1億3000万人のSHOWチャンネル【EXITの事件簿チャート&ブリの神様】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

1億3000万人のSHOWチャンネル【EXITの事件簿チャート&ブリの神様】[字]

EXITの事件簿チャート!りんたろー。と兼近に起こった驚きの事件とは?▽櫻井翔&森七菜が名店のオムライス再現に挑む!▽みやぞんがブリの1本釣り漁を体当たり取材

出演者
【MC】櫻井翔
【企画ゲスト】EXIT / 森七菜 / みやぞん
【スタジオ】羽鳥慎一・小峠英二・吉村崇・児嶋一哉・池田美優
番組内容
EXITにまつわる様々な出来事をひもとく「事件簿チャート」兼近の幼少期貧乏エピソード&小峠が力説するラットサインとは?りんたろー。にサッカー部時代の後輩からまさかのクレームが!?コンビ結成秘話も語る▽料理初心者櫻井翔と料理好きの森七菜が名店のオムライス再現に挑む!森七菜が特技を披露!櫻井は意外な才能を発揮!?▽みやぞんが高知県の「ブリの神様」を取材!ものの1時間で数百匹を釣り上げる驚きの方法とは?
制作
【演出】古立善之
【プロデューサー】國谷茉莉
【チーフプロデューサー】江成真二

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スゴ
  2. 兼近
  3. 池田
  4. 吾妻
  5. 児嶋
  6. 吉村
  7. 荒木
  8. スタジオ
  9. 本当
  10. 櫻井
  11. 小峠
  12. OK
  13. お願い
  14. スゲェ
  15. ブリ
  16. 今日
  17. マジ
  18. イェイ
  19. ネズミ
  20. ヤバ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
日テレサービス
¥1,540 (2022/01/27 23:16:22時点 Amazon調べ-詳細)

(みやぞん)
スゴいことになってますよ!

<ものの1時間で…>

(荒木さん) 入った 入った!

(吉村) マジで もう…。

(笑い)

(吉村) 当時の りんたろー。って。

<さらに…>

<浅草の名店 ヨシカミの
絶品オムライスに挑む>

(吾妻さん)
ありがとうございます。

(森) 本当に。

『1億3000万人のSHOWチャンネル』!
(羽鳥) 局長!

(吉村) お願いします!
(児嶋) お願いします!

まいりましょう!

<その道を究めし神様たちに
直撃する この企画>

<リポートするのは…>
局長!

もう あの… 見てください。

…といったところでしょうか。

私も 「前乗りだよ」なんて
言われまして…。

<やって来たのは
四国の南西…>

<ここにいるのが…>

ごめんなさい ブリ… すみません。

<いざ 神様とご対面>
(みやぞん) あれっ?

(みやぞん) そうなんですか!

(みやぞん) …な感じがしますね。

<神様は…>

<ひとたび海に出れば…>

(スタジオ:櫻井) スゴい人じゃん!
<それは…>

(スタジオ:櫻井) 寄せちゃってる…。
<その秘密に迫る>

(スタジオ:羽鳥) あの番組だな。

(荒木さん) はい 行きましょう!

<向かうは 港から
およそ20kmにある

沖の島近海>

(みやぞん) …っていう感じが。

<船を走らせること
およそ1時間>

<そこは
何の変哲もないポイント>

(スタジオ:羽鳥) えっ!

<水深20mから40m付近に
大きな反応>

<これがほぼ全部ブリ>

<どこからともなく…>

飼い馴らすって 要は 簡単に…
はい いいですか?

…っていう飼い馴らし
っていうことですか?

<実は この天然ブリの群れ…>

(みやぞん) うわぁ~ エサ!
スゴいですね これ。

これ イワシですか?
(荒木さん) イワシです。

1トンぐらいありますね。
(みやぞん) 1トン!

<やがて…>

<…する状態に>

<そして 今日…>

<これが 人呼んで…>

(みやぞん) スゴい!
(スタジオ:小峠) へぇ~ スゲェ。

<2週間かけ…>

(みやぞん)きた きた きた!
(荒木さん)いた いた いた いた!

(みやぞん)
スゴいことになってますよ!

