有吉ゼミSP▼ギャル曽根VS最強アスリート▼激辛VS竹内由恵▼那須川一家最終回[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉ゼミSP▼ギャル曽根VS最強アスリート▼激辛VS竹内由恵▼那須川一家最終回[字]

デカ盛りVSアスリート軍団!演歌界新星・辰巳ゆうと参戦▼超激辛VSもう中&M!LK▼歌手・瑛人の片付けすぎ生活▼那須川天心弟・プロデビューへ密着1003日最終回

出演者
【教授】有吉弘行
【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根、佐藤満春、きつね
【ゲスト】赤井英和、瑛人、那須川天心、那須川龍心
【ロケ出演】中田大輔、吉田えり、U字工事、加地亮、辰巳ゆうと、大自然、竹内由恵、曽野舜太、もう中学生ほか
番組内容
▼チャレンジグルメ
①特大ジャージャー麺VSトランポリン中田&野球吉田!U字工事完食なるか?
②超巨大肉オムライスVS加地&演歌・辰巳ゆうと&大自然が爆食
③超極辛カオマンガイVS竹内由恵アナ&M!LK曽野&もう中初参戦!ニセBIGBOSS大奮闘!

▼片付けすぎ芸能人
①瑛人が自宅公開!やりすぎ掃除術
②家事に大奮闘!赤井英和夫婦

▼密着1003日!那須川ファミリー 弟・龍心ついにプロデビュー
監督・演出
【企画・総合演出】橋本和明
制作
【チーフプロデューサー】秋山健一郎
【プロデューサー】横澤俊之、安彦真利江
【制作協力】えすと、AXON、極東電視台
おしらせ
有吉ゼミはTver&Huluでも見逃し配信中!
水曜7時からの姉妹番組「有吉の壁」もぜひご覧ください!

ジャンル :
バラエティ – 料理バラエティ
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. 曽根
  3. 龍心
  4. 蛯原
  5. 有吉
  6. 瑛人
  7. ギャル曽根
  8. 赤井
  9. 到達
  10. 頑張
  11. スタッフ
  12. 福田
  13. 曽野
  14. 大津
  15. 天心
  16. 佳子
  17. 今日
  18. 竹内
  19. 水卜
  20. 中学生

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(水卜) 『有吉ゼミ』。
(有吉) 開講!

<これまで 数々の
デカ盛りグルメを制覇して来た

ギャル曽根>

(ギャル曽根) 今夜は…。

…の方々が来てくださいました
この方たちです!

(中田) どうも。

今日は…。

<…として出場>

<全日本選手権では

前人未踏の
7連覇を達成>

<…が参戦>

<さらに>

<を武器に…>

<…が参戦>

<以前…>

<…に挑み>

(益子)
ありがとうございました。

<見事…>

<U字工事・益子が
再び完食を目指す>

<やって来たのは
本格中華のお店…>

<ギャル曽根を…>

(店員) お待たせしました。

(曽根) すごい!

<その量 なんと…>

<まずは
もっちもちの中華麺を

巨大な皿に 所狭しと盛り付ける>

<その量 なんと…>

<大量の そぼろを

たっぷりの甜麺醤と合わせ

ピーマンや パプリカとともに
じっくり煮込んだ…>

<…をなみなみと>

<千切りきゅうりも
たっぷり添えれば

これだけで 食べ応え抜群…>

<さらに
ここから 大量トッピング>

<甘辛~く
3時間 じっくり煮込んだ

極厚 とろっとろ豚角煮を…>

<カラっと揚げた…>

<ピリ辛マヨネーズソースを
たっぷり つけた…>

<豚の肩ロースを しょうゆダレに
ひと晩 漬け込み

オーブンで じっくり焼き上げた
チャーシュー>

<これをカットし 器の周りに

なんと…>

<仕上げに トマトを添えれば

中華料理が夢の共演…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

(一同) いただきます!
(福田) 頑張れ!

(曽根) チャーシュー。

いただきます。

あっ! あっ おいしい。

<さらに>

んっ。

<絶品中華の数々に

箸が止まらない挑戦者たち>

<だが>

<そう
序盤に立ちはだかるのは…>

<さらに…>

<合計…>

<だが 大食いクイーンは>

<大量の豚肉が
あっという間になくなり>

(曽根)
チャーシュー 終わりました。

<1.2kgに到達>

<…と言うと
ギャル曽根を上回るペースで

チャーシューを減らして行く

日本…>

今日は もう ホント…。

(福田) カッケェな。

<現在…>

<…を行っている
中田>

<日々のハードワークを
乗り切るため…>

<見る見る
豚肉を減らして行き>

(曽根)
中田さん めっちゃ減ってます。

<豚肉をほぼ制覇し…>

<…に到達>

<今日のために 1週間 毎朝…>

だから 今 デューズは…。

ごめんなさい。

(益子) 飛ばして行きます。

(スタジオ:有吉)
モト冬樹さんね あと。

<ホームページで やる気ある
芸人を募集したところ…>

(福田) 立ち上がり いいね。

<自分たちが
憧れの芸人ではないことを

あらためて痛感し
落ち込んだそうだが

今日こそは…>

(福田)いいぞ!

<ギャル曽根を超える…>

<…に到達>

<一方 食べるの大好き…>

<大好物の角煮から 豪快に>

(曽根) すごっ!

<トライアウトの末…>

<屈強なアメリカ人に
負けないよう…>

<…を食べていた胃袋は健在>

(曽根) 着実に減ってる。

<…に到達>

<だが ここで 挑戦者たちに
思わぬ…>

(曽根) もう たぶん…。

<そう 実は この中華麺

大量のネギを きつね色になるまで
揚げて こした…>

<食べ応え抜群!>

<だが ギャル曽根>

(曽根) 油が絡んでるから
だから ちょっと…。

いただきます。

<…で 麺を食べ進める
大食いクイーン>

(福田) おぉ~ すごい!

