徹子の部屋 薬丸裕英[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 薬丸裕英[字]

~アイドルとしてデビューし40年…5児の父、初孫も!~薬丸裕英さんが今日のゲストです。

◇ゲスト
16歳で「シブがき隊」の一員としてデビュー!今年デビュー40年を迎えた薬丸裕英さんがゲスト。
◇番組内容
5人の子供はそれぞれ中学、高校から海外留学をし、現在も次男・三男はドイツ在住。長女、次女の留学時には妻の秀美さんも同行したため、薬丸さんは日本で一人暮らしをしながら週末は留学先のハワイを訪れるという生活を7年間送っていたと明かす。また、アイドル同士の結婚で当時は結婚式ができなかったが、銀婚式を迎える際、娘の提案でウェディングフォトを撮影。その時の貴重な写真を披露する。昨年誕生した初孫の話になると…
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. ハワイ
  3. 子供
  4. 写真
  5. 次女
  6. 大変
  7. 長女
  8. シブ
  9. 三男
  10. 次男
  11. 石川秀美
  12. 日本
  13. 一緒
  14. 結婚
  15. 時間
  16. 夫婦
  17. ウェディングドレス
  18. スペイン
  19. 奥様
  20. 今年

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥730 (2022/11/30 15:38:36時点 Amazon調べ-詳細)

(黒柳)16歳の時に

シブがき隊として
デビューなさいました

薬丸裕英さん 今日のお客様です。

まあ どうも。
あなた お変わりないですね。

24年ぶりのご出演ですよ。
そうなんですってね。

楽しみにしておりました。
色々伺わせて頂きます。

よろしくお願いします。

子供 いっぱいいるのね おたくね。
はい。

5人おります。
5人。

さて シブがき隊の一人で…。

3人だったんですけど
シブがき隊は。

そのお一人でいらしたんですけど。

シブがき隊は1982年にデビュー。
そうですね。

デビューからすると
今年で40周年に…。

そうですよね。 で 16歳?
当時は16歳でした。

そうでしたよね。
はい。

うわー 懐かしいな あの頃ね。
本当ですね。

だって 毎週毎週
『ベストテン』で会ってたじゃない。

はい。 お会いさせて頂いてました。
16歳のあなたと。

はい。 我々が最初に

『ザ・ベストテン』に
出演させて頂いた時は

ニューヨークから中継で。
覚えてます。 ねえ。 そう。

黒柳さんも
ニューヨークに行かれて…。

私もニューヨークにいたのよね。
ええ。

そう。
ですよね。 楽しかったです。

当時のシブがき隊

『徹子の部屋』の
ご出演の時のVTRを

ちょっと 見て頂いていいですか?
あっ はい。

「シブがき隊の3人です」

「こんにちは」
(一同)「こんにちは」

「ガールフレンドなんか見つける暇
っていうのは あるんですか?」

「いや もう ほとんどないです」
「モッくんは?」

(本木)「もちろん。 それに
やっぱり 範囲が狭すぎて」

「この世界の
女の子ばっかりだから」

「もっと なんか 普通の子とも
いっぱい遊んでみたいし」

「あっ そう。
ヤッくん どうです?」

「僕はファンの子 命ですから」

(本木)「ハハハハ…。
そういうまとめが…」

「もし 俺が好きでも
相手が嫌いで もし振られたら

みっともないからな
っていう事があるから」

「あっ そう」
「絶対 自分からは言えないです」

なんだって?

いやいや… 「僕は
ファンの子 命ですから」って

もう 本当 アイドルの
お手本のようなコメントを

台本のように言ってましたね。
言ってましたね 今ね。

そう言ったのね。
はい。

本木君は
随分可愛い事を言ってたわね。

そうですね。 はい。
フフフフ…。

3人それぞれ ちょっと
個性が強かったですからね。

そうですよね。
うちのグループは。 はい。

全部 3人とも 言ってる事が
違ってたの 面白かったわね。

それで あなた 中学卒業後
親元を離れて

ジャニーズの合宿所で
生活をなさって。

そうですね。 3人で生活を始めて
お仕事をさせて頂いてました。

で シブがき隊の他の人たちも
一緒だったの?

