錬金バトルKASEGE[字] あなたは無人島でお金を生み出すことができますか?…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

錬金バトルKASEGE[字] あなたは無人島でお金を生み出すことができますか?

金稼ぎドキュメントバラエティ!ルールは簡単!何もないところで…お金を稼げ!ゼロからお金を生み出すスキルが試される…4人の達人が「無人島」と「廃鉱山」でお金を稼ぐ

出演者
【MC】佐藤隆太
【スタジオ出演】高山一実、ヒロミ、前田裕二、ロッチ
【進行】後藤晴菜(日本テレビアナウンサー)
番組内容
極限の金稼ぎドキュメントバラエティ。あなたは何もないところでお金を稼ぐことができますか?ルールは簡単!一番稼ぐのは誰だ!?
無人島・廃鉱山で4人の達人たちが己のスキルでお金を稼ぐ!
【アウトドア】荒井裕介
【フリマアプリ】宇田川まなみ
【アップサイクル】野口和秀
【フラワーアート】hiro Nakajoh
MC佐藤隆太。ヒロミ&前田裕二&高山一実も驚きの金稼ぎ術!
コカドがロッチ中岡似の達人に…

ジャンル :
バラエティ – ゲーム
バラエティ – その他
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 中城
  2. 宇田川
  3. 出品
  4. 野口
  5. 荒井
  6. 本当
  7. 作品
  8. 無人島
  9. フリマアプリ
  10. 完成
  11. 素材
  12. 達人
  13. 時間
  14. 商品
  15. 万円
  16. 流木
  17. 一方
  18. 最後
  19. 出品数
  20. 作品作

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





>>あなたは、

何もない無人島で、お金を生み出
すことができますか?

今やスマホさえあれば、いつでも
どこでもお金を稼げる時代。

ならば。

>>おのれの知恵と腕で金を生み

出す4人の達人が、無人島に上陸。
フリマアプリを使って、金を稼ぐ

ことができるのか?
>>無人島っつっても、

宝の山みたいなもんなんで。

ナイフ一つあればなんでも作れま
す。

>>僕、アーティストなんで、

ただ勝つだけじゃなくて、美しく
勝ちます。

>>全国に受講生が3000名い

ます。
今まで、

水没してしまって電源の入らない
DSも売ってきました。

私に売れないものはありません。

>>廃材を生まれ変わらせる仕事
してるんで、僕の専門分野なんで。

ダントツで優勝すると思うんです
けど、大丈夫ですか?

>>ルールはシンプル。

使えるのは、スマホ1台と、
バッグ1つ分の私物のみ。

お宝を探す、

ごみを拾う。
どんな手を使っても、

無から価値を生み出せ。
>>お宝っすね。

>>そして舞台は、セカンドステ

ージ、廃鉱山へ。

猶予は4日間。
最も金を稼げるのは誰だ?

>>5万、5万。

>>売れてる!

>>めっちゃうれしい。
>>もしかして優勝?

>>やばーい!

>>達人たちによる究極の金稼ぎ
バトルが開幕。

錬金バトルKASEGE。

>>うわっ、はは。

これ、イノシシですね、掘ってる
の。

これ、

こういう2本足で、このくぼみが。
こう入って。

>>危ないですよね、出くわした

ら。

>>そんなに大きくないですね、

子ども。
>>イノシシいるんですか?この

島。
>>ここは鹿児島県奄美大島沖に

ある、とある無人島。

コバルトブルーの海に300メー
トルを超す山がそびえたつこの場

所で、

達人たちの錬金バトルがスタート
していた。

>>いや、もう、思ってた以上に

漂流物があって。

こんなのとか拾っていいんですか?
>>大丈夫です。

>>めっちゃ、めっちゃいいです

よ、これ。
全然使えます。

でもとりあえず、拠点を本当、
探したいんですけど。

平たくて、作業できるスペースが
あればいいんですけど。

拠点を探す者もいれば、

すでに売り物を探している者も。
>>明らかにこの道、ハブいる道

っすよね。

ハブ、ガラガラヘビとか、尻尾に、
マムシとか、殻がついてる系は、

うまいんすよ!
>>無人島を、

ききとして探索するこの男は。

>>ブッシュクラフターやってる

荒井と申します。
無人島は宝の山みたいなものなん

で、なんでも作れますね。
ナイフがあれば、大体、自然のも

のを利用できる。
>>ブッシュクラフトとは、

最低限の道具だけを持ち、森や山
といった自然の中で暮らすスタイ

ルのこと。
荒井は自分の山を持ち、

年間200日以上をキャンプ生活
する、アウトドアのプロフェッシ

ョナル。
>>僕の作ったアウトドアグッズ

で、

年間1000万ぐらいは稼いだこ
とあります。

>>自然の木や廃材、

時には不要になったガスボンベな
ど、あらゆる材料を駆使し、

さまざまなものを作り出してきた。
>>今、

キャンプブームなんで、

売って売って、売りつくしてやり
ます。

>>しかし、作る技術がなくても、

ものは売れる。
>>もう海がきれいですぅ。

すごーい。
あっ、すごーい、これ。

すごーい、きれーい、かわいー。
>>一見、

浜辺で戯れるセレブにしか見えな
いが、この女、ただ者ではない。

勝つのは絶対私。

無人島に咲く、

一輪のパンジー。
>>フリマアプリコンサルタント

の宇田川まなみです。
私に売れないものはありません。

>>フリマアプリ歴7年。

シングルマザーとして1人息子を
育てながら、公園で拾った松ぼっ

くりから、トイレットペーパーの
芯まで、

今まで自宅のありとあらゆる不用
品を売ってきた。

総取り引き数、なんと4000件
以上。

その技術を知りたいと集まる受講
生は、

今や全国に3000人を超える。
>>水没してしまったDS、

売ってきました。

お留守番している息子のためにも
負けられません。

>>培ってきたそのノウハウで、

バトルに挑む。
すると早速。

>>あっ、でっかいの発見!すご

ーい!

あったー!すごーい!

取れたぜぃ!
>>これ売れるんですか?

>>売れます、売れます。

浮きは定番です。
結構売れてます。

これをまた、インテリアとして使
う方がいるんですよ。

>>途中、

お色直しを挟みつつ、気になるも
のはとにかく収集し、片っ端から

出品してみることで、

市場の傾向を探る。

これがフリマアプリにおける宇田
川のマーケティング。

2時間かけて集めたのは、

一見、ただのごみ。
果たして売れるのか。

一方、

浜辺でごみを拾う者がもう一人。
だが、宇田川と違うのは。

>>あっ、めっちゃいいじゃない

ですか、この色。
色的にもめちゃくちゃ、最高です

ね。
>>集めているものが、

空き瓶ばかりだということ。

>>めっちゃきれいですね。

この瓶。
>>色とりどりの空き瓶に歓喜す

るこの男は。
>>アップサイクルをやってる野

口です。
僕の専門分野なんで、負けるわけ

ないですよ。

>>アップサイクルとは、壊れた
傘や布切れなどの廃棄物に手を加

え、新たな命を吹き込み、商品価
値を上げること。

廃棄物を一度原材料にまで戻した
うえで、別の製品にするリサイク

ルとは違い、

もの自体のよさをそのまま生かす
のが特徴。

野口が手がける商品の主となるの
が、ガラス瓶。

さまざまな加工を施し、1年間で
売り上げた数は5000点以上。

>>年間500万以上はいってる

と思います。
>>まさに廃材に命を吹き込むス

ペシャリスト。
>>ダントツで優勝すると思うん

ですけど、大丈夫っすか?
>>自信の根拠は、

この島に流れ着いている空き瓶の
豊富さ。

野口にとっては金も同然。
>>この色、いいっすね。

緑とか。

>>色とか結構関係します?

>>たぶん、クリアだったりとか、

ブルーだったりとかのほうが、
お客さんの受けがいいというか。

>>確かにフリマアプリを見てみ

ると、茶色のガラス瓶の出品はほ
とんどなく、

透明や色のついたガラス瓶が、
そのままの状態で取り引きされて

いることがかなり多い。
すると、

散策を続ける野口の背後に。

>>中城さん、来ましたね。

怖いんすよ、もう、何されるか分
かんないんで。

>>廃材再生のスペシャリストが

警戒するこの男こそが、最後のプ
レーヤー。

宇田川同様、

およそ無人島に似つかわしくない
格好。

彼が集めているのは。
>>うわ、すごい、

この辺いいな、宝の山だわ。
いやー、すごいきれい。

にやにやしちゃいます、こういう
の見たら。

お金、お金。

>>ただの落ち葉を金と称するこ
の男は。

>>フラワーアーティストのhi

ro Nakajohです。
僕、アーティストなんで、僕には

これもお金に見えてます。

ほとんどのものは、僕にとっては、
美しくするための素材です。

想像できるようなものを作ってち
ゃね、アーティストなんて名乗れ

ないですから。
初日で勝負決まりますよ。

>>このビッグマウス、うそでは

ない。

アーティスト歴23年。

世界を旅して修業を積み、

フラワーアートの世界チャンピオ
ンに師事。

自身も海外での受賞歴を持つ実力
者。

その仕事は、空間演出にまで広が
り、

1部屋丸ごと手がければ、それだ
けで200万円近くを稼ぎ出す。

>>売れればいいっていうことじ

ゃないんですよね。
僕は、美しく仕上げて、美しく勝

つ。

>>花に限らず、植物全般が彼の

作品の材料となる。

>>めっちゃかっこいい!

