アメトーーク! しずる池田大好き芸人[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

アメトーーク! しずる池田大好き芸人[字]

▽多くの芸人から好かれる男…しずる池田の魅力とは?▽又吉&品川&向井&チョコプラ&狩野▽度肝を抜かれた発言&映像▽匿名キャラ▽すぐ悪ぶる▽広瀬すずとミニコント

◇出演者
【MC】蛍原徹
【ゲスト】しずるKAZMA/ピース又吉&品川庄司・品川&パンサー向井&チョコレートプラネット&狩野英孝&さらば青春の光・森田&ライス関町&ジャングルポケット斉藤/陣内智則/広瀬すず
◇おしらせ
☆詳しくはコチラ!
→https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 池田
  2. 向井
  3. 一同
  4. 陣内
  5. 森田
  6. 本当
  7. 長田
  8. 品川
  9. 村上
  10. 面白
  11. 広瀬
  12. 芸人
  13. KAMA
  14. ネタ
  15. 狩野
  16. 又吉
  17. ウケ
  18. ハハハハ
  19. 格好
  20. 関町

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





〈今夜は 芸人たちに愛される男
しずる 池田一真で1時間〉

〈なぜ やるの? と思ってる方々
とにかく見てください!〉

〈広瀬すずちゃんも
出ますので…〉

〈しずる 池田一真〉

〈なぜ この男が 芸人から
こんなにも愛されるのか?〉

〈昔から大好きなメンバーが
集結〉

なんか いつもより こう
人数が多いような気がするんで

それだけ やっぱり
支持してるっていう事ですね。

この… ええ ええ。 又吉さん。
(又吉)はい。

池田は 存命の芸人の中で

一番話題になる芸人です。

みんなで飲んでたり
必ず 芸人が集まると

みんな 池田の名前が
1回は出るんですよ。

はあ…!
(向井)ここまで芸人というものを

しっかり自分で持って
やってらっしゃる方も

いや… あんま見当たらない。
ああ そう?

しずるの池田さんは
僕らチョコレートプラネットが…。

いやいや…。
(向井)後輩にしか使わないよ。

先輩なんでしょ?
インポッシブルも

すごい可愛がってる
先輩なんですけども。

先輩ね。
(長田)インポッシブルは 最近

ちょっと 順調…
『有吉の壁』とかで

順調に
バンバン上がっていったんで

次は 池田一真だと。
なるほど。 ああ ああ…。

その使命感で
今回 やってまいりました。

後輩として。
ただ やっぱ ちょっと こう

あまのじゃくというか
売れる事に照れてる人なんで。

どういう事? みんな 売れたくて
やってるんじゃないの?

売れたくてやってるんですけど
いざ売れるってなったら

照れるんですよ。
照れるの?

なんか はねそうになったら
はねない方向に行こうとする…。

なんで? 売れたくない?
(長田)変な格好付けというかね。

ケツ 蹴り上げて
ええかげん 売れろ! って…。

ハハハハ…!
(向井)それぐらいの意気込みでね。

(森田)本当に。
「ええかげん 売れろ!」って?

だから 1個 不安があるとしたら

池田って 誰も知らないところで
面白い事をやってるんですよ。

それを みんなが見付けて
面白いって言うんですよ。

だけど ど真ん中に持ってくると
意外と

「いい人」で終わる可能性がある…。
(向井)本当にそうなんですよ。

それはさ もう
皆さんの力もお借りして…。

だから 今日 ちょっと みんな
顔が硬いと思うんですけど

あの…。

(一同 笑い)
(向井)そんな気持ちで来てます。

みんな
自分の事じゃないんだよな。

(長田)俺も
大好きな先輩ですから

報われてほしいんです
あの人には。

本当に面白いヤツなんで。

さあ そして
主役の池田の前にですね

スペシャルゲスト
お呼びしてますんで。

この方です。 どうぞ!

(一同)ええー!

すずちゃん!

(関町)ダメ ダメ!
(森田)何してるの?

ああ ああ ああ!

いや もう 池田なしで
いけるんちゃいます?

すずちゃんの話で十分でしょ。

すずちゃんは 池田の事は
どうでしょう? 正直に。

あの…。

あっ! なんか 番組とか?

小学生の時に コント番組…。
小学生!?

(広瀬)そうです。
小学生やって。

『レッドシアター』とか…。

そうです そうです そうです!
『レッドシアター』とか?

ずっと
テレビで見てた方だったので。

(品川)いや でも すごい大好き
っていうところまでは

いってないですもんね。
それは わかります。

ちなみに すずちゃん
今現在では こう

好きな芸人さんとかって…。

今 テレビつけて
出てたら見ちゃうのは

シソンヌさんです。
シソンヌさん。

私 地方まで
シソンヌさんが出てる舞台

見に行った事あるんです。
(陣内)すごい!

じゃあ 池田に
出てきてもらいましょうか。

(向井)ここのタイミングで…?

(森田)
絶対 このタイミングじゃない。

さあ 本人登場の前にですね

まず 見てもらいたい映像が…。

いろんな芸人が
こう カメラ向けられて

なんて答えたらいいんだろうって
なってたじゃないですか。

その闇営業で

(向井)まあ そうですよね。
そりゃ そうですよね。

ごめんなさい これは もう…。
(又吉)その時に 『グッディ!』で

池田がインタビューに答えてる
映像があるんですけど

それが もう まさに
芸人 池田一真の真骨頂というか。

芸人は みんな
池田をやってるっていう。

(リポーター)どう思われてるとか
なんか ありますか?

(松尾)「ハハハハ…!」

(向井)「ハハハハ…!」

(陣内)「すげえな これ」
「なんも言えへんよ」

(陣内)「これ 狙いどおりなんだ」
(森田)「狙いどおりです」

(広瀬)「あっ 狙いどおり?」
「なんも言えへん」

(向井)いやあ 素晴らしい!
(長田)素晴らしいです。

すずちゃん わかる? この…
この意味というか。

(陣内)そのね 面白さが。

(一同 笑い)
そうなるよね これ。

ふざけてるんですよ。
止まって 答えないで

もう 放心状態みたいな
ボケなんですけど…。

もっと長いもんね あれ。
(品川)これ 本当は

10分ぐらいやってるんですよ。
(広瀬)ええー!