そうです。
そうね。 ずっと一緒だったのね。

もう随分前になります。
そうですね。

その間に あなたは
ご結婚をなさいまして

石川秀美さんと。
はい。

まあ 大変なアイドルで
いらしたんですけども。

それで お子さん5人ですって?

そうですね。 はい。
5人で 年は いくつぐらい?

長男が31歳で。

すごい。
3学年ずつ4人いまして 離れて。

それで 一番下の次女が

現在 13歳です。

一番下の子がね。 女の子。

すごい。 男の子3人 女の子2人。

みんな お子さんたち
外国で育ってるんで

早くから親元を離れたので

今 会うと 色んな事では
とてもよかったでしょ? それが。

そうですね。 次男と三男は 今も
ドイツに住んでるんですけども。

すごいね。
はい。 ですので 本当に…。

男の子は もう
父親の背中を見て育てみたいな

僕が勝手に…
そういう思いがありまして。

でも やはり 女の子に対しては
ちょっと

甘い父親かなっていう思いは
ありますけど。

長男は今 俳優として
やらせて頂いて。

薬丸翔君って
いうんですって?

やらせて頂いてまして。

次男と三男が
今 ドイツにいまして。

サッカー?
はい。

次男はサッカーをやめて

今は サッカー関係のお仕事を
フロントに入って

やらせて頂いてます。
あっ そう。 へえー。

次男は中学校を卒業して
スペインへ。

三男は小学校を卒業して
スペインへ行きましたので。

あなたは毎年 なんか スペインに
行っていらしたんですって?

三男が小学校を卒業して
スペインに行った時は

やはり 親のサインとかですね
面接が本当にあったんですよ。

中学校?
はい。 毎年のように。

なぜかっていったら
面接をして その期間

もしかしたら 翌年
面接官と お会いする時に

離婚してる可能性もあるので。
あっ そんな事…。

夫婦が。
だから 必ず夫婦そろって

面接をっていうのが…。
すごいわね。

夫婦そろって?
はい。

あら 大変。
大変だったんですよ だから。

朝の生放送をやりながら
ちょっと お休みを頂いて

スペインに行って 面接をしたり

それから ホームステイ先の方と
色々 契約をさせて頂いたりとか

そういう事も
今となっては いい思い出ですね。

でも 随分 大変でしたね。
そうですね。

本当に僕 多分 芸能人の中で一番

スペイン大使館に通った男だと
思います。

なるほどね。
もう 何十回行ったか

わからないですからね。
あっ 本当に。

次男も三男もだからね。

そうですね。 早く親元を離れて
それぞれ生活していたので

本当に
たくましく育ったと思いますね。

何カ国語ぐらい話せるの?
子供たちは。

次男は4カ国語を話せまして
三男は3カ国語ですね。

すごい。
はい。

で 我々夫婦は全く…
日本語しか しゃべれないという。

本当に?
はい。 子供たちができるので

どうしても
頼ってしまうんですよね。

あら 随分 長女は美女ね。
いや ありがとうございます。

そうですね。 長女と次女が

ちょっと 年代が離れているので

長女は第二の母みたいな感じで。
本当だわね でも。

長女は
高校からアメリカへ行きまして

最初は
LAの方に留学したんですけど。

まあ 本当に留学の初日から

もう 帰りたいって
泣いてましたから。

あっ 本当に?
だから 母親は大変でしたね 妻は。

それを こう
電話で なだめながら。

石川秀美さんは?
はい。

あっ そう。
はい。

ビデオ通話したりなんかして
随分…。

そうなんですよ。 だから…。
でも その頃は

まだ できていないか?
ビデオ通話は。

いや その頃も もうありました。
もうありました?