<麺が面白いように減って行き>

(益子) 早過ぎる!

<…に到達>

<…と ここで
吉田が>

(曽根) 巻いてください
そしたら できます。

(吉田) 行きます!

<…を うまく利かせ

ギャル曽根…>

<…で食べ進める>

<…に到達>

<一方 益子も手を止めない>

俺 この間…。

大相撲の。

<そう 以前…>

<一緒に挑戦し…>

(一同) おぉ~!

(天空海) ごっちゃんでした!

<見事…>

…っつって
チュロス ごちそうになって。

<実は 天空海と…>

<「一緒に…」>

<…と誘われている益子>
(曽根) すごい。

<今日は
ギャル曽根を打ち破り…>

(福田) おぉ すごい。

(スタジオ:水卜) えっ 何か すごい。

(曽根) すごっ!

<…に到達>

<一方 中田も懸命に食べ進める>

そうですよ。

…と言われ。
アハハハ。

<そう 中田は この番組で…>

<…ことが発覚>

<だが>

(曽根) おめでとうございます!
ありがとうございます。

今日は ちょっと…。

…と思ってます。

(福田) おっ すごい!

<バイオリニストの奥様とは…>

<中田の…>

(笑い)

<つらい時
いつも…>

<…を見せたい>

<具材を ほぼ制覇し…>

<…に到達>

<3人が2.5kgに迫る

ハイレベルな戦いに>

<そして この後
大食い猛者たちが…>

これ すごいな。
すごい。

<開始30分
3人が2.5kgに迫る

ハイレベルな戦いに>

<だが ここで…>

<そう そぼろあんが

甜麺醤を通常の3倍…>

いや~。

<そんな中…>

<子供の頃…>

<食べていた益子>
(福田) よし 行け!

<大好きな味噌ベースの
そぼろあんに むしろ…>

<…に到達>

<一方 ギャル曽根は>

<超濃厚そぼろあんで
まさかの…>

<…と>

(スタジオ:有吉) 出たよ。
(スタジオ:水卜) さすが過ぎる。

<ギャル曽根の…>

<そぼろあんを減らして行く>

<…に到達>

<その隣で>

(曽根) まだまだ!

<中田の勢いも衰えない>

<実は>

カズさんとか
スキーの葛西さんとか

ああいう路線…。

(福田) おぉ~ すごい。
(益子) ヤベェ。

(曽根) すごい!

<…を続けて来た 中田>

(曽根) すごい!

<大食いでも 諦めずに
食べ続けることで…>

<…に到達>

<だが ここで…>

何か…。

(中田) えっ ちょっと待って。

(店員) 自家製の…。

<麺の下から出て来たのは

上新粉に チャーシューを
混ぜ合わせた生地を

20分間 蒸した餅>

<これを
油で カラっと揚げると…>

<これには 中田も>

(スタジオ:矢作) いや~ 最後 これか。

<一方
いまだ 箸を止めない 益子>

<何やら スマホを取り出すと>

栃木の隣の…。

俺に…。

よっしゃ ぷーちゃん。

(福田) いいぞ 猫パワー。

<一方 麺と揚げ餅を
交互に食べ

着実に 完食に近づいて行く
ギャル曽根>

<果たして…>

≪すごっ≫

(福田) 頑張れ!

(中田) すげぇな。

(スタジオ:有吉) 頑張れ。

(スタジオ:水卜) 頑張って。

(福田) 頑張れ!

<大食いクイーン その隙に>

(スタジオ:水卜) 余裕過ぎる。
(スタジオ:有吉) すげぇ。

(曽根) あと 肉味噌だけです。
(福田) 余裕あるなぁ。

<残りの そぼろあんも
大口で一気に>

(福田)
あぁ 曽根さんが終わりそう!

(吉田) すごいな。

(中田) すげぇ すげぇ すげぇ。

(福田) もう あと ひと口ですね。

(スタジオ:有吉) お見事! すごい。

<ギャル曽根…>

<そして>

≪2・1

終了です≫

(スタジオ:有吉) 益子!

<…に終わった>

<成功の…>

(店員) 杏仁豆腐です。
(曽根) ありがとうございます!

<ちなみに…>

いや すごい 素晴らしい。

坂上さん いかがでしたでしょう?
(坂上) あらためて…。

…と思ったんですけど

ジャージャー麺 ありますよね。

行けます!?
(笑い)

えぇ~!

見たことないサイズの
餅が出て来たんで。

華大さん いかがでした?

(笑い)
追っ掛けない!

(博多大吉) 気になる。

やってみますか!
(博多華丸) ぜひぜひ ちょっと。

<を武器に…>

<その運動量から
キングカジとも称された…>

<…が参戦>

<さらに>

♪~

<で 人気を博し…>

<そして>

(ロジャー) ポップコーンか… えっ?

(しんちゃん) 考えるぐらい…。

ヤバい はじける!

ポンポン ポンポン…!
うわうわ うわうわ…!

<先月…>

<この勢いで…>

<…したい

大自然・しんちゃんが参戦>

<やって来たのは…>

<ギャル曽根を…>

(店員) お待たせしました。
(加地) えぇ!

≪デカっ!≫
≪すごっ≫

<その量 なんと…>

<で炒めた 大量のご飯に…>

<…を しっかりと混ぜ合わせる>

<これを

なんと…>

<ふわっふわの
スクランブルエッグで

包み込めば…>

<さらに…>

<白ワイン 香草
ブイヨンスープで

丸一日かけて 煮込んだ…>

<豪快にトッピング>

<お皿の隙間も 野菜やチップスで
埋め尽くせば…>

<…が完成>

<総重量は 驚異の…>

(一同) いただきます!