きた きた きた きた…!
<驚異の入れ食いブリだまし>

(みやぞん) スゴい!

(みやぞん) ちょっと待ってください。

<ひとたび竿を出したら
もう止まらない>

<次から次へと
秒間隔で揚がるブリ>

(みやぞん)
これは でかいですよ 今の。

(スタジオ:櫻井) 神様 スゴいな。

1000? 1000本!

やっぱ あれですね…。

皆さん…。

<しかし…>

<しかし…>

<そして 何よりうまい>

でかっ! 重~!

(みやぞん)
スゴい! ふっくらですもんね。

これだけだったら。

2万円? 本当ですか?
2万だって! これ。

<ひたすら…>

<そう言われると もう…>

(荒木さん) 入った 入った!

(みやぞん) これ 天然の… おっと。
(スタジオ:吉村) えぇ~!

…って言ってましたけど。

(荒木さん) バットはね…。

(みやぞん) なるほど。

(荒木さん) はい それで…。

<これが…>

<…ことで ブリの身は
最高の状態のまま出荷ができ

より…>

うわっ スゴいな!
(荒木さん) 真っすぐ 真っすぐ。

ええブリや ええブリ…
揚げて 揚げて!

揚げて…
真っすぐ 真っすぐ 真っすぐ。

よいしょ~!

(荒木さん) 印 付けとって。

<みやぞん…>

強えぇ! スゴい!

(みやぞん) こんなに…。

(スタジオ:櫻井) スゴっ!
<まだまだ揚がる>

<海へ繰り出し…>

<体力的には きついが
そこには

海の男たちのロマンがある>

それなのに…。

<新鮮この上ない…>

<その身は 驚くほどの弾力と
脂ののりを兼ね備え…>

(みやぞん) きれいですね 全部。

鮮度がいいし うまそう!

(荒木さん)
いいです 脂がのってます。

(みやぞん) うわっ これは
うまいですよ 最高ですね。

いただきます。

まだね…。

(荒木さん) あと
毎日ね イワシ食べてるんで

脂が結構のってるんですよね。
(みやぞん) 脂がスゴく

甘みがあって さっぱりですね。

<実は 神様 この…>

<そんな神様おすすめの
1品が…>

カツオは 聞いたときあるし
タタキやったときありますけど。

(荒木さん) そうなんですよ。
(みやぞん) ほぅ~ なるほど。

<高知名物 カツオのタタキ>

<これをブリでやってみたら
うまかった!>

(荒木さん) より一層おいしく
召し上がっていただけますんで。

カットしていきます。

(みやぞん)
あぁ~! 中がスゴいきれい!

脂がスゴいこと… こりゃ。
(荒木さん) ポン酢 かけますね。

(みやぞん) うわぁ~!
豪快に… いいですね。

(荒木さん) 完成です。
(みやぞん) は~い!

素晴らしい! きれい!

(みやぞん) ちょっとあぶると
やっぱ 香りが出て

おいしいですね。
(荒木さん) そうですね。

(みやぞん) 身も あぶったほうのは
ちょっと また

やわらかくなる感じで
で その中から…。

(ギター)♪~

♪~

♪~

どうもありがとうございました!

ブリだけに…。

(スタジオ:小峠)
全然ピンときてない。

(スタジオ:小峠) いやぁ~ スゲェ!

<続いては…>

♬~

(りんたろー。:兼近)
イェイ イェイ イェイ…!

(兼近) イェイ イェイ イェイ!

(りんたろー。)
おい おい おい! 言うな!

改めて ご紹介いたしましょう
本日のゲスト

EXITのお二人です
よろしくお願いします。

お願いしま~す!
お願いしま~す!

(吉村) 北海道ですし 後輩ですし
事務所も一緒なので。

なんか そういう会みたいなの
あったりするの?

北海道会みたいなのは
あったりするので そのときには。

それもスゴい それもスゴいけど!

同郷で言ったら だって…。

ただ 僕は認めてないですけどね。

認めてない? どういうこと?

