深イイしゃべくり合体▼超豪華な観光列車に密着!今夜限り!!水谷隼親子TV初共演[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

深イイしゃべくり合体▼超豪華な観光列車に密着!今夜限り!!水谷隼親子TV初共演[字]

世界にたった1台…超豪華な観光列車に密着!高級旅館のような客室&激レア運転席も大公開▽家族同伴しゃべくり!!卓球水谷隼7歳愛娘&ワイドショーNo.1石井アナ溺愛妻

出演者
▼深イイ
【スペシャルコメンテーター】今田耕司
【司会進行】羽鳥慎一
【パネラー】ウエンツ瑛士、大野雄大(Da-iCE)、潮田玲子、福田充徳、村山輝星、結子

▽しゃべくり
【MC】ネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアル
【ゲスト】水谷隼親子/石井亮次夫妻
番組内容
人生変わる1分間の深イイ話▼世界に1台しかない超豪華な観光列車の女性運転士に密着!高級旅館のような客室&激レア運転席も大公開!鉄道大好きキッズも大興奮▼世界一に輝いたモデル結子&強烈ギャル▼紫綬褒章を受賞した有名時の娘登場▽家族同伴しゃべくりSP…卓球水谷隼の7歳愛娘がTV初登場!!Youtuber目指す愛娘と親子で芸能界に売り込みまくり!!▽好きなワイドショーMC1位・石井亮次アナ&夫に甘い美人妻

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 茉莉花
  2. 有田
  3. 堀内
  4. 原田
  5. 福田
  6. 徳井
  7. スタジオ
  8. ヤバ
  9. 頑張
  10. 水谷
  11. 列車
  12. オジ
  13. 奥様
  14. お父さん
  15. パパ
  16. 名倉
  17. お願い
  18. 今田
  19. 北川
  20. 本当

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





まる見えになるまで掘り下げます
よろしくお願いします。

<『深イイ』恒例>

<今…>

<キッズのテンション
ブチ上がりの

全面 真っ黒な超カッチョいい
こちらは…>

<ひとたび走れば

ホームが 撮り鉄たちで
パンパンに あふれ返るほど

超激アツな こちらの列車に

『深イイ』が特別潜入>

<発車時刻まで…>

<この列車
とにかく 内装が すごくて…>

(スタジオ:今田) カッコいい!

(水戸岡さん)
大きなテーマですよね。

(ときくん) へぇ~ すごい!

(スタジオ:ウエンツ瑛士)
全部のボタン 押したいね。

<個室は…>

<部屋ごとに…>

<こちらの…>

<一瞬 高いかな?と
思うかもですが…>

<今回は…>

<親子と…>

<発車4分前>

<この列車の…>

(森山さん) そちら
いかがでしょうか? どうぞ。

<無線の最終調整を
行っている間も

写真を求めるお客様が
次々に>

<さらに…>

<発車まで
3分を切っているのに…>

(ときくん)
「旅を始めます」って言ってたよ。

<…を合図に>

<定刻10時51分>

<駅員さんや 鉄道ファンたちに
見送られながら…>

<いよいよ 博多駅を出発>

(スタジオ:大野) うわ~ すごい!

<この日…>

<左手で 5段階のアクセル

右手で 7段階の
ブレーキを操作し…>

(スタジオ:今田) 手動か。

<ちなみに 運転に…>

(一同) えっ?

