ネタパレ【相席スタート・真空ジェシカ・そいつどいつ・パーパー・GAGほか】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ネタパレ【相席スタート・真空ジェシカ・そいつどいつ・パーパー・GAGほか】[字]

川島海荷&スピードワゴン小沢が大爆笑!相席スタート「来ちゃった」真空ジェシカ「個別指導塾」そいつどいつ「熱帯魚」パーパー・GAG・ラパルフェ・オドるキネマ!

番組内容
「笑い」を愛する俳優・ミュージシャンなど幅広いジャンルのゲストに、今見ていただきたいネタを劇場支配人達とともに鑑賞する番組『ネタパレ』。今回はゲストに、川島海荷が来店。川島を迎えてお届けするのは、相席スタート、そいつどいつ、オドるキネマ、GAG、ラパルフェ、真空ジェシカ、パーパーら若手実力派芸人によるネタパレード!賞レースでも頭角を表す芸人たちのネタの競演にスタジオは大爆笑!
番組内容2
川島が最後に続きを見たくなる芸人に選ぶのは誰か!?
出演者
【MC】
南原清隆 
陣内智則 
増田貴久(NEWS) 

【パネラーゲスト】
小沢一敬(スピードワゴン) 

【スタジオゲスト】
川島海荷 

【ネタパレード】
相席スタート、オドるキネマ、GAG、真空ジェシカ、そいつどいつ、パーパー、ラパルフェ 
※五十音順
スタッフ
【演出監修・P】
木月洋介 
【チーフプロデューサー】
情野誠人 
【ゼネラルプロデューサー】
赤池洋文 
【演出】
登内翼斗 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ゴキブリ
  2. ネタパレ
  3. 山崎
  4. 市川
  5. 松本
  6. ガク
  7. 福井
  8. 鈴木
  9. エリ
  10. 全然
  11. 尾身
  12. 生徒
  13. 川北
  14. お願い
  15. 芸人
  16. 坂本
  17. 大丈夫
  18. 番組
  19. ホント
  20. 今日

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(ブザー)

(南原)こよいも 当劇場
『ネタパレ』開演いたします。

本日のお客さまは
川島 海荷さんでございます。

ようこそ。

最近 お気に入りの芸人さんとか
いますか?

あっ ジャルジャル。

そうなんですか。
はい。

そういうパターンあるんですか?
ありますよ 全然。

どうも。
吹奏楽部唯一の男子部員です。

言うとしたら 僕。

吹奏楽部にいそうなのは
どっちかといったら僕だから。

気を付けて。

いや 俺さ タイトルが思い出せない
歌があるのよ。

ちょっと サビのメロディーだけ
口ずさむからさ

タイトル分かったら教えてよ。
(ガク)OK 考えるわ。

♬「フ~フフフフフ… フ~」
(ガク)言うとしたら 僕。 おい。

あれ 歌じゃないから
サビとかないからね 別に。

気を付けて マジで。
(川北)どうも 裸マダムです。

違います。 ロングコートダディの逆
裸マダムじゃないです。

真空ジェシカです。
よろしくお願いします。

あの 個別指導塾ってあるじゃん。
(ガク)個別指導塾。

あれって 先生が真ん中に座って

両サイドに生徒を一人ずつ
座らせて

こっちの生徒 教えてるときは
こっちの生徒が 問題解いてて。

こっちの生徒に教えてるときは
こっちの生徒が 問題解くって

すごい効率よくできてんのよ。
(ガク)なるほどね。

片方が 問題解いてる間に
片方を教えられるんだ。

それ 時間の無駄がなくて いいね。

ちなみに お前は今 俺が言ったこと
繰り返しただけだから

これが 一番時間の無駄だよな。
ドンマイ 元気出していこう。

何だ お前は。
気持ち良く始めさせて ちょっと。

今日から 個別指導塾か。
どんなとこなんだろうな。

君が 川俣君?
(ガク)はい。

おお…
集団授業に向いてなさそうだね。

そんな はっきり
言わないでください。

いいよ いいよ。
(ガク)あなたが 先生ですか?

私が 担当の きの まことです。

セーラージュピターと同じ名前だ。
(川北)よろしくお願いします。

まこちゃん?
(川北)こう見えてね

この道30年のベテランですから。
(ガク)そんな長いんですね。

今日 一緒に勉強する
よもぎだ君は その最初の生徒。

30年 生徒やってる人が来る。

今年で 65になるかな?