<この後 大食い猛者軍団が

ギャル曽根を追い詰める>

おぉ!
すごい!

(一同) いただきます!

(曽根) うわ すごっ!

うん!

(曽根) もう
プリプリとかじゃ ない エビ。

≪ジューシー 確かに≫

<さらに>
(曽根) うわ。

いただきます。

(スタジオ:有吉) すげぇ。
うん!

(しんちゃん)
うめぇ~ いや マジで うまい。

<まずは 巨大スペアリブから
食べ進める ギャル曽根>

(スタジオ:有吉) あんな軟らかいんだ。

<開始 わずか1分足らずで>

(スタジオ:水卜) 早っ 奇麗に取れた。
うん!

≪おぉ!≫
≪えっ!≫

<そのままの勢いで
序盤からハイペースで食べ進め>

≪うわ すげぇ≫

<…に到達>

<一方…>

≪あぁ 加地さん 男らしい≫

(曽根) あっ!

<そう 巻といえば>

<これまで 数々の
チャレンジグルメに挑戦し…>

<驚異の…>

<…として君臨>

いやいや…。

今日は…。

<大好物だという
肉料理を中心に

無心で かぶりつき

開始10分>

(曽根) すごっ! いつの間に。

<ギャル曽根に並ぶ…>

<…に到達>

<しかし

もっと すごかったのが この男>

(曽根) えっ?
≪うわ ホントだ 早っ≫

<ギャル曽根をも はるかに
しのぐペースで食べ進める…>

(辰巳) …から 連れて行かれてて。

その時から もう…。

今日 じいちゃんに…。

<デビュー前は…>

<…日々を
過ごした辰巳>

<そんな孫を
気に掛け…>

<その恩返しに 今日は
カッコいい姿を見せたい>

(曽根) えっ!

<ギャル曽根を大幅に超える…>

<一方…>

(ロジャー) いいね。

したんですけど…。

もともと。

(笑い)

行こう。

(スタジオ:有吉) もったいないな。

<…するほどの
人気を誇っていた 大自然>

<すでに 大活躍している
同期たちに…>

<…の大柄な体格を生かし

豪快に食べ進め…>

<…に到達>

<と ここで 加地が…>

何ですか? これ。

(店員) そちらは…。

<そう
巨大オムライスに かけられた

チーズクリームソースには…>

<…を大量にトッピング>

行けちゃったんですけど
やっぱ…。

<そんな中>

(曽根) えっ?

(曽根) おぉ~。

<そう 実は 加地
引退後は…>

<…を 奥様と
二人三脚で経営>

(加地) いただきま~す!

<お店の経営は 奥様の担当で

スタミナ自慢の加地は 専ら…>

<デカ盛りでも そのスタミナを
遺憾なく発揮>

<スプーンを止めることなく
食べ進め…>

<…に到達>

<だが さらに
勢いが止まらないのが

スタートダッシュを切っていた
辰巳ゆうと>

行かれてるじゃないですか。

<そう 最近…>

(氷川) おいしいですよ。

<現在は 同じ事務所の先輩で

レコード大賞の授賞式では

辰巳のために
涙を流してくれたという>

いただきます。

うん!

<そんな大先輩の背中に
一歩でも近づくため

食べ進め…>

(辰巳) 結構 来ましたよ。
(曽根) すごっ!

<…に到達>

(曽根) ごめんなさい。
何てこと言うんですか。

いや でも…。

<この後 ギャル曽根が…>

うわ ちょっと すごいぞ。

(梅沢)やっぱ王道だわ~
(缶を開ける音)プシュ!

(大久保)何をごちゃごちゃと…
(缶を開ける音)プシュ!

(グラスの音)カチン!
<サントリー「こだわり酒場のレモンサワー」>

(沢村)あーうまい 「金麦」のオフ

(戸田)そのうまい
どれくらいうまいかというと…

えっと…
ブブー!
えっ?

糖質オフなのに 金賞受賞するほどうまい
あ…書いてあった…

<「金麦」のオフ>

おめでとうございまーす
うまい!

♬~ (上戸) 健康には免疫力

歯には抵抗力が大切です

でね…歯の抵抗力は

フッ素で高められるんですって!

ということで

コレッ!「クリニカ」アドバンテージ!

≪高濃度で 高密着フッ素処方≫

≪フッ素が 歯の抵抗力を高めて
むし歯を予防する≫

フッ素入りハミガキは

♬~「クリニカ」
≪アドバンテージ≫

歯には 抵抗力を 《ワンピースキャンペーン 実施中!》

<…に挑む
演歌界の大食いプリンス 辰巳>

<の出現に
ギャル曽根も ついに…>

<辰巳に並ぶ…>

<…に到達>

<2人による…>

<その頃 大自然・しんちゃんは>

(ロジャー) 行けるな。

頑張ろう 俺たちさ…。

やめてくれ。
(ロジャー) ごめんなさい。

<すると>

(しんちゃん) はい。

<発動!>

<それでも 開始35分

加地 しんちゃん
共に 2kgを突破>

<と ここで 今まで
順調だった辰巳に…>

(辰巳) めちゃめちゃ
おいしいんですけど。

<…に加え

時間がたつにつれ
豚バラ肉の脂が

ライスに染みわたり

挑戦者の…>

(スタジオ:有吉)
いや ホントだ ほら 出てる。

(辰巳) お腹が。

<すると>

…だと思うんですけど。
(曽根) 大丈夫ですか?

<しかし この作戦が功を奏し
再び ペースアップ>

(曽根) すごっ。
≪さすが≫

(曽根) えぇ~!
(辰巳) あと これだけなんです。

<そして>
(曽根) おぉ~。

えっ オムライス!

