1億3000万人のSHOWチャンネル【ビッグボス新庄と超有名ハンバーグづくり】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

1億3000万人のSHOWチャンネル【ビッグボス新庄と超有名ハンバーグづくり】[字]

ビッグボス新庄剛志が名店レシピに!超有名ハンバーグ再現に挑む!▽藤原竜也の人生チャート!地元で囁かれる伝説とは?▽風間俊介が焼き芋の神様を取材!驚き冷たい焼き芋

出演者
【MC】櫻井翔
【企画ゲスト】新庄剛志 / 藤原竜也 / 風間俊介
【スタジオ】羽鳥慎一・吉村崇・児嶋一哉・小杉竜一・いとうあさこ・池田美優
番組内容
ビッグボス新庄剛志が来店!普段全くしない料理で行列のできる有名店ハンバーグの完全再現なるか!?櫻井と挑戦▽藤原竜也の人生チャート!家ではお掃除担当藤原に仲良し小杉が最新掃除グッズをプレゼン!掃除グッズを賭けてこれまで無敗のあっちむいてほいで櫻井局長と3本勝負!まさかの結末にスタジオ大騒然!▽風間俊介が取材!茨城県で20年以上焼き芋を追求する神様!出演者一同が悶絶する常識を覆す冷たい焼き芋の味とは?
制作
【演出】古立善之
【プロデューサー】國谷茉莉
【チーフプロデューサー】江成真二

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 吉村
  2. 新庄
  3. 風間
  4. スタジオ
  5. 小杉
  6. スゴ
  7. 児嶋
  8. 池田
  9. 大丈夫
  10. 福島
  11. 本当
  12. 櫻井
  13. 神様
  14. BIGBOSS
  15. 藤原
  16. 最初
  17. お願い
  18. ハハハハ
  19. 松本
  20. ハンバーグ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(風間) うわっ 本当に!?

<最高の焼き芋を作る神様>

(スタジオ:櫻井) えぇ~!

<さらに…>

(羽鳥) 顧問の…。

(笑い)

<そして…>

<…に挑戦>

なんか グローブに
ボールを当ててるかのような。

『1億3000万人のSHOWチャンネル』!
(羽鳥) 局長!

(吉村) 局長!
(いとう) イェイ!

さぁ ご紹介しましょう
本日のゲスト 藤原竜也さんです。

よろしくお願いします。
(池田) お願いします。

恒例になってきましたね。

そうですね 僕…。

ここから もう ずっと
「神様シリーズ」

僕の担当ということで
やらせていただきたいと思います。

突然なんですけれども 翔くん

今 第四次 焼き芋ブームが
きているのは知ってますか?

えっと ごめんなさい…。

(風間) 三次が分からない?
なんとですね これ…。

(吉村) えっ!?

(児嶋) そんな前なの?
(風間) それから積み重ねてきて

やっと やって来た
このビッグウエーブ。

もちろん 品種改良で
スゴい甘い焼き芋が

出来てきたっていうのも
あるんですけれども

これね…。

へぇ~!
(風間) 今回 焼き芋の神様に

取材 行ってきましたので 皆さん
ブームに乗り遅れないでください。

こちらのVTR どうぞ。
(吉村) うまいな!

<その道を究めし神様たちに
直撃する この企画>

<今回は…>

<その人物は…>

こちらですか?

スゴい… この 何ですか?

<焼き芋の神様は
いかなる人物なのか?>

失礼します! あっ こんにちは
お邪魔いたします。

(スタジオ:いとう)
「はい そうです」…。

<焼き芋を
いかに甘く焼き上げるかを

追求して 20年以上>

<その甘さを求め…>

<今日は 神様の
神様たる所以を見ていこう>

<まずは…>

(風間) こちらですね?
(松本さん) うん これ…。

(風間) 紅はるか。

<何十種類もの芋を試して
たどりついた…>

うん やわらかくて 甘くて

中が黄色じゃなくちゃ駄目なの。

その三拍子がそろってるのが
この紅はるかだと。

あの芋も
焼いたことあるんだけども…。

ところが 冷めた安納芋は
水っぽくなっちゃう。

これは なんないんです。
<冷めてもおいしい紅はるかを

神様は 焼く前から甘くする>

(松本さん) 1か月以上 冷蔵庫で
寝せたものじゃなくちゃ

駄目なんだ。

<そして…>

(スタジオ:櫻井) 難しいよね。
(スタジオ:児嶋) 決めて 一発で。

(松本さん) これは…。

(風間) 木で変わるんだ!

<薪で一番大事なのは…>

<さまざまな木の中で…>

<神様は これを…>

(松本さん) そう。

(スタジオ:櫻井) そうなんだ。
(松本さん) 俺も…。

ハハハハ…!