これ以降 「池田がやったぞ」で
みんな…。

ゆりやんとか。
(品川)ボケだしたんですよ。

でも ゆりやんとかは
わかりやすいんですよ。

目 こうやったりとか

そういう わかりやすい
ボケだったんですけど

池田一真を知ってる人間は

これ やったなっていうのは
あります。

(向井)多分 あそこで
最初にボケすぎちゃうと

多分 カットされちゃうんですよ。

ちゃんとしたコメントが
欲しいんで。

でも ボケたい。 そのギリギリの
1個しかない答えが

あれなんですよ。
ハハハハ…!

あと ヘルメットも
ずっと かぶったままで。

あれも やってる…。
(長田)計算どおりです。

あれ 直前に 社員さんにも
「裏から出てください」って

言われてるんです 本当は。
(陣内)それを表から行ったんだ。

いや 裏から出たんですけど
あいつ

(一同 笑い)

だから あっちに…。
(向井)池田だなあ! 愛らしい。

ちょっと ほんなら もう

本人登場していただいて
聞いてみましょう。

しずる 池田です。 どうぞ!

(拍手)
MA)しゃー! いくぜ!

(たたく音)
よし! よし! オーケー!

よっしゃ! いってやるぜ!

(一同 笑い)

オーケー オーケー!

(森田)なんか違うな。
(向井)違う 違う 違う 違う…。

(向井)落ち着いて。 リラックス。
(関町)池田さん!

普通に 普通に。

何がシソンヌだ
バカ野郎…。

(一同 笑い)
(向井)落ち着いて!

いやいや しゃあないやん。

すずちゃんが好きなんやから
それは シソンヌが。

いい人で終わるわけないでしょ
今日。

絶対 面白い人で
終わってやりますよ。

(一同 笑い)

今からやるんです それを。
やるから。

今 何してた?
ドンドンドンっていうたけど。

出る前に なんか
「うわー!」って聞こえて

ドンドンみたいなの聞こえて…。
どういう事ですか?

RIZINで那須川天心さんが
そうやって出てたんで

それで 背中たたいてもらって
作家に。

後ろに… 来てもらってるんだ。
はい。

(向井)気合すごいな。
(又吉)気合入ってんな。

ちょっと すずちゃん
今のところ どうかな? 池田。

いや なんか ちょっと…。

(向井)ほら! ほら!

池田…。

本当に申し訳ない。

(向井)謝れる人なんですよ。
(松尾)いい人… いい人なんで。

だから こうやって
逆にいきたいんだよね。

(向井)あまのじゃくなんですよ。

逆振りいってるだけで。
うん うん うん。

さっきのインタビューも…。

インタビュー あれ どう…
あれ どうなの?

真実を聞かせてよ。
逆いきたいっていうか…。

国会議員の方とかが
言う事あるのに

そのまま どっか
行っちゃうじゃないですか。

だから 言う事ないのに止まったら
どうなんだろうって…。

逆なんだ。
なるほど。

なるほど。
(陣内)面白いな。

だから あれが結構ハマったんで
次のパターンとかも

いろいろ考えてたんですよ。
次 ちなみに 何やったん?

パターンは。
次は 記者さんが来た時に

「『グッディ!』以外の取材は
受けません」って まず言って。

(一同 笑い)

いいよ いいよ。
いいやん いいやん。

受けてへんやん 『グッディ!』も。
受けてないですけど。

『グッディ!』も答えてへんやん。
使ってくれた時点で

「『グッディ!』しか受けません」
って言って 『グッディ!』が

「『グッディ!』です」って
出てきたら…。

本社から御苑ぐらいまで歩いて
黙ってみようかなって。

黙るんだ。 それも黙るんだ。

いいな!
(長田)見たかった!

そうそう それ やりたかったのよ。
うわー! 見たかった それ。

〈まずは
池田の歴史を振り返りながら

愛される人となりを
聞いていくのだが…〉

すみません 蛍原さん。
これ ちょっと えっと…。

なんですか?
「しずる 池田一真」じゃなくて…。

「しずる 池田一真」ですよね?

いや あの 昨日 改名して

KAMAになったんですよ。

いやいや…。
これは… 何?

昨日 山形テレビの
山形でしか流れない放送で

テロップだけ
変わったんですよ。

(一同 笑い)
(長田)どこでやってるの?

マジで? マジ…?
はい。

オンエア中っていうか 放送中に
一切 その事 触れないんですよ。

はい。
なんで その… 改名は?

ずっと 自分の名前
すっごい格好いいなと思ってて。

格好いい 格好いい。
格好いいと思うよ。

アルファベットで
一番格好いいのが

「Z」だと思ってて。

(陣内)「YAZAWA」みたいなね。

中二病なんですよ だから。
「YAZAWA」の。

(品川)「Z」の書き方も
違うんだよね。

はい。 「Z」も
普通 こうじゃないですか。

その間に 1本 こう…。

ないとダメなんですね。

やっぱ あれが
一番格好良くないですか?

もう じゃあ 今日は
「池田」って言ったらダメなの?

「KAMA」で
お願いしたいです。

(一同 笑い)

(向井)「KAMA大好き芸人」…。
(長田)「KAMA大好き芸人」。

だから まあ もう 昨日から

KAMAに変わりました
しずるの。

えっと 2003年に
チョコサラミっていうコンビを…。

これは相方が あの…
今を時めく鬼龍院翔。

そっか そっか。
それがチョコサラミだ。

それまで ずっと
ピン芸人やってて。

講師の人が質問していくみたいな
なんか 授業があったんですよ。

「最近 腹立った事あるか?」とか。
池田が指されて

「ダウンタウンさんの事
どう思う?」って

聞かれたんですよ。
聞かれたんや。

(関町)そしたら こいつが
「ダウンタウン?」

「誰ですか? それ」って…。
(松尾)格好いい!

(向井)KAMAだな!
(長田)KAMA!

(関町)で もう その言い方と間で

クラスのみんなが
笑っちゃったんですよね。

こいつ 只者じゃねえ
みたいになって。

すごい ダウンタウンさん
好きだからこそ…。

「誰ですか?」と。
池田は すごい 本当に…。

(関町)1人のコント。
(陣内)ちょっと見たい。

NSC時代の?
今もできると思います。

見た事ない…。
(向井)見たい!