なんかの植物の幹の部分だと思う
んですけど。

これ、

めっちゃかっこいいのできますよ。
あー、もう見えた。見えちゃった。

>>中城が作品のイメージを膨ら

ませていたころ。
フリマアプリの女王は、早速、

1品目の出品準備を。
>>こういうのって、好きな人し

か探さないので、

好きな人に、

どういうふうに探すかっていうと、

キーワード検索をするので、
そのキーワードをたくさん入れと

きます。
ブイとかも、かたかなで検索する

人もいるし、ひらがなで検索する
人もいるので、両方入れます。

金額もあてずっぽうにつけちゃう
とだめ。

私は大体、1週間以内ぐらいに売
れた金額を参考にしています。

1か月前に売れたものは参考にな
らないので。

>>宇田川に、

ほかの3人のようなものを作る技
術はない。

だからこそ大事なのが、手数とス
ピード。

いち早く出品し、市場の傾向を探
りたい。

だが。

>>あっ、早い!

>>どうしたんですか?

>>アウトドア達人、荒井さんが

1品出品しましたって。
えー、やばい!

>>そう、

出品一番乗りは、野山をかき分け
進む、この男だった。

>>あれ?松だよね、これ。

これはいいっすね。

立ち枯れしてるんですかね。

>>体当たりしてる。
>>お宝っすね。

>>荒井には、枯れた松すら金に

見える。
>>これ、まるっとファットっす

ね。
これもう現金っす。

金の延べ棒みたいなもんです。
>>ただの木じゃないんですね?

>>ただの木じゃないです。

次、

ただの木って言ったら怒りますよ。
>>これは、天然の油分である、

松やにを多く含んだ木片、ファッ
トウッド。

松は枯れると、

枝の付け根や幹の中など、一部分
だけに松やにがたまる特性が。

松やにがどこに固まっているのか、
ましてや、あるのかないのかさえ、

ひと目では分からない。
アウトドアの達人、荒井、その知

識と経験で。

>>ファットの塊っすね。
>>そしてそのファットウッド、

かつお節のように少し削れば。
>>燃えるってことですね。

長く燃える。

火起こしする人たちにめっちゃ売
れますよ。

>>アウトドアブームの昨今、

自分で火からおこしたいという人
が増え、キャンプ好きの間で人気

のアイテム。
実際にフリマアプリでは、

>>あえて相場より安くし、

一番手で出品。

>>錬金バトルKASEGE、

始まりました。
皆さん、

よろしくお願いいたします。
>>お願いいたします。

>>舞台が無人島で、あのキャラ
クターがばんばんって紹介されて

るとき、ほんま、

漫画の第1巻読んでるみたいでし
たね。

これ、どうなんねん?このあとみ
たいな。

>>どんな戦いが見せられるのか

と。
>>みんな、それぞれキャラクタ

ーがあってね。
だからこのセットやったんですね、

無人島やから。
>>そうなんですよ。

>>えらいお金使ってないな思っ

てたけど。
>>本当ですよね。

床だもんね?
普通に。

>>確かに。

>>床って初めてだよね。

>>錬金バトルスタートから3時

間。

出品一番手を取られた、フリマア
プリの達人、宇田川が動く。

>>出品しました。

>>一番手こそ取られたものの、

出品数は一気に3点。
さらにこのラインナップにも意味

がある。

>>フリマアプリって、

出品した順番に自分のショップが
作り上げられちゃうんですね。

あんまりカテゴリをばらばらばら
ばらしてしまうと、見にくくなっ

てしまうし、浮きを探した人って
いうのは、また違う浮きも欲しか

ったりするんですよ。
なので、浮きを出品したときは浮

きつながりで、また浮きを出品し
たほうがいいんですよ。

>>さらに、

拾ってきた貝は。

>>ちょっとでもきれいな状態で
売りたいので。

ちょっと高級っぽく見せたいとき
に、ちょっとこのふわふわを使う

と、

また見栄えがよくなるので。
OK!

>>貝殻も同じジャンルでまとめ

て出品。
一方、

同じものばかりを集めていたこの
男も、

ようやく作品作りに取りかかった。
取り出したのは、

ホールソーという、穴を開けるた
めの工具。

これを。

水を含ませたスポンジを一緒に回
すことで、摩擦熱によるひび割れ

を防ぐのだという。
>>いけましたね。

こんな感じで。
>>こうやって穴開けるんですね。

>>そうですね。

あと、ここがまだ危ないんで、

お客さんがけがしないようにだけ
は。

>>そして、

浜辺で見つけたロープを再利用し。
>>とりあえず1品目、完成です。

つり下げ型のプランターになりま
す。

つり下げて、

水入れて生花でもいいし、お花か
けて飾っていただければなと思っ

て。
通常だったら、

3000円から4000円ぐらい
で販売するんですけど、ちょっと

売れてほしいんで、

様子見で出してみたいと思います。
>>というのも、今回の勝負、

フリマアプリに出品する際は、
本名を隠した新規アカウントで。

つまり、知名度には頼れない。

純粋にお互いの腕のみで勝負して
もらう。

さらにガラス瓶を使って、もう一
品。

>>なんですか?それ。

>>取り出したのは、

ダイヤモンドの刃が付いたボトル
カッター。

空き瓶を乗せて回すことで、
一筋の傷が。

この傷に、お湯と水を交互にかけ
ることで、

膨張と収縮を繰り返し。

>>こうやって割れるので。

>>さらに。

>>これは砂塚っちゃいけないっ

てことだったんで、これ、持ち込
んできました。

>>持ち込んだ砂と、浜辺で拾っ

た貝殻を空き瓶へ。
>>かわいいですね。

>>ゼリーのような弾力のある質

感が人気のジェルキャンドルを流
し込めば。

>>無人島で作ったジェルキャン

ドル、完成です!

売れてほしいんで、1500円で、
出したいと思います。

>>一方、作る技術に関しては、

この男も負けられない。

得意のアウトドアグッズで出品数
を伸ばす。

>>まずたき火で便利な道具を。

>>これは。

>>これはいいじゃん。

>>浜辺で集めた流木。

これに細工を施していく。

>>カッターの先が曲がっている

ようなやつなんですね。
>>そうですね。

これ、全部クラフトナイフの種類
になるんですけど。

>>内側に曲がってるのと、

外側に刃がついて曲がってるのと。
>>ひっかいて取るほうと、

 
押して取るほうと、いろいろ。

>>さらに、オイルで仕上げた流
木に、

丈夫なひもを結べば。
>>完成です。

お鍋をかけたりするポットハンガ
ーです。

ここを触ると下がってくるんです。
ここで止まってくれる。

遠火にしたいよっていうときにこ
う、

上げると遠火になる。
本当に持ち運びがしやすいので、

これはすごくいいアイテムかなと。

>>おのおのが出品を重ねる中、

中城は苦戦していた。
>>もうこれ、飛んじゃってるん

ですよ。
ほら。

これがついてたんですよね、
全部。

本当は飛ぶ前が欲しかったんです
けど。

松があるのに、松ぼっくりがない
んだな、

この島って、ずっと思ってたん。
>>中城の持ち味を生かすための

作品を彩る植物が、想像以上にな
い。

>>なかなか見つからないからな

あ。
>>手に入るのは、彩りに乏しい

枝や草ばかり。
そこで、中城が目をつけたのは。

>>シーグラス見っけ。

>>これ、きれいですね。

>>シーグラスとは、

海辺に流れ着いた角が取れたガラ
ス片のこと。

>>そもそも、その素材だけでき

れいなので、取り合いになる人が
いるんじゃないかなと。

>>そう、

中城だけではなかった。

>>ちょうど水も引けて。あった
ー!すごい!でかいのあった!す

ごーい!うれしい、これ。
シーグラスは、

これだけを集めて稼いでいる人も
います。

>>もうかるんですか?

>>もうかるんですよ。

色によってレア度があって、

赤とか黄色とかピンクとか、
そういうのを見つけられると、

それだけで価値があります。

>>レアなものともなれば、

たった一つで2000円以上の値
がつくことも。

するとそこへ。
>>あれ?

宇田川さん?あれ。
あんなとこで拾うって、貝殻かシ

ーグラスしかないっすよね。
宇田川さーん、何してんすか?

>>なんか中城さん来ましたよ。

絶対シーグラスですよ、あれ。
やばい、やばいやばい。

先に取っちゃいます、全部。
>>宇田川さーん。

>>やばいやばい。

>>いやいや、ずるい、

ずるい、ずるい。
>>中城さん、シーグラス使うん

ですか?
>>使いますよ、そりゃ。

>>うそ?やばい、やばい。

>>自分ばっかり。ああ、

ブルー見っけ、ブルー見つけた。
>>ブルー、そんなによくないで

すよ。
>>黄色でしたっけ?

>>なんで同じ所に。

>>やばい、

入れ物がない。
>>入れてあげましょうか?

>>大丈夫です。

実はちっちゃいの狙ってるんです
よ。

>>そうなんですか?

>>ちっちゃいのだけでいいんだ

けどなあ。
>>ちっちゃいのでいいの?

>>だから。

>>交換します?

>>大きいのと小さいの、

交換します?
やったあ。

ありがとうございます。
そこそこいいですね。

じゃあ、

そこの大きいのをあげます。
>>でもなんか、曇ってる。

>>小学生みたい。

>>しかし、

そんな2人の小競り合いをよそに、
ここで再びこの男が、行く手を阻

む。
>>おおっ!売れましたね、

これ。

ファットウッド琉球松天然着火剤、
売れるんですね。

>>えー、うそ!荒井さんが1品、

売却成立しましたって。
>>これはちょっと、悦っすね。

>>ええ?

