沸騰ワード[字]さよなら、とき!!青森に取り憑かれた王林が春の弾丸旅~りんご娘卒業編~…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沸騰ワード[字]さよなら、とき!!青森に取り憑かれた王林が春の弾丸旅~りんご娘卒業編~

青森に取り憑かれた王林が相棒ときと春の青森穴場スポット巡り…青森県民が愛する激ウマ麺「中みそ」&話題のサーモン爆食!さらにりんご娘卒業で母校凱旋歌唱サプライズ!

出演者
【司会】設楽統(バナナマン)
【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)
【進行】岩田絵里奈(日テレアナウンサー)
【パネラー】朝日奈央、カズレーザー(メイプル超合金)、窪塚愛流、佐藤栞里、滝沢カレン、出川哲朗      
【VTR出演者】王林、とき、井桁弘恵 ほか
番組内容
①青森に取り憑かれた王林&ときの弾丸旅
春の青森がアツい!青森県民がこっそり楽しむ穴場スポット&グルメを青森在住の王林と名物ドライバーときが地元人脈を駆使して巡りまくる!津軽で愛される激ウマ麺「中みそ」って?星野リゾートの青森らしい○○風呂も!最後にまさかの卒業サプライズで王林&とき涙

②大好評!図書館司書
ネット検索でも分からない、どんな疑問も解き明かす図書館司書がカズ&松丸からの激ムズ疑問に
監督・演出
【企画・演出】水嶋陽
【プロデューサー】笹木哲
【統轄プロデューサー】新井秀和
【チーフプロデューサー】秋山健一郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ディレクター
  2. 高田
  3. GOMA
  4. 今回
  5. 大将
  6. 青森
  7. ホント
  8. 王林
  9. ハハハ
  10. キレイ
  11. スタジオ
  12. 佐藤
  13. 最高
  14. サーモン
  15. ヤバ
  16. 出川
  17. 卒業
  18. 朝日
  19. イェ
  20. ジョナゴールド

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



過去の放送回も
いつでもどこでも見られます>

<今夜も 我々の…>

<今回は…>

<王林…>

<さらに…>

…するな。
気になった。

<まずは!>

<今回 先日…>

<…を受け>

(ディレクター) …とのことです。

<やって来たのは…>

<すると…>

(ディレクター) 失礼します。

(カズレーザー) あ~!
(日村) 重大発表 そういうことね。

(王林)
今回 着て 登場しました。

<青森が生んだスター…>

<彼女は これまで…>

<…など>

<その あふれ返る青森愛で…>

<…して来た>

…といったところですかね。

<先日…>

<…ことを決意した>

いかない いかない いかない。

<今回
りんご娘 卒業に当たり

9年間の…>

<…をバンバン巡る!>

<すると…>

<ここに…>

ジャン!

(ディレクター) 中みそ!

この香り!

ジャ~ン!
(ディレクター)めちゃくちゃおいしそう。

でしょ! もう…。

<鶏がらダシに赤みそを加えた
濃厚スープに…>

<青森県民が愛するニンニクを
これでもかと投入>

こりゃ…。

<もやしとキャベツは山盛り!>

<王林は そこに唐辛子ベースの
辛みそをトッピング>

<昭和44年に生まれて以来

県民に愛され続ける
ソウルフード>

いただきます。

この縮れ麺も最高。

みそラーメンに この縮れ麺
っていうのがいいんです。

<そして わずか10分で>

あ~!

ごちそうさまでした。

(佐藤) いや ホントに。

…的なものなんでしょうね。

窪塚君 どうでした?
好きです。

窪塚さんのとこの
息子さんだもんね?

そうですね。

おいしかったです。
≪はい どうも≫

ありがとうございます
最高でした。

<デパートの…>

よかった! うれしい!

(ディレクター)
ときさんじゃないですか!
来ちゃいました!

(ディレクター) 今回も!
はい!

<…を務める りんご娘・とき>

(ディレクター) ここ…。

(ディレクター)
…のお話 聞きましたから。

そうなんです。

だって…。

(笑い)

<今回…>

<…を とき号で巡る>

多分…。

…の所に行きたいと思います。

(一同) え~!
(滝沢) 何だろう?

<これまで 冬の名物…>

<初夏の焼きウニなど

さまざまな青森名物を
紹介して来たが…>

<今回…>

<…を紹介してくれるという>

<その名物は 十和田湖に程近い
雪山の中に>

(ディレクター) それはそうと お2人。

また…。

ハハハ…!
言い出しっぺです。

(とき) …ではあったんですよ
卒業っていうのを。

…っていうのが 今回の
タイミングだったっていうだけで。

<元々 女優志望のとき>

<その夢をかなえるため
グループの卒業を決意した>

っていうのは…。

…だなって 最後 思いました。

(とき) 着きました。
着いた!

