世界くらべてみたら3時間SP★有村架純がノルウェーオーロラチャレンジ!上白石萌音…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

世界くらべてみたら3時間SP★有村架純がノルウェーオーロラチャレンジ!上白石萌音

[字][デ] 世界の大阪王将!驚きの餃子が続々登場★アラスカ世界最北レストラン★湖池屋新作スナックは世界で通用する?★有村架純ノルウェー中継オーロラ見られるか?

番組内容
▼視聴者の疑問
Q.世界にジャンケンはある?各国の変わったジャンケンをご紹介
Q.ブラジル人は全員サッカーが上手い?サッカー大国で検証!果たして結果は…
▼世界の大阪王将くらべてみたら?
「タイ」餃子を使った驚きのオリジナルメニュー
「シンガポール」なぜ?大阪王将に定食メニューが豊富!?
「中国」本場中国で日本の町中華・大阪王将は受け入れられるのか?
番組内容2
▼世界のこんな所にレストラン!
「ジャマイカ」 カリブ海にある●●でしか行けない!?絶景レストランに潜入!
「アラスカ」 片道8時間!世界最北ドライブインレストランへ!極寒の地ならではの苦労とは?
▼湖池屋新スナックは世界で通用する?
ミートドリア味はイタリアへ!ガーリックシュリンプ味はアメリカ・ハワイへ!本場で通用するのか?
▼有村架純が行きたい国・ノルウェーと中継!収録中にオーロラは現れる?
出演者
【MC】国分太一/上白石萌音
【SPゲスト】有村架純
【ゲスト】千原ジュニア/山崎弘也/アンミカ/くっきー!/錦鯉/ジェシー/鬼越トマホーク/矢吹奈子
世界各国の外国人14人
スタッフより
有村架純さん思い出の地ノルウェーと中継!現地オーロラハンターにも力を借りてリアルガチでオーロラにチャレンジ!果たして…?有村さんは喜んでくれました!
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/sekakura/
◇公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCAyMJ_TPe0d-XVbKVIWeWpA/

ツイッター
番組公式ツイッター「@sekakura」!
収録の裏側やスタジオ外国人のおもしろ情報など発信中です!
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 日本
  2. 大阪王将
  3. レストラン
  4. 山崎
  5. 餃子
  6. シンガポール
  7. ジャンケン
  8. タイ
  9. アメリカ
  10. 世界
  11. 中国
  12. 湖池屋
  13. ブラジル
  14. 女性
  15. 上海
  16. 調査
  17. ホント
  18. 今回
  19. 時間
  20. ジェシー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<今年で>

<これまで 番組ホームページや
公式Twitterに>

<今回は
その質問にお答えするべく>

<いたします>

<まずは 番組ホームページに寄せられた
こんな疑問>

<日本では
かくれんぼの鬼を決める時や>

<1つだけ残ったプリンを
誰が食べるか モメた時など>

<日常的に行われるジャンケン>

<を表し>

<日本人なら 知らない人がいない
このジャンケンだが>

<世界の いろんな場所で>

<を聞いてみた>

<まず調査するのは
日本から およそ10時間>

<アメリカの子どもたちに
みんなの中で>

<まずは 公園で遊んでいた
女の子2人組>

<と>

Rock Paper Scissors Shoot!
Rock Paper Scissors Shoot!

Rock Paper Scissors Shoot!

<何と アメリカでも
ジャンケンをしていた!>

<日本とは若干違うが
グーチョキパーの勝負は全く一緒>

なるほどね

<石 紙 ハサミの頭文字を取って
RPSと呼ぶようだ>

<こちらの男の子2人も>

<石 紙 ハサミの
3すくみの勝ち負けも同じ>

<アメリカでは 子どもも大人も>

<日本のジャンケンと同じRPSで
いろいろ決めているらしい>

<しかし今回 インタビューした中には
こんな子どもたちも>

<しかも よく見ると
グーチョキパー以外の>

<さっきの ロック ペーパー
シザースから 2つ増えている>

<これぞ
アメリカの>

<何と 3すくみどころか>

<5すくみのジャンケンで>

<通常の 石 紙 ハサミに加え>

<指の形でトカゲを表した
リザード>

<そして
スポックと呼ばれるものが>

<そう スポックとは アメリカ人なら
誰もが知っている>

<5種類の中から選ぶ
そのジャンケンは>

<グーは チョキとトカゲに勝つが
パーとスポックに負ける など>

<3すくみのジャンケンより
かなり複雑なルール>

<これは アメリカの
人気コメディー番組>

<「Big Bang Theory」の中で
紹介され>

<子どもたちの間で
大流行したのだという>

<コーディネーターのボビーも
そのムズいジャンケンに まぜてもらった>

ロック ペーパー シザース
リザード スポック!

ああ~!

ロック ペーパー シザース
リザード スポック!

ロック ペーパー シザース
リザード スポック!

あっ 出してみたらスポック

全然意味分かんない
またいこうってなっちゃった

<と アメリカでも>

<続いて調査するのは
日本から およそ30時間>

<調査してくれるのは>

<子どもの頃 8年間
日本に住んでいて>

<もちろんジャンケンも知っている
ナタリアさんが調査>

<ブラジルのみんなに
人気の>

ジャーケンポー

ジャーケンポー

ジャーケンポー

<グーチョキパーの手の形から>

ジャーケンポー

<「ジャンケンポン」と聞こえる掛け声まで
日本にそっくり>

<そう その名もジャーケンポーと>

<やはり 日本のジャンケンポンに
そっくり>

<やはりグーチョキパーの意味まで
全く同じ>

<こちらのお父さんたちも>

<どうやらブラジルでは
日本人がジャンケンポンを伝え>

<それがなまって
ジャーケンポーとして定着したようだ>

<高級ステーキをかけた
ジャンケン真剣勝負がスタート>

アハハ お母さんの勝ちです

<さすがブラジル
街録のジャンケンでもテンションが高い>

<ということで
ブラジルも>

<このように
アメリカにもブラジルにも>

<が>

<そもそも この>

<と語るのは>

<様々なジャンケンに関する本を出版>

<世界の子どもの
遊びや文化を取材する>

<ジャーナリスト
稲葉茂勝さん>

<ジャンケンのルーツは
平安時代に中国から伝わった>

<3すくみの手遊び
「虫拳」だといわれ>

<それが日本の庶民の間に
広まるうち>

<現在の形に
アレンジされていったのだという>

<江戸時代の浮世絵師 歌川広重が>

<子どもたちの遊びを描いた
浮世絵にも>

<すでに 現在のグーチョキパーの
ジャンケンをする子どもの姿が>

<確かに描かれている>

<石 紙 ハサミと>

<子どもでも 見た目で
勝ち負けが分かりやすい手遊びは>

<江戸の庶民に>

<なったといわれ>

<ということはアメリカにもブラジルにも
日本から伝わったのか?>

<稲葉さんによると
日本の鎖国が解かれ>

<明治時代に入り>

<イギリスやアメリカなど多くの国々に
日本人が進出するようになると>

<言葉も通じない外国で
交流する際>

<となり>

<その>

<というのだ>

<しかし調査を続けると
こんな国も>

<インドネシアは
東南アジアの中でも>

<日本企業や外食チェーンも
多く進出しており>

<そんな>

<日本のジャンケンのようで
全然違う>

<まずは握手してから>

<中国の虫拳のように>

<スイーと言いながら
何やら>

<と ここで問題>

<このインドネシアのスイー>

<親指はゾウ 人さし指は人間>

<では>

<錦鯉の長谷川さん
10秒でお答えください>

<正解は こちら>

<さらに>

世界
くらべてみたら

ということで 本日もみなさん
よろしくお願いします

そして

ちゃんで~す

(山崎)へえ~
嬉しいですね~

いや でも この…

さあ そして

錦鯉のお二人で~す

どうも~ こーんにーちはー!