(池田) そうですね なので…。

…って言っちゃってるんですよ。
そうだ そのイメージだね。

なのに…。

バンバンやってるんですよ。
(児嶋) そのパターンね。

さぁ それでは
企画 まいりましょう。

イェ~イ!
(拍手)

<今夜は…>

改めて なんか EXITの
こういうのを見ると…。

(兼近) あんまり…。

<まず…>

兼近さん 7歳のときに こちら。

(児嶋) 何だ? これ。
(兼近) うちは 一緒に…。

ある日 僕の所持している…。

はいていくものが ないって
なったんですよね。

そしたら 母ちゃんが
おやじのズボンを こう

「じゃあ これ はいていきな
短パン この短パン

はいていきな」って言われて
その短パンはいて学校行ったら

その短パンが おやじの

柄パンだったんですよ。

(兼近) おやじのトランクスを
はかされて

学校行ってるから…。

重ね着?
(兼近) 重ね着。

ネズミって
そんなに服いくんだね。

(兼近) だいぶ…。

おしゃれ…。
<実は…>

ネズミの…。

…してましたね うん。

ネズミが だから
ずっと家にいたわけでしょ?

(兼近) そうですね。
(小峠) あれは やっぱ その

ネズミの通り道があるから
穴を埋めなきゃ

一生 ずっと入ってくるのよ。

そのネズミの通り道は
どうやって分かるかっつったら

ネズミの足跡をね
よく見たら こう ついてるの。

スゲェ スゲェ。
「ラットサイン」って言うんだけどさ。

(兼近) ラットサイン!
(池田) スゲェ!

(吉村) バンド 名じゃないですよね?
(小峠) バンド 名じゃ ない…。

ごめんなさい 僕 今日
バイきんぐ小峠さんに

来ていただいたと
思ったんですけど…。

違う 違う 違う 違う…!
ネズミ専門…。

(児嶋) だってさ…。

(児嶋) 働いてたんでしょ?

当日の朝まで
ネズミ取りをやって

その夜に優勝しましたね。

うわぁ~! スゴいな!

ハハハハ…!

(小峠) その2冠じゃないですよ。
(池田) おめでとうございます。

さぁ 兼近家 周りの友達と
違ったことがあったそうで。

…を ちょっと ご紹介させて
いただきたいと思います。

(兼近) あぁ~!
これは?

だから ありとあらゆる病気を
成長痛で

片付けるっていう
家だったんですけど。

(池田) 成長痛?
(兼近) だから

「どこどこ痛い」って言ったら…。

(池田) うそ!
(兼近) 病院行かせるの嫌だから。

何なら 切り傷も
血 出てるのに…。

えっ 肉割れ? みたいな。

さぁ そして 変わったルール
続いては こちらです。

サンタさんが うちは
来てくれない時期があって

お母さんに 泣きながら
「うちにもサンタさんに

来てほしい」ってお願いしたら
次の日に…。

…っていう手紙だけ
届いたっていう。

えぇ~!

(池田) 新しい!
(小峠) 面白い。

(兼近) そうです そうです。
来たんだよと。

来たよという不在通知を
置いていくサンタでしたね。

<そんな環境で育った兼近は
やがて

とんでもないナルシストに>

それこそ 本当に
強豪校の高校から…。

(兼近) 練習に参加してください
みたいな。

調子乗ってて
で 中学の大会の決勝ですね…。

(兼近) 最終回の…。

…みたいなときに回ってきて
ランナー 一塁みたいな。

ここで打ったら サヨナラで
優勝しますっていうときに

俺が ちょっと そのとき 本当
スゴい調子に乗ってたのか

分かんないですけど 相手チームの
ベンチまで行って 打席立つ前に。

(児嶋) うわっ ヤバっ!

(池田) 痛いやつ。
(児嶋) ヤバいね。

相手チームからバット借りて
そのバットで

本当に ヒット打って
一塁ランナーかえってきて…。

(池田) えぇ~! できちゃった…。
(兼近) だから めちゃめちゃ…。

(池田) 事件じゃないじゃん!
(兼近) すいません。

さぁ その当時のインタビューに
答えた記事があります。

ヤバっ!
ヤバかったです ヤバかったです。

でも 何?

