関ジャニ∞クロニクルF【悪魔のドッキリ再び…!関ジャニ全員トラ姿でダマされる】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャニ∞クロニクルF【悪魔のドッキリ再び…!関ジャニ全員トラ姿でダマされる】[字]

関ジャニ全員がダマされる…悪魔のドッキリ「せっかち1グランプリ」シーズン2開幕!ロッカー崩壊&逃走中ハンター出現&厄介すぎるアイドル軍団…アノ男が神リアクション

ご案内
【公式Twitter】
https://twitter.com/kanjani8_fujitv  
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/kanjani8-chroniclef/
番組内容
30代後半に差し掛かった関ジャニ∞が、秘密基地で繰り広げる予定不調和バラエティー。イカしたオトナを目指し、人生の幅を広げていく為に、5人が「今まで知らなかったコト」をどんどん深堀り&追求していく!
2022年最初の放送である今回は“関ジャニ∞イチのせっかち”を決める「せっかち-1グランプリ セカンドシーズン」をお届けする。昨年秋に放送し好評を博した本企画。
番組内容2
またも“メンバーにドッキリをしかける”という名目でそれぞれ呼び出された5人が、今年の干支(えと)にちなんだトラのコスプレをしてフロアを出発し、フジテレビ本社に設置されたロッカーにゲートイン。来るはずのないメンバーを待つことに。しかし、第2弾となる今回は、仕掛けがさらにパワーアップ!予想外の展開に慌てふためくメンバーの様子は爆笑必至!新たな仕掛けであぶり出される彼らの“せっかちぶり”にご注目を。
出演者
関ジャニ∞ 

【実況】
倉田大誠(フジテレビアナウンサー)
スタッフ
【制作統括】
太田一平 
【チーフプロデューサー】
島本亮 
【プロデューサー】
五十嵐剛、加藤智章、松尾やす子、瓜生夏美、髙木大輔 
【総合演出】
姉崎正広 
【演出】
田中良樹、北山拓 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 安田
  2. スタッフ
  3. 村上
  4. 丸山
  5. ロッカー
  6. AD
  7. 仕掛
  8. オープン
  9. グランプリ
  10. タイガー村上
  11. タイム
  12. メンバー
  13. 今回
  14. 大丈夫
  15. 逃走者
  16. ゴール
  17. タイガー安田
  18. ピュア
  19. 何分
  20. 関ジャニ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





[そして…]

[開幕]

全国1, 000万人の
せっかち-1グランプリのファンの皆さま

あの日本一せっかちなアイドルによる

頂上決戦が
装いも新たに帰ってきました。

こちらは お台場…。

ありとあらゆる場所に
隠しカメラを設置。

その数 およそ…。

(スタッフ)エレベーター上がって…。

さあ スタッフに誘導を受けて
歩いてきたのは

最初のメンバー 村上 信五
タイガー村上であります。

今年の干支
虎のコスプレに身を包んで

ミュージカルテイストあふれる
ガチメークを施されています。

(スタッフ)あっ
今 来たように ちょっと…。

やはりフジテレビ本社内

バラエティー畑以外のスタッフも
大勢通るということで

ベンチコートで姿を隠します。

(村上)さぶっ。

前回同様…。

ですが この後
再び だまされます。

そんなこととは つゆ知らず

そのドッキリポイントまで
長い道のりを歩かされています。

しかし この長い道のりこそが

今回のせっかち-1グランプリの
鍵を握るんです。

(スタッフ)ここ1階で。

フジテレビ本社の1階
エントランスです。

(村上)寒っ。

普通に歩いて5分はかかる
ここまでの道のり。

その先には…。

(スタッフ)ここが フジテレビモール。
やってまいりました。

(スタッフ)あれが ロッカーです。
(村上)あっ 前と一緒?

さあ 出ました。
例のプールならぬ 例のロッカー。

再び 悪夢が始まります。

(村上)みんな 今のとこ
通ってくるってこと?

(スタッフ)そう。 で ここの…。

(スタッフ)新しいオープニング撮影。
(村上)あ~ そういうことね。

分かった 分かった。

[と聞かされているタイガー]

[もちろん これは…]

その想像を斜め上

はるか高い所からいくのが
せっかちグランプリであります。

≪そっち ちゃうねんて。

泣いているんです。

≪「関ジャニも関ジャニで
バカだよね」

≪うわ~! あ~!