うるせえな

(長谷川)ありがとうございます
(渡辺)ありがとうございます

あら そんな…

はい

あの…
今のところ

そうだ そうだ

いきます
お願いします

こーんにーちはー!
うるせえなあ

♬~「ハリー・ポッター」は作り話

言っちゃダメだよ

はい
はい

良かったんだね
≪OKです

(アベディン)錦鯉

それ言われたら もう

<インドネシアのジャンケン
スイー>

<親指はゾウ 人さし指は人間>

<では>

<正解は こちら>

<インドネシアの>

<そう>

<3すくみで勝負が決まるが>

<出す手の意味は全然違う
インドネシア式ジャンケン>

<ということで
インドネシアには>

<続いて調査するのは
日本から およそ9時間>

<インドにも
ジャンケンがあるのか>

<と ここで問題>

<インドのみなさんが>

<何だと思いますか?>

<有村架純さん
10秒でお答えください>

えー
難しい

う~ん 何か

体で表現

<正解は こちら>

<インドのみんなが>

<男性が取り出したのは
インドのコイン>

<ということで>

<のが伝統的>

<そして こちらの男性たちは>

<何だか
みなさん モメてますが>

<と 突然 靴を脱ぎ>

<こちらは コイントスではなく>

昔から

<と コインや靴の表裏で
勝負を決めるインド>

<ということは>

<調査の結果 インドで>

<しかし
こちらの公園で遊んでいる>

<子どもたちに聞いてみると>

<グーがロックではなくストーンと
言い方は違うようだが>

<これはもしかしてジャンケン?>

<何と 子どもたちは
ジャンケンで決めていた>

<大人たちには あまり
知られていないジャンケン>

ジャンケンポン!

<そう ジャンケンで平和を守る>

<ということでインドでは 大人は
あまりジャンケンを知らなかったが>

<日本のアニメの影響で>

<子どもたちには
ジャンケンが大人気でした>

どうなんですか? みなさんの国

(サコ)コイン使う
コイントス

だけど

イランいいですか?

骨が

<ということで…>

<を調査してみた>

<今年 開催される
カタールワールドカップ>

<ともいえる そのワールドカップで>

<を誇る>

<日本でもサッカーといえば
ブラジルと思いつく人も多いが>

<ブラジルの人たちは>

<今回 調査するのは>

<街を歩くと
ボールを蹴る子供たちの姿が>

<あちらこちらに見える>

<やはりブラジルは>

<そんな>

<どれだけサッカーがうまいか
リフティングをしてもらう>

<果たして ブラジルのみんなは
クリアできるのか?>

(一同)おお!

<世界のサッカー大国
ブラジルの人たちは>

<みんな
本当にサッカーがうまいのか?>

<果たしてブラジルのみんなは
クリアできるのか?>

<まずは こちらのお父さん>

<と そんなお父さんに
サッカーボールを渡すと…>

<結果は8回と
若干 体は重たそうだが>

<背中にボールをのせるなど>

<日本のおじさんよりは
上手なようだ>

<続いては こちらのサラリーマン>

<の男性>

<仕事用の革靴で
見事なリフティング>

<さすが
ブラジルのサラリーマン>

<続いては こちらの男性>

<元ブラジル代表のキャプテン>

<カフーと
サッカー仲間だったという男性>

<その実力は?>

<と ギリギリながらも
見事 10回クリア>

<続いて挑戦するのは
こちらの60代のお父さん>

<60代とは思えない
見事なリフティング>

<その後も
街で声をかける男性全て>

<見事なリフティングを披露>

<…と 今回お願いした男性>

<では
ブラジルの女性は どうなのか?>

(コーディネーター)
では挑戦してみてください

<大きなカバンを押さえながら>

<見事なリフティングを披露>

<続いては こちらの女性>

<十分>

<と 今回 お願いした女性も何と>

<半数がリフティング10回以上をクリア>

<そして 今回
あのアルゼンチン元代表のサッカーレジェンド>

<サネッティと
同級生だったという>

<ブラジルコーディネーター
福永さんから>

<こんな情報が…>

<さらに湖池屋の新商品を>

<世界の
みんなに食べてもらったら>

<一体 どんな反応をするのか調査>

おいしいかい?

ハッハッハ 7歳が

<ということで ブラジルのみんなは>

<男性も女性も ほぼサッカーがうまい>

<ということが分かりました>

≪すごい

確かに そうですよね

書いてあったんですけども

ノルウェー!

その方が

今までで

実はですね 今回

えっ!?

(山崎)うわ 寒そっ!

ノルウェー

こんばんは

そうなんですよ

そうです

今日の中継は…

かわいい

えーっ

(山崎)あの時の?