<この列車
特急という割に…>

<過去 密着した…>

<見える風景が 全然 違います>

<車内で 風景を見ながら
くつろぐ…>

<実は この列車…>

<木曜日は 福岡を出発し

火の国 熊本を通過する
赤の路>

<金曜日は 桜島の

迫力ある姿が見られる 黒の路>

<土曜日は 宮崎 別府の
大自然の中を駆け抜ける

緑の路といったように

曜日ごとに 色分けされた
異なるルートを通り…>

<5つのルートで…>

<ぐるっと円状に運転する
列車としては…>

<一日単位から
乗車が可能で…>

<月曜日の この日は
博多から佐賀を通って

長崎を目指す 金の路ルート>

(車掌) 皆様に…。

<そんなプチ情報を聞きながら
景色を見るのも…>

<今回のルート 運転の
一番の難所が 鳥栖駅で>

<複雑に交差していて

進路を切り替えるための…>

<検証してみます>

(スタジオ:今田) やらしい実験。

(スタジオ:福田) 乗り越えてくれ。

(スタジオ:ウエンツ) ナイス ありがとう。

(スタジオ:潮田) お~ すごい!

(スタジオ:ウエンツ) あ~ 来る!

(スタジオ:羽鳥) おい~!

(スタジオ:羽鳥) ポイント 多いな。

(スタジオ:今田)
これ 全部 操作してるんや。

(スタジオ:羽鳥)
そうですね 操作してますね。

(森山さん) ポイント制限 終わり。

<全てのポイントを通過>

<見事 水は
一滴も こぼれませんでした>

<さらに 客室の…>

<出発直後の車内で…>

<客室乗務員さんが…>

<こちらの美女は…>

<実は
これも JR九州の すごいとこ>

<お仕事中 持ち歩く
メモには…>

<なので…>

<こちらの…>

<ちなみに…>

<そして…>

<お弁当の…>

(北川さん)
どうぞ お楽しみください。

<九州産の食材を
ふんだんに使った

目にも鮮やかな お弁当>

今は…。

<細かい…>

<接客中も 窓をチラチラ>

<これも…>

(北川さん) そうしてるうちに…。

(北川さん) にぎにぎしてる間に
こっちに…。

(ときくん) 知らない。

(スタッフ) すごいですね
やってる間にも見逃さない。

(北川さん) ご案内しました。

<さらに 激アツ!>

<ときくんの目線の先には…>

<実は こちら

明治時代末期
当時の九州鉄道によって

アメリカ製の豪華客車が
造られたものの

九州鉄道が国有化され
活躍する場を失い

一度も
運行されないまま終わった

幻の豪華客車をモデルに>

<2015年…>

<その名も…>

<ときくんも
見たことがないという車内は…>

<…をイメージして
設計された客室>

<女子心をくすぐる…>

<そして…>

<ちなみに 2号車は…>

<実は…>

<そんな…>

<JR九州には
東京では まず見掛けない…>

<教えてもらいます>

<まずは…>

<今回の…>

<全面が
グリーンメタリックな車体の特急>

<車内の…>

<これは
はとバスなどで見られる…>

(ときくん)
その階段を上ったら…。

(ときくんの声) ここが…。

<さらに…>

<本当に…>

<1989年に JR九州の

観光列車の先駆けとして
3両編成でデビューし

大人気の車種>

<現在は…>

<続いて エントリー No.2>

<こちらは
米田さいくん>

<とにかく…>

(さいくん) だから…。

<今夜は…>

私のお隣。

今田耕司さんです。
もちろん…。

ただ…。

いや…。

あっ いや…。

だいぶ絞りました。
(福田) キラ~ン!やないんです。

<実は…>

<超小さい紙で…>

<一方 こちらは…>

<22か国から
予選を勝ち抜いた

超トップモデルが争った中…>

<そんな結子さん…>

はじめまして。

(スタッフ)
めちゃめちゃ大きくないですか?

<なんと…>

<そんな…>

<どうしても…>

だけど 輝星ちゃん…。

(村山) でも…。

優しい!

(村山) これです。

(笑い)

なぁ 輝星ちゃん!