始めたのも 遅いな。

35歳で 塾通い始めてない?

すいません 遅れました。

よもぎださんが来た。
(川北)よもぎだ君

次 遅刻したら
お母さんに連絡するからね。

ご健在で 何より。
お元気そうで よかったです。

それじゃあ 授業 始めていこうか。
(ガク)はい。

川俣君 世界史だったね。
(ガク)そうです。

じゃあ 問題解いて。
分かんなかったら 何でも聞いて。

嫌な顔ひとつして 教えるから。

嫌な顔は するんですね。
(川北)ひとつね。

質問しづらくなりました すごく。

よもぎだ君は 数ⅦGだったね。
(ガク)数ⅦG!?

めちゃくちゃ進んでる。
(川北)1=2を証明して。

全てが ひっくり返るよ。

そんなの証明できたら
全てが ひっくり返る!

数ⅦGは あしたか? ごめん…。
今日は 『進撃の巨人』だったね。

一気に バカんなったな。
『進撃の巨人』 教わってんの?

今日中に エレンが
巨人に食われるとこまで

進めてこうか。
(ガク)あったけど 序盤のね

盛り上がるシーン。
(川北)えっ?

ネタバレされてる!

漫画を授業にしたから
そんなことになっちゃうんだよ。

エレン?
(ガク)全然 身についてなかった。

主人公の名前も分かってない。

ちょっと自分の進めよう。

そのオスマン帝国 滅亡するよ。

いや 世界史のネタバレすんな。

ありがとうございました。

(ひろゆき)ただいま~。
(福井)おかえり。

お父さん
友達が家に来てるんだけど

上がってもらっても いい?
(福井)全然 いいぞ。

じゃあ リビング使いなさい。
(ひろゆき)ありがとう。 上がって!

お前んち ちっせえな!

お前んち
めっちゃ貧乏なんじゃねえの?

(ひろゆき)ちょっと やめてよ。

クラスメートの坂本君。

おい お前の親父って ニートなの?
(ひろゆき)ニートじゃないよ。

ちゃんと働いてるよ。
(坂本)じゃあ 何で

こんな昼間っから 家に いんだよ。
おっさん 見た目からして

絶対 無職だろ。 ハハハ…。

何や この子は!
(ひろゆき)いや ちょっと…。

坂本君は 学校で タメ口で
失礼なことを言うキャラなんだよ。

(福井)タメ口で
失礼なことを言うキャラ?

(ひろゆき)すごい人気なんだから。
ちょっと 僕 トイレ行ってくるね。

おい! こんな小汚え おっさんと
2人きりにすんじゃねえよ。

君 ホンマ
ええかげんにしとかんとな!

お父さん すみませんでした~!

(福井)ど ど… どうした?

ひろゆき君のクラスメートで
いつも お世話になっております

坂本 純一と申します。

ちょ ちょ… ちょっと
やめて やめて やめて。

ちょっと 立って 立って…。
いやいや… 詳しく説明して。

はい。 あの 正直 言いますと
僕の学校でのキャラクターと

普段の自分に ギャップがありまして。
(ひろゆき)ごめん ごめん。

今から 何する?
(坂本)まず お菓子持ってこいよ。

普通さ 友達 遊びにきたら
お菓子 出すだろ。

そっか。 お前んち 貧乏だから
出す お菓子ねえのか。 ハハハ…。

おい おっさん
お前 ちゃんと働けよ。

じゃあ お菓子 取ってくるね。
(坂本)食パンの耳とか

持ってくんじゃねえか?
(ひろゆき)大丈夫だよ。

すみませんでした~!
(福井)怖い 怖い 怖い!

頭 そんな ぐりぐり やめて。
それ以上 下に いかないから。

立って 立って 立って。
(坂本)はい。

いやいや… 続き 説明して。

正直 言いますと…。
(ひろゆき)お菓子 取ってきたよ。

もっと 高級なお菓子
持ってこいよ!

もっと高級なの持ってきなさい。
行った 行った 行った…。

すみませんでした~!

