くりぃむしちゅーのこれこそNo.1[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

くりぃむしちゅーのこれこそNo.1[字]

くりぃむしちゅーが大激論でNo.1予想▼若手人気芸人が再現&狭すぎるネタ芸人集合▼誰にでも喜ばれるクリスマスギフトNo.1は?コンビニのレジでやめてほしい行動No.1は?

◇番組内容
▽日常のあるある映像を見ながら、スタジオゲストがアンケート1位を予想!
・クリスマスやこの時期の贈り物で誰にでも喜ばれるプレゼントNo.1は?
・コンビニのレジでこんな行動はやめてほしい!イラっとする人No.1は?
・家庭内でイラっとする!して欲しくない行動No.1は?
◇番組内容2
▽若手芸人のネタを見て、1位を決定!
・言われた50音の文字、何を言われても○○で返す芸人No.1は?
・狭すぎるネタ1つだけの芸人!No.1のネタ
◇出演者
MC:くりぃむしちゅー
ゲスト:ケンドーコバヤシ、SHELLY、徳井健太(平成ノブシコブシ)、秋元真夏(乃木坂46)
進行:安藤萌々(テレビ朝日アナウンサー)
◇出演者2
再現VTR
うるとらブギーズ、スパイク、ゾフィー、ダニエルズ、ラランド
50音芸人
土屋、有村、サノライブ、コネオ・インターナショナル、岩ちゃん
狭いとこいってる芸人
カニササレアヤコ  ほか
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/korekoso-1/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ケンコバ
  2. SHELLY
  3. No
  4. 秋元
  5. 徳井
  6. 一同
  7. ハハハハ
  8. 自分
  9. 本当
  10. イヤ
  11. 電話
  12. 和食
  13. トイレ
  14. ニシダ
  15. 安藤
  16. 上田
  17. お前
  18. イラッ
  19. ヤツ
  20. ヨイショ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



『これこそNo.1』!

(拍手)

なんでも いろんな
世の中のNo.1を予想したり

番組で 勝手にNo.1を

決めようじゃないかという
番組らしくて…。

(一同 笑い)

(ケンコバ)我々も その程度です。
すげえ。

えー…。

(ケンコバ)いや… 「どうぞ」じゃない。
「どうぞ」じゃない。

なんかは あるでしょ。

ああー 今のとこ
右の方がよかったわ。

いやいや…
いいんだよ 別に こっちで。

〈これはイラつくNo.1は?〉

財布ないな。 どこだ?

わかった! もう帰るから!

ハハハ…! もう帰れ! お前は。
帰った方がいいよ。

〈50音芸人 No.1は?〉

〈クリスマスプレゼントや贈り物〉

〈誰にでも喜ばれる可能性が高い

No.1は どれだ?〉

(あさひ)ちょっと みんないい?
ちょっといい? みんな。

明日さ クリスマスじゃない?

でも 今年 ほら コロナだからさ

みんなでパーティーとか
クリスマス会 できないじゃん。

(八木)おっ! それ いいっすね!

いいよね! みんな 1個ずつさ
プレゼント持ってきて

ほら なんか 音楽かけて
回してさ。

(望月)うわー! いい いい!
懐かしい!

やろうよ!
(八木)やりましたよ 子どもの頃。

3000… 3000円?

(望月)ちょっと高すぎる…
ちょっと高すぎない?

まあ 5000円… 3000円ぐらい?

5000円以内… 5000円以内。

(望月)5000円以内。 いいやん。
(小川)ええー! どうしよう!

楽しそう。
(あさひ)やろう やろう!

俺もイヤだな。

〈クリスマスや この時期の贈り物〉

〈誰にでも喜ばれる可能性が高い

No.1は?〉

甘いものとかな
食べない人 食べないしな。

ええー お菓子か…。

…ってなったらイヤだしな。

ええー…。

普段 私

…ってなるかもしれないし。

これ いっぱいもらうから
たまるんだよな。

冬だし
入浴剤セットとか いいかもな。

(SHELLY)あっ いいじゃん。

誰だよ?
これ プレゼントしたヤツ。

〈さあ 誰にでも
喜ばれる可能性が高いもの

どれだと思いますか?〉

はい テレビ朝日入社1年目の
安藤萌々と申します。

よろしくお願いいたします。
(ケンコバ)1年目で。 初々しい…。

皆さんは
買い物や お店を選ぶ時に

今どき 口コミNo.1や

売り上げNo.1などを
気にしたり

参考にしたりしませんか?
(徳井)はい しますよ。

(安藤)そうですよね。 やっぱり
成功率を上げ リスクを下げる

あらゆるNo.1を
皆さんで当てたり

決めていただきます。
(SHELLY)なるほど。

今日 頑張ります。
よろしくお願いします。

頑張れ! まあ 女性アナウンサー
No.1 目指すんだったら

ちょっと 左の方を見すぎだわな
今 カンペを。

(徳井)1年目だから。
(ケンコバ)頑張った方ですよ。

(SHELLY)上手だったよ。
急に…。

こっちが緊張しちゃった
すごい なんか 萎縮する。

(ケンコバ)意地悪な先輩やな!
この2人は。

なんか ここは ナチュラルに
しゃべってほしかったけど。

すみません ちょっと…。
そうね 自分の言葉でね。

すごい萎縮してる 俺。

〈では クリスマスや
この時期の贈り物

誰にでも喜ばれる可能性が高い
No.1は?〉

番組公式Twitterでは
番組を見ながら

視聴者の皆様も SNS上で

意見交換をする事が
できますので

ぜひ 参加してみてください。

例えばさ 秋元さんだったら
これが欲しいっていうのはある?

(秋元)私 この中だったら

タオルの詰め合わせが欲しいです。
(SHELLY)ええー! そうなんだ。

なんで?
(秋元)私 メンバーにも

「誕生日 何欲しい?」って
聞かれた時に

「タオル」って答える事
たまにあるんですけど。

言うほど…。

すぐボロボロになる?

そんなに!?

なあ?
(ケンコバ)はい。

確かに タオル… タオル
あんまり捨てた事ないかもな。

私もないと思う。
ええー!