やばっ。

>>ええ!

何が売れたんだろう。
>>さらに荒井、売れると自信か

ら確信に変わったファットウッド
をかき集める。

>>同じ商品でも、

違うバリエーション出してもいい
のかなって。

>>連続出品。

これで出品数は合わせて6品。

対照的なのは中城。

いまだ理想の植物に出会えず、
出品数はゼロ。

しかたなく、今ある材料で作品を
作るしかない。

この時点で夕方4時。
>>えーっと、

まずさささっと出来るものから。
>>取り出したのは、採取したツ

ル。

これに枯れた雑草や貴重な松ぼっ
くりを手早く組み合わせれば。

>>この無人島で一番高級な松ぼ

っくりなんですよ。
はい、出来ました!ガーランドリ

ース。
はい、

この流れがガーランドっていうん
ですけど、滝のように流れる感じ

を出して、ちょっとエレガントさ
を。

>>お仕事として作ったら?

>>6000円から8000円か

な。
今回は匿名っていうことだから、

まあ、2500円とか、

それぐらいがちょうどいいんじゃ
ないかなとは思います。

>>続いて取り出したのは。

>>もう完全に枯れちゃったスス

キを塗ります。

もう一回、ちょっとかわいくなっ
てもらいたいなと。

>>からからに枯れたススキを、

ポップなピンクやパープル、

オレンジ色の植物用スプレーで。
レインボーカラーに。

>>大道芸人みたいですよ。

>>これで完成。

ドライススキレインボースワッグ
ですね。

>>さらに、

スワッグや独特な形の流木をシル
バーに塗った花器も出品。

遅れを取り戻せるか。
夜が更けても作業は続く。

昼間、

ジェルキャンドルを作った瓶の余
りと、

拾った貝殻を組み合わせ。

>>無人島風鈴ですね。

4000円でいきます。

>>ヤシの実をくりぬいたプラン
ターも出品。

売り上げトップを走る荒井も、
手を緩めない。

>>波来ちゃった。

いいっすね、後ろ、

波が入りましたよ。
リゾート感、半端ないっすね。

>>これは、

流木の独特な形を生かして丸くく
りぬき、

オイルで仕上げたキャンドルスタ
ンド。

♬~ (上戸) 健康には免疫力

歯には抵抗力が大切です

でね…歯の抵抗力は

フッ素で高められるんですって!

ということで

コレッ!「クリニカ」アドバンテージ!

≪高濃度で 高密着フッ素処方≫

≪フッ素が 歯の抵抗力を高めて
むし歯を予防する≫

フッ素入りハミガキは

♬~「クリニカ」
≪アドバンテージ≫

歯には 抵抗力を 《ワンピースキャンペーン 実施中!》

>>あ!やばい!売れた。

さっき作ったやつ!

>>貝をジャンルでまとめて出品

した中にあった手作りインテリア
が売れた。

>>それと、こっちの貝殻。

>>宇田川の作戦は見事的中。

売り上げで荒井に追いついた。

>>やったー!うれしい!うれし

い!
>>だが、

喜びもつかの間。
>>なんか来ましたけど。

え?
売れてませんか?

>>まじっすか?

>>ジェルキャンドルと、プラン
ター、

プランツハンガー。

一点もののプランツハンガー。

2つ、なんか売れてるみたいです。

>>今度は野口が、荒井、宇田川

を追い抜き、トップに躍り出た。
>>まじか!

>>これで、

売れていないのは中城のみ。
>>くそー!

>>翌日は雨。
この天気が、さらに中城を追い込

む。
>>結構、僕の仕事って、乾いて

るものを使ったりするので、
雨にぬれちゃうと困るから。

この雨は、みんな一緒ですからね、
条件は。

>>そう、雨の影響は現在トップ

の野口にも。

>>ハンダ全然溶けない。

どうしよう。
>>本来、すぐ溶けるはずのハン

ダが、雨の影響か、全く溶けない。
>>寒いし。

>>一方、アウトドアの達人、

荒井は。
>>あの貝、ないかな。

>>実は荒井、きのうから。

>>南国来ると、

すごくいい貝があるんですよ。
もっと先行きましょうよ。

>>必ず高値で売れると踏んで、

ある材料を探していた。
それさえ見つかれば、

フリマアプリでも人気の高額商品
を作れるというのだが。

この日も。

>>どうですか?

>>ないっすね。
すごいっすね、雨。

>>雨が横殴りだ。

>>そんな中、

フリマアプリの女王、宇田川は。

>>いい!私が欲しい!出品する

ー!

>>特大シーグラス合わせて3点
を、アクセサリー置きとしてその

まま出品。

目線とアイデア1つで、商品に付
加価値をつける。

雨の影響はほとんどない。
すると。

>>あっ!売れた!売れた!これ!

>>今さっきのやつ?
>>これこれこれ。

えっ、売れた、売れた!うれしい!
>>なんと、

出品から僅か5分でシーグラスが
売れた。

>>3品売却成立?

こわっ、びっくりした。
>>え?きょうで3品なんですか?

>>この時点で、

宇田川が一躍トップに躍り出る。
さらに、女王の手は止まらない。

>>ちょっとシーグラスきてるん

で、連続出品です。

>>100円均一で買える手芸用

のヘアゴムにシーグラスを接着し、

涼しげな夏アクセを4品。
さらにきのう売れた貝のインテリ

アのシーグラスバージョンも。

形そのままのシーグラスも含め、
宇田川、怒とうの7品連続出品。

>>ヒロミさん、いかがでしたか?

>>いや、すごいね。

やっぱプロだね、もう、本当に。
考えるのもすごいし、結構、

手間暇もかかってるし、売れ線の
ところも、

ちゃんと分かってますよね。
>>知識があるないで、だいぶね、

ガラスがどうとか、着火剤になる
とか。

>>めっちゃおもしろい。

中城さんの欠点は、写真が下手な
んです。

なんかせっかくアートなのに、

下に変な謎のかごっていうか。

>>オレンジのかご。

>>中城さんの作る作品こそ、
一番きれいに撮りたいところです

よね。
>>宇田川さんは、でもさすがで

すね。
インテリアとかって、小物入れを

何個か置きたいと思ったときに、
統一感。

>>同じのを出品するの、すごい

強いなっていうふうに思いました。
>>まとめて1人の方が買う方も

出てくるってことですよね。
>>私も買うとき、結構そうする

ので。
>>一気にそろえられるっていう。

>>錬金バトル3日目。

>>宇田川さん、おはようござい

ます。
>>おはようございます。

>>現在トップの宇田川は、

余裕のモーニングバナナ。
そして、またしても。

>>売れた?

>>きのうの夜、売れてました。
>>本当ですか?

>>はい。

シーグラスで作ったヘアクリップ
が売れてました。

やったー!まあ、

予想どおりというか、

出品数もたくさんやってるので。
>>絶好調の宇田川。

この日は。
>>この間、

流木探しに行ったときに、すごい
かわいい形のを見つけたので、

このまま出品したいと思います。

>>写真の撮り方に売るこつが。
>>意識したほうがいいことは、

なんかよけいなものが写らないよ
うにするってことが大事。

なので、今、

私は本当にここの砂利しか写って
ないんですよ。

流れ着いた流木のように見える。
>>そして、余った流木には、

ネジ式フックを取り付けて、
フォトハンガーに。

>>流れてきた流木が、売れる作

品に変わりました。
>>と、そこへ。

>>顔が疲れてるよ。

>>それもそのはず、何せ、

いまだ売り上げゼロ。
>>中城さん、ファイト!

>>敵に応援されるという屈辱を

受けた中城。
流れを変えるべく、

これまでとは違った趣向の一品を。
>>ブートニアを作ります。

>>ブートニアは、

結婚式で新郎が胸につける飾りの
こと。

通常、花嫁のブーケ同様、花で作
るのだが。

>>シーグラスですか?

>>もう本当、

イレギュラー中のイレギュラーの
使い方ですよ。

>>さらに、金の針金は。

>>これもちょっと、味付けにね。

>>あとは、これを形よくまとめ

れば。
>>エキゾチックな。

>>どことなく南国を感じさせる、

これまでにないブートニアが。
さらに。

>>ハーバリウム作ろうかなと思

ってます。
>>ハーバリウムとは、

ドライフラワーなどをオイルに浸
した、

長期保存できるインテリアフラワ
ーのこと。

今回は花がないので、

お得意のグルグルワイヤーを巻い
た流木を瓶の中へ。

>>これでオイルを入れて。

よいしょ。

>>なんか、

海に沈んだみたいになった。
>>888円にします。

>>売り上げ的に追い込まれてい

るのはこの男も。

使い勝手がよくなるひとテクニッ
クを入れ、売れ筋のアウトドア商

品を作る。
>>これ巻くだけで、すごい便利

なアイテムになるんですよ。
ランタンハンガーです。

>>ランタンかけるんですか、

これに。
>>ランタンだけじゃなくて、

こっち、ギアハンガーにも使える
んで、

クッカーさげたりとか。
これをほら、帰るときに、よし、

帰ろ。

ここにさらにもう1個持てる。
>>なるほど。

>>いやいや、持たないよ。

>>こっち子どもと手つないだり

も。
こう帰るんです。

>>使う人の気持ちを考え、

かゆいところに手が届く、それが
ブッシュクラフトのテクニック。

さらに高額商品をねらいたい荒井
は、

川で洗い物。
これは。

初日、浜で見つけた。
>>見て!水牛の角じゃないです

か、これ。
>>東南アジアから流れてきたん

じゃないですか。

>>流木を角ぴったりにカスタマ
イズすれば。

>>はめると、オブジェ。

>>とりあえず1万円で出品。

これが売れれば逆転。
>>こういうタイプって、安く出

しちゃっても、なかなかっていう
ところありますもんね。

>>そしてこの男も、

高額商品をねらう。

>>ちょっと大きめの作品、

作ろうかな。

>>ここまでの集大成となる大作
作り。

まずは、

初日からこつこつと集めてきた素
材をレイアウト。

トレードマークのグルグルワイヤ
ーはここにも。

そのワイヤーに試験官を固定すれ
ば。

>>ほら、出来た!どうですか?

