嵐にしやがれ2時間SP【残り2回…NiziU参戦!特別SP】[字][デ]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

嵐にしやがれ2時間SP【残り2回…NiziU参戦!特別SP】[字][デ]

NiziUが嵐とクイズバトル!爆笑回答連発▽MJを倒せ!復讐に燃える小栗旬がムロツヨシ・柳楽優弥を招集▽大野智記念館!知念&小瀧も▽二宮&竹内涼真ゲーム対決

出演者
【出演者】嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)
【ゲスト】NiziU / 小栗旬&ムロツヨシ&柳楽優弥 / 知念侑李(Hey! Say! JUMP)&小瀧望(ジャニーズWEST)&上島竜兵&ヒロシ / 竹内涼真&チョコレートプラネット&なすなかにし&ガーリィレコードチャンネル / 吉村崇
番組内容
嵐にしやがれ残り2回…デスマッチにNiziU参戦!2020ブレイクグルメ対決SP!クイズ珍回答連発で仲間割れも!?珍特技を嵐兄さんが爆笑判定▽メンバー記念館ラスボス大野智!勉強嫌いでテスト2点…転職検討…その時母は?親友も大激白▽打倒MJ!リベンジに燃える小栗旬!!ムロツヨシ・柳楽優弥を招集!激熱3本勝負!負けたら…恒例罰ゲーム!▽二宮&竹内涼真は…チョコプラ考案(秘)ゲームに大盛り上がり!
制作
【総合演出】古立善之
【チーフプロデューサー】江成真二
【プロデューサー】國谷茉莉・宮崎慶洋

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 二宮
  2. 大野
  3. 松本
  4. ピンポ
  5. 相葉
  6. スゴ
  7. フェニックス
  8. 中西
  9. リーダー
  10. 最後
  11. 本当
  12. 正解
  13. MJ
  14. 小瀧
  15. 柳楽
  16. スタッフ
  17. ヒロシ
  18. マジ
  19. 松尾
  20. 竹内

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<サタデーナイトライブ!>

さぁ始まりました 『嵐にしやがれ』
2時間スペシャル!

(二宮) ありがとうございます!
(相葉) よいしょ~!

さぁ スペシャルなゲストに
お越しいただいております。

どうぞ!
(RIMA) よろしくお願いします。

出た!

(MAKO) せ~の…。
(一同) We NiziU!

私たち NiziUです
よろしくお願いします。

今夜のスペシャルゲスト
NiziUの皆さんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

さぁ 早速ですけども 企画の前に
NiziUの皆さんに

ある悩みがあるということです
こちらです。

いや これは でもさ もう 別に
なくたっていいんじゃないですか。

(松本) 聞かれるの?
はい よく…。

…って言われるんですけど。

そもそも…。

(大野) ないよね。
(二宮) ないない 全くないけどね。

<特技といわれても テレビで
披露していいレベルかどうか

心配だというので

芸歴21年 先輩の嵐が

「アリ」か「ナシ」かを判断>

<まずは…>

えっと 私
足のここがやわらかくて

普通の人以上に
曲げることができちゃうっていう。

(松本) どこ? 足首?
(RIMA) はい。

(松本) あぁ あぁ…!
あっ スゴい!

(松本) うわっ スゲェ! 怖っ!

なんで? 何かやってたの?

バレエとかじゃなくて?
はい。

本当に ここだけなんだ。
(RIMA) ここも ここまでしか

つかないんですけど
足だけは…。
おぉ~…!

(大野) うわっ スゲェ…!

(松本) いける? もっと。

(二宮) 頑張って。

(松本)ピンって伸ばさなきゃだよ。
(相葉) ちょうど 今 うん。

ミッキーぐらい ミッキーぐらい…
もうちょい いかないと。

おめでとうございます。
(相葉) 「アリ」ですね。

<続いて…>

おぉ~!

おぉ~!

スゴっ!

ちょうど… ちょうど
見えなかっただけだね。

一気に覚えられるんだ それ…
大野さん ちょっと こっちから。

(松本) 私たちは 大丈夫でしょ
20年いるんだから。

ジャニーさん? えぇ…。

(二宮) はい 負けです!
はい 合格です。

おめでとうございます。
(RIKU) ありがとうございます。

<そして…>

いきます リ~ラリラリ
ラ~リラリラ リ~ラリラリラ。

リリリリラリラ リリリリラリラ。

リ~ラリラリラリラ~
リラリラリ。

相葉くん ハマってます。

(松本) 大好物ですよね?
(相葉) 大好物です あぁ~ そう。

名曲だよね。
(相葉) 名曲… スゴい…。

日本語を…。

何でも 「リラリラ」で
返してたらしくて。

(二宮) セッションする?
(大野) リ~ラリラ リラリラ?

リラリラ… リラリラリラ…。

リラリラリラリラ… リラリラ。

リラ? リラリラリラ…。
リラリラリラ。

通じちゃったね。
(二宮) 営業 決定ですね。

2人での営業が決まりました 今。
これ 楽しいよ。

<そして…>

めちゃめちゃ面白そうじゃない。
(AYAKA) いきます。

(二宮) あぁ~ はい。

(松本) 唯一よ 唯一… 今まで
みんなOKなのよ。

みんなOKですよ みんなOK。
みんなOKですけどね。

駄目?
(二宮) じゃあ 最後 ラスト…。

ありがとうございます。
<最後は…>

どういうことだろう?

(二宮) おぉ おぉ…!

おぉ おぉ…!
(相葉) あぁ スゴい…。

あれ?

上 いけたね 下は?

下…。
下はいけない?

♬~

ごめん 俺ら…。

だから スゴいね スゴいよ
美川さんになっちゃうもん。

さぁ それでは 企画にまいります
NiziUと…。

(二宮) よいしょ~!
(拍手)

今年 大ブレークしましたね
NiziUの皆さんにちなんで…。

(拍手)
2020ね。

(松本) これは
うれしいんじゃない? みんな。

(松本) あっ そうなんだ。
(相葉) 一緒に生活してるんだ。

…でございますから
もう 皆さん ぜひね

絶対に食べて帰ってくださいと。
(NiziU) はい!

<まずは…>

<今年 専門店が次々オープンし
大人気となったカルボナーラ>

<ご紹介するのは…>

<こちらは 北海道の
酪農家さんたちによる

牛乳 乳製品のおいしさを
伝えるためのアンテナショップ>

<ここの人気メニューが…>

北海道産の乳製品を
たっぷり使用した

カルボナーラソースが…。

<まず みじん切りのニンニク
炒めて香りを出し

厚切りの…>

<…を たっぷり注ぎ
ひと煮立ち>

<シンプルだが コクのある
カルボナーラソースが完成>

<ご飯は 厳選された北海道米>

<コーンの上に 卵黄をのせ

周りに
カルボナーラソースを流し入れ

これを火にかけて2分 その間に

こちらも北海道産…>

<…の3種類をブレンドした
ミックスチーズ>

<牛乳を加え
とろとろに溶けだしたら

ご飯にかぶせていく>

<最後に バジルを散らし
コショウをかけたら…>

<完成…>

<それでは ここで…>

<店長の小池さんは
北海道出身で…>

<では 「こわい」は
何という意味でしょう?>

これは もう 僕は北海道ですから
当たり前の問題というかね。

それは もちろん分かるんだ?
すぐ分かりますよ。

♪ ピンポ~ン

渡す? ものを渡す…。
♪ ピンポ~ン

はい?
(RIO) 辛い。

辛いじゃないですね。
♪ ピンポ~ン

あぁ~ なるほど!
♪ ピンポ~ン

逆じゃないのよ!
♪ ピンポ~ン

はぁ はぁ はぁ…!
♪ ピンポ~ン

違いますね。
♪ ピンポ~ン

できないじゃないのよ。
♪ ピンポ~ン

じゃないのよ。

♪ ピンポ~ン

ではないですね
ポジティブではないですね

この意味合いは。
「こわい」だもんね。

「こわい」だから。
♪ ピンポ~ン

長くない? 本当に怖いじゃん。
♪ ピンポ~ン

「怖いな~ 怖いな 怖いな~」
じゃないんですよ。

♪ ピンポ~ン

はぁ はぁ はぁ…
こんなに分かんないもんか。

♪ ピンポ~ン
すいません 吉村さん…。

違う… ちょっと待ってください。
それで押したのね。

(二宮)
困ってる… 困ってるんだから。

体の状態 これを表しますね。
♪ ピンポ~ン

あぁ~! なるほど。
♪ ピンポ~ン

はい?
しんどい。

きた きた! 近い 近い。
♪ ピンポ~ン

近い!
♪ ピンポ~ン

正解!