もう 慣れてきたわ。
人間 3回目になると

どんなこともね
冷静に対処できるから。

うん。 続き 言って。
(坂本)はい。 実は 僕

学校で 人気者になりたくて
それで たどりついたのが

タメ口で失礼なことを言う
キャラだったんです。

普段の君は 今の こう
真面目な好青年っていうことだ。

はい。 でも やればやるほど
失礼な自分に嫌気がさして。

それに追い込まれて
もう 限界だなんて思って。

(ひろゆき)坂本君!
(福井)うわ~! 今 出てくな!

今 出てくな!
ケーキとか 買うてこい 外で。

隣町 チャリで
ケーキ買いにいけ お前 アホ。

じゃあ 買ってくる。
(福井)出てくな お前!

玄関 あっちだから!
(福井)窓から とべ!

窓から とんで
はだしで チャリで行けよ。

僕のせいで すみません。
(福井)いやいや…。

あのね 君ね そんな
周りに 気ぃ使うとかじゃなくて

やりたかったらやる。
やりたくなかったらやらない。

シンプルなことで
いいんじゃないの?

お父さん。
(福井)くそがき! 出てこい。

(ひろゆき)何で そんなこと
言われなきゃ 駄目なんだよ。

坂本君 お菓子食べようよ。

もっと 高級なお菓子
持ってこいよ。

こんなもんさ
魚の餌じゃねえかよ。 ハハハ…!

頑張ってな。

ミナミ君 大丈夫? ごめんね。
おうちに ゴキブリ出ちゃって。

キャッ! やだ ゴキブリ。
ちょっと助けてほしくて。

キャッ! やだ ゴキブリだ。
やだ ちょっと ミナミ君

今すぐ おうち来れたりする?
やだ ゴキブリだ。 ちょっと助けて。

うん お願い。
ありがとう ありがとう。

は~い は~い。

ゴキブリなんて いない。

好きな男 家に呼ぶために
いないゴキブリも使う。

私って ホント 罪な女だわ。
フフフ…。

(チャイム)
(鈴木)は~い。

鍵開いてるから入ってきちゃって。
≪失礼します。

ミナミさんからご連絡いただきました
ゴキブリ駆除業者のヤマサキです。

(鈴木)あいつ 業者 呼びやがった。

最悪だ。
あいつ 業者 呼びやがったよ。

ゴキブリ出た
っていうことなんすけど。

ごめんなさい。 今 ゴキブリね…。

水回りが 結構 怪しくて。
(鈴木)ゴキブリ ごめんなさい。

どの辺で見たよみたいなの
あります?

ああっ います。
(鈴木)何? やだ! 何 何 何?

嘘ですよ。
ゴキブリ クジョークです。

ふざけんなよ お前。

ざけんなよ。
ゴキブリいるって嘘やめろよ。

腹立つな。 ハァ…。
(南)すいません。

びっくりさせちゃって
ごめんなさい。

お前 簡単に ぽんぽんするなよ。

好きになったら どうするんだよ。

どの辺で見たよ… ありますか?

ごめんなさい。
実は ゴキブリ いなくて。

えっ?
(鈴木)ごめん。 嘘ついちゃって。

僕と おんなじ嘘ついたのに
あのテンションで怒った…。

ごめんなさい それは ホントに。
怒り過ぎたなと思ってるんです…。

どういうことですか?
(鈴木)理由があって。

大丈夫ですよ。

好きな人呼ぶ口実で
ゴキブリいるって嘘ついたら

業者 呼ばれたんすよね。
(鈴木)何で根こそぎバレてんの?

何? 勘?
勘で分かったってこと?

(南)よくあることなんで。
(鈴木)よくあるんだ これ。 そう。

でも 私 ミナミ君が
来てくれるんじゃないかなって

期待しちゃってたんです。
(南)任してください。

はい?

もしもし ミナミさんですか?

ゴキブリの駆除は
できたんですけど

ミナミさんにしか
駆除できないことがありまして。

それはですね…。

あなたの心ですみたいなことを
言いたいんすよ。

決めてから電話してよ!

最悪。 何で決めずに電話すんの?
あんた。 ねえ!

あなたの心ですみたいなことです。
(鈴木)まんま言ったぞ こいつ。

好きだと思います。
(鈴木)何で言うんだ 「好きだ」

ちょっと!
絶対 嫌われたんだけど 私。

(南)嫌われたら 別の人
好きになったらいいじゃないすか。

そんな ぽんぽん… 人のこと
好きになるわけないじゃんよ。

(南)1人 好きになれたら
100人好きになれますよ。

てめえ
ゴキブリみたいに言うなよな!