(風間) 今日…。

<芋の甘みを損なう…>

(風間) その焼き芋には。
(松本さん) そう。

<それが こちら>

(風間) あの…
石焼き芋で よく見る石って

もうちょっと大っきいような
イメージがあるんですけれども。

(松本さん) 大きい石を使えば
温度が強いの。

だから 細かい石を使えば

それが ないわけ。

<通常の焼き芋は 大きい石で…>

<しかし…>

(スタジオ:吉村) 2~3時間!
(風間) 2時間から3時間…。

あんまり…。

<神様は…>

<そのための こだわりが…>

(風間) ちなみに 神様… おぉ~!

1回 ガバガバって
入れてたじゃないですか。

それも…。

(スタジオ:櫻井) ハハハハ…!
(スタジオ:いとう) ハハハハ…!

(風間) やっぱ 神様…。

(スタジオ:小杉) ハハハハ…!

(風間) おぉ~!
(スタジオ:藤原) うまそう!

(風間) 結構…。

(スタジオ:櫻井) 何? これ。
<まずは 焼きたてを>

(風間) おっ おっ おっ…!

いただきます。
(スタジオ:羽鳥) 黄色いな。

(スタジオ:池田)
うわぁ~! 熱い 熱い!

(スタジオ:櫻井) 熱いね
歯で迎えにいかないと。

(松本さん) 焼き上がったら
今度は ここの…。

(風間) こっちは…。

ちょっと ギュっと…。

(松本さん) そうそう。
(風間) へぇ~!

(風間) なるほどね!
結構 グっといきますね。

<圧をかけることで
焼き芋は 劇的に変化する>

(風間) かりんとうみたいに
なってるじゃん。

これで完成?

<…完成>
(スタジオ:小杉) うわぁ~ スゲェ!

<神様の焼き芋は…>

(風間) さっきの…。

…くらい違います。

<さらに 神様
甘さを求め続けた結果

こんなものまで>
(風間) おぉ~!

<焼き芋なのに凍らせるという
常識の正反対…>

テレビで
伝わらないけれども もう…。

(スタジオ:吉村) 夏でもいける…。
(スタジオ:いとう) 確かに。

(風間)
もう アイスクリームじゃん。

ミルクも砂糖も
足してないのに

もう アイスクリームに
なってますね。

<芋の水分が氷になり 膨張し

芋の繊維が切れることで

食感が滑らかになり
うま味が増す>

本当に 最高の焼き芋を食べさせて
いただいたんですけれども…。

何ていう…。

(スタジオの笑い)

<それでは…>

やった~! うれしい!
これは うれしい!

食べ比べが できるとは。
(風間) まずはですね やはり

温かいほうから
食べてみてください どうぞ。

う~んまっ!

ねっとり!
ねっとり!

(風間) 中まで甘いんです
芯まで甘い。

(いとう)
本当に蜜っていう甘さね。

(池田) 甘い。

(風間) どデカい 大ブーム。
冷たいの いってみていい?

(風間) ぜひ ぜひ
冷たいほう食べてみてください。

冷たっ!
(吉村) これ スゴいわ 持ったら。

重量感。

あぁ~! うんめぇ!

(いとう) めちゃくちゃ高級な
干し芋っていうか その…

ねっとりが強くなる。
(風間) これ やっぱり

焼き芋って
冬のものだと思ってたけれども

これだったら ちょっと
夏 いきたくなりますよね。

いや どういう食べ方
してるんですか?

…に なるんちゃうかなと思って。
(いとう) ハハハ…! どうして?

どういう理論なの?

<続いては 本日のゲスト…>

初めてでしょ? 小杉さんも。
本当だ。

(小杉)
僕も初めて出させていただけて…
はい ありがとうございます。

ここの関係値ですか?
(小杉) はい。

(吉村) えっ!?
(児嶋) なんで?

だから 竜也とは ず~っと…。
「竜也とは」?

(児嶋) なんか…。

(小杉) なんでやねん!

(小杉)
なんで 戻さなアカンねん!

<日本アカデミー賞をはじめ

数々の賞を受賞してきた…>

<その人物像を…>

まずは 中学生時代の
エピソードになります。

(いとう) えっ 意外。
あんまイメージ ないな。

何て言ったらいいんだろう…。

いやいや… 一流じゃないですよ。
すてきな言い方。

あぁ~ サッカー少年だった?
サッカーを ずっとやってました。

(児嶋) 大体 悪い人って
こうやって言うんだよね。

「僕 そんな大したことないですよ」
って言うの。

だから 結構…
結構 ヤバいんじゃないかな。

その当時のお写真 こちらです。

はい きた。
(池田) あら~ なるほどね。

(いとう) でも きれいな顔ね!