嬉し…

ということなので

もう祈りながら はい

いや 見たい…

よろしくお願いします

<世界の色んな場所で…>

<をくらべてみた>

<日本を代表する
町中華チェーン>

<年間 何と1900万人以上の
お客さんが訪れるという>

<そんな
大阪王将の看板メニューといえば>

お待たせいたしました

<そう>

<1969年の創業以来>

<50年以上 売上1位を誇る
大阪王将の焼餃子は>

<毎日何と
5万人前も売り上げる>

<来店客の
ほとんどの人が注文する大定番>

<と 大阪王将で大人気の焼餃子は>

<その鮮度を保つため>

<各店舗で一個一個
手で包んで提供されている>

<そして>

<関西風の醤油あんがかかった
ふわふわの卵が大評判の>

<ふわとろ天津飯>

<さらに
懐かしい醤油スープの中華そばと>

<今や知らない人はいない>

<日本が生んだ
町中華を代表するチェーン店>

<そんな大阪王将は>

<さらに
世界中には>

<何と
広報さんも びっくりするほどの>

<驚きの進化を遂げているという
世界の大阪王将>

<日本から生まれた町中華>

<大阪王将が世界に進出したら>

<どんな驚きメニューが
生まれているのか?>

<まずは日本から およそ6時間>

<「微笑みの国」と呼ばれるタイ>

<世界三大スープの一つに
数えられる>

<トムヤムクンを筆頭に>

<独特な食文化を持つタイだが>

<首都>

<暮らしており>

<日系人が経営する
町中華の店もあり>

<日本人が想像する以上に>

<そんなタイのバンコクに
大阪王将は2012年に進出>

<そんなタイの
大阪王将メニューは>

<一体どのように
進化しちゃっているのか?>

<以前 タイの
モスバーガーを調査してくれた>

<今回もカメラの下から>

<の中西さんは>

<この高田純次的
下からオープニングを>

<なぜか このオープニングにかける
熱量がハンパない>

<向かったのは
バンコクの中心地にある>

<シーロムというオフィス街の
一角にあるタニヤ通り>

<この辺りは日系企業も多く>

<日本のレストランなどが多く集まり>

<日本語の看板が
街じゅうに あふれている>

<そんな日本人街の一角に>

あ… ありました ありました
あそこですね

餃子の看板がある

<お店の外には ひと目で分かる
巨大な餃子の看板が>

<店内に入ると…>

サワディーカー

<中の造りは
日本の町中華というより>

<ちょっと高級な
中華レストランといった感じ>

<しかし壁一面には
通天閣やビリケンさん>

<阪神タイガースのような
縦縞などが描かれ>

<結構>

<そんなタイの大阪王将
看板メニューが>

<こちらが
タイの大阪王将の焼き餃子>

<6個で およそ343円と>

<日本より ちょっとお高め>

<現地の食材を使い
可能なかぎり>

<日本と同じく
お店で一つ一つ 手で包んでいる>

<日本の味が堪能できる焼き餃子>

<しかし>

<世界 こんなところにレストラン>

<アラスカ北極圏に>

<ポツンと1軒だけあるレストランに>

<行ってみたら…>

<日本の味が堪能できる
タイの大阪王将 しかし>

<何とタイでは
つけダレが6種類も出てくる>

<醤油ベースに
香味ダレを合わせた甘辛ダレ>

<スイートチリソースの全6種類>

<タイで餃子といえば
揚げ餃子や水餃子が主流>

<そこで 日本の
焼き餃子を食べてもらうために>

<タイのみんなが好む味を
一とおり用意したのだという>

<刻んだ唐辛子に
ライムのジュースで酸味を加えた>

<タイではシーフードなどにつけて
食べるソース>

<その味は?>

うん!

普通 エビとか カニとか

お魚につけるんですよ
シーフードのソースって

これ 普通に

<続いては>

じゃあ 次 この

いってみたいと思います

<タイ料理には欠かせない>

<パクチーをふんだんに使った
マヨネーズソース>

<タイでもパクチーとマヨネーズの
組み合わせは珍しく>

<大阪王将 オリジナルのソースだというが>

すごい

すごく さっぱりする感じ

<全6種類 色んな味で
焼き餃子を味わえる>

<タイの大阪王将>

<さらにタイでは
餃子が驚きの進化を遂げていた>

<野菜の下にあるのは
茹でた餃子>

<茹でた餃子に野菜や春雨などを
甘酸っぱく 辛い味付けにした>

<タイのサラダ ヤムを加えた>

<オリジナル
餃子メニュー>

<タイの大阪王将でしか
食べられない その味は?>

あ…

<一時 思考が停止するほどの
激辛メニュー>

<さらにメニュー表を見ると>

<コーン餃子やチーズ餃子>

<そして麻婆ソースを
たっぷりかけた麻婆餃子が>

<さらに
デザートとして>

ちょっと
待ってください

<何と
あんこを餃子の皮で包んで揚げた>

<あんこ餃子まで>

<その味は?>

うん!

