ジャンクSPORTS【女子ゴルファー8名集結!稲見萌寧が明かす驚愕金銭事情】[字][デ] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ジャンクSPORTS【女子ゴルファー8名集結!稲見萌寧が明かす驚愕金銭事情】[字][デ]

平均年齢21歳で17億円超え!トップ女子ゴルファー8名集結!東京五輪銀&賞金女王の稲見萌寧が明かす驚愕の金銭事情!小祝さくら怖い話▽手相で占う今年の運

ご案内
放送中、データ放送に参加するとQUOカードが当たるチャンスが!
▽オフィシャルホームページ 
http://www.fujitv.co.jp/junksports/index.html  
▽番組Twitterもぜひご覧下さい!
番組内容
『ジャンクSPORTS』は、MCの浜田雅功と、各界で活躍する一流のアスリートたちとのクロストークが大きな見どころ。
今回は「これが今のトップ女子ゴルファーSP」と題して賞金ランキング上位に名を連ねる女子プロゴルフ界のトッププロ8人がスタジオに集結。昨年、東京オリンピックで銀メダルを獲得し、賞金女王でもある「はざま世代」の稲見萌寧、「黄金世代」からは小祝さくら、勝みなみ、大里桃子、
番組内容2
「プラチナ世代」からは古江彩佳、西村優菜、吉田優利、「新世紀世代」からは山下美夢有らが参戦。賞金ランキング2位の古江彩佳と、最年少の20歳で、1億円以上稼いだ山下美夢有は『ジャンクSPORTS』スタジオ初出演となる。平均年齢21歳で、8人の生涯獲得賞金総額が17億円超え!トッププロの賞金の使い道から、彼女たちの素顔にまで迫る。また好評の「〇〇選手に物申す!」コーナーでは、赤裸々な面白女子トークが
番組内容3
さく裂する。果たして女子プロたちはお互いをどう思っているのか!?
さらに、島田秀平がスタジオに登場し、女子プロたちの手相を鑑定!今年の運勢から恋愛運までを占っていく。今シーズン運気マックスの選手は一体!?
出演者
【MC】
浜田雅功(ダウンタウン) 

【進行】
永島優美(フジテレビアナウンサー) 

【ゲスト】
稲見萌寧 
大里桃子 
勝みなみ 
小祝さくら 
西村優菜 
古江彩佳 
山下美夢有 
吉田優利 

時松隆光 
吉村崇(平成ノブシコブシ) 

島田秀平 


スタッフ
【総合演出】
當麻晋三 
【チーフプロデューサー】
蜜谷浩弥 
【プロデューサー】
滝澤美衣奈、池田拓也 
【スポーツプロデューサー】
本間学、宮下正孝 
【スポーツディレクター】
齋藤拓也 
【制作】
フジテレビ 第二制作部、スポーツ部

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 吉村
  2. 島田
  3. ホント
  4. 勝選手
  5. 小祝選手
  6. 西村
  7. 小祝
  8. 吉田
  9. 吉田選手
  10. 自分
  11. 西村選手
  12. 古江選手
  13. 昨シーズン
  14. 山下
  15. 情報
  16. 浜田
  17. マジ
  18. 稲見
  19. 稲見選手
  20. 気持

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





[今 1億円以上を稼ぐ
若い選手が続々と現れている]

[昨シーズンの
年間 獲得賞金ランキング

ベスト25位までの中で

半数以上の13人の女子プロが
実は…]

[今夜は 何とトップ3を含む

賞金ランキング25位に入る
8人もの…]

[まずは…]

[その獲得賞金額は…]

[続いて
本日 最年少の二十歳]

[身長150cmという
小柄な体で初優勝を飾った…]

[二十歳にして 獲得賞金は

億超えの…]

[続いては…]

[昨シーズン…]

[獲得賞金は…]

[続いて 昨シーズンは…]

[さらに2度の優勝を挙げた]

[黄金世代のしっかり者…]

[その獲得賞金は…]

[続いて…]

[昨シーズンは ツアー4勝という
驚異の成績だけではなく…]

[内面と外面の美しさを
たたえる…]

[獲得賞金額は
さらに上がって…]

[賞金ランキング 第3位は…]

嘘やろ!?

