KinKi Kidsのブンブブーン【3時のヒロインと美味しいポン酢が知りたい】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

KinKi Kidsのブンブブーン【3時のヒロインと美味しいポン酢が知りたい】[字]

王道ポン酢からジュースの様なポン酢まで!パスタや炊き込みご飯にも使える1本は持っておきたい万能調味料ポン酢が続々登場!収録中にまさかのカップル誕生!?

ご案内
【番組オフィシャルサイト】
https://www.fujitv.co.jp/bunbuboon/  
【公式Twitter】
https://twitter.com/bunbuboon_fuji8  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/bunbuboon_fuji8/
番組内容
KinKi Kidsがゲストが本当に“やりたいこと”を叶(かな)えるべく、徹底的におもてなし。「やりたくない」「行きたくない」「食べたくない」と素直な感情を出し、自然体で振る舞う堂本光一、堂本剛。いつまでたっても子どもみたいにやんちゃな部分と、いぶし銀の趣味の持ち主である大人の部分、二人の魅力がたっぷり詰まった45分です。
番組内容2
豪華ゲストが本気でやってみたいことを実現。KinKi Kids特有の率直なリアクションが有名人たちのリラックスした素顔を引き出しますが、現場ごと、ゲストごとの空気感を大事にし、テレビ的であろうとしない二人ゆえ、ミラクル多発。時に脱線し過ぎたり、ゲストが置いてきぼりにされたりしてしまうことも!?
番組内容3
デビュー24年を超えるキャリアに裏打ちされたKinKi Kidsの揺るぎない面白さと、独自のゆるさや柔らかさが魅力の『KinKi Kidsのブンブブーン』がゆったりと癒やします。
出演者
KinKi Kids(堂本光一 堂本剛)
スタッフ
【チーフプロデューサー/演出】
浜崎綾 

【プロデューサー】
中村峰子 
宇賀神裕子 
中村和宏 

【AP】
加藤万貴 

【ディレクター】
嘉納一貴 
島田和正 
阪本玲以 
亀池晃弘 
小野瀬瑞貴 
桂亮太 

【監修】
城間康男 

【制作統括】
太田一平

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 藤島
  2. 福田
  3. 光一
  4. ホント
  5. 柚子
  6. 結構
  7. 射止
  8. 紹介
  9. 絶対
  10. 絶品
  11. フィーリングカップル
  12. ホンマ
  13. 今日
  14. 普通
  15. お前ら
  16. ヒロイン
  17. 自分
  18. 出汁
  19. 相手
  20. 料理

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(剛)さあ 始まりました
『KinKi Kidsのブンブブーン!』です。

(光一)剛君も 初めましてですか?

ですよね?
≪はい。

あのね 呼び込むまでは
決して 入らないでください。

まだ 呼び込んでないんで。

本日のゲスト ご紹介します。
3時のヒロインさんです。

(福田)よろしくお願いしまーす。
(ゆめっち)お願いしまーす!

(ゆめっち)イェーイ!

[本日のゲストは 人気芸人…]

[バラエティーでの活躍だけでなく
歌や ダンスなど

マルチな才能で
多方面に活躍中の3人が…]

(福田)
おいしいぽん酢を 教えてほしい!

(ゆめっち・かなで)イェーイ!
なるほどね。 ぽん酢。

ぽん酢が好きなんですか?
(福田)好きなんですよ。

(福田)ぽん酢が好きってことも
最近 気付いたんです。

(福田)私 結構…。

(福田)どんな 味ないもんでも
ぽん酢 付けたら

絶対 おいしくなるじゃないですか
ちょっと…。

ごめんなさい。
俺 個人的には もう…。

(福田)え~!
スーパーに売ってる 昆布ぽん酢?

安いって言ったら あれだけど
リーズナブルな あれ。

ゆめっちと かなでちゃんは
ぽん酢は 好きなんですか?