<こうしたメニュー開発の成果もあり>

<タイで日本の焼き餃子が>

<知られるように
なってきたのだという>

<何とタイでは
焼き餃子を>

<中華料理ではなく 日本料理と>

<認識している人が多かった>

<そして タイの大阪王将>

<ご当地メニューをご紹介>

<何と
ふわとろ天津飯に>

<カレーが
かかっているカレー天津飯>

<もはや
オムレツカレーとも言えそうな>

と同じですね ただ

<そう>

<タイ全土で爆発的にヒット>

<今では>

<ほど 現地では
日本のカレーが愛されている>

<続いて タイ・大阪王将の>

<オススメメニューが>

これは…

<何と 大阪王将で>

<親子丼が出てきた>

<見た目は ごく普通の
親子丼のようだが>

<日本の
親子丼と違うのは?>

じゃ いただきます

<味は日本の親子丼そのまま>

<その違いは>

<ところだけらしい>

<他にも 日本の
大阪王将にはない>

<など丼メニューが食べられる>

<ということで タイで大阪王将は>

<町中華というより>

<おいしい日本料理が食べられる>

<お店として大人気だった>

<続いては
日本から およそ7時間>

<東京23区と
ほぼ同じ広さしかない国土に>

<545万人の
人々が暮らすシンガポールは>

<街なかには
本格的な中国料理から>

<リーズナブルな屋台の中華>

<さらに 中国料理と>

<マレーシア料理が合わさった>

<シンガポール独自のプラナカン料理など>

<国>

<そんな
シンガポールに>

<果たして
シンガポールの大阪王将のメニューは>

<どんな進化を遂げているのか>

ふわり

<シンガポール非公認の自称>

<以前 シンガポールの>

<東南アジア一のクセを持つ>

<ハイテンションLADY>

<シンガポール政府が主催する>

<国内最大級イベントで>

<日本代表ダンスチームの振り付けを>

<担当した すごい人>

高さ22m 長さ128mの

吊り橋の上にいるんです

ここからは シンガポールの

景色が一望できてしまう

絶景スポットの一つなんです

<こちらは 2012年にできた>

<シンガポール最大級の植物園>

<ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ>

<からは>

<マリーナベイ・サンズをはじめとする>

<これぞシンガポールという
景色が一望できる>

<人気の絶景スポット>

見てください

<ダンスに小芝居が乗っかり>

<さらにクセが強くなる姉さん>

<シンガポールの大阪王将は>

<国内有数の繁華街の>

<巨大ショッピングモールに
あるという>

<日本の いわゆる町中華とは違い>

<シンガポールでは オシャレな>

<レストランの装い>

<それでは お店の中へ>

<日本とは違い
カウンター席はなく>

<ボックス席がメインで>

<まるで ファミレスの
ような雰囲気だが>

<その理由を
日本人の担当者に伺うと>

と なっております

<実はシンガポール
住居や家賃が高いため>

<一人暮らしをする人が少なく>

<8割の人が家族と
一緒に住んでいる>

<外食をする時は>

<家族で出かける人が多いので>

<テーブルや
ボックス席だけにしているという>

<そんなシンガポールの大阪王将>

<看板メニューが>

ああ~
餃子

<シンガポールも
看板メニューは焼き餃子>

<物価が高いシンガポールでは>

<他のお店で焼き餃子を食べると>

<600円以上はするため>

<320円は かなり破格のお値段>

<食べ方は日本と同じ>

<酢醤油ベースの餃子のタレ>

しております

<日本と同じように>

<果たして シンガポールのみなさんが>

<そう シンガポールの中華料理にも>

<のものが主流>

<そのため>

<と 日本風焼き餃子として>

<シンガポールで 徐々に人気に>

<なっているのだという>

<そんなシンガポールの大阪王将には>

<日本にない ご当地メニューが>

ああ~

おお~

<こちらが シンガポール
オリジナル>

<辛そうな色のスープに>

<揚げ焼きした豚ロース肉が>

<ドンとのった
このラーメン お値段…>

<辛いものが好きな
シンガポールのみなさんに合わせ>

<山椒や唐辛子を入れた
辛口スープのラーメン>

<肝心なお味の方は?>

うん

<麺はツルツルした
食感の中太麺で>

<スープは 日本の
坦々麺に似ている感じ>

<続いて>

<の方は>

<実は シンガポールでは>

<街には 日本でも大人気の>

<一風堂や ラーメン凪など>

<多くのラーメン店が進出>

<も開店し
今やラーメン激戦区に>

<そこで>

<シンガポールでは チャーハンにのせて>

<よく食べるポークチョップ こちらを>

<したのが
このポークチョップラーメンなのだ>

<他にも
中国では一般的に食べられている>

<豚軟骨をのせたラーメンなど>

<日本にはない
シンガポールの>

<していた>

<と ここで>

<日本で人気の>

<だったものの
さっぱり注文されず>

<3年前に やめてしまったという>

<そんなシンガポール・大阪王将の>

<オススメメニューが>

おお~

<えっ>

<餃子が3つ
申し訳なさそうについているが>

<メインは あくまで鮭の照り焼き>

<いわゆる焼き魚定食>

<何とシンガポールの大阪王将>

<お魚定食的セットメニューが ずらり>

<日本のお店だと
分かってもらえるようにと>

<サーモンの他にも
焼いたサバがメインの定食も>

<では 照り焼きサーモン定食の>

<味は どうか?>

うん

<そんな
シンガポールの大阪王将に来ていた>

<お客さんに
こんなことを聞いてみた>

<ということで
シンガポール・大阪王将は>

<中国と日本が融合した>

<新たな料理が
食べられるお店として>

<大人気でした>

<続いては
日本から およそ4時間>

<世界三大料理の一つに
数えられる中国料理>

<その中でも 中国全土の>

<おいしいものが集まる
グルメの街・上海に>

<大阪王将は>

<果たして 美食の街・上海で>

<日本の町中華・大阪王将は>

<受け入れられているのか>

<パンダ大好き
上海在住のソンランさん>

<高学歴の
持ち主>

<さらっと>

<を入れ込んでくるソンランさん>

<やってきたのは
上海中心部にある>

<随一の繁華街 南京東路>

<巨大繁華街の中にある>

<こちらのショッピングモールに>

<大阪王将があるという>

アップルストアなど 人気店とか

話題店が
たくさん入っております

<そんな高級ショッピングモールの4階で>

<日本の大阪王将を発見>

<すると>

何と

<こちらが大阪王将 上海1号店>

<まだ お昼前の11時だというのに>

<お客さんが待っている>

<そして お店の>

見ててください

<何と
入り口に>

<鎮座
するのは>

グリグリグリ

グリグリグリグリ
はい

<と ちゃっかり御利益を>

<授かろうとするソンランさん>

<上海にある大阪王将
店内は>

店全体は何か

お店の雰囲気ですね

<店内は 日本の町中華とは違う>

<オシャレで
モダンなイメージの内装>

<中に入ると>

<で お出迎え>

<オープンキッチンスタイルが>

<大阪王将の名残を
若干 残しているが>

<では 上海・大阪王将>

<その看板メニューをご紹介>

どうぞ
わあ~ すごい

<本場・中国の上海店でも>

<大阪王将の
看板メニューは焼き餃子>

<およそ266円>

<日本と同じく>

は~い う~ん

あっ うん

あります

でも 大阪王将の焼き餃子の方は

皮が 薄さが特徴なんですね

<そして 上海・大阪王将>

<それは>

<何と餃子にマヨネーズ>

<大阪のお好み焼きみたいに
なっちゃってる>

<日本人から見ても
違和感があるが>

<果たして その味は?>

いただきます

うんっ う~ん

<この>

<具をメインにした
日本の焼き餃子は>

<中国の餃子とは
ちょっと違う>

<日本の料理として
中国でも通用していた>

<中国の人たちから見ると
日本の餃子ライスや>

<中華弁当に
おかずとして入っている餃子は>

<かなり奇妙に見えるのだという>

なもんだ

<では そんな中国・上海の>

<大阪王将のご当地メニューは>

<うん? 豚骨ラーメンが>

<ご当地メニュー?>

<コロナ以前
日本を訪れた中国人観光客たちに>

<日本の豚骨ラーメンが大人気に>

<中国本土でも
日本のラーメンといえば>

<豚骨ラーメンだというイメージが
定着したのだという>

<そんな 中国のみんなの
イメージをメニューにした>

あっ

中国のラーメンは麺と具には
力入ってるものなんで

で 日本のラーメンはスープに
力入ってるものという感じですね

<日本の町中華を代表する
焼き餃子や豚骨ラーメンは>

<実は
どちらも中国料理にはない>

<日本独自のもの>

<そんな
日本で進化した中華料理を>

<中国のみんなは
どう受け止めているのか>

<中華料理の本場・中国で
大阪王将は>

<ちなみに日本の大阪王将の
看板メニュー>

<天津飯は?>

はい

<そう 天津飯も
戦後 浅草で生まれた>

<日本の料理>

<数年前まで
中国のお店で見かけることは>

<ほとんどなかったという>

へ~ なるほど

<そして 中国・上海の大阪王将
イチ押しメニューが>

<世界のお菓子が当たる
せかくらクイズ>

<今日も番組中に
合計6問のクイズを出題します>

HKT48 矢吹奈子ちゃんです

よろしくお願いしま~す
お願いします

(ジェシー)華やか

いや すごい
(山崎)え~ すご~い

もうホントに もう ホントに

すいません

(山崎)
そうそうそう ちょっといい?

(オジエル)
ああ かわいい

(オジエル)ああ ステキ

(ジェシー)女性限定です

くっきー!さんです

そんな
回り方なの?

(山崎)すごい!
鬼越トマホークのお二人です

僕らも…

ありがとうございます

(金ちゃん)恥ずかしい
(坂井)逃げろ逃げろ

えっ?
(オジエル)女性しか回らない ホントに

(坂井)話しかけないでもらっても
いいですか

すごいですね

<中国・上海の大阪王将
イチ押しメニューとは>

<何と 上海店一番のオススメは
たこ焼き>

<なぜ これが
上海のイチ押しなのか>

<2010年の上海万博で>

<日本産業館に出店していた
大阪のたこ焼きが大ヒット>

<それ以来>

<今では街に現地の人が
経営するお店があるなど>

<上海の街では定着している>

いただきま~す

<と 日本のたこ焼きは
飲茶の1メニュー的な料理として>

<受け入れられているようだ>

<さらに 上海の大阪王将には>

<大阪名物 お好み焼きと>

<同じくソースたっぷりの
焼きそばなど>

<大阪名物の粉もんメニューが
豊富にラインナップ>

<極めつきは>

お待たせしました

お~ すごい!

<何と 串カツまで>

いただきます

う~ん うん うん!

う~ん!