[女子プロ界1の…]

[しかし
ゴルフの実力は超一流]

[昨シーズンは
ツアー5勝と大活躍]

[獲得賞金額は 何と大台の…]

[そして 賞金ランキング2位]

[プラチナ世代の筆頭
ツアー 驚異の6勝を記録]

[…を獲得した彼女の
獲得賞金額は

何と…]

[そして
見事 賞金女王に輝いたのは…]

[記憶に新しい
東京オリンピックでの大活躍]

(実況)決まれば
イーグルというアプローチ

向かってきた!

[日本ゴルフ史上初の
銀メダルを獲得した…]

[ツアー成績は…]

[賞金女王に君臨した
その金額は 何と…]

[今夜は…]

[彼女たちの お金事情から

知られざるプライベートまで
徹底解明します!]

本日は賞金ランキング
上位に名を連ねる

トッププロの皆さんに
お越しいただきました。

はい よろしくお願いいたします!

ちょっと すいません。
話聞く前に。 ゲンちゃん。

ゲンちゃん さっき…。

何でですか?
女子のみんながソファでしゃべってて

俺 パッと中入ったら…。

(時松)2回目でした。
(吉村)今日 とんでもないメンバー。

すごいですよ! 幾ら…。

って話ですから!
ヤバいっすよ!

そして 稲見選手は
あらためて 銀メダルも

賞金女王も
おめでとうございました。

去年1年 どうでしたか?
そうですね ホントにもう

たくさん…。

ホントに すごい経験できました。
そうですよね。

かなり稼いでるからね。

おお おお いいじゃないですか。
何をあげたんですか?

ほ~…。

そこそこするでしょ? ロレックスは。
(稲見)そうですね。 まあ…。

(吉村)はぁ~!

お父さまの反応は
どんな感じでした?

もう 何か…。

って言われました。

西村選手 どうですか?
お金の使い方って変わりましたか?

もともと
恥ずかしい話なんですけど…。

(西村)正直 してたんですけど…。

みたいな。

マジで!?
はい。

(西村)はい。

変わったな!

一番年下で誰でしたっけ?
山下さん?

二十歳ですね。
山下さん あなた 二十歳で1億?

(吉村)え~!?

あなたが管理してるの?

そうなんや。
自分で手元に持ってないの?

私が こうせな
金出されへんとかないの?

チッ… くそ…。
(吉村)すげえな。

そうか 大里選手は
ちょっと お久しぶりでしたね。

(大里)はい。 2年前に
ビデオ出演さしていただいて

そのときに浜田大明神の
キーホルダーあるじゃないですか。

あれを欲しいなと思いながら
言えなくて 終わっちゃって。

うれしいなと思って来ました。
う~ん…。

(吉村)もらえる もらえる。

そして 小祝選手なんですが
昨シーズン すごく…。

あるそうですね。
えっ? どうしたの?

まあ あなたは
そう思ってるんでしょうね。

周りが見たら 失敗ちゃうかなと
思うんじゃないですか?

何があったんですか?

えっ? 違うキャディーさんに
クラブ渡したってことですか?

渡そうと思っちゃって…。

勝さん そういうのは
あり得る話なんですか?

あるんすか?

ない空気出してたでしょ!

(時松)そしたら キャディーさん違って
すごい恥ずかしいみたいな。

あるんですね?
あります あります。

それなら あれですけど。
さあ ここからはですね

昨シーズンの
皆さんのスーパープレー集です。

ご覧ください。

[まずは賞金女王…]

[アプローチショット]

[グリーンを狙った2打目で…]

(実況)稲見のセカンド。

(実況・解説)お~!

[何と ピンの奥につけた
ボールが…]

[バックスピンで
そのままカップインし…]

[思わず 稲見も]

[続いては
賞金ランキング2位の…]

[最終ホールまで
優勝争いがもつれる 緊迫の場面]

[トップタイで並ぶのは
『ジャンク』でおなじみ

渋野 日向子の先輩…]

[この強敵を前に
18mのバーディーパット]

(解説)下りのパッティングに
なりますから

非常に距離感は難しいですね。

(実況)どれだけタッチを
まず合わせることができるか

しっかり打ってきた。

[見事 決めきり
思わず…]

[この表情]

[勢いそのままに…]

[続いてはプラチナ世代…]

[しかし…]

[ここでミスをすると
優勝が遠のく重要な場面]

(実況)決まった!