なんか ギリさ
子どもが持っていく

なんか 雑巾にするとかには
なるけども。

雑巾でも… 雑巾に
奥さんが こう 縫い始める…。

いや まだ それ タオルとして
いけない? って

言いたくなる時あるもんね。
ああ… そっか。

でも だから… だから まさに

タオルの詰め合わせみたいなのを
もらった時が

替え時なのかもしれないよね。
(秋元)あっ そうですね。

新しいのきたら
替えちゃえ みたいな。

(徳井)僕 こういう時って やっぱ

自分が買わないものが
欲しいんですよ。

…って考えると
入浴剤セットって

使ってみたくないですか?
いや…。

IKKOさんから
どれだけもらってるよ!

入浴剤なんて IKKOさんのが
腐るほどあるよ。

あれ 入浴剤なんだ?
あれこそ でも

知り合いに流したら
めちゃくちゃ喜ばれますよ。

「これ IKKOさんの」って
言ったら

大体の女性は食い付きます。
あれ 結構 でかいじゃない?

あれが こう 詰まれてさ
うちにもさ。

その上にさ なんか こう
箱とか置き始めたのよ 俺。

だから もう
柱みたいになってるの。

(一同 笑い)
(徳井)ああ…。

じゃあ もう 外せないですね。
それで支えられてるんだ。

でも…。

その いわゆる
自分が日頃 買わないものを

いただきたいって事だね。
(徳井)はい。 それこそ

くりぃむさんが
プレゼント交換してるっていう

噂 聞いたんですよ。
俺たちね。

誕生日のな。
(徳井)してるんですよね?

ずっと前からしてるんですよね。

(ケンコバ)一番 近々の
誕生日プレゼントは?

俺が 50歳に去年…
去年じゃねえや… 5月?

50って まあ
一つの節目じゃない? 半世紀。

…の 俺へのプレゼントが

Nintedo Switch
だったわけ。

(一同 笑い)

若い!
しかも ない時代…

ない時期よ? 5月だから。
(徳井)買えない時に。

あらゆる手を使ってさ。

でも 50歳の誕生日に
ニンテンドースイッチよ?

パッ… 見ました。

(SHELLY)ハハハハ…!
うれしかったんだね。

すげえうれしかった。

実用的だけど なんか
日頃 買わない角度からくる

いいのを
探してあげるべきなのよね。

〈不特定の誰かにあげる
この時期の贈り物〉

〈アンケートの結果

喜ばれる可能性が高い
No.1は?〉

お菓子と思ったけど 男はな
お菓子いらないもんね。

男が… 男のとこいったら
イヤだもんね。

女の子はいいよね 甘いものは。
間違いないよね。

でも 一人暮らしだと

そんな事 言いながら
開けて こう

まあ 一切れだけと思ったら
また すぐ開けてさ

また 一切れだけ…。
止まんないでしょ あんなの。

うーん… 気付いたら
賞味期限切れてるパターンが

私 多いなと思って うん。

確かに。
まあ まあ…。

男は やっぱ
お菓子 入浴剤がきても

ちょっと微妙な反応にならない?
基本 男は。

ああー うまい棒とかね。

(徳井)俺は そこで いらないんで

「タバコにしてくれ」って
言ったんですよ。

ええー!
最低だな。

ファンで タバコをくれる人
多かったけど

うれしいよね? あれ。
(徳井)いや うれしいですよ。

だって 絶対必要なものだし。

お菓子よりはな。
でも 言わないじゃん。

「ちょっと 俺 お菓子いらないんで
タバコにして」とは。

言いました。
うわっ ひでえ…。

(徳井)そしたら 次の日から…。

(一同 笑い)
そりゃそうだわ。

そりゃそうなる。
そうなりましたけど。

〈それぞれNo.1を予想〉

〈喜ばれる可能性が
最も高いのは?〉

では アンケート結果を
見てみましょう。

No.1は
こちらです。

(一同)ええー!
(安藤)なんと No.1は

お菓子の詰め合わせという事で

お菓子の詰め合わせを贈ると

成功率が上がると考えられます。

なんて世間知らずな我々。
(徳井)売れてるのか。

大人だよね 大人。
(ケンコバ)数が全然違う。

本当ですね。
実際に 冷静になってみたら

うちに 今… 今日
どれかを持って帰ったとして

ああー。
そっか。

イヤっていうわけじゃないよ。
タオルがイヤとか

ワインがイヤじゃないけど
もう お菓子だったら

キャー! ってなるもん。

〈…というわけで 迷ったら
お菓子を贈ると

喜ばれる可能性が
高いと考えられます〉

さあ 次のテーマにいきましょう。

次は
コンビニのレジでの行動です。

ちょっと 感想をね… その前に
今の俺たちの感想を

ちょうだいよ なんか。
なんか 淡々と…

淡々と いかれちゃったからさ
なんか…。

すみません。 でも 私も

お菓子がうれしいかなと
思いました 一般人的には。

じゃあ 俺ら
お菓子 出てなかったから…。

いえいえ… 一般人的には
お菓子かなと思いました。

すごいと思うよ
勝ち抜いてきたと思うし。

偉いと思う。
やっぱ 全局 受けたの?

日テレもTBSもフジテレビも。
はい。

おお! で テレ朝が
一番最初に決まったの?

はい そうです。 ありがたい事に。
だから もう 他 お断りして?

いやいや もう テレビ朝日しか
受かりませんでした。

5です!

いや 違う 違う 違う…。

なんで テレ朝なわけない
みたいになってるの。

でも そうか。 今 やっぱ
1位は弘中ちゃんだから

今 テレ朝かもね。

〈コンビニのレジで
やめてほしい

イラッとする客No.1は?〉

《…にしても
コンビニ混んでるな》

(SHELLY)あるよね 混む日。

また 芸人。
うん。

(せき払い)

《俺が選べねえだろ》

(SHELLY)閉めた状態で考えろ。

次の方どうぞ。

ハハ…! マジ やばっ! それは。
ハハハハ…!

あいつは でも
どちらかっていうと

なぎら健壱の方じゃない?

4つで はい。

顔的な…。
(望月)1125円になります。

PayPayで。
(望月)はい PayPayで。

はい ありがとうございます。

いや でも どっちかっていったら
なぎら健壱じゃない?

〈電話をしながら会計をする客〉

(ケンコバ)確かに腹立つな これは。
まあ 腹立つ。

(ニシダ)おっ!
こっち すいてるじゃん。

ラッキー。

すみません。
えっと これが水道で…。

(SHELLY)いや でも これは
タイミング考えません?