はい。 だから
無料のアプリがあったので

それで 本当に いつでも通話…
会話ができたので

それを一つの安心材料として…。

娘も そうだったと思いますし
我々夫婦も安心材料として

そういうアプリには
本当に感謝してますね。

どんな事を話したの? それで。
いや もう なんか 普通に

家にいるように つないだままで
一緒にテレビを見たりとか

映画を見たりとか。
あっ 本当に。

つないでるという安心感だけで
よかったみたいですね 長女は。

ハワイに
いらっしゃるんですって? 今。

今は ちょっと コロナ禍で
日本に戻ってきております。

で その下のお嬢さんは…
この方なんだけど。

このお嬢さんには
ハートが付いてるんですね。

そうですね。 まだ
ちょっと うちのルールで…。

まだ 16歳以下は
顔出ししないという。

あっ そうなの。
はい。 我が家の ちょっと

勝手なルールがありまして。
あっ そうなの。

だから 上のお嬢さんは
もういいのね。

はい。
あっ そうか。

ですので 7年間ぐらいは
妻と長女と次女が

ハワイに
住んでおりましたので。

私は日本で単身で 月2~3回

週末だけ
ハワイに行っていたという生活を

7年間してました。
すごいわね。

その飛行機代だけでも
すごいわね。

まあ そうですね。

これ 何したんですか?
これは もう ハワイのゴルフ場で。

これ もう 本当に
プライベート写真ですね。

すごいわね。
ええ。 だから ハワイ…

日本を出て ハワイに着きまして
空港に妻が迎えにきてくれて

そのまま2人で
ゴルフ場に行って ゴルフをして。

それから
スーパーに買い物に行って

それから 次女を迎えにいって
家に帰って

ご飯を作って 食べて 寝て

次の日の朝に
次女を学校に送っていくという。

フフフフ…。
それが 金曜日の

我が家のハワイでの
スタイルだったんですよね。

で あなたは そこに…
ハワイに2日ぐらいいて

それで 日本に帰ってきて。
そうですね。

日曜日の夜 戻ってきて

月曜日から
また 生放送をやってました。

すごい…。 あなた
生放送 持っていたもんね。

すごいわね。 ハワイを
国内化した男と呼ばれて…。

ハハハハ…。 そうですね。
ある芸人さんが…。

そうですってね。
はい。 「薬丸さんは

ハワイを国内化した男ですね」
っていうふうに…。

でも 入国審査で
しょっちゅう しょっちゅう…

あまりにも しょっちゅう
出たり入ったりするんで

怪しまれた事もあったんですって。
そうなんですよ。

本当に
しょっちゅう行っていたので

何か 運んでるんじゃないか 君は
みたいな形で

色々聞かれましたし。
あっ 本当に。

僕も あまり英語が
できる方ではないので

毎回 イミグレーションでは
ちょっと ビクビクしながら

ハワイに入国していました。

ビクビクしてるのが わかるから
余計 向こうが怪しいと…。

そうなんですよね。 はい。

でも しっかりと
たまったマイルは

必ず活用したんですって?
はい。

次男 三男が
ドイツから帰ってくる時は

マイルで
日本に帰国するというのが…

これも我が家のルールですね。
そうですね。 それは当然ね。

ちょうどよく都合が合ったり
しない事もあったんですけど

何日に帰りたいって言っても
3日後じゃないと

マイルの席が空いていないから
3日後に帰国しなさいとか

そういう感じで。
なるほど。

でも あれでしょ? 留学費用を
稼がなきゃならないから

あなたも
仕事を頑張るっていう事で。

まあ そうですね。 それが一つの

僕のモチベーションには
なりました。

そうですよね。
はい。 なりましたというか…

過去形ではないんですけど。
現在も まだ?