[何と バンカーショットが
そのままチップインバーディー]

[これで勢いに乗った吉田は
見事優勝]

[続いては新世紀世代…]

(解説)マークをしないで
そのまま打てちゃうところが若さ。

[ツアー2日目 ここまで好調で
トップにつける山下]

[ここも決めて
リードを広げたい]

[18番ホール
14mというロングパット]

(解説)左から右に切れていきます。

(吉村)いやいや…
たまたまじゃないですって!

[見事にラインを読みきり…]

[ラストは
勝みなみの日本女子オープン]

[優勝の裏で起きた…]

[ピンまで…]

[グリーン手前には
池があるが…]

(実況)球が…。

[低い弾道で
このままでは池に一直線。 が…]

[池に落ちたボールが
何と水を切り…]

[池ポチャにならず…]

[この日 ニュース記事で
「ドヤ顔」といじられる

勝みなみでした]

勝選手 よう出たね
あれバーンっと。

(勝)だから それが
よかったのかもしれないです。

素晴らしいスーパーショットを
勝選手 見せてくれましたけども

勝選手 この試合で…。

(勝)母に買ってもらったんですよ。

(勝)で 包んでもらってるときに
母が「ねえ これ…」

(勝)みたいな なって…。

その分 取り戻そう思ってたん?
その気合が 水を はねさせた。

バコーンっていう。
なるほどね。

今 ずっと 皆さんの
スーパープレーやってるときにさ…。

戸張さんとかかな?

後で。
(吉村)なるほど。 自分で確認で。

あんなん見てないの?
俺らは なるほどなと思って見る。

皆さん 見ないんですか?

録画しといて
後で見るとかはしないんですか?

見るんですか?

そうなんや。

(時松)僕は…。

(吉村)ちょっと
悲しい質問しないでくださいよ!

古江選手 団長 倒した
あのパットはどうでしたか?

いや~ ホントに…。

思ってなかったです。

あれも…。

山下選手 14mのロングパットを
決められてましたけど

あの試合で…。

実は あの試合…。

この野郎に?

(山下)あの試合含めて…。

萌寧さん
うまいんで。

2回目
優勝したときは…。

また萌寧さん
まくってきたみたいな。

まあ…。

(吉村)
ちょっと情報があるんですけど

実は この萌寧さんのコーチ
奥嶋さんから

萌寧選手の
負けず嫌いエピソードを伺ったと。

(吉村)と捨てぜりふを吐き…。

(吉村)コーチの奥嶋さんは
鳥肌が立ったということです。

それ はっきり言うたんですか?
自分で。

吉田選手
あのバンカーショットは。

完璧やった?

入ったもんね。

あれは気持ち的には
どういう気持ちなの?

入れるっていう
気持ちじゃないでしょ?

(吉田)パーでいきたくて。

セカンド フェアウエーから
絶対ミスしないってところから

バンカーに入れてたので…。

(吉田)いってやる!と思って。

腹立つわ! それが入った?
入っちゃいましたね。

[ちなみに
この大会の表彰式の際

わざわざリップを塗り直した
吉田選手は

コスメ番長と話題に]

ホンマや。

これ どういう気持ちなんですか?

でも そんなに変わる?
変わってる?

赤みの…
オレンジがかってる感じとか。

(吉村)そんな変わんないような
気しますけど。

ゲンちゃん…。

「いいと思います」

[選手同士で大もめ!]
あんた 失礼やで! それ。

[この後 勝みなみのSNSに
一同 爆笑!]

(吉村)盛り上がるじゃん!

♬~

(オペレーター)大丈夫ですか?