<お待たせしました>

<…のような車体が人気の秘密>

<しかも…>

<ちょうど どセンターで

色が 黒と白の
真っ二つに分かれている

インパクト強めな こちら>

<そして 一番の特徴は…>

<それが こちら>

それだったら…。

<現役で活躍するSLでは最古>

<人吉市の…>

<運行できるように>

<内装は…>

<クラシックな雰囲気>

<さらに 最後部の車両は…>

(スタジオ:今田) 仕事してへんやん。

<ほとんどは…>

<ほとんどは…>

(スタッフ) はじめまして。

<皆さんが 普段 目にする列車は
効率を考え…>

<或る列車や
指宿のたまて箱などの列車は…>

<もちろん 今 旅をしている…>

<この列車 激アツなのは
個室だけじゃ なく…>

<そして 一番後ろの6号車>

<他の列車では まず見ない

のれんで仕切られた先には

座席タイプの客室>

<その床に なんと!>

<車内は イ草の香りが漂う
旅館のような雰囲気で

靴を脱いで上がれるよう
履物入れも完備>

<さらに…>

<飛行機のような
開閉式の荷物置きに>

(職員) こういった所にも…。

<博多から長崎…>

<個室よりも
5000円お安めです>

<旅の途中には…>

(車内アナウンス) 降り口は右側です。

あ~ いい!
(潮田) なるほど!

(車内アナウンス) 降り口は右側です。

<大勢の人が
熱烈に お出迎えしてくれる…>

<5つの どのルートにも
おもてなし駅があり…>

<そんな…>

ウエンツさんから お知らせです。

(ウエンツ)
正反対の環境で育った双子の
数奇な運命を描いた…。

演出 吉田鋼太郎さん。
吉田鋼太郎さんが?

出演は
柿澤勇人さん 木南晴夏さん

素晴らしいキャストの方々です
劇場で お待ちしております。

<新幹線のスピードを生かし

その日 朝 採れたばかりの…>

<販売開始と同時に…>

(鐘ヶ江さん)
ありがとうございます。

(鐘ヶ江さん)
ありがとうございます!

(鐘ヶ江さん)
はい かしこまりました
ありがとうございます。

<こちらの女性…>

<なんと…>

<偉~い肩書をお持ちなのに…>

大切にしたいなと思いまして。

<出発の時と同じように…>

(北川さん) ありがとう!

<…があるそうで>

(北川さん) 少し お話をすると…。

そしたら 今日みたいな…。

<そして…>

(森山さん)
研修センターでも言われます。

<九州の鉄道会社として…>

<そんな…>

(徳島) 昨日 夜 九州新幹線の
全線開業10周年を記念して

一夜限りの流れ星新幹線が
運行されました。

<それは

全国から集まった願い事を
新幹線の車体に描き

鹿児島から博多までを
走行する…>

<そこには…>

<被災地の復興や
新型コロナ終息>

<を乗せて走った…>

(新幹線の走行音)

<色とりどりの光を放ちながら

九州の町を駆け抜けた…>

<鉄道会社にとっても
そして 九州にとっても

決して 明るいことばかり
ではなかった10年間>

<…との思いで行った
この光のショー>

<九州のみならず 日本全国に
勇気と感動を与えた>

<そして…>

今のお話 「深イイ」か「う~ん」か
心のレバー スイッチオン!