結婚は今年 32年?
32年ですね。 はい。

まあ アイドルの石川秀美さんと
結婚なさったもんですから

当時は大変でしたよね。
まあ 本当に大変でした。

アイドル同士の結婚っていうので。
はい。

うちは だから
式も挙げられなかったですから。

あっ そうなの。 やっぱり
アイドル同士だっていう事で。

まあ 色々ありまして 本当に
式も挙げられなくて。

でも そのまま 子供を授かって…。
授かり婚だったんですって?

生活していたものですから。

多分… 妻も もういいという事を
口にしていましたし

結婚式というものは。

だから 本当に
結婚式 挙げなくても

幸せに暮らせばいいやって
思っていたんですけれども

娘たちが大きくなって
銀婚式の前年度に

僕に 「来年 銀婚式だよね」って。

「ママにウェディングドレスを
着せてあげたい」って

言い出したんですよ。
うん。

そりゃ まあ…
ああー そっかと思って。

着てないんだもんね 結婚式で。

していないので
写真だけでもと思って

妻に 「こういう提案があったけど
どうする?」って言ったら

「せっかくだから じゃあ
写真だけ撮る?」っていう事で。

でも やはり ちょっと 世の中に
わかってしまうと

また 色々
報道されてしまったりするので

本当に内緒にして ハワイで…。
あっ ハワイで。

知り合いのメイクさん1人だけに
お話をして

全て段取りをして頂いて。
すごい。

だから 僕の白いタキシードは
日本から持って行ったんですけど

妻のウェディングドレスは
ハワイで調達をしまして。

あっ これ?
はい。

白のウェディングドレスと
このパープルのドレスを

これ ハワイで つるしで
購入したんですよね。

あっ そうなの。 偉い。

これも だから メイクさんが
セッティングして頂いた

一軒家を借りて
そこで支度をして。

これ 全部?
はい。

で カメラマンの人の提案で

この砂浜で
写真を撮ったんですけど。

この時も大変で。

誰も知らないわけですから…。
そうそうそう。

どうやって ここまで移動するんだ
っていう話になったんですよ。

うん。
なので 僕が

ワンボックスカーを借りて
この白いタキシードのまんま

ウェディングドレスを着た妻を
後ろに乗せて

ワンボックスカーで…。
あなたが運転していたの?

はい。 海辺まで行ったんですよね。
すごい。

それで 駐車場に止めて

カメラマンの人が
セッティングをして

「オーケーです」って言ったら
サササッて出て行って

写真だけ撮って。
奥様のドレス姿を

ゆっくり見る暇もなく…。
そうでもない?

見た? ちゃんと。
そうですね。

ゆっくり見る暇は
なかったんですけど

やはり 先ほどの写真の時に

隣にいる妻を見て

まあ 本当に この写真は
撮ってよかったなと思いました。

本当よね。 奇麗ね。
いや 本当に奇麗でしたね。

左側の 手を上げているのが
お嬢さん?

長女です。 で 右が次女ですね。

こんなに
ちっちゃかったんですよね

次女 まだ 写真 撮った時は。
本当ね。

1人だけ まだ小さい…。
はい。 7歳なんですけど

今は もう
長女より大きいですからね。

あっ 本当に。
はい。

で 観光客には
見つからなかったんです?

この時
見つからなかったんですよ。

すごかったね。 よかったね。
はい。

じゃあ 成功しましたね。
そうですね。

写真だけ これ残せて
本当に よかったと思います。

ねえ。 やっぱり 写真があると
それ見ると思い出しますもんね。

やっぱり あった方がね
ウェディングドレスなんてね。

これは ちょっと
準備してる時の写真ですね

一軒家を借りて。
うん。

全部 だから スタイリストさんも
いらっしゃらなかったんで

自分で着たんですけど まあ 娘が
ネクタイの位置とかを

直してくれたりとか…。
娘なのね 後ろはね。

そういう時の 本当に なんか
プライベートショットですね

これは。
でも その時の…

結婚した時の写真は 今も
お家に飾ってあるんですって?