(相葉)指たたいちゃって・・・

<「東京海上日動」は万一に備え

不安を素早く取り除き

リスクを未然に防ぐことを目指しています>

<お客様を最もよく知り

最も寄り添う存在へ>

続いてはですね 恒例です。

これ いいですね。
普段 言えないことを

皆さん ここで
言い合ってもらいたいと思います。

まずは勝選手に物申す。
何と ここにいる…。

あるそうなんです。

どういうこと?
稲見さん どういうこと? これ。

ホントに優勝争いとか…。

みたいな話ばっかしてます。
嘘やん。

山下さん どうですか?

勝さんが?
みなみさん。

また!

小祝さん どうですか?

あらららら…。 え~!?

これ…。

誰かできた?

(吉村)いやいや!
えっ!?

小祝さん どう思います?
できたんですかね?

(吉村)嘘でしょ!
いやいやいや あんた…。

美容に力を入れる。
(勝)えっと…。

っていうのがあって。
そこで。

この子なんですけど。
彼女。

(勝)そこで 何かちょっと
えっ!? 嘘!と思って。

絶対 女子力 上げたる!
っていうて。

(勝)頑張ってます。
なるほど。

その勝選手がライバル心を燃やす
小滝選手に 今回…。

あっ そうなの?

[勝選手とは
小学生のころから大の仲良し]

[同期の…]

[まずは最近の勝選手の
女子力について伺うと…]

[実は勝選手の
女子力アップに火を付けたのが

小滝選手との
夏の旅行での会話だと伝えると]

[ここで 勝が一番
気になる質問を]

[ぶっちゃけ…]

勝選手よかった…
よかったのかな?

いないんですって 今。

頑張ります。
(吉村)伺いたいんですけど

デートしたことある人は
いるのかどうかっていうのね。

これ やっぱ
私ぐらいしか聞けないと思うので。

デートしたことあるよって方。

デートですから!
デートよ?

ほらほら ほらほら…。
結構。

何人かは行ってます 勝さん。
(勝)はい そうですね。

いや もっと上げれば…
女子力 上げれば 大丈夫ですよ。

みんなが言うてるんですから。
肌奇麗になって 髪の毛ようなって。

ゲンちゃん かわいくなったよね?

全然 違うよ! 吉田さんのときと
全然 違うトーンで返事してる!

続いては西村選手から
古江選手へ物申す。 こちら。

これ 西村選手
どういうことですか?

前回 この『ジャンク』に
出演させていただいたときに…。

ああ 言うてた!

っていう話をしたんですけど。

[1年前の放送で

同学年の選手たちから

古江選手の目覚ましの
アラームに対して クレームが]

[その曲が こちら]

(♬『NaNaNa』のイントロ)

これ!

それだけじゃなくて…。

そんなに上げんの?
(西村)はい。

そんな上げるんですか?
音 上げて。

上げます。
(吉村)ちょっと情報がありまして

お母さまから
お話をお伺いしたんですけども…。

ってことで怒られると。
だから わざわざ…。

ええっ!? そんな好きなの?
(古江)はい。

2~3曲とか…。

はっ?

何を言ってんの?

実際に そのライブ映像
ちょっと見てみましょうか。

(浜崎)いくぜ…。

これですね。 これ。
この最終日だぜですよね。

古江さんも言ってるの?

車の中で。
はい。

(吉村)ちょっと聞きたいな
浜田さん。 聞きたいですよ。

ちょっと言うてみて。

いつも言うてる感じで。
(吉村)そうそうそう。

何やねん それ!

続いてですが 大里選手から
稲見選手へ物申す。 こちら。

どういうこと?
大里選手 これ どういうこと?

私も結構 リングとか
着けたりするの好きなんですけど。

すごい…。

それはもう光ってんの?

キラキラしてます。

(吉村)はぁ~… いいとこのやつだ。
ホンマや。

勝さん それは思う?
あなたも思いますか?

めちゃくちゃ思います。

っていうぐらい着けてます。
そうね。

山下さん どうですか?

「動くたびにキラキラしてる」

手元見たときに 自分でテンション
上がるっていうことですよね?