めっちゃきれいな顔!
(児嶋) 美少年だな。

で このときは
「秩父の悪魔」と呼ばれて…。

誰が言ったんですか?
「秩父の悪魔」?

「秩父の悪魔」…
秩父に失礼ですよ。

でもね ちょいちょい そういう面
出るんですよ 悪魔の面が。

そう?
えっ?

あのね
映画 一緒に出てるときに

窪塚洋介さんが
出てくるんですけど

スゴい敵対する役だったんですよ
僕 初めて会う人で。

会ったら 全然
優しい方やったんですけど

「窪塚さん…」。

そんなこと ないのに?
(小杉) そんなこと ないのに。

ほんで あおってくるから
初めて会ったときに

俺 窪塚さん怖すぎて

「鬼塚さん」って言ってもうた。
(笑い)

いや… ボクサーになっちゃった。
さぁ 今回 番組のスタッフが

秩父に行きまして
いろいろな方に

藤原さんについての
ウワサを聞いてきたと。

まず 最初のウワサ こちらです。

(池田) どういうこと?
(吉村) そんな授業ないですよ。

…じゃ ないですもんね。
(吉村) ないです ないです。

と思ったりするときに…。

ハハハハ…!

先生に…。

「ちょっと出てきます」?
(いとう) それで平気なの?

営業担当のサラリーマン
ちゃうんやから!

「いってらっしゃい」って
なるわけないやろ。

2時間目にコンビニ行って
お菓子を買って

飲み物 買ったりして…。

めちゃめちゃあるやん!
(池田) 3~4時間目

飛ばしちゃってるじゃん。
(いとう) スゴいな!

さぁ 続いてのウワサ こちらです。

中学時代 サッカーを
やってらっしゃった藤原少年です。

ポジションは フォワードでした。

「自分で…」。

…という ウワサです。
(池田) ウワサね。

(吉村) 合ってる!
(いとう) いいんだ 合ってた。

絶対 トップから下がらず

味方にパスを出さず…。

メッシですよね。
見かねた 顧問の…。

(笑い)

ウワサですよ。
(児嶋) これは 悪いな。

ウワサです これは。

(小杉) ホンマなんや!
でも サッカー部の…。

(池田) へぇ~!

そしたら 先生から…。

めちゃくちゃ仲悪いじゃん。

<そんな藤原は 中学生のとき
遊びに行った池袋で

所属事務所である
ホリプロにスカウトされ…>

そのときに
先生たちが言った言葉…。

本当かよ?
(吉村) 超問題児じゃん!

これは 本当なんですよ
中学2年生のときに

会社のお偉いさんたちが わざわざ
僕の田舎まで来てくれて

「東京に出させて 会社に
所属させます」って言ったら

みんな 手たたいて…。

(小杉) 「どうぞ どうぞ」。
「どうぞ お願いします」。

(小杉) 「どうぞ どうぞ」。
(児嶋) 引き取ってくれて。

さぁ そして そのまま
俳優としての道を進み

27歳のときに 映画『カイジ』の
カイジ役を演じます。

27歳だったんだ!
27歳! このカイジ役を

やったことによって
ある影響が出てきた。

(一同) あぁ~!
役柄が。

つまり どういうような役が
多くなっちゃったんですか?

そのときは。
だから もう みんな…。

(笑い)

<それでは…>

<…を ご覧ください>

<まずは…>

また ベンツかよ!
キモいんだよ!

<自堕落な生活を送る
人生負け組の主人公

カイジを熱演>

<…が話題となった>

無駄口たたくな!
ほら 2000万 出せ! ほら!

<これをきっかけに…>

<…で演じたのは

罪の意識を全く持たない
冷酷で身勝手な殺人犯役>

スッゲェ…。

<さらに…>

はじめまして。

先生の目の前で奥様を殺したのは
私です。

<そして
映画『億男』で演じたのは

怪しげなセミナーの教祖>

こんな紙切れ! さぁ 皆さんも
一緒に立ち上がって!

お金から解放された今

あなたたちの夢は
絶対に かないます。

(拍手)

<その怪演ぶりに
主演の佐藤 健も…>

<…と大絶賛>
(スタジオ:櫻井) スゴい言葉だね。

<その翌年公開の
『人間失格』では

酒と薬におぼれた文豪役を熱演>

人間は堕ちる。

生きてるから堕ちる。

なぁ 太宰。

も~っと堕ちろよ。

<以上…>

(いとう) 強いね!
強いですね。

『人間失格』 酒と薬におぼれた
文豪をやってましたけど…。

(池田) えぇ~!
(いとう) 本当に?