いや 実力も 別に…。

ただ…。

今で言う…。

LITTLE BOSSで
やらせてもらってたんですね。

(児嶋) 新庄さん。

さぁ じゃあ 続いての事件
まいりましょうか。

今度は りんたろー。さんです
22歳のときに…。

(笑い)
俺の…。

(池田) 幼少期ある?
(吉村) ちょっと待ってよ。

薄くねえ?
でも ここで ようやく起きます。

22歳で起きた事件が…。

悲しすぎる。
そうですね ちょっと これは…。

スゴっ!
そうなんですよ そこから…。

えぇ~! ポジションは
どこをやってたの?

<当時の…>

(村松さん) 一番…。

(村松さん) …が いたんですけど
それが りんさんで。

(村松さん) …みたいなのは
最初 思いましたね。

<そして…>

たぶん…。

(村松さん) 5万の靴を
買ってもらったんですけど…。

さぁ りんたろー。さんはですね
今…。

そうです。
(池田) あらまぁ!

スゴいじゃん!
(児嶋) スゴいね!

このさ… 「腹斜筋」って
いうんだっけ?

ここが出るのスゴいよね
あばらのとこ。

(池田) 何? これ。

(笑い)
へぇ~ 普段の姿なんだ。

(児嶋) めちゃくちゃ
力 入れてるんじゃねえかよ!

写真 もう1枚あります
『VoCE』の表紙になってます。

そうですよね。
(池田)そうです そうです 完全に。

でも この写真 めちゃくちゃ
気に入ってますよね なんか…。

(池田) ねぇ?
見たことある写真だなと思ったら。

(吉村)なんで そんな自信あるの?
何が…?

申し訳ない 単純な話だけど…。

(児嶋) なんかね かねちと一緒で
ごまかされてるけど…。

(吉村) マジで!
そんなことない…。

(吉村) マジで!
そんなわけない…。

<続いては…>

りんたろー。さん
25歳のときの事件が…。

芸人になっても
やっぱ 仕事ないんで…。

おじいちゃん おばあちゃんを
連れて…。

…に行って そしたら
でっかいつぼみたいなとこから

煙 出てるとこ
あるじゃないですか。

あれを なんか
「悪い所にかけたら

良くなるんだよ」って
みんなに教えてあげて

みんな 肩とか腰とかに
かけてたんですよ。

そしたら トシオさんっていう
おじいちゃんが車椅子なので

車椅子 バ~って近づいていって
足にかけるのかなって見てたら

その煙を取って…。

利かなくなっちゃってたんだ。
利かなかったんだ。

<一方…>

NSC 吉本の養成所に
入ったときにやってたバイトで

ネタも見れるしと思って
そのときに 今一番きてるとき…。

おっ!
(兼近) 営業に来るってなって

それの舞台設営と誘導を

やらせてもらったことが
あるんですよ。

だから お二人が… 今から
ここでお笑いライブします

みたいなので
人がブワって来るかなと

予想されてたんですけど…。

あれ?
(池田) 悲しい。

(兼近) 俺が ひたすら
そこら辺にいるね

旅行客の人とか 「これから…」。

連れてきて?
(兼近) そう 連れてきて 全然…。

(笑い)

(小峠) あるんだよ だから
その営業とかで 別に 大して…。

なんか SPみたいな
警備員の人がさ

「押さないでください!
大丈夫ですか? 大丈夫です?」。

素通りできるんだよ
俺 別に 普通に。

俺 それ やったんですよ!
ちょうど。

イミグレーションの外に
めちゃめちゃ…。

…ぐらい こうやって待ってて

僕が出て行ったら
4人ぐらいに増えて

ボディーガードいるんだけど
誰もいないから…。

えぇ~!
(池田) えっ 櫻井さんでも?

「誰もいないから いいです!」
とか言って。

<続いては EXITの…>

みたいな話をしたら 「僕は…」。

<続いては EXITの…>

それが解散して
ピンとピンになっちゃって

仕事してたんですけど そしたら
いきなり 劇場で…。

いきなり…。

(池田) えぇ~!
M-1に…。

出たんですよ
そしたら スゴい調子良くて

これ あるぞと思って…。

「いつ頃 組む?」
みたいな話をしたら

「いや その…」。

「そういうのじゃ ない」?