<もうこうなっちゃったら
町中華でもなく>

<大阪料理店といった
ラインナップだが>

<そう 中国・上海の大阪王将は>

<日本の町中華を
ベースとしながらも>

<中国のみなさんが好きなグルメタウン
大阪を全面的に押し出し>

<コロナ禍で旅行ができない
上海の人たちのニーズに応え>

<大ヒットしているのだという>

<ということで 中国の大阪王将は>

<グルメの街・大阪に行った気分が
味わえるお店として>

<行列のできる
人気店となっていました>

<世界で同じ質問をしたら>

<一体どんな違いがあるのか>

<世界の色んな場所で>

<を くらべてみた>

<世界には簡単に行けない場所や>

<なぜこんなところに?
と思うようなところにも>

<レストランがある>

<そんな変わった場所にある
レストランには>

<一体どんなお客さんが来て
どんなメニューがあるのか>

<普通に暮らしていたら
絶対に行かない>

<まず向かったのは
日本からおよそ18時間>

<中南米 カリブ海に浮かぶ
常夏の島 ジャマイカは>

<陸上100m
世界記録保持者>

<ウサイン・ボルトの
出身地としても有名な>

<そんなジャマイカには
知らないと絶対に行けない>

<とんでもない場所に
レストランがあるという>

<そして>

<を持つ
カリブの元気姉さん>

<美世子さんが
リポートしてくれます>

<その どうやって作ったのかすら
分からないというレストランへ>

<ここは ジャマイカの
隠れた観光スポット>

<と呼ばれる竹林>

<竹はジャマイカの各地で
自然に群生しており>

<古くから入れ物などの工芸品や>

<川を渡るイカダに利用されてきた>

<その竹が道路を覆う
自然のアーチのようになった>

<2kmほど続く道を抜けると>

<そして>

<ほどが経過すると>

<ジャマイカ
南西部にある>

<を眺めながら
車を走らせること>

<およそ15分>

<と ジャマイカ独立の
シンボルカラーの旗を目印に>

<車を降りた美世子さん>

<すると>

<見えてきたのは>

<と言っていたが>

<辺りを見渡しても>

<ただの自然のビーチで
それらしきレストランは見当たらない>

<ここで>

<美世子さん いきなり>

<をかけ始めた>

<レストランが混んでいるのか>

<レゲエを聴きながら
のんびり待つこと10分>

<そして>

<収録中にオーロラは現れるのか>

<えっ?>

<やってきたボートに乗り込み
他のお客さんと相乗りで海へ>

<カリブ海を進むも
見えるのは ほとんど海だけ>

<こんなところに
レストランはあるのか?>

<のようなものが>

<あの小島に
レストランがあるというのか?>

<その島に>

<何と そこは島ではなく>

<海のど真ん中に
レストランだけが たっている>

<こちらが ジャマイカにある>

<ボートでしか行けない
絶景レストラン>

<海の上に足場を組み>

<その上に屋根付きのお店が
建てられている>

<なので
このレストランの周りは>

<カリブ海の中に
ポツンと建てられたレストランは>

<桟橋部分を含め
広さはおよそ115平方メートル>

<が張られており>

<屋根は藁で覆われているが
壁はなく>

<中には木製のテーブル席が2つに>

<ベンチが4つ>

<さらには 調理場や
バーカウンターが設置されている>

<ここ ペリカンバーは
海の中にポツンとたつ>

<レストランということで>

<その>

<来店記念にと>

<などを
観光客が置いていくのだという>

<店内に>

<この海にポツンとたつ
レストランは>

<ハリケーンが来ないかぎり
毎日 午前10時から>

<太陽が沈む夕方6時まで営業>

<1日およそ100人ほどのお客さんが
訪れるのだという>

<1998年頃>

<漁師仲間が休憩する場所として
小さな小屋を建設>

<地元でも珍しいと話題になり>

<2001年にレストランとして
営業し始めたのだという>

<何と こちらのペリカンバー
全て>

<したもの>

<陸から船で
運んできた木を>

<海につかりながら
ハンマーで打ち付け>

<足場となる木 一本一本>

<波に流されないよう
固定していったという>

<しかし
美しいカリブ海の真ん中に>

<建物を作っちゃって
大丈夫なのか?>

<そう フロイドさんは
レストランを建てる時>

<ジャマイカの観光省に許可をもらい>

<くいを打つ時も
珊瑚礁を傷つけず>

<よけながら建てたのだという>

<そんな海の真ん中にたつ
このレストランでは>

<どんな料理が出されているのか>

<そう このレストランの自慢は
この周辺の海でとれた>

<知り合いの漁師が
その日の朝にとれた魚を>

<陸で下処理したのち>

<船で直接
運んでくれるのだという>

<そんな>

<が こちら>

<お値段 2000円>

<シナモンの甘い香りのあとにくる>

<唐辛子の刺激的な辛みが
病みつきになるおいしさ>

<ジャマイカにはラスタファリアニズムという>

<旧約聖書を重んじる
宗教文化があり>

<ウロコのない魚や
甲殻類を食べない人もいる>

<続いては>

<こちらは 揚げた地元の魚
スナッパーと>

<ココナッツミルクで炊いた
ご飯のプレート 2000円>

うん!

<鯛のような魚を>

<中南米で よく使われる
激辛唐辛子 スコッチボネットを>

<お酢につけた赤いソースに浸し>

<ニンニク タマネギなどと一緒にマリネし
揚げた…>

<他にも
新鮮なシーフードを使った>

<や…>

<つぶ貝のような食感の>

<中南米でしか とれない
コンク貝を使った>

<など…>

<仕入れ状況によって
異なるものの>

<シーフードを使ったジャマイカ料理を>

<常時4種類ほど 提供している>

<そんな
海の上にある絶景レストランだが…>

<360度 海に囲まれた 絶景レストラン>

<しかし
調理で使う>

<調理で使う火は 薪や炭>

<水は 1日の営業で必要な量を>

<毎朝 タンクに入れて持参>

<さらに>

<屋根の上に設置された>

<で
まかなっている>

<そんな海の真ん中にあるレストラン>

<そう このレストランの楽しみは>

<新鮮な魚介類を楽しみながら>

<海の真ん中にいる絶景を
楽しめること>

<さらに…>

<をとるも よし>

<をしても よし>

<まるで>

<天国のようなレストラン>

<…と ここで問題>

<実は こちらのレストラン>

<正解すると 先ほど登場した
ジャマイカを代表する絶品シーフード>

<エスコビッチフィッシュを
召し上がっていただきます>

中には

名前?

ボトル

なるほど
戻ってきてね…

いきましょうか
(山崎)やっぱり鬼越でしょ

では お願いします!

もう一回 相談して…
≪頑張ってください

決めました はい

ボコボコするよ!

さあ VTRを見てみましょう!