(かなで)しゃぶしゃぶとかでも
私 結構 ぽん酢派で。

(かなで)溶かして 食べたりも。
確かにね。

[ぽん酢トークで 盛り上がる
5人ですが

3時のヒロインには…]

(福田)今日 ホントは…。

最初は 何だったんですか?

何? 何?
フィーリングカップルって 何?

(福田)ほぼ 合コンなんですけど。

(福田)両思いを つくりたくて
この中で。 でも…。

(福田)言われて やめました。
そんな かかんの? あれ。

あの 斜めになってるやつ?

えっ! そんな かかんの!?

すごいね。
じゃあ 今日は えっと…。

(かなで)えっ!? えっ!?
(福田)裏で 進行していくんや。

だからといって 付き合いませんよ
それは。 それはね。

(かなで)まだ 分かんないですよね
付き合えるか 付き合えないかも

分かんない…。
(福田)光一さん いいですか?

フィーリングカップル…。
分かりました。 じゃあ…。

(ゆめっち)うわ~!
(かなで)え~!?

[爽やかな香りと
さっぱりとした味わいで

様々な料理の おいしさを
引き立ててくれる…]

[今日は 1本 持っておけば
必ず 役に立つ

絶品ぽん酢の数々を
ご紹介します!]

うまい!
あ~ すごいな これ。

これ 知らんと
人生 生きてたくなかった。

(堤)せーの…。

[さらに 3時のヒロイン念願の
フィーリングカップルで

カップル誕生!]

お前らで やってくれ!
お前らで やってくれ!

[本日 ぽん酢について
教えてくれるのは

ぽん酢 収集歴 20年…]

藤島さんは これまで
どれくらいの数のぽん酢

口にされました?
(藤島)およそですけど…。

(藤島)いってるとは思います。
ていうか そんなに あんねんな。

(藤島)日本中に 3, 000は
おそらく あると思います。

すごいなぁ。

[ここで 光一から ある…]

ところで…。

(ゆめっち)確かに。 気になる。
(かなで)「ぽん」

(藤島)柑橘の飲み物のことを
「ポンス」と言ったんですが

その 「ス」に 日本語の
お酢の 「酢」の字が 当たって

ぽん酢っていう調味料に
なっていったんですね。

てことは そもそも…。

(藤島)そうですね。
(ゆめっち)オランダ語?

(藤島)フルーツパンチとか
ああいう物の… 柑橘の飲み物。

(藤島)アルコールみたいな…。
そうなんや!

(藤島)
ていう歴史が。 諸説ありますが。

(ゆめっち・かなで)知らなかった。
勉強になったわ。

[今日は 日本各地 1, 000種類以上
食べ歩いた 藤島さんが

本当に お薦めしたい
絶品ぽん酢 5選を ご紹介]

[まず最初に 紹介するのは…]

≪王道!?
(ゆめっち)えっ!?

(藤島)奈良にある 吉野で 老舗の
お醤油醸造なんですけれども。

(藤島)100年 使い続けている
大きな吉野杉のたるで 造られた

お醤油を使っている。

(藤島)老舗のお醤油醸造ですので
何ていっても…。

(福田)なるほど。
(藤島)そして…。

(藤島)爽やかなんですね。
北海道から 沖縄まで…。

(藤島)というような感じです。
そうか。

(藤島)
ぜひ ご賞味いただければと。

そうですよね。
(ゆめっち)そっか。 奈良か。

[まずは ぽん酢の香りを
楽しんでいただきます]

あ~… いいよ いいよ!

あ~!

ちょ ちょ… 待ってって。

すすす… じゃないねん。
(かなで)早っ! びっくりした!

香り 嗅いでのくだり やって
すすすって 何やってんねん。

めちゃんこ うまい!

