突然ですが占ってもいいですか?SP【芸能人衝撃告白!美川はるな&オリラジ藤森】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

突然ですが占ってもいいですか?SP【芸能人衝撃告白!美川はるな&オリラジ藤森】[字]

美川憲一(秘)遺産と恋愛&はるな愛20歳年下の彼▽オリラジ解散危機&藤森(秘)失恋▽親友元アスリート伊達&陣内&益子(秘)本音▽芸能人大家族▽春の鎌倉最強開運巡り

番組内容
今回は、エハラマサヒロファミリー、伊達公子&陣内貴美子&益子直美、オリエンタルラジオの藤森慎吾、美川憲一&はるな愛が、ガチで占われる!元トップアスリートの伊達&陣内&益子を占うのは、巫女(みこ)の血筋を持つ天星術の開祖・星ひとみ。藤森とエハラ一家を占うのは、数意学や琉球風水で運勢を見るシウマ。美川&はるなを占うのは、東洋占星術と神通力を融合した帝王占術で鑑定する木下レオン。
番組内容2
まず占われるのは、エハラマサヒロファミリー。夫婦&5人のきょうだい、総勢7人がシウマにガチで占われる。「浮気の気質が入っている」と言われたエハラは、妻&子供の目の前でどんなリアクションを見せるのか!?

次に占われるのは、伊達&陣内&益子の3人。「私たちには子供がいないんですけど、子供には恵まれない運命だったんでしょうか?」という単刀直入の質問に対し、星の占いは…?

またレオンに占われたのは、
番組内容3
美川&はるな。「20歳年下の彼がいるですけど…」というはるなに対し、レオンが導き出した占い結果は!?

そして、オリエンタルラジオの藤森はシウマに「29歳で結婚の予定だったはず!」と言われ「1回プロポーズしてるかも」と回答。「田中みな実さんですか?」とシウマに聞かれた藤森は、食い気味に「全然違いますよ!」と否定する。

『突然ですが占ってもいいですか?2時間SP』に、乞うご期待!
出演者
【フォーチュンウォッチャー】
沢村一樹 
水野美紀 
みちょぱ(池田美優) 

【占い師】
木下レオン 
星ひとみ 
シウマ 

【ゲスト】
エハラマサヒロ 
伊達公子 
陣内貴美子 
益子直美 
美川憲一 
はるな愛 
藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 
満島真之介
ご案内
【公式HP】
https://www.fujitv.co.jp/uranattemoiidesuka/ 
【公式Twitter】
https://twitter.com/totsuzen_uranai  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/totsuzen_uranai/
スタッフ
【企画】
春名剛生 

【プロデューサー】
坪井理紗 

【総合演出】
渡辺剛 

【演出】
久延雅一 
松清弘卓 

【広報】
高橋慶哉 

【制作協力】
EpocL 

【制作著作】
フジテレビジョン

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 木下
  2. シウマ
  3. 満島
  4. エハラ
  5. 藤森
  6. 美川
  7. ホント
  8. お願い
  9. 陣内
  10. 特徴
  11. スタッフ
  12. 伊達
  13. 益子
  14. 鎌倉
  15. レオン
  16. 結構
  17. 失礼
  18. 千鶴
  19. カワイイ
  20. リセット

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(藤森)俺…。

あ~…。

(スタッフ)ちなみに…。

(はるな)よろしくお願いします。
(美川)どうも… 怖いわ このカメラ。

(陣内)私 ホントに…。

(星)やりたかったはず。
(陣内)誰にも言ってない。

(伊達)それ 絶対 ないです。

(池田)ヤバい。
今日は 癒やされるやつだ。

(沢村)0歳児も入ってますよ。
生まれたてですよ。

(千鶴)杜羽君 手 挙げたよ 今。

(木下)鎌倉最強の開運巡りを
お伝えしたいと思います。

(木下)昔は 大仏さんの前に
みんなが行っていた お寺が

2カ所 あったんです。

カワイイ。

(美羽)江原 美羽です。 11歳です。
(風羽)江原 風羽です。 9歳です。

(音羽)江原 音羽です。 7歳です。

(羽汰)うた…。
(エハラ)羽汰 3歳です。

≪江原 杜羽 0歳です。

江原 千鶴です。
(エハラ)エハラ マサヒロです。

39歳です!