そうでございます。

「疲れた」とか「だるい」とか

「体調が優れない」という意味で

よく使いますね。
疲れた?

はい
「今日 こわいから寝るわ」とか。

それでは 正解した NiziU
MAKOさんチームは…。

…の ご褒美でございます。

ここから 食リポとかもね
多少 入ると思いますから。

それも意識して
お願いいたします。

どうだ?

いいですね。

リラリラ語で言ったほうが
いいんじゃないの?

リラリラ リラリラ!
リラリラリラリラ リラリラ…。

(二宮) いいじゃん!

おいしいです
これは スゴい濃厚です。

半熟卵と このクリーミーソースが
本当にマッチしてて。

口の中で広がります
本当においしいです。

(NINA) なんか この卵が
ちょうどいいんですよ チーズと。

(MAYUKA) あとベーコンが
ちょっと スゴい いい感じに…。

スゴい なんか…。

素晴らしい食リポですね。
おいしいです。

食べたいですけど…
ほら もう 3人がね。

外れた3人が もう…。

そうよ! 食べられるよ まだ
当てりゃいいんだから。

悔しいんですけど まだ
いっぱいあるということで…。

<続いては…>

<ご紹介するのは
今年の6月にオープンした…>

<ラーメン業界で
最も権威があるといわれる

TRYラーメン大賞で

王道 しょうゆラーメンの
味とバランスが評価され

新規オープンした店の中から
TRY新人大賞に輝いた

2020年 大注目の店>

<絶賛されるスープは

鶏ガラベースに白菜やトマト
玉ねぎなどの野菜

さらに 本枯節
煮干し 白エビなど

これだけで いただきたくなる
ぜいたくさ>

<8時間煮込めば うま味爆発>

<しかも
すっきりのスープが完成>

<それに合わせるのは
オリジナルしょうゆダレ>

<5種類のしょうゆを
絶妙なバランスで

ブレンドしたもの>

<麺は スープとよく絡む…>

<さらに 今年 このラーメンが
人気になったのは…>

<豚肩ロースと 豚バラの
チャーシューは

備長炭で じっくりと焼く>

<さらに 豚のモモ肉
薫製した鶏チャーシュー

九条ネギ
自家製海老ワンタンと

肉ワンタン
煮卵をのせれば

今年食べたい王道の一杯…>

<それでは ここで…>

♪ ピンポ~ン

もともと めちゃめちゃ
ロン毛だったんだけど…。

なるほど! さぁ 何でしょうか?
♪ ピンポ~ン

気合入れて…。

はい はい はい…!
♪ ピンポ~ン

眉毛を… そってましたか?
♪ ピンポ~ン

いやぁ それは
しっかり悪口ですよ それは。

♪ ピンポ~ン

ヒゲをそりすぎたら別人?
ではないですね。

急に前に出てきて
しゃべった答えが それですか。

♪ ピンポ~ン

ショックですね。
♪ ピンポ~ン

…ってことなんですよ
ラインは。

ショックなんですよ
でも 言えないじゃないですか。

「ナントカナントカだ!」とはね
お客さんは。

♪ ピンポ~ン
めちゃくちゃ…。

正解です!
それはショックだな。

お客さんの口コミですね
「店主の顔が怖い」

「店主がコワモテ」という
書き込みを見つけて

普通に
ショックを受けてしまったと。

それでは 正解した
二宮さんにはですね…。

…の ご褒美でございます。
(大野) これは絶対うまいやん。

(麺をすする音)

いい音ですね。
うん!

(笑い)
いいですね。

これは
うまい! 食べてほしい…。

なんかね あっさり系なんだけど

めちゃくちゃパンチはあるよ。

うめぇ…。
へぇ~!

これは ちょっと 食いたいな。

チャーシューがあるんですけど
もう…

口の中で 一瞬でなくなります
本当にやわらかいです。

スゴいですね もう…。

集中… 夢中ですね。

なるほど 言葉を失う。
ちょっと…。

(笑い)
これをきっかけにね。

RIMAさん いかがですか?

私 本当に…。

替え玉 4回?
(大野) スゲェな。

マジ?

見苦しい…? メンバーが
見苦しいってことですか?

<続いては…>

<オーナー ティンさん
秘伝のレシピで作るフォーは

45年 毎日2000人が食べる
という人気ぶり>

<その店が 世界で初めて
のれん分けを許したのが…>

僕が…。

<東京に進出したことが

ベトナムでニュースになるほどの
このお店>

<味の決め手は 豚 鶏 牛

3種類のガラを煮込んだスープ>

<じっくり9時間 引き出すのは
あっさり かつ 濃厚なうま味>

<そこに 10種類以上の
野菜などからとった

スープを加え
合わせダシに>

<塩 砂糖で味を調えたら

伝説の名店
ティンさん直伝のスープが完成>

<トッピングも本場と同じ>

<やわらかい肉質の牛モモ肉を
ラードとニンニクで炒め

味にアクセントをつけたら

ベトナムで作られた
米粉麺の上に

パクチー 大量のネギ スープ

炒めた牛モモ肉が
一つになれば…>

<完成…>

<伝説のフォーを ご堪能あれ>

<それでは ここで…>

<PHO THIN TOKYOの
オープン以降

伝説のオーナー ティンさんに
ある変化が起き

墨さんは驚きました>

<一体
何があったのでしょう?>

<PHO THIN TOKYOの
オープン以降

伝説のオーナー ティンさんに
ある変化が起き

墨さんは驚きました
一体 何があったのでしょう?>

♪ ピンポ~ン

背が伸びた… あの年で?
♪ ピンポ~ン

変わったな! 違う…。
♪ ピンポ~ン

あぁ~ なるほど!
勉強しようと思って。

♪ ピンポ~ン
1回 日本に出したから…。

正解! 素晴らしい!

奇跡でございますね。

(二宮) ジャンジャカ
答えていくじゃん 嵐が。

スゴいですね さすが嵐さん…。

とにかく やたら…。

さぁ それでは
正解した相葉さんには…。

…の ご褒美でございます
とにかく

スープにこだわっているのは
ベトナムでも珍しいよと…。

トッピングの牛モモ肉も
一般的には ゆでたお肉を使うが

ティンさんのこだわりで
ニンニクで炒めてると。

「フォー」?
きた きた きた きた!

フォーを食べて ナチュラルに
「フォー」出る人

僕 初めて見ましたよ。

(相葉) パクチーが 全然さ…。

(相葉) めちゃくちゃうまい 合う。
(大野) あぁ~ うまそう。

(二宮) お四方にも
食べていただいたら?

これは うらやましい。
う~ん!