[お一人
フライングしてしまいましたが

果たして ぽん酢の…]

あ~ おいしい!
(かなで)上品な この 何か…。

(藤島)そうなんです。
高級。

[ということで
豚しゃぶと一緒に 宮滝ぽん酢を

堪能していただきましょう]

(かなで)これは 最高。
(ゆめっち)うわ~!

いただきまーす。

うーわっ!

(ゆめっち)うーん!
おいしい!

(福田)おいしいな 何回 食べても。

(福田)これ でも ホンマに
めちゃくちゃ…。

これ すごいね。
高級にしてくれるよね 味を。

おいしいけど!

「マロニー かた~い!」は
初めて聞いたかも 今まで 人生で。

うれしい。 何か…。

私 この…。

甘味 絶対 欲しいタイプなんで。
何か…。

バランスが。
ねえ。 もう 僕 家 これにしよう。

正直 ホント へこたれんの
早いなってやつ ありますもんね。

(藤島)はい。
1回で 薄まっちゃうみたいな。

これ ホント…。

(藤島)バランスも ホントに
とっても いいので。

これ もう…。

もう 1本目で 1位?
(福田)これで 鍋 いきたい。

何回 食べても おいしいね。

(福田)
何回も 初めてみたいな感動する。

(かなで)無限ループだな これ。
これ うまい!

おいしい!

普段 おうちで召し上がってる
ぽん酢との違い 感じますか?

(ゆめっち)あらっ!
(福田)早っ!

[ぽん酢の専門家 藤島さん
お薦めの絶品ぽん酢]

[続いて ご紹介するのは…]

(藤島)大阪のぽん酢といえば
これを 忘れないで!

(藤島)しょうきやのぽん酢。
大阪なんですね。

(藤島)大阪の平野区という所で

ぽん酢を専門に 造られている。
いいですね 店構え。

(藤島)しっかりしてるので…。

(藤島)なんで これも もちろん
鍋に使っていただいて

味が へこたれない
ぽん酢なんですけど。

(藤島)これは やっぱり…。

(福田)分かる。
(かなで)かなり 濃いです 見た目。

(藤島)
これが 大阪のぽん酢の色だと。

では こちらも 開けて 出して
ぽん酢のみで

お召し上がりください。

あ~!
いい匂いするな これは これで。

(福田)渋い香りしてますね。
すごい。 色々 入ってる。

柚子!

香りも 先ほどの物と違いますか?
何か ちょっと…。

(藤島)ちょっと そのまま また
召し上がってみていただいて。

(福田)どこに着目してんねん。
(藤島)そうです!

(ゆめっち)しけっちゃうんですよ。
(福田)ぽん酢が こう 垂れてきて。

(ゆめっち)そうそうそう。

(藤島)素晴らしいところに
目を付けていただいて…。

(かなで)CM 狙ってるな。
ぽん酢クイーン。

(ゆめっち)いただこう。

(福田)あ~… うーん!

(福田)さっきより ちょっと
重めというか 渋めというか。

何やろう?

(藤島)だと思います。
(かなで)いろんな味がする。

え~ ちょっと待って。
これも おいしいやん。

これは これで いいな。

[もちろん
豚しゃぶとの相性も…]

うまいよ。 うまい。
フルーティーだわ。

(かなで)ご飯 あるんですか!?
(ゆめっち)うーん!

(藤島)こちら 造ってらっしゃるの
ご夫婦で… 田中さんという…。

(ゆめっち)え~!?
いい写真やな。

(藤島)それが…。

(藤島)
なので 一応 私たちの中では…。

(藤島)絶滅危惧種に。
絶滅危惧種…。

(藤島)お二人が 造れなくなったら
この味は なくなってしまう。

え~! それ あかんな。

(藤島)だから
ぜひ ぽん酢 好きだとか…。

うわ~!

[さらに しょうきやのぽん酢には
こんな使い方も]

(藤島)今 散々 皆さん
ご飯に合う ご飯に合うって

言ってくださっていたんですが…。
(福田)うわっ! 分かった。

(福田)当てていいですか?
(藤島)はい!

