハ>

「多摩川の平和を守る
女の子」っていうテーマで。

平和を守る チェーンソーで。

普通に 銃とか 刀とかだと
何か怖いなって思って。

怖くないけど 戦えるものって
何か考えて チェーンソーに。

チェーンソー 十分に怖いですよ。
<アハハハハ>

だって ほら
多摩川の風に吹かれてるもん。

そうです そうです。
髪の毛とかね。

いる感じですよ 河原に。

よくできてるなぁ。

<車の部品などを作っていた
南製作所が

廃業したのは
今から10年前>

<オーナーの惠子さんは

父の工場がなくなるのが
惜しいと

ギャラリースペースとして
活用しています>

<このギャラリーで
たびたび展示している

地元の立体作家が
有田依句子さん>

<本業は ウェブデザイナーで

仕事の傍ら
独学で立体造形を学び

14年前から
作品を作り始めました>

<作品の写真も
自分で撮影するそうで

世界観を
鮮やかに浮かび上がらせるため

凝った背景を手作りしたり

外で 作品に ぴったりな景色を
探すそうです>

<展示会で販売するだけでなく
ディスプレーとしても人気>

<現在
羽田イノベーションシティには

有田さんの 『Haneda Girl』という
作品が飾られています>

次なる作品 楽しみにしてます。
(有田さん)ありがとうございます。

どうもです。
(2人) ありがとうございました。

いや~ 不思議なもの
見ちゃったなぁ。

でも 病みつきになるなぁ。
<かわいかった!>

<独特の世界観でしたね>

<有田さんが大好きだという
多摩川を渡ります>

(アナウンス)
間もなく 京急川崎 京急川崎です。

京急川崎 久しぶりだな。

ちょっと 降りてみますか。

<そういえば
風間さん 川崎出身でしたね>

地元だから
やっぱり 降りちゃいますね。

川崎って こんな高いビル
いっぱいあったかな。

<街も変わりますからね>

こっち 行ってみますか。

<地元 川崎を ぶら~り>

あ~ 旧東海道なんだ ここ。

こっち 店がありそうですね。

こっち 行ってみようかな
ネオンがついてるし。

<行ってみますか>

あっ!

山芋!?
<えっ?>

俺 山芋 大好きなんだよなぁ。
<私も!>

「山芋の多い料理店」。

<へぇ~!>

『注文の多い料理店』は
聞いたことあるけど。

山芋の多い料理店。

あっ これが!

長芋… あっ 自然薯。

なかなか手に入らない
自然薯ですよ。

あと 大和芋。

「自然薯ビール」?

えっ 何これ!?
<初めて見ます>

「当店でしか味わえません」だって。

ここで飲まなきゃダメじゃん!

ちょっと 興味 引かれるなぁ。

山芋に 山芋ビール
ちょっと 行ってみますか。

<行くしかないでしょ!>

こんにちは。

<川崎で見つけた
山芋の多い料理店>

(梅本さん) アルコールと検温の
ご協力いただいてます。

おでこで
検温させていただきます。

(電子音)
ありがとうございます。

(梅本さん) お客様 ご来店です。
いらっしゃいませ!

こんにちは。

こちらのお席で お願いします。
ありがとうございます。

当店のメニューが
こちらの 睦月になりますね。

こっちがメニューですね。
そちらがメニュー こちらがドリンクメニュー。

おっ。

いっぱい書いてあるような
感じがするけど。

あっ もっと広げるんだ。

こうだ。
広げていただいて。

いっぱい書いてあるよ これ。

へぇ~。

そういえば 入り口にですね

自然薯ビールって
書いてあったんですけど。

これ 気になるなぁ。

自然薯の粉を乾燥させて
一緒に… ビールと。

抽出させて…
造ってるものなので

泡が とろっとした感じで
風味があって…。

一番人気のビールになります。
ちょっと 飲んでみたいなぁ。

これを まず お願いします。
はい ありがとうございます。

それとですね…。

俺 山芋 大好きなんだよなぁ。

何 頼んだらいいんだろう?
お薦めとかありますか?

赤い丸が付いてるものが
お店の お薦めになります。

いっぱい付いてますよ。

一番人気が
明太とろろ いそべ揚げ。

海苔に 明太子と大和芋で…。

これだ! おいしそう これ。

これ 間違いないんじゃないっすか
このミックス いいなぁ。

初めてのお客様には
三種のとろろ食べ比べという。

うちで 3種類の山芋を
ご用意してるんですけども。

長芋 大和芋 自然薯と 3種類で。

じゃあ
明太とろろ いそべ揚げと

三種のとろろ食べ比べ。

あと うち お鍋も推してますね。

えっ お鍋?
自然薯のとろろ鍋っていうのも。

こちら 上ですね。
自然薯のとろろ鍋。

でも これ
2人前よりって書いてあるね。

2人前からのご注文で承ってます。
これは食い切れないなぁ。

それか うちで人気なのが
隣の 石焼きとろろごはんです。

何それ!?

石焼きとろろごはん…
これ 自然薯なんですね。

こちら 高菜ご飯と 卵のやつを
最後に 自然薯とろろをかけて

壁にくっつけて お焦げを作る。
へぇ~ おいしそう!

じゃあ これを 最後に… 締めで
とろろごはん お願いします。

<まさに 山芋尽くし>

何か 読んで行けば行くほど
おいしそう。

いろんなのがあるんだなぁ。

お待たせしました
自然薯ビールです。

ありがとうございます。

これが 自然薯ビール。

初めてお会いしますね。

うわ~ おいしそう!