壁掛けオブジェ。

ここにお花を一輪飾ってくれると、
壮大な壁掛け一輪挿しに。

とりあえず、

1万5000円にしとこっか。
>>バックが悪いんだよな。

>>お願いします。

>>一方、出品数最下位の野口は

困っていた。
>>あっ、

これかもしれん。
>>そう、この丸太、

拾ったはいいものの。
>>どうしよう。

僕の持ってきてる工具じゃ、
ちょっと切れないんで。

>>で、向かったのは。

>>荒井さん。

お疲れさまです。
>>お疲れさまです。

>>ちょっとお願いがあるんすけ

ど、これを。
>>これっすか?

>>ちょっと切ってほしいんすけ

ど。
>>了解です。ちょっとやってみ

ます。
>>いいっすか?

>>野口が太刀打ちできない丸太

も、この男の手にかかれば、
ものの15分で。

>>お疲れさまです。

>>お疲れさまです。

もう作ってきてくれたんですか?
めっちゃきれいになってるじゃな

いですか。
>>本当ですか?

>>ありがとうございます。
>>僕、いい仕事した感じですか?

>>いや、めちゃくちゃ、すみま

せん、ありがとうございます。
助かりました。

>>負けないぞ。

>>荒井のアシストをもらった丸

太に、

ドリルで穴を開ける。

>>ここにささるように、ちょっ
と。

>>送料も考え、あえて固定しな

い組み立て式に。

穴を開けておいたガラス瓶をつり
下げれば。

>>これで完成っす。

流木のランタン。
>>いいですね。

>>結構、高めで出しても大丈夫
だと思うんで、1万円で出します。

ちょっと強気で。
>>さらに、ランタンを立て続け

に作製。
浜辺で拾った漁船ライトの中身を

取り出し、

さびた部分を磨いて落とす。

>>お客さんありきなんで。

>>ガラス瓶と組み合わせれば。

>>ちょうどいい感じですね。

キャンドルランタン、完成になり
ます。

>>初日に売れたジェルキャンド

ルも追加出品。
そしてこの男もキャンドルを。

>>これを新たな照明に変えたい。

>>これは、

きのう浜で拾った、

年代物の昭和レトロな裸電球。
>>電球、すぐぱきっといっちゃ

う。
>>そこで、

野口の丸太を切ったお返しに。
>>切ってもらいたいなーなんて

思うんですけど。
>>電球、めちゃくちゃ大変なん

ですよ、薄くて。
>>丸太も大変だったなあ。

>>と、

電球の根元を切ってもらったもの。
>>いけそう、いけそう。

>>これ、

溶かしたロウなんですけど、
ここに入れて。

これで固まるのを待ったら、
商品になるので。

>>だが、荒井、痛恨のミス。

荒井が持ち込んだロウ、固まると。
>>じゃーん!どうですか?これ。

>>白くなる。

裸電球ではなくなってしまった。
>>本当のろうそくのパターンだ

ったな。
>>だめっすね。

>>あえなく狙った額より低く、

1000円で出品。
>>ちょっと入れ過ぎちゃったな。

>>最終日前夜、

ここから波乱の夜が幕を開ける。
>>なんか来た。

えっ?
えっ?

これまじっすか?
流木スタンド、

さっき作ったやつです。
売れちゃいました。

>>出品して僅か7分で売却が成

立。
しかもその金額は、

これまでで一番高額な1万円。
>>いや、1万円はえぐい!しか

もこの人、

一発目にプランター買った人です
ね。

>>そう、

これまで野口の商品を3品購入。

名前を伏せての出品にもかかわら
ず、開始3日で完璧にファンをつ

かんだ野口。

さらにシーグラスコースターとヤ
シの実プランターも、

1000円値引きでセット販売に
成功。

出品数では最下位、売却数も宇田
川には及ばないが、高額商品が売

れたことで、ここで一気にトップ
に躍り出る。

>>この調子で、

ちょっと無人島で無双してやりま
すよ。

>>その通知は、宇田川のもとへ。

>>ん?

えー?
野口さん、3品売れたそうです。

すごーい!
>>だが、

売り上げ金額までは通知されない
のが、錬金バトルのルール。

売却数では大きくリードしている
宇田川、追い抜かれているとはつ

ゆ知らず。

>>きょうはもう終わりにしまー

す!余裕の終わりー!

>>そのとき、

虎視眈々とトップを狙うこの男は、
ここでようやく。

あれを、

削っているこれは。
>>南国来ると、すごくいい貝が

あるんすよ。
>>と、初日からずーっと探して

いた。
>>夜光貝っす。

これを磨いて、

一発逆転を狙おうかなと思ってる
んですけど。

>>夜光貝は、南国に生息し、

サザエの仲間で最大種の巻き貝。
硬い表面を削り、

丁寧に磨き上げることで、真珠の
ような輝きに。

アクセサリーやインテリアとして
も大人気で、実際にフリマアプリ

では、3万円の高値がつくことも。

>>ずっと放置されてるから、

たぶん、

カルシウムなんですかね、付着し
て、軽ーく削っていくみたいな形

です。
むずいですね、形が複雑で。

>>凸凹した表面を削り過ぎれば、

穴が開いてしまうため、削るあん
ばいがとにかく難しく、

また重労働。
機械で削るだけで4時間。

さらに、

紙やすりで仕上げ。
ダウンを羽織って作業すること、

全部で6時間。

びっちりと石灰が付着していた夜
光貝が。

>>完成でございます。

このグラデがたまんなくないです

か。
>>そして、中に照明を入れれば。

>>夜行貝のランプシェード。

>>一発逆転を狙って。

>>1万5000円で出します。

>>無人島最高額で出品。

>>現時点では、野口さんがトッ

プということになりました。

>>野口さんは出品数が一番少な
くて、

値段的には一番高額だという。
>>値付けが高いほうが、ブラン

ド感じますもんね。
>>なるほど。

>>中城さんは、本当に写真撮る
パターンのバックが悪すぎるって

いうのが。
>>壁掛けのアート作品なんか、

本当にすてきでしたけど。

ちょっと背景と一体化しちゃって
る感じしますもんね。

>>ピンクの。

>>これ、皆さんにもいえます。
中城さんこそ、

やっぱり自分の名前を出せないっ
ていうのが、やっぱりどうしても

苦しいというか。
とはいえ、本当に今、このままゼ

ロで終わったら、通常のアーティ
スト活動にも影響を及ぼしかねな

いという、

かなりリスキーな挑戦されてます
よね。

>>気付いたのは、やっぱ僕、

夜の時間帯をうまく活用するって
いう話と、あともう一個、思った

んですけど、照明が売れるんだと
思って。

キャンドルとか、ランタンとか。
それやっぱり、

ヒロミさんがおっしゃるとおり、
写真が映えるからなんですよ。

夜の時間帯のキャンドルとか。
だから、照明をうまく使うと、

価格をつけても結構、納得しても
らいやすいんだなっていうのが。

>>ファーストステージ最終日。

口火を切ったのは、やはり宇田川。
>>やばい!

売れてた!

風鈴売れた。

うれしー!
>>風鈴とは、

きのう拾ったペットボトルを切っ
て作ったハンドメイドのインテリ

ア。
>>最終日、

快晴です。

>>ファーストステージのタイム

リミットは、この日の正午まで。

その段階で出品されたものは、

セカンドステージが終わるまで売
られ続けるから、あとから手を加

えたり、値段の変更は行えない。
値下げに走るもよし、出品数を伸

ばすもよし。
いずれにせよ、残された時間をど

う有効に使うかが、

セカンドステージの行方を大きく
左右する。

現在トップの野口は、時間いっぱ
い作品を作ることを選んだ。

焦って値段を下げるより、

クオリティの高い作品をファンに
購入してもらおうというねらい。

と、宇田川に続いて。

>>これは、ソールドになってま

すよ、僕のが。
上がる!