こうやって
あっ ヤバい ない!っていって…。

(稲見)スキンケアで外したりするんで。

ヤバい 忘れたっていって…。

試合できない?
はい。

キラキラさしときたいんですね。
はい。

でも 離れて見てて
すんげえキラキラしてるやんって

思われてるわけですよ。

たぶん腹ん中で…。

って思ってますよ。

(吉村)思ってるんですか?
バカじゃないって思ってるんですね?

続いては勝選手から
吉田選手へ物申す。 こちらです。

っていうことなんですけど。
どういうこと?

前回も TikTokのこと
出たじゃないですか。

[前回 吉田選手のTikTokが
狙いすぎと話題に]

♬「ポケットから きゅんです!」

♬「え? 何落としたの?
きゅんです!」

♬「君がくれた きゅんです!」

♬「でも君にあげられなくて
シュンです。」

うわっ 憎たらしっ!

マジか!?
(吉村)進化?

(勝)浜田さんに
見ていただきたくて。

映像があります。
また やってんのか。

[勝選手が
また やらかしてると思った

TikTokがこちら!]

[まずは…]

恥ずかしい!

(吉村)これ やらかしてるね。

これ やらかしてるよ。
やっとんな。 やってるな。

[続いて あるものを
頬張る姿がカワイイ 吉田選手]

[イチゴを
かわいく ぱくり]

[最後は…]

♬~

[以上…]

[でした!]

これ…。

いや…。

デレデレ!

やっとる。 これは やっとるね。
勝さん やっとるね これは。

また やりすぎとるね。
あのイチゴのやつ こっから…。

(勝)私 全然…。

と思っちゃって。

と思うんですよね みなみさんも。
勧めてるわけね?

(吉田)そうですね。
せっかく 女子力 上がってるって。

(吉村)浜田さん 吉田選手
やらかしてると注意してた勝先生。

(吉村)選手というか
私からしたら先生ですけども。

これがね…。

私 見つけてきましたんで。
マジで?

(吉村)SNSにあげてるんですよ。
アスリートはこれだってこと?

これだっていうの
ちょっと見ていただきたい。

吉田 見とけ!と。
(吉村)吉田さん これですから。

ちょっと お願いいたします。
分かりました。

(吉村)見てください。

(吉村)
これ ヨガやってるんですけどもね。

財布落とした。

(吉村)見てください もう…。

(吉村)さっきのイチゴだ
何だじゃないんですよ!

まわりに何か ちょっとこうね。
(吉村)はい。

出てきたりとかじゃないですから!

これなんですよ アスリート!

吉田選手 どうですか?

(吉村)盛り上がるじゃん!
(吉田)いや 盛り上がらないです。

(吉村)最初 俺…。

(吉村)と思ったんだから。
こうやって。

すごいよ この映像。
最高ですよ。

[この後 小祝ワールド炸裂で
スタジオ騒然!]

いや お前が頼んだんや!

[さらに…]

続いてはですね
またまた スタジオにいる…。

全員が?
はい。 こちらです。

分かるかな それは。

(小祝)はい。

ちょっと… ちょっと抜けてるとか
そういうの ないですもんね。

はい…。
(吉村)こちらも情報ありまして

小祝選手のお母さんから
衝撃のエピソード伺ってます。

(吉村)お母さまですね。 「『さすが
眠らない街だね』と言うと

さくらは真剣に 『えっ?
東京の人って寝ないの?』

と言いだし 続けて
『ねえ何で東京の人 寝ないの?』

『何で? 何で寝ないの?』と
ずーっと言い続けてきた」と。

(吉村)という情報が。
おかんが放すな!

(吉村)怖かったんですって。

小祝選手 どう思ったんですか?
「眠らない街 東京」

いや…。

そこでですね 今回はですね…。

VTRにまとめてみました。
ご覧ください。

そんなとこ かけんでええねん。

(マネジャー)ホテル行く前に
コンビニ寄るね。

(小祝)はい。

[これは マネジャー Iさんが
実際に体験した

実話を再現したものです]

さくちゃんも降りる?
何か必要なものある?

う~ん…。

分かった。
じゃあ 少し待っててね。

[Iさんが
コンビニで買い出しを済ませて

10分ほど先にある
ホテルへ向かうと…]

着いたよ。
じゃあ あした7時集合ね。

[すると…]

どうしたの?