(水野)そんなに 年も
離れてないから お子さんたち。

長男 3歳!

3歳の子が。

(スタッフ)どんなことがありますか?

(美羽)もう 風羽…。

「やだ」か!

(千鶴)ある? ない?

カワイイ!
かわい過ぎる。

ヤバい。
今日は 癒やされるやつだ。

最年少。

0歳 面白いな。

あっ! シウマさん。

(エハラ)こんにちは~。
すいません。 お願いしまーす。

(シウマ)シウマといいます。
(エハラ)お願いします。

大丈夫? シウマさん 子供…。

慣れてない感 すごい。

子供慣れしてない感じだね。
子供 慣れてない感じ すごい。

カワイイ。

ほらっ もう…。
もう 走り回ってる。

僕の鑑定方法なんですけど
お名前と 生年月日

あと 携帯電話 下4桁 足した
合計数字で 見ます。

(千鶴)大変 大変。

(シウマ)誰から いきますか?

杜羽君から いくの!?
杜羽君から いく!?

(シウマ)杜羽君。

へぇ~。

(エハラ)そう。
めちゃくちゃ… まさに そうよね。

(エハラ)やっぱり…。

みんなに笑うよね。

≪かわいくなんの? 杜羽君。

≪杜羽 今
めっちゃ カワイイ男子。

(シウマ)いきましょうか。

ずっと 何か 飲んでる。
おしっこしたくなっちゃうよ。

ていう特徴を持ってます。

好きなんですけど…。

(エハラ)そう。 で その…。

(エハラ)なあ!

(シウマ)何か すごい…。

(シウマ)ていう特徴。

(沢村・水野)へぇ~!

(エハラ)いいですか。

オトと。

(エハラ)ちょいちょい…。

(シウマ)一番…。

カワイイな~。
へぇ~ 面白いな~。

とかっていう。
≪ホント そうやわ。

ていうのがあって。
(千鶴)あ~…。

(千鶴)そう。 分かる。

ちょっと 今の時点で。

そうだよね。 11歳だもんね。

(エハラ)だって…。

て言ったんですよ。

(シウマ)ていうの…。

ていう。

かな?

(シウマ)結構…。

て思うとき あるもんね 美羽もね。

(シウマ)
ていう数字なんですけど…。

(シウマ)ちょっと…。

あ~…。

(シウマ)実は。

全部。

(エハラ)そやんな。

ねっ。

いないですか? よかった。

ていう数字なんですけど…。

すごい。

(シウマ)だけど…。

(シウマ)ていう特徴を持ってるの
この18っていう数字なんで。

ためてない? とか…。

(エハラ)
ずっと 言ってるんですよ。

逆に。
(エハラ)あ~ そうですか。

(シウマ)
ちょっと 入ってるんですよ。

ていう特徴を
持ってるんですけど。

(エハラ)みたいな。

あ~ そっか。

(シウマ)いきますよ。

え~!?

「ちゃんと 嫌われてる」!
そんなこと 言わないで。

(シウマ)でもあるんですよ。
(エハラ)そうなんですか。

てだけで見ると…。

(シウマ)
とかっていう特徴 あるんですよ。

(シウマ)ていう形なんで…。

今…。

と思って。

ほんなら…。

(シウマ)ていう特徴。

(シウマ)ちょっと…。

(エハラ)ホントに。

(シウマ)これ…。

(シウマ)ていう特徴
あるんですよ。 なので…。

(エハラ)へぇ~。

(シウマ)もう ホントに…。

そうなんですか。

(美羽)そうじゃん。

「パパ」って。

そうですか。

(シウマ)て言ったら…。

(エハラ)はい。

(シウマ)ラベンダーカラーです。
(エハラ)紫。

いや 癒やされた。

女の子たち…。

見られてたりね。

ちょっと 今回 逆に…。

たぶん…。

風羽ちゃん…。

(スタッフ)よろしくお願いしまーす。
(はるな)よろしくお願いします。

(美川)どうも…。

(はるな)怖いよね。

(はるな)重ねない…。
(美川)あんた…。

(スタッフ)ちなみに…。

でも ホント…。

て思うんですよね。
(美川)でも…。

(美川)どうも。 初めまして。

きた~!
出た~! レオンさん いった!

