火曜は全力!華大さんと千鳥くん【オードリー春日参戦!女性化大悟を山内大絶賛!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

火曜は全力!華大さんと千鳥くん【オードリー春日参戦!女性化大悟を山内大絶賛!】[字]

オードリー春日&三四郎小宮が参戦!女性化した大悟を山内が大絶賛!ノブが韓流美人に?イケメンが付き合いたいのは誰?ビビり濱家に大疑惑!?

ご案内
総額1000万が当たる![パシャ得キャンペーン]対象番組。「パシャ得」で検索! 
https://www.fujitv.co.jp/pasha_toku/
番組内容
「6連単!ぴったり当てたら100万円」人気アプリを使用してメンバーが女性化!美人になった写真をイケメン30人がランク付け!かまいたち山内健司が千鳥大悟を絶賛!千鳥ノブは韓国美人に大変身!?果たして1位に輝いたのは?小学生30人が選ぶ「お誕生日会に呼びたいのは誰?ランキング」では、三四郎小宮浩信と山内が大ゲンカ!
番組内容2
さらに、「ドキドキ最高心拍数ランキング」では、ドッキリのリアクションで最高心拍数が低い順のランキングを予想する!ビビリで知られるかまいたち濱家隆一にまさかの疑惑が・・・。果たして、100万円獲得なるか!?
出演者
【MC】
博多華丸・大吉 
千鳥 
【ゲスト】
かまいたち 
春日俊彰(オードリー) 
小宮浩信(三四郎) 
【ナレーション】
遠藤綾
スタッフ
【チーフプロデューサー】
前洋平 
【プロデューサー】
友岡伸介 
近藤照代 
田井中皓介 
長嶺望 
【総合演出】
高橋諒太 
【演出】
渡辺将司 
【チーフディレクター】
小田清仁 
【ディレクター】
田中友洋
生駒真也 
橋本伸行

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – ゲーム

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 山内
  2. 小宮
  3. 春日
  4. 濱家
  5. 華丸
  6. 大悟
  7. ノブ
  8. ワシ
  9. 自分
  10. 絶対
  11. タイミング
  12. カチッ
  13. ランキング
  14. 大吉
  15. OK
  16. マジ
  17. 先生
  18. 全然
  19. before写真
  20. お願い

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(大悟)いよっ!

(ノブ)さあ 今回のゲストは

オードリー春日
三四郎 小宮くんです。

お願いしま~す。
トゥース!

うわっ!

やっぱ これ…

1回も抜かないな。

ありがとうございます。

(小宮)新婚です。

はははは。

めちゃくちゃ…。

(ナレーション)<今夜の

「華大さんと千鳥くん」は。>

<ランキングに8人のうち

6人がエントリー。>

< ご覧の3つのお題に対して

全員で予想を行います。>

(濱家)まず 最初の6連単は…

いよっ!

皆さんにはですね
SNSで人気の

顔加工アプリ FaceAppを使って…。
あっ 撮ったな。

(濱家)髪型を変えたり
メイクをしたり

女性化した写真を
作っていただきました。

ああっ もっとかわいいの
撮りゃあよかった。

やってみた感じ
どうでしたか? 皆さん。

女の子って
こういう感じなんやと思った。

ちなみに 僕と華丸さんは
順位に入りませんが

皆さんと同じように撮ったので
見ていただきましょう。

まずは 華丸さんの写真です。

(山内)ああ~!
(濱家)かわいい。

誰かに似てる。

(濱家)小松菜奈さんみたいな感じ。

激しそうやな この子。

(濱家)続いて僕の写真です。
どうぞ。

あっ 違うわ。
(山内)あっ 違う。

まあ いいよ。 かわいいけど。

(山内)韓国系の美女っぽいですね。

韓国・中国系のね。

いや マジで マジで。
いやいや ノブさん ないですよ。

ほんまにマジで 今回。

いや 違うのよ。 おかあは
俺そっくりなんですけど…。

(濱家)チェ・ジウ!
ほんとにチェ・ジウになったんです。

ならないよ 目が。
ちょっと ほんま見てくれ。

< そんな自信満々のノブくんの
女性化写真から。>

俺も
疑っててんけど。

ああ~。

これはね…

マジで。

< まずは…>

ほんま
なるんです。

< こちらを…>

さあ どうだ。 頼む。

ははははっ!

「いいぞ」で笑うてんの。
いい方で いい方で。

この人。

ちょっと「情熱」ってやってみよう。

あっ やっぱ変わるな。

ああっ!

ええっ?