ちょっと さわりだけでも…。
えっと わきがにおう…。

そっち?
ボクサーのネタ。

えっ 何?

そっちだね。 あっ…。
えっ どれよ? いや…。

(一同 笑い)
うれしいじゃん。

うれしいじゃん。
自分が思ってた代表作ですよ。

代表作 いっぱいあるっていう。

こんな事 言ってくれなかった…。
それも代表作だけどさ

ほら
最初の こう あの… 作るやつ。

ああー! はいはいはい。 あの…。

僕が若いヤツに絡まれるみたいな。

で こうやって
けんかしてるんですよ。

そしたら… 「おい やめないか。
なあ けんかはやめろ。 なあ」。

「鉄パイプか 懐かしいな」。

「鉄パイプなんてな
本当に使うもんじゃないぞ」。

「はい プードル」。

(一同 笑い)
面白い!

一発目… 初期の…。
危ねえ。

わきが臭いボクサーなんて
やらなくてよかった。

ちょっと待って ちなみに…。
(陣内)それも見たい。

それも見たくなる。
見たい。

それも見たくなる。
今のプードル見たら。

カン! っていって。
「よし 始まったぞ よし」。

「うん? 右のわきが臭えな」。

「うん…? 左も臭えな。
うん? なんだ? なんだよ…」。

「おお! 勝った」。

(一同 笑い)
確認しながら勝ったんだ。

(又吉)めっちゃ強い。
めちゃくちゃ強いんです はい。

で チョコサラミは組んだけど

これは解散して
しずるになるわけや。

はい。
それで 2007年

青春コントで いろいろと。

(斉藤)でも この青春コントで
ブレークっていうのも

うちらが最初に出たのも
熱いコントをやるみたいな

やつだったんですよ。
そしたら なんか

しずるのパクリじゃねえかって
いろいろ言われてて。

その時 僕が 結構
ネタ書いてたんですけども。

やっぱ 演技力もすごいし
憧れみたいのがあって

勝手にどこかで自分の中で

しずるさんに似たネタを
やるようになって

初めて
『レッドカーペット』に出て

そこで レッドカーペット賞を
とったんですよ。

本当に まあ 簡単にいうと
その青春コントのパクリで

僕ら 最初 売れたんですよ。
(一同 笑い)

(向井)すごい告白しました…。
しずるをパクった?

この人に憧れてるみたいなのが

やっぱ
ネタにも出ちゃったというか。

自然にね 似てくるんだ。
ほんで もう

この『レッドシアター』とかに
なるわけやね。

そうですね。
(陣内)大ブレークやったもんね

もう この時は。
まあ しずる はんにゃ…。

僕 結構 なんか

ちょっと
『レッドシアター』の最初の方

(狩野)なんか こう
溶け込めなくて。

池田 来てくれて
「狩野さん 狩野さんって

L’Arc~en~Ciel
好きなんですよね…?」。

「ああ 好きだよ」。

「いや 俺
マジで大好きなんですよ!」。

「学生時代
登校拒否してた時代もあって

その時 よく L’Arc~en~Cielの
曲聴いたり MV見たりして

そこで元気もらって 俺 マジ
L’Arc~en~Ciel

大好きなんですよ」みたいな感じで
すごい熱い感じで

話しかけてきてくれて。

そこから徐々に他のフルポンとか
仲良くなっていって。

きっかけをL’Arc~en~Cielで
作ってくれたんですよ。

先日 L’Arc~en~Ciel芸人を
やりますっていう風に

スタッフさんに言われて
「狩野さん 誰呼びたいですか?」。

「絶対 池田 呼んでください」。
で 後日 スタッフさんから

「池田さんからNG出ました」って
言われて。

マジで? って 俺 思って。
(陣内)なんでよ?

(狩野)あんだけ熱く語ってたのに。
(陣内)NG出したの? 池田が。

本当に 狩野さん その時
すごいテレビ出てて。

なのに 孤立してて
可哀想だったっていうのがあって。

話 合わせて…。
(狩野)優しさ…。

だから ラルク アン シェル
好きだっていう…。

だから 僕『HONEY』ぐらいしか
聴いた事なくて。

(一同 笑い)
(長田)めちゃめちゃベタなやつ。

今 わかりました。 「シエル」の事
「シェル」って呼んでる時点で

もう違います。
本当に申し訳ないです それ…。

でも 優しさ…
KAMAの優しさだ。

寂しそうにしてるから
ちょっとね。

でも そのきっかけのおかげで

仲良くなれたのは事実ですから。
そうか そうか。

ほんで
キングオブコントも3位と。

この… なんですかね
芸人の事が

大好きなんですよ 池田は。

キングオブコントの決勝
決まった時に

決勝進出者が
取材を受けるのがあって

雑な感じで なんか

「はい ギャグやりたい人やって」
みたいのがあったらしいんですよ。

みんな 「これ やったら
ちょっとやばい」っていうので

みんなが ちょっと
臆病になった時に 池田が

「おい お前
こんなとこでギャグやって

ウケるわけねえだろ。
俺がやってやるよ!」

「うーん ムキムキマッチョマン!」
ってやって…。

(狩野)格好いい! 格好いい。

(又吉)スベったあとに 「なっ?
ウケねえだろ?」って言って

なんとなく 場を成立させて

みんなを
なんか こう 救ったというか。

心ない取材をする人が 結構…。
たまにおるわけや。

前に 又吉さんが主催の
ライブがあって

最後に なんか 取材陣が来て…
で インタビューするみたいな。

そしたら バカなヤツが

又吉さんに…
又吉さんに向かって

「お笑い やられてるんですね」
みたいな

イジりみたいのしたんですよ。
(向井)作家業だけでしょみたいな。

でも 又吉さんは大人だから

「はい ルミネとか来たら
見れますよ」

って言ったんですけど
そこで 俺が

「おい てめえ この野郎」
っつって。

「又吉さんに向かって
なんだよ? それ」。

「いつから そんなキャラですか?」
みたいな。

「キャラじゃねえよ キレてんだよ
てめえ この野郎」っつって。

それで そのまま
終わらせてやったんですよ。

悪い空気で。
(陣内)逆に笑いにせずに?