<正解は こちら>

<何と このお店では 5ドル払えば>

<自分の名前やメッセージを
店内に彫ってもらえる>

<床 椅子 柱など>

<木で できている店内の至る所に>

<手彫りで
名前が彫られている>

<現在 彫るスペースが
少なくなっており>

<そんな
海の上にある絶景レストランだが>

<そう 海の上なので>

<なので>

<ちなみに ここまで来る
ボートのお値段は>

<街のボートマン案内所に
電話で注文すると>

<往復で およそ5000円>

<レストランのボートが
空いていた場合>

<往復 およそ2000円で
送迎してもらえる>

<…と 苦労はあるものの>

<360度 海に囲まれた中で
過ごす時間は>

<格別な体験>

<…と ここで>

<…と
番組ロゴを飾って欲しいとお願い>

<…と フロイドさん
一番 目立つ所に貼ってくれた>

<そして こんなステキなレストランの>

<ということで ジャマイカには>

<世にも珍しい>

<続いて向かったのは
日本から およそ10時間>

<北は北極海>

<アメリカの州で
最大の面積を誇る>

<極寒の地 アラスカに…>

<あるという>

<今回 リポートしてくれるのは…>

<コーディネーター歴
30年>

<現在は 主に>

<ちなみに
今回のカメラマンも>

<ドキュメンタリー番組を
メインにしている アメリカ人の>

<「せかくら」 では珍しい
ドキュメントタッチで お送りします>

<…と>

<ということで>

<向かうことに>

<北極圏に近いアラスカ州では
冬の日照時間は短く>

<太陽が昇るのは
朝の10時すぎと遅く>

<午後2時には 沈んでしまう>

<そんな貴重な冬の太陽を
浴びながら>

<ダルトンハイウェイという高速道路を
ひたすら北へ>

<街もなく 人の気配もなく>

<ひたすら続く雪道>

<果たして>

<車を走らせること
3時間>

<まだ>

<辺りは 薄暗くなってきたが…>

<レストランは おろか
この道を>

<そして フェアバンクスを>

<何やら>

<さらに大きな看板が…>

<ここが そのレストランか?>

<何と これ>

<再び 車に乗り込み>

<太陽は沈み 月に変わり…>

<他に走る車のライトも
一切 見ないまま>

<真っ暗闇の中を
ひたすら 車で>

<ついに>

<と…>

<フェアバンクスから ひたすら北へ
車で およそ8時間>

<ようやく
ドライブインらしき建物に着いたが>

<ここが>

おお 広い…

<こちらが
世界最北のドライブインレストラン>

<ドローンを飛ばし
建物の周囲を見てみると…>

<辺り一面 雪景色の平原が
広がっているだけで>

<建物らしきものは存在しない>

<ちなみに コールドフットとは地名で…>

<という意味>

<北極圏内に ポツンと存在する>

<果たして どんなレストランなのか?>

<店内は 広々とした
シンプルな造りのメインホールと>

<カウンター席のあるエリア>

<そして 6人掛けのテーブルが
ある 半個室という造り>

ああ…

<Tシャツや帽子などを販売している>

あっ あと…

<商品棚には
お菓子や生活用品が並び…>

<ドリンクコーナーは 極北の地とは
思えない品揃え>

<そんな世界最北のドライブインレストランで
食べられる料理とは?>

<ハンバーガーや パンケーキなど>

<こんな所にもかかわらず
充実している>

<そして ここに来た>

<こちらは このお店の
大人気メニュー>

<この日は
トマトをたっぷりと使い>

<ニンジン セロリ タマネギを
じっくりと煮込んだ>

<体が あったまるトマトスープ>

う~んっ

<ちなみに
お店の一番人気メニューは…>

<こちらが>

<自家製のバンズで
およそ200gの牛肉を挟んだ>

<ボリュームたっぷりのハンバーガー>

<その味は…>

ああ これ…

あと…

<他にも>

おお…

<何と>

<北極圏に近い この地域>

<その味は…>

<他にも 様々な料理があるが>

<どれも ボリューム満点>

<そう 実は このレストラン>

<この道の先には アメリカ最大の油田>

<プルドーベイ油田があり>

<そこと フェアバンクスを結ぶ
このダルトンハイウェイには>

<しかし 全長666kmもある
ダルトンハイウェイ沿線には>

<街や村は ほとんどないため…>

<は トラックドライバーたちにとって>

<なくてはならない貴重な
休憩場所になっているのだ>

<さらに このレストラン 長距離運転の
ドライバーたちのために>

<日本のビジネスホテルのような
シンプルな造り>

<ちなみに>

<と ちょっと高めか?>

<…と>

ちなみに

<レストランは閉まっていても
24時間 買い物ができたり>

<コーヒーやサンドイッチなどの軽食は
出せるようにしているのだという>

<…と>

<こちらの>

<コンピューターで 冷蔵庫内の温度を
一定に調整しているのだが…>

<…と ここで問題>

<気温が マイナス35℃になっても>

<冷蔵庫の中の食品が
凍らないように>

<あることをしているのですが
そのあることとは>

<一体何でしょうか?>

<矢吹さん お答えください>

矢吹さん 頑張ってください

ドアの前で焚き火
(ジェシー)それだ

<正解は こちら>

<マイナス35℃になっても>

<冷蔵庫の食材が凍らないように
している方法とは?>

<何と冷蔵庫に暖房ヒーターを入れて>

<冷蔵庫の中を温めていた>

<さらに 食材を仕入れるのにも
こんな苦労が>

<何と
鮮度が必要な卵や野菜などは>

<先ほどの北極圏の看板まで>

<ツアーが来た時に
持ってきてもらい>

<そこで
受け取っているのだという>

<と 常識では
考えられないところに>

<ポツンと一軒だけ
たたずむレストラン>

<しかし なぜ こんなところに>

<レストランをつくろうと思ったのか?>

<元々は夏場
スクールバス1台から始まったという>

<コールドフットキャンプ>

<利用するトラックドライバーたちが
協力して>

<トラックの旅を
快適にできるよう>

<現在のレストランを
つくったのだという>

<お店の中心に立つ柱には>

<このレストランをつくった
ドライバーたちの>

<たくさんの名前が>

<と トラックドライバー専用の
テーブルも設置>

<レストランの裏手に
スタッフ用の宿泊施設があり>

<スタッフは
最低4カ月間 働く契約で>

<住み込みで
働いているのだという>

<そして>

<こちらは 整備士として働く>

<クリスタさん 27歳>

<パンクの修理
エンジンの故障修理など>

<集落も ほとんどない
この地域で>

<万が一 車の故障に
見舞われた時に助けてくれる>

<とても心強い存在>

<と 世界最北の地で
住み込みながら>

<働く人たち
しかし だからこそ味わえる>

<楽しみがあるという>

<と 真っ暗な中 外に出ると…>

(山崎)いやいやいや

相当 食べたかったんすね

あっ それはね

(一同)へえ~

あっ 木村さん
木村さん すいません

≪え~っ

(口々に)えっ?