<ギャル曽根も…>

<果たして…>

(スタジオ:水卜) せっかくだから
完食してほしい。

(スタジオ:有吉) 何ちゅう顔してた?

<ギャル曽根…>

細かめに切って食べよう。

<残った 豚バラ肉は

細かく切って 一気に>

(スタジオ:有吉) さすがで~す。

うん!

<ギャル曽根…>

<そして>

≪2・1 終了です≫

(曽根) 惜しかった。

<…の結果に>

<気になる…>

(店員) お代が無料と
イチゴのティラミスになります。

(曽根) うわ~! かわいい!

<ちなみに…>

今回も お見事でございました
曽根ちゃん。

やっぱ…。

と思ってたら…。

すごいなと驚きました。
今後 楽しみかもしれませんね。

きつね いかがです?

あぁ そう。

(大津) あの オープニング の小道具
あれ たぶん…。

そんな やってんの? あれ。

いろんな小道具 あるんですけど。
あぁ そう。

<挑戦するのは>

よろしくお願いします。

<以前…>

<…に挑み>

(淡路) いただきます!
≪頑張れ!≫

<汗だくになりながらも 見事…>

<きつね・淡路が 今回も

BIGBOSSに扮し 参戦>

(竹内) はい。

<5月12日 木曜
夜9時 放送の

超不思議な間取り図の
謎に迫る番組

『見取り図の間取り図ミステリー』で
進行役を務める…>

<…が参戦>

<さらに>

(曽野) よろしくお願いします。

<今 中高生に大人気
人気俳優 佐野勇斗も所属する

5人組ダンスボーカルグループ
M!LKの最年少で

4月から…>

<…が参戦>

<そして>

(もう中学生) どうも~。

♪~

<普段 激辛は
あまり食べないが

いつか…>

<…が参戦>

<やって来たのは
東京・神楽坂にある…>

(一同) お願いします。

(店員) お待たせいたしました。
(竹内) うわ~。

うわ 何? これ。

<まずは…>

<たっぷりの…>

<…の粉末を大量投入し

真っ赤に染め上げれば…>

<続いて 鶏肉は…>

<…を これでもかと大量に>

<辛さを中まで
しっかり染み渡らせた…>

<ニンニクや
ショウガとともに

タイの激辛唐辛子
プリッキーヌを

丸ごと3本 ミキサーにかけた…>

<…を たっぷりと>

<怪しい見た目の…>

<丸ごと1個 トッピング>

<を加えた…>

<…を かければ

タイの定番料理が
真っ赤に染まった…>

<…が完成>

<果たして…>

≪(赤ちゃんの産声)おぎゃ~!
(助産師)おめでとう!

(息子)うぅ… 次 絶対勝つ。

(ナレーター)くらしの大事な 瞬間に。
(女子高生)ふぅ~

呼吸は 前へと進む力を与えてくれる。

(娘)…
(父)ふぅ…

進化した「ナノイーX」

水に包まれた小さなイオンで
家に 街に 清潔な空気を。

♬~ くらし 清潔 「ナノイーX」

(一同) いただきます。

<まずは 前回 完食したことで

ファンから
辛ラーメンの差し入れを

もらうようになったという
BIGBOSS>

(大津) 行ける? BIGBOSS。

(もう中学生)
すげぇ後から来てる。

<あまりの辛さに…>

<続いて…>

いただきます。

(スタジオ:有吉)
こういう人 強いよ 意外と。

<たった ひと口で…>

<粒が細長い ジャスミンライスが
キャロライナリーパーで

しっかりとコーティングされ
一粒一粒が超激辛に>

<…が 挑戦者に襲い掛かる>

<そんな難敵に
初のゴールデンで気合十分

M!LK最年少
19歳の曽野が挑む>

<あまりの辛さに…>

<そして 激辛初参戦で完食したい
もう中学生>

(スタジオ:有吉) 強そう。
(スタジオ:矢作) 意外とね。

鼻が… あ~。

<経験したことのない辛さに
手が止まる 挑戦者たち>

<そんな中 先陣を切ったのが>

今 やっぱ…。

(大津) よっしゃ。

(大津) 頑張れ BIGBOSS。

<実は 先日
BIGBOSSに楽屋に呼ばれ…>

<活躍を期待して…>

<…と>
BIGBOSS。

<竹内も…>

<だが ここで…>

<鶏肉に かかっている
特製ソースには…>

<に加え 大量の…>

<…が たっぷり>

<ミキサーにかけ
しっかり ブレンドした…>

<そんな中…>

<という 曽野は…>

<週末には…>

<今日は 絶対に…>

<とどろかせたい!>

<辛さには慣れないが…>

<…に到達>

<一方>

<あまりの辛さに…>

<「もう中」だが ある…>

…で 行けばいいと思う。

(もう中学生) そして…。

<どんな作戦かは
分からなかったが

実は…>

<長野の実家に帰った際は

いつも 父が…>

<自己流の…>

<そんな父に応えるべく>

(竹内) うわ 頑張って。
(スタジオ:有吉) 何だ これ。

(曽野) すごい。

<それでも…>

<その隣で>
はい。

<今回の…>

<そんな思いで 挑戦に
踏み切ったそうで>

(大津)
竹内さん すごいな マジで。

<まさかの激辛ハイに突入>

(もう中学生)
その域に行きたいな。

<…とばかりに 口に運ぶ>

<…に到達>

<だが ここで 曽野が…>

えっ?
何?

(多部・志尊・見上)新!
♬「キュキュット」
(見上)ついでに よろしく!

(多部)
あ~! 先にコップ 次にお皿で フライパン!