はい。 いや もう 俺は 本当に
又吉さんの事を

バカにしてるヤツは
マジで許さない。

(一同 笑い)

いやいや でも それはそれでさ
又吉も気ぃ使う…。

(陣内)でも 池田も
損してしまうけど

それはいいんだ? 別に。
いやいや 関係ないです そんなの。

でも すずちゃん…。

いや そうです。 もう本当に…
格好いいとかじゃないんですよ。

ごめんなさい。
当たり前な事なんです。

(松尾)急に照れちゃった…。

すずちゃん ごめんね。
(広瀬)私も ごめんなさい。

(一同 笑い)

(向井)今のはいいのよ 素直で。

KAMA 逆いくから。

本当は めちゃくちゃ
うれしかったんですよ。

(向井)それでいいのよ。
そうだよね これだよね。

キングオブコントの3位も
すごかったんですよ。

3位。
(品川)ほんで…。

いや そうっすね はい。

2本目が
まあ そんなだったんですよ。

で 「惜しかったね」って言って。

「でも 1本目 めちゃくちゃ
面白かったよ」っつったら

なんか 池田が機嫌悪くなって。

2人そろってたんですけど
しずるが。

しずるって 完全に
1本ずつ作ってるんですよ。

(陣内)ああ なるほど。
(品川)キングオブコントって

1本目 村上が作って
2本目 池田が作ってたんですよ。

俺 知らないで ずっと
その1本目を褒めてたら

めちゃめちゃ機嫌悪くなって。
ほんで 村上が あとから

「あれ 実は 1本目 僕 作って

2本目 池田なんですよ」
って言って。

村上は村上で
ちょっとうれしそうに…。

(一同 笑い)

絶対認めないんですよ
むらじゅんの作ったネタを。

キングオブコント 準決勝の
数日前も一緒に ごはん食べてて

「準決勝 もうすぐだな。
決勝 頑張っていけよ」

って言ったら むらじゅんから
電話かかってきて

「ああ ああ。 ああ? ああ」って
電話 投げるように置いて

「あっ 終わり 終わり。
もう キングオブコント終わり」。

「どうしたの?」っつったら
むらじゅんの作ったネタで

準決勝 行きたい
っていう風に決まって

「はい 終わり
キングオブコント」って

もう 正直 諦めてるんですよ。
(陣内)すごいな。

そこで 準決勝 結局
村上のネタで行くんですよ。

「どうせウケないから。
お前の責任でウケねえから

まあ やってやるよ」っていう
その時は…。

(陣内)すごいな。
マジで?

(関町)でも 準決 始まったら
めちゃくちゃウケ始めて

池田が 途中で 「やべえ やべえ
ちゃんとやんなきゃ」ってやって

ちゃんとやって
決勝に行くんですよ。

なんなん? それ。
正直 僕ら

そういう なんか あんまり
いびつな関係っていうか…。

なので 村上がウケた時に
喜べないんですよ。

ライバルみたいな感じ 本当に…。
ああ そう?

そうなんですよ。 僕は

でも これ いないとこで言うのも
なんですけど

村上のネタって 芸人さんに
ウケないんです あんまり。

(品川)やめろ!
(向井)全然 そんな事ない!

今のは誤解されるよ。

今のは誤解されるよ ちょっと。

村上は お客さんウケで

池田は 割と芸人ウケっぽいネタが
多いのは多いね。

その村上のネタを

池田なりに変えたりとかしたら
いいんじゃないの?

ほんなら いいとこどりで
できるんじゃないの?

あの…。

あの… 僕のネタは…。

だから… だから それを

「お前のネタも 俺 なんも言わずに
100パーセントでやってやるから

俺のも わかるよな?」っていう。
(狩野)なるほど。

(陣内)面白い。
(長田)でも 池田さんが

村上さんを
ちょっと嫌う理由っていうのは

まあ 確かに
ちょっとあるんですよ やっぱ。

村上さん
めちゃくちゃナルシストで…。

そこ触れる? 今日。

あんま 触れたくないですけど
せっかく出ましたので。

いや 俺はね
村上は別でやりたいぐらい…。

(一同 笑い)

村上芸人もやりたいんだ?
これは。

(品川)面白いよね。
(森田)だから しずるさんって

年に2回 単独やるんですよ。

で 1回は 村上さんが作ったネタ。

なんか 「作 村上」とか
書いてるもんね。

半年後は
池田さんが作ったネタを…。

それのサイクルなんですよ
1年間が。

ポスターがあるんですけど

ポスターに「作・演出」って
入れるんです 名前を。

「しずる単独ライブ」
っていうのをやって。

これは 池田さんがやったやつ。

ちょっと ちっちゃく…。

ねっ 「池田一真」。
書いてます。

村上さんのを
見てもらいたいんですけど

村上さんのやつ
「しずる単独ライブ」より…。

(狩野)めっちゃでかいんですよ。
タイトルぐらい…。

(松尾)コンビ名よりでかいんですよ。
ホンマやね。

「風の色を見た」って
腹立ってきた なんか。

それはええやろ。
何? 「風の色を見た」。

でも しずるとして売れたい
っていうのはあるんやろ…?