あんだけ…。

こんなに 顔がにごりますかね。

でも RIOちゃんチーム
答えてないわけじゃないもんね。

いやいや… もう ここから
だんだん慣れてきますから

合わせて ぜひともね
頑張っていただければと。

抜けないと厳しいですよ。

<続いては…>

(スタジオ:RIO) これは絶対食べたい。

<紹介するのは
今年10月にオープンした

チーズ菓子専門店…>

もともとは 広尾に…。

<おいしさの秘密は 厳選した…>

<契約農場から
毎日 取り寄せるという

新鮮この上ない…>

(米川さん) …になるように
仕上げております。

<滑らかな舌触りを目指すため
小麦粉は少なめに入れる>

<型に入れ
130度のオーブンで3時間

じっくり焼き上げれば
絶品のチーズケーキが完成>

<しかし これで終わりではない>

…するチーズケーキと
なっております。

<最後のピースは
塩味を多く含む…>

<塩味 酸味 甘味
複雑に絡み合う味わいが

3時間で売り切れる理由>

<これが 今年のトレンド…>

<それでは ここで
デンマーククイズ>

♪ ピンポ~ン
だから…。

あっ… 駄目ですよ。

(笑い)
駄目ですよ。

…じゃん 今の。

答えたから ピンポ~ンって…。
「そんな訳ないじゃん」っていう。

正解なんですよ 「あるじゃん」で…
こちら…。

これが導入されたと
ただ 国民が…。

撤廃されましたね。

食べたかったですね。
RIOちゃんチーム 申し訳ない。

正解した松本さんには…。

…の ご褒美でございます。
上にかかってるチーズが

もう溶けて 透明なんですよ。
なるほど なるほど。

そうですね。
(松本) うわっ やわらかっ!

さぁ 厳選したクリームチーズ
契約農場から毎日取り寄せてる

新鮮な卵 これを使用してると。
ハッ…!

どうしました?
(拍手)

スゴい! スゴいですね。

何? これ。

(笑い)
「大興奮 俺」。

大興奮ですよ 「俺 大興奮」
ありがとうございます。

見てて分かりますよ。

あの… プリンと

やわらかい…
何つったらいいかな?

スフレのような…。

…になってるのよ
チーズケーキが。

その上に デンマーク産のチーズを
かけると

もうね… マジで 俺…。

いや みんなより
結構 生きてますけど…。

スゴい…!
どうでしょう?

MAKOさんチーム いきますか?
食べます!

(松本) いったほうがいい マジで。
メンバーのこと考えて

今後 考えるんだったら
行かなくても大丈夫ですけど

行きますか?

行きますか。

早いな。
(相葉) 早い 早い。

(松本) 熱いからね。

(RIKU) あの… 食べた瞬間に
全部なくなるぐらい

もう やわらかくて…。
本当に…。

(松本) 分かる 分かる! ちょっと
言葉 なくなっちゃうよね。

言葉が追い付かない?
この チーズケーキと

この…。

スゴい!

(相葉)
マジで みんなが言ってる

「なくなる」っていう表現も
あるし…。

(笑い)
全部なくなったの?

怖いケーキですね。
(相葉) 全部なくなった 今ので。

語彙力だけじゃなくて 言葉すら。
(相葉) 言葉すらなくなった…。

<続いては…>

<今年 とんかつを特集した

グルメ本が
出版されるほどの…>

<中でも 代々木八幡にある
貴族と平民は

肉は もちろんだが…>

<このお店の佐藤シェフは
『ミシュラン』…>

<…スゴ腕>

<使うのは 赤身の味が濃い
国産豚の…>

<脂を丁寧に取り除いたら

たたいて 薄く延ばしていく>

<小麦粉をまぶし コクを出すため
チーズがたっぷり入った卵に

フィレ肉をくぐらせる>

<生パン粉をまとわせ
高温で2分

サックサクに揚げたら

軽い口当たりにするため
しっかりと油を切る>

<そして ここでひと手間
揚げたてのカツを…>

<最後に チキンブイヨンベースの
バターソースをかければ…>

<完成…>

<新感覚のとんかつを
お試しあれ>

<それでは ここで…>

<では 「無銭飲食」のことを
何と呼ぶでしょう?>

♪ ピンポ~ン
タダ飯なんですよ。

ただの飯だから…
まいりましょう。

あぁ~ なるほど! 言葉遊び
みたいなもんじゃないでしょうか。

「無銭飲食」。
♪ ピンポ~ン

ごちそうさまが?
どうしたんですか?

なんでもない。
(二宮) 何か食べたんですか? 今。

食べましたよね…。
♪ ピンポ~ン

せ~の…。

はぁ はぁ はぁ…!
…ってことですね。

♪ ピンポ~ン

えっ?
ネットワーク!

ネットワーク…。
♪ ピンポ~ン

インターネットじゃ…。
♪ ピンポ~ン

あぁ~ 惜しい…!
♪ ピンポ~ン

いいじゃん! いいよ いいよ。

無線Wi-Fiじゃないです。
♪ ピンポ~ン

スゴい! 誰にも与えない。

コンセント…。
(RIKU) 頑張って 頑張って…!

きた!
そうです ラインはそうです。

♪ ピンポ~ン

…ではない!
今のところ 無線のことを

どんどん出してきましたが
唯一出てない無線がございます。

♪ ピンポ~ン

電柱は もとなのよ 有線なのよ。

まだまだ
そこに行ったことはないかな?

「行ったことはない」?
そこでのね 何かが…。

皆さんは ありますね。
♪ ピンポ~ン

正解です!

さぁ ということでですね
お金がない「無銭」

電波を使う「無線」とかけて
無銭飲食のことを「ラジオ」と。

それでは
正解した櫻井さんには…。

…の ご褒美でございます。
いただきます。

あっ!

最初に バターソースの味が
ガンっとくるかと思ったら

まず この…。

…っていうぐらい 衣に
しっかり味が付いてる。

(二宮) なんか「チーズが入ってる」
とか言ってたよね。

うちのAYAKAが
スゴい頑張って

食リポを
頑張って練習してたんですけど。

練習したんですか?

(AYAKA) こんなにも 人が…。

(笑い)

なるほど。
最後は 頑張らないと。

ドラマを作ってきたんですね。
(AYAKA:RIO:RIMA) はい。

大野さん 最後…。
いや やっぱりね

若いからってね…。

(笑い)

<続いては…>

<紹介するのは
東京ミッドタウンから程近い…>

<パンケーキや 厳選素材を使った
料理が人気のこちらのお店で

今年2月から始めた
メニューが…>

…とした
フレンチトーストです。

<バターの風味にこだわった

厳選した
デニッシュパンの厚切り>

<そこへ…>

<…などを混ぜ合わせた
アパレイユを流し込み

冷蔵庫で24時間寝かせ
味が染み込んだら…>

<表面に たっぷりとまぶすのが
ザクザクの食感を出すポイント>

<鉄板で 片面5分ずつ
パンの中まで しっかり熱を加え

さらに 300度のオーブンで
焼き上げれば…>

<中は しっとり甘い…>

<それでは ここで…>

(スタジオ:MAKO) RIO 頑張れ!

<それでは ここで…>

RIO 頑張れ!
♪ ピンポ~ン

白鳥? 理由も添えてくださいよ。
♪ ピンポ~ン

なるほど! しっかり間違えますね
前に出てきて 必ず。

♪ ピンポ~ン

…ではないです。
♪ ピンポ~ン

なんか 「卵」の漢字の点々を
取ってみたんですけど

ちょっと 読み方が分からなくて。

でも 何て読むんですか?

いいですよ!
♪ ピンポ~ン

えっ?
うさぎ!

正解!
(拍手)

漢字の「卵」の中の点を消すと
「卯」になるんですね。

正解したRIOさんチーム
試食ブースのほうへ どうぞ。

(RIKU) おめでとう!
さぁ それでは…。

…の ご褒美でございます。
(RIO) いただきます。

(RIKU) どんなん?
おいしい?

絶対 これ…。

「最高」? 素晴らしい。

いいですね! おいしい?

お待たせしました
食リポ 練習してきましたね。

さぁ いよいよ 本領発揮というか
練習を発表する場であります。

お願いいたします。
ちょっと…。

「いきます」?

さぁ どうでしょうか?

う~ん… なんか…。

(二宮)
やめろ やめろ! やめろって!

NiziUの皆さん
見ておいてください。

こうするんです。
(二宮) みんな…。

講座になっちゃった。
(松本) 食べてて。

お教えしましょう!
はい。

フフフ…! うん!

ちょっと…。

(二宮) 知覚過敏が ちょっと。
ツ~ンときますね。

(二宮) 過敏ですね ちょっとね。
大野さん いかがでしたか?