(志尊)姉ちゃん! 難しく考えない。

<この泡に 任せちゃえばいいんだよ!
汚れをギュッと包む! キュッと落とす!>

すっご!
キュキュッ!(コップをこする音)
<「キュキュット クリア除菌」>

(多部・志尊・見上)新!
♬「キュキュット」
(多部)《口つけるとこ 洗いづらい~!》

(見上)お姉ちゃん!?
清潔にしときたいのに~!

(志尊)ねぇねぇ そこ 頑張らなくていいよ。
えっ?

「キュキュット」の除菌泡で こすらず洗浄!

ラクすぎる…。
<クリア除菌 「泡スプレー」>

坂上さん いかがでしたでしょう?
曽野君ですか。

あの…。

期待させます そうです 確かに。

(矢作) あんなに
いいリアクションをする子はね 何か…。

あぁ なるほどね。

…とか 言いそうじゃない。

食べさせがいがあるよね
あの子はね いい いいね。

華大さん いかがでしょう?

「もう中」…。

…とか 言うんだ。
ハハっ! 言葉。

(大吉) ただ 見れば見るほど…。

ずっと 「もう中」
見てたんですけど…。

怖っ。

だから 謎は深まるばかり。

怖いです。
怖いのよ。

<…に挑む>

<だが ここで 曽野が…>

(曽野) うわ!
(竹内) えっ?

(スタジオ:曽根) あっ 食べた。

(スタジオ:矢作) ヤバいでしょ。
(スタジオ:有吉) ヤバいよ。

<ここまで食べ進めて来た
挑戦者の行く手を阻むのだ>

うん。

いただきます。
(スタジオ:有吉) もう怖がってる。

あっ あっ。

<だが>

(曽野) マジですか!
(もう中学生) うん。

<強敵の…>

あっ ヤバい ヤバい。
(淡路) 頑張れ。

<そのまま
まだ 誰も手を付けていない

生春巻きにも果敢に>

(スタジオ:有吉) バカだな ヤバいぞ。

<実は この生春巻き

激辛のカプサイシンソースが
たっぷり塗られ

具材とともに
刻んだプリッキーヌが>

<口じゅうに…>

<あと少しのところで
完食を阻むのだ>

<それでも 「もう中」は>

(曽野:竹内) 頑張ってください。

(大津) 行け 行け 行け。
(淡路) カッコいい。

<もう中学生 プリッキーヌ3本を
食べきるも

生春巻きの辛さに やられて
無念の…>

<超難敵の この生春巻きには
激辛ハイの竹内も>

<さらに M!LK・曽野も>

あぁ 来た。
<あまりの辛さに…>

<…と>

(大津) 曽野さん
何してるんですか? それ。

どうも M!LKの
佐野勇斗です。

正直 もう…。

(曽野) 頑張ります。
(もう中学生) 頑張れ。

<実は 4月から
Z世代クリエーターと 日テレが

タッグを組んだ番組
『Z STUDIO ひまつぶ荘』で

さらば・森田 佐野勇斗とともに
MCを務める 曽野>

<今日は 何としても…>

(スタジオ:水卜) 行け! 頑張れ!
(スタジオ:有吉) 一気に行っちゃえ。

ヤバそうだな。

(淡路) 中に 生の唐辛子あるから
気を付けて。

(スタジオ:水卜) 大丈夫?
(スタジオ:曽根) 大丈夫? 頑張れ。

<曽野舜太 激辛生春巻きに挑むも
無念の…>

<残るは 限界寸前のBIGBOSSと

涙が止まらない 竹内由恵>

<…と>

そして…。

それが…。

(淡路) いただきます!

(大津) あっ 行った!

(大津) 肉も行った。

(もう中学生)
カッコいい ホントに すごいよ。

(竹内) 行け 行け 頑張れ
決めてください。

(大津) 行った。

<残るは>

そして…。

いただきます!

うぅ!

ごちそうさまでした!
(スタジオ:有吉) すげぇ。

<きつね・淡路…>

<執念の完食>

<残るは 竹内 ただ1人だが>

<まな息子に
元気をもらい

気合の…>

(大津) 竹内さん すごいな。

カッコいい。
(曽野) カッコいい。

<残るは
強敵のプリッキーヌ2本>

<…と>

(もう中学生) なるほど。

(スタジオ:有吉) 行け。

おぉ! おぉ すごい!

食べました!
(もう中学生) すごい!

<竹内由恵…>

<成功の…>

(竹内) わぁ~。

<ちなみに…>

一番ね こういうの…。

(竹内) BIGBOSS?
(もう中学生) 泣かないで。

(大津) 輝いてる!