(藤島)惜しいです。
(福田)違います?

(福田)炊き込みご飯!
(かなで)ありがとうございます。

[食材に掛けるだけではなく
料理の中に

ぽん酢を取り入れるのも
得意な 藤島さん]

[ということで
今回 教えてくれるのは

炊飯器に入れるだけで
簡単に作れちゃう

ぽん酢の炊き込みご飯]

(藤島)炊き込みご飯に
普通に お醤油を入れる代わりに

ぽん酢を入れてしまうんですけど。
ぽん酢って やっぱり 出汁が

さっき 申し上げたように
入ってますので これだけで

他の味付け いらないんです。
お水と ぽん酢だけです。

(福田)
もう 色が ぽん酢の色やもん。

[醤油で作った 炊き込みご飯と
どう違うのか?]

[早速
試食していただきましょう]

[お味は?]

えっ!

(かなで)これ おいしい!
マジで? これ。

おいしい!
これ ぽん酢 入れただけ?

(藤島)お水と ぽん酢だけです。
えっ!? すごいね。

(福田)全然 ぽん酢味とかじゃない
出汁の いい香りというか。

甘さが こう 引き立って
おいしいんだな。

(藤島)やっぱり 濃い口のお醤油が
入っているっていうところも

そうですし…。
ちょっと。 えっ?

全部 いってるで。

(ゆめっち)うーん!

ご飯って うまいよね。
(ゆめっち)おいしいです!

(藤島)卵かけご飯も
結構 いけます これで。

(ゆめっち)絶対 おいしい。
絶対 おいしいやん。

[他にも しょうが焼きの
下味として ぽん酢を使うと

さっぱりとした味になって
お薦めだそうです]

あらためて 1本目のぽん酢と
2本目のぽん酢…。

これね 全然 違った。
(福田)違いますね。

2本目の方が ちょっと…。

(福田)こっちの方が…。

(福田)柑橘の香りも
あるんですけど

こっちは フグとか そっち系で
食べたい感じの味でしたね。

この子 濃いんだけど

あのね…。

(かなで)確かに 具材によって
違ったりしますよね。

この子は…。
(福田)「この子」で呼んでる。

結構ね この子なの。
(かなで)ずっと この子!

そう。 ずっと この子なの。
合わせ上手なんや。

そこが ちょっと
びっくりしましたね。

これは ちょっと…。

おいしいわ。

[この後
さらなる 絶品ぽん酢の登場に

一同 大興奮!]

うまい!
そうきましたか。

[ぽん酢の専門家 藤島さん
お薦めの絶品ぽん酢]

[続いて ご紹介するのは…]

(藤島)一度 出合ってから
離れられない 浜守の塩ぽん。

(かなで)塩ぽん!?
(福田)私も 1本 持ってる。

(藤島)塩ぽん酢っていうのが 結構
今 市場に出てるんですけど

要するに
お醤油の味が付いていない

お塩と 出汁と 柑橘の
ぽん酢なんです。

(藤島)こちらは
島根県の 浜田っていう所の

浜田市の海で…。

(福田)えっ!? 何で?
(藤島)やっぱり 自分たちの

浜田の海の物で 何か
つくりたいっていう思いから

自分たちで潜って 海藻…
カジメって海藻なんですけど

それを 自分たちで採ってきて

大きな 平釜っていわれている

塩を作る所で 藻塩を作って

それを使って
ぽん酢を造っているという。

なるほど!

(福田)
めっちゃ パッケージ いいですね。

いいね!
あっ…。

いい匂い。

(かなで)あららららっ!

そうきましたか。

(かなで)色が もう…。
(ゆめっち)薄っ!

(福田)
何か もう 酢とか みりんの色や。

あらららっ! オウッ!
(福田)うわっ おいしい!