(相葉)
ハハハハ…! シンプルな感想。

それでは NiziUの皆さんから
お知らせです。

12月2日
私たちのデビューシングル

『Step and a step』が
発売しました。

(拍手)

(RIKU) 本当に
感動的な曲となっていて

皆さんの背中を きっと
押してくれると思います。

(一同)ぜひチェックしてください。
よろしくお願いします。

<続いては
「THIS IS MJ」…>

(小栗) …っていう感じですかね。

今回は…。

<それは
打倒MJのために集結した

小栗の友達>

ハハハハ…! 私たちは…。

<それでは いこう…>

<…しやがれ!>

(松本) ムロ!
(ムロ) あぁ!

(松本) 俺…。

ハハハハ…!
<今回は…>

なぜ これが実現したか?
(スタッフ) はい。

(柳楽) すいません…。

こうやって見てる俺さ…。

<そして 今回も…>

お二人は。
俺ね 結構…。

こういうやつ?
こういうモノクロ写真なの。

プロフィール写真。
僕…。

<スマート対決1回戦は

できたら…>

<…対決>

<スマート対決1回戦は

できたら…>

<…対決>

<教えてくれるのは…>

(松本) あら!
そうなんですよ。

インスタライブなるものを
ちょっと やってたんですね 朝。

…っていうのを言ってたら
ここで実現という。

(梅原さん) 今日は…。

<早速…>

<挑戦するのは…>

おぉ~!

<ダッシュ力は もちろん

走りながら ディスクを
キャッチするのが難しい>

君がよく言う
とある恋愛ドラマで

俺の走り方がダサい
っつったけど

あれは役作りだよ
何度も言うけど。

だけど 最近 結構…。

(スタッフ) そうなんですか?
はい。

<本番前に 運動音痴がバレちゃう
走り方チェック>

また格好いいんだろうな。

いや 速いよ。
俺…。

トム・クルーズから
ウィル・スミスまで…。

今のは ちょっと 自分ですけど。
(スタッフ) あっ オリジナルの…。

例えば トム・クルーズ…。
トム・クルーズ やって。

トム! トム!

うそつけって!

『ミッション:インポッシブル』の
トム・クルーズは…。

ウィルは? ウィル。
ウィル・スミスはね…。

ハハハハ…!
スゴいね 小栗!

ウィル・スミスは…。

(松本) ウィル!

ちょっと違う!

これは あの…。

スゴいね。

あと ダニエル・クレイグ
っていうのもあるけど…。

向こうからやって来るのは。

いくよ。
(スタッフ) はい。

走ってもらって なんだけど…。

(松本) そうだったね
ちょっと 順番 間違えた。

<それでは
ぶっつけ本番で対決スタート>

ハハハハ…!

<さぁ いけるか?>
(スタッフ) 用意… スタート!

♬~ 『Happiness』

(松本) あっ きた!
きた!

<ムロ…>

そしたら…。

ハハハハ…!

(スタッフ) 用意… スタート!

♬~ 『ミッション:インポッシブル のテーマ』

でも 速いね! きた!

(松本) あっ あっ…!

<小栗 まさかの…>

やっぱり ちょっと…。

<後がないチーム小栗 最後は…>

柳楽 自信は?

(笑い)
<さぁ いけるか?>

♬~ 『Happiness』

いいのきた!
いける いける いける…!

イェ~イ!

<柳楽 見事な
ジャンピングキャッチ成功>

イェ~イ!

<さぁ MJ いけるか?>

(スタッフ) 用意… スタート!

♬~ 『Happiness』

あぁ~ いいとこだ!
いいとこだ いいとこだ…!

<MJ…>

(梅原さん) 松本さんです。
(松本) やったぜ!

<さぁ スマート対決2回戦は…>

<…対決>

(二宮)あの大きな洗剤
の中身は約7割が水

(主婦A)ほとんど水!? (主婦B)重かったのに!?

はい ほとんど水です 《だから 脱!ほとんど水洗剤》

《「新NANOX」は濃い~の》

<5大汚れを最強洗浄!> 「ナノック~ス」

(主婦)えっ!? (相葉)≪ソフランで

≪こんな風に 1日たっても≫

臭くならない服に

<クオカード当たる>

<さぁ スマート対決2回戦は…>

<…対決>

(松本) あら!
これ…。

セッティングしてくれましたよ
スタッフさんが。

見たことある?

(フェニックス) もう これ…。

…という 簡単な。

面白そうでしょ?

<細かなルールは ご覧のとおり>

なるほど!

俺 やっぱ…。

(笑い)

急に見えなくなりますよね。

(松本) どんな感じ?
いや でも なんか 俺…。

僕の…。

頭を下げて…。

(スタッフ)
あっ そういうタイプですね。

にぎやかになるよね。
(松本) どうする?

そうだね。

<それでは いってみよう>

<まずは チーム小栗の…>

(畳をこする音)

<まず仕掛けたのは柳楽>

<ここで小栗
ムロの気配を感じ取る>

<小栗 痛恨の空振り>

<勝負は ムロと柳楽に>

<柳楽 華麗な一本>

(フェニックス) 勝者 柳楽選手。
一度も振れんかった!

<それでは決勝>

<勝つのは どっちだ?>

<MJ 柳楽の気配に
早くも気付く>

<しかし 柳楽も
MJの気配を察知>

<柳楽 ピンチ>

(笑い)

柳楽もね 結構…。

<仕切り直して…>

<先に仕掛けたのは MJ>

<柳楽 空振り>

<さぁ MJ 仕留められるか?>

(松本) よし!
スゴい!

<MJ 文句なしの一本>

<勝負はついたが…>

ちょっとさ…。

<ということで…>

なんで? 分かったの?

(松本) 振った音が…。

<さぁ 最終決戦は…>

<教えてくれるのは おなじみ…>

(下村さん)
…をやっていただきます。

(松本) はい。
(下村さん) どうぞ。

なるほど。
(松本) えっ?

<…の輪を 全く触れずに
くぐり抜ければ成功>

えっ これは…。

<早速…>

(松本) おい!

<そう 実は プロでも
成功するには難しいアクション>

<大事なのは
輪に飛び込むまでのスピードと

空中で体勢をキープする体幹>

<早速…>

(松本) 湧かない?
湧かないな。

(笑い)

<例によって…>

<そして ここで…>

私たちの勝ちということに
させていただいても

よろしいですか?

「ムロくんは変えよう」?

ねぇ 奇跡…。

<それでは いこう>

よし!

<ムロ 奇跡を起こすか?>

あぁ~!

(松本) 2本!
(柳楽) 惜しい。

惜しい!

<ムロ 惜しくも…>

(下村さん) でも…。

いやいや
格好良くはなってないけど。

<さぁ いけるか?>

おぉ~…!
(松本) 2本。

(下村さん) でも これは…。

<柳楽 ほんのわずかに触れ…>

はぁ~…。

よし よし よし…。

ハハハハ…!

<さぁ 小栗 いけるか?>

あぁ~…!

<小栗 最後に太ももが当たり…>

(スタッフ) 今 暫定…。
(下村さん) そうですね。

もう 超えましたね。
今 僕ら…。

<ラスト MJ>

ふぅ…。

<MJ 決められるか?>

(一同) おぉ~!

スゴい! スゴい!

<MJ お見事! 最後の対決
全勝でやりきった>

…という感じですよね。

俺 これ…。

<負けた…>

いいね!
相当いいよ これ。

ということで お三方…。

ありがとうございました!
『嵐にしやがれ』!