人の好きなやつ つかまえて
ゴキブリみたいに言いやがって。

(南)ゴキブリみたいに
言ってないとしたら?

怖いだけだよ。 何だよ。
何? あんた どういうことよ。

もう 大丈夫。 ごめんなさい。
帰ってください。 すいません。

また ゴキブリ出たら
連絡してください。

ゴキブリ出なくても連絡するね。

[今夜は 『ネタパレ』を
ぶった切る!]

(尾身)どうも!

ラパルフェです。 お願いします。

笑ってないで 東大に行け!

そんなこと言わないでください。
見ていただいてますから。

すいません。

尾身 智志と阿部 寛で
漫才やってこうと思うんですけど。

いや ねえ 阿部さん
やっぱり こうしてね

久々に 『ネタパレ』
出させていただきますんで

ここは もう 今日
ばちっと はまって

あっという間に
売れたいですよね。

この番組 出続けたら
必ず 売れるってね…。

だから お前は バカなんだ。
(尾身)はい?

いいか。 『ネタパレ』から

あっという間に売れたやつなんか
いない!

(尾身)ちょっと!
何てこと言うんですか。

呼んでいただいたんですよ。
(都留)俺たちは

ネタと時間を搾取されてんだ。
(尾身)そんなことないですって。

いや 現に TOKYO COOLは
『ネタパレ』以外で見ない。

ああ 確かに。

いや でも 待ってください。
かが屋さんとか ぼる塾さんとか

この番組をきっかけに
売れてってる人たちだって

いるじゃないですか。
(都留)確かに 『ネタパレ』から

売れた芸人はいる。 だが

「私は 『ネタパレ』から売れました」
と言ってる芸人はいない。

つまり そういうことだ。

搾取されてるってことですか?
(都留)そうだ。

そもそも 23時40分なんて
不思議な時間に始まる番組

誰かを売る気がない。
(尾身)ああ 確かに。

気付いたら
始まっちゃってますよね。

でも 待ってください。
メリットがないじゃないですか。

この番組の 『ネタパレ』の目的は
何なんですか?

『ネタパレ』に目的はない。
(尾身)ない?

『ネタパレ』ってのは ネタパレード。

パレードってのは
その場が盛り上がれば いいんだ。

先のことを考えてる人はいない。
(尾身)ええ…。

そもそも
先のことを考えてる番組が

ニュースターパレードから
本編への勝ち上がりの仕組みが

不明瞭なまま進めると思うか?

ああ! あれ 何か
基準 分かんないですよね。

じゃあ 『ネタパレ』で頑張っても
無駄ってことですか?

一つだけ 搾取されずに
『ネタパレ』で 売れる方法がある。

東大に行け。

東大に行って
フジテレビのトップに立て。

そうすりゃ 『ネタパレ』は
大いにできる。

すぐに売れる。

いいか! バカとブスと
カットされてるけど

実は 毎回 あたまのコーナー振りを
かんでる 増田 貴久は

東大に行け!

これより 東大 フジテレビ
『ネタパレ』へと続く

僕と先生の夢へのパレード
スタートです。

どうも ありがとうございました!

まずは 4組 見ていただきました。
さあ 川島さん

気になった芸人さん いましたか?

出てきたとき…。

似てるよね。

ここから…。

ただね
おっしゃるとおりなんですよ。

この番組から売れてもね
この『ネタパレ』とは言わなかったりね。

そうなんですね。
でも…。

(川島)そうなんだ。

小沢さん どうですか?
やっぱり 僕は…。

そうやね。
僕も…。

大好きだけど。 だけど…。

確かに 難しいよね。
難しいの。

どうも。 お隣 よろしいですか?
(山崎)どうぞ。

相席スタートです。
お願いします。

私 結婚する前にね
遠距離恋愛をしたことなくって

しておけばよかったなって
思うのよ。

したことないんすね。
僕 1回ありますよ。

京都と東京でね。
そんな いいもんじゃないっすよ。

つらいこともあると思うけど

会えない時間が愛を育てる
みたいな

そういう ちょっとしたよさが
あるでしょ。

いいとこ 1個ありました。

離れてるときに
フリーみたいな感覚ではいれます。

違う そういうことじゃない。
そっち方面でも くずなの?