≪果汁の感じ。
(かなで)何か…。

何か…。
(福田)女の子 やった? 今。

(福田)女の子 やりました?

何か 出てくんねんな。 何かな。
(福田)麦わら帽子 見えてきたわ。

(福田)すごい。 透き通ってるわ。

確かに 何か ちょっと
上品さ ある。

いや…。

(藤島)うま味みたいなものが
ぐっと きますね。

気がしますけど。

(かなで)すごい。
(ゆめっち)お出汁 効いてるから

ホント 何か
ただのぽん酢じゃないですよね。

(福田)「ただごとではない」?
(藤島)天ぷらとか 何か

お塩だけで食べると
すごく 素材の味と

うま味や 甘味が出てくる
っていうのと…。

[さらに
このぽん酢に合う料理が こちら]

(藤島)今 皆さん
言っていただいたように…。

めちゃくちゃ 合うもん これ。
(藤島)なので 今日は これを…。

(かなで)え~! 嘘でしょ!?

もう 最高です。

うわ~! 絶対 おいしいやん。
(かなで)ヤバい ヤバい ヤバい!

[さっぱりとした 塩味で…]

[この塩ぽん酢。
今回は 藤島さん お薦めの

アジフライとのペアリングを
お試しいただきます]

(かなで)うわ~ おいしそう!
絶対 おいしいって。

これ 結構 ドバドバ…。
(藤島)しっかり 掛けてください。

(藤島)たっぷりめに掛けて…。

えっ!? うまい!
(かなで)うまっ!

(福田)ホンマに…。

うまっ!

おいしいね!
(福田)おいしいですね。

(藤島)あとは ポテトサラダに
塩ぽん酢を使ったりもするんです。

(藤島)マヨネーズと合わせて
ポテトサラダに入れると

ちょっと マヨネーズを減らせるし
爽やかに さっぱり。

[おいしい ぽん酢を
堪能していますが

ここで 裏テーマの
フィーリングカップルタイム]

[3時のヒロインのことを もっと
知るために こんな質問を]

急ですけれども
3人が 男性に求める条件。

いやいや 何か
カンペ 読んでるふりしてるけど

アドリブじゃないですか!
(かなで)そうですよ。

めちゃくちゃ カンペや。
聞きたくて たまらないんでしょ!?

かなでちゃんから。
マジで…。

そこが 大事?
(かなで)笑いのツボもですし

会話が合う方が
やっぱ 楽しいじゃないですか。

(福田)どうですか? お二人は。

(かなで)楽しいんですけど
ちょっと 光一さんの…。

(かなで)すごい…。

(かなで)たまに
おいしいよねって言ってくれる…。

何だろう? 素っ気ないからの
急に 歩み寄ってくれる感じも…。

だから すごい 何か…。
(福田)好きって言えよ。

(かなで)だから すごい 今
ちょっと 色々 駆け巡ってます。

どうしよっかなって。
(福田)私は 逆に やっぱ…。

離れたい?
もう 何も テレビも 見てへんし

ボケも ツッコミもなく 普通に…。

でも さすがに
これ ちょっと ツッコんでって

ないの?
今まで 例えば 付き合った人で。

まあ 確かにね。 例えば…。

どうかとかは 確かに ありますね。

オナラとか 例えば したとして

「全然 いいよ」とか 言われるのは
確かに ちょっと 嫌ですね。

(福田)「オナラしたやん!」とか
言われる方が そこは…。

あ~…。

それは やっぱりね 同じトーンで
んっ? んっ? って言うよね。

♬「んっ? んっ? んっ?
イェー!」

(かなで)楽しい!
(福田)最高じゃないっすか!

ゆめっちは?
(ゆめっち)ゆめっちは…。

て言ったら…。

(福田)また 限定的やな。

それ… うーん…。
ちょっと 楽しいな それ。

(福田)光一さん いけそうやな。
走ってくれそうや 光一さん。

(福田)え~!?