≪最悪やわ。

さあ 第2弾は
ここからが見どころです。

[メンバーを驚かせようと
ロッカーに隠れるも

待てど暮らせど誰も来ない]

[そんな中 何分耐えられるのか
競った前回大会

見事…]

何もないのに出てきた。
何にもないのにオープンだ。

ちゃんとな。

あんまり「ちゃんと」って
言うたら…。

[前回と…]

[その斜め上をいくのが
このせっかち-1グランプリ]

(スタッフ)大丈夫っすか?
行っちゃいますよ じゃあ。

じゃあ 行きますね。
(村上)はいよ。

さあ タイガー村上
特設ロッカーゲートイン。

間もなく その仕掛けが
あらわになります。

では 参ります。

(村上)おおっ!
オープン!

(村上)おおっ!
オープン!

特設ロッカー 崩壊しました。

腕組み 固まった。
仁王立ち。

タイガー村上
ここからが勝負であります。

今回のドッキリは

ロッカーが1分後に
ぱかっと崩壊。

人目にさらされる中で
何分で出発地点に

戻ってくることができるのかを
争うというもの。

収録後 誰よりも
とにかく早く帰りたい皆さん

関ジャニ∞なら きっと
早く戻ってくることができるはず。

[…の村上だが]

あっと いそいそと
崩壊したロッカーを直していく。

[何分で戻れるかという
タイムトライアルだが

ロッカーを…]

あっと いけない!
慣れないことをしてはいけません。

[ロッカーを直す虎]

何ということだ!

オープン! 2度目のオープン
崩壊ロッカー。

さあ これで観念したか
タイガー村上。

[せっかちタイガーたちは
どう切り抜けるのか?]

[複雑に入り組んだ
テレビ局内を移動し

目指すは
この出発地点]

[さらに その道中には
彼らの行く手を阻む

数々のトラップが。
すごいですね]

(生徒)えっ えっ えっ 待って!
ヤバくない?

さあ 最初のトラップ。

多感な年ごろの修学旅行生たち
駆け寄ってきた。

(生徒)えっ 何? 何?

[持ち前の…]

[大きなタイムロス]

[さらに そこへ]

[怪し過ぎる いでたちに…]

さあ タイムは7分を経過。

序盤のロスを
ここから挽回できるか?

おっと出ました。
ショートカット。

やっぱり敷かれたレールには
乗らない。

己の道を行く。
それが せっかち。

さあ エレベーターで2階へ。

[ここから…]

何をしているのか
分からない集団が

道いっぱいに歩く。

さあ せっかちタイガーは
どう対応する?

強引に突破。
一気にタイムを縮める村上。

[速いですね]

[しかも なぜか堂々と]

タイガー村上 堂々たる…
堂々たる姿で…。

さあ やってまいりました。

あっ 実は この…。

挨拶も軽快にして
慣れたもんですね。

そんな中…。

『逃走中』のハンター登場。
さあ 逃げるのか?

逃げない 逃げない。
目をやるだけ。

撮ってんのか?

先を急ぎます。

あとは このエレベーターで
1階に降りればゴールです。

タイムは…。

かなりの好記録。
(村上)どこにおんねや。

(スタッフ)っていう
せっかち-1グランプリを…。

(スタッフ)せっかちですよ それが。

(村上)ここか。

そうなんすか?

この後 メンバーが
次々に続いていきますけども。

これは ちょっと…。

不用意に一気に出てきたぞ。

あっと 出た。

[前回は 何もない状況で
ロッカーアウトした この男]

[今回は?]