到着~! ここ ここ!

(とき) うわ いる~!
いっぱい いる!

<雪山の…>

じゃあ…。

じゃあ…。

まぁ 待ってください。

よ~し!
(とき) よいしょ よいしょ!

準備完了です。

(とき) いる! そこにいる。
そこにいるよ。

(ディレクター) 後ろに 後ろに。

こっち来てる こっち来てる。

捕れた 捕れた!
ヤバい ヤバい ヤバい!

キャ~!
(ディレクター) うわ~!

(とき) 何? 何? 何?
捕った 捕った! はい どうぞ!

(ディレクター) 来ました! 王林さん!

これ…。

サーモン 捕れた!

<そう ここは 青森の新名物…>

<…の養殖場>

<すると その…>

<…し 育てることで

サーモン特有の…>

私 上手ですか?
(とき) タァ!

(ディレクター) 大丈夫? ときさん。

≪そうそうそう…≫

こうなるね。

(とき) あ~!

<一体…>

こちら…。

(とき) イェ~イ!
(ディレクター) こちらで?

<デビューしたてで まだまだ…>

<中でも このお店には
紅サーモンのうま味を生かした

とっておきの食べ方が>

(大将) サーモン。

ジャ~ン!

(拍手)
イェ~イ!

立派でしょ?
(大将) 立派だよ これは。

これね ここ…。

(とき) はい。
絶対 見える。

(とき) うわ~。
(ディレクター) キレイな色!

うわ~!
(大将) こんな感じ。

(朝日) キレイ!
キレイ!

あっ ほら!
(とき) サーモンだ!

サーモンだよ。

(とき:王林) うわ~!

(大将) これが トロの部分。
トロです。

(大将) お腹の部分ね。

(大将) そうそう…。

すごいキレイですよね。

(大将) はい お待たせしました
紅サーモンのお刺し身です。

お~!
(とき) うわ~!

(とき) キレイ!
(大将) 最高ですよ 今日のは。

(とき) キレイ ホントに。

…があって。

(ディレクター)
サーモン 塩レモンで行くんすか?
(とき) そうなんです。

<脂のりのいい紅サーモンは
岩塩で味を引き締め

レモンで さっぱり
いただくのが とき流>

(笑い)

(大将)
脂が しつこくないんですよね。

口まで いつま~でも残らない
さらっとした脂が特徴。

<続いて 大トロを使って…>

うわ~ 来ました!

<あぶりトロ寿司に>

(大将)
もう 脂が強いから バチバチ…。

うわ いい香り!
(とき) すごい輝いてる!

(大将) これにね…。

(大将) 脂が強い分
これで さっぱりと。

(とき) 青森県って感じだ。

(とき:王林) うわ~!
(ディレクター) めっちゃうまそう!

この りんごおろしポン酢と
りんごのせが

これが たまらないんだよねぇ。

じゃあ いってきます!
(大将) いってらっしゃい!

(スタジオ:佐藤) 入れた瞬間?

(スタジオ:岩田) あぁ すごい。
(スタジオ:朝日) うわ おいしそう。

<融点が低く 上質な脂は

舌の上にのせるだけで
溶けてしまうほど>

(ディレクター) え!?

(ディレクター) そうなんすか!
(とき) そうなんです。

でも…。

いってらっしゃい!
いただきます いってきます。

<小学4年生から ずっと
一緒だった友と…>

フフフ…。

(ディレクター) どうしました?

(とき) え~ やめて!

(とき) はい 来ます!

(ディレクター) 紅サーモンの季節に
必ず帰って来る。

(佐藤) 今…。

どこかで…。

…っていうのは感じましたね。

(佐藤) 再会してほしいですね。
(日村) あれ ステキ。

(ディレクター)
いつも乗る時 めっちゃ元気。

でも…。

…が広がってる。

<その工場は…>

<…が楽しめ 今後>

(とき) 着きました。
(ディレクター) 着きました?

そうなんですよ。

うわ! GOMAさ~ん!
(とき) GOMAさ~ん!

(一同) うわ~!

こちらになりま~す。
(ディレクター) うわ すげぇ。

うわ! GOMAさ~ん!
(とき) GOMAさ~ん!