これは…

これです。

僕の このしゃくれが

いい感じに
とんがりに変わってるんですよ。

でも ノブやな。

ちゃんと面影が。
あっ でも…。

めっちゃきれいやん。
おるなぁ。

でも…

でも おるよな
このタイプのかわいい子。

<続いて
女性化写真を作るのは小宮くん。>

これも きついでしょ。

ええ~ 自信。

う~ん。

(小宮)まあ
正直ね。

(山内)何でなん?
(小宮)もうイメージ的に…。

<撮影したbefore写真が
こちら。>

おばあさんや。
(濱家)疲れてるね 小宮くん。

< これを…>

じゃ これで…。

(山内)ぽい ぽい!

加工してもいいんですか?
これは。

あっ やっぱ 全然。

本仮屋さんとかを 何か…

完成しました。

(小宮)やっぱ
髪の毛のツヤが かなり

かわいいかどうか
ウエートを占めますね。

何か いいな。

(小宮)清楚系でもあるし。

<続いて
女性化写真を作るのは大悟くん。>

いや 俺 大悟 やばいと思うな。

でもきれいやったと思うねんけどな
ワシ。

いやいや いやいやいや。

<撮影したbefore写真が
こちら。>

before写真が もうおかしいやん。

< これを…>

どうなるの?

じゃあ もうダメだ。

なるほどね。

う~ん。

むちゃくちゃきれいやもん。

大悟さんが女の子になると

こんな べっぴん。

ああ~。

(大吉)韓国人っぽいよ。
ワシの姉ちゃんそっくり。

性欲 強そう。
頭も よさそうやしな。

いいんやない? この子。

でも ちょっと…

(小宮)確かに。
(山内)これは…。

おるなぁ。

<続いて
女性化写真を作るのは春日くん。>

(春日)いや
いきますよ。
春日 きれいかもな。

すごいな 今年。

ピンマイクが割れてるもん。

<撮影したbefore写真が
こちら。>

< これを…>

(春日)これ いきますよ。

あっ はははは。

ああ~。

(華丸)なるほどね。
よしっ。

うん これで一発。

(春日)全然ありですけどね。
男やな。

(春日)っていうような感じ
するけどね。

春日…

(山内)そそらない。

ごつごつ感が。

<続いて
女性化写真を作るのは山内くん。>

大本命。

(スタッフ)ランキング。

自覚あり。

<撮影したbefore写真が
こちら。>

顔から入ってるやん。
(山内)
もう事前に。

< これを…>

ふふふふふ。

山内を消せ。

おお~ だいぶ…。

残るんや。

俺 でも 黒髪 好きだけどな。

ああ~。

はい。

これにします。

今のアプリ すごいです。
戦えます これで。

(山内)確実に。
おるなぁ これも何か。

韓流ドラマに。

(山内)ホクロがいらんねん。

うんうん うんうん。

<最後に
女性化写真を作るのは大吉さん。>

って言われますね はい。

<撮影したbefore写真が
こちら。>

< これを…>

めっちゃ
丸岡いずみさんやないですか。

ちょっと…

はいはいはい
ちょっと待ってください。

はい では 僕の自信のある
女性顔は こちらです。

うわ 濃い~。

濃ゆいな~。
濃い。

濃い。

昔のきれいなね 感じの。

欧米の方ですね。
そうね。

ああ~。
ちょっと やり過ぎたかな。

緊張するな 付き合うの。
わっ 難しい。

<以上 6人の女性化した写真を

イケメン男性30人に見せて…>

<見事 順位を当てられれば
100万円ゲットです。>

< なお 6人の写真は…。>

華丸さんも僕も
結果は知りません。

(山内)これって聞く人に

このメンバーは言ってるんですか?

(小宮)あっ 言ってない。
言ってない。

じゃあ。
(山内)じゃあ…

そうね。
先生のは きれいやけど

気ぃ強そうやもんな。
僕でしょ。

これ 6人で…

…と思って。
(山内)いや 俺 正直…。

ああ~。
(小宮)へえ~。

うれしい 山内。
よっしゃ 当たりの子いるって。

(山内)これは。
(濱家)確かになぁ。

いや 大悟も きれいで
コンパうれしいかもしれんけど。

何か 言われたから…

ありがとうございます。

何や その褒め合い。

意味不明。

(濱家)そうですね。
男性だもんね。

(山内)好みですね これ。

(華丸)ノブくんのも…

あっ 僕ですか? はいはいはい。

(山内)ノブさんもね
レベル高いんすよ。

ノブが なかったら。
(山内)いい。

って思っちゃう。

自分のタイプ…

何か…

(笑い)