<以上
「THIS IS MJ」でした>

<続いては…>

(吉村) イェ~イ!
(拍手)

リーダーのゆかりの皆さんにも
ご協力していただきます。

どうぞ よろしくお願いいたします
さぁ まずは

ドラマの共演以来仲良しの
上島さん。

もう 僕は 嵐のメンバーよりも…
次ぐらいかな。

大野ちゃんには詳しいと思う。
(二宮) そして 続いては

キャンプ仲間の
ヒロシさんでございます。

ヒロシです
よろしくお願いします。

実際に…。

そうですね プライベートでも。

えぇ~!
(松本) それ スゴいよな。

(二宮) そして
このお二人でございます。

(松本)
だって もともと ねんちーは

リーダー 大リスペクトじゃない?
(知念) そうですね。

出会いは本当に…。

名古屋に嵐のライブを
見に行ったとき

小1ぐらいですかね
1列目で見ていて…。

で 次の年は
2列目ぐらいになったんですよ。

でも なんか そのときに
大野君が僕の顔見て

「あ!」みたいな
顔をしてくれたので

このときに…。

小瀧もドラマなのかな?
(小瀧) そうですね。

5年前のドラマ…
日テレさんのドラマで

共演させていただいて。

(二宮) すてきじゃん。
(相葉) へぇ~ 何料理だったの?

イタリアンですよね。
(大野) イタリアン系だったね。

それは 大野さんが
連れて行ったんですか?

(相葉) あら! あら おしゃれ!

意外だね。
(二宮) ということで

早速 年表のほうに
いきたいと思います。

さぁ 本日の年表 こちら…。
あれ…? 私が…。

私も 一応 今日いますし

見て分かるとおり もう…。

(二宮) 早速 年表のほう…
本日の年表は こちらです。

鬼才! 大野 智の
型破りな人生年表!

(拍手)
(二宮) まずは小学校時代。

塾に行くが… ビックリマーク。

塾に行くが えぇ~…。

先輩…。

(二宮) 「壁に落書きをして
駄目になる」?

あっ そうなの?
ちょっと力んでるのね。

これですよ!
この3文字でいいんです もう。

即帰宅?
(二宮) そう。

1対1の塾だったの
マンツーマン 先生と僕だけ。

基本 行きたくはないんだけど

やっぱ ちょっと
バカすぎたから

行ったほうがいいなと思って
行って

ほんで あの…
一軒家のとこ 普通の。

ピンポ~ンって押して
来るのが毎回遅くて。

…っていうことに
なってきちゃった。

ほんで
10秒数えるんだけども…。

「出てきちゃう」?
(二宮) 呼んでますからね。

でも 1回だけ…。

そのときは…。

そしたら 家から…
電話かかってきて

僕がいないと。
(二宮) 押したのにね。

でも 僕は…
僕もいなかった 出てこなかった。

(二宮) 10秒以内に。
(大野) そう。

「成功」…?
(小瀧) 成功するミッションじゃない…。

ちゃんと ゆっくりの10秒なの?
それとも

「1・2・3・4・5・6・7・8…」
みたいな感じ?

1回 逃れたときは…。

(相葉) やっぱ そうなるよね。
(小瀧) 8秒ですね たぶん。

<勉強が大嫌いだった大野だが

小学校3年生で
自分の好きなことを見つける>

<その…>

絵の師匠 この人。

(松本) かっちゃん?

鳥山 明は好きだったんだけど

かっちゃんと
出会ってなかったら

鳥山 明さんの
『ドラゴンボール』にも

出会ってないかもしれない。
かっちゃんが好きだったの?

そう! 同級生…
かっちゃんの家に行って

かっちゃんが…。

かっちゃん
『ドラゴンボール』の…

悟空だったら
悟空の模写を描くんだけど

それが めちゃくちゃうまくて
そこで 俺も

あっ やりたいって
思うようになった…。

(相葉) 影響を受けたんだ。
(大野) 影響… きっかけだった。

それで 毎回 自分で描いて
かっちゃんに見せるけど

かっちゃんは 毎回
「まだまだだな」って言う。

(小瀧) へぇ~!
(二宮) 本当に まさに

師匠の関係なんですよね。
(大野) そうそう。

(二宮) ということで…。

こちらがですね
かっちゃんの実家にありました。

えぇ~!
(相葉) スゴいね。

これ かっちゃん?
(大野) かっちゃん!

(二宮) まず こちらは
かっちゃんが描いた

『ドラゴンボール』の
絵でございます。

小学校3年かな?
(相葉) あっ うまいね。

3年生で ここまでって
スゴいね。

(小瀧) これ 覚えてるんですか?
(大野) 覚えてる

この絵 覚えてる。

これに憧れて リーダーが描いた
イラストがこちらです。

(小瀧) オリジナルですか?
(大野) これ オリジナル。

(二宮) これが かの有名な
「風の天才にょろ」ですね。

「風の天才にょろ」。

実は今回ですね スタッフが
かっちゃんさんから

当時のリーダーについて
お話を伺っております。

<小学校以来の…>

(かっちゃん) どちらかというと
おとなしくて

控えめな子だったと思います。

(かっちゃん) 確か…。

(かっちゃん)
市役所のプールに行って

1日だけ教わるみたいな。

最後 どのぐらい
できるようになったか

クロールかなんか
泳いだんですけど…。

「だいぶできるようになったな」
って言ってた気がします。

<かっちゃんの結婚式では
大野から粋なサプライズが>

(かっちゃん) サプライズで…。

(かっちゃん) …が送られてきて。

なんで この…。

(笑い)

さぁ ということで
続いてに まいりましょう。

中学校時代 ここで
さらなる鬼才ぶりを発揮します。

相葉さん
音楽の授業で… ビックリマーク。

(相葉) ビックリマークはね
即帰宅ですね。

そうよね。

正解です。
(相葉) えぇ~!

今日のキーワードだな。
(相葉) 当たった!

そういうもんですよ
音楽の授業って。

先生… 僕だけ声が聞こえないと。

ずっと 目の前にいられても
僕 歌わなかったの。

そしたら「はい 廊下」って言われて
50分か 当時。

最初のほうで言われたから
あと…。

(笑い)

そうなんですよ。

(笑い)
そこから1位?

<自由奔放な智少年を
優しく見守ってくれたのが

大野のお母さん>

<その愛情が分かるものが
最初の展示品>

(二宮) 大野さん いろんなもの
全てサボるようになって迎えた

数学のテスト 大野さん2点です。
2点?

一番上の問題だけが
合ってるのかな? 「4」って。

あぁ~…!
(大野) 1問目だけ。

勘で「4」って書いたら
当たっただけだから…。

これ 俺だったら…。

普通 しますよね 2点だと。
(大野) まぁ 取りあえず

家帰って 母ちゃんに見せる…
でも 俺の中で…。

(笑い)
変わらないですよ。

2点取れたと。

って見せたら…。
(小瀧) 「母ちゃん 2点」?

(大野) 大爆笑されて。

…って言われて。
(ヒロシ) そうだよな。

えっ じゃあ このまま…?
(大野) で 母ちゃんが

額 買ってきて バ~ンって…。

へぇ~ スゴい!
(二宮) そして こちらが

とても貴重なもので
ございますけれども

先ほどの かっちゃんに
貸していただきました。

これは知らない。
(二宮) 卒業文集なんですけど

こちらですね。

(松本) あるよね そういうのね。

(二宮) 「大物になりそ~な人
Best3」

「かっこE~人 Best3」
ともに1位を…。

スゴい!
(小瀧) 2冠!

よく…。

それで 1回 先生が来て
「起立 気を付け」っていって

静まったときに
俺が なんか 思わず…。

そしたら わ~!ってなって
笑いになって

そこから 俺…。

(笑い)
そこから1位?

1位です。
それ 出ちゃったんですか?

わざとしたんですか?
(大野) いや なんかね よくね…。

…みたいなの1人でやってて。
(笑い)

(二宮) 友達とね 友達と
やってるわけじゃないですから

これ
完全に1人でやってますから。

<ひょんなことで
クラスの人気者になった大野は

高校に進学
しかし ここでも事件が>

(二宮) 高校生時代でございます
「入学するも」…。

「辞める」?
(二宮) 今回は 帰宅じゃないです。

辞めます!
「即」っていうのは リーダー

どれぐらいなんですかね。

即!
(小瀧) スゲェ!