久しぶり。
(とき) お久しぶりです。

(GOMA) どうぞ ようこそ。
あっ GOMAさんです。

ここは
元々 工場だったんですけど。

(GOMA) 今は コロナで入場を
制限されてるんですけども

落ち着いたら いろんな人に
来てもらえるような

場所になってもらえたら
うれしいなと思ってます。

<青森出身の…>

<油性ペンを使って描き上げる

緻密過ぎるアートが 話題を呼び

世界を舞台に活躍>

<青森の美術展に出展される
こちらの作品は

なんと…>

<…の価値になるという>

(一同) え~!

<青森の…>

<…など 地域活性にも
ひと役 買って来た>

<その…>

(とき) かわいい!
最高じゃない?

(ディレクター) すごい これ既存の
スニーカーにペイントされてる?

(GOMA) そうですね とか
あとは 粘土で立体を作って

描いて行ったりとか。

(GOMA) ハハハ…。
お~! え~ そうなの?

たまたま…。

…とかをしてたんですね。

(ディレクター)
ホントに青森のシンボル。

そうですね。

えっ えっ えっ…!

<卒業を記念し…>

せ~の ジャン!

めっちゃかわいい!
(とき) かわいい!

(GOMA) 弘前のね 桜をイメージと

何か猫っぽいなっていうので。

え! 王林 イメージして…。

せ~の!

お~!
とき うさぎちゃんだ。

(とき) かわいい!
(GOMA) 何かヒマワリかな。

(とき) え~ うれしい!
ときっぽい!

(とき) ありがとうございます。

自分で?

お~!
(ディレクター) なるほど。

<相手のことを思い
お互いに色を塗る>

はい どうぞ。

<すると 2つの…>

せ~の 合体。

(とき) ホントだ~!
ここ りんごだ。

2枚で1つ。

はい。
はい。

(GOMA)
ご卒業おめでとうございます。

ありがとうございます
頑張ります。

初め ゲッソリしてんなと思った
ちょっと。

りんごのあれなのよ。

(日村) GOMAさん!

<続いては…>

(2人) イェ~イ!

ちょっと もう…。

…な宿の温泉だと思われます。

<これまで…>

<日本海に面し 夕暮れ時…>

(ディレクター) プクプクってしてる。
湧き出てる。

<世にも珍しい…>

<青森県内の…>

<そして 今回は…>

ここ 大鰐っていう
場所で

町じゅうに いっぱい
ワニの銅像とかが置かれてる

かわいい町だよね。

あっ!

もう待ってくれてる。

…でございます。
(ディレクター) すごい!

<青森には
星野リゾートグループ のお宿が3軒>

<中でも 和の快適さを追求した

この温泉旅館には…>

確かにね。

そう。

(ディレクター) よく知ってますね。

うわ~ いいねぇ!

これ ここで 津軽三味線の
演奏してくれたりとか

季節ごとに見せてくれる
青森の顔があります。

(佐藤) うわ~。

<そして…>

うわ~!
(とき) お邪魔しま~す。

フフフ 見てください。

最高!
(ディレクター) すごいな。

照明とかも これ
ブナコっていう伝統工芸品。

ホントに
青森が詰まってるんです。

(とき) いいねぇ~。

せ~の!

(2人) うわ~!

(とき) 気持ちいい!

布団も最高。

星野リゾート…。

(出川) ハハハ!

(とき) 何で そうなるの?

<果たして…>

オープン!
(とき) うわ~!

(ディレクター) こういうことですか!

やっぱり! うわ 量がすごい!

そうなんです…。

(ディレクター) すごいな!

<これぞ…>

(とき) 気持ちいいね。

<…で リラックス効果が>

<青森のりんご農家では
出荷基準に満たないもので

りんご風呂を楽しむことも>

…も 青森の木で

ヒバの木なんですよ 県木です。

いい香りしてる
正体なんですよね。

で この景色も見れて。

(とき) いいねぇ。
ねぇ。

青森尽くしの温泉なんですよ。

予想以上の量だったね。

…ぐらいあったよね。

あれだったらね。

(出川) は 元々…。

…のおかげなのよ。
どういうこと?

(スタジオ:出川)
…の星野リゾートさん。

あれから もう大好きになって…。

ズブズブ!?
(出川) これは…。

…がありましてね。
(とき) はい。

行きたい。

<実は…>

うわ~!
見えてる?

(とき) 久しぶりだ。

あぁ~。

<2人の…>

<3年間 青春時代を過ごした
学びや>

<ここを…>

うわ~ 懐かしい。
(とき) ねぇ!

<と…>

え~!

(とき) うわ~! 先生!