いただきます。

<どうです?>

あっ 本当だ!
何か とろっとしてる。

この泡も
クリーミーで おいしい!

う~ん うまい!

お待たせしました
三種のとろろ食べ比べです。

結構
ボリュームあるじゃないですか。

手前から
長芋 大和芋 自然薯になります。

長芋 食感 楽しんでいただくため
鬼おろしにしております。

お好みで ワサビ 粗塩
ダシじょうゆをかけて…。

やっぱり 最初は塩ですか?
そうですね。

まず 塩でね。

鬼おろしの この…。

これが長芋。

長芋。

いただきます。

うん! うん!

シャキシャキ。

あっ!
<何です?>

何だ? 農家さん紹介って
書いてある。

長芋は 北海道の中澤さんなんだ。
<こだわってますね>

いただきました。

次は 千葉県… 大和芋だ。

これも 塩でね まず。

うわ~!

結構 粘り気が すごいな 大和芋。

切れない。
<すんごい粘り>

(すする音)
<お~ おいしそうな音!>

うん! 山芋っつったら これだね。

この粘り気が うまいね。

うん。

で 自然薯… 山口県の村田さん。

見るからに これ 色がね…。

<味も違います?>

あっ! うん!

すんごい粘り気。

こっちのほうが 大和芋より
すごいね 粘りが。

でも この自然薯
シャキシャキしてる?

いつも もっと粘ってる
感覚はあるんだけど。

これ 食感が
シャキシャキしてるのは珍しい。

<へぇ~>

お待たせしました
明太とろろ いそべ揚げです。

大っきいね 思ったより。

こちらの 温かい天つゆ つけて
お召し上がりいただけます。

ボリュームがあるじゃないですか
食べがいあるなぁ。

熱いんじゃないかな 結構…
出来たて。

中 見てみますか?
どんな感じなんだろう?

おっ!

おっ 来た来た。

明太子 現る。

うまそう! これ。

<これは間違いないでしょ!>

<2017年にオープンした
山芋の多い料理店>

<契約農家から仕入れた
自然薯 大和芋 長芋を

一番おいしい形で
食べてもらいたいと

さまざまなオリジナルの
山芋料理を生み出しました>

<一番人気の
明太とろろ いそべ揚げは

海苔の上に 明太子と
たっぷりの大和芋をのせ

低温で じっくり揚げたもの>

<温かい天つゆをつけて
いただきます>

<揚げることで
明太子の味と 大和芋の甘みが

引き立つんだそうです>

<うわ~ おいしそう!>

熱そう! うまそう!

間違いないでしょ これ。

うん!

うまい!
<でしょうね>

明太子 効いてますね。

アクセントになって。

想像つくんじゃないですか
海苔と山芋と明太子。

<つきます つきます>
想像つきますよね。

でも 想像を上回って
おいしいですよ。

<そんなに!?>

うん!

お待たせいたしました
石焼きとろろごはんですね。

鉄板 お熱くなっておりますので
お気を付けください。

パチパチいってるね。

スタッフのほうで
仕上げさせていただきます。

(焼ける音)
いい音するね。

(焼ける音)

自然薯とろろ
おかけして行きます。

<うわ~!>
ぜいたくに使うね。

自家製のダシじょうゆ
おかけいたします。

うわ~ いい香り!

マスクしてても分かるよ。

<あ~ これも間違いないでしょ>

こちらで お焦げ 作って行くので
壁のほう 作って行きます。

4~5分 待っていただければ
お焦げ できるんですけども

まずは そのまま 中のほうだけ
すくっていただいて。

真ん中だけ
すくう!っつってたもんな。

うわ~ 熱そう これも。

うん! うん!

あっ 何だろう?

普通の
石焼きのビビンバとかより

ふわふわしてる 山芋のせいで。

口の中 入れたら 溶けるね。
<へぇ~!>

<これは お焦げも楽しみですね>

<ふわふわ とろとろの
自然薯の石焼きとろろごはん>

<待ちに待った お焦げは?>

そろそろ いいかな?
行ってみますか。

どうだろう?
できてるかな? お焦げ。

<お~!>
これ うまそうじゃないっすか。

これ お焦げじゃないっすか。

いただきましょう。

うん! うまい!
<やっぱり>

お焦げのとこ
味が濃くなってて おいしい!

より うま味を感じますね。

中が軟らかくて
外が サクっていうのが おいしい。

う~ん!

山芋って こうやって食べるんだ
不思議。

<石焼きにすることで

自然薯のうま味も
凝縮するそうで

山芋専門店ならではの
とろろご飯です>

<風間さんが食べられなかった

自然薯とろろの
鶏つくね味噌チーズ鍋が こちら>

<白菜 春菊などの野菜に

自家製の長芋入り鶏つくねと
もも肉のうま味が

染み渡ったところで…>

<最後に 上から ナチュラルチーズと
自然薯のとろろをかけて

少し待てば…>

<チーズと自然薯が
とろ~り とろけて

たまらない おいしさに>

<旅の終わりに
大好物の山芋尽くし>

<風間さん よかったですね!>

<澄み渡った冬の夜を
鮮やかに彩る 光の魔術>

<ステキな出会い いっぱいの
いい旅になりました>