出た~! レオンさん いった!
レオンさんなんだ!

(木下)まずは

私の占いは
四柱推命 九星気学 神通力

帝王占術で 見ていきます。

えっ!? 美川さんと?

(はるな)
ホントに そうなんですか?

(はるな)え~! ホンマですか?

はい。

(木下)いいですね。

(木下)そしてね…。

(木下)そうですか?

だから…。

と思ってたんです。

(木下)あとは…。

もう その…。

(木下)
あと1つ 言うぐらいであれば…。

(はるな)すごい。

(はるな)そう?
(美川)どっちかったら…。

(木下)実は…。

意外!
何か しっかりしてそうなのに。

バレてますね。

(木下)だから…。

だったんじゃないかな
っていうのは 思いますね。

(美川)もう それで…。

(木下)ただ…。

そうです…。

(木下)いや だって 出てるもん!
だいたい…。

見てくださいね。

あ~ ちょっと まあ…。

ホンマですか!?

(木下)やっぱり もちろん 今…。

えっ!? ヤバい。

まだ…。

(はるな)え~!?
(木下)あとは…。

(木下)ここが 一番悪い。

(木下)なぜかっつったら…。

(はるな)私…。

すっごい 優しい。

え~? ていうか もう…。

♬~
(高畑)頭痛い…
《バファリン 効いてくれるよね》

《でも 眠くなると困るな…》

(姪)おねーちゃん?
<バファリンAは

眠くなる成分が 無配合なんです>

いたみは止める わたしを止めない
♬~《ぴんぽん》

♬~
(新垣)《いままでの柔軟剤は 着るときには

香りが変わってた》
<そうなんです>

《香り変わらず続くのは

ただひとつ?
<「アロマリッチ」だけ>

おんなじだ

≪「アロマリッチ」 白の「アロマリッチ」 生まれた≫

え~? ていうか もう…。

(はるな)例えば…。

(木下)うん。

と思ってる。

(はるな)
好きになる人って。 だから…。

(木下)だって…。

(美川)でもね 結局はね…。

でも それぐらいは いい
っつったって それが 結局はね…。

(はるな)うわ~。
(美川)あんた…。

(木下)結婚をしたい?
(はるな)はい。

(はるな)えっ…。

「覚悟が必要よ」

だったんじゃないかなと思います。

(木下)やはり これは…。

あ~ そう。
(木下)はい。 なんで…。

すごい そういう性格ですから。

て言われて。

(木下)美川さんは…。

(美川)どっちかっつったら…。

精神は。

(美川)でもね…。

(木下)
男っぽいです。 でも その…。

(木下)そしてね…。

ていうのを 持ってます。

(木下)え~。
(美川)だから もう…。

(木下)ただ まあ…。

(木下)ただし…。

ていうのが出てるんです。
(美川)あ~ そう。

(木下)それが これから先
よりよく 楽しくいける

法則であるというのが。

(美川)あるかね。

(木下)絶対 売ったら駄目ですね。
(美川)分かりました。

(木下)入ってくると思いますけど
入ってきたら 戦わないと…。

(美川)ただね…。

て思うのが…。

でも…。

養子…。

え~?
(木下)ことし 動けば

ご縁が よく来るというの
出てます。

てこと…。

だって その話を聞いたときの
美川さんの顔 見た?

すごかった。

でも はるな愛さんとか
そういう 面倒を見るのが

好きってことじゃないですか。

オンエアしたら 絶対…。

今回は レオンさんが
人気の観光スポット 鎌倉で

実は 知られていない
開運 鎌倉巡りを

教えてくれるそうです。

私は 分からない。

そうそう そうそう。

どうもね…。

いいね~ 海。

(木下)来ましたね 鎌倉!
(満島)鎌倉 来ました!