ちょっと…。

いや そうですよ。 で また…。

そうね。
(小宮)こう見ると きれい。

そうそう そうです。
わっ ムズッ。

ええ~ ムズッ。

何か…

(濱家)無理なんです。

(濱家)さあ では個人予想
見てみましょう こちらです。

バッラバラだ。
(濱家)わあ~ 分かれてる。

山内 でも下が多いな。

(華丸)大吉先生も だいぶ下に。

大吉先生がね

きれいやけど…

って感じなんですよ。
そうなのよ ちょっとね。

これ みんなで
当てにいくやつやんか。

(春日)いやいや そうですよ。

ええ ダントツでした。

(小宮)
1位じゃないでしょ 春日さん。

1位じゃないよ。
(山内)絶対ない。

(春日)いや1位よ 1位。

(山内)めちゃめちゃきれい!

でも ワシ マジで…

(山内)いや 俺は下でいいと思う。

(小宮)いやいやいや。 大悟さん?

女の子って こんな感じなん?
大悟じゃないと思う。

ワシもな 大悟じゃないと思う。

これはもう間違いないです。
もう この6人に…

っていったら やっぱノブの…。

ノブさん?

いやいや かわいいねんで。

ええ~っ だいぶいいけどな。

(濱家)

こっちですね。

(山内)そうね。
Aグループは間違いないと思う。

(小宮)じゃあ 僕
1番でいいですか?

小宮1位で 1回いってみよう。

(山内)大悟さん 2位ですよ。

(小宮)だったら大吉さんが。
このあと 先生。

(山内)
大吉さんかノブさんですね。

それ そうしましょう。 で…。

(春日)この辺にいさせてよ。

嫌ですって。

(春日)何で
山内くんと最下位争い…。

(山内)絶対ない。

これね…

はははっ まあ 確かにね。

(春日)お金かかってるからな。

(濱家)厳しい。

だから…

「お下がりください」って何だよ。
春日 ほんとに そうやねん。

(春日)後悔しても知らないよ
そしたら。

≪カランカラン!(終了の合図)
(山内)これでいいんじゃないすか。

よさそうやけどな これで。
(春日)これじゃないですか?

ちょっと待って。

あっ。

いや ほんとに。

山内くんには負けてないです。

(濱家)賞金8人で分けるんで
僕らも意見言ってええんすよね。

あっ そうそう そうよ。

ええっ 違うって。

違うって 濱家。
それはないやろ。

最下位じゃないって。

(濱家)よく見て
ノブさん 全然かわいくない。
めっちゃかわいいやん 濱家。

かわいいカエルみたいやん。

めっちゃかわいいやん。
(濱家)ほんまですか?

ええ~ 何か わからんなってきた。
(華丸)いや 悪くないよ。

(山内)春日さんは絶対ない!

(春日)
春日の評価 低いな 山内くん。

ちょっと ほら…

(山内)じゃあ 濱家…

(春日)おおっ いいね。

濱家が 何か変。

ほら。

(山内)最後…

春日さんと山内ね。
(山内)うん。

そこだけだと思います。
(春日)6位なはず
ないじゃん。

OK 全員でな。

手 挙げてください。

(小宮・春日)あれ?

うわ~ どうしよう。

ムズい!
(濱家)4:4。

ちょっと山内 山内の見せて。

ああ~ モメるね。

これ 山内ワンナイトしたら…

(春日)はははははっ。
ず~っと。

(小宮)最下位の方がいいですね。

山内 上の気もするけどな。

(春日)そうよ 5位よ
せめて5位よ。

いや~ 俺
春日さんと ここだけやな。

(春日)ふっふふふ いやいや。
(濱家)これでいきましょうか。

それでは結果を見てみましょう
100万円獲得なるのでしょうか。

VTR どうぞ。

いいよ。 小宮 いいよ。

…かなと思います。

…な感じはします。

(スタッフ)
今 選んでいただいた…

ええ~っ!?

全然 見えなかった。

…してるなと
思うんですけど。

この中ですと…。

(スタジオからのトーク)
(春日)[きた! ほら]

広瀬すずさんの…

ちょっと 何か
3番かなと。

(春日)[ほらほら]

正直 言っていいですか。

何かね…

…かなと思ったんですよ。

よっしゃ! ほら。
ほら ほら。

自分も…

[2票 入ったよ]

[ほら]

[何で釣り堀や]

(小宮)[わかんないんだ]

[わからんもんやね]

僕は パッと見…。

僕 結構 ハーフ系 好きで。

[あっ ローラね]

ちょっと申し訳ないですけど…。

(春日)[え~っ 何でよ]

[そう ちょっと強いねん]

自分は…

(小宮)[よしよしよし]

[あれ?
ワシが全然入ってない]

パッと。

自分は…

(山内)きた!
(小宮)ああ いい。

パッと見た時に…

アンミカさん足す

橋本マナミさん。

[そっち系やね]

すごい…

[そう
この子に似てるわ]

[えっ!?]