さぁ 続いては
片付けすぎ芸能人スペシャルです。

お越しいただきました。
お願いいたします。

<シンガーソングライター…>

(瑛人)
♪~ 別に君を求めてないけど

<大ヒット>

(スタッフ) 瑛人さん。
(瑛人) どうもです。

はい どうぞ。
(スタッフ) おぉ~ 奇麗。

(瑛人) 嫁です。
(スタッフ) 奥さん。

<奇麗な…>

<…を送っている>

<さらに キッチンも>

(スタッフ) うわ~ 奇麗なキッチン。

(スタッフ) あっ そうなんですか。

<そんな瑛人の…>

ここで いつも…。

いつも おしっこさしてくれて
ありがとう。

…って言いながら やってますよ。

<そう 瑛人は…>

いつも ありがとね。

<しかも…>

こうやって。

(瑛人) もう こうやってね。

こういうのだったら こうして。

アルコールでね
ほら こうやってやると。

それは…。

(瑛人) 一応 こんな感じで。
(スタッフ) おぉ~ 奇麗。

<アルコールと
キッチンペーパーで

何でもテカらせるのが瑛人流>

<実は 瑛人が…>

(瑛人) 当時…。

♪~

<この曲を作る間に
掃除に どハマり>

<妻と一緒に…>

<さらに スニーカーを
ベランダに運び出し>

OK これ…。

(アヤさん) アハハハ。
何が面白いの? そんなに。

<そんな 掃除に
異常な こだわりを見せる

瑛人だが…>

(スタッフ) 瑛人さん…。

(スタジオ:有吉) どこに入れてんのよ。

アヤが…
ここに置いといたほうが。

これも 名残です 完璧。

これとか これ…。

(瑛人) だって…。

全然 あと…。

<他にも…>

<実は>

(アヤさん) だから もう 何か
どんどん どんどん…。

<世にも珍しい性格>

<さらに…>

こういうふうに…。

その時に…。

(スタッフ) あぁ~ ペアにならない。

<オフの時は…>

<色だけでなく

長さが違っていても
気にせず はいているそう>

(スタッフ) 気にならない?

<さらに>

あと…。

<この後 掃除好きなのに収納下手
瑛人の…>

<…という
世にも珍しい性格の瑛人>

あと…。

<そこには…>

(スタッフ) これ 瑛人さんの部屋?
(瑛人) まぁ 一応 部屋ですね。

はい。

<脱ぎ捨てた服などが
部屋に散乱>

<床も荷物だらけで
足の踏み場もなく>

ちょっと…。

<徹底的に…>

<…というのが瑛人の考え>

(スタッフ) 瑛人さんの…。

(瑛人) はいはい はいはい。

(スタジオ:曽根) 足で。

(スタジオ:有吉)
あそこだけ奇麗だろうな。

(瑛人) これは 一応…。

右と左と で これ…。

もう1個 ホントは 貼った…。
(スタッフ) もう1個 どこ…?

ホントは こういう形。

<部屋中 貼る予定だった
吸音パネルは

途中で諦めたのか
部屋の片隅に放置>

<スペースがあれば 所構わず

何でも置いてしまう
性格のようで>

(スタッフ)これは?
(瑛人) あっ これは…。

<せっかくなので>

(瑛人) おぉ!

(瑛人) これは だから…。

(スタッフ) えっ それ
どこに置くんですか?

へぇ~ そうか だから…。

隠したりね。

これも さっきの…。

落ちて来ちゃって…。

アハハハ! あぁ そう。
(瑛人) はい。

せっかくのお家が。
(瑛人) そうなんです。

もう…。

すぐ…。

「おい!」 アハハハハ
ごはん… アハハ!

(笑い)
確かに。

こぼれちゃうんですよね やっぱ。

部屋で お掃除ロボット
こんなスペースで やって

お掃除ロボットに
「ありがとう」って言ってたじゃん。

お掃除ロボット…。

「ありがとうじゃねえよ!」。

「何にも やってねえよ!」
っつってますよ。

足で ポ~ンとやってさ
「ありがとう」っつって。

<の異名を持つ…>

<前回 その…>

(スタジオ:矢作) 泡だらけのね。
(スタジオ:有吉) アハハハハ!

<シンクは…>

<さらに…>

<結果>

<その…>

<そんな…>

<実は 最近 お小遣い欲しさに
さらに…>

<この日は>

<…作業を買って出た>

<…が>

(赤井) よいしょ。
(スタジオ:水卜) めっちゃ強い。

<段ボールを重ねるも>

(スタジオ:矢作)
結わくの大変 難しいから。

(スタジオ:水卜) これ 大変。

<ヒモが思いどおりに行かず…>

(スタジオ:有吉) いや 赤井さん…。

<…だけなのだが>

(赤井) あれ?

(佳子さん) まぁ…。

<続いて>

よいしょ。

(スタジオ:有吉) タオルは簡単。

よいしょ。

<実は…>

でもね。
うん。

(佳子さん)
シャツやろう シャツ。

<この日は…>

そう。

いいよ!

(スタジオ:曽根)
幼稚園児 褒める時と一緒。

そう。

そう そう そう!

ここ残して こう畳んで。
(スタジオ有吉) 親子だね。

そう。

そう!

かずくん できるんじゃん。

<そう 今 赤井は…>

(赤井) 佳子ちゃん この…。

(赤井) えぇ~!

もう
うち カーテンいらんのちゃう?

<そして この日の…>

佳子ちゃん。
(佳子さん) はい。

<マイ…>

<やって来たのは

なぜか 本屋さん>

すいません あの…。

…とか書いてるような本は
どこにあります?

…と思ってまして。

<妻として マネジャーとして…>

<赤井のことを
わが子のように…>

<佳子さんに
今日こそは…>

これ 何か おいしそうやな これ。

<…に決定>

<ということで
食材を購入しに…>

すいません。

(赤井) あっ あっち。
(店員) はい。

<さらに>

(赤井) ありがとうございます
たまねぎ。

(赤井) ありがとうございました。

<どんな人も…>

<ついには>

みじん切りっていうのは
まず半分にします。

こうなりますね
ここに こういうふうに

ナイフを薄く入れまして

次に 横に こういうふうに
それから こういうふうに切る。

(赤井) なるほど なるほど はい
ありがとうございました。

(佳子さん) おかえり。

(赤井) いや 何か…。

(佳子さん) 何に?

<この後…>

<…で 大変なことに>

熱いですよ。

<妻に 感謝の気持ちを込めて
ハンバーグを作る赤井>

(スタジオ:曽根) 怖いよ 頑張れ。

(スタジオ:矢作) 怖いよ。
(スタジオ:大吉) いや 怖い怖い…。

(スタジオ:有吉) やめてください もう
怖いですよ。

あぁ~。

<だいぶ…>

<レシピどおりに…>

(スタジオ:曽根) ボウルのところで
やればいいのに。

<…と ここで>

<タネを作った後
フライパンに投入するはずの

赤ワインや バター 油を

そのまま タネに投入>

(スタジオ:矢作) 一気に
出来上がるんだよ でも 焼いたら。

<赤ワインなどで
柔らかくなり過ぎたタネに

疑問を持ちつつも
焼いて行くと>

「赤ワインをふって
ふたをし…」 あっ!