(スタッフ)次のスタンバイ次第では
どうしようかな…。

(丸山)なるほど。
たぶん大丈夫だと…。

(スタッフ)あっ すいません。
(丸山)こんにちは。

実は タイガー丸山だけ
尻尾が異常に長いんです。

本人も それを嫌ってか
今 ベルトのようにして…。

巻いてたね 確かに。
確かに巻いてたわ。

さあ そして スタッフの計らい

バレないようにと
ガウンとサングラス。

かえって
悪目立ちしている状況です。

これは どう… ああ 明らかに…。

(スタッフ)こっち エレベーターで
こっち…。

めっちゃ アネちゃん
説明してるやん。

姉崎ディレクターが
『姨捨山』みたいに

しっかりと木々を置いて置いて…。

『クロニクル』愛を。

さあ 1階 エントランスに
来ましたが…。

いや いいんですよ。 すごい

凝ったエンターテインメントを
してくださったなっていう。

(スタッフ)ロッカー 置いてます。

(スタッフ)でも 絶対バレないです。
大丈夫です。

(スタッフ)はい。

バレるって それは。

(スタッフ)大丈夫です 大丈夫です。

どうやら信じて
小窓パカパカ 入念チェック。

ただ 今回は小窓どころか
ごめんなさい。

全部パカパカしちゃいます。

(スタッフ)じゃあ いってきます。
(丸山)はい。

タイガー丸山
今 特設ロッカーにゲートイン。

今 考えてると思いますよ。

(丸山)うわっ!
ぱっか~ん!

驚きの声とともに
サイドが ぱっかん。

(丸山)うわっ!
ぱっか~ん!

驚きの声とともに
サイドが ぱっかん。

正面扉は握って
パカパカさせません。

これは 恥ずかしい 恥ずかしい。

自分で閉める。
ああ どうしたんだ?

やっぱそうするよな。
そうすんねんて。

必死だ 必死だ。

どうしますか?
そっから入んの!? 嘘やろ!?

とんでもない構図になりました。

(村上)無理やって それは。
それは無理。

支えてるやん もう。

[では…]

(丸山)わっ!
今度は大きい声が出た。

虎が驚いた。

もう堪忍か?

果たして 何分で ゴールに
戻ることができるんでしょうか?

おっと速い。
(生徒)えっ…。

ここで修学旅行生と鉢合わせ。

逃げた 逃げた。
見向きもせずにスルー。

さらに警備員も
まとめて かわしたぞ。

さあ エントランスに
やって来た。

これ 村上さん
いいタイムなんじゃないですか?

ちょっと意外ですね。
すぐさま戻るという選択肢を。

さあ 後方から やって来た
タイガー丸山。

この4人を
どうかいくぐるか?

前が壁になっている。

間隙を縫えるか?

我慢します。

あっと
他のルートを探った。

これは 嫌だ 嫌だ
嫌な時間です。

とんでもない嫌な時間。

おっと 丸山 動いた。
きびすを返した。

あっと女性の後ろに隠れて
もう一度トライ。

女性の後ろに隠れて
何ということでしょう。

女性を利用して
女性を利用して

一緒に行った。

そして ラ・ポルトの脇を
そそくさと縫って。

さあ 今度の仕掛けは
何とアイドルの挨拶であります。

≪すいません…。
取りあえず会った人には全力挨拶。

局内で よく見る光景です。

昨今 長過ぎるアイドル呪縛を
どれだけ早く切り抜けられるか?

(木戸)夢のプロジェクト 私たち…。

(一同)よろしくお願いします!

これが生き地獄という
世界なんでしょうか。

(木戸)以上 私たち…。

ちなみに 村上さん これ…。

そうなんや。

[長過ぎる挨拶にも
しっかり対応]

[大きなタイムロスだが…]

[一目散にゴールへ]

非常に これも
いいタイムが出そうだぞ。

(村上)
めっちゃ早ないっすか?

見事ゴールイン。
村上を抜き トップに躍り出ました。

分かるぞ。
(丸山)「これさ~」

(丸山)「でもさ 逆にいうとさ…」

8分18秒です。

えっ!?
(村上)びっくりした。

[前回 誰も来ない中

ロッカーから一歩も出ずに
待ち続けた

ピュアせっかち安田]

あっと 落としてしまった。

(村上)出た 出た。 あっ 出た!
完全に出てきました。

[人としての素晴らしさ

キングオブお人よしが
あふれ出た]

泣いているんです。

(安田)ミスは いい経験値ですよ。

[見る者の胸を打つ…]

さあ やってまいりました。
3番手 タイガー安田であります。

前回大会は 目の前で 書類を
ぶちまけたADさんを助けた。

非常に印象的でした。

多くの視聴者が
心を打たれたという。

(スタッフ)そこはないんですね。
(安田)ドッキリってことですか?

真っすぐやな。

(丸山)「どう?」じゃない。
「どう?」じゃないねん。

(スタッフ)あそこに。

[ピュアタイガー安田]

[まさかの仕掛けに
どんな対応をするのか?]