意外と。
(福田)無邪気ですね。

ちなみに キンキさんは
何を求めるんですか? 相手には。

でも ホントに
よく 優しい人って

みんな 言うけど…。

うわべの優しさじゃなくて…。
ホントに 優しい人。

何か それだけでいいな。

(福田)光一さんは
どうなんですか? 条件は。

ホントに 年を重ねれば
重ねるほど 条件って

なくなっていくんだよね。
(かなで)えっ?

(ゆめっち)アピールというか…。

これも 分かったの。

(福田)あ~…。
(かなで)そうか そうか そうか。

自分が 好きやなと思って
いかないと

それは 成立しないタイプの人間。
やっぱ…。

ホンマや!
(ゆめっち)ホンマや!

[この後 料理に使える
絶品ぽん酢 登場!]

うまーい!
新たな発見ですね。

[さらに…]
好かれたいとかいうときに

どこに座る?
[光一 心理テストで

かなでに 恋の予感!?]
(かなで)光一 射止めた!?

[ぽん酢の専門家 藤島さん
お薦めの絶品ぽん酢]

[続いて ご紹介するのは…]

(藤島)ぽん酢って 鍋だけじゃない
っていうところを

知っていただきたくて。

(藤島)まるで ジュースのように
飲める みかんぽんず。

(かなで)うわっ! おいしそう!
もう おいしそう!

私 マジで 今 ずっと

何で 全部 柚子なんやろう?
みかんで造ったら

おいしいんちゃうかなって
思ってたんですよ。 あんねや!

(藤島)
福岡の 老舗のお醤油醸造

青柳醤油さんっていう所が
造っている ぽん酢なんですけど。

(藤島)お醤油が入っていない
ぽん酢なんですけど 完全に…。

(ゆめっち)みかんジュースだ!
(藤島)九州産の みかんを使って

一つ一つ 手作業で
造ってらっしゃるんですけど

氷砂糖とかで造った
シロップを合わせた

甘味が しっかりある
ぽん酢なんです。

もうね 福岡って聞いただけで
まずいわけがない。

(藤島)もちろん
鍋で使うっていう方法も

あるには あるんですけれども
これは

オリーブオイルとか
そういうものを混ぜて

ドレッシングみたいな形に
していただいて カルパッチョ。

(ゆめっち)カルパッチョ!?
あ~ これは おいしいじゃない。

(ゆめっち)いい香り。

(藤島)果汁だけじゃなくて
出汁が入ってるところが

食品を おいしくしてくれる…。

おいしい!
(福田)うーん! おいしい。

塩味は そんなに いないけど…。

(福田)確かに…。

(福田)ドレッシングみたいな感じ。
そう。 ホント フルーティー。

うまーい!
これ ちょっと…。

(藤島)これ やっぱり…。

(剛・光一)なるほど。
(藤島)なので カルパッチョとか

あとは ヨーグルトとかに
掛けていただいて。

(藤島)お料理が楽しくなる
ぽん酢なんです。

[ぽん酢の専門家 藤島さん
お薦めの絶品ぽん酢]

[最後に ご紹介するのは…]

(藤島)料理のアレンジに 使ってほしい
柚子こしょうぽん酢。

(福田)お~! 柚子こしょう!
きた。 柚子こしょうぽん酢。

(藤島)これはですね
大正7年に 創業

京都の祇園で生まれた
ぽん酢なんですけれども。

(藤島)そこが ぽん酢を
造ってみようということで

造った 柚子こしょうぽん酢。
まず…。

(藤島)そして…。

(藤島)これが…。

(藤島)みたいなのが
すごくある ぽん酢なんです。

(藤島)辛いし やっぱり。

柚子こしょうを こう
やること あるじゃない。

それを せんでもええってこと?
(藤島)そうです。

[柚子こしょう入りの ぽん酢]

[いったい
どんな味なんでしょうか?]