>>荒井は、

ファーストステージで唯一売れた
ファットウッドを求め、山へ。

>>掌底してる。

>>もはや、ただの野人。

下は800円からと、これまでよ
り値段を安く設定し、一気に8点

出品。
そして宇田川は。

>>私はですね、ちょっと値下げ

せずに売るという方法で、

セット売りという方法で、

今まで販売してた金額より、
ちょっと高く売るという、

逆バージョンの戦略をやってみた
いと思います。

300円、300円、300円で
出品してたので、

合計900円なんですけど、
999円にします。

>>セット売りというワードや、

999円という値段設定がお得感
を演出し、

元の値段よりも高く売れる可能性
があるという。

対照的なのは中城。
>>値下げの口火を切ろうと思い

ます。
>>これまで作り続けた作品のう

ち、

半分以上を大幅値下げ。
さらに、

タイムアップぎりぎりまで作業を
続け。

最後まで素材のなさに苦しめられ
たものの、最終日だけで合計8品

を作り上げた。
そしてここで。

大自然を舞台にした戦いを制した
のは。

>>無人島ファーストステージ、

第1位は。

野口さん。

1万7000円。
>>うそー。

すごーい。

>>第2位は、

宇田川さんの1万980円です。

>>絶対1位だと思ったのに。

>>思ってた以上に売れたので、

自分がたぶん一番びっくりしてる
と思います。

>>ファーストステージ、無人島

の勝者は、アップサイクルの達人、
野口。

2位宇田川との差は、およそ
6000円。

まだ誰もが逆転の目がある大混戦。

勝負はセカンドステージへともつ
れ込む。

>>すごいですね、

野口さんは本当に出品数が一番少
なくて、

売れた数も少ないけども、値段的
には一番高額だという。

>>難しいですよね。

安くすればいいっていうものじゃ
ないっていうか。

>>やっぱり、勝負で1万円で勝

負にいったあのスタンドが、
絵もよかったしね。

本当に。
>>やっぱりそこらへん、中城さ

んね。
>>中城さんは、

すげぇいいのがあって、売れそう
なのに。

>>でも野口さんは、ファンつい

たから、ってことは、中城さんに
もファンついたら、

全部統一性あるもんやから。

>>どっちかっていうと、値段上

げなきゃいけないのに、下げにい
ってたじゃないですか。

だから後半も苦戦しそうだなと思
ってました。

>>ここからね、一体どんな展開

になってくるんでしょうね。
ここから場所を移動するんですよ

ね。
>>そうですね。

>>無人島じゃなくなるのか。

>>そうなんです。

>>手にできるアイテムも変わっ

てくるでしょうから。
>>そして舞台はセカンドステー

ジへ。
現在トップを走るのは野口。

しかし、

後れを取っている達人たちもまだ
すべての技を見せきったわけでは

ありません。

資源のなさに苦しんだ、

フラワーアーティストの中城。
しかし、セカンドステージでは、

彼こそが台風の目になるんです。
>>何が出てくるんだろう。

>>ファーストステージからの変

わりようがすげぇな。
>>何ここ?

>>うそでしょ?
>>ここは福島県某所、

かつてゴールドラッシュに沸いた
廃鉱山。

400年の歴史を持ち、

最盛期には年間1トンもの金を生
み出したこの場所で。

>>金、金、金。

>>一獲千金を狙い、金を掘る者
もいれば。

>>やばい、やばい、ここ。

うわー。屋根がない。
>>材料を探して、廃屋を探索す

る者も。
>>露天風呂っぽいですね。

>>本当ですね。

>>実はここ、50年ほど前に閉

山。
その後、

レジャー施設として観光地化され
るも、今は昔。

地元住民は語る。

>>東日本大震災ということがあ

りまして、

やはりお客さんが全然戻ってこな
いんですよね。

ああなってからはもう、壊すしか
ない。

そういうだめになっていくもの、

朽ち果てていくものが少しでも生
き返るというか、

生き続けられれば、希望が出てく
るような感じもありますよね。

>>この廃鉱山で、

錬金バトル第2章が幕を開ける。
この日は、ファーストステージか

ら3日目。
気になるのは、

出品していた商品の行方。
だが、

この3日間で意外な展開が待って
いた。

>>中日、どうなったんですかね。

>>まずは、

ファーストステージトップだった
この男。

>>えっ、売れてる。

風鈴が売れてます。
2500円。

>>さらに。

>>あっ、売れてる!

あー!やった!最後に最後にセッ
ト売りしたやつ。

すごーい、作戦どおり。
>>では、この男はどうか。

>>これだと帰れないもん。

あれ?

ちょっと待ってください。
ちらっと見えたんですけど、

中城さん、1品売却成立。

うれしい!まじっすか。
これ、

流木の一輪挿しのうちの1つが売
れました。

>>無人島最終日、

走り回って見つけた素材で作った
流木の一輪挿しが売れた。

>>やった!

>>だが、

波乱はこのあとに待ち受けていた。
>>売れました!

夜光貝売れましたよ。
やばい!

>>全出品物の中で最高額、

1万5000円の夜光貝が売れた。

ほかにも得意のアウトドアグッズ
が売れ、合計5品、

一気に2万5500円を積み上げ
た。

>>やばーい!

>>完全に波に乗る荒井。

このステージから、戦い方も変え
るという。

>>僕、ほら、

木の色ばっかりだったじゃないで
すか。

>>無人島ですか?

>>山でのクラフトだけじゃなく

て、

少しかわいくしたいんですよ。
>>というのも。

>>僕にも娘がいるので、

その気持ち分かってるぞっていう
ところ、見せないといけないから。

>>この作戦がどう出るかですよ

ね。
>>だが、ステージが変わり、

最も様変わりしたのはこの男。
>>あっ、アジサイ見っけ。

やったぁ!これですよ、これ。
あー、すばらしい。

高いですよ、これ。

>>これだけでも?

>>販売してる価格ベースでいう
と、

1本600円から1000円の間
かな、普通に。

>>無人島では出会えなかった、

作品作りの素材が、山ほど。
>>お金の山ですね、

本当、まさに金山。
本当。

>>素材の豊富さに喜んでいるの

は、この男も。
>>これ、このドア、

めっちゃいいじゃないですか。

>>われわれにはごみくずにしか

見えないものも、ふだんから廃材
を扱う野口にとって、どれも魅力

的に見えてしまい、散策が止まら
ない。

>>こういうの大好きなんですよ

ね。
>>すると。

>>これ、めっちゃいいのあった。

いいじゃないですか。
電球はついてないですけど、

この状態でも全然いいんで。

>>一見ぼろぼろの照明も、

この男にかかれば、金に生まれ変
わる。

と、そこに。

>>あれ?

ここで何してるんですか?
あ、またそんなの見つけて。

>>ちょっといいのを見つけちゃ

いました、あの奥にあったんで。
>>どこにある?そこにあったん

ですか?
>>現在最下位の中城。

金のにおいがするものには、
かなり敏感になっている。

>>その奥に、隠れてましたよ。

>>先に見てたら、絶対割ってた

んだけどな。
>>ひどい!

>>他人が使えそうなの破壊する

っていう。
>>そういう作戦もあるんです。

>>すると。

>>おっ、

額あんじゃん、額。
>>取れそうですか?

>>結構、腐ってるけど、

俺が必要なのは、

この側だけなんで、使える。
>>素材はそろった。

あとは無人島の雪辱を果たすべく、
全力を尽くすのみ。

>>逆転するしかないってやつを

作ります。

ちょっとぼろぼろになっちゃった
額を利用して、

ちょっとニスで塗って、額の裏も
復活させます。

>>そして、

ぐるぐるワイヤーがここでも登場。

>>これぞ中城さんの真骨頂です

ね。
>>真骨頂です。

>>実は、

このワイヤーを使った作品は、
ケルズといい、中城の代表作。

大がかりなものともなれば、
77万円もの値がつく、

まさに大作。

このワイヤーを張り付けたキャン
バスに、カラースプレーで色づけ

したアジサイやユリを組み合わせ
れば。

>>こんなふうに、完成です。

>>真骨頂、出ましたね。

タイトルが、

立体花絵画。
>>花絵画?いいですね。

>>ふだんだったら、

基本的にこのサイズは9万、
8万です。

1万2000円でいきます。

>>さらに大作をもう一品。
>>これも使えんじゃん。

すごい、かっちかち。
これ、

いいわぁ。
アート。もう、これだけでアート

じゃないですか。

>>廃鉱山ならではのさびた無骨
な金属を、作品に取り入れるとい

う。
>>はいっ、完成しました。

廃鉱山の時の歯車という題名にし
ます。

歯車っぽく、廃鉱山に落ちてた過
去の栄光を物語るさびた素材たち

と、

山に眠ってたドライフラワーと。
1万5000円でいきます。

>>続いて、

廃屋に落ちていたひまわりのドラ
イフラワーを使って。

>>僕なりのゴッホのひまわりを

表現しました。

1万でいきたい。
>>中城さんの作品、2つですね。

>>やっぱり立派だよ。

>>めちゃめちゃええやん。

>>すてき。

>>売れるよね、普通に。

これなんかいいもんね、周り。
>>めっちゃかわいい。

>>これはこれですてきですよね、

これね。
作品としてかっこいいな。

>>かっこいい、かっこいい。

>>欲しいもんな、普通に。

家に持って帰りたい。
>>これは実際、見たほうがいい

ですね。
>>ああいうアプリで、

これを見抜けるか、なんかね。
気付かれたら、ばんっていっちゃ

うかもしれないよね。
>>確かにそうですね。

>>これって思ったら。

>>果たしてこの作品群が、

大逆転の口火を切れるか。
だが、そこに。

>>うわっ、

嫌なもん見たわ。
宇田川さん、1品売却成立だって。

>>そう、

逆転を狙っているのは宇田川も同
じ。

>>荒井さん、

5品売却成立。
えー!

>>宇田川の弱みは、単価の安さ。

ファーストステージでは、

売却数で優っている野口に後れを
取った。

だが、無人島と違って、

この廃鉱山は物が豊富。

フリマアプリの女王のノウハウと
目利きで出品数を伸ばす。

>>拾ったものだけで勝負してる

のが一番すごいよな。
>>あっ、お米のもみ殻。

すごーい!これ、このまま売れる!
>>このまま売れるんですか?

>>そう!