コンビニ行きたいんですよね。

うわ~!!

[続いての こいわ~い話は…]

(西村)おいしいですね。
(小祝)何食べても おいしいね。

[これは 西村選手が
実際に体験した実話を

再現したものです]

次 何頼みます?

どれですか?
(小祝)ねぎまみれ。

(西村)ねぎまみれ いいですね!
それにしましょう。

[小祝選手の提案で
鳥のねぎまみれを注文すると…]

(店員)鳥のねぎまみれです。
(西村)うわ~ すごい!

うわ~ おいしそう!
ホントに ねぎまみれ!

[すると…]
(西村)小祝さん?

小祝さん? どうしたんですか?

私 ねぎ嫌いだから食べない。

えっ?

キャー!!

何なん? これ。 小祝選手
「ねぎまみれ」ってメニューに。

見てますよね?
(小祝)はい。 何か…。

って言うのは…。

(吉村)そうだけど…。
さっきのコンビニの話はホント?

って思って。
何を買いたかったんですか?

でも たぶん…。

(吉村)グミ!?

(吉村)めちゃくちゃ怖かったですよ
2文字だったから。

続いて 西村選手から
山下選手へ物申す。 こちらです。

西村選手 どういうこと?

美夢有ちゃんとは
ホントに小さいときから…。

ずーっと…。

小さくて。 一緒に切磋琢磨してて。

ミリ単位まで一緒だったときも
あったんですよ。 測ってたときは。

なんですけど…。

みたいな話も
よくするんですけど…。

2人とも。
だけど 最近 美夢有ちゃん

151って言い張るんですよ。

ちょっとそれは…。

そういうことですね。
(吉村)これ もう…。

(吉村)測るっていうか
2人立ってみて どうなのかって

やりましょうよ。

(吉村)やめましょう。

私 ビビりました。
違う 違う。 一回 休憩入るから…。

(吉村)測りましょうか。
私が休憩中に…。

(吉村)靴下脱いで…。

[休憩中 決着をつけるため
靴下まで脱ぎ

2人の身長を正確に測定]

[すると
衝撃の事実が明らかに!]

決着はついたんでしょ?

(吉村)はっきりと。
山下さんは

151cmと
おっしゃってたんですけども

測った結果…。

(吉村)150でございました。
西村さん 測った結果…。

嘘やろ?
言い出しっぺが嘘をついてた。

恐ろしい結果です。 ビビりました。
(西村)でも…。

(西村)ホント!
ホントなんですよ! ホント!

いらんこと言われてね。

お願いします。

(吉村)これで決着いたしました。
分かりました。

[この後 今年の運勢占い]

[テレビの前の皆さんも
手相をチェック!]

続いてなんですが
古江選手 今シーズンに関して

一つ 気になることが
あるということで。

って思ってます。
去年的には

流れ的には良かったわけでしょ?
(古江)そうです。

調子が悪いときから始まって
でも最終的に優勝もできたので。

すごく良かった年かなと
思います。

今年もちょっと
気になるところと。

[ということで
手相占いに定評のある

島田 秀平さんに
お越しいただきました]

では早速 島田さん 古江選手の
運勢 教えてもらってもいいですか。

(島田)はい。 手相でもですね
私 こういう線に注目しまして。

これ 上が感情線。
心の線なんですね。

真ん中が頭脳 頭の線なんですが

これをつなぐ線が入ってるんです。

(島田)これ まさに
心と頭が一つになって

非常にいい仕事ができるとき。
へぇ~ そうなんや。

(島田)ホントに
自分の思ったとおりに

うれしい結果が たくさん
ついてくるんではないかなという。

(島田)
素晴らしい運気に入ってますね。

さらに生命線内側に
縦横って格子状。

イケイケ線。
運気上昇のサインっていう。

まさに
すごく いい線があるので

仕事の方は
とても楽しみな年に入るんですね。

(島田)ただですね
情報としまして…。

訪れるんですよ。

おいおい おいおい!
きたよ。 勝より先いけ。

どうですか 古江選手。
うれしいです。

信じながら
やっていきたいなと思います。

[せっかくなので…]

[つけてもらいました]

皆さんの手相
まず見て どう思われました?