全員一致の深イイ話になりました。

<続いては…>

<シロクマのまっくんと登場>

<松井愛莉さん似の
茉莉花ちゃん>

<日本の誰もが知る…>

<パパさんとは…>

<この感じ
見覚えありませんか?>

<シャレオツさん>

<かつて 松本 潤さんや
市川海老蔵さんが受賞した…>

<さらに…>

<シャレオツ有名人>

<そして…>

<有名人パパさん…>

<数多くの…>

<そんな売れっ子パパさんは…>

<これまで…>

<バイリンガルパパさん>

<一方 茉莉花ちゃんは…>

<そんな 世界を飛び回る…>

<キティちゃんのお父さんと共に…>

<いい夫の日に贈られる…>

<日本中のパパの
代表としての顔も>

♪~

<パパさんも…>

<いくつも
習い事を掛け持っていました>

<ちなみに パパさんも…>

<こちらは ピアノを演奏する
パパさんの実際の映像>

♪~

<…子供だったようです>

<茉莉花ちゃんは…>

<茉莉花ちゃんと同じく…>

<サッカーどころの…>

<なんと!>

<高校は 今年の
高校サッカー選手権でも優勝した…>

<サッカーの他にも…>

<あらゆるスポーツに挑戦>

<中でも…>

<長距離も短距離も>

<そんな有名人パパさん…>

<中学の頃から…>

(父) 昔…。

(父) 思ったんですけど…。

<一度は…>

<鍛えまくっていて…>

<しかし 茉莉花ちゃんは…>

<そんな怪獣パパさんですが…>

<パパさんは
体調管理にも秀でていて

日本人の健康づくりに
貢献したとして…>

<しかし…>

<パパさん…>

<大食い番組に出るほど…>

<とにかく…>

<なんと…>

<そんな…>

(スタッフ) よろしくお願いします。
(茉莉花ちゃん) お願いします。

<そして…>

(スタジオ:今田) 誰?

(スタジオ:潮田) 分かった!

(上田) 本日のゲスト。

(有田) 7歳児?

それでは お招きいたしましょう。

こんにちは
よろしくお願いしま~す。

本日のゲスト 茉莉花さんです。

(原田) 茉莉花ちゃん?

かわいいね。

そっちでいいよ。

よろしくお願いします。

えっ 何?

(有田) 心がヤバいんだ。
(原田) そう見えないけど。

(徳井) そういうこと?

う~んとね…。

えっ! そうなんだ。

(原田) まぁまぁ?

(笑い)

(有田) 違う?

(徳井) フレンチの…。

特に その方…。

出まくったよね!

出まくってる。
俺は その人に言った。

ウルフと思ったけど。

茉莉花ちゃん 今…。

(名倉) そうだな。
あっ 卓球の。

(原田) 「そうかな?」っつってる!

(有田)
さっきは「違う」って言ったのに
今回 「そうかな?」って。

すごいじゃん!
それがクイズだよ!

(有田) さっき…。

(笑い)

かわいい!

(福田) うなずいたやん!
(有田) 「うん」はダメ。

「うん」じゃ ない。
(堀内) かわいい!

(原田) 誰だろう?

(拍手と歓声)
お願いします。

本日のゲスト 水谷 隼さんです。

(徳井) 似てるわ!

ハロー!

言われてるっつってたよ?

みんな?

波田陽区みたいな顔してるよ。
(笑い)

でも 結構 堂々と。

本当ですか?
(原田) さっき クイズで…。

(笑い)

(福田) でも ごまかしたもんね。

<実は…>

<その…>

いいね!

どう? 勝てる? この変顔に。
(堀内) 負けるな!

(原田) 茉莉花ちゃん 負けるな!

(笑い)

2700のYouTubeに。

大きくなったら。

(有田) お~!

(徳井) 企画が挙がってんねんね。

だけど…。

(福田) そうなんや。

(笑い)

やらせたいわけじゃ
ないんですけど…。

そのぐらい?
(福田) ウソやろ!?

(茉莉花ちゃん)
あっ よかったわね!

カ~! ダァ~!

でもね…。

(福田) この後?

多分 言っていいやつだよ。

全然 知らないから。

今のは…。

スライムがあるんだね!
今日 もしかしたら。

そういうのがあったんですけど…。

別に いいんだよ 茉莉花ちゃん。

いいの いいの!

今日…。

でも 出まくって 出まくって…。

(笑い)

そうなるじゃないですか。
思わないです!

水谷さんも。

(茉莉花ちゃん)
青がお父さんで ピンクが私。

水谷さん…。

何かするにも…。

まりかパパ?

「親子のイメージ」
隠してあるけど。

(徳井) 芸能親子か。

(原田) ちょっと待って ごめんね。

あと…。

(有田) 普通に考えて…。

言ってるじゃんか!