ハハハハ…! いやいやいや…。

それなら
櫻井くんに言いますよ。

いきましょう いきましょう。
こっち側で

監督とかプロデューサーとか…
櫻井くん しゃべりますよね。

「そうなんですよね」って
パって見ると フロスで…

食事してるんですけど
歯クソをね 歯クソを…。

(いとう) なんで?
(児嶋) これは ひどい!

ポンポン ポンポン
飛ばすんですよ。

待って! いや…!
食事してるんですよ みんな。

お前 こんな顔で言うから
信じるやろ。

(池田) えっ? どっちよ?
全部うそ?

全部じゃない フロスは使ったよ
フロスは でも

見えへんように…。
(吉村) 使ってるじゃないですか!

見えないようにやってたけど
バレてたってことでしょ?

<続いては…>

藤原さんが
日課となっていることです。

(一同) へぇ~!
あんま 家事のイメージが

そんなに ないね。
自分でも なかったんですけど

気が付いたら…。

…とか やってますね。
さぁ ということで 今回ですね

お掃除好きの藤原さんが
喜ぶ顔を見たいということで

最新のお掃除グッズを
紹介したいというふうに思います。

プレゼンターは 藤原さんの
飲み友達なのかどうか?

小杉さんに お願い…。
そうやねん 合うてんねん!

「?」いらんねん
そうやねん ホンマに。

(吉村) 歯のお掃除。
(小杉) 「歯のお掃除」 違う…!

「お掃除道具」と「歯のお掃除」
つなげんでええねん。

<1つ目は 最新の掃除機…>

これね 強力な吸引力は
もちろんなんですが

この掃除機には
スゴい機能が付いてるんです。

陰になってるとこのホコリとか
ちょっと見えにくくて

掃除機かけそびれてるとこが
あったりするじゃないですか。

こちらの掃除機 なんと
レーザー機能が付いていて

床にレーザーを当てると

見えにくいホコリが
見えるようになるんです。

格好いいね!
(いとう) あぁ~!

(小杉) ゆっくり近づけていくと。
(池田) 出てきてる 出てきてる!

めちゃくちゃ見えるよ。
(吉村) テレビとかで見たやつだ。

(池田) 通販番組にあるやつ。
超きれいになってる!

(吉村) これ いい!
(児嶋) 気持ちいいね。

目に見えて分かると
やっぱ 気持ちいいね なんかね。

ちょっとテンション上がってる。
うん。

<続いて 究極の…>

(小杉) これね フローリングの
溝に入ったゴミ

これ きれいに掃くことができる
優れものなんですよ。

それ 面白そう!

(小杉) 普段どおり 普段どおり。

(いとう) えっ!
うわっ スゲェ!

スゲェ!
(児嶋) 気持ちいい!

これ スゴいですね。
(吉村) これ スゴい!

あの細いとこが取れるのスゴいね
溝の。

(小杉)
もう ワンストロークやん!

<さらに…>

このエアロショットを使えば…
こちら。

空気の力で 配水管の詰まりが
一瞬で解消されるんです。

マジで? それ スゴいね!

垂直に立てて。
このまま…。

(小杉) 黒い部分を差し込んで
グっと抑えて

発射ボタン押して バ~ンって
発射された瞬間 抜いて。

発射!

(小杉) 抜いて!
はい。

うわっ スゲェ!
(児嶋) なんで? なんで…?

(池田) えっ どういう力?
どういうこと? どういうこと?

(小杉) これ 空気が今のボタンで
一気に放出されて

配水管の汚れとか詰まりを
押し出してるんですよ。

スゴいでしょ? これ。
スゴい!

そう… 何が起こったのか
ちょっと理解できなかった。

これ 藤原さん どうでした?
今 ご紹介したやつ…。

めっちゃ欲しいです!

これ もらえるかどうかは
ちょっと あとで決めます。

(笑い)
終了!

さぁ 続いてのチャート
こちらになります 藤原さんの…。

(吉村) 湯!?
(児嶋) えっ そばじゃないんだ。

この そば湯が
おいしいじゃないですか 最後。

(いとう) おいしい。
果たして 俺は…。

ってことだよなと思い…。

おしることか
おだしとか あるのに。

さぁ そば湯好きの
藤原さんのためにですね

番組が
最高のそば湯 見つけてきました。

まず こちら ご覧ください。
(池田) そんなのあるの?

<最高のそば湯を求め
向かったのは…>

(スタジオ:藤原) 渋谷にあるの?