(ケンコバ)ムカつきはしないかな。

今の時間帯は
申し訳ないなと思うな。

(SHELLY)お昼時とか
今じゃないでしょって思っちゃう。

あれ? ちょっと待って。
(望月)今 3枚ですね。

あっ これと…。

《コンビニは どこでもあって 24時間
いつでも開いてんだろ?》

〈混んでる時に
公共料金を払う客〉

(秋元)考えてなかった。

(ケンコバ)
あいつ 細かい芝居してるな。

(望月)次の方どうぞ。

ここは 俺に任せて。

(望月)ありがとうございます。

《結局
あっちの方が早いんだよな》

〈レジに家族や仲間と並ぶ客〉

大体わかるもんな。

次の方どうぞ。

はいはい お願いします。

(SHELLY)そうそう。
これでしょ? 要は。

197円になります。

(ケンコバ)これは 確かにね
女の人 多いな。

(あさひ)
あれ? ないよ! どうしよう。

《財布 出してから レジ行けよ》

《並んでる間に
大体いくらか わかるだろう》

《先 用意しとけよ》

〈コンビニのレジで
やめてほしい

イラッとする客No.1は?〉

ええー! 私

結構 混んでる時間帯に?

って 今 思ったら…。

ちょっと これ
そんなに嫌がられてるとは

思わなかったです。

俺 実際にコンビニで
バイトしてた事があるのね

24 25ぐらいの時に。
やっぱり もう

お昼の忙しい時間帯とか
あと ほら 終電が終わって

ダーッと客が集まる時間
あるじゃん 終電の時間。

その時とかに 公共料金とか

あと そういう時に限って
おでんだ 肉まんだを頼んで

しまいには 宅配便頼むヤツとかも
いるじゃん それ。

お前 ちょっと 時間考えろや!
って思うヤツは

本当に やっぱり いた。
(秋元)ああ そうなんだ!

実際に働いてる側…。
(ケンコバ)働いてる側からすれば。

(秋元)ええー
やっちゃってました。

(ケンコバ)後ろ並んだ事ありますけど
そんな腹立った事ないですけどね。

いや だから そこなのよ。

俺は 結局 もう
第5の選択肢として

ガチャガチャ言ってる
ラランドの あの男…。

(ケンコバ)自分のセンサーが
ないくせに。

そうそうそう。
ゆとりを持て! もっと。

もっと ゆとりを持てやと。

(ケンコバ)ニシダが 一番
腹立つんですね? 結局。

あいつが 一番腹立つ。
ハハハハ…!

なんか その…
各自 もちろんわかる。

店側からしても
公共料金 こんな時間に来る…。

でも 事情があるかも
しれないじゃんとか

電話も あの電話だったら

まあ ちょっと あれだけど
本当に なんか

違う電話してる
可能性もあるしとか。

SHELLYは どれが腹立つの?

へえー!
あっ そう。

その 後ろが…
私も 公共料金

いまだに やっぱり
払う事あるんですよ。

で あっ そうだ!
払わなきゃっていう瞬間

パッて 後ろ やっぱ
振り向くんですよ。

誰もいないなっつって
じゃあ これもお願いします

ってやるのが 普通の やっぱ

周りの事 気にして生きてたら
そうならない? って

思っちゃいます。
それは 俺もそう思う。

お昼時も
ずらーって並んでる時に

こんな事で待たせるのか?
っていう いら立ちが

私は あります。
わかる わかる。

あのさ 別に まあ
若い人に限らないんだけどさ。

別に 俺らぐらいの年代の人も
年寄りとかもいるんだけど…。

例えば エレベーター
何人か乗ってますよ。

ピーンって開きました。
で 外で…

エレベーターで 電話してる状態で
入ってきて

そのまんま エレベーターで
でっかい声で話せるヤツの

神経 わからなくない?
(ケンコバ)俺も 電話が一番イヤですね。

ねっ。 あれ 電話じゃなくても
2人で 誰かね しゃべってて

エレベーター乗ってきました。
乗ってきて 誰か いたらさ

ちょっと この話の続きは

エレベーター降りてからにしようよ的に
ならない?

それを
ずーっと同じボリュームで…

開いた瞬間と同じボリュームで
しゃべるじゃん。

免罪符なんだよね。
ここに… ここを持っとけば

大声 出していいっていう
免罪符になる…。

あれ 訳わかんない。
しかもさ なんか ほら…。

俺ね… 他の ホテルとか

どっかね… デパートとかなら
まあ まだいいわと思うわけ。

でも 例えば テレビ局のね
エレベーターでさ

じゃあ 乗ってます。
で 例えば 大御所の方…。

例えば じゃあ
高橋英樹さんとかでいいや。

…も 一緒に乗ってます。
俺はいいよ。

でも 誰か… 多分
ADさんとかが乗ってきた。

2人 乗ってきた。

「いや でもさ あの番組の これ
どうこうじゃね?」。

いやいや お前 高橋英樹さん
いらっしゃるのに お前…。

俺 もう…。

多分 この人は悪気がない…
気付いてないわけじゃない?

俺 近くに やっぱ
上田さんがいるんで。

上田さんは 声が響くのよ。
でかいの。

もともとは 電話を…
楽屋で2人でいて

なんか しゃべり始めたら
それになるわけ。

上田の声しか
もう 聞こえなくなる。

何を話してるかは
絶対 推測つくわけよ。

それに気を使って
楽屋から出るようになったの

電話かかってきたら。 でも…。

この間 やっぱ… 合間に
前室みたいなのに入るじゃない。

結構 広めの前室にバッて入って。

いろんなタレントさんが
グワーッと入って。

そしたら 上田さんが センターで

鷲見… 元テレビ東京の
鷲見アナウンサーと

なんかの…
ジャパンカップだっけな?