おっ!
あ~ すごいな これ。

これ うまいね!

(かなで)これ ヤバい。
(福田)おいしい これ。

(ゆめっち)
結構 きますね。 辛い…。

(藤島)ちょっと 強めなので。
でも もう…。

ちょっと うまいぞ これ。
だけど この 柚子こしょうが

ぐって 締めてる。
おいしい!

よかった! これ 知らんと
人生 生きてたくなかった。

[お鍋に合うのは
もちろんのこと

この柚子こしょうぽん酢を
使った…]

(藤島)もちろん こうやって 鍋で
召し上がってもいいんですけど…。

(藤島)これを掛ける…。
おいしそう!

[そうなんです]

[簡単かつ 一味違ったパスタが
できちゃうんです]

(福田)
楽しませてくれるわ ホンマ。

(ゆめっち)すごいね。
うまい。

おいしい!

(藤島)これも ぽん酢だけで…。

(藤島)もちろん
ガーリックとか お好きな方は

好きな調味料 入れていただいても
いいんですけど

味付けは 上から
ぽん酢を掛けるだけなんですね。

俺 普通に ただ 飯 食うてる人に
なってるけど 大丈夫?

ご飯 何 食べていいか
分かんないなとか

何にしようかなのときに
取りあえず パスタにするかで

だいたい ペペロンチーノとか 楽だから
いつも 作っちゃうんですけど…。

(福田)納豆とかも いい気する。
あ~ 絶対 合うね。

(福田)あのたれが
ちょっと 飽きたときに。

3時のヒロインの皆さんは
どうですか?

(福田)私 ホントに…
めっちゃ 難しいんですよね。

何か これって…。

そうやね。
ホンマやな。

同じ格闘技だけど
団体が違うやつやんな。

RIZIN!

私 もう 全部 好きなんですけど

1つ目の
これのインパクトが…。

(ゆめっち)分かる。
おいしかったよね これね。

(福田)
何に付けても 絶対 おいしい。

(福田)王道の味?

みかんも 結構…。

(かなで)みかんも おいしい。 私は
この柚子こしょうぽん酢ですかね。

最後のね。

ゆめっちは どうですか?
ホント 全部 いいんですけど

この 海の男が造った…。

(ゆめっち)なのに
こんな スタイリッシュっていう。

(ゆめっち)味も その…
初めて こういった 色が

ちょっと 薄めのやつを
いただいて…。

俺 ここで迷う。

あ~ そこでね。
この2つ 大好きでした。

この辺がさ おいしいのは
もう 分かる 分かる。

分かる! 分かる! おいしいねん。

でも 何か…。

君たち! って感じ。

(かなで)「君たち!」

この3本が
めっちゃ おいしかった。

特に お気に入りという。

このさ…。

マジで?

(ゆめっち)褒められた。

成長したね。

めちゃめちゃ 上目線やん。

[5人の お気に入りぽん酢も
決まったところで

ここで 光一から 女性陣へ
最後の質問が]

食事の席とかで

この人に
好かれたいとかいうときに

どこに座る?

例えば 4人だったら
隣 前 その横って あるよね。

どこが… どこに座りますか?
(福田)私は 前に座ります。

私 横です。

選択肢の中で 遠い所。
ていうと 斜め前。

えっ! えっ! えっ! 射止めた!?

(かなで)射止めた!
(ゆめっち)射止めた!?

(かなで)光一 射止めた!

(ゆめっち・福田)へぇ~!
ご参考に。

ポジションの説明なのか
それとも ホントに 光一さんの…。

(かなで)今日の…。
何か…。

[本当に 斜め前の席に座ると

意中の相手を
射止められるのか?]

