深イイ話 笑点の新メンバー発表…舞台裏に完全密着&地下鉄運転士の神ワザ[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

深イイ話 笑点の新メンバー発表…舞台裏に完全密着&地下鉄運転士の神ワザ[字]

笑点メンバーの家族は幸せ?新メンバー桂宮治…発表の瞬間に完全密着!エリート営業マンから月収3万円に…下積み支えた美人妻が激白▼地下鉄の運転士の神ワザ!

出演者
【スペシャルコメンテーター】今田耕司
【司会進行】羽鳥慎一
【パネラー】朝日奈央、池田エライザ、後藤輝基、春風亭昇太、永瀬廉(King & Prince)、他
【密着】落語家・桂宮治一家、東京メトロ
番組内容
人生が変わる1分間の深イイ話▼笑点メンバーの家族は幸せ?新メンバー発表の瞬間に完全密着!エリート営業マンから月収3万円に…下積み支えた美人妻が激白▼地下鉄の運転士の神ワザ!
監督・演出
【総合演出】上利竜太
【プロデューサー】杉山直樹
【統轄プロデューサー】宮本誠臣
【チーフプロデューサー】原司

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. 安藤
  3. 今田
  4. 運転士
  5. 宮治
  6. 深イイ
  7. キロ
  8. 羽鳥
  9. 朝日
  10. 電車
  11. 東京メトロ
  12. 有楽町線
  13. 和奏
  14. 運転
  15. 奥様
  16. 竹村
  17. パパ
  18. ブレーキ
  19. 運行
  20. 永瀬

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<早速…>

<地下の
トンネル風景とともに…>

(ブザー)

<有楽町線 新富町駅から
銀座一丁目駅までの区間>

<目標 所要時間は
1分10秒>

<東京メトロは…>

<首都生活の要>

<…が可能なのは

運転士さんのプロフェッショナル過ぎる
時間間隔のおかげなんです>

<ブレーキをかけるのは

およそ200mあるホームに
進入してから>

(スタジオ:今田)
こんな狭く見えんねや。

(スタジオ:朝日) 確かに!
(スタジオ:永瀬) 狭いっすね。

<目標時間まで 残り10秒>

(スタジオ:羽鳥) ピッタリ 来ますよ。

(スタジオ:羽鳥) ピッタリ 来ますよ!
(スタジオ:今田) すごいな。

<なんと…>

<そんな…>

<8時台の運行の様子を
分かりやすく…>

<こんな感じの…>

<そんなことにならないよう…>

(スタッフ) 17時21分の横に…。

<そう!>

<なので…>

<専用の置き場所に…>

<これは…>

<秒単位で運行するため…>

<と ここで…>

(安藤さん) 基本的には 最近は…。

<同じ ワンハンドルの
「深イイレバー」で説明すると…>

確かに ワンハンドルや。

<「深イイ」側に押すと
ブレーキで

「う~ん」側に引くと
加速>

(安藤さん) なるべく…。

<有楽町線ひと筋 13年>

<後藤さんあたりは
思っているかもしれませんが

電車は…>

<しかも…>

(安藤さん)
皆さんが思ってる以上に…。

<ずっと水平に 電車は
走っていると思われがちですが

実は 結構…>

<例えば 有楽町線を
横から見ると こんな感じ>

<新木場駅から辰巳駅までは

ひと駅で
およそ29mも高低差が>

<そんな…>

<まず 本物の電車さながら

シミュレーターなどを使った
基礎訓練を

みっちり 4か月 行った後…>

<そんな…>

<実際の試験同様

0キロになってる
プラカードで…>

(ブザー)

<まずは…>

(スタジオ:今田) 今 加速してるね。

(スタジオ:今田) ブレーキ。

(スタジオ:朝日) 細かい。

(スタジオ:今田) 全く分からん。
(スタジオ:羽鳥) 分かんないですね。

(スタジオ:永瀬) えっ?

(スタジオ:羽鳥) こんな変えてる。

<そして…>

<お見事!>

<1キロ単位まで…>

(安藤さん) 45キロです。

<これが45キロ>

(安藤さん) 30キロです。

<こちらが30キロ>

<万に一つの非常事態に備え

こんな神業を習得するのが

運転士になる最低条件>

<ちなみに…>

(安藤さん) ハンドルがありまして
握る所がありますので

こちらは…。

<と ここで…>

<実は
地下鉄には 緊急事態に備え

非常口の設置が
義務付けられているのですが…>

(永瀬) え~… あっ!