うんうん。 競馬のね。
競馬の予想を なんか…

「どう思う?」みたいな…。
そしたら

「そうですね 私は これですね」
って言うんだけど

もう 声がでかい。
そして やっぱり もう

日頃の回しグセがある
っていうのが…。

回しグセはない。 回しグセはない。

「どこからいく?」。

「やっぱ 俺… ダメか それ」。

「おお! なんで そう思った?」
とか言って

トークで回していかないと…。
(ケンコバ)「なんでそう思った?」まで。

そうなったら もう
周りは ひたすら 休憩に…

近くにいても
それを聞くしかない。

(ケンコバ)聞くしかない。
…しかない事はない。

それに対して
悪気がない事もわかってて。

だから この人もそうなんだよ
多分ね。 悪気はないの。

でも 聞くしかないの ずっと。
そうなった時も

俺は競馬やらないけど
上田は あれを予想してるんだな。

鷲見さんは
ああいう考え方なんだって

トーク番組を聞いたあとに
本番に行かなきゃいけないの。

でも 上田さんは
絶対 悪気がないんだよ…。

だから 俺ね
電話しながら会計するとか

エレベーターで
でかい声で話すヤツ

俺 全然 腹立たない。
(徳井)いやいや 違うじゃん。

自分から斬り込んだんでしょ。
自分から斬り込んだのに。

いや でも 全く意味なくても

やっぱ 端っことか行きますもんね
僕 電話。

(SHELLY)ああ! わかります。
まあ まあ まあ…。

(ケンコバ)全然 その… 誰かに
聞こえるかもしれないけど

一応 端っこに行くというか。
行くよ。 俺も行くよ。

ただ ボリュームがでかいだけ。
ハハハハ…!

いや だから 多分 競馬の予想も
ちっちゃい声でやってんだよね?

俺の中では…
「ああ そう。 いや やっぱ

アーモンドアイ 間隔 短くない?」
ぐらいの感じよ。

いや 俺たちが聞いてるのは…。

うん!

ハハハハ…!

だから そのボリュームに
合わせなきゃいけないから

鷲見さんも 声がでかくなるのよ。
(ケンコバ)そりゃそうですよね。

「はいはい はいはい!」とかに
なるから。

(徳井)あれ 僕…
ちょっと 関係ないですけど

あれ 統一してほしくて。

ADさんとかが
エレベーターで 開けてくれて

先にどうぞって
やってくれるじゃないですか。

でも その先の道 わからない時

まず 俺 出て ADの子を待って

ADの子… 俺をよけながら行って
先に行く時

一番 無駄な時間だったなって
思うんで

あれ もう 待たないでいいんで。
(SHELLY)わかる!

ガツガツ行ってほしい。
(ケンコバ)合理的にいけばね。

(徳井)いらないですよね。
俺が… ごめん。

それ 似たようなので
決めてほしいのは

やっぱ 楽屋でさ コンコンって
誰かがノックするじゃん

スタッフの人が。
「はい」って言うじゃん。

でも 「はい」って言って
そのまんま

別に 入ってくる気配ないから

もう こっちが わざわざ
ドアノブ… 開けて

「はい」って…。
「そろそろ本番です」。

「はい」って言ったら 開けろやって
思わない?

(徳井)わかる!
何 お前 外で待ってるの?

いちいち こっち
行かなきゃいけないじゃん。

たまに… ほら
でっかい楽屋の時とかさ。

あれ もう 開けてほしいわ。
(SHELLY)ちょっと違うんですけど

今 私 ちょっと
田舎暮らしというか…。

なので
ピンポーンって来るんですけど

もし 玄関 閉めてなかったら

「はい」って言ったら
ガラガラガラッて開けちゃうの。

郵便屋さんとか
近所の人とか みんな…。

慣れてるのね。
みんな 「はい」って言って

向かってる途中で
開いてる! みたいな。

いや わかる。 田舎は そうだよね。

(SHELLY)そう!
ビックリ… ビックリして。

でも SHELLYの田舎は
まだ都会よ。

俺の田舎なんていうのは
玄関 開けて

「上田さん!」だから まず最初に。

っていうのも…
ほら 入ってくるじゃん。

「はい お邪魔しますね」とか
言って。

よし そろそろ迎えにいこうか
ぐらいでいたら

もう リビングにいるから。
(SHELLY)そうそうそう!

田舎は そうですよ。
田舎は。

もともと
「いる?」ってやってたんで

それでピンポン付けたんですよ
私も。

そうか。
そうそう。 ピンポンなかったんで。

東京 来てからだよね。
「セキュリティ セキュリティ」って あんな…。

子どもの頃さ 帰ったらさ

なんか 知らないおっさんが
もう 先にいるみたいな。

(ケンコバ)ありました ありました。
親の友達とかが

もう 勝手に入って
なんか テレビとか見てるのよ。

(秋元)怖い 怖い!
ナイター中継とか見てるの。

「どうも すみませんね」みたいな。
「遅かったな」。

いや 遅かったんじゃない。
お前 早かったなみたいな。

その前に お前は誰だ? と。
ハハハハ…!

〈話は戻って

コンビニのレジでイラッとする

お客の行動〉

その… レジで待ってる時に

このあと
どんな事が起こるだろうかという

展開を考えて 先に財布出して…。

例えば カードを使うなら
ちょっと カードを出しとくとか。

なんか やりませんか? それは。
(ケンコバ)やります。

もしも… なんか ほら 携帯の
あれでピッてやるんだったら

ちょっと それ
もう 設定しとくとか。

設定します。
まあ そのアプリにしとくよね。

いや だから
それをやらないっていうのは

厳しいようだけど ちょっと

そういう人って。
だから まあ 僕ね

上田には よく言うんだけど
トイレに行く時に

トイレに入った瞬間から
距離を瞬時に計算して

あそこの時に ちょうど
ペロンって出てくるのをやるわけ。

(ケンコバ)僕も やってます。
僕も やってます。

すごい これって
高度なテクニックで。

(徳井)やった事ない…。
今度 やってみれば わかるけど

もうね どこを… 当たりを付けて

入った瞬間に
一番手前なのか奥なのか。

だったら 大体
この歩測で歩いてるから

これぐらいまではいける。

チャックが このタイミングで…
ポンッ! ジョー。

(SHELLY)「ポンッ! ジョー」…。
なんだけどもね

これは もう 本当に…。

やっぱ もう…
目測が誤る事があって。

(SHELLY)言わないで…!
自分 疲れてるのよ。

だから こう…
あそこら辺だからっていうので

大体 開けて はい 出したけど
まだ着かねえ…。

出し… 出しっぱなし…。

(SHELLY)ハハハハ…!
ハハハハ…!

出しっぱなしで しばらく…。
(秋元)イヤだ…!