(島田)そんな中でも ほぼ…。

こちらの線なんですね。

アブノーマル線という。
アブノーマル線…。

(島田)変わり者 変人。

だいたい みんなにあるんですか?
(島田)皆さんくっきり入ってて…。

(島田)溝みたいな
アブノーマル線が入ってまして。

ただ やっぱり研究熱心とか

自分が好きなことを
突き詰める才能があるってことで

一流アスリートの方は
この線が入るんだなと思って

感激しちゃいました。
アスリートにとっては いいですよね。

では ランキングを
見ていきましょう。

まずは7位から5位の発表です。

なるほど。

大里選手。 実はですね…。

(島田)まずですね 人さし指の下に
こういった半円が入っております。

(島田)これが…。

(島田)なんて言いまして
近々うれしいことが起こる予兆。

(島田)で 親指の付け根
こっから2本

ピー ピーっと線が入っていて
これはカリスマ線。

まさにカリスマ性があって
持ってる人。

大舞台に強いなんていう
素晴らしい線 あるんですね。

ただですね…。

何 何?
(島田)人さし指の下に縦じわが

めちゃくちゃ
たくさん入ってるんですよね。

これ いつまでたっても
大人になりきれない人…。

(大里)え~ そうですかね?

え~…。
(島田)普段しっかりして見えても

ホントに心を許した人の前とか…。

使ってるんじゃないかなという。
(吉村)え~!? 使ってるんですか?

そうか 表向きは そういうふうに
しっかりして見えるけど。

あ~ そういうことか。

[最初にべた褒めされた
古江選手を上回り

5位に選ばれた
山下選手の手相は…]

(島田)山下選手
さっきのソロモンの環よりもですね

もう一回り大きい
こういった半円が入っていまして

これ すごいんですよ。
成り上がり線という線で

まさに成り上がり。
人生がもう1ランク上にアップする。

ステージが1つ上に上がるときに
できる線なんですね。

ただですね 人さし指の下に
ここに こういう「♯」

四角のような線が入ってくる。

これ ボランティア線といいまして
とても心優しい人

自分よりも人のためになんていう
人格者にできる線なので

ちょっと いい運気だけに
遠慮せずに自分でもう…。

(島田)…ぐらいの気持ちを持ったら
運気がいいかと思います。

引かなくてもいいよ。
前へってことです。

[続いては
4位から2位の発表]

まず第4位は…。

続いて 3位…。

そして 2位は

勝選手です!
(吉村)勝さん! 勝さん!

(島田)まず 4位
西村選手なんですけども…。

(島田)生命線という線に
注目しました。

その人の健康なんか
表す線なんですが

時々ですね 内側にもう1本
生命線があって…。

(島田)
二重生命線 最強の生命線。

スーパーマン スーパーウーマン
なんていう線なんですけど

西村選手…。

マジで?
(島田)ちなみに芸能界だと…。

イジってないです 本当に!
すごいです!

ホンマ?
ホントに…。

イジってないです!
素晴らしいんです ホントに。

(吉村)ヤバいよ!