<…した名店>

<当然 そばそのものにも

徹底した こだわりがある>

(浦川さん) 直接…。

そう 理想のおそばがあって

そのおそばを作るには…。

<仕入れる そばの実は
機械による熱で劣化しないよう

収穫も手作業
乾燥も天日干しという こだわり>

<まずは そばの実の殻をむくが

そのあんばいが
そばの…>

(浦川さん) これはね こんな感じ。

(浦川さん)
ちょっと こう 食べた感じが

穀物感あるというか
うま味が いい感じで出るんです。

<…で配合>

<実を石臼でひけば

香り立つ 新鮮この上ない
そば粉が出来上がる>

<その日の湿度に合わせ
水分や こね方を絶妙に調整>

(スタジオ:児嶋) 職人だ。
<まさに…>

<そばそのものの味を
損なわないよう…>

(スタジオ:櫻井)
えぇ~! そんなもんなんだ。

<風味 うま味 喉越し

どれを取っても最高の逸品>

<そんな…>

普通ですと
そばを湯がいた釜から

おそば湯を出すんですけれども

僕は そば粉を ちょっと混ぜて

ちょっと
とろみをつけるような感じで。

<しかも 使うそば粉は
そば湯専門に作るという

こだわりよう>

(吉村) あっ!
確かに とろみ出てきた。

おぉ~! 器もきれい。
(いとう) うわぁ~!

いい色!
こういうことか。

(池田) へぇ~!

(いとう) 贅沢だな これ。
おいしそう!

(笑い)

えぇ~!

(笑い)
(児嶋) 聞こえないんだよね 毎回。

そば湯として作られてるから
なんか もう 本当

スープみたい なんか。
(池田) あぁ~ なるほど。

ス~っと。
小杉さん どうですか?

うまい!

さぁ 最後のチャートは
こちらになります。

へぇ~!

何か こう
コツがあるんですか?

最初はグ~ じゃんけんポン
あっち向いてホイで

やるんですけども
掛け声を 基本

僕主導で やらせてもらって。
そうすると 何?

リズムが出来るのかな?
そうですね。

せっかくですので
局長と対戦をしていただいて

藤原さん 3回勝負していただいて
2勝した場合

先ほどのお掃除グッズ
差し上げます。

(池田) 2勝だけ?
これはスゴい!

<あっち向いてホイ
無敗の男 対 櫻井

お掃除グッズを懸けた
3本勝負>

あっち向いてホイ対決
やってみましょう。

(児嶋) めちゃくちゃ格好いいな。
早いですよ。

分かりました。
(池田) そんな改まってやるもの?

スゲェ早いですよ。
分かりました。

最初はグ~ じゃんけんポイ
あいこでしょ あいこでしょ。

あっち向いてホイ。
最初はグ~ じゃんけんポイ。

あっち向いてホイ。
(吉村) おい!

(児嶋) 弱いじゃんかよ!
めちゃくちゃ弱いじゃんか!

いきなり負けてる!
最強の無敵の男!

さぁ もう後がない!
もう後がない!

(児嶋) 大丈夫?
(吉村) まず じゃんけんが弱い。

全然 全然。
どうですか まだ1回目ですけど。

めちゃめちゃ焦ってるように
見えますけど。

早いですよ
最初はグ~ じゃんけんポイ。

あっち向いてホイ
最初はグ~ じゃんけんポイ。

あっち向いてホイ 最初はグ~…。
あっち向いてホイ。

(児嶋) 弱っ!
終了!

首が… 首が…!
(小杉) 「首が…」って何やねん!

首が痛い 上向くと。

(小杉) 上向くと首が痛いって…。
(池田) 上向かなきゃいいじゃん。

上向いたら
首が痛くなっちゃったんですよ。

(小杉) 初めて負けたん?

初めてに見えないな!
(吉村) おかしいよ!

<人々に愛され続ける…>

<それを櫻井シェフが

完全再現に挑みます>

今夜のゲストの方 まさか
ここでお会いできるとは

思ってもいませんでした。
<さぁ…>

♪~
何だ?

♪~

♪~
(吉村) さぁ 来ました!
スポットライトまでスゴいよ!

♪~
(吉村) スゴいですよ!

♪~
いやぁ~ うれしい!

♪~
(吉村) 今夜のゲストは…。

♪~
お願いします。
よろしくお願いします!