はい 当然 それは。
はい 当然あります。

我々は いろいろ言ってますけど
どっちも好きだからね。

村上も好きだから。
村上は村上で面白い。

2010年に
『レッドシアター』が終了だ。

はい 終わりました。

で 12年経っての 今か。

結構 経ったね。

ただ そのブルーの部分が
特に面白いんだよね。

そうなんです。 ブルーに
ギュッとされてるんです 本当に。

(品川)池田の面白さは その12年に
いっぱいありましたから。

(長田)めちゃくちゃ熟成されてる。
なるほど なるほど。

今のところ すずちゃん
池田の印象は 今のところは…。

部分部分で聞くと…。

どっちもあると。
(広瀬)でも…。

ちょっと悪く映っちゃってる
かもしれないけど。

でも なんか すごい一生懸命な
真面目な方なんだなっていうのは

すごい どんどん どんどん
伝わってきます。

一生懸命で真面目なのは
伝わってくると。

ハリネズミみたいな感じで
見てもらえればいい…。

背中 ビッシリ
針 付いてるんですけど

顔見たら めちゃめちゃ
可愛いみたいな。

(広瀬)なるほど。
本当 本来の… はい。

(長田)針はね 付いてるんですよ。
(品川)歯が可愛いよね。

〈続いて
KAMAの好きなところ

すごいところを聞いていこう〉

これもね 結構
みんなに言われてて。

何がすごいと思ったって
キングオブコントで

敗者が まだ こう
会場に何十人もいて

審査員してた時期
あったじゃないですか。

準決勝 負けた人が
審査員になるわけやね。

(品川)審査員席に
池田が座ってて。

あそこ ダウンタウンさんに
パーンって振られるんですよ。

「今のコント どうだった?」
みたいな。

それって緊張して やっぱ みんな
アワワワ… ってなって。

そんな中 池田が
「どうだった?」って聞かれた時に

「まずは皆さん お疲れさまでした」
って言ったんですよ。

ちょっと上からの感じで。
(品川)はい。 そしたら もう

ドカーン! ってウケて。
僕 実は その日 ルミネで

池田に会ってるんだよね。
はい。 会いました。

俺は 池田が その…

「いや 今から 品川さん
俺 爪痕残してきます」。

「やってやりますから」って。

僕 何言ってるか
わからなかったんですよ。

だって 決勝出てないのに

何 言ってるんだろう? こいつ
と思ってオンエア見てたら

池田がそれ言って
爆笑 バーンって取ったんですよ。

毎年 ウケるんですよ。

「お前 すげえな。 あれ なんで
毎年 ウケてるの?」っつったら

「当たり前ですよ。
俺 あのコメント

1年 準備してますから」。

(一同 笑い)
(向井)そんなヤツいない…。

(品川)違うのよ。
(陣内)寝かせるね。

1年 準備するって事は

決勝行けないって事だからね。
もう負けるつもりやったん?

そうですね。 だから やっぱ その
審査員の他の人たちは

アドリブでいくんですよ。
うん。

それは1年かけてる僕の方が…。

単純な話なんですよ。

みんなはキングオブコントに
1年かけてるんだよ。

そうよ。 決勝に行くために
1年かけてる…。

僕が目の当たりにしたのは

昔 『27時間テレビ』で
フジ縛霊っていうのがあって。

なんか みんな 幽霊の格好して。
はいはい… 『めちゃイケ』の…。

まあ 加藤さんとか
ナイナイさんとか

SMAPの中居さんとかがいて
なんか いろいろ 暴露話とか

まあ いろんな事をやるみたいな。
そうそうそう。

池田さん 全く
出しろなかったんですよ 台本上。

腹立って。 で 生放送やから もう
いくしかないみたいになって。

なんかね ロバートの秋山さんが
最初 なんか ボケたんですよね。

そう。 フジ縛霊って事で
お化けで 普通にストレートに

「恨めしや」って言ったんですよ。

そのあと 本来 台本上
誰か どこかの芸人さんが

フジテレビに
こんな事されたんですよって

いこうとしたところを
池田さんが

「恨めしや」で かぶせたんですよ。
ほう。

それが もう 芸人の中では
ドン! ってなって。

でも 中居さんが こう パッて

「誰だよ? お前」って
きたんですよ。

「誰だよ? 一真だよ!」って
言ったんですよ。

その時から?
もう その時からKAMAだ。

その時から
KAMAなんですよ。

(森田)これ 終わってから
聞いたんですよ。

「あれ よう出ましたね」っつって。

「俺は もう 前々日ぐらいから

中居さんが あそこにいる」

「俺が なんか 変な感じで出たら

絶対に中居さんが
“誰だよ?"ってくるって…」。

へえー!
(森田)事前準備してたから

もう 思ってたと。
(陣内)予定どおり進んだんだ。

そう。 だから それも
ウケて当たり前というか。

そうやね。
それは 用意してきてるもん。

用意してるんだもん。
(森田)用意してたんですよね。

そうそうそう。
(陣内)すごいよ でも それ。

だから 僕は もともと
「恨めしや」って考えてたんですよ。

それ 考えてたんだ。
実は 考えてたんですよ。

ほんなら 秋山と かぶったわけ?
そうなんですよ。

やばい かぶった
と思ったんですけど

俺は 事前に考えてた事しか
できないんで。

ハハハハ…!

だから
別に かぶせたわけじゃなく…?

そうなんです。 これね
かぶせたんじゃないんですよ。

よくも悪くも 用意した事しか
やらないんだもんな。

実績のある用意だったので。

(向井)裏切らないですもんね。
裏切らない。 絶対 実績はね。

用意は裏切らないんですよ。

そんだけ やっぱり 準備…
割と してくんのや。

ほんなら もう ごめんやけど

今日の
あのオープニングの入り方も

もう 何日も前から こう…?

ごめんね。 もう 終わった事やから
ちょっと聞かせてよ。

あの… 『RIZIN』が大晦日に
あった時から決めてました。

(一同 笑い)

(向井)結構 また 温めましたね!

ハハハハ…! ハハハハ…!

(陣内)すごいな。
(品川)可愛いなあ!

(松尾)他も あったんですか?
何個か迷って…?

正直 広瀬すずさんと僕
一緒に出ると思ってたんですよ。

(品川)ああー!
だから 広瀬すずさんと ちょっと

ミニコントしようかな
っていうのは ちょっと…。

(向井)そんな事 考えてたの?

それを ちょっと考えてたんや。

一応 あの 考えてました。

どういうやつ?
(陣内)一応 どんなやつか…

ソーシャルも取らなアカンけど。
(長田)登場から いけます?

全然 全然…。
ええー!

じゃあ ちょっと 距離…。
距離だけ保ってね。

〈豪華キャストで描く

新紙幣の顔 津田梅子の生涯〉

(津田 梅)自分の人生は

自分自身でしか
決められないのです。

〈KAMA考案ミニコントを
すずちゃんにレクチャー〉

それでは
ゲスト お呼びしましょう。

どうぞ!

(拍手)

おい 広瀬 座れ。

へい!

(一同 笑い)

(関町)負担…
負担 でかすぎるだろ。

(一同 笑い)

ありがとうございます 本当に。

バカじゃないの?
なんで?

可愛かったな でも。
めちゃくちゃ可愛かったやん。

なんや あのすずちゃん。
(陣内)何?

「もう1回 見たい」?
なんやねん。

(品川)可愛かったからね。
可愛かったけど。

見たいのは見たい。
(松尾)確かに。

来るのわかって
もう1回 見たいです。

ホンマに もう 全員
もう1回 見たいってなった。

ゲスト お呼びしましょう。
どうぞ!