本当に あの…。

でも
ワンチャンされてますから…。

(池田) もうね
好きになっちゃってるからね。

「僕は…」。

(兼近) だから もう…。

…っていうのが見えたんですよ。

鬼のように長いLINE送って

「俺が 絶対…」。

って言って いろんな人…。

思いとどまってよかったね。
そうなんですよ。

何がスゴいって 僕…。

そんな中で 声掛けるって
スゴいなと思って。

マジで もう…。

(笑い)
(吉村) 当時の りんたろー。って。

当時ね…
なんで 兼近くん 声掛けたの?

…みたいの 構想であって。

チャラい2人が漫才して
どっちも…。

…みたいのが
ザ 漫才だって思ったんですよ。

<そして…>

マジかよ。
大体 「卍」って…。

ハハハハ…!

さぁ では 続いてのチャート
まいりましょう。

続いては…。

…で スポーツテストやるみたいに
なったんですけど

それこそ 僕は
大学までサッカーやってますし

今も…。

兼近は…。

何なら 運動大っ嫌い。
大っ嫌いですね。

えぇ~!
悔しくて…。

(池田) えっ? どういうこと…?
(吉村) 今日?

えっ? えっ?

<ということで…>

ルールは簡単です。

狭い人のほうが勝ちと。
(池田) あっ なるほど。

<お相手は
体がやわらかいであろう…>

<…に お願いしよう>

<まずは 兼近から>
いきます。

ふんっ! これで ちょっとずつ
これを寄せて…。

うわ うわ うわ…!
(池田) わぁ わぁ わぁ…!

どうですか?
はいはい… これ 限界?

これ 今 限界ですか?
測って。

いきますよ
じゃあ かかとから指先まで。

はい きました!
41… 41 はい OK。

とれました? とれました? 41。
(小峠) 結構 でも スゴかったよ。

結構… 結構いってましたよ。

さぁ では 児嶋さんに
見せていただきましょう ここは。

(吉村) お願いしますよ。
うわぁ~ きた!

(吉村) 1回 ごあいさつがてら
ポーズ 見せてください。

1回 ストップ 1回 ストップ。

(笑い)
(池田) 恥ずかしい。

ちょっと見せてください。

(小峠)
それ 鷲のポーズ? へぇ~!

これね ず~っとね この…。

スゲェ安定感で
できてんじゃねえか。

さぁ 兼近さん 41cm
さぁ 児嶋さん どうでしょうか?

(兼近) やわらかそう。
(池田) なんか 意外といける…

勝っちゃえ 勝っちゃえ。

(兼近)うそでしょ?
(池田)そういう企画じゃないから。

「早く」って言ってる
「早く」って言ってる。

早っ!
えぇ~!

そこから もうひと盛り上がり
ないんですか?

(池田) 本当に?

(吉村) いや 違う 違う…。
(児嶋) できるか!

(吉村) 「できるか!」じゃ ないの。

「できるか!」じゃ ないの…。

(児嶋) 俺より…。

俺も 体 硬いですから。
(児嶋) せっかくだから…。

やってみたほうがいい…。
(児嶋) せっかくだから…。

俺よりいける… 若いから 俺より。

<ということで…>

(吉村)
いきますよ はい せ~の…。

(池田) おっ! いけいけ…!
もっと もっと もっと もっと!

もうちょい もうちょい
もうちょい!

OK OK!

オナラ出る!
きた! ここ。

40?
(池田) 勝ったんじゃない?

兼近さんより上いきましたよ。
(池田) スゴい!

スゴい!
(児嶋) 吉村 勝ったぞ!

(児嶋) 大丈夫 大丈夫…
勝ったぞ。

ここにあるものが 全部 ここに
1回 いったんですけど。

(児嶋) いや 知らない…
「やれ」って言われたから。

(池田) っていうか…。

何 なかったことに
しようとしてるんだよ。

さぁ 最後のチャートになります
こちら。

(拍手)

これ 私ですね。
1日1ラーメン?