「BIGBOSS」で
お願いします。

<BIGBOSSこと…>

<持ち前の強肩を生かし
鉄壁のセンターとして

10度のゴールデングラブ賞を
受賞>

<1999年
巨人との伝統の一戦では…>

(スタジオ:吉村)
これね 伝説ですよ 本当。

(スタジオ:櫻井)
何回見ても 興奮する。

<常に型破りなプレーで
ファンを魅了>

<その後…>

<ファンを楽しませる数々の
パフォーマンスが話題となり

「新庄劇場」という言葉は
流行語にもなった>

<そして 2021年 監督として
チームにカムバック>

(スタジオ:吉村) これはスゴいです。
<今年…>

やっぱ 現役を
もう一度 目指すってときも

ワクワクして 興奮しましたけど
今回も また同じか…。

…出来事だと思ってるから。
へぇ~!

ハハハハ…!
僕で大丈夫ですか?って。

まだ間もないと思いますけど。
(新庄) もうね

やることが
いっぱいありすぎて…。

アイデアが浮かぶ
ということですか?

まずは…。

日本ハムを どうやって
もっともっと…。

改めまして 今夜は
どんな料理 再現しましょうか?

はい 今夜は…。

<今回
レシピを教えてくれるのは…>

(スタジオ:櫻井) えっ!
肉汁がスゴくて

ナイフで切るときに
もう 噴水みたいに

ブワ~って出てきて…。

<その味を…>

(吉村) お願いいたします
吉村でございます。

<こちら…>

本当に
全く関係ないことというか…。

(吉村) プロペラ機ぐらいの大きさ
ありますよね。

(福島さん)
こちらはですね 2007年に

精肉卸の
ヤザワミートの直営店として

ステーキ ハンバーグの
専門店としてオープンしました。

<多い日で…>

<…が売れる>

<では…>

お願いします。
こちら フレッシュハンバーグ になります。

う~わっ!

<こちらが 王者と称えられる

ミート矢澤の…>

(吉村) うわっ…!

(吉村) スゴいですね。

(吉村) はぁ~!

あぁ~!
香りも ス~ゴい豊かですし

甘みも深くて…
野球選手って やっぱ

お肉 スゴい好きな方 多いんで
いろんな所 食べに来てるから

これを…。

<どれだけ お店の味に近づけるか
櫻井シェフ…>

<肉汁あふれる…>

さぁ ということで 本日は
ミート矢澤の福島 亮さんに

お越しいただきました
よろしくお願いします。

(吉村) よろしくお願いします
早速 レシピ いきましょうか。

「タマネギをみじん切りにする」。

「バターで タマネギが
きつね色になるまで炒める」。

「炒めたタマネギを冷ます」
シンプル!

もう 大体 外食。
何が多いですか?

(新庄) なんでよ!
(吉村) いや スターの食事ですよ。

そうかな?
あれ?

(吉村) それで…
そっちじゃないですね。

あれ? どうやるんだっけ?
(吉村) あの…。

これは難しい戦いになりましたね。
まぁ やってみよう。

(吉村) 福島さん…。

(福島さん) そうですね
ちょっと怪しいですね。

(吉村)監督も申し訳ございません。
(新庄)大丈夫 大丈夫。

このままいけば みじんには
なるんですよ 自動的に。

(吉村) 大丈夫です 大丈夫です
みじんにさえなれば。

(吉村) 分かりました
お願いいたします。

「バターで タマネギが
きつね色になるまで炒める」。

(新庄) ハンバーグの中の
タマネギの大きさって…。

(吉村) そうですね。
(新庄) 小っちゃすぎずに。

だとすると これ ちょっと
大きいかもしれないですね。

(新庄) 大きいとな ちょっとな。

しかも
切った芯 入れちゃってるよ。

(吉村)
これは 俺もね 見たんですよ。

今 それどころじゃねぇや。

なんでですか?

へぇ~! もう 結構…。

やるんだけど…。

それを 今度から…。

(新庄) ほぼ毎日だし…。

えっ! 言っちゃって
いいんですか? それ。

大丈夫 大丈夫 うん… 大丈夫。
(吉村) 今 ここで言ったら…。

バント 盗塁 エンドラン…
スクイズとかあって。

駄目でしょ…。

本当に分からんから

監督がサードコーチャーに出して
サードコーチャーが

出してるのを 俺 見てるんだけど
分からんから

ファーストコーチャーが…。

教えてもらってたの。
(吉村) 通訳がいたんですね。

(新庄) そう…!
(吉村) さぁ どうでしょうか?