<つまり 電車の前と後ろ>

<しかし そんな…>

<運転士以外は…>

<なので まだまだ…>

(安藤さん) 右足側が…。

<そう!
これが付いているのは…>

<ペダルを踏むことで
空気が送られて鳴る…>

<そして 左のペダルは…>

(安藤さん) 上側の…。

(安藤さん) 下側が…。

<ところで…>

<ある一定の区間以上は
列車同士が近づけないよう

自動的に…>

<東京メトロが保有する…>

(樋村さん) 今やってる作業が…。

(樋村さん) 帰って来た電車を
車体と台車に切り離す作業です。

<そんな…>

<こちらのパーツは?>

<集電靴は…>

<屋根に取り付けられた
パンタグラフを電線に伸ばし

電気の供給を得て
走っているのですが…>

<ここに 集電靴を付けて…>

<一方 安藤運転士が運転する…>

<運行する…>

<皆さん 知ってましたか?>

<有楽町線には…>

<他社の車両であっても

和光市から新木場の
メトロ線区間は

東京メトロの運転士が運転し

逆に メトロの車両であっても
他社区間に入ると

その会社の運転士が
運転しているんです>

<なので…>

<他社の車両も含め…>

<さらに…>

<乗車率の変化が大きく

車両全体の重さが 常に変化>

(安藤さん) そういったことを…。

<と 有楽町線 全長28km>

(安藤さん) はい そうですね。

<しかし どうしてもの…>

<もしもの時の…>

<なんと…>

<多い時には…>

<そして…>

この後は…。

<そう! 始発の運転を任される
運転士さんは

絶対に遅れられないので

駅の近くにある…>

そういう士気を みんな持って
対応してます。

<ちなみに 運転士さんの
基本的な1週間のスケジュールは

こんな感じ>

<そして 終電が終わった後の
線路内で…>

(竹村さん) 締結装置の…。

<皆さんは この音の違い
分かりますか?>

(たたく音)

(スタジオ:今田) 高い。

(たたく音)

(スタジオ:朝日) 高い! 確かに。

<休むことなく…>

(竹村さん) そしたら…。

<レールの上を 猛スピードで
駆け抜ける地下鉄>

(竹村さんの声) 何年って単位より
通過トン数っていう管理。

<東京メトロ内の…>

<それは…>

(竹村さんの声)
交換する箇所を…。

<レール交換が…>

<そして これも…>

<最近 よく見る…>

<最近
よく見るようになった…>

<もちろん…>

(玉尾さん) 東京メトロでは…。

<なので
駅の入り口だけではなく

トンネルの入り口を
封鎖する…>

<そんな
世界トップレベルの安全性と

時間の正確性を誇る
東京の地下鉄>

皆様も…。

(安藤さんの声) そういった…。

(樋村さん)
聞いたことはありますね。

今のお話 「深イイ」か「う~ん」か
心のレバー スイッチオン!

全員一致の深イイ話です。

<『深イイ』では…>

<子供たち>

<宮治さんご家族は…>

(宮治) かみさんです。

<2歳年上>

<3人のお子さんは…>

<そして パパの子供時代と
クリソツな…>

(笑い)

(朝日) 一生 寝られなく…。

<かっちゃんの…>

<そんな…>

<でしたが…>

<持ち前の話術と
センスで

数々の賞を受賞>

<そして 去年…>

<しかし ここまで来るには…>

<奥様は
子育てをしながら

家計を支えるため…>

ああやって
やってくれてなかったら…。

(スタジオ:今田) すごい体力!

<そんな ガチパパさんは…>

<この日は 小田原で…>

<ここでも パパの…>

<そんな…>

<なので…>

<そんなママさん…>

(宮治) そうだよ これ 大変です!

<そして…>

(池田) だから…。

<そして こちらは…>

<その前に 家族と…>

<こちらが…>

(伸治) 和奏ちゃん はい。

<子供たちが…>

(笑い)

<そして 家に戻り…>

<ウザパパさん>

<そして!>

<サプライズで知った…>

この作品は 平凡で退屈な
日々を送る青年が

自分自身と東京を
破壊するまでの

夜と恋と戦争を
描いた物語です。

見終わった時に 大きな希望を
感じていただける映画です。

最悪のハッピーエンド を ぜひ
劇場で ご覧ください。

(スタジオ:羽鳥) うわ~ すご~い!
どうなるんだろう?

あ! ね~ 見て 見て。

(昇太) 桂 宮治君ですね。

(スタジオ:今田)
薄いって! かっちゃん!

はい 我慢しました。

<ちなみに…>

<さらに…>

(宮治) そう! よく言われます。

<そして…>

(クラッカーの音)

<家族からの…>

<手紙には 普段は…>

(和奏ちゃん) 「パパへ」。

<そして 末っ子…>

(克利君) 「終わり」。

<二女…>

(和奏ちゃん) 「最後に…」。

(和奏ちゃん) 「和奏 莉咲 克利」。

正直…。

(笑い)

<ここまで来るのに…>

<当時…>

<やがて…>

<その後…>

<すると…>

だましちゃった
じゃないんですけど…。

<奥様>

<そして 2人は…>

<なんと…>

<そんな時に…>

それが… でも 頂けるだけで。

<家計を支えるため 奥様も…>

<日中は…>

<宮治さんが
帰宅すると…>

<…という毎日>

<その結果 奥様は…>

<しかし それでも…>

<それを機に…>

<すると…>

(伸治) 聞いたんですよ。

プラス…。

<そして…>

(スタジオ:今田)
緊張だ! 大先輩ばっかりやん。

<そして…>

<ついに…>

<実は…>

<そこには…>

(明日香さん) でも そこで…。

<悩んだ宮治に 妻は…>

<寄り添わない妻は…>

今のお話 「深イイ」か「う~ん」か
心のレバー スイッチオン!

全員一致の深イイ話です。

(拍手)

(朝日) 家に帰って…。

励ましてくれる人がいたら…。

ペッパー いるんで。