はい。 ダイニングに飾ってあって。

先日 同期の早見優ちゃんと
松本伊代ちゃんが

家に遊びに来てくれたんですけど。

何? この写真
みたいな。

「今年 私たち
40周年なんだからさ

これ 表に出そうよ」
って。

本当 優ちゃんが その時 くしくも
おっしゃったんですよね。

そうなの。
まあ 奥様は

石川秀美さん
ですからね

みんな 同期みたいなもんでしょ?
あなたも含めて。

そうです。 全員 同期です。
あっ 全員 同期なんだ。

これは
4年前ですかね。

これ ハワイで
撮影した…。

あっ これ ハワイで撮ったの。
はい そうなんです。

松本伊代ちゃんと
早見優さんと…。

そう。 たまたま
ハワイに来てたので

ランチしようか
っていって

4人でランチしました。
まあ すごい。

同期と今でも こうやって
つながっていられるのが

とても うれしいですね。
うん。 あっ そうね。

今でも 会うと色んな話する?
そうですね。

まあ 当時の話もしますし
今 全員が…

優ちゃんも 伊代ちゃんも
母親なので。

そうだわね。
はい。

でも もう 一段落
みんな した感じですかね。

あっ そうなの?
はい。

子供たちも大きくなったので。

うちも そうですけど。

おたく もう
なんか孫ぐらいできた… でも。

そうなんです。
長男に孫が生まれまして。

本当に。
はい。

長男に子供が生まれて
だから 私は… 孫になる。

私にとっては孫なんですけども。
孫は どうです? 可愛い?

いやー それは もう
無条件で可愛いですね。

子供と違って責任ないですから

もう 甘やかすだけ
甘やかしてますね。

でも よく みんな そう言うけど
本当に そうなのね。

はい。
この子が そうなの?

そうなんです。
へえー。

可愛いわね。
はい。

ちっちゃい。

この間も 家に… 近くなので
よく遊びには来るんですけれども

徐々に成長が見えていくのは
楽しみですね。

ああー そうね。
はい。 もう ハイハイしたり

つかまり立ちしたり
しゃべったり。

そう。

でも 私より やっぱり
妻に懐いているので…。

あっ 本当?
おばあちゃんっていう感じ?

いや もう 妻に
本当に懐いていますね。

でも 私は
石川秀美さんという方は

十何歳に会った時から
会っていないから

あなたが…。
会っていないじゃない。

そうですか。

あなたは しょっちゅう
間に会ったような気がするけど。

だから 石川秀美さんは
それから会っていないから

今 石川秀美さんが
おばあさんになって

孫といるっていうのが
想像できない。

ああー そうですか。
うん。

まあ でも
いいおばあちゃまですよ。

そう。 いいわね。
もう 色々 孫のために

本当に 時間を費やしていますね。
あっ そう。

ええ。
そう。 優しい人だもんね。 そう。

どんな事して遊んでいるの?
もう 今は でも

本を読んであげたり

お散歩が好きですかね。
あっ そうなの。

妻は
よく散歩に連れて行ってます。

ふーん。 偉い。
でも もう 子供5人

育てたので…。
あなたの奥様はね。

そうです。 だから もう 本当に
子育てに関しては

エキスパートですので。
慣れてる。

もう すごく慣れてます。
すごい すごい。 ねえ。

だから 孫も 本当に
安心して見ていられますね。

そうよね。 お正月は4世代で
一緒に過ごしたんですって?

そうです。
今年は もう本当に 家で

どこにも行かずに
4世代で過ごしましたね。

いいわね そういうのね。

これは だから うちの…
私の母ですね。

だから 孫たちの…
おばあちゃんで

孫の ひいおばあちゃんですね。

そうだ。 もう
ひいおばあさんになるわね。

…が 全て作ってくれた
料理なんですけど。

すごい。 おいしそう。
うん。

うちの母は
調理師免許も持っていましたので

とても料理が上手なんですね。
ええー。

だから うちの子供たちも
本当に 母の料理が好きですし。

すごいわね でもね。
あなたのお母様 で あなた

あなたの子供 それで 孫と4代で。
4代で。

ご飯 一緒に食べるなんて
すてきよね。

そうですね。
こんな日が来るとは ちょっと

アイドルの頃は
想像できなかったですね。

ねえ。 で お母様 偉いのね。

現在 お一人で
お暮らしなんですって?