あの…

[え~っ!?]

おっしゃ!

(スタッフ)2人とも5番?
はい。

(山内)[2人とも5番?]

出川ファミリーの
河北麻友子さんに…

(山内)[ありがとう]

いや でも…

(山内)[うれしい。 ええ子やな]

(スタッフ)じゃあ 逆に…。

失礼じゃないですか。

[ああ~ ダメか]

[まあ 確かにな]

< このあと…>

大さん。
大悟さん!

よしよしよし!

<更に…>

親世代が
テレビ…。

親世代が
お前が出てる
テレビ

見せないよ!
リモコン…
リモコン権。

お前は質のいい
番組には
出てない!

ははははっ。

<次週は 料理6連単。>

< おいしいハンバーグを
作ったのは誰?ランキング!>

ちょっと味見するね。

(笑い)

<更に その翌週は…>

<女性化した写真を

イケメン男性30人に見せて

付き合いたいのは誰かを調査。>

どうだ?

< いよいよ
最終結果の発表です。>

<見事 ランキングを
制したのは?>

あっ 小宮 いいよ。

(小宮)やばい。
はい いいよ いいよ。

はいはい いいよ。
(小宮)う~わ やばい やばい。

よ~し よし。

あらっ。

(春日)ああ 小宮くん。
大悟がいかないと。

(小宮)あらっ。
こっからよ。

大悟が いかないと。
小宮 いい。 大悟 いけ。

(山内)あっ いいペース。
ノブは もういいです。

いいんじゃない? これ。
当たるぞ!

当たるぞ!
ノブが走るな。

大悟 いいぞ! (春日)あるかも。

(小宮)小宮がこない。
きたきたきた!

ちょっときたよ。 俺がきた。
小宮 きた!

当たった。
先生が いき過ぎ!

当たった!
(山内)大悟さん。

大悟も もうちょっとこい!

このまま!
(山内)大悟さん!

小宮。
わっ 違う。 春日や!

春日と山内。
(小宮)春日さん。

うわっ やば~!

< という事で
結果は!?>

(華丸)やばい。 これ やばい。

(濱家)春日さん。
(小宮)うわ~っ。

(濱家)山内。

ノブさん。
(春日)あれ?

(濱家)大悟さん。
ここも違うんよ。

(濱家)大吉さん。

小宮くん。
うわっ 当てれてた。

< ご覧の順位になりました。>

(春日)ははははっ。
春日~。

いや… えっ?
(小宮)ガタイがね。

ガタイがいいから
ちょっとバレちゃった。

みたいな事 言ってた。
(華丸)ははははっ。

続きまして…

(拍手)

(山内)小学生。
難しい!

<小学生30人に

この6人の中で

いちばん自分のお誕生日会に
来てほしいのは誰か 調査。>

< そのランキングを…>

まあまあ そうですよね。

ああ~。
小宮 出てる。

(小宮)結構。
なるほど なるほど。

出るよね。
(春日)そうですね。

スポーツものも出てるし。

ああ~ 強い。

(濱家)ムズいっすねぇ。

あっ YouTube そっか。
なるほど。

確かにねぇ。
そうなのよ。

ああ~ 難しいね。
(濱家)最近は。

あと こういう時…

何か誕生日に来て やって

これ やってほしいからとかも
あるやろうけど。

(山内)いや…

山内くん あったっけ?
(山内)はい。

あなたが 好きだから~!

懐かしい。
懐かしいなぁ。

では 個人予想を見てみましょう。
こちらです。

(華丸)おっ。
(濱家)1位2位が固まってますね。

(春日)ありがたい。
はいはいはい ありがたいね。

1と2はね
もうね 春日くんとノブくんで。

そうですね。

(濱家)
やっぱ1位は 春日さんでしょ。

ええ 1つ 頂きたいですよね。
トゥースもあるし。

確定 確定。
そうします?

「喜んで」。

ははははっ。

そう 濱家を どうします?

濱家…。
(小宮)かまいたちさんは…。

(山内)

立ってるから。
急にイラッとした。

(濱家)何やねん お前。

(華丸)やっぱ呼びたくないね。

(小宮)このイメージがあるからよ。
華丸さんこっち。

はいはい はい。
(小宮)このイメージがあるから…。

おい 仕切るなって。
春日さん あっち!