(名倉) あっ!
はい。

何も問題ないよ!

岡田くんのとこの…。

理想ですね。

事情があるんですね。

徳井 気になるのある?

水谷さん…。

なので…。

洋服に…。

結構 しますね。

…と思ってるよ 絶対。

みんな 思ってるから 絶対。

気ぃ使われてるんだ。

(堀内) うわっ!

そこは いいのよ!
別に 動物の種類は。

こういうの
結構 着るんですよね。

(有田) うわっ!
目立つな~! これ。

(有田) 高いでしょ!

じゃなくて もう ああいう感じで。

茉莉花ちゃん…。

(堀内) どうでもいいみたい。
だいぶ 話に飽きたな!

こういう服の オシャレ…。

(原田) ほら~!

もう 着られないか
娘さんに こんなこと言われたら。

(徳井) でも
フワちゃん 大好きなんやろ?

外では お父さん

スポブラとかでいいの?
(笑い)

体 柔らかい! ブリッジできる?
(茉莉花ちゃん) できる。

よく 頭 打つけど 大丈夫。

頭 打つんなら やめとこう!

(茉莉花ちゃん) たまにだから。
たまにでもダメよ!

(堀内) えっ 大丈夫?

行けるの?
はぁ…。

(有田) 鈍い音だけ やめてね。
(堀内) お父さん 見て!

(一同) お~!

(一同) お~!

すごい すごい!
(原田) すごいじゃん!

二重跳びできるの?
すごくない?

エアなら できるよ!

(有田) どう? できる?

(有田) おっ! すごい!

(有田) 跳べてる 跳べてる!
エアだからね。

(笑い)

誰でも できるわな?
(有田) そんな言い方 ないでしょ。

(堀内) 乗ってくれたんだね
ありがとう。

潤ちゃん 気になるのある?
(名倉) 運動系か分からんけど…。

あれ 水谷さん 何?

こういう感じで。
あぁ やる やる。

手と足で。

行ける?
行けます。

見せてもらおうか。

はい お父さん。
(名倉) 大丈夫?

最初は…。

最初はね。

行ける?

(福田) やったことないの?
ここから どうするの?

手 広げるんだよね?

(笑い)

人間跳び箱 やってたんだ。

何が 「以上になります」だ!

そんなんだったら…。

(堀内) できるよね?

あのね こっちは…。

(堀内) ねぇ~?
(名倉) 脱げよ!

(堀内) 茉莉花ちゃん。

ねぇ~?

(有田) 健お父さん。
(福田) 靴のまま!

危ない!

(有田) 手を使っちゃダメだろ。

(堀内) できるよね?

(堀内) 泰造 下でいいよね。

(有田) マントか あれ。

(茉莉花ちゃん) オエ~!

ヒャハハ! マントが~!

(福田)
何すか? それ 何すか?

(茉莉花ちゃん) 大丈夫?

(原田) 痛いよ!

(堀内) ありがとう。

(堀内) すごい すごい すごい!

(堀内) ほら ほら ほら!

(有田) 回って 回って 回って。
回れる? 回れる?

ごめんね。

(茉莉花ちゃん) 捕まえた。

本当 申し訳ないです 皆さん。

茉莉花ちゃん…。

もうちょっと厳しく行かないと。

変顔したい?

じゃあ 変顔 やってみよう。

それじゃ勝てないかも
このオジさんのほうが ほら。

(堀内) 負けるな~。

(堀内) オジちゃん 負ける?

あっちのオジちゃんは?
茉莉花ちゃん やってるよ。

(原田) ヤバいぞ!
茉莉花ちゃん 負けんな!

茉莉花ちゃん 負けるよ?

(原田) 負けるな!

でも こっちのオジちゃんも
やってるよ!

(原田)
茉莉花ちゃん 負けるな!

茉莉花ちゃん 負けるな!
いいね!

でも あっちのオジちゃんも
やってるよ!