そうですね。

ちょっと 父が
一昨年 他界しまして。

そうですってね。
はい。

ちょっと 心配はしたんですけど
でも 本当に 元気で。

いつ電話しても 本当に
元気な声を聞かせてくれるので。

今 ちょっと コロナ禍で
なかなか 母に会いに行く事も

できないので。
そうね。 うつすといけないもんね。

そうなんです。 控えてるので
私も子供たちも。

でも それも やっぱり
アプリとか 電話とかで

会話してるんで 元気な様子は

電話からは
感じ取れてるんですけど。

でも お母様は
お父様が亡くなったあとも

ずっと気丈に
やっていらっしゃるんですってね。

そうですね。

本当に もう 母を見てて
女性は強いなって思いました。

父は ちょっと 15年間ぐらい
脳梗塞を患って…。

あっ そうだったの。
老老介護だったんですけど 母は。

もう 本当に 15年間
父に添い遂げて

最期も見送って。
偉い。

ちょっと 疲れてしまうかなと
思ったんですけど

本当に 気丈に振る舞って。

今も もう 孫と ひ孫に囲まれて

元気な姿を見られるので。
それは いいわね。

はい。 私も
ちょっと 安心しております。

親孝行できたという感じが
しますかね。

なんか
夫婦円満の秘訣っていうのは

何があっても自分が折れる
っていうのなんですって?

我が家ですか? そうですね。

もう 人生も

折り返し地点を回っていると
思いますので。

今後 夫婦で
何か もめ事があったとしても

なんか ケンカをして

時間を過ごしたくないなって
思ってますので。

何か もめ事があっても
男の方が頭を下げれば

それで丸く収まるんだったら
それが一番いいやっていうふうに

ちょっと 最近
思うようになってきました。

今 あなた 56?
56歳です。

そうですか。 フフフフ…。
考えたらね 月日は経ちますね。

そうですね。
16歳の時に会ったのにね

もう40年も経ったんですよね
そうするとね。 すごい。

でも 奥様との時間は
持てるようになりました?

そうですね。 もう 本当に

子供たちも
手が離れるようになりましたので。

次女が学校に行ってる時とか
よく2人でランチしたり…。

今年は… 桜を見に行きまして

2人で ずっと散歩していました。
あっ そう。 いいわね それもね。

なんか
昔では考えられないような

時間の使い方だなっていうふうに
思ってますね。

まあ そうですよね。
今は。

だから ちょっと 僕
仕事の合間でも一時帰宅して

一緒にランチしたり 散歩したり
買い物 行ったり

そういう時間が増えました。
そうね。

ハワイをきっかけに
増えたんですけどね。

あっ そうなの?
はい。 その継続で

日本に帰国しても 今は
そういう時間を過ごしてます。

妻がいれば寂しくない
っていう感じがするんですって?

そうですね。
子供たちは最終的に結婚をして

まあ… ねえ。 いい旦那さんか
いいお嫁さんをもらえば

その家庭がありますから

なかなか 家には
帰ってこないかなと思いますので

最終的には妻がいてくれれば…。

これから 奥様と
やってご覧になりたい事って

何かあります?
うーん… そうですね。

2人で ゆっくり旅行したり

ゴルフしたりしたいな
というふうには思ってます。

なので
今も2人で練習に行ったり…

ゴルフの練習に行ったりとか。
あっ そう。

してますので これから ちょっと
コースを回ったりとか…。

ゴルフ ショッピング 食事 観光
できたらいいなと思ってます。

そりゃ そうだわね。 子供たちがね
みんな 大きくなるもんね。

どうも ありがとうございました。
ありがとうございました。

『徹子の部屋』は