(小宮)

(山内)ノブさん 2番。

当てるまでに。
ノブさん2番。

トークしたいねんけど。

嫌やな 誕生日に あんなん来たら。

(山内)ここです。

(濱家)
結構 言われるのは僕…。

おお~!
(濱家)で それは…

みたいなのを言われてたんです。

でも…

お天気おねえさんの貴島さんに…。

「それが原因って言われている」。

(山内)バカラクビ。
もう いいんすよ。

…は あるよ。

(小宮)
僕より。 印象悪いんで多分 僕。

やっぱ覚えてる? あれ。
めっちゃ覚えてる。 はい。

(山内)あと ここですよ。

小宮くんと僕。
ムズいね。

何か…

(小宮)

(山内)どこがだよ。
こっち見てくれよ。 誰がだよ!

どこがやねん!
誰がだよ! 一緒。

どこがやねん。
(小宮)類似でしょ。

どこがやねん。
世の中で。

(小宮)テレビで いきましょう。

いや いや いや
だから その…。

ええっ なっ…。

(山内)
じゃあ こっちや。

「有吉の壁」も。
ちょっと増やしたやん。

(春日)
4だから絶対。 絶対 4だろ?

何か 6に増やしたけど。
いやいや ちゃうちゃう。

(山内)単純に…。

やらしい。
東京の番組 何年…。

2020年ですよね。
おお 徐々にブレイクして。

2022年?
おお。

恥ずかしい。

周りに言われる事やねん。

いや…

2009。
そうか そうか。

まあ 2009…

テレビって見る…。

親世代がリモコンを
リモコン権…。

リモコン権…。

(笑い)

プロデューサーとかに謝れ!
じゃあ。

もう ええって。
もう決着つけよ どっちか座れよ。

(濱家)見てたら…

そうなんよ。
華丸も あるんじゃないかな。

ほんまや。

(山内)6位は 華丸さん。

ここ いきます?
いい いい いい。

(小宮)
僕てっきり リアルで言うと…

じゃあ 山内さん。
小宮 マジで最下位ちゃうん?

(小宮)いやいや…
絶対そういうイメージないんで。

いや かまいたち…
うん 山内は 4位やと思う。

そのかわり これで もし
山内 下やったら謝りや。

(小宮)4位。
(山内)俺が下だったら。 はい。

これでいいのね?
OK。

いいのね。
(山内)はい。

さあ 果たして100万円は
獲得できたのでしょうか?

正解VTR どうぞ。

[頼む!] (小宮)[頼みます]

(春日)[これ獲れるぞ]

(濱家)[春日さんはもう

ダントツやと思います]
(春日)[絶対1位だよ]

[はい 春日ね]

え~っと…

[ああ 俺か]

[ああ そうね]
(山内)[小3が?]

[クセスゴね]

[ありがとう]

ええっ。

(山内)[ほら ほら ほら]
[ほら!]

(小宮)[台なし]

(山内)[行くだけで台なし]

[おい ジョーカーか お前]

私は…

いいよ いいよ。

私は あの…

[ほんまにマジックやな]

(濱家)[ほんまに朝
見てくれてるんすよね]

やっぱり…

(春日)[そうだな。
4つあるから 4つあるから]

[4つある]

いいね。

前に…

(春日)
[見てくれてる ありがたい]

[「体育会TV」ね]
(春日)[「体育会TV」

子ども見てますから]

(春日)[ああ 全然
全部やるわ フルでやるわ]

[ありがとうございます]

結構…

(濱家)[千鳥か やっぱ]

(山内)
OK OK いいんじゃない 1票。

(小宮)
[そうか コントも見てる]

(山内)[小6ぐらいに
なると そうなんや]

(山内)[いい家族]

(春日)[えっ 何で?]

(小宮)
[はははっ なるほど]

誕生日会…。

誰かな。

ええっ!?
「華丸」。

(小宮)[やばい ここ逆か]

(華丸)[うれしいなぁ]

「上手いっちゃ上手い」。

(華丸)[へえ わかるんだ]

(小宮)[おしっ]
(山内)[おっ きた 1票ずつ]

1票… いい いい。

[きてる きてる]
[おっ ノブさん]

(小宮)[薄いなぁ]
[かわいい理由]

(山内)[そんなイメージあるんや]

(山内)ええ~っ。
ほら!

…な感じがします。

(華丸)
[喜ぶやろ]

[OK OK]

あと何だっけ…。

それを…

何でや。
ホクロが鼻の下ついてて。

[OK OK]

(スタッフ)何かあったりしますか?

ええっ。
[あれか?]