≪自分の飯を?
すいません

鬼越 分かるやろ~
すいません 何か

(千原)
どうぞ いただいてください

(山崎)
いや 食べたいよ ホントに

気になるね~
≪おいしいよ 絶対

≪うわ
≪おっ

木村さん
≪お味は

≪素晴らしい

ホントにすいません

いや でも…

(金ちゃん)いやいや
僕は…

でも この人が

あ~あ

(千原)あっ あっ ヤバい ヤバい
何だよ この野郎

(山崎)止めて 止めて 止めて
この野郎

(ジェシー)やめてください
ちょっと

≪ちょっと
(山崎)おい

≪ちょっと

(山崎)おい 金ちゃんも

怖っ

ありがとうございます
仲直り

ありがとうございます はい

(坂井)それも いい笑顔です

<と 真っ暗な中 外に出ると…>

<レストランの上空に>

<オーロラの姿が>

<ここ
コールドフットは>

<オーロラが出やすいといわれる
条件が揃った>

<オーロラベルトの中心に
位置し>

<さらに 周囲を山脈に囲まれ>

<乾燥した空気が流れ込むため>

<そのため>

<のだという>

<ということで>

<世界の色んな場所で>

<をくらべてみた>

<その始まりは 昨年8月>

<日本を代表する>

<湖池屋が作った
お米を使った新商品の試作品>

<お米でできた筒状のスナックに>

<すき焼き味
梅おかか味のソースが入った>

<2種類の新作お菓子>

<世界の人たちが食べたら
どんな反応をするのか?>

<…を調査したのを
覚えていますか?>

<忖度 一切なしの
リアルなせかくら調査>

<外国人のみなさんから
ダメ出しに次ぐ>

<アメリカから南米アフリカまで>

<おいしくないという
TBS上層部も脇汗がにじむ>

<まさかの結果に>

<昨年末に あの湖池屋さんから
再び連絡が>

お話をされておりまして

<はい 終わった~>

<深夜時代から丸4年>

<視聴者のみなさまからの
応援のおかげで>

<細々とやってきた
「世界くらべてみたら」だが>

<そりゃあ一流企業を怒らせたら
終わりでしょうね と>

<半ば開き直って
湖池屋さんへ>

すいません

<えっ ちょっと>

<リアルに>

<はい やっぱり終わった~>

<現場に流れる
やるせない絶望感>

<しかし…>

<どういうこと?>

は こちらなんです

<しかも ガーリックシュリンプと
ミートドリア?>

<試作品は
和の味で世界に挑戦したいと>

<すき焼き味と
梅おかか味だったが>

<何と
せかくら調査のダメ出しを受け>

<日本人はもちろん
世界中の人が食べても>

<おいしいと感じる味に
シフトチェンジ>

<あの>

<のだという>

<その味は ニンニクの風味と>

<バターで炒めた海老の香ばしさが
食欲をそそる>

<ガーリックシュリンプ味と>

<ひき肉をトマトソースで煮込んだ
ミートソースに>

<チーズをかけた
濃厚な味わいのミートドリア味>

なんじゃないかと

ねっ

<社長の少年のような笑顔で>

<番組存続が決定!>

<湖池屋の新スナック その形も>

<おにぎり形に
変更>

<粒状のお米を再現したことで>

<今までにない 軽い食感を
生み出すことに成功したという>

でね

<ということで 湖池屋が>

<ダメ出しを受けても諦めず>

<再び作り上げた
お米スナックの新商品>

<愛をコメては
世界に通用するのか?>

<ガーリックシュリンプと
ミートドリアという味付けの>

<おにぎり形のお米スナックを>

<世界のみんなが食べたら
一体どんな反応をするのか?>

(山崎)へえ~
≪すごい

(ジェシー)小芝居ね
(千原)もう言うな

さあ
ということで

ご無沙汰してます

(野間)
あっ はい

あっ そうですね

ということで

では まず

はい 緑の方ですね

≪かわいい
(山崎)ああ おいしそう

えっ?

じゃあ

(ジェシー)素晴らしい

ノンフライ
タンパク質入りのやつ 言ってました

そうです
ここに しっかりと やっぱり

(山崎)やっぱりアンミカさんの

(野間)しっかりと そのことも
はい あっ そうですね

さあ じゃ

(ジェシー)ガリシュリ味
赤い方ですね

へえ~

≪あっ
(野間)そうです

これは

(矢吹)あ~ 嬉しい

これ いいですね

でもね やっぱりね

これ
そのぐらいね

そこは…
≪大丈夫ですか?