最悪じゃないですか。
(ケンコバ)あと あの… あれですね。

入り口から 小便器近いとこは

もう ちょっと…
若干 廊下から出してるというね。

もうね わかってる時は
ちょっと もう…。

あらかじめ わかってるから。
(SHELLY)最低!

…って どの部分を
俺に言ってるの?

(一同 笑い)

何回か ちょっと
俺の悩みとして聞いてもらった…。

(ケンコバ)受け止めてたんですね
それ じゃあ。

トイレですらね
待たせちゃいけないとか…。

(ケンコバ)段取り力です これが。
…やってるんです これは。

全然関係ないですけど

今の話の逆の話で
女性が一番幻滅するやつ。

居酒屋とかバーとか
飲み屋さんとかで

トイレに… 出てきながら
ここを締める人。

(秋元)ああー!

確かに ちょっと 怖い。

もう あれ 超幻滅しない?
します。 ここが心配。

シャツとか入れてるだけでしょ?
(SHELLY)いやいやいや。

ベルト締めてたりとか
ピーッて上げてたりとか…

もう 出てきながら。

いや ちょっと 立ち止まって。
手を洗って お願い…。

あれ? 先 手洗ってますよ でも。
それね…。

要は 結局 出てきてから
席に戻るまでの時間でできる事は

そっちでやろうっていうのが
あるわけ。

つまり これをペローンと…
ペローンと出して

これを入れてから手を洗う…
でしょ?

でも そうじゃなくて
ペローンと出てるけど

まず ちゃんと洗って
これは あとで入れる事が…。

(SHELLY)いや でも その姿も
見たくないです できれば。

(ケンコバ)俺もそっちです。
ねえ? 段取り力だよね?

(SHELLY)だって その整える姿も
中で…。

(SHELLY)違う 違う…!
そう! テーブルでは ちょうど…。

(ケンコバ)テーブルマナーっていう言葉
聞いた事ないですか?

テーブルマナーって それなの?
(ケンコバ)テーブルマナーって

そういう事ですよ。
(秋元)見えちゃいますもんね。

先に見るからいけないんだよね?

動線を追っちゃダメよ。
(秋元)動いてるから

気になっちゃって見ちゃう…。
そうそうそう!

トイレの近くの席だと
自分の知り合いじゃない人でも…。

(ケンコバ)手洗ってますって だから。

うん 思います。
(徳井)手を拭いてるっていう時

俺 ありますけどね。

(秋元)どういう事? シャツで?

(ケンコバ)なるほどね。
ジーパンとかで拭いてる人

おるもんね こうやって。

〈脱線ばかりしましたが

コンビニで嫌われる行動No.1

あなたは
どれだと思いましたか?〉

では アンケート結果を
見てみましょう。

No.1は こちらです。

ああー やっぱり。
(安藤)No.1は

レジに行ってから財布を探す人
という事で

心当たりのある人は注意しないと

みんなに嫌われます。

まあまあ でも 納得の結果だね。
まあ あの2つだよね。

そして お次は…。
ちょっと 感想ちょうだい 感想。

ちゃんと 今 感想をね。
もう ちょっと 男性のトイレが

気になっちゃうように
なりそうだなと…。

やっぱ イヤでした?
(SHELLY)トイレの話…

トイレから出てくる話
どうですか?

私も しまってから
出てきてほしいです。

(秋元)ですよね!
はい。

完璧にした状態で
廊下に出た方がいい?

はい。 ちゃんと しまってから…。
やっぱ 女性はそうなんじゃない?

ほら トイレに
やっぱ メイク直しとかに行って

ほら ちゃんと整えてから
出て行くっていう…。

出てきてほしいですけどね。

俺 絶対イヤだよ そんな女の子。

うわーっと…
チャック閉めながら…

「で さっきの続き…」。
(秋元)イヤだ!

よほど話したかったんだろうなと
思う…。

「で そのあとさ…」。
可愛いけどな。

(ケンコバ)この場を楽しんでくれてる
っていうのが すごくね…。

そんなヤツと
引き続き 話できねえわ!

なんか ほら
何もなかったかのように

戻ってくるじゃん 女の子って。
(ケンコバ)そう!

トイレ行って 5分ぐらい経って

何もなかったかのように
戻ってくるじゃない。

だから いやいや 知ってるよって
思うわけ こっちは。

あんた 用を… 用を
足してたじゃんか 多分な って。

それを なんか
なんもなかったかのように

…って座られるんだったら
だったら まだこうやって

「ハハ…! ごめんなさい!
ごめんなさい!」の方が

なんか まだいいよね。
違う 違う 違う!

あと 男なら してくれる報告も
してくれないじゃないですか。

何が?
男 たまに バーッ 戻ってきて

「全然出えへんかったわ」とか
言う人おるじゃないですか。

いや 言わなくていいよ!
そいつが間違えてる。

あれ 女の人から聞いた事ない…。
いや 当たり前じゃ!

「全然出えへんかった」って。
いや 俺も言った事ないわ

「出なかった」って。
(秋元)言いたくない…。

ハハハハ…!
ねえ?

〈お次は 家庭でイラッとする

してほしくないNo.1は?〉

(ケンコバ)
どうせ ニシダが悪いんでしょ。

(ニシダ)
ああ ごめん ごめん ごめん。

(サーヤ)電気もつけっぱなし。
(ニシダ)ああ ごめん ごめん…。

(サーヤ)おうち
冷蔵庫にしたいんですか?

あなた ペンギンさん?
コウテイペンギンですか?

コウテイペンギンだったら
許しますよ。

本当にごめん。

〈車の運転中
こんな事ありませんか?〉

いやいや…
いいんだよ 別に こっちで。

合ってる…。
今のとこ 右の方が

近道だったわ。

(SHELLY)一番ムカつく。

わかった わかった!
うるさい… うるさいから。

遅い 止まるの。

あっ…。

いいだろう 別に。
ギュッ ギュッてなるやつ

一番嫌い。 犬みたい。
犬が散歩中に

ガッて引っ張られてるみたいな
気持ちになる 飼い主に。

虫とか見付けて… ギュッていう
感じになる 今のブレーキは。

そんな事ないって。
犬かと思っちゃう。

〈運転中に
ゴチャゴチャ言われる〉

何やってるの? あんた。

何って ゴミまとめたでしょ。

ゴミ出し。
(ニシダ)いや わかってるけど…。

行ってきてって言ってるの!
だから 今

休憩してるっつってんじゃん!