「ダチョウの」…。

(春日)えっ あったっけ?
そんなくだり ないよ。

いや 「イカ2貫」やろ。

< このあと…。>

あるぞ!

どうなった? どうなった?
当たってんちゃう!?

< それでは いよいよ
最終結果の発表です。>

<見事 お誕生日会に
呼びたいのは誰?ランキングを

制したのは?>

はい 春日 きて。
俺は走らなくていいよ。

(春日)頼むよ。

(山内)いいよ いいよ。

(小宮)やばいな。

(山内)華丸さん
ちょっと控えてほしいね。

いやいや 俺いいよ
春日 いけ。

(山内)はい もうこれでストップ。
(春日)春日 頼むよ。

俺は もういいよ。

はい 濱家 きた。

(春日)あれ? ノブさん?
(濱家)ノブさん 走ってんなぁ。

(山内)春日さん こい!

はい 春日 春日。

(春日)あれ?
濱家 もういいよ。

濱家 もういいよ!
(小宮)ああ~ やばい! 強い。

春日。 (華丸)いけ!

ああ~ 俺は走るな。
(濱家)春日さん 走れ。

あっ きてんちゃう?
(春日)まくれ まくれ よしよし!

(濱家)春日さん!
当たったんちゃう!?

(春日)どうなった? どうなった?
当たってんちゃう!?

(濱家)当たったんちゃう!?
(山内)きたんちゃうか これ!

< という事で
結果は!?>

華丸さんが
どうなった?

(小宮)あっ。
(春日)えっ?

うわっ。
ほら! ほら!

言ったやん! 言ったやん!

(小宮)ああ~。

(華丸)うわっ!

濱家 言ってたやん。

< ご覧の順位になりました!>

濱家 言ってたやん。

(小宮)うわ~ 惜しい。

(濱家)見てたら…

そうなんよ。
華丸も あるんじゃないかな。

(笑い)

(小宮)うわ~。

何やねん
「担がされた」って。

(小宮)ほんと。 担がされましたね。
被害者ちゃうって。

(笑い)

続いての6連単は…

(拍手)

皆さんですね
今 体に心拍計を
装着しておりますね。

これで…

さあ 皆さんに挑戦してもらうのは
こちらです。

はい 出てきました。
(濱家)うわ~。

ああ~ 嫌だな。

< まずは心拍計をつけた状態で

6分の1の確率で割れる
風船ランダムルーレットに

チャレンジ。>

< そのあと…>

<見事 当てられれば
100万円ゲットです!>

さあ 春日
これは自信は どうでしょうか?

まあまあ…。

ははっ。

…ぐらいの。 はははっ。

小宮は どう?
(小宮)すごい…

はいはいはい。

(笑い)

それはないですね。
見た 見た。

濱家 どうでしょうか? この辺は。
僕は…

意外とそうか。
そうやな。

めちゃめちゃビビリです。
やってる最中…。

すいません。
何 何 何? どうしたの?

(笑い)

(小宮)あれ?

ワシも今見て 思った。

ワシ 小宮より ちっちゃかった?

いちばんちっちゃいやん この中で。

<抽選の結果

風船ランダムルーレットに
挑戦する順番は…。>

< ご覧の並びに決定。>

<果たして…。>

さあ 心拍数
できるだけ上げないように。

それでは 先生 お願いします。

ちょっと 逆にプレッシャーよね。

ここで
割ってる場合じゃないもんね。

自分のタイミングで
いってくださいね。

そうですね。
(春日)ねえ 近くで…。

はい 平常心で。
では 引かせていただきます。

カチッ!
(濱家)うわ 怖っ。

これ 怖っ。
これ 怖いわ。

ビクッとしてましたね 今。
怖い。

さあ 2番目が大悟。
(濱家)大悟さん。

ワシ 意外と 今…

ははははっ。

もうね…

ああ なるほど。
「当たるな」と思ったら

当たった時に
ドキッとしちゃうから

「当たってくれ 当たってくれ」で
いくわ。

こい!と。 さあ いきましょう。
大悟 お願いします。

いきま~す。

カチッ!
(濱家)怖ぇ~。

はい セーフでございますね。

してるね 多分。

さあ 3番目 真骨頂ですね 小宮。

はいはい くるね。
回ってきました。

くるね これは。
はい きます。

さあ いきましょう 小宮。
自分のタイミングでお願いします。

は~い いきますよ~。

カチッ!
(春日)おお~!

セーフ セーフ!
3分の1になります。

(春日)もう きますよ 3だもん。
(華丸)次 誰?