[光一が
理由を 教えてくれなかったので

文京学院大学の 小林 剛史先生に
伺ったところ

人は 左視野を
無意識に 見る傾向があるため

好意がある相手から見て
左側に座ると

相手の記憶や 印象に残る可能性が
高くなります]

[しかし 光一の言うように
斜め左前の席も いいですが

距離の近い 左隣に座った方が

脳内の感情的な処理が 刺激され
相手に対して

魅力を感じる可能性が
高くなるため

左隣に座ることも
お薦めなんだそう]

[皆さんも
よかったら 使ってみてください]

[光一王子の 心理テストで

見事 射止めた かなでさんが
一歩 リード]

[果たして…]

いいよ。
(3人)決まりました。

では 皆さん
最も フィーリングが合うと思った方を

名前を言いながら
指さしを お願いします。

せーの…。

[この後
まさかのカップル誕生!]

お前らで やってくれ!

[3時のヒロイン念願の

キンキとの
ガチフィーリングカップル]

[ぽん酢を食べながら
お互いのことを知っていった

5人。 果たして…]

せーの…。

(ゆめっち・福田・かなで)剛さん。
福田さん。

お前らで やってくれ!
お前らで やってくれ!

[何と 3時のヒロイン
3人とも 剛を選んだ!]

[一方 キンキの2人は…]

僕は 福田さんって言った。
(福田)え~! うれしい!

光一さんは?
俺も そうです。

私ですか!?

(かなで)ふざけんじゃないですよ。
(福田)うれしい! びっくりした!

(ゆめっち)何 見てんすか!?

その福田さんは?

剛さんって言いました。
じゃあ ここが カップル成立。

フィーリングカップルになった。
やった! カップル成立した!

何でですか? 何でですか?

みたいなことが
想像できたのかな。

何か 麻貴 いくんだ
みたいな感じの雰囲気

出てたんですけど 結構…。

ありがちですよ。 普通の男ですね。
(かなで)普通の男でしたわ。

(かなで)普通の男でしたわ。
僕 単純に ちょっと…。

(福田)
え~! どういうところですか?

お二人が こういうキャラだから
たぶん…。

よく分かってらっしゃいますね。

(かなで)ただ…。

(ゆめっち)しっかりして。
(かなで)私…。

(かなで)私も 光一さんと一緒で
結構 追い掛けられると

ウッてなっちゃうんですよね。
俺 追っ掛けたか!?

(かなで)何か 「射止めた!」とか
追い掛けられて。

(かなで)1回 追い掛けられたんで
あっ ちょっと 何か これは

自分から あんまり
好きになれないなと思って

剛さんに いったんですよね。
あれっ? おかしいな。

俺 1回も
追っ掛けへんかったけどな。

私 ちょっと…。

タイプなんですよ。
さっきから ずっと…。

(ゆめっち)
体ごと 私の方 向いてるから

こっちから いくしかないなって
思って 剛さんって言ったら…。

スタイリストさんに謝れ。
アスパラベーコン?

誰が アスパラベーコンなんですか。
(かなで)このアスパラベーコンに…。

(福田)私も ちゃんと
フィーリングカップルらしく こっそり

コロコロしてたんですよ。
コロコロしてたんや。

こうやって 短時間しか
一緒にいないけど ミリ単位で

人の心 寄り添ってくれることが
できる人だと思ったんです。

その一方で…。

(福田)で 最初 剛さんだなって
思ったんですけど

途中 無邪気な光一さんに

1回 コロッて
いきかけたんですけど。

(福田)やっぱ 最終的に いろんな
気遣いをしてくれそうな

剛さんの方に いったんですけど。

でも 私のこと 分かってたから…。

もう 遅え!
あーあ…。

(かなで)消去法で。
(ゆめっち)「じゃ」

すごい ぜいたくな
フィーリングカップルしちゃった。

フィーリングカップル。
やりましょう!

いや 次ね…
次 変わっちゃうかもしれないし。

これ メインで やりましょ。
フィーリングカップルメインの…。

装置で やりましょう。
自腹でね。 33万ずつさ。