<王林と ときが
学校に来ると聞き付け

当時の先生が待っていてくれた>

(竹谷さん) いやぁ…。

着替えました。
着替えました。

かわいい!

(竹谷さんの声)
高校の時と同じ 5年前と一緒。

(ディレクターの声)
すごいかわいい制服ですね。

(王林の声)
「制服かわいい」で有名 聖愛。

うん する!

(ディレクター) こっち 学食ですか?
(2人) そう!

うわぁ…。

(とき) ホントだ。

(ディレクター) 何すか? それ。

<聖愛生が…>

あ~ こんにちは!

(とき) こんにちは!
え! ってか すごい!

ハハハ! かわいいから大丈夫。

ねぇ これ!
ヤバい。

うわ~。
こんなのあるの?

いいね。

おいしそう!
これに勝てる唐揚げはない。

<聖愛生が こぞって食べる
鶏の唐揚げ チキンボー>

(とき) ありがとうございます。

ごちそうさまでした。

(2人) うん。

チキンボー あれ…。

…なのが あるんだね。

うらやましいよね。

…とかが人気だった。

<さらに…>

せ~の! ジャ~ン…。

(ディレクター) うわ~。
うわ~お。

(とき) すご~い!
あ~ 変わんない。

(とき) 礼拝堂!

懐かしいね。

…ここ。
(とき) 来たね。

<これまで
さまざまなシチュエーションで

歌って来た2人>

<今回 番組から

あるサプライズを
用意しているのだが>

(ディレクター)
あ! いらっしゃいました。

(スタジオ:設楽) 2人で。

(2人) ハハハ…!
何?

…を歌わせていただきます。

(扉が開く音)

<さらに!>

(小栗)誕生
♬~<プレモルの最高峰>
(缶を開ける音)プシュッ!

<醸造家の果てしない夢を>

この一杯に!

<「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」>
ワ~オ

(缶を開ける音)プシュッ
(店員)カツカレー大!

(ビールを注ぐ音)

(おじさん)おばちゃん カツカレー

<「金麦ザ・ラガー」の新!>

(扉が開く音)

(ジョナゴールド) ちょっと待てよ!
(彩香) 待ってください!

うわ~!

(ジョナゴールド) 最後ぐらい
一緒に歌わせてくれよ。

ハハハ…!

ありがとう。

<りんご娘の…>

<サプライズで登場>

改めまして…。

うれしいよ もう。
イェ~イ。

(ジョナゴールド: 彩香) はじめまして!

ちょっと今日は…。

(とき) ありがとう。
ヤバっ え? え? え?

あんまだな… 何でだよ。

違う! 歌う。
(笑い)

(ディレクター)
歌わせてあげてくださいよ。

<4人の…>

♪~

♪~

♪~

せっかくならさ…。

♪~

♪~

(朝日) かわいい。
うわ~ 小っちゃいね。
♪~

♪~

♪~

…ではありますけども。

…だったと思うので。

ハハハ…。

やめろ。

(ジョナゴールド) 後ろ向かないで!

やめてよ!

ホントに?

(彩香) 何か…。

…って
歌いながら 改めて思いました。

でもあるし…。

…なって思いました。

ホントに…。

頑張って。
はい。

♪~

ありがとうございました。
ありがとうございました。

(ディレクター) え!?

どういうことですか?
だって…。

(笑い)

(ディレクター) 続くんですか?

はい ありがとうございます。
ありがと!

(拍手)

やっぱり…。

…からね。
そうなんです。

(朝日) 感動して。

お互いの気持ちを言い合ってたり。
(滝沢) ここに来て…。

逆に。

…は ちょっとありますね。

…と思うし。

<図書館司書とは…>

<…専門職>

<中でも
以前 当番組で取材し…>

<そこで…>

<向かったのは…>

(井桁) 今日は2回目ですが…。

<早速 その人物が待つ

県立川崎図書館へ>

いらっしゃった~。

(高田さん) ご無沙汰してます。
ご無沙汰してます。

あ! あ~…。

(小池さん) ご無沙汰してます。
お久しぶりです こんにちは。

<こちらが…>

<その部下の…>

<前回 取材した際>

「なぜライオンの口から
水か湯が出ているのか? 由来は」。

あ あ あ!

(高田さん) …と書いてあります。

<全国から寄せられる
ネット検索では見つからない

疑問の答えを
バシバシ見つけてみせた>

<そして今回…>

おぉ~!