(春日)はい 春日でございます。
(小宮)もう きますよ。

いやいやいや
こんなん 当たんないっすよ。

当たるわけない。
もう そろそろ…

では いただきやす。

カチッ!
おお~。

(濱家)怖ぇ~。
(小宮)すごい すごい。

(華丸)えっ 回ってくんの? これ。

動じてなさそうやなぁ。
ほほほほっ。

こらぁ もうくるぞ。
もう くる…。

こんな回ってくるもんなん?

2分の1。
(濱家)最悪や。

さあ 濱家 回ってきました。
(小宮)もう きますよ。

ハマはな こういう時
もう 小4の女の子やから。

俺 もう これ引けるかなぁ。

すいません。
めっちゃドキドキしてきた。

えっ 濱家は
こういうのダメなんや?

前…

ほんまに…。

(笑い)

敏感で。

お蔵入り!
(山内)起きてたからお蔵入りです。

ちょっと もっとお前 頭 付けよ。

さあ いきましょう 濱家…。

もっと 頭 付けって。
遠い 遠いよ。 遠いですよ。

ちょっと時間かかるんですよ
すいません ちょっと待ってください。

(山内)顔の横ね。

そうか 濱家…

飛ばなかったです。

ほんまや。
(山内)千鳥さんの番組で行った

あのバンジー。
何か…

2時間ぐらい。
そうそうそう。

はい いきましょう 濱家。
自分のタイミングで どうぞ!

めっちゃドキドキしてきた。
僕のタイミングですね。

はい。

いや…。
まあ 2分の1ですよね。

(濱家)そんなん。
いや ほんまに…

(小宮)大丈夫 大丈夫。
はい いこう!

(笑い)

(小宮)やれって。

(小宮)もう いって。
(春日)早く。

絶対 あいつ 最下位やん。

いきます。
はい。

パン!
ああっ!

パン!
ああっ!

≫パン!
(濱家)ああっ!

(春日)ははははっ!
(山内)絶対 濱家…。

これは濱家でしょ。

これ でも…

(華丸)当てやすい。
(小宮)ビリ ビリ。

絶対 濱家やなぁ。

<チャレンジ中のリアクションを
ヒントに…>

まあ これは濱家が…。

(濱家)僕は多分 だいぶ…

…やと思います。
最下位っぽいっすよね。

で 華丸さんが まあ…。
(華丸)唯一…

引いてないので。
(山内)1位っすかね。

普通は まあ。
普通に考えたらな。

(山内)大悟さんは
バン!ってなった…

なるほど。

(山内)いちばん 音 きたのは
大悟さんかな。

近いって事か。
でも ワシ

ハマが割れた時 ワシ 多分…

ほう~。

ワシ 大吉さん
結構 こっちやと思うねんけど。

そうっすよね。

(山内)ビビッてましたよね。

最初から ビビッてた。

だから。
春日…。

セオリーで言うと
小宮の方が ビビリやから…。

(小宮)そうですね ここら辺。
こう… 感じじゃない?

そんなに…。 そうですね
ほんとは割れないだろう。

(春日)割れても割れなくても。

はいはい はいはい。

大舞台が慣れてる。

そうですね。

Bクラスの予想。

その時 僕 バッて
なっちゃったんで ここ…

(小宮)驚いてたんで 僕。
結構 いっちゃったかも。

大吉先生と逆?

動いたかどうかでいうと…

肩が こうなったぐらいで。

(小宮)

(小宮)だから 多分
こっちとかはあるかもしれない。

どうなんだろう。
ハマは まあ割れてるしな。

もともとビビリやし。

そうね。

いないよな 普通に考えたらな。

そうですね。
それはないか さすがに。

(小宮)ここですね。
ここ 座ろう。

(山内)
そうじゃないですか これは。

(華丸)大丈夫かな 俺。
さあ よろしいですね。

もう いきましょか。
OKです はい。

今から 皆さんが挑戦した
風船ランダムルーレットに

心拍数を合わせた映像を
お見せします。

誰が どのタイミングで
心拍数が上がったのか

わかります。

< このあと 結果発表で
意外なビビリが発覚!>

(華丸)ちょっと…

めっちゃ動じてるやん!
ええ~っ!

<次週は 料理6連単。>

< おいしいハンバーグを
作ったのは誰?ランキング!>

(ゆうちゃみ)かわいい。
パンケーキみたいじゃない?

<更に その翌週は…。>

<風船ランダムルーレット中に
最高心拍数を測り

その低い順をランキングに。>

パン!
ああっ!

(山内)
絶対 濱家…。 これは濱家。

<6人の予想は ご覧のとおり。>

<果たして…。>

正解VTR スタート。

さあさあ こちら1番の方ですね。

[この時点で こんなに違う?]