そうですね。
(吉村) これで 冷ますのが

大事になってきますんで。
冷ますんですね! めちゃくちゃ

いいにおいがしてますよ。
(新庄) おっ いい色じゃん。

<続いては…>

<ボウルに 牛乳 生パン粉 卵を
加えたら

粗熱を取ったタマネギ

味付けに塩 コショウ ナツメグを
入れる>

(福島さん) 味が偏ってしまうので
ここで しっかり

つなぎを混ぜておくことが
大事ですね。

お肉と つなぎを
混ぜていくんですけど

ここで こちらを…
これは牛脂なんですけど。

お店のには入ってないんですけど
これは あくまで…。

脂を入れることによって
ちょっと 赤みの強いお肉でも

ジューシーに…
入れちゃいますね。

<つなぎを合わせたら…>

入れちゃうんですか?
(福島さん) 入れます。

(吉村) えっ!

<ご覧のような…>

コツは?
(福島さん) コツはですね

手の熱が お肉に伝わらないように
手に当てる…。

<あとは 楕円形にして
真ん中をへこませればOK>

<さぁ…>

お肉に つなぎを入れてから牛脂。

これは ご家庭パターンでの
アイデアですね。

そして 氷… うわっ!

(吉村) はい。
(福島さん) タネそのものを

冷やして お肉の脂が溶け出すのを
防いでいます。

<しかし この作業が…>

冷たっ! これ マジで…
ヤバいよ これ。

(吉村) 普段は 氷は
入れないですけど その環境下で

やってるってことですから。
冷たい!

シェフ まだですか?

(吉村) 溶けてます?
いや ほんのちょっとある まだ。

(吉村) じゃあ 駄目です。
(新庄) こういうふうに…。

そうですね たぶん…。

シェフ どうですか?
(福島さん) はい そうですね。

ねばりも出てきてるので…。

(吉村) 混ざってきました!
ここからは

空気を抜くということで
ございましてね。

僕としては ぜひとも…。

見たい!
やりましょう やりましょう…。

それでは 肉ダネの空気抜きを
しますけども

BIGBOSSは…。

(吉村) もちろん ないですよね
今日 初体験という…。

(新庄) でもね 俺…。

なるほど さぁ やってみましょう。
<この…>

ポイント あったりしますか?
(福島さん) ポイントは

せっかく冷やしたお肉なので
長い時間 触れないように

リズミカルに
こう 抜いていくのがいいですね。

(吉村) 極力
肉に触れないようにやると。

BIGBOSS!
BIGBOSS!

かわいいリズム! 肩が入ってる!

いいんじゃない? でも。
(吉村)福島さん どうでしょうか?

しっかり…。

なんか グローブに
ボールを当ててるかのような。

(吉村) 新庄さん いいですよ!
あっ きた! コツつかんだ!

ほら ほら…!

(吉村) 「あんまり ない」…
さぁ OKですか?

(福島さん) 大丈夫です。
(吉村) 新庄さんは

OKでございます。
<一方 リズム感はあるはずの

櫻井シェフ>

こうやってやるの?
あれ? どうやって…。

(吉村)
ヤバい! つかんでる! あの…。

(吉村) ネギトロを持ってるようにしか
見えないんだよな。

あぁ~ 脂が…。
よし!

(吉村) おかしいんだよな…
そこで そうやってるのが

おかしいんだよな まず。

<では ここで…>

まずは こちらでございます。

吉田栄作さんが
めちゃくちゃ人気があって。

56.5だったんだけど
サイズ

58.5にして…。

帽子をバ~ンって飛ばして

髪の毛 サ~みたいなのを…。

取れやすくしてたんだ。

(吉村) 練習!?
その練習?

<その映像が こちら>
(実況)しかし センターの新庄が

鮮やかなダイビングキャッチで…。

<髪形を見せるのに 見事成功>

(吉村)
続いて こちらでございます。

(吉村) 子ども?
(新庄) 子ども 子ども。

子ども? 子ども?

ほら その子どもに対して 俺が…。

(新庄) …思うのが きっかけで
打つようにしてた。

「当てちゃ駄目だよ!」みたいな。

(新庄) 常に…。

…っていうのが もう 常に。

(吉村) これも本当なんですね。
(新庄) 本当 本当 本当。

<では
いよいよ…>

(吉村) そうですね。
最初は強めで大丈夫です。

(吉村) 最初は?
これ 僕だな…。

これ BIGBOSS。

すぐ付いちゃいそうだけどな…
あっ 付いてるよ これ。

もう?
はい。

(吉村) 気持ち早いですね
グニャってなりました。

ヤバい 心折れそう。
(吉村) 大丈夫です!

慌てなければ まだ…。

<そう
空気の抜き方が中途半端だと

このように ふにゃふにゃに
なってしまう>

(吉村) いいですよ!
シェフ! 折れないで!