お店に行って?
(兼近) お店もありますけど…。

…とかも もう バンバン。

それでも1ラーメンとする
っていうルールは。

今日はですね 僕が結構…。

本当 ベタなものなんですけど。

<昭和27年創業
渋谷に店を構える名店…>

<昼夜問わず満席状態が続く
人気店>

<とにかく この店は…>

<詳しくは企業秘密だが

鶏と豚のがらなどを
8時間煮込んだ

うま味あふれるスープ>

<ここに加えるのが…>

うちでは 「揚げネギ」って
呼んでますけども

一番の特徴かなとは思いますね。

<これを
わざわざ台湾から取り寄せ

しょうゆベースの
かえしに入れる>

<これにより スープに
甘みと香りが一層増す>

<麺は 食べ応えのある…>

<シャキシャキのモヤシ 煮卵
チャーシューをのせれば完成>

<創業から70年
愛され続ける…>

(池田) やった~!
めちゃくちゃいい香りする。

香り いいですね。

あっ おいしい!
(池田) あっ!

あっさりというよりは むしろ

ちょっと
しっかりしてるというか。

(児嶋) うまい!
(吉村) うまい!

(兼近) 昔ながらのラーメンにしては
ちょっと

こってりというか
パンチ効いてるというか。

兼近くん これからも ずっと…。

たぶん むちゃしなければ
大丈夫だと思うんですけど

結構 俺…。

マジで 塩と しょうゆ
食ったりするんですよ。

確かに 俺 この間…。

予約して行ったのよ
そしたら こっちにいた人が…。

スゴい食べそうな人だったの。

塩なのか しょうゆなのかな?
こういうのきたわけよ。

プロは。

(笑い)

横で… えっ!と思って。

<続いては…>

<人々に愛され続ける…>

<それを櫻井シェフが…>

<…に挑みます>

こんばんは。

…って知っていました?
「名店レシピ」シェフ 櫻井 翔です。

スゴい! 物知り!
さすが『zero』!

確か 私の記憶だと…。

えっ?

<今夜のゲストは…>

最近 よく。
えっ そうなんだ。

最近 餃子が好きです。

そうです。
えっ!

水餃子とか
焼き餃子の違いで…。

そうなの?

そういうので…。

えっ!

(笑い)

櫻井シェフ 今夜は どんな料理を
再現するんでしょうか?

今夜は…。

やった~!

<レシピを教えてくれるのは…>

<洋食屋…>

オムライスは あちこちで…。

(スタジオ:櫻井) 一番?

私は しっかり包まれてる…。

(スタジオ:櫻井)
我慢できなかったんだな。

<今から71年前
1951年に創業>

<その後 高度経済成長期
外食文化が加速>

<ヨシカミのうまさは…>

<では…>

お待ちどおさま。

<全国から
これを目当てにやって来る

ヨシカミのオムライス>

<薄焼き卵の中には

しっとりとした
ケチャップライス>

<シンプルながらも
万人がほれ込む 王道の味>

<今日は この…>

(西島)ねぇ 知ってた?
(吉田)ん?

シャンプーのとき
地肌を意外とゴシゴシしちゃってるって。

してないよ。
あ… 泡立てるときは?

ホントだ。
ほら!

だから 泡の「メリット」
泡?

(娘)泡?
泡!

<最初から泡なら 地肌と髪を
こすらず やさしい>

<コンディショナーも
泡で すっとなじんで ヌルつかないから…>

さっぱり~!

(2人)パパ ナイス!
えっ?

これからは最初から泡で洗おう。「メリット ザ マイルド」

<全国から
これを目当てにやって来る

ヨシカミのオムライス
薄焼き卵の中には

しっとりとした
ケチャップライス>

<シンプルながらも
万人がほれ込む 王道の味>

<今日は この…>

さぁ ということで 本日は
ヨシカミ3代目店主

吾妻弘章さんに
お越しいただきました。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

<まずは オムライスの中身…>

<具材は タマネギ ハム
マッシュルームと シンプル>

「タマネギ ハムは
5mm幅にみじん切り」。

きた!
「マッシュルームは薄切りにする」。

みじん切り… はい。

まぁ いいか やってみるか。

はいはい いいんじゃないですか?

<ついに 櫻井シェフが…>

かかれ!
おぉ~!

うわぁ~! うわぁ~!

やった~! 過去からしたら
もう 格段の進歩ですね これは。

スゴいね。
スゴい!