もともと 高校行く気なくて

でも 一応 母ちゃんが…。

1日目は なんか
健康診断だけだったのね。

2日目から いきなり がっつり
6時間授業になっちゃって。

6時間授業とか
もう 耐えられない…。

だから 1~2時間目 出て

3~4時間目 サボって

5~6時間目
出ようと思ってて。

1時間目
授業 頑張って出て

そこで ちょっと 違うとこで…。

(相葉) ケーキ屋さん?
(小瀧) スイーツ好き。

…予定だったけど
やっぱ しんどくて帰った。

これが2日目です 皆さん。
これ 2日目?

(大野) それで 帰って…。

代々木公園… はぁ~!

(小瀧) 親御さんは 何て言う…?
(大野) 帰って あの…。

って言ったら…。

(小瀧) スゴいっすね。
(ヒロシ) お母さん スゲェ…。

お母さん 本当 スゴいと思うわ。
でも 一応…。

(大野) っていう経験を…。

してない してない。

<高校は辞めたが
すでに ジャニーズJr.として

活動していた大野>

<少年隊の
キレッキレのダンスに憧れ

その道を究めようと決意>

<毎日 厳しいダンス練習に
打ち込む大野だったが…>

(二宮) リハーサルが嫌で
…に行くんです。

これね 僕は知らなかったです。
(大野) これは みんな

知らないかもしれない。
(二宮) こちらです。

即 焼き肉に行きます。

どういうこと?
(大野) いや 本当…。

(大野) 向かってる最中の電車…
ホームで電車待ってるときに

たまたま…。

(大野) ホーム一緒になって
その子も…。

(大野) どうする?みたいな
話になって ちょっと…。

いやいや おかしいのよ。

食べながら あの…。

当時 厳しい…。

(笑い)
そこは気にするんだ。

遅れて行くの?
(大野) ほんで 「まだ大丈夫」

って言うから じゃあ もっと…。

(大野) ほんで また電話して…。
(相葉) 考えられないな。

ほんで 「どう?」。

(大野) って言われて
急いだふりして…。

…みたいな感じで行った。
結構 そういう

自由な感じあるんですか?
(松本) ない ない ない。

俺らとかは
ちょっと遅れただけで

ガンガン言われてたよ。
えぇ~?

(二宮) でも
大野さんは大野さんで

それなりの哲学があったという。

やっぱ その…。

「大野 お前 やる気ねぇなら帰れ」
って

スゴい言われるときがあって

じゃあ帰るに
なるじゃないですか。

いや ならないのよ…
「なるじゃ」じゃ… ならないのよ。

「いや 頑張ります!」って…。
(大野) 「帰れ」って もう…。

(二宮) リーダーの
だから 理論としては…。

あなたが言ったよ
っていうことだから。

そう。

(笑い)
ちょっと違ったわ。

<ダンスは好きだが 厳しい練習に
嫌気が差した大野は…>

<それは…>

<ダンスは好きだが 厳しい練習に
嫌気が差した大野は…>

<それは…>

(二宮) 「事務所を辞め
ホニャララになろうとしていた」。

ヒロシさん。
(ヒロシ) ちょっと 僕 当てますよ。

釣り 好きだから。
(二宮) 正解は こちら。

ちょっと待ってくれよ
全然違うじゃねぇかよ。

ちょっと… マジか!
(大野) Jr. 3人ぐらいと

「ホストになりたくない?」
みたいな話になって。

元ジャニーズのホストは

モテるだろう
売れるだろうとかいう話で

それで もうホストを マジで…。

はぁ…!
(ヒロシ) ホストって

僕もやったこと
あるんですけども

源氏名とか
何か考えてたりしたんですか?

…とか考えてた。
そこまで考えてたんだ。

「何々」じゃなくて
「元ジャニーズ」って名前?

「元ジャニーズ智」なのか…。
(ヒロシ) あぁ~ なるほど。

それで マジで…。

(ヒロシ) どんな言い方で
言うんですか? お母さんに。

「お母ちゃん お母ちゃん あの…」。

(笑い)
(相葉) ポップに言うな~。

(二宮) 母ちゃんは
ちょっと考えるの?

(二宮) 何も言わなかった
お母さんが?

(大野) 「何で? 何で? 何で?」
って言ったら…。

(笑い)

♬~ 『感謝カンゲキ雨嵐』

息子を止めるためじゃないですか
それは。

(ヒロシ) なるほどね。
最高ですね お母さん。

(二宮) 吹っかけておかないと
いっちゃうんじゃないか

っていう親心よ。
(大野) そこで マジで

真剣に
「マジか! 無理!」と思って…。

<ホストは諦めたが
モテたい気持ちから…>

<その…>

(二宮) さぁ マント姿の
大野軍団が登場しましたが

実は 彼らはですね
当時のリーダーの

ファッションを再現しております。

まずは16歳のリーダーの私服
こちら。

(相葉) あぁ~!
(二宮) リーダー

これは覚えてますか?
(大野) 覚えてる。

マジで
きれいめファッションって…。

(松本) はやってた。
(大野) はやってたよね。

…を着るっていう。
(松本) スーツとか着てたもんね。

(携帯電話の着信音)

(相葉) 懐かしい! 懐かしいな!

はい もしもし。
(相葉) こんな長くはない…。

ここまでだったかな?
(松本) いやいや 全然

そのぐらいあったよ。
これ 等身大ですか?

(二宮) 等身大です これは。
(松本) マジで長かったのよ リーダー。

…って思ったもん。
っていうか

こんなの付けてる人
初めて見たぞ 俺。

(二宮) 衛星です 衛星。
今では基地局だよ これ。

<さらに…>

(二宮) オープン。

全然違う!

(二宮) これは 嵐の皆さんは

覚えてますでしょうか?

(相葉) なんとなく… 金のね。
(二宮) これ なんか

チェーンのやつだった気がするな
リーダー…。

(松本) もうちょい細いよね。
(大野) 細いやつで

街歩いてると
こういう人がいっぱいいたのよ。

いた!
(大野) 渋谷とか メッシュ系のさ。

(松本) 俺 でも その靴
覚えてるな… リーダー

その靴 ずっと履いてたよね。
(大野) この靴 ずっと履いてた。

カラーパンツを
はいてたんですか?

(大野) 俺 赤 はいてたね。

授業じゃないのよ!
(二宮) どうなんですか?

知念さんは
憧れのリーダーの私服を着て。

これでダサいとかって
言っちゃうと

その時代の人たち みんなを
ダサいって言ってるみたいに

なっちゃうんですけど まぁ
今見ると やっぱ ちょっと…。

ただね あなた…。

<16歳から18歳までの
2年間は

京都で1日5公演の舞台に
出続けた 大野>

<そこでダンスを極めたという
達成感から

再びジャニーズを辞めようと
思い始める>

マネジャーとかから…。

電話の電源 切ってたとは
思うけどね。

そんな中 マネジャーさんから

「仕事があるんだけど どうする?」
っていうふうに聞かれると

いつも…。

やれよ… やれよ!

(二宮) やりますよ!
今日は やめとくだけですから。

絵も描いてたから
イラストレーターとか

そっちの仕事に就きたくて…。

(二宮) それは 辞めるっていう
電話をしてたってことですか?

辞めるっていう電話を
そしたら あの…

「ちょっと来てくれ」って言って

デビュー曲のレコーディングを
させられたの 最初。

(松本) 「手伝って」って…。
(大野) 「手伝って」って言われて。

(笑い)

(大野) 何だろう?

<そして…>

<続いての展示品は 大野が…>

誕生日に贈った
2人の絵でございます。

<以前放送した
嵐5人の記念館では…>

<櫻井と二宮に贈った絵は
披露したものの

相葉と松本は…>

(二宮) あれ? あれ?

全部 荷物を
1回 段ボールに入れてるわけ。

分かったよ!
じゃあ 必要だったら…。

<前回
見ることができなかった…>

誕生日に贈った絵でございます
こちら。

あぁ~!