<一方 しっかり空気を抜いた…>

あっ いけそう! 持った感覚が…。

(新庄) 焦げた? 大丈夫?
(吉村)これぐらい大丈夫ですよね。

大丈夫です。
(吉村)そうなんです これぐらい

付けていいんです 勇気を持って。
BIGBOSSの いいですよ。

(新庄) いいにおい!
ねっ いいにおいですね。

<両面に焼き色を付けたら…>

<では ここで…>

マジで…。

分かる!

うわっ! 付いた!
(福島さん) それが消えれば

もう 大丈夫です。
えぇ~!

<迷いは いらない>

<偽りは いらない>

<恐れは いらない>

<NO MORE RULES>

<KATE>

<では ここで…>

<ポイントは
日本酒 赤ワイン

そして
野菜ジュース>

マジで…。

分かる!

(吉村) これ飛ばさないと
ちょっと アルコールが

臭い仕上がりになると。
シェフ アルコール飛ばす

っていうのは どうしたら
飛んだって分かるんですか?

うわっ! 付いた!
びっくりしたね 今。

えぇ~! あっ 飛んだ 飛んだ。

残りの材料を全て入れ 煮詰める。

(吉村) まず これは…
リンゴジュース。

で これが…。
(福島さん) 野菜ジュースです。

お店では フレッシュの
野菜とか果物を煮詰めて

作ってるんですけど 今回は…。

(吉村) どれぐらいになったら?
(福島さん) ウスターソースぐらいの

軽い濃度がつくぐらいまで
そのまま詰めていて大丈夫です。

家でね。
できたら楽しいですよね。

(吉村) さぁ いかがでしょうか?
ソースのほうは。

結構いいと思いますよ。
(吉村) とろみは出てきてる…。

よし 出来た!
(吉村) シェフ 一応…。

焦げてないか。
(新庄) あぁ~ 焦げてそう!

あぁ~… あっ 良さそう!

(吉村) 竹串で刺して 赤い肉汁が
出るかどうかっていう。

あっ 出てる 出てる!
BIGBOSSの超おいしそう!

(吉村) あっ スゴい!
中 膨らんでますね。

めっちゃいいじゃん!
(吉村) はい いいと思います。

BIGBOSSの
めっちゃおいしそうなんだけど!

(新庄) よし よし よし!
こっち 櫻井シェフね せ~の…。

あっ!
(新庄) アチャ~!

(新庄) これはね…。

<BIGBOSSがこねた
ハンバーグと

櫻井の丸焦げハンバーグ>

<焦げを取って
ありがたく いただこう>

僕のハンバーグ 勇気を持って。
(吉村) はい。

(新庄) この焦げがね。
(吉村) サクサクしてて。

僕の中で…。

(吉村) フワッとしてて…。

これ 奇跡ですよ。
スゴいですね。

あれでもですか?
やっぱ もうちょっと…。

<BIGBOSSのは どうか?>

(吉村) うん!

そうですね。
(吉村) ジューシーさは

ちょっと失われてて
底は焦げてるけど

悪くはないです。
うん! BIGBOSSの

おいしいですよ。
(新庄) うん うん! おいしい!

歯応えがあるね。

これかな? これの問題だよね?

(福島さん) そうだと思います。
(吉村) だいぶ変わるんですね…。

シェフ お願いします…。

ミート矢澤のハンバーグを
こう 一生懸命

作ってくれたということで…。
(吉村) 駄目ですよ。

(新庄) ハハハハ…! えぇ~!

(吉村) そんなわけ ないでしょ!
(新庄) 100は ないでしょ!

(吉村) 素晴らしい!
(新庄) ハハハハ…!

<それでは…>

猫舌なの。

う~わっ!

今までで食ったハンバーグの中で
一番うまいと思う。

ジュースが ブワ~って広がる。
(新庄) 鼻から抜ける感じが

さっきと違うよね 全く。
全く違う。

(吉村)
さぁ 櫻井シェフ 本日の教訓を。

ハンバーグとは…。

ジュ~!
(吉村) うわぁ~…

出てきた最後 師匠が。

<ここで…>

僕が出演する映画…。

僕と松山ケンイチくん
神木隆之介くんが演じる

幼なじみ3人が 人を
誤って殺してしまったうえに

その死体を隠そうとするという
とんでもない展開で

物語が始まります 犯人が
最初から分かっている状態から

物語が展開していく
これまでにあまりない

新感覚のサスペンス映画です
とにかく ラストで

めちゃめちゃ
驚いてもらえると思います。

ぜひ 劇場でご覧ください。
よろしくお願いします。

<次回の…>

(長州) ありがたい!

<そして…>

<次回も お楽しみに>

<TVerでは 『SHOWチャンネル』の
最新話が無料で見られます>

<そして Huluでは
本日の放送回も

過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>