すごいな こいつ…。

(ニシダ)だから
なんなんだよ こいつ マジで。

これは でも よく怒られたな 昔。

あっ そう?
はい。

何? これ。
趣味が一貫してない。

全部しまっとこう
もう こういうのは。

なんで 出しっぱなしにするのよ。

あれ?

〈特に邪魔じゃないのに

俺の領域を 勝手に
侵すんじゃないよ 本当に もう!

うん 別にいいよ。

うーん… なんでもいいな。
(ニシダ)あっ 本当?

「なんでもいいな」 困るよね。

(ケンコバ)これね!

焼き肉 もういいよ。
もたれちゃうもん この年だと。

(ニシダ)じゃあ…。

ハンバーグ?
子どもじゃないんだからさ。

なんだよ お前
なんでもいいんじゃねえのかよ。

(サーヤ)あなたの好きなもの
食べに行こう。

(ニシダ)なんなんだ? こいつ。
気持ち悪いな。

ずっと気持ち悪いんだよ こいつ。
(サーヤ)なんでもいいよ。

〈「なんでもいい」と言っておいて
否定してくる〉

〈家庭でイラッとさせる

ムカつく行動No.1は
どれだ?〉

まあ 「なんでもいい」で
ダメ出しでしょうね。

これは 実際
何回もありますもんね 今まで。

あれ でも
つつましいアピールなんだろうね。

「なんでもいいです」って言って
「本当に 私

なんでも合わせられますから」って
言って

じゃあ 例えばね
「焼き肉 どう?」。

「ああ… もちろん 焼き肉でも
いいですけど… はい」。

「他のでもいいです」。 お前 絶対
他の方がいいだろ! みたいな。

普通だったら
「焼き肉でいいです」で

終わるはずなのにさ。
否定する時もあるよね。

「焼き肉でも全然いいですけど
和食でも全然…」みたいな。

そうそう!
お前は 和食なんだよっていうさ。

それなら
最初から言ってっていうさ。

あれ 女子のさ なんか ほら
「ごはんでも行こうか」っつって

「何食べたい?」って言ったら
大体

「じゃあ 和食」とか
言ってくるけど

あれ 本当に和食と思ってる?

なんか
「和食」って言うと無難だから

言ってんじゃねえかなと思う時が
ちょこちょこあるんだけどさ。

無難で言いながら
こっちも店選び

一番 実は 大変ですしね
和食ってね。

実はね ええ。

だから ちょっと 上田さんが

大和魂みたいなの ちょっと
見せてるんじゃない? なんか。

その女性に対して。
「大和魂」?

…っていう。
いや ないよ。

だって 普通 「焼き肉」言うよ。
(SHELLY)言います 全然。

女の子に言ったら
「肉 肉 肉」って言うもん。

それを言わせない。

「和食でお願いします」。
そんな事あるか!

だって トイレでも
絶対きちっとして出てくるし。

そんだけ大和魂見せてたら
そうなりますよ 「和食で」って。

でも 「和食」って言う女の子
多くない?

多いですね。
まあ ヘルシーみたいなのも

あるんでしょうけど。
秋元さん 例えば じゃあ

秋元さん ごはん行こうかって
俺がね 仮に誘って

「何食べたい?」って言ったら
なんて言う?

私 大体 焼き肉って
言っちゃうんですけど

でも 和食って言ってくる人って
多分

上田さんとかに
気がある人じゃないかなと

思っちゃうんですけど。
なんで?

上品だし 和食だったら 結構
ガチャガチャしたとこじゃなくて

落ち着いてお話もできるし
みたいな。

…っていうのが込みで
ありそうな気が。

おおー!

そんな 大和魂が どうとか…。

〈家庭内のイラッとする行動〉

〈世の中のNo.1は?〉

〈家庭で これをされると
イラッとするNo.1は?〉

個人的には
運転中 ゴチャゴチャです

一番 腹立つのは。 なんか こう

「あっ 危ない!」とか言われると
いや 大丈夫だよと思って。

なんか こう 普段運転してる人が
助手席に乗ると

多分 感覚 違うじゃないですか。
(ケンコバ)ちょっとね。

ちょっと 思っちゃう時ある。
(SHELLY)でも 黙ってません?

私も だから 自分がやられて
すごいイヤだから

人の運転してる車では 絶対…。

もう マネジャーさんでも…
うわー! って思っても

もう なんにも言わない。

SHELLYの運転に
安心してて… してるんだったら

いいと思うのよ。
それなのに いちいち

「いや 違うじゃん」とか言ってたら
イヤだと思うけど。

俺 よく考えたら 運転中に
ゴチャゴチャ言ってるのよ。

それ 何かっていったら
今の運転手とかに言ってるの。

なんでかっていうと まず

カーナビを使わないと
どこにも行けない。

それは 別にいいです。
カーナビをさ

ノースアップにしてるの。
ああ… はいはい。

わかる? ノースアップだよ。

要は 進行方向になってないの。
だから こう 下っていって…。

あれ 気持ち悪いな。

よく あれで行けるよな。
ずっと見ながら 「えっと…

これって左ですよね?」って
言うけど

「うん? ちょっと待って これ…」。
(ケンコバ)一瞬 考えるのね。

で… だから…。

「なんで これ こうなってるの?」。
(SHELLY)思います 思います。

「いや こっちの方が
なんか 地形も覚えるんで」。

「いやいや… ああ そう。
でも わかりづらくない?」。

だから もう これは
やりやすいんだったら…

そういうヤツもいるかと
思ったら

間違えるのよ! 道を!
…ってなるわけ。

…ってなった時に ゴチャゴチャ
ずっと言ってるのよ。

「いや 違うよ! もっと
広めにした方がいいって」とか。

これね…。

やっぱりね… いや ごめん。
(SHELLY)違う 男の人は やっぱり

自分の方がうまいと
思ってるんですよ。

けど 私も思ってるの 乗ってて…。
(ケンコバ)正直 思っちゃってる…。

(SHELLY)だから 私も乗ってて
危なっ! とか思うし

いやいや そこ 今
人 渡ろうとしてたじゃん とか

すごい思うけど ゴックンって
するんだよね 女の人はね。

男は みんな 自分の方が
運転がうまいと思ってるから

言うの!
それは思うけど… ごめん 俺ね

女子に運転してもらった事
ないのよ 一度も。

必ず 俺がするから。

必ず。 だから 俺も
運転手にゴチャゴチャ言うのは

今のドライバーとかだもん
運転してる。

この3列
例えば あると。

(ケンコバ)3レーン。
3レーンあると。

こっちから こう
右折レーンに入ると。

で 今 赤信号なわけよ。

ここに行くのに
もう ギリギリなわけよ。

でも 赤信号よ? ここで
待ってりゃいいじゃん。

青になったら
こう行けるんだから。

なのにさ どうせ行っても
赤信号なのに

ここをさ
ギリギリを攻めて

バツーン! と
サイドミラー当てて…。

待っとけや!
ここで。

あと数十秒で
青になるから。

何を ここに 急ぐ必要がある…?