「コーンスープの発祥
歴史について教えてほしい」。

(小池さん) 『スープの歴史』
っていう本もあったり。

「先住民は コロンブスよりも
前の時代から

トウモロコシでスープを作っていたこと
などが記載されている」。

「エビをゆでると
なぜ赤くなるのか」。

バ~!ってやっちゃって
そしたら…。

(小池さん) 透明に戻って
元気に育ってました。

戻るんだ。

そんな気にならないですか?

いや…。

そういうのを…。

(笑い)

<ここ…>

<高層建築や進化論
化学薬品まで

実に…>

<そんな 厳選されまくった
本の中から…>

今回…。

ぜひ 解いていただけたらなと
思って。

<今回…>

どうも! 謎解きクリエイターの
松丸亮吾です。

あら!

答えが…。

…じゃないですか。

ルーツが。

逆に これが分かると もっと…。

ということで。

確かに 考えたことなかったな。

知ってます? ちなみに。
いや 全然。

いや~ 確かに。

<お祝いに…>

♬~ルックプラス
(主婦)あっ…フチ裏

洗いにくいのよね
♬~ (新津)それなら

洗いにくい所も 泡におまかせ!

「泡ピタ」! 《ヒミツは

密着泡 60秒後に流すだけ》

《便座も床も》
♬~「泡ピタ」! 《新発売》

♬~
(長澤)頭痛との戦いが続く中「バファリン」は

プレミアムが最終形
かと思われましたが

出たんです
<「バファリンプレミアムDX」>

<鎮痛成分20%増量>

<眠くなる成分無配合>

《いたみは止める わたしを止めない
ピンポン》

<お祝いに…>

ん? ここは…。

(高田さん) …なんですけども。
百科事典?

へぇ~ 植物の…。

(高田さん) そうですね
いきなり行くよりは

まず こういうもので…。

へぇ~ すごい…。

(高田さん) それがね…。

<百科事典で…>

<…作戦>

(高田さん) ハナタ…。
ハナタデ ハナタバコ。

ないんだ。

<と…>

あ~。

(高田さん) ブーケ。
おっ!

(高田さん)
「紀元前六〇〇年ごろ

古代ギリシアでは
神々を象徴する花を定め…」。

なるほど。

「違うよ!」 ハハハ…!

大きく言えば…。

ちょっと この記述だけでは…。

(高田さん)
…って本がありましたよ。

花束の歴史もありそうな気が…。
(高田さん)あるかもしれないです。

<すると…>

(高田さん) ありますね。

822と エジプト75 76。

(高田さん) 関係あるんですかね。

「一家の女性や

園丁たちは その花をつんで
花束をつくり…」。

え~ エジプトで?
へぇ~。

ホントだ!

え~?

(高田さん) 何千年か前ですよね。

すごい…。

そうですね。

<これを…>

5分ですか?

でも やっぱ…。

高田さんが…。

今の時代…。

(佐藤) んですけど やっぱり…。

それが うれしかったです。
(窪塚) 結構 僕…。

…なんですよ。

何 渡していいか
分からないんですけど。

…とか言われるから。

(笑い)

<謎解き王を撃破し

続いての疑問は この人から>

あ!
(日村) 出た!

<果たして…>

…と思って。

これ…。

これは ちょっと…。

<確かに…>

じゃあ ペットショップの人も
分かんなかったんだ。

<意外にも 動物ではなく
新書の棚へ>

<すると いきなり…>

おっ!

猫の肥満っていうのが。

あ あ あ… ここ!

おっ おっ。

あとちょっとなんだけどな。

<書庫に行って
手当たり次第調べるも…>

おっ まだ… 死んでない。

<すると…>

(小池さん) 見てないですか。

(朝日) そうそう! 何か…。

<そして…>

(高田さん) 探しましょう。

<それは…>

<この中に…>

(スタジオ:出川)
ドラマ化 あるんじゃない?

お~ 何かある!

『ねこの肉球診断BOOK』。

<次回は…>

<お楽しみに!>

『ねこの肉球診断BOOK』。

すごい!

(高田さん) …とかありますよ。

「弾力がない」とか
かなり近くないですか。

で ここに「虚弱体質」
っていうことは やっぱり…。

…っていうことですね。

<猫の肉球は 弾性繊維と
呼ばれるタンパク質と

脂肪から出来ており そのため

痩せた際には脂肪分が減り
肉球も痩せると考えられる>

(岩田) …やっぱり 改めて。

ありましたよ。

<TVerでは
番組の最新話を無料配信>

<見逃しを防ぐ お気に入り登録も
忘れずに>

<そして Huluでは

本日の放送も 過去の放送も
配信中>