>>もみ殻は、

畑の土壌改良などに使われ、

実際にフリマアプリでも販売され
ている。

>>出品します。

松ぼっくりも、これもいいですね、

このまま売れます。
>>え、そんなの売れるんですか?

>>売れます。

>>集めた松ぼっくりは、まとめ

て煮沸消毒。

>>購入者の方にも安心して買っ
ていただきたいなっていうのがあ

るので。
>>さらに、

写真撮影にもう一手間。
取り出したのは、

100円ショップでも買えるスチ
レンボード。

2枚の板をガムテープで留めるだ
けで。

>>ここに商品を置くと、めちゃ

めちゃ映えます。
で、なんかこの背景にしたければ、

これを反射板として使っていただ
いてもいいんですよ。

そうすると、

より明るく撮れるので。
あぁ、すてき。

800円でいきます。
いける!出品します。

>>すると。

>>あーっ!

>>どうしました?

>>もみ殻、売れた!

きゃー!イエーイ!

>>宇田川のフリマアプリにおけ

るポリシーは。
楽しく売ること。

>>私の体重、耐えられる!

ほぉぉぉ!

>>ネガティブな気持ちで出品す

れば、

それが写真や文章などにも表れる
のだという。

楽しそうなのは、

こちらも同じ。
>>え?大丈夫ですか?

>>とはいっても、至って真剣。

狙っているのは。
>>よいしょ。

取れました。
>>もうちょっと、

やり方あったような気がするんだ
けど。

>>さらに差を広げるべく、

素材を収集中。
>>気をつけてくださいね。

>>こっちのせりふです。

>>と、荒井が見つけたのは。

>>あっ、これいいよ。

>>これは。

>>炭鉱に入るときに、明かりを
つけるスイッチカバーっぽいんで

すよね。

昔の電気を送電するやつの。
金になるんじゃないのかな?

>>鉱山が最盛期にあったのは、

昭和初期。

粉じんや水から電源スイッチを守
り続けてきたと思われるスイッチ

カバーだが。

現在はただの鉄くずにすぎない。
これが、新たなアウトドアグッズ

に生まれ変わる。
>>きれいに塗るような感じでは

なくて、

あえての粗さがやっぱりかわいい
ポイントになるので。

>>ペンキをあえて拭き取り、

素材のさび感を残したビンテージ
風に。

抜けていた底の部分には。
>>ぴったり入りましたね。

>>底がつきましたね。

かわいいっすね。
ギアボックスです。

アウトドアとかに持ってってもら
って、スパイスとか入れてもらっ

てもいいし。
工具だと、

ちょっとこういう短い系を入れて
もらえるとかわいいのかなと。

>>さらにかわいいを追求して、

もう1品。
これは、鉱山の外れの食堂で見つ

けた。
>>あっ、お茶箱じゃないですか。

ブリキが張ってあって、

お茶が湿気ないように入れてあっ
た箱ですね。

道具とか棚とか、そういうものに
生まれ変わらせるのには、味があ

ってすごくいいんですよ。
>>昔の大工さん、

こういうの道具入れにしてた。
>>昭和レトロな雰囲気で、

リメイクもしやすく、

収納ボックスやインテリアとして
今、フリマアプリでも人気のアイ

テム。
>>これもう、みんな食いつくよ。

>>カラフルに塗った木材を組み

合わせたら。
>>完成でございます。

かわいい。

ちょっとアンティークな感じ。
北欧調のカラーリングで、

棚板はヒノキでございます。
防虫効果が高いのと、丈夫で、

水に強かったりするんですよ。

5000円でいきます。
>>一方、

高額商品で逆転を狙いたい野口。

>>こういうのも解体したことあ

るんですか?
>>そうですね、

サッシとかは解体したりとかは。
>>というのも。

>>もともと、大工だったので。

おやじが大工なので、今も応援で
たまに行ったりだとか。

>>そう、

仕事が休みの日などは実際に現場
に行き、

今もばりばりに工事の手伝いをし
ている野口。

ファーストステージに比べると、

ものが多いこの舞台。
大工技術を駆使して、

さらなる大物を狙う。

>>すげぇ!

>>取り出したガラス板を、

先端にダイヤのついたガラスカッ
ターで、まっすぐ傷をつければ。

>>できましたね。

>>へぇー、すげえ、

そんな感じで割れるんですね。
>>傷に対して上下から負荷をか

ければ、てこの原理でガラスが割
れる。

そして、

板材を組み合わせた木枠に、

温泉で拾ったテーブルの足を取り
付けて。

>>扉のガラスを切ったやつをこ

こに。

出来ました。
ガラスのローテーブル。

1万8000円で、ちょっと強気
で、

失礼します。
>>さらに、

温泉で拾ったガラスの引き戸と。
中城に。

>>絶対売れるやつじゃん。

>>隠れてました。

>>先に見てたら絶対割ってたん
だけどな。

>>と言われた洋風の電灯を組み

合わせれば、和風のランプシェー
ドにアップサイクル。

ものが増え、これまで以上のパフ
ォーマンスを見せる達人たち。

出品物のクオリティーも上がり、

いつ逆転が起きても不思議ではな
い。

>>もう体が限界ですよ。

>>まだまだ先長いです。

>>これでね、

ちょっとでも売れてたら、

まだ気分が晴れるんですけどね。
>>まだ1100円ですもんね。

>>1100円なんですよね。

>>なんとか、ここから巻き返し

たい。
>>集中するときは、

いつも音楽をかけて。

よし。こんなやつ。

知ってる?

こういうのを聴いて、

ふだん仕事してます。
僕はケルト好きっていうか、

アイルランド好きなので、基本、

聴く音楽はケルト音楽か、アイリ
ッシュミュージックとか、そうい

う癒やし系。
似合うでしょ?

棚持って走ってる。なんのために?
>>もちろん、それはバトルに勝

つため。
>>急ぎましょう。

>>そう、

今はまだ勝負の真っただ中。
達人たちは、

己の持てる技術を駆使し、

ただ朽ちていくのを待つだけだっ
たものたちに、命を吹き込んでい

>>そんなしのぎを削り合ってい

る現場に、一人の男が。

>>コカドさん、

ここが第2ステージの舞台です。
>>舞台ですか?ここ。

>>現場、行ってらっしゃったん

ですね。
コカドさんも参戦?

>>参戦じゃない、見に行っただ

けです。
>>ビンテージ好き、かつ自身で

もバッグや小物を作るというコカ
ド。

このあと、コカドの登場が、
意外な展開を巻き起こす。

>>あ、やってる、なんか。

いますね。
こんにちは。

>>あっ、どうも。

>>すみません、

作業中に。
こういうのですか?

なんかすごいよ。
めっちゃポップ。

これはテレビ?

>>これは、

廃虚で見つけた往年のブラウン管
テレビを。

>>かわいいっすね。

>>分解。

>>ああ、抜けました。

これがテレビの中身でございます。
めっちゃ硬いんですよ、これ。

>>テレビっていうか、

こういうの分解したことあるんで
すか?

>>あります、あります。

実家が工務店なんで。

おやじがこういうのくわしくて。
>>工務店のせがれ、荒井は、

廃虚で見つけた蛍光灯。
さらに戸棚についていたガラスの

板を組み合わせて。
>>完成です!下にライトが入っ

てて、

照明がつくディスプレイスタンド
なんですよ。

例えば、ボトルとかフィギュアと
か、

そういう自分たちの趣味をここに
飾ってもらうと、入れると、

ちょっと光るんですよ。
>>めっちゃかわいい。

>>これ、

5000円なんですよ。
>>なるほど、いい値段だな。

俺、

これ売れると思うけどな。
>>やったー!

>>ずっとしゃべってるうちに、

めっちゃ欲しなってきた、これ。
こんにちは。

こんにちは。

>>こんにちは。
>>どうも。

これ、

作られたんですか?
>>そうですね。

>>キャンドル?

>>はい、キャンドルホルダーで。

>>木も?

>>そうなんです、木も、もとも

とドアの部品ですね。
>>そう、

もともとはランプシェードの材料
として、初日に解体した扉。

その余った木材を再利用した。
>>ベースは完成です。

>>そしてこの穴に、

ガラス瓶同様にカットしたワイン
グラスを。

底の部分を落として、さし込んだ
ら。

>>これで完成です。

ヒノキのキャンドルホルダー。
>>うわっ、めっちゃええっすや

ん、火つけたら。

いくらで出そうとしてるんですか?
出してるんですか?

>>これ、3000円です。

>>3000円?

これ、3000円?
俺、売れると思うけどなあ。

うわー、いい。
これおいくらですか?

>>1万8000円で出してます。

>>全然、

こういうの探している人は、
もう、すぐ買いますよね。

いや、これいいよ、これ。

あれ?

後ろ姿しか見えてないけど、
中岡君かもしれない。

あの、

ロッチのコカドと申します。
はじめまして。

なんか一番、

値段をつけにくいものを作ってる
っていう感じですね。

全然ほかの方と毛色が違う。
>>何作ってました?

>>家具的なというか。

>>ああ、本当ですか。

>>すごいの作ってましたよ。

あれが1万円だったら、絶対買う
なあ。

>>本当ですか?

へー、楽しみ。
>>これ言っていいんかな?