(原田) 負けるな!

(笑い)

(堀内) 負けるな 負けるな。
(有田) すごい すごい!

あっちのオジちゃんも
やってるぞ!

(原田:堀内)
茉莉花ちゃん 負けるな!

(原田) そう そう そう!

あっちのオジちゃんも
やってるよ!

(堀内)
茉莉花ちゃん 負けるな!

(原田) よし よし!

(一同) 負けるな 負けるな!

(原田) 見ない 見ない!
そう そう そう! 見ない!

(笑い)

勝利の!

(徳井) ウイニング変顔。
ウイニング。

厳しく言っときますから。

福田 これ 聞きたい!とかある?
「独特のタッチで」っていう 絵の。

これ どういうことでしょう?

(笑い)

バトルしよう! 一緒に描こう。
どっちが勝つかね。

じゃあ 茉莉花ちゃん
このオジさん描いて。

水谷さん 絵が得意と…。
得意っすね。

独特なタッチで絵を描けると
おっしゃってたから。

(福田) しっかり見てあげて
あのオジさんを。

ありがたいね
イケメンに描いて。

水谷さん もう できた!
はい。

茉莉花ちゃん
お父さん できたってよ。

(堀内) 自信持って!

ドン!

ねぇ! 茉莉花ちゃん。

(茉莉花ちゃん) うん。

で 水谷さんが?

あのさ…。

いやいや だって…。

ねぇ! 茉莉花ちゃん。

ハハハハ! 何だよ!?

じゃあ
初の親子共演ということで…。

恐らく スライムでしょう。

やった~! やった!

そう。

スライムを 泰造さんが
もらうことができます。

やってやるよ!
(堀内) まっくんも欲しい!

俺たち勝ったら
まっくん…。

(笑い)

負けられないっすよ。

(堀内) 大丈夫! お父さん 勝つ。
待って 待って。

(笑い)

ごめんね。

<番組が イチから作り上げた…>

<茉莉花ちゃんのために

水谷パパ
デコスライム ゲットなるか!?>

(徳井) よっしゃ~!
(原田) チュート 2人?

(原田) 頑張れ!

まずは水谷さんから。

(徳井) イェ~イ!
あ~!

(原田) よし よし よし!

(茉莉花ちゃん)
お父さん 頑張ってよ!

(福田) おあっ!

すごいね! あの狭い所に 今ね。

サーブも大変だよな。
(徳井) サーブ ムズいっすね。

(徳井) 黙ってもらっていいかな?

頑張って!

惑わせな! 惑わせてけ!
本当だよ? 頑張れ!

(茉莉花ちゃん)
お父さん 頑張ってね!

(有田) あ~!

チュートリアル リード!

(原田) よし!
よし! 追い込んでるよ。

(茉莉花ちゃん) 頑張って!

(福田) よっしゃ~!
(原田) うお~!

(堀内) 難しい!

(原田)水谷さん 見てよ 子供の顔。
ヤベェ!

(原田) ヤバいぞ!

精神的に相手を揺さぶること
大事だから。

よっしゃ!
(福田) あ~!

(茉莉花ちゃん) 頑張ってね。

(福田) よっしゃ!
(原田) 追い込んだ!

(堀内) 茉莉花ちゃん
あと1点で ヤバいぞ 応援して。

ガン! バ~! レエエ~!

ガン! バ~! レエエ~!

(茉莉花ちゃん)
ヤダ~ 欲しい!

(徳井) うわ~!

(徳井) 返ると もうヤバい
返って来るからな。

(茉莉花ちゃん)
頑張って… 頑張って…。

(徳井) ヤバい!

やった~。

(原田) ヤバい ヤバい。
(有田) 相当 効いた!

(原田) 集中!
(徳井) 集中 集中!

(茉莉花ちゃん)
集中して! お父さん。

(福田) あっ! ごめん。

(茉莉花ちゃん)
お父さん 頑張って!