(木下)ですよね。

(満島)そうなんだ。

(木下)現在 鎌倉には 150以上の
神社仏閣があるんですが

その中の…。

(木下)お伝えしたいと思います。

ご存知ですか?損保ジャパンなら
事故対応のプロが 24時間365日

あなたのそばにいます

すぐに対応いたします
のでご安心ください

その数なんと 約1万人

わかりやすくすると こんな感じ

すごっ!
当然のことです

あっ ですよね すみません

この万全の体制こそが
損保ジャパンの事故対応力

その先にプロがいるから

安心で選ぶなら
自動車保険は 損保ジャパン

(木下)現在 鎌倉には 150以上の
神社仏閣があるんですが

その中の…。

(木下)お伝えしたいと思います。

(木下)特に 春の鎌倉は
桜シーズンで 最高ですよ。

(満島)いいですね。

(満島)を頂ける?

(木下)昔の人が ここから
スタートされてたんです。

(満島)へぇ~!

(満島)そうなんですか。

(満島)江戸時代ぐらいから
そういう巡り方だった。

(満島)最高じゃないっすか。

怖っ!

(木下)ここから まずは
鶴岡八幡宮に向かいます。

しぐさも
師匠っぽくなってきてるね。

(満島)
でも 何か いいですね。 この…。

(木下)小町通りですが…。

(満島)なるほど!

(満島)曲がって進む。
(木下)小町通りを 右に曲がって

すぐに出てくる こちら!

(木下)この 鶴岡八幡宮に続く
長い参道を歩いて

本殿へと 向かってほしいんです!

(満島)
もう これだけで… いいですね!

(木下)この参道 長くないですか?
(満島)結構 長いですよ。

(木下)
気付きましたね。 そうなんです。

(満島)はぁ~!
そっか そっか そっか そっか。

(木下)七里ヶ浜から スタートして
由比ヶ浜まで 歩き

この参道を通って

鶴岡八幡宮に
向かっていたんです。

(満島)レオンさん…。

(満島)参道でもあり 産道。
(木下)そうです。

(満島)それか…。

(木下)それ 最高ですね。
(満島)それが たぶん 一番いい。

(満島)うわ~ すげえ!

(木下)ここは ホント 鎌倉の中でも
ちかっぱ 気がいいんですよ。

(満島)いや 感じます。

(満島)レオンさん
八幡宮も よく聞くんですけど…。

(木下)そして…。

(満島)
名前は 聞いたことあります。

(満島)僕も 家の近くにも あるし
よく聞くんで。

(木下)満島さん…。

(満島)あれっ?

(木下)御祭神である…。

(満島)導いてくれるんだ。
(木下)導いてくれる鳩なんですよ。

(満島)大好きですよ 僕。

(木下)そして 鳩のサブレーが
できたみたいです。

(満島)分かりました。

(満島)こっちに
ちょっと 入ってきただけで。

(木下)源 頼朝が亡くなった後
妻の 北条 政子が

頼朝を 永遠に愛します!
と誓い 造ったのが

こちらの 白旗神社なんです。

(木下)勝負運から 家族運まで
頂けちゃいますね。

(満島)最高じゃないですか。

(満島)僕は もう…。

(満島)ほぉ~…。

(木下)その2つのお寺と
大仏さんで ワンセット。

(満島)うーん! なるほど。

(木下)まず 1つ目のお寺では
願い事を思う前に

リセットをしたいと思います。
(満島)リセット?

(木下)その2つのお寺と
大仏さんで ワンセット。

(満島)うーん! なるほど。

(木下)まず 1つ目のお寺では
願い事を思う前に

リセットをしたいと思います。
(満島)リセット?

(木下)ということで
鶴岡八幡宮から 歩いて 10分

円応寺に向かいます。

(満島)また 何か
すごいとこに来ましたね。

(木下)こちら 創建1, 250年
鎌倉時代からある お寺なんです。

(満島)はぁ~!

(木下)こちら…。

(木下)みんな…。

(木下)ちょっとしたことでも。

(木下)日々の生活は もちろん
人生で 後悔してることなど

閻魔様に
全部 聞いてもらいましょう。

してる してる!
いっぱい あるな。 待ってるよ!

(木下)満島さん…。

(木下)さあ リセットが
終わったところで 続いては

決意表明です。

(木下)円応寺の次は

こちら…。

(満島)うわ~ 奇麗!