>>そう、本来、

相手の出品物は値段は伏せられて
いる錬金バトル。

コカドが思わず漏らしたひと言が、
このあと、中城を迷わすこととな

る。
>>なんだろう、

これだけ時間かけて、何作ってた
んだろう。

>>こんにちは。

あっ、こんにちは。
すみません、作業してるところ。

あの…。
>>分かんなかったな。

>>気付いてないよね。

>>あれは、何を一般の人が声か
けてきてるんだ?っていう。

>>そういう感じでしたよね。

>>これ、今、

作ってる最中ですか?
>>そうです。

今はこの割れてしまった植木鉢を
売り物にしようかなと思ってます。

>>できます?

>>できます。

>>ええ?これ、

ここから売り物に?
>>はい、私に売れないものはな

いんで。
>>すごっ!本当に?

これは?
これ、売り物?

これ、ネジ。
>>でも、ネジとしては使わない

んですよ。
これは、どうやって使うかという

と、箸置きになります。
>>うわーっ、まじ?

>>おしゃれー。

>>買うかな?

ちょっと待ってよ。

>>なんかね、

このネジの色合いとかが、なかな
かないネジなんですよ。

>>そうなんだ。

>>そうなんですよ。

>>今はあんま探してもないわけ

なんですか?
>>そうなんです。

>>へぇ。

そんなん言われたらほしなってく
るけど。

そういうのを文章で書くんだ、
いろいろ。

>>そうです、そうです。

>>今では、なかなか珍しいとか。

>>ここでコカドに聞いてみた。

>>誰が一番勝ちそうですか?

>>難しいなー。

横にいて、

安心感があったのは、

中城さんが。

(藤岡)<U.F.O.>

♬~ ソースならば日清U.F.O.
ソースがただ濃厚U.F.O.

♬~ 濃くて 旨いから 売上No.1

♬~ ソース濃厚 いい匂い 超うまい
ソース衝動 食っちゃえ 食っちゃえ

♬~ ソース最高 マジ止まらん ハングリーハイテンション
うおぉぉぉ!

箸!

♬~ 濃くて旨い旨い No.1

♬~ 日清焼そばU.F.O.

♬~ 濃くて旨い旨い No.1

♬~ 日清焼そばU.F.O.
<ラー油マヨまぜそばも>

>>皆さん、ずばり、誰が優勝さ

れると思いますか?
>>俺はね、

野口さんがいくかな。

>>あのテーブルなんかもね、

すごいすてきでしたよね。
>>すごいですよね、

まさか廃材から作ったとはもう思
えないような。

>>私は中城さん。

おっきな作品を最終的に仕上げて、
高い額のものが売れるみたいな。

>>やっぱりこのままでは終わっ

てほしくないですよね。
>>いやでも、このままで終わっ

てくれても、

おもしろいかもしれない。
>>あかんって、1100円のま

ま、ちょっと待ってよ。
>>僕は荒井さんだと思います。

>>意見が割れましたね。

>>いつも結構、

こうやって書いて分析してるんで
すけど。

>>グラフにして。

>>ものを売るときに、機能をア
ピールしようとしているのか、

ブランドとか、かわいいとか、

意味とかをやろうとしてるのかで、
アピールするのかで、戦略が違う

じゃないですか。
安く売ろうとするのか、高く売ろ

うとするのかで、

ポジションを分けていって。
>>そんなので分けてるの、

ボキャブラのときしか見たことな
いよ。

そういう。
>>もともと荒井さんって、

どっちかっていうと、機能側で攻
めて、だから、

価格もちょっと安い側でって、
ここのへんにいたんですけど、

かわいいとか、これには、もとも
との持ってるもの以上の価値があ

るんだよっていう作戦に切り替え
てきてる感じがして。

荒井さん、

ここからこうきたなって思って見
てて。

だから一個一個の単価を上げてい
きやすくて、結果、売り上げがさ

らに上がるだろうなと僕は思って
て。

>>なんか今、

みんな宇田川さんいってないから、
きぃー!ってしてると思うよ。

>>やばい。

>>最終日前日は波乱の幕開け。

>>あーっ、ネジが売れた!

>>スタッフの誰もが売れないと
踏んでいたネジが売れた。

さらに。
>>あっ。表札、売れた。

いやっ、うれしい。
まじ?ほら、やったー!やったー!

>>みずからくぎを打ち、仕上げ
た一品。

その喜びはひとしお。

さらにハンドメイドの作品をもう
2品出品。

拾ってきた傘の柄から、布だけを
取り外し、

持参したハンディミシンで縫いつ
けた。

>>こういうかばんとかを撮ると

きって、どれぐらいの容量が入る
かっていう写真を撮ってあげると、

購入者の目安になるので、この写
真はめちゃめちゃいいです。

今この時間に合うターゲット層の
商品だけを出品したいと思います。

>>本来は、

利用者が活発化する夜を狙って出
品するのが、フリマアプリの定石。

だが、宇田川は。

>>ハンドメイドやる方たちなの

で、ちょっと年配、少し上の方た
ちですね。

>>家事が一段落した主婦をピン

ポイントで狙い、あえて午前中に
出品。

数をさばいて勝負に食い込みたい。
だが。

>>はい!

>>売れました?

>>ハンドメードのギアボックス。

あと、

ファットウッドの細かいのあった
じゃないですか、あれが800円

で売れてました。
悦。

悦。
>>その通知はこの男にも。

>>まじか。

売れてないのって、俺だけですよ
ね。

こっちに来て。
ですよね。

なんか売れてくれないかな。
>>だが、

野口には根強いファンがいる。

クオリティの高い作品を作り続け
ていれば、売れるはず。

切り落としたいすの足に組み合わ
せるのは。

>>これも使っていきたいので。

>>温泉で見つけた、ガラスがポ

イントの丸テーブル。
>>いいっすね、これ。

>>元の素材を最大限に生かして

生まれ変わらせる。

まずは穴の周りを何方向からも直
線にカット。

そして、

角を削って落としていけば。
>>どうっすか。

>>きれいな円の天板が。

>>いいっすね。

>>すげぇ。

>>さらに、

切り落としたいすの足をはめ込み、
ワックスで仕上げれば。

>>最後にガラス板を。

出来ました!
>>めっちゃいいじゃないですか。

>>アンティーク風コーヒーテー

ブル。
いい感じに出来上がりました。

>>すごいっすね。

>>やっぱいいなぁ、野口さん。

>>6500円で。

いやー、売れてくれないかな。
>>さらに野口は、

作品作りの手を緩めない。
続いては、

温泉でピックアップした、

鏡をメインとした作品作り。
>>きれいに取れました。

>>磨いた鏡を。

>>貼り付けます。

>>すのこを解体して作った木の

板に。
>>こんな感じで。

>>そして、

鏡の周りには。

>>これを。

>>壁っすか?

>>壁。

>>かわいいっすね。

>>そうなんですよ。

ただ、

ぼろぼろでこのまま朽ちていっち
ゃうんで、ちょっと使わせていた

だいて。

>>少しでも形を残せるうちに、

この壁材を。
>>今からちょっと、

ボンドで全部貼り付けていきます。
>>廃材再生のスペシャリスト、

野口。
ガラスに関わらず、廃材の生かし

方の引き出しが豊富。

>>アンティーク風ミラーで。

壁と同じような感じで、新しい作
品に生まれ変わらせようかなと思

って。
4500円でいきます。売れてく

れんかな、なんか。
>>一方。

この男も、作品作りの手を緩めな
い。

ブッシュクラフトのテクニックを
入れた、得意のアウトドアグッズ

を。
>>完成です。

>>カラフルポップなアウトドア

ローチェア。
>>これ、キャンプサイトにあっ

たら、おしゃれですよ。
映えます!

>>そして。

>>こういうふうに、組んで持っ

て歩けばね。

>>キャンプでの使いやすさも計
算された一品。

>>売りたいんで、3000円で

いきます。
お買い得だと思いますよ、これ。

>>実は、荒井さん、こんなもの

も作っていました。
>>これ、かわいいじゃん。

>>かわいい。

何?これ。
>>アウトドアカートというもの

だそうで。
>>ここにいろんなもの乗っけて、

車からこうやって運ぶとかってい
うときに。

>>これも茶箱?

>>こちらの、

お茶箱を使って。
>>これ、

あとからこれを付け足してるんで
すよね。

>>そうですね。

>>サウナの所で取ったやつかも。

>>蹴り上げてやってたやつです

かね。
>>こちらが1万5000円だそ

うです。
テーブルとしても使えるように、

その座ったときの高さというのも、
うまく計算してあるそうです。

>>一方、

この男は頭を抱えていた。

>>やだなあ。

くそぉ。

>>実は昨晩。

>>こんばんは。

>>こんばんは。

>>素材が全くなくなっちゃった

んですよ。
なんかもらいたい。

>>何がいいですか?

>>このベニヤ、すごいきれい。

あ、これすごいきれい。
>>どうぞ、どうぞ。

>>よかった、ゲット、ゲット。

>>そう、ここまで1品しか売れ

ていない、

ダントツ最下位の中城。

板をあげた代わりにと、ものを売
るべく、宇田川にアドバイスをも

らいたい。
だが、アーティストとしてのプラ

イドが、その邪魔をする。

>>売れればいいっていうことじ

ゃないですよね。
僕は美しく仕上げて、美しく勝つ。

>>その中城が。

>>宇田川さん。

>>おはようございます。

>>おはようございます。

>>真っ黒に焼けましたね。

>>本当ですか?

実はですね、僕、全然売れてない
んですよ。

>>まじですか?

ここに来ても?
>>そうなんですよ。

敵にこんなこと教えたくないかも
しれないんですけど、ちょっとな

んか、添削してほしいなと思って。
お願いできませんか?