(拍手)

お願いします。

おい 広瀬 座れ。

へい!

(向井)何回見ても いい!

(品川)いいな!

すごいよ 池田さん。

そんな全力で
やってもらえるなんて。

引き出したのは池田やもんね。
そうですね。

だから これで
広瀬さんの可愛らしさも出るし

なおかつ 俺なんかの指示を
聞いてくれたっていう事で

広瀬さんも 株上がるっていう。
(松尾)ウィンウィン!

考えたんですよ それは やっぱ。
(陣内)面白い。

このパターンも考えつつ
1人パターンも

一応 考えてたんや。
そうですね。

そうですね あとは まあ
小堺さんの出方っていうか…。

小堺さんの出方?
(向井)まだあるの?

こうなったら すみません
小堺さん いいですか?

(向井)小堺さん 見たい。
小堺さん… はい。

めちゃめちゃ考えてんねんな。
すごいな。

さあ それでは
ゲスト お呼びしましょう。

どうぞ!

(拍手)

(一同 笑い)

(森田)やってた! やってた!

やりますよね。 ここのカメラに
こうやってやるっていう。

今 こうやって振ったから
おもろいけど

なんも知らんと出てきたら…。

今のなんやってなるからな
なんも知らんかったら。

ライオンちゃんと
ハイタッチじゃないのよ。

だから… あったけど
これは言ってからの方がいいわ。

それ選ばんでよかったって。
本当ですか?

数々の審査通ったのが
RIZIN。

(陣内)RIZIN。
RIZINでよかった。

これ でも すずちゃんのやつ
はやるかもしれんね 現場で。

できたら…
そのあとも考えたんですよ。

ハハハハ…!
(松尾)どこまで考えてるんですか。

「へい!」って言ったあとに
多分 広瀬さんが

「何? すずちゃん 今の何?」って
多分 聞かれると思ったんで

「いや あっしはでげすね 旦那に
お世話になってたんです」って…。

(陣内)言うか!
言わすか!

(陣内)言わすか!
(長田)それは欲張りすぎ。

好きなところね
また すごいところなんかを。

この前
『チョコプラCUP』っていって

チョコプラさんの番組…
すごい面白いんで

まず 皆さん 見てください。
(長田)ありがとう ありがとう…。

(斉藤)そこで
池ちゃんが出てたんですけども

池ちゃん その時の役割は

ほぼエキストラの
役割だったんですけど

もう エキストラのところが
あまりにもウケすぎちゃって

もう そこで お笑いが
成立しちゃってるんですよ。

ただ ゲストの顔見ると

この人 何やってくれたんだろう
って顔は してるんですよ。

ここで笑いが生まれちゃうから。
そうか そうか。

それが あの…
急にブチギレCUPっていって

授業中 後ろから
ちょっかい出されて

どうやって
面白くブチギレられるか

っていうやつだったんですよ。

これ 後ろからちょっかい出す人も
結構 技術いるなと思って。

普通の人だと
ちょっとあれかなと思って

「それだったら しずるの池田さん
いいんじゃないですか?」って

好きなんで オファーしたんです。
そしたら

「じゃあ しずるの池田さんで
いかさせてもらいます」

って言って
ちょっかい出してるんですけど

ブチギレられた時の顔が
めちゃめちゃ面白すぎて。

それを
バーンってカメラで抜いたら

それが
めちゃくちゃはねちゃって。

やり損なんですよ こっちが。
ああ なるほどね。

持ってかれちゃうんで 全部 もう。
その顔で 表情とかで。

いや 本当に
それは申し訳ないと思ってて。

本当に やっぱり

その演者さんを立てるために
呼ばれてるんですけど…。

メインはね いったらね。

企画としては。
スタッフさんが

僕を選ぶわけないって
思ってるんですよ。

だから 絶対に 長田が

僕の事を選んでくれてるって
思っちゃって。

って事は 長田を喜ばせないとって
思っちゃったんですよ。

ハハハハ…!
いい… そんな事はいいんです。

その場を笑かしたいと。
そうなんですよ。

そのあと やっぱ 長田に…
ねえ 一緒にごはん行って

まあ
おごってもらったんですけど。

(陣内)なんでやねん。 先輩やん。

お金持ってるんで。
だから それで…。

「お金持ってるんで」 ハハハハ…!

向井はどうですか?
(向井)先ほど 「KAMA」を

やっぱ 山形のローカル番組で
発表するっていうような

ちょっと あまのじゃくなところも
やっぱ すごいなと思うんですよ。

『アメトーーク』で
言えばいいのにとか。

で ファミリーマートで
店内放送で 吉本の芸人さんが

月替わりで
パーソナリティーやって

それ しずるさんが担当した時に

まあ ファミマだけでしか
聞けない放送で

ちょっと この しずるさん…
池田さんが発表した事というか。

ちょっと 放送が実際にあるので

ちょっと 聞いてください。

村上は あの…
なんか こう その…。

(向井)「村上さん
結婚してますからね」

あー… あっ だったら いいね。

はい。 だから もう
ここの場所で

ファミリーマートの あれで
言わせてもらいますけど…。

えっ! 本当なんだ。

(村上)
『ファミよし“笑顔の宅配便"』で

初めて それ 披露する…
いないと思うんですよね。

普通 芸能人って やっぱり
ダーンと

婚約とかって
発表するじゃないですか。

それを
あのファミマでしか聞けない…。

店内で流れてるの?
(向井)はい。

24時間 あの婚約発表が
流れ続けるんですよ。

繰り返し流れるんですよね。
(向井)繰り返し…。

こういうチョイスが…

もう 誰もやってない事を
やってくるんですよね。

今 お子さんも 実は いて。

第1子が誕生した報告も

普通 芸能人は やっぱり
ダーンと言うじゃないですか。

ポッドキャストっていう
アプリの

池田さんが 別人の
不良っていう人格でやってる

『不良ラジオ』っていうのが
あるんですよ。

そこで言ってるんですよ。
誰も聞いてないですよ マジで。

生まれた事 知らない人
めちゃくちゃ多いんですよ。

一応 そこでは… この不良は

幼なじみに
しずるの池田がいるっていう。

それで 「なんか しずるの池田が
第1子誕生したって言って…

あっ お前ら 知らねえか」。

「でも 本当 めでてえ。
マジで めでてえ」。

(一同 笑い)
(向井)それだけなんですよ

「生まれた」の発表が。
(広瀬)ええー!