(堀内) すごい!
曲げた!? 今。

(福田) くそ~!
うわ~!

やった~~!

でも 1勝だから。
うん! やった~!

これで お父さんが勝てば 勝ち。

(堀内)
頑張れ! くりぃむしちゅー。

(茉莉花ちゃん)
頑張って! お父さ~ん。

(原田) 有ペイ どっちも行ける?

前衛だから。

(茉莉花ちゃん) 自分のとこに
入らないと ミスするよ!

(有田) すいません。

よっしゃ!
(原田) よしよし! いいぞ!

サーブ 難しいな。

(茉莉花ちゃん)
お父さん 勝って!

(有田) ヤバい ヤバい!

入ってないよね?

(有田) よし よし!
(福田) 晋也 頑張って!

あっ!
(有田) あ~!

(茉莉花ちゃん) いいよ!
いいよ お父さん!

(有田) 変なの来た!

やった やった やった!

(有田) 狭いからね。

(原田)くりぃむしちゅー いいよ!
(名倉)行け 行け!

すいません!
あっ!

勝った!

(堀内) お父さん うまいね。

(有田) あっ!

(有田) ヤバいぞ!
(福田) 落ち着いて!

うあ~!

(有田) リーチだ。
ヤバい! ゲームポイント。

(茉莉花ちゃん) 油断しないでね。

♬~ ぜんぶがぜんぶ 全然違うから

♬~ いいところも
(遥)なんで片付けないの?

♬~ 悪いところも
(優人)こっちだって毎日毎日起こして…

♬~ そうだからこそ

迎えに来たよ。
♬~ 二人で歩む

♬~ この毎日が 楽しいんだな

♬~ ゆっくり行こう
<ひとのときを、想う。 JT>

(有田) リーチだ。
ヤバい! ゲームポイント。

(茉莉花ちゃん) 慎重に。

あ~!
(堀内) 強っ!

(徳井) すごいな!

やった~!
(有田) 終わり?

水谷さんの勝利!

(有田) チクショ~!

(堀内) 取られる 取られる!
取っちゃえ 取っちゃえ!

あ~‼

ヒヒハハハハ!

(堀内) いいね!
(徳井) そうしよう そうしよう。

本当に最後だったんで。

(堀内) えっ?
(福田) ワイドショーMC?

(拍手と歓声)
(堀内) あら? あら~!

本日のゲスト フリーアナウンサー
石井亮次さんです。

(石井) うれしい!

それだけで…。

(福田) 乗りますね~!

すいません。

そうなんですか!

どうも 奥様 はじめまして。

ごめんなさい。

(堀内) その時点で
勝負と思ってないじゃん。

あんま この番組。
とんでもないです。

奥様 今日は
どういう立場といいますか…。

(夢さん) さっき
夫も言ってたんですけど…。

全部 聞いてます。

(笑い)

何の時?

「調子 乗り過ぎちゃう?」。

厳しいな。
そうなんですよ。

石井さんのプロフィールが…
結構 丁寧に お書きいただいて。

これ 実は…。

奥様が! なるほど。

1999年 22歳。

でも やっぱり…。

何でですか?

最初は。

でも…。

ちょっと…。

アナウンサーさんのほうが難しい。
(堀内) なるまでがね。

そういうようなことも
ちょっとあったんですよ。

それ 正直に言うわけにいかない。
そうなんですよ。

ちなみに 就職浪人なさって…。

そうすると…。

CBCの最後の面接で言われて

分かりました!と。

お~!

以上3頭です。

さぁ ミスター慶應!

うわ~!

それが効いたんだ。
それが効いて 合格です。

やったやつ…。

(有田) はぁ~!

完全に なじんでたもんな。

やっちゃうんですよ。

26歳の時… 2004年。

そうです。

テレビのロケで。

見た瞬間 かわいいな!と。

ロケ中に惚れるかね?