ああ なるほど

ちょっと これ

では

(山崎)うわ ドキドキする

<湖池屋が そのプライドをかけて
作り上げた新商品>

<愛をコメては>

<まずは
濃厚なミートソースに>

<チーズの風味を加えた
ミートドリア味>

<最初に
挑戦するのは>

<ポテトチップス発祥の地で>

<スナック菓子の
個人消費量も世界一という>

<のアメリカ>

<そして アメリカのみなさんは>

<スパゲティに ラザニアなど
ミートソースを使った料理は>

<アメリカの大人も子どもも
みんな大好き>

<そんなお菓子とミートソースを
こよなく愛するアメリカで>

<湖池屋の新商品>

<そんなお菓子とミートソースを
こよなく愛するアメリカで>

<湖池屋の新商品>

<まずは
こちらの男性3人組>

<ちなみに今回も
懲りずに忖度なしで>

<そのまま お伝えします>

<愛をコメて ミートドリア味
ニューヨークで>

<そう 調べてみると
ドリアという料理は>

<日本で生まれたオリジナル料理>

<1930年頃 横浜にある>

<ホテルニューグランドの
当時の総料理長>

<サリー・ワイルが
考案したといわれている>

<ミートソースが
大好きなアメリカでも>

<ライスと組み合わせた
ミートドリアはなく>

<いまいち
味が伝わらなかったようだ>

<と まず1組目は高評価>

<続いては
こちらの20代の女性たち>

<湖池屋のお米スナックを
食べた反応は?>

<と こちらの2人は
おいしいと即答 しかし>

<と ミートドリアの
ミートではなく>

<という意見も>

<そして こちらの女性2人組は>

<と しっかり味わって>

<一般的に味付けはなく
近年ヘルシーなスナックとして>

<アメリカで人気となっている>

<アメリカのライスケーキよりも
味が おいしいと>

<ヘルシー志向の
女性たちにも高評価>

<こちら カフェのオーナー
ビヨンさん>

<彼は
ニューヨークの>

<現在は スイーツが人気の
カフェを経営している>

<食べ慣れない味に
ちょっと不安そうだが>

<果たして>

甘いのは
甘いもんね

<実際 街なかでも>

<シラチャとは
タイ生まれのピリ辛ソース>

<辛さとエスニックな香りを
プラスする>

<アメリカの
みんなが大好きなソース>

<ということで
アメリカ・ニューヨークでは>

<湖池屋の新商品
お米スナック ミートドリア味は>

<大好評でした>

<続いて挑戦するのは
イタリア>

<その中でも今回は
北部の街・ボローニャへ上陸>

<その理由は…>

です

<ボローニャ名物のパスタ
ボロネーゼ>

<そう
このボロネーゼに欠かせないのが>

<ひき肉や野菜をトマトと
赤ワインで じっくり煮込んだ>

<ラグーと呼ばれるミートソース>

<このパスタなどにかける
ミートソース発祥の地こそ>

<ここ
イタリアのボローニャなのだ>

<そんなミートソースの聖地で>

<湖池屋の>

<まずは こちらの女性2人組>

<日本の おにぎりを知る
女性だが>

<果たして…>

<イタリアでも
おいしいと高評価>

<続いて こちらの女性は>

食べますね

<らしい>

<その後も イタリアの
みんなに試食してもらうと>

<そして こちら>

<と ミートソースの本場の
みなさん>

<初めて食べる
ミートドリアのスナックに>

<若干 戸惑い気味>

<想像以上に こだわりが強い>

<ならば 思い切って>

<ミートソースのプロフェッショナルの意見も
聞いてみよう>

<やってきたのは
ボロネーゼが人気のレストラン アンナマリア>

<そのお店のシェフ
シモーネさんに食べてもらう>

<と やっぱり こだわりは強め>

<匂いは好反応>

<では>

<ということで
ミートソース発祥の地>

<イタリア・ボローニャでは>

<本場のミートソースとは違うが
お菓子としては おいしい>

<という意見が多かった>

<湖池屋の新商品>

<愛をコメての
ガリシュリ味>

<が食欲をそそる>

<ガーリックシュリンプの味を
再現したスナック>

<最初に挑戦するのは>

<美食の国・フランス>

<フランスといえば パンが主食で>

<お米の消費量は
一人当たり年間5kgと>

<日本の10分の1程度>

<そんな パンをよく食べ>

<とにかく食にこだわる
フランスで>

<湖池屋の新商品
愛をコメて ガリシュリ味は>

<通用するのか?>

ええ~ すごい

<湖池屋の新商品
愛をコメて ガリシュリ味が>

<フランスに挑戦>

<まずは こちらの男性>

<厳しそうな お父さんだが
果たして…>

<さすが美食の国>

<簡単に おいしいとは言わない>

そう 好きなんだよ

<結局>

<続いては こちらの親子>

<回りくどいですが>

<今度は
7歳の男の子に食べてもらうと>

<何と 7歳にして
プロのような感想>

<一方 お父さんは>

<アペリティフとは
ディナーの前に楽しむ食前酒のことで>

<フランスでは 料理を食べる前に>

<まずは お酒と簡単な
おつまみを食べるのが一般的>

そうだね
うん そうだね

<と 他の人も>

<お酒好きな方々には>

<食前酒のワインに ちょうどいい
という意見が>

<ならば>

<ソムリエの方にも
食べてもらおう>

<しています>

<ということで
お米スナック ガリシュリ味は>

<子どもから大人まで
回りくどい言い方でしたが>

<大好評でした>

<続いて挑戦する場所は…>

<なぜ ハワイなのかというと>

<ハワイは>

<今から およそ30年前>

<海老の養殖が盛んな
ハワイ北部の町 カフクで>

<あるキッチンワゴンが ガーリックシュリンプを
販売したところ大ヒット>

<それが 瞬く間に>

<今では 地元の人たちが愛する>

<ソウルフードになっている>

<そんな>

<ハワイの みんなに>

<愛をコメて ガリシュリ味を
食べてもらったら>

<一体 どんな反応をするのか?>

<まずは こちらの女性から>

<と まずは>

<さすがハワイ>

<すぐに
ガーリックと海老の香りに反応>

<果たして 味はどうか?>

<と 全部
持ってっちゃうほど>

<続いては こちらの女性>

<毎週 ガーリックシュリンプを
食べるという女性の反応は?>

<と あえて
もう一回 食べてもらうと>

<と大絶賛!>

<続いて
子どもにも食べてもらうと>

<日系の方も多い ハワイでは>

<日本の おにぎりは
すっかり認知されている>

<食べた感想は?>

<お父さんも娘さんも
うなずきながら高評価>

<そして こちらの男性は>

<湖池屋の愛をコメてを食べて>

<ハワイのガーリックシュリンプ
大人気店を思い出すほど>

<おいしいと大絶賛!>

<ならば せっかくなので>

<そのガーリックシュリンプ店
ジョバンニへ>

<このジョバンニは
ガーリックシュリンプ激戦区>

<ノースショアの中でも>

<常に行列が絶えない人気店>

<プリプリ新鮮な海老と>

<強めのガーリック味が
クセになるという>

<そんな人気店の
エグゼクティブマネージャー>

<ショーンさんに
食べてもらう>

<まず>

<さすが ハワイ人気店の
エグゼクティブマネージャー>

<ガーリックシュリンプへの
こだわりは強そうだが>

<果たして…>

<と ガーリックが もっと
ガツンとくれば完璧と太鼓判!>

<ということで 湖池屋の
愛をコメて ガリシュリ味は>

<本場ハワイでも大好評でした>

(アンミカ)ああ~ よかった~
(山崎)へえ~

あの すごい

いや ホント でも

(ジェシー)そうですね
(山崎)リアルだったな

でも

そうですよね

≪いや はやりそう

でも

はい ということで
ありがとうございました

ということで

(山崎)ジュニアさんはね そう

というのが ありましたから

そりゃそうですよ

えっ ちょっと待って

(山崎)こ~んにちは~って
(ジェシー)確かに

両方握って
≪世界に羽ばたくために

そうですね

ねっ はい
いた方がいいんじゃないの?

あっ 挨拶… いきますよ
はい

こ~んに…

大丈夫?

早い 早いよ
いや…

いくよ

<そして>

くーちゃん
≪くーさん お願いします

私が出演する映画 「前科者」 が
1月28日より公開です

私は過去に罪を犯した人たちの
更生を手助けする

保護司の佳代を演じております

森田剛さんが演じる
誠のために奔走する

希望と再生の物語です

ぜひ 大切な人と
ご覧ください

はい

はい 呼んでみましょう

(山崎)ハンターの方

空ね ちょっとね あの

ごめんなさい
(山崎)いや~

寒い中ね
ホントに ありがとうございます

(山崎)映像がある?
ええ~

≪えっ?
わあ… すご~い

(山崎)これ見れるんだ

(アンミカ)これ実際見たら
すごくピンク…

ああ~ ホント
≪ピンクだ

うわっ ホントだ すごい
うわ~

≪ええ~
≪素敵

何でピンクになるんだろう
(アンミカ)ねえ ねえ

(山崎)オーロラっていったら
緑だもんね

(ジェシー)生で見たいな
(アンミカ)見たい これ

(山崎)ええ~
≪うわ~

≪うわ~

(ジェシー)うわっ すごいね

(山崎)生で見たら
とんでもないんだろうね これホント

≪へえ~
すごい

はい ということで

ありがとうございました

(山崎)すごいね
ありがとうございま~す

さあ

はい あの

クイズ だからホントに みんなね
あの…

ホントに あんなこと だから

いや ちょっ待って…

ちょっと くー…

ちょっと握ってもらっていい?
握ってもらっていいですか?

ええ~
だって もう絶対怖いやつやん

握れば分かるから

メキシコでは ごくごく
ポピュラーな おもちゃですから

えっ 何で俺なんですか?

俺 電気 マジであかんのに

(山崎)猫じゃないんだから

こわっ こわっ はいはいはい

あっ はいはいはい
(千原)そして

はい

今年は みんなに好かれるような…

ホーッ ハーッ ホーッ

ハーッ ハーッ

ダイエットな 今年の目標

ダイエットや!

ああ~ こわっ!