<一方 森のみじん切り>

(森) こうか。
なんか やっぱ

やってる人の包丁の入れ方だな。
はい はい これは いいスタート

切ったんじゃないですか?
(森) どうでしょうか? 先生。

よっしゃ~!
ありがとうございます。

<では ここで…>

(吾妻さん) これを もっと細く…。
うわっ スゲェ!

これが みじん切り
ここに 横の筋も

多めに入れちゃえばいいんです
そうすれば 最初から

こういった感じで みじん切り。
(森) スゴ~い!

さぁ では 続いての工程
こちらです。

あぁ~ 肝だな これ たぶん。
きましたよ!

<まず 中火に熱した
フライパンに

タマネギ ハム
マッシュルームを入れて

軽く炒める>

<続いて…>

<そして この後がポイント>

ここで ワインを…。
(ジュ~という音)

<さらに フライパンを煽りながら
余分な水分を飛ばしていく>

(スタジオ:森) うわぁ~ スゴい!

<そして ヨシカミの隠し味

甘み出しの みりん
香り出しの しょうゆ

最後に グリーンピースと
ケチャップを加えたら…>

いい香りがしてきたところが
出来上がり。

<さぁ…>

スゴかったね。
スゴかった。

あんなものは…。

いやいや いやいや…
油を入れま~す!

あぁ~!
うわっ! 器ごと入れる…。

びっくりした!
盛り上げますね シェフ。

ごめん… マジで狙ってない。

<しかし ここでも
櫻井シェフが…>

そこで…。

(吾妻さん)
手前にぶつけて引く練習。

そう そうそう…
イメージ的には そうです。

いいですよ!

おぉ~! おぉ~! おぉ~!

<一方 森…>

(吾妻さん)
ひっくり返しながらね。

おっと! 若干 出ましたよ。

(吾妻さん) ちょっと
上にいくようなイメージをして。

上に?

(吾妻さん) ハハハハ…!

吾妻さんが だんだん…。

あぁ~! 本当だ!
(吾妻さん) そういう感じ。

おっと!

なくなっちゃうよ!
だいぶサービスしました!

<具材を炒めたら ご飯>

(吾妻さん) ワインをいきましょう
ダンゴのとこ めがけて

垂らすようなイメージで。
どこ… どこですか?

(吾妻さん) ご飯が固まってる所に
かけてみましょう。

さぁ…。

なんか…!
なんか 適当にかけたぞ!

庭の水まきみたいに
かけたぞ!

(吾妻さん) しゃもじで
ご飯をほぐしながら。

おぉ~! ここだけ見たら
櫻井さんじゃないですよ。

(吾妻さん) あぁ~ いいですね。
あぁ~ 櫻井さんだ。

おぉ~ いい… おぉ~!
どうしたんですか? 今日。

<仕上げに
ケチャップとグリーンピース>

あとは きれいに混ぜるか?

おぉ~! おぉ~!
これはいいですよ 今日。

おぉ~ ひっくり返す…。
(吾妻さん) OK! OK!

もう 火 止めたほうがいいね。

<一方 森は…>

うわっ!

うわっ!
大丈夫か?

もうちょっと静かに…。
(吾妻さん) そうそう…。

もうちょい…
今のいい 今のいいね。

上にいくイメージでね。
なんで…。

(吾妻さん) ケチャップ入れて…。
あぁ~ もう きた!

もう 一気に混ぜて完成です。

おぉ~!
うまくなった 突如。

(森) OKですか?
(吾妻さん) OKです いい色に

仕上がってますね。
どうでしたか? 吾妻さん。

ハハハハ…! だいぶ…。

(吾妻さん) 周りが…。

ハハハ…!
ちょっと 散っちゃいましたね。

さぁ 森さんはですね…。

食べれるものであれば…。

何? それ。
さぁ ということで こちら

日本でトップクラスの
硬いおせんべいで有名な…。

ご用意しました。

(たたく音)
(森) うわっ! ハハハ…!

どうですか?
いや…。

(かむ音)
あぁ~ 無理しないように。

ハハハハ…!
いや アゴの前に…。

(かむ音)
あっ! あっ!