バターも加える 最後。

<ということで…>

<さらに>

<そう 料理本には

フライパンの油を拭き取ってから
ワインを入れるという指示が>

<しかし 赤井は>

(スタジオ:大吉) 違うんすよ。

(スタジオ:有吉) 熱いですよ。

<赤井が 佳子さんのために
初めて作った夕食が完成>

(佳子さん) 何だろうね。
(赤井) かんでたら かむほど。

<佳子さんは それが…>

アハハハハハ!

ちょっと待って。

コショウじゃ ない。

(佳子さん) 知らない。

知らないけどさ…。

(佳子さん) でも あの すごい…。

最高ですね。

(大津) いや でも ホントに…。

うん ねっ。
(大津) ホントに…。

いや もう…。

ねっ! 赤井さん…。

(赤井) いや あれは。

(笑い)

いや 面白いね。
(赤井) いや まだ…。

してます。
あっ されてますか。

アハハ…。
いや でも…。

うらやましいなと思いますけども。

(大吉) 段ボール 結ぶの
難しいの分かるんですけど…。

それが もう ちょっと
面白過ぎて。

(華丸) あと…。

アハハハ!

(曽根) すてきだな。

<番組が 3年にわたり
密着して来た…>

<だが>

(龍心) あぁ~!

<そんな龍心を
変えてくれたのが>

(弘幸さん) 分かった?
(龍心) うん。

(龍心) うん。

(リングアナ) 残り30秒。

(リングアナ) ただ今の試合 3対0
青コーナー…。

<なんと…>

<そして…>

♪~

<果たして…>

(龍心) はい!

(スタジオ:有吉) すげぇ。
(スタジオ:水卜) 本当に すごい。

<そんなプロデビューに向け…>

(天心) 行ける 行ける 行ける…。

<実は 龍心のデビュー戦は

天心が ボクシングに転向すべく

所属団体 RISEを引退する
興行>

(龍心) 確かに。

<いよいよ 歩む プロへの道>

<成してほしい>

<この日は…>

(龍心) あっ!

(天心) おいおい おいおい。

いつもみたいに…。

とか言っても…。

それは もう…。

<付きっきりで指導する
天心だが 実は…>

<しかし
危険が伴う格闘技の試合>

<その…>

<…で たまらない>

<だが 龍心は>

やっぱ…。

<龍心は…>

(スタッフ) 今日 何かあんの?

(スタッフ) 発表記者会見?
(龍心) はい。

<試合に向けて…>

<…が行われるイベントで

会場には…>

<だが…>

(龍心) 俺ん中で。

<ということで 案を出しながら
ひたすら…>

<悩むこと…>

このチャンスを生かして…。

…なと思ってます。

<…に仕上がった>

<そして…>

<その…>

(笠原君)
応援 よろしくお願いします。

<この…>

(ゴング)

<キックボクシングのルールを
ベースに

投げ技や関節技も
ありとする…>

<…する笠原君>

<所属するジムは 過去に…>

<笠原君自身も 数々の大会で
実績を残して来た…>

<今回…>

そうですね。

<その夢に向かい…>

<笠原君が…>

<…として生まれた笠原君>

(笠原君) 2人とも…。

<そんな…>

(笠原君の声) いいとこ見せて…。

はい! はい!

<一方>

腹…。

あぁ~ いいね。

<背が高い選手は
手を構える位置も高いため

胴体が狙いやすいという>

<中途半端に使えば 相手の…>

<だが…>

<…を与えられる>

<格闘家としては 相手を恐れず
懐に入り込んで

一撃を決める勇気を
培ってほしい>

(天心) そうそうそう。

そういうふうに…。

<この日は…>

<高校は キックボクシングに
打ち込めるよう

友達とは違う道
通信制の学校を選んだ>

(龍心) おっ いいね。

<すると>

(龍心) 見てよ。

(龍心) いや 分からん。

(由美子さん) はい。

<そして…>

(スタジオ:有吉)
いや 大変だ 卒業式でも。

いや 別に…。

(スタッフ) あぁ そうなんだ。

それって たぶん…。

(龍心) 何でや ヤダ。

ふざけんな。

<プロ初勝利へ向け…>

(弘幸さん) おぉ~。

あぁ… あぁ。

<…始めた龍心>

<だが 兄のように…>

<家族内での あだ名は 弱心>

<番組が…>

普通に。

お前 何で?

(天心の声) いや オフ?みたいな。

それは 何でかって言ったら…。

(龍心) いや 絶対 勝つよ。

<そう 単純に クラスで
自分だけが持っていない…>

だから…。

<だが 間近で 天心を見るうち

世界チャンピオンとなった兄の
強さの裏には…>

<…があることを知った>

何か…。

<デザイナーの姉は
試合に向けて

キックパンツを作ってくれた>

やっぱ…。

<この日に合わせ…>

<会場は およそ1万人の
お客さんが入る…>

<龍心の試合も見たいと…>

<…が押し寄せた>

<これまでに…>

<いよいよ…>

してない してない。
大丈夫?

分かった?

分かった? 気 抜くな。

OK?