そうですね。
すごいね。

不良に すごい憧れが…。

なんか わかりますよね 見てたら。
うんうん。 そやな。

だから 池田は職務質問されたい。
されたいの?

されたいっていう気持ちが
あるから

お巡りさん見たら
怪しげに歩くらしいですよ。

(一同 笑い)

なんなん? それ。
何よ?

パトカーとか通る時に
なんか ちょっと…。

(一同 笑い)

(陣内)面倒くさいわ。
(森田)不良とかじゃない もう。

不良の方じゃないのよ。
でも もう…

不良で こうやってやっても

あいつ ただ なんか 変な…
イキってるっていうだけなんで。

だから ちょっとやばい こう…。

(一同 笑い)

(陣内)なんでよ!

だから 池田は
不良 めちゃめちゃ好きだから

Twitter
やってるんですけど

ずっと 不良の体なんですよ。

なんか 普通の事
一切 つぶやかないんですよ。

「けんかしてえ」とか
そういう事を…。

(一同 笑い)

(品川)もう 本当に… これ
毎日つぶやいてるんですよ。

僕がお気に入りのやつね。

(森田)不良やな。
(品川)もう1個…。

これ すごい。 はい。

(一同 笑い)

いや そうですね。 はい はい。

これ アカウントもね よく見たら

「Areyoutoughness」って
アカウントなんですよね。

めちゃめちゃダサい 英単語…。

そうなんですよ。
「Areyoutoughness」。

そういう だから
『不良ラジオ』とか

その… 身分を明かさず
やってる事が多すぎて

今 この人 身分を明かさず

YouTubeチャンネル
5個やってるんですよ。

えっ!
はい。 吉本にも言わずに。

まあ 1個が「ホセ・ミゲルの
バンジョー講座」っていって。

(向井)登録者数600人…。

(森田)でも 600人なんか
めちゃめちゃ多い方ですよ。

めちゃめちゃ多い方。
(狩野)顔出してるけど。

次がね 「HASHIMOTOの
ねぇ料理しない?」っていう。

(一同 笑い)

56人。
(狩野)すごい!

(森田)56でも…
56でも まだ多いんですよ。

(長田)これ HASHIMOTOなの?
これ HASHIMOTO。

もう1個が 「周介の遊僕MEN」。

(向井)どれだけ…。
6人しかいないやん。

(陣内)6人…!
(一同 笑い)

これ 広瀬さん どういう事
やってるか わかります?

なんか 小さい頃 遊んでた…

今 背景 多分 公園とかですよね?

だから なんか 子どもの気持ちに
なって遊んでる…?

なるほど。
(森田)あっ でも…。

この 大の大人が
もう 街なかにある

普通のもの… ポールとかでの
遊び方を教えるんですよ。

ハハハハ…!

ポールがあったら…。

「これもできるよね」
とか言うんですよ。

(森田)「もう
意味わかんないんです」

もう 街なかにある…
なんでもいいんです。

公園にある…。
(陣内)ネタは尽きないんだ?

(森田)そう。
ネタは尽きないんです。

で 「双子の弟の
coordinate soldier」?

これ 双子。
(陣内)おもろい…。

(森田)最後がね えっと… 「rickの
“tiquette"」っていう。

(一同 笑い)
3人…。

(長田)3人しかいない。

アイコンが有刺鉄線になってる…。

(一同 笑い)

ダサッ! 池田さんだわ これ。

「Z」ぐらい格好いいですよ
これ。

(松尾)有刺鉄線?
(森田)わかります?

ああー! 全然違う。
何… なんでしたっけ?

いろんなシチュエーションの
決めゼリフ…。

格好いい決めゼリフを
教えてくれるっていう。

よう 3人もおるな 登録者。
(一同 笑い)

だから これは 本当に
登録者は森田と…。

森田 登録してるの?
あと ええー…

コマンダンテの石井と

囲碁将棋の根建。

(一同 笑い)

この全チャンネルの編集を
奥さんがやってるんですよ。

ええー!
そうなんですよ。

なんせね もう やっぱ
素人の編集なんですよ。

むちゃくちゃ粗いというか。

「HASHIMOTOの
ねぇ料理しない?」。

どうも HASHIMOTOです。

今回は クリームシチューを
作っていきたいと思います。

それではね 早速ね
作っていきたいと思います。

(長田)「緩いフェードイン
フェードアウト」

(森田)
「これね “タイトルテキスト"」

「(一同 笑い)」

ちょっと間違えた…。
最初に入ってるやつ。

じゃあ 次 にんじんいきます。
にんじんはね…。

(森田)「ここに… “にんじん"って
入れないとダメなんですよ」

(関町)「切れて もう
輪切りになってるっていう」

(森田)「めっちゃ粗いんですよ
その…

“じゃがいも"っつって出てきて

もう 次の時には こんなむけて…」
(向井)「早いな」

切った野菜 入れていって
炒め終わったら…。

(森田)「また “タイトルテキスト"」

ちょっとミス… 慣れてなくて。

(品川)「面白え」

「(一同 笑い)」
「ちょっと間違えちゃった」

そして ひと煮立ちしたら
ルーを入れます。

しっかり混ぜます。

(森田)「これ 第1話かな?」

今回は
クリームシチューを作りました。

(陣内)「生活感あるな」

(品川)「めちゃめちゃ
スプレーが…」

HASHIMOTOでした。

「“ごちそうさま"」

(向井)いらねえよ! これ。
なんで? いる… いるじゃん!

(森田)めっちゃ怖いんですよ。
(関町)怖いじゃん。

怖すぎる…。
(森田)絶対に出てくるんですよ。

めっちゃ怖いんですよ あれ
最後。

最後 無音の「ごちそうさま」。

これで まあ いったら
編集を覚えたわけですよ。

どんどん どんどん
上達していくんです。

うまくなっていってんねや。
(森田)そう。

この間なんて 池田さんが
「あっ これは

ちょっと アクシデントです」って
言ったら

バーン バーン 「アクシデント」!