(木下)決意表明を聞いてくれる
仏様が いらっしゃるんです。

(満島)すごいな~。

(満島)すごいな。

(満島)今 ちょっと…。

(木下)そうなんです。

(木下)笑ってる顔や 優しい顔
そして 怒ってる顔など…。

(満島)うわ~ すげえ!

(木下)そして…。

(木下)そして…。

(木下)言えませんね。

(木下)見てください。

(満島)そうですね。

(木下)そのとおりです。

(満島)お~ なるほど。

(満島)うわっ すげえ!

(満島)へぇ~!

(木下)そして…。

(木下)では
決意を掲げた この状態で

大仏様の所に 行きましょう!

(木下)長谷寺から 歩いて 5分。
高徳院さんですね。

(満島)来ましたね。

(木下)さて 来ました。

(木下)ちなみに 満島さん
ご存じか 分かりませんが

この大仏様…。

(満島)はぁ~!

(満島)あ~ なるほど!

(満島)すごい!
(木下)素晴らしい!

(満島)すごい!

(木下)
前のめりになってるんですよ。

(満島)なるほどね。

(木下)大仏様の方から
受け取って 感じましょう。

(木下)自分の決意が 無事
かなうように お願いしましょう。

(木下)江戸時代 330年以上前から
ある 「力餅家」さんの…。

(満島)あんこ 大好きです。
(木下)ただ…。

(木下)お疲れさまでした。

行ったんだ!
しかも 何か クレープみたいな。

カワイイの 食べてる。
ホント!

何か こう…。

お弟子さん…。

もう ホントに…。

続いては オリエンタルラジオの
藤森 慎吾さんが

占ってもらったそうです。
なるほど。

だって 今 相方さんは…。

(スタッフ)失礼しまーす。

お~! 近い! そんなに!?

そこじゃないですか?

それから…。

(藤森)よろしくお願いします!
藤森です。

(シウマ)どうぞ。
(藤森)ちょっと 緊張しますね。

よろしくお願いします。
(シウマ)僕の鑑定方法ですけど

お名前と 生年月日 あと 携帯電話
下4桁 足した 合計数字で

見ます。

お願いですから!

何か 1対1だからね
ドキドキするな。

(シウマ)ただ…。

(シウマ)とかっていう特徴を
持ってるのが…。

そうなんすけど…。

(シウマ)本来。

(シウマ)で あと…。

まあまあまあ そうですね。
ホントに 僕…。

ちなみに…。

めちゃめちゃ 当たってる!

(藤森)そんとき…。

そのたびに…。

認めた!
認めましたね。

と思ってましたからね。

あ~ ごめんなさい。

(藤森)相方の番号ですよね。

ていう特徴を持ってるのが…。

ていうのが 特徴なんですよ。
(藤森)でも そうですわ。

(藤森)でも
それがあったから 結構…。

(シウマ)でも…。

そうですよね。

そういう決断…。

ていうところまで…。

なので…。

あ~。

そうだな 確かに。

へぇ~。

(シウマ)先ほど 言ったみたいな
目標としていることが だいぶ…。

確かに…。

て言ってましたもんね。

(藤森)あれも 結局…。

シウマさん…。

へぇ~! 面白い。

とか
あったかもしんないですけど。

ていう特徴があるんですね。

だから…。

だけど…。

シウマさん!
でも 俺 結構 そうなんすよ。

(シウマ)結構 好きだと思います。
(藤森)そんなことまで 分かる!?

(シウマ)あと…。

ていうタイプなんで 藤森さんが。
なので…。

そうかもしれないですね。

お願いします。
(シウマ)タイミング ありますよ。

(藤森)あ~…。

そうじゃなくて…。

(藤森)何ていうか…。

(シウマ)で…。

おっ! 2023年。
(シウマ)いい結婚しやすいタイミング。

(シウマ)えーっとですね…。

5が付く人がいいんですね。
メモってもいいですか?

(シウマ)これ そのまま…。

へぇ~! そうなんですか。
(シウマ)特に…。

なるほど。

ちょっと待ってください。

みたいな。

その可能性があると!?

えっ?