♪~

(蛯原) 超名門ジムの期待のホープ
笠原直希。

2人の兄が セコンドとして
応援に駆け付けています。

その武器は 驚異的なスタミナ。

とんでもない運動量で
相手を追い詰めます。

♪~

(蛯原) さぁ そして
那須川龍心の入場です。

これが 最強の兄 天心を目指し
6歳から始めた

キックボクシングの
プロデビュー戦。

♪~

(蛯原) かつては 試合に負け
悔し涙を見せたこともありました。

しかし 家族に支えられながら
たくましい成長を遂げ

とうとう この夢の舞台に。

(蛯原) 果たして この…。

<那須川龍心のプロデビュー戦>

<対戦相手は 異次元の
スタミナを誇る 笠原直希>

(ゴング)

(蛯原) さぁ 始まりました
赤のグローブが龍心。

(蛯原) 蹴り合った!

龍心 攻める! 決まった!

ナイス!

(蛯原) 龍心の右ストレートが
クリーンヒット。

(蛯原)
笠原 キック! 龍心も返す!

(蛯原) また 笠原 攻めた!
龍心も攻めています!

お互い 一歩も引かない
激しい展開です。

さぁ 龍心 練習して来た
ボディは出せるのか?

(蛯原) 龍心の右フック!

ここは お互い 空振りです。

(蛯原) 打ち合った! どうだ?

龍心 カウンターを狙いますが

逆に
パンチをもらってしまいました。

(蛯原)
さぁ やられた分を返せるか?

(蛯原) 龍心 パンチで行った!
決まった!

(蛯原) 龍心の左フックが
顔面に クリーンヒット!

(蛯原) 笠原が体勢を崩しました。

(蛯原) 龍心 どんどん攻める。

この隙を逃さんとばかりに
連続攻撃!

(天心) 腹だって! 腹!
腹だよ 腹!

(リングアナ) ラスト10秒。

(蛯原)
一気に畳み掛けて行きたい!

(天心) 腹! 腹! 左ボディ!

(ゴング)

<…に進めた>

<だが…>

<2分のインターバルを経て
どう仕掛けて来るか…>

(ゴング)
≪最初30秒 集中≫

≪最初30秒 集中≫

(蛯原) さぁ 第1ラウンドの
勢いのまま攻めて行けるのか?

(蛯原) ここは 笠原!
どんどん攻めて来ます。

龍心 返す!
しかし かわされます。

(弘幸さん) 龍 その後 下!
(天心) 最後 腹まで打とう!

(蛯原) 決まった!

(天心) ナイス ボディ!
ナイス! そう!

(蛯原) 練習して来た
左のボディがクリーンヒット!

しかし 顔に カウンターを
もらってしまいました。

(蛯原) 龍心 攻めて行きますが
相手のガードが堅い。

(弘幸さん) はい 龍 ラスト20。
≪いいよ≫

(蛯原) あ~っと
バックスピンキック。

ここは当たりません。

(リングアナ) ラスト10秒。

(蛯原)
最後に攻撃を決められるか?

(蛯原) 打ち合った!
お互い 一歩も引きません!

(ゴング)

(弘幸さん) 分かった?

(ゴング)

(蛯原) さぁ 運命の最終ラウンド。

ここからは
初めて経験する試合時間です。

(蛯原) あ~っと
ここは 組み合いになる。

(蛯原) ここも 組み合いです。

龍心 攻めて行く体力が
残っていないか。

(天心) ワン ツー フック!

(蛯原)
打ち合った! 龍心 攻める!

笠原も返す!
両者 一歩も引かない!

龍! 気持ちで負けんな!

(蛯原) 笠原のパンチ!
どんどん攻めて来ます。

龍心のボディ!
≪ナイス ボディ ナイス ボディ≫

(蛯原) 決まった!

笠原のジャブに合わせ
カウンターでアッパー。

さらに
左フックをクリーンヒット。

(蛯原) 龍心のハイキック!

(弘幸さん) 龍 いいぞ いいぞ!
(天心) 龍 ここ 勝負だぞ!

(蛯原) さらに バックスピン!

天心仕込みの多彩な技で
攻めて行きます。

(蛯原) 跳び膝蹴り!

ここは組み合いになる
笠原も 跳び膝蹴りで返す。

(蛯原) 龍心のラッシュ
龍心のラッシュ。

あ~っと 体力も限界か!

(リングアナ) ラスト10秒。

(蛯原) 時間は 残りわずか!

(ゴング)

(リングアナ) 赤 那須川。
(拍手)

(リングアナ) 赤 那須川。
(拍手)

(リングアナ) 赤 那須川。

以上
3対0の判定をもちまして…。

(スタジオ:曽根) すごい。

(拍手)

おっ!

よかった。
(スタジオ:有吉) いや~ うれしいね。

あぁ~ よかった!

うい~。

(拍手)

≪おめでとう 龍≫
ありがとうございます。

(由美子さん) おぉ~ よかった。
(龍心) よかった。

(龍心) はい~。

<そして>

♪~ ≪Tenshin Nasukawa!≫

<もちろん…>

おい!

(リングアナ) 赤 那須川。

<驚異的な…>

はい~。
(龍心) お疲れ。

ちょっとだけですね。

おい!

こっからよ。

あと お前…。

ここまで…。

(スタジオ:有吉)
いやいや そんなことありません。

<さらなる活躍を
応援しています>

(拍手)

いや ちょっと…。

ありがとうございます。

(笑い)

成長したんだね。

今後は。
目標は そうですね 取りあえず…。

アハハハハ!

楽しみですよね。

(曽根) いや 何か あの…。

普通 こう真っすぐ
見るところを

右見て 左見て 右見て。

そんなふうに見えました?
(華丸) 藤田ニコルですよ。

<TVerでは
番組の最新話を無料配信>

<見逃しを防ぐ
「お気に入り」登録も忘れずに>

<そして Huluでは

本日の放送も 過去の放送も
配信中>