(一同 笑い)

(陣内)成長したな。
アドリブにも… はい。

でも 見てる人は
編集 奥さんやっていうのは

今 初めて知ったわけやろ?
だから。

そうですね はい。 あの 正直…。

そうやもんな。
僕的には…。

だから そこも 逆なんですよね。

逆いっちゃってるというか。

やっぱ ユーチューブ
1個のチャンネルやって

その やっぱ ちょっと
お金をね 稼ぐっていう。

だから これ お金稼がずに
5個やってみようっていう。

『グッディ!』と一緒ですよね。
そう 『グッディ!』と一緒。

(陣内)逆やりたくなる。
(品川)逆ね。

(品川)本当 池田って 本当に
なんの得もないところで

面白い事してるんだなって。
『グッディ!』もそうだし。

喜ばせるためだったら

ご自分の労力は
もう いとわないというか。

僕のラジオに
ゲストで来てもらった時も

ラジオなんで…
後輩のラジオなんで

手ぶらで来ていただいたら
いいんですけど。

これですね。 よく見てもらうと

血の付いたタンクトップに

首からメリケンサック
引っ提げて

ラジオに来てくれたんですよ。

ラジオなんですよ。
何してんの?

これも 多分 俺を 本当に
笑わせるためだけに…。

後輩が呼んでくれたら
絶対に喜ばせます。

(狩野)喜ぶ? それ喜ぶの?

後輩には むちゃくちゃ優しくて

後輩からも
すごい人気あるんですよ。

バイクで…
池田 バイク乗るんですけど

よく 後輩とかを

家まで送っていってあげたり
するらしいんですけど

防寒具
全部 後輩に着せるらしい…。

(一同 笑い)
優しい。

でも なかなか それ
後ろの後輩も着てくれないんで。

そりゃそうよ。
「いいです 兄さん」ってなるから。

その時は 「俺 寒さに慣れて

皮膚 厚くなってるから」って言う。

どういう事?
皮膚が分厚くなってるから

寒さ感じないんだよっていう。
(森田)優しい…。

優しい。

なんか ライブとかでも

賞金を出したいと。
池田が考えたコーナーで

優勝した人は
賞金を渡したいんだけど

劇場側に賞金を用意させるのは
悪いからっていって

自腹で 賞金を用意して

結果 大赤字になったんですよ。

でも なんか まあ
それが面白いですし。

後輩に嫌われたくないんですよ。

なんで

確かに だから…
僕は だから チョコプラは

僕は 自分より面白いと
思ってるんですよ チョコプラの事を。

でも 僕が先輩って
なってるじゃないですか。

それって もう
敬語を使ってくれるかどうか

っていう関係なだけだと
思うんですよ。

だから 僕は

何? それ。
だから 敬語の権利を…。

その理屈 よくわかんない。
敬語の権利を売ったっていう。

おごってるんですよ。

走んない 絶対走んない
俺 走んないよ。

〈しずる池田芸人
テレビ未公開シーンも

特別無料配信〉

〈更に 今週は しずる出演

薬やってるやろ? って…。

〈又吉出演…〉

〈…の3作品が追加〉

失格となります…。

〈そして 今月から
ヨシモト∞ホール芸人が配信〉

〈3月のPラジオは
バカリズム&狩野〉

結構 見た事ある企画…。

〈2人が出演している作品も
併せて見てね〉

東京が出禁って言ってたんですよ。

〈今週の吐き出し部屋は
長田とKAMA〉

本当に?
マジで。

〈「アメトーークCLUB」で
検索してね〉

〈ここで

スペシャルドラマ『津田梅子』が

あさって5日 土曜日に
放送されます。

舞台は明治時代で
私が演じる津田梅子は

新しい五千円札になる顔の方で

日本初の女子留学生として
アメリカに渡りました。

仕事 結婚など
今と変わらない事を悩みながら

自分の力で夢をつかみ取っていく

ガールズパワー全開な
ストーリーとなっております。

スペシャルドラマ『津田梅子
~お札になった留学生~』は

5日 土曜よる9時放送です。

ぜひ ご覧ください。
はい よろしくお願いします。

お願いします。
楽しみです。

ちょっと あの… すずちゃん。
はい。

さっきの池田のコントのキャラで

ちょっと ドラマの
タイトルぐらいだけでも

聞きたいなと思いまして。

言い方 教えてあげれば…。
タイトルだけでも。

『津田梅子
~お札になった留学生~』。

じゃあ お願いします。

おい 広瀬!
スペシャルドラマのタイトル

決まったらしいな。 言ってやれ!

へい! オイラ
お札になったでげす。

(一同 笑い)
全然違うし。

全然違う…。
(関町)タイトルが違う…。

「津田梅子」 入ってないじゃん。

「津田梅子」!
だから 広瀬さんに 裏で

「津田梅子って言わなくて
いいんですか?」って…。

「いいです いいです いいです」。
そうか。

すずちゃん ありがとう。
ありがとうございます。

(陣内)すごいな すずちゃん。

すずちゃん もう あの…
最初と もう これ 最後と

池田の事
どんな感じになりました?

あの…

大好きになりました。
(一同)おおー!

(長田)やったー!
(広瀬)本当に。

これはうれしい。

逆をいってしまうって言われると

全部 なんか こう…
全部 言ってる事が

なんか わかってくるっていうか。

すごい いい人なんだろうな
っていう。

あれは? はけ方とかは
考えてきてくれてるの?

1パターンしかない…。
それでいこう それでいこう。

用意してきたやつね。
はい。

という事で 皆さん
どうも ありがとうございました。

しずる池田大好き芸人でした。

池田 ありがとうございました。
ありがとうございました。

(拍手)

売れてくるわ。

たまんねえ! KAMA!

KAMA!
(関町)売れるよ これは。

KAMA 売れたな。
(陣内)KAMA 売れたな。

いや すごいな。
KAMA 売れた。

「ヤンキー エロ ケンカ…」

〈今度は あのマンガ雑誌だけを
フィーチャー〉

「ヤンキー エロ ケンカ
はぐれモノ」

〈次週は

『AKIRA』と
『BE-BOP』がね 当時…。

〈この1癖も2癖もある
マンガ雑誌で あえて1時間〉

ヤンキーの先輩が
かばん持たずに

ワキに挟んで
登校してくるイメージ…。

巻末のあそこを読んでる人間は
お前しか…。

お笑いを
ついに7つに分けだした…。

〈その次の週は
お笑い第七世代、その後…〉