(シウマ)でも…。

いろんなこと
あると思いますけども。

(藤森)ちょうど 10個下。

1998年…。

ことし ある?
(シウマ)24歳 29歳は ありますね。

あ~ そういう意味のね。
(シウマ)ちなみになんですけど…。

(藤森)今は これも…。

こういう…。

(シウマ)ただ…。

いや 正直ね…。

ふわふわした こういう 犬の…。

ちょっと じゃあ…。

(シウマ)で…。

そんな…。

(シウマ)結婚に つながるような
人との出会いに…。

何だろ? まあ…。

もちろん こう…。

どうなのかな? っていうのは
思ってるんですけど。

(藤森)うーん… なるほど。
(シウマ)そこで…。

へぇ~!
苦手だな やりたくないな。

(シウマ)それを…。

(藤森)ちなみに…。

(シウマ)ただ…。

すごい! めっちゃ 目立つ!

何で 急に…。

藤森さん。 面白かった。

世界ランク4位!

(スタッフ)失礼しまーす!
(伊達)こんにちは。

(益子)はぁ~!

あ~。

陣内さんに関しては もう 私は…。

そうだよね。
最初 だから…。

(陣内)あとは…。

私が 先に引退してて 取材して。

どう…。
(伊達)なるのかなと。

でも それを…。

(伊達)でも それを だから…。

いった! 星さん。

(陣内)ホント 何言われるか…。

≪失礼します。
(星)よろしくお願いします。

(星)よろしくお願いします。
星ひとみです。

(陣内)ホント 何言われるか…。

≪失礼します。
(星)よろしくお願いします。

(星)よろしくお願いします。
星ひとみです。

(星)それでは 早速 占いさせて
いただきたいと思います。

(星)私の占いが 天星術という
占い方で 今の状態

過去の流れが どうだったか
細かく見ていきたいなと思います。

お~。

いい 悪い。

上から言われたりとか…。

じゃあ…。

(星)陣内さんの場合…。

(星)陣内さん ちょっとね…。

分かります。 もう。

らっきょ… 何か…。

ていう感じだよね 私。
(星)で…。

(星)
それが もう ちゃんと入ってて。

(星)合ってます?

(伊達)すごーい。 今…。

(星)で…。

(星)それこそ ホントに…。

(星)「行きましょう!
行きましょうね」

(益子)例えば…。

とか…。

(星)いいとか はやいとか
駆け抜けるっていう気だから…。

(星)ここは…。

へぇ~!

結構 そうなんです。 似てる。

(星)で…。

お願いします。
(陣内)もう ホントに…。

いいじゃん。

(星)でもね…。

トレーニングの道具には
なるから。

(星)1人の世界。 感覚。

(陣内)3人で
寝るもんだなと思ってたら

「じゃあ 私は こっちで」って
布団 ばーって引いて

ふすまが閉まって
2人 残されて…。

(益子)川の字でね 寝る予定…。
(陣内)寝ようと思ってたのに。

それは もう…。

(星)で ちょっと…。

分かります?

あっ! はい。

(益子)確かに ホントに…。

(星)それこそ ホントに…。

(益子)何か…。

と思ってたんですよ。

(益子)普通はね…。

(星)でも 基本は…。

ていうのを…。

て思うことが ずーっと…。
たぶん…。

私 もう ホントに…。

(陣内)で 結局…。

(陣内)と思って…。

(星)例えば…。

嘘!?

(星)で…。

(星)何か もう…。

(星)まったく…。

(伊達)ていう…。

(伊達)ていうことは…。

子供… 何かね…。

(星)だからこそ…。

(星)でね…。

(星)あっ 違うの。 あの…。

4人の占い師それぞれが
あなただけの 運がいい日を

教えてくれます。

(星)あっ 違うの。 あの そこの…。

結婚の気だとか ホントに…。

(星)で ただ これが…。

(星)そうなの。 そこの…。

(星)で たぶん…。

(星)あとは…。

へぇ~。
もう とにかく…。

すごーい!
ねえ!

でもね 益子さんが…。

体質なんですって言うけど…。

みたいなプレッシャーでしょ!?

たぶん…。

いや 無理!

(スタッフ)失礼しまーす。

(スタッフ)失礼しまーす!
(辻上)いよいよ 始まりますね。

(澤)それで…。

(女性)子供がいた方が
いいってことですよね。

相性だけを見てほしい
ご夫婦や パートナーも 大募集。

どんどん 応募してください。