行きたい気持ちはわかります。
「当てました!」みたいなさ。

行きたい気持ちは
わかりますけどね。

普通のさ 3車線で真ん中にいて…
この間よ。

車が こう いるわけよ。
車線変更したいわけ こっちに。

だから こうやって…
俺も なんか 乗ってて

なんとなくわかる…。 あっちに
行きたいんだろうなと思ったけど。

こうやって ウィンカー出して…。

ミラー見て …をやって
入ってって

「ガリガリ ガリガリ…!」だよ?
(SHELLY)ハハハハ…!

いや 俺も…。

いや あるよ! 本当に!

だから ゴチャゴチャ言う人の
気持ちもわかってっつってるの。

もう だから
自走したらどうですか? 2人。

(SHELLY)そう 本当 本当!

あのね 俺 本当に
自分で運転したいの。

自分で運転したいけど
事務所から禁止されてる…。

そう。 お酒飲んだりするから。
(ケンコバ)仕事の行き帰りとかは。

いろんなね… もし 事故った場合
番組の方に迷惑かけるから

運転禁止令が出されて。
そうそう…。

この間もさ… ねえ。
(ケンコバ)あるんですね…。

家に着きました。

ガレージ開けて…。

大体 ほら
後ろの壁が近付いてきたら

ピーピーピーピーって鳴るじゃん。
これ以上 下がれませんよ。

ピーピーピーピーって
鳴ってるのに

まだ下がって ドーン!

「ぶつけました」じゃないわ!

今 ピーピーピーピーって
鳴ってたろ!

アホか! あいつ。
(ケンコバ)気持ちはわかるんですけど

お二人 事務所で ちょっと それ
話していただいていいですか?

(SHELLY)そうですね…。
いや この間もさ…。

(ケンコバ)また?
(秋元)いつまで話すんですか?

ドア ガーンッ! 開いてさ
乗ってさ

なんか 局の人がさ
あいさつしてくれてるじゃん。

だから こうやって
「ありがとうございました」って…

「お疲れさまでした」って
言うけどさ

いつまでも閉めないのよ。
(ケンコバ)ハハハハ…!

(秋元)気まずい 気まずい。
(ケンコバ)気まずいですね。

気まずい。 そりゃ気まずい。
ずっと こっち見てさ。

「はい お疲れさまでした。
また 来週 お願いします」って

携帯出して こうやって…
「お疲れさまでした」。

で しまいには「出せ」って言ったら
そのまま出ていくのよ…。

「お前… 俺 『西部警察』か!」
みたいな。 窓開けたまんま。

ヘリコプター…
ヘリコプターで こう…。

(一同 笑い)

(ケンコバ)もういいわ!

〈家庭内でイラッとする行動〉

〈特に注意すべきNo.1は?〉

では アンケート結果を
見てみましょう。

No.1は こちら。

(安藤)やっぱり No.1は

「なんでもいい」で ダメ出し。

という事で 心当たりのある人は
注意しましょう。

(徳井)3位… 3位なんで。
(秋元)3位でしたよ。

あんまり そういう
マイノリティーの意見をね 取り上げても。

今までのドライバーが
4択で出てきてさ

誰が一番悪いかって…。
それだったら 俺

5時間スペシャルできるわ。
(一同 笑い)

〈続いてのNo.1は…〉

これまでと違って…。

〈50音 どの言葉でも
ある事で返す芸人

No.1を決めよう〉

人力舎所属のピン芸人 土屋です。

僕の特技はですね
50音 なんでも言われたら

偏差値の低そうな架空の大学名が
言えます。

お願いします。 お願いします。

元高校教師のピン芸人の有村です。
お願いします。

テレビ初出演なんで
頑張りたいと思います。

僕は 50音 何を言われても

先生ならではの学校あるあるで
返す事ができます。

お願いします。
いいね!

僕は 50音 何を言われても

吐きそうなヤツが言いそうな事で
返す事ができます。

細かいとこ 攻めたね。
面白そうだね。

私はですね
プロダクション人力舎所属の…。

人力舎 多いな!
はい!

私 50音をいただきましたら

いただいた方を
ヨイショするという。

そういった特技 ございます。
なるほど。

私ですね 鳥取出身でして

「鳥取あるある本」
っていうのも出してますので。

今日はですね
50音 何を言われても

鳥取あるあるで返します!

(SHELLY)ハハハハ…!
なるほど。

(徳井)じゃあ 1番の方から。
(ケンコバ)でも 出したら 全員

できるっていう事やんね。
同じ「か」なら「か」で

全員いけるわけだから。
(徳井)そういう事か。

じゃあ 「た」。
(土屋)「た」!

田無文化大学。 頭 悪そう。

(一同 笑い)
(土屋)「た」。

体育の先生 車の後部座席 汚い。
ああー。

ううっ おお…! ううっ おお…!

楽しかったのに
こんな事になるとはなあ!

(徳井)テンションすげえな。
割と冷静だな。

たくさん お金持ってそうですね。
ヨイショ!

(SHELLY)ハハハハ…!
「ヨイショ!」じゃねえわ。

「ヨイショ!」って付けるんだ。

たくさんいるよね 鳥取の人は。

(ケンコバ)ちょっと待って。
何あるあるやったっけ?

あんま いないんじゃないの?
やばいね。

あるあるです!
(ケンコバ)「ふ」。

ふせ国際大学。 頭 悪そう。

(SHELLY)ハハハハ…!
(ケンコバ)わからへんな。

ふき掃除 面倒くさいから

生徒にやらせちゃう。
ああー!