で 経由して…。

似顔絵師のオバちゃんと
2人で来て。

こっちも ディレクターさんと
2人で。

(有田) えっ 1年!?
(徳井) へぇ~!

奥様…。

そんなふうには
思いませんでした?

1時間ぐらいかかるんですよ。

それを 私は…。

(名倉) 会いに。

仕事が終わって 高速道路で
行くんですけども…。

僕は…。

それを付けて。

当時 ETC 付けてるの
ほとんど いなかったんで…。

1秒でも長くいて
最後 また…。

何の話なんすか!? それ。

(笑い)

これ 何なんですか?

やりたいと思って 結婚式で。

いや…。

円卓の数だけ 笑いを取れと思って
やったんですけど

円卓の数だけ スベりました。

入れちゃったんですよ。

みたいなのはありました?

(堀内) 奥さんが…。

言わないんですか?

どっちかっていうと 一緒に…。

おっしゃってるんですよ。

ヤバい ヤバい!
これ ダメだ!

で そこから およそ9年後ですか。

これが まさに『ゴゴスマ』?
そういうことです。

8年くらいになるんですか?

違うんですよ。

それが 2年 続いて…。

放送エリアが広がったんです。

そんなことは 今まで
一度もなかったですから 歴史上。

でも 当時の…。

えっ!?

そうなんですよ。

出ますよね
2時間の番組で 折れ線グラフ。

上のほうを ず~っと…。

僕ら 0.3%とか。

0.3%で 唯一 絡み合ってるのが
NHKのEテレで。

Eテレが この時間
何やってた?と思って 見たら

ロシア語講座なんですよ。

ロシア語講座に
こんな なんのか!みたいな。

最初
低迷したっていう話ですけど

その当時 奥様は…。

いや あんまり…。

そんな…。

そうなんです。

あんま ないです。

43歳。

奥様たちは大歓迎だったんですね
フリーになるの。

もし
『ゴゴスマ』が なくなったら…。

そんな考えは
よぎりませんでした?

うれしいですね。

事務所の方に
声 掛けていただいて。

妻が 「ええよ ええよ!
そりゃ やらなアカン」。

背中 押してくれて。

ぶっちゃけ…。

つい この間も…。

失礼なね!
ジェネリック!

ハハハハ!

奥様 どうですか?
石井さんは はたから見てても…。

そうですね。

モノマネ?

別に ちゃかしてるとか
そんなんじゃないんですよ。

はい え~ じゃあ 中継です
中山さん。

(笑い)

中山さんね。

<そんな 甘やかされている
石井アナへの苦情とは?>

ありがとうございます。

そういう手品があるんですか?
あります。

いやいや! もう これはね…。

奥様…。

奥さんが おっしゃってるから…。

お箸で食べますよね。

お箸があって
お絞りがあってということで。

あっ 本当!とか言いながら

へぇ~ そうなんだ!っつって。

ちょっと待って 待って…
お絞りが… お絞りが…。

よいしょ! うっ! うん! うっ!

よっ! あっ!

うお~いしょ!

うお~お~お!

あ~あ あ~あ。

(笑い)

多分 何百回も 奥様
ご覧になってるんだろうけれども。

テレビで さぁ!っつって

赤いテーブル スタッフが
持って来た わざわざ。

見ろ! まだ やってんだから
ご本人。

ごめんなさい。

「ハハハハ」じゃないわ!

ダメだ。

ワイドショーで共演している…。

分かりました。

(有田)
面白くない例で出てるんで。

(笑い)

突然 トレンディー俳優が出て来る
新幹線。

(有田) 福山さんを
トレンディー俳優って言い方も…。

奥さ~ん!

…みたいな。

ぜひ読んでください。

得する話し方
あなたが教えてんの!?

ハハハハハ!

<来週の『深イイ』は…>

<そして…>

(渡辺) や~~! はいっ!
ウソだろ?

(渡辺) え~い‼
(笑い)