(大野) 松潤が17のときか?
(松本) そう 2000年かな。

一番最初に ニノが
もらったんだよね たぶん…。

(二宮) そう 17歳かな。

(大野) 17歳で 17体
描いたんだよね ニノのときは。

その後に 俺 「自分が
やっぱ いいな」って言って

自分の顔 描いてもらったのは
覚えてる。

(大野) 俺 4時間ぐらいかけて
描いて…。

4時間もかけて描いたから…。
(二宮) そうだよね 描いたほうは。

…と思ったら

そうでもないリアクションだった
っていう記憶はあります。

(二宮) 一方
相葉さんの絵なんですが…。

(相葉) これ スゴい顔…。
(大野) 相葉ちゃんは

僕が昔 描いた絵の
組み合わせを描いてみたの。

「目は この人」みたいな。

ほんで 描いたけど これは…。

(大野) これ 実は。

よく見たら
分かるかもしれないですけど。

確かに。
(大野) これね あの…。

(相葉) これ あの…
僕が説明させていただくと…。

「ちょっと ごめん 本当に
絵が見つかんない」って

LINEをしたんですよ
リーダーに。

そしたら リーダーが…
あっ… 大野様が

「うちに描いたときの
コピーがあるから

それを ちょっと使わせて」って
言われて

「いや もう ごめん! 本当
リーダーごめんね」って言って

使わせてもらってるやつ
なんだよね。

相葉君が もともと持ってるやつは
原画なの?

で それは…。

(笑い)
(相葉) 違う違う…!

それは今はね…
今はないよ 今はない!

(ヒロシ) どっかにあるんですか?
(相葉) あるある! 絶対…。

捨ててはないってことね。

(二宮) 何をする気なんですか
一体。

ということで いろいろリーダーの
鬼才ぶりを見てきましたが

最後は こちらのコーナーです。

「この際だから大野に言いたい‼」。
(拍手)

<この際 リーダーに
言いたいことを ぶつけてみよう>

相葉さんが 何か声を大にして
言いたいことがあると。

本当だよね この流れでね。

(二宮) いきましょう でも。
(相葉) はい。

(笑い)

(松本) いつの話?
(相葉) 大阪かなんかで

コンサートがありますって
あって…。

その子たちに お年玉あげる
っていうときがあったんです。

リーダーが 「俺 足りないんだよ」
って言うから

「じゃあ いいよ! 俺…」。

別にいいんだけど
覚えてるのかな?っていう…。

あっ 借りたの覚えてる?
(大野) 覚えてる 覚えてる。

(相葉) えっ ちょっと…。

でも…。

(笑い)

絵が返ってきたらだよね?
(相葉) はい あの…。

(笑い)

<続いては MJ>

まぁ 聞きたいことなんだけどね。
(二宮) はい 聞きたいこと。

いいですよ それでも。

フッ…!

単刀直入…。

思わぬとこから
思わぬ質問がきたね。

俺 いていいの? その場に。

<この際 リーダーに
言いたいことをぶつけてみよう>

まぁ 聞きたいことなんだけどね。
(二宮) はい 聞きたいこと。

いいですよ それでも。

フッ…!

単刀直入。
思わぬとこから

思わぬ質問がきたね。
俺 いていいの? その場に。

現時点で 何か… こういうことを
やりたいなとかっていう…。

(松本) まだ湧かない?
(大野) まだ湧かない。

じゃあ 何も決まってないんだ。
(大野) 決まってないし…。

いや それは…。
(松本) それは もう いつでも。

(二宮) それは でも もう
近々の話でしょ?

1月1日みたいなことですから。
(相葉) 飲もう。

じゃあ もう 三が日越えたら
何やってるか 分からない?

(大野) 分からないから 全然…。

(笑い)
おぉ… 分かった。

(相葉) いいのね?
(大野) みんな誘って。

(知念) 誘っていいんですね。

<最後は…>

最近ね その… 隣にいるから
あんまり言いたくないけども…。

キャンプかなんか知らないけどさ。

それは分かってるんだよ!
分かってるんだけど…。

(二宮) 怒ってるんですか?

(大野) それは まぁ あの…
ずっとね…。

10年前からじゃないよ お前
簡単に そんなこと言うけど…。

早く 早く 早く…!
俺としては お前 ずっとな…。

MC! 遅いのよ!
ヒロシとばっかり行きやがってな。

そうだろ? お前。
(大野) その割にはさ そんな…

そんな 連絡来ないじゃん。
「連絡来ない」じゃないよ。

俺は してるんだけど
留守電になってて

その後 吹き込んでも
来ないじゃないか! 違うのか?

でも その後 すぐ 諦めるじゃん
いつも あなたは。

避けてるのか? お前 俺を
えぇ!?

何て?
「避けてるのか?」っつってんだよ。

お前 やるのか? こら!
避けてないよ! 本当に。

なんだ!? やるか? こら!

ハハハハ…!

ありがとう。
ありがとうございました。

(二宮) 大野 智記念館は
以上となります。

俺…。

(笑い)

<続いては…>

<今夜の主人は二宮>

さぁ 今夜のゲストは 二宮和也と
仲良くなりたい人だそうです。

どうぞ!

(スタッフの笑い)

いやいや…。
(竹内) どうも。

ハハハハ…!
(二宮) 絶対。

<今夜のゲストは…>

<実は 竹内 二宮の…>

別に 仲いいじゃん。
いや そうなんですけど…。

まぁね。

会えるのよ 別に。
いや 会えないですよ。

じゃあ…。

(二宮) 何かあるの?

おっ!
ゲームですよね。

(拍手)
ほら よかった!

やっぱり ゲームだと
乗ってくれるんですよ。

何やる?

『パズドラ』… 『パズドラ』
いつも やってるじゃないですか。

<用意したのは
ちまたで話題の…>

寝てない。
<以前 二宮も挑戦し

その面白さに大ハマり>

<ということで…>

<1組目のプレゼンターは…>

いや… ハハハハ…!

ハハハハ…!
えっ 意外!

(長田) 意外って
どういうことですか?

ゲームしか持ってないですよね
IKKOさん ねぇ?

(二宮) 違う 違う…!
難しいのよ。

<1組目は…>

えっ 何やるの?
結構 YouTubeで

ゲームをやってまして
一番最初に はやったのは

U.S.A.ゲームっていうのが
ありまして。

DA PUMPさんの
『U.S.A.』に乗せて

いろいろ言うっていう…。
(二宮) あるある言うみたいな?

そうです… それが 結構
人気YouTuberとかが

やってくれて。
じゃあ 何万回ぐらい いったの?

YouTuberさんで たぶん
1000万回は超えて…。

スゲェ! マジっすか?
ただ 僕らのは

60万ぐらいですけど。

意味分からないですけど。

<チョコプラが紹介する
オリジナルゲームは…>

これ もう シンプルです
松尾が このゴーグルをします。

今 目が
上 向いてるか 下 向いてるか

右か 左か どこを見てるかを
当てるゲームです。

いわゆる… 4択ってことでしょ。
4択です。

4択です。
全然できるよ。

<それでは 松尾 対 チーム二宮>

<どっち見てる?ゲーム
スタート>

(松尾) じゃあ いきますよ。
はい。

ロックしたね?
う~ん…。

ロックしました。
(二宮) 何? それ。

さぁ どこいきますか?
(二宮) いや でも…。

右 左は ないと思うのよ。
そうですよね。

下 いきますか?
じゃあ 下 いきましょう。

さぁ どっちを見てる?

右!

うわ~ むずい!
そんな右の見方 あります?

本当に?
むずい!

でも ロックしてたんでしょ?
ロックしてました。

ロックしてないと思うんだよな。
(松尾) ロックしてたら

変わりませんから。

考えてみたらさ そうなんだよね。

こっちが言って…。
そんな冷めること やらない…。

(松尾) いや… もう
言いがかりは やめてください。

分かりました じゃあ 次は…。

えっ!
確率的にね もう…。

<3つ選べば 誰かは当たるはず>

これは もう…。
(二宮) これは やっぱり

下に誘い込んでるじゃないですか
なぜなら われわれ

3個 答えられるわけだから。
そうですよ。

(二宮) 左にいくわ
だから 僕から見て右か。

そっち そっち そっち…。
涼真君は?