(安田)ありがとうございます。

(安田)わあ!

何と無邪気な少年の心が出て…。

(安田)何でですか?
(スタッフ)いや 何か こんなこと…。

アネさんも…。

ホントすいませんって。

さあ これで タイガー安田
今 特設ロッカーにゲートイン。

驚かせるはずのメンバーは
今回も来ません。

さらに隠れ続けることも
できませんが。

そこは もう 安田君の場合…。

たぶん みんな
パターン違うわけでしょ? きっと。

安田シフトが どうなるのか。

少し夕方の時間になるにつれて…。

この1階 フジテレビモールです。

テーブルは 一般のお客さんで
埋まっていますが。

間もなく?
間もなくです。

(安田)うわっ! わっ!

びっくりしました。

(安田)うわっ! わっ!

びっくりしました。

予想どおりのリアクション
ありがとうございます。

さあ ここからスタートです。

果たして何分で
ゴールできるんでしょうか?

[ロッカーを…]

[もちろん これは想定内]

来ると思ってるから。

[では ぱかぱかぱっか~ん]

声にならない心の声が
もれました。

こちらも ごめんなさい。

あっと まさか 再び立て直し。

これは まだメンバーが来ると
信じている行動。

直し続けるで こいつ。
(丸山)これ エンドレスやわ。

ヤス君 もう集中し過ぎて…。

来るで ヤス。
(村上)あ~。

[ここで…]

(安田)やってます。

[丁寧に…]

[何度壊れても…]

嘘やん もう。
もう嘘って言うてくれ。

(安田)ごめんなさい。

戻すなって もう。

泣いているんです。
え~っ!?

[まさかの…]

[さすがに これ以上は
戻し始める前に早めの一手]

そうですね。
来たところから戻るという。

警備員さんに助けられまして
ようやく ここを後にします。

時間は すでに
15分以上が経過。

タイガー安田 戻れと言われたら
ピュアに全力で戻ります。

だが 目の前 通せん坊する
4人の壁。

待ちますね。 減速です。

声を出した。

隙間を見つけた。

あっと ぶつかってしまった。
なかなか前が空きませんが

ようやく かいくぐりました。

[ここからは ピュア安田だけの
特別な仕掛けが待ち受ける]

[まずは 安田の優しさに訴える
こんな仕掛け]

困ったADさんがいるんです。
(ADの泣き声)

目立ち過ぎる場所で
大泣きするADさん。

(安田)どうしました?

(安田)どうしましたか?

(AD)もう駄目です…。

(安田)はい? 何ですか?
耳を傾けます。

(安田)はいはい はいはい。
(ADの泣き声)

(安田)うん…。

(安田)いいよ。
いい経験値やから…。

(安田)うん… と思うけど。

(AD)頑張ります。
ありがとうございます。

あっと 見つかった。
安田のサインで見つかった。

とんでもないことをしてしまった。

[優しき安田に訴える
第2の仕掛け]

(安田)びっくりした。
さあ そして

目の前には これはハンターではなく
『逃走中』の逃走者。

(逃走者)そうなんすよ。

身の上話?

逃走者からの切なる願い。

(安田)頑張ってください。

そして 逃走者は 今
トイレに入ったでしょうか。

目の前には

ハンターが。

(安田)逃げた方がいいと思うな。

[間一髪]

[気になる]
(丸山)いい出方やな。

いい出方したな。

[だが]

あっと 見つかった。

あろうことかミスリード。

とんでもないことをしてしまった。

時すでに遅し 万事休す
足が止まった仏の安田。

やらかしました。

(安田)すいません。
何もできひんかったですわ。

(逃走者)すいません
助けてもらったのに。

[ピュアですね]
(村上)気付いてはいんねや。

≪(安田)合ってるか? これ。

鬼の姉崎 ここで土下座。

心打たれた
タイガー安田の行動であります。

なあ。

1番手も2番手も
1回目のぱっか~んは戻すねん。

そうなんすか?

(丸山)こんなピュアに。

だから もう これは…。

おかしい おかしい。

[いよいよ登場
せっかちツートップ]

[キングオブせっかちが
やらかす]

[いくぞ ツートップ]

[見せる…]

[こうなったら
思う存分 暴れたる]

[『関ジャニ∞クロニクルF』を
もう一度 ご覧になりたい方は…]

[さらに…]