いようと思ったらね。
(山崎)そういうのじゃなくて

ドラマとかでも よくあるじゃん。
ちょっと 想像してみて。

ピンポーン。

来ちゃったっていう。
これね 絶対 カワイイですよね。

それは 怖いかな。
(山崎)怖い?

僕は めちゃくちゃ怖いですね。
(山崎)絶対 怖くない。

来ちゃった。
こんなの 絶対カワイイですよね。

えっ 何で 来たん?
(山崎)えっ…。

いや あの あした
急に 仕事が休みになって

そしたら
あなたに会いたいなと思って

新幹線に飛び乗って来ちゃった。
ウフフ…。

「来た」じゃなくて?
「来ちゃった」?

うん 来ちゃった。
(山添)「ちゃった」っていうのは

向かってる自覚がなかった
ってこと?

いや…。
(山添)ガラガラ押してるときとか

新幹線 乗ってるときとか
全然 向かってる自覚なくて

玄関の前 着いたときに初めて
私 来てたってなって

来ちゃったってなった…。
それは 怖いかな。

僕 そういう人は怖いです。

申し訳ないけど 帰ってください。

(山崎)違う 違う。
いや 何か 来ちゃったって

照れ隠し。 サプライズで
来ちゃったみたいな。

そう言いたくなる気持ちは
分かるけども

きっと あなたは衝動に駆られると
周りが見えなくなるタイプの人。

だから その 何て言うの?
「来ちゃった」っていう表現が

より 言い訳がましいというか。

パチンコ台をたたいたとしても
たたいちゃったってなんのよ

君はね。
パチンコ台は たたいたらあかんのよ。

彼女が せっかく はるばる
やって来たのに

「怖い」とか そういう言い方は
ひどいんじゃない?

ごめん。 詰めちゃった。
(山崎)何 何?

彼女のこと 詰めちゃった。
(山崎)やめて。

でも 自覚はなかった。
(山崎)そんなわけないじゃん。

いや 「来ちゃった」と一緒。
(山崎)全然 違うから!

この間 全然 会えてなかった。
寂しかったでしょう?

楽しんじゃった。
(山崎)何で!?

浮気しちゃった。
(山崎)何言ってんの?

気付いたら 相手の女の子んち
行っちゃった。

気付いたら
服 全部 脱いじゃってた。

でも 向こうが 渋ってたから
土下座しちゃった。

最後まで できちゃった。
(山崎)はあ?

自覚はなかった。
(山崎)そんなわけないじゃん!

渋られて 土下座したって
しっかり自覚してるじゃん。

全部 言っちゃった。
言っちゃった!

何? 急に?

墓場まで持っていこうと思ったら
言っちゃった!

来ちゃったから言っちゃった!

怖いんだけど ずっと。

ねっ ケイさん
「来ちゃった」って怖いでしょ。

あんたが怖いよ。
(2人)ありがとうございました。

ごめんね 先 抜けちゃって。 うん。

ユウキ君が 「うちに奇麗な熱帯魚
いるから見にこない?」って

言ったから 家 来ちゃった。

ちょっと誘い方は ベタだったけど
年収1, 000万の商社マン。

お先に ゲットしちゃいま~す。
うん じゃあ そっちも楽しんで。

はい じゃあね。

ごめんね。 俺 家帰ったらさ
すぐシャワー浴びないと気持ち悪くて。

全然 大丈夫。

それより どう?
(市川)奇麗。

奇麗でしょ。
(市川)うん。 これ 何て魚?

ああ これね グッピー。
(市川)ふ~ん。

赤いっしょ。
(市川)うん。 赤い。

想像してたより 赤いでしょ。
(市川)うん。

想像してた赤より

あっか。

じゃあ はい。

えっ?

(松本)帰り道 分かる?
(市川)えっ…。

(松本)コンビニで曲がって
500mぐらい行ったら あれ

駅あるから。
(市川)えっ えっ… ちょっと。

ホントに見せるだけ?
(松本)えっ?

手段とかじゃなくて?
ホントに ただ見せるだけ?

いや そうだけど。
見たいっつったから。

え~ 何 何 何?

いや えっと…。
(松本)まだ見たい?