ううっ おお…! ううっ おお…!

ふざけてるわけじゃないねんで!

(一同 笑い)
(ケンコバ)同じトーンやな さっきと。

普段着で それですか!?
オシャレですね。 ヨイショ!

(ケンコバ)衣装や。
(一同 笑い)

(コネオ)すみません。
普段着かと思いました。

ふすまが好きだよね 鳥取の人は。

(ケンコバ)知らんわ!
知らんわ…。

絶対 5番 違うぞ。 あれ…。
(ケンコバ)5番は さっきから あれ

あるある言えてる気しないですね。
あるあるです!

じゃあ 「る」で。
(SHELLY)いいね!

あっ 「る」難しそうだね。
(秋元)難しそう。

ルイ工業大学。 頭 悪そう。

(ケンコバ)なんやねん それ。

「る」… ルーズリーフ
すぐ どっか行っちゃう。

(秋元)ああー!

(サノライブ)ううっ おお…!
ううっ おお…!

ルービー もう1つください。

(SHELLY)やめときなよ…。
やめとけ! お前は もう。

もう 飲むな!
そんな状態なんだから。

ルールブックです 私の。
ヨイショ!

「ルールブック」?
絶対違う…。 絶対違います…。

(コネオ)秋元さんがルールブックですよ。
(秋元)本当ですか? ハハハハ…!

留守ばっかだよね 鳥取の人は。

いや そんな事はないよ。
家にいらっしゃるよ ちゃんと。

あいつ 全然
あるある言えてなくないですか?

(SHELLY)「わ」。
(土屋)「わ」…!

和田国際文化大学。 頭 悪そう。

ほぼ一緒じゃねえかよ!
「国際」ばっかじゃねえかよ!

「わ」…。 若い先生 生徒の
インスタに勝手に上げられがち。

(ケンコバ)今どき
そういうのあんねんな。

ううっ おお…!

わかった! もう帰るから。

(一同 笑い)
帰れ! お前は。

もう 帰った方がいいよ。
さっきビール頼もうとしたからな。

ワールドワイドなルックス。
ヨイショ!

(SHELLY)言いながら
笑っちゃってる…。

(一同 笑い)

忘れないでよ 鳥取の事を。

あるあるとかじゃないじゃんか!

なんだ? それ。 あるあるって。
メッセージ メッセージ。

あの… 一番言いたい文字は
なんなんですか?

逆にね。
(岩ちゃん)いいですか?

ああ いいよ。
「え」でございます。

「え」ね。
「え」 こっちからいこう。

「え」…。
江ノ島文化大学。 頭 悪そう。

「国際」か「文化」付けりゃいいと
思ってるんだよ。

江ノ島に大学いらないもんね。

「え」…。 英語の先生
オーストラリア旅行 行きがち。

ああー。
(秋元)ありそう。

ううっ おお…! ううっ おお…!

ええ感じに楽しかったのにな!

(一同 笑い)

お前が飲みすぎるからだよ!
ハハハハ…!

Lサイズの服が似合いそうですね。
ヨイショ!

ああ もう…。

「え」って前半だけどな。

それで もう詰まってる…。
ただ ここだけは… 今回は。

偉そうだよね 東京の人は。

(ケンコバ)東京あるあるや。
どっちか言うたら。

〈なんでも50音で返す芸人〉

〈この中で No.1は?〉

(安藤)どうぞ!

(サノライブ)やったー!
(安藤)おお…。

(安藤)サノライブさんが
No.1です。

ありがとうございます!
(安藤)おめでとうございます。

(拍手)

〈では 最後に「お」〉

ううっ おお…! うっ…。

置いて行かんといて!

(一同 笑い)

(ケンコバ)ああ… なるほどね。
わかるよ うん。

〈狭すぎるネタだけ芸人
No.1は?〉

(安藤)どうぞ!

お次は 狭すぎるパターン
1つだけの芸人編です。

〈狭すぎるパターンに特化した
ネタだけ〉

〈No.1に選ばれた芸人が
放送されます!〉

(徳井)うわあ…。
(安藤)どうぞ!

〈No.1に選ばれたのは?〉

♬~(笙)

ああー…。
はいはい はいはい。

(カニササレアヤコ)皆様
ご機嫌よろしゅうございます。

本日は 雅楽演奏家の私とともに

雅楽について学んでいきましょう。

今回のテーマは こちら。
(秋元)読めない…。

(カニササレアヤコ)そうです
「雅楽あるある」。

(一同 笑い)
そう書いてたんだ。

(カニササレアヤコ)「追吹なのに

先奏者とずれがち」

あるある。
(一同 笑い)

「いや 退吹かい!」と
ツッコみたくなりますね。

(ケンコバ)これは狭いな…。
(カニササレアヤコ)続きまして…。

「一 乞 一の合竹の手移りで

乞からを 乞から上に
移ってしまう」

あるある。
(ケンコバ)これは すごいな。

こちら 一度
このとおりに吹いてみましょう。

♬~(笙)

(ケンコバ)すげえ…。

♬~(笙)

違和感がすごいですね。

いや… いや…!
(カニササレアヤコ)続きまして

実際に雅楽の調べを
お聴きいただきましょう。

楽譜は こちら。

拍子は 早四拍子。

調子は 黄鐘調となっております。

雅楽界で名曲と名高い この曲。

伴奏とともにお聴きください。

♬~『HOT LIMIT』

おお すごい。
(ケンコバ)ええっ?

♬~『HOT LIMIT』

そんなのもできるんだ。

♬~(笙)

(一同 笑い)

皆様のツッコみたい部分は
わかります。

いや この曲 黄鐘調じゃなくて

盤渉調やろがーい!

(一同 笑い)

(一同 笑い)
(秋元)すごい!

ふぁのシャープの
ショートコンチェルト。

〈番組を もう一度 見たい方は

ABEMA TVerで無料配信〉

〈放送に収まりきらなかった
狭すぎるネタ

未公開映像はTELASAで〉

〈大盛り上がりの
フリートークも!〉

(ケンコバ)全然わからへんけど。
わかんないだろ?

ううっ おお…! おお…!

えっ…
ええ感じのとこで止めてよ!

ハハハ…! 自分で止めろ!
人からわかるか!