僕は こう… ちょっと
下に誘い込んでる感じで

上 向いてると思うんで
僕は上にします。

(二宮) 俺も迷った それ。
じゃあ 俺 でも…。

ここで ど直球 くるんですよ。
(二宮) なるほどね。

だから もう 下なんですよ
だから 上と下と左。

さぁ 松尾は
どっちを見てるでしょう?

右!
おかしい おかしい!

むずすぎるわ。
これは やりましたね。

これ やってる。
(松尾) 残念でした!

だって 絶対に うそだもん。
(松尾) うそじゃないですって!

じゃあ もう…
分かりました じゃあ…。

涼真君がやったら
これは もう 間違いないですよ。

(二宮) これは だって…
そりゃそうよ。

みんなで当てて うわぁ~みたいに
やりたいですもん 僕も。

<ということで
竹内が出題者に挑戦>

見ます。
はい。

えぇ~?

ロック?
(松尾) でも こうなってるでしょ。

まぁ 感じ的には…。
下なのかなと思う…。

僕は ストレートに下。
二宮さんは?

俺は だから 一方で
上だとも思うけど 右…。

俺から見て 右を見てる…。
はい はい はい。

じゃあ 俺から見て
左 いきましょうか。

(二宮) あぁ~ 誘ってるんだね。
誘ってるんですよ だから。

さぁ 竹内涼真は
どっちを見てる?

正解は…。

上! なんで?

(中西) どうも~!
(二宮) 出た。

(那須) どうも なすなかにしです
よろしくお願いいたします!

お願いします どうも。
(那須) アシカショーの

アシカのあいさつです これ!
ありがとうございます。

<前回に続いての登場…>

<イチ押しの
オリジナルゲームは…>

イメージが全然できないです。
(中西) カードに書かれている

お題に対して 接待していただく
というゲームです。

お題に対して接待?
(中西) 接待… はい。

どんなお題に対しても
持ち上げていただく。

よいしょしていただくという
ゲームなんですよ。

ちょっと やっぱり
まだ 芸能界で長くやってきた…。

先生が?
(中西) そうなんですよ。

ちょっと お見本やりましょうね。
(那須) 1回 見せますか。

腰の低さなんですね
もみ手して…。

めっちゃ低い! 腰 低いわ。

(中西) いきます はい!
はい 「冷蔵庫」。

(那須) いつも…。

はい 「眉毛」。

…でございますよ
ありがとうございます。

「地球」。

住みやすいでございますよ。
(中西) はい 「お笑い第7世代」。

(中西)
最後… 「なすなかにし・中西」。

こちらでございます。
(二宮) スゲェよ やっぱり。

スゴい! 速い!
(中西) 一番最後につける言葉が

「ありがとうございます」
とかばっかりだと

ちょっと センスがないなとかに
なってくるんで。

広がりがないんですね。
(中西) はい。

<それでは…>

<まずは 先攻 二宮の挑戦>

絶対にいけます!
もう やりたいぐらいだもん。

(那須) えっ!
(中西) 今すぐやりたい?

「接待」って…
もう 今からが 違うんですよ!

やらせてください!
お願いします。

こんなの
なかなか見れないですよ!

いきます! はい 「信号機」。

「ハンバーグ」。

(中西) いいですね!
はい 「黄色」。

はい 「お金」。

(笑い)
(中西) これで 最後! 「嵐」。

(拍手)

(那須) 素晴らしいです!
(中西) ただ…。

<続いては 後攻 竹内の挑戦>

竹内さん 挑戦していただきます。
(二宮) すぐくるから。

(中西) キング・オブ・接待
「タピオカ」。

みんな大好き…。

「サッカー」。
僕は ずっと それで… それと…。

「太陽」。

「ありがとう」しか出てこない!
(中西) 「マネジャー」。

(中西) 最後 「二宮君」。
えぇ~…。

難しいな。

いや これ 俺 ちょっと
勝ったと思うな。

じゃあ 勝者を。
(中西) はい 勝者は…。

竹内さんです!
(笑い)

(二宮) なんなの? これ!
毎回 毎回。

(中西) きっぱり…。
(二宮) やらないの?

(笑い)
(那須) きっぱりやな。

(高井) あっ あっ あっ…。
(二宮) 出た!

(フェニックス)
ガーリィレコードチャンネルです。

(フェニックス:高井) お願いします。
(二宮) 危なかったな 今。

<…から 高井とフェニックス>

<そのオリジナルゲームは…>

ジョーカーポーズゲーム?

フフフ。

皆さんからの企画を大募集。

詳しくは番組ホームページを
ご覧ください。

ジョーカーポーズゲーム?

<このゲームは
プレイヤーがお題を出題>

「マイケル・ジャクソン」。
≪3・2・1…≫

≪うわぁ~! スゴい!≫
よっしゃ~!

<今回は こちらの3人で

誰が一番多く
ポイントを獲得できたかで勝負>

<ポーズをするのは
ご覧のメンバー>

<最初の挑戦者は高井>

(フェニックス) 準備はよろしいですか?
(一同) はい。

(フェニックス) それでは
ジョーカーポーズゲーム…。

(一同) イェ~イ!
(高井) お題は…。

(フェニックス) ジョーカーポーズゲーム
せ~の…。

(フェニックス) おっ?
うそ…。

(フェニックス) 高井さんが…。

(フェニックス) ダイビングキャッチ?
で 松尾さんが…。

守備でトンネルしてしまった。
(那須) トンネルか!

(二宮) あぁ~ エラーね。
(フェニックス) そして 竹内さんが…。

(フェニックス) 中西さんもバッター
そして 二宮さんもバッター。

ということで0ポイント。
(高井) うわぁ~!

バッターか…
うわぁ~! そっちか。

2択だったんだよ…。

<続いての挑戦者は竹内>

それでは いきましょう
ジョーカーポーズゲーム…。

(一同) イェ~イ!
(フェニックス) お題は…。

(フェニックス) ジョーカーポーズゲーム
せ~の…。

うわぁ~!

(フェニックス) 高井が かめはめ波
竹内さんも かめはめ波。

二宮さんが…。

うわぁ~!
子どものころのやつだ!

(フェニックス) 幼少期の悟空!
そして 中西さんも…。

これは…。

「いけ~!」のやつ…。
(中西) 「貫け~!」言うたときの。

(フェニックス) そして 松尾さんが
これが…。

頭にしてるやつを
ギ~!って きつくされて…。

(フェニックス) 『西遊記』のほう!
なるほど!

竹内さん 1ポイントです。
難しい… 意外と難しいな。

<ラストは二宮>

<2ポイント以上
獲得することができるのか>

(フェニックス) ジョーカーポーズゲーム …。
(一同) イェ~イ!

(フェニックス) お題は…。

(フェニックス) ジョーカーポーズゲーム
せ~の…。

おっ! 二宮さんが 下手の相方に。
(二宮) もうええわ。

(フェニックス) 竹内さんも一緒ですね。
はい。

(フェニックス) 高井が…。
(高井) 左手を背中に添えながら

優しい…。

(二宮) あれ? 後ろがそろって…。
(フェニックス) 松尾さんが…。

(フェニックス) そして 中西さんが…。
(中西) これは

芸歴30年超えの
ベテラン漫才師の…。

これは じゃあ 1点ってこと?
(フェニックス) 二宮さん… はい。

1ポイントということで
二宮さんと竹内さんが

同点で優勝!

(笑い)

(フェニックス) 両者優勝! まぁまぁ…。
両者優勝?

<最後に…>

ゾンビに支配された
死と隣り合わせの世界で

男女2人の究極のすれ違いを描く
サバイバルラブストーリーです。

壮大なスケールで描く
極限の人間ドラマを

ぜひ ご覧ください。

♬~ 『カイト』

♬~ (号砲)

♬~

♬~

♬~

<『嵐にしやがれ』最終回>

<スマホでも 日テレ系番組が
生で見られます>

<TVer 検索!>