へぇ~…。
(島田)なので もう…。

してしまうんじゃないかっていう。

なるほど。
(島田)びっくりしました。

さあ そして…。
3位が吉田選手です。

(島田)すごい線 めじろ押しで
人さし指の下にですね

とんでもない線が
入ってるんですよ。

(島田)こういう○が入っちゃってる。

(島田)これ サークルといいまして

人さし指の下に力が
ぎゅぎゅぎゅっと集まってるってこと。

この場所って
名誉をつかさどるんですよ。

なので 名誉。
もしかすると…。

あと まあ別の分野でも何か…。

(島田)それぐらいの何か…
びっくり線お持ちでしたね。

続いて 2位の勝選手です。

(島田)まずですね ここ
さっき言いました幸運のリング

ソロモンの環が2本入ってます。
幸せも2倍。

そして 私 注目したのが
ここなんですよ。 これ。

ほくろなんです。

親指の付け根
生命線内側のほくろというのは

バイタリティぼくろといいまして
まさにセンターに立つ器。

マジで?
(島田)みんなを従えた…。

(島田)ちなみに芸能界でいうと
浜田さんの相方…。

(吉村)勝先生の。
そうね。 ちょっと そこ聞きたい。

聞いていいですか? 勝先生の。
(島田)一応 手相でいいますと…。

という線があるんですね。
これが生命線内側にね

細かいんですがピヨッと上がる線。

(島田)生命線内側に ピヨッて
上がる線があると

これ モテ期到来線
というんですが…。

(吉村)やすりで削っちゃ
駄目ですよ 先生。

ここまでで 名前を
呼ばれていない選手は

稲見選手と小祝選手なんです。
そうやな。

(島田)一応 情報として
申し上げますと…。

(吉村)え~!?
稲見選手 かなり緊張されてます?

(稲見)はい。

何か 年始めに…。

小祝選手 どうですか?
今の気持ちは。

恐怖て!

[2人の運命や いかに!?]

では8位と1位は
同時にオープンします。

こちらです!

運気マックス 1位は稲見選手

そして 最下位8位は小祝選手。

島田さん 解説お願いします。
(島田)まず1位 稲見選手。

ホントに いい線のデパート
百貨店といった感じで

ことごとく
いい線入ってるんですよね。

さっき言いました
ソロモンの環 2本入ってます。

そして 運気上昇のサイン
イケイケ線 入ってます。

そして ここ頭脳線の先が分かれて
交差する

お魚のような線
これ フィッシュといいまして

仕事でうれしいことが起こる暗示。

(島田)そして 手の中央に
奇麗な十字が入るんですね。

これが神秘十字。
神秘的な力に守られていて

非常に運の強い人。

今年は 運も味方につけて
神懸かり的なプレー続出で

大活躍 間違いないんじゃないかと
思いますね。

(吉村)狙ってますから!
入った!いうて。

(吉村)たまたまじゃないです
狙ってますから。

じゃあ もう今年も。
(島田)ひとつ…。

かなり珍しい線お持ちで。

心を表す感情線が
2本あるっていう二重感情線。

すごい珍しい人なんですよ。

これ 二重人格とかではなく
2倍の心の持ち主っていう。

何それ?
(島田)なので…。

マジで?
(島田)ただ…。

(吉村)腹立つわ~。
そんな線ないぞ。

(島田)肩の力抜いて

しっかり狙っていただいたら
いいと思います。

そこと ここ…。

浜田さん ないですか?
ない ない。 何にも。

(吉村)ないっすか 浜田さん。

(吉村)笑われましたよ。

お前さあ!

さっきの話やないけど。
浜田さん まず珍しいのが

感情線 頭脳線つながって
一直線っていう ますかけ線。

天下取りの相っていう

徳川 家康と同じ
すごい線をお持ちなんですよ。

それぐらい
才能も運もあるんですけど…。

(吉村)よちよち線!?
どういうことやねん!

よちよち線って何ですか?
(吉村)よちよち線って何ですか?

どういうことやねんな!
ホント ごめんなさい…。

(吉村)やめてくださいよ!
うちのトップですよ!?

(島田)いやいや…
ホントにびっくりしました。

しわというか
溝みたいな一直線が入ってたので。

そして 島田さん。
小祝選手の手相をお願いします。

(島田)実は小祝選手も

成り上がり線とか。
あるやん!

(島田)金運線も長いとか
イケイケ線があったりとか

めっちゃくちゃ いいんですよ!
じゃあ 何で最下位か。

これね…。

ちょっと 今年 ホントに何か

とんでもないミスを
しでかさなければいいなって意味。

(島田)そこだけで ちょっと
この順位にさせていただいた。

今聞いてどうですか?
小祝選手。

あんまり そういう…。

(吉村)さすが!
すごいこけた。 すごい来た。

ああ そう。
(島田)で 今 小祝選手が

頭脳線 短いっていう話を
させていただいたんですけど

一応 情報として
ご安心ください。

え~?

(島田)だから
どうってわけではないんですけど。

(吉村)ヤバい!