いや もう見たくはないかな。
(松本)じゃあ じゃあ じゃあ。

あ~ 終電逃しちゃった!
(松本)えっ?

まだ 10時だよ。

石川県に住んでる。
(松本)石川県!?

私 ドジだ。

(松本)じゃあ これ。

駅前の漫画喫茶の割引券。
(市川)んっ?

(松本)これがあったら
ナイトパック 1, 080円でいけるから。

すげえっしょ。
(市川)まだ見たい! まだ見たい。

まだ見たい?
(市川)うん まだ見たい。

見足りない?
(市川)見足りない。

(松本)そっか。

ねえ。

おいで。

この角度からは違って見えるから。

(市川)んっ?

(松本)俺 ちょっと寝ようかな。
(市川)えっ?

照明 そこだけつけとくから。

見終わったら
適当に帰っちゃって。

玄関の鍵 開けっぱでいいから。
じゃあ おやすみ。

(松本のいびき)

何?

抱け~!

私を このベッドで 抱け!

そして 付き合え。
よろしくお願いします。

私 シャワーとか浴びなくても
全然 大丈夫なんで。

よろしくお願いします。
(松本)彼女いるから。

ナイトパック!

マンガンジーじゃなくて 万華鏡。

今でしょ。 ヘヘ… どうすん?

フウキにホウキしたら
絶対 駄目。

[そして われらが南原支配人と
私 増田も]

(香川)おっ!
「パーフェクトサントリービール」?
(堺)です
パーフェクト!!!

糖質ゼロがホントにうまいか
想定内か さて

んー!!!
断然うまい!!

<新「パーフェクトサントリービール」誕生>
圧倒 的

(缶を開ける音)
プシュッ! プシュッ! プシュッ!

♬~
(ビールを注ぐ音)

<金麦ザ・ラガーーー!

ラガーー-!

ラガーー-!の 新>

エリちゃん 僕たち
今日で 付き合って 1年だね。

実は エリちゃんに
見てほしいものがあって。

(ほしの)これ。
昨日 入れちゃいました。

どうかな?

ケンジ君。
(ほしの)何?

別れよう。

えっ?

(あいなぷぅ)
ケンジ君 別れてほしい。

えっ。

これ どうする?

エリちゃん
僕は 別れたくないです。

エリちゃんのこと好きだし

左腕のエリちゃんも
大切にしたいんで。

(あいなぷぅ)私 少し前から
別れたいって思ってて

だから ごめんなさい。

じゃあ どうして…。

もう少し早く
言ってくれなかったんですか?

あと 1日早かったら

シールで済んだかもしれない。

たった 1本の電話で
助かった命です。

ケンジ君 ごめんなさい。

(ほしの)罪の意識はないんですね。

じゃあ エリちゃん お願いです。

あと半年だけ付き合ってください。

僕は もう
このタトゥーのせいで

二度と 温泉に入れない体に
なってしまいました。

草津出身なのに。

お願いします。

ごめん。 もう無理だから。

じゃあ 他のエリって名前のやつ
紹介しろ!

はあ?

(ほしの)僕は もう一生
エリっていう名前のやつと

付き合います。
これを有効活用したいんで。

(あいなぷぅ)何言ってんの?

他に エリっていう名前の
知り合いなんて いないから。

じゃあ もう エリザベスも可!

もう エリーゼとか
エリツィンとかでも いいです。

オール オーバー ザ ワールド。
ねっ!

これだったら どう?

ケンジ君 誰でもいいって 最低。

ってか いたとしても
紹介したくないから。

さようなら。

(ほしの)
あっ ここに 一本入れれば

「エツ」も いける。

川島さん 気になった芸人さん
いましたか?

そうね。 最近…。

ちょっと 今までと違う
相席スタートが見れて。 ただ…。

そうですね。

舞台 『こどもの一生』に
出演いたします。

1990年に 今を切り取った作品
として誕生し

何度も上演され続けてきた
傑作戯曲です。

新たにアップデートされた
『こどもの一生』に

ぜひ ご期待ください。

一番気に入った 芸人を
選んでいただきたいんですが…。

いいですね。

それは なぜ 相席スタートが?

印象に。
でも…。

それは もう ぜひ…。
でも 面白いかも。

ケイちゃんと海荷ちゃんで
そこに 山添が入るっていうのは。

(小沢)ただ あいつ…。