(濱家)
[華丸さん 落ち着いてるな]

(山内)[大吉さんが 117]

そのままで はい お願いします。

[あっ やばい]

(山内)[マックス118]

それでは先生…。
[上がってる]

[119。 やっぱり
いちばん高いね]

(春日)[ああ やっぱり]

もう自分のタイミングでいいの?
自分のタイミングで お願いします。

では 引かせていただきます。

カチッ!
(濱家)うわ 怖っ。

(春日)[120ぐらいあります]

[120ぐらい]

[僕 120やね 今]

ワシ 意外と 今
先生の時に もうドキドキしてた。

[だから ワシ 先生より
上がっちゃダメなんよね]

(山内)[そうです]
[120より上がっちゃダメって事?]

お願いします。
いきま~す。

カチッ!
(春日)[おお~]

(小宮)[安心したんだ]
[当たらなかった]

[意外と
あそこでは上がらないんだ]

[小宮くん ずっと高いね]

[ほんまですね
小宮 ずっと高い]

小宮 自分のタイミングで
お願いします。

は~い いきますよ~。

カチッ!
(春日)おお~!

[うわ~ でも123]

(小宮)[あれ 上がらない]

(華丸)
こんな回ってくるもんなん?

<今のところ 最高心拍数の並びは
6人の予想どおり。>

<100万円
獲得なるのでしょうか!?>

いただきやす。

カチッ!
おお~。

パン!
ああっ!

カチッ!
おお~い。

<今のところ 最高心拍数の並びは
6人の予想どおり。>

<果たして
100万円 獲得なるか!?>

はい。

さあ 皆さんのリアクションも
見といてください。

山内も見といてくださいね。
そうか。

周りの
こっちのドキドキもあるんやな。

(山内)そうですね。

(山内)
[春日さん めっちゃ上がってる]

(春日)
[上がってる。 すげぇ やばい!]

(華丸)[ちょっと動じてるやん!]

(春日)[あれ 全然
大吉さんより上がってる]

[めっちゃ動じてるやん!]
(春日)[ダサい ダサいぞ]

<ラストは
最下位予想の濱家くん。>

(小宮)[これで超えてくれれば
濱家さんが]

めっちゃドキドキしてきた。
[ここは いくでしょ 濱家は]

(濱家)[上がってる]
[はい 上がってきた]

さあ いきましょう 濱家。
自分のタイミングで…。

(小宮)遠いよ。 遠いですよ。
[いや ここで上がらんと]

(春日)[あれ 濱家
そんなに上がらないな]

[営業…]
(濱家)[いやいや]

(山内)[ビビッてないのに
あんなリアクションとってるって

どういう事?]

[うそ! 怖っ]
[うそリアクション]

(濱家)[いやいや いやいや]

[全然 上がってないやん]
(山内)[上がってきた]

(小宮)[怖いな。 あっ ここね]

僕のタイミングですね。

(山内)[してない]
[してないんだ]

[めっちゃ低いやん]

[低うなっていってるやん
何やったら]

[いちばん低いやん]

(山内)[どういう事?]
さあ いきましょう。

もっと顔… 目 開けて。

(山内)[全然ビビッて…]

(春日)
[えっ?]
(山内)[89]

(春日)
[ええっ!]
ほんまにランダムにやってます?

[むちゃくちゃ…]
[怖いね]

[怖いね]

[これは これは]

(小宮)[ちょっと待って]
[ああ わかっちゃったか]

パン!
ああっ!

(華丸)[あっ 上がった。
えっ こんなもん?]

[えっ?]
(小宮)[待ってくれ]

[やられた~!]
[ありゃりゃりゃりゃ]

(小宮)[怖いよ]
[やられた あいつに]

[かまいたちは
山内じゃなくて濱家でしたか]

あんなでかいんや 音。
(華丸)[これは当てれんよ]

< という事で
結果は!?>

はい どうだ?

(春日)最下位かい。

(小宮)春日。
小宮。

大吉先生。 はい 大悟。

ええ~ 濱家。 華丸さん。

(春日)ああ 全然違った。

< ご覧の順位になりました!>

というわけで
ございまして。

ちょっと 濱家に
やられましたね 今回は。

(大吉)

(華丸)それが怖い。
非常に怖かったです それが。

濱家さん。
(山内)何か前へ出てきてる。

(山内)怖っ。
怖い。

それは やめてくれんとなぁ。

<次週は 料理6連単。>

< おいしいハンバーグを
作ったのは誰?ランキング!>

マジで。

<果たして 100万円

獲得なるか!?>