うそでしょ?
スゴっ!

(かむ音)
えぇ~!

脳みそが揺れる?
スゴいですね なんか…。

スゴいわ。
さぁ クライマックスです。

今 作った…。

<オムライス作りの
フィナーレ…>

<1人前2個分の溶き卵を
流し込み

ご覧の半熟具合になるまで
フライパンを回しながら焼く>

<ここに…>

<さぁ ここからが天王山>

力を抜いて 頭を下にする。

卵がふわっと浮いたときに
トンってたたくから

クルンって回るんですね。

全てがパーフェクトじゃないと
きれいなオムライスができない。

(スタジオ:櫻井) うわっ スゲェ これ。
<さぁ…>

では 森シェフ お願いします!
(森) はい。

いった~!
(吾妻さん) いった~!

フライパン グルグル回しながら
満遍なく 平らになるように。

いい感じだ!
(吾妻さん) OK OK OK…!

<しかし この後の…>

落ち着いてね。
あぁ~ 緊張する。

(吾妻さん) フライパンを揺すって
はがれてるかな?って。

(吾妻さん) そのまま トントン…。
(森) よ~し いくぞ!

ほっ!

さぁ どうだ?

ヤバい… あぁ~!

頑張れ!
あぁ~ 動いてくれ!

動いてくれ!
駄目か?

おぉ~! おぉ~!
あぁ~ 戻った! あぁ~ いった。

ほっ!
あぁ~!

いける!
いいですよ。

おぉ~!
(森) よし!

(吾妻さん) これで いきましょう。
「これで いきます!」。

(森) はい 完成です。
はい 半分隠して完成!

<ここまで順調にきたが…>

(吾妻さん) そうそう そうそう…
そこから!

<櫻井シェフ
ここまで順調にきたが…>

(吾妻さん) そうそう そうそう…
そこから!

そこから 前に持ってって
前に持ってって。

あぁ~! ご飯が踊ってる…。
(森) お願い!

(吾妻さん) もっと思いっきり
いっちゃおうか そう…!

それで手前に持ってきて…
そう 手前に持ってきて…。

あぁ~!

<焦りからか
雑に煽ってしまう…>

<もはや修復不可能な
チャーハン状態>

駄目だ! 駄目だ~!
駄目だ!

うわぁ~ 難しかった!

<ご覧ください>

<いずれも…>

<努力の結晶をいただこう>

あら!
本当ですか?

(吾妻さん)
ちょうどいい香ばしい感じが。

やっぱ 上手に煽れてる感じが
出てますよ。

やりました 煽り上手!
煽り上手なのよ。

本当?
いや これ…。

<森のは どうか?>

おいしいですよ。
うん おいしい。

ちょっとね…。

じゃあ 櫻井さんがライス作って
私が卵を練習して巻けば…。

<では…>

(ジュ~という音)
(森) いい音!

<そして…>
うわぁ~! うわっ!

高い! 顔の辺りまできてたよ。

さぁ きますよ ここから。

(吾妻さん) ここで
こう返しちゃって ここで…。

えぇ~!
うわぁ~!

スゲェ!
スゴい!

<名店の味 ここに完成>

(森) おいしそう…。
うまい! うめぇ!

何だろう?

卵も 薄いけど やや半熟で…。

(吾妻さん)
ありがとうございます。

本当に。
(吾妻さん) いつでも待ってます。

お二人のも
おいしかったんですけど

ごめんなさい
やっぱり 違いますね。

どうしてですか?
これです これです…。

経験です 櫻井シェフ
本日の教訓 お願いします。

<ここで…>

(森) 私が出演する…。

(森) 恋人殺しの
ぬれぎぬを着せられた

天才外科医を演じる成田 凌さんと
コンビを組んで

事件の真相究明に奔走する役を
演じます。

ぜひ ご覧ください。
よろしくお願いします。

<次回の…>

<…に挑戦>

<さらに…>

藤原さんは…。

(吉村) えぇ~!
顧問の…。

(笑い)

<次回も お楽しみに>

<TVerでは 『SHOWチャンネル』の
最新話が無料で見られます>

<そして Huluでは
本日の放送回も

過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>