お願いします。
>>しょうがないなあ、中城さん

のためなら、

一肌脱ぎますか。
>>ありがとうございます。

>>ものを売るプロ、

宇田川から見る中城の販売ページ
は。

>>なんか、カテゴリーを、

いつもハンドメイドとかで出さず
に、

ただのインテリアのところに出し
ちゃうとか。

>>そう、

中城の作品はすべて、ハンドメイ
ドカテゴリーに。

購入の敷居を低くさせたい中城な
りの考えだったが。

宇田川によれば、ハンドメイドと
いうキーワードは、

温かみがある反面、ものを安っぽ
く見せる一面も。

アーティスト性の高い中城の作品
にはそぐわないという。

>>宇田川さん、すごいね、

やっぱ。
>>すごいっすね。ただ者じゃな

い。
>>師匠、ありがとうございまし

た。
>>おし、頑張れ!

>>どうも。
優しいなあ、勘違いしてたな、

やっぱりな。
じゃあ、早速変えましょうかね。

>>すぐさま、

すべての商品をハンドメイドカテ
ゴリからインテリアのカテゴリへ。

効果の程を待ちつつ、

作品作りにいそしむ中城。
>>こんな感じで、完成しました。

>>師匠、ありがとうございまし

た。
>>おし、頑張れ!

>>宇田川のアドバイスを参考に、

さらに作品作りにいそしむ中城。
すると、その時が訪れた。

>>うっそーん。

うそやろ、うれしい!

ひまわり売れた!まじか!

めっちゃうれしい!ええー!
>>あっ、中城さん、1品売れた

そうです。
すごーい。

>>僕だけじゃないですか?売れ

てないの。
>>すると、また。

>>ああ、

もう一個売れてる!これ。
>>数時間前に作ったやつですか?

>>僅か7分で2品売れた。

さらに勢いは止まらない。

>>おーい、うそでしょ?

これ、まじで。今、今、ちょうど
来た。

>>すごいじゃないですか。

>>まじで?

どうなってるの?
>>まさに錬金ラッシュ。

中城、

無双状態。
>>まじで?

うそでしょ?

>>すごいなあ、

インテリアに変えただけで。

>>まじで?これ。

>>すごいぞ。

>>いやもう、なんか信じらんな

いんだけど。
>>なかっ、やばい、やばい、

やばい。
作家出動だよ、これ。

>>いやあー、俺だけかあ、

売れてないの。
つら。

>>めっちゃ追い上げてきた。

>>2万7000円売り上げ、

中城、一気に2位へ。
>>桜も咲いてねえ、

hiro Nakajohも売れ
出して、hiro Nakajo

hと共に、桜も咲いちゃった。
>>だが、波乱はここで終わらな

かった。
ファーストステージではトップ、

現在最下位まで沈んだ野口に。
>>おっ、

またなんかきましたよ。
売れてる!

>>いいねはつくが、8000円
では買い手がつかなかったため、

実は3時間ほど前に。
>>500円だけ値引きします。

うん。
>>この値下げが功を奏し、

7500円で売却。

目まぐるしく順位が変動する展開
に。

>>でもよかったー。

まじこれ、

僕だけ売れてなかったですからね。
>>さらに錬金ラッシュが止まら

ない。

>>おっ、セット売りですよ。

こちらの飾り棚5000円と、

ストーンキャンドル1000円、
ファットウッド3000円、

ガラス玉をまとめて購入したいの
ですが、

4点で1万円にお値引きいただけ
ないでしょうか。

>>もし取り引きが成立すれば、

さらに差は広がるが。
そして、この機を逃すまいと、

次々に作品を作り続ける達人たち。
>>対策、

だとしたら大作。
>>実は中城。

>>家具的なというか、

すごいの作ってましたよ。
1万、

絶対買うなあ。
>>本当ですか?

へぇ、楽しみ。
>>これ、言っていいのかな。

>>コカドが漏らしてしまった情

報から、このままでは追いつけな
いと推測。

>>逆転します。

>>一発逆転を狙って、

このバトル最大の作品を。
>>せーの。

炭鉱の月夜。
金色のところが金山である証しで

あって、

一番繁栄していたときのエネルギ
ーがゆらゆらと出ているっていう

ことを表現しました。
残りほぼ半日しかないっていうこ

とを考えて、3万。

>>この3万円の作品が売れれば、

中城、一気に1位へ。

一方、この男も作品作りの手を緩
めない。

入念に磨いているこれは。
数十年、

廃虚で埋もれていた銅製の火鉢。
>>これ、使えますね、これも。

磨くの大変だけどね。
>>磨き続けること1時間。

>>いい色ですね。

>>ぴかぴかになりましたね。

>>これは化けたらすごいですよ。

大きく突き放せる材料にはなりま
すよね。

>>そこに、廃屋前で拾った煙突

を板金して、組み合わせれば。
>>すごい、

たき火台でございます。
もともと火鉢なんで、

火に対する対策がされているのと、
ここから空気が入って、

絞った穴から煙突状に炎が上がっ
ていくので、まきが少なく済むん

ですよ。
そして煙が少ない。

1万円ぴったりで出そうかなと。
これ、

結構勝負品です。
>>この日、

売却ラッシュの波に乗り遅れたの
が、フリマアプリの女王、宇田川。

>>もうやだ。

もう売れる気がしない。

>>8日間にわたる錬金バトル最

終日。
この日も、前日に続き、

錬金ラッシュ。
口火を切ったのはこの男。

>>お疲れさまです。

きのう、

売れてるんすよ。
>>売れてました?

>>はい。

>>それは、

昨夜出品したばかりのアンティー
ク調ウォールミラー。

しかも購入したのは。
>>無人島で僕の商品、

買ってくれてる人が、また買って
くれてるんですよ。

>>そう、ジェルキャンドルや流

木ランタンなど、

これで野口の商品を購入するのは
4品目。

さらに。

>>売れましたね。

確定っす。

>>値下げ交渉が来ていた2品の

セット売りが成立。

追い風は止まらない。

>>売れてる!やばいっすね、

売れてる。

きょうだけで4点売れてます。

>>波に乗るのはこの男も。

>>おはようございます。

>>出た、

なんかアーティスト感増してるな。
>>ちょっと急に余裕がね、

出てきましたね。
>>1品、

無人島のときに作ったやつが売れ
てるんですよ。

これ。

ちょっと前衛的に作り過ぎたかな
と思ったやつ。

>>最終日、

最初に取りかかったこれは。
きのうの夜。

>>コメント来てます。

はじめまして。

かっこよくて、

思わずコメントしてしまいました。

小さい作品は作ってはいないでし
ょうか?

やる、やりたい。
オーダー、

承ります。
>>ご要望どおりの品が。

>>はい、作りました。

こちら、3000円になります。
オーダー、ありがとうございまし

た。
>>最後まで作品作りの手も緩め

ない。
一方。

フリマアプリの女王の拠点には、

宇田川の姿がない。
すると、1台の車が。

>>おはようございます。

>>宇田川さん、どうしたんです

か?大丈夫ですか?
>>きのう、もうありえないぐら

い足が腫れてしまって。

>>虫?

>>いやー、そうなんですよ。
>>実は宇田川、きのう、

虫に刺されて足が腫れ、スタッフ
と病院へ。

大事には至らなかったものの。
>>ここから急ピッチでいきます。

>>ここに来て、手痛い2時間の

ロス。
だが宇田川は、ここからがすごか

った。

虫に刺された足を引きずりながら
も、

素材を収集。

>>革ゲット。
>>そして、すぐさま出品。

>>よし、OK。

>>3時間で、なんと15品。

そして獅子奮迅の働きに呼応する
かのように。

>>あー、これが売れた!

>>なんですか?

>>シーグラスカレンダー。

やった、うれしい。
結構、高いやつ、これが売れた。

やったー。

エコバッグ!

傘のエコバッグ!
>>最後の最後で、意地を見せつ

ける。
こうして、

>>錬金バトルKASEGE。

2ステージ8日間にわたる戦いを
制したのは。

アウトドアの達人、荒井。

>>やった。

5万4800円。

すげぇ!
>>優勝は荒井。

実は最終日、

終了直前にアウトドアカートが売
却成立。

さらに値引き交渉が来ていた4点
セットも売れ、

最後の最後で一気に1万8000
円をプラス。

最終的な順位はご覧のとおり。
最下位は宇田川。

合計金額は伸びなかったが、
売却数では終始トップ。

売るプロの意地を見せた。

>>ちょっと悔しいです。

でもやれることはやったので、
悔いはないです。

>>ともあれ優勝は、アウトドア

の達人、荒井。

>>こんなにいい素材が、

忘れ去られて朽ちていくのかって
思ったら、ちゃんと使いたいなっ

ていうのが。
みんながそういう目線で、それを

生かそうとか考えてくれたらいい
のかなと思います。

悦!悦!

>>そして、今回作ったものは。

>>へぇー!

>>すてきですね。

>>地元の方々へ。

>>あれはノコギリの刃を?

ノコギリの刃?
おもしろいね、おもしろい!

>>似合う。
いいねー。

>>すてき。

>>すばらしいですよ。

もう建物も壊そうというふうに思
っていただけに、形変えて、

これから生き続けるという、
希望があるじゃないですか。

うれしいね、われわれも。
ありがとうございました。

>>われわれが当たり前のように

見てる見方じゃない見方が、

可能性があるんじゃないかな。
>>でも本当にSDGsの時代っ

ていうか、ものを大事に使おうっ
ていう観点で、再利用のしかたを

考えないとなと思いました。
>>なんかちょっと作ってみたい